Agile Cat — in the cloud

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by agilecat.cloud on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/04/15/china-data-center-server-standard-project-3-0-to-announce-at-year-end-2015-cloud-cloudcomputing-china-datacenter/
 
_ Digi Times
 
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
 
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
 
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
 
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
 
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
 
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
 
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
 
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
 
ーーーーー
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

Posted in On Monday, Private Cloud by agilecat.cloud on March 30, 2015
Cloud Computing: Why Private Clouds Fail
Dick Weisinger – March 20, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-why-private-clouds-fail/
formtek.png
While many businesses are pursuing the benefits of cloud technology while maintaining a handle on security by building private clouds, increasingly the opinion is that most of these projects are doomed to fail.  Both Gartner and Forrester have noted that the private cloud project failure rate is high.
 
数多くの企業がクラウド・テクノロジーのメリットを追求しているにもかかわらず、さらに言えば、プライベート・クラウドを構築することでセキュリティを制御しているにもかかわらず、こうしたプロジェクトの大半が失敗する運命にあるという意見が後を絶たない。Gartner と Forrester の両者が、プライベート・クラウド・プロジェクトの失敗率が高いことに注目している。
 
Dali_4Tom Bittman, Gartner analyst, reports that 95 percent of attempts by businesses to build private clouds run into serious problems.
 
Gartner の アナリストである Tom Bittman は、企業が構築に取り組むプライベート・クラウドの 95% が、深刻な問題に直面するとレポートしている。
 
Matt Assay, for example explained the problem, saying that “if the whole purpose of cloud computing is to enable elasticity of resources to drive business flexibility, setting up an internal cloud (as opposed to provisioning data center resources) simply won’t get an enterprise far. Companies often dress up virtualization as cloud and predictably fail to get promised cloud benefits.”
 
Matt Assay は、この問題における1つの側面について、「クラウド・コンピューティングにおける全体的な目的が、ビジネスの柔軟性を促進するためのリソースに、拡大収縮性を与える点にあるとするなら、社内に構築するクラウド(DC にリソースをプロビジョニングするのではなく)がエンタープライズの域に達することは、シンプルに言って有り得ない。それらの企業の大半は、あたかもクラウドのように仮想化をドレスアップするが、約束されたクラウドの利点を得ることができずに、失敗にいたるケースが多い」と発言している
 
Assay quotes Andy Jassy, Amazon Web Services (AWS) executive, who said that “companies usually are not able to provision accurately the amount of data center capacity that they require, and this problem recurs when they create their own internal cloud infrastructure.”
 
Assay は Amazon Web Services (AWS) の幹部である Andy Jassy の発言を、「一般的に見て、ユーザー企業が必要とするデータセンター・キャパシティを、彼ら自身が正確にプロビジョニングすることは不可能だ。そして、社内クラウドのインフラを構築するとき、この問題が繰り返して発生することになる」と引用している。
 
As Gartner’s Bittman commented: “jamming cloud into your existing process model and organization structure ain’t gonna work.”
 
Gartner の Bittman がコメントするように、「既存のプロセス・モデルや組織構造に、気軽な気持ちでクラウドを溶けこませようとしても、そんなものは機能しない」となるのだろう。
 
Why do private clouds fail?  The reasons may be no different than why any kind of project can fail, for example:
 
プライベート・クラウドが失敗する理由は、いったい何処にあるのだろうか? その理由は、あらゆるプロジェクトにおける失敗の理由と、同じなのかもしれない。 以下に例を示す
 
  • Expectations aren’t properly managed. Avoid excessive hype of potential benefits.
  • Misunderstood business requirements
  • Evaluated on the wrong metrics. The cloud brings more benefits than just potential cost savings.
  • Lack of strategic planning
  • Lack of a holistic architecture
  • Lack of appropriate technical skills
  • Use of inappropriate IT tools
  • Trying to do too much at once
  • Failure to use the public cloud when appropriate
 
  • 期待値が正しく定義されていない (潜在メリットの過度の期待に惑わされる)
  • ビジネス要件を正確に理解できない
  • 誤った基準で評価してしまう (クラウドの利点はコスト削減だけではない)
  • 戦略的プランニングの欠落
  • トータルなアーキテクチャの欠落
  • 適切なテクニカル・スキルの欠落
  • 不適切な IT ツールの選択
  • 多すぎる目標を、一度に処理しようとする
  • パブリック・クラウドが適しているときに、それが使えなくなる
 
ーーーーー
On Mondayプライベート・クラウドを構築しようとしても、いろいろなレベルに、いろいろな問題が潜んでいるのだろうと思います。文中にもあるように、必要とするだけのコンピューティング・リソースを、ほんとうに社内に展開できるのか、という指摘もあるでしょう。 さらに言えば、構築されたプライベート・クラウドは、容易かつ正確に、運用されなければなりません。 そして、その責任はユーザー企業に委ねられるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on March 29, 2015
本音がバシバシ飛び交う、とっても内容の濃い集まりになりました・・・
 
cna-banner
 
Agile_Cat もお手伝いしている、MSPJ こと 日本MSP協会が主催する、オペカンことオペレーション・カンファレンスが、先週の金曜日に開催されました。 ひとことで言うと、あの「運用でカバー」というフレーズを「この世から抹殺」するために、私たちの手離れの悪いビジネスに真摯に取り組み、すべての関係者が幸せになる道筋を探して行こうという、すばらしい目標をを持つ集まりになりました。本来であれば、Reuter や WSJ といった欧米のメディアや、Cloud News Asia がお世話になっているアジアの各メディアが取材にきて、いまごろは、その存在が世界に発信されているべきものなのですが、それは次回に乞うご期待ということで ^^; こうして Agile_Cat が、ほぼ独占的にコンテントをポストしているわけです。
 
当日は、13:30 に始まり、18:00 に終了するという、とても長丁場のカンファレンスになりましたが、約100名の参加者が、誰も途中で帰ることなく、最後まで聞き入るという展開になりました。 プログラムは、以下のとおりです:
 
MSPJ日本MSP協会設立の背景と狙い
日本MSP協会事務局長
テコラス 伊勢幸一さん
 
ザ・運用 ~ 運用とは何か、
運用とはどのようであるべきか
運用設計ラボ 波田野裕一さん
 
クラウドプロバイダとMSP
日本マイクロソフト 高添修さん
 
ここで休憩が入り、その後に「Lightning Talks:僕が、私が考えるMSP」が、クラウド利用促進機構の荒井康宏さんをチェアにして、後半の幕開けとなりました。 そして、「運用ツール大全集」というテクニカル・セッションが、ハートビーツ 馬場俊彰さん/クリエーションライン 前佛雅人さん/ニスコム 綱島政人さん/スカイアーチネットワークス 神津崇士さんによる、ディスカッション形式で続きました。
 
最後は、「マネージドサービスビジネスの最新動向と活用事例」というタイトルの、モデレータをニスコムの三石剛史さんにしたパネルディスカッションでした。パネラーとして、ハートビーツ 藤崎正範さん/ネットワンシステムズ 藤田龍太郎さん/フォネックス・コミュニケーションズ 柴崎英明さんが並び、「そこまで言っちゃって良いのでしょうか・・・」的な、とても刺激的な発言がポンポンと飛び出して、とても興味深く聴かせてもらいました。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/25: IBM to team up with Chinese company and make Obama unhappy
ChinaThe International Business Machines Corporation (IBM) and China’s Beijing Teamsun Technology recently announced their cooperation, allowing the latter based on IBM’s technologies to develop and sell domestic innovation products–a move seen provoking the Obama administration, ThePaper.cn reports.
 
② 3/24: Taiwanese developers crowned champions in Microsoft app contest
TaiwanMicrosoft Taiwan on Monday announced the winners of the company’s Community Champion app development competition, which saw two Taiwanese teams rise above 605 teams of 805 software developers from across Taiwan, Japan, and Malaysia. The competition is designed to promote Azure, Microsoft’s cloud computing platform and infrastructure.
 
③ 3/25: Panasonic Working on Royalty Free Internet of Things Software
JapanPanasonic is opening up its software and patents on Internet of Things technologies along with contributing more to the AllSeen Alliance, a major group working on open source IoT devices and software. It has sided against making all patents open source, clearly protecting some of its more valuable ideas and software.
 
④ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7 M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu.
 
⑤ 3/9: Samsung receives record pre-orders for S6, Edge
KoreaBARCELONA, Spain ― Samsung Electronics has received record orders for its recently unveiled flagship devices ― the Galaxy S6 (S6) and Galaxy S6 Edge (S6 Edge). “Samsung received some 20 million pre-orders for the S6 and S6 Edge _ 15 million of S6 and five million of the S6 Edge from mobile carriers, worldwide.
 
⑥ 3/28: Oracle to hire 1,000 in Asia-Pacific, 300 in India
IndiaBENGALURU: Global datebase software product major Oracle has announced that it would hire about 1,000 people across Asia-Pacific (APAC) to expand and strengthen its sales force in the region. “About 300 of the specialized sales force will be hired in India for cloud and the expansion will help us to drive growth and support demand for our cloud solutions across the region,” the US-based multinational said in a statement here.
 
⑦ 3/10: SingPost and Trikomsel announce mysterious JV in Indonesia
IndonesiaTrikomsel, one of Indonesia’s largest mobile device retailers, and SingPost, one of Asia’s biggest logistics providers for ecommerce, announced a partnership today to take advantage of the growing opportunities of ecommerce in Indonesia. The name – and even the exact nature – of the joint venture is still a mystery. However, the two firms are certain that they will create a company that acts as a partner for local brands and merchants in the ecommerce space.
 
⑧ 3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
TaiwanDemand from emerging markets such as Russia and China for white-box servers directly supplied from ODMs has been increasing, pushing related ODMs to accelerate their paces on establishing full product lineups, according to sources from the upstream supply chain.
 
⑨ 3/24: Samsung to pre-install Microsoft apps on Android tablets
KoreaMicrosoft’s Office apps will be pre-installed in some Samsung tablets running Google’s Android system, extending an agreement to put some Microsoft apps on the new Samsung Galaxy S6 phone. The move is the latest in Microsoft’s efforts to get its cloud-enabled software into the hands of as many customers as possible, regardless of platform or device.
 
⑩ 3/28: Maybank partners 1337 Ventures to find SE Asia’s best startups
MalaysiaFintech seems to be a hot topic in 2015. Maybank, one of Malaysia’s leading banks, wants a piece of it. Maybank has joined the bandwagon through a partnership with 1337 Ventures, a recognized Malaysian technology accelerator, in search of the best fintech ideas in region.
 
ーーーーー
cna_6今週は、MSPJ オペカン特集ということで、普段とは違う構成になりましたが、来週からは、また、いつも通りに戻ります。 上記のとおり、今週もアジアの動きは活発です。そして、Top-10 には入りませんでしたが、SoftBank eyeing stake in Micromax という、とても興味深い記事が Times of India にポストされていました。 この投資が実現すると、どのような展開が次につながるのでしょうか? そう考えると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Enterprise Social by agilecat.cloud on March 24, 2015
ARM estimates 20% market share in servers by 2020
Reuters | Mar 20, 2015, 06.43 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/ARM-estimates-20-market-share-in-servers-by-2020/articleshow/46636095.cms 
 
_ Times of India
 
TAIPEI: British chip design firm ARM Holdings PLC said its market share in servers may touch around 20% by 2020, up from less than 1% now.
 
TAIPEI: イギリスのチップ・デザイン会社である ARM Holdings PLC だが、現時点における 1% 未満という、サーバー・マーケットでのシェアが、2020年には 20% 前後に成長すると述べている。
 
ARM A15“This is a nascent market primed for growth,” Ian Thornton, vice president of investor relations, told reporters and analysts during a briefing in Taipei.
 
同社の VP of Investor Relations である Ian Thornton は、「このマーケットは、成長期に入る直前というタイミングに差し掛かっている」と、Taipei でのブリーフィングで、レポーターやアナリストに説明している。
 
The company’s chip designs are used in 90% of all smartphones worldwide, including those from Apple Inc. It earns royalties from every chip sold.
 
同社のチップ・デザインは、グローバルにおけるスマホの 90% で採用されており、その顧客には Apple も含まれている。そして、すべてのチップ販売に対して、ロイヤリティを請求できる。
 
Thornton said Intel Corp currently holds a more-than 90% share in servers and that ARM would market its chip designs more cheaply than its main rival in this segment.
 
Thornton の話によると、現時点のサーバー市場では、Intel が 90% 以上のシェアを握ることになる。そして、ARM は、このセグメントでの強敵に対して、より安価になるチップ・デザインで立ち向かっていく。
 
ーーーーー
datacenter_55ちょうど一年ほど前に、「台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!」という抄訳をポストしましたが、そう考えると、現時点での 1% 以下のシェアというのも、それほど不自然な話ではありません。 2011年に「ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす」というポストで紹介した、 Calxeda の業績が傾いてしまうなど、いろいろとあった ARM サーバー戦略ですが、これからの 5年間で成長局面へと転換できるのでしょうか? 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Linaro が OCP に参加 : それにより Linux on ARM in DC が加速していく!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
 

今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

Posted in Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on March 21, 2015
新参入の Century Link と、充実の Equinix、そして インドに参入する Xiaomi ・・・
 
cna-banner
 
この 3月は、Alibaba のアメリカ進出があり、その他のクラウド/データセンター関連トピックが、影に隠れてしまったという感じです。 しかし、欧米勢のアジア進出も活発であり、昨日には「Equinix opens flagship DC in Singapore」というニュースが報じられていました。また、「CenturyLink expands its public cloud platform to Asia-Pacific region」に記されているように、ついに Century Link のアジア進出が始まるようです。
 
Equinix人の大勢いるところにはモバイルがあり、モバイルが沢山あるところにはクラウドがあり、クラウドが大規模に展開されるところにはデータセンターが作られる、、、という、きわめて理にかなった順序で、アジアのデータセンター需要が、さらに猛烈に加速している感じがします。 そして、あちらこちらで暴れ回る Xiaomi ですが、「Xiaomi to set up data centre in India by June」に記されているとおり、ついにインドにもデータセンターを構築するようですが、「No data centre in India: Amazon Web Services」というふうに、Amazon は慎重な姿勢を貫いています。
 
3月に入って 3週目ですが、そのほかにも、以下のようなクラウド/データセンター・トピックスに溢れている APAC です!
 
3/4: Australia Post completes data centre overhaul
3/6: Equinix’s Melbourne data centre to open in weeks
3/6: Worldwide server market grew 4.8% in shipments, Gartner
3/6: Mitac expected to see growing cloud computing sales in 2015
3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
3/12: NextDC betas open DC management tool
3/16: Inside AusPost’s switch to active-active data centres
3/17: How Telstra axed modular from Clayton data centre design
3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
3/18: Scale wins in Aussie race for cloud racks
3/20: Taiwan white-box server makers land orders from Apple
3/21: Public cloud provider expands managed services in Asia
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaBARCELONA, Spain ― Korea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for fifth-generation (5G) wireless technology. The 2014 Mobile World Congress (MWC) featured the benefits of 5G over today’s long-term evolution (LTE) tech, the Internet of Things (IoT), Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
② 3/5: Banking Technology vendors likely beneficiaries of E-Commerce boom
IndiaIt may not be a windfall gain but definitely signals an increase in potential business opportunity. The rise in e-commerce and e-commerce driven transactions has meant a significant jump in banking transactions. Numbers clearly validate this story. Industry-wide data provided by the Reserve Bank of India (RBI) website suggests that outstanding credit card loans stood at Rs.30,300 crore as on 31 December 2014, up 24% from Rs.24,400 crore a year ago.
 
③ 3/11: First city-wide dashboard launched in India
IndiaChennai in India has just launched the country’s first city-wide digital dashboard, and plans to open it to residents in two to three months. The dashboard gives the city’s officials easy access to data that earlier took months to collect and format, said Satyarupa Sekar, Project Director of the Chennai Data Portal and Dashboard project, according to local media.
 
④ 3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
SingaporeSINGAPORE: ST Telemedia on Tuesday (Mar 17) announced that it has completed the acquisition of land to develop its flagship data centre facility in Singapore. The communications, media and technology investor said the land is located at Defu Lane and is in close proximity to mature data center clusters. The 150,000 square feet facility will be built with the highest Tier-III industry standards, as well as other building certifications such as LEED and BCA-IDA Green Mark.
 
⑤ 3/15: OnePlus to launch OnePlus Two smartphone with 4GB RAM
ChinaNow the company has announced the successor of OnePlus One named ‘OnePlus Two’ priced at USD 538. One Plus Two feature a 5.5-inch full HD LTPS display with 2,560 X 1,440 pixels resolution. The device is be clocked at Snapdragon 810 processor with 4GB RAM. Rumours suggests that smartphone will run on Google’s Android 4.4 KitKat Operating System, while some are speculating that it will run on company’s custom platform.
 
⑥ 3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
TaiwanChina-based Alibaba Group has said it plans to set up a NT$10 billion (US$319 million) non-profit venture capital fund in Taiwan to finance local young entrepreneurs to build up a business on its e-commerce system. The funding also aims to assist local youths develop and market related products and services to China via Alibaba, the Internet service company said in a statement.
 
⑦ 3/16: NAB director Geraldine McBride defines new banking technology future
AustraliaNational Australia Bank director Geraldine McBride is the poster child for a new breed of board member: she’s a technology-savvy futurist and digital strategist. Her role in NAB’s historically staid boardroom is to identify the technological trends taking over its customers’ lives. She is steering the bank through the waves of technological disruption washing over the sector, leading it into “a new, personalised, experienced-based economy,” as she describes it.
 
⑧ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu. According to the Nikkei article, Itochu has taken an 18% stake in the lending company, so the latter’s market cap is valued at over 1 billion yen ($8.4 million).
 
⑨ 3/11: Xiaomi’s updated budget smartphone, Redmi 2, launches in Singapore
SingaporeWhile Xiaomi’s budget Redmi 2 is hotly anticipated in India, its launch in Singaporetoday was somewhat muted in comparison, with very little fanfare. Xiaomi’s Redmi 2 retails at S$169 (US$122) in Singapore. Put side-by-side with its predecessor, the Redmi 1S, it will seem like nothing much has changed on the surface. Despite being slightly lighter and thinner, it sports the same 4.7-inch IPS HD display and 720×1,280 pixel screen resolution as the 1S.
 
⑩ 3/2: Singapore startup Skoolbo out to boost education for millions worldwide
SingaporeSINGAPORE startup Skoolbo said its game-based education platform, which runs on Microsoft Corp’s Azure PaaS (Platform-as-a-Service) offering, has reached more than five million students in 22,000 schools globally over the past 12 months. Skoolbo aims to improve learning experiences, particularly in English and Mathematics, among children aged four to 10, Microsoft said in a statement.
 
ーーーーー
cna_6この、「Huawei debuts new CloudMall data center solution with Baidu」と「ZTE launches the cloud data center uSmartDC Solution」という2つのポストは、冒頭で紹介したトピックと比べると、ちょっと異色な感じがします。 この分野における中国巨大企業が、揃いも揃ってクラウド・ソリューションに乗り出してくるようです。 おそらく、中国のクラウド企業も二極化されていて、この Huawei と ZTE のような国策を推進するための事業者と、Alibaba や Xiaomi のような外貨を得るための事業者が、それぞれのポジションに応じた戦略を展開しているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 20, 2015
Taiwan white-box server makers land orders from Apple
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 18 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150318PD204.html
 
 _ Digi Times
 
Apple has joined the Facebook-established Open Compute Project in line with its plans to set up new cloud data centers and replace servers used in existing data centers. Some Taiwan-based white-box server makers have obtained orders from Apple and will begin shipments soon, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Apple は、新たなクラウド・データセンターを構築するために、そして、すでに稼働しているデータセンターのサーバーを刷新するために、Facebook が確立した Open Compute Project に参加した。Taiwan のサプライ・チェーン・メーカーからの情報によると、Taiwan をベースとする、いくつかのホワイトボックス・サーバー・メーカーが、すでに Apple からの受注を得ており、また、すぐに出荷が開始されるようだ。
 
OCP AppleApple is expanding its investments in datacenters and plans to invest US$2 billion to transform its sapphire glass factory in Arizona, the US to a datacenter and will invest EUR1.7 billion to establish datacenters in Ireland and Denmark. The datacenters in Europe are estimated to complete by 2017 to handle Apple’s online service in Europe.
 
Apple は、データセンターへの投資を拡大している。US の Arizona では、サファイア・ガラス工場をデータセンターに様変わりさせるために、US$2 billion を投資する計画が進んでいる。また、Ireland と Denmark にデータセンターを構築するために、EUR1.7 billion を投資するとされている。それらの、ヨーロッパにおけるデータセンターは、2017年までに完成すると予測されており、Apple のオンライン・サービスを、この地域に提供するために運用される。
 
Apple used to rely on Hewlett-Packard (HP) and Dell to supply servers, but is now looking to acquire servers with customized designs and cheaper prices, giving white-box server makers more chances on acquiring related orders, the sources said.
 
Apple は、データセンターで用いるサーバーを、Hewlett-Packard (HP) と Dell からの供給に依存してきた。しかし、これから購入するサーバーは、カスタマイズされたデザインと、引き下げられたコストを伴うものとなる。上記の情報筋によると、この Aplle の方針の転換により、ホワイトボックス・サーバー・メーカーにチャンスが訪れているようだ。
 
Apple is also said to be looking to enter the enterprise market with its existing business model for the consumer market and is cooperating with IBM for related applications, the sources noted.
 
さらに Apple は、コンシューマ市場のための既存ビジネス・モデルを、エンタープライズ市場に展開することで、同社にとって新しい市場に参入する糸口を、探しているとされる。つまり、それが、IBM との提携による、エンタープライズ・アプリケーションの供給であると、情報源は指摘している。
 
ーーーーー
open-compute先週にポストした「Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!」という抄訳で、その概要が報じられていますが、その後も動きも素早く展開しているようですね。 どこが受注しているのか、とても気になります。 そして、「Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!」で紹介されている試みが成功すえれば、Apple も OCP のネットワーク・スイッチを使用するようになるのでしょうか?  面白い展開なので、引き続き、ウォッチしていきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90%:Wiwynn は前年比で 100% 増
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Instagram の空前のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
 
 

Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない

Posted in Data Center Trends, .Chronicle, Network, Facebook, Open Compute, .Selected, Cisco by agilecat.cloud on March 19, 2015
Facebook Just Gained A Big Ally In Its Battle With Cisco
Julie Bort – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-gains-juniper-as-new-ally-in-battle-with-cisco-2014-12
 
_ Business Insider
 
Last summer, an organization led by Facebook fired a huge shot at Cisco. On Thursday, on4e of Cisco’s oldest rivals, Juniper, jumped in to back Facebook in a big way.
 
昨年の夏のことだが、Facebook が率いる組織が、Cisco に対してきつい一撃を浴びせた。 そして、この木曜日(12/4)には、Cisco にとって最も古いライバルである Juniper が、この Facebook の試みに対して、最大級の支援を申し出るポジションへと飛び込んできたのだ。
 
Wedge_Mark_ZuckerbergJustin Sullivan Getty Images
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg
 
And the threat to Cisco from Facebook went from huge to enormous. It won’t kill Cisco, but it will shake the trees a little bit and force Cisco to make some uncomfortable choices.
 
それにより、Cisco が Facebook に対して抱く脅威が、さらに増大することになる。 Cisco が倒されるようなことは起こり得ないが、この大樹を多少は揺さぶり、また、時には不快な選択を促すことになるだろう。
 
The shot was a new piece of networking equipment called the Wedge, which pushed Facebook into the $23 billion Ethernet switch market, currently dominated by Cisco.
 
前述の一撃とは、Wedge という名の新しいネットワーク機器のことであり、Cisco が支配している $23 billion Ethernet スイッチ市場に、Facebook を参戦させるものである。
 
This new switch wasn’t an actual product. It was a design for a new product, one that Facebook gives away for free through its Open Compute Project (OCP).
 
とは言え、この新しいスイッチというものは、現実的なプロダクトにはなっていなかった。つまり、Facebook が率いる Open Compute Project(OCP)を介して、新たなプロダクトのために無償で提供される、デザインという位置づけとなっていた。
 
OCP is a radically new way to build and buy computer hardware. Anyone can contribute to the designs and use them for free, ordering them from a contract manufacturer.
 
OCP が実現するのは、コンピュータ・ハードウェアの構築/購入のための、まったく新しい方式である。誰もがデザインをコントリビュートすることが可能であり、また、無償で使用することも可能である。 つまり、契約を交わしたマニュファクチャに発注することで、それらを具体的なレベルで製造できるのだ。
 
Now, Juniper has done exactly that. It designed its own version of the OCP switch, which works with its operating system, Junos OS. It ordered this design from a contract manufacturer, Alpha Networks, and Juniper will sell this switch to enterprises with big data centers.
 
まさに、いま、Juniper は、それを行っている。 同社は、OCP スイッチと自身の Junos OS を連携させるという、独自のバージョンをデザインしたのだ。そして、そのデザインを、契約マニュファクチャである Alpha Networks に発注し、大規模データセンターを有するエンタープライズに、この製造されたスイッチを販売していく。
 
There are a few important things about all of this.
 
この、一連の流れにおいて、いくつかの重要なポイントがある。
 
Facebook’s switch isn’t just a radically new way to buy a piece of hardware, it’s also part of a radically new way to design networks called software-defined networking (SDN).
 
ただし、Facebook のスイッチは、ハードウェアを購入するための、新しい方法だけに本質があるわけではない。それは、Software-Defined Networking(SDN)と呼ばれるネットワークをデザインするための、まったく新しい方法としても機能する。
 
SDN takes all the fancy features found in networking equipment and puts them into software that runs on servers. You still need the network equipment, but you need less of it and less expensive varieties. It will almost certainly cause a price war one day, if companies start to experiment with it and like it.
 
SDN とは、ネットワーク機器上で検出された、すべての想像上の機能を受け取り、それらをサーバー上で走るソフトウェアに置き換えていく。依然として、誰もがネットワーク機器を必要とするが、その数を減らし、また、コストも引き下げる必要がある。その種の実験もしくは、それに類するものを、複数の企業が開始すると、いつの日にかは、ほぼ確実に価格戦争の原因になっていく。
 
Facebook’s involvement with SDN will encourage them to do just that. If it works for Facebook, it could work for them.
 
Facebook による SDN への取り組みは、同じことを行おうとする企業を勇気づける。つまり、そこでの成果は Facebook だけのものではなく、同じ方向を目指すエンタープライズにとっても、きわめて有用なものとなるはずだ。
 
The Wedge, and Juniper’s version of it (named the “OCX1100″), is designed to work with lots of open source software, too. People can program it with a common language like Python. It works with popular open source management tools from Chef and Puppet Labs.
 
この Wedge と Juniper のバージョン(OCX1100)は、膨大なオープンソース・ソフトウェアと連携して、動作するようにもデザインされている。そして、Python のような共通の言語を用いて、それらをプログラムすることが可能である。さらに、Chef や Puppet Labs などから提供される、人気のオープンソース・マネージメント・ツールとも協調する。
 
All the network equipment makers are creating SDN switches, Cisco included. In fact Cisco says that its SDN product released last year is selling well.
 
Cisco を含めて、すべてのネットワーク機器メーカーが、SDN スイッチを作成している。実際のところ、昨年に Cisco がリリースした、その SDN プロダクツはよく売れていると言う。
 
But Cisco’s gear is not like the Wedge. Traditional switches from Cisco or Juniper are a single piece of equipment. They look like this:
 
しかし、Cisco のギアは、Wedge のようなものではない。 Cisco や Juniper から提供される、従来からのスイッチは、以下のような一体型の機器となっている:
 
Wedge_CiscoCisco Catlyst switches
 
The Wedge is designed to stitch together standard bits of hardware, that you can change as you see fit. It’s like Legos, only for a computer server, like so:
 
その点、Wedge は、目的に合わせた変更が可能なよう、スタンダード・ハードウェアを集めて、組み上げていくためにデザインされている。 それは、以下のようなものであり、コンピュータ・サーバーを対象とした Lego のようなものだ:
 
Wedge_DesignFacebook Wedge 
network switch
 
Facebook has no interest in competing with Cisco. It just wants to build reliable, low-cost and easy-to-maintain equipment to use in its own data centers. OCP hardware saved Facebook over $1 billion in its first three years, CEO Mark Zuckerberg said. Many other companies want the same.
 
Facebook は、Cisco と競合しようとしているのではない。自身のデータセンターで使用するための、高信頼性/低コスト/容易なメンテナンスを実現する設備を、単に構築したいと考えているだけなのである。OCP ハードウェアを活用し始めた Facebook は、最初の 3年の間に $1 billion を節約できたと、CEO の Mark Zuckerberg が発言している。 そして、他の企業も、同じことを行いたいだけなのである。
 
Most enterprises, even big telecom companies, don’t want to deal with designing and building their own Lego-like servers.
 
それが大手のテレコムであったとしても、ほとんどのエンタープライズは、Lego のような独自サーバーを設計/構築したいとは考えていない。
 
That’s where Juniper comes in. They can buy a Wedge from Juniper.
 
そこが、Juniper の目の付け所である。 つまり、それらのエンタープライズは、Juniper から Wedge を購入できるのだ。
 
Cisco is well aware of the Wedge. In October, a few months after the Wedge launched, Cisco joined the OCP as a a Gold member. It told its customers that if they want OCP products, they can come to Cisco. They don’t need to go to Alpha Networks or Juniper.
 
Cisco は、Wedge のことをよく知っている。 Wedge がローンチした数ヶ月後の 10月に、Cisco は Gold メンバーとして OCP に参加した。そして、OCP プロダクトを欲しがる顧客がいるなら、彼らは Cisco に来ると語っていた。 つまり、Alpha Networks や Juniper に行く必要は無いというわけだ。
 
Still, should Juniper’s OCP switch become popular, this should put Cisco in an uncomfortable position. Should it jump on the bandwagon, create its own Wedge, and put a knife in the back of its own SDN switch, which is selling well? Cisco has spent about $1 billion to create that product.
 
とは言え、Juniper の OCP スイッチに人気が集まれば、Cisco にとっては不本意なポジションが待っている。この流れに乗って、独自の Wedge を構築すべきなのか? それは、よく売れている、独自の SDN スイッチを、背後からナイフで突き刺すことにならないのか? このプロダクトを作成するために、すでに Cisco は $1 billion も費やしているのだ。
 
Or should it watch customers go to Juniper and its other competitors involved with OCP, like Arista?
 
さもなければ、顧客が Juniper に流れていくのを黙ってみているのか? さらに言えば、そこには Arista のような、OCP のメンバーも参戦してくるだろう。
 
Cisco had no comment on the Juniper switch, but did tell us, “Cisco has been a leader in advancing multiple open source programs, including the Open Compute Project.”
 
この Juniper のスイッチについて、Cisco はノーコメントを貫いている。 しかし、同社は、「 Cisco の先進性は、多数のオープンソース・プログラムでリーダーを務めているところにもあり、そこには Open Compute Project も含まれる」と、私たちに答えている。
 
SEE ALSO:  Why Cisco Has Showered These 3 Men With Billions Of Dollars
 
ーーーーー
open-computeこのポストは、2014年12月のものであり、この後に続くコンセプトとして、すでに 6-pack が登場しています。 ここで紹介されている Wedge と Fabric をセットにしたものですが、それ自体も SDN のためのホワイトボックスという位置づけになります。すでに、Pluribus というスタートアップが動き出しているようです。 この会社は、長年にわたり Cisco の幹部を務めていた Kumer Srikantan に率いられ、Yahoo の創業者である Jerry Yang に支援され、$50 million を調達しているとのことです。 同社のプロダクトは、Facebook の Wedge と同様のスタイルで構築され、市販のコンポーネントでハードウェアを構成し、独自のオープンソース・フレーヴァーのソフトウェアを有しているようです。 まさに、OCP デザインを活用したビジネス・モデルというわけです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 

今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた

Posted in Alibaba, Asia Weekly by agilecat.cloud on March 15, 2015
ついに Alibaba は、Snapchat にまで資金を提供する ・・・
 
cna-banner
 
Alibaba の動きが活発です。 3月4日の Agile_Cat に、「Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出 」という抄訳をポストしましたが、それ以外にも、各方面への資金提供を積極的に行なっています。 昨年の IPO で手にした莫大なキャッシュを原資にした、アジアからアメリカへ向けての、本格的な進出が始まっています。
 
Alibaba今週末のことですが、 TechInAsia が「Alibaba invests $200M in Snapchat 」を、そして Business Insider が「Chinese e-commerce giant Alibaba is investing $200 M in Snapchat at $15 B valuation 」をポストしています。 そして BI の記事の方には、いま Snapchat が進めている $500 M ファンディング・ラウンドとは、別物の出資になると記されています。
 
また、Alibaba はアジアのスタートアップにも積極的に資金を提供しており、その中には「Snapdeal drums up custom in Slumdog’s Dharavi」や「Quixey CEO Tomer Kagan on the company’s close relationship with Alibaba」のように、Softbank と共同で出資するケースもあるようです。
 
今年に入ってからの、Alibaba の出資に関連するトピックを探してみたら、以下のものが見つかりました。 春節の休みなどを考えると、実質的に 2ヶ月の間の出来事です。同社の資金力もさることながら、その陣営を急いで拡大していこうとする、バイタリティに驚いでしまいます。
 
3/5: Alibaba buys US$383 mln stake in TV programme producer Beijing Enlight
3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
3/4: Taiwan forcing out Alibaba over investment violations
2/15: In taxi app merger, a surprising alliance between Alibaba and Tencent
2/10: Alibaba pushes its mobile OS with $590M investment in phone maker Meizu
2/6: Alibaba’s financial affiliate takes 25% stake in Indian payments service Paytm
2/3: Alibaba to launch $130M foundation to invest in Hong Kong entrepreneurs
2/2: First Xiaomi, now Alibaba: Ouya takes another step into China with $10M deal
1/14: Alibaba acquires China’s biggest adtech company, AdChina
1/14: Alibaba may be planning to build massive ‘Alibaba Town’ in South Korea: report
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
AustraliaSYDNEY, AUSTRALIA, Mar 10, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Today, IBM announced the opening of its newest SoftLayer cloud center in Sydney, Australia. As part of IBM’s $1.2 billion investment to expand its cloud services, the new facility joins Melbourne in meeting the growing customer demand for scalable cloud solutions with global reach in Australia.
 
② 3/8: Acer Octon promotes SDN-based business communication
TaiwanAcer Octon, a joint venture between Acer and US-based multimedia application developer Octon, demonstrated its new cloud-based PBX business-use communication solution at the MWC 2015. The IP solution, dubbed “abPBX Plus,” is able to offer cloud-based services plus advanced communication services such as file sharing, IP voice calls and teleconferencing to clients.
 
③ 3/1: India Govt bans Gmail for official work, to monitor staff
IndiaThe government will be monitoring online activities of bureaucrats on official computers, block content which it feels is adversely affecting the productivity of the babus and also have a right to delete e-mails or internet history on such computers after intimating the user. The measures are a part of twin notifications issued by the Narendra Modi government on February 18 by which the use of private e-mail networks like Gmail and Yahoo has now also been officially banned for all government use.
 
④ 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaKorea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for 5G wireless technology. The 2014 MWC featured the benefits of 5G over today’s LTE tech, the IoT, Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
⑤ 3/10: Gamevil tops among Korean mobile game publishers in global
KoreaGamevil said Monday it has been ranked the highest among Korean mobile game publishers in terms of mobile game sales at application stores such as Google’s Play market and Apple’s Appstore. According to the “Top 52 Publishers of 2014″ report released by a global mobile app analytics agency App Annie, Gamevil was listed in 11th place among the global mobile game publishers, up 15 steps from a year ago.
 
⑥ 3/9: Tech Mahindra opens sales office in Hanoi,Vietnam
IndiaTech Mahindra is bringing jobs and IT expertise across the region by opening its Vietnam sales office in Hanoi. Tech Mahindra is present in Vietnam since 2012 and has experienced an increase in the number of customers especially in the banking sector in the country. It has come a long way since 2012 and today it boasts a strong ecosystem in Vietnam comprising established product vendors and local partners.
 
⑦ 3/12: Weibo ends 2014 with slow but steady growth, has 176M MAU
ChinaWeibo, China’s Twitter-like social network, continues to grow – albeit slowly. Weibo ended 2014 with 175.7 million monthly active users (MAUs), which is up 36 percent year-on-year, and up 5.2 percent from Q3 to Q4. Although many have talked about WeChat making Weibo irrelevant, it seems that Weibo is standing its ground against the hugely popular messaging app (WeChat is close to 500 million MAUs) despite a number of areas of overlap between the two social networks.
 
⑧ 3/8: Xiaomi likely to launch Redmi 2 in India this month
IndiaNEW DELHI: It looks like Chinese manufacturer Xiaomi is all set to launch the Redmi 2, its next-generation, entry-level smartphone in the Indian market. The company is currently running a contest on its India Facebook page which features a word puzzle. Participants who are able to find three key features from the puzzle qualify to get priority access passes to buy the company’s upcoming smartphone.
 
⑨ 3/10: 90pc traffic comes from mobile devices: Myntra
IndiaBANGALORE, INDIA: Myntra shared that 90 perecent of its traffic is being generated through mobile devices. Close to 85 percent of this traffic is driven by Android, iOS and Windows platforms. Interestingly, over 50 percent of the mobile traffic is coming from Tier II & III cities. After China, India ranks second in consumers accessing the internet for online shopping through mobile devices, according to a recent study.
 
⑩ 3/11: Malaysia draws up cyber security plans till 2050
MalaysiaMalaysia is reviewing its National Cyber Security Policy as part of broader plans to strengthen internet security in the country, Deputy Minister of Science, Technology and Innovation, Dr Abu Bakar Mohamad Diah (pictured, right) announced. The revised policy is expected to be ready in two years, said Dr Amirrudin Abdul Wahab, CEO of Cybersecurity Malaysia, which is reviewing the policy with the National Security Council (MKN).
 
ーーーーー
cna_6この週の Top-10 には入りませんでしたが、Baidu が Android ベースの独自 OS を諦めたというニュースが、とても気になります。 誰もが知っているとおり、いまの中国で最も勢いのあるスマホは Xiaomi であり、その MiUi が Android フォークの先頭を突っ走っているという状況です。 アジアの王者である Samsung でさえ、独自 OSを という観点では、Tizen の展開に苦しんでいるようです。そう考えると、Xiaomi のビジネス・モデルの方が、一歩も二歩も先行しているわけであり、大きく変化してきたアジア・スマホ勢力図を、この Baidu の撤退劇が裏付けているように思えてきます。_AC Stamp
Forking hell! Baidu gives up on its Android-based OS
Baidu ends support for Android platform
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
 
%d bloggers like this: