Agile Cat — in the cloud

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Cloud Stack, Dell, Joyent, OpenStack, Research by Agile Cat on January 15, 2013

Gartner’s IaaS Magic Quadrant: a who’s who of cloud market
http://wp.me/pwo1E-5wa
Gartner’s Magic Quadrant for IaaS has familiar names and surprising omissions
By
Brandon Butler – November 07, 2012
http://m.networkworld.com/news/2012/110712-gartner-magic-quadrant-264058.html

_Network World

この・・・現時点における MQ レポートは、2012年 6月の時点で一般に提供される IaaS クラウドを有するプロバイダーだけに、その範囲を限定しているのだ。 つまり、その時点において、Microsoft/HP/Google が有していたのは、ベータ段階の(IaaS)クラウドとなる。

<関連> PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

ーーーーー

Network World – The cloud market can be a big, daunting place. Seemingly every tech vendor has a cloud strategy, with new products and services dubbed "cloud" coming out every week. But who are the real market leaders? Research firm Gartner’s answer lies in its Magic Quadrant report for the infrastructure as a service (IaaS) market.

Network World – クラウド・マーケットは広大であり、また、手強い世界でもある。 表面上は、すべてのテック・ベンダーが、「クラウド」という用語を伴うプロダクトおよびサービスを、毎週のように提供するような、クラウドのためのストラテジーを有している。 しかし、ほんとうの意味での、マーケット・リーダーは誰なのであろう? リサーチ会社である Gartner の答えは、IaaS マーケットに関するMagic Quadrant レポートに示されている。

Unsurprisingly, Amazon Web Services is listed in the top, far-right corner, in the "leaders and visionaries" corner of the MQ.

予想どおり、Amazon Web Services が右上の高い位置に置かれいるが、それにより、この MQ(Magic Quadrant)における「 Leaders and Visionaries 」の、最高点を得ていることが分かる。

Amazon Web Services – The market share and thought-leader

Gartner reinforces what many in the cloud industry believe: Amazon Web Services is the 800-pound gorilla. The company is "extraordinarily innovative, exceptionally agile and has one of the richest IaaS portfolio of services." Its large pool of capacity in the cloud optimizes it for batch computing, high-performance computing and big data analytics.

Gartner は、クラウド産業における多くの人々が信じる、Amazon Web Services という強大な存在を追認している。 同社は、比類なきイノベーションと、並外れたアジリティを持ち、さらには、リッチは IaaS ポートフォリオ・サービスの 1つまで有している。 このクラウドにプールされる巨大なキャパシティにより、バッチ処理/HPC/Big Data 解析などのコンピューティングが最適化される。

There are some concerns, though, Gartner says. Namely, AWS has a "weak, narrowly defined" service-level agreement (SLA), which requires customers to spread workloads across multiple availability zones and only counts a violation of the SLA when both AZs are inaccessible. The SLAs also do not include the company’s popular Elastic Block Storage, which recently suffered an outage.

そして、いくつかの懸念があると、Gartner は発言している。 すなわち、AWS が有する、「脆弱で狭義」な SLA のことである。 AWS の顧客は、多数のアベイラビリティ・ゾーンを横断するかたちで、そのワークロードを分散するように要求される。そして、A~Z ゾーンの双方にアクセスできない場合に、SLA の対象になるという制限を含んでいる。 さらに、この SLA には、人気の Elastic Block Storage(先日にダウンしている)が含まれない。

Bluelock – The VMware public cloud

Bluelock is about the closest thing you’ll get to a VMware public cloud. The company is part of VMware’s vCloud Data Center Service, meaning it leverages VMware tools to power its offering. It is one of the first to roll out new VMware features and its product roadmap is aligned with that of VMware’s, Gartner says.

VMware パブリック・クラウドを得たいなら、最も身近な選択肢は Bluelock になる。同社は、VMware における vCloud  Data Center Service の一部であり、VMware ツールでテコ入れしたサービスを、提供していることになる。 とまり、VMware における新機能を、最初に展開する手段でもあり、そのプロダクト・ロードマップは、VMware のスケジュールに合わせられていると、Gartner は発言している。

CSC – The IT integrator goes to the cloud

CSC’s cloud division operates as a separate business unit within the larger traditional IT outsourcing company. It runs its two cloud services, CloudCompute, a public cloud offering, and BizCloud, a private cloud, on vCloud Data Center tools from VMware, and uses VCE blocks across an international set of data centers.

CSC のクラウド部門は、従来からの大手 IT アウトソーシング企業とは分離された、単独のビジネス・ユニットとして運営されている。 そこでは、VMware の vCloud  Data Center ツールと、世界中に展開される VCE データセンター・セットをベースに、パブリック・クラウドとしての CloudCompute および、プライベート・クラウドとしての BizCloud が提供される。

Dell – Traditional IT goes to the cloud

Dell’s VMware vCloud Data Center cloud is one of the prime examples of a traditional IT company attempting to transition to a cloud world. Gartner says Dell has a "realistic and logical" strategy for integrating between the company’s popular server hardware already installed across many enterprises and the company’s budding cloud offerings.

Dell の VMware vCloud  Data Center クラウドは、従来からの IT 企業が クラウドの世界に移行しようとする、最大級の事例の 1つである。 Gartner の発言によると、すでに Dell は、数多くのエンタープライズにインストールされた、同社の一般的なサーバー・ハードウェアと、同社が新たに着手するクラウドとの間で、現実的かつ論理的なストラテジーを統合する方式を、有しているとされる。

Dimension Data – Buying into cloud

Dimension Data, a system integrator and value-add reseller owned by the NTT Group, bought into the cloud market with its purchase of OpSource, which had specializes in software as a service (SaaS) hosting. Since then Dimension Data has integrated a VMware-based public and private cloud architecture that includes a 100% uptime SLA and AWS compatibility into the OpSource IP it acquired.

Dimension  Data は、NTT Group 傘下のシステム・インテグレーターであり、付加価値リセラーであるが、IaaS ホスティングに特化したソフトウェアを有する OpSource を買収し、クラウド・マーケットへと参入することになった。なぜなら、100% Uptime SLA と AWS 互換性を取り込んだ、Dimension Data における VMware ベースのパブリック/プライベート・クラウド・アーキテクチャと、同社が買収した OpSource IP が統合されたからである。

Fujitsu – Asian IT goes global, to the cloud

Fujitsu, the global tech company based in Japan, has a compressive cloud offering featuring a global public cloud, local regional public clouds and a private cloud service. All use Xen virtualization technology, although the company has been certified by VMware as a vCloud Data Center services, but has not yet rolled out those features.

Fujitsu は Japan ベースのグローバル・テック・カンパニーであり、グローバルなパブリック・クラウドおよび、ローカルなパブリック・クラウド、そしてプライベート・クラウドを特徴とする、凝縮されたクラウド・サービスを提供している。すべてにおいて Xen 仮想テクノロジーを用い、vCloud Data Center として VMware から承認されているが、その成果は現状では展開されていない。

GoGrid – The always-on cloud

GoGrid has some attractive qualities: 100% availability SLA; standard architectures across public and private cloud deployments; and GoGrid Exchange, a marketplace to run applications in its cloud. These have made GoGrid’s Xen-virtualized service become one of the top five IaaS providers by the number of VMs, Gartner says.

GoGrid には、いくつかの魅力的な特質がある。 たとえば、100% の可用性を約束する SLA や、パブリック/プライベートのクラウドをまたぐ標準的なディプロイメント・アーキテクチャ、GoGrid Exchange の存在、そして、そのクラウド上で運用されるアプリケーションのマーケットなどがある。 それにより GoGrid は、Xen 仮想サービスを用いる IaaS プロバイダのなかで、Top-5 に入る VM 数を有すると、Gartner は発言している。

Savvis – Cloud, etc.

Perhaps no other cloud provider combines a self-service, managed hosting and cloud model quite as well as CenturyLink and its Savvis cloud division, Gartner says. The VMware-powered IaaS offers customers a broad portfolio of cloud features and products, almost to a detriment, Gartner points out.

おそらく、セルフサービスと、マネージド・ホスティングと、クラウド・モデルを結合する、クラウド・プレイヤーは存在せず、また、CenturyLink と、そのクラウド部門である Savvis も同様であると、Gartner は発言している。 VMware パワーの IaaS は、一般的な災害などに対処するために、広範囲におよぶクラウドの機能とプロダクトで構成される、ポートフォリオを提供すると、Gartner が指摘する。

OVH – European flavor of cloud

One of Europe’s largest cloud providers by the number of VMs is OVH, an independent company with a history in Web hosting. OVH’s offering is tailored mostly for small and midsize businesses, but it combines an IaaS virtual machine capability with an object storage service.

VM 数という視点において、Europe で最大級のクラウド・プロバイダーといえば、Web ホスティングの歴史の中で独立系の道を歩んできた OVH となる。 OVH が提供するサービスは、主として中小企業びために仕立てられているが、同社では IaaS 仮想マシンの機能と、オブジェクト・ストレージ・サービスを組み合わせている。

SoftLayer – The SME cloud

CloudLayer, the name SoftLayer has given to its public and private cloud platform, is a Xen-virtualized IaaS targeted mainly at small and midsize businesses. It includes an OpenStack-powered object storage service that accompanies its offering of virtual machines. It also has a content delivery network, which it partners on with Internap.

CloudLayer という名の、SoftLayer のパブリック/プライベート・クラウド・プラットフォームは、主として中小企業にターゲットにする、Xen の仮想tクエのロジーを用いる IaaS である。 そこには、仮想マシンの提供に付随して生じる、OpenStack パワーのオブジェクト・ストレージ・サービスも含まれる。 さらに、Internap とのパートナシップにより、配信用のネットワークも含まれている。

Terremark – Verizon’s cloud play

In Gartner’s annual Magic Quadrant, the place companies want to be is in the top left corner, where Gartner names its leaders and visionaries. Behind Amazon Web Services, Terremark is the second-best positioned company on Gartner’s chart.

Gartner の Annual Magic Quadrant において、それぞれの企業が目指すのは、leaders and visionaries における左上のコーナーである。 その意味で、Terremark は Gartner のチャートにおける 2番目のポジションに位置し、Amazon Web Services を背後から追いかけている。

Owned by Verizon, Terremark has a long track record and a solid set of cloud and managed hosted products, including public and private single-tenant versions, an express version and one aimed specifically at the federal government.

Verizon 傘下の Terremark は、長期間におよぶ実績と、クラウドおよびマネージド・ホスティングに関する、充実したのプロダクトのセットを持しっている。 そして、そこには、パブリック/プライベートのシングル・テナント・バージョンが含まれ、また、連邦政府での採用をも狙う、特別なバージョンも含まれる。

Tier 3 – The pure-play cloud company

Tier 3 is all-in with the cloud. In addition to having a pay-by-the-virtual-machine IaaS, the company also offers a database as a service and has integrated VMware’s Cloud Foundry platform as a service (PaaS). It’s even extended Cloud Foundry PaaS framework to support .Net through a project named Iron Foundry. Gartner says Tier 3 has good features and an easy-to-use portal, plus an innovative and ambitious roadmap with a strong SLA.

Tier 3 には、すべてのクラウドが入っている。 同社は、pay-by-the-virtual-machine IaaS に加えて、サービスとしてのデータベースを提出し、また、PaaS としての VMware Cloud Foundry プラットフォームを統合している。 さらに、Cloud Foundry PaaS フレームワークを拡張した、Iron Foundry という名のプロジェクトを介して、.net をサポートしている。Tier 3 は、優れた機能と使いやすいポータル、そして、強力な SLA による、革新的で野心的なロードマップを有していると、Gartner は発言している。

Rackspace – The OpenStack cloud

Rackspace has bet big on OpenStack, which Gartner says is mostly a strength for the company, but it warns that OpenStack’s future is not only uncertain, but that the broader open source cloud deployment project can proceed, and succeed, with or without Rackspace also succeeding, given that Rackspace has ceded control of the project to a newly formed foundation.

Rackspace が OpenStack に大きく賭けていることが、その強みである一方で、OpenStack の未来が不確実なことに対して、Gartner は警告している。それだけではなく、Rackspace の成功とは関係のないところで、多様なオープンソース・クラウド・ディプロイメント・プロジェクトが促進され、また、成功を収めている。したがって、このプロジェクトのコントロールを、新たに作られた組織に対して、もっと Rackspace がオープンにしていればと考えてしまう。

Still, though, Rackspace has the second-largest market share in the cloud, provides excellent customer support — what it calls fanatical — and offers low-cost entry points into the cloud, making it ideal for experimentations. It uses Xen to virtualize its cloud, and has object storage, CDN and platform as a service (PaaS) offerings.

しかし、依然として Rackspace は、クラウドにおける 2番目のシェアを有している。そして、何を狂信的と呼ぶかは別にして、卓越した顧客サポートを提供し、低コストによるクラウド・エントリー・ポイントを提示し、理想的な実験環境を作り出している。 Rackspace は、クラウドを仮想化のために Xen を使用し、Object Storage/CDN/PaaS も有している。

Joyent – The biggest cloud provider you haven’t heard of

Joyent is an independent cloud provider and maker of the SmartOS operating system, which provides what Gartner calls a "holistic" approach to infrastructure, combining elements of compute, networking and storage into one cloud-delivered stack. With this converged infrastructure approach, Joyent targets high-performance apps to run on its cloud.

Joyent は、独立系のクラウド・プロバイダであり、また、SmartOS オペレーティング・システムのメーカでもある。Gartner が[総体的]と呼ぶインフラへのアプローチを、同社は提供している。つまり、コンピューティング/ネットワーク/ストレージの各要素を、クラウドとして提供される、単一のスタックに取りまとめているのだ。 この、集中型のインフラ・アプローチにより、Joyent のクラウドは、ハイ・パフォーマンス・アプリケーションの運用に目標を定める。

Virtustream – Wants your complex apps

Virtustream is the cloud for complex apps. A small, independent pure-play cloud, with an optional managed hosting service, Virtustream takes a consultation-type approach to selling its service, which makes it optimized for large, complex legacy or cloud-native applications to run in its public or private offering.

Virtustream は、複雑なアプリケーションに特化したクラウドである。 同社は、オプションでマネージド・ホスティング・サービスを持つ、小規模な独立系クラウド・プレイヤーである。Virtustream は、大規模で複雑なレガシー・アプリケーションから、クラウド・ネイティブのアプリケーションまでを、自身のパブリック/プライベートに最適化していくサービスを、コンサルティング・タイプのアプローチで販売している。

Network World staff writer Brandon Butler covers cloud computing and social collaboration. He can be reached at BButler@nww.com and found on Twitter at @BButlerNWW.

Read more about cloud computing in Network World’s Cloud Computing section.

ーーーーー

image

原文は、この何倍かの量になるのですが、どのようなプロバイダーが評価の対象となっているのかが、分かる形で抜粋してみました。冒頭にも書かれているように、昨年6月の段階で製品化されているものだけが対象となるため、Google Computing  などは入っていません。それらが、どのような評価を受けていくのか、とても興味があります。そして、AWS は、チャレンジャーたちに、どのようなハードルを突きつけていくのでしょうか? ほんとうに、興味の尽きないクラウド戦線ですね。image

ーーーーー

<関連>

PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
ーーーーー
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する
Google が IaaS を立ちあげ、Amazon と Microsoft に挑んでいく
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
NIST による SaaS/PaaS/IaaS の最新定義 – Jan 2011

 

アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Research by Agile Cat on April 24, 2012

10 most powerful IaaS companies
http://wp.me/pwo1E-48U
By Christine Burns, Network World - April 09, 2012
http://www.networkworld.com/supp/2012/enterprise2/040912-ecs-iaas-companies-257611.html

image

IaaS Top-10We assembled this list with help from analysts at Cloud Technology Partners, Current Analysis, Enterprise Strategy Group, Gartner, IDC and Neovise who watch the public cloud Infrastructure as a Service scene very closely. Each was asked to name the companies they believed have the most influence — whether that’s measured in market share, mind share, revenue, existing enterprise pull or underlying technology links — in drawing enterprise customers into the realm of public cloud infrastructure. They are listed here in alphabetical order.

私たちは、このリストを、Cloud Technology Partners および、Current Analysis、Enterprise Strategy Group、Gartner、IDC、Neovise といった組織に属し、パブリック・クラウドの IaaS に精通するアナリストたちの手助けにより、組み立てることになった  それらの人々は、エンタープライスの顧客をパブリック・クラウド・インフラの領域に引き込むことにおいて、最も影響力を持つと信じるクラウド企業を選別してくれた(たとえば、マーケット・シェアや、マインド・シェア、売上額、既存エンタープライスとのチャネル、基礎をなすテクノロジーなどで判断)。なお、以下のリストは、アルファベット順に並べられている。

1. Amazon Web Services: The gold standard

imageAmazon is the standard bearer in the public IaaS space, as its paid-by-the-VM Elastic Compute Cloud (EC2) is both the market share and mindshare leader by a fairly big gap. It’s got a huge portfolio of services that run atop its Xen-based virtualized infrastructure and Amazon keeps adding to those offerings while it lowers its prices. The company has built a thriving ecosystem of partners around its public cloud, has clamored to get all the necessary security and compliance certifications and offers world-wide data center coverage.

Amazon は、その Paid-by-VM  Elastic Compute Cloud (EC2)により、パブリックの IaaS スペースで主唱者となり、また、マーケット・シェアとマインド・シェアの両面において、他を寄せ付けないリーダーとなっている。 そこでは、Xen ベースの仮想インフラ上で稼働する、各種サービスによる広大なポートフォリオが形成されている。さらに Amazon は、その価格を引き下げる一方で、継続してサービスを追加している。 同社は、そのパブリック・クラウドの周辺に、パートナーに繁栄をもたらすエコシステムを構築している。 その領域は、すべての必要なセキュリティとコンプライアンスの証明が強く要求され、また、ワールドワイドなデータセンター・カバレッジの提供が要求される世界である。

2. Bluelock: Out of the blue

imageAs a surprise pick as a market leader in the recently published Gartner Magic Quadrant for public cloud IaaS, this 5-year-old Indianapolis-based cloud provider has been gaining some national name recognition. The company’s offering is called Bluelock Virtual Data Center, is based on VMware’s vCloud, and can be used to build public, private or hybrid cloud deployments and is driven by a strong portal that includes many tools that allow customers to understand how much and which cloud-based services are costing them the most money.

パブリック・クラウド IaaS について、先日に発行された Gartner Magic Quadrant で、マーケット・リーダーとして選ばれた時には驚きがあったが、この 5年間において、この Indianapolis ベースのクラウド・プロバイダーは、いくつかの national name recognition を得ている。 同社が提供する Bluelock Virtual Data Center は、VMware の vCloud をベースにしたものであり、パブリック/プライベート/ハイブリッドといった、各種クラウド・ディプロイメント・モデルの構築に利用できる。それらのクラウドは、豊富なツールを取り込んだ強力なポータルによりドライブされ、最も費用のかかっているサービスと、そのコストを、顧客に理解させる。

3. CSC: Targeting the enterprise

imageCSC is a traditional IT outsourcing vendor that latched onto the cloud two years ago, invested heavily in it, and is now getting significant traction with its VCE (the joint VMware, Cisco, EMC venture) Vblock-based CloudCompute IaaS offering. CloudCompute comes in three flavors: public, multitenant hosted at a CSC site; private, single tenant in a CSC data center; and private, single tenant located at the customer’s site. CSC gets points for having a common architecture across all the offerings and has outlined a clear plan for how it plans to give enterprise customers the types of management tools to which they are accustomed.

CSC は従来からの IT アウトソーシング・ベンダーであり、2年前にクラウドを理解した後に、そこに膨大な投資を行なってきた。 そして、いまでは、VCE(VMware/Cisco/EMC によるジョイント・ベンチャー)の Vblock をベースにした CloudCompute IaaS を提供し、大きな支持を得ているCloudCompute は、3つのモデルで構成されている。 ① CSC サイトにホストされるパブリック・マルチテナント。② CSC データセンターにホストされるプライベート・シングルテナント。 ③ カスタマー・サイトに配置されるプライベート・シングルテナントとなる。 CSC は、すべての提供モデルを横断する、共通アーキテクチャを持つことでポイントを得てている。そして、エンタープライスの顧客に対して、彼らが使い慣れているマネジメント・ツールを提供するプランについて、明確な計画を概説している。

4. GoGrid: All cloud, all the time

imageGoGrid prides itself on being a pure-play cloud company offering both public and private Xen-based IaaS with optional managed services. This small company has had good success delivering on that story, placing among the top five public cloud IaaS vendors when you count virtual machines and factor in its very competitive price. GoGrid’s effort to build a third-party ecosystem on top of its IaaS is called GoGrid Exchange, essentially a program that allows partners to sell their software products on top of GoGrid server images, thereby easing the issues customers sometime face when trying to deploy applications in the cloud themselves.

GoGrid の誇りは、自身がブリック/プライベートの Xen ベース IaaS を提供し、さらには、オプションとしてのマネージメント・サービスも提供する、ピュアなクラウド・カンパニーであることだ。このスモール・カンパニーは、仮想マシンの数と競争力のある価格設定という要因を考えるとき、パブリック・クラウド IaaS ベンダーの中で Top-5 に位置するという、素晴らしい成功を収めている。
GoGrid が注力しているのは、GoGrid Exchange という呼ばれる IaaS 上に、サードパーティー・エコシステムを構築している点である。このプログラムの本質は、 GoGrid サーバー・イメージ上で、パートナーのソフトウェア・プロダクトを販売させるものであり、それにより、クラウドにアプリケーションをディプロイする顧客が、ときおり直面する問題を緩和している点にある。

5. IBM: Leveraging the installed base

imageWith a newfound devotion to the public cloud, IBM plans to cash in on its existing client base and support about 200 million users by the end of 2012 as clients shift core applications and processes to the company’s cloud. IBM has recently made huge investments to the underpinnings of its KVM-virtualized public cloud IaaS, rebranded the service as SmartCloud Enterprise and SmartCloud+, and announcing plans to tie in more managed services and enterprise features to it this year.

パブリック・クラウドへの貢献という新しい視点により、IBM は既存のクライアントから利益を得ている。 そして、クライアントのコアとなるアプリケーションとプロセスが、同社のクラウドに移行するにつれて、2012年末の時点では、約2億人のユーザーをサポートする計画を持っている。 最近の IBM は、そのパブリック・クラウド IaaS を支える、KVM による仮想化に莫大な投資を行なっている。 そして、 SmartCloud Enterprise や SmartCloud+ といったサービスをリ・ブランディングし、また、今年は、さらに強化されたマネージメン・トサービスやエンタープライズ向けの機能を、そこに取り込む計画を発表している。

6. OpenStack: No vendor lock-in

imageOpenStack is an open sourcecloud computing platform project started in the summer of 2010 by IaaS vendor Rackspace and NASA. It’s got three core component projects up and running, with two more incubating and another 16 coming from the wider community. The draw of an open source platform is that if you use one (either one that you build yourself or one commercialized by an IaaS provider) your applications will not ever be locked to a proprietary vendor. At press time, the project had the backing of 159 companies and 2,685 people actively contributing to the code base (see story on OpenStack momentum).

OpenStack は、IaaS ベンダーである Rackspace と、ユーザーとしての NASA により、2010年夏に立ち上げられた OSS クラウド・コンピューティング・プラットフォームのプロジェクトである。そこでは、3つのコアとなるコンポーネントに関するプロジェクトが走り、さらには、2つのプロジェクトがインキュベートされ、他にも 16 のプロジェクトがコミュニティから提案されている。オープンソース・プラットフォームの呼びものは、それを利用することで、プロプライエタリなベンダーによるアプリケーションのロックインが回避される点にある(自身で構築することも、商用 IaaS プロバイダーを利用することも可能)。報道によると、このプロジェクトは積極的なコードベース・コントリビューションという点で、159社の企業と 2,685人の個人に支援されている(OpenStack momentum を参照のこと)。

7. Rackspace: Taking a leadership role

imageRackspace went public in 2008. Since then, the company has seen a 400% growth in revenue. It beat analysts’ estimates across the board in 2011. Net income was up from 2010 by 85% to $25 million and revenue grew 32% to $283.3 million. In particular, revenue for the public cloud business – driven by a Xen-virtualized service called Cloud Servers — was up 86% from the previous year’s quarter to $58.5 million. Cloud Servers has been hailed as a very easy to use server that comes with exemplary customer service and a low price. Rackspace’s direct ties to the OpenStack open source cloud platform project will likely help build its ecosystem further.

2008年に株式公開した Rackspace は、 その以降の売上において、400% の成長を示している。 そして 2011年には、アナリストの予測を上回る業績を残している。 2010年との比較において、純益は 85% 増の $25 million へ、また、売上は 32% 増の $283.3 million に達している。 特に、パブリック・クラウド・ビジネスによる収入は、Cloud Servers という Xen 仮想化サービスにより $58.5 million にいたり、前年度における四半期との比較で 86% の伸びを示している。 この Cloud Servers は、サンプル的な顧客サービスにより簡単な使い方を提供し、また、その低価格により歓迎されている。Rackspace の方針である、OpenStack オープンソース・クラウド・プラットフォーム・プロジェクトとのダイレクトな連携により、そのエコシステム構築が更に促進されるだろう。

8. Savvis: Full range of options

imageSavvis – which is owned by CenturyLink — markets its VMware-driven public cloud IaaS called Symphony Virtual Private Data Center right alongside its private cloud offering and with the optional managed services it has already built its enterprise reputation upon. The company offers tiered levels of services, service level agreements and prices to match those levels. The company has put a huge emphasis on deep security and a unified portal across all of its services. The combination puts Savvis in the top five market share leaders in the VMware public cloud IaaS bucket.

Savvis(CenturyLink が所有)は、Symphony Virtual Private Data Center という名の、VMware ベースのパブリックとプライベートのクラウド IaaS を、並行して市場に提供している。そして、既にエンタープライス市場で評判を確立した、マネージメント・サービスもオプションとして提供している。同社は、いくつかの段階的なレベルでのサービスと、それに応じた SLA と価格を提示している。さらに、すべてのサービスにまたがる、緻密なセキュリティと統一されたポータルを、強く押し出している。こうしたサービスと組み合わせることで、VMware パブリック・クラウド IaaS のリーダーとして認められる、Top-5 のポジションを Savvis は維持している。

9. Terremark: Three-pronged VMware-based approach

imageTerremark – which is owned by Verizon – has three feet in the public cloud IaaS space. The Enterprise Cloud (which is driven by VMware) homes in on virtual data center needs and is sold in blocks of resources as opposed to VM instances. Enterprise Cloud Managed Edition focuses on facilitating hybrid public/private clouds. With vCloud Express – which you buy by the VM – Terremark is targeting developers who need to do test out applications they are building for the cloud. Terremark’s three-pronged approach has put the company pretty high up on the leaderboard.

Terremark(Verizon が所有)は、パブリック・クラウド IaaS スペースにおいて、3つのポジションを維持している。仮想データセンターに配置される Enterprise Cloud(VMware ベース)は、VM インスタンスとは対照的に、リソースのブロックとして購入する必要がある。 Enterprise Cloud Cloud Managed Edition は、ハイブリッド化されたパブリック/プライベート・クラウドの促進を容易にする。 また、Terremark  は vCloud  Express( VM 単位で購入する)を用いることで、クラウド用に構築されたアプリケーションをテストする、デベロッパーにも目標を定めている。 Terremark は、この 3つのアプローチにより、そのポジションをリーダー・ボードの上位に押し上げている。

10. VMware: Key building block

imageFour of the other nine companies on our list of the most powerful vendors in the public cloud IaaS space are betting on their VMware software-based infrastructures to allow them to keep playing in this growing space in enterprise computing. We’ve chosen to include VMware in the list based on the premise that if it sneezes, a big portion of the rest of the public cloud is going to get a cold.

パブリック・クラウド IaaS スペースにおける最強のベンダーとして、私たちがリストアップした 9社中の 4社が、VMware ベースのインフラストラクチャに賭けている。 そして、それらのベンダーは、エンタープライス・コンピューティングという成長しているスペースで、トップ・プライヤーとしてのポジションを維持している。 私たちは、このリストに VMware を含めることに決めた。 それは、もし同社がクシャミをするなら、パブリック・クラウドの大部分が風邪をひくという、前提に基づいてのことである。

Read more about cloud computing in Network World’s Cloud Computing section.

ーーーーー

TAG indexこうして見ると、IT の在りかたが、その根底から大きく変化している状況を感じとれますね。 知らない会社も 2つほどありましたが、Savvis や Terremark がシッカリと上位に入っているのも、なんとなく納得です。 そして、VMware の強さを再認識します。 これまでの業態に引きずられることなく、未来へ向けて推進力を発揮できる企業だけが、生き残る世界なのでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?
SaaS のワールドワイド市場は、その成長を継続している
オンプレミス DC は クラウド DC に、追い付けない運命にあるのか ?
Open Source のコード品質は、商用ソフトを上回るという調査結果
アメリカ DC 市場 – 2011年のマトメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d bloggers like this: