Agile Cat — in the cloud

Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?

Posted in Amazon, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on May 11, 2015
Microservices: The Rise of the Minimal Component Architecture
By Dick Weisinger – May 8th, 2015
http://formtek.com/blog/microservices-the-rise-of-the-minimal-component-architecture/
_ formtek
Microservices are lightweight fine-grained services that can be deployed with middleware or brokers.  The idea behind the approach has been around for some time, but a convergence of technologies, like the cloud, containers and REST/JSON services is making the approach more possible to achieve.
 
Microservices とは、ミドルウェアやブローカーを用いてデプロイすることが可能な、軽量で粒度の細かなサービスのことである。このアプローチの背景となる発想は、ときおり目にすることができるが、クラウドおよびコンテナや REST/JSON といった集約型テクノロジー (convergence of technologies) を、より現実的なものにするための方式だと言える。
 
Rather than build monolithic applications using “big balls of mud with tangled spaghetti code“, a microservice architecture builds many small and focused components that can easily communicate with each other.
 
Dali_11つまり、「もつれたスパゲッティ・コードによる大きな固まり」を用いて、モノリシックなアプリケーションを構築するのではなく、コンポーネントにフォーカスした Microservice アーキテクチャにより、小規模なコードを構築することで、簡潔に相互通信させていこうという考え方に基づいている。
 
Owen Garrett, head of product for Nginx, recently described how Amazon is using microservices.  ”When you go to Amazon.com and type in Nike shoe, over 170 individual applications get triggered potentially from that search — everything from pricing to images of the shoes to reviews of the shoes to recommendations of other products you may want to purchase. Each of those were individual services or subfeatures, if you like, of an application or an overarching experience, and all those were connected via HTTP. Each might be built in different languages. Each of those may have different requirements in terms of the data store, in terms of scaling and automation. Those were the attributes that we saw that were the fundamental anatomy of microservices architecture.”
 
最近のことだが、Nginx の Head of Product である Owen Garrett が、Amazon も Microservices を活用していると記している。具体的に言うと、「 Amazon.com で Nike shoe とタイプすると、170 種類以上のアプリケーションが、起こりうる検索のためにトリガーされる。それにより、探しているクツの価格や画像といった情報から、購入する可能性のあるプロダクトに関するレビューやリコメンデーションに至るまでの、あらゆる可能性がカバーされることになる。 つまり、それぞれのトリガーされたコンポーネントは、あなたの好みのものを探すための、アプリケーションもしくは包括的なエクスペリエンスにおける、個々のサービスやサブ機能といったものであり、そのすべてが HTTP を介して接続される。また、それらが、同一の言語で構築されているとは限らない。さらに言えば、データストアの観点や、スケーリングと自動化の観点において、それぞれの要件を有する可能性もある。それらは、私たちが確認できる特性であり、また、Microservices アーキテクチャの基本的な解剖学だ」と述べている。
 
Benefits of the microservices approach include scalability, agility, and greater resilience.  More specifically, microservice benefits include:
 
Microservices アプローチのメリットそしては、スケーラビリティとアジリティに加えて、高度な弾力性が挙げられる。 それらを具体化すると、以下のようになる。
 
  • Individual components have simpler architecture and design
  • Each component can be built using the right tools and language for the task
  • The design promotes loose coupling and easier maintenance
  • Promoted distributed independent parallel product development
  • Works well alongside new technologies, like Docker
 
  • それぞれのコンポーネントは、シンプルなアーキテクチャとデザインを有する。
  • それぞれのコンポーネントは、そのタスクに応じた適切なツールと言語で構築できる。
  • そのデザインにより、疎結合の考え方と、容易なメンテナンスが促進される。
  • さらに言えば、自律分散型の開発が、平行していて進められるようになる。
  • そして、たとえば Docker のような、新たなテクノロジーとの協調が実現される。
 
Eric Knorr, writer at InfoWorld, wrote that “the payoff [of microservices] is manifold: Services can be updated individually, new applications can be built quickly from existing services, and management actually has greater visibility into who is responsible for what.”
 
InfoWorld のライターである Eric Knorr は、「 Microservices から得られるものは多様である。 つまり、それぞれのサービスを個別にアップデートすることが可能であり、また、既存サービスから新しいアプリケーションを迅速に構築することが可能であり、誰が何に対して責任を負うかという意味で、可視性の高い管理が可能になる」と記している
ーーーーー
On Mondayたしかに、Amazon で探しものをしていると、かなり昔の探しものとの関連性や、ちゃんとカテゴライズされた関連性が生きているという感じで、レビューやリコメンデーションが登場してくるので、ちょっと驚くことがありますが、それが Microservices の威力なのでしょう。 もちろん、それは以前から言われてきた考え方であり、理屈の上で優位性が論じられてきたものなのですが、このように説明してもらえると、とても分かり易いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on May 11, 2015
シンガポールに加えてオーストラリアも、とてもホットだ・・・
 
_ cna-banner
 
GW だからという訳ではなかったのですが、この 5月はポストをサボってしまいました ^^;  そして、困ってしまったのが、Asia Weekly の取り扱いなのですが、今週は 4/26〜5/2 と 5/3〜5/9 の合併号ということにしましたので、よろしく お願いします。 この4月も、たくさんのクラウドとデータセンターが、APAC のマーケットに参入してきました。その中でも、ついにキタかというのが、Linode と Interoute のシンガポール進出です。
 
4/28: Linode Opens New Data Center in Singapore
4/29: Interoute Sets Up in Singapore
 
LinodeLinode は、日本でいうと 「さくらの VPS」と、そして同じ米国勢である「DigitalOcean」と、ぶつかり合うサービスという感じです。 ちょっと古いですが、GIGAZIN が 2013年の7月に「クラウドサービスAmazon AWS EC2・Linode・DigitalOceanをベンチマークして性能比較」という記事を提供していますので、ご参照ください。 そして、Interoute ですが、Agile_Cat でも「欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!」という抄訳で紹介しているように、昨年の香港進出に続いてシンガポール進出を果たしたというところです。その他では、Atlantic.net も Cloud Data Center をシンガポールに構築したようです。
 
そして、シンガポールと同様にホットなのが、オーストラリアのマーケットです。 以下のように、Huawei/VMware/Equinix/Centurylink といった大物が、その勢力を同国内で拡大しています。
 
4/27: Huawei and iCITA – a partnership cemented in the datacentre
4/27: VMware Data Center for Cloud Lights Up in Melbourne
4/30: Equinix to build fourth Sydney data centre
5/2: CenturyLink Partners With NextDC to Enter Australian Data Center Market
 
その他のアジア諸国でも、以下の様な動きがありました。 上海の 21Vianet が、2018年まで Microsoft Azure のサービスを継続とのことですが、中国の国内法が整備されるにつれて、他のプロバイダーも進出していくのでしょうね。
 
4/2: Inventec to build server plants in Southeast Asia and Japan, says chairman
4/3: HP-Foxconn partnership to fuel competition in datacenter market in 2H15
4/11: Huawei designs data center architecture for real-time data processing in Big Data era
4/15: Opportunities and challenges in Hong Kong’s data center industry
4/15: China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
4/15: Google may set up cache server in India
4/22: Worldwide cloud IT infrastructure market grows 14.4% in 4Q14
4/27: 21Vianet to Operate Azure Cloud in China into 2018
4/27: Oracle Data Center to Launch in Japan for Local Cloud Users
5/2: PLDT Building Eighth Philippines Data Center for $29M
5/4: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
 
以下は、4/26〜5/2 の Top-10 です ・・・
 
ーーーーー
 
① 4/27: Gartner: Malaysia’s 2015 IT spend to increase 7.5%
MalaysiaAccording to Gartner, Malaysia’s IT spending will increase to MYR65.1 (US$17.56) billion in 2015, a 7.5 percent rise from last year, while worldwide IT spending will decline by 1.3 percent due mainly to the rising U.S. dollar. Speaking of the latest study, Gartner research vice president, John-David Lovelock said, “We forecast U.S.-dollar-valued worldwide IT spending in 2015 to shrink by 1.3 percent, down from 2.4 percent growth forecast in last quarter’s update.”
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters.  The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 4/29: Repair of AAG undersea cable will take at least 3 weeks
VietnamThe Asia-American Gateway (AAG) submarine cable was cut again on April 23 morning. The breakdown is located in SH1 segment, about 300km offshore Vung Tau, which is a turn from the international line via Hong Kong (China) to Ho Chi Minh City. The incident will affect internet bandwidth from Vietnam to international destinations. Viettel, FPT and VNPT have taken some measures to restrict effects on Internet users in Vietnam. Earlier in 2015, the AAG submarine cable was cut on January 5 and it took two weeks to resolve the issue.
 
④ 4/28: Linode Opens New Data Center in Singapore
SingaporeLinode, a leading provider of cloud-hosting services, today announced the expansion of its Asia-Pacific presence with a new data center in Singapore. This new location, created to meet the growing demands of the region’s rapidly growing technology and information sector, marks Linode’s second in the region and seventh overall. “We’ve been making simple cloud infrastructure available since 2003,” COO Thomas Asaro explained. .”
 
⑤ 4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
ChinaAt Huawei’s Global Analyst Summit, the company’s rotating CEO and deputy chairman Xu Zhijun said Huawei will launch public cloud services in China in July 2015. This launch will put Huawei in direct cloud service competition with Alibaba’s Aliyun service. Microsoft and Amazon already launched their public cloud services in China, but those services will ultimately not be able to compete on a large scale because of their foreign investment structures.
 
⑥ 4/29: MediaTek MT6735 chip adopted by major China smartphone firms
TaiwanMediaTek has announced that its MT6735 quad-core 4G 64-bit full-mode chip solution has been adopted by China-based ZTE, Lenovo and TCL for their upcoming smartphones. MediaTek indicated that volume production for the MT6735 SoC has kicked off. The solution will be incorporated into several new smartphones set to roll out in May.
 
⑦ 4/29: ChatWork raises $2.5M for team chat and collaboration tool
JapanChatWork, an enterprise social network, today announced that it has raised JPY 300 million (US$2.5 million) from GMO Venture Partners (GMO VP). It marks the first investment in the startup, which is based in Japan and California. (Update: a press release provided to Tech in Asia inaccurately stated the funding amount in dollars. The investment was actually JPY 300 million, or just over US$2.5 million at the current exchange rate. The text and headline have been updated accordingly.)
 
⑧ 3/20: Huawei filed most patents in 2014: WIPO
ChinaBEIJING: Chinese telecom giant Huawei Technologies Co Ltd became the world’s No. 1 applicant for international patents in 2014, a United Nations agency said, underscoring the innovative strides made by Chinese technology companies. Huawei was followed by San Diego-based chipmaker Qualcomm Inc while Huawei’s crosstown rival ZTE Corp, which was the world’s leading applicant in 2012, took third place in its number of filings, according to the World Intellectual Property Organization (WIPO).
 
⑨ 4/26: Gartner cuts forecast for 2015 chip market growth, from TW
TaiwanWorldwide semiconductor revenues are forecast to reach US$354 billion in 2015, a 4% increase from 2014, according to Gartner. However, the prediction is down from Gartner’s previous estimate of a 5.4% increase. “Concern is mounting about semiconductor revenue growth in 2015 as system suppliers start to grapple with the rapid depreciation in value of global currencies relative to the US dollar, excess inventories in the semiconductor and electronics supply chains, and the end of a PC upgrade cycle,” said Bryan Lewis, research vice president at Gartner.
 
⑩ 5/1: Qualcomm and MediaTek to launch new chips for China’s 4G market
ChinaLeading telecom chipmaker Qualcomm is speeding up its development of 4G product lines and is scheduled to introduce a new chip with advanced carrier aggregation technology Cat 10 before the first half of this year, reports our Chinese-language sister paper Commercial Times. It took eight years for the Chinese market to reach 100 million 3G users but it has only taken one year to get to 100 million 4G users. This is the result of the rapid growth in mobile internet demand in the country, Qualcomm China head Wang Xiang said at the company’s innovation summit in Beijing on April 27.
 
ーーーーー
 
以下は、5/3〜5/9 の Top-10 です ・・・
 
ーーーーー
 
① 4/14: Dell India’s retail presence to rise 100% in 2015
IndiaMUMBAI: Computer hardware major Dell plans to double the number of its stores in India to 800 this year and increase the proportion of its enterprise sales through channel partners, buoyed by its growing sales and market share in the country.  Dell India’s sales of servers and storage have been rising in the last two years, according to consultancy IDC India, even as rivals IBM and Hewlett-Packard have pulled back from the market. IBM has sold part of its server business to Lenovo while Hewlett-Packard has announced that it was splitting into two companies.
 
② 5/7: Cyanogen Terminates Chinese OnePlus Deal
ChinaCyanogen will terminate its cooperation with OnePlus, a Chinese smartphone maker, and find a new hardware manufacturer partner. Cyanogen’s CEO Kirt McMaster and founder Steve Kondik reportedly made the announcement at a conference in Beijing. As a result of this decision, the exclusive system dispute between OnePlus and MicroMax, a smartphone maker in India, will also end. In 2014, OnePlus launched a smartphone product named OnePlus One in India, which runs on Cyanogen OS customized system and was well received in the local market.
 
③ 5/15: Smartphone boom in Vietnam benefits Chinese brands
VietnamIt plans to market products this year selling from several million dong to dozens of millions of dong to target different groups of customers. Shawn Shu, a Huawei senior executive, said it would have been easier for Huawei to join the Vietnamese market some years ago. Meanwhile, the market has become too competitive with the presence of “big guys”. The low-cost market segment, priced at below VND4 million, was once dominated by Vietnamese and Chinese brands. However, Microsoft has jumped on the bandwagon.
 
④ 5/4: China unlikely to develop home-grown DRAM within 5 years
ChinaResponding to China’s ambitions to step into the memory industry, Inotera Memories and Nanya Technology both believe that it is unlikely China can develop home-grown DRAM technology within at least five years. China might be able to gain access to proprietary technologies through technology licensing, but building a certain scale of production capacity would still require a period of time, the Taiwan-based DRAM makers commented.
 
⑤ 3/31: TCS, Infosys, HCL Tech, Tech Mahindra in race to buy US-based IT firm: Sources
IndiaWhile the Indian IT firms are getting aggressive in buying smaller ticket size companies in the US, sources with direct knowledge share that one such candidate, Sierra-Cedar with HQ in Georgia, US is close to launching a sale process soon. Valuation expectation for a complete sale of Sierra-Cedar is pegged at around $350 million, a source said.
 
⑥ 5/9: Newcomer to build 500 Ooredoo towers
MyanmarThe build-and-lease contract is for a period of 18 months, according to the statement. This is a relatively modest rollout plan compared to other towers companies operating in Myanmar. Pan-Asia Towers, for instance, signed in early 2014 to build 1250 towers for Ooredoo as part of its phase one program, which is already complete. A report by the International Finance Corporation (IFC) and mobile operators industry body GSMA estimates that more than 17,000 telecommunication towers will need to be set up by 2017 to cover 70 percent of Myanmar’s population.
 
⑦ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/15: Baidu unveils projector you can wear on your finger
ChinaChinese internet giant Baidu has unveiled its self-designed smart hardware DuRing, a mini projector the size of a ring that can be worn on the finger, reports Shanghai’s National Business Daily. Made of titanium alloy, DuRing weighs 22.8 grams with an 18 mm minimum diameter. It connects to Baidu online video site through wireless technology and projects to a 50-inch screen at the largest with WXGA (1280 x 800) resolution.
 
⑨ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑩ 5/1: Indian Cabinet pumps US$15.4 billion into smart cities, urban development
IndiaThe Indian Cabinet yesterday approved the 100 smart cities initiative with a five-year budget of US$7.6 billion (INR 48 billion), and launched a second project to redevelop 500 cities and towns with US$7.9 billion (INR 50 billion). Under the smart cities project, each city will get US$15.7 million (INR 1 billion) every year for five years. State and local governments will match these resources by at least 50 per cent, meaning that cities across India will see a “minimum investment” of US$31.5 billion (INR 2 trillion) over the next five years, a statement from the Cabinet said.
 
ーーーーー
cna_6Top-10(20?)には入っていませんが、5/9 の Chinese company ZTE among world’s top patent holders という記事が気になっています。 この 3月に、Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか? という抄訳をポストしましたが、この二社が取得している特許が、これからのグローバル市場に、どのような影響をおよぼすのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Posted in .Selected, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on April 27, 2015
Cloud Developer Profiles: Are you a DevOp, Coder, or RAD?
Dick Weisinger – April 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-developer-profiles-are-you-a-devop-coder-or-rad/
_ formtek
So, you’re a developer, but which cloud platform is best for you?
 
たしかに、あなたはデベロッパーだけど、どのクラウド・プラットフォームがベストなのだろうか?
 
Forrester says that depends.  They’ve developed three different developer profiles of different developer types and the types of cloud environments that work best for each type.
 
Forrester の言い方を真似するなら、そこには三種類のデベロッパーがいて、それぞれが異なるプロファイルを有している。つまり、彼らが働きやすい、三種類のクラウド環境が存在することになる。
 
Chagall_1Some developers are heavy into Java, Ruby or C# code, while others might prefer quick-and-dirty scripting.  Some developers love working with lots of configuration, others want point and click environments.  Forrester profiles, based on developer methodologies, recommend cloud platforms based on your development style.  Forrester identified three different developer classifications.
 
一部のデベロッパーたちは、Java/Ruby/C# といったコードに没頭するが、安かろう悪かろうのスクリプトを好む人もいる。 一部のデベロッパーたちは、大量のコンフィグレーションも苦にしないが、お手軽な環境を望む人もいる。 Forrester は、こうしたデベロッパーたちの方法論をベースにして、あなたの開発スタイルに合ったお勧めクラウド・プラットフォームをプロファイル化している。Forrester は、デベロッパーたちを、三種類に区分している。
 
  • Coders don’t want to muck with mucking with infrastructure configurations and would prefer an environment where those details were pre-configured.
  • Corder は、インフラスのコンフィグレーションで手を煩わすのを嫌い、それらの詳細が、プリ・コンフィグレーションされた環境を好むだろう。
  • DevOp pros tend to use the command line heavily, write scripts, and work with server, database, network, and storage configurations.
  • DevOp pros は、コマンド・ラインを駆使してスクリプトを書き、サーバー/データベース/ネットワーク/ストレージをコンフィグレーションしていく傾向がある。
  • RAD developers love point and click and every chance they get to auto-generate some code.  They’re into doing things fast, with an emphasis on not only high velocity and quantity, but also quality.
  • RAD developers は手軽さを好み、あらゆるチャンスを見つけては、コードを自動生成していく。 彼らは、迅速さと量的な観点からだけではなく、品質を維持しながら、素早く開発することに興味を持つ。
 
The Forrester report found that “Public cloud platforms take several forms, including those providing basic infrastructure-as-a-service up through those providing full or partial platform services and tools. Each of these types of platforms is best suited to a distinct type of application development and delivery (AD&D) pro within your ranks… AWS, Microsoft, and Salesforce are each leaders in meeting CIO requirements.  Each of these vendors started its cloud-platform journey in a distinct position serving a specific developer type and has expanded its offerings to provide greater breadth to a wider range of developers and support for a larger catalog of application types. Across all four Forrester Wave comparisons, two vendors stood out as consistent and clear leaders, while another, AWS was a leader across three of the four segments.”
 
こちらの方の Forrester レポートは、「パブリック・クラウド・プラットフォームには、いくつかの形態がある。その中には、全体的あるいは部分的な、プラットフォームのサービスやツールの提供を介して、基本的な IaaS を提供するものも含まれる。それぞれのプラットフォームが、あなたが位置づける AD&D (application development and delivery) に応じて、最適なタイプとなる。そして、こうした要件を満たす CIO にとって、AWS/Microsoft/Salesforce がリーダーとなっている。それらのベンダーは、こうしたデベロッパーのタイプに応じて、それぞれのサービスを提供するというポジションから、クラウド·プラットフォームへと旅立っていった。そして、自身を拡張することで、デベロッパーたちを幅広く支援し、大規模なアプリケーション・タイプをサポートしてきた。この Forrester Wave における 4つの区分で比較すると、2つのベンダーは、一貫性と明確性を備えたリーダーとして際立っていた。その一方で、AWS はというと、4つのセグメントにおける、3つの区分でリーダーとなっていた」と指摘している。
 
Further, the report notes that “the popular wisdom that cloud computing comes in three flavors — Software-as-a-Service (SaaS), IaaS and PaaS — no longer describes reality. We find that vendors are blurring the lines between the three cloud-computing categories.”
 
そして、このレポートは「クラウド・コンピューティングを、3つのフレーバーである IaaS/PaaS/SaaS で分類するという考え方は、もはや、現実味を伴っていない。つまり、この 3つのカテゴリーを区分する境界線を、ベンダーたちが曖昧にしている点に、私たちは気づくべきだと」と述べている。
 
ーーーーー
Forrester WaveOn Monday訳す前は、3つの分類と 4つの分類で混乱してしまい、全体の意味がつかめなかったのですが、4つの分類の方は、この図のことを指しているようです(クリックで拡大)。文中の、2つ目のリンクから無償で DL できるレポートなので、お時間のある方は、ぜひ、ご参照ください。そして、この記事ですが、「デベロッパーのタイプに応じて、クラウドのタイプを再編しても良いだろう」と、Weisinger さんは言いたいのでしょうかね? 関連性を説明しない、まったく異なる 2つの文脈が並んでいると、そうとしか受け取れませんよね :) それぞれのベンダーが、クラウドに取り組み始めた時点と比べて、デベロッパーのタイプも大きく変化しているわけですし、ここらで再編した方が、スッキリするようにも思えます。この世で最も強いのは、プラットフォームでもなく、ベンダーでもなく、エコシステムなのですから ・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
 
 

Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

Posted in On Monday, Private Cloud by agilecat.cloud on March 30, 2015
Cloud Computing: Why Private Clouds Fail
Dick Weisinger – March 20, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-why-private-clouds-fail/
formtek.png
While many businesses are pursuing the benefits of cloud technology while maintaining a handle on security by building private clouds, increasingly the opinion is that most of these projects are doomed to fail.  Both Gartner and Forrester have noted that the private cloud project failure rate is high.
 
数多くの企業がクラウド・テクノロジーのメリットを追求しているにもかかわらず、さらに言えば、プライベート・クラウドを構築することでセキュリティを制御しているにもかかわらず、こうしたプロジェクトの大半が失敗する運命にあるという意見が後を絶たない。Gartner と Forrester の両者が、プライベート・クラウド・プロジェクトの失敗率が高いことに注目している。
 
Dali_4Tom Bittman, Gartner analyst, reports that 95 percent of attempts by businesses to build private clouds run into serious problems.
 
Gartner の アナリストである Tom Bittman は、企業が構築に取り組むプライベート・クラウドの 95% が、深刻な問題に直面するとレポートしている。
 
Matt Assay, for example explained the problem, saying that “if the whole purpose of cloud computing is to enable elasticity of resources to drive business flexibility, setting up an internal cloud (as opposed to provisioning data center resources) simply won’t get an enterprise far. Companies often dress up virtualization as cloud and predictably fail to get promised cloud benefits.”
 
Matt Assay は、この問題における1つの側面について、「クラウド・コンピューティングにおける全体的な目的が、ビジネスの柔軟性を促進するためのリソースに、拡大収縮性を与える点にあるとするなら、社内に構築するクラウド(DC にリソースをプロビジョニングするのではなく)がエンタープライズの域に達することは、シンプルに言って有り得ない。それらの企業の大半は、あたかもクラウドのように仮想化をドレスアップするが、約束されたクラウドの利点を得ることができずに、失敗にいたるケースが多い」と発言している
 
Assay quotes Andy Jassy, Amazon Web Services (AWS) executive, who said that “companies usually are not able to provision accurately the amount of data center capacity that they require, and this problem recurs when they create their own internal cloud infrastructure.”
 
Assay は Amazon Web Services (AWS) の幹部である Andy Jassy の発言を、「一般的に見て、ユーザー企業が必要とするデータセンター・キャパシティを、彼ら自身が正確にプロビジョニングすることは不可能だ。そして、社内クラウドのインフラを構築するとき、この問題が繰り返して発生することになる」と引用している。
 
As Gartner’s Bittman commented: “jamming cloud into your existing process model and organization structure ain’t gonna work.”
 
Gartner の Bittman がコメントするように、「既存のプロセス・モデルや組織構造に、気軽な気持ちでクラウドを溶けこませようとしても、そんなものは機能しない」となるのだろう。
 
Why do private clouds fail?  The reasons may be no different than why any kind of project can fail, for example:
 
プライベート・クラウドが失敗する理由は、いったい何処にあるのだろうか? その理由は、あらゆるプロジェクトにおける失敗の理由と、同じなのかもしれない。 以下に例を示す
 
  • Expectations aren’t properly managed. Avoid excessive hype of potential benefits.
  • Misunderstood business requirements
  • Evaluated on the wrong metrics. The cloud brings more benefits than just potential cost savings.
  • Lack of strategic planning
  • Lack of a holistic architecture
  • Lack of appropriate technical skills
  • Use of inappropriate IT tools
  • Trying to do too much at once
  • Failure to use the public cloud when appropriate
 
  • 期待値が正しく定義されていない (潜在メリットの過度の期待に惑わされる)
  • ビジネス要件を正確に理解できない
  • 誤った基準で評価してしまう (クラウドの利点はコスト削減だけではない)
  • 戦略的プランニングの欠落
  • トータルなアーキテクチャの欠落
  • 適切なテクニカル・スキルの欠落
  • 不適切な IT ツールの選択
  • 多すぎる目標を、一度に処理しようとする
  • パブリック・クラウドが適しているときに、それが使えなくなる
 
ーーーーー
On Mondayプライベート・クラウドを構築しようとしても、いろいろなレベルに、いろいろな問題が潜んでいるのだろうと思います。文中にもあるように、必要とするだけのコンピューティング・リソースを、ほんとうに社内に展開できるのか、という指摘もあるでしょう。 さらに言えば、構築されたプライベート・クラウドは、容易かつ正確に、運用されなければなりません。 そして、その責任はユーザー企業に委ねられるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on March 29, 2015
本音がバシバシ飛び交う、とっても内容の濃い集まりになりました・・・
 
cna-banner
 
Agile_Cat もお手伝いしている、MSPJ こと 日本MSP協会が主催する、オペカンことオペレーション・カンファレンスが、先週の金曜日に開催されました。 ひとことで言うと、あの「運用でカバー」というフレーズを「この世から抹殺」するために、私たちの手離れの悪いビジネスに真摯に取り組み、すべての関係者が幸せになる道筋を探して行こうという、すばらしい目標をを持つ集まりになりました。本来であれば、Reuter や WSJ といった欧米のメディアや、Cloud News Asia がお世話になっているアジアの各メディアが取材にきて、いまごろは、その存在が世界に発信されているべきものなのですが、それは次回に乞うご期待ということで ^^; こうして Agile_Cat が、ほぼ独占的にコンテントをポストしているわけです。
 
当日は、13:30 に始まり、18:00 に終了するという、とても長丁場のカンファレンスになりましたが、約100名の参加者が、誰も途中で帰ることなく、最後まで聞き入るという展開になりました。 プログラムは、以下のとおりです:
 
MSPJ日本MSP協会設立の背景と狙い
日本MSP協会事務局長
テコラス 伊勢幸一さん
 
ザ・運用 ~ 運用とは何か、
運用とはどのようであるべきか
運用設計ラボ 波田野裕一さん
 
クラウドプロバイダとMSP
日本マイクロソフト 高添修さん
 
ここで休憩が入り、その後に「Lightning Talks:僕が、私が考えるMSP」が、クラウド利用促進機構の荒井康宏さんをチェアにして、後半の幕開けとなりました。 そして、「運用ツール大全集」というテクニカル・セッションが、ハートビーツ 馬場俊彰さん/クリエーションライン 前佛雅人さん/ニスコム 綱島政人さん/スカイアーチネットワークス 神津崇士さんによる、ディスカッション形式で続きました。
 
最後は、「マネージドサービスビジネスの最新動向と活用事例」というタイトルの、モデレータをニスコムの三石剛史さんにしたパネルディスカッションでした。パネラーとして、ハートビーツ 藤崎正範さん/ネットワンシステムズ 藤田龍太郎さん/フォネックス・コミュニケーションズ 柴崎英明さんが並び、「そこまで言っちゃって良いのでしょうか・・・」的な、とても刺激的な発言がポンポンと飛び出して、とても興味深く聴かせてもらいました。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/25: IBM to team up with Chinese company and make Obama unhappy
ChinaThe International Business Machines Corporation (IBM) and China’s Beijing Teamsun Technology recently announced their cooperation, allowing the latter based on IBM’s technologies to develop and sell domestic innovation products–a move seen provoking the Obama administration, ThePaper.cn reports.
 
② 3/24: Taiwanese developers crowned champions in Microsoft app contest
TaiwanMicrosoft Taiwan on Monday announced the winners of the company’s Community Champion app development competition, which saw two Taiwanese teams rise above 605 teams of 805 software developers from across Taiwan, Japan, and Malaysia. The competition is designed to promote Azure, Microsoft’s cloud computing platform and infrastructure.
 
③ 3/25: Panasonic Working on Royalty Free Internet of Things Software
JapanPanasonic is opening up its software and patents on Internet of Things technologies along with contributing more to the AllSeen Alliance, a major group working on open source IoT devices and software. It has sided against making all patents open source, clearly protecting some of its more valuable ideas and software.
 
④ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7 M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu.
 
⑤ 3/9: Samsung receives record pre-orders for S6, Edge
KoreaBARCELONA, Spain ― Samsung Electronics has received record orders for its recently unveiled flagship devices ― the Galaxy S6 (S6) and Galaxy S6 Edge (S6 Edge). “Samsung received some 20 million pre-orders for the S6 and S6 Edge _ 15 million of S6 and five million of the S6 Edge from mobile carriers, worldwide.
 
⑥ 3/28: Oracle to hire 1,000 in Asia-Pacific, 300 in India
IndiaBENGALURU: Global datebase software product major Oracle has announced that it would hire about 1,000 people across Asia-Pacific (APAC) to expand and strengthen its sales force in the region. “About 300 of the specialized sales force will be hired in India for cloud and the expansion will help us to drive growth and support demand for our cloud solutions across the region,” the US-based multinational said in a statement here.
 
⑦ 3/10: SingPost and Trikomsel announce mysterious JV in Indonesia
IndonesiaTrikomsel, one of Indonesia’s largest mobile device retailers, and SingPost, one of Asia’s biggest logistics providers for ecommerce, announced a partnership today to take advantage of the growing opportunities of ecommerce in Indonesia. The name – and even the exact nature – of the joint venture is still a mystery. However, the two firms are certain that they will create a company that acts as a partner for local brands and merchants in the ecommerce space.
 
⑧ 3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
TaiwanDemand from emerging markets such as Russia and China for white-box servers directly supplied from ODMs has been increasing, pushing related ODMs to accelerate their paces on establishing full product lineups, according to sources from the upstream supply chain.
 
⑨ 3/24: Samsung to pre-install Microsoft apps on Android tablets
KoreaMicrosoft’s Office apps will be pre-installed in some Samsung tablets running Google’s Android system, extending an agreement to put some Microsoft apps on the new Samsung Galaxy S6 phone. The move is the latest in Microsoft’s efforts to get its cloud-enabled software into the hands of as many customers as possible, regardless of platform or device.
 
⑩ 3/28: Maybank partners 1337 Ventures to find SE Asia’s best startups
MalaysiaFintech seems to be a hot topic in 2015. Maybank, one of Malaysia’s leading banks, wants a piece of it. Maybank has joined the bandwagon through a partnership with 1337 Ventures, a recognized Malaysian technology accelerator, in search of the best fintech ideas in region.
 
ーーーーー
cna_6今週は、MSPJ オペカン特集ということで、普段とは違う構成になりましたが、来週からは、また、いつも通りに戻ります。 上記のとおり、今週もアジアの動きは活発です。そして、Top-10 には入りませんでしたが、SoftBank eyeing stake in Micromax という、とても興味深い記事が Times of India にポストされていました。 この投資が実現すると、どのような展開が次につながるのでしょうか? そう考えると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

Posted in Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on March 21, 2015
新参入の Century Link と、充実の Equinix、そして インドに参入する Xiaomi ・・・
 
cna-banner
 
この 3月は、Alibaba のアメリカ進出があり、その他のクラウド/データセンター関連トピックが、影に隠れてしまったという感じです。 しかし、欧米勢のアジア進出も活発であり、昨日には「Equinix opens flagship DC in Singapore」というニュースが報じられていました。また、「CenturyLink expands its public cloud platform to Asia-Pacific region」に記されているように、ついに Century Link のアジア進出が始まるようです。
 
Equinix人の大勢いるところにはモバイルがあり、モバイルが沢山あるところにはクラウドがあり、クラウドが大規模に展開されるところにはデータセンターが作られる、、、という、きわめて理にかなった順序で、アジアのデータセンター需要が、さらに猛烈に加速している感じがします。 そして、あちらこちらで暴れ回る Xiaomi ですが、「Xiaomi to set up data centre in India by June」に記されているとおり、ついにインドにもデータセンターを構築するようですが、「No data centre in India: Amazon Web Services」というふうに、Amazon は慎重な姿勢を貫いています。
 
3月に入って 3週目ですが、そのほかにも、以下のようなクラウド/データセンター・トピックスに溢れている APAC です!
 
3/4: Australia Post completes data centre overhaul
3/6: Equinix’s Melbourne data centre to open in weeks
3/6: Worldwide server market grew 4.8% in shipments, Gartner
3/6: Mitac expected to see growing cloud computing sales in 2015
3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
3/12: NextDC betas open DC management tool
3/16: Inside AusPost’s switch to active-active data centres
3/17: How Telstra axed modular from Clayton data centre design
3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
3/18: Scale wins in Aussie race for cloud racks
3/20: Taiwan white-box server makers land orders from Apple
3/21: Public cloud provider expands managed services in Asia
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaBARCELONA, Spain ― Korea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for fifth-generation (5G) wireless technology. The 2014 Mobile World Congress (MWC) featured the benefits of 5G over today’s long-term evolution (LTE) tech, the Internet of Things (IoT), Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
② 3/5: Banking Technology vendors likely beneficiaries of E-Commerce boom
IndiaIt may not be a windfall gain but definitely signals an increase in potential business opportunity. The rise in e-commerce and e-commerce driven transactions has meant a significant jump in banking transactions. Numbers clearly validate this story. Industry-wide data provided by the Reserve Bank of India (RBI) website suggests that outstanding credit card loans stood at Rs.30,300 crore as on 31 December 2014, up 24% from Rs.24,400 crore a year ago.
 
③ 3/11: First city-wide dashboard launched in India
IndiaChennai in India has just launched the country’s first city-wide digital dashboard, and plans to open it to residents in two to three months. The dashboard gives the city’s officials easy access to data that earlier took months to collect and format, said Satyarupa Sekar, Project Director of the Chennai Data Portal and Dashboard project, according to local media.
 
④ 3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
SingaporeSINGAPORE: ST Telemedia on Tuesday (Mar 17) announced that it has completed the acquisition of land to develop its flagship data centre facility in Singapore. The communications, media and technology investor said the land is located at Defu Lane and is in close proximity to mature data center clusters. The 150,000 square feet facility will be built with the highest Tier-III industry standards, as well as other building certifications such as LEED and BCA-IDA Green Mark.
 
⑤ 3/15: OnePlus to launch OnePlus Two smartphone with 4GB RAM
ChinaNow the company has announced the successor of OnePlus One named ‘OnePlus Two’ priced at USD 538. One Plus Two feature a 5.5-inch full HD LTPS display with 2,560 X 1,440 pixels resolution. The device is be clocked at Snapdragon 810 processor with 4GB RAM. Rumours suggests that smartphone will run on Google’s Android 4.4 KitKat Operating System, while some are speculating that it will run on company’s custom platform.
 
⑥ 3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
TaiwanChina-based Alibaba Group has said it plans to set up a NT$10 billion (US$319 million) non-profit venture capital fund in Taiwan to finance local young entrepreneurs to build up a business on its e-commerce system. The funding also aims to assist local youths develop and market related products and services to China via Alibaba, the Internet service company said in a statement.
 
⑦ 3/16: NAB director Geraldine McBride defines new banking technology future
AustraliaNational Australia Bank director Geraldine McBride is the poster child for a new breed of board member: she’s a technology-savvy futurist and digital strategist. Her role in NAB’s historically staid boardroom is to identify the technological trends taking over its customers’ lives. She is steering the bank through the waves of technological disruption washing over the sector, leading it into “a new, personalised, experienced-based economy,” as she describes it.
 
⑧ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu. According to the Nikkei article, Itochu has taken an 18% stake in the lending company, so the latter’s market cap is valued at over 1 billion yen ($8.4 million).
 
⑨ 3/11: Xiaomi’s updated budget smartphone, Redmi 2, launches in Singapore
SingaporeWhile Xiaomi’s budget Redmi 2 is hotly anticipated in India, its launch in Singaporetoday was somewhat muted in comparison, with very little fanfare. Xiaomi’s Redmi 2 retails at S$169 (US$122) in Singapore. Put side-by-side with its predecessor, the Redmi 1S, it will seem like nothing much has changed on the surface. Despite being slightly lighter and thinner, it sports the same 4.7-inch IPS HD display and 720×1,280 pixel screen resolution as the 1S.
 
⑩ 3/2: Singapore startup Skoolbo out to boost education for millions worldwide
SingaporeSINGAPORE startup Skoolbo said its game-based education platform, which runs on Microsoft Corp’s Azure PaaS (Platform-as-a-Service) offering, has reached more than five million students in 22,000 schools globally over the past 12 months. Skoolbo aims to improve learning experiences, particularly in English and Mathematics, among children aged four to 10, Microsoft said in a statement.
 
ーーーーー
cna_6この、「Huawei debuts new CloudMall data center solution with Baidu」と「ZTE launches the cloud data center uSmartDC Solution」という2つのポストは、冒頭で紹介したトピックと比べると、ちょっと異色な感じがします。 この分野における中国巨大企業が、揃いも揃ってクラウド・ソリューションに乗り出してくるようです。 おそらく、中国のクラウド企業も二極化されていて、この Huawei と ZTE のような国策を推進するための事業者と、Alibaba や Xiaomi のような外貨を得るための事業者が、それぞれのポジションに応じた戦略を展開しているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準

Posted in On Monday by agilecat.cloud on March 9, 2015
Cloud Computing: Executives Turn to the Cloud to Achieve Business Transformation
By Dick Weisinger – Feb 26, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-executives-turn-to-the-cloud-to-achieve-business-transformation/
formtek.png
The cloud market is expected to grow from its $58 billion market size in 2013 to more than $191 billion by 2020, based on Forrester data presented in a recent KPMG report.
 
最新の KPMG レポートにおける Forrester のデータをベースにすると、クラウド・マーケットは 2013年の $58 billion から、2020年には $191 billion 以上に成長すると予測されている。
 
Gauguin_9How are businesses using the cloud to achieve business transformation?  The KPMG survey of businesses ranging from $100 million to $20+ billion found that top benefits of the cloud are:
 
それぞれの企業は、ビジネスの変革を実現するために、どのようにクラウドを活用しているのだろうか? 売上が $100 million から $20 billion 以上までの企業を、KPMG が調査した結果、以下のようなメリットが、クラウドにあることが分かった。
 
  • To achieve cost efficiencies (49 percent)
  • To enable more flexible and mobile workforce (42 percent)
  • To improve interactions with customers, suppliers and business partners (37 percent)
 
  • コストの削減が達成された(49%)
  • モバイルを用いる柔軟な労働形態が実現された(42%)
  • 顧客/販社/提携先とのコミュニケーションが改善された(37%)
 
While cost efficiencies are a major motivator to get businesses to move to the cloud, businesses are shifting their focus towards leveraging the cloud to better align with customers and to achieve insights with analytics.
 
企業のクラウド移行において、主要なモチベーションとしてコストの削減が挙げられる。そして、クラウドを活用することで、顧客志向を実現し、分析と洞察を達成するために、その方向性をシフトし始めている。
 
The KPMG report also ranked the top three criteria that businesses use when selecting cloud services:
 
また、KPMG レポートは、企業が利用するクラウド・サービスの選定に関して、以下の3つの基準が、高いパーセンテージを示したとしている。
 
  • Security (82 percent)
  • Data Privacy (81 percent)
  • Cost (78 percent)
 
Rick Wright, principal and global cloud enable leader at KPMG, said that ”while the challenge posed by cloud related data loss and privacy threats are less pronounced in the minds of global industry leaders, they are still taking the issue seriously.  The clear trend in the data that we have collected shows that, even in the face of significant media attention paid to recent data breaches, global leaders are still willing to embrace the transformative potential of the cloud.”
 
KPMG の Principal and Global Cloud Enable Leader である Rick Wright は、「グローバルにおける業界リーダーたちの心理として、クラウドに関連するデータ損失や、プライバシー侵害といった懸念が薄れ、チャレンジしていこうとする姿勢が見られるが、それらは、依然として重要な問題として残り続けている。 私たちが集めたデータから、以下のようなトレンドが明らかになった。最近のデータ侵害に対して、メディアの注目が集まっているが、グローバル・リーダーはクラウドによる変革を、依然として受け入れようとし続けている」と述べている
 
ーーーーー
On Monday参照元の Forrester は、有償レポートの申し込みページなので、そこからは何も得られませんしたが、KPMG の方は PDF がダウンロードできますので、よろしければ、ぜひ、ど〜ぞ! そして、その中で 2020年の予測値である、$191 billion の内訳が記載されていました。① Application $133 B、② Platform $44 B、③ Business Services $14 B ですので、すでに花型となっている SaaS が、これからもクラウドをリードしていくわけです。そんなことを前提に考えると、メリットとして、コスト/モバイル/コミュニケーションが挙げられる背景も理解しやすいです。 これから、コモディティ化されたマイクロ・サービスをパーツとして利用し、アプリケーションをアジャイルに組み上げていく、、、というクラウド・ネイティブな手法が全盛を迎えるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
 

Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?

Posted in .Chronicle, .Selected, Alibaba, Amazon, Asia by agilecat.cloud on March 4, 2015
Alibaba’s cloud computing service launches in US, wants to rain all over Amazon
Steven Millward – March 4, 2015
https://www.techinasia.com/alibaba-cloud-computing-service-launch-america-challenges-amazon-aws/
 
_ tech in asia
 
Alibaba’s cloud computing service is expanding outside of China for the first time. Alibaba today announced that its Aliyun platform, which started in China in 2009, is now adding a data center filled with servers in Silicon Valley and going after businesses who need cloud horsepower across the US.
 
Alibaba のクラウド・コンピューティング・サービスが、初めて China から外へと飛び出す。 今日 (3/4) Alibaba は、2009年に中国で立ち上げた Aliyun プラットフォームに関して、Silicon Valley のデータセンターにサーバーを詰め込み、アメリカでクラウド・パワーを強化する事業者の後を追いかけるかたちで、そのビジネスを開始すると発表した。
 
Yu Sicheng, vice president of Alibaba’s Aliyun division (“yun” means cloud in Chinese) and head of its international business, says in today’s announcement (on the company’s blog) that US-based servers are just the beginning. By the end of the year, the enterprise cloud service is planning to expand to Southeast Asia and Europe.
 
Alibaba における Aliyun 部門の VP であり( Yun は雲 )、Head of International Business も兼務する Yu Sicheng は、今日のアナウンスメントとして、US ベースのサーバーは始まりに過ぎないと、同社のブログで述べている。そして、今年の終わりまでに、Southeast Asia と Europe にエンタープライズ・クラウド・サービスを拡大する計画だとしている。
 
GoldenGateBridgeAliyun will compete head-on with Amazon Web Services (AWS) to offer enterprises remote computing power (like AWS EC2). At a later date Aliyun will add in web storage as well (to be called OSS), meaning that the Chinese firm will also compete against AWS S3, Microsoft Azure, and Google App Engine.
 
エンタープライスに対してリモートでコンピューティング・パワーを提供するという意味で、Amazon Web Services(AWS EC2 など)と真っ向から競合することになる。これからの Aliyun は、Web ストレージ(OSS と呼ばれる)も追加していくことになる。つまり、この China 企業は、AWS S3 や、Microsoft Azure、そして、Google App Engine とも競合していく。
 
Keeping data away from Chinese authorities
 
To allay fears of China’s government accessing data through Chinese servers, Alibaba says that US companies and startups that use the service will be served only by the Silicon Valley data center.
 
ただし、北京政府が China のサーバーを介して、データにアクセスするのではという、不安を和らげる必要がある。そのために Alibaba は、対象となるサービスは Silicon Valley のデータセンターだけに保存されると、US のエンタープライズやスタートアップたちに宣言している。
 
Alibaba’s cloud platform already competes with the likes of AWS in China. Aliyun’s Chinese data centers are in Beijing, Hangzhou, Qingdao, Hong Kong, and Shenzhen.
 
Alibaba のクラウド・プラットフォームは、China の AWS とも言えるサービスと、すでに競合を開始している。 Aliyun の China データセンターは、北京/杭州/青島/香港/深センに配備されている。
 
“For the time being, we are just testing the water,” Yu said today. That means Aliyun will focus first on Chinese companies doing business in the US. “We know well what Chinese clients need, and now it’s time for us to learn what US clients need,” he added.
 
今日の時点で、「 さしあたって、私たちがチェックしているのは、水道水くらいのものだ 」と、Yu は述べている。つまり、Aliyun が最初に狙っているのは、US 国内でビジネスを展開している、China 企業などである。 そして、彼は、「 私たちは、China のクライアントが必要とするものを知っている。 そして、いまは、US のクライアントが必要とするものを、学習するための期間である」と、付け加えている。
 
To prove that Alibaba’s cloud service can take the strain, the company points to China’s crazy web shopping day on November 11. During the last November 11 shopfest, Aliyun held up Alibaba’s Taobao and Tmall estores under the strain of 80,000 orders per second. Last year’s sales hit a new record as China’s web shoppers spent a total of US$9.3 billion on Alibaba’s two stores in just 24 hours – more than the entire US spends on every single ecommerce store during Cyber Monday.
 
China のクレイジー Web ショッピング・デイである、11月11日のことを Alibaba は指し示し、同社のクラウド・サービスが、ストレスに強いことを証明している。昨年 11月11日にショップが賑わう中、Alibaba と Tmall のオンライン・ショップにおける、毎秒 80,000 件という注文を、Aliyun は支えてきた。この日の 24時間で、Alibaba の 2つの Web ショップは US$9.3 を売上げ、China における記録を塗り替えた。その金額たるや、Cyber Monday における、全 US eコマースの売上よりも大きいのである。
 
Editing by Paul Bischoff; image by Daniel Hoherd
 
ーーーーー
Asia Pacificついに、来るべきものが来ましたね。 水面は穏やかそうにも見えても、激しい水流が渦巻いているアメリカのクラウド市場ですが、そこに真上からドボンと、大きな岩が転げ込んできたような騒ぎになるのでしょうか? 観客席からだと、これほどの見ものはありませんね。 これからの数ヶ月、そして数年の間に、どのような変化が起こるのか、目を皿のようにして、追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba と Amazon : 両社をインフォグラフィクスで比較する!
Xiaomi が北京から脱出:海外ユーザーのデータは 海外 DC へ!
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年末には 2.5億人になる?
 
 
%d bloggers like this: