Agile Cat — in the cloud

Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ。Lenovo は Android ラップトップを投入する!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on October 25, 2013

Android this week: $349 Nexus 5 leaks; Lenovo A10 Android laptop; Dell Venue tablets available http://wp.me/pwo1E-6OZ By Kevin C. Tofel – Oct 19, 2013 http://gigaom.com/2013/10/19/android-this-week-349-nexus-5-leaks-lenovo-a10-android-laptop-dell-venue-tablets-available/ _ Gigaom Summary: Could Google’s new Nexus 5 powerhouse cost as little at $349? It seems so, based on a brief appearance of the phone on Google Play. Lenovo is trying Android in a laptop while Dell has a pair of new Android tablets using Intel chips. Google の、パワフルで新しい Nexus 5 を得るのに、安ければ $349 で、ほんとうに済んでしまうのだろうか? Google Play に表示される、このフォンの端正な外観を見ていると、そう思えてくる。そして、Lenovo が Android でラップトップに挑戦する一方で、Dell の新しい Android タブレットは、2機種とも Intel チップを使用している。 Google appears ready to launch the Nexus 5 smartphone with a low $349 price tag. The information appeared online briefly this week, either as an accident or a planned leak and was spotted by Engadget. Either way, if that’s the price for a 16 GB Nexus 5 without contract, it will be a great deal. Google は、Nuxus 5 スマホに #349 という値札を付けて、販売する準備を整えているようだ。この情報が、誤って漏れてしまったのか、計画的にリークされたのかはさて置き、今週にオンラインで参照できたのは確かであり、また、Engadget も掲載している。いずれにせよ、それが、キャリア縛りのない、16 GB の Nexus 5 の価格だとしたら、タイヘンなことである。 The expected specifications indicate that Google’s Nexus 5, a showcase device for Android 4.4, will meet or exceed those of currently available flagship smartphones. Qualcomm’s 2.3 GHz Snapdragon 800, a 4.95-inch 1080p display, 8 megapixel camera with optical image stabilization, 2 GB of memory and wireless charging are all anticipated. Android 4.4 ショーケース·デバイスとも言われる、Google Nexus 5 で予想される仕様は、いまのフラッグシップ・スマホと同等か、それ以上というものである。具体的には、Qualcomm  2.3GHz Snapdragon 800 と、4.95-inch 1080p ディスプレイ、光学式手ブレ補正の付いた 8M Pixel カメラ、2 GB のメモリ、ワイヤレス充電といった、すべてが想定される。 Considering most smartphones with similar hardware cost $650 or more without subsidy, $349 for a 16 GB model would be very attractive for consumers, particularly with carriers such as T-Mobile and Sprint who offer a discount on monthly service for customers that bring their own device or pay separately for their phone. キャリアからの補助金がなければ、それに類するハードウェアを持つ大半のスマホが、$650 以上のコストを要することを考えて欲しい。 したがって、16 GB モデルが $349 というのは、コンシューマにとって、きわめて魅力的なことになる。 さらに言えば、自前のデバイスを持ち込んだり、別個にデバイスを購入するユーザーに対して、毎月のサービス料のディスカウントしている、T-Mobile や Sprint といったキャリアにとっても、その状況は同じである。 Those looking to use Android on laptop have a new option: This week, Lenovo introduced its A10, a 10.1-inch notebook with 1366 x 768 resolution running Android 4.2. Pricing and availability details are scare as Lenovo says both will vary by region. Lenovo chose RockChip’s 1.6 GHz quad-core RK3188 to power the laptop, which runs for 9 hours on a charge. また、ラップトップで Android を使ってみたいユーザーには、新しい選択肢が提供されている。今週のことだが、Lenovo が公表した A10 は、1366 × 768 のディスプレイを持つ 10.1 inch ノートブックであり、また、Android 4.2 を走らせる。ただし、Lenovo が発言するように、その価格と供給に関しては、地域に応じて差異が生じる恐れもある。Lenovo が、このラップのために選んだチップは、Rockchip の 1.6 GHz Quad-Core RK3188 であり、それにより 9時間のバッテリー駆動が実現されるという。 The company created custom “laptop mode” software complete with an app launcher and file manager. In “stand mode”, the A10′s screen rotates 300 degrees from its full-sized keyboard for a tablet-like touch experience. Lenovo は、アプリ・ランチャーやファイル・マネージャといった、ラップトップ・モードのための、完全なカスタムなソフトウェアを開発している。そして、スタンド・モードにおける A10 のスクリーンは、フルサイズ・キーボードに対して 300度の回転に対応し、タブレットのようなタッチ・エクスペリエンスを提供する。 While we’ll have to wait for the A10, there’s no more waiting for Dell’s newest Android tablets. The Venue 7 and 8 are both available on Dell’s site, starting at $149 and $179, respectively. Both slates run on Intel’s dual-core Atom processor with Intel HD graphics. Each uses a 1280 x 800 screen, 2 GB of RAM and come with 16 GB of storage to start. この A10 に関しては、少し待つ必要があるだろうが、Dell の新しい Android は、すぐにでも使い始めることが可能だ。 Venue 7 と Venue 8 は、それぞれが $149 と $179 のモデルから始まり、どちらも Dell のサイトで入手できる。そして、どちらのスレートも、Intel の Dual-Core Atom と HD Graphics チップを搭載している。詳細について説明すると、1280 × 800 のスクリーンと、2GB の RAM を持ち、16GB のストレージがミニマム・スペックとなる。 Related research

ーーーーー post-pcApple が高価格帯を維持すると表明したのに対して、Android が値下げ圧力をかけ続けるという状況のようです。 昨日にも、『 Intel が強気に発言 : $99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドが登場する!』という抄訳をポストしましたが、そこで指摘されていた $99 タブレットに近いものが、すでに Dell から提供されていすのですね。 そして、Nexus 5 ですが、Google Play のカタログに誤って掲載され、すぐに削除されたというのが、真相のようです。 詳しくは、『 ANDROID おすすめアプリ・カスタムニュース 』をご参照ください。image ーーーーー <関連> Android デベロッパーに朗報 : Analytics 機能により Google Play トラッキングを実現 Android のキャラクタは、トイレの、あのマークに触発された? Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは? Android の分断されたバージョン : それを示す1枚のチャート Apple が選んだハイ・リスク戦略 : iPad Mini の価格が理解できない  

Google は Nexus 10 を Asus に任せるのか ? Sumsung 以上が作れるのか?

Posted in Asia, Google, Post-PC by Agile Cat on August 15, 2013

Google reportedly choosing Asus to make new Nexus 10 tablet
http://wp.me/pwo1E-6uN

By
Kevin C. Tofel – AUG. 9, 2013
http://gigaom.com/2013/08/09/google-reportedly-choosing-asus-to-make-new-nexus-10-tablet/

_ Gigaom

Summary: After relying on Samsung to build the current Nexus 10, Asus will reportedly be tapped for a refresh of the 10-inch slate. If any company can create a solid experience at a reasonable price, Asus is it. Just look at the Nexus 7.

Summary: いまの Nexus 10 は、Samsung に依存することで生産されているが、伝えられるところによると、今後は Asus が、10-inch スレートのリフレッシュを求められるかもしれない。あらゆる企業が、たしかなエクスペリエンスを、リーズナブルな価格で実現できるなら、Asus も、それを実践している。Nexus 7 を見るだけで、意味が分かってもらえるだろう。

ーーーーー

Perhaps in a nod to the Google partnership on the Nexus 7 tablet, Asus is reportedly getting the chance to also make a new Nexus 10 slate. Sources tell Geek.com that’s the plan for a refresh of Google’s larger Nexus tablet, currently built by Samsung. A new Nexus 10 is expected by this year’s holiday season, says the enthusiast site.

おそらく Asus は、Nexus 7 タブレットにおける、Google とのパートナーシップに納得したのだろう。 そして、伝えられるところによると、新しい Nexus 10 スレートを作成するというチャンスを得ている。情報筋から Geek.com への話によると、現時点では Samsung により製造されている、Google の大型 Nexus タブレットの計画が、刷新されるという。愛好家サイトにアップされた情報によると、この、新しい Nexus 10 は、今年のクリスマス・シーズンには出荷されると期待されている。

If this deal pans out, I wonder if it has to do with two particular aspects: Costs and power.

この取り組みが上手くいくなら、Asusu が注力すべきは、コストと消費電力という、2つのポイントになるはずだと思う。

The forerunner to the original Nexus 7 was shown on stage by Asus at Nvidia’s 2012 Consumer Electronics Show press event. Aside from touting the performance of the Tegra 3 chip, Asus said it could offer the tablet for under $299; a good price point back then, which drew applause. “Wait… what if we could offer it for $249?” was the next line to which the applause increased. That $249 tablet became the basis for the Nexus 7.

最初の Nexus 7 の原型は、Nvidia 2012 Consumer Electronics Show のプレス・イベントで、ASUS がステージ上で紹介したものとなる。Tegra 3 チップの性能を売り込むのとは別に、Asus は $299 を下回る価格で、そのタブレットを提供することが可能だと発言し、その経済性を高く評価されていた。しかし、私たちが $249で Nexus 7 を手にできているという事実も、少し考えて欲しい。それが、称賛を呼んでいるのだ。つまり $249 のタブレットが、Nexus 7 のベースになったのだ

Clearly, Asus is capable of making a solid device at a relatively low price point, which is important for Nexus devices. The current Nexus 10 from Samsung starts at $399 for a 16 GB model. Samsung has a great supply chain management, but may look for higher profit margins than Asus, meaning a refreshed model could be priced lower than the current model or have more advanced hardware for the same, or not much more price. The new Nexus 7, costing $30 more than the prior model — but with much better components — is a good example.

明らかに、Asus は相対的に低い価格で、ソリッドなデバイスを作ることが可能であり、その点が Nexus デバイスというブランドにおいて重要になる。 現行の、Sumsung による Nexus 10 は、最も安価な 16 GB モデルが $399 である。Samsung は、素晴らしいサプライチェーン・マネジメントを持っているが、ASUS よりも高い利益率を求めるだろう。 つまり、Google は新たなモデルを、現行モデルよりも低価格なものにしたいのだ。さもなければ、価格は変えずとも、より先進的なハードウェアが望まれる。新しい Nexus 7 は、以前のモデルよりも $30 ほど価格が引き下げられているが、さらに洗練されたコンポーネントで構成されているのだ。

Samsung has also gained much from adopting Android. Perhaps too much. It currently takes the most profit from the Android market and doesn’t even market its products as running the Android platform. Instead, these are all Samsung Galaxy devices running TouchWiz. That can’t sit well with Google, although it still reaps benefits from Galaxy owners by gathering data from them.

また、Samsung は、Android を採用することで、多くを利益を得ている。 それは、おそらく、多すぎるのだろう。現時点において、Android マーケットから最大の利益を吸い上げているが、Android プラットフォームを走らせるという意味で、充分なプロダクトを販売していない。それに代えて、すべての Samsung Galaxy デバイスは、TouchWiz を走らせているのである。それにより、Galaxy オーナーからデータを収集し、利益を得ているが、そのこと自体が Google の利益と相反しているのだ。

I think Geek’s sources are correct on this one, although I’m not sure how much better a new Nexus 10 can be. I have the current model and it’s certainly not long in the tooth.

Geek の情報筋は正しいと思うが、新しい Nexus 10 が、どれほど良いものになるのかどうか、確証が取れているわけではない。私は、現行のモデルを持っているが、それが時代遅れだとも思えないのだ。

The 2560 x 1600 resolution display is outstanding and Samsung’s dual-core Exynos chip paired with 2 GB of memory keeps performance at a reasonably fast level. If I had to guess on what improvements Asus could make, I’d say a chip upgrade to the Snapdragon 800, a better camera sensor, 802.11 ac Wi-Fi support and the addition of wireless charging. And if any company can do that for $349 to $379, Asus would be it.

2560 x 1600 という解像度のディスプレイは、傑出したものである。 そして、Samsung の Dual-Core Exynos チップと 2GB メモリの組み合わせは、それなりの高性能を維持している。Asus の改善策を推測する必要があるなら、Snapdragon 800 へのアップグレードと、より優れたカメラ・センサー、802.11 ac Wi-Fi、ワイヤレス充電などを挙げておきたい。そして、どのマニファクチャであっても、$349~$379 の価格帯を実現できるなら、Asus にとっても、問題のないことなのだろう。

Related research

ーーーーー

TAG index先日に、『 Asus は Windows RT から撤退するのか? 』という抄訳をポストしましたが、あのように Asus が表明する背景には、ひょっとすると Google とのビジネスがあるのかもしれませんね。 そして、Sumsung ですが、文中にもあるように、Android マーケットで一人勝ちという状況です。Google は Android を成長させつつ、マニファクチャー間の均衡を図れるのでしょうか? なかなか、興味深い局面に差し掛かっているようです。image

ーーーーー

<関連>

新しい Nexus 7 は、薄くて 軽くて Retina で $230 だ!
Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う
Google の Chromecast は、ある種のゲーム・チェンジをもたらす
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場
Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?
Google Play も 500億 ダウンロードを通過した!

Dell が中国向けに提供する Streak Pro は、百度 OS を搭載する初のスマホだ!

Posted in .Chronicle, Asia, Dell, Mobile by Agile Cat on December 21, 2011

Dell Announces the Streak Pro in China; Powered by Baidu Yi OS
by
Pathik Shah | Tuesday, 20th Dec 2011
http://techie-buzz.com/mobile-news/dell-streak-pro-baidu-yi.html

_ Techie Buzz

Dell has officially unveiled the new Dell Streak Pro in China, at a press conference in Beijing. It will be the first smartphone powered by the new Baidu Yi platform. It will be available on China Unicom and packs in some really impressive hardware.

Dell は Beijing でのプレス・カンファレンスで、中国市場向けの新 Dell Streak Pro を、オフィシャルに披露した。 そのスマートフォンは、最新の Baidu Yi プラットフォームからパワーを供給される、最初のデバイスになるだろう。そして、China Unicom から提供されるが、ハードウェアとしては、いくつかの注目すべき点が含まれている。

imageIt comes with a dual core 1.5 GHz Qualcomm processor and a 4.3 inch SuperAMOLED display with a resolution of 960 x 540 pixels. It comes with Baidu’s new Yi smartphone platform, which is customized for Chinese customers. It comes integrated with a lot of popular Baidu services, and is also compatible with Android apps. It will presumably come with an 8 MP camera.

Qualcomm の 1.5 gHz – Dual Core プロセッサと、4.3 inch – 960 x 540 Pixel の SuperAMOLED ディスプレイ実装される。そして、Baidu の新 Yi Smartphone Platform は、中国の顧客向けにカスタマイズされたものとなる。 さらに、人気を集めている数々の Baidu サービスと統合され、Android アプリケーションとの互換性も持つ。 カメラに関しては、おそらく 8 MP が提供されるだろう。

Dell has focusing on China a lot lately. It recently launched the Streak 10 tablet there, and now a new smartphone exclusively for China.

最近の Dell は、中国市場への注目度を高めている。 そして、この市場向けに Streak 10 タブレットの供給を開始し、今回は、新しいスマートフォンを提供することになった。

“Dell will choose to release more and more products for China, as its first place to launch in the world, because China is becoming an important market,” said Michael Yang, Dell’s President of Greater China.

「Dell は世界に供給するプロダクトを、最初は中国向けに立ち上げることになるだろう。 それ程まdねい、中国は重要な市場になっているのだ」と、Dell の President of Greater China  である Michael Yang は発言している。

Dell had first launched a variant of the Dell Streak Pro in Japan earlier in September, but it was powered by Android 2.3 Gingerbread. It may launch the globally soon, but hasn’t revealed anything on that front yet.

すでに Dell は、最初の  Dell Streak Pro(別種)を、この 9月に日本で立ち上げているが、その OS は Android 2.3 Gingerbread である。 また、グローバル市場向けの出荷も近々に予定されているようだが、現段階では何も発表されていない。

Here’s the official announcement by Dell: Dell launches Streak Pro smartphone for customers in China

以下に、Dell による オフィシャル・アナウンスメントが提供されている: Dell launches Streak Pro smartphone for customers in China

ーーーーー

TAG index普通に考えると、Android のフォークっぽい感じがしますが、実際は どうなんでしょうね? すでに HTC も、Facebook フォンの変種である新浪フォンを、中国市場に投入しているように、この巨大市場がモバイルの世界におよぼす影響力は、ますます大きくなっていくのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google は Android で、$ 2.5 B の年商を計上したって?
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
Google と 中国政府の予定調和を分析する - WIRED が深い洞察を提供
台湾政府のしたたかなクラウド戦略
中国ソーシャルメディア事情

 

%d bloggers like this: