Agile Cat — in the cloud

Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on January 30, 2015
One in five people now on Facebook: 1.39b monthly users
http://wp.me/pwo1E-8fH
Published: January 29, 2015
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/one-in-five-people-now-on-facebook-1.39b-monthly-users
 
_ Malay Mail Online
 
LOS ANGELES, Jan 29 — Facebook, as well as announcing rising profits in its latest earnings call, revealed that it’s still attracting new users and that membership has jumped another 13 per cent year on year to a remarkable 1.39 billion monthly users.
 
Facebook の収支報告だが、その増益に加えて、新規ユーザー数の伸びについても明らかにしている。その MAU(Monthly Active Users)は 13.9億人に届き、前年比で 13% の成長を達成している。
 
According to the calculations of the United Nations and the United States Census Bureau, there are seven billion people on the planet. That means that 20 per cent of the people on Earth are active Facebook users.
 
United Nations および United States Census Bureau の計算によると、この地球上には 70億の人々が生活している。つまり、それらの人々の 20% が、Facebook の MAU であることを意味している。
 
FacebookHalf of the world’s population has Internet access and almost half of that number also have a Facebook page.
 
However, not everyone in the world has Internet access. The most recent data puts the number of people around the globe with a web connection at just over three billion, meaning that in reality, if a person has web access, there’s also a 50/50 chance that they also have a Facebook page.
 
しかし、この世界では、誰もがインターネットにアクセスできるわけではない。最新のデータによると、世界の人々の中で Web にアクセスできるのは、実際のところ 30億人に過ぎないという。したがって、Web を使用する人々が、自身の Facebook ページを持っている可能性は、50% に近いと推測できる。
 
But as well as highlighting that the social network is almost as popular as the Internet itself, Facebook’s latest figures also offer insight into how consumer behaviour is changing thanks to the continued proliferation of mobile devices.
 
この数字を見れば、このソーシャル・ネットワークが、インターネット自身と同じくらいの、人気を博していることが強調される。 ただし、Facebook の収支内容からは、モバイル・デバイスが継続的に増殖しているという、消費者行動の変化についても、興味深い洞察が提供される。
 
Of its 1.39 billion active monthly users, 1.19 billion are accessing the network via an app. And when it comes to active daily users, 745 million of the 890 million total are daily mobile users.
 
その、1.39 億人という MAU だが、その中の 1.19 億人が、アプリを介してネットワークにアクセスしている。 そして、DAU(Daily Active Uses)になると、8.9 億人中の 7.45 億人が、モバイル・ユーザーとなるのだ。
 
As for consumers who have rejected the desktop altogether, Facebook says that it has 526 million active monthly users who are mobile only — i.e., they never log in via the desktop — and that this figure has jumped from 456 million in the previous quarter.
 
デスクトップ環境を完全に手放してしまったユーザーは、つまりモバイルのみの MAU は、5.26 億人に至ると Facebook は述べている。 つまり、デスクトップを介してログインしなくなった MAU は、2014年 Q3 の 4.56 億人から、大きくジャンプアップしていることになる。
 
In fact, over the past 15 months (five business quarters) Facebook has seen the number of mobile-only users jump by roughly 50 million each quarter. Back in the fourth quarter of 2013, only 296 million users were mobile only. — AFP-Relaxnews
 
実際のところ、これまでの 15ヶ月(5つの四半期)において、Facebook のモバイル・オンリー・ユーザーは、それぞれの四半期ごとに 5000 万人ずつ増えてきている。つまり、2013年 Q4 の時点では、モバイル・オンリー・ユーザーの数は、わずか 2.96 億人に過ぎなかったのだ。 – AFP-Relaxnews
 
ーーーーー
facebookこの Facebook に限らず、それぞれの IT 大手から、2014年 Q4 の収支レポートが提供されています。 Apple は増収増益の記録を塗り替え、Google や Facebook は順調に成長という感じのようです。 ほんとうは、もう少し詳しく説明している記事を訳したかったのですが、いつもヒマヒマな Agile Cat も、さすがに月末は忙しく、ネコの手も借りたいという状況なのです。 そのため、この MAU の推移だけを説明するポストを選んでしまいましたが、また来週にでも、チャート入りの収支レポートなどをポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さ!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ
 

Facebook Lite というモバイル・アプリがデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 27, 2015
Facebook Has A New App For Emerging Markets Called ‘Facebook Lite’
http://wp.me/pwo1E-8f4
Steven Tweedie – Jan. 26, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-lite-aimed-at-low-end-android-users-in-emerging-markets-2015-1
 
_ Business Insider
 
Facebook has launched a new simplified version of its mobile app called Facebook Lite, and it’s targeted toward Android users in developing countries.
 
Facebook だが、途上国の Android ユーザーを対象とした Facebook Lite という、簡易版モバイル・アプリを発表した。
 
Designed for older and low-end models of Android phones, Facebook Lite maintains the core functionality of Facebook while only taking up 252 KB of space. The app is also designed to run on the slower 2G internet connections, which will help people in developing countries with aging internet infrastructures still connect to Facebook.
 
古くて性能の低い Android フォン用にデザインされた Facebook Lite は、必要とされるメモリ空間を 252KB だけに抑えながらも、Facebook における主要な機能に対応している。 さらに、このアプリは、旧来のインターネット・インフラである ”2G” を介して Facebook に接続せざるを得ない、発展途上国の人々をサポートするためにデザインされている。
 
facebook lite
Google Play
 
To minimize the digital footprint required for the app, Facebook has included its messaging service inside Facebook Lite, a feature that exists only as the standalone Messenger app for US smartphone users. Facebook has also allowed push notifications and camera integration, two features that will help the pared-down app feel more like the full experience.
 
このアプリが要求するメモリ空間を最小限に抑えるために、Facebook Lite はメッセージング·サービスを内部に取り込んでいる。 この機能は、西欧向けバージョンでは、独立したものとなっているが、その点が Lite では大きく異る。 また、Facebook は、このアプリのプッシュ・ノーティフィケーションとカメラの統合を実現することで、フル機能バージョンとの使用感の違いを、最小限に押しとどめている。
 
Facebook Lite is a smart move to make Facebook’s services easily accessible in developing markets like Africa and Southeast Asia, which have increasingly using Facebook.
 
Facebook Lite は、Africa や Southeast Asia などの途上国マーケットで、Facebook サービスに対するアクセスを容易にするという、なかなか優れた戦略である。したがって、Facebook の利用を促進するものになるだろう。
 
Facebook Lite is currently a limited rollout: It’s only available in Nepal, Nigeria, Bangladesh, South Africa, Sudan, Sri Lanka, Vietnam and Zimbabwe. The app’s already seen decent adoption numbers with over 10,000 downloads and an average 4.6 rating on Google Play, according to TechCrunch.
 
Facebook Lite は、現時点おいて、限られた国々でのみ提供されている。 具体的には、Nepal/Nigeria/Bangladesh/South Africa/Sudan/Sri Lanka/Vietnam/Zimbabwe であり、TechCrunch によると、すでに 1万人以上が Google Play からダウンロードし、その評価も 4.6 という平均値を得ているという。
 
If you’re in one of the countries where Facebook Lite is live, you can download it right here.
ーーーーー
facebookこのところ、Facebook における途上国マーケットへの取り組みを追いかけてきましたが、この Facebook Lite が、とりあえずの結論ということなのでしょうね。 もちろん、ビジネスの一環として構築されるアプリであり、ボランティアとか言うものでは有りませんが、物事を中期的・長期的に捉えて、それを実践していく姿勢に拍手を送りたいと思います。 それと、提供国のリストにインドがいませんが、Facebook Lite が不要なほど、インフラの整備が進んできているのでしょうか? デバイスに関しても、Micromax が素晴らしいプロダクトを提供し始めていますので、その他の途上国とは、ちょっと事情が異なるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!

Posted in Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 23, 2015
Why Facebook Forces A Bunch Of Its Engineers To Use Terrible, Low-End Phones
http://wp.me/pwo1E-8e2 
Jillian D’Onfro – Dec. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-low-end-phones-bad-network-conditions-2014-12
 
_ Business Insider
 
You might not expect to find many flip phones in the high-tech and free-food laden Facebook offices, but your expectations would be wrong.
 
ハイテクとフリー・ランチが自慢の Facebook オフィスで、数多くのフリップ・フォン(折りたたみ)を見かけるなんて想像もしないだろうが、それは間違った思い込みだ。
 
Facebook is creating a special lab filled with low-end Android smartphones,”crappy old flip phones,” and weak networking to help the company study the computing conditions in parts of the world like rural India that either have limited internet or none at all.
 
Facebook が立ち上げた特別なラボは、ローエンドの Android スマホと、安くて古いフリップ・フォン、そして、脆弱なネットワーキングで構成されているのだ。それにより、たとえばインドの農村のような、インターネットが供給されるにしても、きわめて制約が多いという世界における、コンピューティングの条件を調査することが可能になる。
 
Facebook with old Android
Not actually
Facebook employees
 
Developers have to try to use Facebook’s apps on super-old versions of Android so they can understand what it’s like for people in areas without good network connection.
 
ここでの開発者たちは、きわめて古いバージョンの Android で、Facebook アプリを使用しなければならない。したがって、条件の整ったネットワークに接続できない地域の人々のために、何をすれば良いのかを理解できるようになる。
 
“It’s easy to not have empathy for what the experience is for the majority of people in the world,” Facebook CEO Mark Zuckerberg told Time’s Lev Grossman of Facebook’s employees.
 
「 この世界の大多数の人々のために、どのようなエクスペリエンスを持つべきかと言っても、それに対して容易には共感してもらえない」と、Facebook の CEO である Mark Zuckerberg が、一人の従業員である Lev Grossman に語った。
 
So, the team manufactures empathy.
 
そして、このチームは、その共感を作り出すことになった。
 
“I force a lot of the guys to use low-end phones now,” Javier Olivan, Facebook’s head of growth, says. “You need to feel the pain.”
 
Facebook の Head of Growth である Javier Olivan は、「 私の役割は、より多くの従業員にローエンド・スマホを持たせることだ。 そうすれば、痛みを共有できる」と発言している。
 
And Facebook employees aren’t the only ones getting the terrible-phone treatment.
 
そして、いまでは、そんな旧式フォンの面倒を見るのが、Facebook の従業員だけではなくなってきている。
 
“We brought in some phones, like very low-end Android, and we invited guys from the Valley here—the eBay guys, the Apple guys,” Olivan says. “It’s like, ‘Hey, come and test your applications in these conditions! Nothing worked.”
 
Olivan は、「 私たちは、このラボに、きわめてローエンドの Android などの、いくつかのフォンを持ち込んでいる。 そして、eBay や Apple の、つまりシリコンバレーの仲間たちを招待している。ここに来れば、そこらじゃ有り得ない、特殊な条件でアプリをテストできるという感じで誘っている 」と述べている。
 
That pain is of one of the things motivating Zuckerberg’s work on Internet.org, an initiative which aims to bring internet access to everyone in the world. Facebook recently released apps in Zambia and Tanzania with content like Wikipedia, Google Search, and AccuWeather that local people can get and use for free.
 
ここで言う痛みとは、Zuckerberg が Internet.org を立ち上げた、動機の1つでもあるのだ。 この組織は、世界のすべての人にインターネット・アクセスを提供することを目標としている。 最近のことだが、Facebook は Zambia と Tanzania の人々に、Wikipedia/Google Search/AccuWeather などを使用できるアプリをリリースしている。 そして、それらの地域の人々は、それらを無償で利用できるのだ。
 
Read the rest of Time’s profile of Zuckerberg and Internet.org here.
ーーーーー
facebookタイトルには「アジア」キーワードを使ってしまいましたが、それ以外にも、南米やアフリカのマーケットもあります。 低品質のネットワーク環境で、Facebook を使う貧しい人々のことを考えると、Menlo Park のキャンパスで、こうした取り組みが進められていることが、とても嬉しく思えてきます。 そして、以前にポストした「Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!」や、「Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!」といった抄訳を読み返すと、心から拍手を送りたくなってしまうのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
2012年:ネイティブの Facebook App for Android が、最終テストの段階らしい!
2012年:Droid フードって Cat フードよりも 不味いの? Facebook さん・・・
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!

Posted in WhatsApp by agilecat.cloud on January 22, 2015

WhatsApp’s Insane Growth Continues: 100 Million New Users in 4 Months
http://wp.me/pwo1E-8dI

Eugene Kim – Jan. 6, 2015
http://www.businessinsider.com/whatsapp-passes-700-million-2015-1 

_ Business Insider

WhatsApp cofounder and CEO Jan Koum said on Monday that the messaging app has topped 700 million monthly active users.

WhatsApp だが、この月曜日 (1/5) に、Co-Founder and CEO である Jan Koum が、そのメッセージング・アプリの MAU (Monthly Active Users) が 7億を突破したと発言している。

In a Facebook post, Koum wrote, “Today, we’re thrilled to share that WhatsApp has more than 700 million monthly active users. Additionally, every day our users now send over 30 billion messages.”

Facebook へのポストにおいて Koum は、「今日、WhatsApp の MAU が 7億を超えたことを、私たちは、とても嬉しく思っている。 それを、シェアしたい。それに加えて、私たちのユーザーは、一日あたり、300 億以上のメッセージを交換しているのだ」と述べている。

WhatsApp Chart

BI Intelligence

As crazy as it sounds, WhatsApp’s massive growth is on pace with what it saw over the past year. Just a little over four months ago, in late August, WhatsApp announced that it surpassed 600 million monthly active users.

まさに、クレイジーだ。 これまでの 12ヶ月間において、私たちは、WhatsApp の凄まじい成長を見てきた。 わずか、4ヶ月ほど前の、8月下旬の時点で、WhatsApp は MAU が 6億を突破したと発表したばかりなのである。

ーーーーー

_whatsapp2年前は 1.5億くらいで、1年前は 4.5億くらいですから、それはもう、タイヘンな勢いです。 Facebook は、Western を FB Message で、Eastern を WhatsApp でと考えている、という話も聞いたことがあります。 以前に、「Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!」という抄訳をポストしましたが、いまでは何億になっているのでしょうか? _AC Stamp

ーーーーー

<関連>

WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、FB よりも早く到達する?
WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分ける?
WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 B も奪い取られる
WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリが破壊
2014 Agile Cat:ソーシャル関連の マトメ

メッセージング・アプリの人気と経済:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Research, Social by Agile Cat on January 16, 2015

Here’s Why Messaging Apps Are Such A Big Deal
http://wp.me/pwo1E-8cp
Dave Smith – Dec. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/heres-why-messaging-apps-are-such-a-big-deal-2014-12

_ Business Insider

Facebook spent around $22 billion to buy WhatsApp in February. It even offered at least $3 billion to acquire Snapchat, even though CEO Evan Spiegel turned it down. So why are messaging apps such a big deal, anyway?

2014年2月に、Facebook は、約 $22 billion を費やして、WhatsApp を買収している。 さらには、Snapchat を取得すべく、$3 billion 以上を提示していたが、CEO である Evan Spiegel に断られている。何故に、それほどまでにメッセージング・アプリは、大きな存在になったのだろう?

_  space

BI Intelligence

Here’s why: Based on Experian data charted for us by BI Intelligence, the average smartphone owner spends roughly an hour (58 minutes, to be precise) on their phone each day, but more than half of that time (55%) is spent communicating in one way or another: talking (26%), texting (20%), and emailing (9%). Many messaging apps are hoping to bundle all of these services into one neat package, in hopes that people don’t have to leave their app to communicate in the way that best suits them. Money follows eyeballs, after all.

その理由が、ここにある。 このチャートは、Experian のデータをもとに、BI Intelligence が作成したものである。 それを見ると、スマホの所有者たちは平均して、1日あたり1時間(正確には 58分)を、自身のデバイスに費やしていることが分かってくる。しかし、そのうちの半分以上 (55%) は、Talking (26%)/Texting (20%)/Emailing (9%) というふうに、なんらかのコミュニケーションに費やされているのだ。 そして、大半のメッセージング・アプリは、キレイにまとまった1つのパッケージの中に、それらすべてのサービスをバンドルしようとしている。 つまり、好みのコミュニケーション手段を選ぶために、そのアプリを離れる必要は無いと、それぞれのユーザーに対して主張しているのだ。 それは、まさに、人々の注目するものに宿るという、経済の仕組みの縮図である。

ーーーーー

このチャートの 55% を構成する、それぞれの Talking/Texting/Emailing アプリが、お互いにシェアを削り取りあうために、リッチな機能を実装していくのでしょう。 そして、急成長している Texting(メッセージング)が引き金となり、さらに競争が熾烈になっていますが、パイ全体が爆発的に拡大しているので、大半のアプリが順風満帆という状況にあるのだと思います。中国のモバイル市場が、そろそろ飽和点に近づいてきたようですが、インドや東南アジアのマーケットは、依然として拡大の余地を残しています。 その意味で、このフィールドは、 まだまだイケそうな感じですね。 昨年の WhatsApp 買収劇に関するトビックを、以下に並べておきます。 よろしければ、ご参照ください。

ーーーーー

<関連>

WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、FB よりも早く到達する?
WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分ける?
WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 B も奪い取られる
WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリが破壊

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

Posted in .Chronicle, Advertising, Google, Research, Yahoo by Agile Cat on January 12, 2015

Google’s Revenue Dwarfs All The Biggest Media Companies
http://wp.me/pwo1E-8bV
Dave Smith – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/googles-revenue-dwarfs-all-the-biggest-media-companies-2014-12

_ Business Insider

As Business Insider’s founder and CEO said at Tuesday’s Ignition conference, “There is one law of media: money follows eyeballs.” To prove his point, Henry Blodget showed off this chart, which shows just how much Google dwarfs all the biggest media companies, from older companies like The New York Times to newer ones like Facebook.

Business Insider の Founder and CEO が、この火曜日(12/2)のIgnition Conference で述べたように、「注目度に応じて金が流れる」という、メディアの法則がある。その指摘を証明するために、Henry Blodget がチャートを作成した。 それが示すのは、Google と比較することで、すべての大手メディア企業が矮小化されるという現実である。つまり、New York Times のような老舗から、Facebook のような新進気鋭までが、小さな存在に見えてしまう。

_  space

BI Intelligence

Based on company filings charted by BI Intelligence, Google’s estimated $70 billion in revenue is more than twice that of Time Warner’s ($30 billion), five times that of Viacom’s ($14 billion), and 14 times more than Yahoo’s expected revenue this year. Even more impressive: Its revenue is almost half the size of all TV advertising around the globe ($174 billion).

BI Intelligence がチャートにしたのは、各社から提出されているデータである。 そして、2014年における Google の推定売上高は、約 $70 billion であり、Time Warner($30 billion)の2倍以上となる。さらに言えば、Viacom($14 billion1)の 5倍であり、また、Yahoo の14倍となる。それ以上に興味深いのは、Google の収益が、グローバルにおける全TV広告($174 billion)の、半分近い規模にまで達していることだ。

ーーーーー

本文の最後にあるように、世界中の TV 広告を合わせた売上額の半分近くまで、Google の売上が迫っているとのことです。 そうなると、そこに Facebook などを加えたディジタル広告の総額が、あと数年のうちに TV 業界を追い抜いていくという、未来図が見えてきますね。以下の関連リンクですが、その当時にメディア王と呼ばれていたマードックと、Google の戦いを取り上げている一番古い記事が(一番下)、2009年のものでした。 そこから、大よそのところで 5年が経過していますが、Google の勢力はというと、CNN などを傘下に治める Time Warner を、見下ろす存在へと拡大しています。 そして、2年前には $4B 前後の売上だった Facebook が、すでに $18B を稼ぎだすところまで駆け上ってきています。こうして振り返ると、この数年の間に引き起こされた、変化の大きさに驚いてしまいます。

ーーーーー

<関連>

新聞を読まない若者たちと、スマホに触らない老人たち
モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう
iPad はジャーナリズムの未来を破壊する – LTW の秀訳です
アメリカの 新聞/TV 幹部への意識調査:先行きの見えないジャーナリズム
有料コンテンツ:Google の言い分をちゃんと聞こう!
新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis

Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さを見せつける!

Posted in Facebook, Pinterest, Research, Social, Twitter by Agile Cat on January 10, 2015

Facebook Dwarfs Competition in Terms of Referral Traffic
http://wp.me/pwo1E-8b3
Felix Richter, October 30th, 2014
http://www.statista.com/chart/2893/social-media-referrals-in-september-2014/

_ Statista

Facebook’s significance as a traffic source for any website owner cannot be overstated. According to a new report by Shareaholic, who analysed the traffic of more than 200,000 websites around the globe between September 2013 and September 2014, the world’s largest social network now drives more than a fifth of the overall traffic – direct traffic, social referrals, organic search, paid search, etc. – to these websites.

あらゆる Web サイト・オーナーにとって、トラフィックを生み出す存在としての Facebook は、決して誇張されることのない重要性を備えている。グローバルにおける 20万以上の Web サイト・トラフィックを分析している、Shareaholic の最新レポートによると、2013年9月〜2014年9月において、この世界で最大のソーシャル・ネットワークは、それらの Web サイトへと向かうトラフィック全体(Direct Traffic/Social Referral/Organic Search/Paid Search など)の、1/5 以上を運んでいることになる。

But not only is Facebook by far the most important source of social media traffic, it is also the fastest-growing one. In September 2014, Facebook referrals accounted for 22.4% of traffic to the sampled websites. That’s an increase of more than 115% compared to September of last year, when Facebook drove 10.4% of traffic.

そして Facebook は、ソーシャル・メディア・トラフィックの生成において、突出した存在として君臨するだけではなく、最も速いスピードで成長しているのだ。2014年9月の時点で、Facebook のリフェラルは、サンプリングされた Web サイト・トラフィック全体の 22.4% を占めている。つまり、10.4% のトラフィックを運んだ昨年の 9月と比べて、115% も増加しているのだ。

Twitter’s role as a traffic source pales when compared to its larger rival Facebook. The share of traffic driven by Twitter referrals recently dropped to 0.9%, down from 1.2% in September 2013. The second largest source of social media traffic is Pinterest, which accounted for 5.5% of visits to the sampled websites in September.

巨大なライバルである Facebook と比較すると、トラフィック・ジェネレータとしての Twitter のポジションは見劣ってしまう。Twitter リフェラルによるトラフィック・シェアは、2013年9月の1.2%から、0.9% へと低下している。ソーシャル・メディア・トラフィックにおける二番手は Pinterest であり、9月の時点でサンプリングされた Web サイト参照の 5.5% を占めている。

This chart shows the percentage of traffic to a large sample of websites that comes social media websites.

このチャートは、Web サイトに関するソーシャル・メディアからの参照について、大規模なサンプリングを行なった際の、トラフィック比率を示している。

ーーーーー

Agile Cat としても、この数字には実感を覚えます。 日本には Twitter が強いという、ちょっと特殊な事情があります。 そのため、この Agile Cat というサイトを立ち上げた当初は、かなり Twitter に依存していたのですが、いまでは、すっかり Facebook が頼りとなっています。 とは言え、上記のチャートほどには差がなく、3 対 1 で Facebook が優勢という感じです。 Facebook ページが機能し始め、Share というアクションを人々が抵抗なく使うようになるにつれて、この Facebook の強さが顕著になってきたと思っています。 

ーーーーー

<関連>

ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
ソーシャルと滞在時間:この Engagement Index でも FB がダントツだ!
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威と?
2014 Agile Cat:ソーシャル関連の マトメ

%d bloggers like this: