Agile Cat — in the cloud

Google が擁護する、App Engine におけるロックインの定量化とは?

Posted in .Selected, Google, Interoperability, PaaS by Agile Cat on September 12, 2013

Google defends, quantifies App Engine lock-in concerns
http://wp.me/pwo1E-6Cw
By
Derrick Harris – JUL. 9, 2013
http://gigaom.com/2013/07/09/google-defends-quantifies-app-engine-lock-in-concerns/

_ Gigaom

Summary: Google App Engine’s engineering director, Peter Magnusson, took to Google+ on Tuesday to dispute a lingering reputation the company is trying to lock in developers with its PaaS offering.

Summary: 火曜日のことだが、Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、同社が提供する PaaS により開発者をロックするという、いつまでも消えない評判を戦うために、Google+ に登場した。

photo: Shutterstock / Mopic

Google App Engine engineering director Peter Magnusson has some good news and some bad news about his product. The good news: Contrary to its reputation among some people, Google isn’t locking anybody in by design. The bad news: In practice, it is kind of locking in developers, though.

Google App Engine の Engineering Director である Peter Magnusson は、自身のプロダクトに関して、いくつかの Good News と Bad News を持っている。Good News:何人かの人々が言う悪評に反して、Google はデザイン面で誰もロックしていない。 Bad News:しかし、実際のところ、それは開発者をロックする、ある種のものである。

Magnusson laid out his case in a lengthy Google+ post Tuesday morning in which he explains away lock-in as a case of necessary trade-offs. Essentially, he argues, you can either have access to the guts of the infrastructure and the flexibility — and operational effort — that comes along with that, or you can free yourself of those headaches by using someone else’s abstractions. If you’re using App Engine, that means you also get to use rad features such as Datastore and take advantage of Google’s know-how around things such as load balancing and fending off DDoS attacks.

火曜日の朝の長い Google+ ポストで Magnusson は、必要なトレードオフのケースとして、ロックインとは切り離した自身の経験について説明している。彼の基本的な主張は、インフラとフレキシビリティの本質にアクセスし、また、それに伴う運用上の取り組みを達成できるというものである。さもなければ、他の誰かが考えた、抽象化の概念を用いて、それらの悩みから自身を解放できるという。 つまり、あなたが App Engine ユーザーなら、すでに Datastore などの素晴らしい機能を利用し、また、ロード・バランシングや DDoS 対策といった、先進的な機能を利用していることになる。

With the right practices, portability is possible

Additionally, Magnusson writes, there are generic best practices developers can use to create applications that should be relatively easy to port between modern web application platforms. And, he continues:

それに加えて Magnusson は、アプリケーション構築にデベロッパーが用いる、汎用的なベスト・プラクティスが存在しており、最新の Web アプリケーション・プラットフォームを結びつけるために、それほど難しくなく移植できるはずだと述べている。さらに続けて:

“The stacks that these abstractions map to are replaceable by you. The Google Cloud Datastore is “just” anther NoSQL/NearSQL solution and can be replaced by stacks such as MongoDB; memcache is memcache; MySQL can obviously replace Google Cloud SQL; and the language containers are mostly forward compatible with other containers. Significant portions of the client environment, such as NDB, are open sourced by us already. When we add new building blocks like the Go language, we open source the whole language.”

これらの抽象概念がマップするスタックは、あなたによりリプレースが可能である。たとえば Google Cloud Datastoreは、まさに別の NoSQL/ NearSQL ソリューションであり、MongoDB といったスタックによりリプレースできる。 memcache は memcache のままであが、言語コンテナは他のコンテナに対して上位互換性を持つ。たとえば NDB などの、クライアント環境における重要な部分は、すでにオープンソース化されている。 さらに言えば、Go 言語のような新しいビルディング・ブロックを追加するとき、その言語全体が、オープンソース化されていく。

Want more proof? Magnusson points to Google’s partnership with open-source App Engine implementations such as AppScale, as well its work with Red Hat to bring the App Engine APIs to the JBoss and OpenShift platforms. Oh, and the rollout of the Google Compute Engine platform for users who really do want control at the infrastructural level.

これ以上の証明が、必要とされるだろうか? Magnusson は、オープンソース App Engine 実装する、たとえば AppScale と Google のパートナーシップを指摘するだけではなく、JBoss および OpenShift のプラットフォームに、App Engine の API を取り込むための、Red Hat との協業にも触れている。そして、インフラレベルでのコントロールを必要とするユーザーに対しては、Google Compute Engine プラットフォームを展開しているのだ。

The App Engine homepage.

Now here comes the “but …”

All that said, there is the cold, hard truth that running on a platform like Google App Engine (or, one could argue, almost any other cloud platform) inherently involves some degree of lock-in. Google does exit interviews with large-scale customers when they leave, and it has found the average time for them to successully move their application to a new platform is three to four months. “I would posit that this is not materially worse than any other public-cloud-to-public-cloud transition once you have a complex system up and running,” Magnusson wrote.

ここで述べてきた、すべての事柄を、Google App Engine(大半のクラウド・プラットフォームも同じだといえる)のような、いくつかの点でロックインと本質的に絡み合うプラットフォーム上で実現するにしても、ある種の冷たい響きを拭い去れない。 大口の顧客が Google から去るとき、彼らは出口インタビューを行なっている。 そして、それらの顧客が、新しいプラットフォームへアプリケーションを移動するために、平均で 3~4ヶ月を要しているという事実を見つけた。「それは、複雑なシステムを構築/運用し始めた後に、あるパブリック・クラウドから他のパブリック・クラウドへと移行するのと比較して、大きく悪化することはないと、私は仮定していたのだろう 」と、Magnusson は述べている。

All biases considered, Magnusson does make some good points. I’ve argued essentially the same thing before about Amazon Web Services — it’s a matter of expectation lock-in more than technological lock-in — and it probably holds true for just about every Platform-as-a-Service and Infrastructure-as-a-Service offering around. You could technically rewrite an application for any number of similar database or storage services, for example, but it’s the parts you like about a particular provider’s service that are hard to replicate.

すべてのバイアスを考慮した上で、Magnusson は、いくつかの興味深い点を指摘している。以前に、Amazon Web Services について、本質的に同じことだと主張している。 それは、テクニカルなロックインというより、期待どおりのロックインである。そして、おそらく、ほぼすべての Platform-as-a-Service と Infrastructure-as-a-Service について言えることでもある。 たとえば、技術面で類似したデータベースやストレージ・サービスへ向けて、あらゆるアプリケーションを書き換えられるだろうが、特定のプロバイダが提供するサービスを好むなら、その複製も難しくなってしまう。

Even with an open source project like OpenStack, easy portability isn’t guaranteed. Yes, the underlying code and building blocks might be the same, but it’s the differences among OpenStack-based providers that makes a market. If everyone looked and functioned exactly the same, there would be no reason to consider anything other than Rackspace in the public cloud.

OpenStack のようなオープンソース・プロジェクトであっても、容易なポータビリティが保証されるわけではない。Yes! 基本的なコードやビルディング・ブロックは同じかもしれないが、そこには、市場を構成する OpenStack ベース・プロバイダごとの差異がある。誰もが見ても、まったく同じように機能するなら、パブリック・クラウドにおいて、Rackspace の以外の環境を検討する必要もなくなるだろう。

Beside, moving a serious application from one cloud to another will never be enjoyable no matter how architecturally similar they are. Although, management layers such as RightScale, Scalr or Enstratius (now Dell Multi-Cloud Manager) could help mitigate some of that pain, and the Cloud Foundry community is trying to make portability among Cloud Foundry instances, at least, relatively pain-free.

話はそれるが、きわめて重要なアプリケーションを、あるクラウドから他のクラウドに移行することは、どれほどアーキテクチャが似通っていても、決して楽しい作業ではない。しかし、RightScale や、ScalrEnstratius (現 Dell Multi-Cloud Manager)などのマネージメント・レイヤを用いることで、その痛みも、いくぶんは軽減されるかもしれない。また、Cloud Foundry のコミュニティでは、Cloud Foundry インスタンス間でのポータビリティを実現しようとしている。そうなれば、少なくとも、痛みから開放される。

As with so many things in life, the “which cloud to choose?” debate really boils down to picking your poison. You can probably count on loving some aspects and hating others. But you’re also probably stuck with it for a while, so choose carefully.

人生における数多くの物事と同じように、「どのクラウドを選ぶべきか?」という議論は、「毒を食らわば」という発想に至りやすい。 おそらく、いくつかの側面は好ましく、いくつかは好ましくないという、何らかの判断に依存することになるのだろう。しかし、多くの人びとは、まだ、躊躇しているのだろう。 だからこそ、慎重に選択して欲しい。

Feature image courtesy of Shutterstock user Mopic.

Related research

ーーーーー

google-55a昨年の 9月にポストした、『 クラウド・ベンダー・ロックインと闘うための 五箇条の御誓文 』という抄訳には ーーー 数多くの人々が、そうしたように、私も App Engine の学習に、長い時間を費やしてきた。そして、App Engine を使っている多くの人々のように、それは間違いなのかと案じている。なぜなら、あなたの投資と開発の産物である、あらゆるアプリケーションが、App Engine だけで走るのものになってしまうのだから ーーー という、Google Groups フォーラムに書かれたメッセージが引用されていました。抽象度が高まれば、互換性が薄れていく。 だからといって、互換性に固執すれば、イノベーションの速度が落ちていく。とても難しい問題です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
NIST の Cloud Architecture 序文
NIST の Cloud Architecture 概要
NIST の Cloud Architecture – プロバイダとユーザーのスコープ

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

Savvis が AppFog を買収? Cloud Foundry エコシステムへの影響が心配だ!

Posted in PaaS, VMware by Agile Cat on June 15, 2013

Breaking: Savvis to buy AppFog
http://wp.me/pwo1E-6fy

By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/06/13/breaking-savvis-to-buy-appfog/

_ Gigaom

Summary: With AppFog, Savvis will get a Cloud Foundry-based Platform as a Service to run atop its own VSphere or vCloud Director-based infrastructure.

Summary: AppFog を得ることになれば、Savvis の vSpher および vCloud Director 上で、Cloud Foundry ベースの PaaS が動き出すことになる。

Savvis is about to buy AppFog, a Platform-as-a-Service startup based in Portland, Ore., according to several sources. Savvis, a data center operator, was acquired itself two years ago by CenturyLink in a $3.2 billion bid to build a cloud and hosted managed services powerhouse.

いくつかの情報源によると、Portland, Ore ベースの PaaS である AppFogを、Savvis が買収しようとしているらしい。 このデータセンター・オペレーターである Savvis も、クラウドとマネード・ホスティングのサービスを構築するために、2年前に CenturyLink  により、$3.2 billion で買収されている

Details are scarce since AppFog had no comment and Savvis could not be reached for comment but sources with knowledge of the deal expect the news to be announced Monday. Founded in 2010, AppFog garnered about $10 million in venture funding from Ignition Partners, Xen founder Simon Crosby, Madrona Venture Group, First Round Capital and Founders Co-Op.

AppFog からはコメントがなく、Savvis にはコンタクトさえ取れないので、詳細な情報が不足しているが、この買収劇に精通しているニュース・ソースは、月曜日には発表されると予想しているようだ。AppFog 自身は、Ignition Partners および、Xen founder Simon Crosby、Madrona Venture Group、First Round Capital、Founders Co-Op といった、VC からの $10 million ほどの出資により、2010年に設立されている。

Given that Savvis is a big VMware vSphere and vCloud Director partner, AppFog could give it a “house brand” PaaS of its own. AppFog’s PaaS builds atop standard Cloud Foundry technology, which came out of VMware. Its pitch was that AppFog abstracted out messy details of base cloud infrastructure so developers could move their apps from Amazon to Rackspace to HP or other public clouds at will. That eliminated cloud lock-in at least at the Infrastructure-as-a-Service (IaaS) layer. In April, however, AppFog dropped support for Rackspace and seemed to be narrowing its focus.

Savvis が、VMware vSphere および vCloud Director のビッグ・パートナーであることを考えると、AppFog により自社ブランド PaaS が登場する可能性もある。AppFog の PaaS は、VMware から提供される、標準的な Cloud Foundry テクノロジーの上に構築されている。そして、その宣伝文句は、AppFog が抽象化を進めることで、基本的なクラウド・インフラにおける煩雑さがなくなるため、Amazon から Rackspace や HP などのパブリック・クラウドへと、開発者たちは自分のアプリを、思いのままに移行できるちいうものだった。それは、少なくとも、IaaS におけるクラウド・ロックインを排除しようというものだった。しかし、4月に入ると、AppFog は Rackspace のサポートを取りやめ、フォーカスする対称を絞り込んでいくように見えた。

At the time, word was that VMware’s decision to spin off Cloud Foundry to Pivotal and offer it as a commercial PaaS hurt members of the ecosystem — including ActiveState, Uhuru and AppFog — it had recruited to build PaaSes atop that technology. That led to talk of a possible fork of Cloud Foundry.

VMware の決定が、Pivotal に Cloud Foundry をスピンオフさせ、商用 PaaS がエコシステムのメンバー(ActiveState/Uhuru/AppFog を含む)を傷つけると言われていたころ、このテクノロジー上での PaaS を構築する勢力が求められていた。 そして、Cloud Foundry がフォークするかもしれないという話に結びついていった。

Given this news, it looks like AppFog technology will be more tightly wedded to Savvis/VMware infrastructure, but no one’s saying.

したがって、今回のニュースを考えると、AppFog のテクノロジーと Savvis/VMwareのインフが密着していくように見えるが、それを、誰も指摘していない。

PaaS as a category hasn’t gained a ton of traction in the enterprise — even some in the market concede that it lacks a killer app to convince CIOs to buy into the concept. Developers at companies often use these platforms hosted on outside cloud infrastructure to build and test software but when the time comes to deploy, the apps typically come in-house.

カテゴリーとしての PaaS は、エンタープライズを変化させるだけの推進力を得ていない。さらに、PaaS コンセプトの導入においては、CIO たちを説得するたけのキラー・アプリが欠落していると、いくつかの市場で確認されている。 それらの企業における大半の開発者たちは、ソフトウェアの構築/テストを進めるために、外部のクラウド・インフラ上にホストされるプラットフォームを使用する。 しかし、一般的には、デプロイを行う段階で、インハウスへと移行することになる。

Pivotal trotted out General Electric’s $105 million investment in its new venture as proof that enterprise adoption of PaaS is on the upswing. Red Hat this week made its enterprise-focused OpenShift PaaS generally available. OpenShift adoption could be a bellwether for the category.

エンタープライズでの PaaS 採用が、回復基調にあることを証明するものとして、Pivotal が引き合いに出しているのは、General Electric が $105 million を新事業に投資していることだ。 その一方で、今週の Red Hat は、エンタープライズにフォーカスする OpenShift PaaS を、一般的に提供し始めた。 このカテゴリーでリードするために、OpenShift と採用するという可能性も生じてくるだろう。

Related research

ーーーーー

PaaS の特質は、その生産性の高さと、ロックインによる制約にあるのでしょう。 先日に、『 Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする 』という抄訳で、Google App Engine が好調だと伝えましたが、『 Elastic Beanstalk とは? 』で Amazon CTO の Werner Vogels が語っていた、ロックイン排除の難しさを思い出しました。その意味で、複数のプロバイダーが、Cloud Foundry を提供する形態は、ある種の理想だと思っていたのですが、なかなかうまく行かないようですね。 image

ーーーーー

<関連>

Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Cloud Foundry が .NET をサポートする!
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう

Posted in .Selected, Apache, PaaS, VMware by Agile Cat on March 19, 2013

Cloud Foundry faces fear of forking
http://wp.me/pwo1E-5MS

By
Barb Darrow – Feb. 27, 2013
http://gigaom.com/2013/02/27/cloud-foundry-faces-fear-of-forking/

_ Gigaom

Summary: Forking of open-source projects can be good or bad. Developers love freedom of choice but big customers fear lack of compatilbility. In either case the prospect of a Cloud Foundry fork is worth examining.

Summary: オープンソース・プロジェクトにおけるフォークは、良し悪しである。 開発者にとって選択の自由は魅力であるが、大口の顧客は互換性の欠落を恐れる。 いずれにしても、Cloud Foundry のフォークに関する見通しは、調べてみる価値を持っているようだ。

ーーーーー

photo: Flickr / Marshall Astor Food Fetishist

The rumblings have been around for weeks but now they’re breaking the surface: Cloud Foundry, the open source platform-as-a-service framework faces a bit of an insurrection. Several vendors, such as AppFog, ActiveState, Tier 3, Uhuru, etc. — have built PaaSes atop the framework and some have quietly been mulling forking the Cloud Foundry code, citing lack of clarity about the project’s future.

何週間も前から不満が募っていたようだが、いまでは、それが表面化している。つまり、PaaS である Cloud Foundry フレームワークに、ちょっとした反乱が生じているのだ。 たとえば、AppFog/ActiveState/Tier 3/Uhuru などののベンダーは、このフレームワーク上に、いくつかの PaaS を構築している。そして、Cloud Foundry の将来が不明確であることを引合いに出し、このプロジェクトからのフォークを、静かに検討しているところだ。

The attraction of the multi-vendor Cloud Foundry effort is that, in theory, it would provide customers an array of compatible PaaSes from different vendors. If they don’t like their experience with one, they can move their code elsewhere. But now the prospect of a “fork” looms with some other vendors thinking of splitting off and doing their own iterations. Worst case scenario: that could negate any promise of compatibility. And that raises the old bugaboo of vendor lock-in which even PaaS providers say has restricted business demand for PaaSes.

論理的にみて、マルチベンダーによる Cloud Foundry を促進してきたものは、それぞれのベンダーから顧客に提供される、一連の PaaSes が互換性を有している点に集約される。 もし、顧客が、何らかのエクスペリエンスが気に入らないのなら、彼らは他の PaaS へとコードを移動することが可能だ。 しかし、いま、それぞれのベンダーが分離し、それぞれのイテレーションを実施していくという、フォークの兆候が、ぼんやりと現われてきた。 最悪の場合、互換性に関するあらゆる約束すら、否定される可能性がある。 そして、さらに、それぞれの PaaS プロバイダが、そのビジネス・デマンドを制約してしまうと、昔からの心配の種である、ベンダー・ロックインの可能性も生じてくる。

Some background: late last year, VMware turned over the Cloud Foundry effort and related projects to the Pivotal Initiative spinoff. Since then some of the third-party Cloud Foundry crowd have complained that they have not gotten information  they need from Pivotal. And, they worry that Pivotal or VMware will push its own commercial, competitive version of Cloud Foundry. And so they privately discussed forking the Cloud Foundry code. Any fork or forks raises the specter of a fractured standard.

いくつかの背景:昨年の終わり近くに、VMware は Cloud Foundry の活動と、それに関連しするプロジェクトを、Pivotal Initiative に引き渡すことで、スピンオフした。 そのときから、Cloud Foundry のサードパーティーたちは、必要とされる情報が Pivotal から得られないと、不平を言い始めた。 そして、さらに、Cloud Foundry と競合する商用バージョンを、Pivotal あるいは VMware がプッシュすることを心配している。 したがって、彼らはプライベートな範囲で、Cloud Foundry コードのフォークについて議論している。 ただし、あらゆるフォークが、スタンダードの崩壊という不安を高めていく。

Sinclair Schuller, CEO of Apprenda, a non-Cloud Foundry PaaS, raised a ruckus last week when he posted his take on the impact of any fork or forks on Cloud Foundry. (Long story short: it will be bad for customers, Schuller wrote.) That caused a kerfuffle which Redmonk analyst Stephen O’Grady addressed in his blog post. O’Grady tried to downplay the negative impact of forks, writing:

先週(2月下旬)のことだが、Apprenda(非 Cloud Foundry PaaS) の CEO である Sinclair Schuller は、Cloud Foundry におけるフォークの影響について自身の見解を示し、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 (簡潔に言うと、顧客にとって良くないことになると、Schuller はのべている) それが、Redmonk のアナリストである Stephen O’Grady を刺激し、彼のブログ・ポストにより、さらなる騒動がもたらされた。 O’Grady は、以下の文章により、フォークに対するネガティブな影響を軽視しようとした:

“We reject the notion that forking is an undesirable outcome. Forking is, to the contrary, provably beneficial to modern open source projects – at least from a developmental perspective.”

私たちは、フォークが望ましくない結果をもたらすという概念を、受け入れない。 それとは反対に、少なくとも開発という視点から見ると、近代的なオープンソース・プロジェクトの有益性として、フォークのメリットは証明されている。

But O’Grady also conceded that, because Cloud Foundry is not licensed under the General Public License (GPL) — as Linux was — it faces different issues;

その点については、O’Grady も認めている。 なぜなら、Cloud Foundry は Linux とは異なり、General Public License(GPL)の下でライセンスされていなからだ。 そして、それらとは、異なる問題に直面すると言う;

“Compatibility, ultimately, is the key to determining whether the forks which are so beneficial to development are a problem for customers. Java, for example, had multiple distinct implementations, which ensured competition and thus continued innovation to benefit customers.”

最終的には、互換性が最大の判断材料になる。つまり、フォークが、開発において大きなメリットをもたらすか、顧客に問題をもたらすかという点だ。 たとえば Java は、多様なインプリメンテーションを持ち、それが競争をもたらし、顧客にとって有益なイノベーションを継続してきた。

In his own blog post, cloud pundit Ben Kepes cites “tensions in the Cloud Foundry world, ” and maintains the possibility of a fork should concern customers.

彼は自身のブログ・ポストで、クラウド学者である Ben Kepes の発言として、「Cloud Foundry の世界における緊張」という言葉を引合いに出し、また、顧客を立場を考慮して、フォークの可能性を論じるべきだと主張している。

“Quite simply a fork, or even worse multiple forks, too early in a project is a sign of bad governance and questions the validity of the entire initiative. Let me reiterate – these are very early days and any doubt that factions in the community sow in end users minds are wildly damaging to the community. This is especially the case since, from what I’m hearing, some of the conversation around forking is happening for all the wrong reasons – it comes down to vendors making the right decisions for the right reasons.”

率直に言って、プロジェクトの早期におけるフォークは、さらに言えば複数のフォークは、イニシアチブ全体の妥当性という観点から、ガバナンスの面で悪影響をもたらす。 繰り返しになるが、いまは、きわめて初期の段階にある。 そして、このコミュニティには多様な派閥があると、エンドユーザーに疑念をもたらすような行動は、このコミュニティに損害を与えるだろう。 とりわけ、このケースにおいて、私が聞いた範囲では、いくつかのフォークに関する議論が、不適切な理由から生じているのが気になる。 つまり、ベンダーにおける適切な理由に対して、適切な判断を下すことで、フォークは実施されるべきである。

I’ve asked Cloud Foundry and some of the third-party PaaS providers for comment and will update this when they get back to me.

私は、Cloud Foundry と、この PaaS のサードパーティー・プロバイダーに対して、コメントを求めている。 そして、回答があったなら、アップデートしていきたいと思っている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこの記事を読む限りでは、Cloud Foundry を推する立場にある Pivotal Initiative から、情報が出てこないのでデベロッパーたちが、フォークについて議論し始めているという感じですね。 そして、Pivotal が、もっとシッカリするなら、あえてフォークすることもないという論調だと感じます。これまでの経緯を考えても、もっと VMware が、舞台裏で頑張らるべきであり、また、それが不可能なら Apache に出してしまうとか、別の道を考えるべきなのでしょうね。 この動きは、引き続き、追いかける必要があると思っています。image

ーーーーー

<関連>

VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Cloud Foundry が .NET をサポートする!

PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, PaaS, Research, Salesforce by Agile Cat on January 22, 2013

10 most powerful PaaS companies
http://wp.me/pwo1E-5wo
By
Christine Burns , February 26, 2012
http://www.networkworld.com/slideshow/32927/

_Network World

<関連> Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?

Platform-as-a-service is the least mature of the major cloud services categories. There are multiple types of PaaS, and vendors are playing in more than one sub-category, so it’s not easy to tell the players without a scorecard. Here are 10 companies that have emerged as leaders in the PaaS market.

Platform-as-a-service は、主要なクラウド・サービスにおいて、最も成熟度の低いカテゴリーである。 様々なタイプ PaaS があり、また、ベンダーたちは複数のサブ・カテゴリーに手を広げているため、スコアカードを手にもたずに、それらのプレーヤーについて話すことは難しい。 以下の 10社が、PaaS マーケットのリーダーとして浮かび上がってくる。

1: Amazon Web Services

imageJust like Jack planting his magic beans in solid ground, Amazon has built its application runtime PaaS, Amazon Web Service (AWS) Elastic Beanstalk (now in beta), on the solid footing of the very popular Infrastructure as a Service platform, EC2. And while the retailer turned cloud provider doesn’t necessary have a loyal developer following, it’s continually rolling out new tools to entice them. So far the portfolio includes AWS Toolkit for Eclipse (a plug-in for the Eclipse Java Integrated Development Environment), AWS CloudFormation (a service that lets developers create and provision Amazon resources), several cloud-based database options and SDKs for Android and Apple mobile machines, ERuby, Java, PH and .Net.

ジャックと豆の木の話で、その魔法の豆の木が、シッカリと大地に根付いているように、 Amazon はアプリケーション・ランタイム PaaS である、Amazon Web Service(AWS) Elastic Beanstalk を構築している。そして、それは、とても人気の IaaS プラットフォームである、EC2 の上にシッカリと根を下ろしている。 そして、この小売り業がクラウド・プロバイダー者が転身する際に、そこに続くデベロッパのロイヤリティは必要とされなかったが、同社は継続的に、デベロッパにとって魅力的なツールを、提供し続けている。 現時点までに、このポートフォリオには、 AWS Toolkit for Eclipse(Eclipse Java IDE 用のプラグイン)、 AWS CloudFormation (デベロッパーによる Amazon リソースを作成と提供を促進)、そして、いくつかのクラウド・ベースのデータベース・オプションと SDK など(Android/Aplle Mobile Machine SDK、ERuby、Java 、PH、.NET)が含まれている。

2: Salesforce.com

imageThe original SaaS giant has successfully parlayed its prowess down the cloud stack with its double one-two PaaS punch of Force.com’s AppExchange and Heruko platform. Right now, the company enjoys the status of market share leader, according to IDC. Salesforce.com touted some impressive numbers to its base at last fall’s DreamForce conference, including the claims that in 2011 3,000 apps were built or installed every 24 hours and that the Force.com platform executes more than 650 million transactions per day.

この、SaaS に起源を持つジャイアントは、2つの PaaS であるForce.com の AppExchange と、Heruko プラットフォームを実現し、そのクラウドでの能力を、1つ下のスタックで展開することに成功した。IDCによると、まさに、いま、同社はマーケット・シェア・リダーとしての状態を満喫している。 Salesforce.com は、2011年秋の DreamForce カンファレンスで、いくつかの新しい機能を、その基本要素に加えていった。そして、2011年には、約 3,000のアプリケーションが、毎日のように構築/インストールされ、また、Force.com プラットフォームでは、1日あたり 6億5000万以上のトランザクションが実行されると強調していた。

3: LongJump

imageLongJump landed in the PaaS fray very early on in 2008. It has steadily added new features and developer-centric support to attract a customer following that the company says is 600 strong at this point. Long Jump’s biggest coup came in the form of an AT&T partnership announced last November in which the telco rolled out a simplified PaaS service geared toward tech savvy business folks that has the LongJump PaaS stack at its core. Forrester analyst Stefan Reid said this deal could pave the way for more licensing deals for the company.

LongJump は、2008年の早期に、PaaS での戦いに参戦している。 それ以降、同社は、ユーザーを引き付けるための、新しい機能を追加し、デベロッパを中心に置いたサポートを展開してきた。なお、現時点において、600 社強の顧客がいると、同社は発言している。 Long Jump の戦略の中で、最も素晴らしいのは、2011年11月に発表されたように、AT&T とのパートナーシップを取っていることだ。 そして、このテレコムは、単純化された PaaS サービスにより、テクノロジーに詳しい企業の人々へ向けて、LongJump の PaaS スタックを、そのコアに置かせようとしている。 Forrester のアナリストである Stefan Reid は、この取引により、より多くのライセンス収益が、同社にもたらされると発言している。

4: Microsoft

imageThere have been rumblings that Microsoft’s 2-year-old Azure PaaS play is not getting the traction the company had hoped. Microsoft’s PaaS portfolio includes the Windows Azure computing environment for applications and persistent storage for both structured and unstructured data; Windows Azure AppFabric a range of services that connects users and on-premises applications to cloud-hosted applications, manages authentication, and implements data management, and SQL Azure, a cloud database service. All Windows centric, of course, but analysts say that Microsoft is making noises about opening that up a bit. And they say you can’t discount the power Microsoft has in its army of .Net developers waiting in the wings to see what the cloud means for them.

Microsoft が 2年前に投入した Azure PaaS であるが、同社が希望しているほどには促進されていないと、不満の声が聞こえる。 Microsoft の PaaS ポートフォリオは、アプリケーションのためのWindows Azure コンピューティング環境であり、また、構造型/非構造型をサポートするパーシスタント・ストレージを含むものとなる。そして、ユーザーとオンプレミス・アプリケーションを、クラウドに接続するためのサービス・レンジとして、Windows Azure AppFabric が存在する。そのクラウドでは、アプリケーションがホストされ、認証が管理され、さらには、データ管理とクラウド・データベース・サービスである SQL Azure が実装されている。 もちろん、すべてが Windows セントリックであるが、何人かのアナリストは、それを広めようとする Microsoft が、少しノイジーだと言っている。そして、クラウドが何を意味するのかを見極めるために、いまは待っている .net デベロッパーの一群に対して、Microsoft が有するパワーを、軽視すべきでないとも発言している。  

5: IBM

imageIBM is a relatively late entry into the PaaS market as it only rolled out SmartCloud Application Services PaaS last October. But the company has long-standing ties to the corporate enterprise and this platform – based on the long-trusted WebSphere middleware — allows enterprises to build Java-based apps that can run in the public cloud, called IBM Smart Cloud Enterprise, or on premise. IBM is looking to keep their customers in a comfort zone while pushing them out to the cloud.

2011年 10月に、SmartCloud Application Services PaaS を導入したように、IBM により PaaS マーケットへの参戦は、相対的に見て遅めのタイミングとなる。 しかし、同社は、長い実績を持つ WebSphere ミドルウェアをベースにして、エンタープライズとプラットフォームを取り扱う企業と、長期間にわたる良好な関係を維持している。それにより、顧客であるエンタープライズは、IBM Smart Cloud Enterprise というパブリック・クラウドで、あるいは、オンプレミスの環境で走る、Java ベースのアプリケーションを構築できる。 IBM は、顧客たちをクラウドの心地良い領域に保持する一方で、クラウドから戻ってくることも期待している。

6: RedHat

imageLinux lovers are uniting behind the thought of an open source PaaS like RedHat’s OpenShift. And industry watchers are intrigued by the prospect of portable applications that can be pulled from one infrastructure platform whose fees or contingencies become arduous and easily placed on another one without breakage. It simply remains to be seen how big an ecosystem RedHat can build around OpenShift and how useful it will be corporate developers.

Linux 愛好家たちは、RedHat の OpenShift のような、オープンソース PaaS の考えのもとに団結している。 そして業界ウオッチャーたちは、アプリケーションのポータビリティという視点に興味を注いでいる。つまり、あるインフラプラット・フォームに障害が起きた時に、その当事者の支払いなどにより、何も損なわれることなく、他のクラウドに引越しできるというものだ。RedHat が OpenShift の周辺に構築するエコシステムが、どれほどの規模になり、また、企業のデベロッパにとって有用になるのかという点を、これから見極めなければならない。

7: Cloud Foundry

imageCloud Foundry is the open source PaaS that was spearheaded in early 2011 by VMware and around which the company plans to build a future commercial product. As with Red Hat’s initiative, VMware is attracting developers who want an open platform that lets them build in the language they want and run on the IaaS they like. According to company officials, the project is gaining significant traction because over 2,100 developers are actively following the changes in the open source code. Analysts have speculated that AppFog, a start-up already offering a comprehensive PaaS based on the Cloud Foundry code, is ripe for the picking should the commercial side of CloudFoundry need a boost.

Cloud Foundry は 2011年の初めに、VMware が陣頭指揮するかたちで立ち上がった、オープンソース PaaS であり、また、その周辺において同社は、将来の商用プロダクトを計画している。Red Hat のイニシアチブと同様に、VMware も開発者を惹きつけるために、彼らが IaaS 上で好んで使っている言語を利用できる、オープン・プラットフォームを提供しようとしている。 同社のオフィシャルな見解によると、このプロジェクトは大きく促進されているが、その理由は、2,100以上のデベロッパーが積極的に、このオープンソース・コードの変更に対応している点にある。アナリストが指摘するのは、AppFog が Cloud Foundry のコードをベースにして、すでに包括的な PaaS を提供している点だ。それは、Cloud Foundry を加速させるために必要な、コマーシャル・サイドが熟成してきたと推測させる。

8: Google

imageGoogle claims it’s got 200,000 developers building applications on top of its App Engine PaaS. That’s in spite of a rate hike that really got their base riled up back in the September, giving all kinds of fodder to competing products that claim to be both more open and more affordable. But Google doesn’t seem to be bothered and is forging ahead with an upgrade that supports a premium level of service in which customers will receive a 99.95 uptime service-level agreement.

Google は、App Engine PaaS 上でアプリケーションを構築する、200,000人以上のデベロッパーを得ていると主張する。 そして、2011年9月に実施され、デベロッパーたちを怒らせた、その料金の値上げにもかかわらず、さらにオープンで、入手しやすいと主張する競合製品に対して、あらゆる種類の素材などを提供している。 しかし Google は、それを苦にするようにも思えず、また、プレミアム・レベルのサービスを支援する、アップグレードを続行している。それは、顧客に対して 99.95% のアップタイムを提供する、SLA を伴うものとなる。

9: CloudBees

imageCloudBees was first out of the gate with a Java-based PaaS that gave enterprises an easy way to move existing Java applications into the cloud. RUN@cloud is the application runtime side of the CloudBees’ PaaS story, providing traditional application server functionality for web, Java and Spring applications. CloudBees customers choose their underlying IaaS or private cloud. Applications running on RUN@cloud can be built using traditional Java EE development tools or using CloudBees’ second PaaS offering called, DEV@cloud. DEV@cloud is a cloud-based development, build and test environment. CloudBees’ power lies in its understanding that there are lots of sunk costs in existing Java applications from which enterprises are loath to walk away.

CloudBees は、最初から Java ベースの PaaSを提供し、既存の Java アプリケーションをクラウドに移行するための、きわめて容易な方式をエンタープライズに提供した。RUN@cloud は、CloudBees の PaaS ストーリーにおける、アプリケーション・ランタイム側でものであり、Web /Java/Spring アプリケーションに対して、従来からのアプリケーション・サーバー機能を提供する。CloudBees の顧客は、自身の基盤となる IaaS あるいはプライベート・クラウドを選択できる。 RUN@cloud 上で走るアプリケーションは、従来からの Java EE 開発ツールを使って、あるいは、DEV@cloud という CloudBees の次の PaaS を使うことで、その構築が可能となる。DEV@cloud は、クラウドをベースにした、開発/構築/試験のための環境である。 CloudBees のパワーは、エンタープライズが嫌う既存のJavaアプリケーションに、たくさんのコストが染み込んでいるという、理解の中に存在する。

10: Engine Yard

imageEngine Yard is one of the leading PaaS players for Ruby on Rails and PHP developers. These two development languages are most often associated with cool, new greenfield applications running in the cloud. Engine yard, founded in 2006 and still privately held, has a client list that includes Nike, AOL, Apple, Disney, and MTV.

Engine Yard は、Ruby on Rails や PHP の開発者にとって、リーディング PaaS プレーヤーの 1人である。 この 2つの開発言語は、クラウド上で動作している、新しい領域に対応する、洗練されたアプリケーションに結び付けられる。 Engine Yard は 2006年に設立されれ、依然として非公開企業であるが、Nike/AOL/Apple/Disney/MTV などを、その顧客リストの中に数える。

Related:

A world of PaaS-ibilities
Bullish on PaaS
Tips for a successful PaaS rollout

ーーーーー

image昨年に調べ物をしていて、見つけ出したポストです。2011年2月のものなので、ちょっと古いのですが、PaaS プロバイダーの一覧としては、他には良さそうなものがないという感じです。 そのため、そのまま訳してみましたが、中には既に姿を変えているものが有るかもしれません。 その点をご注意の上、参照して頂ければと思います。 Google が IaaS に取り組むなど、ビジネス的には後塵を拝している PssS ですが、こうして並べてみると、なかなか見応えのあるラインナップとなっています。 2013年の PaaS は、いったいどうなるのでしょうかね? そう考えると、とても楽しみなエリアに見えてきます。image

ーーーーー

<関連>

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
ーーーーー

アプリケーション・ベンダーのシフトにより、PaaS 市場は成長していく
OpenStack の PaaS は、幅広い文脈の中でアプリケーションを駆動する
単純/安価/高速 : .NET から Node + Heroku に乗り換えた Playtomic
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う

 

みんなが 期待の Open Cloud 特集

Posted in .Selected, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 17, 2012

OpenStack と CloudStack だけではありません・・・
http://wp.me/pwo1E-5n5

Agile_Cat_2012

imageこうしてみると、オープン系のトピックが、今年の前半に集中していることが分かります。もちろん、後半も情報は出ていたのでしょうが、OpenStack と CloudStack の評価が安定し、また、『 どうなるの? 』 的な議論が終了し、尖った記事が減った結果なのだと思います。 これからのクラウドを担う重要なプラットフォームとして、多くの人々に認識された、オープン・クラウドに期待が集まっています。

それと、たった1本しか抄訳が有りませんが、OpenNebula がヨーロッパを中心に、しっかりと利用されている状況も掴めてきました。 そしてアメリカには OpenStack があり、また、Amazon AWS との互換性を重視する CloudStack や、Basho などのストレージもあり、来年の展開が楽しみ、、、という状況ですね。

ーーーーー

Jan   5: Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
Jan 10: さらなる クラウド M&A が押し寄せる
Jan 16: AT&T が OpenStack に参加した!
Jan 25: Piston Cloud が提供する、OpenStack エンタープライズ・プライベート
Jan 30: クリエーションラインが展開する統合戦略とは?
Feb   1: Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
Feb   9: OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らった Microsoft Hyper-V
Feb 14: Citrix の CloudStack 3 がデビュー! ユーザーにセキュアな OSS クラウドを
Feb 20: OSS のスキルは、エンジニアの人生を豊かにする
Mar   1: OpenStack デベロッパーに朗報! Sandbox とAPI Reference
Mar   1: Amazon が安い? Hosting が安い? コスト分析モデルで比較する!
Mar   7: オープンソースは商用ソフトウェアを侵食し始めているのか?
Mar 13: 身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
Mar 11: Amazon の新たな悩みは、Sony と OpenStack の蜜月にあるのか
Mar 20: トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
Mar 28: CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは?
Mar 30: AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Apr   3: Eucalyptus と OpenStack のファイトが、高度なクラウド戦争を引き起こす
Apr   5: CloudStack は Apache へと走るが、OpenStack に問題は生じないのか?
Apr   6: Red Hat と IBM は、OpenStack に参画するのだろうか?
Apr 12: OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
Apr 17: OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝!– including Midokura
Apr 18: Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
Jun 14: NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?
May   1: Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
May   7: Yahoo の Mojito は、Mobile 対応の OSS Dev プラットフォームなのだ
May 18: Nvidia と Citrix のチームがドライブする、グラフィック・パワーとは?
May 22: CloudStack vs. OpenStack:Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
May 22: CloudStack vs. OpenStack:Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _2
May 28: OpenLogic のスキャン調査 : オープンソースが 730% も増えているらしい
Jun 12: 世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
Jun 14: 調査 : ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
Jun 27: Azure の OSS デベロッパーも Github が好きなんだ
Aug 22: VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?
Sep   4: ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack
Sep   5:分散オブジェクト・ストアの Basho が CloudStack に参加
Sep 10: お待たせしました VMware さん – from OpenStack
Oct   5: Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Oct 19: OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用
Nov   2: Scalr によるクラウド・インフラ管理 : 簡単かつ確実に!
Nov 12: Apache CloudStack が、4.0.0-Incubating のリリースを発表
Nov 22: CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

ーーーーー

Agile_Cat_20122009年の Hadoop World NYC で、あるプレゼンテーターが、『 おれたちは、もう ◯◯ のデータベースに、カネを払う気なんか無いんだ! 』と発言し、大喝采を浴びていましたが、 重要なソフトウェアであれば、あるほど、その所有権はユーザーにというか、万人にあるという新しいかたちに、この世の中は確実に変化しているようです。 Winking smile  image

ーーーーー

<関連>

みんなが 期待の Open Cloud 特集
みんなが 注目の SDN/OpenFlow 特集
みんなの 先生 James Hamilton 特集
みんなを 支える Data Center 特集
2012 – 2013 海外 マトメ・ポストを、マトメてみました 62本
泣いて、笑って、驚いて、今年も暮れる WeekEnd 特集

お待たせしました VMware さん – from OpenStack

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on September 10, 2012

Finally! VMware joins the OpenStack Foundation, this time for real
http://wp.me/pwo1E-4Jr

Sep 7, 2012 – 4:05PM PT
http://gigaom.com/cloud/finally-vmware-joins-the-openstack-foundation-this-time-for-real/

_ Gigaom

After weeks of back and forth and considerable anxiety, VMware, Intel and NEC are now Gold members of the OpenStack Foundation. The news comes out of Friday afternoon’s OpenStack board meeting.

何週もの間、話しが行ったり来たりし、また、皆さんをヤキモキさせた末に、VMware と、Intel と、NEC は、ようやく OpenStack Foundation の Gold メンバーになれた。 このニュースは、金曜日(8/7)の午後に開催された、OpenStack ボード・ミーティングからのものである。

ーーーーー

imageVMware is now officially a Gold member of the OpenStack Foundation, along with Intel and NEC. The OpenStack board met Friday afternoon to consider their applications, which were held over from the last seven-hour board meeting.

いまや VMware は、Intel および NEC と共に、OpenStack Foundation の Gold メンバーになったと、オフィシャルに発表された。 金曜日の午後に開催された、OpenStack ボード・ミーティングでは、前回の 7時間会議で先送りされた、それらの企業からの入会申請について話し合いが行われた。

Judging by the Twitter accounts, the meeting was not without drama — some participants were apparently surprised and nonplussed that their votes would be public.

この Twitter アカウントから判断すると、このミーティングにはドラマがあったようだ。 つまり、参加者の投票結果がオープンにされたことで、驚いたり当惑したりした人が居たようだ。

image

The notion of VMware joining this open-source cloud effort still strikes some as incongruous since OpenStack launched two years ago to build a technology stack to compete with proprietary cloud software — namely VMware’s vCloud. Many vendors, including Rackspace, HP, and Cisco, backed OpenStack as a hedge against both VMware and Amazon.

この、オープンソース・クラウドに労力を費やしてきた人々にとって、依然として VMware の参加は、辻褄のあわないことらしい。なぜなら、2年前に OpenStack が立ち上げられたのは、プロプライエタリなクラウド・ソフトウェアに対抗する、すなわち VMware の vCloud と戦うための、テクノロジー・スタックの構築という意味があったからだ。 Rackspace/HP/Cisco を含む数多くのベンダーが、VMware と Amazon に対するヘッジとして、OpenStack を支持してきた。

image

But since then, VMware’s stance has evolved. It is fielding Cloud Foundry as an open-source platform as a service and it just completed its purchase of Nicira, a software-defined networking vendor that has been an active OpenStack participant.

しかし、その時と比べて、VMware のスタンスは前進してきている。 同社は、オープンソース PaaS としての Cloud Foundry を擁立し、また、アクティブな OpenStack メンバーであり、SDN ベンダーである Nichira を買収している。

There is still some anxiety that VMware will be a fox in OpenStack’s hen house, though. There was also some chatter that the rival Apache CloudStack Project backed by Citrix and others might be the more open and transparent cloud option.

しかし、OpenStack 鶏舎に VMware キツネが、潜り込もうとしていると危惧する、何人かのメンバーがいる。 そして、Citrix が支援する、ライバルとしての Apache CloudStack Project に関する囁きもある。 また、さらにオープンで透明なクラウドの、選択肢であることを望む人々もいるのだろう。

ーーーーー

image如何にオープンソースと言えども、そこに参加する企業群が、クラウドで成功するための OpenStack ですから、きわめて現実的なというか、勝ち抜いていくための戦略が必要なのでしょうね。 先日にポストした 『 ちょっと待ってね VMware さん 』 から、一週間ほどが経ちましたが、長々と時間をかけずに、合議制で結論を出した OpenStack は、妥当な仕事をしたと評価したいです。 この参加を認める認めないは別にして、迅速に結論を出すことが、OpenStack にとって最も重要なことだと思えるのです。 ーーー

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

 

ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on September 4, 2012

VMware will have to wait a little longer to join OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4HU

By
Barb Darrow – Aug 29, 201
http://gigaom.com/cloud/vmware-joins-openstack-not-so-fast/

_ Gigaom

It’s hurry up and wait when it comes to VMware’s bid to become part of OpenStack’s inner circle. Its application for Gold membership status — along with applications from Intel and NEC — will have to wait for the next Open Stack Foundation meeting.

VMware が OpenStack に仲間入りしようと、ある種の賭けにでたときから、それは急がれることであり、また、待つべきことになっている。 そして、VMware の Gold メンバーになろうとする、VMware からの申請に対して(Intel と NEC も同様に)、次の Open Stack Foundation ミーティングまで、回答が先送りされるようだ。

ーーーーー

image

VMware is not yet an official Gold member of the OpenStack Foundation. Nor is Intel or NEC.  The applications of all three companies to join the open-source cloud coalition were not heard as planned at the Foundation’s first meeting Tuesday.

まだ VMware は、OpenStack Foundation の Gold メンバーとして、正式には認められていない。 また、Intel と NEC も同様である。  これら 3社からの、オープンソース・クラウド連合への参加申請について、同ファンデーションが火曜日に開催した最初のミーティングでは、その計画にまで議論が至らなかったようだ。

The reason? The confab ran very long — seven hours — and the group didn’t get to the applications, according to Jonathan Bryce, the foundation’s executive director.

その理由は、どこにあるのだろう?  同ファンデーション の事務局長である Jonathan Bryce によると、討論は 7時間の長丁場に及んだようだが、それらの申請が受理されるまで話は進まなかったとされる。

“This was the first board meeting and we covered a lot of topics including basic finance and compensation things, but we ran out of time,” Bryce said. The applications will be considered at a future meeting, the date to be determined.

「今回は、最初のボード・ミーティングであり、基本的な財務や支払いなどを含む、数多くのトピックをカバーしが、それらについて話したところで時間切れとなってしまった。一連の入会申請に関しては、次回のミーティングで検討されるが、その日程を決めなければならない」と、Bryce は発言している。

imageNews that VMware wanted to be part of the effort was surprising to many. VMware pushes its proprietary vCloud as the OS of choice for the cloud while OpenStack is viewed as a counterweight to proprietary software. In April, just after Citrix backed CloudStack as a rival to OpenStack and Eucalyptus, a VMware VP referred to the three open-source cloud contenders as the ugly stepsisters vying for the customer (Prince Charming). to vCloud’s Prince Charming.

このサークルの一部として機能したいという、VMware からの申請は、人々を驚かすニュースになった。VMware は、クラウドにおける OS の選択肢として、プロプライエタリな vCloud をプッシュしているが、OpenStack は、こうしたプロプライエタリへのカウンターだと見なされている。 この 4月に、OpenStack と Eucalyptus のライバルである CloudStack を Ctrix が支持した直後に、ある VMware VP は、それら 3つのオープンソース・クラウドの争いについて、ユーザー(Prince Charming)を取り合う泥仕合のようなものだと評していた。

On the other hand, it wasn’t all that shocking. VMware has shown growing acceptance of open source, backing its Cloud Foundry as an open platform as a service entry. More recently, VMware just bought Nicira — an OpenStack participant — for $1.2 billion.

その一方で、以下のことは、それほどショッキングなことではなかった。 VMware は、オープン PaaS としての Cloud Foundry を支持することで、オープンソースに対する容認を強めてきた。 そして、つい最近、VMware は $1.2 billion で、OpenStack の会員である Nicira を買収した。

There seems no doubt that the VMware’s membership will happen at some point in the upcoming months. The question is whether the company will limit its input to software-defined networking issues or take a broader role across the board. Or, as some have suggested,  maybe it will use the membership to keep an eye on a rival from inside its camp.

VMware のメンバーシップが、数ヶ月以内に実現することに、疑いの余地はないように思われる。 残される論点は、同社による活動が、SDN に関連する範囲に限定されるのか、あるいは、より広範囲におよぶのか、という点である。 あるいは、何人かの人々が示唆するように、ライバルたちを監視するために、このキャンプに入り込むという、狙いがあるのかもしれない。

Subscriber Content

ーーーーー

imageプロプライエタリの雄である VMware の、この突然の転進は、大きな驚きをもたらしました。文中にもあるように、参加したいという者を拒む理由は、OpenStack には無いはずだと思います。 しかし、OpenStack 側としては、「いきなり そう言われとも・・・」というところなのでしょう。 どのように収束していくのか、とても気になりますね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

%d bloggers like this: