Agile Cat — in the cloud

Google Sites API とは?

Posted in Google by Agile Cat on September 29, 2009

Google Sites API Lets Developers Move Data to, from Wikis

eWeeks より
By: Clint Boulton --- 2009-09-24

http://www.eweek.com/c/a/Messaging-and-Collaboration/Google-Sites-API-Lets-Developers-Move-Data-To-From-Wikis-849988/

Google releases an API that lets programmers move data freely to and from Google Sites. The API gives developers full read/write access to all Sites content. Application developers can use the programming interface to write programs to migrate Web pages, documents and other content from intranets, content management applications and other wiki applications. The API embodies the tenets of Google’s Data Liberation Front, which aims to help users move personal data in and out of Google’s services with simple import and export functions.

Google がリリースする API により、プログラマは Google Site との、自由なデータのやり取りが可能となる。この API により、すべての Site コンテンツに対する完全な read/write アクセスが、開発者に与えられる。つまり、アプリケーション・プログラマは、イントラネットや、コンテント管理アプリケーション、そして wiki アプリケーションなどから、Web ページやドキュメントなどを移行させるプログラムを、このプログラミング・インターフェースを用いて記述できるようになる。

Drawing on programming work from its Data Liberation Front, Google Sept. 24 released an API intended to let programmers move data freely to and from Google Sites.

9月24日にリリースされた Google の API は、Google サイトとの自由なデータのやり取りを目的として、Data Liberation Front におけるプログラミング作業を活用するものとなる。

Google Sites is the wiki component of the Google Apps suite of cloud computing applications. Google Sites lets users upload file attachments and add information from Google Docs, Google Calendar and other Google Apps to a Web page to be shared with users in a department or workgroup. The application competes with wiki apps from MindTouch, Socialtext, Atlassian and IBM, among other providers.

Google Site とは、クラウド・コンピューティング・アプリケーションである、Google App スイートの wiki コンポーネントである。Google Site は添付ファイルのアップロードをユーザーに促し、部門やワーキング・グループなどにおける情報共有を推し進めていく。また、Google Docs や、Google Calendar、Google Apps などからの情報を、共有 Web ページに移行させる。つまり、MindTouch や、 Socialtext、Atlassian、IBM などが提供する wiki apps と、このアプリケーションは競合することになる。

The Google Sites API, launched from Google Code Labs, makes use of the Google Data protocol to provide developers with full read/write access to all Sites content. Software developers can use the programming interface to write programs to migrate Web pages, documents and other content from intranets, content management applications and other wiki applications, Scott Johnston, senior product manager for Google Sites, told eWEEK.

この Google Sites API は、Google Code Labs から提供されるものであり、すべての Site コンテンツに対する完全な read/write アクセスを提供する、 Google Data プロトコルの利用を促進していく。 そして、アプリケーション・プログラマは、このプログラミング・インターフェースを用いて、イントラネットや、コンテント管理アプリケーション、そして wiki アプリケーションなどから、Web ページやドキュメントなどを移行させるプログラムを記述できる。Google Sites のシニア・プロダクト・マネージャである Scott Johnston は、eWEEK に対して、そのようにコメントを発している。

Conversely, "If you choose to stop using Google Sites, you can bring your content with you," Johnston said. "We want to lock you in because you like the product, not because we have your content."

その反対に、” Google Sites の利用を停止するという選択肢もあり、その場合には、コンテンツを取り戻すことが可能だ。このプロダクトが魅力的だから、ユーザーを取り込めるのであり、ユーザーのコンテンツを拘束するものではない” と、Johnston は語る。

The API includes this import/export tool to let users download an entire Google Site wiki to their computers’ local hard drives. The tool uses HTML microformats to generate an XHTML version of Sites content for offline browsing and simple HTTP hosting that can also be imported back into Websites.

この API に含まれるimport/export ツールにより、ローカルのハード・ドライブの中に、 Google Site wiki 全体をダウンロードできる。 このツールで用いられる HTML マイクロフォーマットにより、オフライン・ブラウジング対応の、Site コンテンツにおける XHTML バージョンが生成される。さらに、Web サイトへのインポートを可能にする、シンプル HTTP ホスティングも実現される。

"We have companies and users that are putting a lot of important information inside Sites, and they want the comfort of knowing they can back it up if they want to," Johnston said.

”重要な情報を大量に、Site の中に置こうとする企業とユーザーがいて、必要に応じて、それらを取り戻せる安心を欲している” と、Johnston は語る。

The API embodies the tenets of Google’s Data Liberation Front, which was formally launched Sept. 14 with the goal of creating import and export functions to help users move their data in and out of Google’s services.

この API は、Google の Data Liberation Front 構想の結晶であり、当初は 9月14日に公開されるとされていた。 その import/export 機能の作成におけるゴールは、ユーザーのデータを、Google のサービスとの間でやり取りさせることである。

Google is positioning tools released under the Front as alternatives to more traditional software from companies such as Microsoft and IBM, which are very rigid about keeping user data within the construct of their collaboration applications.

この ツールのリリースについて Google は、Microsoft や IBM などが提供する従来型ソフトウェアの代案である、Front に合わせるかたちで位置づけている。 それらのコンペティタは、彼らのコラボレーション・アプリケーションとユーザー・データを、強く結び付けたがっている。

Google no doubt hopes these gestures of good faith will endear it to more businesses considering whether or not to use Google Apps. Google could use such gestures; the company’s cloud model has been damaged by a few Google Apps outages.

Google が信じているのは、こうした誠意のある対応が、Google Apps を使用するしないにかかわらず、ビジネスにおいて好まれることである。Google が伝えたがっていることは、ごく僅かの Google Apps が停止することで、同社のクラウド・モデルがダメージを受けているという現実である。

Earlier Sept. 24 Google’s Gmail experienced service degradation for 2 hours when Google Contacts went wonky. On Sept. 1, Google’s Gmail went down for 2 hours. Such downtime episodes undercut Google’s credibility among enterprise users, some of whom pay $50 per user, per year for Google Apps.

Google Contacts の不調により、9月24日の早朝 2時間にわたり、Gmail が影響を受けている。 また、9月1日には、Gmail が 2時間にわたり停止した。こうした機能の不調が、Google Apps に年間で $50 を費やす、エンタープライズ・ユーザーたちの信頼を損ねている。

<関連>

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0909/25/news039.html

 

Tagged with: , ,
%d bloggers like this: