Agile Cat — in the cloud

IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on April 21, 2014

Internet of Things: Data Centers and Supply Chain to see Impact of Rapid Growth
http://wp.me/pwo1E-7qH
By Dick Weisinger – April 15, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-data-centers-and-supply-chain-to-see-impact-of-rapid-growth/

_ formtek

In 2009 Gartner estimates that roughly .9 billion devices were connected to the Internet — the Internet of Things.  By 2020, they estimate that the number of devices will increase to 26 billion.  By 2020, IoT product and service providers will be generating incremental revenues of more than $300 billion from the technology.

Gartner の推測によると、2009年の時点で、およそ 0.9 Billion のデバイスが、インターネットに接続されていた。 つまり、IoT である。そして 2020年までに、こうしたデバイスの数が、26 Billion にまで増大すると、同社は予測している。さらに、IoT に関連するプロダクトおよびサービスのプロバイダーたちは、2020年には $300 Billion に達する売上を、このテクノロジーから段階的に得ていくとしている。

Two areas to be particularly affected by this rapid 30-fold growth in connected devices are data centers and supply chain management.

デバイスへの接続において、30倍もの急成長が達成されるのだが、そこから最大の影響を受ける 2つの領域は、データセンターとサプライチェーンの管理である。

Michael Burkett, Gartner managing vice president, said that ”supply chain leaders must design their processes to operate in this digital business world.  This includes fulfilling the new expectations of customers and the volatile demands that digital marketing will create.  A future supply chain will meet those expectations by converging people, business and things in a digital value network, and incorporating fast-emerging capabilities such as IoT and smart machines into this design strategy.”

Gartner の Managing VP である Michael Burkett は、「 サプライチェーンのリーダーたちは、このデジタル・ビジネスの世界における、運用のプロセスをデザインする必要がある。そのためには、顧客の新たな期待に対応し、デジタル・マーケティングが生み出す、揮発性の需要も満たさなければならない。これからのサプライチェーンは、デジタル値を活用するネットワークの中に、人々/商売/物事を集約するという、期待に応えるものとなる。そして、急速に立ち上がってくる、IoT や スマート・マシンといった機能を、そのデザイン上の戦略に組み込むべきである」と、述べている

Fabrizio Biscotti, research director at Gartner, said that ”IoT deployments will generate large quantities of data that need to be processed and analyzed in real time.  Processing large quantities of IoT data in real time will increase as a proportion of workloads of data centers, leaving providers facing new security, capacity and analytics challenges.”

Gartner の Research Director である Fabrizio Biscotti は、「 IoT のデプロイメントにおいては、リアルタイム処理/分析を必要とする、大量のデータが生成される。こうした、大量の IoT データをリアルタイムで処理することで、データセンターにおけるワークロードの比率が増大していく。つまり、サービス・プロバイダーとは離れたところで、セキュリティ/キャパシティ/アナライズに関する、新たな課題に直面することになる」と述べている

ーーーーー

たしかに、大きな変化が、この 2つのフィールドには生じそうですね。 もちろん、それ以外にも、センサーの業界なども大きく変化しますが、ここで Dick Weisinger さんが言いたいのは、仕組みの変革と量産の体制の違いなのでしょう。 IoT が生み出すべき、サプライチェーンの膨大なデータのフローをデザインし、そのフローを止めることなくデータセンターで処理/分析し、再びサプライチェーンに返していく必要があると、言いたいのだと思います。 そう言われてみると、とてつもない変化が訪れるという話も、とても納得しやすくなりますね。 なお、原文の .9B を 0.9B と読んでいますが、Gartner の方に「 30-fold increase in Internet-connected physical devices by 2020 」と記載されているので、それで間違いないはずです。

ーーーーー

<関連>

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない
Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Posted in Data Center Trends, Energy, Green IT, On Monday by Agile Cat on April 14, 2014

Green Data Centers: As Data Centers Multiple so do Attempts to Make the Operations Green
http://wp.me/pwo1E-7p9
By Dick Weisinger – April 3, 2014
http://formtek.com/blog/green-data-centers-as-data-centers-multiple-so-do-attempts-to-make-the-operations-green/

_ formtek

Data centers are changing.  Increased popularity of cloud computing and increased data volumes have led to the expansion of existing data centers and the building of new ones.  A report by UBT Tech and InformationWeek found that 60 percent of IT decision makers worry that the capacity of their data centers are close to be overwhelmed and rate the state of their facilities as being ”fair, serious or urgent.”

データセンターが変化している。クラウド・コンピューティングの人気と、増大するデータ量が、これまでのデータセンターに拡大を要求し、また、新たなデータセンター構築を生み出している。UBT Tech and InformationWeek からのレポートによると、IT 意思決定者の 60% が、自身のデータセンター・キャパシティについて心配し、そのファシリティが「きわめて深刻かつ切迫」している状況にあると見ているようだ。

Data Centers rank as one of the largest consumers of energy.  An NSA data center located in Bluffdale Utah, for example, consumes 65 megawatts of energy monthly at a cost of $1 million per month, which is enough to power 65,000 homes with electricity.  Increasingly there has been a focus on how to make data centers more energy efficient, to make them more ‘green’.

データセンターは、大量の電力を消費する事業者として、あまり嬉しくないランキングに入っている。たとえば、Utah の Bluffdale にある NSA のデータセンターは、毎月 65 mW の電力を消費し、$1 Million を支払っているが、それは 65,000戸の住宅分に相当する。したがって、データセンターにおけるエネルギー効率を改善し、より GREEN にしていこうという力が働いているのだ。

Eric Woods, research director at Navigant Research, said that ”there is not a single technology or design model that makes a data center green.  In fact, the green data center is connected to the broader transformation that data centers are undergoing — a transformation that encompasses technical innovation, operational improvements, new design principles, changes to the relationship between IT and business, and changes in the data center supply chain.”

Navigant Research の Research Director である Eric Woods は、「 データセンターを GREEN にするための、単一のテクノロジーやデザイン・モデルというものは存在しない。実際のところ、GREEN データセンターは、それを支える幅広い形質転換と連動している。具体的には、テクノロジーにおける革新や、オペレーションの改善、新たなデザインの原理、IT とビジネスの接点、そして、データセンター・サプライチェーンにおける変化などが、そこには含まれる」と、述べている

The green data center market is growing quickly.  In 2014, the size of the Green Data Center market will be $22.76 billion, but this is expected to increase 27 percent annually through 2019 when the market size will reach $75.89 billion, according to a report by MarketsandMarkets.  The APAC region is expected to see the highest pace of growth, but North America will continue to hold the largest market share.

GREEN データセンターのマーケットは、急速に成長している。 Marketsand Markets のレポートによると、2014年の GREEN センター市場の規模は $22.76 Billion にまで拡大するが、その後も 27% の成長率を維持し、2019年には $75.89 Billion にいたると予想される。とりわけ、APAC 地域の成長が著しいとされるが、North America が最大のマーケット・シェアを保持するだろう。

ーーーーー

4月3日の TechCrunch が、「グリーンピース、Amazonを叩き、Apple、Google、Facebookを賞賛」というタイトルで、Greenpeace のレポートを紹介していましたが、環境負荷という問題もデータセンターにはのしかかっているようです。 Agile_Cat でも、Greenpeace の初回のレポートの対訳をポストしていますが、Facebook の Oregon データセンター・プロジェクトが進んでいる頃のものだったと記憶しています。 そのときの Greenpeace の言い分は、石炭燃料を主体とする電力会社から、電気を買うなというものですが、そう言われても無理があるというのが、当時の Facebook の回答でした。 しかし、それがキッカケとなり、Facebook はデータセンターの情報を開示するようになりました。そして、Lulea では 100% 水力発電のデータセンターを実現するなど、グリーン化に取り組んだことで、このような評価を受けたのだと思います。 また、Google は、大西洋岸の風力発電や、Virginia での地熱発電を推進するなど、再生エネルギーへの取り組みが評価されたのだと思います。このポストの文中にもあるように、なかなか難しい問題があるようですが、徐々にでも、グリーン化が進むと良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?

Open IX と カナダの ISP たち:アメリカの動きと連携できるのか?

Posted in Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on March 26, 2014

Canadian official applauds move to certify Internet exchanges
http://wp.me/pwo1E-7lH
Howard Solomon – January 3rd, 2014
http://www.itworldcanada.com/article/canadian-official-applauds-move-to-certify-internet-exchanges/87993

A non-profit group of Internet supporters is trying to bring standards to North American data centre interconnection facilities called Internet exchanges to lower costs and improve resiliency.

インターネット・サポーターたちによる非営利グループが、インターネット・エクスチェンジと呼ばれる相互接続のためのスタンダードを、北米のデータセンター・ファシリティに取り込み、コストの削減と耐障害性の向上を実現しようとしている。

The Open-IX Association said Thursday it is now accepting applications for all data centre and Internet exchanges to join its group.

この Open-IX Association だが、すべてのデータセンターとインターネット・エクスチェンジからの申し込みを受け付け、このグループに参加してもらうための準備が整ったと、火曜日(12/3)に発表した。

The move was welcomed by Keven Blumberg, chief technical officer of the Toronto Internet service provider called TheWire.ca, a former board member of  the not-for-profit TorIX (the Toronto Internet Exchange) and an Open-IX supporter.

この動きを歓迎しているキーパーソンとして、TheWire.ca と呼ばれる Toronto Internet Service Provider の CTO であり、非営利の TorIX( Toronto Internet Exchange )の Board Member を以前に努め、また、Open-IX サポーターでもある、Keven Blumberg がいる。

The idea, he said “is to pull back the commercialization that has gone on with IX’s” mainly in the United States. There are several Internet exchanges in this country, including ones in Montreal, Vancouver, Victoria, Kelowna, B.C., Kamloops, B.C., Calgary and Winnipeg with TorIX being one of the biggest.

この発想について、主として United States で「 商用化されてしまった IX を取り戻すものだ」と、彼は述べている。  この国にも、Montreal/Vancouver/Victoria/Kelowna/B.C./Kamloops/Calgary/Winnipeg といったインターネット・エクスチェンジが存在するが、その中でも TorIX は最大級のものとなる。

“If new exchanges came into Canada we would want them to follow more of what TorIX or Open-IX is doing from a standardization point of view, which is to keep costs down and make it transparent,” Blumberg said.

「 新しいエクスチェンジが Canada に入ってくるなら、TorIX や Open IX が行っていることに、標準化の観点から追随してほしいと思っている。それにより、コストが低く抑えられ、また、透明性が確保される」と、Blumberg は述べている。

An Internet exchange is a meeting point for enterprises, content providers and ISPs to pass traffic between each other. So, for example, a provider of a hockey game can distribute the feed through an exchange rather than over the Internet. “A significant amount of Internet traffic passes over an exchange somewhere,” Blumberg said.

インターネット・エクスチェンジとは、エンタープライズや、コンテンツ·プロバイダー、ISP などが、トラフィックを双方向で通過させるの接点である。したがって、ホッケー・ゲームの興行主を例にするなら、インターネットを介してというより、エクスチェンジを通過させることで、コンテントを配信することになる。「 なんらかのインターネット・エクスチェンジを介して、大量のトラフィックが、常に受け渡されていることになる」と、Blumberg は述べている。

Ideally they are non-profits that offer settlement-free peering because both sides benefit. The problem is commercial exchanges have pushed connectivity costs up in the U.S., he said, which makes it hard for competitors to enter the market.

理想的には、非営利団体が、決済の発生しないピアリングを提供し、トラフィックを交換する双方にメリットを提供するかたちが良い。何が問題かといえば、アメリカにおける商用エクスチェンジが接続コストを押し上げてきたことであり、それにより、新たなコンペティタに対する参入障壁が作られてしまったことだと、彼は言う。

“We’ve had situations in Canada where data centres have said ‘We’ve got an exchange, you can come in for free.’ and two years later it isn’t free anymore and now you’re on the hook.”

「 この Canada は、それぞれのデータセンターが顧客に対して、エクスチェンジを無償で利用できると、言える状況にある。 しかし、2年後には、もう自由はなくなってしまう。 つまり、あなたは、釣り上げられようとしている 」

Hopefully, he said, Open-IX will encourage non-for-profit or low profit exchanges.

願わくば、Open IX により、無償あるいは低料金のエクスチェンジが推進されて欲しい。

There are two types of standards:

Data centre standard for hosting an Internet exchange (which requires things like at least two separate utility feeds from separate substations, at least two diverse points of underground fibre optic entry, carrier-neutral operations)

Internet exchange をホスティングするデータセンターのための標準: 少なくとも 2系統の変電所から供給される公共電力および、少なくとも 2系統の地中ファイバー·エントリ、そしてキャリア・ニュートラルなオペレーションなどを必要とする。

Internet exchange (which requires a public switch platform allowing any-to-any interconnection, a private VLAN, IEEE 802.3 Ethernet connectivity, backplane capacity to sufficiently handle aggregate traffic of all customer facing ports and other technical specifications).

Internet exchange の標準:多対多の相互接続および、プライベート VLAN、IEEE802. 3イーサネット接続を実現するための、パブリックなスイッチ・プラットフォームを必要とする。また、ポートに接続される、すべての顧客から集められたトラフィックを、余裕を持って処理するための、バックプレーン・キャパシティも必要となる。

ーーーーー

カナダでも、Open IX が待ち望まれているのですね。 しかも、このまま放置すると、あと数年で、商用 IX に飲み込まれてしまうとか。。。 この Open IX のことに限らず、カナダの状況や動向に関する情報は、それほど数多く提供されているというわけではないので、その意味でも興味深い内容ですね。たとえば、日本の北端である北海道から、北極海を通って北米に、海底ケーブルを施設するとなると、カナダに陸揚げされるケースも出てきそうです。そう考えれば、日本にとってカナダは隣国です。 お互いに、夢を共有できるような展開になると良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
Open IX は、アメリカ全土に広がっていくのだろうか?
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX

NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Strategy, Telecom by Agile Cat on March 18, 2014

NEC wins SEA-ME-WE 5 contract to strengthen ultra-broadband undersea connectivity
http://wp.me/pwo1E-7kp
By Zafar Anjum | MIS Asia | 12 March 14
http://www.mis-asia.com/resource/industries/nec-wins-sea-me-we-5-contract-to-strengthen-ultra-broadband-undersea-connectivity/

NEC Corporation has signed a contract with the South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) consortium, comprising of 15 leading telecom operators to deploy a new 100 gigabit per second (Gbit/s) undersea cable system.

NEC Corporation は、South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) コンソーシアムとの契約を締結したことで、15社の主要テレコム・オペレータをつなぐための、100 gigabit per second (Gbit/s) の海底ケーブル・システムをディプロイしていく。

The SEA-ME-WE 5 system will span 20,000 km from Singapore to Europe, and will deliver ultra-broadband capacity and faster access to consumers and businesses.

この、SEA-ME-WE 5 システムは、Singapore と Europe を隔てる 20,000 km の距離を走り、一般消費者および企業に対して、超広帯域のキャパシティと高速のアクセスを提供することになる。

The system will span 20,000 km connecting Singapore to France via Malaysia, Indonesia, Thailand, Myanmar, Bangladesh, Sri Lanka, India, Pakistan, Oman, United Arab Emirates, Djibuti, Yemen, Kingdom of Saudi Arabia, Egypt and Italy.

そして、Malaysia/Indonesia/Thailand/Myanmar/Bangladesh/Sri Lanka/India/Pakistan/Oman/United Arab Emirates/Djibuti/Yemen/Kingdom of Saudi Arabia/Egypt/Italy といった国々を介して、Singapore と France の間の、 20,000 km をつなぐことになる。

NEC will be deploying the segment spanning from Singapore to Sri Lanka, while our co-contractor Alcatel-Lucent will be deploying the Sri Lanka to France segments, the company said in a statement.

NEC がディプロイを担当するセグメントは、Singapore と Sri Lanka の間であり、また、共同事業者である Alcatel-Lucent が Sri Lanka と France をつなぐと、NEC サイドがステートメントを発している。

"As more data, applications and services move to the cloud, we need a more dynamic and agile way to serve end-users according to low-latency and quality-of-service that cannot be solved by bandwidth alone," said Linette Lee, Chairperson of the SEA-ME-WE 5 Management Committee. "We are confident that Alcatel-Lucent and NEC’s 100G undersea technology will provide us with the flexibility to address the increasing requirements for connectivity, as well as address new growth areas such as cloud computing for remote access.”

SEA-ME-WE 5 Management Committee の議長である Linette Lee は、「 大量のデータ/アプリケーション/サービスがクラウドへと移行するにつれて、帯域幅だけでは解決できないとされる、低レイテンシとサービス品質をベースにした、ダイナミックでアジャイルな方式をエンドユーザーに提供するという必要性が生じてくる。 そして、Alcatel-Lucent と NEC の 100G 海底ケーブル・テクノロジーが、コネクティビティにおいて増大する要求に対応するための、フレキシビリティを提供すると確信している。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングへのリモート・アクセスといった、新しい成長分野に取り組みも実現してくれるはずだ」と、述べている。

SEA-ME-WE 5 is scheduled to be completed by early 2016.

SEA-ME-WE 5 が、2016年の初頭に完成する予定である。

ーーーーー

TAG index 世界最大とも言える、東南アジアのインターネット・マーケットへ向けて、ヨーロッパが物理的なコネクションを強化したがるというのは、当然のことだと思います。しかし、その玄関口がシンガポールに限定されてしまっては、日本のポジションはアジアの奥地となってしまいます。もちろん、SEA-ME-WE 5 は素晴らしい展開であり、アジアとして喜ぶべきことなのですが、日本を玄関口とする、北回りでのヨーロッパ・コネクションが欲しいですよね。Agile_Cat がソーリ大臣なら、北海道にデータセンター経済特区を作って、一定の条件を満たす事業者には電力を 5円 kWh で提供して、北極海に海底テーブルを敷き詰めて、地震の少ない日本海を抜ける東南アジア・ラインも確保して、LINX/AMS-IX/Open IX/Cloud IX などで構成される世界最大のエクスチェンジも作って、世界の名だたるクラウド事業者の巨大データセンターを誘致して、エリアとしての競争力を確保しながら、日本と東アジアのクラウド事業者に、最高の環境を提供していくのですが、そんなのってダメなもんでしょうかね? シンガポール政府と、同じことをするだけなんですが・・・__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

海外 Internet Speed テスト − 2014年版

Posted in .Selected, Data Center Trends, Research, Telecom by Agile Cat on March 14, 2014

アメリカ、台湾、シンガポール、日本国内を、比較する
http://wp.me/pwo1E-7jq

Agile_Cat_Loupe

2009年にポストした「海外 Internet 速度テスト」というコンテントが、このところ、よく参照されているので、その 2014年版を作成してみました。 利用したサイトは、OOKLA Speedtest というところで、GUI として提供されるマップを用いて、調べてみたい場所を、わりと簡単に指定できます。今回、調べてみたロケーションは、Tokyo/Taipei/Sakhalinsk/Singapore/San Jose/Manassas(VA)です。

Tokyo

この OOKLA をオープンすると、以下のような画面が表示されます。もちろん、どこからのアクセスなのか、サイト側は分かってますので、東京が表示されます。この「BEGIN TEST」をクリックするだけで、スピード・テストが開始されます。ちょっと紛らわしい、広告のボタンがあるので、注意してくださいね。

以下は、計測中の画面です。計測地である神奈川と、ターゲットである東京の Alocac が接続されている様子が、このように表示されます。

そして、計測結果です。 Agile_Cat が使用している ISP は UCOM ですが、このような速度が得られました。なかなか、イイ感じです!

Taipei

次は台北です。 黄色の 「 NEW SERVER」というボタンをクリックし、GUI で提供されるマップから、台北の Far Eastone というロケーションを選んでいます。前回のテストの時は、Anet というロケーションで、下りが 9M 弱でしたから、ずいぶんと高速化されているようです。

結果は、以下のとおりです。東京と比較してみると、下りは ほぼ同等で、上りが遅いという結果です。とは言え、ほとんど日本国内と変わらない数値であり、アジアは1つという感じがしてきますね。

Sakhalinsk

今度は、北へ行ってみます。 ロケーションはサハリンの LLC Sakh TV というところです。最近は Equinix が進出しているようですが、ここから、ヨーロッパへ抜ける回線が、利用できるのだろうと推測しています。 この数値は、数年前の東南アジアとの接続と同じレベルですが、今後に期待したいですね。

Singapore

再び南へ向かい、こんどはシンガポールの SingTel です。ほぼ、台湾と同等という感じです。 この数年の間に、東シナ海と南シナ海に投資された海底ケーブルが、こうした数値を叩き出しているのでしょう。

San Jose

今度は、太平洋を渡ってみます。 サンノゼに SoftLayer があったので、そこで計測してみました。これも、素晴らしい数値ですね。

Manassas

最後に、アメリカの東海岸へ行ってみました。このところ、Open IX の活動が活発な、ノーザン・バージニアの Manassas を選んでみました。

ーーーーー

TAG indexこの、OOKLA Speedtest を利用すれば、世界の、ありとあらゆるロケーションを対象にして、インターネット速度を計測できます。 しかも、マップを使って探すことが可能なので、とても簡単です :) そして、驚くのが、4~5 前の計測値と比較して、世界の各地が、とても近づいていることです。 こうした、インターネットの接続スピードだけが要因ではありませんが、データセンターのロケーション選びの基準が、少しずつ変わってきているようにも思えます。 日本のデータセンターから、アジアのマーケットへ向けた、クラウド・サービスの提供が、活発になっていくと良いですね!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on March 13, 2014

Equinix and AT&T Form Alliance for Enterprise Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-7jh

January 29th, 2014 – By: John Rath
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/29/equinix-att-form-alliance-enterprise-cloud-services/

_ DC Knowledge

Equinix (EQIX) and AT&T announced a new alliance that will deploy AT&T networking technology across select Equinix data centers globally. AT&T NetBond will be installed in those data centers, enabling customers to connect to their cloud services using their private AT&T VPN networks, which deliver highly secure connections with high reliability and performance capabilities, rather than relying on access via the public Internet. The alliance will create the opportunity for cloud providers to allow access to their services via AT&T NetBond from Equinix data centers around the world.

Equinix と AT&T が発表したのは、Equinix のグローバル・データセンターの中から選択された、いくつかの拠点間に AT&T のネットワーク・テクノロジーをディプロイしていくという、新たなアライアンスである。つまり、AT&T の NetBond を、それらのデータセンター内にインストールすることで、顧客自身が所有する AT&T VPN ネットワークを用いて、クラウド・サービスを接続できるようになる。それにより、パブリックなインターネットに依存する以上の、高度な信頼性と性能を備えた、きわめてセキュアな接続が実現される。そして、このアライアンスは、各種のクラウド·プロバイダーに対して、グローバルに展開される Equinix データセンターを利用し、また、AT&T NetBond を介してたサービスへのアクセスを可能にするという、ビジネスの機会をもたらすことになる。

Cable trays filled with fiber within an Equinix data center. (Photo: Equinix)

“The AT&T and Equinix alliance will boost enterprise customers’ confidence in the security, reliability and performance of the cloud,” said Mike Sapien, Principal Analyst – Enterprise at Ovum. “The companies are addressing many of customers’ concerns about moving applications to the cloud and will ultimately speed up enterprise cloud adoption. This is a great example of AT&T’s open network initiatives aligning with Equinix’s cloud ecosystem.”

「AT&T と Equinix のアライアンスは、クラウドという環境における、安全性/信頼性/性能という面で、エンタープライズ・カスタマーの信頼を高めていく。アプリケーションのクラウド移行に懸念を示す、数多くのカスタマーに対して、両社は取り組んでおり、エンタープライス・クラウド導入を、最終的にはスピードアップしていく。 これは、AT&Tのオープン・ネットワークへの取り組みと、Equinix のクラウド·エコシステムを組み合わせるという意味で、素晴らしい事例になる」と、Ovem の Principal Analyst – Enterprise である、Mike Sapien は述べている。

Available in the first half of 2014, the AT&T NetBond service will combine the security of AT&T virtual private networking with cloud resources.

このアライアンスの運用は、2014年の前半に始まるとされ、AT&T NetBond サービスが、それらのクラウド・リソースと、AT&T VPN のセキュリティを結合していく。

“Business customers want rock solid network-based security protecting their traffic and applications when they use cloud services,” said Jon Summers, senior vice president growth platforms, AT&T Business Solutions. “Virtual private networking gives them better protection against Internet threats while also delivering the reliability, agility and performance they need when accessing the cloud.”

「 エンタープライズ・カスタマーたちは、自身でクラウド・サービスを使用するならば、トラフィックとアプリケーションを保護するための、ネットワーク·ベースの強固なセキュリティをかけたいと要求する。そして VPN は、クラウドにアクセスするときに必要とされる、セキュリティ/アジリティ/パフォーマンスを提供する一方で、インターネットの脅威に対抗するための、より優れたプロテクションを提供する」と、AT&T Business Solutions の Semior VP Growth Platforms である、Jon Summers は述べている。

“Equinix sits at the intersection of cloud service providers, network service providers and enterprise customers that want to use those services,” said Pete Hayes, chief sales officer for Equinix. “The alliance lets AT&T quickly expand its portfolio of AT&T NetBond-enabled cloud services by using our position as a cloud hub. Together, we’re making the network as flexible as the cloud and giving enterprises confidence they can move their most demanding applications to the cloud and still meet their security, scalability and performance requirements.”

「 Equinix は、クラウド・サービス・プロバイダーと、ネットワーク·サービス·プロバイダーと、エンタープライズ・カスタマーが出会う場所にポジションを確保しており、それらの企業が利用したいと考えるサービスを提供している。 今回のアライアンスは、私たちのクラウド・ハブとしてのポジションを利用することで、AT&T NetBond 対応のクラウド・サービス・ポートフォリオを、迅速に拡大していくものである。そして、私たちは、クラウドと同じレベルまでネットワークの柔軟性を高め、また、顧客が熱望するアプリケーションのクラウド移行を実現し、さらには、セキュリティ/スケーラビリティ/パフォーマンスへの要件を満たしていく」と、Equinix の Chief Sales Officer である、Pete Hayes は述べている。

RELATED POSTS:

Verizon Offering Private IP Out of 16 Equinix Data Centers
RightScale, Equinix Partner on Cloud Services
CloudAudit Joins Cloud Security Alliance
Equinix Boosts Glowpoint Video Services
Telehouse, CIBER Form Alliance

ーーーーー

TAG index普通に考えて、AT&T のようなテレコムがグローバルな戦略を展開するなら、各国のテレコムと相互乗り入れしていくカタチが思い浮かびますが、そうならないのが、クラウドの面白いところなのでしょう。 同じように、Verizon は Teremark を買収し、NTT は Dimension Data を買収しています。 また、KDDI は Telehouse というブランドを世界戦略の要としています。また、Equinix は、今回の AT&T だけではなく、AWS とも提携することで、グローバル市場の中に、確固たるポジションを築きつつあります。 このように、クラウドをめぐるテレコムの動きが、さまざまなかたちで顕在化してくる、2014年になりそうですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO

Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Green IT, Open Compute by Agile Cat on March 12, 2014

Facebook: Open Compute Has Saved Us $1.2 Billion
http://wp.me/pwo1E-7j5

January 28th, 2014 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/28/facebook-open-compute-saved-us-1-2-billion/

_ DC Knowledge

SAN JOSE, Calif. – Over the last three years, Facebook has saved more than $1.2 billion by using Open Compute designs to streamline its data centers and servers, the company said today. Those massive gains savings are the result of hundreds of small improvements in design, architecture and process, write large across hundreds of thousands of servers.

Facebook は直近の 3年間において、データセンターやサーバーを効率化する Open Compute のデザインを使用しすることで、$1.2 Billion 以上のコスト削減を達成したと述べている。この、膨大なコストの削減は、デザイン/アーキテクチャ/プロセスにおける小さな改善の集大成であり、それらは、無数のサーバー群をまたぐかたちで顕在化している。

Facebook CEO Mark Zuckerberg, at left, discusses the company’s infrastructure with Tim O’Reilly of O’Reilly Media yesterday at the Open Compute Summit in San Jose, Calif. (Photo: Colleen Miller)

The savings go beyond the cost of hardware and data centers, Facebook CEO Mark Zuckerberg told 3,300 attendees at the Open Compute Summit in San Jose. The innovations from Open Compute Project have saved Facebook enough energy to power 40,000 homes, and brought carbon savings equivalent to taking 50,000 cars off the road, Zuckerberg said.

ハードウェアやデータセンターにおける、こうしたコストの削減は、Facebook の収益性を超えたところでも意味を持つと、San Jose で開催された Open Compute Summmit で、CEO である Mark Zuckerberg は 3300人の参加者に語っている。Open Compute Project から始まったイノベーションは、Facebook が消費するエネルギーから、40,000 戸分の電力を削減している。それは、路上を走行する自動車で換算すると、5万台分の二酸化酸素を削減することになると、Zuckerberg は述べている。

The innovations created by Open Compute provide a major opportunity for other companies to achieve similar gains, he said “People are spending so much on infrastructure,” said Zuckerberg, who discussed Facebook’s initiatives with technology thought leader Tim O’Reilly of O’Reilly Media. “It creates a pretty broad incentive for people to participate.”

Open Compute がもたらすイノベーションにより、それぞれの企業が同様のメリットを得るという、チャンスが提供される。この Facebook の取り組みについて Zuckerberg は、「 人々はインフラストラクチャに、あまりにも多くの労力を費やしている。 そして、Open Compute は、そこに参加する人々に対して、きわめて広範囲におよぶインセンティブをもたらす」と、O’Reilly Media の思想的リーダーである Tim O’Reilly に説明していた。

An Open Legacy for Facebook

The focus on open hardware was a logical outgrowth of the way the company views the world, according to Zuckerberg. “Facebook has always been a systems company,” he said. “A lot of the early work we did was with open systems and open source.”

Zuckerberg によると、オープンなハードウェアにフォーカスすることは、世界を見据える Facebook にとって論理的な帰結となる。そして、彼は、「 Facebook は、常にシステムの企業であり続けてきた。そして、私たちが取り組んできた、その初期における成果の多くは、オープンなシステムとなり、オープンソースとなってきた」と続けている。

The $1.2 billion in savings serves as a validation of Facebook’s decision to customize its own data center infrastructure and build its own servers and storage. These refinements were first implemented in the company’s data center in Prineville, Oregon and have since been used in subsequent server farms Facebook has built in North Carolina, Sweden and Iowa.

$1.2 Billion というコスト削減は、データセンターのインフラを独自にカスタマイズし、また、独自のサーバーとストレージを構築していくという、Facebook の判断における妥当性を確認するものでもある。これらの洗練された発想は、最初に Prineville, Oregon のデータセンターに実装された後に、North Carolina および Sweden、Iowa の Facebook サーバファームに適用されてきた。

“As you make these marginal gains, they compound dramatically over time,” said Jay Parikh, Vice President of Infrastructure Engineering at Facebook.”We’re actually saving a ton of money.”

[ こうした、小さなメリットの積み上げを、長期間に渡って継続していくことで、劇的な融合が生じる。現実に、私たちは、膨大なコスト削減を達成した 」と、Facebook の Vice President of Infrastructure Engineering である Jay Parikh は述べている。

The designs for Facebook’s servers, storage units and data centers have since been contributed to the Open Compute Project, the non-profit community organization driving the open hardware movement.

Facebook の サーバとストレージのユニットおよび、データセンターのデザインは、オープンなハードウェアのムーブメントを促進する、非営利コミュニティである Open Compute Project に、ずっとコントリビュートされ続けてきた。

This happened, Parikh said, because Facebook was willing to set aside the conventional ways that servers and data centers were built, and try something new. The Open Compute Project can extend these savings to other companies, he said.

Facebook は、サーバーやデータセンターを構築する、従来からの方法と平行して、新しいことに挑戦したいと望んできたので、こうした変化が生じた、と Parikh は発言している。そして、Open Compute Project により、その他の企業でも、同じようなコストの削減が達成される。

“You really should be looking at OCP,” said Parikh. “You could be saving a lot of money.

「 ぜひ、OCP に注目してほしい。そうすれば、膨大なコストの削減が可能になる」と、Parikh は述べている。

RELATED POSTS:

Open Compute Summit, 2014
Open Compute Reports Progress on Open Network Switch
Facebook Adapts Open Compute for Colo Space
Facebook Brings Open Compute into its Colo Space
Closer Look: Facebook’s Open Compute Servers

ーーーーー

TAG indexそれにしても、$1.2 Billion というのは大きいですね。 100円で換算しても 1200億円ですから、メガ・データセンターの構築費に相当するくらいのコストが浮いたことになります。ちょうど 3年前に、Oregon のデータセンターがオープンしていますから、年間で 400億円くらいの計算になりますね。 そして、その後も Noth Carolina と、Sweden、Iowa が構築されているのですから、この数値は年々拡大していくことになります。自然環境へ影響を考えても、素晴らしいことです! 今月は、台北に OCP サーティフィケーション・センターがオープンしました。 アジアにも、このような事例がほしいですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook が選んだ CA の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 26, 2014

AMS-IX Opens Internet Exchange in the New York Market
http://wp.me/pwo1E-7fD

November 6th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/11/06/ams-ix-opens-internet-exchange-in-the-new-york-market/

_ DC Knowledge

The European Internet exchanges keep coming. The latest provider to enter the US market in AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) today announced plans to create an exchange spanning four data centers in New York and New Jersey. The move reflects growing momentum for Open-IX, the movement to spread the European model for exchanging traffic between major networks.

Europe  のインターネットエクスチェンジがやってくる。 最近になって、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)の米国市場に参入することになった、このプロバイダーだが、本日、New York と New Jersey に展開される 4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画を発表した。この動きは、主要ネットワーク間のトラフィックを交換するために、ヨーロッパモデルを広めるという、Open-IX ムーブメントの勢いを反映したものとなる。

An aerial view of the DuPont Fabros NJ1 data center in Piscataway, New Jersey, which will be one of the sites for a new Internet Exchange from AMS-IX. (Photo: DuPont Fabros Technology.)

AMS-IX USA Inc. has struck deals with Digital Realty, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson in the New York/New Jersey area to build and operate a distributed Internet Exchange, named AMS-IX New York.

AMS-IX USA Inc は、AMS-IX New York という名前の分散インターネットエクスチェンジを構築運用するために、New Jersy エリアにおける Digital Reallity および、DuPont Fabor Technology、Sabey Data Center、325 Hudson などと契約を結んでいる。

AMS-IX says it will also deploy new Open-IX exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which will go live in the first and second quarter of 2014, respectively. This new business initiative is a response to the certification process by the Open-IX Association for the setup of neutral and distributed Internet Exchanges in the United States.

AMS-IX が言うには、Chicago と Silicon Valley にも、新しい Open IX エクスチェンジがディプロイされ、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するらしい。この新しいビジネス·イニシアチブは、アメリカ市場において、中立を維持する分散型インターネットエクスチェンジを構築するための、Open IX Association によるサーティフィケーション・プロセスに責任を持つ。

Surge of Entrants from Europe

This makes AMS-IX the third major European exchange operator to enter the US market this year. The London Internet Exchange (LINX) is launching the LINX NoVa exchange across three sites in northern Virginia, while Frankfurt-based DE-CIX is setting up an exchange in the New York market.

今回の AMS-IX による進出は、アメリカ市場に参入する主要ヨーロッパ・エクスチェンジとして、今年に入ってから三度目の出来事となる。London Internet Exchange(LINX)は、Virginia 北部の 3つのサイト連携する、LINX Nova エクスチェンジを立ち上げている。その一方で、Frankfurt ベースの DE-CIX は、New York 市場におけるエクスチェンジを立ち上げている最中だ。

The recent rise of the Open-IX movement has reinvigorated efforts to bring the European approach to exchanges to the US market. In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model has struggled to establish itself in the U.S., where peering has been focused on commercial exchanges, especially thoses operated by Equinix. The Open-IX framework is emphasizing a neutral governance model and the technical compliance of any participating data center providers.

このところの Open IX ムーブメントの盛り上がりは、アメリカ市場のエクスチェンジに対して、ヨーロッパのアプローチを持ち込もうとする展開を、さらに活発にしている。このヨーロッパ相互接続モデルにおいては、インターネット・トラフィック・エクスチェンジの管理が、インフラをホスティングするコロケーション·プロバイダーではなく、そこへの参加者により行われている。アメリカ市場において、このモデルがポジションを確立するのに苦労しているのは、ピアリングが商用エクスチェンジに集約され、さらに言えば、それらが Equinix により運営されているからである。Open IX フレームワークは、中立的なガバナンス·モデルを大切にし、また、そこに参加する、あらゆるデータセンター·プロバイダーによる、テクニカル・コンプライアンスを重視しているのだ。

The new AMS-IX exchange will be spread across three data centers in Manhattan and one in central New Jersey:

この新しい AMS-IX エクスチェンジは、Manhattan における 3つにデータセンターと、New Jersey のセントラルデータセンターに分散される。

  • Digital Realty Trust, 111 8th Avenue, New York
  • DuPont Fabros Technology, Piscataway, NJ
  • 325 Hudson Street, New York
  • Sabey Data Centers, Intergate.Manhattan (375 Pearl Street) in New York

AMS-IX said it could add more locations in the New York market if it sees market demand and interest from other data center providers. In Amsterdam, the AMS-IX exchange platform is distributed across 12 different data centers serving more than 600 IP networks from around the globe. Established in the early 1990s, AMS-IX has a traffic peak of around 2.5 terabits per second.

AMS-IX が言うには、マーケットにおける需要と、他のデータセンター·プロバイダーからの関心が見いだせるなら、より多くのロケーションを、New York 市場に追加していくようだ。 Amsterdam において、AMS-IX エクスチェンジ・プラットフォームは、12 ヶ所のデータセンターに分散され、世界と連携する 600 以上の IP ネットワーク・サービスを提供している。 1990年代の初頭に設立された AMS-IX は、毎秒約 2.5 Tera Bit のピーク・トラフィックを有する。

“The opportunity to start neutral, distributed Internet Exchanges in the US with the endorsement of the Open-IX community fits our strategy of building Internet Exchanges in connectivity hub locations around the world,” said Job Witteman, Chief Executive Officer of AMS-IX. “We believe the model will bring the North American IP interconnection market tremendous value by decreasing complexity as well as the associated costs. AMS-IX is committed to bringing about this market transformation, and is pleased to have found initial partners in two major market participants Digital Realty and DuPont Fabros Technology.”

「 Open-IX コミュニティ に承認された分散型の Internet Exchanges を、アメリカにおいて中立を維持しながら運営していくチャンスは、世界にまたがる接続ハブに適したロケーションで、Internet Exchanges を構築していくという、私たちの戦略に適合している。このモデルにより、複雑さが低減されるだけではなく、関連するコストが圧縮されることで、North American IP インターコネクションに莫大な価値をもたらされると、私たちは確信している。AMS-IX は、このマーケットに変革をもたらすことを約束し、また、Digital Realty と DuPont Fabros Technology という、2つの初期のパートナーを迎え入れられたことを喜んでいる」と、AMS-IX の Chief Executive Office である Job Witteman は述べている。

“We are pleased to be collaborating with AMS-IX on this important initiative,” said Michael Foust, Chief Executive Officer at Digital Realty (DLR). “By helping establish a truly open Internet Exchange environment, we are supporting the Open-IX community’s desire for neutral exchanges that are more efficient and cost-effective than those available today. The end result for our customers will be access to enhanced interconnectivity and Internet peering capabilities.”

「 私たちは、この重要なイニシアチブにおいて、AMS-IX とコラボレートできることを喜んでいる。真にオープンな Internet Exchange 環境の立ち上げを支援することで、現時点で利用できるものよりも、さらに効率と費用対効果に優れる、中立的なエクスチェンジを望む Open IX コミュニティを支援することになる。そして、強化された相互接続性とインターネット・ピアリング機能へのアクセスが、私たちの顧客にとっての最終的な結果となる」と、 Digital Realty の Chief Executive Office である Michael Foust は述べている。

Customer Benefit Seen

“Building upon our carrier-neutrality principle, we are glad to support the Open-IX Association and encourage the deployment of the AMS-IX New York Internet Exchange in our Piscataway NJ1 data center,” said Hossein Fateh, President and Chief Executive officer of DuPont Fabros Technology (DFT). The AMS-IX Internet Exchange at NJ1 will complement the network providers and the New York Stock Exchange currently providing connectivity services to our customers. We expect our customers to benefit from this open Peering and Interconnectivity environment.”

「 キャリアに対して中立で臨むという、私たちの原則を確立するために、喜んで Open-IX Association を支援していく。 そして、私たちの Piscataway NJ1 データセンター内への、AMS-IX New York Internet Exchange のディプロイメントを推進していく。 NJ1 における AMS-IX Internet Exchange は、私たちの顧客に対して、現時点でサービスを提供している、ネットワーク・プロバイダー や  New York Stock Exchange を補完するものとなる。私たちは、このオープンな Peering と Interconnectivity の環境から、顧客たちが恩恵を被ることを期待している」と、DuPont Fabros Technology の President and Chief Executive Office である Hossein Fateh は述べている。

“We are very happy to partner with AMS-IX New York on this important market-changing initiative. Offering more choice in the New York City market to carriers and customers is good for everyone,” added John Sabey, President of Sabey Data Centers.

「 私たちは、マーケットを変えていこうとする、この重要なイニシアティブを確立するために、喜んで AMS-IX New York と提携していく。キャリアとカスタマのための選択肢が、New York City マーケットで増えることは、誰にとっても素晴らしいことだ」と、Sabey Data Centers の President である John Sabey は述べている。

AMS-IX New York is currently accepting orders in the 111 8th Digital Realty facility, where it says it is ready to provision customer ports.

現時点において AMS-IX New York は、すでにカスタマーにポートを提供する準備を整えている、111 8th の Digital Realty ファシリティでオーダーを受け付けている。

“With our experience of building and managing Internet Exchanges in Europe, Asia, the Caribbean and East Africa we have a blueprint for rolling out new exchange platforms,” Henk Steenman, Chief Technical Officer of AMS-IX. “All of the configurations, management and monitoring systems are pre-defined and ready for deployment. The main priority is to extend the organization, the team and to deploy the equipment and local Dark Fiber between the several data centers, as well as with other companies that are willing to partner with AMS-IX, and are Open-IX certified and commercially feasible.”

「 Europe/Asia/Caribbean/East Africa などで、いくつかの Internet Exchange を確率/運用してきた経験により、新しい Exchange プラットフォームを展開するための青写真を手にしている。すべての、コンフィグレーション/マネージメント/モニタリングのためのシステムが、すでに定義され、また、デプロイメントの準備も整っている。そして、優先されるべき事柄は、この環境をディプロイするための組織とチームを拡張し、いくつかのデータセンター間に、ローカルな Dark Fiber を展開していくことである。 それに加えて、AMS-IX との提携を望む企業と連携し、Open-IX サーティフィケーションを推進し、商業的な可能性を具体化していくことになる」と、AMS-IX の Chief Technical Officer である Henk Steenman は述べている。

RELATED POSTS:

German Internet Exchange DE-CIX Enters NY Market
Open Internet Exchange Movement Organizing
London Internet Exchange Enters U.S. Market With EvoSwitch in Virginia
Digital Realty Launching Open Internet Exchange Initiative
CoreSite Connects With Amsterdam’s AMS-IX

ーーーーー

10月に相次いで発表された、London Internet Exchange (LINX) の Virginia 進出に続いて、11月には AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)のアメリカ市場進出が発表されました。 それが展開されるリージョンは、New York と New Jersey であり、4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画です。そして、本文では触れていませんが、このファシリティは NetFlix にも採用されたようです。昨日の Wireless Wire に「米でネットワーク中立性に赤信号 – ネットフリックス、コムキャストへの支払いに合意」という記事が掲載されていましたが、この Open IX をめぐる動向と、ひょっとすると絡み合っているのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

%d bloggers like this: