Agile Cat — in the cloud

KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る!

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on August 28, 2014

KDDI to Build New Telehouse Data Centers in Tokyo and Osaka
http://wp.me/pwo1E-7N3

By Marketwired  – August 27, 2014
http://www.sys-con.com/node/3162327

__ Market Wired

TELEHOUSE Invests in Expanding a Further 20MW of High Power Density Colocation Space in Japan

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — KDDI, the global telecommunications provider, announces today that it will invest $270 million (28 billion yen) investment ina the building of two new Telehouse data centers, "TELEHOUSE OSAKA 2," and "TELEHOUSE TOKYO Tama 3," scheduled to open in August 2015 and February 2016 respectively. These additional facilities will take the total amount of global TELEHOUSE data center space to approximately 4.0 million square feet, provided by 46 sites across 13 countries/territories and 24 major cities.

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — グローバル・テレコム・プロバイダである KDDI からの今日の発表によると、同社は $270 million (28 billion yen) を投資し、TELEHOUSE OSAKA2 および TELEHOUSE TOKYO Tama 3という、2つのデータセンターを構築し、それぞれを 2015年8月と 2016年2月にオープンすることになる。 これらのファシリティが追加されることで、13カ国/24主要都市の 46サイトに展開される、TELEHOUSE データセンターの総床面積は、400万平方フィート(約37万平米)に拡大される。

Both Osaka and Tokyo facilities will offer high-density colocation services enabling the hosting of heavy load IT infrastructure. The data centers will meet the growing demand for housing private enterprise clouds, along with public cloud service providers, online and media content companies. The facilities are designed to Tier 3+ data center standards in redundancy and uptime, and will be insusceptible to earthquakes by a long-period absorption structure, reflecting the high quality Global TELEHOUSE specifications. In addition, KDDI can provide a combined solution by providing direct access to the KDDI global network along with the data center.

Osaka と Tokyo のファシリティは、いずれも高負荷 IT インフラのホスティングを可能にする、高密度コロケーション・サービスを提供する。これらのデータセンターは、プライベート・エンタープライズ・クラウドにおける需要の高まりに対応するものとなるが、パブリック・クラウド・サービス・プロバイダーや、オンライン/メディア・コンテンツ事業にも提供される。 また、冗長性とアップタイムに関しては、高品質な Global TELEHOUSE スペックを反映した、Tier 3+ のデータセンター・スタンダードで設計され、また、地震に関しては長周期での吸収構造を用いることで、そのに影響を受けにくいデザインとなっている。それに加えて、KDDI Global Network へのダイレクト・アクセスを、これらのデータセンターに提供することで、KDDI は複合的なソリューションを実現していくとされる。

クリックでスペック・シート ⇒

Telehouse Osaka 2, located in the center of Osaka city, will offer 700 racks of tenancy space with up to 30kVA (designed) per rack. The technical and operations room will be situated above second floor avoiding the risk of potential flooding. Osaka 2 can be used as a disaster recovery and back-up site for the Tokyo data centers.

Telehouse Osaka 2 は、大阪市の中心部に位置し、ラックあたり 30kVA(designed)に対応する 700台のラックにより、テナント・スペースの構成する。テクニカルおよびオペレーションのための施設は、2階以上に配置され、水害による危険性を回避するものとなる。また、この Osaka 2 は、東京のデータセンター群のための、DR(disaster recovery)および Back-Up のサイトとしても用いられる。

Telehouse Tokyo Tama 3 will be located on the existing Tama data center campus, approximately 18 miles from the Tokyo city center in a highly guarded surrounding. The five story building will offer 1,300 racks of tenancy space with up to 42kVA (designed) power supply to racks, the highest(*1) in Japan and 5 times(*2) industry average, with a designed PUE 1.31 making it one of the most energy efficient data centers in Japan.

Telehouse Tokyo Tama 3 は、東京の中心部から 18マイルほど離れた、きわめてセキュアな環境の中で運用されている、Tama Data Center Campus 内に配置される。そして、5階建てのビルディングに収納される、ラックあたり 42kVA(designed)に対応する 1300台のラックにより、テナント・スペースの構成する。この電力密度は、日本で最高(*1)のものであり、また、業界平均の 5倍(*2)に達するものとなる。そして、PUE 1.31 を実現する、日本で最もエネルギー効率の良いデータセンターの1つとなる。

The Telehouse data center expansion reflects the growing demand for data center space in Japan’s metros, and the ability of KDDI to accommodate leading multinationals expanding their portfolios in Japan. By securing its domestic market share in Japan, KDDI continues to be the leader in premium data center facilities.

この、Telehouse Data Center の拡大は、日本における都市型データセンター・スペースに対する、需要の高まりを反映したものとなる。 そして、日本でのポートフォリオを拡大する、主だった多国籍企業を収容する、KDDI のキャパシティを拡大していくことになる。 日本国内でのマーケット・シェアを確かなものにすることで、KDDI は高品質データセンター・ファシリティのリーダーであり続けようとしている。

To learn more about TELEHOUSE America and KDDI visit http://www.telehouse.com and http://global.kddi.com/.

(*1) As of Aug 26. Research from KDDI based on public information.

(*2) Compared with TELEHOUSE data centers in Japan.

ーーーーー

Over 30kVA というのは凄まじいですね :) そろそろ、15kVA の時代かなぁ・・・ などと考えていた Agile_Cat などは、その予想を完全に覆されてしまい、かなりビックリしています。 もちろん、すべてのラックに、それだけの電力を供給できるという話ではなく、特定のラックに対してという話のはずですが、それにしてもスゴイことです。 排熱は、どうするのでしょうね? 今度、チャンスがあったら教えてもらいたいですねぇ。

ーーーーー

<関連>

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー:HVDC との相性も良さそう!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on August 21, 2014

A next-gen battery is coming soon to the power grid
http://wp.me/pwo1E-7LS

By Katie Fehrenbacher – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/the-power-grid-is-getting-a-lot-of-new-next-gen-battery-options-this-year/


_ Giga Om

Summary: Flow batteries are funky large batteries that use liquid tanks and pumps. There’s a new one being commercialized by a Silicon Valley startup.

Summary: フロー・バッテリーとは、液体のためのタンクやポンプを用いる、ちょっと型破りな大型のバッテリーのことである。そして、Silicon Valley のスタートアップにより商品化された、新しいプロダクトが登場した。

ーーーーー

2014 seems poised to be the year that next-generation battery technologies become more widely available for the power grid. On Tuesday a five-year-old venture capital-backed startup called Primus Power announced that it’s raised another round of $20 million in funding, which it will use to get its battery technology to its first utility and power customers this year.

2014年は、次世代バッテリー・テクノロジーが、送電網において広範囲に利用されるよう、準備を整える年になりそうだ。この火曜日(2/4)に、Primus Power( 5年間に渡りベンチャー・キャピタルの支援を受けてきた)というスタータップが、別のラウンドで $20 Million を調達したと発表した。そして、年内には、Utility and Power の顧客たちに、そのバッテリー・テクノロジーを提供できるようにするようだ。

Primus Power makes “flow batteries,” which store energy like the batteries in your laptop do, but which have the electrolyte (the substance that acts as the medium for the charging and discharging) separated out of the battery cell in liquid-filled tanks. The systems use a pump to move the liquid electrolyte over the electrode, which in turn stores energy.

Primus Power が作るフロー・バッテリーは、あなたのラップトップ PC に似たようなかたちで蓄電するが、その電解質(充放電のための媒体として作用する物質)は、液体で満たされたタンク内のバッテリー・セルから分離されている。つまり、このシステムはポンプを用いて、電極上に電解液を循環させることで蓄電していく。

The Primus Power shipping container, filled with flow batteries.

The benefit of this design is that flow batteries can be cheaper, can be more easily refillable, and can provide prolonged amounts of energy storage compared to traditional enclosed batteries. Primus Power’s flow batteries are supposed to be able to provide energy storage for over a period of four or five hours, while a lithium ion battery can provide energy storage for about an hour, Primus Power’s CEO Tom Stepien told me in an interview a couple years ago.

このデザインの利点として挙げられるのは、フロー・バッテリーが安価であり、電解液の充当が容易であり、また、従来からの封入型バッテリーと比べて、長時間にわたって電力を供給できる点にある。Primus Power のフロー・バッテリーは、4時間〜5時間にわたって放電できるようになっているが、リチウム・イオン電池の場合は、約1時間の放電が限界であると、Primus Power の CEO である Tom Stepien が、数年前のインタビューで語っていた

Primus Power sells an “EnergyPod,” (see above) which is basically a shipping container that’s filled with around a dozen flow batteries stacked on top of each other. Each EnergyPod has capacity to store 250 kW of energy for a cost of $500 per kWh. For large installations a utility can install multiple shipping containers and manage them with the computing and software that Primus Power also provides.

Primus Power が販売する EnergyPod は、輸送用コンテナをベースにしたものであり、その内部は、積み重ねられた十数基のフロー・バッテリーで満たされている。それぞれの EnergyPod は、250 kW を充電することが可能であり、そのコストは kWh あたり $500 となる。また、電力会社などが大規模な導入を行う際には、複数のコンテナをインストールすることが可能であり、Primus Power が提供するコンピューティングとソフトウェアにより、それらを管理できる。

The electrode sits at the top of the flow battery.

Power companies are looking to add energy storage technologies like batteries and flow batteries to the grid as a way to store energy generated by clean power sources like solar and wind, which only provide energy when the sun shines and wind blows. The idea is that a flow battery could store energy from, say, a wind turbine, when the wind is blowing extra hard, and the battery can release the extra energy over four or five hours as the wind dies down.

電力会社は、太陽光や風力といった、クリーンであっても生成が不安定なエネルギーを蓄積するための方式として、送電網にバッテリーやフロー・バッテリーなどの、エネルギー・ストレージ・テクノロジーを加えたいと考えている。この、フロー・バッテリーのアイデアにより、たとえば風力発電の場合なら、強風により余剰な電力が供給されるときに蓄電して、風が止んだらバッテリーから、4時間〜5時間ほどの放電が可能なるのだ。

While flow batteries have been on the market for awhile, Primus Power’s flow battery is supposed to be more efficient because it uses one tank, one flow loop, one pump, and no separator (many current ones on the market use two tanks and a separator). Primus’ electrode is also made of metal, compared to the felt or plastic electrodes of some competitors (so higher conductivity) and the electrolyte itself — that flows through the system — is zinc-based.

このところ、いくつかのフロー・バッテリーが市場に登場しているが、Primus Power のフロー・バッテリーは、タンク/フローループ/ポンプが1つずつで済み、また、セパレータが不要である(数多くのプロダクトが、市場で提供されているが、そのすべてが 2つのタンクを用い、セパレータを必要とする)。いくつかのコンペティタが、フェルトまたはプラスチック(もしくは、それ以上の導電率を持つ物質)の電極を用いているのとくらべて、Primus は金属製を用いている。また、そのシステムの全体を構成する電解質は、亜鉛ベースの材質となる。

An early version of Primus Power’s electrode.

Other startups that are building the next-generation of low cost batteries for the power grid include Ambri, Eos Energy, Aquion Energy and others. Several of these companies are looking to commercialize their technology this year. And it’s not just batteries that are emerging for energy storage and the power grid — startups like LightSail Energy and SustainX are working on reinventing compressed air energy storage.

その他にも、Ambri/Eos Energy/Aquion Energy などを含むスタートアップたちが、送電網用の低コスト次世代バッテリーを構築している。そして、そのうちの何社かは年内に、そのテクノロジーを商用化しようとしている。 ただし、こうした動きは、バッテリーだけにとどまらない。LightSail Energy や SustainX といったスタートアップは、圧縮空気によるエネルギー蓄積技術を改善することで、電力網のための電力ストレージに取り組んでいる。

Primus Power has raised a total of $35 million from investors including Kleiner Perkins, Chrysalix, DBL Investors and I2BF Global Ventures. The new round was led by South Africa-based resource developer Anglo American Platinum Limited. Primus has also received $20 million worth of grants from U.S. government agencies, like the Department of Energy.

Primus Power は、Kleiner Perkins/Chrysalix/DBL Investors/I2BF Global Ventures といった投資家たちから、合計で $35 Million の資金を調達している。今回のラウンドは、South Africa ベースの資源開発会社である Anglo American Platinum Limited が主催したものである。そして、ここでも Primus は、Department of Energy といったアメリカ政府機関から、$20 Million の助成金を得ている。

Primus Power is looking to use these latest funds to deliver their first EnergyPods to customers. Customers include a utility in Modesto, California, the Bonneville Power Administration in the Pacific Northwest, and a microgrid at the Marine Corps Air Station in Miramar, California. California could be home to many of these new power grid energy storage innovations, following the state’s decision to support a large amount of energy storage projects by 2020 in order to help the state meet its renewable energy mandate.

Primus Power は、それらの資金を用いて、最初の顧客たちに EnergyPods を供給しようとしている。そして、それらの顧客には、California の Modesto や、Pacific Northwest の Bonneville Power Administration といった電力会社や、California の Marine Corps Air Station におけるマイクログリッドなどが含まれる。California は、送電網のための、新たな電力ストレージ・テクノロジーの本拠地になれるかもしれない。それは、2020年までに再生可能エネルギーの活用を促進するという、州政府が決定した大量エネルギー・ストレージ・プロジェクトを、サポートするものでもある。

Related research

The fourth quarter of 2012 in clean tech – January 2013
The next generation of battery technology – October 2012
Cleantech third-quarter 2012 – October 2012

ーーーーー

今年の2月の記事であり、だいぶ時間が経ってしまいましたが、とても興味深い内容なので訳してみました。 日本でも、さくらインターネットなどによる 石狩超電導直流送電プロジェクトや、NTT Data による 高電圧直流給電(HVDC)テクノロジーといった、エネルギーとデータセンターの関係を再構築していこうという取り組みが進んでいます。 そして、この Primus Power の EnergyPods も、大がかりな蓄電は不可能という固定概念を、打ち破ろうとする試みとして捉えることが可能です。 まだまだ、時間はかかるでしょうが、それぞれの領域でテクノロジーが磨かれていくことで、安全でクリーンなエネルギーにより、データセンターが効率よく動き続けるという、新しい時代にたどり着けると信じています。

ーーーーー

<関連>

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えるべき
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on August 19, 2014

Google: From 112 Servers to a $5B-Plus Quarterly Data Center Bill
http://wp.me/pwo1E-7Lz

Yevgeniy Sverdlik – July 23, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/23/from-112-servers-to-5b-spent-on-google-data-centers-per-quarter/

_ DC Knowledge

It was only 15 years ago that Google was running on slightly more than 100 servers, stacked in racks Sergey Brin and Larry Page put together themselves using cheap parts – including insulating corkboard pads – to cut down the cost of their search engine infrastructure.

それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。

That do-it-yourself ethos has stayed with the company to this day, albeit it is now applied at much bigger scale.

この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

Google data centers cost the company more than $5 billion in the second quarter of 2014, according to its most recent quarterly earnings, reported earlier this month. The company spent $2.65 billion on data center construction, real estate purchases and production equipment, and somewhat south of $2.82 billion on running its massive infrastructure.

7月初めに報告された、直近の四半期決算によると、2014年 Q2 における Google データセンターのコストは、$5 billion 以上とされている。 同社は、データセンターの建設および、不動産の取得、設備の購入などに$2.65 billion を投資し、また、大規模なインフラストラクチャを運用するために、$2.82 billion を費やしている。

The $2.82 billion figure is the size of the “other cost of revenue” bucket the company includes its data center operational expenses in. The bucket includes other things, such as hardware inventory costs and amortization of assets Google inherits with acquisitions. The size of this bucket in the second quarter represented 18 percent of the company’s revenue for that quarter. It was 17 percent of revenue in the second quarter of last year.

この $2.82 billion という数字は、データセンターの運用コストを含む、同社における「その他のコスト」を、大まかなところでザックリと示している。この数字には、たとえばハードウェア在庫の金額や、Google の買収先から継承する償却資産といったものが含まれている。今年の Q2 における、この数字の規模は、同じ Q2 の売上高に対する 18% を占めている。そして、昨年の Q2 では、この数字は 17% であった。

Google’s largest server order ever

While the amount of money Google spends on infrastructure is astronomically higher than the amount it spent 15 years ago, the company makes much more money per server today than it did back then.

いまの Google が、インフラに費やすコストは、15年前とくらべて天文学的に膨らんでいる。つまり、当時と比べて、サーバーごとに費やす金額が大きくなっているのだ。

“In retrospect, the design of the [“corkboard”] racks wasn’t optimized for reliability and serviceability, but given that we only had two weeks to design them, and not much money to spend, things worked out fine,” Urs Hölzle, Google’s vice president for technical infrastructure, wrote in a Google Plus post today.

「 いまになって、振り返ってみると、あの “コルク・ボード” ラックのデザインは、信頼性と保守性という意味で最適化されていなかった。しかし、二週間でデザインを完了し、しかも、多額の費用をかけられなかったことを考えると、上手くいったのだろう」と、Google の VP for Technical Infrastructure である Urs Hölzle が、今日の Google+ にポストしている。

One of Google’s early “corkboard” racks is now on display at the National Museum of American History in Washington, D.C.

In the post, Hölzle reminisced about the time Google placed its largest server order ever: 1,680 servers. This was in 1999, when the search engine was running on 112 machines.

そのポストで Hölzle は、当時としては史上最大である、1680 台のサーバーを発注したときの思い出にも触れている。 それは、1999年のことであり、すでに同社の検索エンジンが、112台のマシン上で実行されていたときの話しでもある。

Google agreed to pay about $110,000 for every 80 servers and offered the vendor a $2,000 bonus for each of the 80-node units delivered after the first 10 but before the deadline of August 20th. The order was dated July 23, giving the vendor less than one month to put together 800 computers (with racks and shared cooling and power) to Google’s specs before it could start winning some bonus cash.

Google は、80台のサーバーで構成される1ユニットに対して、$110,000 を支払うことに合意した。 そして、8月20日までに、最初の 80 ノード x 10ユニットを納入することで、ユニットごとに $2000 のボーナスを提供すると、そのベンダーに約束した。 この発注は 7月23日付けであり、そのベンダーは 800台のコンピューターを、1ヶ月足らずで調達しなければならなかった(ラックと共有ファンと電源も含む)。 しかも、ボーナスを手にする前に、Google の要求するスペックに合わせなければならない。

Hölzle included a copy of the order for King Star Computer in Santa Clara, California. The order describes 21 cabinets, each containing 60 fans and two power supplies to power those fans.

Hölzle は、そのブログ・ポストに、Santa Clara, California の King Star Computer 宛に発行した、発注書をコピーしてくれた。それは、21台のユニットを発注するものであり、それぞれに 60台のファンと、そのための 2つの電源が取り込まれるものであった。

There would be four servers per shelf, and those four servers would share:

1つのシャシーに 4台のサーバーが配置され、以下を共有する:

  • 400-watt ball bearing power supply
  • Power supply connector connecting the individual computers to the shared power supply
  • Two mounting brackets
  • One plastic board for hard disks
  • Power cable

Each server would consist of:

個々のサーバーの構成要素:

  • Supermicro motherboard
  • 265 megabytes of memory
  • Intel Pentium II 400 CPU with Intel fan
  • Two IBM Deskstar 22-gigabyte hard disks
  • Intel 10/100 network card
  • Reset switch
  • Hard disk LED
  • Two IDE cables connecting the motherboard to the hard disk
  • 7-foot Cat. 5 Ethernet cable

Google’s founders figured out from the company’s early days that the best way to scale cost-effectively would be to specify a simple server design themselves instead of buying off-the-shelf all-included gear. It designs its hardware on its own to this day. Other Internet giants that operate data centers at Google’s scale have followed suit.

Google の創設メンバーたちは、同社が立ち上がったときから、すべてのギアが取り込まれた既成品サーバーを購入するのではなく、ニーズに適合するシンプルなサーバーを自らデザインすることが、大きなスケールで費用対効果を向上させる方法だと、理解していたことになる。そして、ハードウェアを独自にデザインするという考え方は、今日まで続いている。 さらに言えば、Google スケールでデータセンターを運営する、他のインターネット・ジャイアントたちも、それを追随してきたことになる。

ーーーーー

とても面白い話なので、楽しみながら訳すことができました :) そして、分かったことは、今日に至るまで Google が、既成品としてのサーバーを、まったく購入していないという、徹底したカスタム路線を貫いていることです(多少の例外はあるかも?)。 いつ頃から、台湾の ODM に発注先が切り替わったのか、そのあたりは分かりませんが、データセンターを運用する側が、つまりユーザー側が、サーバーをデザインすべきという発想の原点が、ここにあるのでしょう。 Open Compute Project Japan を、お手伝いしている Agile_Cat としても、このトピックを皆さんと共有できて嬉しいです。 何かの機会があり、Washington, D.C. へ行くことがあるなら、National Museum of American History で初代 Google サーバーを見学したいものですね。

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
Facebook と Open Compute が、Wedge という名の オープン・スイッチを発表!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Posted in Apple, Asia, Government, Telecom by Agile Cat on August 15, 2014

Apple moves data storage onto Chinese soil through China Telecom deal
http://wp.me/pwo1E-7La

Friday August 15, 2014 MYT 7:31:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/15/Apple-moves-data-storage-onto-Chinese-soil-through-China-Telecom-deal/

_Star Online

BEIJING: Apple Inc has begun storing personal data for some Chinese users on servers provided by China Telecom, marking the first time that the company has stored user data on mainland Chinese soil.

BEIJING: Apple だが、China Telecom が提供するサーバー上に、中国人ユーザーのパーソナル・データを部分的にストアし始めている。つまり、自社ユーザーのデータを、中国本土のファシリティにストアするという、これまでにはなかった動きを示し始めている。

Apple attributed the move to an effort to improve the speed and reliability of its service. It also represents a departure from the policies of some technology companies, notably Google Inc, which has long refused to build data centres in China due to censorship and privacy concerns.

Apple は、この転換について、同社のサービスにおけるスピードと信頼性を、向上させるための取り組みだとしている。しかし、それは、Google などに代表されるテック・カンパニーが護ってきた、ポリシーからの逸脱を示すものとなる。それらの企業は、北京政府による検閲やプライバシー侵害という懸念から、長年にわたって、中国国内にデータセンターを構築することを拒否してきたのだ。

All data stored with China Telecom, as with all data centre providers worldwide, will be encrypted, Apple said in a statement on Friday.

China Telecom によりストアされる全データは、グローバルに展開されるデータセンター·プロバイダーを利用するときと同様に、(私たちの手で)暗号化されていると、Apple は金曜日(8/15)にステートメントを発している。

"Apple takes user security and privacy very seriously," it said. "We have added China Telecom to our list of data centre providers to increase bandwidth and improve performance for our customers in mainland china. All data stored with our providers is encrypted. China Telecom does not have access to the content.” A spokesman for China Telecom declined to comment.

「 Apple は、きわめて真剣に、ユーザーのセキュリティとプライバシーのことを考えている。 私たちのデータセンター・プロバイダーのリストに China Telecom を加えたのは、中国本土の顧客に対して充分な帯域幅を提供し、そのパフォーマンスを改善するためである。私たちが契約するプロバイダーによりストアされる、すべてのデータは暗号化されている。 つまり、その内容に対して、China Telecom はアクセスできない」と、同社は述べている。その一方で、China Telecom のスポークスマンは、コメントを拒否している。

Technology companies seek to position data centres as close to their customers as possible because smaller physical distances mean faster service speeds. — Reuters

テック・カンパニーたちは、サービス提供における高速化を図るため、可能な限り顧客に近いロケーションにデータセンターを配置し、その伝送距離を縮めようとしている。 — Reuters

ーーーーー

まず、中国市場における Apple の立場ですが、iPhone に関しては China Mobile と契約を結び、中国独自の TD-LTE に対応するカスタム・デバイスを提供しているという状況にあります。 そして、中国の Big-3 キャリアである、China Mobile/China Telecom/China Unicom は、いずれも国有企業であり、いろいろな意味で相互補完している関係にあると言えるでしょう。 Apple は、ユーザーの利便性だけを考えてと発言していますが、そんなに簡単な話ではないはずです。 Google が中国本土から撤退したときに、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、とても興味深い記事を Wired が書いています。よろしければ、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

Level 3 と Digital Realty:ネットワーク帯域幅をスケールさせる環境に、AWS と Azure を取り込む

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Telecom by Agile Cat on July 30, 2014

Level 3, Digital Realty provide direct connection to Amazon, Microsoft cloud services
http://wp.me/pwo1E-7HU
April 29, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/level-3-digital-realty-provide-direct-connection-amazon-microsoft-cloud-ser/2014-04-29

_ fiercetelecom

Level 3 Communications has established a new partnership with Digital Realty Trust where it will provide the data center provider’s customers in 14 U.S. and European markets access to its growing base of cloud service partners including Amazon Web Services (AWS Direct Connect) (NASDAQ: AMZN) and Microsoft Azure (NASDAQ: MSFT) (ExpressRoute).

Level 3 Communications が Digital Realty Trust と、新たなパートナーシップを確立した。それにより、U.S. と Europe における、14 ヶ所のデータセンター・プロバイダーを利用する顧客に対して、クラウド・サービス・パートナーへのアクセス基盤が拡張されるが、その中には Amazon Web Services(AWS Direct Connect)と、Microsoft Azure(ExpressRoute)も含まれる。

Through this relationship, the Digital Realty customers will have a new route to migrate and operate their applications to a hybrid cloud environment with the backing of Level 3’s deep network presence.

この提携により、Digital Realty の顧客は、Level 3 の緊密に張り巡らされたネットワークを後ろ盾とする、ハイブリッド・クラウド環境へとアプリケーションを移行する、新しい道筋を持つことになる。

While Level 3 is hardly alone in providing a direct access route to AWS and Microsoft Azure, Anthony Christie, chief marketing officer for Level 3, told FierceTelecom what sets it apart is the global nature of the offering.

Level 3 は、AWS や Microsoft Azure にダイレクト・アクセスのルートを提供する際に、それを単独で行うわけではないが、グローバルな性質により際立ったものになると、同社の Chief Marketing Officer である、Anthony Christie が FierceTelecom に語っている。

"One of the things that you’ll see from us that is different than what you’ll see from some of the other network service providers is we continue to leverage the global nature of our network," he said. "With Amazon, Level 3 will be listed as the most connected player to Amazon’s hosting and data centers around the world.”

「 誰もが分かる、他のネットワーク・サービス・プロバイダーの違いは、私たちのネットワークがグローバルな性質を活用している点である。Amazon においては、世界に点在する AWS ホスティング/データセンターと、最も数多く接続されているプレーヤーとして表示される」と、彼は発言している。

Another potential benefit of this pact for enterprise customers is they can adjust network bandwidth and storage levels as needed. During a holiday shopping season, a retailer could dynamically scale their bandwidth and only pay for what they consume as demand for computing capacity ramps.

エンタープライズ・カスタマーにおける、この協定による別の潜在能力は、ネットワーク帯域幅とストレージ・レベルを、必要に応じて調整できる点にある。たとえば、ホリデー・ショッピング・シーズン中の小売業者は、帯域幅をダイナミックに拡張することが可能であり、その突出したコンピューティング容量に対してのみ、対価を支払えば良いことになる。

In addition to scaling bandwidth, Digital Realty customers will gain the flexibility to choose the cloud model and cloud provider that best meet their needs, access bandwidth dynamically and pay only for what they use.

この帯域幅のスケーリングに加えて、Digital Realty の顧客たちは、クラウド·モデルとクラウド・プロバイダーを柔軟に選択するという、メリットを手にすることになる。 つまり、自身のニーズにフィットしたクラウドを選び、アクセス帯域幅をダイナミックに調整し、使用した分だけ対価を支払えるようになる。

Level 3 is also providing connectivity under its Cloud Connect Solutions program, including Layer 1, Layer 2 and Layer 3 connectivity.

さらに Level 3は、Cloud Connect Solutions プログラムのもとでコネクティビティを提供しており、そこには Layer 1/Layer 2/Layer 3 が取り込まれている。

"On a global scale, we can guarantee latency for connectivity for public and hybrid cloud environments at Layer 1," Christie said. "We’re working on Layer 2 and Layer 3, but because of the switched nature of those products, it’s a bit tricky."

「 グローバル・スケールにおいて、パブリック/ハイブリッド·クラウド環境での接続のために、レイテンシーを保証するのは Layer 1 となる。Layer 2 と  Layer 3 にも取り組んでいるが、それらのプロダクトにおけるスイッチの性質は少々トリッキーである 」と、Christie は発言している。

Christie added that "with our Layer 3 MPLS offer, what we’re enabling is instantaneous consumption by pre-provisioning ports into Amazon and into Azure so they can burst through and consume Amazon Web Services in the future."

私たちが提供する Layer 3 MPLS により、Amazon および Azure に対して、事前にプロビジョニングしたポートを介したバーストが可能になる。したがって、将来的には、バーストを介した Amazon Web Services の利用も実現される」と、Christie は付け加えている。

Related articles:

Level 3 gets ISO certification for security services in Latin America
Level 3 grabs two new multi-national enterprise wins
Level 3 connects network to 50 U.S. Air Force sites
Level 3’s Storey: M&A is an option, not a necessity

ーーーーー

このところ、「AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結」や「ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon 」といった抄訳をポストしましたが、この Level 3 と Digital Realty の戦略も同じところを狙っているように思えます。つまり、ダーク・ファイバーに投資してきた事業者が、帯域幅をスケールさせるネットワークの中に、コンピューティングとストレージをスケールさせるパブリック・クラウドを、つなぎ込んでいくという構図です。そして、ハイブリッド・クラウドを目指すエンタープライズにとっては、おそらく、最も分かりやすく、安心できるフレームワークなのでしょう。 とても、興味深いトレンドです。

ーーーーー

<関連>

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:シンガポールとフランスを接続する!

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

%d bloggers like this: