Agile Cat — in the cloud

OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference

Posted in OpenStack by Agile Cat on March 1, 2012

OpenStack Sandbox and API Reference Site Launched
http://wp.me/pwo1E-3Yb
By Joe Brockmeier / February 17, 2012 1:31 PM 
http://www.readwriteweb.com/cloud/2012/02/openstack-sandbox-and-api-refe.php

_ Read Write

Developers working with OpenStack now have a Sandbox and a separate one-stop shop for the OpenStack APIs. The API site is "inspired by" sites like Twitter’s API resource page, and includes the OpenStack Identity 2.0, Compute 1.1 and Image 1.0 APIs. The OpenStack Sandbox provides a test environment for developers to try their code against.

OpenStack を用いて作業するデベロッパーたちは Sandbox と、OpenStack API に対応するワンストップ・ショップを使えるようになった。 この API サイトは、Twitter API リソース・ページのような "inspired by" サイトであり、OpenStack Identity 2.0/Compute 1.1/Image 1.0 API を取り込んだものとなる。 この OpenStack Sandbox は、デベロッパーたちが自身のコードを試すためのテスト環境を提供する。

Anne Gentle announced the OpenStack API reference yesterday to the OpenStack mailing list. It’s not 100% complete yet, Gentle says that Object Storage hasn’t been added yet. The site also doesn’t reflect non-standard extensions that may be used on some deployments, but is similar to the installation on the OpenStack Sandbox.

昨日(2/16)のことだが、Anne Gentle は OpenStack メーリング・リストで、OpenStack API リファレンスを発表した。 それは、100% の完成度というものではなく、まだ Object Storage が加えられていないと、Gentle は発言している。 さらに、このサイトは、いくつかのディプロイメントに用いられるだろう、非標準の拡張を反映していない。 それは、OpenStack Sandbox 上でのインストレーションに関しても同様である。

_openstack-logoJay Pipes announced the Sandbox yesterday on the OpenStack blog. Developers register for the service by joining the Facebook Group, and then receive a username, password and "Stack Dollars" for the sandbox. Says Pipes, "When you perform certain actions in TryStack – launching instances, creating volumes, etc – you consume Stack Dollars. Likewise, instances consume Stack Dollars as long as they are running. When you run out of Stack Dollars, you won’t be able to use TryStack services until your Stack Dollars are replenished."

やはり、昨日(2/16)のことだが、Jay Pipes は OpenStack ブログで、Sandbox について発表した。 Facebook Group に参加することで、このサービスに登録したデベロッパーは、続いて、ユーザ名と、パスワードと、"Stack Dollars" を受け取る。 Pipes は「インスタンスの立ち上げや、ボリュームの作成といった、TryStack 内での特定のアクションを実施するときに、Stack Dollars が消費される。さらに、それらのインスタンスが実行されている限り、Stack Dollars が消費される。 そして、Stack Dollars を使い果たされると、あなたの Stack Dollars が補充されるまで、TryStack サービスが使えなくなる」と発言している。

The refresh rate for Stack Dollars hasn’t been established yet, but the FAQ says "you should find you have ample credits available for almost any testing scenario. One tip: If the size of the server instances you launch doesn’t matter too much to your tests and experimentation, you’ll get more life out of your account by launching smaller instances. "

Stack Dollars リフレッシュ・レートは、まだ確立されていないが、FAQ には以下の文言がある。「 ほとんどのテスト・シナリオのために、利用可能な十分なクレジットが提供されている。  Tips:  立ち上げるべきサーバー・インスタンスのサイズが、対象となるテストと実験にとって重要でなければ、小さなインスタンスを立ち上げることで、あなたのアカウントは、長いライフ・タイムを持つだろう」

Developers also need to be aware that instances will only remain alive for up to 24 hours. (This is to keep the sandbox from being used "for evil" and to make sure everyone has an ample shot at sandbox time.)

さらにデベロッパーは、インスタンスのライフ・タイムが、最高で 24時間に制限されていることを知るべきである。 (それは、Sandbox の悪用を防ぐためのものであり、また、誰もが十分な Sandbox タイムを確実に持てるようにするためである)

The current Sandbox is based on OpenStack Diablo and lacks a Swift deployment. Another availability zone, using Essex, is planned for the OpenStack Sandbox "in the next three to six months." This will be hosted in Las Vegas on HP hardware. Pipes also says that an installation of Swift object store is on the horizon, either as a separate availability zone or as part of the upcoming Essex deployment.

現時点の Sandbox は、OpenStack Diablo をベースにしたものであり、Swift のディプロイメントを欠いている。 もう1つの アベイラブル・ゾーンは、Essex を用いるものであり、そのための OpenStack Sandbox は、3ヶ月~6ヶ月後に計画されている。それは、 Las Vegas の HPハードウェア上にホストされるだろう。さらに Pipes は、Swift Object Store のインストールが、近い将来に予定されており、別のアベイラブル・ゾーンもしくは、Essex ディプロイメントの一部として提供されると、発言している。

If you’re a Facebook-hater, a non-Facebook registration process is in the offing as well.

もし、Facebook が嫌いなら、非 Facebook 登録プロセスも提供されるので、少々待って欲しい。

Given that Amazon has made available a free tier of AWS for some time, it’s probably a smart move on the Stacker’s part to have a free sandbox for developers to test against. Anybody signed up for this one yet? Let us know how the experience goes.

Amazon がしばらくの間、AWS のフリー・ティアを提供しているなら、デベロッパー・テストのための無償 Sandbox 持つという意味で、Stacker にとってスマートな対応となる。 あなたは、もう登録しただろうか? そのようなエクスペリエンスが得られたのか、私たちに知らせて欲しい。

See Also

ーーーーー

TAG indexSandbox とAPI Reference の提供とは、とてもステキなデベロッパー支援のプログラムですね。 日本でも、CUPAおよび、OCC、CBA、北海道大学情報基盤センター、NTT Com の5団体が、OSS クラウド基盤技術を促進するための、「オープンクラウド実証実験タスクフォース」を立ち上げています。こうした、デベロッパー支援により、OSS クラウドの普及が加速していくと期待したいですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AT&T が OpenStack に参加した!
OpenStack における SDN コネクションを探求する _1
OpenStack における SDN コネクションを探求する _2
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
Rackspace が提供する、OpenStack ベースのプライベート・クラウドとは?

 

OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる

Posted in .Selected, Businesses, OpenStack by Agile Cat on November 1, 2011

First OpenStack cloud now open for business
By
Derrick Harris Oct. 27, 2011
http://gigaom.com/cloud/first-openstack-cloud-now-open-for-business/

_ Gigaom

Managed-hosting provider turned cloud provider Internap now has an OpenStack-based cloud ready for public consumption, beating even OpenStack founder Rackspace to the punch. It’s a big day for OpenStack, the open-source cloud computing platform designed to rival VMware and create competition for Amazon Web Services, but it’s likely only the first of many.

マネージド・ホスティングからクラウド・プロバイダに転じた  Internap は、OpenStack のファウンダーである Rackspace に先じて OpenStack ベース・クラウドを手にし、パブリックに提供することになった。 それは、VMware に対抗し、また、Amazon Web Services と競合するためにデザインされた、オープンソース・クラウド・コンピューティング・プラットフォームである、OpenStack にとって重要な日となるが、この後に連なる数多くの発表の、単なる一番手に過ぎないとも言える。  

Internap was able to be the first out of the gate with a publicly available OpenStack cloud, because it committed to the cause early. The company announced plans for its OpenStack offering in May and got to work building it atop the project’s Cactus release. During a panel session I moderated at the OpenStack Conference in September, Internap’s Ken Pepple described a fairly arduous process made easier thanks to support from the OpenStack community, as well as third-party experts such as cloud-consulting firm Cloudscaling.

Internap は OpenStack クラウドを公式に利用し、最初にゲートを飛び出すことになったが、その理由は、初期からのコミットにある。 同社は 5月の段階で、OpenStack を提供する計画を発表したが、そのプロジェクトは Cactus の上に展開されるものである。 9月の OpenStack Conference で、私がモデレータを務めたパネル・セッションで Internap の Ken Pepple は、OpenStack コミュニティからのサポートだけではなく、クラウド・コンサルティング会社である Cloudscaling などのサードパーティにより、かなり困難なプロセスが容易になったと述べていた。

Internap’s cloud computing portfolio now consists of the OpenStack-Compute-based Open Public Cloud, a VMware-based Custom Public Cloud targeting enterprise users, and a storage offering called XIPCloud Storage that’s built atop the OpenStack Storage framework.

現時点における Internap のクラウド・コンピューティング・ポートフォリオは、OpenStack-Compute ベースの Open Public Cloud および、エンタープライズ・ユーザーを対象としたVMware ベースの Custom Public Cloud、そして、OpenStack  Storage フレームワーク上に構築される XIPCloud Storage というストレージにより構成されている。

It might be faster and easier to deploy a white-label cloud using software from VMware or any of the myriad private-cloud startups, but Internap and others chose to go the OpenStack route because they think being part of a large ecosystem all sharing common APIs and core technologies is worth the extra effort. OpenStack provides some core capabilities around compute, storage and networking, as well as a dashboard, but providers on their own when it comes to capabilities such as billing and other customizations that help distinguish one offering from another.

無数のプライベート・クラウド・スタートアップや、VMware からのソフトウェアを用いて、ホワイト・ラベル・クラウドを迅速かつ容易にディプロイできるが、Internap などが OpenStack ルートで進めることを決めた背景には、すべてが共通化された API とコアテクノロジーを共有する、大規模なエコシステムの一部でいることが、付加的な価値を持つという考えがあるはずだ。 OpenStack は、コンピューティング/ストレージ/ネットワークだけではなく、ダッシュボードに関連するいくつかのコア機能を提供するが、他社との差別化を提供する請求処理やカスタマイズが必要なとき、プロバイダは独力で対処しなければならない。

Aside from Internap, Rackspace, HP, Dell and DreamHost have all announced plans for OpenStack-based clouds, although it’s unlikely they’re alone. HP’s  cloud services are currently available in private beta.

Internap は別として、Rackspace/HP/Dell/DreamHost などは、OpenStack ベースのクラウド・プランを発表しているが、単独で進むことは有りそうもない。 HPのクラウド・サービスは、現時点ではプライベート・ベータとして利用が可能である。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexそういえば、この Internap は、Diablo を待たずに Cactus で実装を開始したのです。そういう背景があれば、Rackspace に先行して一番手というのも、とても納得しやすい話になりますよね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Internap が構築する、OpenStack-Based のパブリック・クラウドとは?
揺れる OpenStack – HP、Dell、Cisco、Citrix の参加と圧力?
Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack
OpenStack の PaaS は、幅広い文脈の中でアプリケーションを駆動する
OpenStack の 1年を振り返り、次の 1年を予測する

HP も OpenStack への参加を表明

Posted in .Selected, HP, OpenStack by Agile Cat on July 29, 2011

HP Joins OpenStack Cloud Project
By:
Jeffrey Burt 2011-07-27
HP is the latest tech vendor to join the open-source OpenStack cloud computing project.
http://www.eweek.com/c/a/Cloud-Computing/HP-Joins-OpenStack-Cloud-Project-884802/

image

Hewlett-Packard is jumping on the OpenStack cloud computing bandwagon, a day after rival Dell unveiled a cloud computing solution based on the open-source software stack.

Hewlett-Packard が、OpenStack クラウド・コンピューティングの流れに乗ってきた。ライバルである Dell が、このオープンソース・ソフトウェア・スタックをベースにした、ソリューションについて表明した 1日後に、このニュースが飛び込んできた。

In a blog post July 27, Emil Sayegh, vice president of cloud services for HP, said the company had joined the OpenStack project, which was kicked off a year ago by Rackspace and NASA and now has almost 100 organizations on its membership list.

7月 27日のブログ・ポストで、HP の vice president of cloud services  である Emil Sayegh は、すでに同社が、OpenStack プロジェクトに参加していることを表明した。言うまでもなく、OpenStack とは、Rackspace と NASA により、1年前に立ち上げられたプラットフォームであり、今では 100 以上の組織が、そのメンバーシップ・リストに掲載されている。

Sayegh noted that HP is the world’s largest technology company and has a broad portfolio of products—from PCs and servers to printers, software, services, storage and networking—that are all key points in a cloud computing environment.

Sayegh が指摘するのは、HP が世界最大のテクノロジー企業であり、また、PC と Server から、Printer および、Software、Service、Storage、Networking にいたるまでの、広範囲におよぶプロダクト・ポートフォリオを有していることである。そして、それら全てが、クラウド・コンピューティング環境における、主要なプロダクトになっていく。

image“HP recognizes that open and interoperable cloud infrastructure and services are critical in delivering the next generation of cloud-based services to developers, businesses and consumers,” he said in his blog post. “It is our belief that close collaboration with developer communities combined with HP’s global portfolio are cornerstones to delivering the right, seamless and secure experiences for our customers.”

「 HP は、次世代のクラウド・ベース・サービスを、開発者/企業/消費者に提供する上で、オープンでインターオペラブルなクラウド・インフラストラクチャが、クリティカルになると認識している。 HP のグローバル・ポートフォリオと連携する、デベロッパー・コミュニティろの密接な連携が、適切/円滑/安全なエクスペリエンスを顧客に提供する上で、きわめて重要になるというところに、私たちの信念がある 」と、彼は自身のブログ・ポストで発言している。

HP is joining a wide range of tech companies—including such rivals and partners as Citrix Systems, Dell, Intel, Advanced Micro Devices, Cisco Systems, Brocade and Mellanox Technologies—that have signed on to the year-old organization, whose goal is to create an open and standard cloud environment for both public and private clouds. All the code for OpenStack is available under the Apache 2.0 license.

HP は、広範囲におよぶテクノロジー企業のグループに加入する。 そこには、Citrix Systems および、Dell、Intel、Advanced Micro Devices、Cisco Systems、Brocade、Mellanox Technologies といった、ライバルやパートナーが居る。それらの企業のゴールは、パブリックとプライベートのクラウドの、オープンでスタンダードな環境を作ることであり、そのために、この、スタートして 1年の組織に参加している。 なお、OpenStack における、すべてのコードは、Apache 2.0 License の下で利用できる。

_openstack-logoAccording to the Website, members “strongly believe that an open development model is the only way to foster badly-needed cloud standards, remove the fear of proprietary lock-in for cloud customers, and create a large ecosystem that spans cloud providers.”

その Web サイトによると、「きわめて重要なクラウド・スタンダートを促進し、また、クラウドの顧客からロックインの危険性を取り除き、そして、クラウド・プロバイダーたちを網羅するエ・コシステムを作るためには、オープンな開発モデルが唯一の方法である」とメンバーたちは信じている。

Dell officials on July 26 rolled out their Dell OpenStack Cloud Solution, which brings together the vendor’s cloud-optimized PowerEdge C servers with the OpenStack cloud platform and Dell’s “Crowbar” OpenStack installer, which manages the deployment and operation of the OpenStack environment.

Dell は 7月 26日に、彼らの OpenStack Cloud Solution を公式に表明した。それは、クラウドに最適化された Dell PowerEdge C Server および、“Crowbar” OpenStack インストーラと、OpenStack クラウド・プラットフォームを組み合わせたものであり、OpenStack 環境におけるディプロイメントとオペレーションを管理するものとなる。

HP’s Sayegh said the company already is taking an active role in the OpenStack community.

HP の Sayegh は、すでに OpenStack コミュニティで、同社たアクティブな役割を果たしていると言う。

“We  see this as an opportunity to enable customers, partners and developers with unique infrastructure and development solutions across public, private and hybrid cloud environments,” he wrote, adding that members of HP’s cloud development group already are working on OpenStack’s Launchpad and channel projects.

「 私たちは、パブリック/プライベート/ハイブリッドのクラウド環境をまたいだ、ユニークなインフラストラクチャと開発ソリューションを顧客や開発者に提供していく、機会を得たと認識している 」と、彼は書き加えている。HP における、クラウド開発グループのメンバーたちは、OpenStack の Launchpad とチャネル・プロジェクトに、すでに取り組んでいるのだ。

HP also is a sponsor of the OpenStack Design Summit and OpenStack Conference in Boston in October.

さらに、HP は、Boston で10月に開催される、OpenStack Design Summit と OpenStack Conference のスポンサーにもなる。

ーーーーー

Dell の翌日に、今度は HP ですか。。。 いやぁ~~~、どんどん加速していますね。 HP に関しては、これも昨日のことですが、竹中工務店との連携の話もありましたね。 本気になってきましたね! スゴイ :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!
OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?
オープンソースはクラウドに適合するのか?

 

Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on July 28, 2011

Dell wants to make OpenStack as easy as 1-2-3
By
Derrick Harris Jul. 26, 2011, 6:42am PT
http://gigaom.com/cloud/dell-wants-to-make-openstack-as-easy-as-1-2-3/

_ Gigaom

On Tuesday Dell announced a reference architecture, open-source software and services offering designed to make deploying an OpenStack-based cloud as easy as following directions. Called the Dell OpenStack Cloud solution, the collection of tools shows that OpenStack will be a driving force in the private-cloud space but also that there will be plenty of competition among vendors trying to sell companies their particular flavor of OpenStack. More and more, the Rackspace-led project looks like the Linux of cloud-computing software.

この火曜日(7/26)に Dell は、リファレンス・アーキテクチャおよび、オープンソースのソフトウェアとサービスについてアナウンスした。 それらは、OpenStack ベースのクラウドを、以下の考察のように容易に、ディプロイするようデザインされている。 それは、Dell OpenStack Cloud ソリューションと呼ばれるツールのコレクションであり、OpenStack によりプライベート・クラウドの領域をドライブするだけではなく、OpenStack フレーバーを販売しようとするベンダーたちに対して、十分な競争力を持つものとなる。 さらに言えば、Rackspace がリードするプロジェクトを、クラウド・コンピューティングにおける Linux のように感じさせてしまう。

image

クリックで拡大 ⇒

For its part, Dell’s reference architecture is based upon its PowerEdge C servers designed for cloud computing, and leverages a Dell-developed software tool called Crowbar. The latter is based on Opscode’s Chef configuration product and manages the deployment and monitoring of the OpenStack Compute and Storage components on the Dell-specified set of resources. And although the reference architecture is designed to serve as a guide, John Igoe, executive director of Dell Cloud Solutions, told me customers can simply order the Dell OpenStack Cloud Solution and Dell will take responsility for racking it, stacking it and deploying it.

その一部において、この Dell リファレンス・アーキテクチャは、クラウド・コンピューティング用に設計された PowerEdge C サーバーをベースとし、Dell が開発した Crowbar というソフトウェア・ツールを活用する。 後者については、Opscode Chef コンフィグレーション・プロダクトがベースになっており、そのディプロイメントを管理していく。 また、Dell が指定するリソース・セット上で、OpenStack の Compute と Storage のコンポーネントを、モニタリングすることも可能だ。 そして、このリファレンス・アーキテクチャが、ガイドとして役立つようにデザインされる一方で、『 顧客はシンプルに、Dell OpenStack Cloud Solution をオーダーできる。 その場合には、Racking と、Stacking と、Deploying について、Dell が責任を持つ 』と、Dell Cloud Solutions の executive director である John Igoe は発言している。  

Dell also is open sourcing Crowbar. Igoe said that means although it’s initially designed to load OpenStack onto the reference architecture, Crowbar lets users build their own “bar clamps” that extend it for specific deployments and applications.

さらに Dell は、Crowbar をオープン・ソース化する。 Igoe の発言によると、当初は自身のリファレンス・アーキテクチャ上に、OpenStack をロードするようデザインされるが、Crowbar によりユーザーは、特定のディプロイメントとアプリケーションを拡張するための、「bar clamps」を構築できるようになる。

imageOn a larger scale, Dell’s new set of offerings further proves that OpenStack will likely be a dominant force in private cloud installations. Igoe said Dell already has closed three or four deals with service providers although the package is just now available. Add that to offerings from Citrix/Cloud.com, Piston Cloud Computing and other products certain to come, and OpenStack appears inescapable as at least a consideration among companies building their own clouds.

大規模スケールにおいて、 Dell が提供する新しいセットは、プライベート・クラウドの実装においても、OpenStack が支配力を有することを証明する。 Igoe の説明によると、Dell のパッケージは提供されたばかりであるが、すでに 3~4 社のサービス・プロバイダーとのビジネスを確立しているようだ。 Citrix/Cloud.com や、Piston Cloud Computing などからの提供物に加えて、その他のプロダクトが登場してきたことで、少なくとも、独自の クラウドを構築しようとする企業から、OpenStack は逃れられないように見える。

Even Abiquo, which recently announced major revenue gains and is closing large customer deals, might support the project. Abiquo CEO Pete Malcolm told me recently that Abiquo is an OpenStack member and might consider supporting it at the infrastructure layer. That would mean customers could use OpenStack for cloud orchestration and Abiquo for self-service and other higher-level management tasks.

つい先日に、大きな収益を得たと発表した Abiquo でさえ、大口のビジネスを確立しており、このプロジェクトをサポートするかもしれない。 Abiquo の CEO である Pete Malcolm は、同社が OpenStack のメンバーであり、自身のインフラストラクチャ層において、OpenStack サポートを検討するかもしれないと発言している。 つまり、クラウド・オーケストレーションに OpenStack を、そして、セルフ・サービスや、高い抽象度でのマネージメント・タスクのために Abiquo を、顧客が利用することを意味する。

image

クリックで拡大 ⇒

However, as Igoe explained, OpenStack won’t necessarily be one big, happy family once it comes to making sales, even if its contributors are unified in the development process. He said Dell’s OpenStack Cloud Solution will utilize the Cactus code release and, ultimately, Citrix’s Project Olympus distribution, but that it won’t necessarily be advantageous to Dell to support every OpenStack distribution that comes out.

しかし、Igoe の説明によると、たとえコントリビューターたちが開発プロセスを共有するにしても、それが販売された後に、OpenStack が幸せな大家族である必要性はなくなる。 そして、Dell の OpenStack Cloud Solution は Cactus コード・リリースを用い、最終的には Citrix の Project  Olympus ディストリビューションを利用するが、これから発表される、すべての OpenStack ディストリビューションをサポートすることが、Dell のアドバンテージになる必要は無いとも発言している。

But that’s the beauty of open source software and why OpenStack looks like such a disruptive force. All the competition just means choice for customers, which makes OpenStack look like its own separate marketplace that might let them bypass even looking at proprietary software. Organizations don’t have to buy into Dell’s vision for it, or Citrix’s or anybody else’s. They’re free to choose an OpenStack product that best suits their needs, or just download the code and do what they please with it on whatever hardware they please.

それは、オープンソース・ソフトウェアの美しさであり、また、OpenStack に破壊的なパワーを感じる理由でもある。 すべてのコンペティションは、顧客による選択を意味する。 つまり、OpenStack に独自のマーケット・プレイスを持たせ、プロプライエタリなソフトウェアの存在さえ、顧客の意識から消しさるようにも思える。そして顧客には、Dell や Citrix などのビジョンを、受け入れる必要性が生じない。 つまり、自身のニーズに適した OpenStack プロダクトを選ぶなり、そのコードをダウンロードするなりし、好みのハードウェア上で、それらを自由に利用できるようになる。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

その位置づけは異なるにしても、Hadoop や Android のように、OpenStack も離陸していくのでしょう。ビジネス・モデルは様々ですが、コアとなるコードを共有することで全体的なコストを引き下げ、その分を顧客のアドバンテージとする発想は、理にかなっていますね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?
オープンソースはクラウドに適合するのか?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura

World of Warcraft を支える AT&T のパワー

Posted in Data Center Trends, Network by Agile Cat on November 27, 2009

WoW’s Back End: 10 Data Centers, 75,000 Cores

Data Center Knowledge より
November 25th, 2009 : Rich Miller

http://www.datacenterknowledge.com/archives/2009/11/25/wows-back-end-10-data-centers-75000-cores/

この世界における大規模なオンラインゲームは、膨大なリソースを必要とする。 そして、このニッチな市場の大物は Blizzard であり、World of Warcraft を運営し、Starcraft と Diablo という名の Battle.net ゲーム・サービスを提供している。それらの3つの世界を行き来する、1150万人のユーザーが利用する World of Warcraft (WoW) は、スケールとジオグラフィカル・スコープを必要とする。

wow-logo

Blizard をホストするのは、データ・センターとネットワークの監視/管理を提供する AT&T である。 同社は、9年にわたって Blizzard をサポートしているが、そのインフラストラクチャは明らかにされていなかった。 しかし、Austin で開催された Game Developer’s Conference で、Blizzard の Allen Brack と Frank Pearce が、いくつかの詳細について語った。

•Blizzard Online Network Services は、世界中に点在する 10ヶ所のデータ・センターで運用されている(Washington, California, Texas, Massachusetts, France, Germany, Sweden, South Korea, China, Taiwan)。
•Blizzard は 20,000 system と 1.3 petabyte storage を、このゲームのために使っている。
•WoW のインフラストラクチャは、13,250 blade server / 75,000 CPU core / 112.5 terabyte blade RAM で構成されている。
•Blizzard のネットワークは、68 人のスタッフで運用されている。
•Blizzard のゲーム・インフラストラクチャは、NOC(Network Operations Center)のような Gglobal NOC であり、データ・センター間をまたぐ際の、画像の遅延を追跡して同期させる機能を持つ。

この AT&T Gaming Core Team は、AT&T の IP network を利用するゲームのために 2004年に設立され、Blizzard を 24時間体制でサポートするための エンジニアとホスティング・スペシャリストで構成されている。

なんか、ここでも Japan が抜けていますね。 日本の WoW ユーザーが、暴動を起こさないようにと願います。。。  それはさておき、キャリアのパワーって、スゴイものがありますね。 --- A.C.

ソッコーで Twitter から反応が・・・

WoWをベータの時からやっている自分としてはこういう記事は非常にうれしい。WoWのデータのダウンロードの仕組みは、実はかなり昔からP2P。そしてWoWでは、X-serverな仕組みが導入されている。 あるServerでエントリーしたユーザーが、複数の他Serverのユーザーと、さらに別のServerでプレイするという仕組みが導入されている。この辺は凄い分散管理。全部リアルタイム。http://twitter.com/okachimachiorz さんでした。。。

<関連>
Virtual Goods and the Cost of Infrastructure
Second Life and the Scalability of Online Games
Engineering Everquest
Gamespot
Gamasutra
ComputerWorld

%d bloggers like this: