Agile Cat — in the cloud

アメリカ政府が取り組む、データセンターの大規模コンソリデーション

Posted in Data Center Trends, Government by Agile Cat on July 27, 2011

Feds Target 292 More Data Centers for Closure
July 21st, 2011 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/07/21/feds-target-292-more-data-centers-for-closure/

_ DC Knowledge

The federal government has has identified an additional 292 data centers that it will close over the next 18 months as it continues its data center consolidation. The Obama administration published a list of 114 facilities it will close between now and the end of 2011, and 178 data centers targeted for closure in 2012.

アメリカ連邦政府は、データセンター・コンソリデーションを継続する中で、今後の 18ヶ月以内に閉鎖するデータセンターとして 292 ヶ所を選定した。 Obama 政権が公表したリストによると、2011年末までに 114ヶ所の、そして更に、2012年末までに 178ヶ所のデータセンターがクローズされることになる。

クリックで拡大 ⇒

A total of 81 data centers have already been closed in the massive consolidation that will hopes to shutter about 800 of the federal government’s 2,094 data centers by 2015. Federal CIO Vivek Kundra cites the huge number of data centers as the leading sign of inefficiency and duplication in the government’s IT operations. The White House says it expects the effort will save American taxpayers as much as $3 billion.

連邦政府が保有する 2,094ヶ所のデータセンターのうち、およそ 800ヶ所を 2015年末までに閉鎖するという、大規模なコンソリデーションの一環として、すでに 81ヶ所がクローズされている。 連邦政府の CIO である Vivek Kundra は、政府の IT オペレーションにおいて非能率で重複する、莫大なデータセンターの存在について言及している。そして White House は、この試みにより、およそ  $3 billion の税金が節約されると言う。

The Defense Department is closing the largest number of facilities, accounting for 114 of the 373 total data centers that have been closed or will be closed by the end of 2012. Defense is followed by the Departments of Agriculture (44 facilities) and Justice (36).

Defense Department がクローズするデータセンターは、2012年末までに閉鎖される 373ヶ所という総数のうち、114 ヶ所を数える。 この Defence に続くのが、Departments of Agriculture (44)と、Justice(36)である。

The data centers added to the shutdown list this week are scattered across about 30 states and range from a 195,000 square foot Department of Homeland Security facility in Alabama to four Department of Agriculture data centers in the same zip code, each of which is less than 1,000 square feet.

今週のシャットダウン・リストに加えられたデータセンターは、およそ 30の州に点在するものであり、その規模としては、Alabama にる 195,000平方フィートの Department of Homeland Security ファシリティから、それぞれが 1,000平方フィート以下という、 Department of Agriculture の 4つのデータセンターにまで及ぶ。

クリックでリンク ⇒

A full list of the data centers to be closed has been published on Data.gov, which allows you to filter by departments and closure date. It also enables users to view the facilities on a Google map, which we’ve embedded below. It can also be viewed directly on the Data.gov web site.

これらのクローズされるデータセンターの完全なリストが、Data.gov 上で発表されているが、部門や日付などでフィルタリングすることも可能だ。そして、右記に示すように、 Google Map 上に個々のファシリティを重ねあわせることができる。 それらは、Data.gov Web サイト上でも確認できる。

ーーーーー

財政の逼迫という問題もありますが、本質的に必要なものと不要なものを切り分け、IT の進化に応じたコンソリデーションを実施していくという姿勢に拍手です。 そして、情報を公開することで、民間レベルでも利用することが可能な、IT のリソース/コストに関する指標も出来上がっていきます。素晴らしい。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

アメリカの政府機関が tumblr を使い始めた!
USA Today が提供する、アメリカ国勢調査の分析 API
Facebook と Zuck が、Obama 大統領のライブ・イベントをホストする – 4月20日
すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは?
Data.gov が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?

USA Today が提供する、アメリカ国勢調査の分析 API

Posted in .Selected, API, DaaP, Government by Agile Cat on June 23, 2011

Analyze 2010 U.S. Census Trends With the USA Today Census API
Allen Tipper, June 9th, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/06/09/analyze-2010-u-s-census-trends-with-the-usa-today-census-api/

_ ProgrammableWeb

The US Census is a treasure trove of valuable information for many people. From salesmen trying to market to curious people trying to learn about new cultural trends, the Census is a great source of information. Accessing this data in a computer readable form is sometimes difficult, however. The USA Today Census API simplifies the process, at least for the 2010 census.

アメリカ国勢調査は、数多くの人々にとって貴重な情報の宝庫である。たとえば、新しい傾向などに興味のある人々に対して、セールスの作戦を考えるとき、この国勢調査は素晴らしい情報源となる。 ただし、このデータを、コンピュータでアクセスして、読みだすことが難しいときがある。 しかし USA Today Census APIでは、少なくとも 2010年の国勢調査位について、このプロセスを単純化している。

From USA Today’s announcement:

clip_image001Since its founding, USA TODAY has focused on covering the entire country, not just one region or group of people. We cover who the American people are and how they live no matter where they live. One way we do this is to pay a lot of attention to demographic data. Our reporters analyze it constantly and talk to many people about what it means.

That’s why we’re excited to share the USA TODAY Census API. It’s a simple way to pull highlights from Census 2010 for tens of thousands of places. For these data points, we also have data available from Census 2000 to allow comparisons (though open access here is limited to 2010 data, please contact us at api@usatoday.com if you are interested in full access). Data includes basic demographics, such as population totals, and ready-to-use percentages for subjects such as race and housing vacancy.

USA Today のアナウンスメント

USA TODAY は創立時から、特定の地域や人々のグループだけではなく、この国の全土と、すべての人々にフォーカスしてきた。どこに住み、どのような生活していても、その人がアメリカ国民であれば、私たちは注目していく。 それを可能にする 1つの方法は、人口統計データの詳細にまで注意を払うことである。 私たちのリポーターは、それを常に分析し、また、その意味を多くの人々に説明する。

そこに、USA TODAY Census API を共有し、また、嬉しく思う理由がある。 つまり、数えきれないほどの地域について、Census 2010 からのハイライトを引き出すための、シンプルな方式が提示される。 それぞれのデータ・ポイントにおいて、Census 2000 から得られる情報を比較できる(オープンまアクセスは、2010年のデータに制限されるが、フル・アクセスに興味があるなら api@usatoday.com まで連絡して欲しい)。このデータには、基本的な人口統計が含まれており、選挙や空き家探しといった用途に、ただちに対応できる。

You can search info about Population, Race, and Housing for any area you choose, using intelligent keywords. You can get all of the data about a place, or just one of those, with different calls. Access to population history is available, but requires contacting them, and most likely paying an unspecified amount. Even with just the 2010 data, one could figure out a lot of useful things.

あなたは、インテリジェントなキーワードを用いて、人口、人種、住宅などの情報を、あらゆるエリアから検索できる。 また、ある地域の全データを入手することも、特定のデータを入手することも可能である。 人口の履歴へのアクセスも可能であるが、事前に確認して、データ量に応じた対価を支払うことになるだろう。 ただし、2010 年のデータだけであっても、有用な情報を得ることができる。

image

It would be great to see this API integrated into CityClash (pictured above), which I covered in April in a best new mashups post. CityClash provides city ratings and rankings by people.

この API を統合している CityClashは、適切な事例となるだろう。それは、4月の Best New Mashups Post でカバーされている。 CityClash は、人口データを用いた、都市の評価と順位を提供している。

The Census API is one of 8 USA Today APIs. Like the others, this one is RESTful. The Census API uses a mildly nonstandard JSON format, but most parsers should be able to deal with it. You will need an API key, which you can get at USA Today’s developer site. Although this one is free, be sure to read their Terms of Use, which include the need to give proper attribution when using their API. After jumping through those hoops, however, there’s a lot of great data there.

Census API は、USA Today が提供する 8種類の API の 1つである。 その他のと同様に、RESTful を使用している。 Census API は、標準とは言えない JSON フォーマットを使用するが、大半のパーサーにおいて、その取り扱が可能であるべきだ。 あなたは、API キーを必要とするようになるが、USA Today デベロッパー・サイトから入手できる。 それは無償であるが、必ず Terms of Use を読んで欲しい。そこには、この API を利用する際に必要となる、正式な権利関係が記されている。 それらの関門を潜り抜ければ、大量の素晴らしいデータが利用できるようになる。

ーーーーー

The USA Today って、アメリカでホテルに泊まると、毎朝 ドアの下から放り込まれる、あのタブロイド紙のことですよね。 これまで、手にとって眺めるということも、ほとんど有りませんでしたが、この記事を読む限り、言っていることと、やっていることが、キチッと噛み合っている新聞なのですね。 また、最近では 『 Facebook でプライバシーを護るための、8種類のプロテクション 』という記事が、USA Today からのものだったので、驚きました。というわけで、早速 Tech Blog を iGoogle に RSS フィードです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは?
Data.gov が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
2011 年の クラウド API について、5 つのポイントを予想する

 

Data.gov が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?

Posted in .Selected, API, DaaP, Government by Agile Cat on April 4, 2011

Data 2.0 Coming Next Week as Data.gov Future Uncertain
Adam DuVander, April 1st, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/04/01/data-2-0-coming-next-week-as-u-s-unplugs-data-gov/

_ ProgrammableWeb

Data 2.0 is a conference about information accessibility and how open data can solve problems in business, social and government. Coming next week from San Francisco, the conference will see companies like InfoChimps, Factual andFluidInfo (who all have APIs) coming together to explore the continued opening of data. Yet, the conference is also perfectly timed to discuss the recent news that some U.S. open data initiatives may not survive the month.

Data 2.0 は、情報へのアクセシビリティに関するカンファレンスであり、また、企業/社会/政府における問題を、オープンなデータにより解決する方式を示していく。 この、San Francisco で来週に開催されるカンファレンスには、InfoChimpsFactualFluidInfo (各社とも API を提供) といった企業が集まるため、データのオープン化に関する継続的な取り組み確認できるだろう。 さらに、アメリカにおける各種オープン・データ協議会が、現時点で抱えているニュースについて、議論を積み重ねるための最適なタイミングを提供する。

Image(2)The largest open data initiative from the U.S., Data.gov, is on the chopping block along with seven other sites, according to ReadWriteWeb. When Data.gov launched in 2009, we looked at what’s in Data.gov. The site was unveiled with much optimism about open government data, something long spearheaded by the Sunlight Foundation. According to that organization, funding may run out on April 20 and its set up a campaign to spare the sites.

ReadWriteWeb によると、アメリカ政府における最大のオープン・データ・イニシアティブである Data.gov は、他の 7サイトとともに、逃げ場のない状況に追い込まれているという。 Data.gov が 2009年に立ち上がったとき、その内容に、私たちは注目した。 このサイトは、Sunlight Foundation により、長期間にわたり主導されてきたが、オープン・ガバメント・データについて楽観的に捉えすぎたことが明らかになっている。 この組織によると、4月20日で資金が枯渇するため、支援を仰ぐためのキャンペーンを行うという。

That’s quite the backdrop for an open data conference. Of course, there are many other governments besides the U.S. federal government that are continuing to open data. Even within the U.S., cities and states are making data available. Most notable may be New York City’s Big Apps contest, which just completed its second year.

まさに、それがオープン・データ・カンファレンスの背景である。 もちろん、アメリカ連邦政府のほかにも、データのオープン化に取り組んできた、数多くの行政組織がある。 アメリカ国内では、市と州がデータを利用できるようにしている。最も注目すべきは、New York City の  Big Apps コンテストであり、2年間を経過した状況にある。

Then, of course, businesses are also releasing data, too. Some are charging for it via Data as a Service and API growth doubled in 2010. All aspects of open data are on the docket for the Data 2.0 conference. The high-profile speakers and packed schedule promise a thought-provoking conference about data.

そして、もちろん、数多くの企業もデータを公表している。 その中の数社は、Data as a Service と、2010年に 2倍増した API を介して、収益をあげようとしている。 オープン・データに関する全ての局面が、この Data 2.0 カンファレンスに集まっている。 データについて考えるカンファレンスが、注目を集めるセッションスピーカーたちにより、成功して欲しいと考える。

ーーーーー

な、なんと、Data.gov が危機にあるとは、ほんとに驚いてしまいましたよ。こうしたカンファレンスでパワーを取り戻して欲しいと思います。この programmable Web を読んでいると、すごい勢いて クラウド API が増えてきているだけに、Data.gov が失速しないように、支援の手が伸びると良いですね。 この Data 2.0 カンファレンスは、日本時間の今夜に開催されるようです。 成功を祈りましょう!  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

eBay と PayPal が、API 統合のための開発チームを結成
Facebook 関連の クラウド API を調べたら 21 個が見つかった
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
TOPSY の Twitter 分析 API は、5 億クエリー/月 を処理する!
Web デベロッパーが知っておくべき、15種類の オープンソース・プロジェクト

%d bloggers like this: