Agile Cat — in the cloud

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Posted in .Selected, Microsoft, Open Graph, Strategy by agilecat.cloud on February 2, 2016
Microsoft Graph promises open developer access to Office 365 data
Mikey Campbell – November 18, 2015
http://appleinsider.com/articles/15/11/18/microsoft-graph-promises-open-developer-access-to-office-365-data
 
Apple Insider
 
Microsoft at its Connect (); conference on Wednesday flipped the switch on Microsoft Graph, née Office 365 Unified API, a set of APIs that let developers integrate, manage and tap into vast expanses of data stored in the Office 365 cloud.
 
Microsoft は 11月18日に開催された Connect () カンファレンスにおいて、これまで Office 365 Unified API と読んでいたものを、Microsoft Graph と改名した。この API セットは、Office 365 クラウドにストアされたデータに関する、デベロッパーによる統合/管理/関連付けを、促進するものである。
 
Network TheoryClick to Youtube >>>
 
For Microsoft it’s all about unification. In the hands of developers, the graph’s unified API promises not just an endpoint for building in Office 365 and other software integrations, but a starting point for new intelligent interactions.
 
それは、Microsoft にとって、すべての統合を司るものとなる。つまり、この Graph の Unified API は、デベロッパーの手による、Office 365 を含むソフトウェア統合の構築を、推進するためのエンド・ポイントを約束するだけではなく、最新の知的インタラクションのためのスタート・ポイントにもなっていく。
 
According to Microsoft GM of Office Extensibility Rob Lefferts, the graph represents a gateway to intelligence and insight capable of harnessing user data to solve everyday problems. From common queries like “what files do I need for this meeting,” to more complex requests dealing with user trends and customized insights, developers can tailor their app or service as they see fit without jumping through hoops.
 
Microsoft の GM of Office Extensibility である Rob Lefferts によると、この Graph が表現するゲートウェイは、ユーザー・データを活用することで日常の問題を解決するための、知能と洞察という側面を提供するものとなる。たとえば、「このミーティングで必要なファイルは?」といった一般的なクエリーから、「ユーザーの動向」や「カスタムな洞察」を取り扱うような複雑なクエリーにいたるまで、デベロッパーたちのアプリやサービスは対応が可能になるが、そのための、難しい処理を要求されることはない。
 
“It would be our reimagining of what it means to be productive in a modern world,” Lefferts says, referring to solutions mobile, cross-platform and cloud-integrated solutions. “The way that people work has changed, it’s much more connected, people are more collaborative.”
 
Lefferts は、「最先端の世界で生産的であることは、何を意味するのかという、私たちの観点を再構成するものになるだろう」と発言している。つまり、モバイル/クロス・プラットフォーム/クラウド・インテグレーションといった、ソリューションを視野に入れたものになるのだろう。そして、彼は、「人々が働くときの、発想が変化している。 具体的に言うと、これまで以上に結びつきが重視され、より協調的になってきている」と続けている。
 
Graph-l
 
Microsoft’s data pool is deep. Lefferts says some 500 petabytes of information already live in Microsoft’s cloud, with Office 365 users generating 4 trillion emails and creating 850 million meetings every month. The number of data points is bound to increase once currently siloed Office 365 information is offloaded to the graph. The company is even looking into Skype integration.
 
Microsoft のデータ・プールは、かなりの深層にまで展開されている。Lefferts が言うには、500 Peta Byte 程度の情報が、すでに Microsoft クラウドに蓄積されているが、Office365 ユーザーが生成する4兆の電子メールと、8.5億のミーティング・スケジュールが、毎月のように、そこに追加されていくようだ。それらのデータ・ポイントの数は、サイロ化される Office 365 関連情報に応じて、一時的に増大していくが、その後に Graph へとオフロードされる。
 
Access to rich data is the bedrock of intelligent analytics, where another prong of Microsoft Graph comes in. The Redmond software giant uses advanced machine learning algorithms fed by data and user behavior to dish out query responses in a format familiar to developers. Secure access to client activities — documents, contacts, meetings, etc. — is authorized through a single token, meaning apps don’t have to fetch multiple authorizations for different services.
 
リッチ・データへのアクセスは、インテリジェントな分析の基盤であり、そこに Microsoft Graph が絡んでくる。この、Redmond のソフトウェア・ジャイアントは、デベロッパーたちが慣れ親しんでいる形式でクエリー・レスポンスを配信するために、データとユーザーの動きを機械学習する、高度なアルゴリズムを用いている。ドキュメント/コンタクト/ミーティングといった、クライアントのアクティビティに対して安全にアクセスするために、シングル・トークンを介した許可が用いられる。つまり、それぞれのアプリが複数の認証を取得し、個々のサービスに接続するという必要性がなくなるのだ。
Graph-2-l
 
Lefferts stressed the idea of an open graph, something easily accessible by coders of any ilk. To that end, Microsoft built out client libraries and SDKs for iOS, Android and .Net for the graph’s launch, with work on other platforms like Node.js, Python, Java, Ruby currently underway.
 
Lefferts は、イーブンな関係にあるプログラマー同士が、相互にアクセス可能な、Open Graph という発想を強調している。そのために Microsoft は、この Graph の立ちあげに際して、クライアント・ライブラリを構築し、また、iOS/Android/.NET のための SDK を構築する。そして、さらに、Node.js/Python/Java/Ruby といったプラットフォームに関しても、すでに作業に取り掛かっている。
 
“We’ll handle the authentication, we’ll handle the common queries, we know how to interpret the responses,” he says. “The real pitch there is all about making sure that developers can start coding in five minutes.”
 
Lefferts は、「認証の処理方式と、コモン・クエリーに取り組んでいく。 私たちは、それらのレスポンスを、どのように解釈すべきかを知っている。ほんとうの意味での競争は、すべてのデベロッパーが、5分以内でコーディングに取り掛かれる状況を、約束できるか否かにかかっている」と述べている。
 
Prior to the graph’s public release, Microsoft collaborated with select service partners like SkyHigh Networks, Uber, Smartsheet and Zendesk to refine its backend implementation, an exercise that resulted in interesting integrations.
 
Microsoft は、この Graph のパブリック・リリースに先立ち、SkyHigh Networks/Uber/Smartsheet/Zendesk といった選ばれたパートナーとのコラボレーションを推進し、洗練されたインテグレーションを実現するために、そのバックエンドの実装を進化させてきた。
 
For example, in a quest to make meetings more productive, Do.com pulled data from Outlook and Exchange, documents in OneDrive and other assets directly from the graph to provide deep insights into meeting planning, agenda strategy, post-meeting follow-ups and more. Everything was integrated into Outlook, ensuring users had a seamless data-driven experience.
 
Do.com のケースで言うと、より生産的なミーティングを実現するために、Outlook と Exchange からのデータ、および、OneDrive 内のドキュメント、Graph などからの情報を引き出し、ミーティングの計画/アジェンダの戦略/ミーティング後のフォローアップなどに、より深い洞察を提供するようになった。そして、ユーザーは、すべてが Outlook に統合された、シームレスなデータ駆動型のエクスペリエンスを得るようになった。
 
The main thrust, Lefferts says, is to get data out of silos and into the hands of developers, who can “offer more in terms of being seamless, being smart and being effective.”
 
Lefferts が言うには、主な推進力は、データをサイロから取り出し、デベロッパーに手渡すことに集約される。 そうすれば、彼らは、「よりシームレスで、よりスマートで、より効果的な観点で、その先の処理を考えてくれる」と述べている。
 
Data privacy is a hot-button topic and Microsoft is making security a high priority with the graph. The system is designed not only to protect raw data from prying eyes, but also any insights Microsoft Graph’s intelligence engine gleans from that data.
 
データに関するプライバシーは、最もホットなトピックであり、この Graph におけるセキュリティは、Microsoftにとって優先度の事項となっている。このシステムは、詮索好きな目から、生データを保護するようにデザインされているが、それらのデータから Microsoft Graph が拾い集める、あらゆる洞察についても、同様の保護機能が提供されている。
 
“It’s built into the business model,” Lefferts says about privacy. “There are parts of Microsoft that are driven by advertising, but Office 365 is very much organization-facing. […] And that means that we have to make sure we’re not misusing the information for anything inappropriate, we’re not sharing information with people who shouldn’t see it, whether that’s outside the organization or other people inside the organization.”
 
Lefferts はプライバシーについて、「それはビジネス・モデルに組み込まれるものだ。Microsoft のビジネスには、広告という側面もあるが、Office 365 が向き合うのは多様な組織である。そして、私たちは、それらの情報を、不適切なかたちで悪用していないことを、あらためて確認する必要がある。その対象が、組織内の人物であっても、組織外の人物であっても、情報を参照してはならない人と、共有することはない」と述べている。
 
Developers interested in taking Microsoft Graph for a test spin can visit graph.microsoft.com for more information.
 
Microsoft Graph を試したいと思うデベロッパーは、graph.microsoft.com を訪れて、詳細な情報を取得して欲しい。
 
ーーーーー
Open Graph言うまでもなく、いまのコンピュータのアーキテクチャは、ファイルとツリーという概念に、大きく依存しています。OS を構成するモジュールも、ミュージック・プレイヤーで楽しむ MP3 も、すべてファイルであり、それらがツリー上の所定の場所に置かれていることで、コンピュータは動くわけです。しかし、このファイルとツリーは、コンピュータにとって便利なものであっても、人間の曖昧な記憶との相性は最悪であり、「アレはどこだ?」とか「コレが見つからない!」とかいう、人類に共通するフラストレーションを、世界中で生み出しているのです。そんなことから、Agile Cat は「ファイルを作らない」をモットーにしていますが、その現実はというと、大量のファイルを生み出してしまう毎日なのです。
 
そこで Microsoft Graph なのですが、文中のチャートが示すように、人間から見て都合の良い場所に、Office 365 のファイルを配置してくれるという、とても優しいテクノロジーだと評価したいです。Microsoft Graph の概要というドキュメントを眺めてみると、自分というノードと他者というノードを、各種の関係というエッジで結びつけるための、Graph API を用いたクエリが示されています。 なんか Facebook に似ている、、、という思う方も多いかと思いますが、あのソーシャルでは、一人一人のユーザーがノードとしてハンドリングされ、「トモダチ」や「イイネ」といったアクションは、そのすべてがエッジとして機能しているはずです。それが、Social Graph から Open Graph へと発展した、Facebook のコア・アーキテクチャなのです。Google も、Knowledge Graph を活用しているはずであり、たとえば検索クエリの意味を判別/読解して、もっとも適切と思われる答えを導き出すというのも、その一例だと思われます。その点では、Google Now も同じなのでしょう。
 
Facebook や Google だけではなく、Microsoft もグラフに取り組んでくれるというのは、とても嬉しいことです。前述の、Microsoft Graph の概要には、「自分の周囲を流れているファイルの取得」というクエリがあるのですが、なんか、イイ感じですよね! 2011年8月にポストした、「クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!」という抄訳は、Agile Cat にとって忘れられないコンテントなのですが、そんな世界が実現しそうでワクワクしています :) それにしても、この記事、なんで Apple Insider なのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
 

Comments Off on Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Instagram, Research, Social, WhatsApp by agilecat.cloud on January 29, 2016
Facebook’s Impressive Mobile Line-Up
Felix Richter – Jan 28, 2016
http://www.statista.com/chart/2183/facebooks-mobile-users/
 
_ Statista
 
When Facebook filed for its initial public offering in early 2012, the company named the ongoing transition to mobile as one of the biggest risks to its future success. If the transition to mobile was indeed the biggest challenge in Mark Zuckerberg’s young career as CEO of a billion-dollar company, he managed it admirably well.
 
2012年の初めに、Facebook が株式公開を申請したとき、成功を達成するための最大のリスクとして、モバイルへ向けた継続的な移行があると指摘していた。 この Billion-Dollar カンパニーの若き CEO である Mark Zuckerberg にとって、そのモバイルへの移行が、実際に最大の課題だったとしたら、見事な仕事ぶりだったと評価できる。
 
facebooks_mobile_usersClick to Large >>>
 
This chart shows mobile monthly active users of services owned by Facebook. 
 
Not only does Facebook generate most of its revenue on mobile devices, the company also owns three of the most popular apps in the world. First there’s Facebook, which had more than 1.4 billion mobile users in the fourth quarter of 2015. Than there’s Instagram, which has more than 400 million users and is immensely popular with tech-savvy Millennials. And finally, there’s Facebook’s most expensive acquisition: WhatsApp, which is quickly closing in on one billion users.
 
Facebook は、その収益の大半をモバイル・デバイスから得ているだけではなく、世界で最も人気のある、3つのモバイル・アプリを手にしている。まず、Facebook であるが、2015年 Q4 の時点で、同社は 14億人を超えるモバイル・ユーザーを獲得している。続いて、Instagram は 4億人のモバイル・ユーザーを得ているが、その大半が、テクノロジーに精通した若い世代である。そして、Facebook にとって最も高価な買物であった WhatsApp は、すでに 10億人のモバイル・ユーザーに迫っているという状況にある。
 
With a mobile line-up like this, Facebook appears to be in a position that all but guarantees sustained success in the mobile landscape.
 
Facebook は、このモバイル・ラインアップにより、モバイルの世界における持続的な成功が、ほぼ保証されたポジションに到達したと思われる。
 
ーーーーー
FB_mobile_usersfacebookこの三社におけるモバイル・ユーザーの合計ですが、2014年は 21.9億人で、2015年は 27.2億人となります。 そして、成長率は 24% になりますが、この膨大なユーザー数のレベルで、それを達成していることに呆れてしまいますよね :) さらに、Facebook Messenger を別に数えると、ここに 8億人が追加されるようです。(このチャートは、Sheryl Sandberg のブログからのもので、デスクトップを加えた Facebook の MAU が 15.9 億人となっています:クリックで拡大) そして、Facebook 単体での 2015年 Q4 の売上ですが、なんと $5.85 billion に至り、前年比で 52% のアップだそうです。この勢いで 2016年 を突っ走るとしたら、年商で $30 billion に達するはずです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
2015 Facebook: 人々の日常を包み込む、このソーシャル・ジャイアントの一年を振り返る
 

Comments Off on Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!

Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Payment by agilecat.cloud on January 23, 2016
What Are Facebook Messenger Users Doing, Besides Sending Messages? (Infographic)
David Cohen – Jan 14, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/gwi-facebook-messenger-actions-infographic/632819
 
_Social_Time
 
person-woman-hand-smartphonePEXELS
 
It’s no surprise that the most popular action taken by users of Facebook’s Messenger application is sending messages, but what else are they doing with the app?
 
Facebook Messenger アプリ・ユーザーの、最も一般的なアクションが、メッセージの送受信であっても何の不思議もないが、その他のケースでは、どのように使われているのだろうか?
 
According to GlobalWebIndex, the most popular actions by Messenger users are:
 
GlobalWebIndexによると、以下のような頻度で、Messenger アプリは使われることになる:
 
  1. Sent a message, 90 %
  2. Sent a photo, 48 %
  3. Sent a sticker, 35 %
  4. Used Messenger.com on a PC or laptop, 22 %
  5. Sent a video, 21 %
  6. Made a video call, 18 %
  7. Sent a voice recording, 15 %
  8. Received a message from a brand or company, 15 %
 
GWI Infographic Messenger ActionsClick to Large >>>
 
GWI said in an email to SocialTimes:
 
GWI から SocialTimes へのメールには、以下が記されていた:
 
While receiving a message from a brand or company features at the bottom of our list (15 percent), it underlines the future direction of Messenger.
 
このリストの Brand および Company からのメッセージ受信は、8番手の 15% に過ぎないが、Mssenger における未来の方向性を明確に示している。
 
Having recently integrated Uber into its app, the service is following in the footsteps of WeChat in moving beyond a simple peer-to-peer messaging app to become a service-facilitating platform.
 
最近になって、このアプリに Uber が統合されたが、それは WeChat を追いかけた結果だと捉えられる。つまり、シンプルな P2P メッセージング・アプリから、特定のサービスを促進するプラットフォームへと、その機能が移行したことになるのだ。
 
It’s easy to see how, in the future, everyday activities such as shopping online, ordering food, making restaurant reservations and ordering taxis could all be done without leaving Facebook’s chat app.
 
そこから容易に推測できるのは、将来的におけるアクティビティが、つまり、
オンライン・ショッピング/食品の注文/レストランの予約/タクシーの予約といった日常の行動が、Facebook のチャット・アプリから離れることなく、すべて完了するという状況である。
 
Readers: What do you use Messenger for, besides the obvious?
 
Readers: 明確にされた用途に加えて、あなたは Messenger を、どのように使うのだろうか?
 
ーーーーー
facebook昨日にポストした、「WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る」という記事と、言わんとしていることが一致していますね。 つまり、企業ユーザーによる負担との引き換えで、エンド・ユーザー同士の会話は無償になるというロジックです。事例としてあげられている、Messenger と Uber のインタラクションですが、なかなかスムーズな流れになっているようです。 そして、こうしたトランザクションが発生するごとに、Uner から Facebook へと、何らかの対価が支払われるのでしょう。なお、文中でも指摘されている WeChat は、メッセンジャー・ペイメントのパイオニアと言っても過言ではない、という実績を積み上げているようです。この領域は、2016年の大きな目玉となりそうですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Photo Magic  : 撮りたて写真を Messenger で 速攻シェアだ!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Social, Strategy, WhatsApp by agilecat.cloud on January 21, 2016
The CEO of WhatsApp explained why it killed its subscription fee
Max Slater-Robins – Jan. 18, 2016
http://www.businessinsider.com/whatsapp-ceo-jan-koum-on-the-future-2016-1
 
_ Business Insider
 
WhatsApp CEO Jan Koum has explained in an interview with Wired why the company killed its $0.99-a-year subscription option.
 
WhatsApp の CEO である Jan Koum は、同社における $0.99 の年間サブスクリプションを廃止すること、および、その理由について、Wired とのインタビューで説明している
 
“We’ve done really well in the consumer space,” he said. “But there is whole other aspect of communication as you go through your day: You want to communicate with businesses.”
 
彼は、「私たちは、コンシューマの空間で、ほんとうに良くやってきた。しかし、あなた自身の一日を考えてもらうと、コニュニケーションに他の側面があると、理解できるだろう。 それが、企業とのコミュニケーションだ」と説明している。
 
WhatsApp LogoFlickr
Tecnomovida Caracas
 
By removing the subscription, WhatsApp is accessible to a massive number of new users, especially in emerging markets, such as India and Brazil.
 
この、サブスクリプションの廃止により、WhatsApp は途上国マーケットにおいて、とりわけ India や Burazil において、膨大な新規ユーザーにアクセスできるようになる。
 
“For people in India or Brazil, it’s very hard for them to pay,” said Koum. “They don’t necessary have credit cards or the infrastructure to make payments.”
 
彼は、「India や Brazil の人々にとって、支払いの手続きが、きわめて困難なのだ。つまり、それらの国々では、クレジット・カードや、そのためにインフラが普及していないのだ」と述べている。
 
Businesses will want to reach the maximum amount of people which is why Facebook, with its 1.2 billion monthly users, makes so much money from advertising.
 
しかし、それらの数多くの人々に、さまざまな企業がアクセスしていくことになる。たとえば、Facebook が、1.2 billion の MAU (monthly active users) を抱えているのも、広告から膨大な収益をあげられるからという、理由に裏付けられている。
 
Koum rejected the traditional advertising model in a company blog post, but the kind of reach WhatsApp has is valuable to businesses.
 
Koum は、同社のブログ・ポストで、従来からの広告モデルを拒否しているが、WhatsApp からリーチできるものは、企業にとって、きわめて貴重なものである。
 
WhatsApp has not been specific on what kind of interaction users can have with brands, but Koum did give an example of a restaurant. “Maybe [the restaurant replies] with three different options,” he said. “I just tap on a button and the reservation is made.”
 
想定される企業とのインタラクション方式について、WhatsApp は何も特定してはいないが、レストランを考えた場合の例を、Koum は教えてくれた。彼は、「レストランからの返信には、おそらく3種類のオプションがある。それに対してユーザーは、ボタンをタップするだけで、予約を完了できるはずだ」と述べている。
 
WhatsApp never publicly stated how many people paid for its service, but leaked documents revealed it made around $15 million (£10 million) in revenue in the first half of 2014, suggesting it was not many. During that period, the company lost around $250 million (£175 million).
 
WhatsApp のサービスに支払われてきた対価について、同社は公表していないが、リークされた文書が示唆するのは、2014年の上半期で $15 million (£10 million)  という売上額であり、それほどの金額でもないのだ。その一方で、同じ期間において、$250 million (£175 million) の経費が生じているようだ。
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg urged analysts and investors to be patient as WhatsApp figured out how to make money, just as Facebook worked it out in 2006 and 2007.
 
Facebook の CEO の Mark Zuckerberg は、WhatsApp が新たな収益方法を考え出したと言い、アナリストや投資家に対して、弱気にならないようにと促している。それは、Facebook が 2006年〜2007年で苦労したことと、同じなのである。
 
ーーーーー
whatsappちょっと、驚いたのですが、こうして理由を聞いてみると、ナルホドなぁという感じです。Facebook が WhatsApp を買収してから、ちょうど二年になりますが、その時から、こういうシナリオが想定されていたのかもしれませんね。 その頃の WhatsApp ユーザー数は 4.5億人ほどでしたが、すでに二倍のレベルに近づいているはずです。そして、低価格のサブスクリプション費で、とにかくユーザー数を増やすという戦略で、ここまで走り続けてきたわけですが、途上国マーケットのユーザーが $0.99 を払えないというより、カード決済のためのインフラが欠落しているという現実に突き当たったわけです。でも、まぁ、ユーザー数を増やすという、第一義の目的に対して、ここまで専念しながら進んでこれたのは明らかであり、Facebook との提携も、間違っていなかったと思えます。 気になるのは、Facebook と広告のインフラを共有するようになると、Instagram の時と同様に、AWS から Facebook への引っ越しが生じるのかどうかという点です。9億人の引越しを、見てみたいものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!
FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!
快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
ーーーーー
<わっつ WhatsApp>
① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する
 

Comments Off on WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る

Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Research, Strategy by agilecat.cloud on January 15, 2016
Only 3% of Facebook’s News Feed is ads
Lara O’Reilly – Oct. 20, 2015
http://www.businessinsider.com/socialbakers-finds-3-of-facebook-news-feed-is-promoted-2015-10
 
_ Business Insider
 
Just 3% of the Facebook News Feed is made up of ads, according to a study from social media marketing management company Socialbakers.
 
ソーシャル・メディア・マーケティング会社である、Socialbakers の調査によると、Facebook の News Feed に占める広告の割合は、わずか 3% に過ぎないという。
 
Sheryl SandbergFlickr
World Economic Forum
Facebook COO
Sheryl Sandberg
 
That may seem surprising to some users who might assume their News Feeds are stuffed with promotional posts, and the fact that Facebook generated $11.5 billion in advertising revenue last year, but the study found that very few of the posts they see in the feed when they are browsing on their desktops have been paid for. But the scale of Facebook means it doesn’t necessarily have to increase its ad load within the News Feed any higher (as it is often asked about by analysts) in order to keep ad revenue rolling in.
 
自分の News Feeds に、たくさんのプロモーション・ポストが詰め込まれていると思うユーザーにとって、それは驚くべきものとなるだろう。さらに言えば、2014年の Facebook が、その広告から $11 billion もの収益を上げているという事実も、驚きである。しかし、今回の調査において、ユーザーがデスクトップでプラウジングする際に、目にすることになる有償ポストが、きわめて少数であることが分かった。しかも、Facebook のスケールを考えるなら、News Feed 内での広告負荷を高めることで (アナリストたちが常に質問でする)、広告収入を維持する必要がないことも明らかなのである。
 
The research didn’t account for mobile ads (the majority of visits to Facebook are on mobile,) or Facebook’s “right-hand rail” ads, however.
 
ただし、今回の調査には、モバイル広告および、右ペインの広告は含まれない。(Facebook ユーザーの大半は、モバイルとなっている)
 
Socialbakers also found that 24% to 29% of the typical News Feed is made up of content from Pages — owned by companies, celebrities, public figures, and organizations. The fewer Pages a user likes, the higher share of sponsored Page posts they will see. Some 10% of Page posts are sponsored overall (but 97% of the content users actually see in their News Feeds is organic, not sponsored.)
 
Socialbakers は、一般的な News Feed における 24%〜29% が、企業/有名人/公共/組織などが所有する Page で構成されていることも見つけ出した。ただし、ユーザーが Like を付けた Page は、スポンサードされた Page の中でも、高い比率で参照されることになる。全体的に見て Page の10% 前後がスポンサードされている(しかし、それぞれのユーザーが News Feed の中で見る 97% のコンテントは、スポンサードではなくオーガニックとなる)。
 
Facebook AD_1Click to Large >>>
Socialbakers
 
Back in 2013, Socialbakers found that Pages owned by brands were receiving more interactions (likes, shares, and comments,) but now content from media and publishers’ Pages receive around three times more interactions compared with brand Pages.
 
2013年に実施された Socialbakers の調査では、相対的に見て BRAND 所有の Page が、数多くのインタラクション(Like/Share/Cimment)を得ていたことが分かる。しかし、いまでは、MEDIA Page のコンテントが BRAND Page に対して、3倍以上のインタラクションを得ている。
 
Facebook AD_2Click to Large >>>
Socialbakers
 
Socialbakers also looked at the order of posts in the News Feed, and uncovered some interesting insights as to how Facebook’s ranking algorithm works. The company found that if the second post on your News Feed is a Page post, there’s a 46% chance it was promoted. Later on in the feed, around one in every five posts is from a Page. And video posts from Pages seem to be equally spread, no matter how far a user scrolls down through the feed.
 
さらに Socialbakers は、News Feed 内のポストの順序について、どのように Facebook のランキング・アルゴリズムが機能するかという観点で、興味深い洞察を提供している。あなたの News Feed の、先頭から二番目のポストが、Page からのものであるなら、プロモート・ポストの可能性が 46% であるという。また、その後に続く News Feed 内では、Page からのコンテントが 1/5 前後となる。そして、Page からのビデオ・ポストも、同様に拡散されていく。News Feed をスクールさせていっても、その表示比率は変わらない。
 
Socialbakers’ study was based on activity from 900 users on more than 23,000 Facebook sessions.
 
Socialbakers の調査は、900人の Facebook ユーザーの、23,000 回以上のセッション・アクティビティをベースにしている。
 
SEE ALSO: How Facebook is stealing vast chunks of YouTube’s business
 
ーーーーー
Facebook-GoogleAdほんとうは、Facebook Mobile での有償ポスト率が知りたいところですが、それは、今後の Socialbakers 調査に期待することにしましょう。 それにしても、なんと、まぁ、羨ましい状況なんでしょう、Facebook は! 誰もが知っているように、いまの Facebook の収益の大半が、広告から生じていることを考えると、この有償ポスト率を1%だけ引き上げることで、膨大な売上が上乗せされるわけです。そして、3% が4%に変化しても、それに気づく人は、ほとんど居ないはずです。 ここが、Google にも共通する、広告(そしてメディア)のデジタライゼーションを成功させた企業の強みなのでしょう。
 
それと、最初のチャートに注目して欲しいのですが、Facebook に対する Media の依存率が、凄まじい勢いで増大しています。つまり、メディアが OTT の世界へ、すでに移行したことが証明され、そこにデジタル・ネイティブ世代の台頭が追い打ちをかけているわけです。 もし、仮に、Uber や Airbnb が、そのまま日本のマーケットに参入してきたら、大変な騒動になるはずですが、広告とメディアに関しては、それが現実のものとなっているのです。だからといって、ジャーナリズムが死ぬことは有りませんし、むしろ、政治からの影響を排除した、健全なものになっていくのだろうと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく
Facebook のモバイル収益は $3.35 billion だ:2015年 Q3 までの成長を1枚のチャートで!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この提携を、どのように理解する?
Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
 

Comments Off on Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!

AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?

Posted in AI ML, Facebook, On Monday by agilecat.cloud on January 11, 2016
Artificial Intelligence: Facebook Building Algorithms to Surpass the Capabilities of all Human Senses
Dick Weisinger – January 7th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-facebook-building-algorithms-to-surpass-the-capabilities-of-all-human-senses/
_ formtek
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, has identified three main areas that Facebook is focusing its R&D effort on:
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerberg だが、同社の R&D が取り組むべき領域として、以下の3つにフォーカスしていく考えのようだ:
 
  • Advanced artificial intelligence — to better determine what Facebook users want to see
  • Virtual reality — the next technology users will want to use for interaction
  • Universal connection — a goal of connecting all humans on the planet to the internet
 
  • 先進的な AI ー Facebook ユーザーの好みを、適切に判別するテクノロジー
  • 仮想現実:VR ー 次世代インタラクションで、有用となるテクノロジー
  • 普遍的接続 ー 世界中の人々が、すべからくインターネットに接続するという目標
 
Chagall_9Zuckerberg said that “We’re working on AI because we think more intelligent services will be much more useful for you to use. For example, if we had computers that could understand the meaning of the posts in News Feed and show you more things you’re interested in, that would be pretty amazing.
 
Zuckerberg は、「私たちが AI に取り組むのは、よりインテリジェントなサービスがあるなら、ユーザーが使用するものが、はるかに有用になると考えるからだ。たとえば、Facebook のコンピュータが、News Feed のポストの意味を理解し、対象となるユーザーの興味に合わせたものを示すならば、とても驚嘆すべきものになるだろう」と述べている
 
Similarly, if we could build computers that could understand what’s in an image and could tell a blind person who otherwise couldn’t see that image, that would be pretty amazing as well. This is all within our reach and I hope we can deliver it in the next 10 years…”
 
そして、彼は、「同様に、私たちのコンピュータが、画像としてのイメージを理解し、盲目の人に言葉で伝えられるなら、それも、また、驚くべきことである。それら、すべては、私たちの手の届くところにあり、これからの 10年間で実現したいと考えている」と続けている。
 
In an interview with FastCompany, he added that “one of our goals for the next five to 10 years is to basically get better than human level at all of the primary human senses: vision, hearing, language, general cognition.  Taste and smell, we’re not that worried about … For now.”
 
また、彼は FastCompany のインタビューおいて、「私たちの最初のゴールは、いまから 5年〜10年で達成できるだろう。基本的な感覚としての視覚/聴覚/言語/認知において、すべてが、人間のレベルを上回ることになる。いまの時点で、味覚と嗅覚については、何も考えていない」と発言している
 
Zuckerberg said that “we’re working on VR [virtual reality] because I think it’s the next major computing and communication platform after phones.  One day, I believe we’ll be able to send full rich thoughts to each other directly using technology. You’ll just be able to think of something and your friends will immediately be able to experience it too if you’d like. This would be the ultimate communication technology.”
 
Zuckerberg は、「Facebook が VR (virtual reality) に取り組んでいるのは、ポスト・スマフォのプラットフォームを構成する、主要なコンピューティングとコミュニケーションの能力が、そこにあると、私が信じているからだ。いつの日にか、私たちの思考と情熱は、こうしたリッチ・テクノロジーを用いて、ダイレクトに交換できるようになると、私は確信している。あなたの持てるイメージを、それにより膨らますことが可能となり、また、あなたの友人も、そのエクスペリエンスを瞬時に共有できるようになる。それこそが、究極のコミュニケーション・テクノロジーだろう」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayすべてにおいて、とても現実味のある、Facebook の AI という感じがします。Facebook は、人々が相互に個体認識することで成立する現実の社会を、ソーシャル・メディアとして抽象化したものであり、そこに参加する人々は、興味/発想/思想/志向/嗜好(数えると切りが無い)などを、自身を意識しながら(ときには無意識の中で)、大量に振り撒いているはずなのです。おそらく、Mark Zuckerberg は、それらを収集/分析して究極のパーソナライズを、と言っているのでしょう。
 
2015年10月に Gartner が発表した、Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 というコンテントが、とても興味深い考察を提供しています。 その中の  Advanced Machine Learning という項目が、「最先端の機械学習の世界では、DNN (deep neural nets) が注目を浴びている。それにより、従来からのコンピューティングと情報管理を超えたところで、現実の世界を知覚するための、自律的な学習を実現するシステムが構築されていく。データソースの爆発と、情報の複雑さにより、手作業による分類と分析は、実現不可能/非経済的になっていく」と論じているのです。
 
今日の、Dick Weisinger さんのポストを訳していて、Gartner の言う、この DNN のことを思い出してしまいました。2016年1月という、いまの時点においても、Facebook は自分のことを上手く調べ上げていると、感じることが多々あります。 それは、Facebook の中に構築されている仮想的な自分に対して、このソーシャルは働きかけていると、言い換えられるものかもしれません。 本文の、最初の方の一段落を考えるだけで、ずいぶんと長い後書きになってしまいましたが、ここから AVATAR が始まりそうな予感すらしてしまう、最近の Facebook です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
 

Comments Off on AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?

2015 Facebook: 人々の日常を包み込む、このソーシャル・ジャイアントの一年を振り返る

Posted in .Chronicle, Facebook by agilecat.cloud on December 29, 2015
15億人の人々を巻き込んだ、壮大な実験と評価すべきなのか・・・?
December 29, 2015
 
AC 2015
 
facebookGoogle が人間とマシンの関係を追い求める企業なら、Facebook は人間と人間の関係を探求する企業なのでしょう。 その両者が、Graph や AI や 機械学習といった、最先端のテクノロジーに目を向け、それぞれの目標へ向かって邁進しているのが、とても興味深いです。 また、途上国マーケットに対しても、Android と Facebook Lite は Win Win の関係で突き進んでいますし、Loon や Drone でワイヤレスを空から供給するという発想も、かなり近いところを攻めていて、とても面白く感じます。その Facebook の 2015年ですが、いろいろなことが有りすぎて、なにを書こうかと迷ってしまいます :)
 
facebook_dau_2015_11Daily Average Users: ソーシャル・メディアなどのユーザー数を示すために、一般に用いられるのは MAU(Monthly Active Users)であり、Facebook の Q3 決算では 15億を超えたと発表されていました。こちらの方も、すばらしい数字なのですが、その一方では、10億人以上の人々が日々、このサイトを訪れるようになったという発表もありました。Agile Cat の場合も、Facebook ページに WordPress のリンクを貼ることが日課になっていますし、個人的にも Facebook グループを使いますので、一日に何度も Facebook を訪れます。 そんな人が、10億人もいることに、ただただ、驚くばかりです。
 
Policy Making : 今年の Facebook では、イイネ以外の感情表現を加えるというトピックが、とても話題になりました。 また、パリでテロが発生したとき、人々の安否を確認するための Safety Check 機能が動かされましたが、ベイルートのテロには適用されないのかという問い合わせが、数多く寄せられたようです。それ以外にも、たとえばセキュリティ/プライバシー設定についても、さまざまな変更が施されているようですが、その都度、ユーザーとインタラクトしながら、最善の方式を採用していくという方針が取られているようです。そして、感心するのが、10億人もの人々が使い続けるサイトを止めること無く、一連の設定を変更していける、Facebook の設計なのです。 そこに、Open Graph を採用している理由があるのだろうと、思うようになってきました。
 
Facebook at Work : ついに、Facebook がエンタープライズ市場に乗り込みます。一言でいうと、エンタープライズ・ユーザーのために、私たちが利用している Facebook と、まったく同じシステムを提供するという話であり、Royal Bank of Scotland がテストを開始したと報道されていました。つまり、企業内や組織内での情報共有とコミュニケーションを、円滑にしていくためのプライベート・クラウドであり、これまでに蓄積されている、それぞれの人々のユーザー・エクスペリエンスを、そのままエンタープライズで利用できるところが、セールス・ポイントになっているのでしょう。 2016年のエンタープライズ市場に、どのような影響をもたらすのか、興味シンシンです。
ーーーーー
 
Q1
 
Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さ!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook Lite というモバイル・アプリ:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
WhatsApp と サッカー狂たち:その面白い関係を1枚のチャートで!
Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
 
Q2
 
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータをチャートで!
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしている?
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
 
Q3
 
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
Facebook 2015-Q2 決算:欧米だけに依存しない、グローバル戦略が実を結んできた!
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか?
Facebook に イイネ 以外の ボタンが! ただし、悲しみや追悼を伝えるものとなる!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
アメリカの Facebook ユーザーは、このソーシャルで 27時間/月 を消費する!
各種ソーシャル・メディアが、モバイル・アプリ開発と、ネイティブ・アド供給へ走りだす!
 
Q4
 
Instagram の MAU が、ついに Twitter を追い越した! それを示す1枚のチャート
Facebook での感情表現:[イイネ]のほかに、[6つの絵文字ボタン]が提供される!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まった
Facebook で Zuck をフォローすると、本当に ブロックできなくなるの?
Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!
Facebook の Photo Magic で 撮りたて写真を Messenger で 速攻シェアだ!
パリと、ベイルートと、Facebook の Safety Check 機能:Mark Zuckerberg の説明
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この提携を、どのように理解する?
Facebook の セキュリティ 5−STEP には、なんと! 遺書コンタクトまで含まれている!
Facebook の Work Chat は、企業向けの専用メッセージング・サービスだ!
Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!
Facebook のデータセンターが、台湾に構築されるという ウワサが出てきた!
iPhone は NG で、Android は OK: そんな指示が、FB 開発チーム内を 飛び交っている?
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
Facebook のモバイル収益は $3.35 billion だ:2015年 Q3 までの成長を1枚のチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
 
ーーーーー
AC_tempこうして見ると、今年も話題がテンコ盛りの Facebook でしたが、個人的に気に入っているコンテントは、6月にポストした「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という抄訳です。最初から計算尽くで、人々の心理に合わせたデサインが実装されたとは思えませんが、Policy Making のところで説明したように、ユーザーの要望を聞きながら、柔軟に対応しているうちに、ここにたどり着いたのだと推測しています。 もう一つ、面白かったのは、「Facebook で Zuck をフォローすると、本当に ブロックできなくなるの?」という抄訳です。ある種のセキュリティの話なのですが、このサイトに備わった免疫力と表現すべきと思うほどの、面白い発想です。 このような工夫が、いろいろと在るのだろうと推測してしまいます。 来年も、Facebook には、楽しませて欲しいですね! _AC Stamp
 

Comments Off on 2015 Facebook: 人々の日常を包み込む、このソーシャル・ジャイアントの一年を振り返る

%d bloggers like this: