Agile Cat — in the cloud

Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Posted in Cisco, Mobile, Network, Research, Telecom by Agile Cat on March 20, 2014

The U.S. officially enters the gigabyte era of mobile data consumption
http://wp.me/pwo1E-7kX

By
Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/cisco-the-u-s-is-officially-in-the-gigabyte-era-of-mobile-data-consumption/

_ Giga Om

Summary: Average mobile data use in North America nearly doubled in 2013 to 1.38 GBs a month leading the world. The U.S. isn’t the biggest data hog — that would be Japan — but LTE is driving consumption.

Summary:  North America におけるモバイル・データの使用量は、2013年との比較で倍増しており、世界をリードする 1.38 GB まで上昇してきた。アメリカは、最大のデータ消費国ではないが(おそらく日本が一番)、LTE により消費は促進されている。

ーーーーー

Mobile users the world over came close to doubling their mobile data consumption between 2012 and 2013 as average monthly usage peaked well over 1 GB in the U.S, and several other countries, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index report on global mobile data trends.

Cisco Systems がグローバル・モバイル・データの傾向をまとめた、Visual Networking Index レポートによると、アメリカなどの国々におけるモバイル・データの平均使用量は、2012年から 2013年にかけて二倍弱に増え、1 GB/月の大台に達したようだ。

_  space

_  space

North America led the pack with the average mobile subscriber consuming 1.38 GBs a month, up from 752 MBs in 2012 and a full gigabyte more than the average global usage of 356 MBs. When looking at individual countries, Japanese users led the world with 1.87 GBs, followed by the U.S. at 1.41 GBs and South Korea with 1.25 GBs.

North America の平均的モバイル・サブスクライバーは、2012年の 752 MB から、2013年の 1.38 GB へと、その消費量を伸ばし、他の地域をリードしている。 国ごとの状況を見ると、トップは日本の 1.87 GB であり、その後にアメリカの 1.41GB と、韓国の 1.25 GB が続いている。

_  space

_  space

Those three countries happen to be the first to launch LTE networks on a large scale, and according to Cisco director of service provider marketing Thomas Barnett, 4G adoption has become the strongest indicator of skyrocketing mobile broadband use worldwide, a conclusion other studies have also reached. In Western Europe, where LTE only got off the ground recently, average mobile data usage is half that in North America, coming in at 717 MBs per month.

これらの 3つに国々は、大規模な LTE ネットワークが最初に立ち上がった国々でもある。Cisco の Director of Service Provider Marketing である Thomas Barnett によると、世界的なモバイル・ブロードバンド利用と、急激に上昇させるという点で、4G の採用は最も確かな指標であり、また、他の研究も、同じ結論に達しているという。ごく最近になって LTE が開始されたばかりの Western Europe では、その平均的なモバイル・データ使用量は 717 MB/月であり、North America の半分となっている。

_  space

_  space

As you might expect, smartphones are a big driver of that increased data appetite, but tablets are contributing as well. Cisco, however, is seeing a surprising surge in PC connections to mobile networks. Barnett attributes that to the fact that laptops are starting to resemble tablets, coming with touchscreen capabilities and retractable keyboards. As people start to use their laptops like tablets, they’re increasing treating them as mobile — not merely portable — devices.

誰もが想像するとおり、このデータ消費を増大させるのはスマホであるが、タブレットの存在も見逃せない。しかし Cisco は、モバイル・ネットワークへと向けた、PC コネクションの意外な流入を指摘している。Barnett が言うには、タッチ・スクリーンと格納式のキーボードを備えたラップトップは、タブレットに類似したもの成り始めているらしい。つまり、タブレットのようなラップトップを、人々が使い始めるにつれて、それらは、単なるポータブル・デバイスではなく、モバイル・デバイスとして扱われているという。

_  space

_  space

Last year the world saw 1.5 exabytes — an exabyte being 1 billion gigabytes — of data traverse its mobile networks each month. Cisco expects that number to grow to 15.9 exabytes in 2018.

昨年、この世界は、1.5 Exabyte/月のデータが(1 Exabyte = 10億 Gigabyte)、モバイル・ネットワークで転送されるのを確認している。そして Cisco は、2018年には、その数字が 15.9 Exabyte にまで成長すると予測している。

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 January 2014
How enterprise mobility management will shape the future of work October 2013
How to deliver the next-generation web experience January 2013

ーーーーー

TAG indexそういえば、毎年恒例の Cisco レポートの時期だと思い、探してみたら、このようなポストが見つかりました。 出張などがあり、バタバタしていて見落としたようです。 今年のスコープは 2018年までとなりますが、その手前の 2017年について、昨年のレポートと比較してみると、11.2 EB から 10.8 EB へと、下方修正されているようです。とは言え、いずれにしても、ものすごい成長率であることに変わりはなく、それを支えるのは、途上国におけるモバイルと、先進国における IoT の伸びなのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?
Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ

Posted in Byod, Mobile, On Monday, Post-PC by Agile Cat on March 3, 2014

Enterprise Mobile: Popular Downloadable Free Apps Threaten Enterprise Security
http://wp.me/pwo1E-7gQ
By Dick Weisinger
http://formtek.com/blog/enterprise-mobile-popular-downloadable-free-apps-threaten-enterprise-security/

_ formtek

Mobile devices are increasingly being used by enterprise and government employees for their work.  Larry Payne, Cisco vice president, said that “in the near future, the number of mobile devices will exceed the world’s population, and by 2017, we expect more than 10 billion connected mobile devices.  With the proliferation of devices, security continues to be a major concern.”

モバイル・デバイスに関して、企業や従業員や、政府の職員などが、自身の作業に使用するケースが増え続けている。Cisco の VP である Larry Payne は、「近い将来に、モバイル・デバイスの総数は世界の人口を超えることになる。 そして 2017年までに、インターネット接続されたモバイル・デバイスの数は、100億台以上になると予測する。こうして、デバイスが普及し続けることにより、セキュリティも主要な関心事であり続ける」と発言している。

 A study by Cisco found that 90 percent of government employees use at least one mobile device for work, either a laptop, smartphone or tablet.  While a significant majority of those users practice good basic security habits like locking their computers when away from their desk, many employees aren’t as careful when it comes to downloading publicly available apps to those devices.

Cisco の調査によると、政府職員の 90% が、自身の作業のためのモバイル・デバイスとして、 ラップトップ/スマートフォン/タブレットのいずれかを、使用していることが見出されている。それらのユーザーの大半は、自分のデスクから離れるときに、コンピュータをロックするなどの、セキュリティに関する基本的な習慣を持っているが、それらのデバイスでアプリのダウンロードが可能になったという、通知が来たときには、適切な注意が払われていないというのが現実である。

Chris Hazelton, research director for mobile and wireless, 451 Research, said that “access to personal data is what makes mobile applications uniquely useful and relevant to users.  In exchange for free apps, consumers are willing to share personal data with third party developers. Companies cannot afford to do this, and must control access to data on mobile devices – creating a real need for greater transparency and control of the apps that are available to employees from public app stores.”

451 Research の Research Director for Mobile and Wireless である Chris Hazelton は、個人データへのアクセスにより、モバイル·アプリはユーザーに関連する、ユニークな振る舞いをし始めることになる。そして、こうした無料のアプリと引き換えに、コンシューマはサードパーティの開発者と、自身の個人的なデータを共有することになる。ユーザー企業は、モバイル・デバイス上のデータについて、アクセスをコントロールする必要があるが、それを実施する余裕が無い。したがって、パブリックなアップ・ストアから従業員たちがダウンロードできるアプリの、透明性を高め、コントロールを実施していくという、本質的なニーズを抱えている」と述べている。

A survey of the top 500 Android applications (downloadable from stores like Amazon, CNET, GETJAR, and Google® Play) found that 460 of them contained features that could be considered as security or privacy risks.  92 percent of the apps used non-secure communication protocols, 60 percent communicated with blacklisted domains, and 20 percent had the ability to load external applications without the consent or knowledge of the user.

Android の Top-500 アプリに関する調査では(Amazon/CNET/GETJAR/Google Play などから DL が可能)、そのうちの 460 のアプリにおいて、セキュリティやプライバシーに対するリスクとみなせる機能が含まれていることが分かった。それらのアプリの 92% は、セキュアとは言えない通信プロトコルを用い、60% はブラック・リストに載せられたドメインと連携し、20%パーセントは、ユーザーの同意や知識を無視して、外部アプリケーションをロードしてしまる機能を持っていた。

Peter Eckersly, technology projects director for the Electronic Frontier Foundation, said that “this is evidence of negligent levels of insecurity by app companies… Often the security and privacy of users is so far down the priority list that they haven’t even thought about doing it.”

Electronic Frontier Foundation(EFF)の Technology Projects Director である Peter Eckersly は、「 それは、アプリを提供する企業がもたらした、不注意と不安定のレベルの証拠である。つまり、多くの場合におて、ユーザーのセキュリティとプライバシーの優先順位は低く、それについて、充分に考えてこなかったのだ」と述べている。

ーーーーー

たしかに、特に Android は、なんでもかんでも連携させるという考え方が、そのベースになっているという感じがします。 それは、とても便利でもあり、危険でもあるのです。 Agile_Cat の場合は、Business Insider や Mashable のアプリから、面白い記事があると Evernote にクリップしているのですが、最近、後者の広告にスパムのようなものが出てくるようになり、使わなくなってしまいました。そして、Avast のプライバシー・チェックなどを動かしてみると、ものすごい状況になっていことが分かります。Google 先生に、アプリ開発者の、お手本になってもらはないと、いけませんね。image

ーーーーー

<関連>

Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落
IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される

Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部

Posted in .Selected, OpenStack, Research by Agile Cat on December 24, 2013

Cloud Computing: Open Source OpenStack Gains Traction But Still is Rough Around the Edge
http://wp.me/pwo1E-735

By Dick Weisinger – December 4, 2013
http://formtek.com/blog/cloud-computing-open-source-openstack-gains-traction-but-still-is-rough-around-the-edge/

_ FormTek

OpenStack is an Open Source infrastructure product for creating private cloud environments. It’s currently received considerable buzz in the media and is supported by vendors like HP, Red Hat, Cisco and IBM. More than 64 different companies have contributed to OpenStack. The newest release of the product is code named Havana. Features of the OpenStack Havana release include:

OpenStack とは、プライベート・クラウド環境の構築を目的とした、オープンソースによるインフラストラクチャ・プロダクトのことである。それは、メディアでの話題をさらい、また、HPRed HatCiscoIBM といったベンダーから支持を得ている。 そして、64社以上にも昇る企業が、OpenStack にコントリビュートし、その最新リリースは Havana というコードネームを持っている。 その、OpenStack Havana が前面に押し出す機能は、以下のとおりとなる:

  • Improved load-balancing and firewall as a service
  • Heat Orchestration feature allows a cloud administrator to specify the set of services that need to be deployed
  • Ceilometer, a metering and data-collection framework. Includes functions for customer billing, sending alerts, and collecting data that can be fed into systems like HBase and MongoDB
  • 改善されたサービスとして提供される、ロードバランシングとファイアウォール
  • Heat Orchestration : それにより Admin は、ディプロイする必要のあるサービスのセットを、容易に指定できるようになる。
  • Ceilometer: 計測とデータ・コレクションのためのフレームワーク。 顧客による支払いや、アラートの送信、データのコレクションといった機能を取り込み、それらの情報を、HBase や MongoDB といったシステムに供給する。

Jonathan Bryce, OpenStack Foundation executive director, said that “OpenStack is a powerful platform developed by a large number of open source developer community. With over 1,600 developers from 70+ organisation worldwide, we aim to build a software that will create a big impact in cloud computing arena… OpenStack is not driven by a single company, rather it is a community driven by innovation. With deep engagement from the developer community and from our users, today we are able to see adoption of OpenStack from many organisations… We saw a tremendous growth in terms of contribution from individual developers. From 10,000 lines of code in 2011, today, we have 1.74 million lines of code contributed from the OpenStack community.”

OpenStack Foundation の最高責任者である Jonathan Bryce発言をまとめると、「 OpenStack は、オープンソース・コミュニティに参加する、数多くのデベロッパーにより開発される、パワフルなプラットフォームである。 世界中に点在する 70以上の組織と、1600人以上のデベロッパーにより、クラウド・コンピューティングの分野に大きな影響をもたらす、ソフトウェアを構築することを目的としている。 OpenStack は、単一の企業により推進されるものではなく、イノベーションを促進するコミュニティによりドライブされている。 そして、デベロッパーとユーザーの双方によるコミュニティが、このプロダクトに深く関わることにより、いまでは、数多くの組織が OpenStack を採用するに至ってきた。 また、個人としてのデベロッパーから、コントリビューションを得るという側面で、大きな成長がもたらされていることも確認している。 2011年における 10,000行というコードから、今日の 1,740,000行のコードへと、OpenStack コミュニティからコントリビューションは拡大している 」となる。

But, despite the growth that OpenStack has seen, there are many issues with the current state of the project. For example, Randy Bias of CloudScaling told the Register that “downloading an OpenStack deployment is a complex undertaking with a lot of rough edges – there’s a lot of ways to hurt yourself. OpenStack is a very flexible system [but it] presents problems in that there can be certain design decisions that make it hard to upgrade.”

しかし、OpenStack が大きな成長を遂げているにもかかわらず、このプロジェクトは現在において、数多くの問題を抱えている。一例として、CloudScaling の  Randy Bias は、「 OpenStack のデプロイメントをダウンロードするには、荒削りで複雑な数多くの作業に取り組む必要があり、また、時間と神経の浪費につながる。そして OpenStack は、きわめて柔軟なシステムであるが、それ故に、アップグレードが難しくなるような、デザイン上の判断に陥りやすくなる」と、the Register に語っている。

ーーーーー

research_551コミュニティのデベロッパーたちにより、ユーザーが簡単に利用できるプロダクトが生み出されるかというと、なかなか難しいものがあると思います。 おそらく、両者の間に横たわる、テクノロジー・スキルの違いが、こうしたギャップを生み出すのでしょう。 以前に、『OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!』という抄訳をポストしましたが、力量のあるディストリビューターとして、Red Hat あたりが大きく関与してくれる方が、OpenStack にとってシアワセな、方向性をもたらすのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
Hybrid の調査 : ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?

2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on December 21, 2013

大きく躍進した、今年のインターネット・インフラたち・・・
http://wp.me/pwo1E-72y

Agile_Cat_Loupe

_  space

モバイルからインフラまでをカバーしたいと、常々 考えている Agile_Cat ですから、今年もデータセンター関連情報には力を入れてきました。 そして、この数年を振り返ってみると、データセンターへの関心が、年を追うごとに高まっているようです。 その背景には、これまでは秘密にすべきとされてきた、データセンターに関する情報が、クラウドが躍進するにつれてオープンにされていくという、状況の変化があるのだと思えます。 もちろん、金融や証券といった市場のためのデータセンターは、これからも秘密裏に運用されていくでしょう。 しかし、クラウド・プロバイダーたちはインフラを開示することで、その顧客たちに信頼性をアピールしたいと考え、また、環境への配慮なども理解して欲しいと願っているはずです。つまり、それぞれの企業における理念が、そのインフラを見ることで明らかになってくるのです。 なお、Open Compute Project(Facebook も含む)に関しては、来週にマトメをポストします!

_  space

1/09: コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!
1/18: Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific
3/01: Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界
3/04: 無印 サーバー は 22% UP : ブランド サーバー は DOWN – Gartner
5/02: Facebook はプライバシーのために、10% のリソースを割り当てる
5/08: Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか?
5/24: シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
6/06: 空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
6/22: IBM の DC 温度/湿度センサー・ロボットが凄い! まるで ルンバだ!
7/02: IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
7/02: 400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリングの理論とは?
7/02: 世界中の DownTime をライブで表示:Pingdom の素敵なマップ
7/19: SoftBank と Bloom Energy が提携:最新の燃料電池が日本にやってくる!
8/18: Google が 5分ほど落ちた : そしたら 5千万円ほど 吹っ飛んだらしい
8/19: Google のダウンは数分で収まったが、Microsoft は数日を要してしまった
8/20: 今度は Amazon.com がダウン : US リージョンで 約 45分間
8/28: Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
9/18: Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
9/25: Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
10/02: クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生
10/08: インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
10/10: SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
10/22: Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
10/29: Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!
10/31: NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
11/18: Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大
11/28: Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
12/02: Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
12/10: Google Load Balancing : 100万リクエスト/秒を達成!
12/12: 世界のデータセンター・スペース : 余っているのか? 不足しているのか?

_  space

datacenter_55こうして、この 1年の動きを眺めてみると、計算能力の上昇とメモリの低価格化により、コンピューティング密度が一挙に高まってきたと感じられます。 そこに、光の活用が加わり、キャパシティとスピードを売りにしたデータセンターが、経済性を確保した上で、インターネット・インフラを新たな次元へと、引っ張りあげているような感じです。 おそらく、来年は、データセンター運用における効率化が、大きなテーマとなっていくはずです。 それを実現するためには、SDN や DCIM などの洗練が、欠かせない要因となるでしょう。 また、これだけインフラが整備されてきたのであれば、インターネット接続の在り方も再考すべきという、議論も熱を帯びてくるでしょう。 年明け早々の、1月の Agile_Cat は、Open IX にフォーカスしていきますので、どうぞ、お楽しみに!image

2013年 : OpenStack の マトメ

Posted in .Chronicle, Cloud Stack, OpenStack by Agile Cat on December 19, 2013

着実に成長した1年だが、ライバルたちも強力だ ・・・
http://wp.me/pwo1E-72h

agile_cat_loupe1

_  space

2012年11月に Gartner から発行された、IaaS Magic Quadrant の抄訳として、以前に『 Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?』をポストしましたが、その中で OpenStack の存在が言及されていたのは、わずか 2社のみでした。具体的には、SoftLayer と Rackspace となりますが、前者は IBM に買収され、そのクラウド・ビジネスの中核に置かれ、後者は OpenStack の旗振り役として、プレゼンスを発揮してきました。 そして、つい先日ですが、以下のような動きが生じています(英文へのリンク)。

_  space

12/11: Oracle Embraces OpenStack
12/11: Alcatel now supports OpenFlow, OpenStack on switches
12/12:
Dell and Red Hat team to sell enterprise OpenStack
12/16:
Salesforce.com to Join OpenStack Cloud Project

_  space

面白いもので、誰かが動き出すと、それに追随する者が必ず出てきます。 このオープンソース・コミュニティは、2013年を通じて、そのような形で成長を遂げてきました。そして 2014年ですが、Amazon AWS に対抗する勢力として、さらなる求心力を発揮できるのかどうか、OpenStack の真価が問われる年になりそうですね。

_  space

2/08: Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
3/26: VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
4/19: OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
4/22: Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
4/23: VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
7/17: Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
7/23: OpenStack が3歳になった:素晴らしく成長したが、まだ頑張らねば!
8/18: Rackspace が Sony を支援:PS 用の OpenStack プライベート?
8/20: OpenStack に必要なのはベンダー:インターオペラビリティではない!
8/21: 成長する OpenStack と 呼応する アジア:次のサミットは 11月の 香港だ!
8/22: OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
8/23: Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
8/29: Red Hat と OpenStack:サーティフィケーションとトレーニングとは?
8/29: Pivotal と Piston : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
9/18: OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
10/01: Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
10/08: Citrix と CloudStack が絶好調 : その背景に何があるのか?
12/04: OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

_  space

openstack-55a1この 11月ですが、『 Hey, Enterprise Developers! Get Agile Or Get Steamrollered 』という記事に、Synergy Research Group による、とても興味深いチャートが掲載されていたので、それをご紹介したいと思います。 これは、2012年 Q3 と 2013年 Q3 における、大手クラウド・プロバイダーの売上を比較したものであり、まず目につくのは、Amazon AWS の巨大さです。 そして、OpenStack の視点から眺めてみると、この中に割り込んでいきたいところですが、IBM および Salesforce と連携できるなら、オープンソース・クラウドとしての存在感を示すことも可能なはずです。 来年の OpenStack に期待したいですね!image

Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, Network, Research by Agile Cat on November 28, 2013

Cisco Is Getting Destroyed In Premarket Trading
http://wp.me/pwo1E-6WV

Sam Ro – NOV. 14, 2013
http://www.businessinsider.com/cisco-down-in-premarket-trading-2013-11

_ Business Insider

Nov 14 ーーー Shares of Cisco are plunging ahead of the U.S. trading session.

11/14 の時点 ーーー Cisco の株価が、米国における取引の、開始時刻に先立って急落している。

The tech behemoth announced better-than-expected fiscal Q1 earnings after the closing bell on Wednesday.  However, revenue was weak and its fiscal Q2 guidance was ugly.

このハイテク界の巨人だが、水曜日の取引が終了した後に、予想以上とも思える Q1(9月期)の決算を発表している。しかし、その収益に力強さはなく、この年度における Q2 ガイダンスも荒れ模様である。

Getty Images/Ethan Miller
John Chambers

“Overall, Asia-Pacific, Japan and China was down 10%,” said CEO John Chambers on the earnings conference call. “China continued to decline as we and our peers worked through the challenging political dynamics in that country.”

「 全体的にみて、Asia-Pacific および、Japan、China が、10% のダウンとなっている。 China に関しては、同国における厄介な政治力学の中で奮闘したが、売上の減少が止まらなかった」と、CEO である John Chambers は、収支報告のカンファレンス・コールで発言している。

Chambers is referring to the revelations of recent leaks related to spying by the National Security Agency.

また、Chambers は、NSA(National Security Agency)による最近のスパイ活動について、情報がリークされていることにも触れている。

“Every one of our top 10 emerging countries missed their forecast and was off by a fair amount,” said Chambers. “So it wasn’t just that it was down, the last couple of weeks, they kept dropping and dropping.”

「 私たちのマーケットである、新興国 Top-10 の全てにおいて、かなりの範囲で予測がずれてしまった。そして、単にダウンするだけではなく、そのような状況が数週間も続いてしまった」と、Chambers は述べている。

“As we look to Q2 FY’14, we do not anticipate material improvement in our order growth. This is impacting our revenue guidance for Q2.” Here’s what Cisco sees in Q2:

そして、「 FY ’14 Q2 に目を向けるとき、私たちの成長の材料が、改善されているとは予想できない。 それが、Q2 における収益ガイダンスに影響を与えている」と続けている。 以下が、Cisco による Q2 の予測である:

  • Revenue: Down 8% to 10% year-over-year
  • Gross margin: 61% to 62%, non-GAAP
  • Operating margin: 27.5% to 28.5%, non-GAAP
  • EPS: $0.45 to $0.47, non-GAAP

“We suggest you model revenue conservatively,” warned Chambers.

「 私たちは、投資家たちの収益モデルについて、慎重に示唆する必要がある」と、Chambers は警告している。

Here’s a look at the premarket chart from MarketWatch:

ここで、MarketWatch による、最新のチャートが参照できる:

ーーーーー

image23すべての企業が、クラウド化からの影響を受けるはずであり、この Cisco という巨人も、例外ではないということなのでしょう。 昨日も、Open Compute によるスイッチ・コンペの記事をポストしましたが、この Facebook にかぎらず、Google や Amazon などを含む大手のサビサーたちが、データセンターとファシリティをデザインする時代になったようです。ただし、こうした、ファクトリまでも所有する大手と、中小の経済は異なるものであり、そのギャップを埋めていくことが、Open Compute などに期待される活動なのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に

 

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by Agile Cat on November 27, 2013

Facebook Likes Broadcom, Intel, Mellanox Switches
http://wp.me/pwo1E-6WG

Rick Merritt – 11/11/2013
http://www.eetimes.com/document.asp?doc_id=1320052

_ ee times

SAN JOSE, Calif. — Broadcom, Intel, and Mellanox have developed competing specifications for datacenter switches, responding to a call from the Facebook-led Open Compute Project.

SAN JOSE, Calif. — Broadcom および、Intel、Mellanox の各社は、Facebook が主導する Open Compute Project からの要請に応えるかたちで、データセンター・スイッチの仕様コンペに取り組んでいる。

OCP called earlier this year for open specs for software-agnostic leaf and spine switches to complement its existing specs for streamlined servers. The specs aim to speed innovation in networking hardware, "help software-defined networking continue to evolve and flourish," and give big datacenter operators more flexibility in how they create cloud computing systems, said Frank Frankovsky, a Facebook datacenter executive and chair of the OCP Foundation in a blog posted Monday.

今年の初めOCP は、既存のスイッチ・プロダクツを補完し、その合理化されたサーバーに順応させる、ソフトウェアを選ばない Leaf and Spine スイッチの、オープン仕様について呼びかけを行った。その仕様とは、ネットワーク・ハードウェアにおけるイノベーションのスピードを高め、また、「SDN の進化と普及を促進」し、さらには、大規模データセンター事業者によるクラウド·コンピューティング·システム開発に柔軟性を提供するものであると、Facebook データセンター部門のトップと、OCP Foundation 議長を兼任する Frank Frankovsky が、自身のブログ・ポストで発言している。

The project’s goal is to deliver a switch that can be rebooted to handle different jobs as needed. So far the OCP group received more than 30 proposals for systems or components.

このプロジェクトの目標は、異なるジョブを必要に応じて処理するための、リブートが可能なスイッチを提供することである。そして、これまでに、30種類を超えるシステムやコンポーネントの提案を、OCP グループは受け付けている。

Intel posted online a full reference design for its proposal for a 48×4 10/40G switch (below). The design uses Intel’s FM6764 switch acquired with Fulcrum Microsystems and two of Intel’s own SoCs — the Crystal Forest control plane processor and the Cave Creek chipset for daughter cards. Quanta and one other OEM built systems based on the design.

Intel からは、48×4 10/40G Seitch(以下)に関する提案のフル・リファレンス·デザインが、オンラインでポストされている。このデザインで用いられる Intel の FM6764 Switch は、Fulcrum Microsystems と Intel 自身の 2つの SoC と連携するが、後者に関しては、ドータ·カード用の Crystal Forest プロセッサと、 Cave Creek チップセットとなる。Quanta と、別の OEM によるシステムは、このデザインをベースに構築されている。

クリックで拡大 ⇒
Intel’s switch proposal uses three types of its chips.

Broadcom said it has delivered a spec and a working system based on its Trident II switching chip that meets OCP needs. However the company declined to release further details.

また、Broadcom からは、その Trident II Switch をベースにして、OCP のニーズを充たす仕様と稼働システムが提供されるようだ。ただし、同社は、その詳細についてリリースを行っていない。

Mellanox proposed a switch based on its SwitchX-2 switch and an x86 processor running the Open Network Install Environment (ONIE) software from Cumulus Networks. The switch supports either 48 SFP+ ports and 12 QSFP ports or 60 10GbE server ports when using QSFP+ to SFP+ breakout cables.

Mellanox からの提案は、その SwitchX-2 Switch と x86 プロセッサにより、Cumulus Networks から提供される Open Network Install Environment (ONIE) ソフトウェアを走らせるというものである。このスイッチは、48 SFP+ ポートと 12 QSFP ポートをサポートするが、SFP+ Breakout Cable を用いる際には、60 10GbE サーバー・ポートがサポートされる。

Separately, Cumulus submitted to OCP its ONIE software, a boot loader for installing software on network switches. It enables a generic switch to run a variety of networking software environments.

それとは別に Cumulus は、各種のネットワーク・スイッチ上にソフトウェアをインストールするための、ブート・ローダーとしてソフトウェアを OCP にサブミットしている。それにより、各種のソフトウェア・ネットワーク環境を実行するための、汎用的なスイッチが実現されるという。

Further work on networking specs and proposals continues at an OCP event this week in San Antonio.

今週に San Antonio で開催される OCP イベントにおいて、このネットワークに関する、さらなる仕様と提案が、明らかになるだろう。

— Rick Merritt, Silicon Valley Bureau Chief, EE Times

Related posts:

ーーーーー

open-computeOCP の Open Switch について詳しく説明しているのは、Facebook Tech Director Reveals Open Networking Plan というドキュメントだと思います。 その中で、Facebook の Najam Ahmad は、「私たちが取り組んでいる仕様は、本質的にコンピューティングのように振る舞うスイッチとなる。診断と試験のための BIOS 環境が起動した後に、実行可能なものが検索され、オペレーティング・システムが見つけ出される。つまり、一般的なオペレーティング・システムのように、どのように振舞い、なにを実行するのかを、それに伝えることができる」と説明しています。一言でいって、脱アプライアンスとなるわけですが、サーバーと同様に、無印スイッチが活躍できるのかどうか、とても興味深いテーマだと思います。image

ーーーーー

<関連>

やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く

 

%d bloggers like this: