Agile Cat — in the cloud

米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!

Posted in Government, Microsoft, Privacy, Security, Strategy by on October 20, 2015
Researchers claim to have solved NSA crypto-breaking mystery
Juha Saarinen – Oct 16 2015
_ it news
Able to decrypt almost a fifth of top million HTTPS websites.
Top-Million HTTPS Web サイトの、ほぼ 1/5 の暗号は解析されるだろう。
Researchers believe they have worked out how the United States National Security Agency (NSA) is able to break digital encryption used on the internet and intercept potentially trillions of connections.
ある研究者たちのグループが、United States National Security Agency (NSA) について、インターネット上で用いられるデジタル暗号を解読し、何兆にもおよぶコネクションの傍受を可能にしていたとする、調査結果をまとめた。
A team of computer scientists from US and French universities alongside Microsoft looked into rumours that the NSA has in recent years been able to crack present encryption.
US および France の大学に所属するコンピュータ・サイエンティストと、Microrsoft によるチームは、この数年にわたって NSA が暗号を解読してきたという、ウワサについて調査した。
ImageResizer.ashxRalph Merkle, Martin Hellman and Whitfield Diffie, who developed the first public-key crypto exchange, in 1975. Source: Stanford University.
They studied the Diffie-Hellman method of exchanging digital keys between internet-connected computers to encrypt virtual private networking, website, email and other traffic.
彼らは調べたのは、インターネット接続されたコンピュータと、暗号化された VPN/Web Site/eMail などの間で交換される、トラフィックを保護するための Diffie-Hellman というディジタル・キーの方式である。
Diffie-Hellman has until now been thought to be safe against encryption breaking and protect against mass surveillance, if keys larger than 512 bits are used.
これまで、512 Bit 以上のキーを用いているなら、Diffie-Hellman は暗号破壊と監視社会に対して、安全性を担保できると考えられてきた。
The D-H protocol negotiation starts with the client and server agreeing on a large prime number with a particular form, which would require a vast amount of computational effort to calculate.
この DH プロトコルのネゴシエーションは、その計算に膨大なコンピューティング・リソースが必要となる大きな素数を、クライアントとサーバの間において、特定のフォーマットで一致させることでスタートする。
However, a paper entitled Imperfect Forward Secrecy: How Diffie-Hellman Fails In Practice [pdf] points to an implementation weakness within many clients and servers that means they reuse the same prime numbers.
しかし、Imperfect Forward Secrecy: How Diffie-Hellman Fails In Practice [pdf]  というタイトルの論文は、数多くのクライアントとサーバーにおいて、同じ素数を再利用するという、実装上の弱点を指摘している。
Two of the researchers, Alex Haldeman and Nadia Heninger, said that for 1024-bit primes, the most common D-H key strength used currently, a special-purpose hardware-equipped computer would cost a few hundred million US dollars to build.
Alex Haldeman と Nadia Heninger という二人の研究者は、現時点で最も一般的に用いられている、1024 Bit 素数による D-H キーの強度について、数億ドルをかけた専用ハードウェア・コンピュータに、ほぼ匹敵すると述べている
It’s a sum well within the NSA’s computer network exploitation budget of US$1 billion in 2013.
そして、この金額は、2013年に NSA が計上した、コンピュータ・ネットワーク活用という名目の、予算内に収まるのだ。
Such a system would be able to break one Diffie-Hellman prime a year.
このようなシステムを1年も運用すれば、1つの Diffie-Hellman 素数を破壊できるだろう。
Researcher Nicholas Weaver of the International Computer Science Institute in Berkeley, California, analysed the paper, and said the scientists were “almost certainly correct that the technique they describe is used by the NSA, in bulk, to perform a massive amount of decryption of internet traffic.”
International Computer Science Institute in Berkeley, California の研究者である Nicholas Weaver は、その論文を分析した後に、ほぼ間違えのない内容だと述べている。 つまり、そこに記載されている技法を、NSA はバルクで利用し、インターネット・トラフィックに含まれる、大量の暗号を解析したことになる。
Weaver noted that while an NSA supercomputer could break 1024-bit Diffie-Hellman, longer keys like 3072-bit, elliptic curve D-H and RSA encryption could not be cracked in the same way.
そして Weaver は、NSA のスーパー・コンピュータについて、1024 Bit の Diffie-Hellman は破壊できるだろうが、たとえば 3072 Bit のロング・キーや、楕円曲線 D-H、そして RSA 暗号などについては、同じ手法でクラックできないだろうと指摘している。
For the NSA, being able to break commonly used encryption would have an enormous payoff, the researchers said.
そして研究者たちは NSA にいて、莫大な予算さえ費やせば、一般的に使用される暗号は解読ができるだろうと述べている。
“Breaking a single, common 1024-bit prime would allow NSA to passively decrypt connections to two-thirds of VPNs and a quarter of all SSH servers globally,” they wrote.
彼らは、「一般に用いられる単一の 1024 Bit 素数を破壊することで、グローバルにおける VPN の 2/3 および、SSH サーバ の 1/4 に対する接続暗号を、NSA は受け身のかたちで解読できただろう」と言っている。
“Breaking a second 1024-bit prime would allow passive eavesdropping on connections to nearly 20 percent of the top million HTTPS websites. In other words, a one-time investment in massive computation would make it possible to eavesdrop on trillions of encrypted connections.”
そして、「第二の 1024 Bit 素数を破壊することで、Top-Million HTTPS Web サイトの 20% 近くに対して、その接続暗号を受け身で盗聴できるようになる。つまり、大量のコンピュータ・リソースに対して、集中的に資金を投入することで、無数の接続暗号の盗聴が可能になるだろう」と続けている。
While the researchers said they could not prove for certain that the NSA is breaking internet encryption and eavesdropping and intercepting traffic, they believe their analysis of the weaknesses in Diffie-Hellman implementations fits what is known already about the spy agency’s decryption abilities better than other explanations.
研究者たちは、NSA がインターネット暗号を破壊し、トラフィックを傍受/盗聴してきた方式について、確実に証明することはできないと述べている。その一方で、彼らが分析した Diffie-Hellman 実装の弱点と、この諜報機関の解読能力に関する情報は一致しており、その他の推測よりも適切だと確信しているようだ。
The NSA working as both the poacher and game keeper when it comes to encryption is problematic, Haldeman and Heninger said. It means the agency could be exploiting weak Diffie-Hellman while only taking small steps to fix the problems.
NSA の機能は、暗号化に問題が生じるときに、密猟者と猟場の番人という二面性を持つことになると、Haldeman と Heninger は述べている。 そして、この諜報機関は、Diffie-Hellman の弱点は利用するが、問題の修正のためには努力しないだろう。
“This state of affairs puts everyone’s security at risk. Vulnerability on this scale is indiscriminate—it impacts everybody’s security, including American citizens and companies—but we hope that a clearer technical understanding of the cryptanalytic machinery behind government surveillance will be an important step towards better security for everyone,” they wrote.
そして彼らは、「 この不安定な状態は、すべての人々に、セキュリティ上のリスクをもたらす。そして、このスケールの脆弱性は無差別なものとなり、アメリカの市民と企業を含む、全体的なセキュリティに悪影響をおよぼす。その一方で、この政府による監視の背景となる、暗号解読の手法を技術的に理解することで、すべての人々のための、より良いセキュリティへと向けた、重要な一歩が記されることを、私たちは願っている」と述べている。
Weaver said it was critical that users who wish to protect themselves from “Applied Kleptography” or stealing of digital keys for mass surveillance move away from 1024-bit Diffie-Hellman.
Weaver のマトメは、Applied Kleptography や監視社会のデジタル・キー盗難から身を守りたいユーザーは、1024 Bit Diffie-Hellman を捨てるべきというものだ。
Devices deployed today will be in use for a decade, the researchers wrote, which is as long as adverseries can use the above-mentioned techniques for eavesdropping and interception.
現時点でマーケットに供給されているデバイスは、これからの 10年に渡って使用されていくだろう。ただし、それは、前述の盗聴や傍受のテクニックに対して、それらが対抗できる場合に限るというのが、研究者たちの結論である。
research_55この記事を、昨日の夕方に見つけてから、どうしたものかと悩みましたが、自分の中でもくすぶっていた疑問だったので、とにかく、再優先で訳してみました。 重たいテーマなので、ちょっと疲れましたが、分からなかったことが、少しでも明らかになると、これからウォッチすべきものも見えてきます。 それにしても、この記事を書いた  Juha Saarinen さんは素晴らしいジャーナリストですね。 先月にポストした「クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!」という抄訳も、オリジナルは彼のものです。文中で参照している Nicholas Weaver さんのサイトなどを、おそらく毎日のように、チェックしているのだと思います。こうして分かりやすく書いてもらえるので(訳は苦労しますが)、とても助かります。 _AC Stamp
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Cloud Storage の調査: エンタープライズで Box や Dropbox を安全に使うために!
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける

Comments Off on 米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!

Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Posted in Cisco, Hybrid, On Monday by on October 19, 2015
Cloud Computing: IDC Says the “Second Wave” of the Cloud is Coming but Only 1 Percent Fully Prepared
By Dick Weisinger – October 13th, 2015
_ formtek
Businesses no longer see the cloud as just a way to reduce costs.  They are turning to the cloud to achieve innovation, growth and disruption, according to a new report by IDC sponsored by Cisco.
それぞれの企業は、もはやコストを削減するだけの手法として、クラウドを捉えてはいない。 つまり、イノベーションを達成し、破壊に続く成長を実現するためのクラウドへと移行している。それが、Cisco の依頼により、IDC が実施した調査の結果である。
Gauguin_7The report said that companies are now entering the “second wave” of the cloud, but only 1 percent have been able to optimize their strategy for how they utilize the cloud.  And the report finds that about one-third of businesses don’t have any cloud strategy
ただし、このクラウド第二波が訪れているというのに、それを活用するための戦略を最適化している企業は、わずか 1% に過ぎないとも、前述のレポートは指摘している。 そして、さらに、何らかのクラウド戦略を有している企業は、全体の 1/3 程度であることも、指摘している。
Nick Earle, Cisco’s senior vice president, global cloud and managed services sales, said that “as we talk with customers interested in moving to the second wave of cloud, they are far more focused on private and hybrid cloud. Primarily because they realise that private and hybrid offer the security, performance, price, control and data protection organisations are looking for during their expanded efforts.”
Cisco の Senior VP, Global Cloud and Managed Services Sales である Nick Earle は、「 クラウド第二波への移行に関心のあるユーザー企業と話すにつれて、彼らの関心が、プライベート/ハイブリッド・クラウドに集中していることが分かってきた。なぜなら、それらの企業にとっては、クラウドの拡大/拡張に取り組んでいる間に、プライベートおよびハイブリッドが、セキュリティ/パフォーマンス/コスト/データの制御と保護を実現していったという、とても重要な理由があるがらだ」と述べている
Other findings from the IDC report include:
この IDC レポートにおける興味深い視点は、以下のとおりである:
  • Perceived benefits of the cloud include speed, efficiency and revenue growth
  • More than half of companies expect that the cloud will help them increase revenues over the next two years
  • Hybrid cloud is favored by many companies because of security, performance and control
  • Hybrid cloud is being selected to automate policy (67 percent) and improve security (47 percent)
  • 83 percent of businesses are looking to a major IT provider to handle cloud services
  • クラウドのメリットに関する認識には、迅速性/効率性/収益成長率が取り込まれている。
  • 半数以上の企業における期待は、いまのクラウドにより、これからの 2年間における売上増が促進されることだ。
  • ハイブリッド・クラウドが好まれているのは、そのセキュリティ/パフォーマンス/コントロールに理由がある。
  • ハイブリッド・クラウドが選択される理由としては、ポリシーの自動化(67%)と、セキュリティの向上(47%)が挙げられている。
  • クラウド・サービスの運用を、大手の IT プロバイダに委ねたいとする企業は、83% に至っている。
Cisco-ReportOn Mondayこのコンテントが参照している IDC のレポートとは、今年の 8月に実施された調査の結果をまとめたもので、Cisco のサイトから簡単にダウンロードできるようになっています。 そして、何を主張しているのかというと、エンタープライズ・クラウドにおけるポリシー・コントロールを、どのように考えるべきなのかという点に集約されている感じがします。 ハイブリッド・クラウドを推奨する Cisco としては、そこが一番の強みであり、また、プッシュしていくべき点だと認識しているはずです。 ただし、このエリアには、EMC / VMware という勢力もあり、一時は VCE (VMware / Cisco / EMC) も成立しましたが結局は崩壊し、いまでは VMware / EMC / Dell 連合に落ち着きそうな展開です。その一方では、IBM や HP も独自の戦略を整えていますし、Nutanix などの新しい勢力も台頭してきました。 まだまだ再編が続きそうな、クラウドの世界という感じがしますね。ちなみに、このポストで引用している、1% や 1/3 という数字は、このチャートで用いられているものです。 全体で 17ページの、簡潔なスライドですので、ぜひ、参照してみてください。 _AC Stamp
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Gartner の サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Comments Off on Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Govt Cloud の調査:米政府機関のテック・リーダーたちは、クラウドへの移行を望んでいる

Posted in Government, On Monday, Research by on October 12, 2015
Cloud Computing: Governments Ripe for the Cloud
Dick Weisinger – October 6th, 2015
_ formtek
All levels of government are expected to move their data from legacy on-premise systems to the cloud from now until 2020, according to a survey by Socrata and sponsored by EMC Research.
すべてのレベルの政府機関に対して、レガシーなオンプレミス・システムからクラウドへと、2020年までにはデータを移行して欲しいという、期待が寄せられている。それが、EMC Research が主催し、Socrata が調査した結果に表れている。
  • Chagall_179 percent of government agencies say that most or all of their current software and data are kept on on-premise hardware
  • 75 percent of government agencies that they’re both interested in and open to using cloud technology
  • 83 percent of government agencies say that it is important for them to have software that is user-friendly and easy to use
  • 79% の政府機関は、ほとんど、あるいは、すべてのソフトウェアとデータを、現時点ではオンプレミスのハードウェア上に保持していると述べている。
  • 75% の政府機関は、クラウド・テクノロジーの使用に対して、興味を持っており、また、閉鎖的ではない。
  • 83% の政府機関は、ユーザー・フレンドリーで利用し易いソフトウェアを持つことが、とても重要だと述べている。
Rick Howard, Research Director at Gartner, said that “the burden of legacy technologies in government puts innovation on a path of incremental improvement when agility and quick solution delivery is expected.  To demonstrate ‘digital now, digital first’ leadership in government, CIOs must flip their approach to managing IT from the inside-out perspective of legacy constraints to the outside-in view of citizen experience. It’s all about starting with the digital world and what is possible – thinking cloud, mobile and situational context first – and then considering, ‘How do we get there from here?’ using information and technology.”
Gartner の Research Director である Rick Howard は、「敏捷で迅速なソリューションの供給という、段階的な改善を要求する流れの中で、政府内でレガシー・テクノロジーを運用するという負担が、イノベーションを受け入れさせるだろう。政府内における Digital Now, Digital First のリーダーシップを証明するために、CIO たちは、これまでのアプローチを反転させなければならない。それは、制約だらけのレガシーな視点を、内側から外側へ向けて露呈させ、また、市民のエクスペリエンスが手にした視点を、外側から内側へ向けて取り込むことだ。それは、すべてのデジタルの世界で始まるものである。 そして、クラウドとモバイルについて考え、また、状況に応じた柔軟なスタンスを取ることで、実現できることを想定していくべきだ。続いて、いまの立ち位置から、次の立ち位置へ、移行するための方法について、情報と技術を活用しながら検討していくべきだ」と述べている。
On Monday本文だけだと、調査の対象がわからなかったので、参照元を確認してみました。 すると、City/County/State/Federal における、500人以上のテクノロジー・リーダーに対する調査であると記載されていました。 地域に関しては、なにも記されていないようですが、State という表記からして、おそらくアメリカが対象なのでしょう。つまり、アメリカ政府機関のテクノロジー・リーダーたちが、自らの属している組織に対して、早くクラウドへ移行すべきだと要求しているわけです。日本で、同じような調査を実施したら、どのような結果になるのでしょうかね? _AC Stamp
Hybrid Cloud の調査: ハイブリッドへの完全な移行には5年は要するだろう
High-Speed Optical の調査: 光子/量子ドットによるテラ・ヘルツ・コンピューティング時代!
Mobile Traffic の調査: 2015年のモバイル・データ通信量は、5200万テラ・バイトに至る
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
IDC の予測:2015年の パブリック市場は、製造/金融/小売などで $70 B を売り上げる!

Comments Off on Govt Cloud の調査:米政府機関のテック・リーダーたちは、クラウドへの移行を望んでいる

富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Posted in .Selected, Asia, Citrix, Google, Post-PC by on July 7, 2015
Fujitsu, Google collaborate on managed Chromebook Services delivery
Peter Dinham – July 07, 2015
_ IT Wire
Fujitsu has teamed up with Google to deliver an enterprise-grade managed service offering in Australia and New Zealand that it says leverages the flexibility, simplicity and security of the Chrome platform (Chromebooks and Chromeboxes).
Fujitsu は Google と提携し、 Australia と New Zealand において、エンタープライズ・グレードのマネージド・サービスを提供しようとしている。つまり、それにより、Chrome プラットフォーム(Chromebook と Chromeboxes)の柔軟性/簡潔性/安全性を、エンタープライズのために活用しようと目論んでいるのだ。
Under the partnership, the Fujitsu Managed Chromebook Service will equip organisations with a flexible, scalable and cost effective solution to employee mobility, comprehensively controlled by Fujitsu’s managed services.
このパートナーシップの下で、Fujitsu Managed Chromebook Service が顧客に提供するのは、従業員のためのモバイビリティを、Fuhitsu のマネージド・サービスで包括的に制御するための、柔軟性/拡張性/経済性に富んだソリューションとなる。
Fujitsu ChromebookThe Managed Chromebook Service is closely aligned with Fujitsu’s Virtual Workplace Solution, which will allow Chromebook users to access their traditional applications and data via virtual desktop technology. Fujitsu partners with Citrix to deliver the service.
この Managed Chromebook Service は、Fujitsu の Virtual Workplace Solution と密接に連携している。それにより、対象となる Chromebook ユーザーたちは、仮想デスクトップ・テクノロジーを介して、レガシーなアプリケーションやデータにアクセス可能となる。 なお、この種のサービスに関して、Fujitsu は Citrix と提携している。
Phil Dean-Jones, Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC, at Citrix, said, “As more and more Citrix customers move to cloud-based delivery of Windows Desktops and Applications, Fujitsu is a key Service Provider with a track record for hosting Citrix and managing these migrations across Australia and the world.
Citrix の Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC である Phil Dean-Jones は、「 Citrix における数多くの顧客が、Windows のデスクトップとアプリケーションを、クラウド・ベースで供給し始めている。それにつれて Fujitsu は、Citrix ホスティングに関する実績を積み上げ、また、Australia とグローバルで一連のマイグレーションを管理するという、きわめて重要な Service Provider となっている」と述べている。
“Momentum for Chromebooks has been building and the cost benefits are clear, however the first question asked by customers is ‘what about my Windows applications?’ which is why Citrix released our Receiver for Chromebook in 2013.
「Chromebook は勢いを生み出しており、そのコスト・メリットも明確である。しかし、顧客たちは、「私の Windows アプリケーションは、どうなる?」と、最初に必ず聞いてくる。そこに、2013年の時点で Citrix が、Chromebook レシーバをリリースした理由がある」
“We see the new Fujitsu Managed Chromebook Service as the next step for these devices, as the Chromebook gains mainstream business attention, now backed in Australia by a Tier 1 Citrix Service Provider in Fujitsu.”
「 Chromebook がビジネスのメインストリームで注目を集めるにつれて、一連のデバイスにおける次のステップとして、この新しい Fujitsu Managed Chromebook Service が必要になると、私たちは認識している。Australia においては、Fujitsu の Tier 1 Citrix Service Provider により、その試みが促進されているのだ」
The Fujitsu Managed Chromebook Service enables customers to select the Chromebook of their choice.  When combined with a Citrix virtual desktop or application environment, Dean-Jones says the service provides a versatile, highly secure and well managed client computing solution with seamless access to both Windows and Web based applications for the enterprise.
この Fujitsu Managed Chromebook Service により、顧客たちは自らの選択肢として Chromebook を取り上げることが可能になる。そして、このサービスと Citrix 仮想デスクトップおよび、アプリケーション環境を組み合わせるとき、汎用性と安全性が不可欠なエンタープライズのための、適切に管理されたクライアント·コンピューティング·ソリューションが実現されると、Dean-Jones は発言している。つまり、Windows と Web のアプリケーションをまたいだシームレスなアクセスが、エンタープライズに対して提供されるのだ。
Fujitsu then undertakes all user management; device configuration and management; provisioning of corporate approved applications from the Google Store, listing of sites that devices and users can access, environment look and feel, controlled OS updates, OS and hardware support, and hard installation.
さらに Fujitsu は、すべてのユーザー・マネージメントおよび、デバイスのコンフィグレーションとマネージメントを実現していく。具体的に言うと、Google Store におけるアプリケーションの中から、ユーザー企業が承認したものだけがプロビジョニングされ、また、デバイスおよびユーザーが、アクセス可能なサイトがリストアップされる。それだけではなく、環境のルック&フィールや、コントロールされた OS の更新、OS と ハードウェアのサポート、そして、ハード・インストールなども管理されていく。
According to Kevin Ackhurst, Director, Google for Work Asia Pacific, said: “Businesses around the world have found that Chromebooks provide them with a more secure and simple way of working. They’re fast, easy to share and easy to manage, and we’re delighted to be working with Fujitsu to bring these benefits to more businesses across Australia and New Zealand.”
Google for Work Asia Pacific の Director である Kevin Ackhurst は、「世界中の企業が Chromebook に対して、自社の IT を安全かつ簡単な方法で、提供することが可能なものだと認識するだろう。彼らは、容易な共有と、容易な管理を、あっという間に実現していく。Fujitsu と協調することで、Australia と New Zealand の数多くの企業に、こうしてメリットを提供できることを、私たちは喜んでいる」と述べている。
Mike Foster, Chief Executive Officer of Fujitsu Australia and New Zealand, said the company knew from discussions with its customers that there was a growing interest in the Chromebook as an enterprise platform.
Fujitsu Australia and New Zealand の CEO である Mike Foster は、エンタープライズ・プラットフォームとしての Chromebook に対して、関心が高まってきたことを、顧客とのディスカッションから得たと述べている。
“We are proud of our new partnership with Google and our ability to continue pushing innovation boundaries. We are the first SI to offer managed services to enterprises for Chromebooks as part of our vision of ‘Workplace Anywhere’.”
「私たちは、Google との新たなパートナーシップに関して、そして、イノベーションの限界を拡張し続けていく能力に関して、とても誇りに思っている。私たちは、”Workplace Anywhere” というビジョンの一環としての Enterprise Chromebook に対して、マネージド・サービスを提供する最初の SI である」
Post-PCGoogle for Work Asia Pacific と Fujitsu Australia and New Zealand の提携ということなので、オーストラリアとニュージーランドに限定されるものなのか、それともグローバルに広がっていくものなのか、そのあたりは定かではありません。しかし、Citrix というパートナーを巻き込み、センスの良い SIer が顧客の要望に応えるなら、こんなソリューションが実現できるという、とても良い事例になるでしょう。 それにしても、面白い展開です。 これからの進み方に、注目していきたいと思います。_AC Stamp
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
米教育関係者:Chromebook により、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!

Comments Off on 富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
_Tech Week EU
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
Third position
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Comments Off on NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Posted in Alibaba, Asia Weekly, Data Center Trends by on June 21, 2015
_ cna-banner
ゴールデン・ウィーク明けに、Asia のデータセンター情報をまとめてみましたが、その後も続々と、インフラに関連する興味深いトピックが登場しています。そこで、今週は、5月と6月のクラウド/データセンター/サーバー動向についてトレースしていきたいと思います。その中には、対訳として Agile_Cat に掲載したトピックもありますので、まずは、それらを振り返ってみます。
At BeijingFlickr
Shreyans Bhansali
Cloud Asia News を立ち上げてから、すでに一年以上が過ぎていますが、中国人アナリストが分析するクラウド動向レポートを、初めて見つけたので訳してみました。 それは、Alibaba の勢いを説明するものであり、すでに同社は、世界の Top-3 を構成すると論じています。「5/19: 中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される」 いまでは、一般の中国人と疎遠になってしまった Google が、Alibaba にはじき出されたという感じですね。また、Allibaba は、グローバルでの展開を視野に入れた、Equinix との提携も進めています。「6/5: Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
ecomm-marketplace-active-buyersそして、どうしても気になるのが、同じコマース・サイトとしての規模の比較ですが、この 4月に Business Insiderが、両サイトにおけるアクティブ・サブスクライバーの数を、このようなチャートを用いて比較しています。その他にも、2014年8月の TechInAsia が「Alibaba と Amazon:両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!」というインフォグラフィクスを提供しています。
話は、鳴り物入りで始まった VCE の崩壊劇に飛びます。 つまり、VMware/Coiso/EMC 連合軍から Cisco が実質的に離脱したというトピックなのですが、そこに Quanta が一枚噛んでいるという、Taiwan からの興味深い情報です。「5/22: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?」こうした、グローバルでの勢力分布図を書き換えるような出来事の影に、ちゃんと台湾の大手が食い込んでいるのが印象的です。 そして Quanta の展開ですが、以下のトピックスを見る限り、より上位のレイヤまでを取り込んだ、ソリューション・ベンダーへの道を歩み始めたように感じますね。
5/04: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
6/17: Quanta to strengthen software R&D for enterprise server business
その他のデータセンター関連情報ですが、以下に示すとおり、Digital Reality の 進出が本格化し、Google が更なる投資を表明するなど、依然として Singapore ラッシュが続いています。しかし、その一方では、Apple が Foxconn と提携して、China 本土にデータセンターを構築すると発表しています。また、Open Data Center Alliance のボードに China Unicom と Infosys が参加するようですが、こうしたアジアの活気を見ると、当然のことなのでしょう。
5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
6/03: Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
6/14: Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
6/06: ODCA Welcomes Board Members from China Unicom, Infosys and Intel
以下は、この2ヶ月における、Asia のクラウド/データセンター/サーバー動向です。
5/18: Aliyun making inroads into Middle East, North Africa
5/21: China Unicom sets up cloud-based data centers
5/21: Alibaba to open more data centers in global cloud computing push
5/21: Singapore plans to build green data centre technology hub
5/22: Communications moves data centre offsite in $18m deal
5/23: IBM planning to set up second data centre in India
5/23: HP sells 51% stake in China server unit for $2.3 billion
5/25: Fujitsu Upgrading Australian Data Centers Starting With Perth
5/25: Big data, IoT to boost Taiwan’s information services sector
5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
5/27: DHS moves into new CDC data centre, from AU
5/29: Foxconn to continue expanding Big Data center in Guizhou
5/29: MacTel to sell Sydney data centre
6/2: Server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%
6/2: Unisplendour Acquires 51% Stake In H3C From HP
6/3: China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
6/5: 1-Net connects data centers in Asia, from SG
6/8: Wiwynn Adds Workload-Optimized Cavium ThunderX™-based Platforms
6/8: Aliyun Announces Global Partnership Program to Boost Public Cloud
6/11: NEC launches SDN-compatible switches for large data centers
6/11: Nutanix will go local for APAC, IPO for transparency
6/12: Shenzhen server maker Inspur targets HP’s clients in China
6/12: Fibre network outage affecting parts of Singapore resolved: NetLink
6/14: Chinese telecom firm Huawei supports Ghana’s ICT modernization
6/15: The ISPs take it all: No compensation for Vietnam’s snail-like Internet
6/19: NexGen Networks Works with iAdvantage to Build a Hong Kong Point
以下は、今週の Top-10 Posts です・・・
① 6/15: Singtel joints Alibaba cloud computing alliance
Singaporean government-linked corporations are notable for their investments and dealings abroad, as well as their portfolio management methods, which are held up as models for state-owned enterprises.  State-owned Temasek Holdings, for instance is often noted has been the subject of an NUS-CIMA study.  Meanwhile, GIC has been the subject of much research often focused on sovereign wealth funds. Singtel has joined a network of partnerships led by Intel and Alibaba Group, while GIC is sourcing for more investment opportunities in West Bengal. In the energy sector, the Singapore-listed Ezra Group has secured contracts worth $115 million.
② 6/15: Australia’s internet hit hard by massive Malaysian route leak
AustraliaA misconfiguration at Telekom Malaysia late last week caused large-scale routing issues which cascaded through providers in Oceania and elsewhere in the world, resulting in customers experiencing severe network problems. The issue started at at 6:43pm AEST last Friday when Telekom Malaysia made changes to its routers using the border gateway protocol (BGP), which is used by providers and networks to decide how data traffic flows via prefixes inserted into the internet routing table.
③ 6/14: Yahoo mobile developer conference to be held in India
IndiaNEW DELHI: Yahoo announced that it will host its mobile developer meet in New Delhi on June 24 and in Bengaluru on June 26.  Jarah Euston, vice president of analytics and marketing at Flurry (owned by Yahoo), said: “India has a vibrant, rapidly growing app developer community. As a mobile-first company, we understand the need for app developers to have a strong mobile analytics and monetization engine.”
④ 6/17: Microsoft Azure & Office 365 achieve Level 3 of Singapore’s security standard
SingaporeMicrosoft’s Azure platform and Office 365 have achieved, Level 3, of the Multi-Tier Cloud Security (MTCS) Standard for Singapore (SS 584) which has been designed for regulated organizations with specific requirements and more stringent security requirements. Microsoft’s Dynamics CRM Online has also been assessed and certified as complying with Level 2 of MTCS SS, which is designed to address the needs of most organizations running business critical data and systems through a set of more stringent security controls to protect business and personal information in potentially moderate impact information systems using cloud services.
⑤ 6/18: TCS and IBM lead race for Volvo’s $500 million IT contract
IndiaBENGALURU: Tata Consultancy Services and International Business Machines have emerged as frontrunners in the race to win Swedish truckmaker AB Volvo’s IT outsourcing contract, worth about $500 million, according to people familiar with the matter. As part of the deal, which is expected to stretch over three to five years, Volvo will outsource its IT business unit, they said, adding that HP and Infosys are among the other firms being evaluated. Volvo may give out business worth at least $100 million a year as part of this deal, they said, requesting anonymity.
⑥ 6/12: Penang is on its way to becoming the Silicon Valley of the East, and IoT is how
MalaysiaIt is almost lunchtime when I step into Suntech Tower, an unspectacular office building which is home to several high-flying Penang startups. As is typical here, the afternoon sun is scorching, so the cold air-conditioning that greets me as I enter is a welcome reprieve. Today, I am here to visit Piktochart, whose infographic design app is arguably one of the Malaysian state’s most accomplished startups to date. It boasts 2.7 million users, of which 300,000 are active monthly.
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
⑧ 6/16: Telin Singapore launches telco hub
IndonesiaTelekomunikasi Indonesia International (Telin Singapore) has started construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Center Park (DCP) in Jurong. This new facility will be the third datacenter owned and managed by Telin Singapore. To be branded as Telin-3, it will address the growing demand for premium datacenter services to support Singapore’s Smart Nation vision. It will also address demand from the region and global markets where Telin Singapore is able to play a pivotal role in providing reliable, secured and seamless regional and global telecommunications connectivity services.
⑨ 6/17: China to implement semiconductor investment plans with CNY600B in funding
ChinaChina has begun to implement its investment plans aiming to boost development of the local semiconductor industry, and will inject a total of CNY600 billion (US$19.4 billion) into the industry over the next five years, according to industry sources. Almost 70% of the investment fund will be poured into the IC manufacturing and equipment sectors, with a focus on promoting locally produced logic chips, DRAM and NAND flash memory, said the sources. A group of logic chipmakers led by Semiconductor Manufacturing International (SMIC) has benefited from the first phase of investment, the sources observed.
⑩ 6/14: NTT Com Named as a Leader in APAC Managed Security Services 2015 byIDC
JapanNTT Communications announced today that it has been positioned as a Leader in International Data Corporation’s (IDC) first ever “IDC ITMarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2015 Vendor Assessment” report. The IDC ITMarketScape represents a vendor assessment including both quantitative and qualitative characteristics that define success in today’s managed security services market. IDC evaluated 16 organizations that offer managed security services (MSS) in Asia/Pacific by conducting in-depth interviews with MSS providers and more than 20 interviews with providers’ customers.
cna_6この Top-10 にも入っていますが、インドネシアにおけるテレコムの動きが活発になってきているようです。 インフラに関しては、つまり、データセンターに関しては、シンガポールのファシリティを利用するケースが多いようです。 このインドネシアも、たいへんな数のモバイル・サブスクライバーを抱えていますので、それに対応すべく、データセンターへの投資が盛んになってきています。_AC Stamp
6/07: Telkom builds 3rd data center in Singapore, from Jakarta
6/08: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
6/16: Telin Singapore launches telco hub
Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本

Comments Off on Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
_Talkin Cloud
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

Comments Off on Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ

Posted in Container, On Monday, Virtualization by on June 3, 2015
Cloud Computing: Container Technology to Shrink Wasted Cloud Resources
By Dick Weisinger – May 29th, 2015
_ formtek
Cloud infrastructure spending grew by 14.4 percent year over year in the fourth quarter 2014 to $8 billion, according to IDC.  Cloud infrastructure includes server, disk storage, and ethernet switches.
クラウド・インフラへの支出であるが、IDC によると、2014年 Q4 の成長率は前年比で 14.4 % 増加であり、また、売上は $8 billion に達しているという。ここで言うクラウド・インフラには、サーバー、ディスク·ストレージ、およびイーサネット・スイッチなどが含まれている。
Monet_4But much of the money spent on cloud computing has been wasted.  When businesses spin up servers with more power or capacity that are really required, that extra capacity will not be fully utilized.  Often businesses are sloppy in managing their virtual servers, not shutting them down in off hours when they’re not needed.
しかし、クラウド・コンピューティングに費やされる対価のうち、かなりの金額が無駄遣いされている。ユーザー企業が、実際の要件を満たすために、さらなるパワーやキャパシティをサーバー群に投入しても、その余剰のキャパシティが、十分に活用されることはない。 また、多くのケースにおいて、ユーザー企業の仮想サーバー管理がずさんであり、そのキャパシティが不要な場合でも、シャットダウンが実施されていないようだ。
Boris Goldberg, co-founder and chief technology officer at Cloudyn Ltd., estimates that 60 percent of cloud software servers could be eliminated or terminated because their not being used.
Cloudyn Ltd の Co-Founder and CTO である Boris Goldberg が、ボリス·ゴールドバーグ、Cloudyn Ltd.の共同創設者兼CTO(最高技術責任者)は、クラウド・ソフトウェア・サーバーの、60% が利用されていない計算となるため、それらの停止や契約解除が可能だと、そのステートメントで述べている。
Richard Davies, CEO of ElasticHosts, said that “a large proportion of cloud users are paying for cloud services that they never fully utilize…  This is because the prevalent model for IaaS is based on the use of virtual machines, where compute is paid for based on what is provisioned, but this is at best 50% utilised by typical workloads.  However, recent updates to the Linux kernel mean containerized servers can now be offered to cloud IaaS customers, where they are only charged for capacity they actually use, rather than what they provision, and as a result this wasted IaaS capacity could be eliminated.”
ElasticHosts の CEO である Richard Davies は、「クラウド·ユーザーの大部分が、完全に利用しつくすことの有り得ない、クラウド・サービスに対価を支払っている・・・ なぜなら、IaaS を支配しているモデルは、仮想マシンの利用をベースにしているからだ。つまり、コンピューティング、何をベースにプロビジョニングされ、どのような支払いが生じているのかという話である。そして、一般的なワークロードにおける使用率は、せいぜい 50% 程度である。とは言え、最近の Linux カーネルは、サーバーをコンテナ化するようにアップデートされ、それを IaaS クラウド・ユーザーに提供するようになってきた。つまり、プロビジョニングされた容量にでなく、実際に使用する容量に対して、課金することが可能になる。その結果として、ここで言う 無駄な IaaS キャパシティを排除できるようになる」と述べている
Davies said that “the sooner the cloud industry unlocks the potential of containers, the quicker we will evolve to the next generation of the cloud, and the more customers that will benefit.”
Davis は、「 クラウド業界は、迅速に、コンテナの潜在能力を解放すべきだ。 それにより、次世代のクラウドへの、私たちは素早く移行できる。 つまり、より多くの顧客に対して、コンテナのメリットを提供できるのだ」と、付け加えている。
On Monday文中にある「クラウド・ソフトウェア・サーバーの 60% が利用されていない」という表現ですが、アプリケーションへのリクエストがなく、仮想サーバーだけが走っている状況を示しているのでしょうかね? この数字の正確性はともかく、無駄なサーバーがたくさん動いている感じはしますね。 ただし、それは、クラウド固有の問題ではなく、オンプレミスでも言えることであり、そちらの方が酷い数字を示しているように思えます。 でも、クラウドであれば、もっと厳格な管理手法を提供できるはずであり、無駄も省かれるべきという意見には賛成です。_AC Stamp
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査 におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!

Comments Off on Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ

%d bloggers like this: