Agile Cat — in the cloud

Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測

Posted in .Selected, Education, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on May 23, 2015
Chromebook sales to soar in 2015 as tablets take a tumble
Dominic Sacco – May 21, 2015
http://www.pcr-online.biz/news/read/chromebook-sales-to-soar-in-2015-as-tablets-take-a-tumble/036207
 
_ PCR
 
Worldwide Chromebook sales to end users will reach 7.3 million units in 2015, a 27 per cent increase from 2014, according to Gartner. Education is the primary market for Chromebooks and represented 72 per cent of the global Chromebook market in 2014.
 
ワールドワイドにおける Chromebook のエンド・ユーザー販売数だが、2015年は 730万台に達し、2014年に対して 27% の成長になると、Gartner は述べている。そして、Chromebook の主要マーケットは教育分野であり、グローバル Chromebook 2014 市場の 72% を占めている。
 
Acer ChromebookThe news comes as the tablet market takes a hit, with tablet and 2-in-1 shipments in Central and Eastern Europe declining 20 per cent year-on-year during the first quarter of 2015, according to data from IDC. At PCR Boot Camp last week, GfK also revealed that UK tablet sales were down 28 per cent in volume and 38 per cent in value during Q1 2015.
 
このニュースは、タブレット市場への打撃も伴うものである。 IDC のデータによると、2015年 Q1 の Central and Eastern Europe 市場では、Tablet/2-in-1 の出荷台数が、前年比で 20% も低下しているのだ。 また、先週の PCR Boot Camp においても、2015年 Q1 の UK タブレット市場が、台数ベースで 28% ダウン、売上ベースで 38% ダウンの状況であることを、GfK が明らかにしている。
 
In terms of the top-selling Chromebook vendors, after Samsung’s decision to exit the European Chromebook market and focus on tablets, Acer took the lead to become the number one worldwide Chromebook vendor in 2014. It sold more than two million units in 2014, with Samsung selling 1.7 million units and HP selling one million units.
 
Chromebook のベストセラー・ベンダーという観点から見ると、Samsung が Europian Chromebook 市場から離脱し、タブレットにフォーカスすると決定した後に、2014年の Chromebook トップ・ベンダーとして、Acer がリードを奪っている。2014年の Chromebook 市場において、Acer は 200万台以上、Samsung は 170万台、そして HP は 100万台を販売している。
 
From a regional perspective, 84 per cent of Chromebooks were sold in North America in 2014, with the US market the largest single market in 2014. EMEA, which represented 11 per cent of total sales of Chromebooks in 2014, is the secondary focus for vendors with Western Europe as the primary target.
 
2014年の実績を地域別に見ると、Chromebook の 84% が North America で販売され、US 市場が最大のマーケットとなった。そして、総売上高の 11% を占めた EMEA は、重要なターゲットである Western Europe と同様に、ベンダーたちにとって 2番目にフォーカスしていくマーケットになる。
 
In Asia/Pacific the Chromebook market represented less than three per cent in 2014, with demand coming from Australia, New Zealand and Japan.
 
Asia/Pacific における 2014年の Chromebook 市場は、全体の 3% に過ぎず、その需要は Australia/New Zealand/Japan からのものであった。
 
“Since the first model launched in mid-2011, Google’s Chromebook has seen success mainly in the education segment across all regions,” said Isabelle Durand, principal analyst at Gartner.
 
「2011年の半ばに立ち上がった Google の Chromebook は、その最初のモデルから、すべての地域における教育セグメントで成功を収めている」と、Gartner の Principal Analyst である Isabelle Durand は述べている。
 
“The majority of Chromebook users are tech-savvy individuals who purchase one as a companion device to their primary notebook or desktop PC. Others are buying a Chromebook for the household to use as a second low-cost PC alternative.
 
「Chromebook ユーザーの大半は、テクノロジーに精通した個人であり、メインである Note PC や Desktop PC と組み合わせて、それらを活用している。また、家庭用の セカンド PC あるいは、低コスト PC の代替として、Chromebook を購入する人もいる」
 
“The major factors that affect the adoption of Chromebooks by consumers remain the connectivity issue in emerging markets, but also the ability for users to understand and get used to cloud-based applications, and keep content in the cloud and ecosystem.”
 
「 途上国マーケットでの Chromebook の採用に、影響をおよぼす主な要因としては、ネットワーク環境の問題が残されている。 それだけではなく、クラウド・ベース・アプリケーションを利用し、クラウド/エコシステムにコンテンツを保持することに、ユーザーが理解を示し、精通しなくてはならない」
 
Gartner added that Google has to improve brand awareness with Chromebooks, however, especially outside the US market, “where consumers who may be familiar with apps such as Google Docs do not know what a Chromebook is and what value it may bring”.
 
そして Gartner は、Google は Chromebook ブランドの認知度を向上させるべきだと述べている。しかし、特に US 市場以外では、「 Google Docs などのアプリケーションに、精通していると思われるユーザーであっても、Chromebook が何であるかを知らず、それがもたらす可能性を理解していない」と、指摘している。
 
In the business segment, Gartner says that sales of Chromebooks remain low, despite interest from SMBs and vertical industries. Google is increasingly targeting the business segment with its Chromebook for Work suite of office applications.
 
ビジネス・ユースのセグメントに関して、Chromebook は SMB や 垂直マーケットで関心を集めているが浸透していないと、Gartner は述べている。 そして Google は、オフィス・アプリケーションである Chromebook for Work Suite により、ビジネス・セグメントを開拓しようとしている。
 
Chromebooks ChartSource: Gartner May 2015
 
“Chromebook is a device that can be considered by SMBs or new startup companies that do not have the resources to invest too much in IT infrastructure,” said Durand. “Chromebooks will become a valid device choice for employees as enterprises seek to provide simple, secure, low-cost and easy-to-manage access to new web applications and legacy systems, unless a specific application forces a Windows decision.”
 
「 Chromebook は、ITインフラスに多くを投資することが不可能な、SMB や スタートアップにとって、導入を検討しやすいデバイスである。エンタープライズが、シンプルな運用/簡潔性/安全性/低コスト/容易なアクセス管理を重視するにつれて、Chromebook は従業員に使わせるデバイスとして、有効な選択肢となっていく。それは、新しい Web アプリに対応することが可能であり、Windows を必須とするアプリでなければ、レガシーなシステムにも対応できる 」と、Gartner の Durand は述べている。
 
Chromebooks are mobile computing devices from a range of manufacturers that run Google’s Chrome OS, designed mainly to access cloud services, cloud storage and web-based applications.
 
Chromebook とは、いくつかのメーカーから提供される、モバイル・コンピューティング・デバイスのことである。そして、クラウド・サービス/クラウド・ストレージ/Web ベース・アプリなどにアクセスするために設計された、Google の Chrome OS を走らせるものである。
 
ーーーーー
Post-PC手元には何も置かないという、Chrome OS の基本コンセプトは、いまの時代に合っていると思います。 と言いながら、このポストは Mac mini で書いているのですが、その理由は Chrome OS 自体の完成度にあるのでしょう。 大まかな方向性としてはベストなのですが、対応しているアプリも含めて、まだまだ洗練が必要という感じがします。 じゃぁ、なんでベストと言い切れるのかと自問してみると、Mac でも Windows でも、オフラインでは仕事にならないという現実が浮かび上がってきます。 そして、データはクラウドに置いておく方が、安全で便利だというふうに、自分の捉え方も変化しています。 もちろん、ドキュメントが主体という、Agile_Cat の仕事を前提にしての話ですが、クラウド・サービスが多様化するにつれて、あらゆるものがクラウドへと移行していくはずです。 そんなこんなで、Chrome OS がと言うより、Chrome OS 的な発想が、今後の主流になっていくと思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Posted in Linux, Red Hat, On Monday, Container by Agile Cat on November 17, 2014

CoreOS: Linux Vendors in the Crosshairs of Disruption
http://wp.me/pwo1E-81Z
By Dick Weisinger – November 11, 2014
http://formtek.com/blog/coreos-linux-vendors-in-the-crosshairs-of-disruption/

_ formtek

Linux distribution vendors like Red Hat, Canonical, and Suse are under threat of disruption from a repackaged and streamlined minimalist product from CoreOS.

Red Hat および、Canonical、SuSE といった Linux ディストリビューション・ベンダーたちは、CoreOS が合理化と最小化を念頭に再考した、新たなプロダクトの脅威にさらされ、混乱に陥っている。

Cloud providers are intrigued with the technology, and CoreOS is now offered on AWS, Google Compute Engine, Rackspace, OpenStack and VMware.

クラウド·プロバイダーたちは CoreOS のテクノロジーに興味を覚え、いまでは AWS および、Google Compute EngineRackspaceOpenStackVMware が提供するという状況にある。

Traditional Linux distributions have become increasingly bloated as vendors have added ever more features.  Matt Assay in an Infoworld article quotes a Linux industry observer as saying that ”CoreOS is the first cloud-native OS to emerge. It is lightweight, disposable, and tries to embed devops practices in its architecture. RHEL has always been about adding value by adding more. CoreOS creates value by giving you less.”

従来からの Linux ディストリビューションは、そのベンダーたちが機能を追加し続けるにつれて、肥大化の一途を辿っている。Infoworld の記事において Matt Assay は、Linux 業界オブザーバーの発言をを引用し、「CoreOS は、初めてのクラウド・ネイティブ OS として登場している。それは、軽量で使い捨てであり、クラウド・アーキテクチャにおける DevOps プラクティスと強く結びついている。RHEL は、常に機能を追加することで、その価値を高めるという方式を取ってきた。 しかし、CoreOS は機能を削ることで、価値を生み出している」と述べている

CoreOS is designed to be cluster ready and easily maintainable.  The ideas behind the CoreOS Linux distribution, which is a fork of Google’s Chrome OS, include:

CoreOS は、クラスタに対応し、その維持が容易になるよう、デザインされている。その背景となるのは、Google Chrome OS からフォークした、CoreOS Linux ディストリビューションであり、以下のように要約できる:

  • Minimalist, consuming less than 40 percent RAM than the average Linux distribution
  • Quick updates to new versions, rather than package by package updates
  • Docker Containers used by most applications
  • Designed for clustering
  • 一般的な Linux ディストリビューションとの比較で、40% 以下の RAM 消費という、最小化のデザイン
  • パッケージのアップデートよりも高速な、新バージョンへのアップデート
  • 数多くのアプリケーションが使用する、Docker Containers に対応
  • クラスタリングに対応したデザイン

The easy upgradability is one of the shining features of CoreOS.  Patches and upgrades to OSes can be disruptive and difficult.  Recent OS vulnerabilities like Shellshock and Xen hypervisor were particularly difficult to guard against because they struck at components of the OS.  CoreOS’s design allows the OS to be non-disruptively patched, minimizing headaches related to installing patches.

容易なアップグレードは、CoreOS の輝ける特徴の1つである。時として、OS へのパッチとアップグレードは破壊的なものとなり、また、困難を伴う場合がある。ShellshockXen hypervisor といった、最近の OS に見られる脆弱性は、とりわけ OS コンポーネントの保護が困難なことに起因している。CoreOS のデザインであれば、パッチによる混乱を排除した OS が実現され、パッチのインストールに関連する問題を最小限に抑えられる。

A year ago, Lew Moorman, former Rackspace president, predicted that CoreOS “is the way a lot of modern applications are going to get built — though it’s very early days.  This is not super-mainstream today… but having a lightweight system like this where you can easily manage a huge number of machines will be very, very valuable.”

Rackspace の President を務めていた Lew Moorman は、「CoreOS は、現代的なアプリケーションを、大量に構築する方法を提供するだろうが、いまは、きわめて初期の段階にある。つまり、いまは主流というわけではないが、大量のマシンを容易に管理できる、この種のライトウェイト・システムは、とても大きな価値を持つものとなるだろう」と、1年ほど前に CoreOS の将来を予測していた

参照: InfoQ:CoreOSの最初の安定版がリリース

参照: deeet:CoreOSに入門した

ーーーーー

話は Open Compute Project に飛びますが、2013年1月の Summit のキーワドは、サーバーやラックの構成要素をゼロから再編していく、Disaggregation という概念に集約されていました。 つまり、これからの時代に必要なハードウェアとは、いったい何なのかという観点で、従来からの常識に因われることなく、再考していこうという取り組みです。 その背景には、クラウドの Before/After で激変してしまったデータセンターのデザインという視点があります。 そして、新しくデザインされるデータセンターに大量導入されるラックやサーバーを、再定義する必要性が生じたのですが、それは、Linux ディストリビューションについても言えることなのですね。 この両者の間に、とても似かよった流れを感じます。

ーーーーー

<関連>

Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!

Posted in Education, Google, Post-PC by Agile Cat on October 30, 2014

ABI Research: Chromebook shipments up 67% in the past three months
http://wp.me/pwo1E-7Zj
Kevin C. Tofel – Oct 21, 2014
https://gigaom.com/2014/10/21/abi-research-chromebook-shipments-up-67-in-the-past-three-months/

_ Giga Om

Summary: Google Chromebooks continue to ship in record numbers as they account for a greater percentage of commercial channel sales. ABI suggests 2014 Chromebook shipments will double from last year, making Microsoft’s low-cost Windows strategy very important for the company.

Summary: Google Chromebooks だが、法人販売における売上比率を高めるのと平行して、その出荷数も記録を更新し続けている。ABI は、2014年の Chromebook について、前年比で 2倍の出荷数になるため、Microsoft における廉価版 Windows 戦略が、きわめて重要になると示唆している。

The back to school timeframe was good to Google’s Chrome OS devices. On Tuesday, ABI Research said it estimates that Chromebook shipments rose 67 percent in the third quarter of this year over the prior three months. That should help Chrome OS momentum for the full year as well, with the research firm suggesting a doubling of Chromebook shipments in 2014 as compared to last year.

今年の夏休み明けは、Google Chrome OS デバイスにとって嬉しい季節になったようだ。この火曜日に ABI Researchは、今年の Chromebook の出荷数を、Q2 と Q3 で比較すると、推定値で 67% の増加にいたると述べている。この伸びにより、通年における Chrome OS の勢いも促進されているはずであり、この調査会社の言葉を借りると、2013年と 2014年で倍増するという推測にいたる。

Shipments certainly don’t equal sales, of course. I literally just walked out of a Best Buy — yay Amazon Voyage purchase! — and saw Chromebooks sitting on shelves. So it’s difficult to gauge exactly how many Chromebooks have been sold in the past quarter.

もちろん、出荷数が売上高に等しいというわけではない。ついさっき、私は Best Buy にいて(Amazon Voyage を買ったよ!)、陳列台の Chromebooks を見てきた。そして、この Q3 に販売された、Chromebooks の台数を正確に知ることが難しいと思った。

Get all the news you need about Mobile with the Gigaom newsletter

Still, it’s promising news for Google, which continues to push Chromebooks in both the education and enterprise sectors. In fact, most Chromebook sales are actually through commercial channels and not consumer retail stores. NPD, for example, noted in July that Chromebook sales comprised 35 percent of the entire commercial sales channel.

それでも、教育と企業という2つの領域で、Chromebooks がプッシュされ続けているのは、Google にとって明るいニュースだ。実際のところ、Chromebook における大半の売上は、そのための販売経路を介したものであり、コンシューマのための店舗ではないのだ。NPD が指摘するように、こうした法人販売における 7月の売上の、35% を Chromebook が占めているという事例もある。

Although all signs have pointed to Chromebook sales on the rise for the past few years, Microsoft may be blunting that growth. Of late, the company has aggressively pointed out that much of the simplicity and speed of deployment features offered by Chromebooks are also available with Windows devices. And since eliminating the license fee for Windows 8.1 with Bing, Microsoft’s hardware partners are now starting to debut Windows laptops that are priced equal to or lower than Chromebooks.

この数年におけるすべての兆候は、Chromebook の売上が増加し、Microsoft の成長が鈍化したという、可能性を指摘している。そこから時間が経つにつれて、Chromebooks のデプロイメントにおけるスピーディでシンプルな機能は、Windows でも実現されていると、同社は積極的に主張するようになった。そして、Bing を伴う Windows 8.1 のライセンス料が無償化されたことで、ようやく Microsoft のハードウェア・パートナーたちは、Chromebooks の価格を下回るものもある、廉価版の Windows Note PC を、マーケットに投入できるようになったのだ。

Related research

Containers and clustering technology led third quarter cloud news Oct 2014
Best practices and technologies for cloud API management and governance Sep 2014
5 strategies for greening your data center Aug 2014

ーーーーー

企業向けに、そして、学校向けに、Chromebook が売れ始めたというのは、その価格を考えれば当然のことなのかもしれません。 また、単にデバイスの価格だけではなく、管理者から見て面倒が少ないはずの Chromebook だと、全体的なコストも引き下げられるのでしょう。 もちろん、Windows PC と比べて機能は制約されますが、それがニーズと一致するなら、大幅な効率化が達成されるはずです。

実は、Agile_Cat も HP の Chromebook 11 を試しに買って見ましたが、自分の用途に照らし合わせると、これで充分と思えるところが沢山あります。 いまは月末で忙しいので、ほとんど触る時間がありませんが、月が明けたら、いろいろと触ってみたいと、楽しみにしているところです。 とにかく、3万円台という価格帯には、MBA 11 を買う金額で 3台が調達できてしまうという、お手頃感があります。 その分だけ、トラックパッドなどは安っぽいでのですが、2〜3分も触っていれば、そこへ向けてユーザーの感覚が調整されていきます。

その他で気づいた点は、① Evernote のオフライン・アプリが提供されているが、まだ完成度が低い。いまなら Web の方が使いやすそう。 ② Chrome ブラウザはサクサクしていて快適。 ③ USB および Bluetooth のテザがサポートされないので、スマホの Wi-Fi ルーター化が必要。 ・・・といったところです :) 

ーーーーー

<関連>

教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さ!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!

最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, SOHO with Cloud by Agile Cat on September 28, 2014

Google Reveals First Wave of Android Apps for Chromebooks
http://wp.me/pwo1E-7Ut

By Karissa Bell – Sep 12, 2014
http://mashable.com/2014/09/11/android-apps-on-chromebooks/

_ Mashable

As promised during Google I/O earlier this year, the first Android apps for Chromebooks have arrived. Machines running Google’s Chrome OS can now run the Vine, Evernote, Duolingo and Sight Words Android apps on their desktops.

今年の Google I/O で約束されたとおり、Chromebooks でも動作する Android アプリの第一陣が到着した。 つまり、Google Chrome OS を走らせるマシンのデスクトップに、Vine/Evernote/Duolingo/Sight Words といった Android アプリが並ぶことになったのだ。

Google’s head of Android Sundar Pichai speaks about bring Android app to Chromebooks at Google I/O in San Francisco June 25, 2014.

Image: Google

The first class of apps are part of Google’s App Runtime for Chrome (beta), the project that Google’s head of Android Sundar Pichai first revealed earlier this year during Google I/O. The project is part of Google’s broader effort to make Android and Chrome OS a more unified experience.

これらの、ファースト・クラス・アプリは、Google の App Runtime for Chrome (beta) の一部であり、また、今年の Google I/O で Head of Android の Sundar Pichai が、初めに明らかにしたプロジェクトを構成するものとなる。このプロジェクトは、Android と Chrome OS を統合したエクスペリエンスを目指していくという、Google における大規模な試みの一環でもある。

Given Chromebook’s prevalence in schools, it’s not surprising that two of the first apps Google would choose to push to the platform first are educational apps: Duolingo and Sight Words. Duolingo is a language-learning app and Sight Words is an app to teach children how to read.

学校教育における Chromebook の浸透率を考慮するなら、Duolingo と Sight Words という教育アプリを、この新しいプラットフォームで Google がプッシュしても、それは当然のことだと思われる。ちなみに、Duolingo は語学学習のためのアプリであり、また、Sight Words は読み方を教えるためのアプリである。

Evernote is among the first set of Android apps to come to Chromebooks.

Image: Google

The other two apps— Vine and Evernote— were apps Pichai demoed onstage during I/O, though other apps that made an appearance during I/O, like Flipboard, were missing from the group of inaugural apps.

もう一方の Vine と Evernote は、Google I/O のステージで、Pichai がデモしたアプリである。 ただし、同様に I/O に登場した、たとえば Flipboard などのアプリは、今回のコケラ落としから漏れてしまった。

The company said in a blog post they are "working with a select group of developers" to bring more apps to the platform in "the coming months."

とは言え Google は、自身のブログ・ポストにおいて、数ヶ月のうちに Chrome OS 上に、より多くのアプリを取り込むために、選ばれたデベロッパーのグループを作業を進めていると述べている。

In the meantime, Google is also taking suggestions from Chromebook users on which apps they want to see come to Chromebook next.

また、それと平行して Google は、このプラットフォームで走らせるべきアプリについて、ユーザーから意見を求めているようだ。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also:25 Best Free Android Apps

ーーーーー

今月に入って、Evernote for Android が大きく変化しました。 何が変わったのかというと、様々なアプリからコンテントをクリップする際に、テキストとイメージで構成される、コンテント全体を取り込めるようになったのです。 そのプロセスを、4枚の画像でトレースできるようにしましたので、よろしければ、クリックしてみてください。

① BI アプリの Share で Evernote を選ぶ。 ② Evernote for Android がコンテント全体をクリップする。 ③ Evernote for Mac に結果が転送される。 ④ 同じく Mac 上でプレーンなフォーマットに変換する。 ーーー というわけで、Agile_Cat が夢にまで見ていた、理想の Web クリッピング環境が実現されたのです。

ちなみに、Evernote for Mac も、この変更にあわせて Ver 5.6 にアップデートされました(イメージのズームにも対応)。その結果、デスクトップ用 KB の上の特等席ですが、これまでの iPad に換わって、Nexus 7 が座ることになりました。 このような Share の機能が、iOS 8 でもサポートされることを期待していたので、とても残念な思いです。 なお、余談ですが、Nexus 7(2013)をタイマー・ログアウトさせないようにするには、この Wake Lock というアプリがお勧めです。iPad のような使い方が可能になります。

本題に戻りますが、Agile_Cat 的には、これで Chromebook がグッと身近な存在になってきました。 本家の Web 上でも、Evernote for Android Now on Chromebook (Posted by Taylor Pipes on 13 Sep 2014)や、REQUEST: Evernote for Chromebook といったコンテントを参照することが可能です。軽くて小さくて LTE にも対応する Chromebook が、早く出てくると良いですね :)

ーーーーー

<関連>

Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる : 素晴らしい品質だ!
Evernote を活用するための、14 の TIPS とは?
Evernote in China:進出から1年で 400万人のユーザーを獲得
Google Keep の狙いは、Evernote というより Apple なのか?
Evernote Business がやってくる : 企業ユーザーへの福音となるか?

Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!

Posted in Asia, Google, Post-PC by Agile Cat on August 14, 2014

Acer’s Chromebook 13 ― a featherweight computer with a heavyweight punch
http://wp.me/pwo1E-7KR
August 12, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/acers-chromebook-13-a-featherweight-computer-with-a-heavyweight-punch

_ Malay Mail Online

SAN FRANCISCO, Aug 12 ― The newest addition to Acer’s Chromebook range, simply called the Chromebook 13, offers an incredible 13-hour battery life and is just 18mm thick yet it can render and output 4K ultra-high-definition content.

SAN FRANCISCO, Aug 12 ― Acer の Chromebook シリーズに、シンプルに Chromebook 13 と呼ばれる新顔が加わった。 このマシンは、13時間のバッテリ・ライフを提供し、その厚さは 18mm である。 さらに言えば、4K Ultra HD コンテンツのレンダリングにも、外部出力として対応する。

And that’s because the little laptop, launched yesterday, is the first to use an Nvidia Tegra K1 processor. Chromebooks might still be niche products within the PC landscape but the computers, which run Google’s Chrome OS and run a host of web-based apps rather than software installed directly on the computer’s hard disk, are starting to make a name for themselves, especially within education.

この、昨日にローンチした小さなラップトップは、Nvidia Tegra K1 プロセッサを用いる最初のプロダクトとしても注目を集める。Google Chrome OS を走らせる Chromebooks は、PC の世界では依然としてニッチな存在ではあるが、ソフトウェアをコンピュータの HDD 内にインストールするというより、Web ベースのアプリケーションのホストするものであり、とりわけ教育マーケットにおいて実績を残し始めている。

The Acer Chromebook 13 can render 4K content yet has a 13-hour battery life. ― AFP 

Earlier this month, The Atlantic noted how a host of US schools, which had initially invested in iPads as technological educational aids for their students, were now ditching the tablets in favor for Chromebooks.

今月の初めに The Atlantic が指摘していたのは、生徒の教育のための補助的なテクノロジー・アイテムとして、当初は iPad を採用していた団体が、いまでは Chromebooks 切り替えているという状況である。

This is because as well as being cheaper, Chromebooks offer a full-size keyboard and, thanks to Google’s suite of educational apps and features such as Google Drive, they make sharing and collaboration simple.

その理由は、Chromebooks が安価というだけではなく、フルサイズのキーボードを提供するところにもある。 さらに言えば、Google による教育アプリと Google Drive の組み合わせにより、教室で必要とされる情報のシェアとコラボレーションもシンプルになる。

However, it’s not just in education where people are starting to take note. The fact that all of the programs and apps for Chromebooks are online and need to be accessed via a web connection means that they are essentially malware- and virus-free and are always up to date.

しかし、教育の現場以外でも、人々は、このノートを使い始めている。Chromebooks ための、すべてのプログラムやアプリがオンラインで提供され、必要に応じて Web からアクセスできるという事実は、マルウェアとウイルスを根本から排除し、最新の状態を常に維持できることを意味する。

It also means that you can pay for what you use, when you need to use it. Why spend hundreds of dollars on a copy of Photoshop that you’re only going to use a few times a year when you can simply access it online when you need it most?

さらに言えば、必要に応じて使用し、使用に応じて対価を支払う、というモデルも実現される。1年の間に数回しか使用しない Photoshop のコピーに対して、数百ドルを費やす理由は、いったい何処にあるのだろう?それを必要とするときに、オンラインでシンプルにアクセスすべきものではないだろうか?

And, because there is barely anything installed on the computers themselves, they are very, very fast: the Chromebook 13, for instance, can boot up in eight seconds.

また、このコンピュータにインストールされているものが、きわめて少ないため、その立ち上げは驚くほど高速である。ちなみに、Chromebook 13 の場合は、約 8秒で起動が完了する。

But as well as being fast, they’re affordable. The Chromebook 13 starts at US$279.99 (RM895) with a 16GB hard drive and a 720p HD display but can also be specified with a 32GB hard disk and with a full 1080p HD display.

そして、その高速性だけではなく、経済性についても触れておく必要があるだろう。Chromebook 13 のエントリー・モデルは、US $279.99(RM895)であるが、16GB の HDD と 720p HD ディスプレイを備えるが、32GB の HDD とFull 1080p HD ディスプレイを選ぶことも可能になっている。

The amount of power that the new Nvidia chip brings might seem a little excessive for a Chromebook, but as Nvidia points out, as Chromebooks become more popular, their potential uses will expand beyond word processing and web surfing and on to things likd video editing, 3D rendering and gaming.

この Chromebook 13 をドライブする最新の Nvidia チップは、少しパワフルすぎるのかもしれないが、Chromebooks が一般的になるにつれて、その用途は、ワープロ や Web サーフィンを超えて拡大していくと、Nvidia は指摘している。つまり、ビデオ編集や、3Dによるレンダリングやゲームなどの、その視野に入っているのだ。

Available to reserve now, the Acer Chromebook 13 will ship in the US in September, just in time for the start of the school year. Acer also plans to launch the computer in Europe and South Africa later in 2014. ― AFP-Relaxnews

すでに、予約は受け付けられている。 US マーケットにおいては、新学期が始まる 9月に、この Chromebook 13 の出荷が予定されている。 そして、Europe と South Africa でのローンチは、2014年の後半と予定されている。 ― AFP-Relaxnews

ーーーーー

昨年の 8月のことですが、投資家むけのカンファレンス・コールで Acer は、「 私たちは、non-Windows ビジネスを、可能な限り早く成長させていく」 と発言しています。 それは、Microsoft の Surface ビジネスに対向し、生き残っていくための決意だったのでしょう。 そして、Intel Haswell を搭載した Acer C720 が売れ始め、真打ちである Tegra K1 マシンを出すまでに、約1年を要したわけですが、その間に、以下の<関連>にあるような実績を、Chromebooks は残してきました。 これからが楽しみですね! 

ーーーーー

<関連>

Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebooks が絶好調:売れるだけではなく、実際に使われ始めている
HP Chromebook 11 は、$280 で、1kg で、カラフルで、USB 充電なのだ!
Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 4, 2014

How big can Android device sales get? Think nearly 4x that of Windows in 2015
http://wp.me/pwo1E-7n4

By Kevin C. Tofel – March 27, 2014
http://gigaom.com/2014/03/27/how-big-can-android-device-sales-get-think-nearly-4x-that-of-windows-in-2015/

_ Giga Om

photo: Skakerman

Summary: Android continues to muscle its way into the overall computing device market, illustrating the continued shift from desktops to mobile. By next year, for every 1 Windows computer sold, expect 3.6 Android devices to be purchased.

Summary: Android は力強く、コンピューティング·デバイス市場を貫く道を切り拓き、デスクトップからモバイルへのシフトを例証し続けている。そして、来年までには、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況が予測される。

ーーーーー

By the end of next year, there could be nearly four times as many devices sold running on Google Android than on Microsoft Windows. That’s a staggering figure from research firm Gartner, which forecast device sales on Thursday. The company expects that of the 2.6 billion computers, tablets, and mobile phones sold in 2015, 1.3 billion of them will run Android.

2015年の末までに、Google の Android を搭載するデバイスは、Microsoft Windows に対して、約4倍の量に達するかもしれない。それは、木曜日(3/27)に、調査会社である Gartner が発表した、デバイスの販売を予測する驚異的な数字からのものである。同社は、2015年の時点で、26億台のコンピューター/タブレット/スマホが販売されるが、そのうちの 13億台を Android が占めると予測している。

That’s half of the total market for next year and I think it’s a reasonable estimate. Android accounts for the bulk of mobile phone sales around the world these days and last year it topped iOS in the tablet market too. Combine that market clout with falling traditional PC sales and it’s easy to see why Gartner’s figures are solid. It’s also easy to see how the early ripples of computing change have become big waves of a shift that are crashing down on Microsoft.

来年の段階で、マーケットの半分を占めるというのは、妥当な予測値だと、私も思う。この数年、世界で販売されるスマホの大部分を占めてきた Android だが、昨年はタブレットの市場でも iOS を追い抜いている。それと、従来からの PC が不振に陥っていることを合わせて考えれば、Gartner の示す数字が固いとする理由も見えてくる。さらに言えば、最初は小さかったコンピューティング・シフトのさざ波が、Microsoft を叩き潰すほどの大きな波になっているのも簡単に理解できる。

Of those expected 2.6 billion computing device sales, Gartner figures 379.3 million of them will run Microsoft Windows. That number includes Windows Phones, tablets running Windows as well as traditional laptops and desktops. Quickly doing the math, that means for every one Microsoft Windows device sold, 3.6 Android devices are purchased.

26億台のコンピューティング・デバイスという予測において、Microsoft Windows が占めるのは 3.793億台だと、Gartner は示している。その数字には、Windows を走らせるスマホとタブレットがけではなく、従来からのラップトップおよびデスクトップも含まれる。大雑把に計算すると、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況である。

Looking at 2013′s device sales puts that in perspective and further illustrates the shift towards mobile. Last year, Gartner says 325.1 million Windows devices were sold, so Microsoft isn’t expected to see much market share growth through 2015. Android will, however, as it ran on 879.8 million devices last year. It doesn’t take a rocket scientist to see the trend here, as well as to further suggest that Microsoft has missed much of the mobile transition of late.

2013年におけるデバイスの販売量を視野に入れると、さらなるモバイル・シフトが示されてくる。Gartner が言うには、昨年の Microsoft は 3.251億台の Windows デバイスを販売しており、そのシェアが 2015年までに伸びることはないようだ。しかし、昨年の段階で Android は、8.798億台のデバイスをドライブしている。その軌道を確認するのにロケット・サイエンティストは不要であり、さらに言えば、Microsoft のモバイル・シフトは遅すぎたとなる。

Still, there are many valid reasons for consumers and businesses to keep buying and using Windows devices; they’re not going away any time soon.

とは言え、Windows デバイスを購入して使用し続けるという、消費者と企業にも、数多くの妥当な理由がある。 つまり、彼らが、すぐに離れていくわけでもない。

But it looks like the long term trend is playing out how I suggested in 2012 when I said the “PC” you buy in three years won’t likely be a traditional desktop or laptop (Gigaom Research subscription required). More computing tasks are filtering down to phones and tablets that don’t require a traditional desktop software platform, which opens up the door for alternatives such as Android and iOS now and Chrome in the future.

しかし、長期的なトレンドに目を移すと、2012年の時点で予測した、これからの 3年間に販売される「PC」は、従来のデスクトップやラップトップではなくなるという、私の考えどおりに事態は展開している(GigaOm Research はサブスクリプションが必要)。 つまり、数多くのコンピューティング・タスクは、スマホやタブレットで実行できるようにフィルタリングされ、従来からのデスクトップ·ソフトウェア·プラットフォームを必要としていないのだ。そのような状況が、いまの Android や iOS に対して、そして、将来の Chrome OS に対して、新たなドアを開いている。

Related research

Noteworthy news in mobile from the fourth quarter 2012 January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile January 2013
The 2013 task management tools market January 2013

ーーーーー

image昨年の衝撃のチャートと言えるのが、7月19日の「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳におけるものです。このときで、Android と iOS の連合軍は、Windows に対してダブル・スコアという状況でしたが、それから 9ヶ月の間に Android が大きく伸びて、このような大差につながっています。 9インチ以下のデバイスに関しては、Windows がライセンス・フリーになるようですが、そうせざるを得ない背景が、このポストから読み取れますね。ただし、Microsoft が Android デバイスに課する特許料が、依然として売上をもたらしているようです。 したがって、Windows よりも Android が搭載される方が、Microsoft は儲かるという、奇妙な状況にあるのだと推測できます。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う

Posted in Asia, Google, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on August 9, 2013

Acer betting on Android, Chromebooks to offset slow Windows 8 sales
http://wp.me/pwo1E-6ty

By
Kevin C. Tofel – Aug 8, 2013
http://gigaom.com/2013/08/08/acer-betting-on-android-chromebooks-to-offset-slow-windows-8-sales/

_ Gigaom

Summary: “We are trying to grow our non-Windows business as soon as possible.” It doesn’t get more blunt than that comment, which was said Thursday by Acer president, Jim Wang, on a investor conference call. According to the Wall Street Journal, Wang’s statement comes on the heels […]

Summary: 「 私たちは、non-Windows ビジネスを、可能な限り早く成長させていく」 これ以上、無遠慮なコメントはあり得ないが、木曜日に行われた投資家むけのカンファレンス・コールで、 Acer の President である Jim Wang が発言したものである。 Wall Street Journal によると、いくつかの発表のあとに、この Wang のステートメントが続いたようである。

ーーーーー

“We are trying to grow our non-Windows business as soon as possible.”

「 私たちは、non-Windows ビジネスを、可能な限り早く成長させていく」 

It doesn’t get more blunt than that comment, which was said Thursday by Acer president, Jim Wang, on a investor conference call. According to the Wall Street Journal, Wang’s statement comes on the heels of a surprise quarterly loss for Acer, due to slowing sales and rising expenses. The company reported a loss of NT $343 million (US $11.4 million).

これ以上、無遠慮なコメントはあり得ないが、木曜日に行われた投資家むけのカンファレンス・コールで、 Acer の President である Jim Wang が発言したものである。 Wall Street Journal によると、この四半期における Acer の膨大な損失の発表に続いて、つまり、伸び悩む販売と増大する経費に関する説明の後に、Wang のステートメントが発せられたとようだ。同社は、NT $343 million (US $11.4 million) の損失を報告している。

Wang detailed his expectations of a bigger product mix using Google’s Android and Chrome OS products instead of Microsoft Windows. He expects the products built on the Google platforms to account for 10 to 12 percent of Acer’s revenues this year with a 30 percent jump in 2014.

Wang は、Microsoft Windows に換えて、Google プロダクツである Android と Chrome OS の組み合わせに期待すると、詳細について説明している。彼は、Google プラットフォーム上で構築されたプロダクトが、今年の Acer における売上の 10% ~ 12% を占めるとし、2014年には 30% にまで伸びると予想している。

Currently, Acer sells a few Android tablets as well as the C7 Chromebook, so this isn’t new territory for the company. Instead, it’s a reflection of the move towards tablets and alternative platforms for computing; something Microsoft has attempted with little success in its own Surface slates.

現在の Acer は、いくつかの Android タブレットだけではなく、C7 Chromebook も販売しているため、同社にとって新しい領域に取り組むという話ではない。というより、この表明は、タブレットへ向けた移行と、他のコンピューティング・プラットフォームの選択を、反映したものとなる。つまり、Microsoft が独自の Surface スレートで、小さな成功を得ようとしていることへの、反発でもあるのだ。

Related research

ーーーーー

TAG indexSurface RT に続いて、Surface Pro も値下げするという報道がありましたが、それはパートナーのことを考えていない行為だと、Acer は言いたいのでしょうね。 Microsoft が Surface を内製すると発表したときから、これまでのパートナーシップを壊すものだと、Acer は懐疑的だったように記憶しています。 その一方で、Surface Pro の価格が高いのは、こうしたパートナーへの気遣いでもあり、それが破綻したという状況なのかもしれません。二兎追うのは、難しいこと、、、なのですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
HTC One が大当たり! 前月比で 48% の 売上増
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

 

%d bloggers like this: