Agile Cat — in the cloud

Cisco 予測:世界のモバイル・トラフィックは、2019年 までに 10倍増する

Posted in Cisco, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 15, 2015
Global Smartphone Traffic to Increase Tenfold by 2019
Felix Richter − February 13th, 2015
http://www.statista.com/chart/3227/global-smartphone-traffic-to-increase-tenfold-by-2019/
 
Statista.png
 
Global smartphone data traffic is expected to continue its meteoric rise over the next few years.
 
グローバルにおけるスマートフォン・データ・トラフィックは、これからの数年のうちに、凄まじい勢いで上昇し続けると予想される。
 
According to Cisco’s Visual Networking Index, smartphone traffic is set to grow from 1.74 exabyte per month in 2014 to more than 18 exabyte per months in 2019. Cisco further estimates that smartphones will account for 75% of mobile traffic in 2019, up from 69% in the past year.
 
Cisco の Visual Networking Index によると、スマートフォンのトラフィックは、2014年の 1.74 ExaByte/月 から、2019年の 18 ExaByte/月 に成長すると想定されている。さらに Cisco は、モバイル・トラフィックに占めるスマートフォンの割合が、昨年までの 69% から、2019年には 75% に増えると推定している。
 
lobal_Smartphone_Traffic_to_Increase_Tenfold_by_2019_nThis chart shows the expected increase in global smartphone traffic between 2014 and 2019.
 
このチャートは、2014年から2019年にかけて、グローバル・スマートフォンのトラフィック量が、増加していく予測を示している。
 
The increase in smartphone data consumption will be fuelled by two factors that work in the same direction: the ever-growing number of smartphones in use and the increase of individual data consumption.
 
スマートフォンにおけるデータ消費量の増加は、同じ方向性を持つ、2つの要因により促進される。 つまり、スマートフォンの利用台数の増加と、それぞれのユーザーによるデータ消費量の増加である。
 
As mobile networks grow faster, users are expected to adapt their usage and consume more data-intensive content, such as high-definition video, on their phones. The average smartphone will expectedly generate 4 GB of traffic per months in 2019, a fivefold increase over last year’s global average.
 
モバイル・ネットワークの速度が高まるにつれて、ユーザーによる利用方法が変化し、より多くのデータを必要とするコンテントが消費されていく。 具体的に言うと、スマホ上での HDV(High Definition Video)の再生などが、例として挙げられる。2019年には、平均的なスマートフォン・ユーザーが、月間で 4 Giga Byte のトラフィックを発生させるが、その値は、昨年におけるグローバル平均の、5倍に相当するものである。
 
ーーーーー
weekend毎年、今頃になると、Cisco の Visual Networking Index が気にっなてきますが、その中でも、最も注目したいのが、このモバイル・トラフィックの成長予測です。 文中の数字から逆算すると、いま現在のグローバル・モバイルトラフィックの平均は、月ベースで 300 MB/5 = 60 MB くらいのようです。 Agile Cat の場合で、2〜3 GB は使っていると思いますので、やはり、日本は恵まれていますね。 そして、途上国のトラフィックが、これから日本並みに増えてくるわけですが、そうなると、どのような世界が見えてくるのでしょうか?  良い方向へ、変化して欲しいと願います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 9, 2015
Internet of Things (IoT): Driving a Revolution in Digital Manufacturing
By Dick Weisinger – Feb 6, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-driving-a-revolution-in-digital-manufacturing/
 
formtek.png
 
The Internet of Things (IoT) is a vision of a world where almost any kind of object can and many will carry some kind of transmitter to send and receive data from the internet.  Think sensors and smart appliances everywhere, and all able to communicate, both by M2M (machine to machine) and M2H (machine to human).
 
IoT のビジョンとは、あらゆる種類のオブジェクトおよび数多くの人々が、なんらかの転送方式とインターネットを介して、データを送受信する世界のことである。すべてのロケーションにセンサーとスマート家電が配備され、M2M (machine to machine)M2H (machine to human) により、それらが通信し合う状況を想像して欲しい。
 
Dali_1Gartner estimates that in 2020 more than 26 billion devices will be able to communicate and signal via the internet.  Cisco estimates the IoT market will add more than $14 trillion to the global economy, of which McKinsey says $310 billion represents incremental revenue for businesses.
 
Gartner の推定によると、2020年には 260億個のデバイスが、インターネットを介して通信し、信号を交換し合うことになる。Cisco の推定では、IoT は $14 trillion 以上のビジネスを生み出し、グローバル経済に寄与することになる。 また、それにより、年間で $310 billion の増収を、グローバルにおける企業群が、積み上げていくと McKinsey は発言している
 
Susan Hauser, Microsoft Vice President, said that “the challenge for successful companies in the coming year will be to harness this data to act on key insights, improve customer service, reduce time to market, enable new innovation in product and services development, and ultimately transform themselves with new business models and revenue streams.”
 
Microsoft の VP である Susan Hauser は、「来年に成功する企業にとっての課題は、それらのデータを活用することで、顧客サービスの向上や、製品開発に費やす時間の短縮を、重要な洞察をベースにしながら推進し、プロダクトとサービスの開発で新たなイノベーションを達成する点に集約される。そして、最終的には、新たなビジネス・モデルと収益の流れを作りだし、自社の体質を変革させることになる」と述べている
 
One area where IoT is poised to drive innovation in particular is manufacturing. By embedding sensors across all devices and elements of the shop floor, businesses will be able to collect real time manufacturing data, enabling very precise monitoring of the production process.  Companies will be able to do predictive maintenance to reduce downtime, better manage their inventories, and also to become more flexible and responsive to changes in market conditions.  A SAS survey found that 18 percent of industrial machinery companies have already started to use ‘IoT devices’ to increase production and reduce costs.
 
IoT によるイノベーション態勢を整えている分野として、とりわけ注目されるのは製造業だろう。すべてのデバイスなどにセンサーをエンベッドすることで、その工場を運用する企業はデータをリアルタイムで収集し、きわめて正確に生産プロセスをモニタリングできるようになる。その結果として、それらの企業は、生産ラインを止めないための予知メンテナンスや、効率のよい在庫の管理を可能にし、さらには、市況の変化に応じた柔軟な操業を実現していく。SAS の調査によると、産業用機器を製造する企業の 18% が、生産の向上とコストの削減を目指して、すでに IoT デバイスを活用していることが分かっている。
 
Sansa Security predicts that 2015 will be the year where device sensors will by default use common, rather than proprietary, protocols to communicate, enabling devices to better interact and be controlled through a single interface.  But businesses will need to make investments.  Old equipment will need to be upgraded or replaced in order to support the new paradigm of digital manufacturing.
 
Sansa Security の予測によると、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルが、2015年にはプロプライエタリからコモンへと変化するようだ。つまり、デバイス間での対話性が向上し、シングル・インタフェースを介した制御が可能になっていく。ただし、依然として企業は、投資を継続していく必要があるだろう。この、デジタル製造業という新しいパラダイムをサポートするために、旧来からの機器を更新/交換していく必要があるのだ。
 
John Nesi, Vice President at Rockwell Automation, said that IoT technology is needed to address “global competitive pressures that are challenging industrial and manufacturing companies to drive inefficiencies out of their systems, manage workforce skills gaps and uncover new business opportunities.”  Done properly, the benefits will be “faster time to market, improved asset utilization and optimization, lower total cost of ownership, workforce efficiency, enterprise risk management and smarter expenditures.”
 
Rockwell Automation の VP である John Nesi は、「IoT テクノロジーが必要とされるのは、製造に携わる企業から非効率なシステムを排除し、グローバルな競争におけるプレッシャーに取り組んでいくためである。それにより、従業員のスキル・ギャップが管理され、新しいビジネス・チャンスが発見される。あらゆる課題に適切に対処していけば、製造期間の短縮/資産の利活用と最適化/所有コストの低減/労働環境の改善/適正なリスク管理/効果的な投資などの、数多くのメリットが生まれてくる」と述べている
 
ーーーーー
On MondayGE の言う Industrial IoT が、まさに製造業のための IoT であり、そのゴールが明確だと感じていました。 そして、こうしてマトメてもらえると、とても具体的なイメージで、目の前に迫った未来像を捉えられます。 いろいろなメーカーやベンダーが、それぞれの IoT を語っていて、インターフェイスからプロプライエタリを排除できるのかどうか、その辺りが疑問として残っていたのですが、それらが共通化されると、一挙の広まりそうな感じがします。 ただし、それとは裏腹にセキュリティに代表される、さまざまな問題も浮上してくるでしょう。 なにやら、インターネットというエクスペリエンスを持つ人類が、総力戦で臨む DevOps が始まりそうな感じですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測されるz

Cloud の調査:データセンター・トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco

Posted in Cisco, Data Center Trends, On Monday, Research by Agile Cat on December 15, 2014

Cloud Computing: Data Center Traffic to Triple in Five Years
http://wp.me/pwo1E-85X
By Dick Weisinger – December 9, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-data-center-traffic-to-triple-in-five-years/

_ formtek

Over the next five years, global data center IP traffic is expected to triple, based on the Global Cloud Index report from Cisco Systems, reaching 8.6 zettabytes (ZB or a trillion gigabytes) per year.  An Infographic illustrating Cisco’s findings is available here.

Cisco Systems の Global Cloud Index レポートによると、2013年〜2018年の 5年間で、グローバルにおけるデータセンター IP トラフィックは 3倍に増大し、8.6 ZB(zettabytes = 1兆 gigabytes)に達するという。 その、Cisco の調査結果であるインフォグラフィックは、ここで参照できる。

The Cisco report notes the different use cases that are supported by private and public cloud implementations.  The private cloud, on the one hand, is focusing primarily on IaaS and PaaS, while the public cloud instead focuses on SaaS.  But both are seeing huge growth.  A Synergy Research estimates that the public cloud is growing at a 50 percent annual rate while both hybrid and private clouds are showing 40 and 45 percent growth.

Cisco のレポートは、それぞれのユースケースに応じて、プライベート/パブリックのクラウドが実装されていくと指摘している。その一方で、パブリック・クラウドは SaaS にフォーカスし、プライベート・クラウドは IaaS/PaaS にフォーカスするとも述べている。だたし、どちらも、大きな成長が見込まれている。Synergy Research の推測によると、パブリック·クラウドは年率で 50% の成長となり、また、ハイブリッド/プライベート・クラウドは 40%〜45% の成長となる。

Kelly Ahuja, senior vice-president at Cisco, said that “even with public cloud workloads having significant growth, by 2018, almost 70% of cloud workloads will still be private cloud-related, requiring the ability of workloads to bridge across a hybrid private/public cloud environment.”

Cisco の Senior VP である Kelly Ahuja は、「2018年までの期間で、パブリック・クラウド上で増大するワークロードは、かなりの量になると思われるが、クラウド·ワークロードの 70% は、依然としてプライベート・クラウドに関連するものとなる。したがって、プライベート/パブリックとブリッジする、ハイブリッド・クラウド・ワークロードに対する要求が高まっていく」と述べている

Another finding of the Cisco report is that by 2018, 53 percent of all global residential Internet users will have personal cloud storage, and the average consumer cloud storage traffic per user will be 811 megabytes per month by 2018, compared to 186 megabytes per month in 2013.

この Cisco レポートでは、すべてのグローバル・インターネット・ユーザーの 53% が、2018年までにパーソナル・クラウド・ストレージを持つと指摘されているが、その点も興味を引く。 また、それらのクラウド・ストレージに関する、ユーザーあたりの平均トラフィック消費量は、2013年の 186 MB/月から、2018年の 811MB/月へと成長していくとされている。

ーーーーー

この Cisco の資料を見ると、2013年の 3.1 ZB(従来 1.5 ZB + クラウド 1.6 ZB)が、2018年には 8.6 ZB(従来 2.1 ZB + クラウド 6.5 ZB)になると記されています。 まさに、雲を掴むような話であり、ZB と言われてもピンと来ませんが、それにもすぐに慣れてしまうのでしょう。 たしか、2010年だったと思いますが、Hadoop World NYC に参加したとき、あまりも皆さんが ペタ・ペタ・ペタ・ペタ・ペタと連呼するので、簡単に洗脳されてしまったという記憶があります :) なお、この Cisco レポートに関しては、Data Center Knowledge にも Cisco: Data Center Traffic Will Triple by 2018 という記事がポストされており、このようなチャートも添えられていました。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?
Mobile App の調査:エンタープライズを素通りして、コンシューマ市場へと流れる開発者たち
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく

SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

Posted in On Monday, SDN by Agile Cat on October 6, 2014

Software Defined Networking (SDN): Growing at a Blistering Rate of 90 Percent Annually
http://wp.me/pwo1E-7Vq

By Dick Weisinger – September 25th, 2014
http://formtek.com/blog/software-defined-networking-sdn-growing-at-a-blistering-rate-of-90-percent-annually/

_ formtek

The Software Defined Network (SDN) market will grow from just $960 million in 2014 to $8 billion by 2018, at an annual growth rate of 90 percent, predicts IDC.  That’s an incredible rate of growth.

Software Defined Network (SDN) のマーケットだが、2014年の時点では、わずか $960 million に過ぎないが、90% という年間成長率で伸び続け、2018年には $8 billion にいたると、IDC は予測している。つまり、信じられないほどのスピードで、成長していくことになる。

Leading vendors in this market include Cisco Systems (CSCO) and VMware (VMW).  Others also in the market include Big Switch, Brocade (BRCD), Dell, Extreme Networks (EXTR), Flextronics, Hewlett-Packard (HPQ), Huawei, Juniper Networks (JNPR), and Oracle (ORCL).

このマーケットをリードするベンダーとしては、Cisco Systems (CSCO) と VMware (VMW) の存在が挙げられる。また、Big Switch および、Brocade (BRCD)、Dell、Extreme Networks (EXTR)、Flextronics、Hewlett-Packard (HPQ)、Huawei、Juniper Networks (JNPR)、Oracle (ORCL) なども、そこには含まれる。

Factors that are driving the growth in the SDN market include:

  • Increasing adoption of cloud applications and services by businesses
  • Increased interest in the software-defined datacenter and the converging of computation, storage and networking
  • Increased demand for networks to be more flexible and to be able to support rapidly changing technologies like mobility, big data, and the Internet of Things (IoT)

このように、SDN マーケットを成長させていく要因としては、以下の項目が挙げられる:

  • クラウド上のアプリケーションおよびサービスを採用する企業が増えている。
  • Doftware-Defined Datacenter および、コンピューティング/ストレージ/ネットワークの集約に関する関心が高まっている。
  • より柔軟なネットワークに対する需要が高まっている。 つまり、Mobility/Big Data/IoT といった類の、新たなテクノロジーへの迅速な対応が求められている。

Rohit Mehra, Vice President, Network Infrastructure at IDC, said that “SDN is taking center stage among innovative approaches to some of the networking challenges brought about by the rise of the 3rd Platform, particularly virtualization and cloud computing.  With SDN’s growing traction in the datacenter for cloud deployments, enterprise IT is beginning to see the value in potentially extending SDN to the WAN and into the campus to meet the demand for more agile approaches to network architecture, provisioning, and operations.”

IDC の VP Network Infrastructure である Rohit Mehra は、「 SDN は、とりわけ仮想化とクラウドの台頭によりもたらされた、いくつかに革新的なアプローチにおいて、つまり、第三のプラットフォームとしてのネットワークへの取り組みにおいて、主役の座を得ようとしている。 エンタープライズ IT は、クラウドをディプロイするデータセンター内で、SDN の成長力を活用し、また、WAN と社内に拡大することの、価値を見出し始めている。 つまり、それにより、ネットワークのアーキテクチャプロビジョニング/オペレーションで必要とされる、より迅速な対応が実現されていく」と、述べている

ーーーーー

昨年の10月に、「 SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ 」という抄訳をポストしましたが、おそらく、ユーザー側は SDN で変化するものを知りたがり、ベンダー側は SDN で何を変えて欲しいのかを知りたがるという、なかなか出口の見つからない、堂々巡りが繰り返されていたのだろうと推測します。 もちろん、そこには、より柔軟なネットワークという合意があるのですが、何のためのという、最後のピースが見つからなかったのでしょう。 そして、SDN の内側ではなく外側に点在する、そのピースが見つかり始めたのだと、この記事は伝えているように思えます。

ーーーーー

<関連>

Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう
Security の調査: より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めている
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、年間で約2兆円が節約できる

IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on May 26, 2014

Internet of Things(IoT): Vendors Attempt to Rename and Change the Spin
http://wp.me/pwo1E-7wg
By Dick Weisinger – May 23, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-thingsiot-vendors-attempt-to-rename-and-change-the-spin/

_ formtek

The Internet of Things(IoT) — it’s the envisioned world where everything from electric toothbrushes to hydro-electric power plants will be plugged into the internet, interconnected, monitorable and controllable, hopefully only by those with the appropriate security privileges.  Increasingly the future of IoT is already being realized today, and it is being aided and supported by technologies like big data, cloud computing and mobile.  As an IT director said, IoT is making a “billion the new million.”

The Internet of Things(IoT) — 電動歯ブラシから水力発電所にいたるまで、インターネットに接続されるという想定の世界であり、相互接続とモニタリングおよびコントロールを取り入れたものになる。そして、願わくば、適切なセキュリティ権限を有する者だけが利用できるものになって欲しい。さらなる IoT の未来が、すでに実現されつつあり、また、ビッグデータ/クラウド/モバイルといったテクノロジーによりサポートされている。ある IT Director が言っていたように、IoT は信じられないほどの利益を生み出す。

The hype around IoT has been strong as major tech vendors try to grab hold and redefine the technology in a way that best promotes their strengths.  Cisco and Intel are recasting the ‘Internet of Things’ as the ‘Internet of Everything’ (IOE).  GE has taken more of a manufacturing and enterprise view and is calling it the ‘Industrial Internet’.  Now, Microsoft, longtime vendor of personal computer software, has put their own spin on the IoT concept, trying to make the concept more personal — they’re calling it the Internet of Your Things.

このテクノロジーを、大手のテック・ベンダーが捕まえようとし、自身を強調する方向で再定義しようとするにつれて、IoT の周りに漂う誇大広告は盛大なものになっていった。 CiscoIntel は、Internet of Things を、Internet of Everything (IOE) と書きなおしている。GE は、製造業とエンタープライズの視点から、それを Industrial Internet と呼んでいる。そして、PC ベンダーとして、長い歴史を持つ Microsoft は、IoT のコンセプトに独自の解釈を加えている。つまり、よりパーソナルなコンセプトに置き換えようとし、Internet of Your Things と呼んでいる。

Microsoft’s general manager of marketing, Barbara Edson, said that the concept of 212 billion interconnected devices by 2020 is something that most people just can’t get their heads around.  She say’s it’s confusing both to businesses and consumers.  ”So many people are talking about IoT, but it’s really just a network.  A simple concept that’s blown up.  IoT is really a huge buzz word.  It’s not a revolution, it’s an evolution.  We really don’t think it’s a rip and replace.  It’s about using the infrastructure you already have, connecting the devices that are already in place.”

Microsoft の GM of Marketing である Barbara Edson は、212 Billion の相互接続されたデバイスが、2020年までに登場するというコンセプトは、ほとんどの人々にとってピンと来ないものであり、企業と消費者の双方を混乱させていると述べている。そして、「 とても数多くの人々が IoT について話しているが、実際のところ、単なるネットワークの話しである。それが、爆発的に拡大するというシンプルなコンセプトである。つまり、IoT とは、かなりのバズ・ワードであり、革命ではなく進化のことを指す。私たちは、それについて、Rip and Replace(完全な置き換え)だとは、まったく考えていない。それは、誰もが手にしているインフラを使用することであり、すでに適切な場所に配置されている、デバイスを接続することに過ぎない」と発言している。

ーーーーー

IoT がバズ・ワードなら、Cloud もバズ・ワードですし、そんなに目くじらを立てなくても、と思ってしまいます。 とはいえ、誰が言い出したのか、それが気になったので、ちょっと調べてみました。 Wikipedia には、1999年に Kevin Ashton が始めて使った用語だと書かれています。そして、この Kevin Ashton というイギリス人ですが、Procter & Gamble で RFID を研究した後に、ThingMagic と Zensi という会社を起こし、いまは Zensi を買収した Belkin の GM に収まっているようです。Belkin って、3万円もする(高くて買えない)、あの Thunderbolt Box を作っている会社です。 そんな Belkin ごときにと思うと、Cisco も Intel も GE も Microsoft も、ちょっと悔しいのかもしれませんが、おそらくユーザーであったころの、Kevin Ashton の視点から生まれたものだと思いますので、大切にしてあげてほしいですね。 ・・・というわけで、Agile_Cat は IoT 支持派であることを、ここに宣言いたします。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている
Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける
Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている
Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な、外部とのコラボレーションとは?
IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす

Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Posted in Cisco, Mobile, Network, Research, Telecom by Agile Cat on March 20, 2014

The U.S. officially enters the gigabyte era of mobile data consumption
http://wp.me/pwo1E-7kX

By
Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/cisco-the-u-s-is-officially-in-the-gigabyte-era-of-mobile-data-consumption/

_ Giga Om

Summary: Average mobile data use in North America nearly doubled in 2013 to 1.38 GBs a month leading the world. The U.S. isn’t the biggest data hog — that would be Japan — but LTE is driving consumption.

Summary:  North America におけるモバイル・データの使用量は、2013年との比較で倍増しており、世界をリードする 1.38 GB まで上昇してきた。アメリカは、最大のデータ消費国ではないが(おそらく日本が一番)、LTE により消費は促進されている。

ーーーーー

Mobile users the world over came close to doubling their mobile data consumption between 2012 and 2013 as average monthly usage peaked well over 1 GB in the U.S, and several other countries, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index report on global mobile data trends.

Cisco Systems がグローバル・モバイル・データの傾向をまとめた、Visual Networking Index レポートによると、アメリカなどの国々におけるモバイル・データの平均使用量は、2012年から 2013年にかけて二倍弱に増え、1 GB/月の大台に達したようだ。

_  space

_  space

North America led the pack with the average mobile subscriber consuming 1.38 GBs a month, up from 752 MBs in 2012 and a full gigabyte more than the average global usage of 356 MBs. When looking at individual countries, Japanese users led the world with 1.87 GBs, followed by the U.S. at 1.41 GBs and South Korea with 1.25 GBs.

North America の平均的モバイル・サブスクライバーは、2012年の 752 MB から、2013年の 1.38 GB へと、その消費量を伸ばし、他の地域をリードしている。 国ごとの状況を見ると、トップは日本の 1.87 GB であり、その後にアメリカの 1.41GB と、韓国の 1.25 GB が続いている。

_  space

_  space

Those three countries happen to be the first to launch LTE networks on a large scale, and according to Cisco director of service provider marketing Thomas Barnett, 4G adoption has become the strongest indicator of skyrocketing mobile broadband use worldwide, a conclusion other studies have also reached. In Western Europe, where LTE only got off the ground recently, average mobile data usage is half that in North America, coming in at 717 MBs per month.

これらの 3つに国々は、大規模な LTE ネットワークが最初に立ち上がった国々でもある。Cisco の Director of Service Provider Marketing である Thomas Barnett によると、世界的なモバイル・ブロードバンド利用と、急激に上昇させるという点で、4G の採用は最も確かな指標であり、また、他の研究も、同じ結論に達しているという。ごく最近になって LTE が開始されたばかりの Western Europe では、その平均的なモバイル・データ使用量は 717 MB/月であり、North America の半分となっている。

_  space

_  space

As you might expect, smartphones are a big driver of that increased data appetite, but tablets are contributing as well. Cisco, however, is seeing a surprising surge in PC connections to mobile networks. Barnett attributes that to the fact that laptops are starting to resemble tablets, coming with touchscreen capabilities and retractable keyboards. As people start to use their laptops like tablets, they’re increasing treating them as mobile — not merely portable — devices.

誰もが想像するとおり、このデータ消費を増大させるのはスマホであるが、タブレットの存在も見逃せない。しかし Cisco は、モバイル・ネットワークへと向けた、PC コネクションの意外な流入を指摘している。Barnett が言うには、タッチ・スクリーンと格納式のキーボードを備えたラップトップは、タブレットに類似したもの成り始めているらしい。つまり、タブレットのようなラップトップを、人々が使い始めるにつれて、それらは、単なるポータブル・デバイスではなく、モバイル・デバイスとして扱われているという。

_  space

_  space

Last year the world saw 1.5 exabytes — an exabyte being 1 billion gigabytes — of data traverse its mobile networks each month. Cisco expects that number to grow to 15.9 exabytes in 2018.

昨年、この世界は、1.5 Exabyte/月のデータが(1 Exabyte = 10億 Gigabyte)、モバイル・ネットワークで転送されるのを確認している。そして Cisco は、2018年には、その数字が 15.9 Exabyte にまで成長すると予測している。

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 January 2014
How enterprise mobility management will shape the future of work October 2013
How to deliver the next-generation web experience January 2013

ーーーーー

TAG indexそういえば、毎年恒例の Cisco レポートの時期だと思い、探してみたら、このようなポストが見つかりました。 出張などがあり、バタバタしていて見落としたようです。 今年のスコープは 2018年までとなりますが、その手前の 2017年について、昨年のレポートと比較してみると、11.2 EB から 10.8 EB へと、下方修正されているようです。とは言え、いずれにしても、ものすごい成長率であることに変わりはなく、それを支えるのは、途上国におけるモバイルと、先進国における IoT の伸びなのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?
Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

%d bloggers like this: