Agile Cat — in the cloud

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by Agile Cat on November 27, 2013

Facebook Likes Broadcom, Intel, Mellanox Switches
http://wp.me/pwo1E-6WG

Rick Merritt – 11/11/2013
http://www.eetimes.com/document.asp?doc_id=1320052

_ ee times

SAN JOSE, Calif. — Broadcom, Intel, and Mellanox have developed competing specifications for datacenter switches, responding to a call from the Facebook-led Open Compute Project.

SAN JOSE, Calif. — Broadcom および、Intel、Mellanox の各社は、Facebook が主導する Open Compute Project からの要請に応えるかたちで、データセンター・スイッチの仕様コンペに取り組んでいる。

OCP called earlier this year for open specs for software-agnostic leaf and spine switches to complement its existing specs for streamlined servers. The specs aim to speed innovation in networking hardware, "help software-defined networking continue to evolve and flourish," and give big datacenter operators more flexibility in how they create cloud computing systems, said Frank Frankovsky, a Facebook datacenter executive and chair of the OCP Foundation in a blog posted Monday.

今年の初めOCP は、既存のスイッチ・プロダクツを補完し、その合理化されたサーバーに順応させる、ソフトウェアを選ばない Leaf and Spine スイッチの、オープン仕様について呼びかけを行った。その仕様とは、ネットワーク・ハードウェアにおけるイノベーションのスピードを高め、また、「SDN の進化と普及を促進」し、さらには、大規模データセンター事業者によるクラウド·コンピューティング·システム開発に柔軟性を提供するものであると、Facebook データセンター部門のトップと、OCP Foundation 議長を兼任する Frank Frankovsky が、自身のブログ・ポストで発言している。

The project’s goal is to deliver a switch that can be rebooted to handle different jobs as needed. So far the OCP group received more than 30 proposals for systems or components.

このプロジェクトの目標は、異なるジョブを必要に応じて処理するための、リブートが可能なスイッチを提供することである。そして、これまでに、30種類を超えるシステムやコンポーネントの提案を、OCP グループは受け付けている。

Intel posted online a full reference design for its proposal for a 48×4 10/40G switch (below). The design uses Intel’s FM6764 switch acquired with Fulcrum Microsystems and two of Intel’s own SoCs — the Crystal Forest control plane processor and the Cave Creek chipset for daughter cards. Quanta and one other OEM built systems based on the design.

Intel からは、48×4 10/40G Seitch(以下)に関する提案のフル・リファレンス·デザインが、オンラインでポストされている。このデザインで用いられる Intel の FM6764 Switch は、Fulcrum Microsystems と Intel 自身の 2つの SoC と連携するが、後者に関しては、ドータ·カード用の Crystal Forest プロセッサと、 Cave Creek チップセットとなる。Quanta と、別の OEM によるシステムは、このデザインをベースに構築されている。

クリックで拡大 ⇒
Intel’s switch proposal uses three types of its chips.

Broadcom said it has delivered a spec and a working system based on its Trident II switching chip that meets OCP needs. However the company declined to release further details.

また、Broadcom からは、その Trident II Switch をベースにして、OCP のニーズを充たす仕様と稼働システムが提供されるようだ。ただし、同社は、その詳細についてリリースを行っていない。

Mellanox proposed a switch based on its SwitchX-2 switch and an x86 processor running the Open Network Install Environment (ONIE) software from Cumulus Networks. The switch supports either 48 SFP+ ports and 12 QSFP ports or 60 10GbE server ports when using QSFP+ to SFP+ breakout cables.

Mellanox からの提案は、その SwitchX-2 Switch と x86 プロセッサにより、Cumulus Networks から提供される Open Network Install Environment (ONIE) ソフトウェアを走らせるというものである。このスイッチは、48 SFP+ ポートと 12 QSFP ポートをサポートするが、SFP+ Breakout Cable を用いる際には、60 10GbE サーバー・ポートがサポートされる。

Separately, Cumulus submitted to OCP its ONIE software, a boot loader for installing software on network switches. It enables a generic switch to run a variety of networking software environments.

それとは別に Cumulus は、各種のネットワーク・スイッチ上にソフトウェアをインストールするための、ブート・ローダーとしてソフトウェアを OCP にサブミットしている。それにより、各種のソフトウェア・ネットワーク環境を実行するための、汎用的なスイッチが実現されるという。

Further work on networking specs and proposals continues at an OCP event this week in San Antonio.

今週に San Antonio で開催される OCP イベントにおいて、このネットワークに関する、さらなる仕様と提案が、明らかになるだろう。

— Rick Merritt, Silicon Valley Bureau Chief, EE Times

Related posts:

ーーーーー

open-computeOCP の Open Switch について詳しく説明しているのは、Facebook Tech Director Reveals Open Networking Plan というドキュメントだと思います。 その中で、Facebook の Najam Ahmad は、「私たちが取り組んでいる仕様は、本質的にコンピューティングのように振る舞うスイッチとなる。診断と試験のための BIOS 環境が起動した後に、実行可能なものが検索され、オペレーティング・システムが見つけ出される。つまり、一般的なオペレーティング・システムのように、どのように振舞い、なにを実行するのかを、それに伝えることができる」と説明しています。一言でいって、脱アプライアンスとなるわけですが、サーバーと同様に、無印スイッチが活躍できるのかどうか、とても興味深いテーマだと思います。image

ーーーーー

<関連>

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

 

Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on November 12, 2013

Quanta Launches Open Compute Solutions, Including Open Rack
http://wp.me/pwo1E-6TH

October 24th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/24/quanta-launches-open-compute-solutions-including-open-rack/

_ DC Knowledge

For years, Quanta Computer has been building servers for Facebook and Rackspace based on design concepts advanced by the Open Compute Project (OCP). Today Quanta QCT launched a line of hardware products making those Open Compute designs available to a broader pool of customers.

Open Compute Project (OCP) の先進的なデザイン・コンセプトに基づき、Quanta Computer は長年にわたり 、Facebook や Rackspace のためにサーバーを構築してきた。そして、今日、Quanta QCT は、幅広い顧客層に対して提供が可能な、Open Compute ハードウェア・プロダクツのラインナップを立ち上げた。

Quanta QCT (short for Quanta Cloud Technology) is the U.S. business unit of Taiwan-based Quanta Computer, and is marketing its OCP server, storage and network gear under the Rackgo X brand. The new line includes two server solutions, one storage JBOD (model JBR) and one 10G SFP+ switch (model T3048-LY2). A server motherboard option, the Windmill F03, is also available.

Quanta QCT(Quanta Cloud Technology の略)は、Tairan ベースの Quanta Computer における、米国ビジネス・ユニットであり、Rackgo X ブランドの下で、OCPに対応するサーバー/ストレージ/ネットワークなどのギアを販売している。この、新しいラインナップには、2つのサーバー・ソリューションが取り込まれている。 1つは、ストレージである JBOD(モデル JBR)であり、もう1つは、10G SFP + スイッチ(モデル T3048-LY2 )であり、また、サーバーのマザーボード・オプションとして、Windmill F03 も選択できる。

The Quanta Windmill F03C is a half-width, Intel Xeon ES-2600 product family motherboard that features dual CPU sockets and 16x DIMM slots. (Photo: Quanta)

The Open Compute Project began as an open source showcase for Facebook’s design innovations, but over the past two years has evolved into an active community building cutting-edge hardware, disrupting the traditional IT supply chain, and laying the groundwork for future innovation.

Open Compute Project は、Facebook のデザイン・イノベーションに関する、オープンソースのショーケースとして始まったが、これまでの 2年間において、最先端のハードウェアを構築する、活発なコミュニティへと進化してきた。 それは、従来からの IT サプライ・チェーンを破壊し、将来へ向けたテクノロジー・イノベーションの基礎を築くものである。

“Our customers are on a continual quest for the most capital and operationally efficient data center design,” said Mike Yang, the general manager of Quanta QCT. “The Open Compute Project is intended to address this need, and Rackgo X is the culmination of our long-term OCP design and development effort. Working with innovators like Facebook and Rackspace, Quanta has developed the most comprehensive lineup of OCP spec products available on the market.”

「 私たちのカスタマは、最も投資効率がよく、また、効果的に運用できる、データセンター・デザインを継続的に探求している。Open Compute Project は、こうしたニーズに対応するよう意図されたものである。 そして、Rackgo X は、長期間にわたる OCP の設計と開発に取り組んできた、結果としての集大成である。Facebook や Rackspace といった革新的な企業と協力して、Quanta は OCP スペック・プロダクツを開発してきた。 そして、最も包括的なラインアップを、マーケットで入手できるようにした」と、Quanta QCT の General Manager である Mike Yang は述べている。

Adopting Wider Open Rack Design

Quanta provided design, engineering and manufacturing support for Facebook as the social network developed custom hardware for its first data center in Prineville, Oregon. The Rackgo X lineup is inspired by OCP’s Open Rack standard, which provides a 21-inch wide slot for servers, expanding upon the 19-inch width that has long been the standard for data center hardware. The wider form factor will create more room for improved thermal management, as well as better connections for power and cabling.

Facebook が Prineville, Oregon のデータセンター用に、初めてカスタム・ハードウェアをデザインしたとき、デザイン/エンジニアリング/マニュファクチャリングのサポートが、このソーシャル・ネットワークに対して、Quanta から提供されたのだ。Rackgo X ラインナップは、21 inch 幅のサーバー・スロットを装備する、OCP の Open Rack スタンダードに触発されたものとなっている。つまり、長年にわたり、データセンター・ハードウェアの標準であった、​​19 inch 幅を拡大したものである。この幅広のフォーム/ファクタは、熱処理のための空間を広げるだけではなく、電源とケーブルのための、より優れたコネクションを実現する。

All the products in the Rackgo X line will be contributed back to the Open Compute Foundation so others in the industry can build upon them.

Rackgo X ラインナップの、すべてのプロダクトは、Open Compute Foundation にコントリビュートされるため、この業界における他社であっても、それらをもとにプロダクトを構築できる。

“We are thrilled to see Quanta join the ranks of Open Compute Project Solutions Providers, and to see them expand their commitment to open source hardware by contributing their innovative designs back to the foundation,” said Frank Frankovsky, vice president of infrastructure, Facebook and chairman and president of the Open Compute Foundation. “Investments like this, from companies like Quanta, are exactly the kind of thing that is helping the OCP community make data center technologies more innovative, more efficient, and more sustainable.”

「 私たちは、Quanta が Open Compute Project Solutions Providers の仲間に入り、また、彼らの革新的なデザインが、このファンデーションにコントリビュートされることで、オープンソース・ハードウェアへのコミットメントが拡大される様子を見て、とても喜んでいる。Quanta のような企業からの、このような投資は、まさに OCP コミュニティを支援するものであり、それにより、データセンター・テクノロジーが革新的になり、効率性と持続性が実現されることになる」と、Facebook の VP of Infrastructure と、Open Compute Foundation の Chairman and President と兼任する、Frank Frankovsky は語っている。

Customers Include Rackspace

Quanta is the sixth company to qualify as an Open Compute solution provider, joining Hyve Solutions, Avnet, Amax, Penguin Computing and Racklive. But although it’s a little later than some rivals in getting official solution provider status, Quanta’s early mover status has earned it plenty of mindshare. With products QCT developed for Rackspace Hosting, it’s gaining market share as well.

Quanta は、 Hyve SolutionsAvnet/Amax/Penguin Computing/Racklive などで構成される、Open Compute Solution Provider としての基準を充たす、六番目の企業となる。しかし、オフィシャルなソリューション・プロバイダの死角を得るのが、それらののライバルより遅れたにもかかわらず、Quanta の立ち上がりとしての状況は、たくさんのマインドシェアを得ている。そして、Rackspace Hosting のために開発した QCT プロダクツにより、マーケット・シェアも獲得している。

“It’s important for Rackspace and the OCP community to innovate using open hardware standards,” said Wesley Jess, vice president of supply chain for Rackspace. “This enables us to leverage the best engineering talent across the globe and to bring products to market faster in an efficient and scalable way. To maximize on this opportunity, we have chosen Quanta as one of our technology providers because they offer substantial experience with OCP technology in demanding and highly scalable computing environments.”

「 それは、オープン・ハードウェア標準を、利用/革新していく Rackspace と OCP コミュニティにとって重要なことである。 つまり、世界にまたがるベスト・エンジニアリングの才能を活用し、また、効率的でスケーラブルな方法で、プロダクツを最短の時間で市場に届けられるようになる。 このチャンスを最大限に活用するために、私たちはテクノロジー・プロバイダーの一社として、Quanta を選択している。 なぜなら、彼らは、きわめてハイ・スケーラブルなコンピューティング環境で、OCP テクノロジーを活用するための豊富なエススペリエンスを提供してくれたからだ 」と、Rackspace VP of Supply Chain である Wesley Jess は語っている。

Product lineup details include:

  • F03A Server: A high-density, 2OU (Open Rack unit) high-density server designed for compute intensive workloads.
  • F03C Server: – This 2OU / 3 node design allows enhanced I/O flexibility, enabling simplified data center operations.
  • JBR Storage: Based on Quanta’s patented “hidden shelf” design, the JBR doubles density and storage capacity with 28 hot-swappable 3.5” drives in a 2OU configuration.
  • T3048-LY2 Switch: Designed for both public and private cloud deployments with layer 2 and layer 3 networking topologies, the T3048-LY2 delivers high performance, low latency and dual speed 1/10 gigabit Ethernet capabilities.
  • Windmill F03 Server Motherboard Option: The Quanta Windmill F03 is a half-width, Intel Xeon ES-2600 product family motherboard that features dual CPU sockets and 16x DIMM slots for workloads demanding high performance infrastructure. They can be inserted into different Rackgo X enclosures.
  • F03A Server:  高密度の  2OU (Open Rack ユニット) サーバーであり、主としてコンピューティング・ワークロードのためにデザインされている。
  • F03C Server:  2OU / 3 ノード・デザインにより、I/O の柔軟性を拡張し、データセンター運用を簡素化する。
  • JBR Storage: Quanta が特許取得している、 “hidden shelf” デザインを基にした倍密度のストレージ容量を持つ JBR であり、2OU コンフィグレーションに 28 台の、ホットスワップ対応の 3.5 "ドライブを取り込む。
  • T3048-LY2 Switch: Layer 2/Layer 3 のネットワーク・テクノロジー を用いて、パブリック/プライベート・クラウドにディプロイするためにデザインされている。この T3048-LY2 は、ハイ・パフォーマンスで、低レイテンシの、1G/10G ディアル・スピードに対応する、イーサネット機能を提供する。
  • Windmill F03 Server Motherboard Option:  Quanta の Windmill F03 は、ハーフサイズの Intel Xeon ES-2600 マザーボードを持ち、高性能インフラが要求されるワークロードに対応する、デュアル CPU ソケットと 16x DIMM スロットを提供する。また、それらのマザーボードを、別の Rackgo X エンクロージャに挿しこむことも可能である。

To help customers get started quickly with Rackgo X, Quanta also offers three reference architectures. The X300 architecture is designed for compute-intensive workloads, while the X500 architecture targets storage- and bandwidth-intensive workloads, and the X700 architecture is tuned for Hadoop and other, more balanced workloads.

Rackgo X を使用する顧客の、迅速な立ち上げを支援するために、Quanta は 3つのリファレンス·アーキテクチャを提供している。 X300 アーキテクチャは、コンピューティングを主体とするワークロードのためにデザインされている。 X500 アーキテクチャは、ストレージと帯域幅が重視されるワークロードをターゲットにしている。 そして、X700 アーキテクチャは、Hadoop などの、バランスが必要とされるワークロードに最適化されている。

Quanta QCT is headquartered in Fremont, Calif. Its parent company, Quanta Computer, Inc., is a $34 billion company with more than 100,000 employees. It is an original design manufacturing (ODM) provider that provides an alternative to working with original equipment manufacturers (OEMs) like Dell, HP and IBM that have dominated server sales in the U.S.

Quanta QCT は、Fremont, Calif に本社を置いている。その親会社である Quanta Computing は、10万人以上の従業員と、$34 billion の売上を有する。同社は、ODM(original design manufacturing)プロバイダーであり、米国内のサーバー市場を支配する Dell/HP/IBM といった、OEM(original equipment manufacturers)の代替として機能している。

RELATED POSTS:

Rackspace: We’ll Fill Data Centers With Open Compute Gear
New COO Named for Open Compute Foundation
How Open Compute is a Win for Rackspace
Open Compute Shakes Up Server Supply Chain
Scenes From The Open Compute Summit

ーーーーー

open-compute先月の Intel Dev Forum で、Quanta QCT から一連のプロダクツが発表されたというニュースが入り、とても楽しみにしていたことです。ハードウェアの Disaggregattion が進むと、こんなふうにプロダクツのラインナップが構成されるのだという、とてもわかり易い事例になっていると思います。それと、Gartner の 2012 Q4レポートでは、 無印サーバー が 22% UP と伝えられていましたが、ことしは、どれくらい伸びるのでしょうね? いろいろなものが、ドンドンと形になり始め、勢いを増す Open Compute Project です! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ

Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on May 21, 2013

10 things you should know about Open Compute
http://wp.me/pwo1E-68n

By
Jack Wallen – April 4, 2013
http://www.techrepublic.com/blog/10things/10-things-you-should-know-about-open-compute/3656

image

Takeaway: The Open Compute Project is breaking new ground with its goal of developing efficient, low-cost servers and data centers that follow the open source model.

Takeaway:  Open Compute Project は、オープンソース·モデルに従いながら、その目的として、低コストで効率の良いサーバーおよびデータセンターなどを開発するという、これまでにない領域を切り開くものである。

What do you do when you have one of the most widely used platforms on the planet — and you need to figure out the best way to make that platform efficient? You open source the project. Facebook, in an effort to scale its platform and do so in a much more efficient manner, has brought to life Open Compute. This project has a goal of helping the IT and data center industries scale beyond current limitations more efficiently and more cost effectively, with better adherence to industry-wide standards.

あなたは、地球上で最も広く使用されているプラットフォームの、いずれかを持っているときに何をするだろうか? つまり、そのプラットフォームの効率を高めるための、最良の方法を理解する必要があるだろうか? あなたは、そのプロジェクトの根本をオープンにする。 Facebook は、そのプラットフォームをスケールするために、そして、遥かに効率の良い方式で実現するために、Open Compute に生命を与えた。 このプロジェクトは、業界にまたがるスタンダードを遵守しながら、IT および データセンターにおける現行の制約を超えて、高効率/低コストの業態を支援するという目標を持っている。

Lofty goals. Thankfully, opening the platform has open sourced this project so IT pros worldwide can access the documentation and schematics for the hardware and help make improvements on nearly every aspect of the project. Here are 10 things that may convince you to participate as a developer or even (eventually) migrate to the Open Compute platform.

目標は高い。ありがたいことに、このプラットフォームをオープンにすることで、プロジェクトのオープン・ソース化が実現されている。したがって、世界中の IT プロたちは、ハードウェアのマニュアルと概略図にアクセスし、プロジェクト全体とも言える、大半の視点からの改善に携わることができる。以下の 10項目は、あなたに開発者としての参加を促し、また、(最終的には)Open Compute プラットフォームへの移行を実現してもらうためにある。

1: It was started by Facebook

If you’re going to look for someone to create a platform based on scalability and open standards, you should look no further than one of the most widely used platforms. The Facebook data center is pummeled by users day in and day out — and it’s still standing. Obviously, the developers and designers of the Facebook platform know a thing or two about scaling and reliability. If I’m going to look for guidance in these areas, Facebook would be one of the first platforms I would turn to. The project has now migrated globally, so engineers around the world are helping to improve the project.

あなたが、スケーラビリティとオープン・スタンダードに基づくプラットフォームを作成するという、なんらかの活動に注目しているなら、最も広く使用されているプラットフォーム以外に、目を向けるべきではないだろう。Facebook のデータセンターには、明けても暮れても、大量のユーザーが押し寄せているが、依然として倒れずに立っている。明らかに、Facebook におけるプラットフォームの開発者やデザイナーは、スケーリングと信頼性という、2つの事柄を知っている。 これらの分野におけるガイダンスを探すなら、Facebook は私にとって、最初に目を向けるプラットフォームの 1つになるだろう。このプロジェクトは、いま、世界的に広がっている。そして、世界中のエンジニアが、このプロジェクトの改善を支援している。

2: Its goal is efficiency

The focus of Open Compute is efficient server, storage, and data center hardware designs for scalable computing. This means saving money on every aspect of the platform while ramping up its scalability factor. The idea of efficiency permeates every aspect of the platform, including hardware used, environmental impact, power usage, and water usage. All this efficiency adds up to a significant cost savings as well as a much smaller carbon footprint.

Open Compute の狙いは、スケーラブルなコンピューティングのために、効率よくサーバー/ストレージ/データセンターのハードウェアを設計するところにある。つまり、スケーラビリティの要因を成長させながら、プラットフォームのあらゆる側面において、費用を節約することを意味する。この効率化の考え方は、使用されるハードウェアおよび、環境への影響、電力の使用量、水の使用量を含む、このプラットフォームのあらゆる側面に浸透している。これら、すべての効率化は、コストを大幅に削減するだけではなく、カーボン・フットプリントの大幅な削減にもつながる。

3: It has big plans for cold storage

Open Compute has focused a lot of energy on the area of cold storage (where data is stored and rarely read — often used for legal data and backups). The Open Compute cold storage initiative plans to create a completely separate infrastructure. (Download the cold storage specification here.) And the Open Compute storage initiative doesn’t end with data that will rarely (if ever) be accessed. Making use of some dramatic new designs (such as the HYVE — a torpedo design that serves as a 2xOpenU storage server and can accommodate 15 3.5″ drives arranged in a 3 x 5 array), Open Compute could possibly reinvent the way data centers store data.

Open Compute は、コールド・ストレージの領域において(データを保存するが、法的な証明やバックアップに使用されるだけであり、頻繁に読み出されることはない)、大量に消費される電力に注目している。Open Compute のストレージ・イニシアティブは、完全に独立したインフラストラクチャを作成する予定である (ここでコールド・ストレージの仕様をダウンロードできる)。そして、このイニシアティブの活動は、稀にアクセスされるデータへの対応だけでは終わらない。いくつかの、斬新なデザインを用いることで(たとえば HYVE などは、 2xOpenU ストレージ・サーバーとして機能する、3×5 アレイに配置された 15台の 3.5"ドライブに対応)、Open Compute はデータセンターにデータをストアする方式を新たに考案するだろう。

4: It’s highly efficient and economical

All this efficiency doesn’t just help the environment. Imagine having such a scalable platform that uses 38 percent less energy and costs 24 percent less.

すべて効率化は、単に環境を保護するだけではない。 スケーラブルであり、エネルギーを 38% も削減し、コストを 24% も引き下げる、プラットフォームを手にすることを想像してほしい。

5: It promotes tight adherence to standards

The Open Compute platform is helping create a unified standard that will go from top to bottom. Even the way racks are designed and built are not immune to the quality of standards being set by Open Compute. You can download the mechanical drawings for the 1.0 single-column rack here. You’ll find the 0.6 Triplet and 1.0 PDU on GitHub.

Open Compute のプラットフォームは、その全体において、統一されたスタンダード作りを支援している。さらに言えば、ラックの設計や構築に関しても、Open Compute が設定しているスタンダードの品質に、影響をあたえるものはない。ここで、1.0 シングル・ラックの機械図面をダウンロードできる。 また、0.6 トリプレットと、1.0 PDU に関しては、GitHub から入手できる。

6: It’s fully open source

Everything. Period. From racks to servers to data center designs to software — every aspect of Open Compute will be open source. And the very nature of open source will lead Open Compute to become one of the biggest communities of developers working to push forward the impact and design of data centers. Anyone involved with data centers (in nearly any capacity) can appreciate the nature and scope of this.

すべての事柄について、また、すべての期間において、ラックからサーバーにいたるまで、そして、データセンターとソフトウェアのデザインにいたるまで、Open Compute のあらゆる事象はオープンソースになる。このオープンソースにおける本質により、洗練されたデータセンターのデザインを促進する、開発者のための最大のコミュニティの 1つへと、Open Compute は導かれていく。この本質と空間については、データセンターに携わる誰もが理解できるはずだ(その許容量の範囲で)。

7: Specifications and mechanical designs are available to everyone

Because the approach to Open Compute was to keep everything transparent, anyone can access the specifications and mechanical designs of nearly every aspect of the platform. This means anyone can help implement and improve the system. Open Compute firmly believes that by sharing the intellectual property of the platform, it can grow faster and farther than any other data center project on the market.

Open Compute へアプローチは、すべてに対して透明性を保つためで、このプラットフォーム全体といっても差し支えない範囲の、仕様書および機械デザインにアクセスできる。それにより、誰もがシステムを実装/改善できるようになる。このプラットフォームの知的財産を共有することで、マーケットにおける他のデータセンター・プロジェクトよりも、素早く成長していけると、Open Compute のメンバーたちは確信している。

8: It’s fully standards compliant

Though some scoff at the idea of standards, it is only by adhering to standards that a more universal platform can be developed and expanded. Open Compute’s idea of standards goes beyond software and will apply to hardware and design. This should make for a much faster and easier implementation on every level.

いくつかのスタンダードに対して考え方の違いがあるにしても、より普遍的なプラットフォームを開発/展開するために、それらのスタンダードを固持していく。Open Compute のスタンダードに対する発想は、ソフトウェアの範囲を超えて、ハードウェアや、そのデザインに適用されるものとなる。それらは、すべてのレベルにおいて、迅速かつ簡単に実装を進めていくために定義される。

9: It supports AMD, ARM, and Intel

You want support? How about a data center that can deliver support for multiple architectures? Most data centers align themselves with one architecture or another. Open Compute even has an ARM project (an ARM-based server that converts the Open Vault JBOD into a full-blown storage server). You can download information and specs on the various motherboards and architecture support from the mother board page of the Open Compute site.

あなたは、サポートしたいと望むだろうか? どのようにしたら、データセンターは複数のアーキテクチャのサポートできるのだろうか? ほとんどのデータセンターは、なんらかのアーキテクチャに対して、自身を適合さていく。 しかし、Open Compute には ARM プロジェクトも存在している(ARM ベースのサーバーが、Open Vault JBOD を成熟したストレージ・サーバーへと変換する)。 Open Compute サイトのマザーボード・ページから、各種のマザーボードおよにサポートされるアーキテクチャの、情報と仕様をダウンロードできる。

10: Anyone can get involved

To get involved in Open Compute, all you have to do is download the membership agreement, fill it out, and submit it. Then, just pick a project to be involved in and sign the Open Web Foundation Contributor License Agreement for that project. With the paperwork out of the way, you can work on a project or even try to incubate a new project on the Open Compute GitHub.

Open Compute に参加するために行うべきことは、Membership Agreement をダウンロードし、必要な事項を記入し、サブミットするだけである。 それで、すべてが完了する。続いて、参加したプロジェクトを選択し、そのプロジェクトの  Open Web Foundation Contributor License Agreement にサインする。 こうした書類上の手続きをすませば、プロジェクトで作業するだけではなく、Open Compute GitHub 上で新しいプロジェクトをインキュベートすることも可能になる。

Open benefits

There is no reason the data center can’t (or shouldn’t) be an open platform.  By opening the source, the design, and the schematics, it is now possible for engineers across the globe to help make the data center a far more efficient and scalable platform.  Businesses that may not have been able to afford a data center might now have a platform within their reach.

データセンターが、オープンなプラットフォームになれないという理由はない(オープンになるべきである)。その本質と、デザイン、そして概略図をオープンにすることで、データセンターを遥かに効率的でスケーラブルなプラットフォームへと、世界中のエンジニアが置き換えていくことが可能になった。データセンターを購入するだけの資金のない企業であっても、彼らの手の届くところに、このプラットフォームが存在するようになったと言えるだろう。

Also read

ーーーーー

image以前から気になっていたコンテントですが、ようやく訳すことができました :) 1月の Santa Clara Summit で、Frank Frankovsky さんが言っていた、「 サーバーもデータセンターも、それを使用する者がデザインすべき」という言葉が印象に残っています。 そして、このポストも、Open Compute の思想を充分に伝える、とても素晴らしい内容だと思います。訳してみて、ほうとうに良かったと思えるポストでした。 image141

ーーーーー

<関連>

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリングしてみよう!

Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?

Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on March 5, 2013

Silicon Photonics: The Data Center at Light Speed
http://wp.me/pwo1E-5IG
By: Rich Miller - January 22nd, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/22/silicon-photonics-the-data-center-at-light-speed/

_ DC Knowledge

Open Compute Project compliant rack (prototype shown) which will use silicon photonics. This ultra-low latency technology will increase the speed at which components in the rack can speak to each other  allow components that previously needed to be bound to the same motherboard to be spread out within a rack. (Photo: Colleen Miller)

Open Compute Project コンプライアントなラックでは(現在はプロトタイプ)、シリコン光学素材が用いられるだろう。 この、超低レイテンシのテクノロジーは、従来であれば同じマザーボード上に配置されるべきコンポーネントを、ラック内に展開しても、相互に通信することが可能なレベルにまで、そのスピードを高めるだろう。 (Photo:Colleen Miller)

Last June, Open Compute Project Chairman Frank Frankosvky outlined an ambitious vision to separate the technology refresh cycle for CPUs from the surrounding equipment in a rack. Frankovsky, also a hardware executive at Facebook, said the ability to easily swap out processors could transform the way chips are procured at scale, perhaps shifting to a subscription model.

昨年の 6月に、Open Compute  Project の Chairman である Frank Frankosvky は、CPU のテクノロジー・リフレッシュ・サイクルを、ラック内の装置から切り離すという、大がかりなビジョンについて概説した。  Facebook における Hardware Executive である Frankovsky は、複数のプロセッサを容易に取り替えられる能力が、スケールに応じたチップの入手方法を、サブスクリプション・モデルにシフトさせるだろうと発言している。

But what would be required to make this work? One answer emerged at last week’s Open Compute Summit: silicon photonics. Intel has been working on the technology for a decade, and is now collaborating with Facebook on a prototype for a new rack architecture that can “disaggregate” the server, taking components that previously needed to be bound to the same motherboard and spreading them out within a rack.

しかし、それを実現するためには、何が必要とされるのだろうか?その答えの 1つが、先週の Open Compute Summit に出現した、シリコン光学素材である。 このテクノロジーは、Intel が10年をかけて、取り組んできたものである。そして、Facebook がプロトタイプまで進めてきた、サーバーを分解する新しいラック・アーキテクチャとの、コラボレーションを実現したのである。それにより、従来では、同じマザーボード上に配置する必要の合ったコンポーネントを、ラック内に分散できるようになる。

Silicon photonics uses light (photons) to move huge amounts of data at very high speeds over a thin optical fiber rather than using electrical signals over a copper cable. Intel’s prototype can move data at up to 100 gigabits per second (Gbps), a speed that allows components to work together even when they’re not in close proximity to one another.

この、シリコン光学素材は、その細い光ファイバーを介して、銅線ケーブルとは比較にならないスピードで、大量のデータを高速で移動させる。 Intel のプロトタイプでは、100 Gbps でデータの移動が可能であり、それぞれのコンポーネントが密結合されていない状況であっても、充分に連携させるスピードを確保している。

New Options in Server & Rack Design

This creates intriguing possibilities in server and rack design. At the Open Compute Summit, Intel showed off a photonic rack built by Quanta, which separated components into their own server trays – one tray for Xeon CPUs and another for its latest Atom CPUs, another for storage. When a new generation of CPUs is available, users can swap out a the CPU tray rather than waiting for an entire new server and motherboard design.

それにより、サーバーとラックのデザインにおいて、きわめて興味深い可能性が生じてくる。 Open Compute Summit において、Intel は Quanta と共に構築した、光学素材を用いたラックをお披露目した。 それは、いくつかのコンポーネントを、それぞれのサーバー・トレーに分散させるものであり、たとえば、Xeon CPU 用のトレーや、最新 Atom CPU 用のトレー、そして、ストレージのトレーで構成されるものだ。 そして、新世代の CPU が利用可能になるとき、ユーザーは完全に新調されたサーバーやマザーボードのデザインを待つのではなく、CPU トレーを交換するようになっていく。

This approach “enables independent upgrading of compute, network and storage subsystems that will define the future of mega-datacenter designs for the next decade,” said Justin Rattner, Intel’s chief technology officer, who said the photonic rack “enables fewer cables, increased bandwidth, farther reach and extreme power efficiency compared to today’s copper based interconnects.”

このアプローチにより、「コンピュート/ネットワーク/ストレージに関して、個別のアップグレードが可能になり、また、メガ・データセンター・デザインの未来を、これからの10年間において定義していくだろう」と、Intel の CTOである Justin Rattner は発言している。また、彼は光学素材によるラックについて、「今日の銅線ベースの相互接続と比較して、より少ないケーブルと、増大する帯域幅、物理的な接続範囲の拡大、電力効率の大幅な改善を実現する」と、付け加えている。

“We’re excited about the flexibility that these technologies can bring to hardware and how silicon photonics will enable us to interconnect these resources with less concern about their physical placement,” said Frank Frankovsky, chairman of the Open Compute Foundation and vice president of hardware design at supply chain at Facebook

「 これらのテクノロジーがハードウェアにもたらす、大幅な柔軟性に対して、とても興奮している。 つまり、このシリコン光学素材により、あらゆるリソースの物理的な配置を気にすることなく、自由に相互連携させることが可能になるのだ」と、Open Compute  Project の Chairman と、Facebook の Vice President of Hardware Design at Supply Chain を兼任する、Frank Frankovsky は語っている。

At Open Compute, Intel’s Jeff Demain of Intel provided DCK with an overview of silicon photonics, and its potential to transform data center design and operations. This video runs about 7 minutes.

Open Compute において、Intel の Jeff Demain は、DCK と シリコン光学素材の概要を説明し、また、データセンターの設計と運用を、大きく変化させる可能性についても言及している。 詳細については、以下の 7分間のビデオで確認して欲しい。

___space

___space

RELATED POSTS:

ーーーーー

TAG indexこの 1月に開催された Open Compute Summit で、大きな注目を集めていたのが、このシリコン光学素材(Silicon Photonics)によるネットワーク・インターフェイスです。 先日にポストした 『 Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する 』 という抄訳でも、「サーバー内でラックを走らせる:it runs a rack into a server 」と紹介されてたように、これまでの物理的な制約を、根本から取っ払ってしまう、素晴らしいイノベーションだと思います。これで、データセンターのデザインが、いったい どこまで変わるのかと思うと、ほんと、ワクワクしてきますよね Smile OCP Japan の FB ページも、ご利用くださ~い! image

ーーーーー

<関連>

OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!
Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
無印 サーバー は 22% UP:ブランド サーバー は DOWN – Gartner レポート
Agile_Cat 空撮隊 – Facebook Prineville データセンターを捕捉せり
みんなを支える Data Center 特集

 

OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on February 14, 2013

OCP Summit IV: Breaking Up the Monolith
http://wp.me/pwo1E-5EX

Wednesday, January 16, 2013 · Posted by
Frank Frankovsky at 10:00 AM
http://www.opencompute.org/2013/01/16/ocp-summit-iv-breaking-up-the-monolith/

image

It’s hard to believe that the Open Compute Project was founded just a little over 18 months ago. At our first Summit, in June 2011, we had 200 participants, one official member (Facebook), and exactly three technology contributions (all from Facebook). Today, as nearly 2,000 people converge on Santa Clara to kick off the fourth OCP Summit, we have more than 50 official members and dozens of contributions from a wide variety of technology suppliers and consumers.

Open Compute Project が設立されてから、まだ 18ヶ月しか経っていないとは、信じがたい思いである。 2011年6月に開かれた最初のサミットには 200人が参加し、また、1人のオフィシャル・メンバー(Facebook)だけがいて、3つテクノロジー・コントリビューションだけがあった(すべてが Facebook から)。 そして、今日、4回目の OCP Summit をキックオフするために、約 2000人の人々が Santa Clara に押し寄せたように、私たちには 50のオフィシャル・メンバーがいて、多様なテクノロジー・プロバイダーとコンシューマから提供される、数多くのコントリビューションがある。

In October 2011 we announced the formation of a non-profit foundation to steer the project, and that organization has continued to evolve. In the last six months we’ve hired our first full-time employee, COO Cole Crawford, and added a new Compliance & Interoperability project. We’ve also seen our first international expansion, with the launch of an OCP Asia-Pacific chapter in Tokyo, and some encouraging engagement with the academic and research communities — including a Purdue University competition to design a biodegradable server chassis.

そして 2011年10月に、このプロジェクトを運営する非営利ファンデーションの立ち上げを発表したが、この組織は、いまもなお、発展し続けている。直近の 6ヶ月間において、私たちは初めてのフルタイム従業員であある Cole Crawford に、COO を務めてもらうようになり、また、新しいプロジェクトとして Compliance & Interoperability を加えた。 そして Tokyo では、OCP Asia-Pacific 支部の立ち上げという、初めてのインターナショナルな展開を確認している。 さらに、アカデミックおよび研究コミュニティとの連携という、力強い展開が生まれている。そこには、生分解性があるサーバー・シャーシを、初めて設計するという、Purdue University におけるコンペティションも含まれている。

We’ve also seen some tremendous engagement in the broader OCP community in the last six months. Some examples include:

そして、この 6ヶ月間では、OCP コミュニティの各所において、とても多くの協調が生じてきた。 以下は、その、いくつかの例である:

  • New members: More than a dozen new organizations have joined, including storage companies like EMC, Fusion-io, Hitachi, and Sandisk; microprocessor organizations like Applied Micro, ARM, Calxeda, and Tilera; and communications companies like NTT Data and Orange.
  • Adoption of open source hardware: More companies are being inspired to think differently about how they build out their infrastructures. Examples include Riot Games, which has decided to purchase systems based on OCP designs and built by Hyve Solutions, and Rackspace, which has decided to design and build its own infrastructure using OCP designs as a starting point.
  • Momentum around Open Vault and Open Rack: We launched these two projects at the third OCP Summit in May 2012, and we’re already seeing companies iterating on them in interesting ways and developing creative new technologies to complement them. Examples include new Open Rack designs from Avnet, Delta, Emerson, and Sanmina (many of which are being demonstrated at today’s Summit) and new server designs for the SAS expander slot on the Open Vault spec from Calxeda and Intel.
  • Products being delivered: Also at the May 2012 Summit, AMD and Intel announced that they’d been collaborating with Fidelity and Goldman Sachs to develop new boards to suit those companies’ specific workloads — codenamed Roadrunner and Decathlete, respectively. Just seven months later, both companies are here today demonstrating finished products.
  • New technology contributions: We’re starting to see significant momentum building behind technology contributions to the project. Some of the new contributions include designs for Fusion-io’s new 3.2TB ioScale card; the designs Rackspace has created for its new infrastructure; and designs for a new storage box that Hyve Solutions built for Open Rack. Facebook is also making a few new contributions, including modifications to Open Rack and Open Vault for use in cold-storage environments and designs for a new, all-flash database server (codenamed Dragonstone) and the latest version of its web server (codenamed Winterfell).
  • New members: 新しいメンバーとして、10社以上の組織が参加してきた。 そこには、EMC/Fusion-io/Hitachi/Sandisk などのストレージ・メーカーや、Applied Micro/ARM/Calxeda/Tilera などのマイクロ・プロセッサ・メーカー、そして NTT Data/Orange などのテレコム企業が含まれる。
  • Adoption of open source hardware:インフラストラクチャを構築していくための、これまでとは異なる方式により、数多くの企業がインスパイヤーされている。 Riot Games 場合は、Hyve Solutions が構築した、OCP デザインに基づくシステムの購入を決定した。また、Rackspace の場合は、OCP デザインを出発点とし活用する、独自のインフラを設/構築することに決めた。
  • Momentum around Open Vault and Open Rack: 2012年 5月に開催された、3回目の OCP Summit において、以下の 2つのプロジェクトが立ち上がった。 そして、すでに、それらを補完するために、複数の企業がきわめて興味深い方式で、創造的なニュー・テクノロジーを継続して開発している。たとえば、Open Rack デザインは、Avnet/Delta/Emerson/Sanmina により進められ、その多くが、今日の Summit でデモされる。 また、Open Vault 仕様の SAS エクスパンダー・スロットに対応する、新しいサーバー・デザインが、Calxeda/Intel により進められている。
  • Products being delivered: 同じく 2012年5月のサミットで AMD と Intel は、Fidelity および Goldman Sachs と協調することで、それぞれのワークロードに適した、新しいボードを開発すると発表した。AMD と Intel のボードは、Roadrunner と Decathlete とうコードネームを付けられている。そこから、わずか 7ヶ月が過ぎただけだが、両社とも最終的なプロダクトを、この Summit でデモする。
  • New technology contributions: このプロジェクトに対する、テクノロジー・コントリビューションの背後に、大きな勢いが構成されていることを、私たちは確認し始めている。いくつかの、新しいコントリビューションには、Fusion-io が提供する新しい 3.2 TB ioScale カードや、Rackspace による新しいインフラのデザイン、そして、Hyve Solutions が Open Rack のために構築した新しいストレージ・ボックスなどが含まれる。 Facebook も、いくつかのコントリビューションを、新たに行なっている。そこには、コールド・ストレージ環境で用いる、Open Rack と Open Vault に関するモディフィケーションや、まったく新しくデザインされたデータベース・サーバー(コードネーム Dragonstone)、そして、Web サーバーのための最新デザインなどが含まれる(コードネーム Winterfell)。

But most exciting of all are a series of new developments that will enable us to take some big steps forward toward better utilization of these technologies. One of the challenges we face as an industry is that much of the hardware we build and consume is highly monolithic — our processors are inextricably linked to our motherboards, which are in turn linked to specific networking technology, and so on. This leads to poorly configured systems that can’t keep up with rapidly evolving software and waste lots of energy and material.

しかし、すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックでであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

To fix this, we need to break up some of these monolithic designs — to disaggregate some of the components of these technologies from each other so we can build systems that truly fit the workloads they run and whose components can be replaced or updated independently of each other. Several members of the Open Compute Project have come together today to take the first steps toward this kind of disaggregation:

こうした問題を解消するためには、いくつかのモノリシックなデザインの破壊する必要がある。つまり、それらのテクノロジーを構成するコンポーネントを、相互に干渉しないかたちに分解していくのだ。そうすれば、それぞれのシステムで実行されるワークロードに、完全にフィットしたものを構築できる。 さらに言えば、それぞれのコンポーネントの、置き換えや更新も自由に行える。今日、ここに集まった Open Compute Project のメンバーは、この種の分解へ向けた、最初のステップを取っていくことになる:

  • Silicon photonics: Intel is contributing designs for its forthcoming silicon photonics technology, which will enable 100 Gbps interconnects — enough bandwidth to serve multiple processor generations. This technology also has such low latency that we can take components that previously needed to be bound to the same motherboard and begin to spread them out within a rack.
  • “Group Hug” board: Facebook is contributing a new common slot architecture specification for motherboards. This specification — which we’ve nicknamed “Group Hug” — can be used to produce boards that are completely vendor-neutral and will last through multiple processor generations. The specification uses a simple PCIe x8 connector to link the SOCs to the board.
  • New SOCs: AMD, Applied Micro, Calxeda, and Intel have all announced support for the Group Hug board, and Applied Micro and Intel have already built mechanical demos of their new designs.
  • Silicon photonics: Intel がコントリビュートしているのは、100 Gbps のインタラクションを可能にする、次世代の光学通信テクノロジーである。それにより、来るべきマルチ・プロセッサ時代においても、充分な帯域幅を確保できる。 また、このテクノロジーがあれば、従来では同じマザーボード上に配置する必要のあった、各種のコンポーネントをラック内に展開しても、低レイテンシを維持することが可能になる。
  • “Group Hug” board: Facebook がコントリビュートするのは、いくつかのマザーボードのための、新たな共通スロット・アーキテクチャの仕様である。この仕様は(Group Hug というニックネームを付けた)、完全にベンダー・ニュートラルな、ボードを作るために用いられ、また、マルチ・プロセッサの時代を通じて生き続けるだろう。 この仕様は、シンプルな PCIe  x8 コネクタを用い、それにより、SOC とボードをリンクさせる。
  • New SOCs: AMD/Applied Micro/Calxeda/Intel が、Group Hug ボードのサポートを発表した。 そして、すでに Applied Micro と Intel は、それぞれの新デザインの、メカニカル・デモを作成している。

Taken together, these announcements will enable data center operators to build systems that better fit the workloads they need to run and to upgrade through multiple generations of processors without having to replace the motherboards or the in-rack networking. This should in turn enable real gains in utilization and unlock even more efficiencies in data center construction and operations.

全体的な話になるが、これらの一連の発表により、データセンター・オペレーターたちは、実行すべきワークロードに適した、システムの構築を可能にするだろう。もちろん、それらのシステムは、マザーボードやラック内ネットワークを置き換える必要もなく、複数のプロセッサ世代をまたいでアップグレードしていける。 その次に来るのは、データセンターの構築/運用において、有用性とアンロックという観点から生じる現実的な利益であり、さらには、効率も改善されるはずである。

There’s a lot of work left to do here, but it’s never been more important for us to take these steps. As our lives become more connected, and as more devices and applications generate more data, we will face compute and storage challenges that existing technologies cannot handle efficiently.

そこには、置き去りにされてしまう、さまざまな仕事があるが、これらのステップを取っていく私たちにとって、重要ではなかったということだ。 いま以上に、私たちの生活がコネクトされるにつれて、さらには、より多くのデバイスとアプリケーションが、より多くのデータを生成するにつれて、これまでのテクノロジーでは効果的にハンドリング出来なかった、コンピュートとストレージの課題に、私たちは挑むことになる。

But we have one big advantage, as we face these challenges: We are doing this work together, in the open, and everyone has a chance to contribute — to help ensure that all the technologies we develop and consume are as scalable as possible, as efficient as possible, and as innovative as possible.

しかし、これらの手強い課題に直面するとき、私たちには大きなアドバンテージがある。 まず、私たちは協調している。 そして、オープンである。さらに言えば、誰にでもコントリビューションのチャンスがある。 それにより、私たちが開発する全テクノロジーが、可能な限りスケーラブルなかたちで消費され、可能な限りの効率を持ち、可能な限り革新的であることが、保証されていくのだ。

ーーーーー

TAG indexFrank Frankovsky さんのキーノートは、いつも淡々と、しかし、力強く展開していきます。 そして、このポストのように、派手な修飾語などは一切使わず、論理でグイグイと押してきます。 それは、彼にかぎらず、OCP のチーム全体に言えることであり、一瞬もブレることなく、オープンなインフラストラクチャの実現へ向けて、突き進んでいるように思えます。 さぁ、Japan が始まり、Asia Pacific が始まります。ご興味のあるかたは、OCP Japan 事務局まで お問い合わせください。 Image(70)

ーーーーー

<関連>

Open Compute Japan の FB ページが始まりました!
Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する
Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
Open Compute Summit 2013 – Directory
Agile_Cat 空撮隊 – Facebook Prineville データセンターを捕捉せり

 

Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on February 5, 2013

Facebook and Open Compute just blew up the server and disrupted a $55B market
http://wp.me/pwo1E-5CM

Jan 16,2013 – By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2013/01/16/facebook-and-open-compute-just-blew-up-the-server-and-disrupted-a-55b-market/

_ Gigaom

photo: Stacey Higginbotham

Summary: Facebook took aim at the hardware business back in April 2011 with the launch of the Open Compute open hardware program, and Wednesday it fired the killing blow at the $55 billion server business.

Facebook は 2011年4月の時点で、オープンなハードウェア・プログラムである Open Compute を立ち上げたときから、ハードウェア・ビジネスをターゲットにしている。 そして、この水曜日(1/16)には、$55 billion のサーバー・ビジネスに、致命的な打撃を与えるところまで進んできた。

ーーーーー

The launch of two new features into the Open Compute hardware specifications on Wednesday has managed to do what Facebook has been threatening to do since it began building its vanity-free hardware back in 2010. The company has blown up the server — reducing it to interchangeable components.

Open Compute ハードウェア仕様に取り込まれた2つの新しい機能により、2010年に Facebook が質素なハードウェアを作り始めたときから、脅威とされてきたものが推進されていく。同社は、サーバーの概念を拡大し、交換可能なコンポーネントに変形してしまったのだ。

With this step it has disrupted the hardware business from the chips all the way up to the switches. It has also killed the server business, which IDC estimates will bring in $55 billion in revenue for 2012.

このステップにより、チップからスイッチにまで至る、ハードウェア・ビジネスが崩壊する。つまり、IDC が 2012年で $55 billion の収益があると推測する、サーバー・ビジネスが死に至るのである。

It’s something I said would happen the day Facebook launched the Open Compute project back in April 2011, and which we covered again at our Structure event last June when we talked to Frank Frankovsky, VP of hardware and design at Facebook. What Facebook and others have managed to do — in a relatively short amount of time by hardware standards — is create a platform for innovation in hardware and for the data center that will allow companies to scale to the needs of the internet, but also to do so in something closer to web-time. It will do this in a way that creates less waste, more efficient computing and more opportunity for innovation.

それは、2011年4月 の時点で Facebook が、Open Compute プロジェクトを立ち上げた日に、これから起こるであろうと予測した何かであり、また。昨年6月の Structure イベントでも、Facebook の VP of Hardware and Design である Frank Frankovsky が、話したてくれたものである。Facebook や他のメンバーたちが、何に成功したかというと、ハードウェアとデータセンターにおけるノベーションのためのプラットフォーム作りである(比較的に短い時間の中でハードウェアを標準化する)。つまり、それらの企業は、インターネットのスケールを達成するだけではなく、Web が進化していくスピードに合わせて、物事を処理していくだろう。それは、無駄を省き、コンピューティングの効率を高め、イノベーションの機会を増やすという、一連の流れの中で進められていく。

New features for a next-gen server

New Open Compute
technologies on a rack.

So what is Facebook doing? Facebook has contributed a consistent slot design for motherboards that will allow customers to use chips from any vendor. Until this point, if someone wanted to use AMD chips as opposed to Intel chips, they’d have to build a slightly different version of the server. With what Frankovsky called both “the equalizer” and the “group hug” slot, an IT user can pop in boards containing silicon from anyone. So far, companies including AMD, Intel, Calxeda and Applied Micro are committing to building products that will support that design.

そこでだが、Facebook は何をしているのだろう? Facebook がコントリビュートしている、マザーボードのための一貫したスロット・デザインにより、そのユーザーたちは、あらゆるベンダーから供給されるチップを、利用できるようになる。 これまでの常識は、Intel チップに替えて AMD チップを使いたいなら、それに合わせて、少し異なるサーバーを構築する必要があったはずだ。 Frankovsky が 『 the equalizer 』および『 group hug 』と呼ぶスロットを用いれば、シリコン・チップを搭載した各種のボードが、あらゆる IT ユーザーにより簡単に実装される。 これまでのところ、AMD/Intel/Calxeda/Applied Micro などの企業が、このデザインをサポートするためのプロダクト構築をコミットしている。

The other innovation that’s worth noting on the Open Compute standard is that Intel plans to announce a super-fast networking connection based on fiber optics that will allow data to travel between the chips in a rack. This 100 gigabit Ethernet photonic connector is something Intel plans to announce later this year, and Frankovsky can’t wait to get it into production in Facebook’s data centers.

Open Compute スタンダードにおいて、指摘しておく価値のある他のイノベーションとしては、Intel が発表した超高速ネットワーク・コネクションが挙げられる。 それは、光学ファイバーをベースとし、チップ間でのデータ転送を、ラック内で実現していくものとなる。 この、100 GBit イーサネット光学コネクタは、昨年の後半に Intel が発表した計画の一部であるが、Frankovsky は Facebook データセンターのプロダクション・システムで、躊躇することなくそれを利用したいようだ。

I’ve written a lot about how we need to get faster, fiber-based interconnects inside the data center, and the efforts to do so. What’s significant here is not just that this design speeds up chip-to-chip communication. With the right hardware, it runs a rack into a server and makes the idea of a top-of-rack switch irrelevant –something that that Cisco, Juniper and Arista might worry about (although Arista’s Andy Bechtolsheim is helping present this technology at Open Compute, so I imagine he has a plan). It’s also worth noting that only in 2012 did Facebook transition to an all 10 gigabit Ethernet network in its data centers, but now it wants to speed up the interconnects as soon as it can.

機会があるごとに、私が書き続けてきた主張は、データセンター内における高速相互接続の重要性であり、それをファイバー・ベースで推進していく必要性である。そして、このデザインにより、チップ間での高速通信が実現するという点に、限定して考えないことが重要である。 適切なハードウェアを用いることで、サーバー内でラックを走らせるようなアイデアが成り立ち、ラックのトップに配置されるスイッチを無意味なものにしてしまう。Cisco や Juniper、そして Arista には気分を害してほしくないが、そういうことだ。(ただし、Arista の Andy Bechtolsheim は、このテクノロジーの正しさについて Open Compute で後押ししていた。 したがって、何らかのプランを持っていると推測する)。さらに、2012年の時点において Facebook だけが、データセンター内での Ethernet ネットワークを、すべて 10 GBit に移行していることも、指摘すべき価値を持つだろう。しかし、同社は、可能な限り早期に、相互接続の高速化に取り組みたいようだ。

Openness makes the new servers flexible

So what has happened here is significant. Open Compute has managed to give customers — from financial services firms to web properties — a platform on which to build custom and modular servers.

したがって、いま、ここで起こっていることは重要である。 Open Compute は、カスタムでモジュラリティの高いサーバーを構築するためのプラットフォームを、金融から Web に至るまでの幅広い客層に対して提供することに成功した。

A good example of this might be building a house. There are plenty of ways of doing it, from hiring an architect to choosing a plan from a selection offered to you by a developer. That was the former server world — you either went all custom or chose from “plans” provided by Dell and others. But those chosen plans might come with four bathrooms and you might only want three. If you buy 10,000 unneeeded bathrooms, that’s a lot of added cost that brings you no value.

こうした考え方の、良い事例として、家を建てるという行為が挙げられるかもしれない。 そこには、建築士を雇うという選択から、デベロッパーが提供する多様なプランからの選択まで、それそ実現するための数多くの方式がある。そして、従前からのサーバー世界でも、すべてをカスタムなかたちで作るか、あるいは、Dell などから提供されるプランを選ぶという、2つの方式があったはずだ。しかし、あたなは 3つのバスルームが欲しいのだけど、そのプランには 4つのバスルームが組み入れられているかもしれない。もし、必要とされない 10,000のバスルームを購入するなら、価値をもたらさないものに、膨大なコストが生じることになる。

With Open Compute, Facebook showed people how to build houses out of shippping containers. As more and more elements like Group Hug or standard interconnects are added, it’s like you can pick your favorite brand of shipping container and pop it on. Even better, if you want a new bathroom, you can swap it out without ever affecting your bedroom. And for many companies the costs of building and operating these new servers will be less than the mass-produced boxes designed by others.

Open Compute により Facebook が示したことは、搬送用コンテナからパーツを取り出し、家を建てるための方式である。 Group Hug のような要素や、標準的な相互接続が、数多く加えられるにつれて、あなたの好みのブランドから取り寄せたものが、搬送用コンテナで送られてくるようになる。さらに良いことに、あなたがベッドルームに替えて、新しいバスルームを追加したいなら、その差し替えも簡単に行えるのだ。 そして、数多くの企業にとって、これらの新しいサーバーを構築/運用するためのコストは、他社により大量生産されたボックスよりも、安価なものになっていくだろう。

This is great for web-based businesses and anyone that relies on IT. It cuts out waste and it turns what was once a monolithic asset into something that can be upgraded with relative ease and at a lower cost. So when Frankovsky is talking about renting CPUs from Intel, for example, the Group Hug design makes that possible. He can rent CPUs for a workload, and then use those servers for something else without chucking them. He can swap out chip architectures, networking cards and drives at will to put the right mix of storage, network, and compute together for his jobs as they grow and shrink.

それは、Web ベースのビジネスや IT に携わる、あらゆる人々にとって素晴らしいものとなる。 まず、無駄が省かれる。 そして、かつてはモノリシックな資産であったものが、相対的に見て低コストであり、アップグレードが可能な何かに置き換わっていく。 したがって、仮に Frankovsky が Intel から、CPU を借り出そうと交渉するにして、Group Hug のデザインは、それを可能にするのだ。 彼は、あるワークロードのために CPU をレンタルし、それが終わっても放棄すること無く、他の目的を持ったサーバーのために活用できる。 彼は、チップ・アーキテクチャや、ネットワーク・カード、そして各種デバイスを入れ替えることができる。そして、自身の作業のライフサイクルに応じて、ストレージ/ネットワーク/コンピュータなどを、思いのままに、混ぜ合わせることができるのだ。

These servers can’t be provisioned as fast, but what Open Compute has done is create a server architecture that can scale and change as much as the cloud itself does. And it did so without the server guys.

これらのサーバーが、それほど早急に供給されることはないだろう。 しかし、Open Compute が行ったことは、スケールに対応し、また、クラウドの変化に追随し得る、サーバー・アーキテクチャの開発なのである。そして、サーバーの専門家を必要とせずに、それは推進されてきたのである。

Related research

ーーーーー

TAG index2012年 1月 16日・17日に開催された Open Compute Summit での、Stacey Higginbothamさんの取材記事です。 今回のテーマは『 Breaking Up the Monolith 』であり、その背景には、Open Compute に集まった幅広い支持層を取り込んで、よりパワフルなエコシステムを作っていこうという意図があります。その、Asia Pacific のカウンターパートとして、Open Compute Japan も立ち上がりました。 ハードウェア・ビジネスの解体と再生への動きは、もう止まらないところまで来ているようです。image

ーーーーー

<関連>

Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
Facebook は Open Compute を、コ・ロケーションにも適用する
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
Facebook の 巨大 DC を気化熱で冷やす、ミストの秘密について説明しよう
Facebook が北欧に建設している、冷気と水力をフル活用の DC とは?

Open Compute Summit 2013 – Directory

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on January 21, 2013

A tiny contribution to OCP folks from Japan Team
http://wp.me/pwo1E-5xS

image

As many folks gathered in Santa Clara, there are many of OCP related articles in Internet tech sites. Furthermore, all the report of them has sent praise to the philosophy of OCP. For the Japan team, this summit was especially a nice phrase. Because of, OCP Asia Pacific has launched, and Frank announced it in his keynote. So, I would like to share the report of this memorable summit.

たくさんの人々が Santa Claraに集まったように、数多くの OCP関連記事が提供されている。さらに言えば、それらすべての記事が、OCPの哲学に対して賞賛を送っている。そして、とりわけ日本チームにとって、今回のサミットは嬉しいものになった。なぜなら、OCP Asia Pacific が立ち上がり、また、Frank がキーノートで、それを発表したからだ。それゆえに、この記念すべきサミットに関する報道を共有したい。

———

Open Compute Summit Winter 2013 – Live Streaming
Jan 16, 2013 12:00pm EST — Thu Jan 17, 2013 6:00pm EST
http://new.livestream.com/ocp/winter2013

OCP Summit IV: Breaking up the monolith
Wednesday, January 16, 2013 · Posted by Frank Frankovsky at 10:00 AM
http://www.opencompute.org/2013/01/16/ocp-summit-iv-breaking-up-the-monolith/

Tim O’Reilly to Deliver a Keynote at the Open Compute Summit IV
Saturday, December 22, 2012 · Posted by Pete Bratach at 00:13 AM
http://www.opencompute.org/2012/12/22/tim-oreilly-to-deliver-a-keynote-at-the-open-compute-summit-iv/

———

Facebook and Open Compute just blew up the server and disrupted a $55B market
GigaOm – By Stacey Higginbotham – Jan. 16, 2013 – 10:00 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/16/facebook-and-open-compute-just-blew-up-the-server-and-disrupted-a-55b-market/

Facebook, Intel, & Rackspace get more open-source than ever with new designs - Japanese
Venturebeat – January 16, 2013 – Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/01/16/facebook-intel-rackspace-get-more-open-source-than-ever-with-new-designs/

Facebook Shatters the Computer Server Into Tiny Pieces
Wired – By Cade Metz – Jan 16, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/facebook-server-pieces/

Facebook’s Other Big Disruption
New York Times – By QUENTIN HARDY – January 17, 2013
http://bits.blogs.nytimes.com/2013/01/17/facebooks-other-big-disruption/

Open Compute: Momentum Builds for Open Hardware
Datacenter Knowledge – By: Rich Miller – January 16th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/16/open-compute-momentum-builds-for-open-hardware/

Open Compute Project to ask college students for hardware ideas
GigaOM – By Jordan Novet  – Jan. 17, 2013 – 7:39 AM PST 
http://gigaom.com/2013/01/17/open-compute-project-to-ask-college-students-for-hardware-ideas/

Facebook Open Compute Project Shapes Big Data Hardware
Informationweek – Doug Henschen – January 17, 2013
http://www.informationweek.com/software/information-management/facebook-open-compute-project-shapes-big/240146481

New COO Named for Open Compute Foundation
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – November 16th, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/11/16/new-coo-named-for-open-compute/

Open Stack, Open Compute And How Opening Up Is The Only Way To Reach The Data Heavens
TechCrunch – Alex Williams – Jan 19, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/19/open-stack-open-compute-and-how-opening-up-is-the-only-way-to-reach-the-data-heavens/

Scenes from Day 1 of Open Compute Summit
Datacenter Knowledge –
By: Colleen Miller – January 17th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/17/highlights-from-day-1-of-open-compute-project-summit/

Intel And Facebook Team To Open Source Data-Center Designs, Open Compute Project Grows With 12 New Members
TechCrunch –
Alex Williams – January 16th, 2013
http://techcrunch.com/2013/01/16/facebook-open-sources-more-of-its-designs-for-storing-pictures-and-saving-power/

OpenCompute servers and AMD Open 3.0
Anand Tech – by Johan De Gelas on 1/16/2013 5:09 PM EST
http://www.anandtech.com/show/6673/opencomputer-servers-and-amd-open-30

Facebook’s Open Compute Project splits up monolithic servers with help from Intel, more
Engadget – By Jon Fingas posted Jan 16th, 2013
http://www.engadget.com/2013/01/16/facebook-open-compute-project-splits-up-monolithic-server-designs/

AMD Open 3 Enables OpenCompute Servers
Internet News – By Sean Michael Kerner – January 18, 2013
http://www.internetnews.com/ent-news/amd-open-3-enables-opencompute-servers.html

Video: Facebook’s Open Compute Project Summit
Network World – By Keith Shaw – 01/18/13
http://www.networkworld.com/community/node/82182

Applied Micro ARM servers all over Open Compute Project
The Register – By Timothy Prickett Morgan – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/applied_mixcro_x_gene_open_compute/

AMD Rolls Out Energy-Efficient Open Compute Server Board
eWeek – By Jeffrey Burt – Posted 2013-01-16
http://www.eweek.com/servers/amd-rolls-out-energy-efficient-open-compute-server-board/

Avnet Embedded Introduces Open Compute Project Innovation Labs
by Avnet –
01/16/2013
http://www.inddist.com/news/2013/01/avnet-embedded-introduces-open-compute-project-innovation-labs

Facebook’s Open Compute Hardware Hackathon Yields Server Debugging Solution
ReadWrite Web – Taylor Hatmaker – Jan 21, 2013
http://readwrite.com/2013/01/21/facebooks-open-compute-hardware-hackathon-yields-server-debugging-solution

——— Update: Jan 22

Roundup: Open Compute Summit 2013
DatacenterKnowledge – Rich Miller January 21st, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/01/21/roundup-open-compute-summit-2013/

Rackspace Adopts Open Compute And Plans New UK Data Centre
Channelbiz – January 22, 2013 by Peter Judge
http://www.channelbiz.co.uk/2013/01/22/rackspace-adopts-open-compute-and-plans-new-uk-data-centre/

Facebook rolls out new web and database server designs
The Register – 17th January 2013
http://www.theregister.co.uk/2013/01/17/open_compute_facebook_servers/

——— Update: Jan 24

Rackspace follows in Facebook’s footsteps, plans to build own servers
Network World – January 18, 2013
http://www.networkworld.com/news/2013/011813-rackspace-265967.html

——— Update: Jan 25

Why Open Source Hardware Is No Oxymoron
Wired – Jan 24, 2013
http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/01/open-compute-rackspace/

Can Facebook’s Open Compute Explode The Server Market?
Tech Week Europe – January 23, 2013
http://www.techweekeurope.co.uk/comment/facebook-open-compute-data-centre-servers-105192

Open Compute Project names hackathon winner
GigaOM – Jan 24, 2013
http://gigaom.com/2013/01/24/open-compute-project-names-hackathon-winner/

Intel, Fusion-io Embrace Open Compute
Network Computing – January 24, 2013
http://www.networkcomputing.com/data-center/intel-fusion-io-embrace-open-compute/240146974

———

__AC Stamp 2A lot of thanks to OCP folks.  Again, it was the nice opportunity to lean and discuss the philosophy of OCP. See you again in the next summit of Las Vegas!

ほんと、OCP の人たちには、お礼の言葉もないくらい感謝しています。このサミットでは、いつも学び、考えるべきことを示唆してもらいます。次は、秋の Las Vegas です!image

———

Related Sites:

Open Compute Project
Open Compute – Facebook Page
Prineville Data Center – Facebook Page
Open Compute Project Japan
Agile Cat – OCP Category

 

Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Facebook, Green IT, Open Compute, Strategy by Agile Cat on August 30, 2012

Inside Facebook’s Plan To Revolutionize The Entire Hardware Industry
http://wp.me/pwo1E-4Fj
Julie Bort | Aug. 10, 2012
http://www.businessinsider.com/inside-facebooks-plan-to-revolutionize-the-entire-hardware-industry-2012-8

_ Business Insider

Something extraordinary is happening at Facebook. The company is working on an idea that that could disrupt some of the largest enterprise tech companies in the world like IBM, HP, Dell.

途轍もない何かが、Facebook で始まっている。同社が取り組んでいるアイデアとは、IBM や、HPDell といった、世界で有数のエンタープライズ・テック・カンパニーを、混乱させるものでもある。  

Facebook is leading a project that pushes hardware vendors into a new, and open-source way of building servers.

Facebook がリードするプロジェクトは、オープンソースでサーバーを構築するという新しい考え方を、それらのハードウェア・ベンダーに無理強いする。

Facebook open source hardware guru
Frank Frankovsky

It’s called the Open Compute Project. Its goal is to do for commercial hardware what Linux did for commercial software — change the way it is designed, built, sold and supported.

それは、Open Compute Projectと呼ばれるものである。 その目標は、Linux が商用ソフトウェアに対して行ったことを、商用ハードウェアに適用することである。 つまり、ハードウェアの設計/構築/販売/サポートを、新しい方式に置き換えるものとなる。

Previously, Facebook would buy off-the-rack hardware from a company like Dell or HP. But now it custom designs the hardware it needs, then it has a manufacturer in Asia build it. After that, through OCP, Facebook releases the designs for anyone else to use or modify as they wish.

以前の Facebook は、Dell や HP などの企業から、既製品としてのハードウェアを購入してきたことだろう。 しかし、いまでは、必要なハードウェアをカスタムにデザインし、Asia のマニファクチャに製造させている。 その後に、Facebook は OCP を介して、誰もが利用できるようなカたちで、さらにはモディファイできるかたちで、そのデザインを公表している。

A lot of other companies who buy a lot of servers have taken notice and joined the effort — as have the companies making the hardware. The OCP now has dozens of members like HP, AMD, Fidelity, Quanta, Tencent, Salesforce.com, VMware, Canonical, DDN, Vantage, ZT Systems, Avnet, Alibaba, Supermicro, and Cloudscaling.

大量のサーバーを購入する数多くの企業が、この、ハードウェアを製造する企業と連携しようとする試みに関心を持ち、また、参加している。 現時点において、OCP には数多くのメンバーがいる。 そして、そこには、HP/AMD/Fidelity/Quanta/TencentSalesforce.com/VMware/Canonical/DDN/Vantage/ZT Systems/Avnet/Alibaba/Supermicro/Cloudscaling といった、そうそうたる企業が名前を連ねる。

The designs OCP comes up with are posted to GitHub, a site that hosts all sorts of open source projects.

OCP が考えるデザインは、あらゆるオープンソース・プロジェクトをホストする、GitHub のサイトにポストされる

This week, a group of OCP server vendors landed at Facebook’s headquarters in Palo Alto to show of their wares and talk about the next steps.

今週のことだが(8月上旬)、OCP のサーバー・ベンダー・グループが Palo Alto の Facebook HQ に集まり、それぞれのプロダクトを見せ合い、次のステップについて語り合った。

We caught up with Frank Frankovsky, the man leading the OCP charge. Frankovsky is director of hardware design and supply chain at Facebook. He told us:

私たちは、OCP の責任者である Frank Frankovsky を追いかけた。 Frankovsky は、Facebook におけるハードウェアの、デザインとサプライチェーンに関するディレクタでもある。彼は、私たちに、以下のように話した:

  • After the team built its first data center in Prinevill, Ore, which opened in April, 2011, they saw that it was 38% less expensive to operate, gave them a “24% capex savings advantage” compared to buying gear from typical vendors and that their data centers consumed a lot less electricity, too.
  • Traditional server vendors have had mixed reactions to OCP, but are starting to come around. Both HP and Dell have created experimental servers.
  • 彼らのチームは 2011年4月に、Ore. Prinevill の最初のデータセンターをオープンした後に、一般的なベンダーから装置を購入するのと比較して、計上支出を 38% も引き下げ、また、CAPEX に 24% の余裕を与えたことを確認した。そして、さらに、このデータセンターの電気消費は、はるかに低いレベルに抑えられているのだ。
  • 従来からのサーバー・ベンダーたちは、OCP に対して複雑な反応を示していたが、そのスタンスを変化させ始めている。 そして HPと Dell の両社が、OCP に則った実験的なサーバーを構築したのだ。

imageHere is a lightly edited transcript.

以下は、少しだけ編集した口述筆記である。

BI:  How did the Open Compute Project begin?

BI: どうして Open Compute Project を始めたのか?

FF: We were leasing data center space and buying-off-the-shelf server and storage products that were built for a different use case.  They are are great for enterprise IT users who might have a few racks of equipment here and there. But when you are deploying at scale, you have a different set of requirements, a different cost structure and different environmental impact.

FF: 私たちは、データセンター・スペースをリースし、既存のサーバーとストレージを購入していたが、それらは異なるユースケースのためのものであった。  それらは、さまざまな場所に、少数のラックを配置する、エンタープライズ IT ユーザにとって、素晴らしいものなのだろう。 そかし、スケールを前提としてデプロイメントを行うときには、要件および、コスト構造、環境への影響において、異なる組み合わせが必要となる。

FF: We decided we needed we needed to build our own infrastructure. Once we put it into production we thought, wow, this is more efficient than we thought. It’s the most efficient data center that we’re aware of in the world. How much greater would the impact be if everyone had a blueprint on how to build these?

FF: 私たちは、自身のインフラを構築していく必要があると判断した。そして、プロダクションの段階に入ったとき、想像以上の効率化が達成されたのだ。 それは、私たちが認識する限り、世界で最も効率の良いデータセンターである。そして、誰もがこの青写真を用いて、データセターを構築することができれば、どれだけの影響が生じるのかと考えた。

BI: What’s unique about your hardware versus the ones built by commercial vendors?

BI: 従来からの商用製品と比べて、なにが違うのか?

FF: We have this concept of “vanity free designs.” There’s a lot of non-value-added materials in server or storage designs. For example, when you look at a HP or a Dell server, they have this beautiful plastic bevel on the front that allows them to put logo on the front. That plastic not only impedes the air flow, which causes the fans to work harder to cool the servers, but when you are deploying servers by the 10’s of thousands, that’s a lot of wasted material that is someday going to be decommissioned and put into the waste stream.

FF: 私たちのコンセプトは、「飾り気のないデザイン」にある。 一般的なサーバーやストレージのデザインには、たくさんの無意味なものが持ち込まれている。 たとえば、HP や Dell のサーバーを見ればわかるが、そのフロントにはロゴを取り付けるための、美しいプラスチック・パネルが配置されている。 そのプラスチック・パネルは、空気の流れを妨げ、サーバーを冷却するファンを、忙しく回転させるだけではない。つまり、何万台ものサーバーをディプロイするとき、大量の至言を無駄にすることになる。そして、いつかは戦列を去り、廃棄物の流れを増大させることになる。

BI: Are there any other measurable benefits of an open compute server vs a commercial server?

BI: その他の点で、商用製品に対するアドバンテージはあるのか?

FF: Once in production with these servers, the time that it takes to repair the servers [is quicker]. We do time and motion studies on how long does it take a technician to repair a failed component on an open compute server relative to a Tier 1 HP or Dell server. In some areas there’s an 8x decrease in the amount of time. That allows us to have one technician supporting up to 15,000 servers. In some other environments, you might have one technician for 150 servers.

FF: それらのサーバー群がプロダクション・フェーズに入ってからというもの、その修理などに費やされる時間が短くなった。私たちは、障害を起こしているコンポーネントを、どれくらいの時間で交換できるものかと、Open Compute サーバーと、Tier 1 の HP や Dell サーバーの間で、組織的な手法で比較してみた。そして、いくつかの領域では、1/8 に時間が短縮されていることが分かった。それにより、いまでは 1人の技術者が、最大で 15,000 台のサーバーをサポートできるようになった。別の環境では、150 台のサーバーに対して、1人の技術者が必要になるかもしれない。

BI: How did the server vendors react when you made your designs an open source project?

BI: あなたが、このオープンソース・プロジェクトをデザインしたとき、サーバー・ベンダーたちは、どのように反応したのか?

FF:  It’s been an interesting year. There’s been some really difficult discussions and also some really fruitful discussions with our core suppliers. The difficult discussions typically centered around, ‘Wait a minute, if you are going to be building your own stuff, how am I ever going to compete for your business? I’m building a product portfolio designed for the masses, not for a Google or an Amazon or Microsoft or a Facebook. You guys are small number of very large consumers.’

FF:  実に興味深い1年であった。 とても難しい内容のディスカッションがあったが、私たちのコアとなるサプライヤーと、実りの多いディスカッションを行うことができた。 この難しいディスカッションの中心に置かれたのは、「ちょっと待って。 もし、あなたが自分で作ってしまうなら、どのようにして私たちはコンペに参加すればよいのか?」という問である。 それに対しては、「私たちが作ろうとしていているのは、大衆のためにデザインされたポートフォリオであり、GoogleAmazonMicrosoft/Facebook のためのものではない。 あなた方は、きわめて大きな規模の消費者のうちの、少数なのである」と答えた。

The trend towards cloud computing leaves the HP’s and Dells of the world in a challenging position. Everyone has a finite number of engineering resources.  But along comes open compute and they see a light. One of our functions is to give a cleaner signal to the HP’s, Dell’s, IBMs, Seagates, FusionIOs of the world of what our market really wants.

クラウド・コンピューティングへと向かうトレンドは、チャレンジングなポジションの中に、HP や Dell の世界を残している。 どの企業も、無限のエンジニアリング・リソースを持っているわけではない。  しかし、Open Compute の登場と共に、光が差し込んでくる。 私たちが機能すべき事柄の 1つには、HP/Dell/IBM/Seagates/FusionIO などの世界へ向けて、このマーケットが本当に必要としていることを、明確なシグナルとして発信することが含まれる。

BI: Do you see your designs and your open source design method being useful for enterprise data centers?

BI: あなたの考える、このオープンソース・デザインは、エンタープライズのためのデータセンターに対しても、有益なものになると捉えるか?

FF: I believe where we’re focused is the leading indicator and not lunatic fringe kind of design. The question is who wouldn’t want a more efficient server?

FF: 私たちがフォーカスしているのは、デザインにおける先行指標であり、見当はずれでのデザインを行なっているわけではないと、私は信じている。 逆に聞きたいのだが、より効率良いサーバーを欲しない人はいるのだろうか?

BI: But right now, the enterprise can’t get them, can they? Unless they grab your design and go off and build them themselves?

BI: しかし、いま現在、エンタープライズはそれを手にしていないが、これからは可能なのか? あなたのデザインを、彼らが手にしたら、この流れから外れて、自分たちで作る他に、道はないのでは?

FF: Well they actually can. And that’s one of the really cool offshoots of the OCP. We’re starting to see open compute solution providers launching new businesses to distribute these designs to end users. Not everybody has to go and make the investment in developing their own supply chain.

FF: そう、彼らは、それを実現できる。 それは、OCP における、きわめてクールな分流の 1つである。Open Compute のソリューション・プロバイダたちが、彼らのデザインをエンドユーザに向けて提供するという、新しいビジネスを立ち上げていることを、私たちは確認している。すべての企業が、自身のサプライチェーンを作り上げるために、投資が必要になるわけではない。

FF: This week, we’ve got all the Open Compute designers at Facebook for a summit of all those companies.  Companies like Synnex has launched a new division called Hyve around developing and supporting Open Compute hardware. Avnet is investing in Open Compute labs around the country where end users can come in and work on the Open Compute product, customize it to their liking, then procure it and have it be supported through Avnet. Quanta has launched a new business called QCT where they are bringing new Open Compute technology directly to end users.

FF: 今週のことだが、それら全ての企業のトップたちのために、すべての Open Compute デザイナーたちを Facebook に集めた。  Synnex などは、Open Compute ハードウェアを開発/サポートするために、Hyveという名の新部門を立ち上げている。Avnet は、全国に展開される Open Compute ラボに投資し、そこに Opne Compute に取り組むエンドユーザを迎え入れている。そして、エンドユーザの好みに応じたカスタマイズを施し、その調達からサポートまでを、Avnet を介して具体化できるようにしている。 Quanta は、 QCT というニュー・ビジネスを立ち上げ、Open Compute のテクノロジーを、エンドユーザにダイレクトに提供している。

FF: It’s really exciting. My prediction is we’re going to see similar things with Linux and Red Hat. [Red Hat] allowed companies to adopt Linux and know that there’s a technology company behind it to support them. That’s the same trend we’re seeing with the Open Compute hardware business.

FF: それらは、きわめてエキサイティングなことである。私たちは、Linux と Red Hat の関係に似たものになれると、私は自身は予測している。 [ Red Hat ]は、数々の企業に Linux を採用させ、その背後には、サポートのための会社があることを知らしめてきた。 それは、私たちが、Open Compute のハードウェア・ビジネスにおいて、目にしている傾向と同じである。

ーーーーー

imageこの OpenCompute Project が発表されたのは、Prineville, Oregon の直後ですから、2012年 5月 だったと記憶しています。 出来立ての、最新鋭データセンターで実現されたものを、つまり、それまでの数年をかけて蓄積してきたノウハウを、惜しげもなく公開してしまう Facebook に驚きましたが、『 それで FB は、なにが嬉しいの? 』という疑問に対して、すぐに答えを見つけることができませんでした。

そして、3ヶ月ほど悶々としながら考えた末に、たどり着いたのが、『 ハードウェア産業全体の構造を変えたい 』のだという、このインタビューで Frank Frankovsky さんが答えているものでした。 そして、2012年 10月末の大雪の NY と、2011年 5月の灼熱の San Antonio というふうに、二度もサミットに参加するほど、Agile_Cat はコレにハマッてしまったのです :)

この大きな流れには、ご想像のとおり、また、本文にも書かれているとおり、台湾の ODM メーカーたちが深く関与しています。 知らぬは日本ばかりなり、、、とならないよう、 猫の手しか貸せませんが、それなりに Agile_Cat も頑張ろうと思っています。 左上の、ちいさなアイコンをクリックすると、OpenCompute カテゴリにジャンプしますので、お時間がありましたら ど~ぞ! ーーー image

ーーーーー

<関連>

Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _1
対訳 – Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
Agile_Cat 空撮隊 – Facebook Oregon データセンターを探索するも ・・・
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー
Facebook の、次の巨大データセンターが North Carolina に!
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1

%d bloggers like this: