Agile Cat — in the cloud

Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?

Posted in Advertising, Amazon by Agile Cat on October 11, 2014

It Looks Like Amazon Wants To Go After Google’s Ad Business
http://wp.me/pwo1E-7Wv
Ramkumar Iyer, Reuters – Aug. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/amazon-advertising-2014-8

_ Business Insider

(Reuters) – Amazon Inc is planning to develop its own software for placing advertisements online, The Wall Street Journal reported, citing people with knowledge of the matter.

Amazon Inc が、オンライン広告を展開するための、独自ソフトウェアの開発を計画していると、この件に詳しい人々の言葉を引用する形で、The Wall Street Journal がレポートしている。

Getty / Scott Olson

While the in-house platform is initially planned to replace ads supplied by Google Inc on Amazon’s own website, the new system could challenge Google and Microsoft Corp’s advertising business in the future, the newspaper cited the people as saying.

この、内製プラットフォームは、Amazon 自身の Web サイトに供給される、Google からの広告を置き換えるために当初は計画されてたが、将来的には Google や Microsoft Corp などの広告ビジネスに挑戦していくだろうと、その情報筋の言葉を WSJ は引用している。

Amazon’s system would resemble Google’s AdWords, and is planned to make it easier for marketers to reach the company’s users, the newspaper reported the people as saying. The retailer is also building a tool that would help advertising agencies buy in bulk for thousands of advertisers, the Journal said, citing the people. (http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

この Amazon システムは、Google の AdWords に似たものであり、マーケティング担当者たちが、同社のユーザーに容易にリーチできるように計画されている。 そして、このリテーラーは、広告主のためにバルクで広告枠を購入する代理店にとって、役立つだろうツールを構築していくと、WSJ は述べている。(http://on.wsj.com/1v6ZqBw )

Amazon is known as a sleeping giant in the ad industry because it has rich consumer data but has been tentative about using it for a lot of advertising. The company already has an advertising service it employs chiefly on its own website.

Amazon は、リッチなカスタマー・データを持っているため、広告業界における眠れる巨人として認識されているが、それらの情報を大規模な広告のために使用することをためらっている。すでに同社は、自身の Web サイト上で、主として従業員を対象とした広告サービスを提供している。

Amazon did not immediately respond to requests for comment.

この件について、Amazon にコメントを求めたが、回答は得られていない。

(Reporting by Ramkumar Iyer in Bangalore; Editing by Leslie Adler)

More from Reuters:


Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

This article originally appeared at Reuters. Copyright 2014. Follow Reuters onTwitter.

ーーーーー

Amazon のビジネスを一言で表現するなら、IT を用いた物販と流通の効率化というものになるのでしょう。 しかし、物を取り扱うだけに、どうしても人手に頼らざるを得ないという側面も持ちます。その点、デジタル広告の世界では、ビットを商うだけで、Google や Facebook などを成立させるだけの、大きな利益が生まれています。 そして、Amazon 自身が、Google AdWards を大量に消費しているという現実もあります。 そのような背景を考えると、Amazon が広告事業に参入しようとするのも、当然のことだと思えるのです。

ーーーーー

<関連>

Amazon の レモネード哲学 : こうすれば 新聞社くらい買収できる!
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
さぁ 来い iPhone 6! Amazon Fire Phone は 99セントで対抗だ!
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on October 10, 2014

A Yahoo-AOL Combination Still Wouldn’t Topple Google Or Facebook In Terms Of Ad Revenue
http://wp.me/pwo1E-7Wo
Dave Smith – Sep. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-would-still-dominate-a-yahoo-aol-combination-in-terms-of-ad-revenue-2014-9?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

In the land of digital ad revenue, Google is king. Facebook’s been slowly growing its ad business since its mid-2012 IPO, while Yahoo and AOL lag behind these companies based on this important metric. But what if Yahoo and AOL were to join forces, which might actually happen?

デジタル・アド収益の世界では、Google が王者である。そして、Facebook は 2012年半ばの IPO 以来、ゆっくりと広告事業を拡大しているが、その後に続く Yahoo と AOL といった企業は、この重要な指標において遅れを取っている。そして、Yahoo と AOL が力を合わせたとしても、どれだけのことが、実際に起こるのだろう?

_  space

Business Insider Intelligence

On Friday, the activist fund (and “significant” Yahoo investor) wrote a letter to Yahoo CEO Marissa Mayer suggesting she explore “a strategic combination with AOL.” According to Starboard’s Jeffrey Smith, Yahoo’s core business lies with its “search and display advertising businesses,” and adding AOL’s ad revenue would certainly help bolster its bottom line. But a “combination,” should it happen in the near future, would still fall short of Facebook’s ad efforts, and it wouldn’t even come close to the advertising empire Google has created on the Web.

この金曜日(9/26)のことだが、口うるさいファンド(そして Yahoo の大株主)が、「AOL との戦略的な協業」を検討すべきという手紙を、Yahoo の CEO である Marissa Mayer に送った。 Starboard の Jeffrey Smith によると、Yahoo の中核となる事業は、サーチとディスプレイにおける広告ビジネスであり、そこに AOL の広告収益を加える事で、同社の基盤が強化されるとのことだ。しかし、近々には実現しそうもない、その協業が成立するにしても、Facebook の広告収益と肩を並べることは不可能だ。さらに言えば、Google が Web 上に創造した、アド帝国の足元にも及ばないのだ。

ーーーーー

なにやら、この Starboard というファンドと、Yahoo の首脳陣との間で、一悶着あったような感じがします。 先日にポストした、「 Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている 」という抄訳には、同社を変えていきたい Marissa Mayer の意志が現れていましたが、投資会社としてのポジションを守りたい Starboard にとって、面白い話ではないはずです。 Snapchat と AOL に関する話の、どちらが先なのかは不明ですが、Alibaba IPO マネーを取り合うバトルなのだと思います。 そして、このチャートですが、これからの広告という世界では、強大な勢力を誇る Google と、徐々に力を付ける Facebook が、競い合っていくのだと、なんとなく納得してしまいますね。

ーーーーー

<関連>

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する

ソーシャルと滞在時間:この Engagement Index という指標でも Facebook がダントツだ!

Posted in Facebook, Research, Social by Agile Cat on October 8, 2014

Social Media Engagement: The Surprising Facts About How Much Time People Spend On The Major Social Networks
http://wp.me/pwo1E-7W1
Emily Adler – Sep. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/social-media-engagement-statistics-2013-12

_ Business Insider

We tend to talk about social networks in terms of size, because audience reach is one of social media’s biggest advantages. That’s why Facebook gets so much attention. With 1.2 billion monthly active users, it’s a beast.

数多くのオーディエンスにリーチできることが、ソーシャル・メディアにおける最大のアドバンテージでもあるため、私たちは、その規模について話をしたがる傾向にある。 そして、Facebook が注目を集める理由も、そこにあるのだ。 MAU(Monthly Active Uses)が 12 billion というのは、まるで怪物である。

クリックで拡大 ⇒
BII

But as audiences adopt newer social networks, and people’s social activity becomes increasingly fragmented, other measures of social network activity become more important, especially for businesses trying to determine where to best allocate time and resources. How much time users spend on each social network and how engaged and interactive they are with content there are increasingly important ways of evaluating the sites.

しかし、それらのオーディエンスが新しいソーシャル・ネットワークを使い始め、また、ソーシャル・ネットワークの利用が断片化するにつれて、新しい指標も重要になってくる。それは、時間と資源を割り当てる先を、最適化したい企業にとって、とりわけ顕著なものとなる。つまり、それぞれのユーザーが長い時間を費やし、また、インタラクティブにコンテントにアクセスすることが、それらのソーシャル・メディア・サイトを評価する上で、ますます重要になってくるのだ。

In a recent report, BI Intelligencecalculates an Engagement Index for top major social networks and compares their performance in terms of time-spend terms per-user, on desktop and mobile. We also look at how the different top activities on social media — photo-sharing, status updates, etc. — are indexing in terms of activity, and which sites drive the highest volume in each category. This report complements our popular reports on social media demographics and global audience sizes.

BI Intelligence は最近のレポートにおいて、それぞれのユーザーがモバイルとデスクトップで消費する時間という観点から、Engagement Index が最も重要な指標だとしている。また、ソーシャル・メディアを測定するトップ・アクティビティとして、フォト共有やステータス更新なども挙げており、それぞれのサイトを評価するための指標にしている。この BI レポートは、ソーシャル・メディア人口統計グローバル・オーディエンス規模という、私たちが得意とするコンテントを補完するものとなっている。

Access The Full Reports And Data By Signing Up For A Free Trial Today >>

Here are our findings:

  • Social-mobile rules: 60% or so of social media time is spent not on desktop computers but on smartphones and tablets.
  • Facebook attracts roughly seven times the engagement that Twitter does, when looking at both smartphone and PC usage, in per-user terms.
  • Pinterest, Tumblr and LinkedIn made major successful pushes last year to increase engagement on their mobile sites and apps. The new race in social media is not for audience per se, but for multi-device engagement.
  • Multi-device social media: Our analysis is based on BI Intelligence’s social media Engagement Index, which compares the effectiveness of social networks in keeping individual users engaged across smartphones and desktop PCs (for an explanation of the Index, sign up for instant access to BI Intelligence).
  • ソーシャルは、いまや最大のインターネット・アクティビティである:平均的なアメリカ人は、電子メールなども含む、他のインターネット・アクティビティ以上に、ソーシャル・メディアを使用している。
  • ソーシャル・モバイルの法則:ソーシャル・メディアに費やされる時間の 60% 以上が、デスクトップではなく、モバイルやタブレットに占有されている。
  • Engagement に関して、Facebook は Twitter の約 7倍という値を有している。それは、スマートフォンと PC の双方における、ユーザーごとの消費時間という意味である。
  • Snapchat は WhatApp よりも小規模なネットワークであるが、ユーザーごとの消費時間という観点では上位に立っている。
  • 昨年の Pinterest と Tumblr と LinkedIn は、それぞれのモバイル・アプリ/サイトにおいて、エンゲージメントを強化するという意味で成功を収めた。 ソーシャル・メディア間における新たな競合は、オーディエンス数という本質から、マルチ・デバイス・エンゲージメントへと、その戦線を拡大している。
  • マルチ・デバイス・ソーシャル・メディア:私たちの分析は、BI Intelligence のソーシャル・メディア Engagement Index をベースとしている。 つまり、スマートフォンとデスクトップ PC をまたいだかたちで、ユーザーを引きつける力が、効果的なソーシャル・メディアの条件だと定義付けている。(この Index の詳細については、BI Intelligence にサイン・アップして、確認してほしい)

The report is full of charts and data that can be easily downloaded and put to use.

ーーーーー

Agile_Cat が使っている、Mac 上の Chrome ブラウザにも、3つくらいの Facebook 用のタブが、常にオープンされています。 まず、Agile_Cat ページ Cloud News Asia ページのタブがあり、情報発信用に活用しています。その他にも、自分のタイムライン用のタブがあり、そこから 20個ほどの Facebook グループに、毎日のようにアクセスしています。また、各種の連絡には Facebook Message を多用しています。 Gmail も使いますが、その頻度は低いです。 何から何まで一人でやらなければならない、Agile_Cat のような個人事業者にとって、コミュニケーション・コストを引き下げることは、とても重要な事なのです。そんなわけで、ガッチリとエンゲージメントされてしまっています :) 

ーーーーー

<関連>

Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威となるのか?
Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は 22億人だ!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!

 

Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める

Posted in Post-PC, Research, VMware by Agile Cat on October 5, 2014

クラウド界の再編が、着実に進み始める・・・
http://wp.me/pwo1E-7Vb

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

10月に入れば、今年の残りも3ヶ月です。一年の速さを実感してしまいますね。いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、久々に Gunosy が頑張ってくれて、とても嬉しいです :) その他は、いつもの月と変わらず、同じような数字となっています。 普段の年だと、新しい iPhone のことで盛り上がる秋口ですが、あまり熱心に追いかけなかったので、普通の PV という感じです。 なんというか、途上国マーケットへの対応が、Android と iPhone では正反対だというふうに、この一年で分かってきたのが、その理由なのです。昨年の Apple には、iPhone 5C で低価格スマホを狙う兆しが見えたのですが、それも消えてしまって、ちょっと残念に思っているところです。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、VMware の買収というウワサ話が沢山の PV を集めました。 今年のはじめに、「 これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される 」という、Gartner の予測を紹介しましたが、それが現実味を帯びてきたようです。その他では、Amazon と Google AdWards の関係が、みなさんの興味を引いたようです。 これには、Agile_Cat もびっくりしました :)

_--space13

1: VMware EMC から HP 却か? New York Post がレポ
2: 一番のお客 Amazon です: Google AdWards の凄まじさ
3: Evernote for Android が最高にイケている! Chromebook も OK
4: iCloud ハッカたちが用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセス
5: iOS 8 実現するアプリ携は、まるでマジックのようだ
6: VMware は知っている クラウドでは想化が不要になることを
7: iPhone 6 Apple は、北京政府にひじを食らってしまったのか?
8: EMC VMware 却を否定というも、Wall Street に流れている
9: Instagram のマイグレ200枚のイメジを AWS から FB へ!
10: iPhone 6 曲:こんなビジネスは、のためにもならない
11: IT 者の愛車Mark Z $1.3M から Jeff B $4000 まで
12: Evernote 6 for Android により、モバイルアプリの基わる
13: Facebook のゴジャスな DC を、15枚の写真で介しよう!
14: Open Source 調査OSSの人Top-5は? OSS ばれる理由は?
15: Apple アメリカ市 Android のシェアを削っている
16: Cloud Storage 調査コストは無償化へ向けて下がりける
17: さぁ来い iPhone 6 Amazon Fire Phone 99セントで抗だ!
18: iPhone 6A8 ProcessorApple PayApple Watch
19: 日本と世界のインタネットトラフィック – 2014年/8
20: Apple Watch 似合いそうな、11種類のアプリとは?

 
___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

その他では、iPhone と中国マーケットの関連性を、追いかけるポストが興味深かったです。 東京でも、アメリカの各都市でも、たくさんの中国人による転売行為が話題になりましたが、法を盾にして Apple にプレッシャーをかける、北京政府の存在があるのだろうと思っています。そして、中国が何を考えているのかといえば、国家戦略としての、TD-LTE の普及なのだと思うのです。

ーーーーー

image個人的には、Evernote for Android に関する記事が、2本とも上位に来て嬉しかったです。 その一方で、とても残念だったのが、iOS 8 でのアプリ間連携の先送りです。 Agile_Cat の場合は、電車の中などで、面白いと思う Web コンテントを、どんどんと Evernote にクリップしていくのですが、iOS での共有先は Facebook/Twitter/LinkedIn/Mail に限定されていて、他のアプリとの関連付けを認めてくれないのです。 方や Android では、今回の Evernote のアップデートにより、イメージまで含めたページ全体が、とても簡単にクリップできるようになったのです。 そんなことから、Evernote のようなアプリが、Android ファーストへと方針を切り替えている状況を、Apple に理解してほしいと思っています。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの
Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?
Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ

香港での抗議を支える Off-The-Grid チャット: それが FireChat だ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Social by Agile Cat on September 30, 2014

Mobile messaging app FireChat flares up in Hong Kong amid Occupy Central protests
http://wp.me/pwo1E-7UH

September 29, 2014 at 5:39 pm – by Josh Horwitz
http://www.techinasia.com/mobile-messaging-app-firechat-flares-up-in-hong-kong-amid-occupy-central-protests/

_ tech in asia

Last night marked a historic moment in Hong Kong as peaceful demonstrators fell subject to police aggression. Under the banner of Occupy Central, tens of thousands of locals (organizers say 60,000 , media says 30,000 ) gathered in Hong Kong’s financial district to protests last month’s Beijing-led decision to vet the city’s political candidates through a committee in the People’s Republic of China. Yesterday’s demonstrations began as a continuation of protests that had been going on since the summer. But as crowds swelled in the evening, riot police forces increased, and ultimately fired pepper spray and tear gas at civilians.

昨夜(9/28)の Hong Kong は、平和的なデモ行動が、警察の攻撃対象になるという、歴史的瞬間を迎えてしまったようだ。Occupy Central というスローガンの下、数万という人々が Hong Kong の金融街に集結したが(主催者によると 60,000人:メディアの報道は 30,000人)、それは Hong Kong の行政長官選挙制度をめぐり、先月に China 政府が下した決定に反発する行動である。さらに言えば、この夏から生じている、抗議行動の一環として始まったものでもある。しかし、昨夕(9/28)は、群衆が増えるにつれて、警察機動隊が増強され、最終的には唐辛子スプレーや催涙ガスが、民衆へ向けて発射されるという事態に陥ってしまった。

Surprisingly, as activists prepared to gather, a mobile app that that first caught the attention of the media last spring resurfaced among participants. FireChat, available for iOS and Android, is a mass chatroom app that lets communicate with one another over wi-fi and cellular networks, along with Bluetooth and Apple’s Multipeer Connectivity Framework. The latter two features means that users can, in theory, chat “off-the-grid.”

その一方で、驚くべきことに、この春にメディアの注目を集めたモバイル・アプリが、参加を呼びかけるための手段として用いられていることが分かってきた。それは、iOS と Android で利用できる FireChat という、集合的なチャットルーム・アプリであり、Wi-Fi と モバイルによるネットワークだけではなく、Bluetooth と Apple Multipeer Connectivity Framework なども用いて、人々を結びつけていくものである。そして、論理的に考えるなら、後者となる 2つの機能により、ユーザーは “off-the-grid” チャットを実現していける。

In anticipation of poor cellular network connectivity (and perhaps a deliberate network shutdown), student activist leader Joshua Wong posted a message urging people to download FireChat.

そして、プアなモバイル・ネットワーク環境を見越して(おそらく意図的にシャットダウンされる)、学生活動家のリーダーである Joshua Wong は、FireChat のダウンロードを促すメッセージを、大衆へ向けてポストしていたのだ。

His message then spread to others on social media. Downloads snowballed, and suddenly FireChat chatrooms were exploding with activity. Open Garden, the company behind FireChat, tells Tech in Asia that FireChat attracted 100,000 new sign ups from Hong Kong in a 22 hour period. At its peak, 33,000 users from Hong Kong were on the app simultaneously. Open Garden doesn’t have figures revealing how many users communicated with one another off-the-grid using FireChat.

彼のメッセージは、ソーシャル・メディア上の多数のユーザーたちに広がっていった。そして、FireChat のダウンロード数は雪だるま式に増えていき、そのチャットルームのアクティビティも急増していった。FireChat を運営する企業である Open Garden は、22時間の間に Hong Kong から、100,000件の新規サインアップが集まったと、Tech in Asia に伝えている。そして、ピーク時には、33000 人という Hong Kong のユーザーが、このアプリを同時に使っていたという。 また、Open Garden は、off-the-grid の状態で相互に通信していユーザー数を、明らかにするためのデータを持っていない。

FireChat’s founders originally conceived the app  as something that would be useful in densely packed locations with poor internet connectivity – sports stadiums or conference halls, for example.

FireChat の Founder たちは、たとえばスポーツ・スタジアムやカンファレンス・ホールといった、大勢の人々が集まることで充分なインターネット接続が得られなくなる場所でも、円滑なコミュニケーションを実現するものとして、このアプリを考案している。

But since it first hit app stores, FireChat has found itself popular among activists in mass demonstrations on at least two other occasions. In June, Iraqis flocked to the app  following an ongoing crackdown on social media. Before that, in March, Taiwan activists protesting a trade agreement with mainland China downloaded the app in droves, following an initial prompt by a local Taiwanese tech blogger.

しかし、初めて FireChat がアップ・ストアに置かれて以来、自身で見出したニーズは、大規模なデモを呼びかける活動家からのものであり、少なくとも、以下の2つの事例を有している。6月の Iraq では、ソーシャル・メディア上での規制が進む中で、このアプリに人々が群がった。それより以前の 3月には、China 政府との貿易協定に抗議する、Taiwan の活動家たちが、このアプリを大挙してダウンロードした。それは、Taiwan のテック・ブロガーが、最初に促したことで生じた動きである。

FireChat: Fireworks or flash in the pan?

There’s no doubt that FireChat’s core mesh network technology, while still rudimentary, holds potential as a powerful communication tool – both for mob activists and football fans. But at the moment, it isn’t quite ready for prime time.

FireChat のコアである、メッシュ・ネットワーク・テクノロジーは、依然として初歩的ものでありながら、パワフルなコミュニケーション・ツールとしての潜在能力を有していることは間違いはない(デモの参加者やサッカー・ファンにとって)。しかし、現時点において、プライム・タイムのための準備が整っているとも思えない。

For one thing, as one might expect from a massive chatroom, rumors abound. Activists told Tech in Asia that for every message with directions to the protest site, there were texts spreading false information. “Many people kept posting all kinds of scary rumors,” says Kevin Chan, an activist who claims to have been an early proponent of FireChat. “[People would write] ‘Police have started to shoot’ or ‘a soldier from China is coming.’ I think that scared some people.”

ただ、問題もある。 ひとつには、誰もが想像するように、大規模なチャットルームがウワサに満たされている点である。活動家たちは、この抗議サイトへ向けられた、すべてのメッセージについて、虚偽の情報を広める文章もあったと、Tech in Asia に語っている。「数多くの人々が、怖ろしいウワサの類をポストし続ける。 警察が銃撃を始めたとか、China から兵士が来たとか、一部の人を怯えさせるものが、書き込まれると思う」と、早くから FireChat を支持してきた、活動家の Kevin Chan は述べている。

Despite the chaos in FireChat, another activist told Tech in Asia that activity on the app remained robust as connectivity on other social networks sputtered. “I was able to access WhatsApp and Facebook with acceptable speed, but there were moments when they got slow. Twitter… not really. FireChat always had strong coverage,” says Timothy Choi, a local developer. “The noise to signal ratio is rather high… However if you take everything with a grain of salt it is a decent tool.”

たしかに、FireChat にはカオスがあるが、他のソーシャル・ネットワークが混乱する中で、このアプリは堅牢なコネクティビティを維持していたと、別の活動家は Tech in Asia に語っている。「 私のケースでは、許容できるスピードで WhatsApp と Facebook にアクセスできたが、遅くなるときもあった。Twitter が現実的ではなかった。そして、FireChat は、きわめて強固なカバレッジを維持し続けた。ノイズの混入は多いだろうが、一粒の塩で味付けは無理なので、役立つツールと言えるだろう」と、ローカル・デベロッパーの Timothy Choi  は述べている。

From this writer’s perspective, watching FireChat’s Hong Kong chatroom (I observed the ‘Everyone’ room remotely from Taipei, and could only watch on-the-grid discussions), it was a thrill to see users report tear gas explosions and air rallying cries. With so many people in one room, it felt even more “live” than Twitter. But trying to extract useful, timely information from the chaos was near impossible. One Twitter user said it best in a Chinese-language tweet , writing, “FireChat is too flooded. I wish there was a ‘mesh Twitter.’”

FireChat の Hong Kong チャットルームを参照している、このライターの視点からすると、催涙ガスが発射され悲鳴が渦巻く状況が、ユーザーがレポートしているという実感があったのだろう(私は Taipei からリモートで入り、みんなのチャット・ルームを観察し、on-the-grid の議論を見ることがでた)。1つのルームに数多くの人々がいることで、Twitter 以上のライブ感が漂っていた。しかし、そのカオスから、有益でタイムリーな情報を抽出しようとしても、それは不可能に近かった。ある Twitter ユーザーは、あまりにも FireChat が殺到しているので、中国語の Tweet がベストだと言っていた。つまり、そこのメッシュの Twitter があれば良かったと思う。

FireChat’s lack of encryption also inhibits its potential as a tool for serious political organization. As Citizen Lab noted , users can sign on to FireChat under pseudonymous usernames. But network operators can still access users’ message content and IP addresses. Open Garden CEO Micha Benoliel tells Tech in Asia that the team will implement encryption when it introduces private messaging to the app. “All the conversations on FireChat right now are public,” says Benoliel. “As long as all conversations are public, there is no need for encryption.”

また、FireChat における暗号化の欠如は、シリアスな政治組織のためのツールとしての潜在能力を阻害する。Citizen Lab が指摘するように、ユーザーはペンネームで FireChat にサインオンできる。しかし、依然としてネットワーク・オペレータは、ユーザのメッセージ内容と IP アドレスにアクセスできる。Open Gargen の CEO である Micha Benoliel は、このアプリにプライベート・メッセージを導入するときに、彼らのチームは暗号化を実装すると、Tech in Asia に話している。「 現時点における FireChat では、すべての会話がパブリックである。 それらが、パブリックである限り、暗号化の必要性はない」と Benoliel は述べている。

Editing by Steven Millward; top image via Flickr user anselma

ーーーーー

なんか、読んでみてナルホドというポストです。 こうした事態になると、キャリアに圧力が掛かるのは当然であり、こうした Off-The-Grid のサービスが不可欠になるのでしょう。 コミュニケーションの遮断という行為は、やはり民主的な発想とはいえず、いかなる場合にも、それは権利として認められるべきものです。 そして、今週の香港だけではなく、3月の台北でも、この FireChat が活躍していたことを、初めて知りました。 いろいろと、難しいことがあると思いますが、FireChat には頑張って欲しいですね!

ーーーーー

<関連>

Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの 新スマホ勢
iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来のスタンダードになり得るのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Energy, Green IT by Agile Cat on September 26, 2014

Dell, HP, Intel and Emerson partner to develop new industry standard: Redfish
http://wp.me/pwo1E-7U5
Brian Karlovsky | Sept. 9, 2014
http://www.arnnet.com.au/article/554452/dell-hp-intel-emerson-partner-develop-new-industry-standard-redfish/

Dell, HP, Intel and Emerson are set to develop a new industry standard to increase the productivity of system administrators through improved datacentre management, analysis and security.

Dell/Emerson/HP/Intel が、データセンターにおける管理/分析/セキュリティの改善を通じて、システム・アドミニストレータの生産性を向上させるべく、新しい業界スタンダードを作成しようとしている。

The new specification, Redfish, is still under development and will be one of the most comprehensive since the Intelligent Platform Management Interface (IPMI) was first launched in 1998, according to a statement.

この、新しい仕様である Redfish は、現時点において作成中である。 そして、このパートナーシップのステートメントによると、1998年に立ち上げられた Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 以来の、最も包括的なものになるという。

_  space

_  space

Redfish uses a modern network interface style, allowing access to data using even simple, script-based programming methods. It will be designed to improve scalability and expand data access and analysis, help lower costs, and further enable feature-rich remote management while ensuring a secure solution that protects investment.

Redfish では、きわめてシンプルなスクリプトベースのプログラミング・メソッドにより、データへのアクセスを実現するために、最新のネットワーク·インターフェース·スタイルが用いられる。そのデザインは、スケーラビリティを向上させ、データに関するアクセスと分析を強化し、また、コストの削減を促進しながら、さらにリッチなリモート・マネージメントを実現するものであるが、投資を保護するセキュアなソリューションも約束される。

According to a company statement, the group collaborating on Redfish development is focused on ensuring the specification enhances interoperability across multiple server environments and significantly simplifies management, allowing administrators to speak one language and be more productive. It will also enable access to massive amounts of information and the ability to translate the data into actionable insights for system monitoring and management.

この団体のステートメントによると、Radfish 仕様の作成におけるグループとしての協調は、マルチ・サーバー環境をカバーするインターオペラビリティと、大幅に簡素化された管理形態にフォーカスするものであり、その結果として、アドミニストレータが用いる言語を1つに集約し、さらなる生産的を目指すことになる。そして、さらに、システムの監視と管理を対象とした、膨大なデータへのアクセスと、実用的な洞察への転換を、実現していくものとなる。

The partner companies are working with industry standards bodies and associations to accelerate the development process, in anticipation of the broad adoption of Redfish.

ここでパートナーとなる企業は、Redfish の広範囲におよぶ採用を予測し、また、その作成プロセスを加速するために、業界標準のための団体や協会と協調して作業を進めている。

The specification will be submitted to the Distributed Management Task Force for consideration by the recently created Scalable Platform Management Forum, which has been chartered to publish a standard in this space. Once the specification is approved, it will be publicly available.

Redfish の仕様は、先日に立ち上げられた Scalable Platform Management Forum により、Distributed Management Task Force へと提出され、この分野におけるスタンダードを発行するための、骨格として検討されていく。 そこで、仕様が承認された後に、一般でも利用が可能なものとなる。

Read more:Synnex Australia adds HP Enterprise to portfolio

ーーーーー

現状でも、それぞれのデータセンターが工夫することで、それぞれのファシリティに適したマネージメント・システムが開発/運用されているはずです。 そして、RedFish が実現しようとしているのは、そのベースになる部分を標準化して、コストを下げようという試みなのだと思います。 ただ、いまの世の中のサーバー・ベンダーといっても、無印良品で市場を席巻している台湾の ODM たちを無視できません。 また、Facebook/Rackspace/Microsoft などによる Open Compute Project もあれば、Tencent/Alibaba/Baidu などによる Scorpio、そして、Google/IBM による OpenPower Foundation もあるという具合に、データセンターの効率化へ向けて活動している、オープン・ソースの存在も忘れてはなりません。たまたまですが、9/22 付で、Gartner が DCIM の Magic Quadrant を発表するほど、ここは、とてもホットな領域なのです。

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook が選んだ CA  の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!

Posted in Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on September 19, 2014

Take A Tour Through Facebook’s Gorgeous Data Centers
http://wp.me/pwo1E-7ST
Dave Smith − Sep. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/15-photos-of-facebook-data-centers-2014-9

_ Business Insider

Facebook announced the Open Compute Project in 2011 as a way to openly share the designs for its data centers — "to spark a collaborative dialogue … [and] collectively develop the most efficient computing infrastructure possible."

Facebook がデータセンターのデザインを広く共有する方法として、Open Compute Project についてアナウンスしたのは 2011年のことだった。それにより、コラボレーションが活性化し、最も効率的なコンピューティング·インフラを、協調しながら開発していくという流れが生まれた。

Alan Brandt

Starting in 2009, three Facebook employees dedicated themselves to custom-designing servers, server racks, power supplies, UPS units, and battery backup systems for the company’s first data center in Prineville, Oregon.

2009年に 3人の Facebook 従業員が、 Prineville, Oregon における同社としては初めてのデータセンターのための、サーバー/サーバー・ラック/電源/UPS/バッテリ·バックアップといったシステム対して、カスタムなデザインをコントリビュートした。

By 2011, Facebook’s data center in Prineville used 38% less energy to do the same work as the company’s other data centers at the time, while costing 24% less.

そして、2011年の Prineville データセンターは、38% という消費電力の低減と、24% のコスト削減という、すばらしい結果を残した。

Since then, Facebook has improved on its designs, and last summer, opened another data center in Lulea, Sweden.

その後の Facebook は、そのデザインを改善し、また、昨年の夏には、Lulea, Sweden にも新しいデータセンターをオープンしている。

With the help of Facebook and photographer Alan Brandt, we compiled some photos to show off what Facebook’s data centers look like from the inside and outside. And these are some really gorgeous-looking facilities.

Facebook と、カメラマンである Alan Brandt の助けを借りて、Facebook データセンターの内側と外側を示す、いくつかの写真をまとめてみた。それらは、とてもゴージャスなファシリティであると思える。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

ーーーーー

ゴージャスと言っても、フカフカのソファーが置いてあるという意味ではなく、あの巨大なサービスを支えるサーバーやストレージに適したという話なのですが、そこで働くエンジニアにとっては、それこそがゴージャスなのだと思います。 Agile_Cat も、この Prineville DC には、一度 お邪魔したことがあるのですが、何から何まで、想像を絶する規模で構築されていたのが、とても強く印象に残っています。 たまたまですが、昨日の東京では、OCP Engineering Workshop 2014 が開催され、100人以上の人々が集まりました。 朝から夕方まで、ぎっちりと詰まった各セッションで、とても熱い議論が繰り返されていました。 これから、OCP Japan が考えていくことは、アジアという地域のビジネスに適した、データセンターのデザインを考えることに、集約されていくのだろうと思います。(この写真は、林雅之さんのブログからのものです)  

ーーーーー

<関連>

Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から FB DC へ!
Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?

一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Amazon, Google, Research by Agile Cat on September 17, 2014

CHART OF THE DAY: Amazon Spends A Ton Of Money To Advertise Itself On Google
http://wp.me/pwo1E-7SA
Dave Smith – Sep 16, 2014 
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-amazon-spends-a-ton-of-money-to-advertise-itself-on-google-2014-9

_ Business Insider

Google’s main source of revenue is its advertising platform, AdWords — but it’s also the key portal for businesses to have their products seen on the web, and in search results. Companies pay millions of dollars to Google each year for quality real estate in Google, but no company spends more than Amazon, which reportedly dropped $157.7 million on US search ads in Google last year.

Google の主たる収入源は、その広告プラットフォームの AdWards である。 そして、各種のプロダクトを Web ページや、検索結果に表示したい企業にとって、それは主要なポータルでもある。それらの企業は、Google 内に広告スペースを確保するために、数百万ドルという対価を、毎年のように Google に支払うが、Amazon ほど突出した広告主は、他にはいない。伝えられるところによると、昨年の Amazon は、アメリカ国内における Google 検索広告に、$157.7 million という巨額を支払っている。

_  space

Business Insider Intelligence

According to a new ranking from Ad Age DataCenter charted for us by Business Insider Intelligence, Amazon spent nearly more than double the amount on Google search ads as the next group on the list, Priceline Group, which owns several properties related to travel-related purchases like airline tickets and hotel stays. But even though Amazon is spending a lot of capital to put its business ahead of others in search and display ads, the company also generated $750 million in ad revenue last year, and is expected to earn more than $1 billion this year, according to eMarketer.

Ad Age DataCenter のランキング をベースにして、Business Insider Intelligence が作成したチャートによると、Google 検索広告の売上リストでトップに立つ Amazon は、二番手の企業である Priceline Group(航空券やホテルなどの予約サイト)の 2倍近くの対価を支払っている。そしてAmazon は、検索とディスプレイの広告で、他社よりも多額の費用を支払っているにもかかわらず、自社でも $750 million という広告収入を、昨年に稼ぎだしている。eMarketer によると、今年の Amazon は、$1 billion 以上の広告収益を上げると予測されている。

Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.

ーーーーー

$157.7 million というと、$1=100円で換算して 約160億円ですか。つまり、10億円以上の広告費が、Amazon から Google に流れているわけです。まぁ、この業界、激しく戦うところもありますが、持ちつ持たれつのところもあると、このチャートが語っているようにも思えてきます。 それにしても、凄まじいメカニズムを、Google は確立しているのですね。 それは、Facebook にも言えることなのですが・・・

ーーーーー

<関連>

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を確認する
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する

%d bloggers like this: