Agile Cat — in the cloud

Microsoft と Intel には、並列/分散の隠し技があるのか

Posted in Big Data, Microsoft, MS-MapReduce, Parallel by Agile Cat on September 4, 2010

Microsoft, Intel deliver new distributed/parallel tools
By Mary Jo Foley
September 3, 2010, 8:04am PDT
http://www.zdnet.com/blog/microsoft/microsoft-intel-deliver-new-distributedparallel-tools/7300

All About Microsoft

Microsoft execs haven’t been beating the parallel-computing drum as loudly as they were a year or two ago, but that doesn’t mean nothing is happening in this space.

Microsoft の首脳陣たちは、この1~2年間と同じように、パラレル・コンピューティングについて押し黙っている。だからといって、この領域で何も起きていない訳ではない。

Late last month, Microsoft made available for download a new version of the HPC (High Performance Computing) Toolpack, which is a collection of utilities that can be used on Windows Server 2008 R2-based clusters. The latest tool pack includes two tools, one known as “Lizard,” and the other as “ClusterCopy.” Lizard, the Linpack Performance Wizard, calculates peak performance of HPC clusters in billions of floating-point operations per second (GFLOPS) and allows users to save those results and the parameters that helped achieved them. ClusterCopy is a tool for distributing files around a cluster using a tree-based copy system.

先月(8月)のおわりに Microsoft は、Windows Server 2008 R2 ベース・クラスタで利用するユーティリティー・コレクションとして、HPC(High Performance Computing)Toolpack の、新バージョンのダウンロードを開始した。 この最新のツール・パックには、“Lizard” と “ClusterCopy” という 2つのツールがを取り込まれている。Linpack Performance Wizard である Lizard は、HPC クラスタのピークのパフォーマンスを、1秒あたり10億桁の浮動小数点オペレーション(GFLOPS)で 計算する。そして、ユーザーの目的を達成するために、それらの結果やパタメータの保存も実現する。 また、ClusterCopy は、ツリーベースのコピーシステムを用いて、クラスタの周辺にファイルを配置していくためのツールである。

image

As I noted in a previous blog post, Microsoft is gearing up to make some more noise in the HPC space this fall, when the company is expected to release a first Community Technology Preview (CTP) of its Dryad parallel/distributed computing infrastructure technology. A final commercial version of Dryad is due out some time in 2011. Dryad has been a Microsoft Research project, but is in the process of being commercialized, according to a Microsoft presentation I saw.

前回のブログ・ポストで指摘したように、Microsoft は、並列/分散コンピューティングのインフラストラクチャ・テクノロジーである、Dryad の CTP (Community Technology Preview) のリリースに合わせて、HPC 領域に関する話題を、この秋に盛り上げようとしている。 最終的な Dryad の商用バージョンは、2011年のいずれかで登場する。 ただし、私が Microsoft のプレゼンテーションで見た限りでは、Dryad は依然として Microsoft Research のプロジェクトであり、商用化へ向けたプロセスの途上にある。

“Lizard and ClusterCopy have no direct relationship to Dryad today,” a Microsoft spokesperson said when I asked if there was any connection between the products. “Microsoft periodically releases additional tools for HPC that they developed out of band (between formal releases/updates) of the product.  These provide additional value to our customers, at no additional cost, through online tool packs.”

『 現時点において、Lizard と ClusterCopy は Dryad とのダイレクトな関係を持っていない 』と、私の質問に対して、Microsoft のスポークスマンは答えている。 『 Microsoft は、プロダクトとは関係しない領域(正式なリリースやアップデートの間で)で開発され、HPC に追加されていくツールを、周期的にリリースしている。 それらがもたらす価値は、オンライン・ツールパックを介して、また、追加の費用を求めることもなく、顧客に対して提供されていく 』

In other parallel/distributed computing news this week, Intel rolled out an updated version of its Parallel Studio tool suite for Windows developers. The new Intel Parallel Studio 2011 is designed to help developers increase the performance and reliability of both serial and parallel applications running on multicore processors. The new Studio 2011 adds a set of parallel models, known as Parallel Building Blocks, as well as a new threading assistant, known as Parallel Advisor. The new Intel suite supports Visual Studio 2010.

今週の、その他の並列/分散コンピューティングに関するニュースとして、Intel が Windows デベロッパーに対して、Parallel Studio ツール・スイートの、アップデート・バージョンを提供したことが挙げられる。 新しい Intel Parallel Studio 2011 は、マルチコア・プロセッサ上で実行されるシリアル/パラレルのアプリケーションに関して、デベロッパーがパフォーマンスと信頼性を、高めていくためにデザインされている。 この、新しい Studio 2011 では、Parallel Building Blocks というパラレルモデルのセットに加えて、Parallel Advisor という新規のスレッディング・アシスタントも追加される。 そして、この Intel スイートは、Visual Studio 2010 をサポートする。

Intel has been working with Microsoft on adding and improving support for parallel/multicore systems.

Intel は、パラレル/マルチコア システムを追加し、そのサポートを改善するために、Microsoft と協調している。

Microsoft’s recently formed Technical Computing Group is the part of the company that has the charter these days for parallel, technical and high-performance computing.

最近になって、Microsoft で組織された Technical Computing Group とは、パラレル・テクノロジーでハイパフォーマンス・コンピューティングを実現する役割を与えられた、同社の一部門である。

ーーーーー

Mary Jo Foley さんが、冒頭で『 この領域 』と言っていますが、まさにココが、Microsoft のチョイ情けないところなのです。 いいじゃぁないですか、たとえ Bing が 何らかの Map/Reduce を使っていたとしても。。。 また、Map/Reduce でなくても構いませんので、いまはこうだけど、次は Dryad でこうなるとか、将来の展望を説明してみれば良いではないですか。 そうすることで、『 この領域 』 での信頼を勝ち得ていくのです。 今回の Mary さんのブログポストは、『 頑張れ Mictosoft 』の応援団ですよ。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Dryad が DAG をつかう理由 – Dryad & DryadLINQ Team Blog
MapReduce in DryadLINQ
Apache ZooKeeper による分散並列キューの構築
Observers と ZooKeeper

%d bloggers like this: