Agile Cat — in the cloud

OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA

Posted in .Chronicle, .Selected, OpenStack by Agile Cat on April 17, 2012

Who Wrote OpenStack Essex? A Deep Dive Into Contributions
http://wp.me/pwo1E-47y
By Joe Brockmeier / April 9, 2012
http://www.readwriteweb.com/cloud/2012/04/who-wrote-openstack-essex-a-de.php

_ Read Write

It’s always interesting to see who really contributes to open source projects. That’s doubly true when it comes to projects that are corporate-driven, because they provide a lot of insight into which companies are driving a project and have a stake in supporting it. Looking at the numbers for OpenStack’s Essex release, it’s clear that only a small subset of companies involved in OpenStack are driving development.

このオープンソース・プロジェクトに対して、現実にコントリビュートしてきた企業を見ていくのは、常に興味深いことである。 こうした企業がドライブするプロジェクトには、彼らが数多くの洞察を提供し、また、そのサポートにおいて利害を持つという、2つの真実がある。今回の Essex リリースに参加した人数をみれば、OpenStack に関与する企業の一部分だけが、この開発を促進してきたことが明確になる。

clip_image001Mark McLoughlin, an OpenStack contributor and Red Hat employee, took the time to come up with stats  culled from the commits and Gerrit  code reviews for Essex.

OpenStack のコントリビュータであり、また、Red Hat の従業員でもある Mark McLoughlin は、Essex に対してコミットされたコードと、Gerrit レビューから抽出された統計値の解析に時間を費やした

McLoughlin provides several different pieces of the puzzle when looking at the OpenStack picture. He’s looked at the developers who’ve had the most change sets for the release cycle, the most changed lines, and the most lines removed. He’s also looked at lines reviewed, as well as the number of developers by employer.

McLoughlin は、 OpenStack の状況を説明しながら、パズルのような、いくつかの謎も提供している。 そして、彼が注目したのは、リリース・サイクルの更新および、コードの改善と削除において、最も貢献したデベロッパーである。
また、彼は、最もレビューされたコードと、デベロッパーが所属する企業についても調べた。

It’s not a perfect picture, of course. Having the most changes doesn’t mean that the changes were important, for instance. It does give a clearer picture of what’s really going on in OpenStack development.

もちろん、それらは、完ぺきな視点ではない。現実に、コードに対する変更の回数が、その重要性を意味するわけではない。
つまり、OpenStack の開発において、現実に起こっている事象を明らかにするだけのものである。

Developers by Employer

The first figure to consider is the number of developers contributing by company. No one should be shocked to see that Rackspace leads by a wide margin with 51 employees. To put that in perspective, Rackspace’s Stefano Maffulli identified more than 200 people and 50 companies that contributed to OpenStack in the Essex development cycle. McLoughlin’s figures say 226 developers.

最初の図は、コントリビュートしたデベロッパーの数を企業ごとに参照し、考えていくためのものである。 Rackspace が 51人の従業員を参加させ、大差でリードするのを見ても、それに驚く人はいないはずだ。 順番に考えていこう。まず、Rackspace の Stefano Maffulli は、Essex 開発サイクルにおいて OpenStack にコントリビュートしたのは、200人以上の人々と、50社の企業だと認識している。 それに対して McLoughlin は、226人のデベロッパーだとしている。

クリックで拡大 ⇒

This means that more than a fifth of the contributors to OpenStack are on Rackspace’s payroll.

それは、OpenStack へのコントリビュータの 1/5 以上が、 Rackspace からの経費により賄われていることを意味する。

HP has made a big public commitment to OpenStack, and it seems to be living up to it. HP has 19 people identified as contributors to OpenStack Essex.

HP は OpenStack に対して、膨大なパブリック・コミットメントを行なっており、期待に答えているように思われる。 HP は、OpenStack Essex において、19人がコントリビュートしたと認識している。

We told you that Red Hat was contributing heavily to OpenStack in February. But at that time it wasn’t entirely clear where Red Hat fell. Turns out, it’s third in developers, with 12 developers contributing.

2月の時点において、Red Hat が OpenStack にたしいて、大きなコントリビューションを行なっていると説明した。 しかし、その時点において、Red Hat が失速していることを、私は認識していなかった。 結局のところ、12社の デベロッパー・コンロリビューションの中で、同社は第3位となる。

After Red Hat, there’s Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4) and SUSE (4) in the top 10.

その後に続く Top-10 としては、Citrix (9), Nebula (8), Cisco Systems (6), Canonical (6), Piston Cloud (6), Dreamhost (4),  SUSE (4) の順となる。

The number of bodies, though, can be misleading. It may be that HP and Red Hat developers are not exclusively tasked with OpenStack, though. Some of Red Hat’s developers, for instance, are also doing work packaging OpenStack for Fedora and/or working on OpenShift. A company might only have two employees doing OpenStack work, but they may be doing it full time and/or doing some of the most difficult work.

組織ごとに数えることは、少々紛らわしくもある。しかし、HPと Red Hat のデベロッパーが、専有的に OpenStack の仕事を請け負ったというわけではないだろう。 現実に、何人かの Red Hat デベロッパーも、Fedora および OpenShift のために OpenStack をパッケージングするという作業時従事している。。 ひょっとすると、同社は OpenStack に関して、2人の従業員だけを割り当てているのかもしれない。しかし、もし そうなら、フル・タイムでの作業となり、また、最も困難な作業をこなしているのかもしれない。

Code Influence

To get a clearer picture than we have just by looking at developers, we can also see what companies are responsible for the most code changes and code reviews.

さらに明らかな全容を得るために、デベロッパーだけに注目するのではなく、コードの変更とレビューにおいて、どの企業が責任が責任を負ったのかを調べてみた。

OpenStack uses Gerrit for code review, so it’s possible to see who’s reviewing and approving code. Rackspace dominates here, with 68.1% of reviews. Nebula is next with 12.6% of the reviews, Red Hat has 4.4%, HP has 3.7% and Nicira has 2.4%. When you get to the bottom of the top 10 (Piston Cloud, Canonical) you’re looking at less than 1%.

OpenStack では、コード・レビューのために Gerrit が用いられている。 したがって、コードのレビューを承認を行なってきた企業が分かるようになっている。 Rackspace によるレビューは、全体の 68.1% という圧倒的なものになる。2番手は Nebula であり、レビューの 12.6% を占めている。 そして、その後には、Red Hat の 4.4 %、HP の 3.7%、Nicira の 2.4% が続く。この Top-10 の下位グループ(Piston Cloud と Canonical)に目をやると、その比率が 1% 以下であることが分かるだろう。

クリックで拡大 ⇒

In terms of lines changed by employer, Rackspace is at the top with 46.8%. Nebula has 24.4%, Red Hat has 5.4% and Citrix has 4.0%. Midokura , a company I hadn’t heard of until doing this piece, is in fifth place. Despite Dell’s vocal support for OpenStack, the company doesn’t seem to be contributing a great deal.

コードの改善におけるライン数では、 Rackspace が 46.8% でトップとなる。 2番手の Nebula は 24.4% であり、その後に、Red Hat の 5.4%と、Citrix の 4 % が続く。 この項目を書くまで、私は Midokura を知らなかったが、同社は 5 番手のポジションにある。 (イェーイ!!!) Dell に関しては、OpenStack をサポートする掛け声は高くても、実質的なコントリビュートは行なわれていないようだ。

Change sets are a slightly different story. Rackspace still dominates, with 55.2%. Nebula has 10%, Red Hat has 7.9%, HP has 2.9% and Canonical has 2.6%.

更新の件数になると、少し異なるストーリーとなる。 ここでも、Rackspace が 55.2% でトップとなる。 続いて、Nebula が 10%、Red Hat が 7.9%、HP が 2.9%、Canonical が 2.6% と続く。

Another view we have is bugfixes, out of the Launchpad statistics. Again, Rackspace is at the top with 800, Nebula comes in with 240, Red Hat has 140, Nicira has 69 and Canonical has 50.

バグ・フィックスという視点は、Launchpad 統計から外れたものとなっている。 再び、Rackspace が 800 件でトップであり、Nebula の 240件、Red Hat の 140件、Nicira の 69件、Canonical の 50件が続く。

クリックで拡大 ⇒

In every case, the drop-off after the first five or ten companies is very significant. For example, in terms of lines changed – Canonical is the 11th company by lines changed and only claims 0.6% of changes.

すべてのケースにおいて、トップから 5社~10社に成果が集中しており、その後の落ち込みが顕著である。 たとえば、コード改編における 11番手は Canonical であり、同社が処理したライン数は、全体の 0.6% に留まっている。

What It Means

Despite the effort to paint OpenStack as a widely supported project with lots of developer commitment , it’s still Rackspace that’s doing the lion’s share of the work.

たくさんのデベロッパーがコミットする、広く支援されたプロジェクトとして、OpenStack を見せる労力にもかかわらず、その作業においては、依然として Rackspace が圧倒的な比率を占めている。

Nebula is also pulling a lot of weight in the project, though it has fewer contributors than HP or Red Hat. The top 10 corporate contributors are pulling a disproportionate share of the load in OpenStack.

さらに、このプロジェクトでは Nebula が大きな役割を担っているが、そのコントリビュータは HP や Red Hat より少ない。全体としては、Top-10 の企業コントっリビュータが、OpenStack の作業負荷において、不均衡な比率を占めている。

This isn’t abnormal for an open source project, though. If you look at Linux kernel development , you’ll see that the top contributors are doing more than the long tail of companies that are involved in kernel development.

Linux カーネルの開発に目を向けると、トップ・コントリビュータが、カーネル開発に関与する企業よりも、ロイングテールの観点から、より多くの貢献を達成していることが分かるだろう。

But the disparity is striking. No company is shouldering nearly 50% of kernel development by any measure.

しかし、OpenStack との相違は顕著である。 どんな尺度で測っても、Linux カーネルの開発において、50% 近い負荷を担っている企業はいない。

Looking at recent kernel development, you’ll see Red Hat at the top of companies contributing to the kernel. But Red Hat sits at the top of the list (after developers with no corporate affiliation), with 10.7% of the changes from the 2.6.36 kernel to the 3.2 kernel. Intel has 7.2%, Novell 4.3%, IBM 3.7% and so on – down to a long list of companies contributing tiny bits.

Linux カーネルにおける、最近の開発状況を見てみよう。 そのトップである Red Hat が、カーネルにコントリビュートしているのが分かるだろう。 しかし Red Hat は、カーネル 2.6.36 ~3.2 の間で 10.7% の変更に留まっていることが、そのリスト(after developers with no corporate affiliation)に示されている。その後には、Intel の 7.2%、Novell の 4.3%、IBM の 3.7% と続き、その長いリストの最後には、きわめて低い比率の企業が記されている。

The real contributor community outside of Rackspace doing significant development is smaller than one might think given the figures coming out of OpenStack. It looks like it’s on its way to a healthy mix, but I’m not sure it’s quite there yet.

OpenStack から得られる成果と比較して、Rackspace の外で重要な開発に従事している、実際のコントリビューター・コミュニティは小さいのかもしれない。 そして、健全に混じりあう途上にあるとは思えるのだが、その道程を走破できると信じられる道程には、まだ到達していないと、私は確信している。

See Also

ーーーーー

TAG indexこうして、コントリビューション全体が俯瞰できることは、とても良いことですね。 そして、現時点での大きな問題点として、Rackspace への過大な異存が明らかになりました。 文中の、Linux コミュニティとの比較により、OpenStack の特殊性が強調されてしまいますが、まだ走り始めたばかりの若いコミュニティですので、長い目で見てあげたいですね。 それにしても、MIDOKURA の頑張りはスゴイです。 あまり、日本を意識してはイケナイのでしょうが、日本人として嬉しいです! ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference
オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?

 

 

 

 

 

環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

Posted in Green IT by Agile Cat on April 9, 2010

Make IT Green – Cloud Computing and its Contribution to Climate Change _5
http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/make-it-green-cloud-computing.pdf

Cool IT

clip_image001

In the global fight against catastrophic climate change, global greenhouse gas emissions from the energy sector must have peaked by 2015 and returned to current levels by 2020. Greenpeace’s Energy [R]evolution Scenario provides a practical blueprint for the world’s renewable energy future, and was developed in conjunction with specialists from the Institute of Technical Thermodynamics at the German Aerospace Centre (DLR) and more than 30 scientists and engineers from universities, institutes and the renewable energy industry around the world.ii

気候変動にともなう災害とのグローバルな戦いにおいて、エネルギー領域での全体的な温暖効果ガスの排出量は、2015 年までにピークに達するが、2020 年までには現在のレベルに戻るはずだ。 Greenpeace’s Energy [R]evolution Scenario は、未来における世界的な再生可能エネルギーについて、具体的なブループリントを提供する。それは、Institute of Technical Thermodynamics at the German Aerospace Centre (DLR) の科学者および、世界中の学術/研究機関と再生可能エネルギー産業から集まった、30人以上の科学者とエンジニアの連携による展開されている。

The report demonstrates how the planet can get from where we are now, to where we need to be. It shows how the world’s carbon emissions from the energy and transport sectors alone can peak by 2015 and be cut by over 50%by 2050. The ICT sector holds many of the keys to reaching our climate goals by innovating solutions to mitigate greenhouse gas emissions and increase energy efficiency. Technologies that enable smart grids, zero emissions buildings, and more efficient transport systems are central to efforts to combat climate change.

このレポートは、地球上に住む私たちの、現在の立ち位置と、これから到着すべき位置を明示している。 そこでは、エネルギーと輸送の領域におけるグローバルな CO2 排出量だけについて、2015 年までにピークに達し、2050 年までに 50% 以上のカットが可能なことが示されている。 温暖効果ガスの排出量を緩和し、エネルギー効率を高めるソリューションを進化させることにより、ICT 部門は気候問題をゴールに到達させるための、数多くのキーを持つ。 スマート・グリッドおよび、ゼロ・エミッション・ビル、効率的な輸送システムなどを実現するためのテクノロジーは、気候変動と闘うための重要な道具となる。

clip_image002

The ICT sector’s abilities to lead and to innovate are the reasons Greenpeace began its Cool IT Campaign in 2009. The campaign uses direct company engagement and public engagement to provide pressure on the ICT industry to put forward solutions to achieve economy-wide greenhouse gas emissions reductions and to be strong advocates for policies that combat climate change and increase the use of renewable energy.

ICT 領域がリードして革新して行く能力は、Greenpeace が2009年に Cool IT Campaign を開始した根拠になっている。 このキャンペーンでは、企業あるいは公共部門とダイレクトな約束を交わすことにより、経済界全般に ICT 部門が温暖化ガスの排出量縮小を達成し、また、気候変動と闘い、再生可能エネルギー使用を高める政策の提唱者になるようなプレッシャーを提供していく。

Formore information on Cool IT, please visit: www.greenpeace.org/coolit

Policy recommendations ICT should support

It is clear that as the energy demand of the cloud grows, the supply of renewable energy must also keep pace. Additionally, because of the unique opportunities provided to the ICT sector in a carbonconstrained world, the industry as a whole should be advocating for strong policies that result in economy-wide emissions reductions. Among prime concern is priority grid access for renewable sources of energy. Rules on grid access, transmission and cost sharing are very often inadequate. Legislation must be clear, especially concerning cost distribution and transmission fees.Where necessary, grid extension or reinforcement costs should be borne by the grid operators, and shared between all consumers, because the environmental benefits of renewables are a public good and system operation is a natural monopoly.

クラウドにおけるエネルギー需要が増大するにつれて、再生可能エネルギーの供給も、同じペースで増加すべきことは明らかだ。 さらに、カーボンに制約された世界において、ICT 領域には独自の役割があるため、この産業に従事する全ての人々は、経済界全般に排出量削減をもたらすための、強いポリシーの提唱者になるべきだ。 主要な関心事のなかには、再生可能エネルギーにアクセスするための、プライオリティ・グリッドの存在がある。 グリッド・アクセスのルールや、伝送と費用に関する配分は、多くのケースにおいて不適当である。 法律の制定は、とりわけコストの配分と、伝送時の料金において、明確でなければならない。そして必要に応じて、グリッドの拡張あるいは、補強のためのコストが、グリッドの運用者により分担され、すべての顧客により共有されなければならい。なぜなら、再生可能エネルギーの環境メリットは、公共における利点であり、そのシステムの運用は自然独占になるからだ。

Key Principles for climate and energy policy

• Emissions reduction obligations for industrialised countries, as a group, of at least 40%below 1990 levels by 2020, at least three quarters of which need to be met by domestic action.

• Industrialised countries to pay for their emissions permits in order to generate adequate and predictable funding, in the order of at least $140 billion US dollars annually, to support clean energy and other mitigation activities, forest protection and adaptation in developing countries.

• 工業化された国々における排出量削減の義務は、そのグループとして、2020年までに 1990年の 40% 減のレベルに、少なくとも至らなければならない。そして、そのためには、国内におけるアクションとして、3/4 まで排出量を下げる必要がある。

• 発展途上国におけるクリーン・エネルギーやアクティビティの軽減、そして、森林保護などの適用をサポートするために、工業化された国々は、年間で少なくとも $140 billion レベルの予測可能な資金を支払うべきだ。

A full list of Greenpeace’s demands for a fair and legally binding deal are available at

Greenpeace が要求する制約のためのフル・リストは、以下のドキュメントで参照できる。

http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/copenhagen-greenpeace-demands.pdf

Support real climate action in the United States

The flawed climate bills moving through the US Congress are riddled with giveaways to the coal industry and made hollow by the huge amounts of carbon offsets made available to polluters. Greenpeace is calling on President Obama to support policies to keep global temperatures as far below a 2°C increase as possible, compared to pre-industrial levels, to avert catastrophic climate change by:

米国議会で進んでいる、欠陥のある気候変動対策法案は、石炭産業へ情報が漏れたことで骨抜きとなり、また、公害の当事者に大量のカーボン・オフセットを与えることで空洞化してしまう。 Greenpeace がオバマ大統領に求めているのは、産業化以前のレベルとの比較において、全体的な気温を 2度引き下げるためのポリシーのサポートであり、それにより、気候変動による災害を避けることである。 具体的には、以下の項目となる:

• Setting a goal of peaking global emissions by 2015 and be as close to zero as possible by 2050, compared to 1990 levels;

• Cutting emissions in the US by 25%to 40%by 2020, compared to 1990 levels; and

• Joining and encouraging other members of the G8 to establish a funding mechanism that provides $106 billion US dollars a year by 2020 to help developing countries adapt to global warming impacts that are now unavoidable and halt tropical deforestation.

• グローバルな排出量について、そのピークを 2015年に設定し、それ以降は、2050年までに 1990年のレベルに引き下げる。

• アメリカの排出量に関しては、2020年までに 25% から 40% の削減を行い、1990年のレベルに戻す。

• 2020年までに、年間で $106 billion を提供する資金メカニズムを確立するよう、G8 のメンバーに参加を促す。それにより、すでに不可避となっている地球温暖化の現象から発展途上国を保護し、熱帯における山林の伐採を止める。

For more information on Greenpeace’s demands for President Obama see Yes He Can — How President Obama Can Solve the Energy Crisis, Help Reverse Climate Change and Rescue the Economy at

Greenpeace からオバマ大統領に提出された要求 「Yes He Can — How President Obama Can Solve the Energy Crisis, Help Reverse Climate Change and Rescue the Economy 」の詳細、以下で参照できる。

http://www.greenpeace.org/usa/press-center/reports4/yeshecan

<おわり>

image

<関連>
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4

Posted in Green IT by Agile Cat on April 7, 2010

Make IT Green – Cloud Computing and its Contribution to Climate Change _4
http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/make-it-green-cloud-computing.pdf

Key trends that will impact the environmental footprint of the cloud

Projected regional growth of data centres

Unless cloud data centres are strategically placed to utilise or be co-developed with renewable sources of electricity, the data centre operators are stuck with the same problem everybody has, and having to accept the mix of clean and dirty energy sources that the electric utilities rely upon to feed the grid.

クラウド・データセンターにおける、再生可能な電力の戦略的な利用および共同開発が実現されなければ、データセンターの運用者は共通の問題により行き詰まっていく。 つまり、電気事業者が送電グリッド上に供給する、汚れたエネルギー源の混入を受け入れなければならない。

clip_image001

Growth of energy-efficient data centers

More cloud-computing companies are pursuing design and siting strategies that can reduce the energy consumption of their data centres, primarily as a cost containment measure. For most companies, the environmental benefits of green data design are generally of secondary concern.

数多くのクラウド・コンピューティング企業が、データセンターにおけるエネルギー消費量を削減するためのデザインとサイトの戦略を追求しているが、その主目的はコストの抑制である。 大半の企業にとって、グリーン・データデ・ザインにおける環境メリットは、第二の関心事となっている。

Facebook’s decision to build its own highly-efficient data centre in Oregon that will be substantially powered by coal-fired electricity clearly underscores the relative priority for many cloud companies. Increasing the energy efficiency of its servers and reducing the energy footprint of the infrastructure of data centres are clearly to be commended, but efficiency by itself is not green if you are simply working to maximise output from the cheapest and dirtiest energy source available. The US EPA will soon be expanding its EnergyStar rating system to apply to data centres, but similarly does not factor in the fuel source being used to power the data centre in its rating criteria. Unfortunately, as our collective demand for computing resources increases, even the most efficiently built data centres with the highest utilisation rates serve only to mitigate, rather than eliminate, harmful emissions.

Facebook が決定した Oregon における効率的なデータセンターの構築は、相当量の化石燃料を消費するものとなり、その他のクラウド企業が考える優先順位を採用していることが明らかになっている。 、データセンター・インフラストラクチャにおいて、サーバーの効率を高めて、エネルギーのフットプリントを減らすことは明らかに称賛されるべきだが、最も汚れたエネルギーソースを用いて、コストの効率だけを考えるなら、その効率はグリーンなものとならない。 米国のEPAはまもなく、EnergyStar 評価システムを拡張して、データセンターに対しても適用するだろうが、データセンターに供給される電力の燃料源は、その評価基準の要因となっていない。 残念なことに、コンピューティング・リソースへの要求が高まるにつれて、構築されるデータセンターの効率も向上しているが、有害物質の放出については、削除というよりも緩和に留まっている。

Case Studies of cloud-based expansion

Comparison of significant cloud data centres

clip_image002

Yahoo! Data Center (Lockport, NY)

Yahoo! is currently building a $150 million US dollar data centre near Buffalo, New York, which will be completed in May 2010. The site was chosen in part due to the low cooling costs expected in the region and the ability to use fresh air cooling, as well as the ready access to lowcarbon and low-cost hydro power. The New York Power Authority has approved 10 megawatts of low-cost hydro power for a first phase of construction for a Yahoo! facility. A second phase, expected in the spring of 2012, would receive an additional five megawatts of power.

Yahoo! は New Tork の Buffalo 郊外に $150 million のデータセンターを構築している、2010年 5月には完成するとされている。 このサイトは、外気を活用した冷却コストの低減という目的だけではなく、水力発電による低炭素化と低コストにも対応している。 New York Power Authority は、この Yahoo! の施設における第1フェーズの構築のために、低コストの 10メガワットの水力発電を承認した。 第2フェーズは 2012年の春に予測されているが、さらに 5メガワットの電力供給を受けるだろう。

Apple Computer (North Carolina, US)

Last year, Apple began construction on a $1 billion US dollar data centre in western North Carolina, close to where Google also cited its recent data centre investment. North Carolina’s electricity production is high. Coal-fired power plants account for about 60%of the State’s electricity generation, while the carbon intensity of the electricity generation in 2005 was 561.4 gCO2e/kWh.

Apple は昨年に、North Carolina 西部に $1 billion のデータセンターを構築し始めたが、その近くでは、Google も最近になってデータセンターに投資している。North Carolina は、電力生産量の高い地域である。 化石燃料を用いる火力発電が、同州の電力生産量の約 60% を占めており、2005 年の発電量における CO2 排出は 561.4gCO2e / kwh となっている。

<続く>

ーーーーー

<関連>
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3

Posted in Green IT by Agile Cat on April 6, 2010

Make IT Green – Cloud Computing and its Contribution to Climate Change _3
http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/make-it-green-cloud-computing.pdf

Powering the cloud -how much will it take?

How much electricity or associated greenhouse gas pollution is currently produced or will be generated to power a much bigger cloud in 10 years? The answer is far from clear, given the rapid growth, and that many major cloud brands refuse to disclose their energy footprint.

どれだけの電力あるいは、それに関連する温室効果ガス汚染が、巨大なクラウドに電力を供給するために、現時点で生産されているのだろうか? そして、今後の 10年間において、どのように推移していくのだろうか? 急速な成長が前提となり、また、数多くの主要クラウド・ブランドがエネルギー・フットプリントの開示を拒否するため、答えを導きだすのは困難となる。

The Smart 2020 analysis forecast that the global carbon footprint of the main components of cloud-based computing – data centres and the telecommunications network – would see their emissions grow, on average, 7%and 5%respectively each year between 2002-2020. Underlying this analysis is the number of data centre servers growing on average 9%each year during this period.

Smart 2020 の分析によると、クラウドベースのコンピューティングとデータセンターおよび、テレコミュニケーション・ネットワークの主要構成要素における、グローバル・カーボン・フットプリントは、2002年 ~2020 年の間に、それぞれが 7% と 5% の年間増大率を、平均で示すだろうと予測されている。 この分析の基礎となるのは、この期間の年間平均において、9% の増大が見込まれるデータセンター・サーバーの数となる。

Using the global analysis and forecast of the overall ICT emissions footprint in the Smart 2020 Report as a foundation, the following reports seeks to shine a fresh light on the electricity demand of the global cloud, highlighting the scale of the potential demand and importance of where and what sources of electricity are being used to power Facebook, Gmail, and other cloud-based computing platforms.

Smart 2020 Report を基本として用いて、ICT 排出量フットプリントのグローバルな分析と予測を行ってみる。そのレポートでは、グローバル・クラウドの電力需要にスポットライトを当て、Facebook や Gmail といったクラウドベース・コンピューティング・プラットフォームの電源ソースにおおける、潜在需要のスケールと重要性を強調している。

The first of the two adjustments were made to the analysis used in the Smart 2020 Report to disaggregate the projections for growth in the main components of cloud based computing, and place in context of electricity demand and renewable energy supply. The third adjustment incorporates some bottom up analysis of energy demand from data centres in the US, and the scale impact on the size of the overall electricity demand if more accurate estimation of the energy demand and GHG emissions associated with large data centres. To make the data of the report more accessible as an instrument to evaluate the projected impact of the cloud on electricity demand and their relationship to energy policies, the Smart 2020 analysis has been deaggregated to show overall electricity consumption as outlined below.

最初の 2つの査定は、Smart 2020 Report において分析のために用いられている。つまり、クラウドベース・コンピューティングの主要構成要素における成長予測を仕分けし、電力需要と更新可能なエネルギー供給の関係を示すことである。3番目の査定は、アメリカのデータセンターにおける電力需要を、ボトムアップで分析した結果を取り込み、大規模データセンターに関連する電力需要と GHG エミッションの見積りが正確だという前提で、全体的な電力需要に対する影響を測定することである。クラウドにおける電力需要と、そのエネルギー・ポリシーの関係を評価する手段として、このレポートのデータ参照を容易にするために、Smart 2020 における電力消費分析の概要を、以下のように仕分けした。

2020 ICT Emissions Project

Projections of growth in ICT electricity consumption and GHG emissions by 2020, using 9%annual growth rate estimated in Smart 2020 Report for data centres and recent estimate by Gartner for growth in telecommunications of 9.5%a year.

2020 年までの ICT 電力消費と GHG 排出に関する増大の予測では、Smart 2020 Report による、9%/年のデータセンター領域での増大値と、Gartner が最近に公表した、9.5%/年のテレコミュニケーション領域での増大値を用いている。

clip_image001

Adjustments to Smart 2020 Report

Smart 2020 Adjustment #1: Scope of Telecoms network reporting

The Smart 2020 Report provides carbon footprint figures in MtCO2e as a combination of two sources of emissions: indirect emissions from electricity use (scope 2) and indirect emissions from upstream production (scope 3), or embodied carbon. To show electricity or energy use emissions separately, a correction factor [Scope 2/ (Scope 2+3)] will be applied as shown in the table for adjustment #1. This correction factor for Scope 2 is derived from the information provided on global internet footprint in the Smart 2020 Report, which includes PCs in addition to telecoms and data centres.

Smart 2020 Report では、2つの排出源の組み合わせとして、また、MtCO2e を単位として、カーボン・フットプリントの情報を提供している。 つまり、間接的な電力の使用(scope 2)および、上流網( upstream production?)での間接的なエミッションと、そこに包含されるカーボンのことである。 電力とエネルギーのエミッションを分けて示すために、adjustment #1 のテーブルでは、補正係数 [Scope 2/ (Scope 2+3)] が応用されるだろう。Scope 2 のための訂正要因は、Smart 2020 Report におけるグローバルなインターネット・フットプリント(テレコム、データセンター、PCを含む)の情報から得ている。

clip_image002

Mobile phones accounted for 43%of the carbon footprint of Telecoms. However, to keep the analysis focused on the infrastructure of the cloud and related energy consumption, the energy footprint of mobile phones will be subtracted, as PCs (desktops and laptops) are not counted in this analysis, phones will be also subtracted. The 270 MtCO2e without mobile phones translates into 154 MTCO2 globally.

Telecoms におけるカーボン・フットプリントについては、モバイル・フォンが 43%を占めている。ただし、クラウドおよび、それに関連するエネルギー消費のインフラストラクチャに、この分析をフォーカスさせるために、このモバイル・フォンのエネルギー・フットプリントを差し引くことにする。 つまり、この分析から PC(デスクトップとラップトップ)除外しているように、モバイル・フォンも差し引くことにする。 具体的には、270 MtCO2e からモバイル分を差し引くことで、全体で 154 MTCO2 となる。

Smart 2020 Adjustment #2: Conversion fromemissions to energy

clip_image003

The results available from the Smart 2020 Report are shown as tones of carbon emitted and not in energy units (e.g. electricity consumed kWh). The emission factors used come from McKinsey and Vanttefall Cost Curve, which are not disclosed in the report. Using a publicly-known global factor for the global carbon intensity of electricity production,WRI’s CAITi, the equivalent electricity consumption is derived as shown in Table 2.

Smart 2020 Report から利用できる結果は、エネルギーの単位(たとえば、消費された kwh)ではなく、排出された炭素量として示される。 そこで使用されたエミッション・ファクターは McKinsey と Vanttefall Cost Curve によるものであり、このレポートでは明らかにされていない。 電力生産における排出炭素総量に関する、公知のグローバル・ファクタである WRI の CAITi を用いても、Table 2に示されるように、同等の電力消費料が得られる。

Smart 2020 Adjustment #3: Top-down vs. bottom-up adjustment for data centre energy consumption

clip_image004

While the Smart 2020 report did a very credible top-down analysis of global data centre consumption, it is important to compare this with a bottom-up approach. Based on the 2007 bottom-up analysis conducted by the US Environmental Protection Agency (US EPA), the estimated electricity consumption of US data centres is 1.7 times larger than the top-down analysis by the Smart 2020 report estimated for the US and Canada combined. If this factor is to be applied to the global electricity consumption in Table 2, the data centres portion would go from the 194.2 to 330 billion kWh and, as consequence, the total cloud energy consumption (data centres plus telecommunications) would be 622.6 billion kWh -; a number that is 1.3 times larger than reported under the Smart 2020 report.

Smart 2020 Report では、グローバルなデータセンター電力消費量を、きわめて信頼性高いトップダウンの方式で分析しているが、ボトムアップのアプローチと比較することも重要だ。 US Environmental Protection Agency(US EPA)が 2007年に実施したボトムアップの分析をベースにすると、アメリカとカナダのデータセンターについて、Smart 2020 Report がトップダウンで推定した電気消費量と比較して、アメリカの電力消費量は 1.7倍に増大する。この要因を、Table 2 におけるグローバルな電力消費量に適用すると、データセンターの部分は 194.2 billion kWh から 330 billion kWh に上昇する。その結果として、全体的なクラウド・エネルギー消費量(データセンター + テレコム)は、Smart 2020 Report で報告される 値よりも 1.3 倍ほど上昇し、622.6 billion kWh になるだろう。

ーーー 続く ーーー

ちょっと意味が取りづらく、アヤフヤな訳になっているところがあります。読みやすい文にしていきたいと思いますので、ココは、こういう意味じゃないか、、、など、お気づきの点がありましたら、ご指摘ください。なお、この Greenpeace からの問題提起に対して、Facebook、Google、Microsoft から反応があったようです。ーーー A.C.

Google, Microsoft Respond to Greenpeace – April 5th, 2010 : Rich Miller
Facebook’s Response to Greenpeace – February 20th, 2010 : Rich Miller

ーーーーー

<関連>
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2

Posted in Green IT by Agile Cat on April 4, 2010

Make IT Green – Cloud Computing and its Contribution to Climate Change _2
http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/make-it-green-cloud-computing.pdf

How big is the carbon footprint of the Information Technology and Communication sector?

Greenpeace_4b

In 2008, The Climate Group and the Global e-Sustainability Initiative (GeSI) issued SMART 2020: enabling the low carbon economy in the information age.i The study highlighted the significant and rapidly growing footprint of the ICT industry and predicted that because of the rapid economic expansion in places like India and China, among other causes, demand for ICT services will quadruple by 2020.

2008年に、The Climate Group と Global e-Sustainability Initiative (GeSI) が発行した SMART 2020 によると、情報時代における低炭素経済は可能だとされている。 この研究では、ICT 産業における膨大で急速な拡大が強調され、また、India や China といった国々での急速な経済成長により、 ICT サービスに対する需要は、2020年までに4倍になると予測されている。

<上記の表>
Climate Group and the Global e-Sustainability Initiative (GeSI)(2008).
SMART2020: enabling the low carbon economy in the information age. Available at
http://www.smart2020.org/_assets/files/03_Smart2020Report_lo_res.pdf

SMART 2020 also found that:

• PC ownership will quadruple between 2007 and 2020 to 4 billion devices, and emissions will double over the same period, with laptops overtaking desktops as the main source of global ICT emissions (22%).

• 世界中で所有される PC は、2007年から 2020までの間に 4倍に増え、40億台になるだろう。 そして、CO2 排出量は その期間に倍増し、グローバルな ICT における主要な排出源は、デスクトップからラップトップへと交代するだろう(22%)。

• Mobile phone ownership will almost double to nearly 5 billion accounts by 2020, but emissions will only grow by 4%. Broadband uptake will treble to almost 900 million accounts over the same period, with emissions doubling over the entire telecoms infrastructure.

• モバイルフォンの所有数は 2020年までに、約 50億という 2倍のレベルにいたるが、排出量に関しては 4% だけの増大にとどまるだろう。また、同期間におけるブロードバンドの取り込みは 3倍の 9億アカウントに達し、その排出量はテレコム・インフラストラクチャ全体の 2倍になるだろう。

The Smart 2020 study also made a compelling case for ICT’s significant potential to deliver climate and energy solutions, estimating that ICT technologies could cut 7.8 GtCO2 of global greenhouse gas emissions by 2020, a 15%reduction over business-as-usual projections. The study posits that innovations from the ICT sector – when combined with increased use of renewable energy – can put the world on a more sustainable path and help keep global temperature increase below the 2°C threshold scientists say is needed to hold off the worst effects of climate change.

その一方で、Smart 2020 の研究によると、 ICT テクノロジーは 2020年までに、グローバルな温室効果ガスの排出の 15% に相当する、7.8 GtCO2 を削減できると推定し、気候とエネルギーのソリューションを大きな影響を与えるとしている。 この研究が指摘するのは、再生可能なエネルギーが増加する際に、ICT 領域からもたらされるイノベーションである。 そして、より継続的な方向へと世界を導き、最悪の気候変動を回避するために、科学者が必要だと言及しているグローバルな気温上昇を、2度以下に抑えることができると言われる。

Cloud Computing Growth

clip_image002

2010 has been touted by many in the ICT sector as the ‘Year of the Cloud’. While this is likely a prediction that will be repeated in subsequent years, the arrival of the iPad and growth in netbooks and other tablet computers, the launch of Microsoft’s Azure cloud services for business, and the launch of the Google phone and the proliferation of mobile cloud applications are compelling signs of a movement towards cloud-based computing within the business sector and public consciousness in a way never seen before.

数多くの ICT 領域において、2010年は「クラウドの年」としてプッシュされている。 こうした傾向は、おそらく何年も繰り返されるだろうが、 今年は iPad が登場し、ネットブックや、タブレット・コンピュータの成長が予測される年である。さらに、ビジネスのための Microsoft Azure クラウド・サービスや Google Phone がスタートし、モバイル・クラウド・アプリケーションが増大し、クラウドベースのコンピューティングに向かって移行していくという見方が説得力を持ちつつある。それは、ビジネスと行政の領域で、これまでには見られなかった勢いを持っている。

3 key trends in cloud-based computing

• Continued significant expansion of cloud-based computing despite economic downturn
• Greater attention and growth in deployment of energy-efficient data centres design
• Increased size and scale of data centres being built by major brands

クラウドベース・コンピューティングにおける 3つの傾向

• 景気の後退にもかかわらず、クラウドベースのコンピューティングへ向けた大規模な移行が継続している
• エネルギー効率の良いデータセンター・デザインを、展開していこうとする、大きな喚起と成長が見られる
• サイズとスケールを大きくしていくという、主要ブランドによるデータセンターの構築がみられる

Key questions for cloud-based computing data centre investment

• How big is the cloud in electricity consumption and GHG emissions and how big will it become?
• Where will the cloud be built and what sources of energy will be powering it?
• How may large data centres impact the surrounding load centre’s demand for fossil fuels?
• To what extent will efficiency and design improvements reduce the rate of growth?

クラウドベース・コンピューティングのデータセンタ投資に関する疑問

• クラウドにおける電力消費と、GHG(greenhouse gas )排出量の規模はどうなるのか?
• どこにクラウドが構築され、どのエネルギー源を使うことになるのか?
• 大規模データセンターの増大が、どのような影響を化石燃料の需要にもたらすのか?
• どの程度まで効率化が進み、デザインの改良が増大率を緩和するのか?

ーーー 続く ーーー

<関連>
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Facebook, Green IT by Agile Cat on April 1, 2010

Make IT Green – Cloud Computing and its Contribution to Climate Change _1
http://www.greenpeace.org/raw/content/international/press/reports/make-it-green-cloud-computing.pdf

昨日のことですが、グリーンピースから 「 Make IT Green」 というタイトルのドキュメントが公開されました。 Agile_Cat のお気に入りである、Data Center Knowledge や、Nicholas Carr の Rough Type などで取り上げられていますが、クラウドを敵視するものではなく、コントリビューションを求めるものと理解してよさそうです。 ーーー A.C.

Greenpeace_1

The announcement of Apple’s iPad has been much anticipated by a world with an ever-increasing appetite for mobile computing devices as a way to connect, interact, learn and work. As rumours circulated – first about its existence and then about its capabilities – the iPad received more media attention than any other gadget in recent memory. Apple Chief Executive Officer Steve Jobs finally showcased his company’s latest creation before a rapt audience in San Francisco. From their smart phones and netbooks, the crowd feverishly blogged and tweeted real time updates out to a curious world.

Apple からの iPad に関する発表は、モバイル・コンピューティング・デバイスに対して増加し続ける欲求により、つまり、コミュニケーションや、学習、労働のための方式として、全世界から大きな期待を集めている。最初は iPad の存在自体が、続いて、その能力がうわさを呼び、これまでのガジェットとは比較にならないほどの注目が、メディアの注目を集めている。 Apple の Chief Executive Officer である Steve Jobs は、嬉々として San Francisco に集まった聴衆を前に、その最新の作品を提示した。 そして、好奇心に満ちた世界へ向けて、彼らのスマートフォンやネットブックから熱狂的なブログやツイットがリアルタイムに発信され、情報をアップデートしていった。

Whether you actually want an iPad or not, there is no doubt that it is a harbinger of things to come. The iPad relies upon cloud-based computing to stream video, download music and books, and fetch email. Already, millions access the ‘cloud’ to make use of online social networks, watch streaming video, check email and create documents, and store thousands of digital photos online on popular web-hosted sites like Flickr and Picasa.

現実に、あなたが iPad を欲しがっても欲しがらなくても、なにかの予兆か前触れであることに疑いはない。 iPad は、クラウドベースのコンピューティングに依存することで、ビデオ・ストリーミングおよび、音楽と書籍のダウンロード、そして電子メールを実現していく。 SNS や、ストリーミング・ビデオの参照、電子メールのチェック、そして、ドキュメントの作成などのために、すでに何百万もの人々が「クラウド」にアクセスしている。それに加えて、Flickr や Picasa といった人気の Web サイトに、何千というデジタル写真をオンラインでストアする人もいる。

Greenpeace_2

The term cloud, or cloud computing, used as a metaphor for the internet, is based on an infrastructure and business model whereby – rather than being stored on your own device – data, entertainment, news and other products and services are delivered to your device, in real time, from the internet. The creation of the cloud has been a boon both to the companies hosting it and to consumers who now need nothing but a personal computer and internet access to fulfill most of their computing needs.

クラウドやクラウド・コンピューティングという用語が、インターネットを比喩する言葉として使われている。 それは、各種のデータや、エンタテイメント、ニュース、プロダクト、サービスといったものを、あなた自身のデバイス上にストアするのではなく、インターネットからリアルタイムで配信していくという、インフラストラクチャとビジネスモデルに基づくものだ。 クラウドを創り出すことが、それをホストする企業と、それを利用する消費者に、恩恵をもたらしている。 つまり、ユーザーは手元に何も持たなくても、PC とインターネット・アクセスが、コンピューティングに必要とされる大部分を満たしてしまうことになる。

Google is perhaps the most famous cloud-based company to demonstrate the potential of a cloud platform to drive a hugely successful business model. All of Google’s signature products – Gmail, Google Documents and Google Earth – are delivered from the cloud. Its ambitious project to create a digital library will be entirely hosted by servers storing most of the world’s published work, all in digitised form.

おそらく Google は、最も有名なクラウド・ベースの企業であり、大きな成功をおさめるためのビジネスモデルをドライブする、クラウド・プラットフォームの潜在能力を例証している。Gmail や、Google Documents、Google Earth といった、Google 特製のプラダクトの全てが、このクラウドから配信されている。その他にも、デジタル・ライブラリを創造するという意欲的なプロジェクトは、この世界で出版された著作物の大半をデジタル形式でストアするサーバーにより、その全体がホストされるだろう。

Facebook vs. Yahoo

For example, in January 2010, Facebook commissioned a new data centre in Oregon and committed to a power service provider agreement with PacificCorp, a utility that gets the majority of its energy from coal-fired power stations, the United States’ largest source of greenhouse gas emissions. Effectively becoming an industrial-scale consumer of electricity, Facebook now faces the same choices and challenges that other large ‘cloud-computing’ companies have in building their data centres.With a premium being placed on access to the cheapest electricity available on the grid. In many countries, this means dirty coal.

たとえば Facebook は 2010年1月に、Oregon に新しいデータセンターを発注し、電力サービス・プロバイダーとして PacificCorp と契約した。 同社は石炭を燃料とする発電所から、そのエネルギーの大半を取得しており、United States における温室効果ガスの、最大級の排出源でもある。この産業において、効率良く電力を利用すべきスケールの消費者になるために、Facebook は選択と課題に直面している。 その状況は、データセンターを自ら構築している、他の大規模 クラウド・コンピューティング企業と同様のものである。そこでは、グリッド上で利用できる、最も安価な電力へのアクセスという特約が用いられている。 多くの国々で、これはダーティーな石炭を意味する。

All the same, other companies have made better decisions for siting some of their data centres. Yahoo!, for instance, chose to build a data centre outside Buffalo, New York, that is powered by energy from a hydroelectric power plant – dramatically decreasing its carbon footprint. Google Energy, a subsidiary of cloud leader Google, applied and was recently approved as a regulated wholesale buyer and seller of electricity in the United States, giving it greater flexibility as to where it buys its electricity to power its data centres.

それと全く同じ状況においても、データセンターの設置において、より良い決定を下している企業もある。 実際に、Yahoo! は New York の Buffalo 郊外にデータセンターを建設するが、そこでは水力発電所のエネルギーが利用され、カーボン・フットプリントを 劇的に減少させる。 クラウド・リーダーである Google の子会社 Google Energy は、United States における電力の卸売りバイヤーとして許認可を受けた。 そして、どのデータセンターに対して、どのような電力を供給するのかという点において、大きな柔軟性を得ることになった。

Brown cloud or green cloud?

Ultimately, if cloud providers want to provide a truly green and renewable cloud, they must use their power and influence to not only drive investments near renewable energy sources, but also become involved in setting the policies that will drive rapid deployment of renewable electricity generation economy-wide, and place greater R&D into storage devices that will deliver electricity from renewable sources 24/7. (See page 11 for prescriptive policy recommendations for IT companies.)

最終的に、クラウド・プロバイダーが、真のグリーンと更新可能なクラウドの提供を望むなら、単に投資を促進させるだけではなく、再生可能なエネルギーを多用することで、環境に影響をおよぼさなければならない。それだけではなく、更新可能な電力の提供を、経済界全般に迅速に展開するためのポリシー決定にも、関与しなければならない。そして、24時間/7日というレベルで、再生可能なリソースからの電気を届けるために、そのストレージ・デバイスの中に優れた R&D 機能を提供しなければならない。 (IT 企業のための、規範的なポリシー勧告についてはページ11を参照のこと)

Greenpeace_3

If we hope to phase out dirty sources of energy to address climate change, then – given the massive amounts of electricity needed in order to run computers, provide backup power and coordinate related cooling equipment that even energy-efficient data centres consume – the last thing we need is for more cloud infrastructure to be built in places where it increases demand for dirty coal-fired power. The potential of ICT technologies and cloud computing to drive low-carbon economic growth underscore the importance of building cloud infrastructure in places powered by clean renewable energy. Companies like Facebook, Google, and other large players in the cloud computing market must advocate for policy change at the local, national and international levels to ensure that, as their appetite for energy increases, so does the supply of renewable energy.

私たちが、気候変動に取り組むために、ダーティーなエネルギー・ソースを段階的に排除したいと望むなら、コンピュータの実行や、バックアップの提供、そしてエネルギー効率が良いデータセンターでさえ消費する、それらに関連する冷却装置のための、大量の電力を提供することになる。つまり、最終的に必要とする、大量のクラウド・インフラストラクチャの構築が、ダーティーな石炭燃料の需要を増やすことにつながってしまう。 しかし、ICT テクノロジーとクラウド・コンピューティングのポテンシャルは、クリーンで再生可能なエネルギーから電力が供給される、クラウド・インフラストラクチャの重要性を浮き彫りにし、低炭素経済の成長を促進できるはずだ。クラウド・コンピューティング・マーケットにおける Facebook や Googleといった大規模プレーヤーたちは、ローカル/国内/国際といったレベルにおいてポリシーの変更を主張すべきであり、それにより、エネルギーに対する要求が高まるにつれて、再生可能なエネルギーの供給が保証されていく。

ーーーーー

長いドキュメントなので、時間がかかると思いますが、連載していきたいと思います。 ーーー A.C.

<続く>

ーーーーー

<関連>
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

%d bloggers like this: