Agile Cat — in the cloud

Google App Engine が PHP をサポートする: なぜなら 75% の Web をカバーしているから

Posted in Google, .Selected, DevOps by Agile Cat on July 4, 2013

Google App Engine finally supports PHP, the language that runs 75% of the web
http://wp.me/pwo1E-6kp
May 17, 2013 –
John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/05/17/google-app-engine-finally-supports-php-the-language-that-runs-75-of-the-web/

_ VB Dev

Two days ago, Google announced it would finally support the most popular computing language on the planet, PHP, in its platform-as-a-service offering, Google App Engine.

二日前 (5/15) のことだが、Google は自社の PaaS において、つまり Google App Engine において、地球上で最も人気のあるコンピューティング言語 PHP をサポートすると発表した。

That means that yes, at some point you’ll be able to run your little WordPress-powered blog on the biggest server farms on the planet. But it also means that major companies will be able to use Google’s famously reliable services to run their enterprise-scale “big data,” backend, and, yes, consumer web projects, all in the PHP language that that is increasingly penetrating corporations.

そう。 いくつかの点で、とても興味深いところがある。 たとえば、WordPress パワーを供給する、あなたの小さなブログを、地球上で最大のサーバーファーム上で実行できるようになる。しかし、その一方で、大手の企業群が、自身のエンタープライズ・スケールのバックエンド・ビッグデータを、Google が提供する高信頼性のサービス上で実行できることも意味する。さらに、どんどんとエンタープライズに浸透している、すべてを PHP 言語で記述されたコンシューマ Web プロジェクトも同様である。

I talked to one of the three founding fathers of PHP and current Zend CEO, Andi Gutmans, about the implications for PHP.

私は、PHP を創りだした3人のうちの1人であり、また、Zend の CEO である Andi Gutmans に、そこに含まれる 要素について話を聞いた。

It’s a busy time for the Gutmans, the open-source programming language, and Zend, the company Gutmans formed to offer commercial support and tools for PHP. Engine Yard just recently added PHP to their Platform-as-a-Service as well. And Zend is expanding quickly in the enterprise as it has recently released integrated development tools for cloud-enabled mobile applications.

いま、Gutmans は、このオープンソース・プログラミング言語と Zend のために、多忙を極めている。 そして、Gutmans は同社により、PHP に関するサポートとツールを、商用化しようとしている。つい先日だが、Engine Yard の PsaS にも PHP が追加されている。さらに言えば、クラウド対応モバイル・アプリのための、統合開発ツールをリリースしたときから、Zend の勢いがエンタープライズの領域でも急速に拡大している。

But Gutmans, though busy, is thoroughly upbeat.

たしかに Gutmans は忙しいが、とても元気である。

And for good reason: The biggest web company on the planet just added support for the most widely used programming language on the planet. And in that support is a massive implied compliment to PHP — the first non-Google programming language to be supported by Google App Engine — and a potentially major boost to Zend’s business.

それには理由がある。つまり、この地球上で最大の Web 企業が、地球上で最も広く使われているプログラミング言語をサポートし始めたのだ。その企業がサポートすることは、PHP に対する最大級の賛辞である。つまり、Google App Engine がサポートされる、Google 以外から提供されるプログラミング言語となることで、Zend のビジネスが大きく後押しされる可能性が生じたのだ。

Andi Gutmans at ZendCon 2012.

VentureBeat: Did Google talk to you before adding PHP to Google App Engine?

Google App Engine に PHP を加えるという話が、この件に先立って Google からあったのか?

Andi Gutmans: I don’t know how to answer that. I was aware that they were going to make that announcement … I’ve worked with the product manager on the project before.

どのように答えたら良いのか、よく分かららない。 彼らが発表をするつもりだったことを、私は知っていた… つまり、このプロジェクトのプロダクト・マネージャーと、一緒に働いてきたのだ。

VentureBeat: Google didn’t formally brief you?

Google からの、正式な説明は無かったのか?

Gutmans: Let’s put it this way: It’s not a surprise that a platform-as-a-service (PaaS) player that’s serious about gaining market share added PHP support. Google App Engine was almost a science project for the first few years, only supporting languages that Google used internally. But in the past few months, there’s been a real attitude from Google that we’re going to go and compete with Amazon and with Microsoft, and we’re going to do it all fronts. They’ve become very aggressive on differentiating on performance and billing.

以下のようなロジックがありあるだろう。 つまり、マーケットでのシェアを真剣に獲得しようとする PaaS プレーヤーが、PHP をサポートすること自体は、それほどの驚きではない。Google App Engine における、最初の数年間は科学的なプロジェクトとも言えるものであり、Google の内部で使用される言語だけがサポートされていた。しかし、最近の数ヶ月において、Amazon および Microsoft と競合していくという、Google からの真摯な表明があり、私たちも前線に立つことを決意した。Google は、性能と料金における差別化も、とても積極的になってきた。

VentureBeat: What does this announcement say about PHP?

今回のアナウンスメントにおける、PHP への言及は?

Gutmans: We have internal jokes about PHP’s web penetration and have used the stat that PHP runs 39 percent of the web because it was the only number we could get from Netcraft. But I love Google’s stat, that 75 percent of the web runs PHP. No one knows the web better than Google. If they’re trying to gain market share and gain it quickly, there’s no other language to do it with. And this is the first non-Google language they’re supporting.

PHP の Web への浸透については、内輪で冗談を言い合っていた。 また、PHP が、39% の Web で走っているという統計データを持ってはいたが、それは Netcraft だけから得られるものであった。しかし、Google は、75% の Web で PHP が使われているという、独自の統計結果を持っている。 この点について、Google 以上に、正しい情報を持つ者はいないだろう。もし、Google がマーケット・シェアを得ようとし、また、短時間で達成したいなら、他の言語という選択肢はないだろう。そして PHP は、Google がサポートする、初めての Google 以外の言語である。

VentureBeat: How’s that feel? And how are your customers reacting?

一連のことを、どのように捉えている? そして、カスタマーたちの反応は?

Gutmans: I’m definitely excited about it. When any player does something like this — especially Google — it’s a huge validation. We got emails from some of our largest customers, saying this is great … it gives our enterprise customers a higher sense of confidence. And that stat that 75 percent of the web runs PHP is great for Zend – anything that is good for PHP, by proxy is good for Zend. In addition, they said that PHP was their top-requested feature, which means the developer community was very supportive of us.

ほんとうに、素晴らしいことだと思っている。なんらかのプレイヤーが、とりわけ Google が、この種の方針を選択するとき、それは大きな検証となる。私たちの大手カスタマーからも、自身を持って使い続けるという、喜びのメールが届いている。そして、75% の Web で PHP が使われているという統計は、Zend にとって素晴らしいことである。 つまり、PHP にとって素晴らしいことは、その代理人である Zend にとって素晴らしいことになる。それに加えてカスタマーたちは、最も必要なのが PHP だと発言しているが、それは、開発者コミュニティがとても協力的だったことに他ならない。

VentureBeat: Will you offer Google App Engine Support within Zend Studio, so developers can publish to Google right from within their Zend development environment?

Zend Studio 内で Google App Engine Support が実現するのか? そうなると、デベロッパーたちは、Zend の開発環境から 、Google が所有するソフトウェアをパブリッシュ できるようになるのか?

Gutmans: We don’t know yet … it’s early and we’re exploring what kind of relationship we can have with Google. We do support Google Compute Engine — that’s a full integration and some of the larger companies who run PHP already use it — but Google Apple Engine is just launched, it’s still in experimentation mode.

その点については、まだ不明である。 時期尚早だと思うし、Google との関係を、どのようにするのかを模索しているところだ。私たちは、Google Compute Engine もサポートする。 それは、完全なインテグレーションであり、すでに PHP は使用しているエンタープライズは、それを走らせることになる。しかし、Google App Engine 用のものは、まだ、立ち上がったばかりであり、まだ、実験モードにある。

VentureBeat: What took Google so long to add PHP support?

PHP をサポートするまでに、かなりの時間が経過したが、その間に Google の得たものは?

Gutmans: I can’t speak for Google, but my assumption is that I felt that Google App Engine in the first few years was something they knew they wanted to do really well but … they kinda went down the simple easy route. But we’ve seen a significant acceleration in the past 12 months. This will be a $20 billion market by 2016, and they moved from testing the waters to being very very aggressive right now. We recently surveyed 5,000 PHP developers, asking them where in the cloud do you think you’ll deploy. Fifty-one percent said Amazon Web Services, but Google was 21 percent … and we just support Compute Engine right now. It wasn’t even on the list last year, so that’s a big jump.

Google に代わって何かを話すことはできないが、最初の数年間において Google App Engine で本当にやってみたいことを、彼らは知ることになったと、私は推測するし、そう感じている。しかし、彼らは、シンプルで容易なルートを受け入れることになった。そして、この12ヶ月における、大幅に加速を確認してきた。このマーケットは、2016年 までに  $20 billion の規模に成長するとされ、また、Google はテストからビジネスへと向けて、積極的に転換していこうとしている。 5000人の PHP デベロッパーに対する、私たちの最近の調査では、どのクラウドにデプロイメントするつもりなのかを尋ねている。 Amazon Web サービスだと  51% が回答しているが、Google も 21% だった。 そして、私たちも、Compute Engine のサポートを決めたところだ。昨年の段階では、検討もされたなかったことであり、そこには大きな躍進があったことになる。

VentureBeat: What does this mean for the little guy building in PHP or hosting a WordPress blog?

WordPress ブログを PHP で構築しホスティングする、若干の人々にとって、どのような意味があるのだろう?

Gutmans: I think it gives another option for the guys who do the small stuff, who are using shared hosting for $20/month. What’s really great for the small developer is that it’s a nice value proposition — you can start at a lower cost. And, it’s a modern platform versus shared hosting, which is quite constrained.”

小規模な開発を行う人々に対して、$20/month でシェアード・ホスティング提供するという、別の選択肢が出てくると、私は考えている。小規模な開発者にとって、ほんとうに素晴らしいことは、適切な価値で提案がなされることだ。つまり、低コストでスタートできることである。そして、私たちが提供するものは、かなり制約を受けているシェアード・ホスティングに対向する、現代的なプラットフォームである。

VentureBeat: So what does this mean for PHP overall?

今回のことは、PHP 全体に対して、どのような意味を持つのだろう?

Gutmans: The number of requests that Google got from developers was very very significant. It exemplifies what we’ve been talking about … that PHP is very broadly adopted, but also by enterprise. And that is driven by web, mobile, and cloud, which is where PHP’s sweet spot is. We’re seeing a strong tailwind behind us.

デベロッパーたちから Google への要求は、きわめて意味のある、膨大なものとなっている。それが例証するのは、私たちが話していたことである。 つまり、きわめて広範囲で、PHP が採用されているが、それがエンタープライズによるものだという事実である。そして、それは、PHP のスイート・スポットである、Web/Mobile/Cloud によりドライブされている。私たち、大きな追い風を認識している。

ーーーーー

関連:PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート: 5つの簡潔なレシピとは?

ーーーーー

TAG indexプログラミング言語も開発環境も、クラウドのフレームワークに合わせて、大きく変化していくのでしょう。 PHP というと、WordPress と Facebook が頭に浮かびますが、そのあたりについては、『Facebook を 1.8 倍速に、WordPress を 2.7 倍速にする、HipHop とは ?』という抄訳を参照してください。 また、先日にポストした『開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず』という抄訳には ーーー クラウドはアプリケーションの、デザイン/テスト/ディプロイの手法を変化させ、アプリケーション開発における優先順位に大きな影響をもたらしているようだ。ーーー という、Gartner のコメントが添えられていました。これも、とても面白いコンテントなので、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
PHP のクラウド API とオープンソース
PHP SDK for Windows Azure
Heroku の Java サポートと、その背景について
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic

大手クラウド社員たち: うちの会社を友人に勧められるか? うちの CEO を高く評価できるか?

Posted in Amazon, Google, Microsoft, Oracle, Weekend by Agile Cat on March 24, 2013

The Best Cloud Companies and CEOs to Work For in 2013
http://wp.me/pwo1E-5Ql
by Louis Columbus on February 22, 2013
http://softwarestrategiesblog.com/2013/02/22/the-best-cloud-companies-and-ceos-to-work-for-in-2013/

image

Hiring great people and creating a culture of achievement that is fun, focused and able to get challenging tasks done is not an easy task.

素晴らしい人材を採用し、興味/集中/挑戦というカルチャーのレベルを引き上げることは、容易な職務ではない。

Keeping that culture strong and focused on the customer takes a unique leader that consistently earns trust and respect.  Those are the qualities I think of whenever I’m asked to recommend the best cloud computing companies to work for.  Using the scores from Glassdoor.com I’ve put together the table below comparing cloud computing companies and when available, the percentage of employees who approve of their CEO.

そして、ユーザーに向けて、そのカルチャーを強化していくためには、継続的な信頼と敬意を集めることが可能な、ユニークなリーダーを必要とする。  それが、働く上で最高のクラウド・コンピューティング企業について、私が尋ねられるときに考える、CEO の資質である。  Glassdoor.com からのスコアを用いて、クラウド・コンピューティング企業を較するテーブルを作ってみたが、それらの企業の CEO に対する、従業員からの信任も、可能な範囲で加えてみた。

If you’re not familiar with Glassdoor, it’s a website that gives employees the chance to rate their companies and CEOs anonymously, along with reporting salaries.  Friends in the Human Resources community tell me it’s an effective recruitment site as well.

Glassdoor を知らない人のために説明すると、それぞれの勤先と CEO を評価し、給料を教えあうという Web サイトとなる。 もちろん、匿名であるため、それらの企業と CEO に知られることもない。Human Resources コミュニティの友人たちが言うには、効果的なリクルート・サイトでもあるようだ。

Cloud computing companies are sorted based on the percentage of employees would recommend their company to a friend.  I added in CEO scores to get a sense of which companies have a significant gap between morale and the perception of the CEO.  As of today according to employee rankings, Microsoft has the largest gap between percentage of employees who would recommend the company to a friend (77%) and  CEO rating (48%).

それそれのクラウド・コンピューティング企業は、従業員たちが友人に勧められるという、スコアのパーセンテージにより並べられている。そして CEO のスコアは、彼らのやる気と CEO の能力を隔てる、ギャップを示すために加えたものだ。  今日の時点における、それぞれの従業員たちの評価によると、たとえば Microsoft の場合は、77% が友人に勧められるとしているが、CEO に対しては 48% という評価が下され、そのギャップが大きいと分かる。

The highest rated CEOs you’d want to work for based on their Glassdoor ratings are as follows, with their ratings shown as of today:

あなたが、一緒に働きたいと思うだろう、Glassdoor でスコアの高い CEO は、以下のとおりである:

Jyoti Bansal of AppDynamics (100%)
Drew Houston, Dropbox (100%)
Aneel Bhursi, Workday (100%)
Scott Scherr, Ultimate Software (97%)
Jim Whitehurst, Red Hat (97%)
Larry Page, Google (95%)
Aaron Levie, Box (94%)
Marc Benioff, Salesforce (93%)
Tom Georgens, NetApp (92%)Mark Templeton, Citrix Systems (91%)
Bill McDermott & Jim Hagemann Snabe, SAP (90%)

ーーーーー

image会社に対する評価というのは、仕事の楽しさや辛さ、そして、報酬、休日、労働時間といった、それぞれの社員にとって、きわめて現実的な側面からの採点なんでしょうね。 そして、CEO に対する評価というのは、自分が頑張るためのモチベーションを、どれだけ与えてくれるのかという、心の面からの採点なのでしょうか?  日本でも、こういうランキングを行えば良いのにと、思ってしまいますよね。image

ーーーーー

<関連>

SimCity の新バージョンについて、あの Om Malik さんが語る!
Disney の CEO に、つまらん映画ばかりだと、電話で文句ばかり言っていた Jobs
Apple に負けるな : Google Store が準備されている?
Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ
Google Street View でグランド・キャニオン探検に出かけよう!

PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, PaaS, Research, Salesforce by Agile Cat on January 22, 2013

10 most powerful PaaS companies
http://wp.me/pwo1E-5wo
By
Christine Burns , February 26, 2012
http://www.networkworld.com/slideshow/32927/

_Network World

<関連> Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?

Platform-as-a-service is the least mature of the major cloud services categories. There are multiple types of PaaS, and vendors are playing in more than one sub-category, so it’s not easy to tell the players without a scorecard. Here are 10 companies that have emerged as leaders in the PaaS market.

Platform-as-a-service は、主要なクラウド・サービスにおいて、最も成熟度の低いカテゴリーである。 様々なタイプ PaaS があり、また、ベンダーたちは複数のサブ・カテゴリーに手を広げているため、スコアカードを手にもたずに、それらのプレーヤーについて話すことは難しい。 以下の 10社が、PaaS マーケットのリーダーとして浮かび上がってくる。

1: Amazon Web Services

imageJust like Jack planting his magic beans in solid ground, Amazon has built its application runtime PaaS, Amazon Web Service (AWS) Elastic Beanstalk (now in beta), on the solid footing of the very popular Infrastructure as a Service platform, EC2. And while the retailer turned cloud provider doesn’t necessary have a loyal developer following, it’s continually rolling out new tools to entice them. So far the portfolio includes AWS Toolkit for Eclipse (a plug-in for the Eclipse Java Integrated Development Environment), AWS CloudFormation (a service that lets developers create and provision Amazon resources), several cloud-based database options and SDKs for Android and Apple mobile machines, ERuby, Java, PH and .Net.

ジャックと豆の木の話で、その魔法の豆の木が、シッカリと大地に根付いているように、 Amazon はアプリケーション・ランタイム PaaS である、Amazon Web Service(AWS) Elastic Beanstalk を構築している。そして、それは、とても人気の IaaS プラットフォームである、EC2 の上にシッカリと根を下ろしている。 そして、この小売り業がクラウド・プロバイダー者が転身する際に、そこに続くデベロッパのロイヤリティは必要とされなかったが、同社は継続的に、デベロッパにとって魅力的なツールを、提供し続けている。 現時点までに、このポートフォリオには、 AWS Toolkit for Eclipse(Eclipse Java IDE 用のプラグイン)、 AWS CloudFormation (デベロッパーによる Amazon リソースを作成と提供を促進)、そして、いくつかのクラウド・ベースのデータベース・オプションと SDK など(Android/Aplle Mobile Machine SDK、ERuby、Java 、PH、.NET)が含まれている。

2: Salesforce.com

imageThe original SaaS giant has successfully parlayed its prowess down the cloud stack with its double one-two PaaS punch of Force.com’s AppExchange and Heruko platform. Right now, the company enjoys the status of market share leader, according to IDC. Salesforce.com touted some impressive numbers to its base at last fall’s DreamForce conference, including the claims that in 2011 3,000 apps were built or installed every 24 hours and that the Force.com platform executes more than 650 million transactions per day.

この、SaaS に起源を持つジャイアントは、2つの PaaS であるForce.com の AppExchange と、Heruko プラットフォームを実現し、そのクラウドでの能力を、1つ下のスタックで展開することに成功した。IDCによると、まさに、いま、同社はマーケット・シェア・リダーとしての状態を満喫している。 Salesforce.com は、2011年秋の DreamForce カンファレンスで、いくつかの新しい機能を、その基本要素に加えていった。そして、2011年には、約 3,000のアプリケーションが、毎日のように構築/インストールされ、また、Force.com プラットフォームでは、1日あたり 6億5000万以上のトランザクションが実行されると強調していた。

3: LongJump

imageLongJump landed in the PaaS fray very early on in 2008. It has steadily added new features and developer-centric support to attract a customer following that the company says is 600 strong at this point. Long Jump’s biggest coup came in the form of an AT&T partnership announced last November in which the telco rolled out a simplified PaaS service geared toward tech savvy business folks that has the LongJump PaaS stack at its core. Forrester analyst Stefan Reid said this deal could pave the way for more licensing deals for the company.

LongJump は、2008年の早期に、PaaS での戦いに参戦している。 それ以降、同社は、ユーザーを引き付けるための、新しい機能を追加し、デベロッパを中心に置いたサポートを展開してきた。なお、現時点において、600 社強の顧客がいると、同社は発言している。 Long Jump の戦略の中で、最も素晴らしいのは、2011年11月に発表されたように、AT&T とのパートナーシップを取っていることだ。 そして、このテレコムは、単純化された PaaS サービスにより、テクノロジーに詳しい企業の人々へ向けて、LongJump の PaaS スタックを、そのコアに置かせようとしている。 Forrester のアナリストである Stefan Reid は、この取引により、より多くのライセンス収益が、同社にもたらされると発言している。

4: Microsoft

imageThere have been rumblings that Microsoft’s 2-year-old Azure PaaS play is not getting the traction the company had hoped. Microsoft’s PaaS portfolio includes the Windows Azure computing environment for applications and persistent storage for both structured and unstructured data; Windows Azure AppFabric a range of services that connects users and on-premises applications to cloud-hosted applications, manages authentication, and implements data management, and SQL Azure, a cloud database service. All Windows centric, of course, but analysts say that Microsoft is making noises about opening that up a bit. And they say you can’t discount the power Microsoft has in its army of .Net developers waiting in the wings to see what the cloud means for them.

Microsoft が 2年前に投入した Azure PaaS であるが、同社が希望しているほどには促進されていないと、不満の声が聞こえる。 Microsoft の PaaS ポートフォリオは、アプリケーションのためのWindows Azure コンピューティング環境であり、また、構造型/非構造型をサポートするパーシスタント・ストレージを含むものとなる。そして、ユーザーとオンプレミス・アプリケーションを、クラウドに接続するためのサービス・レンジとして、Windows Azure AppFabric が存在する。そのクラウドでは、アプリケーションがホストされ、認証が管理され、さらには、データ管理とクラウド・データベース・サービスである SQL Azure が実装されている。 もちろん、すべてが Windows セントリックであるが、何人かのアナリストは、それを広めようとする Microsoft が、少しノイジーだと言っている。そして、クラウドが何を意味するのかを見極めるために、いまは待っている .net デベロッパーの一群に対して、Microsoft が有するパワーを、軽視すべきでないとも発言している。  

5: IBM

imageIBM is a relatively late entry into the PaaS market as it only rolled out SmartCloud Application Services PaaS last October. But the company has long-standing ties to the corporate enterprise and this platform – based on the long-trusted WebSphere middleware — allows enterprises to build Java-based apps that can run in the public cloud, called IBM Smart Cloud Enterprise, or on premise. IBM is looking to keep their customers in a comfort zone while pushing them out to the cloud.

2011年 10月に、SmartCloud Application Services PaaS を導入したように、IBM により PaaS マーケットへの参戦は、相対的に見て遅めのタイミングとなる。 しかし、同社は、長い実績を持つ WebSphere ミドルウェアをベースにして、エンタープライズとプラットフォームを取り扱う企業と、長期間にわたる良好な関係を維持している。それにより、顧客であるエンタープライズは、IBM Smart Cloud Enterprise というパブリック・クラウドで、あるいは、オンプレミスの環境で走る、Java ベースのアプリケーションを構築できる。 IBM は、顧客たちをクラウドの心地良い領域に保持する一方で、クラウドから戻ってくることも期待している。

6: RedHat

imageLinux lovers are uniting behind the thought of an open source PaaS like RedHat’s OpenShift. And industry watchers are intrigued by the prospect of portable applications that can be pulled from one infrastructure platform whose fees or contingencies become arduous and easily placed on another one without breakage. It simply remains to be seen how big an ecosystem RedHat can build around OpenShift and how useful it will be corporate developers.

Linux 愛好家たちは、RedHat の OpenShift のような、オープンソース PaaS の考えのもとに団結している。 そして業界ウオッチャーたちは、アプリケーションのポータビリティという視点に興味を注いでいる。つまり、あるインフラプラット・フォームに障害が起きた時に、その当事者の支払いなどにより、何も損なわれることなく、他のクラウドに引越しできるというものだ。RedHat が OpenShift の周辺に構築するエコシステムが、どれほどの規模になり、また、企業のデベロッパにとって有用になるのかという点を、これから見極めなければならない。

7: Cloud Foundry

imageCloud Foundry is the open source PaaS that was spearheaded in early 2011 by VMware and around which the company plans to build a future commercial product. As with Red Hat’s initiative, VMware is attracting developers who want an open platform that lets them build in the language they want and run on the IaaS they like. According to company officials, the project is gaining significant traction because over 2,100 developers are actively following the changes in the open source code. Analysts have speculated that AppFog, a start-up already offering a comprehensive PaaS based on the Cloud Foundry code, is ripe for the picking should the commercial side of CloudFoundry need a boost.

Cloud Foundry は 2011年の初めに、VMware が陣頭指揮するかたちで立ち上がった、オープンソース PaaS であり、また、その周辺において同社は、将来の商用プロダクトを計画している。Red Hat のイニシアチブと同様に、VMware も開発者を惹きつけるために、彼らが IaaS 上で好んで使っている言語を利用できる、オープン・プラットフォームを提供しようとしている。 同社のオフィシャルな見解によると、このプロジェクトは大きく促進されているが、その理由は、2,100以上のデベロッパーが積極的に、このオープンソース・コードの変更に対応している点にある。アナリストが指摘するのは、AppFog が Cloud Foundry のコードをベースにして、すでに包括的な PaaS を提供している点だ。それは、Cloud Foundry を加速させるために必要な、コマーシャル・サイドが熟成してきたと推測させる。

8: Google

imageGoogle claims it’s got 200,000 developers building applications on top of its App Engine PaaS. That’s in spite of a rate hike that really got their base riled up back in the September, giving all kinds of fodder to competing products that claim to be both more open and more affordable. But Google doesn’t seem to be bothered and is forging ahead with an upgrade that supports a premium level of service in which customers will receive a 99.95 uptime service-level agreement.

Google は、App Engine PaaS 上でアプリケーションを構築する、200,000人以上のデベロッパーを得ていると主張する。 そして、2011年9月に実施され、デベロッパーたちを怒らせた、その料金の値上げにもかかわらず、さらにオープンで、入手しやすいと主張する競合製品に対して、あらゆる種類の素材などを提供している。 しかし Google は、それを苦にするようにも思えず、また、プレミアム・レベルのサービスを支援する、アップグレードを続行している。それは、顧客に対して 99.95% のアップタイムを提供する、SLA を伴うものとなる。

9: CloudBees

imageCloudBees was first out of the gate with a Java-based PaaS that gave enterprises an easy way to move existing Java applications into the cloud. RUN@cloud is the application runtime side of the CloudBees’ PaaS story, providing traditional application server functionality for web, Java and Spring applications. CloudBees customers choose their underlying IaaS or private cloud. Applications running on RUN@cloud can be built using traditional Java EE development tools or using CloudBees’ second PaaS offering called, DEV@cloud. DEV@cloud is a cloud-based development, build and test environment. CloudBees’ power lies in its understanding that there are lots of sunk costs in existing Java applications from which enterprises are loath to walk away.

CloudBees は、最初から Java ベースの PaaSを提供し、既存の Java アプリケーションをクラウドに移行するための、きわめて容易な方式をエンタープライズに提供した。RUN@cloud は、CloudBees の PaaS ストーリーにおける、アプリケーション・ランタイム側でものであり、Web /Java/Spring アプリケーションに対して、従来からのアプリケーション・サーバー機能を提供する。CloudBees の顧客は、自身の基盤となる IaaS あるいはプライベート・クラウドを選択できる。 RUN@cloud 上で走るアプリケーションは、従来からの Java EE 開発ツールを使って、あるいは、DEV@cloud という CloudBees の次の PaaS を使うことで、その構築が可能となる。DEV@cloud は、クラウドをベースにした、開発/構築/試験のための環境である。 CloudBees のパワーは、エンタープライズが嫌う既存のJavaアプリケーションに、たくさんのコストが染み込んでいるという、理解の中に存在する。

10: Engine Yard

imageEngine Yard is one of the leading PaaS players for Ruby on Rails and PHP developers. These two development languages are most often associated with cool, new greenfield applications running in the cloud. Engine yard, founded in 2006 and still privately held, has a client list that includes Nike, AOL, Apple, Disney, and MTV.

Engine Yard は、Ruby on Rails や PHP の開発者にとって、リーディング PaaS プレーヤーの 1人である。 この 2つの開発言語は、クラウド上で動作している、新しい領域に対応する、洗練されたアプリケーションに結び付けられる。 Engine Yard は 2006年に設立されれ、依然として非公開企業であるが、Nike/AOL/Apple/Disney/MTV などを、その顧客リストの中に数える。

Related:

A world of PaaS-ibilities
Bullish on PaaS
Tips for a successful PaaS rollout

ーーーーー

image昨年に調べ物をしていて、見つけ出したポストです。2011年2月のものなので、ちょっと古いのですが、PaaS プロバイダーの一覧としては、他には良さそうなものがないという感じです。 そのため、そのまま訳してみましたが、中には既に姿を変えているものが有るかもしれません。 その点をご注意の上、参照して頂ければと思います。 Google が IaaS に取り組むなど、ビジネス的には後塵を拝している PssS ですが、こうして並べてみると、なかなか見応えのあるラインナップとなっています。 2013年の PaaS は、いったいどうなるのでしょうかね? そう考えると、とても楽しみなエリアに見えてきます。image

ーーーーー

<関連>

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
ーーーーー

アプリケーション・ベンダーのシフトにより、PaaS 市場は成長していく
OpenStack の PaaS は、幅広い文脈の中でアプリケーションを駆動する
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う

 

VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを

Posted in Bare-Metal, PaaS, VMware by Agile Cat on July 22, 2010

VMware Knows the Cloud Doesn’t Need Server Virtualization
By Simeon Simeonov Jul. 17, 2010, 5:00pm PDT
http://gigaom.com/2010/07/17/vmware-knows-the-cloud-doesn’t-need-server-virtualization/

Gigaom

Server virtualization created cloud computing. Without the ability to run multiple logical server instances on a single physical server, the cloud computing economics we know today wouldn’t be possible. Most assume that server virtualization as we know it today is a fundamental enabler of the cloud, but it is only a crutch we need until cloud-based application platforms mature to the point where applications are built and deployed without any reference to current notions of servers and operating systems.

サーバーの仮想化が、クラウド・コンピューティングを作り出した。 多数の論理サーバー・インスタンスを、物理的に一台のサーバー上で実行する能力を持つことなく、現時点で私たちが認識するクラウド・コンピューティングの経済学は成り立たなかっただろう。こうした認識に基づき、大半の人々はサーバーの仮想化について、クラウドの基本を構成するものだと思い込んでいる。しかし、それは、クラウドベースのアプリケーション・プラットフォームが成熟するまで、私たちが必要とする松葉杖に過ぎない。つまり、サーバーとオペレーティング・システムで当たり前となっている、現時点の概念を参照することなく、アプリケーションの構築と展開が可能になれば、不要になっていく。

Maritz

At that point, the value of server virtualization will go down substantially. This fact is not lost on virtualization leader VMware, whose CEO Paul Maritz, less than two years after joining, has positioned the company to cannibalize its own server virtualization business with a move toward platform-as-a-service computing.

その時点で、サーバーの仮想化に与えられた価値は、大幅に減退することになる。 この事実は、Paul Maritz が CEO として参加して、まだ 2年も経っていない、仮想化のリーダーである VMware にも当てはまることだ。そして、Maritz の役割は、PaaS コンピューティングへと向かう力により、同社のサーバー仮想化ビジネスを飲み込んでいくことにある。

At Structure 2010, Maritz said that “clouds at the infrastructure layer are the new hardware.” The unit of cloud scaling today is the virtual server. When you go to Amazon’s EC2 you buy capacity by the virtual server instance hour. This will change in the next phase of the evolution of cloud computing. We are already starting to see the early signs of this transformation with Google App Engine, which has automatic scaling built in, and Heroku with its notion of dynos and workers as the units of scalability.

Structure 2010 で Maritz は、「インフラストラクチャ・レイヤにおけるクラウドとは、新しいハードウェアのことだ」と発言している。 クラウドをスケールするための、今日の単位は仮想サーバーである。Amazon EC2 に行けば、仮想サーバー・インスタンスのキャパシティを、時間単位で購入することになる。 それが、クラウド・コンピューティングが進化していく、次のフェーズでは変化することになる。すでに、その兆しは見え始めている。Google App Engine は、自動的なスケーリングをビルトインする方向へと、転換を図っている。また Heroku は、スケーラビリティのユニットとして、dynosworkers を用いている。

Developers working on top of Google App Engine and Heroku never have to think about servers, virtual or physical. In a few years, clouds at the application platform layer will be the new hardware. At that time, traditional operating systems and server virtual machines will become much less important to the cloud.

Google App Engine と Heroku を利用するデベロッパーはサーバーについて、それが仮想なのか物理なのかと考える必要がない。 数年のうちに、アプリケーション・プラットフォーム。レイヤにおけるクラウドは、新しいハードウェアになるだろう。その時点において、従来からのオペレーティング・システムと仮想サーバー・マシンは、クラウドにおける重要なもの、ではなくなるだろう。

First and foremost, server virtualization generates overhead. VMware performance tests suggest that the overhead is in the 8 to 12 percent range. However, when several virtual machines run on the same server and start competing for hardware and network resources, the overhead is substantially higher. This is waste. It’s expensive. It’s bad for the environment.

まず、何よりも先に、サーバーの仮想化はオーバーヘッドを生じる。 VMware のパフォーマンス・テストでは、このオーバーヘッドが 8% ~ 12% になると示唆されている。 しかし、いくつかの仮想マシンが同一のサーバー上で実行され、かつ、ハードウェアとネットワークのリソースの取り合いが始まるとき、このオーバーヘッドはきわめて大きなものとなる。 それこそ無駄で、もったいない。それに、環境にも良くない。

Some would argue that this is a necessary, small overhead that provides security and enables great efficiencies in the data center. That’s true in the sense that without virtualization there is no easy way to take many enterprise applications architected in the 80s and 90s, bolted onto a Windows or Linux operating system and relying on resources such as files and sockets, and make them securely run on one physical server. The argument fails, however, when applied to most modern applications, which rely on network-accessible resources such as databases and Web services as opposed to local resources such as files and processes.

それについて何人かの人々は、セキュリティを供給し、また、データセンターの効率を大幅に高めるために必要な、小さなオーバーヘッドだと論ずるだろう。それは、真実である。80 ~ 90 年代に設計された数多くのエンタープライズ・アプリケーションにとって、仮想化に頼ることなく容易な方式を得ることができないという意味で。それらのアプリケーションは、Windows や Linux といったオペレーティング・システムに拘束され、さらには、ファイルやソケットといったリソースに依存し、一台の物理サーバー上で安全に動作するものなのだ。 しかし、こうした論理を、最新のアプリケーションに適用すると破綻してしまう。それらは、ファイルやプロセスのようなローカル・リソースではなく、データベースや Web サービスのような、ネットワーク・アクセスが可能なリソースに依存しているのだ。

Aiding this trend, startups are building custom application virtualization layers that free applications from servers, obviating the need for virtualizing Windows or full-featured Linux OSes. At Structure, Tom Mornini, CTO of Engine Yard, and I spent a fascinating part of an hour with pen and paper drawing diagrams of what the new software stack looks like. Although Engine Yard’s scaling model is still focused on servers, this is an indication of their enterprise go-to-market strategy. Enterprises are still much more comfortable thinking and buying in terms of servers.

このトレンドをさらに推し進めることで、フル機能の Windows や Linux を仮想化する必要性を取り除き、また、サーバーからアプリケーションを解放する、カスタムなアプリケーション仮想化レイヤを構築している、スタートアップ企業がある。 Structure 2010 で、Engine Yard の CTO である Tom Mornini と私は、新しいソフトウェア・スタックのようなものを、ペンとノートを使って落書きしながら、とても魅力的な 1時間を過ごした。 Engine Yard のスケーリング・モデルは、依然としてサーバーにフォーカスしているが、同社のエンタープライズ go-to-market 戦略を示唆している。 そして、エンタープライズは、サーバーという発想と購入の観点において、ずっと快適になる。

Right now, many PaaS companies deploy on virtualized servers because they are small startups that don’t own their own hardware. In the very near future, when a large cloud provider such as Amazon offers a PaaS, that provider will have the option to deploy at least a meaningful portion of the PaaS workloads of their customers against machines running a lean, stripped OS and/or a tiny hypervisor providing the barest minimum isolation from the hardware and no server virtualization layer the way the term is understood today. Multi-tenancy isolation will be achieved at the platform-as-a-service layer, not at the virtual machine layer.

そして、まさに今、数多くの PaaS 企業が仮想化されたサーバー上に展開している理由は、彼らが小さなスタートアップ企業であり、自身のハードウェアを所有していない点にある。また、きわめて近い将来において、Amazon のような大規模なクラウド・プロバイダーが PaaS を提供するとき、そのようなプロバイダーは少なくとも、顧客の PaaS ワークロードの意味のある部分を、ディプロイしていくという選択肢を持つだろう。つまり、ハードウェアからの最小の隔離を提供するだけの、貧弱でむき出しの OS を実行するマシンや、小さなハイパーバイザーとは正反対の方向であり、また、この用語が今の時点で意味する、サーバーの仮想レイヤーとは異なるものとなる。 そして、マルチ・テナントの隔離は、仮想マシンのレイヤーではなく、PaaS のレイヤーで達成されるだろう。

The biggest hindrance to deploying these types of PaaS offerings on public clouds is trust — something Werner Vogels, CTO of Amazon, emphasized in a conversation. Right now AWS trusts the server virtualization tier to provide security and isolation. Technically, this is not harder to do at the PaaS layer. In fact, it is easier — you just have to remove or trap dangerous APIs — but I expect it will still take at least a year or two before the volume of PaaS usage makes it worthwhile for large public cloud providers to go through the effort of eliminating server virtualization overhead.

パブリック・クラウドにおいて、この種の PaaS をディプロイする際の最大の障害は、TRUST 的な何かだと、Amazon の CTO である Werner Vogels が会話の中で強調している。 まさに現時点において、AWS が信頼しているのは、セキュリティと隔離を提供する、サーバーの仮想ティアである。 ただし、テクニカルな視点において、それと同じことを PaaS レイヤで実現することが、困難だというわけではない。 実際に、いまよりは容易である。つまり、危険な API を削除するか、捕捉する必要があるだけだ。 しかし、大規模パブリック・クラウド・プロバイダーが、PaaS の使用量に対して価値を見出し、さらには、サーバーの仮想化オーバーヘッドを取り除こうとする、努力の期間を経過するまで、少なくとも 1 ~ 2 年が必要だと、私は予測する。

Enterprise private clouds will need server virtualization for a while, but I expect that market to peak in three years and then begin a steady decline brought about by the commoditization of basic server virtualization we are already seeing and the shift of new development to PaaS. The same will happen with traditional server operating systems. It’s not a question of if, but when.

エンタープライズ・プライベート・クラウドは、しばらくの期間において、サーバーの仮想化を必要とするだろう。しかし、そのマーケットは 3年でピークに達すると、私は予測する。 続いて、すでに私たちが確認してきた、ベーシックなサーバーにおける仮想化の値崩れが始まり、また、PaaS へと向けた新しい開発も始まる。それと同じことが、これまでのサーバー・オペレーティング・システムでも起きるだろう。そこに疑問の余地はなく、残される問は時期だけとなる。

A year after Maritz took over the reins, VMware bought SpringSource, which offered an application framework, server and management tools with a significant following in the Java developer community. Partnerships with Google around App Engine and Salesforce.com around VMforce quickly followed — putting VMware in the Java PaaS game. VMware has seen the future clearly and is preparing to move up the stack to PaaS offerings.

Maritz 体制が始まった 1年後に、VMware は SpringSource を買収している。 同社は、 Java デベロッパー・コミュニティを深くフォローすることで、アプリケーション・フレームワークおよび、サーバー、マネージメント・ツールを提供してきた 。App Engine に関する Google とのパートナーシップおよび、VMforce に関連する Salesforce.com とのパートナーシップが素早くフォローされ、Java PaaS ゲームにおける VMware のポジションを確立した。 VMware はクリアーに未来を見つめ、PaaS が提供するスタックを、上位の階層へと動かす準備をしている。

This was spelled out in May by VMware CTO Steve Herrod: “We are committed to making Spring the best language for cloud applications, even if that cloud is not based on VMware vSphere.” Recently, GigaOM reported that VMware may be talking to Engine Yard, the Ruby on Rails PaaS provider. Whether a deal happens or not, I’m impressed by VMware’s bold approach under Maritz.

「たとえ、そのクラウドが VMware vSphere に基づいていないとしても、Spring をクラウド・アプリケーションのベスト言語にしていくことを約束する」と、VMware の CTO である Steve Herrod は、この 5月に明言している。 最近の GigaOM では、Ruby on Rails PaaS のプロバイダーである Engine Yard に対して、VMware が話を持ちかけているかもしれないと、レポートしている。 この交渉の成否にかかわらず、Maritz の下で大胆に進められる、VMware のアプローチに感銘を受ける。

Soon we will be able to throw away the server virtualization crutch and, like in that memorable moment from Forrest Gump, we will be able to run leaner and more scalable applications in the cloud on next-generation platforms-as-a-service. For the time being, my call to action is for application developers to stop writing code that directly touches any hardware or operating system objects and try the current generation of platforms-as-a-service.

まもなく、私たちは、Forrest Gump の忘れ難いシーンのように、サーバーの仮想化という松葉杖を棄てられるだろう。 そして、さらに引き締まりスケーラブルになったアプリケーションを、次世代 PaaS 上のクラウドで実行できるだろう。 今のところ、私がアプリケーション開発者に呼びかけていることは、ハードウェアやオペレーティング・システム・オブジェクトに、ダイレクトに触れるコードを書くのを止めて、現在の PaaS にトライすることである。

Simeon Simeonov is founder and CEO of FastIgnite, an executive-in-residence at General Catalyst Partners and co-founder of Better Advertising and Thing Labs. He tweets as @simeons.

ーーーーー

どこまでが、Matitz 自身の言葉なのか、その辺りが見えませんが、彼がしゃべらなければ、この記事は無いはずですよね。 いやぁ~~~ そうなんですかぁ、、、と驚くばかりの展開の連続で、最後まで読み切ってしまいましたよ。

正直な話、クラウドになれば、どんな OS が走っていても良くて、その意味で VMware は追いかけていなかったのですが、先日の EMC による  Greenplum の買収以降、その動向が気になっていたのは確かでした。

しかし、この記事を読んでみると、このグループの一連の動きは、テクノロジーとマーケットを的確に評価し、用意周到に次の一手を打ってきている感じがして、その静かな迫力にゾクゾクっときまてしまいます。 Agile_Cat 的には、昨年の Hadoop World NYC 以来の衝撃でした。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
VMware は、クラウド・アーキテクチャを根本から変革する – VMworld で Maritz が語る
クラウドの主戦場はPaaSに(ITPro)
【速報】EMC も、ついにクラウドへ本格参入?
EMC の Greenplum 買収に関する、今朝の報道
イベンチュアル・コンシステンシーはお好き?
プライベート・クラウドに未来はない
Apache ZooKeeper による分散並列キューの構築
Google 的 クラウド連携の ABC ?

%d bloggers like this: