Agile Cat — in the cloud

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!

Posted in Asia, OpenStack, SDN by Agile Cat on July 15, 2014

Fujitsu announces $2bn cloud offensive
http://wp.me/pwo1E-7F3

July 14, 2014 Written by Business Cloud News
http://www.businesscloudnews.com/2014/07/14/fujitsu-announces-2bn-cloud-offensive/

Technology vendor Fujitsu has announced major new initiatives aimed at accelerating its capture of market share in cloud computing. The company said it plans to spend more than ¥200bn (US $2bn) over the next 3 years in a bid to bolster its market position amidst IT incumbents.

テクノロジー・ベンダーである Fujitsu が、クラウド・コンピューティング市場におけるシェア獲得を加速するための、大規模な取り組みについてアナウンスした。同社は、これまでに培ってきた IT ビジネスの中心に、クラウドを据えるという賭けにおいて、今後の3年間で ¥200bn (US $2b) もの投資を計画している。

Fujitsu has announced it will invest billions over the next three in cloud computing

The company said it will spend the bulk of the ¥200bn between 2014 and 2016 on building out new datacentre capacity and expanding its managed cloud platform globally.

同社の説明によると、2014年〜2016年の間に ¥200bn の集中的な投資を実施することで、そのデータセンターに新たなキャパシティを加え、また、グローバルにおけるマネージド・クラウド・プラットフォームを拡大することになる。

Fujitsu currently operates seven datacentres offering its public cloud platform globally and plans to add two new datacentres this year: one in the US, the other in the UK. It also plans to add private cloud capacity in two new locations in the US (on the East and West Coast), with additional deployments in six locations across Europe and Asia.

現時点において Fujitsu は、グローバルに展開するパブリック・クラウド・プラットフォームのために、7ヶ所ののデータセンターを運営しているが、US と UK のデータセンターが、年内には追加されるようだ。 また、同社はプライベート・クラウドのためのキャパシティを、US の 2ヶ所(東西の海岸)に追加する予定であり、さらには、Europe や Asia における 6ヶ所のデータセンターにもディプロイしていく。

Overall the company has 25 cloud datacentres globally.

同社の全体的な計画によると、25ヶ所のクラウド・データセンターを、グローバルに展開していくことになる。

“Fujitsu has a vision of a Human Centric Intelligent Society, one where social and business innovation is driven by the intelligent use of information and communication technologies. We see cloud as the natural platform for delivering these new types of applications, which is reflected in both the increase we are seeing in cloud adoption and how it is becoming a standard part of IT service delivery models for many CIOs today,” said Cameron McNaught, executive vice president, solutions, global delivery, Fujitsu.

「 Fujitsu のビジョンである Human Centric Intelligent Society は、ICT(information and communication technologies)のインテリジェントな活用により、社会と企業でのイノベーションを促進するものである。そして、そのような新しいアプリケーションのタイプを展開していくためには、クラウドが自然なプラットフォームになると認識している。それらは、数多くの CIO が IT サービスを提供するための、クラウドの採用において確認している現実と、また、標準的なモデルとして台頭している現象という、2つの要因現を反映したプラットフォームでもある」と、Fujitsu の Executive VP , Solutions, Global Delivery である Cameron McNaught は述べている。

The move comes as Fujitsu looks to strengthen its partnerships with other vendors and its efforts in the open source space. The vendor recently announced a partnership with network virtualisation vendor Midokura which will see both companies integrate Midokura’s MidoNet network virtualization software with Fujitsu’s private cloud platform software, which is based on OpenStack.

この Fujitsu の動きは、オープンソースの領域での取り組みと、他のベンダーとのパートナーシップを、強化するものとも思える。先日に、同社は、SDN ベンダーである Midokura との提携を発表している。この提携においては、OpenStack ベースの Fujitsu プライベート・クラウド·プラットフォームに、Midokura の MidoNet SDN を統合していくための作業が、両社の協業のもとで進んでいくだろう。

The efforts mirror those of another large legacy IT vendor, IBM, which earlier this year announced over $1bn in cloud-related initiatives, and redoubled efforts to bring OpenStack-based commercial offerings to market.

今年の初めに、大手レガシー IT ベンダーである IBM が、クラウド関連する $1B 以上の投資を発表しているが、この Fujitsu の取組は、それに対抗していくものでもある。そして、OpenStack ベースの商用プロダクトを、大きく促進していくという効果をもたらす。

“We also recognize that no single cloud service provider can meet all customer needs, so we are continuing to invest in our cloud integration services,” McNaught added.

そして McNaught は、「 単一のクラウド·サービス·プロバイダーが、すべての顧客のニーズを満たすというシナリオは、成立しないものだと、私たちは認識している。 だからこそ、自身ののクラウド·インテグレーション·サービスに対して、継続的に投資しているのだ」と、付け加えている。

ーーーーー

注記:¥200bn と US $2b の、どちらが正しいのか、他のメディアのポストを見ても、その点が不明だったので、そのまま表記しています。

追記(7/15 11:55 AM):¥200bn も、英語での Billion なので、2000億円の投資額ということなんですね。 つまり、IBM 以上の予算を用意してクラウドに臨むという意味なのです。 スゴイ!

ーーーーー

Fujitsu Makes Bold Bet on Cloud Initiative  – Channelnomics
Fujitsu invests ¥200 billion in cloud – ZDNet
Fujitsu spending $2 billion in cloud to get $3.5 billion in sales – iTWire
Fujitsu targets $US3.5bn in Cloud sales globally – ARNnet

ーーーーー

続々と、大手 IT ベンダーたちのクラウド・シフトが発表されています。 そして、国内外の状況を見ると、「日本市場における、日本のベンダーによる、日本のユーザーのためのクラウド」というのは、すでに成立しないものになっています。 日本のベンダーは世界のマーケットを目指し、日本のユーザーは世界のクラウドから選ぶ、、、という構造が、これからの当たり前になっていくのでしょう。 とは言え、世界を相手に戦っていく、Fujitsu と Midokura という日本タッグ・チームを応援したいですね!

ーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong データセンターにも展開される!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_2

Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong データセンターにも展開される!

Posted in Asia, Bare-Metal, Data Center Trends, OpenStack by Agile Cat on July 10, 2014

Internap Expands Bare-Metal Cloud Servers to London, Hong Kong Data Centers
http://wp.me/pwo1E-7Ek
by Yevgeniy Sverdlik on July 2, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/02/internap-expands-bare-metal-cloud-servers-london-hong-kong-data-centers/

_ DC Knowledge

Data center service provider Internap has expanded its bare-metal public cloud service to data centers in London and Hong Kong. The service was previously available at the company’s Amsterdam, Singapore, Dallas, New York and Santa Clara, California, locations.

データセンター・サービス・プロバイダーである Internap が、そのベアメタル・パブリック・クラウド・サービスのためのデータセンターを、London と Hong Kong へと拡大してきた。 このサービスは、同社における Amsterdam/Singapore/Dallas/New York/Santa Clara/California といったロケーションで、以前から利用できるようになっていた。

Bare-metal cloud servers are essentially dedicated managed servers customers can provision like they provision cloud virtual machines. The offering, also available from Internap rivals like Rackspace and IBM SoftLayer, provides performance of dedicated servers along with elasticity of a public cloud service.

ベアメタル・クラウド・サーバーは、基本的に顧客専用のマネージド・サーバーであり、そのプロビジョニングに関しても、クラウドの仮想マシンのように行えるものとなる。この Internap のサービスも、Rackspace や IBM SoftLayer といったライバルと似たものであり、パブリック・クラウド・サービスのエラスティックな特性と一緒に、専用サーバーによるパフォーマンスを提供する。

Internap said it was addressing demand by companies running globally distributed data-intensive applications, such as Big Data analytics, mobile and digital advertising and online gaming. Such applications can suffer from performance issues when sharing physical resources with other applications.

Internap は、グローバルに分散したデータ集約型アプリケーション(Big Data分析/モバイルとデジタルの広告/オンライン・ゲームなど)を運用している企業の、需要に対して取り組んでいると発言している。このようなアプリケーションは、物理リソースを他のアプリケーションと共有することで、パフォーマンスの問題を生じる場合がある。

The provider’s bare-metal cloud offering, called AgileCloud, is coupled with its patented Managed Internet Route Optimizer technology, which continuously analyses Internet performance and routes customer traffic over the best available path.

この AgileCloud と呼ばれる、ベアメタル・クラウド・サービスは、Managed Internet Route Optimizer テクノロジーの特許と組み合わせて提供される。それにより、インターネット・パフォーマンスを継続的に分析し、顧客のトラフィックを最適な経路へとルーティングすることが可能になる。

“Organizations deploying real-time, data-intensive applications are increasingly seeking cloud services that provide flawless performance, reliability and cost efficiency across globally distributed environments,” said Christian Primeau, senior vice president and general manager of cloud and hosting at Internap. “Our bare-metal cloud uniquely addresses these demands, and the addition of our London and Hong Kong locations delivers broader reach in key end user markets.”

「データ集約型アプリケーションをリアルタイムでディプロイする企業は、完璧な性能/信頼性/コスト効率を、グローバルに分散された環境で提供できる、クラウド・サービスへの需要を高めている。 私たちのベアメタル・クラウドは、それらの要求に独自の発想で対処し、また、London と Hong Kong というロケーションを追加したことで、広範囲におよび主要エンドユーザー・マーケットへの、より幅広いリーチを実現していく」と、Internap の VP and GM of Cloud and Hosting である Christian Primeau は述べている。

Internap’s competitors in the space have been very active.

しかし、この領域における Internap のコンペティタたちも、きわめてアクティブである。

IBM announced earlier this year that it would invest $1.2 billion in expanding physical footprint of the SoftLayer cloud. Earlier this week the company announced the most recent addition to that footprint: a new data center in London.

今年の初めに、IBM は SoftLayer クラウドの物理フットプリントを拡大するために、$12 Billion を投資するとアナウンスしている。そして、今秋には、London の新しいデータセンターを、そのフットプリントへ追加すると発表した。

Rackspace in June rolled out a brand new bare-metal cloud offering, called OnMetal. The company has custom-built servers to support the offering using Open Compute designs as a basis.

そして 6月には、Rackspace も OnMetal という新しいブランドの、ベアメタル・クラウド・サービスを立ち上げた。当社は、そのサービスをサポートするために、Open Compute デザインを基本として用いた、カスタム・サーバーを構築している。

ーーーーー

 Internap と言えば、OpenStack 陣営の中で、最も早くビジネスを立ち上げたプロバイダーですが、その後は、あまり話題になっていなかったようにも思えます。 しかし、この記事を見ると、着実にテクノロジーを積み上げ、ベアメタル・クラウド・サービスでは Rackspace と競合するほどの、ポジションを確保しているような感じがします。 それと、インターネット・パフォーマンスの分析とルーティングの最適化を行ってくれる、Managed Internet Route Optimizer テクノロジーというのが、とても気になります。 これからは、ネットワークも含めた SLA が、クラウドを選ぶ際の要因になっていくのでしょうかね?

ーーーーー

<関連>

Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
OpenStack の一番手 – Internap のビジネスが始まる
Internap が構築する、OpenStack-Based のオリジナル・パブリック・クラウドとは?
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から Facebook Bare-Metal へ!

Posted in Bare-Metal, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on July 8, 2014

Instagram moves 20 billion images to Facebook servers
http://wp.me/pwo1E-7E4

Mike Wheatley | June 30th
http://siliconangle.com/blog/2014/06/30/instagram-migrates-20-billion-images-shifted-to-facebooks-servers/

_ Silicon Angle

Instagram announced last week that it’s picked up its billions of images stored in Amazon Web Services (AWS) and dumped them into Facebook’s own servers in one of the largest data migration operations ever undertaken.

先週のことだが、Instagram は史上最大規模のデータ·マイグレーションへの取り組みの中で、Amazon Web Services (AWS)に保存された何百億枚というイメージを取り出し、Facebook が提供する独自のサーバー群に投げ込んだと発表した。

News of the move came from this interview with Facebook infrastructure engineer and Open Compute Foundation program developer Charlie Manese. Manese revealed that the massive migration took about a year to organize and an additional month to carry out. As a result of moving onto Facebook’s infrastructure, Instagram now uses about a third fewer servers, something that significantly reduces its operating costs, Manese notes.

この出来事に関するニュースは、Facebook の Infrastructure Engineer と Open Compute Foundation の Program Developer を兼任する Charlie Manese とのインタビューから得られたものである。Manese の説明から、この大規模なマイグレーションを実施するために、約1年という長い歳月が費やされ、また、収束のために1ヶ月が追加されたことが分かってきた。この、Facebook インフラストラクチャへ移行した結果として、これまでと比べて 1/3 というスケールにサーバー数が集約され、Instagram の運用コストなどが大幅に削減されたと、Manese は指摘している。

Wired later posted an in-depth article on the transition – which has been called the “Instagration” within company circles – and notes that it was unlike any other. With previous migrations – such as with FriendFeeed – Facebook was able to shut the service down before shifting all of its data into its own shop. But Instagram is vastly larger and still growing rapidly. The operation involved shifting images from thousands of virtual machines in AWS’s cloud infrastructure to Facebook’s private data centers without disrupting service.

このマイグレーションに関する詳細な記事が、後になって Wired からもポストされているが、このチーム内では Instagration と呼ばれていたこと、そして、他のケースと異なるものであったことが指摘されている。たとえば FriendFeeed のケースなどの、これまでのマイグレーションにおいて、Facebook はシャットダウンさせてから、すべてのデータを移行することが可能であった。しかし、Instagram の場合は、その規模もきわめて大きく、また、急速に成長している最中にいる。つまり、Instagram の サービスを中断することなく、AWS のクラウド·インフラストラクチャーである数千の仮想マシンの中から、夥しい量のイメージを、Facebook のプライベート・データセンターへ移すという作業が必要であった。

Being on Facebook’s own infrastructure not only saves operational costs but means that Instagram can now take advantage of Facebook’s advertising and analysis tools. That could mean more advertising in the future. Instagram can also benefit from dozens of other tools Facebook has built, such as its spam blocking software.

Facebook のインフラストラクチャで運用することで、Instagram はコストの削減を可能にするだけではなく、Facebook の広告/分析ツールも利用できるようになる。つまり、その将来において、より以上の広告を展開できるようになるかもしれない。さらに Instagram は、すでに Facebook が組み込んでいる、スパム・メール・ブロック・ソフトウェアなどの、数多くのツールからの恩恵も受けることになる。

The sheer complexity of this migration also illustrates how companies can make huge gains in efficiency when they build their own infrastructure – just like Facebook has with its open-source, Open Compute data centers. Facebook’s own data centers run 38 percent more efficiently and are 24 percent less expensive than the average data center, according to the Open Compute website.

このマイグレーションは、かなり複雑なものであるが、独自のインフラストラクチャを構築する際に、きわめて効果的に膨大な利益をもたらす方式を、この両社は示しているのかもしれない。 まさに、それが、Facebook がオープンソースとして有している、Open Compute データセンターである。Open Compute の Web サイトによると、平均的なデータセンターと比較して、Facebook のデータセンターでは、38% の効率化と 24% のコスト削減が達成されているという。

ーーーーー

4月3日の TechCrunch が、「グリーンピース、Amazonを叩き、Apple、Google、Facebookを賞賛」というタイトルで、Greenpeace のレポートを紹介していましたが、その記事の中の図版では、Instagram が Facebook にホストされているように描かれていました。 その他にも、WhatsApp が IBM に居たり、SnapChat が Google に居たりしていて、Greenpeace の調査力に驚いた記憶があります。 それにしても、あの Instagram を止めることなく、別のクラウドへ移行させるのは、並み大抵のことではないでしょう。 そして、VM ⇒ Bare-Metal への移行により、パフォーマンスも大きく変化しているはずです。 まさに、進撃のベアメタルですね!

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!

Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, Open Compute, OpenStack, Rackspace, Strategy by Agile Cat on July 4, 2014

Rackspace’s OnMetal service eliminates "noisy-neighbor" problems
http://wp.me/pwo1E-7Dx

By Michael Kassner July 1, 2014
http://www.techrepublic.com/article/rackspaces-onmetal-service-eliminates-noisy-neighbor-problems/

Has VM server technology finally outlived its usefulness? Rackspace and some major clients seem to think so.

仮想サーバーのテクノロジーは、その有用性という観点で、長生きし過ぎているのだろうか? Rackspace と、主要な顧客たちは、そう考えているようだ。

Last year, Dell and HP lost a key customer — Rackspace. Up until then, the two companies supplied Rackspace with upwards of 90,000 servers. Rackspace, like Facebook, now designs its own servers using guidelines from the Open Compute Project. Quanta Computer builds the custom servers for Rackspace.

昨年のことだが、Dell と HP は、重要な顧客である Rackspace を失っている。それまで、この両社は、90,000台以上のサーバーを Rackspace に供給してきた。しかし、いまの Rackspace は Facebook のように、Open Compute Project のガイドラインを用いて、自らのサーバーをデザインしている。 そして Quanta Computer が、Rackspace のためのカスタム·サーバーを構築している。

Image: Rackspace

This past week, Taylor Rhodes, President of Rackspace, announced in this video what was in store for these servers — a new Rackspace offering called OnMetal. Put simply, Rackspace, besides providing customers multi-tenant virtual machine (VM) servers, will now rent single-tenant dedicated servers.

先週のことだが、Rackspace の President である Taylor Rhodes は、彼らの OnMetal という新しいサーバーに、ストアされるものをビデオで発表した。簡単に言うと、これからの Rackspace は顧客たちに、マルチテナントの仮想マシン(VM)サーバーを提供するだけではなく、シングルテナントの専用サーバーをレンタルすることになる。

Why single-tenant servers?

Rhodes listed a whole slew of reasons why multi-tenant VM servers were not meeting customer needs, calling the issues "noisy-neighbor" problems. The predicament was first noticed when one tenant on a VM server co-opted most of the server’s resources. Doing so caused variability in how the other VMs behaved and performed, even to the point where availability was not assured.

Rhodes は、マルチテナントVMサーバーが、顧客のニーズを満たせなかった理由を列挙し、すべてが "noisy-neighbor(迷惑な隣人)" の問題だと切り捨てている。この不具合は、VMサーバー上のテナントが、そのサーバーの大半を共有すると選択したときに、初めて気づくものである。 そのような状況では、他の VM の振る舞いや、その処理の内容に応じて、自身の VM に性能のバラつきが生じることになり、可用性が保証できないレベルに至ることもある。

Rhodes stated that clients, not seeing any other choice, attempted to thwart these issues by over-provisioning their server requirements, aggravating the situation even more. Something else often overlooked is that each VM instance adds what Rhodes considers "virtualization tax." The performance hit each additional VM instance places on the physical server.

Rhodes は、こうしたサーバーのオーバー・プロビジョニングによる問題を、他の選択肢を探すことなく阻止しようとする顧客は、さらに状況を悪化させると述べている。その他で見落とされがちなものとしては、それぞれの VM インスタンスが積み上げていく "virtualization tax” があると、Rhodes は考えている。つまり、物理サーバー上に追加された、それぞれの VM インスタンスにより、パフォーマンスが劣化していくことになる。

Image: Rackspace

One solution that eliminates the noisy-neighbor problem is to place critical services on dedicated servers in colocation centers. However, companies renting dedicated hardware lose a lot in the process. According to Rhodes, "In a colocation center, you lose the simplicity and elasticity a multi-tenant cloud gives you."

この、noisy-neighbor の問題を排除するソリューションとして、コロケーション·センター内の専用サーバーに、重要なサービスを配置するという考え方がある。しかし、専用のハードウェアーをレンタルするプロセスの中で、顧客となる企業は大きなロスを生じる。Rhodes は、「コロケーション・センターにおいては、マルチテナント・クラウドが提供するはずの、シンプルでエラスティックという特性が失われる」と述べている。

Elasticity refers to "how well the datacenter can satisfy the growth of the input VMs resource demands under both the limitations of physical machine capacities." So there’s the trade-off: performance variability vs. ease and quickness of provisioning.

ここでい言うエラスティックだが、「物理マシンのキャパシティという制約の下で、要求に応じて VM リソースを投入し、データセンターの成長を達成する」という意味を持つ。したがって、そこには、” パフォーマンスの変動性 vs 迅速で容易なプロビジョニング ” というトレードオフがある。

With Rackspace’s new service, there’s no trade-off

Rackspace took the best parts of the multi-tenant cloud and colocation services and discarded the parts that weren’t working. To do that, Rackspace took its OnMetal server design, enlisted OpenStack cloud software, (specifically Ironic, a provisioning system built for bare-metal servers), and created a service that lets providers work with non-VM servers (OnMetal) in the same manner and flexibility VM servers are provisioned.

Rackspace が選んだ方針は、マルチテナント・クラウドとコロケーション・サービスからの良いとこ取りである。そのためには Rackspace は、OpenStack クラウド·ソフトウェアを組み入れれる(ベアメタル・サーバー用に構築された Ironic プロビジョニング・システムが特徴)、OnMetal サーバーを自身でデザインすることになった。その結果として、顧客であるサービス・プロバイダーたちは、non-VM サーバー(OnMetal)を動かしながら、VM サーバーのプロビジョニングで実現される方式と柔軟性を手に入れられる。

Rhodes stated OnMetal servers:

Rhodes は OnMetal サーバーについて、以下のように述べている:

  • Are 100% solid-state, no heat (other than the Central Processing Unit), and no vibration as fans are outside the server housing;
  • Can be spun up in minutes, just like VMs;
  • Are Application Program Interface (API) driven and accessible just like VMs;
  • Do not use a Hypervisor; and
  • Are hardware specialized for database services, low-latency caching, or web-request handling.
  • 100% の独立性を持ち、自身の CPU 以外に負荷はなく、他のサーバーからの影響も排除される。
  • VM と同様に、数分でプロビジョニングを完了できる。
  • VM と同様に、API を介した駆動とアクセスを実現する。
  • ハイパーバイザーは使用しない。
  • DB サービス/低レイテンシ・キャッシング/Web リクエスト処理などにハードウェアを特化できる。

To give an example of the hardware specialization, a database-focused OnMetal server would have the following specs:

以下は、データベースに特化した OnMetal サーバーの、ハードウェア仕様のサンプルである:

  • Flash storage: 3.2 Terabytes
  • RAM: 128 Gigabytes
  • IOPS: Greater than 200,000

The Rackspace website offers the following additional details for the OnMetal service:

また、Rackspace は OnMetal サービスに関して、以下のような詳細を、その Web サイトで提供している:

  • Fast provisioning: OnMetal Servers can be provisioned in less than five minutes.
  • Integrated administration: Use the same control panel and API interfaces for both OnMetal servers and virtual-cloud servers.
  • Consistent performance: Single-tenant architecture eliminates "noisy neighbors," and no performance hits to the virtualization layer.
  • Open-source standards: Avoid being locked into a proprietary solution, as hardware and software are both open source.
  • High-performance networking: Each cabinet includes two 10Gb/s network connections in a high availability Multi-Chassis Link Aggregation with minimal over-subscription to help increase throughput and performance for your applications.
  • Fast provisioning: OnMetal Servers は 5分以内にプロビジョニングされる。
  • Integrated administration: OnMetal/VM サーバーに対して、同一のコントロール・パネルと API インターフェイスが提供される。
  • Consistent performance: シングル・テナント・アーキテクチャにより "noisy neighbors” を排除し、また、仮想レイヤによるパフォーマンス劣化も排除する。
  • Open-source standards: ハードウェアとソフトウェアはオープンソースであるため、プロプライエタリ・ソリューションにロックインされない。
  • High-performance networking: それぞれのキャビネットには、2つの 10Gb/s ネットワーク接続が含まれる。この、高可用性 Multi-Chassis Link Aggregation と、最小限の over-subscription により、アプリケーションのスループットとパフォーマンスを高レベルに保つ。

Satisfied clients

During the announcement, Rhodes introduced several Rackspace clients that are onboard with the OnMetal approach. Zach Rosen, CEO and cofounder of Pantheon Systems, said, "We’ve all been trained to think of the cloud as generic virtual machines on demand. VMs have had their decade. The future ‘Cloud’ will be built with containers deployed across bare-metal servers provisioned via API. We believe Rackspace’s OnMetal service is the future of Infrastructure as a Service.”

このアナウンスメントにおいて Rhodes は、OnMetal アプローチに賛同する、何社かの Rackspace クライアントを紹介している。Pantheon Systems の coFounder and CEO である Zach Rosen は、「 私たちの、すべてが、オンデマンドで仮想マシンを生成するものが、クラウドだと教えこまれてきた。そして VM は、その十年を享受した。しかし、これからのクラウドは、API を介してプロビジョニングされたベアメタル・サーバー上に、デプロイメントされるコンテナにより構築されるだろう。 私たちは、Rackspace の OnMetal サービスが、IaaS の未来になると信じている」と述べている。

OnMetal is available now through an early availability program, and will be in general availability by late July 2014. To learn more and to sign up for a test drive, head over to this page at Rackspace.

現時点の OnMetal は、early availability program として利用できる。 そして、一般的な運用は、7月の後半から開始される。 テスト・ドライブについては、この Rackspace のページで確認し、Sign Up してほしい。

ーーーーー

ハードウェアの性能が高まり、それかオープンソース化により低価格で提供されるようになると、サーバーを設計/構築する上での発想が、その根底から刷新されます。 ハードウェアが高価であった時代の改革者であった VM も、最先端のポジションを Bare-Metal に明け渡し、それをサポートするものへと、役割を変えていくのかもしれませんね。 San Antonio の Rackspace HQ で、第2回めの OCP Summit が開催されたのが 2012年 5月ですから、そこから 2年の月日が流れています。 頑張りましたねと、声をかけてあげたくなる、Rackspace です!

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, IBM by Agile Cat on July 2, 2014

IBM expands SoftLayer into London with new data center
http://wp.me/pwo1E-7Dh
Suzanne Kattau | July 1st
http://siliconangle.com/blog/2014/07/01/softlayer-data-center/

_ Silicon Angle

IBM yesterday announced that it will open a new SoftLayer data center in London in July as part of the company’s $1.2B investment into its SoftLayer Cloud Services this year. Later in 2014, more countries will welcome new SoftLayer data centers as Big Blue aggressively grows the SoftLayer global cloud footprint to 40 data centers across five continents.

昨日(6/30)の IBM だが、SoftLayer のクラウド・サービスに対して計上されている、今年度の予算 $1.2B の一環として、SoftLayer London データセンターを、この 7月にオープンすると発表している。そして、2014年の後半には、SoftLayer のグローバル・クラウド・フットプリントを、5大陸 40ヶ所のデータセンターに成長させるという Big Blue の戦略に合わせて、より多くの国々に SoftLayer の新規データセンターが展開されることになる。

SoftLayer’s new London data center will house more than 15,000 physical servers and will offer all of SoftLayer’s cloud infrastructure services including bare metal servers, virtual servers, storage and networking. “We already have a large customer base in London and the region,” said Lance Crosby, CEO of SoftLayer, in a statement.

SoftLayer の新しい London データセンターは、15,000台以上の物理サーバーを収容する。 そして、SoftLayer のクラウド·インフラストラクチャーとして、ベアメタル・サーバー/仮想サーバー、ストレージ、ネットワークなどを含む、すべてのサービスを提供する。 SoftLayer の CEO である Lance Crosby は、「 すでに London および、その周辺の地域において、私たちは大規模な顧客ベースを有している」と、そのステートメントで述べている。

Looking to accelerate its public cloud presence, IBM last June made the strategic move to acquire cloud computing infrastructure provider SoftLayer, establishing the SoftLayer platform as the foundation of its newly created IBM Cloud Services division within its Global Services unit. SoftLayer continues to operate as a separate business entity inside of IBM Cloud Services. “I think [SoftLayer] was the most transformative, single acquisition that IBM has done,” remarked Holger Mueller, Vice President and Principal Analyst at Constellation Research, to theCUBE co-hosts John Furrier and Paul Gillin at IBM Impact in April 2014.

パブリック·クラウドにおけるプレゼンスを高めたかった IBM は、クラウド・コンピューティング・インフラ・プロバイダー である SoftLayer を、昨年の 6月に買収するという戦略的な動きを見せている。それにより、同社の Global Services 部門内に新設された、IBM Cloud Services 部門の基盤として、SoftLayer のプラットフォームを確立しようとしている。 ただし、SoftLayer は、IBM Cloud Services における、独立した事業体として継続されている。「 SoftLayer の買収は、これまでの IBM の歴史において、最大の変化をもたらすものだと、私は捉えている」と、2014年 4月に開催された theCUBE の IBM Impact において、Constellation Research の VP and Principal Analyst である Holger Mueller は、同イベントの共催者である John Furrier と Paul Gillin に述べている

Watch Holger Mueller of Constellation Research as he discusses IBM SoftLayer with theCUBE cohosts John Furrier and Paul Gillin at IBM Impact in April 2014: Day 2 Wrap Up – IBM Impact 2014 – theCUBE

In January 2014, IBM had announced its intention to invest $1.2B into expanding SoftLayer globally, including North America, South America, Europe, Asia and Australia. As predicted by Wikibon Chief Analyst Dave Vellante in a SiliconANGLE interview, IBM’s SoftLayer platform has become a “real growth engine” for IBM Cloud Services. And a much-needed one as IBM finds itself still playing catch-up to public cloud service provider Amazon Web Services, which started the public cloud race.

2014年 1月に IBM が発表したのは、SoftLayer をグローバルに展開するために $1.2B を投資するという意志であり、その対象として North America/South America/Europe/Asia/Australia などが含まれていた。 SiliconANGLE のインタビューにおいて、Wikibon の Chief Analyst である Dave Vellante は、IBM Cloud Services にとって SoftLayer のプラットフォームは、「本質的な成長のエンジン」になると述べている。そして、パブリック・クラウドのレースを開始した、Amazon Web Services を捉えるために、IBM が待ち望んでいたものであると、付け加えている。

ーーーーー

IBM の潤沢な予算を背景に、SoftLayer のグローバル展開が加速しています。短い記事ですが、Agile_Cat 的に気になるのは、London という金融の中心に、つまり LINX(London IX)の本拠地に、データセンターを展開するという戦略です。 また、ベアメタル・サーバーにも興味を引かれます。仮想化によるオーバーヘッドの排除という意味合いもありますが、専用の物理サーバーが顧客に提供されるという側面も見逃せません。 同じパブリック・クラウドでありながら、他社と比べてハイブリッド色が強いという戦略に思えます。 とても、興味深い展開ですね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Google, Web Scale by Agile Cat on June 17, 2014

The price of being webscale: Google spent $2.35B on infrastructure in Q1
http://wp.me/pwo1E-7Ae

k Harris – APR. 17, 2014
http://gigaom.com/2014/04/17/the-price-of-being-webscale-google-spent-2-34b-on-infrastructure-in-q1/

_ Giga Om

Summary: Google continued its heavy infrastructure spending in the first quarter of 2014, to the tune of more than $2.3 billion. It’s the third consecutive quarter the company has topped $2 billion in capital expenditures.

Summary:  Google は、2014年 Q1 においても、インフラへの支出を継続し、その総額たるや $2.3 Billion に至るという。これで、同社における $2 Billion レベルの設備投資が、三回の四半期収支をまたいで連続することになる。

ーーーーー

Google announced its first-quarter earnings on Wednesday, which included — as usual the past few quarters — an unparalleled amount of spending on data centers. The company spent $2.35 billion on infrastructure in the first quarter (much of which goes to building and filling data centers), up from $2.26 billion in last year’s fourth quarter and nearly double the $1.2 billion it spent in the first quarter of 2013.

この水曜日(4/16)に、Google が 2014年 Q1 の収支を発表した。これまでの四半期終始と同様に、データセンターに対する支出が、圧倒的なものとなっている。同社は、この四半期においてインフラストラクチャに対して $2.35 Billion を費やしているのだ(その大半は、データセンターを構築/実装に当てられている)。それは、2013年 Q4 の $2.26 Billion から増額し、また、2013年 Q1 の $1.2 Billion に対して約二倍というレベルに達している。

We have been following Google’s spending for years, because it’s such a good example of how much money web companies need to spend on infrastructure if they want to achieve massive scale in terms of users, services and data. Just think about Google’s products — search, cloud computing, Maps, Drive, Gmail, Google+ and more — and consider how many servers it takes to run them and ensure there’s enough capacity to scale them, handle failures or just experiment with new stuff. Inadequate infrastructure (in terms of both hardware and software) means a poorer user experience and less room to innovate.

これまでの何年かにわたって、私たちは Google の支出を追いかけている。なぜなら、ユーザー/サービス/データという観点でスケールしようとする企業が、Web のインフラストラクチャに対して、どれだけのコストを費やすのかという意味で、絶好の事例となるからである。 Google の Search/Cloud/Maps/Drive/Gmail/Google+ などを考えてみよう。そして、さらに、それらを走らせるために必要なサーバーの量と、スケールを実現するためのキャパティティについても考えてみよう。それは、障害に対する処理や、新しいものを試すプロセスに対しても言えることだ。つまり、不適切なインフラストラクチャでは(ハードウェアとソフトウェアの両面)、ユーザー・エクスペリエンスが劣化し、イノベーションも進まないのだ。

That’s why Microsoft spends so much on infrastructure, too, and why Facebookis ramping up its spending. In Microsoft’s latest earnings report (announced on Jan. 23, for its fiscal second quarter), the company reported it spent $1.73 billion on infrastructure.

それは、Microsoft がインフラストラクチャに多額を費やし、Facebook が支出に備える理由でもある。Microsoft における直近の収支報告書では(同社の Q2 に相当する、1/23 に発表されたもの)、インフラストラクチャに $1.73 Billion を費やしたとレポートされている。

Here’s what Google Senior Vice President and Chief Financial Officer Patrick Pichette had to say on Wednesday’s earnings call, according to a transcript published by research firm Morningstar:

以下は、調査会社である Morningstar が書き起こした、水曜日の Google の 収支報告会における、Senior VP and CFO である Patrick Pichette の発言である:

As it relates to CapEx, listen, you’re right, that we – and I’ve mentioned this in the last couple of quarters, where we have – and just a reminder to everybody, right, if you think of the CapEx categories, right, data centers first and data center construction, then production equipment, then all other facilities is kind of like the hierarchy of needs. In the case of data center construction, we have found that the option value of having more capacity on standby and available to us to grow versus not having it is actually a real strategic issue for the Company.

設備投資に関連することだが、誰もが思うように、このところの四半期決算で、私たちが説明してきた通りの状況となっている。 そして、覚えているだろうが、その設備投資の区分については、データセンターの構築が最大であり、それに続くのが基本的な設備となる。 それから先は、各種のファシリティに対して、必要性に応じた支出が生じている。データセンターを構築する場合に、私たちが検討することは、キャパシティを拡大し得るだけの、オプションとしての価値である。そのような余力を持たないという選択肢もあるが、私たちにとっては、成長のための余地を持つことが、ほんとうの意味での戦略的な課題となっている。

In that sense, if for whatever reason, we had a spike in demand that was really pronounced and sustained for a couple of quarters and we did not have the capacity, it would be a real issue strategically for us relative to the quite low cost of having the infrastructure in place. So that’s why we’re really pushing ahead of the curve, and so it’s with this view of long-term. So, from that perspective, you’re also right that, that’s the mindset we’re applying. And we’ve always said that CapEx was lumpy, so you have a good manifestation of it right now right here.

その意味において、何かの理由があったのかというのなら、このところの四半期において、明確で持続性のある需要のピークが生じていたが、それに対応するだけのキャパシティを持ち得なかったということになる。それは、適材適所にインフラを配置し、きわめて低コストでの運用を実現していくという、私たちの戦略において重要な問題となる。私たちは、時代を先取りしていきたいと、真剣に考えている。 したがって、長期的な視野に立たざるをえない。その観点からすると、現時点で私たちが推し進めている考え方を、正しく理解してもらえると思う。これまでにも、何度も言及してきたが、設備投資には大きな波が生じる。 それが、いま、来ていることを分かって欲しい。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
In Q3, Big Data Meant Big Dollars October 2010
Why going “green” matters for high-performance computing October 2013

ーーーーー

たしかに、これまでも、Google における設備投資には、大きな波が周期的に生じていたように思えます。 そして、2013年には、Taiwan/Hong Kong/Singapore のデータセターが立ち上がっていますし、南米でも同じような状況だったと思います。 しかし、上記のチャートを見ると、この一年での投資額は $8 Billion(8000億円)にもなります。もちろん、データセンターへの投資が抜きん出ているのでしょうが、かなりの規模での投資が、ネットワークに対しても、密かに推し進められているのでは、と思ってしまいます。とにかく、気の遠くなるような金額ですね。 

ーーーーー

<関連>

Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

%d bloggers like this: