Agile Cat — in the cloud

Dropbox の新機能により、ローカル・アプリとの連携がシームレスに!

Posted in Google, Post-PC, Storage by agilecat.cloud on February 10, 2015
Dropbox’s new Open button launches desktop applications right from the web
Paul Sawers – February 5, 2015
http://venturebeat.com/2015/02/05/dropboxs-new-open-button-launches-desktop-applications-right-from-the-web/
VB.png
If you get frustrated transferring files from the cloud to your desktop, Dropbox has revealed an interesting new feature that will make the transition from browsing a file on the Web to editing it on your PC just that little bit easier.
 
もし、クラウドからデスクトップへと、ファイルを転送するのが面倒だと思っているなら、この Dropboxは の新機能がお勧めだ。それを使えば、Web 上のファイル・ブラウジングから、PC 上での編集までの流れが、とても簡単なものになるのだ。
 
Dropbox ImageDropbox ‘Open’ Button
Image: Paul Sawers
VentureBeat
 
Let’s say you have a bunch of Excel documents stored in your Dropbox account. If you double-click on these files from the desktop version of Dropbox, it will open them directly in the relevant application on your desktop — because the file is already stored locally on the computer. But if you double-click the same files in the Web-based version of Dropbox, you’re given a preview pane, through which you can click to share or download to your machine.
 
あなたの Dropbox アカウントに、たとえば 大量の Excel ドキュメントが、保存されているとしよう。そして、Dropbox デスクトップ・バージョンで、それらのファイルをダブル・クリックすれば、関連付けられたデスクトップ・アプリが、対象となるファイルをダイレクトにオープンする。 なぜなら、誰もが知っているように、そのファイルが、すでにローカル PC 上に保存されているからだ。しかし、これまでの Dropbox の Web ベース・バージョンで、ファイルをダブル・クリックしても、対象となるファイルを共有したり、ローカル・マシンにダウンロードするための、プレビュー・ペインが提供されるのみであった。
 
Now, however, Dropbox is making the switch from the Web to your computer more seamless. With an automatic update that’s rolling out in the next few weeks, you’ll start seeing a new “Open” button when you click a file, assuming it exists in the locally stored Dropbox folder on your PC. You’ll then be taken directly to the file to read or edit it within the native application.
 
そして、いま、Dropbox が取り組んでいるものとして、この Web から PC への連携を、よりシームレスにするための機能がある。いまから数週間のうちに、自動アップデートで提供される、この新しい機能を用いれば、Web 上でファイルをクリックしたときに、[Open]ボタンを目にすることになる。そして、そのボタンをクリックすると、ローカル PC の Dropbox フォルダに、同じファイルが保存されていると想定されるのだろう。 結果として、対象となるファイルをダイレクトに、ネイティブ・アプリで参照・編集できるようになる。
 
dropboxgif
 
While this may seem like a relatively trivial update, it does in fact make the Web-based version of the service a lot more useful, as it saves you from having to create two versions of the same file by downloading it. It keeps everything nicely in sync.
 
これは、ちょっとしたアップデートのように見えるかもしれないが、実際のところ、その Web ベース・サービスとしてのバージョンを、とても有用なものにする。つまり、対象となるファイルをダウンロードすることで、同じファイルを重複して作成するという面倒が回避される。言い換えるなら、すべての同期がキレイに行われる、ということになる。
 
Dropbox said that enabling this was a “technically challenging” endeavor, but given that 50 percent of Dropbox Web app users also use the desktop client, this feature really does make sense. This also echoes a move made by Google back in November, when it rolled out a new Chrome extension for doing exactly the same thing with Google Drive, so kudos to Dropbox for managing this without the need to install an extra add-on in your browser.
 
この機能の実現は、「技術的な課題」を伴う試みだったと、Dropbox は述べている。しかし、Dropbox の Web アプリ·ユーザーの 50% が、デスクトップ・クライアントも利用していることを考えると、今回の機能は重要なものとなるはずだ。そして、昨年の 11月に Google が、新しい Chrome Extension を展開したときに、Google Drive との組み合わせで実現した機能にも似たものとなる。ただし、ブラウザにアドオンをインストールすることなく、それを実現することで、Dropbox の名声が保たれたとも思える。
 
Meanwhile, if you can’t wait for the automatic Dropbox update to land, you can grab version 3.2.2 of the desktop client manually now.
 
なお、Dropbox の自動アップデートが待てないというなら、マニュアルでアクセスして、version 3.2.2 of the desktop client を手にすることも可能である。
 
ーーーーー
CloudOnPost-PCAgile Cat の日常でも、すでに Dropbox は欠かすことの出来ない環境になっています。 そして、文中にもある Chrome の新機能ですが、先日にスタバで Chromebook を触っていたときに、メールに添付されてきた PPTX をクリックしてしまい、「あっ間違えた」と思っていたら、PowerPoint スライドが立ち上がってきたので驚きましたが、その機能のことのようです。 今回の Dropbox は、ネイティブ・デスクトップ・アプリとの統合ですが、Web アプリの準備も着々と進めているようです。このイメージ(クリックで拡大)は、CloudOn から送られてきたメールの一部なのですが、Dropbox に買収され、統合されると伝えています。CloudOn は、だいぶ前から有償ユーザーとして利用していますが、結構、イケているので、Dropbox との統合が楽しみです。 
 
最近は、こうしたブログのポストも、Evernote で完成させ、WordPress 内のエディタで成形して、最後に Mars Editor でフォントを指定するという手順に変わってきました(ツール間で Draft をキャッチボールです)。 また、Chrome Extension の ScribFire も良さそうなので、そのうち試してみようと思っています。 いまは、Chromebook でルーチンワークが完結するようにと、意識的にツールを置き換えているところなのですが、その考え方の基本となっているのが、すべてを Web 上に移行すれば、すべてがシンプルになるという発想なのです。 _AC Stamp
ーーーーー
 
<関連>
Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Dropbox の パスワードが流出: いまこそ、二段階認証を考えるべきとき!
Google Drive が大幅に値下げ:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!
クラウド・ストレージ選手権 2013 : Box/Dropbox/Google/SkyDrive
Dropbox for Business とは? そのエンタープライズ戦略が明らかになった
 

今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on February 7, 2015
Acer のスマホが BOOKOFF で販売されると、日本の市場は どうなる ・・・
 
cna-banner
 
ひょっとすると、ソーシャル・メディアと北京政府の間に、なんらかのルールが生まれそうな感じがします。 2月7日に MSI Asia が伝えた、「 China demands use of real names in social media accounts 」という記事ですが、政府による検閲は強化されても、現実の個人プロファイルを用いるのであれば、ソーシャル・メディアの運用は可能とも読めます。 そして、やはり 2月7日に China Topix が伝えた、「LinkedIn Doubles User Base in China Amid Social Media Censorship」という記事ですが、中国における LinkedIn のユーザーベースが、この1年で 400万人から 800万人に増えていると紹介しています。
 
Air China周知のとおり、LinkedIn は実名であるからこそ、そして、詳細なユーザー・プロファイルが開示されるからこそ、意味のあるソーシャル・メディアだと認識されています。 さらに言えば、政府筋から見て好ましくない政治的発言の削除や、その発言者のアカウント停止も認めるという、運用の形態を約束しているようです。前述の、北京政府の検閲に関する方向性と、何の矛盾もない状況が見て取れます。
 
そうなると、気になってくるのが、やはり実名主義を推進している Facebook の存在です。 たしか、昨年には Mark Zuckerberg が清華大学において中国語で講演を行うなど、北京政府との関係を意識した行動が目立ちます。 また、1月 26日の China Topix は、「 Air China Gets Facebook Award Despite Site Ban 」という記事をポストし、同社の Facebook ページにおけるフォロワー数が、2013年の時点で 15万人を超えていると述べています。 つまり、国営企業のプロモーション・サイトとして、Facebook が機能しているわけです。 この先のことになると、まだまだ分からない事だらけですが、少なくとも、どこまで行っても平行線という感じの、北京政府と Google との関係とは異なるようです。
 
Top-Posts の方ですが、ダウンタイムの話が気のなるのは、やはり万国共通のようです。 ① オーストラリアの西に在るパースで、激しい雷雨が原因となり、富士通のデータセンターがダウンしたようです。② の Acer の話も興味シンシンです。 日本でのスマホの販売を、BOOKOFF を介して行うという、とても楽しみな話です。 ③ の、Facebook スイッチも興味深いです。 この OCP ベースの Wedge は、たしか Juniper が生産するという話だったと思いますが、それとは別の展開ということなのでしょうか。
ーーーーー
① 2/5: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/2: Acer brings Japan into its smartphone sales network
Image3.gifTAIPEI–Taiwanese computer maker Acer Inc. (宏碁) said Tuesday it now counts Japan as its 54th market worldwide for selling its smartphones by teaming up with Japanese major bookseller BOOKOFF Corp. Acer estimated in a statement that up to 30,000 units of the Acer Liquid Z200, a 4-inch smartphone designed for first time users, will be sold in BOOKOFF stores from the following day.
 
③ 2/3: Facebook planning to give network switch orders to Taiwan ODMs
Image1.pngOptimistic about software defined network (SDN) development, Facebook is planning to shift its network switch orders from existing brand partners to Taiwan’s white-box suppliers in 2015 and both Quanta Computer and Wiwynn, a white-box server subsidiary of Wistron, are already preparing aggressively to strive for related orders.
 
④ 2/3: Cosmos One Plus from Cherry Mobile
PhilippinesMANILA, Philippines – The search is over for the country’s most powerful and affordable locally branded smartphone with the launch of the Cosmos One Plus. With the newest addition to Cherry Mobile’s extensive gadget line-up, the local tech giant once again takes a step forward in the industry as it stays true to its commitment to provide quality phones to fit every lifestyle.
 
⑤ 2/5: TSMC to offer InFO-WLP technology for 16nm chips, eyeing Apple orders
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) will have its backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology ready for 16nm chips, eyeing orders for Apple’s A10 processors, according to industry sources. TSMC with its 20nm process successfully grabbed orders for Apple’s A8 processors. Samsung Electronics had been the exclusive supplier of processors to Apple before TSMC joined the supply chain.
 
⑥ 2/2: Xiaomi Redmi Note 2, Meizu M1 Note Mini Reveal Full Specs
Image.gifThe upcoming Meizu M1 Note Mini is said to rival the new Xiaomi Redmi Note 2. According to reports, the Meizu phone visited the GFXBench benchmark testing site where the handset’s key specs and features were revealed. It’s said to sport a 4.7-inch glass display with 768 x The Meizu M1 Note Mini will also have a quad-core MediaTek MT6732 Cortex A53-ARMv7 processor at 1.5 GHz under the hood.
 
⑦ 12/12: Xiaomi’s Redmi Note 4G trounces the sub-$200 phablet competition
Image.gifXiaomi’s cheap phablets, the Redmi Note and Redmi Note 4G, are sweeping across South and Southeast Asia. The 4G version launched in China in August, followed by Singapore and India in November, selling out quickly in all of its inaugural flash sales.  The Note series capitalizes on Asia’s love of a) low prices and b) big screens. So how does it stack up against big screen rivals in the same price range?
 
⑧ 1/9: Which are the best government websites in the world?
APACHow do you build a good government website? What are the tools and techniques that officials can use to quickly, cheaply create a good platform? FutureGov has spoken to the officials behind the best government websites in the world to find out more. In this new eBook, FutureGov has listed the best 8 e-government websites in the world. Find out if yours is listed.
 
⑨ 2/6: Huawei and China Mobile Improve Upload Speed by 180%
Image.gifChinese telecom giant Huawei Technologies Co. Ltd. and Hong Kong-based telecom company China Mobile Communications Corporation have announced the testing of the world’s first uplink carrier aggregation (CA) over Jiangsu Mobile’s network. Huawei and China Mobile said the test improved the upload data rate by 180 per cent. Increasing uplink speed will provide consumers the ability to upload high quality videos, which will definitely boost the performance of telemedicine, video conferencing and video surveillance.
 
⑩ 2/1: Singtel to start Netflix competitor with Sony Pictures, Warner Bros
SingaporeSingapore’s leading telco Singtel has announced today that it will launch an online streaming video service in Asia. It’s a joint-venture with Sony Pictures and Warner Bros, and will bring Hollywood movies, television series, as well as local programming to audiences in Indonesia, India, Thailand, and the Philippines.
 
ーーーーー
cna_6今週からですが、Top-Posts の枠を 10まで広げてみました。大まかなところで、いまは 100本/週 くらいのペースで、アジアのニュースをピックアップしていますので、これで 1/10 くらいの分量です。 もしかしたら、タイトルとリンクだけにして、たとえば Top-20 くらいに増やしたほうが良いのかもしれませんね。 ご意見/ご要望などがありましたら、Facebook ページの方で、お知らせください。_AC Stamp
ーーーーー
 
<関連>
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!

Posted in Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2015
Amazon still dominates the $16 billion cloud market
Julie Bort – Feb. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/synergy-research-amazon-dominates-16-billion-cloud-market-2015-2?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
Cloud computing, where companies rent computers hosted elsewhere, is the biggest change to enterprise tech since the PC.
 
この、クラウド・コンピューティングという、何処かにホストされているコンピュータを、ユーザー企業が借りて利用するという方式は、PC が登場してから最大の変化を、エンタープライズ・テクノロジーに突きつけている。
 
2014 Cloud Market ChartHere’s how Synergy saw the fourth quarter of 2014 shape up:
 
And the company that more or less invented the concept, Amazon, is still far and away the dominant leader of a market that generated $16 billion for its biggest players, says market research firm Synergy Research Group.
 
そして、調査会社である Synergy Research Group が言うには、いずれにしても、クラウドという考え方を生み出したのは Amazon であり、また、大手プレイヤーたちが $16 billion の年商を生み出す、このマーケットを支配する存在となる。
 
Synergy reports:
 
  • Amazon has 30% market share, compared to the next biggest player, Microsoft, with about 10%.
  • Microsoft is growing the fastest, a 96% year-over-year leap, with Google close behind: 87% year-over-year growth.
  • IBM is leading what’s known as the “hybrid cloud market.” That refers to when enterprises use the same cloud technologies in their own private data centers and also use a cloud provider.
 
  • Amazon のマーケット・シェアは 30% であり、それに続く2番手は、Microsoft の 10% となる。
  • 成長率に関しては、Microsoft が 前年比で 96% で1位であり、Google が  87% の2位である。
  • IBM は、ハイブリッド・クラウドとして認識されるマーケットをリードしている。それは、エンタープライズがクラウドを使用するときに、プライベートなデータセンターとパブリックなプロバイダーに、そのリソースを振り分けるという方式である。
 
It makes sense that IBM is leading the hybrid camp among this crop of vendors because it’s the only one of the bunch that sells computer hardware. IBM says that between its cloud services and the hardware it sells to companies to build their own clouds, cloud computing became a $7 billion business for the company in 2014.
 
この種のベンダーの中で、IBM だけがハードウェアも販売しているため、同社がハイブリッド・マーケットをリードすることは、理にかなっている。IBM が言うには、そのクラウド・サービスの提供と、ユーザー企業が自身のクラウドを構築するためのハードウェア販売の間に、ポジションを取っていることになる。 そして、同社のクラウド・コンピューティングは、2014年に $7 billion のビジネスにまで成長した。
 
The good news for all concerned: it’s still early days for cloud computing, as $16 billion is only a tiny fraction of the almost $4 trillion that companies spend on tech annually worldwide.
 
そして、すべての関係者にとって、素晴らしニュースがある。 つまり、グローバルにおけるエンタープライズが、年間で IT に費やす $4 trillion という総額と比べれば、この $16 billion は、ほんの一部に過ぎない。言い換えれば、クラウド・コンピューティングは、依然として黎明期にあるのだ。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aAmazon が、強いですね。そして、Microsoft と Google の成長率も凄まじいです。 さらに言えば、IBM はハイブリッドで高収益、Salesforce は競合に巻き込まれない独自路線、、、という感じなのでしょうか? ーーー  なお、$16 billion という数字ですが、この記事だけでは不明確なので、参照元である Synergy Research のポストを確認したら、年間の売上で間違い無さそうです。 ただし、チャートが示すシェアは、2014年 Q4 のものということです。 ちなみに、2014年を通したときのシェアですが、AWS (28%)/Microsoft (10%)/IBM (7%)/Google (5%)/salesforce (4%) /Rackspace (3%) となっていました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
 

Agile_Cat:2015年 1月の マトメ : なぜ Equinix は強いのか?

Posted in IoT, Research by agilecat.cloud on February 2, 2015

クラウド とは、ネットワークド・コンピューティング のことなのか ・・・  
Agile Cat – Feb 02, 2015 

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb 

年が明けて最初マトメですが、いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数から見ていきます。 昨年の 11月ほどでは有りませんでしたが、この 1月も数多くの人々に参照していただけました :) ただ、こうしてチャートを見ていると、Web への導線が、検索系からソーシャル系へと移行しているように思えてきます。 もちろん、これは Agile_Cat というサイトの、特質を表しているだけなのかもしれませんが、それ以外のところでも、何かが起こっているという感じがします。 とても、興味深いですね

Screen Shot 2015-02-02 at 1.53.52 AM  

今月の上位は、Apple/Google/Facebook/WhatsApp といった、おなじみの顔ぶれが揃ったという感です。 しかし、「5: Google も Cloud Exchange だ:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!」と「9: IBM と Equinix が提携:Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!」にみられるように、ここだけは組まないと思っていた、Google と IBM/SoftLayer までが、Equinix と提供するという状況に至っています。 Equinix の強みは、世界の主要な金融マーケットのある都市で、その IX に近いところにデータセンターを持ち、また、それらをダーク・ファイバーでつなぐことで、この地球上を低レイテンシ/高品質のネットワークで覆っている点だと思えるのです。 言い換えれば、テレコムとナショナリズムの間隙を突く、グローバルなビジネスを成立させているわけです。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングとは、ネトワークド・コンピューティングのことであると、証明しているようにも思えてくるのです。

1: iPhone と 日本:グローバルの成長をよそに、失速しているように見える
2: IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
3: Apple は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている
4: WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!
5: Google も Cloud Exchange だ:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
6: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/12月
7: Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的にアジアを知る!
8: Intel が IoTivity を発表:IoT OSS に Linux Foundation が 全面支援!
9: IBM と Equinix が提携:Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
10: Chromebook :アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
11: Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
12: 台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上
13: Zuck が Cook に 一発かました:自分の顧客を大切にすべきだ!
14: Google はメディアの新王者? 新聞/TV が束になっても敵わない?
15: SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
16: クッキーは死んだ:Facebook/Google/Apple の広告が激変している
17: Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現?
18: Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
19: 今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
20: メッセージング・アプリの人気と経済:それを示す1枚のチャート

ーーーーー

image後書きでの説明になってしましたが、IoT のイメージが少しずつ見えてきた感じがします。 とは言え、まだまだ拡散していくところもあり、、、という感覚は、みなさんも同じではないかと思っています。その意味で、「2: IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する」で引用されている、「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」という表現が、信じるべき何かを伝えているように感じられます image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 12月の マトメ : Facebook に学ぶ モバイル・デザインとは?
Agile_Cat:2014年 11月の マトメ : マルチ・デバイスとクッキーの関係
Agile_Cat:2014年 10月の マトメ : バトル・フィールドが見えてきた
Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める
Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの  

今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft

Posted in Asia Weekly by Agile Cat on January 17, 2015

Samsung による Blackberry の買収というウワサが・・・
http://wp.me/pwo1E-8cB

昨日(1/16)のことなので、今週の Top-5 には入っていませんが、Samsung による Blackberry の買収というウワサが駆け巡っていました。 インドの Economic Times には、$7.5 billion という買収額まで記載されていますが、Korea Times は、Samsung が買収について否定しているというコメントを掲載しています。 背景としては、Tizen を広めることで Android から離れ、また、エンタープライズ市場に進出したい Sansung が、Blackberry のマーケットを取り込もうとしていると、Economic Times は説明しています。動機としては、あり得る話ですね。

Top-5 の方は、① 中国のクラウド・ベース・ビデオ・プラットフォームである Letv が、Microsoft Azure と提携していくという、トピックが大人気でした。 Letv 自体、このニュースで初めて知る会社ですが、中国の Netflix みたいなポジションにあるのかと推測しています。 なにぶん、6億人のインターネット市場を抱えているのですから、かなりの規模のビジネスになると思われます。

② は、Apple Watch に関するウワサです。 それによると、Samsung の S1 チップ(20 nano)を採用するため、12-inch ウエハーを 3000〜4000 枚ほど購入しており、そこからは 250万個のチップが製造できる計算になるとのことです。昨年の、Apple Watch の発表の際に、バッテリー消費に関する問題がありそうだと、いくつかのメディアが指摘していましたが、それを回避するために、Samsung の省電力チップを採用するのでしょうかね?

③ は、先週にもお伝えした、ベトナムの海底ケーブル事故に関するものです。 1月23日には修理が完了するようで、なにはともあれ良かったです。 ④ は、東芝と Nanya の提携に関するものです。DRAM の生産拠点を日本から台湾に移行するらしく、そのための US$1 Billion という資金も、東芝から供給されるようです。⑤ は Hon Hai における 2014年の純利益が、これまでの記録を更新したというものです。 売上は、NT$4.21 trillion (US$132 billion) で、純利益は NT$120 billion と解説されています。 計算してみたら、US$3.8 billion になりました。

ーーーーー

① 1/11: Letv Cloud Reaches Cloud Computing Deal With Microsoft Azure

Image

Letv cloud, the cloud computing-based video open platform of Letv.com, and Microsoft jointly held a press conference in Beijing and announced that the two parties have inked a deal for solution compatibility. With the cooperation, Letv cloud video-related solutions will be compatible with Microsoft’s public cloud computing platform Microsoft Azure in the future.

1/11: Apple Watch May Run Samsung Processor

Image(1)

A new rumor suggests Apple might have contracted Samsung to be the primary manufacturer for the S1 chip, the processor inside the upcoming Apple Watch. Apple reportedly has acquired 3,000 to 4,000 12-inch wafers every month from Samsung, in an attempt to have sufficient hardware units before the launch in spring, according to ZDNet. Each 12-inch wafer has 700 processors, meaning Apple will be grabbing 2.5 million new processors every month.

③ 1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on Jan 23

Image(2)

It is expected that the cable repair vessel will approach the broken segment at 1am on January 15 and the cable will be fixed completely at 2pm on January 23. By that time Internet connection from Vietnam to other countries will be 100% restored. The AAG submarine cable was cut at 8:04 am on January 5, at a point about 117km from the landing station in Vung Tau.

1/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance

Image(3)

Toshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.

⑤ 1/12: Hon Hai 2014 net profit could break record

Image(1)

TAIPEI–Hon Hai Precision Industry Co., the world’s largest contract electronics maker, posted a record high in sales in 2014, with market analysts attributing the growth to an increase in orders from U.S. consumer electronics giant Apple Inc. The strong sales for 2014 are expected to help Hon Hai break a record in net profit, analysts said.

ーーーーー

その他のトピックとしては、Quanta と Wiwynn は、中国のデータセンター業界に対して、それほど急いでビジネスを展開しないという記事が興味深かったです。文中には、中国のサーバー・ベンダーとして、Inspur および Sugon という名前が挙がっていました。 それと、Sony がモバイルとテレビの事業を、売却するという話もありました。 なんか、寂しいですね。 また、中国で Qualcomm がアンチトラストで叩かれたり、インド市場に Google が着実にアプローチしたり、Micromax の Yureka がたくさん売れたり、オーストラリアでは Telstra のサービスがダウンしたりと、、、 今週も、とてもダイナミックなアジアでした。

Quanta, Wiwynn not in hurry to join China data center competition
Sony CEO Kazuo Hirai open to selling mobile, TV businesses: Sources
China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded: report
Google introduces Flight Search in India
Micromax unit Yu to sell 10,000 Yureka smartphones units on Amazon today
Telstra power outage downs BigPond services

ーーーーー

<関連>

今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率

Posted in Management, On Monday, Research, Security by Agile Cat on January 12, 2015

SaaS: Five Ways to Lose Your Data
http://wp.me/pwo1E-8bI
By Dick Weisinger – Jan 9, 2015
http://formtek.com/blog/saas-five-ways-to-lose-your-data/

_ formtek

While security is typically the biggest worry users have about using cloud services, a related worry is data loss.  In 2013, the Aberdeen Group reported that nearly a third of companies that have used SaaS services in the cloud have lost some of their data.  When selecting a cloud vendor, users are often primarily concerned with uptime SLAs and server performance, but they often overlook data backups when making a decision.

一般的に見て、クラウド・サービス利用するユーザーは、セキュリティを一番に心配するが、それに関連する心配事としてデータ喪失がある。2013年に Aberdeen Group は、クラウド上で SaaS を利用している企業の約 1/3 が、なんらかのデータを失っているとレポートしている。クラウド·ベンダーを選択する際に、数多くのユーザーは、まずは アップタイムに関する SLA と、サーバーのパフォーマンスに関心を示すが、最終的な決定を下すときに至っても、データ・バックアップが見落とされているというケースが多々ある。

Data loss likely happens more frequently than you might imagine.  Dick Csaplar, director of Product Marketing at SDL, wrote that ”once an individual data element in a SaaS application gets changed and the application closed, there is little to no ability to recall the old data.  If a particular data field is over-written by an end-user, co-user, or contributing application, the original data is either lost entirely or becomes difficult and expensive to recover. Some SaaS providers do offer services to recover over-written or deleted data, but those services can take several weeks before the data is produced and be very expensive.”

データの喪失は、誰もが想像する以上に、頻繁に生じていると思われる。SDL の Director of Product Marketing である Dick Csaplar は、「SaaS アプリケーションにおける個々のデータ要素が変更されるとき、あるいは、それらのアプリケーションが終了するときに、ほとんどのケースにおいて、古いデータを呼び戻す能力が失われている。 また、エンド・ユーザーや、データを共有するユーザー、そして、コントリビュートされたアプリなどにより、特定のデータ・フィールドが上書きされている場合には、元データが完全に失われる可能性がある。 また、その回復は困難なものとなり、実施するにしても多額のコストを伴うものとなる。いくつかの SaaS プロバイダーは、上書きされたデータや、削除されたデータを、復旧させるためのサービスを提供しているが、それらのサービスにより、データを再生成するには数週間を要することもあり、また、その費用もきわめて高額だ」と述べている

A report by the Aberdeen Group identified five ways that data is typically lost when using cloud services:

Aberdeen Group のレポートは、クラウド・サービスを利用する際に生じる、データ喪失の典型的な5つの事由について、以下のように指摘している:

User Error.  This is the most frequent reason for data loss.  Users make mistakes.  Nearly two thirds of all data loss incidents are because of mistakes.

データ喪失において、最も可能性の高い事由である。 ユーザーは、ミスを犯すものである。すべてのデータ喪失において、その原因の約 2/3 がユーザーのミスである。

Closed Accounts.  When an employee leaves, if their cloud accounts are closed, access to the data they had created or received may also be deleted.  Ten percent of organizations say that they lose data in this way.

ユーザー企業の従業員が離職する際に、担当していたクラウドのアカウントをクローズしたことで、彼らが作成/利用していたデータへのアクセスが喪失するケースがある。ユーザー組織の 10% が、この事由によりデータを喪失したことがあると発言している。

Hacker/Theft.  Ten percent of users reported that they lost data due to an outsider gaining access to their system and data.  Often it just takes a hacker getting access to a single user’s account in order to compromise your data.

ユーザーの 10% が、部外者によるシステムやデータへのアクセスにより、データを喪失したことがあるとレポートしている。多くの場合において、ハッカーがシングル・ユーザー・アカウントにアクセスしたことで、企業のデータが危険にさられるという結果を生じている。

Malicious Deletion.  Seven percent of organizations report problems where disgruntled employees have purposely deleted data

不満を持つ従業員により、データを故意に削除されたことがあると、ユーザー組織の 7% がレポートしている。

Third-party Software.  Seven percent of organizations also report that they’ve had problems losing data when third party software is used with their SaaS applications, for example, for syncing or importing data.

対象となる SaaS アプリケーションに対して、サードパーティのソフトウェアを用いたときに、データの喪失が生じたと、7% の組織がレポートしている。 たとえば、データの同期やインポートなどが、そのケースとして挙げられる。

While it seems like problems like dealing with closed accounts and hackers may have a slightly higher probability of occurring in the cloud, none of these ways are really unique to SaaS cloud applications, they’re problems that business have had to deal with for some time in the on-premise world too.

アカウントの閉鎖とハッカーによる侵害が、少しだけ確率が高いように思えるが、SaaS クラウド・アプリケーション固有の問題というわけでもない。つまり、時として、オンプレミスの世界においても、ユーザー企業として対応せざるを得ない問題なのである。

ーーーーー

このポストを訳そうと決めて、まず、最初に行なったことは、WordPress からのポストのエクスポートでした :) ほんとうは、お正月にやろうと決めていたことだったのですが、お屠蘇イレーサーにより、そのスケジュールが消去されていたというわけです。 今年は、毎月末のルーチン・ワークとして、カレンダーに埋め込むようにしなければいけませんね。 とは言え、もし、何らかの問題が生じた後に、ポストをインポートして復元したとしても、PV データやコメントなどが、どこまで再現されるのかは分かりません。 ましてや、Facebook から Open Graph を介して流れ込んできた、LIKE に関するデータなどは、いったい、どうなってしまうのでしょう? ブログのような静的なサイトであっても、ちょっと考えるだけでたくさんの心配事が浮かんできます。 もっと動的にデータを取り扱うサイトであり、それがビジネスに直結する場合などは、ほんとうに真剣に考えなければなりません。SaaS ベンダーとクラウド・ストレージ・ベンダーが提携して、自動スナップショットのサービスを提供してくれるのが、理想的な形態なのですが。。。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマへと流れる開発者たち

ーーーーー

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!

Posted in Asia Weekly by Agile Cat on January 11, 2015

Tencent がダイナミックなビジネス展開を見せている・・・
http://wp.me/pwo1E-8bg

実質的に、今年の第1週目の、マトメ Top-5 です。 ① は、またベトナムの海底ケーブルが切れましたという話です。 この Cloud News Asia が始まって、そろそろ1年が経とうとしていますが、これで5回目くらいではないかと思います。 最新の情報によると、1/23 には復旧するとのことですが、なんでベトナムばかりが切れるのか、とても不思議です。

A Picture of the Weekend:
In an open letter to staff, Xiaomi’s Lei Jun reveals the company sold over 61 million smartphones in 2014

② は、東芝が Nanya と提携し、半導体の生産を移行するのかと思わせる内容です。その一方で、パナソニックが生産を日本へ戻すと発表しているようでし、作る物に応じてアジアでの生産拠点が、再配置されていく感じがしますね。

③ は、昨年 11月のポストなのですが、インドの Hitachi Data Systems ピックアップしてくれた Cloud News Asia(CNA)の URL が、何かの拍子にたくさん(笑)読まれた結果、こうなったようです。 こんな感じで CNA が利用されるというのは初めてのことであり、なんとなく嬉しいです。

④ もベトナムの話で、スマホをめぐる戦いが激化してきたと報じています。 たしか、ここでも Xiaomi が大人気ですが、国産スマホ・ベンダーも巻き返しを狙っているようです。 ⑤ は、先週に第一位だった、TSMC の製造技術に関するトピックです。

ーーーーー

① 1/6: AAG submarine cable cut again, from VN

Image

Some internet service providers in Vietnam received the notice from AAG’s management unit the morning of January 5, 2015. The breakdown is located in S1H segment, which is a turn from the international line to the southern coastal city Vung Tau (VTU). At present, VTU station is attempting to identify thespecific location of disruption. The management unit has not revealed how long it will take to fix the problem. However, the incident will affect internet bandwidth from Vietnam to international destinations.

② 1/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance

Image(2)

Toshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.

③ 11/22: Are Asia Pacific’s CIOs Facing A Glass Ceiling?

Image(3)

The report, entitled ‘The Future for CIOs: Which Way Is UP?’, surveyed 1,000 senior executives from 13 countries across Asia Pacific, including Australia, China, Hong Kong, India, New Zealand, South Korea, Taiwan and 6 members of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN).  The findings reveal that the modern CIO has a strategic role that goes beyond just managing the IT function in nearly 9 out of 10 (89 per cent) organisations. In addition, the majority of respondents (84 per cent) agree that the CIO should be involved in all business-critical decisions at an early stage.

④ 1/8: Vietnamese firms gear up for smarthome battle

Image“The best known technology groups in the world like Microsoft, Google and Samsung have just joined the smarthome market, while we (BKAV) have been present in the field for nearly 10 years,” said Vu Thanh Thang, director of BKAV SmartHome, at a workshop on utilizing information technology (IT) achievements in the real life. Prior to that, BKAV’s managers many times stated at workshops and conferences that BKAV’s smarthome is the best product of this kind now available in the world.

⑤ 1/2: TSMC forecast to unveil 3D packaging, testing technology

Image(2)

TAIPEI–Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. (TSMC), the world’s largest contract chip maker, is expected to unveil three dimensional integrated circuit packaging and testing technology in 2015, a research group said Wednesday. Citing a research report, the Market Intelligence & Consulting Institute (MIC), a division of the government-sponsored Institute for Information Industry, said that after years of development, TSMC is expected to launch the advanced 3D integrated fan out (InFO) technology next year.

ーーーーー

Top-5 には入りませんでしたが、Tencent が活発に動いているようです。以下のリンクにあるように、Sony Music や Re/code との提携や、Baidu と組んだコマースの推進、そして、オンライン・バンクと設立というふうに、広範囲におよぶビジネスを、ものすごい勢いで立ち上げています。 昨年は、Alibaba の IPO に注目が集まりましたが、負けてはいられないという感じですね。 それと、2014年における Huawei の売上が発表されていましたが、その大きさにビックリしました。

Tencent Becomes Exclusive Agent For Sony Music In Mainland China
Baidu and Tencent’s ecommerce JV with Wanda nabs $161M funding
China’s Tencent launches private online bank: report
Re/code goes to China with Tencent partnership
Huawei Boasts 2014 Revenues of $46B

ーーーーー

<関連>

今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される

Posted in Docker, Hybrid, Microsoft, On Monday, Security by Agile Cat on January 5, 2015

Cloud Computing 2015: Expect Strong Performances from REST, Docker and Hybrid Cloud
http://wp.me/pwo1E-8a7

By Dick Weisinger – Dec 26, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-2015-expect-strong-performances-from-rest-docker-and-hybrid-cloud/

_ formtek

What can we expect will happen with cloud computing in 2015? Forrester has announced their predictions for the 2015 cloud which include:

2015年のクラウド・コンピューティングにおいて、何が起こるのだろう? Forrester がアナウンスした、2015 Cloud に関する予測には、以下の項目が含まれている:

Microsoft cloud revenues will trump Microsoft on-premise revenues – Microsoft Azure is seeing gangbuster growth.  While Microsoft cloud revenues today only account for about 5 percent of of the company’s total revenues, Forrester expects that in 2015 the cloud profit margin percentage for Microsoft will best what Microsoft is able to capture from the rest of their business.

Microsoft ではクラウドとオンプレミスの収益が逆転する – Microsoft は、Azure における大幅な成長を確認している。現時点において、Microsoft のクラウド収益は総売上の 5% 程度に過ぎないが、Forrester の予測によると、2015年の Microsoft におけるクラウドの利益率は、同社のビジネス全体の中で、最高の数字に達するとされる。

RESTful interfaces will rule – This may not be much of a prediction since REST services seems a given nowadays for most apps, although it is less clear how many companies are using them.  James Staten, Forrester analyst notes that, “if you want your back-office applications to be part of this move forward, relying on traditional integration methods such as enterprise service buses, JDBC connections and SOAP is inadequate for modern applications.  You’ll have to evolve your integration architecture to REST in 2015.”

RESTful インターフェイスの支配が強まる – いまでは、大半のアプリケーションにとって REST サービスが前提になっているように思えるが、どれだけの企業が使用しているのかは不明であるため、多くのことを予測するのは難しいだろう。Forrester のアナリストである James Staten は、「 もし、バック・オフィス・アプリケーションも進化の一部に加えたいなら、エンタープライズ・サービス・バスとしての JDBC や SOAP といった、従来からのインテグレーション方式に頼っても、最新の運用環境に追い付くことはできない。つまり、2015年には、REST へと向けて、インテグレーション・アーキテクチャを、進化させる必要性が生じるだろう」と指摘している

Other Forrester 2015 cloud predictions listed by ZDNet include:

また、ZDNet が取り上げた Forrester 2015 Cloud 予測には、以下の項目が含まれる:

Cloud Breaches will continue – Governance failures, poor key management and lax security will continue to leave many cloud applications vulnerable.  This prediction seems likely.

クラウドの脆弱性は止まらない - ガバナンスの欠落/貧弱なキー・マネージメント/不完全なセキュリティなどにより、数多くの脆弱性がクラウド・アプリケーションに残り続ける。この予測が、現実のものとなる可能性はが高いと思われる。

Docker containers will see wide acceptance – With support from EBay, Amazon, Google, Microsoft and other companies, this prediction doesn’t seem too risky.

Docker が広く利用されていく - eBay/Amazon/Google/Microsoft などの IT 企業がサポートしているための、Docker が広まるという予測は、それほどリスキーなものにはならない。

SaaS vendors to provide more Hybrid - Increasingly SaaS providers will offer ways to connect on-premise and cloud applications and data.

SaaS ベンダーが Hybrid を広めていく - オンプレミスとクラウドの間で、アプリケーションとデータを接続していく SaaS プロバイダーが増えていくだろう。

Cloud Storage pricing will claim lives – The cloud storage pricing wars among Google, Amazon and Microsoft is expected to make this market sector a difficult one to compete in.  Backup and disaster recovery services are especially expected to be hit hard.

クラウド・ストレージの価格戦争 - Google/Amazon/Microsoft によるクラウド・ストレージ価格戦争があるため、このセグメントに他社が参入するのは困難になると予測される。バックアップおよび DR(Disaster Recovery)のサービスに関しては、さらに厳しくなるだろう。

ーーーーー

こうして全体を眺めてみると、クラウドへ行くのか行かないのかという議論があったことが、遠い昔のように思えてしまいますが、それは、わずか 2年前のことだったはずです。 そして、Microsoft が新たな Heart&Soul を手にしたことが、端から見ていても、とても嬉しく思えてきます。時代はクラウド、そして運用です。 この記事自体は、年末のものですが、2015年の最初の月曜日に相応しいですよね。 今年も頑張っていきましょう! 

ーーーーー

<関連>

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ
ーーーーー
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れる開発者たち
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に

%d bloggers like this: