Agile Cat — in the cloud

富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Posted in .Selected, Asia, Citrix, Google, Post-PC by agilecat.cloud on July 7, 2015
Fujitsu, Google collaborate on managed Chromebook Services delivery
Peter Dinham – July 07, 2015
http://www.itwire.com/business-it-news/enterprise-solutions/68556-fujitsu-google-collaborate-on-managed-chromebook-services-delivery
 
_ IT Wire
 
Fujitsu has teamed up with Google to deliver an enterprise-grade managed service offering in Australia and New Zealand that it says leverages the flexibility, simplicity and security of the Chrome platform (Chromebooks and Chromeboxes).
 
Fujitsu は Google と提携し、 Australia と New Zealand において、エンタープライズ・グレードのマネージド・サービスを提供しようとしている。つまり、それにより、Chrome プラットフォーム(Chromebook と Chromeboxes)の柔軟性/簡潔性/安全性を、エンタープライズのために活用しようと目論んでいるのだ。
 
ーーーーー
 
Under the partnership, the Fujitsu Managed Chromebook Service will equip organisations with a flexible, scalable and cost effective solution to employee mobility, comprehensively controlled by Fujitsu’s managed services.
 
このパートナーシップの下で、Fujitsu Managed Chromebook Service が顧客に提供するのは、従業員のためのモバイビリティを、Fuhitsu のマネージド・サービスで包括的に制御するための、柔軟性/拡張性/経済性に富んだソリューションとなる。
 
Fujitsu ChromebookThe Managed Chromebook Service is closely aligned with Fujitsu’s Virtual Workplace Solution, which will allow Chromebook users to access their traditional applications and data via virtual desktop technology. Fujitsu partners with Citrix to deliver the service.
 
この Managed Chromebook Service は、Fujitsu の Virtual Workplace Solution と密接に連携している。それにより、対象となる Chromebook ユーザーたちは、仮想デスクトップ・テクノロジーを介して、レガシーなアプリケーションやデータにアクセス可能となる。 なお、この種のサービスに関して、Fujitsu は Citrix と提携している。
 
Phil Dean-Jones, Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC, at Citrix, said, “As more and more Citrix customers move to cloud-based delivery of Windows Desktops and Applications, Fujitsu is a key Service Provider with a track record for hosting Citrix and managing these migrations across Australia and the world.
 
Citrix の Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC である Phil Dean-Jones は、「 Citrix における数多くの顧客が、Windows のデスクトップとアプリケーションを、クラウド・ベースで供給し始めている。それにつれて Fujitsu は、Citrix ホスティングに関する実績を積み上げ、また、Australia とグローバルで一連のマイグレーションを管理するという、きわめて重要な Service Provider となっている」と述べている。
 
“Momentum for Chromebooks has been building and the cost benefits are clear, however the first question asked by customers is ‘what about my Windows applications?’ which is why Citrix released our Receiver for Chromebook in 2013.
 
「Chromebook は勢いを生み出しており、そのコスト・メリットも明確である。しかし、顧客たちは、「私の Windows アプリケーションは、どうなる?」と、最初に必ず聞いてくる。そこに、2013年の時点で Citrix が、Chromebook レシーバをリリースした理由がある」
 
“We see the new Fujitsu Managed Chromebook Service as the next step for these devices, as the Chromebook gains mainstream business attention, now backed in Australia by a Tier 1 Citrix Service Provider in Fujitsu.”
 
「 Chromebook がビジネスのメインストリームで注目を集めるにつれて、一連のデバイスにおける次のステップとして、この新しい Fujitsu Managed Chromebook Service が必要になると、私たちは認識している。Australia においては、Fujitsu の Tier 1 Citrix Service Provider により、その試みが促進されているのだ」
 
The Fujitsu Managed Chromebook Service enables customers to select the Chromebook of their choice.  When combined with a Citrix virtual desktop or application environment, Dean-Jones says the service provides a versatile, highly secure and well managed client computing solution with seamless access to both Windows and Web based applications for the enterprise.
 
この Fujitsu Managed Chromebook Service により、顧客たちは自らの選択肢として Chromebook を取り上げることが可能になる。そして、このサービスと Citrix 仮想デスクトップおよび、アプリケーション環境を組み合わせるとき、汎用性と安全性が不可欠なエンタープライズのための、適切に管理されたクライアント·コンピューティング·ソリューションが実現されると、Dean-Jones は発言している。つまり、Windows と Web のアプリケーションをまたいだシームレスなアクセスが、エンタープライズに対して提供されるのだ。
 
Fujitsu then undertakes all user management; device configuration and management; provisioning of corporate approved applications from the Google Store, listing of sites that devices and users can access, environment look and feel, controlled OS updates, OS and hardware support, and hard installation.
 
さらに Fujitsu は、すべてのユーザー・マネージメントおよび、デバイスのコンフィグレーションとマネージメントを実現していく。具体的に言うと、Google Store におけるアプリケーションの中から、ユーザー企業が承認したものだけがプロビジョニングされ、また、デバイスおよびユーザーが、アクセス可能なサイトがリストアップされる。それだけではなく、環境のルック&フィールや、コントロールされた OS の更新、OS と ハードウェアのサポート、そして、ハード・インストールなども管理されていく。
 
According to Kevin Ackhurst, Director, Google for Work Asia Pacific, said: “Businesses around the world have found that Chromebooks provide them with a more secure and simple way of working. They’re fast, easy to share and easy to manage, and we’re delighted to be working with Fujitsu to bring these benefits to more businesses across Australia and New Zealand.”
 
Google for Work Asia Pacific の Director である Kevin Ackhurst は、「世界中の企業が Chromebook に対して、自社の IT を安全かつ簡単な方法で、提供することが可能なものだと認識するだろう。彼らは、容易な共有と、容易な管理を、あっという間に実現していく。Fujitsu と協調することで、Australia と New Zealand の数多くの企業に、こうしてメリットを提供できることを、私たちは喜んでいる」と述べている。
 
Mike Foster, Chief Executive Officer of Fujitsu Australia and New Zealand, said the company knew from discussions with its customers that there was a growing interest in the Chromebook as an enterprise platform.
 
Fujitsu Australia and New Zealand の CEO である Mike Foster は、エンタープライズ・プラットフォームとしての Chromebook に対して、関心が高まってきたことを、顧客とのディスカッションから得たと述べている。
 
“We are proud of our new partnership with Google and our ability to continue pushing innovation boundaries. We are the first SI to offer managed services to enterprises for Chromebooks as part of our vision of ‘Workplace Anywhere’.”
 
「私たちは、Google との新たなパートナーシップに関して、そして、イノベーションの限界を拡張し続けていく能力に関して、とても誇りに思っている。私たちは、”Workplace Anywhere” というビジョンの一環としての Enterprise Chromebook に対して、マネージド・サービスを提供する最初の SI である」
 
ーーーーー
Post-PCGoogle for Work Asia Pacific と Fujitsu Australia and New Zealand の提携ということなので、オーストラリアとニュージーランドに限定されるものなのか、それともグローバルに広がっていくものなのか、そのあたりは定かではありません。しかし、Citrix というパートナーを巻き込み、センスの良い SIer が顧客の要望に応えるなら、こんなソリューションが実現できるという、とても良い事例になるでしょう。 それにしても、面白い展開です。 これからの進み方に、注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
米教育関係者:Chromebook により、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
 

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Posted in Alibaba, Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on June 21, 2015
わずか2ヶ月で、こんなに変化するアジアのインフラに唖然・・・
 
_ cna-banner
 
ゴールデン・ウィーク明けに、Asia のデータセンター情報をまとめてみましたが、その後も続々と、インフラに関連する興味深いトピックが登場しています。そこで、今週は、5月と6月のクラウド/データセンター/サーバー動向についてトレースしていきたいと思います。その中には、対訳として Agile_Cat に掲載したトピックもありますので、まずは、それらを振り返ってみます。
 
At BeijingFlickr
Shreyans Bhansali
 
Cloud Asia News を立ち上げてから、すでに一年以上が過ぎていますが、中国人アナリストが分析するクラウド動向レポートを、初めて見つけたので訳してみました。 それは、Alibaba の勢いを説明するものであり、すでに同社は、世界の Top-3 を構成すると論じています。「5/19: 中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される」 いまでは、一般の中国人と疎遠になってしまった Google が、Alibaba にはじき出されたという感じですね。また、Allibaba は、グローバルでの展開を視野に入れた、Equinix との提携も進めています。「6/5: Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
 
ecomm-marketplace-active-buyersそして、どうしても気になるのが、同じコマース・サイトとしての規模の比較ですが、この 4月に Business Insiderが、両サイトにおけるアクティブ・サブスクライバーの数を、このようなチャートを用いて比較しています。その他にも、2014年8月の TechInAsia が「Alibaba と Amazon:両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!」というインフォグラフィクスを提供しています。
 
話は、鳴り物入りで始まった VCE の崩壊劇に飛びます。 つまり、VMware/Coiso/EMC 連合軍から Cisco が実質的に離脱したというトピックなのですが、そこに Quanta が一枚噛んでいるという、Taiwan からの興味深い情報です。「5/22: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?」こうした、グローバルでの勢力分布図を書き換えるような出来事の影に、ちゃんと台湾の大手が食い込んでいるのが印象的です。 そして Quanta の展開ですが、以下のトピックスを見る限り、より上位のレイヤまでを取り込んだ、ソリューション・ベンダーへの道を歩み始めたように感じますね。
 
5/04: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
6/17: Quanta to strengthen software R&D for enterprise server business
 
その他のデータセンター関連情報ですが、以下に示すとおり、Digital Reality の 進出が本格化し、Google が更なる投資を表明するなど、依然として Singapore ラッシュが続いています。しかし、その一方では、Apple が Foxconn と提携して、China 本土にデータセンターを構築すると発表しています。また、Open Data Center Alliance のボードに China Unicom と Infosys が参加するようですが、こうしたアジアの活気を見ると、当然のことなのでしょう。
 
5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
6/03: Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
6/14: Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
6/06: ODCA Welcomes Board Members from China Unicom, Infosys and Intel
 
以下は、この2ヶ月における、Asia のクラウド/データセンター/サーバー動向です。
 
5/18: Aliyun making inroads into Middle East, North Africa
5/21: China Unicom sets up cloud-based data centers
5/21: Alibaba to open more data centers in global cloud computing push
5/21: Singapore plans to build green data centre technology hub
5/22: Communications moves data centre offsite in $18m deal
5/23: IBM planning to set up second data centre in India
5/23: HP sells 51% stake in China server unit for $2.3 billion
5/25: Fujitsu Upgrading Australian Data Centers Starting With Perth
5/25: Big data, IoT to boost Taiwan’s information services sector
5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
5/27: DHS moves into new CDC data centre, from AU
5/29: Foxconn to continue expanding Big Data center in Guizhou
5/29: MacTel to sell Sydney data centre
 
6/2: Server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%
6/2: Unisplendour Acquires 51% Stake In H3C From HP
6/3: China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
6/5: 1-Net connects data centers in Asia, from SG
6/8: Wiwynn Adds Workload-Optimized Cavium ThunderX™-based Platforms
6/8: Aliyun Announces Global Partnership Program to Boost Public Cloud
6/11: NEC launches SDN-compatible switches for large data centers
6/11: Nutanix will go local for APAC, IPO for transparency
6/12: Shenzhen server maker Inspur targets HP’s clients in China
6/12: Fibre network outage affecting parts of Singapore resolved: NetLink
6/14: Chinese telecom firm Huawei supports Ghana’s ICT modernization
6/15: The ISPs take it all: No compensation for Vietnam’s snail-like Internet
6/19: NexGen Networks Works with iAdvantage to Build a Hong Kong Point
 
以下は、今週の Top-10 Posts です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/15: Singtel joints Alibaba cloud computing alliance
 
Singapore
Singaporean government-linked corporations are notable for their investments and dealings abroad, as well as their portfolio management methods, which are held up as models for state-owned enterprises.  State-owned Temasek Holdings, for instance is often noted has been the subject of an NUS-CIMA study.  Meanwhile, GIC has been the subject of much research often focused on sovereign wealth funds. Singtel has joined a network of partnerships led by Intel and Alibaba Group, while GIC is sourcing for more investment opportunities in West Bengal. In the energy sector, the Singapore-listed Ezra Group has secured contracts worth $115 million.
 
② 6/15: Australia’s internet hit hard by massive Malaysian route leak
 
AustraliaA misconfiguration at Telekom Malaysia late last week caused large-scale routing issues which cascaded through providers in Oceania and elsewhere in the world, resulting in customers experiencing severe network problems. The issue started at at 6:43pm AEST last Friday when Telekom Malaysia made changes to its routers using the border gateway protocol (BGP), which is used by providers and networks to decide how data traffic flows via prefixes inserted into the internet routing table.
 
③ 6/14: Yahoo mobile developer conference to be held in India
 
IndiaNEW DELHI: Yahoo announced that it will host its mobile developer meet in New Delhi on June 24 and in Bengaluru on June 26.  Jarah Euston, vice president of analytics and marketing at Flurry (owned by Yahoo), said: “India has a vibrant, rapidly growing app developer community. As a mobile-first company, we understand the need for app developers to have a strong mobile analytics and monetization engine.”
 
④ 6/17: Microsoft Azure & Office 365 achieve Level 3 of Singapore’s security standard
 
SingaporeMicrosoft’s Azure platform and Office 365 have achieved, Level 3, of the Multi-Tier Cloud Security (MTCS) Standard for Singapore (SS 584) which has been designed for regulated organizations with specific requirements and more stringent security requirements. Microsoft’s Dynamics CRM Online has also been assessed and certified as complying with Level 2 of MTCS SS, which is designed to address the needs of most organizations running business critical data and systems through a set of more stringent security controls to protect business and personal information in potentially moderate impact information systems using cloud services.
 
⑤ 6/18: TCS and IBM lead race for Volvo’s $500 million IT contract
 
IndiaBENGALURU: Tata Consultancy Services and International Business Machines have emerged as frontrunners in the race to win Swedish truckmaker AB Volvo’s IT outsourcing contract, worth about $500 million, according to people familiar with the matter. As part of the deal, which is expected to stretch over three to five years, Volvo will outsource its IT business unit, they said, adding that HP and Infosys are among the other firms being evaluated. Volvo may give out business worth at least $100 million a year as part of this deal, they said, requesting anonymity.
 
⑥ 6/12: Penang is on its way to becoming the Silicon Valley of the East, and IoT is how
 
MalaysiaIt is almost lunchtime when I step into Suntech Tower, an unspectacular office building which is home to several high-flying Penang startups. As is typical here, the afternoon sun is scorching, so the cold air-conditioning that greets me as I enter is a welcome reprieve. Today, I am here to visit Piktochart, whose infographic design app is arguably one of the Malaysian state’s most accomplished startups to date. It boasts 2.7 million users, of which 300,000 are active monthly.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 6/16: Telin Singapore launches telco hub
 
IndonesiaTelekomunikasi Indonesia International (Telin Singapore) has started construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Center Park (DCP) in Jurong. This new facility will be the third datacenter owned and managed by Telin Singapore. To be branded as Telin-3, it will address the growing demand for premium datacenter services to support Singapore’s Smart Nation vision. It will also address demand from the region and global markets where Telin Singapore is able to play a pivotal role in providing reliable, secured and seamless regional and global telecommunications connectivity services.
 
⑨ 6/17: China to implement semiconductor investment plans with CNY600B in funding
 
ChinaChina has begun to implement its investment plans aiming to boost development of the local semiconductor industry, and will inject a total of CNY600 billion (US$19.4 billion) into the industry over the next five years, according to industry sources. Almost 70% of the investment fund will be poured into the IC manufacturing and equipment sectors, with a focus on promoting locally produced logic chips, DRAM and NAND flash memory, said the sources. A group of logic chipmakers led by Semiconductor Manufacturing International (SMIC) has benefited from the first phase of investment, the sources observed.
 
⑩ 6/14: NTT Com Named as a Leader in APAC Managed Security Services 2015 byIDC
 
JapanNTT Communications announced today that it has been positioned as a Leader in International Data Corporation’s (IDC) first ever “IDC ITMarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2015 Vendor Assessment” report. The IDC ITMarketScape represents a vendor assessment including both quantitative and qualitative characteristics that define success in today’s managed security services market. IDC evaluated 16 organizations that offer managed security services (MSS) in Asia/Pacific by conducting in-depth interviews with MSS providers and more than 20 interviews with providers’ customers.
 
ーーーーー
cna_6この Top-10 にも入っていますが、インドネシアにおけるテレコムの動きが活発になってきているようです。 インフラに関しては、つまり、データセンターに関しては、シンガポールのファシリティを利用するケースが多いようです。 このインドネシアも、たいへんな数のモバイル・サブスクライバーを抱えていますので、それに対応すべく、データセンターへの投資が盛んになってきています。_AC Stamp
 
6/07: Telkom builds 3rd data center in Singapore, from Jakarta
6/08: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
6/16: Telin Singapore launches telco hub
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
 

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
http://talkincloud.com/telco-hub/06162015/huawei-vodafone-establish-strategic-alliance
 
_Talkin Cloud
 
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
 
この、テレコム業界の大物二社が、エンタープライズ・コミュニケーションおよびテクノロジー・サービスにおける、多様な開発事業について協調していくことになる。
 
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
 
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
 
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
 
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
 
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
 
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
 
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
 
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
 
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
 
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
 
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
 
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
 
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
 
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at dan.kobialka@penton.com.
 
ーーーーー
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
 

Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ

Posted in Container, On Monday, Virtualization by agilecat.cloud on June 3, 2015
Cloud Computing: Container Technology to Shrink Wasted Cloud Resources
By Dick Weisinger – May 29th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-container-technology-to-shrink-wasted-cloud-resources/
_ formtek
Cloud infrastructure spending grew by 14.4 percent year over year in the fourth quarter 2014 to $8 billion, according to IDC.  Cloud infrastructure includes server, disk storage, and ethernet switches.
 
クラウド・インフラへの支出であるが、IDC によると、2014年 Q4 の成長率は前年比で 14.4 % 増加であり、また、売上は $8 billion に達しているという。ここで言うクラウド・インフラには、サーバー、ディスク·ストレージ、およびイーサネット・スイッチなどが含まれている。
 
Monet_4But much of the money spent on cloud computing has been wasted.  When businesses spin up servers with more power or capacity that are really required, that extra capacity will not be fully utilized.  Often businesses are sloppy in managing their virtual servers, not shutting them down in off hours when they’re not needed.
 
しかし、クラウド・コンピューティングに費やされる対価のうち、かなりの金額が無駄遣いされている。ユーザー企業が、実際の要件を満たすために、さらなるパワーやキャパシティをサーバー群に投入しても、その余剰のキャパシティが、十分に活用されることはない。 また、多くのケースにおいて、ユーザー企業の仮想サーバー管理がずさんであり、そのキャパシティが不要な場合でも、シャットダウンが実施されていないようだ。
 
Boris Goldberg, co-founder and chief technology officer at Cloudyn Ltd., estimates that 60 percent of cloud software servers could be eliminated or terminated because their not being used.
 
Cloudyn Ltd の Co-Founder and CTO である Boris Goldberg が、ボリス·ゴールドバーグ、Cloudyn Ltd.の共同創設者兼CTO(最高技術責任者)は、クラウド・ソフトウェア・サーバーの、60% が利用されていない計算となるため、それらの停止や契約解除が可能だと、そのステートメントで述べている。
 
Richard Davies, CEO of ElasticHosts, said that “a large proportion of cloud users are paying for cloud services that they never fully utilize…  This is because the prevalent model for IaaS is based on the use of virtual machines, where compute is paid for based on what is provisioned, but this is at best 50% utilised by typical workloads.  However, recent updates to the Linux kernel mean containerized servers can now be offered to cloud IaaS customers, where they are only charged for capacity they actually use, rather than what they provision, and as a result this wasted IaaS capacity could be eliminated.”
 
ElasticHosts の CEO である Richard Davies は、「クラウド·ユーザーの大部分が、完全に利用しつくすことの有り得ない、クラウド・サービスに対価を支払っている・・・ なぜなら、IaaS を支配しているモデルは、仮想マシンの利用をベースにしているからだ。つまり、コンピューティング、何をベースにプロビジョニングされ、どのような支払いが生じているのかという話である。そして、一般的なワークロードにおける使用率は、せいぜい 50% 程度である。とは言え、最近の Linux カーネルは、サーバーをコンテナ化するようにアップデートされ、それを IaaS クラウド・ユーザーに提供するようになってきた。つまり、プロビジョニングされた容量にでなく、実際に使用する容量に対して、課金することが可能になる。その結果として、ここで言う 無駄な IaaS キャパシティを排除できるようになる」と述べている
 
Davies said that “the sooner the cloud industry unlocks the potential of containers, the quicker we will evolve to the next generation of the cloud, and the more customers that will benefit.”
 
Davis は、「 クラウド業界は、迅速に、コンテナの潜在能力を解放すべきだ。 それにより、次世代のクラウドへの、私たちは素早く移行できる。 つまり、より多くの顧客に対して、コンテナのメリットを提供できるのだ」と、付け加えている。
 
ーーーーー
On Monday文中にある「クラウド・ソフトウェア・サーバーの 60% が利用されていない」という表現ですが、アプリケーションへのリクエストがなく、仮想サーバーだけが走っている状況を示しているのでしょうかね? この数字の正確性はともかく、無駄なサーバーがたくさん動いている感じはしますね。 ただし、それは、クラウド固有の問題ではなく、オンプレミスでも言えることであり、そちらの方が酷い数字を示しているように思えます。 でも、クラウドであれば、もっと厳格な管理手法を提供できるはずであり、無駄も省かれるべきという意見には賛成です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!

Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?

Posted in Amazon, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on May 11, 2015
Microservices: The Rise of the Minimal Component Architecture
By Dick Weisinger – May 8th, 2015
http://formtek.com/blog/microservices-the-rise-of-the-minimal-component-architecture/
_ formtek
Microservices are lightweight fine-grained services that can be deployed with middleware or brokers.  The idea behind the approach has been around for some time, but a convergence of technologies, like the cloud, containers and REST/JSON services is making the approach more possible to achieve.
 
Microservices とは、ミドルウェアやブローカーを用いてデプロイすることが可能な、軽量で粒度の細かなサービスのことである。このアプローチの背景となる発想は、ときおり目にすることができるが、クラウドおよびコンテナや REST/JSON といった集約型テクノロジー (convergence of technologies) を、より現実的なものにするための方式だと言える。
 
Rather than build monolithic applications using “big balls of mud with tangled spaghetti code“, a microservice architecture builds many small and focused components that can easily communicate with each other.
 
Dali_11つまり、「もつれたスパゲッティ・コードによる大きな固まり」を用いて、モノリシックなアプリケーションを構築するのではなく、コンポーネントにフォーカスした Microservice アーキテクチャにより、小規模なコードを構築することで、簡潔に相互通信させていこうという考え方に基づいている。
 
Owen Garrett, head of product for Nginx, recently described how Amazon is using microservices.  ”When you go to Amazon.com and type in Nike shoe, over 170 individual applications get triggered potentially from that search — everything from pricing to images of the shoes to reviews of the shoes to recommendations of other products you may want to purchase. Each of those were individual services or subfeatures, if you like, of an application or an overarching experience, and all those were connected via HTTP. Each might be built in different languages. Each of those may have different requirements in terms of the data store, in terms of scaling and automation. Those were the attributes that we saw that were the fundamental anatomy of microservices architecture.”
 
最近のことだが、Nginx の Head of Product である Owen Garrett が、Amazon も Microservices を活用していると記している。具体的に言うと、「 Amazon.com で Nike shoe とタイプすると、170 種類以上のアプリケーションが、起こりうる検索のためにトリガーされる。それにより、探しているクツの価格や画像といった情報から、購入する可能性のあるプロダクトに関するレビューやリコメンデーションに至るまでの、あらゆる可能性がカバーされることになる。 つまり、それぞれのトリガーされたコンポーネントは、あなたの好みのものを探すための、アプリケーションもしくは包括的なエクスペリエンスにおける、個々のサービスやサブ機能といったものであり、そのすべてが HTTP を介して接続される。また、それらが、同一の言語で構築されているとは限らない。さらに言えば、データストアの観点や、スケーリングと自動化の観点において、それぞれの要件を有する可能性もある。それらは、私たちが確認できる特性であり、また、Microservices アーキテクチャの基本的な解剖学だ」と述べている。
 
Benefits of the microservices approach include scalability, agility, and greater resilience.  More specifically, microservice benefits include:
 
Microservices アプローチのメリットそしては、スケーラビリティとアジリティに加えて、高度な弾力性が挙げられる。 それらを具体化すると、以下のようになる。
 
  • Individual components have simpler architecture and design
  • Each component can be built using the right tools and language for the task
  • The design promotes loose coupling and easier maintenance
  • Promoted distributed independent parallel product development
  • Works well alongside new technologies, like Docker
 
  • それぞれのコンポーネントは、シンプルなアーキテクチャとデザインを有する。
  • それぞれのコンポーネントは、そのタスクに応じた適切なツールと言語で構築できる。
  • そのデザインにより、疎結合の考え方と、容易なメンテナンスが促進される。
  • さらに言えば、自律分散型の開発が、平行していて進められるようになる。
  • そして、たとえば Docker のような、新たなテクノロジーとの協調が実現される。
 
Eric Knorr, writer at InfoWorld, wrote that “the payoff [of microservices] is manifold: Services can be updated individually, new applications can be built quickly from existing services, and management actually has greater visibility into who is responsible for what.”
 
InfoWorld のライターである Eric Knorr は、「 Microservices から得られるものは多様である。 つまり、それぞれのサービスを個別にアップデートすることが可能であり、また、既存サービスから新しいアプリケーションを迅速に構築することが可能であり、誰が何に対して責任を負うかという意味で、可視性の高い管理が可能になる」と記している
ーーーーー
On Mondayたしかに、Amazon で探しものをしていると、かなり昔の探しものとの関連性や、ちゃんとカテゴライズされた関連性が生きているという感じで、レビューやリコメンデーションが登場してくるので、ちょっと驚くことがありますが、それが Microservices の威力なのでしょう。 もちろん、それは以前から言われてきた考え方であり、理屈の上で優位性が論じられてきたものなのですが、このように説明してもらえると、とても分かり易いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on May 11, 2015
シンガポールに加えてオーストラリアも、とてもホットだ・・・
 
_ cna-banner
 
GW だからという訳ではなかったのですが、この 5月はポストをサボってしまいました ^^;  そして、困ってしまったのが、Asia Weekly の取り扱いなのですが、今週は 4/26〜5/2 と 5/3〜5/9 の合併号ということにしましたので、よろしく お願いします。 この4月も、たくさんのクラウドとデータセンターが、APAC のマーケットに参入してきました。その中でも、ついにキタかというのが、Linode と Interoute のシンガポール進出です。
 
4/28: Linode Opens New Data Center in Singapore
4/29: Interoute Sets Up in Singapore
 
LinodeLinode は、日本でいうと 「さくらの VPS」と、そして同じ米国勢である「DigitalOcean」と、ぶつかり合うサービスという感じです。 ちょっと古いですが、GIGAZIN が 2013年の7月に「クラウドサービスAmazon AWS EC2・Linode・DigitalOceanをベンチマークして性能比較」という記事を提供していますので、ご参照ください。 そして、Interoute ですが、Agile_Cat でも「欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!」という抄訳で紹介しているように、昨年の香港進出に続いてシンガポール進出を果たしたというところです。その他では、Atlantic.net も Cloud Data Center をシンガポールに構築したようです。
 
そして、シンガポールと同様にホットなのが、オーストラリアのマーケットです。 以下のように、Huawei/VMware/Equinix/Centurylink といった大物が、その勢力を同国内で拡大しています。
 
4/27: Huawei and iCITA – a partnership cemented in the datacentre
4/27: VMware Data Center for Cloud Lights Up in Melbourne
4/30: Equinix to build fourth Sydney data centre
5/2: CenturyLink Partners With NextDC to Enter Australian Data Center Market
 
その他のアジア諸国でも、以下の様な動きがありました。 上海の 21Vianet が、2018年まで Microsoft Azure のサービスを継続とのことですが、中国の国内法が整備されるにつれて、他のプロバイダーも進出していくのでしょうね。
 
4/2: Inventec to build server plants in Southeast Asia and Japan, says chairman
4/3: HP-Foxconn partnership to fuel competition in datacenter market in 2H15
4/11: Huawei designs data center architecture for real-time data processing in Big Data era
4/15: Opportunities and challenges in Hong Kong’s data center industry
4/15: China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
4/15: Google may set up cache server in India
4/22: Worldwide cloud IT infrastructure market grows 14.4% in 4Q14
4/27: 21Vianet to Operate Azure Cloud in China into 2018
4/27: Oracle Data Center to Launch in Japan for Local Cloud Users
5/2: PLDT Building Eighth Philippines Data Center for $29M
5/4: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
 
以下は、4/26〜5/2 の Top-10 です ・・・
 
ーーーーー
 
① 4/27: Gartner: Malaysia’s 2015 IT spend to increase 7.5%
MalaysiaAccording to Gartner, Malaysia’s IT spending will increase to MYR65.1 (US$17.56) billion in 2015, a 7.5 percent rise from last year, while worldwide IT spending will decline by 1.3 percent due mainly to the rising U.S. dollar. Speaking of the latest study, Gartner research vice president, John-David Lovelock said, “We forecast U.S.-dollar-valued worldwide IT spending in 2015 to shrink by 1.3 percent, down from 2.4 percent growth forecast in last quarter’s update.”
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters.  The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 4/29: Repair of AAG undersea cable will take at least 3 weeks
VietnamThe Asia-American Gateway (AAG) submarine cable was cut again on April 23 morning. The breakdown is located in SH1 segment, about 300km offshore Vung Tau, which is a turn from the international line via Hong Kong (China) to Ho Chi Minh City. The incident will affect internet bandwidth from Vietnam to international destinations. Viettel, FPT and VNPT have taken some measures to restrict effects on Internet users in Vietnam. Earlier in 2015, the AAG submarine cable was cut on January 5 and it took two weeks to resolve the issue.
 
④ 4/28: Linode Opens New Data Center in Singapore
SingaporeLinode, a leading provider of cloud-hosting services, today announced the expansion of its Asia-Pacific presence with a new data center in Singapore. This new location, created to meet the growing demands of the region’s rapidly growing technology and information sector, marks Linode’s second in the region and seventh overall. “We’ve been making simple cloud infrastructure available since 2003,” COO Thomas Asaro explained. .”
 
⑤ 4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
ChinaAt Huawei’s Global Analyst Summit, the company’s rotating CEO and deputy chairman Xu Zhijun said Huawei will launch public cloud services in China in July 2015. This launch will put Huawei in direct cloud service competition with Alibaba’s Aliyun service. Microsoft and Amazon already launched their public cloud services in China, but those services will ultimately not be able to compete on a large scale because of their foreign investment structures.
 
⑥ 4/29: MediaTek MT6735 chip adopted by major China smartphone firms
TaiwanMediaTek has announced that its MT6735 quad-core 4G 64-bit full-mode chip solution has been adopted by China-based ZTE, Lenovo and TCL for their upcoming smartphones. MediaTek indicated that volume production for the MT6735 SoC has kicked off. The solution will be incorporated into several new smartphones set to roll out in May.
 
⑦ 4/29: ChatWork raises $2.5M for team chat and collaboration tool
JapanChatWork, an enterprise social network, today announced that it has raised JPY 300 million (US$2.5 million) from GMO Venture Partners (GMO VP). It marks the first investment in the startup, which is based in Japan and California. (Update: a press release provided to Tech in Asia inaccurately stated the funding amount in dollars. The investment was actually JPY 300 million, or just over US$2.5 million at the current exchange rate. The text and headline have been updated accordingly.)
 
⑧ 3/20: Huawei filed most patents in 2014: WIPO
ChinaBEIJING: Chinese telecom giant Huawei Technologies Co Ltd became the world’s No. 1 applicant for international patents in 2014, a United Nations agency said, underscoring the innovative strides made by Chinese technology companies. Huawei was followed by San Diego-based chipmaker Qualcomm Inc while Huawei’s crosstown rival ZTE Corp, which was the world’s leading applicant in 2012, took third place in its number of filings, according to the World Intellectual Property Organization (WIPO).
 
⑨ 4/26: Gartner cuts forecast for 2015 chip market growth, from TW
TaiwanWorldwide semiconductor revenues are forecast to reach US$354 billion in 2015, a 4% increase from 2014, according to Gartner. However, the prediction is down from Gartner’s previous estimate of a 5.4% increase. “Concern is mounting about semiconductor revenue growth in 2015 as system suppliers start to grapple with the rapid depreciation in value of global currencies relative to the US dollar, excess inventories in the semiconductor and electronics supply chains, and the end of a PC upgrade cycle,” said Bryan Lewis, research vice president at Gartner.
 
⑩ 5/1: Qualcomm and MediaTek to launch new chips for China’s 4G market
ChinaLeading telecom chipmaker Qualcomm is speeding up its development of 4G product lines and is scheduled to introduce a new chip with advanced carrier aggregation technology Cat 10 before the first half of this year, reports our Chinese-language sister paper Commercial Times. It took eight years for the Chinese market to reach 100 million 3G users but it has only taken one year to get to 100 million 4G users. This is the result of the rapid growth in mobile internet demand in the country, Qualcomm China head Wang Xiang said at the company’s innovation summit in Beijing on April 27.
 
ーーーーー
 
以下は、5/3〜5/9 の Top-10 です ・・・
 
ーーーーー
 
① 4/14: Dell India’s retail presence to rise 100% in 2015
IndiaMUMBAI: Computer hardware major Dell plans to double the number of its stores in India to 800 this year and increase the proportion of its enterprise sales through channel partners, buoyed by its growing sales and market share in the country.  Dell India’s sales of servers and storage have been rising in the last two years, according to consultancy IDC India, even as rivals IBM and Hewlett-Packard have pulled back from the market. IBM has sold part of its server business to Lenovo while Hewlett-Packard has announced that it was splitting into two companies.
 
② 5/7: Cyanogen Terminates Chinese OnePlus Deal
ChinaCyanogen will terminate its cooperation with OnePlus, a Chinese smartphone maker, and find a new hardware manufacturer partner. Cyanogen’s CEO Kirt McMaster and founder Steve Kondik reportedly made the announcement at a conference in Beijing. As a result of this decision, the exclusive system dispute between OnePlus and MicroMax, a smartphone maker in India, will also end. In 2014, OnePlus launched a smartphone product named OnePlus One in India, which runs on Cyanogen OS customized system and was well received in the local market.
 
③ 5/15: Smartphone boom in Vietnam benefits Chinese brands
VietnamIt plans to market products this year selling from several million dong to dozens of millions of dong to target different groups of customers. Shawn Shu, a Huawei senior executive, said it would have been easier for Huawei to join the Vietnamese market some years ago. Meanwhile, the market has become too competitive with the presence of “big guys”. The low-cost market segment, priced at below VND4 million, was once dominated by Vietnamese and Chinese brands. However, Microsoft has jumped on the bandwagon.
 
④ 5/4: China unlikely to develop home-grown DRAM within 5 years
ChinaResponding to China’s ambitions to step into the memory industry, Inotera Memories and Nanya Technology both believe that it is unlikely China can develop home-grown DRAM technology within at least five years. China might be able to gain access to proprietary technologies through technology licensing, but building a certain scale of production capacity would still require a period of time, the Taiwan-based DRAM makers commented.
 
⑤ 3/31: TCS, Infosys, HCL Tech, Tech Mahindra in race to buy US-based IT firm: Sources
IndiaWhile the Indian IT firms are getting aggressive in buying smaller ticket size companies in the US, sources with direct knowledge share that one such candidate, Sierra-Cedar with HQ in Georgia, US is close to launching a sale process soon. Valuation expectation for a complete sale of Sierra-Cedar is pegged at around $350 million, a source said.
 
⑥ 5/9: Newcomer to build 500 Ooredoo towers
MyanmarThe build-and-lease contract is for a period of 18 months, according to the statement. This is a relatively modest rollout plan compared to other towers companies operating in Myanmar. Pan-Asia Towers, for instance, signed in early 2014 to build 1250 towers for Ooredoo as part of its phase one program, which is already complete. A report by the International Finance Corporation (IFC) and mobile operators industry body GSMA estimates that more than 17,000 telecommunication towers will need to be set up by 2017 to cover 70 percent of Myanmar’s population.
 
⑦ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/15: Baidu unveils projector you can wear on your finger
ChinaChinese internet giant Baidu has unveiled its self-designed smart hardware DuRing, a mini projector the size of a ring that can be worn on the finger, reports Shanghai’s National Business Daily. Made of titanium alloy, DuRing weighs 22.8 grams with an 18 mm minimum diameter. It connects to Baidu online video site through wireless technology and projects to a 50-inch screen at the largest with WXGA (1280 x 800) resolution.
 
⑨ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑩ 5/1: Indian Cabinet pumps US$15.4 billion into smart cities, urban development
IndiaThe Indian Cabinet yesterday approved the 100 smart cities initiative with a five-year budget of US$7.6 billion (INR 48 billion), and launched a second project to redevelop 500 cities and towns with US$7.9 billion (INR 50 billion). Under the smart cities project, each city will get US$15.7 million (INR 1 billion) every year for five years. State and local governments will match these resources by at least 50 per cent, meaning that cities across India will see a “minimum investment” of US$31.5 billion (INR 2 trillion) over the next five years, a statement from the Cabinet said.
 
ーーーーー
cna_6Top-10(20?)には入っていませんが、5/9 の Chinese company ZTE among world’s top patent holders という記事が気になっています。 この 3月に、Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか? という抄訳をポストしましたが、この二社が取得している特許が、これからのグローバル市場に、どのような影響をおよぼすのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Posted in .Selected, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on April 27, 2015
Cloud Developer Profiles: Are you a DevOp, Coder, or RAD?
Dick Weisinger – April 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-developer-profiles-are-you-a-devop-coder-or-rad/
_ formtek
So, you’re a developer, but which cloud platform is best for you?
 
たしかに、あなたはデベロッパーだけど、どのクラウド・プラットフォームがベストなのだろうか?
 
Forrester says that depends.  They’ve developed three different developer profiles of different developer types and the types of cloud environments that work best for each type.
 
Forrester の言い方を真似するなら、そこには三種類のデベロッパーがいて、それぞれが異なるプロファイルを有している。つまり、彼らが働きやすい、三種類のクラウド環境が存在することになる。
 
Chagall_1Some developers are heavy into Java, Ruby or C# code, while others might prefer quick-and-dirty scripting.  Some developers love working with lots of configuration, others want point and click environments.  Forrester profiles, based on developer methodologies, recommend cloud platforms based on your development style.  Forrester identified three different developer classifications.
 
一部のデベロッパーたちは、Java/Ruby/C# といったコードに没頭するが、安かろう悪かろうのスクリプトを好む人もいる。 一部のデベロッパーたちは、大量のコンフィグレーションも苦にしないが、お手軽な環境を望む人もいる。 Forrester は、こうしたデベロッパーたちの方法論をベースにして、あなたの開発スタイルに合ったお勧めクラウド・プラットフォームをプロファイル化している。Forrester は、デベロッパーたちを、三種類に区分している。
 
  • Coders don’t want to muck with mucking with infrastructure configurations and would prefer an environment where those details were pre-configured.
  • Corder は、インフラスのコンフィグレーションで手を煩わすのを嫌い、それらの詳細が、プリ・コンフィグレーションされた環境を好むだろう。
  • DevOp pros tend to use the command line heavily, write scripts, and work with server, database, network, and storage configurations.
  • DevOp pros は、コマンド・ラインを駆使してスクリプトを書き、サーバー/データベース/ネットワーク/ストレージをコンフィグレーションしていく傾向がある。
  • RAD developers love point and click and every chance they get to auto-generate some code.  They’re into doing things fast, with an emphasis on not only high velocity and quantity, but also quality.
  • RAD developers は手軽さを好み、あらゆるチャンスを見つけては、コードを自動生成していく。 彼らは、迅速さと量的な観点からだけではなく、品質を維持しながら、素早く開発することに興味を持つ。
 
The Forrester report found that “Public cloud platforms take several forms, including those providing basic infrastructure-as-a-service up through those providing full or partial platform services and tools. Each of these types of platforms is best suited to a distinct type of application development and delivery (AD&D) pro within your ranks… AWS, Microsoft, and Salesforce are each leaders in meeting CIO requirements.  Each of these vendors started its cloud-platform journey in a distinct position serving a specific developer type and has expanded its offerings to provide greater breadth to a wider range of developers and support for a larger catalog of application types. Across all four Forrester Wave comparisons, two vendors stood out as consistent and clear leaders, while another, AWS was a leader across three of the four segments.”
 
こちらの方の Forrester レポートは、「パブリック・クラウド・プラットフォームには、いくつかの形態がある。その中には、全体的あるいは部分的な、プラットフォームのサービスやツールの提供を介して、基本的な IaaS を提供するものも含まれる。それぞれのプラットフォームが、あなたが位置づける AD&D (application development and delivery) に応じて、最適なタイプとなる。そして、こうした要件を満たす CIO にとって、AWS/Microsoft/Salesforce がリーダーとなっている。それらのベンダーは、こうしたデベロッパーのタイプに応じて、それぞれのサービスを提供するというポジションから、クラウド·プラットフォームへと旅立っていった。そして、自身を拡張することで、デベロッパーたちを幅広く支援し、大規模なアプリケーション・タイプをサポートしてきた。この Forrester Wave における 4つの区分で比較すると、2つのベンダーは、一貫性と明確性を備えたリーダーとして際立っていた。その一方で、AWS はというと、4つのセグメントにおける、3つの区分でリーダーとなっていた」と指摘している。
 
Further, the report notes that “the popular wisdom that cloud computing comes in three flavors — Software-as-a-Service (SaaS), IaaS and PaaS — no longer describes reality. We find that vendors are blurring the lines between the three cloud-computing categories.”
 
そして、このレポートは「クラウド・コンピューティングを、3つのフレーバーである IaaS/PaaS/SaaS で分類するという考え方は、もはや、現実味を伴っていない。つまり、この 3つのカテゴリーを区分する境界線を、ベンダーたちが曖昧にしている点に、私たちは気づくべきだと」と述べている。
 
ーーーーー
Forrester WaveOn Monday訳す前は、3つの分類と 4つの分類で混乱してしまい、全体の意味がつかめなかったのですが、4つの分類の方は、この図のことを指しているようです(クリックで拡大)。文中の、2つ目のリンクから無償で DL できるレポートなので、お時間のある方は、ぜひ、ご参照ください。そして、この記事ですが、「デベロッパーのタイプに応じて、クラウドのタイプを再編しても良いだろう」と、Weisinger さんは言いたいのでしょうかね? 関連性を説明しない、まったく異なる 2つの文脈が並んでいると、そうとしか受け取れませんよね :) それぞれのベンダーが、クラウドに取り組み始めた時点と比べて、デベロッパーのタイプも大きく変化しているわけですし、ここらで再編した方が、スッキリするようにも思えます。この世で最も強いのは、プラットフォームでもなく、ベンダーでもなく、エコシステムなのですから ・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
 
 
%d bloggers like this: