Agile Cat — in the cloud

Web 上でフォーカスが変化する写真:それを実現する Lytro フォーマットが GitHub に!

Posted in Entertainment, Weekend by Agile Cat on August 16, 2014

Lytro Debuts New File Format, Partners With 500px
http://wp.me/pwo1E-7Lf

By Karissa Bell – June 12, 2014
http://mashable.com/2014/06/11/lytro-new-file-format-500px/

_ Mashable

Lytro’s cameras first entered the spotlight because they enabled users to change the focus of images after they were already shot.

Lytro のカメラがスポットライトを浴び始めたのは、すでに撮影されたイメージであっても、そのフォーカスをユーザーが変更できるからである。

But one obstacle holding the light-field platform back — other than expensive hardware — is that the greater photography ecosystem isn’t equipped to handle Lytro’s "living pictures," which use a file type not widely supported on the web. But that’s about to change.

しかし、明視野像プラットフォームの展開を妨げるものとして、そのハードウェアが高価なこと以外にも、Living Picture を取り扱うための、大規模なフォト・エコシステムが存在していないことが挙げられていた。つまり、そこで用いられるファイル・タイプは、Web 上で広く普及しているものではないのだ。しかし、それも、変わろうとしている。

Image: Flickr
Max Braun

The company is altering the way it stores images, which will now use a new open-file format that applies the WebGL standard for 3D graphics, according to Recode.

Recode説明によると、そのイメージをストアする方式を、同社は変更しているようだ。 具体的に言うと、3D グラフィックスのための WebGL スタンダードを適用する、新たなオープン・ファイル・フォーマットを使用することになる。

The first third-party platform that will take advantage of Lytro’s new format is online-photography community 500px, whose users will be able to view, edit and share Lytro photos. Lytro’s images will likely start appearing in other places around the web, too, as the company plans to make its new format available on GitHub, so anyone can take advantage of it.

この、Lytro の新しいフォーマットを活用する最初のサードパーティは、500px というオンライン·フォトコミュニティのプラットフォームだ。そのユーザーたちは、Lytro で撮影した写真の、参照/編集/共有を実現していくことになる。そして、Lytro のイメージは、数多くの Web 環境に登場してくるだろう。 つまり、GitHub 上の新しいフォーマットとして提供し、誰もが活用できるようにするという計画を、同社は持っている。

Lytro’s first cameras, which focused on light-field photography, became available in 2012. The company introduced its second-generation camera, the $1,599 Illum, earlier this year.

この、明視野像にフォーカスする、Lytro による最初カメラは、2012年に登場している。 そして同社は、第二世代のカメラである Illum を、$1599 という価格で、今年の初めに投入している。

Lytro has focused on consumer photography up until now. Last year, the company’s secured a $40 million round of funding to apply its technology to new categories.

そして、いま、Lytro がフォーカスしているのは、コンシューマの市場である。 この新しいカテゴリに、同社のテクノロジーを適用するための資金として、昨年のラウンドで $40 million を得ているのだ。

See also: Lytro Unveils Its Second-Generation Camera, the Illum

ーーーーー

カメラのことが、なにも分からない Agile_Cat であり、[light-field を 明視野 ] と、そのまま訳していますが、これで正解なのでしょうか? 変なところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。 それにしても、この Lytro のサンプル・ページは面白いですよ。 写真のフォーカスを後から変えることで、そして、その変化を見せることで、素晴らしい表現力が得られています。 言い換えるなら、印画紙に焼き付けられるところから始まり、Web 上でも固定されていた写真というものが、まさに Living Picture として、新たな生命を授けられたという感じです。 これからの展開が、とても楽しみです!

ーーーーー

<関連>

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz

Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

Posted in Bare-Metal, Container, DevOps, Linux, On Monday by Agile Cat on July 7, 2014

Cloud Computing: The Containerization of Apps
http://wp.me/pwo1E-7DY

By Dick Weisinger – July 1st, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-the-containerization-of-apps/

_ formtek

Docker, the ‘Linux Container Engine’, is open-source Linux technology that can package all components needed by an application into a single container which can then be easily moved between cloud platforms, virtual machines, or physical bare-metal servers. 

Docker は Linux Container Engine であり、また、Linux オープンソース・テクノロジーであり、アプリケーションが必要とするすべてのコンポーネントを、シングル・コンテナ内にパッケージ化することを可能にする。さらに言えば、このコンテナは、クラウド・プラットフォームや、仮想マシン、物理ベアメタル・サーバー間を、簡単に移動できるのだ。

Docker allows software to be deployable across a wide range of environments yet doesn’t require platform vendors to conform to specific cloud or VM requirements.  Docker runs on all major Linux distributions, including Red Hat, Debian, Ubuntu, Fedora, Gentoo, Suse and Arch.

つまり、Docker により、幅広い環境におけるソフトウェアのデプロイメント実現されるのだが、そこで要求される移行先が、特定のクラウドや VM であっても、プラットフォーム・ベンダーによる準拠は不要となるのだ。そして Docker は、Red Hat/Debian/Ubuntu/Fedora/Gentoo/Suse/Arch といった、すべての主要 Linux ディストリビューション上で動作する。

Despite Docker being only first released 15 months ago and still only at version ’1.0′, it is already widely used by many internet companies which include eBay, Yelp, Spotify, and Baidu. Additional stats for Docker’s popularity include:

Docker の最初のリリースからは、まだ 15ヶ月しか経っておらず、いまでも Version 1.0 なのだが、たとえば eBay/Yelp/Spotify/Baidu などを含む、数多くのインターネット企業ですでに使用されている。 なお、Docker の人気については、以下のような状況からも判断して欲しい:

  • 2.75+ million downloads
  • 12,000+ stars on GitHub
  • 450+ contributors – 95 percent of whom do not work for Docker, Inc.
  • 14,000+ “Dockerized” applications published on Docker Hub
  • 90+ community-established user groups in more than 30 countries
  • 6,500+ Docker related projects found on GitHub

Ben Golub, Docker CEO, said that ”there’s a groundswell of excitement from the Fortune 10 on down for what Docker can mean for how they build, ship and run applications.  If Docker is successful, we will have enabled the separation of application creation and management from infrastructure management.”

Docker の CEO である Ben Golub は、「 Fortune 10 から中小にいたるまで、Docker が実現するアプリケーションの構築/出荷/実行という方式について、とても大きな興奮の高まりが起こっている。このまま、Docker が成功するなら、アプリケーションの開発と管理を、インフラストラクチャの管理から分離するという、新たな方式が確立するだろう 」と述べている

Scott Johnson, senior Vice President at Docker, said that “we’re from the school of container technology which we simplified along with the packaging and shipping of the container.  There’s been 15 months of rapid innovation. There’s over 440 contributors to the project, including lots of contributions from Red Hat, Google. A lot of rapid change is going on.”

Docker の Senior VP である Scott Johnson は、「私たちは、コンテナ・テクノロジーの学校から生み出されたようなものであり、コンテナによるパッケージングとシッピングにより、ものごとを簡略化していきたいと考えている。そして、この 15ヶ月の間に、とても迅速なイノベーションが生じている。すでに、このプロジェクトには 440人以上のコントリビューターがいるが、Red Hat や Google からも、たくさんのコントリビューションを受けている。つまり、急激な変化が、あちらこちらで、現在進行形で起こっている状況にある」と発言している。

Jay Lyman, senior analyst at 451 Research, said that “enterprise organizations are seeking and sometimes struggling to make applications and workloads more portable and distributed in an effective, standardized and repeatable way.  Just as GitHub stimulated collaboration and innovation by making source code shareable, Docker Hub, Official Repos and commercial support are helping enterprises to answer this challenge by improving the way they package, deploy and manage applications.”

451 Research の Senior Analyst である Jay Lyman は、「 エンタープライズたちは、アプリケーションやワークロードの移植性を高め、また、効果的かつ標準的な方法で繰り返して配布したいと考えているが、とても苦労しているという側面もある。GitHub でソースコードを共有することで、コラボレーションとイノベーションが刺激されたように、Docker Hub および、Official Repos、商用サポートにより、アプリケーションの Package/Deploy/Manage の方式が改善され、この課題に取り組むエンタープライスの支援が促進されている 」と述べている

ーーーーー

絶好調の Docker ですが、これ程の実績を、すでに残しているとは知りませんでした。 そして Docker の良いところは、VM だけではなく Bare-Metal にも対応している点であり、すでに、その方向へと舵を切り始めている SoftLayer  RackSpace などを、側面から強力にサポートしていくはずです。 AWS の大きな功績により、マーケットが開拓され、ビジネス・モデルが確立してきたクラウドですが、そろそろ第二幕が始まりそうで、とてもワクワクしています。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる

開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず

Posted in .Selected, DevOps, Strategy by Agile Cat on May 29, 2013

Why Cloud Development Environments Are Better Than Desktop Development
http://wp.me/pwo1E-6aj
Tyler Jewell – April 16th, 2013
http://readwrite.com/2013/04/16/why-cloud-development-environments-are-better-than-desktop-development

_ Read Write (2)

Guest author Tyler Jewell is CEO of Codenvy, a cloud development environment.

Over the past decade, cloud computing has disrupted nearly every facet of IT. Sales, marketing, finance and support – all of these applications are being reengineered to take advantage of cloud’s instant access, no download and pay-as-you-go attributes.

これまでの 10年間において、クラウド·コンピューティングは、IT における、ほぼ すべての局面を崩壊させてきた。 それにより、セールス/マーケティング/ファイナンスといった全てアプリケーションが、ダウンロードや pay-as-you-go といった属性から切り離された、クラウドへのインスタント・アクセスというアドバンテージを、活用するように再設計されてきた。

According to Gartner, the cloud is changing the way applications are designed, tested and deployed, resulting in a significant shift in application development priorities. Cost is a major driver, but so are agility, flexibility and speed to deploy new applications. The firm estimates that 90% of large enterprises and government agencies will use some aspect of cloud computing by 2015.

Gartner によると、クラウドはアプリケーションの、デザイン/テスト/ディプロイの手法を変化させ、アプリケーション開発における優先順位に大きな影響をもたらしているようだ。やはり、コストが最大の要因になるのだが、アジリティおよびフレキシビリティと、新しいアプリケーションをディプロイするまでのスピードも重視される。Gartner は、2015年までに大企業や政府機関の 90% が、いくつかの側面において、クラウド·コンピューティングを使用するようになると推定している。

Image courtesy of Shutterstock

The cloud has also begun to impact the tools and support solutions that drive IT. This includes performance management (New Relic), backup and recovery (Mozy), configuration management (Service Now), helpdesk (Zendesk), datacenter automation (Puppet Labs) and release management. The agility afforded by on-demand services is further penetrating the developer space.

さらにクラウドは、IT をドライブするツールとサポートのソリューションにに、その影響をおよぼし始めている。具体的には、Performance Management (New Relic) や、Backup and Recovery (Mozy)、Configuration Management (Service Now)、Helpdesk (Zendesk)、Datacenter Automation (Puppet Labs)、Release Management などのエリアが含まれる。 オンデマンド・サービスにより利用が可能になる(経済面で)、この種のアジリティは、デベロッパーの領域へと、さらに浸透していくだろう。

We’ve seen cloud versions of middleware in the form of Platform-as-a-Service (PaaS), agile solutions (Rally Software), Code Versioning Systems (CVS) (GitHub), continuous integration (CloudBees) and system testing (Soasta). The more than 100 companies in these segments have cumulatively raised more than $500 million in capital.

すでに、クラウド・バージョンのミドルウェアに関しては、Platform-as-a-Service (PaaS) および、Agile Solutions (Rally Software)、Code Versioning Systems (CVS) (GitHub)、Continuous Integration (CloudBees)、System TYesting (Soasta) などので、その形態を確認している。 それらのセグメントにおいては、100社以上の企業が、$500 million 以上の資本を積み上げている。

Yet despite this transformation, there has been little disruption to the integrated development environment (IDE) world. The world’s nearly 15 million developers, teams and organizations continue to use desktop IDEs as their workbench of choice. Why hasn’t the development environment moved to the cloud along with just about every other application?

しかし、こうした変化にもかかわらず、IDE( integrated development environment)の世界には、多少の崩壊/再生があるのみだ。 この世界には、約 1500万人の開発者だけではなく、数々のチームと組織が存在するが、彼らはワークベンチとしてデスクトップIDE を使用し続けている。なぜ、開発環境は、他のアプリケーションと一緒に、クラウドへと移動しないのか?

What’s Wrong With Desktop Development?

Desktop development environments are becoming outdated, failing more often and causing productivity issues for developers. Here’s why:

デスクトップの開発環境は、すでに時代遅れになってきている。 そして、頻繁に障害を起こし、開発者の生産性を低下させるというの問題を引き起こしてる。 以下に、その理由を列挙する。

Complicated configuration management: The substantial configuration management process for a developer’s workspace turns developers into part-time system administrators, responsible for their own mini-data center running entirely on the desktop. This is time consuming, error prone and challenging to automate. Many developers have multiple computers and are forced to repeat these tasks on each machine. There is no way to synchronize the configurations of components across different machines, and each machine requires similar hardware and operating systems to operate the components identically.

Complicated configuration management: 開発者のワークスペースにおける、本質的なコンフィグレーション管理プロセスとは、デベロッパーの役割を、デスクトップ上で完全に実行される独自ミニ・データセンターの、パートタイム・システム・アドミンに置き換えるものとなる。 それにより、時間が浪費され、エラーが発生しやすくなり、自動化という課題が残される。大半の開発者は、複数台のコンピュータを所有し、それぞれのマシン上で、一連のタスクを繰り返すことを余儀なくされる。そして、さまざまなマシンをまたいで、各種コンポーネントの設定を同期させる方法は存在しない、さらに、各マシンは、コンポーネント群を等しく動作させるために、類似のハードウェアおよびオペレーティング·システムを必要とする。

Decreased productivity: Many IDEs are memory and disk hogs, with significant boot times. They are so resource-hungry they can starve other applications, such as the Web browser. The net effect is a less productive developer due to a slower machine.

Decreased productivity: 大半の IDE は、相当量のメモリとディスクを消費し、また、ブートにも時間を必要とする。それらは、Web ブラウザなどのアプリケーションを餓死させるほど、リソースを大量に消費する。つまり、遅いマシンが原因となり、本質的には低い生産性を開発者にもたらすことになる。

Limited accessibility: Desktop developer workspaces are not accessible via mobile devices. Developers who need remote access have to resort to complex and slow solutions such as GotoMyPC – if their firewall allows it.

Limited accessibility: デスクトップ開発者のワークスペースには、モバイル・デバイスを介してアクセスすることが不可能だ。リモート・アクセスを必要とする開発者は、この GoToMyPC という複雑で遅いソリューションに頼らなければならない(ファイアウォール通過が許可されていても)。

Poor collaboration: These days, most developers work as part of a team, so communication and collaboration are critical. But desktop IDEs must outsource collaboration to communication systems outside the developer’s workflow, forcing developers to continuously switch between developing within the IDE and communicating with their team via other means.

Poor collaboration: 最近では、コミュニケーションとコラボレーションが重視されるため、ほとんどの開発者がチームの一員として作業する。しかし、デスクトップ IDE では、開発者のワークフローから見た外部システムに、コラボレーションをアウトソースする必要があるため、開発者は IDE 内で開発を継続しながら、他の手段を介してチームとコミュニケートするという、思考のスイッチングを強制される。

The Solution: Cloud Development

To solve these problems requires moving the entire development workspace into the cloud. The developer’s environment is a combination of the IDE, the local build system, the local runtime (to test and debug the locally edited code), the connections between these components and the their dependencies with tools such as Continuous Integration or central services such as Web Services, specialized data stores, legacy applications or partner-provided services.

これらの問題を解決するためには、開発のためのワーク・スペース全体を、クラウドに移行する必要がある。開発者のための、その環境では、IDE および、ローカル・ビルド・システム、ローカル・ランタイム(ローカル編集されたコードのテスト/デバッグ)などが組み合わされる。 そして、それらのコンポーネントと、Continuous Integration などのツールとの間に依存関係が構築される。さらに言えば、Webな Services や、特殊なデータ・ストア、レガシー・アプリケーション、パートナーのサービスなども、その対象となる。

The cloud-based workspace is centralized, making it easy to share. Developers can invite others into their workspace to co-edit, co-build, or co-debug. Developers can communicate with one another in the workspace itself – changing the entire nature of pair programming, code reviews and classroom teaching. The cloud can offer improvements in system efficiency & density, giving each individual workspace a configurable slice of the available memory and compute resources.

このクラウド・ベースのワーク・スペースでは、センタライズと共有化が簡単に実現される。デベロッパーたちは、自分のワーク・スペースに他者を招待し、共同で編集/構築/デバッグを進めていけるようになる。 そして、このワーク・スペース内で相互にコミュニケートし、ペアでのプログラミングやコード・レビューを達成し、また、教育の進め方などを自然な形態へと変質させていく。クラウドは、システムの効率と密度を向上させ、メモリやコンピューティング・リソースやメモリと有効利用したかたちで、それぞれのワーク・スペースをコンフィグレーションしていく。

Of course there is more work to do, and we are far from tapping into the endless possibilities the cloud computing offers developers. But the benefits are already clear.

もちろん、それを実現するためには、さらなる努力が必要になるが、クラウド・コンピューティングが開発者に提供する、無限の可能性を利用するという意味において、私たちは遥か手前にいるのも確かなことである。しかし、そのメリットは、すでに明らかになっている。

ーーーーー

image言われてみれば、たしかに・・・ と言う話ですね。 とくに、Off_Line で使うアプリというのは、いまや少数派のはずであり、開発と並行して行われるテストなどにおいても、クラウド上の環境がデベロッパーに優しいはずです。マーケットには高額なデベロッパー向けプロダクトも出回っているので、いろいろな観点から議論されると思いますが、ここも、『 すべてはクラウドへ』の、一部になっていくのでしょう。そして、他のフィールドと同様に、コストが劇的に下がっていくはずです。 そうでなければ、いまの大きなトレンドと逆行してしまいますし、クラウド・シフトの要であるデベロッパーだけが、その恩恵を受けられないというも、とても矛盾した話だと思うのです。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
CIO が クラウド とモバイル の分析を急ぐべき理由 : Gartner から学ぶ
SaaS の活用が、グローバル CRM で急加速
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ! 

主要ソーシャル・メディアについて、年齢と性別の分布を調べてみた

Posted in Facebook, Research, Social, Tumblr, Twitter by Agile Cat on August 28, 2012

Report: Social network demographics in 2012
http://wp.me/pwo1E-4EE

August 21st, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/08/21/report-social-network-demographics-in-2012/

_ pingdom

Do you know how old the average Twitter or Facebook user is? Do you know what share of Reddit’s users are women? We could go on and on; when it comes to social network demographics, the questions are endless. This article is going to answer those questions for you, showing you the age and gender distribution on 24 of today’s most popular social networks and online communities.

あなたは、Twitter や Facebook のユーザーの、平均年齢について知っているだろうか? また、Reddit ユーザーのうち、女性はどのくらいの割合になるのか、知っているだろうか? それらについて、私たちは 調査を進めているが、ソーシャル・ネットワークの人口統計について、考えだしてしまうと切りがない。 この記事により、そうした、あなたの疑問に答えたい。そのために、いま人気の、24のソーシャル・ネットワーク・オンラインコミュニティについて、それらを構成するユーザーの、年齢や性別について分布を調べてみた。

The sites included in this survey are: Facebook, Twitter, LinkedIn, Pinterest, Tumblr, Reddit, Hacker News, Slashdot, Github, Stack Overflow, Orkut, Quora, WordPress.com, Blogger, Flickr, Myspace, Tagged, Hi5, LiveJournal, Yelp, deviantART, StumbleUpon, Goodreads and Last.fm.

この調査には、FacebookTwitterLinkedInPinterestTumblrRedditHacker NewsSlashdotGithubStack OverflowOrkutQuoraWordPress.comBloggerFlickrMyspaceTaggedHi5LiveJournalYelpdeviantARTStumbleUponGoodreadsLast.fm が含まれる。

You may note one glaring omission: Google+. Unfortunately for us there is no data on Google+ in DoubleClick Ad Planner, the Google-owned tool we used for the demographics data. Another thing we should point out is that the demographics data used in this survey is for the United States.

あなたは、Google+ の欠落に気付くだろう。 残念なことに、この人口統計データのために用いた、Google が提供する DoubleClick Ad Planner に、Google+ のデータが無いのだ。 そして、この調査で使用している統計データが、United States を対象としている点も、最初にお断りしておく。

With that out of the way, let’s dive into the data!

さあ、普段とは異なる視点から、データの海に飛び込んでみよう!

Average age distribution

If you average the age distribution across all the sites in the survey, this here below is what you end up with. You could think of it as the age distribution in the social media sphere.

この調査における、すべての対象サイトの年齢分布の平均を知りたいなら、以下のチャートを参照して欲しい。 このデータを、ソーシャル・メディアの世界における、年齢分布として捉えることができる。

More than half of these social media users are between 25 and 44 years old. This, however, was just an average. When looking at the individual sites in this survey, there are considerable differences.

ソーシャル・メディア・ユーザーの、半分以上が 25歳~44歳の間に集中している。 ただし、この値は、全体の平均に過ぎない。 そして、個々のサイトをみると、かなりの相違点があることが分かってくる。

Age distribution per site

As we just mentioned, there are big differences in the age demographics of the individual sites. You can examine all of them in the chart here below. We’ve sorted the chart by average age (more on that farther down), “youngest” site at the top.

前述のとおり、それぞれのサイトにおける年齢分布には、大きいな差異がある。 以下のチャートで、それぞれのサイトについて、確認して欲しい。 年齢層が、最も低いサイトをトップに置き、高いサイトをボトムに置いている。

This chart should make something very clear; social media is most definitely not just for the young. Some examples:

このチャートから、大半のソーシャル・メディアが、若者だけのために有るのではないという事実が見えくる。 以下に、いくつかの例を示そう。

  • 55% of Twitter users are 35 or older.
  • 63% of Pinterest users are 35 or older.
  • 65% of Facebook users are 35 or older.
  • 79% of LinkedIn users are 35 or older.

However, as you could see in the very first chart of this article, only 2% of social media users are 65 or older (averaged between the sites in this survey). There is also the flip side of the coin to consider; some sites have a considerable bias toward younger users. A few examples:

しかし、この記事の最初のチャートで見たように、ソーシャル・メディア・ユーザー全体で、65歳以上の人々が占める比率は、たった 2% に過ぎない(その値は、この調査から得られた平均値である)。 そして、コインの裏表のように、いくつかのサイトは、若年の年齢層に偏っている。 以下に、いくつかの例を示そう。

  • 58% of Reddit users are under 35.
  • 60% of Github users are under 35.
  • 63% of Hi5 users are under 35.
  • 69% of Hacker News users are under 35.
  • 69% of deviantART users are under 35.
  • 83% of Orkut users are under 35.

A couple of examples of sites with more homogenous user bases, age wise:

また、いくつかのサイトは、特定の特定の年齢層に偏っている。

  • Hacker News has almost half of its users (44%) in the 18-24 age bracket.
  • Orkut on the other hand has a massive grouping of people aged 25-34. This is so large (76%) that we suspect it may be an anomaly in the Ad Planner data. None of the other sites display such extremes.
  • More than half of DeviantART’s users are below 25.
Average user age per site

Based on the sites in this survey, the estimated age of the average social media user is just under 37 years old. Here are some other observations:

これらのサイトに関する調査をベースにすると、ソーシャル・メディア・ユーザーの平均的な年齢は、37歳を少しだけ下回っていることが分かる。 ここに、いくつかの観察ポイントがある。

  • The oldest users. LinkedIn has the oldest user base, with the average user being 44.2 years old.
  • The average Facebook user is 40.5 years old.
  • The average Twitter user is 37.3 years old.
  • The age trend for Facebook and Twitter. Compared to a previous survey we did 2.5 years ago, the age of the average Facebook user has gone up two years, while the age of the average Twitter user has gone down two years. In other words, Twitter’s user base is getting younger, while Facebook’s is getting older.

And here is the full chart with all the sites, sorted by average age:

以下のチャートは、それぞれのサイトにおける平均年齢を並べたものである。

What about gender?

This whole article so far has been about the age of people using these social networks and online communities. Now it’s time to examine the male-female ratio, or gender balance if you prefer that word.

これまでのところでは、ソーシャル・ネットワークとオンライン・コミュニティにおける、ユーザーの年齢について調べてきた。ここからは、男性と女性の比率について見ていく。 それとも、ジェンダー・バランスと言ったほうが良いのだろうか。

Based on the United States demographics data (from Ad Planner) there is a clear gender imbalance on many of these sites. Some are much more male dominated, and vice versa. However, when you look at all the data together, it becomes clear that women rule social media. More than two thirds of the sites in this survey have more female than male users. Other observations:

Ad Planner から提供される United States 人口統計データをベースにすると、大半のサイトにおいて、男女比の異なる様子が見えてくる。 あるサイトでは、男性の方がずっと多く、また、あるサイトでは、時勢の方がずっと多い。 しかし、すべてのデータを平均してみると、女性たちがソーシャル・メディアを支配している様子が明確になる。 この調査では、対象サイトの 2/3 以上で、女性ユーザーの方が多数であるという結果が出た。 また、その他の観察ポイントとしては、以下の項目がある。

  • 17 out of 24 sites (71%) have more female than male users.
  • The average gender distribution is 48.75% male, 51.25% female.
  • Most male-dominated site? Slashdot (87% males) is the standout, followed by Hacker News (77% males) and Stack Overflow (76% males). In general, the more tech-focused sites in this survey have more male users than female.
  • Most female-dominated site? Pinterest (79% females) is in a league of its own, followed by Goodreads (70% females) and Blogger (66% females).
  • Facebook and Twitter have the same gender distribution: 40% male, 60% female.

Here below is a chart with the male-female ratios for all 24 sites included in this survey. The chart is sorted, the least male-dominated sites at the top.

以下のチャートは、この調査の対象である、24のサイトにおける男女比を示している。 トップには女性が優位なサイトを置き、ボトムには男性が優位なサイトを置いている。

As you can see, the only sites in this survey with more male than female users are Quora, Reddit, Orkut, Github, Stack Overflow, Hacker News and Slashdot.

見てのとおり、男性の方が女性より多いサイトは、Quora/Reddit/Orkut/Github/Stack Overflow/Hacker News/Slashdot だけである。

Final notes

We hope you found this report interesting. It’s easy to get lost when digging through this kind of data, but we hope we managed to present it in a way that gave you a decent overview of the situation today.

このレポートに、あなたが興味を示してくれることを、私たちは望んでいる。 この種のデータをマイニングするとき、往々にして道に迷いがちになる。 しかし、今日の状況を適切に概説するための方式を、上手く提供できたはずだと思っている。

To us, one big takeaway from this report is that there’s a place for everyone in today’s social media landscape. These sites have users that span the entire age spectrum, and there really are no limits to what you can achieve online, regardless of age or gender.

私たちにとって、このレポートから得られる大きな視点とは、今日におけるソーシャル・メディアの視界の中に、すべての人々の居場所が存在するという事実である。 これらのサイトは、年齢分布の全体におよぶユーザー層を有している。そして、年齢や性別にかかわらず、オンラインで達成し得ないことは無い、という状況が見えてくる。

A note on the source data: All the demographics data in this survey is for the United States, but the patterns shown here should translate roughly to other countries as well. That said, there are regional differences, so keep that in mind if you’re applying this to other parts of the world.

Previous surveys: We did a couple of similar surveys almost three years ago (age, gender), but the results are not easy to compare since a different set of sites were used (the social media landscape has changed).

Larger charts: Average age distribution, Age distribution per site, Average age per site, Gender distribution.

Image credit: Top image background via Shutterstock.

ーーーーー

image文中にも指摘されているように、このデータはアメリカ市場のものであり、他国の状況は反映していませんし、もちろん、日本の状況も反映していません。 しかし、日本のソーシャル調査結果などと照らし合わせてみると、とても興味深い差異が浮かび上がってくるのだろと思えてきます。それにしても、これ程までに、女性ユーザーが多いとは、想像もしていませんでした。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/7月
Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!

 

Azure の OSS デベロッパーも Github が好きなんだ

Posted in Businesses, Microsoft by Agile Cat on June 27, 2012

Majority of Open Source Azure Cloud Projects, Hosted on Github
http://wp.me/pwo1E-4m6

By Sean Michael Kerner   |    June 08, 2012
http://www.internetnews.com/blog/skerner/majority-of-open-source-azure-cloud-projects-hosted-on-github.html

image

From the ‘Everyone but Linus Torvalds Loves Github’ files:

誰あろう、Linus Torvalds も Github が好きなんだ:

No Azure is not open source, though there is a growing ecosystem of open source developers that are building projects. New data from Black Duck that was provided to InternetNews sheds some really interesting light on the state of open source cloud development projects.

オープンソースのデベロッパー・エコシステムが成長し、数々のプロジェクトを構築しているが、Azure はオープンソースではない、という訳でもない。Black Duck から InternetNews に提供された新しいデータが、オープンソースによるクラウドの開発プロジェクトに、きわめて興味深いスポットライトを当てている。

black-duckAccording to the data, derived from Black Duck’s knowledge based that collects data from the major open source repos, there are some 2,187 open source cloud projects. Amazon represents 44 percent of them, Azure 36 percent, Rackspace comes in at 13 percent and Force.com rounds out the list at 7 percent.

主要なオープンソース・リポジトリから収集された、Black Duck のナレッジ・ベースによると、現時点で 2,187 のオープンソース・クラウド・プロジェクトが存在している。 そして、Amazon が 44% を占め、Azure が 36%、Rackspace が 13%、Force.com が 7% を占めるという構成になっている。

For Azure, 56 percent of projects are hosted on Github, 42 percent on Microsoft’s own Codeplex and 2 percent on Sourceforge. I personally would suspect that Microsoft is the leading contributor to Codeplex while everyone else is going to Github.

さらに、Azure のプロジェクトを分析すると、その 56% が Github にホストされ、42% が Microsoft の Codeplex、2% が Sourceforge という構成になっている。 個人的な推測だが、Codeplex における主導的なコントリビュータは Microsoft であり、その他大勢は Github にコントリビュートしている状況にあると思う。

imageFrom a licensing perspective, Azure or otherwise, Black Duck has not yet broken down the projects by license, but that’s something that I’d like to see. I’d bet that Apache 2.0 dominates.

ライセンス形態という視点では、Azure を含む全プロジェクトに関して、Black Duck は分析を完了していない。それは、私が知りたいデータであるが、まぁ、Apache 2 が大多数を占めると確言している。

Overall, Dave Gruber, Director of Developer Marketing at Black Duck told me that it’s clear that Github is the favored open source repository for cloud development project based on his data. For me, it’s clear at this point that the vast majority of new open source efforts are headed to Github as well.

Black Duck の Director of Developer Marketing である Dave Gruber が、自身のデータを用いてクラウド開発プロジェクトを分析したところ、明らかに人気を集めているオープンソース・リポジトリは Github のようだ。 私から見ると、新規のオープンソース・プロジェクトにおいても、その大多数が Github に向かっていることが、現時点で明らかにされているはずだ。

Sean Michael Kerner is a senior editor at InternetNews.com, the news service of the IT Business Edge Network, the network for technology professionals Follow him on Twitter @TechJournalist.

ーーーーー

TAG indexこれまでの、Windows only Azure においても、たくさんの OSS プロジェクトがあり、また、Codeplex にホストされていたと記憶しています。 そして、Linux も対象とする Microsoft Azure へと、大きく舵が切られたわけであり、そのポジション取りに注目が集まっているのだと思います。 6月29日に開催される Go Azure では、丸山先生が 「マイクロソフトは本当にオープン ソースに対してオープンか? 」というタイトルで講演されるそうです。 ほんと、そこが、とっても気になるのです。ーーー image

ーーーーー

<関連>

OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする
Microsoft は、クラウド・メインストリームに参入するのか?
Linux Gambit on Azure は Microsoft に利益をもたらすのか?
Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
Bing API は Azure Marketplace に移行した後に有償化されるのか?

Yahoo の Mojito は、あらゆる Mobile デバイスに対応する OSS Dev プラットフォームなのだ

Posted in .Selected, BaaS, Mobile, Yahoo by Agile Cat on May 7, 2012

Yahoo open sources Mojito, a developer framework for any device
By
Ryan Lawler Apr. 2, 2012
http://gigaom.com/2012/04/02/yahoo-mojito/

Image(50)

Yahoo is taking a big step toward helping developers write code that will work well on any device, whether it be for the web, mobile web or even native iOS, Android or other smartphone operating systems. To do so, it’s decided to open source Mojito, a JavaScript-based developer framework that allows developers to leverage both client- and server-side technologies to get the best performance out of any device.

Yahoo が促進しているのは、あらゆるデバイス上で適切に動作するコードを、デベロッパーが効率良く記述していくための支援である。つまり、その対象は、Web や、Mobile Web、ネイティブの iOS および Android、そして、その他のスマートフォン OS であっても構わないことになる。 そして、それを実現するために、JavaScript ベースのデベロッパー・フレームワークである、オープンソースの Mojito が選ばれた。それにより、あらゆるデバイス型ベスト・パフォーマンスを得るための、クライアント・サイドとサーバー・サイドのテクノロジーを、デベロッパーは活用できるようになる。

Image(215)

Mojito is just one of the tools that the company has built internally as part of its Yahoo Cocktails program. But now it’s making Mojito available to all to play around with and improve upon.

Mojito とは、Yahoo Cocktails プログラムの一部として、同社がインターネルに構築したツールに過ぎない。 しかし、いまは、すべてのデバイスに Mojito が対応し、また、適切なパフォーマンスを発揮するよう改善している状況にある。

The idea behind Mojito is that developers will be able to build JavaScript-based applications that can be run on a number of devices, and adapt to the unique problems of the mobile web — that is, low-powered devices with constrained and spiky network traffic. Rather than have to choose between building for the web, mobile web or native app frameworks, developers will be able to create hybrid apps that perform well in any of those situations.

Mojito の背景となるアイデアとは、多様なデバイス上で動作する JavaScript ベースのアプリケーションを、デベロッパーが構築できるようにするものだ。そして、低電力デバイスという制約と、ネットワークにおけるピークという、モバイル Web に固有の問題に対処していく。そして、デベロッパーは、Web/Mobile Web/Native App のフレームワークを選択するというのではなく、あらゆる状況でも適切な性能を発揮する、ハイブリッド・アプリケーションの作成を可能にしていくだろう。

Image(240)

It does that by giving developers the ability to blur the lines between building for client-based processing or server-based processing. Mojito apps can run on the client, using the device’s JavaScript engine, or it can run on the server via Node.js. That makes app development a little more flexible and modular than it previously had been.

こうした開発環境は、クライアント・ベースの処理と、サーバー・ベースの処理を切り分けるラインを、デベロッパーが曖昧に取り扱えるようにすることで達成される。 Mojito アプリケーションは、デバイス上の JavaScript エンジンを用いてクライアント上で実行することが可能であり、また、Node.js を介してサーバー上でも実行できる。それにより、アプリケーショ開発は、以前よりも柔軟性を持ち、また、モジュール化も促進される。

To see the results, you can check out a number of Yahoo apps that leverage Mojito. Those include Yahoo! Livestand, a native app; Fantasy Finance, a Web site; and Fantasy Premier League Football, which is a mobile Web app. Or you can build your own, as Yahoo’s Mojito is now available on GitHub.

その成果を確認するために、Mojito を活用する数多くの Yahoo アプリケーションをチェックすることが可能だ。そこには、Yahoo 自身も含まれる! ネイティブ・アプリとしての Livestand や、Web サイトとしての Fantasy Finance、そして、Mobile Web アプリとしての Fantasy Premier League Football などがある。 あるいは、あなた自身のアプリを構築することも可能だ。 つまり、すでに GitHub 上、 Yahoo の Mojito が提供されているのだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

Image(216)

Image(241)以前に、Mobile BaaS(Backend-as-a-Service)マーケットについて、Appcelerator による Cocoafish 買収から探るという記事をポストしました。 その時に、いわゆる Service Provider/IaaS/PaaS といった、エコシステムの基盤として馴染みのあるプラットフォームとは、まったく違う世界から新しい勢力が勃興しているのを目の当たりにしました。 そして、今度は Yahoo までに名乗りを上げてきたわけで、デベロッパー環境が戦国時代化している様子が、お分かりいただけると思います。 ーーー Image(13)

ーーーーー

<関連>

AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?
デベロッパーたちは Android に飽きてしまったのか? – IDC の調査
この世で いちばん 不公平な比較 – iPhone 4 vs. IBM PC

Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは

Posted in .Selected, Big Data, Storage, Twitter by Agile Cat on May 6, 2012

Twitter open sources its MySQL secret sauce
http://wp.me/pwo1E-4bb
By
Derrick Harris Apr. 9, 2012
http://gigaom.com/cloud/twitter-open-sources-its-mysql-secret-sauce/

_ Gigaom

Updated: Twitter has shared numerous aspects of its infrastructure over the past few years, and its decision to open source its work on MySQL might be the social media platform’s most useful contribution yet. Sure, open source big data tools are valuable, but they’re not MySQL.

Updated: Twitter は、この数年にわたって、自身のインフラストラクチャを、いくつかの切り口から共有してきた。 そして、MySQL に関する成果をオープンソース化していくという判断は、このソーシャルのメディアのプラットフォームから提供される、最も有用なコントリビューションとなるだろう。たしかに、オープンソースの Big Data ツールは貴重であるが、それらは MySQL ではないのだ。

Used by millions of web developers, MySQL is hugely popular; it’s the “M” in the LAMP stack that still underpins many web applications. But it has its problems, among them scalability and performance under the pressure of high transaction rates. This is part of the reason that NoSQL databases came into existence and continue to flourish. So, for anyone concerned with making MySQL scale, being able to see and build upon what a site like Twitter did with the code should be a big deal.

MySQL は、何百万という Web デベロッパーにより利用され、また、人気者でもある。そして、LAMP スタックの [M] として、数多くの Web アプリケーションを下からサポートしている。 しかし、ハイ・トランザクション・レートというプレッシャーを前提にすると、そのスケーラビリティとパフォーマンスに問題を抱えてしまう。 逆説的に言えば、それが NoSQL データベースの存在する理由であり、また、広く利用されている要因でもある。したがって、MySQL でスケールを実現しようする、あらゆる人々にとって、Twitter のようなサイトがコーディングした成果を参照し、それをもとに何らかを構築できることは、きわめて重要な事柄になるはずだ。

It’s not like Twitter is alone in working on MySQL’s shortcoming or anything — companies such as Tokutek and ScaleBase are centered around this very premise, and Facebook has done some amazing things with the database — but Twitter’s willingness to open source its code is critical. No vendor licenses, no support contracts and no lock-in, just a tried and true MySQL fork from one of the world’ most successful web platforms.

MySQL の欠点などに取り組んでいるのは、なにも Twitter だけではない。 しかし、そのコードを快くオープンにする Twitter の意思は、とても重要な意味を持つ(たとえば、TokutekScaleBaseなどは、こうした仮説を前提にビジネスを考えている。そして Facebook は、データベースに関する驚くべき成果を達成している)。ベンダーのライセンスや、サポート契約、そしてロックインのない世界だ。 そこにあるのは、この世界で最も成功した Web プラットフォームとしての、実証済みの MySQL フォークだけである。

imageAs it turns out, however, Twitter’s move in open sourcing its core MySQL code comes after the company already open sourced various components that sit atop MySQL. In 2010, it open sourced Gizzard, a middleware component for creating distributed databases that can serve tens of thousands of queries per second, and FlockDB shortly thereafter.

しかし、今にしてみると、コアとなる MySQL コードをオープンソースにしようとする Twitter の行動は、MySQL 上の多様なコンポーネントをオープンにしてきた、その後に続くものである。 2010年には、分散データベースを構築するミドルウェア・コンポーネントである、Gizzard をオープンソース化し、その直後に FlockDB もオープンにしている。それらは、秒あたり何万というクエリーを処理するものである。

Update: Someone alerted me that Facebook does have a site for sharing its MySQL patches, although it’s hosted at Launchpad. Earlier on Monday, commenters to a thread on the MySQL at Facebook page strongly urged Facebook to move its efforts to the far more popular Github, which is where Twitter hosts its code.

Update: Facebook には、MySQL パッチを共有するためのサイトがあるが、Launchpad にホストされていると、教えてくれる人がいた。 月曜日の朝のことだが、Facebook ページの MySQL スレッドで、こうした Facebook による成果は、よりポピュラーな Github に移行されるべきだと、強く催促するコメントがあった。 そこは、Twitter が、一連のコードをホストしている場所である。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

-----

image文中に指摘されるように、Facebook と並んで Twitter も、ソフトウェアのオープン化について、さまざまな活動を展開してきました。 とくに、Hadoop が注目を浴び始めたころから、この 2つの巨大ソーシャルが LAMP スタックを用いて、その上で Big Data をハンドリングしていることが明らかにされ、大規模 Web サイト構築におけるデファクトが確定してきたのだろうと思います。それは、従来からのソフトウェア・ライセンス・ビジネスに終止符を打つものであり、また、その合理性を Android が証明しているのでしょう。 まだまた問題は山積みですが、特定の企業が権利を主張するより、それが一人一人のデベロッパーのスキル(経済)として分散されることで、エコシステムが確立され、また、イノベーションが促進されているのだと感じます。 --- image

-----

<関連>

誕生日を迎えた Twitter と、Jack Dorsey による6年前の初ツイート
正確に言うと、Twitter はソーシャルじゃないんだ – Jack Dorsey
Twitter サーチを 3倍速にする新アーキテクチャとは?
Twitter が提供する、Hadoop ライクな OSS とは?
Twitter の Trend API は、XML から JSON-Only へと移行する

 

Cloud Foundry が .NET をサポートする!

Posted in .Selected, Microsoft, PaaS, VMware by Agile Cat on December 14, 2011

.NET comes to Cloud Foundry
By
Derrick Harris – Dec. 13, 2011
http://gigaom.com/cloud/net-comes-to-cloud-foundry/

_ Gigaom

Up-and-coming Infrastructure-as-a-Service provider Tier3 has made a significant contribution to the Platform-as-a-Service world by releasing a .NET implementation of the Cloud Foundry PaaS project. Launched by VMware in April, Cloud Foundry initially supported a variety of languages and frameworks, but it was by no means representative of the entire development community. It’s getting there, however: Tier3′s .NET contribution joins ActiveState’s addition of Python and Django and AppFog’s PHP stewardship.

前途有望な IaaS プロバイダ Tier3 は、Cloud Foundry PaaS プロジェクトにおける .NET 実装をリリースすることで、この PaaS の世界に重要なコントリビューションを行うことになった。 この 4月に VMware が立ち上げた Cloud Foundry は、当初から各種のプログラミング言語とフレームワークをサポートしてきたが、すべての開発コミュニティを代表するような存在では、決して無かった。 しかし、それが変化しようとしている。 つまり、Tier3 による .NET コントリビューションが、ActiveState による Python や、DjangoAppFog による PHP というイニシアティブに、仲間入りしようとしているのだ。

imageSupport for .NET is particularly critical given the large number of enterprise programmers that rely on the framework for developing Windows applications. Presently, Microsoft Windows Azure is the most widely known PaaS offering touting strong .NET support, but it is hindered in part by the platform’s usability and in part because it’s only a public cloud. Startup AppHarbor is also pushing a .NET PaaS. Iron Foundry, Tier3′s Cloud Foundry implementation, will allow new PaaS providers to offer support for .NET applications and also will give companies wanting to build their own internal PaaS offerings the code to get started (something Apprenda already does via its SaaSGrid Apprenda Platform product).

Windows アプリケーションを開発するために、このフレームワークをに依存する多数のエンタープライズ・プログラマーを前提とすると、きわめて重要になるのが .NET のサポートである。 現時点において、.NET サポートを強力にプッシュする PaaS として広く認識されているのは、Microsoft の Windows Azure である。しかし Windows Azure は、そのプラットフォームの有用性における一部において、また、パブリック・クラウドのみをサポートするという戦略において、先手を取れずにいる。 さらには、別のスタートアップである AppHarborも、.NET PaaS をプッシュしている状況にある。Tier3 の Cloud Foundry 実装である Iron Foundry により、.NET アプリケーションをサポートする、新しい PaaS プロバイダが誕生するだろう。そして、手持ちのコードを用いて、インターナル PaaS を構築したいと考えている企業群にも、チャンスを提供するようになるだろう(すでに Apprenda プラットフォーム・プロダクトが実現しているように)。

Technically, Iron Foundry and Cloud Foundry are separate at this point, but Tier3 and VMware acknowledge they are working together to align Iron Foundry with the core Cloud Foundry code and developer tools, and I have been told that VMware will officially support .NET within Cloud Foundry at some point.

テクニカルな面においては、現時点における Iron Foundry と Cloud Foundry は、切り分けて考えるべきだろう。 しかし Tier3 と VMware は、Cloud Foundry のコア・コードと開発ツールにおいて、Iron Foundry を取り入れるための共同作業を推進していると認めている。そして VMware が、Cloud Foundry における .NET を、オフィシャルにサポートするという話を聞いたこともある。

Developers can access Iron Foundry via a Windows version of Cloud Foundry Explorer or a Visual Studio plug-in for Cloud Foundry, and the code will be available on GitHub under the Apache 2.0 license. The company is also offering a “full testbed environment” that lets programmers experiment with Iron Foundry free for 90 days, although applications are limited to one web and one database instance apiece.

デベロッパーたちは、Cloud Foundry Explorer の Windows バージョン、あるいは、Visual Studio plug-in for Cloud Foundry  を介して、Iron Foundry にアクセスできる。 そして、そのコードは、Apache 2.0 ライセンスの下で、GitHub から入手できるようになる。 さらに Tier3 は、プログラマーたちに Iron Foundry を実験させるために、90日間にわたり無償で利用できる「フル・テストベッド環境」を提供している。ただし、そこで試すことが可能な範囲としては、1つの Web アプリケーションと、1つのデータベース・インスタンスに限定される。

Tier3 is an IaaS provider by nature, and Iron Foundry is its foray into PaaS, which many consider the future of cloud computing. While Iron Foundry is still just a project like its Cloud Foundry namesake, Tier3 founder and CTO Jared Wray told me that Tier3 will have a PaaS product at some point, and Iron Foundry almost certainly will be at the core.

本質的に、Tier3 は IaaS プロバイダであり、また、Iron Foundry は PaaS へ向けた斬新な試みである。 そして、このような動きが、クラウド・コンピューティングの未来であると、多くの人々が捉えているはずだ。いまの Iron Foundry は、Cloud Foundry の名前をもらったプロジェクトに過ぎないが、Tier3 の Co-Founder であり CTO でもある Jared Wray は、ある時点で Tier3 は PaaS プロダクトを持つことになり、そのコアには Iron Foundry が座るだろうと、私に教えてくれた。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexOS というプロダクトを第一義に考えるのか、クラウドというサービスを優先していくべきなのか、そこに Microsoft の悩みが縛り付けられている間隙を縫って、VMware が勢力を拡大しています。 以前に、[VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる]という、やはり Gigaom の記事を訳したことがありますが、この謎めいたタイトルの意味が、だんだんと理解できるようになってきました。それと、この Iron Foundry ですが、u1 さんのブログで Jaco さんが、[ Windows で動くCloud FoundryベースのPaaS、その名もIron Foundry ]という、とても詳しい解説を提供しています。 そちらも、ぜひ、ご覧下さい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドにより OS は死に絶える(要旨)
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
VMworld – Maritz – レガシー・アプリケーションは、もう口紅では繕えない
VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

 

%d bloggers like this: