Agile Cat — in the cloud

エンタープライズ・ソーシャルは、いつになったら実績を証明できるのか?

Posted in Enterprise Social, Research by Agile Cat on June 24, 2013

Enterprise Social Collaboration: Is anyone using it?
http://wp.me/pwo1E-6he

By Dick Weisinger, on June 14th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3810

_ formtek

Enterprise users say that they’re using enterprise social collaboration software, but when asked specifically about which software tool they’re using, they mention Facebook and Twitter rather than software tools that were designed specifically for social enterprise users.  That result must be disheartening to the sponsor of the survey, Avanade, an enterprise software vendor and joint venture between Microsoft and Accenture.

エンタープライズ・ユーザーたちは、企業向けのソーシャル・コラボレーション・ソフトウェアを使用していると言うが、主に使用しているソフトウェア・ツールについて質問すると、それらのエンタープライズ・ツールよりも、Facebook や Twitter を活用していると答える。この調査結果は、Microsoft と Accenture によりジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ·ソフトウェア·ベンダーである Avanard(スポンサー)をがっかりさせるはずだ。

74 percent said that they use Facebook; 51 percent use Twitter for work collaboration; and 45 percent are using LinkedIn.

調査の対象となった人々のうち、ビジネス上のコラボレーションのために Facebook を使っているのが 74% であり、Twitter が 51%、LinkedIn が 45% となっている。

Highlights of the Avanade report are that:

この、Avanade のレポートで、注目すべき点は:

  • Social Collaboration is being increasingly adopted and mentioned as being on the radar at companies
  • Business decision makers have a ‘false sense of accomplishment’ when it comes to what they’ve done in the area of social collaboration
  • Businesses are often polarized: those that see strong merit in using social tools and those that are skeptical that they’re anything other than time wasters
  • An increasing number of businesses now say they plan to adopt enterprise social tools in the next 12 months
  • ソーシャル・コラボレーションの採用は増加しており、また、企業のレーダーになったと言われている。
  • ビジネスの意思決定者は、ソーシャル・コラボレーションの分野で達成したことに対して、誤った感覚を持っている。
  • 多くのケースにおいて、企業の判断は二極化される。つまり、ソーシャル・ツールを利用することに大きなメリットを見出すものと、時間の浪費に他なならないという懐疑的なものである。
  • エンタープライズ・ソーシャル・ツールを、12ヶ月以内に導入すると計画している企業が増えてきている。

Andrew Barber, deputy lead in the collaboration practice at UK branch of Avanade, said that “To be led completely by your workforce when it comes to collaboration is asking to end up with a completely undisciplined and unmanageable environment.  It’s very easy to let your corporate data end up on Facebook. Whether you should is quite a different matter… That business decision makers who are using social tools actually don’t see any value in them to the point that they think they’re a waste of time — that raises a flag with us and says these tools are not being deployed to achieve, or align with, strategic business goals.”

Andrew Barber は、Avanade の UK ブランチでコラボレーション・プラクティスを推進する副リーダーである。そして、「コラボレーションというものを、あなたの努力で完全に主導することは、手に負えない環境や、管理できない環境を、完全に取り除いていくこと通ずる。企業データを、Facebook に置かないようにすることは、とても簡単なことである。だたし、そうするか、しないかは、まったく別の問題である。。。ソーシャル・ツールを使用しているビジネスの意思決定者は、それらが時間の無駄だと思っており、また、いかなる価値も見出していない。つまり、それらのツールが目的を達成することはなく、また、戦略的なビジネス・ゴールに到達することはないと、言わんとしている」と、発言している

ーーーーー

TAG indexこのリスト(クリックで拡大)は、これまでの 約2年の間に、エンタープライズ系プロバイダーが買収した、ソーシャル系プロバイダーの一覧です。 ● 印は、BaaS なので、ちょっと意味合いが違いますが、その上で、たくさんのエンタープライズ・ソーシャル・サービスが、構築されているとも捉えられます。Chatter や Yammer は、それなりの実績を、すでに評価されていますが、その他は不明です。 それら、すべてのサービスが、どのようなタイミングで、どのようなビジネスを構築していくのか、それが楽しみですね。image

ーーーーー

エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!

 

Salesforce の Chatter Mobile が、その姿を現した!

Posted in .Selected, Enterprise Social, Post-PC, Salesforce, Social by Agile Cat on March 21, 2013

Salesforce rolls out new mobile features for its Chatter social network
http://wp.me/pwo1E-5Np
By Jordan Novet – MAR. 18, 2013
http://gigaom.com/2013/03/18/salesforce-rolls-out-new-mobile-features-for-its-chatter-social-network/

_ Gigaom

Summary: Salesforce.com recognizes the need to give employees the power to work on the go with mobile devices, and now they can view and share more through the company’s internal Chatter social network.

Summary: Salesforce.com は、その従業員たちがモバイル・デバイスを使いながら、働き続ける必要性を認めていたが、ついに、同社の Internal Chatter ソーシャル・ネットワークを介して彼らは、より以上の情報を参照/共有できるようになった。

ーーーーー

Software-as-a-Service (SaaS) giant Salesforce.com is announcing new features for its Chatter social network’s Android and iOS native apps, as part of a larger effort to enhance its mobile offerings.

SaaS(Software-as-a-Service)ジャイアントである Salesforce.com は、 ソーシャル・ネットワークのモバイル環境へ向けた拡張という大きな取り組みの一部として、Android と iOS 用の Chatter ネイティブ・アプリをアナウンスした。

photo: Salesforce.com
クリックで拡大 ⇒

Inside the Chatter app for smartphones and tablets, users will be able to view and edit the status of deals in progress, share and view files, assign tasks, start polls and see updates in real time. Some of those abilities are available now, and others will come in the second half of the year. Until this week, though, users have been limited to viewing and posting status updates and browsing through user profiles.

スマホ/タブレット用の Chatter アプリ内でユーザーたちは、進行中であるビジネスのステータスを参照/編集し、また、ファイルを共有/参照し、さらにはタスクの割り当てや、ポールの開始、アップデートの確認などを、リアル・タイムで実現していくだろう。 それら機能の一部は、すでに利用が可能であり、また、その他に関しては、今年の後半に提供されるだろう。 しかし、今週は、ステータス・アップデートの参照とポストまでに、また、ユーザー・プロファイルの参照までに、その用法は制限される。

The new functions let salespeople and other employees do more of their work and keep track of projects on the go, whether during the morning commute or outside the door of a potential client. The most talented salespeople might not want to be tethered to a desk to use legacy customer-relationship management software; they want to work with the mobile devices they know, said Anna Rosenman, senior manager of product marketing for Salesforce Chatter.

それらの新しい機能により、セールス部門などの従業員たちは、朝の通勤時間帯であろうが、潜在的なクライアントの玄関先であろうが、自身の仕事を進めながら、プロジェクトの記録/追跡を可能にする。きわめて有能なセールスマンは、レガシーな CRM(Customer Relationship Management )ソフトウェアを使うために、デスクにつなぎ止められることを望まないだろう。つまり、彼らは、使い慣れたモバイル・デバイスで仕事をしたがると、Salesforce Chatter の Senior Manager of Product Marketing である Anna Rosenman は発言する。

The rollout follows a Salesforce announcement last month about new live chat and co-browsing capabilities for mobile users of the company’s Service Cloud product.

こうした一連の展開は、Salesforce の Service Cloud プロダクトを利用するモバイル・ユーザーのために、新たな Live Chat と Co-Browsing の機能を提供するという、同社からのアナウンスメントを受けたものである。

Stay tuned for other mobile announcements from Salesforce later this year, a spokesman said. How will the company execute on its mobile strategy? Look for it to make acquisitions, as it did for the co-browsing technology. As my colleague Barb Darrow reported last month, Salesforce will “be aggressive and look at everything” in terms of acquisition prospects, CEO Marc Benioff told analysts.

今年の後半に予定される、Salesforce からの更なるモバイル・アナウンスメントに注目すべきだと、あるスポークスマンは発言している。 そして同社は、どのような方針で、そのモバイル戦略を実施していくのだろう? まず、Co-Browsing のテクノロジーを取得したときのような、企業買収を予測すべきだ。 私の同僚である Barb Darrow が先月にレポートしたように、Salesforce は企業買収の観点において、「アグレッシブに、すべての可能性に注目している」と、CEO である Marc Benioff はアナリストたちに発言している。

Subscriber Content

ーーーーー

clip_image001昨夜にポストした 『 Salesforce.com も モバイル・シフトを宣言か? 』 という抄訳は、とっくに出来上がっていたのですが、なかなかポストするタイミングが無くて、モタモタしていたら、この Mobile Chatter の知らせが飛び込んで来たというわけです :) いわゆる、ソフトウェアのパッケージとかライセンスとか、そういうシガラミのない Salesforce が、こういう Mobile + BYOD シフトを進めていくと、エンタープライズ・モバイルが一挙に広まることでしょう。 期待大です!

ーーーーー

<関連>

SaaS の活用が、グローバル CRM で急加速
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
Heroku の Java サポートと、その背景について
f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産された
Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る

こんな Yammer は、もう Yammer じゃない : レイオフに怒る従業員たち

Posted in .Selected, Enterprise Social, Microsoft, Social by Agile Cat on February 10, 2013

‘This Isn’t Yammer Anymore’
http://wp.me/pwo1E-5DN

Owen Thomas | Feb. 8, 2013
http://www.businessinsider.com/microsoft-yammer-layoffs-2013-2

_ Business Insider

Yammer CEO David Sacks will shortly face a bunch of angry employees with a lot of questions about the Microsoft-owned company’s recent layoffs.

まもなく、Yammer の CEO である David Sacks Yammer は、Microsoft に所有される同社で起こった、最近のレイオフに不満を唱える従業員たちからの、数多くの質問に晒されることになる。

Owen Thomas
Business Insider

TechCrunch reported Thursday that Yammer, a maker of social-collaboration tools that Microsoft acquired for $1.2 billion last year, laid off 20 employees in sales and marketing this week.

TechCrunchの木曜日のレポートによると、昨年に Microsoftが $1.2 billion で買収した、ソーシャル・コラボレーション・ツールのメーカーである Yammer は、セールスとマーケティングにおける 20人の従業員を、今週に解雇したようだ。

What has employees particularly upset, according to one source we spoke to, is that they read about the layoffs in the press first—and then saw that the company confirmed the layoffs to TechCrunch, before any internal announcement was made.

私たちが、情報源から確認したところによると、従業員たちが混乱するだけの理由がある。このレイオフについて、従業員たちは、最初にプレスで読み、続いて TechCrunch で確認しているのだが、それは社内でのアナウンスが行われる前のことだった。

A Yammer employee tells us the restructuring was addressed in an announcement at 1 p.m. on Friday, days after the layoffs happened.

Yammer の従業員が言うには、レイオフが起こった数日後である金曜日の午後1時に、このリストラに関する取り組みがアナウンスされている。

Yammer has, or had, a culture of “radical transparency”—news like this is supposed to be shared through posts on Yammer’s internal Yammer network.

Yammer は、「根本からの透明性」という文化を持っていたし、持っているはずである。つまり、この種のニュースは、Yammer 内部の Yammer Network で共有されるはずである。

“This isn’t Yammer anymore,” one employee put it in an internal Yammer post.

「Yammer は、すでに Yammer ではなくなった」と、ある従業員は、その Yammer Network にポストしている。

That perception of a cultural change is affecting not just employees in sales and marketing, but engineering as well. And Microsoft has been particularly keen on retaining Yammer’s engineers, to learn the secrets of how they write and ship code for Web-based software and apps so quickly.

この文化の変化の感じ方は、セールスとマーケティングの従業員だけではなく、エンジニアリング部門に対しても影響を与えている。 そして、これまでは Microsoft も、Yammer のエンジニアを保持することに熱心であったはずだ。つまり、Web ベースのソフトウェアとアプリケーションのコードを、迅速に記述して出荷していく秘密を学習したかったのだ。

imageNow those restive engineers will have a chance to vent through Yammer’s Yammer Time meeting, a periodic all-hands gathering where Sacks answers employees’ questions.

しかし、いまや、気分の落ち着かないエンジニアたちは、Yammer Time ミーティングで、感情を吐露するチャンスを持つことになる。そこは、CEO の Sacks が、従業員の質問に対して、周期的に回答していく場なのである。

Yammer had about 100 employees in sales and marketing before the layoffs.

このセールスとマーケティングでのレイオフが行われる以前には、約 100人の従業員が Yammer にいた。

In a reorganization proposed by Yammer executives, Microsoft recently took over Yammer’s marketing department, as we reported last week, prompting layoffs as separate marketing functions were consolidated. Yammer’s top marketing executive, Viviana Faga, now reports to a Microsoft executive rather than to CEO David Sacks.

Yammer 経営陣による組織の再編において、Yammer のマーケティング部門は、Microsoft により引き継がれるようだ。そして、先週に、私たちがレポートしてたように、2つのマーケティング機能が統合されるとき、レイオフが引き起こされたわけだ。 Yammer のマーケティング担当役員である Viviana Faga は、CEO の David Sacks ではなく、Microsoft の経営陣にレポートするようになってしまった。

At the time of the deal, Microsoft said Yammer would continue to operate as its own business and report to David Sacks, albeit as part of the Microsoft Office division.

この買収劇がおこった時点で Microsoft は、Yammer は Microsoft Office 部門の一部になるが、自身のビジネスを継続して営み、David Sacks にレポートしていくと発言していた。

A Yammer representative did not immediately respond to our inquiry. We spoke to a Microsoft rep who declined to comment on the record beyond pointing to Yammer’s statement about the layoffs.

Yammer の窓口が、私たちの問合せに、すぐに対処することはなかった。 私たちは、Microsoft の窓口にも問合せたが、Yammer におけるレイオフについて、公表を前提としたコメントは拒否された。

Update: We described the frequency of Yammer Time meetings incorrectly. They do not occur every week.

Update:  Yammer Time ミーティングの頻度は、不確かであると記述したつもりだ。 毎週に実施されることはない。

ーーーーー

TAG indexちょうど、Yammer について書かれている 『 Yammer unveils the Open Graph for the enterprise, to help make business apps more social 』という記事を訳しているところでした。 そこには、『 Yammer のユーザーは、人々に関連するオブジェクトについて、単なる写真/イベント/相互関係といったもの以上の、情報を引き出すための洗練された方式を開発できる 』と記述されていました。そして、タイトルからも分かるように、Yammer は Open Graph の使い手のようです

その一方で、『 現時点で、200,000以上の企業が、このブロダクトを使用しているが、そこには、7-eleven/UNICEF/eBay/Intuit/Ford/Boehringer Ingelheim などが含まれる。具体的に言うと、Fortune 500 企業の 85% が、このサービスにテコ入れしている 』という記述もあり、Microsoft の真の狙いが、どちらにあるのかと、気になっていたところでした。なんか、残念な方向へと向かっているようですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?
モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!

 

モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Byod, Mobile, Post-PC by Agile Cat on September 18, 2012

Going Mobile: What Enterprise Platforms Can Learn from Facebook
http://wp.me/pwo1E-4Ts

Chris O’Connor – August 14, 2012
http://www.wired.com/cloudline/2012/08/going-mobile-facebook/

_ Cloud Line

Just because you understand consumers and their social habits does not mean you understand their mobile interests and needs. There seems to be a sort of arrogance today around moving very successful services onto mobile platforms. As someone who spent nearly a decade building mobile applications at Genentech I can safely say it’s not so easy — it’s not just a different sized screen but also a different set of needs on the part of end-users.

あなたが、コンシューマとソーシャルの傾向を理解しているとしても、それだけでは、モバイルに対する彼らの興味や必要性を理解していることにはならない。 現状において、とても成功したサービスをモバイル・プラットフォームに移行させるという流れの中には、ある種の傲慢さが潜んでいるように思われる。 Genentech でモバイル・アプリケーションの構築に約 10年を費やした人間として、それが容易でないことを、私は簡単に説明できる。 つまり、そこには異なるサイズのスクリーンがあるだけではなく、エンドユーザー側における、これまでとは異なる要件のセットが存在するのである。

imageSAP’s experiment with its HANA database is to be applauded — it’s an indication that they’re really getting what it takes to be successful with applications. To identify 460 startups, allow 124 to present and incubate more than 35 – that’s no small feat. It’s critical that these companies guide the way to function-specific applications. Too many companies think they are better served by making every function they offer available in a single app especially a mobile one. Can you imagine if everything you can do in Salesforce was jammed into a single, mobile Chatter app?

SAP が HANA データベースを用いて行う実験は、拍手喝采されるべきものである、 つまり、アプリケーションを用いて成功させるべきものを、現実に手にしたことを示しているからである。 460社のスタータップを識別し、124社を紹介し、また、35社以上インキュベートすることは、かなりの偉業である。 重要なことは、それらのスタートアップを、特化された機能を持つアプリケーションの道へと導くことである。とりわけ、モバイルにおいては、シングル・アプリケーションで提供される、すべての機能を構築することで、より良いサービスを実現できると考える企業が多すぎるのだ。Salesforce で実現されている、すべてのアプリケーションが、モバイル・アプリである Chatter だけに詰め込まれている状況など、あなたは想像するのもイヤだろう。

I recently read of a statistic from Salesforce that of CRM users, 73% of them use less than 50% of potential functionality. To me, that indicates that it’s more of a reporting tool than a value add. If all of its same capabilities are made available via one mobile app I can practically guarantee that adoption stalls before it gets started.

先日のことだが、Salesforce から提供される統計を読んでみたが、彼らの CRM ユーザーの 73% が、そこに含まれている機能の 50% 以下しか使っていないと記載されていた。 私にとって、それは付加価値を提供するというより、ツールの再移植を思い起こさせてしまう。 もし、すべての機能が、1つのモバイル・アプリで提供されるなら、その移植が始まる前に、その適用が停滞すると、私は断言できるだろう。

Facebook is a great case study for enterprise platforms to look at as they build their mobile strategy. Interestingly, when you look at how Salesforce, for example, started, it was just a couple of cloud-based spreadsheets. Similarly, players are emerging that will create small, efficient feature sets for mobile as well. If enterprise platforms wait until they can offer everything they do, at once, in a consistent way on the mobile device they’re going to lose ground to tools that provide convenience.

Facebook におけるモバイル戦略の構築は、エンタープライズ・プラットフォームにとって、素晴らしいケース・スタディとなる。 また、Salesforce が始まったときのことも思い出して欲しい。 興味深いことに、クラウド・ベースのスプレッドシートが、2つあっただけに過ぎないのだ。 そのときのように、モバイルにも最適な、小型で効率の良い機能のセットを作りそうな、プレーヤーたちが出現している。 もし、エンタープライズ・プラットフォームがモバイル・デバイスにおいて、すべてを一度に提供できる一貫した方式を待つなら、利便性を提供するツールの世界で、彼らは居所を失ってしまうだろう。

Through conversations with peers I’ve formed three key learnings.

同じような考え方を持つ人々と会話することで、3つの重要な学習が存在すると思うようになった。

Familiar Tactile Functionality

imageUsers want tactile functionality they understand (think swipe, tap, etc.) tied to actions they need to take (search, get info, make contact, etc.) Asking users to have to read a lot, type a lot and navigate in non-intuitive ways is tantamount to shooting oneself in the foot. Touch is becoming second nature — capitalize on the techniques people are already comfortable with or your app will be abandoned.

ユーザーたちは、感触の良い機能と(swipe や tap など)、必要なもの(情報やコンタクトなど)を手に入れるためのアクションとの、結びつきを理解したがる。ユーザーに対して、たくさんの文字を読ませ、入力させ、直観的とはいえない方式でナビゲーションさせるのは、自殺的な行為に等しい。 Touch は、後天的なクセになってしまった。 つまり、人々が快適と思っているテクニックをフル活用スべきである。 そうしないと、あなたのアプリは捨てられてしまうだろう。

Access to Key Features, NOT All Features

Users don’t need to be able to do everything when mobile that they can do from the web or a desktop client. In Facebook’s case I can say, when mobile, I want simple functionality that allows me to share where I am, post a photo, see where a friend is, see who they’re with and show someone something about a person. I’m rarely going to update my work history, relationship status and contact info from my device – mobile users don’t sit in apps the way they do websites at their desk. They come in, use it for what they need and then leave. Offering them everything is a waste of your resources.

Facebook のケースにおいて言えることは、モバイルを使用するときには、居場所や、ポストした写真の共有、トモダチの居場所、誰と一緒なのか、誰かの何かを伝えることなどの、シンプルな機能を必要とするだけである。 Work ヒストリーや、リレーション、コンタクトなどを、モバイル・デバイスから更新することは、私にとって、きわめて稀なことである。 つまり、モバイル・ユーザーは、自分のデスクで Web サイトを触るようなレベルで、アプリの中に居座ることはない。 彼らはモバイル・アプリに入ってきても、必要なことを処理するだけで、それが終われば出ていってしまう。 つまり、すべてをモバイル上に提供することは、開発側にとっては、リソースの浪費に過ぎない。

A Need for Speed

Given the user habit of coming in, getting what they need and leaving an app a primary concern for mobile developers should always be speed. Mobile is a fast medium. If a user opens an app and gets the “spinning pinwheel of death” the average consumer shuts it down and their faith in that app meeting their needs is damaged. Too much functionality can also slow your app down, another supportive point for simple, fast apps.

モバイル・アプリにおいて、ユーザーたちの習慣である、中に入ってきて、必要なものを手に入れ、立ち去ってしまうという流れを前提にするなら、モバイル・デベロッパーの主たる関心事は常に、スピードにフォーカスされるべきである。 モバイルは、ファスト・メディアなのである。 ユーザーがアプリをオープンして、もし、“spinning pinwheel of death” を感じてしまうなら、平均的なコンシューマは、それをシャットダウンする。 つまり、必要は満たしていても、そのアプリに対する信頼は、ダメージを被っているのだ。 あまりに多くの機能が実装されると、そのアプリのスピードが死んでしまう。 新たに支持されるポイントは、シンプルで高速なアプリなのだ。

The biggest mobile question I think enterprise platform executives need to ask themselves is, “Would I use this myself?” If the answer is no, or even maybe, why build it? If the answer is, “only if it is more intuitive, faster and made it easier to get to the information I desire” then I rest my case.

エンタープライズ・プラットフォームに対する、私の最大の質問は、経営者たちが「私自身が、これを使うだろうか?」と、自問するか、しないか、という点に集約される。 もし、答えが NO であったり、曖昧であるなら、それを構築する理由は何処にあるのか? もし、答えが「さらに直観的で、より高速で、希望する情報を、より簡単に提供するなら」であるなら、私は主張して良かったと思うだろう。

ーーーーー

imageEvernote にはクリップしていて、しばらく前から、ずっと気になっていた記事ですが、ようやく訳すことができました Smile トライしてみて大成功というか、とても勉強になりましたし、頭の中がスッキリと整理できました。 おそらく、誰もが感じていることなのだろうと思いますが、あらためて Chris O’Connor さんの力作に感謝です! ーーー image

ーーーーー

<関連>

この 1年で PC から Post-PC へと、15% のエンタープライズ・メールが脱出した!
みんなにスマホを買ってあげるわ! iPhone 5 だって OK うp!: Marissa Mayer
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
IDC が PC 出荷予測を、大幅に下方修正
Google の敵は、Apple でも Facebook でもない:シアトルの あの会社だ

Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!

Posted in .Selected, Microsoft, Salesforce, Social by Agile Cat on June 15, 2012

Microsoft Is Buying Yammer, According To People At Yammer
http://wp.me/pwo1E-4jS
Owen Thomas | Jun. 13, 2012
http://www.businessinsider.com/microsoft-yammer-rumor-2012-6

_ Business Insider

UPDATE: Bloomberg is now reporting that Microsoft is in talks to buy Yammer for more than $1 billion, with a  deal coming as soon as Friday.

UPDATE: Bloomberg のレポートによると、Microsoft で協議されている Yammer の買収は、早ければ金曜日にでも、$1 Billion で締結する見込みだ。

EARLIER: We just heard from a source inside Yammer that the office has been abuzz since Monday with talk of Microsoft buying the social-enterprise startup.

EARLIER:  Yammer 社内の情報源からによると、このソーシャル・エンタープライズ・スターアップを買収しようとする、Microsoft の発言により沸き返っているとのことだ。

And the talk is spreading outside Yammer’s office hard by the Caltrain station in San Francisco. Sarah Taylor, an administrative manager at Ignition Talent Group, tweeted about overhearing people talking about Microsoft acquiring Yammer at the Creamery, a café across the street from Yammer’s office.

そして、その話題は、San Farancisco の Caltrain 駅あたりまで、Yammer オフィスの外へと向けて広まっている。Ignition Talent Group の総務部長である Sarah Taylor は、Yammer のオフィスから道を隔てたカフェ Creamery で、Microsoft が買収すると人々が話しているのを耳にしたと、Twitter にポストしている。

Yammer’s Web-based software lets employees work together on projects and share information in an environment that looks more like Facebook than Microsoft Office.

Yammer の Web ベースのソフトウェアは、従業員たちにプロジェクトと情報を共有させるものであるが、その環境は、Microsoft Office というより Facebook に似ている。

Since 2010, it’s offered some integration with Microsoft SharePoint, a cooperation which it expanded in April, along with support for other third-party apps.

同社の製品は 2010年から、いくつかの部分で Microsoft SharePoint と統合されてきたが、サード・パーティー・アプリケーションをサポートすることで、その関係を 4月から深めてきた。

Buying Yammer would also thrust Microsoft into the hot market for social-enterprise tools—putting it in competition with Salesforce.com, Yammer’s archnemesis. Salesforce has a Yammer knockoff called Chatter.

さらに、Microsoft は Yammer を買収することで、ソーシャル・エンタープライズ・ツールというホットな市場に参戦し、Yammer の強敵である Salesforce.com と戦うことになる。現時点では、Salesforce の Chatter が Yammer を圧倒する状況にある。

Yammer raised $85 million in February at a reported valuation of $500 million. An acquisition deal would have to be well north of that—maybe even double.

Yammer の資産価値は、$500 million とレポートされた 2月の時点で、$85 の上昇を見せている。 この買収は、その価値の 2倍に等しいものとなるだろう。

A Microsoft spokesman said the company wouldn’t comment on rumors or speculation. Yammer hasn’t responded.

Microsoft のスポークスマンは、ウワサや推測についてコメントできないとしている。 また、Yammer からは、なんの反応もない。

ーーーーー

imageYammer の近所のカフェで、この件とは何も関係のない Sarah Taylor さんが耳にしたウワサ話が、Twitter にのって広まってしまったというわけですね :)  なんとなく、Yammer と ご近所さんの騒ぎが伝わってくるようで、面白いですね。 これで Chatter とガチンコ勝負ですが、どのような展開になるのでしょうか。 なんせ、向こうには Heroku がついていますからねぇ。 --- image

ーーーーー

<関連>

Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る
Salesforce が Heroku を $212 Million のキャッシュで買収
Pinterest + Instagram = Pinstagram というハイブリッド・ソーシャル

 

コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Byod, Mobile, Post-PC, VMware by Agile Cat on September 2, 2011

How far can consumerization go for enterprise apps?
By
Derrick Harris Sep. 1, 2011
http://gigaom.com/cloud/how-far-can-consumerization-go-for-enterprise-apps/

_ Gigaom

During VMworld this week, talk of consumerization — or the rise of consumer applications and devices in corporate settings — was everywhere, stemming from VMware CEO Paul Maritz’s and CTO Steve Herrod’s mobile- and application-centric keynotes. Included in Herrod’s presentation was talk of a new Dropbox-like application called Project Octopus that will let users safely store, access and share corporate documents. It all so sounded so promising, and then someone asked me whether it will actually get used.

今週の VMworld では、コンシューマ化の話というか、コーポレート設定されたコンシューマ用のアプリケーションとデバイスに関する話が、VMware CEO の Paul Maritz と、CTO の Steve Herrod のセッションに登場してきた。 この二人は、モバイルとアプリケーションを中心としたキーノートで、その話題を繰り返していた。 Herrod のプレゼンテーションに含まれていたのは、Project Octopus と呼ばれる Dropbox のような新規アプリケーションの話であり、企業のドキュメントを、ユーザーが安全にストア/アクセス/シェアさせるものになる。 その全てが有望に思え、また、それは実際に使われるのかと、私に尋ねる人もいた。  

imageIf employees already use Dropbox, she asked, why would they want to use a different service to do essentially the same thing while at work? The truth is that I don’t know. I can see why employers would want them to use a separate service, but will employees stand for it?

すでに従業員が Dropbox を使っている場合にと、彼女は切り出してきた。 そして、仕事なのに、本質的には同じサービスを、彼らは使いたがるだろうか、と聞いてきた。 結果は見えないというのが、実直な回答だろう。別のサービスを、経営者が使いたがる理由は見えてくるが、それを従業員は支持するだろうか?

I tend to agree with my colleague Stacey Higginbotham, who noted while reporting on VMware’s mobile play, “While enterprises will love the ability to control who can access their data, employees may not want to give up the ability to use their own tools and choose who they share their files with.” Of course, it’s not so much a question about Dropbox or Project Octopus as much as it is about the role of consumer applications in corporate settings in general.

同僚である Stacey Higginbotham が ” VMware’s mobile play ” でレポートしていた、「 エンタープライズ側は、そのデータにアクセスできる人をコントロールする能力を持ちたがるが、従業員側は自分のツールを使い、自身のファイルを誰かと共有することを諦めないだろう 」という考えに、私は同意しかかっている。 もちろん、それは、Dropbox や Project Octopus に疑問を呈するものではなく、さらには、コーポレート設定されたコンシューマ・アプリケーションの、一般論としての役割を否定するものでもない。

There’s no denying that consumerization is real. Employees really are demanding the ability to use their personal devices rather than company-issued BlackBerrys and laptops. By and large, employers seem content let them do so because it takes productivity to a whole new level. That’s one of the megatrends driving VMware’s new focus on mobility and applications: if personal devices can’t be locked down from a security standpoint, it wants to make sure enterprise applications and data can be.

コンシューマ化が現実のものであることは、誰も否定できない。 従業員たちの本音は、会社から提供される BlackBerrys とラップトップの組み合わせではなく、自身のパーソナル・デバイスンの活用である。 全般的に見て、それにより新しいレベルの生産性が促進されるため、会社側は自由にさせるだろう。 それは、モバイルとアプリケーションの可能性に注目する、新しい VMware を促進させるメガ・トレンドである。つまり、セキュリティ見地からパーソナル・デバイスを禁止できないなら、エンタープライズのアプリケーションとデータを、そこで上手く動かすことが要求される。

クリックで拡大 ⇒

Consumerization even has made its way into traditional enterprise applications thanks to the advent of Software as a Service. Business users accustomed to clean, simple web-based consumer applications in their personal lives expect the same thing from web-based business applications. As Zendesk COO Zack Urlocker asked in a post last year, “Why buy and manage complex infrastructure or applications when a simpler approach will get results faster and cheaper?”

コンシューマ化は、SaaS の到来により、伝統的なエンタープライズ・アプリケーションの中でさえ、その活路を見出している。 ビジネス・ユーザーたちは、私生活においてもクリーンでシンプルな、Web ベース・コンシューマ・アプリケーションに慣れている。 そして、Web ベースのビジネス・アプリケーションにおいても、同じことを期待される。 Zack Urlocker は Zendesk の COO として、「シンプルなアプローチにより、迅速で安価な結果を得られるのに、何故、複雑なインフラストラクチャやアプリケーションを購入し、管理するのか?」と、昨年のプログポストで疑問を呈している

But there’s a difference between applications that either emerge from business settings or that are only relevant to businesses, and consumer-focused applications that prove themselves useful in business settings. Beyond social tools such like Socialcast and Chatter (no one could legitimately suggest Facebook, for example, as the inter-office communication channel), I’m not so certain it will be easy to get employees to give up the consumer applications they’ve already begun using for business needs.

しかし、ビジネス設定から生じるアプリケーションあるいは、ビジネスに関連するだけのアプリケーション、そして、ビジネスにおける有用性を従業員が証明する、いわゆるコンシューマにフォーカスしたアプリケーションには、それぞれ違いがある。 たとえば Socialcast や Chatter といったソーシャル・ツールと超えたレベルで(たとえば、オフィス間をつなぐコミュニケーション・チャネルとして、Facebook が適法だと提案できないだろう)、すでにビジネスの必要性において、従業員たちが使っているコンシューマ・アプリケーションを断念させることが、それほど容易だとは確証できない。

Dropbox is just one example. Look at Amazon Web Services, which grew popular among enterprise developers despite not having been sanctioned by IT departments. Despite an endless supply of vendors selling private cloud software and alternative hosting providers pushing “enterprise cloud computing,” AWS still dominates cloud computing. Maybe that’s because anyone within the organization who has used AWS really likes it and won’t settle for less. Or look to Google Apps, which has wormed its way into many companies by this point.

Dropbox は、一例である。 IT 部門が容認しなかったにもかかわらず、エンタープライズデ・ベロッパーたちの人気者となった、Amazon Web Services を見るべきだ。 プライベート・クラウドを構築するソフトウェアのベンダーや、「エンタープライズ・クラウド・コンピューティング」を押すホスティング・プロバイダが、その代替物を果てしなく供給するにもかかわらず、AWS は依然としてクラウド・コンピューティングを支配している。 何故かといえば、AWS を使用する組織内の誰もが、ほんとうに気に入っているからなのだろう。 つまり、不満ながら受け入れる、という状況ではないのだ。その一方で、Google Apps を見てみると、その方針に則って、数多くの企業の中へと進み込んでいる。

image

Application providers aren’t stupid, either. When AWS and Google recognized the money to be made by selling to businesses, they got started with all sorts of security and identity management improvements. They both even undertook the effort to achieve certification for the Federal Information Security Management Act (FISMA) to be able to win lucrative federal-government deals. It seems only logical that other new consumer-based services will follow the money, too.

同時に、それらのアプリケーション・プロバイダは賢明である。AWS と Google は、サービスを企業に販売することで、収益が上がると認識したとき、あらゆる種類のセキュリティと ID 管理について、それらの改善を開始した。さらに両社は、利益をもたらす連邦政府との取引に参入するために、Federal Information Security Management Act(FISMA)証明の取得にすら着手し始めた。 それにより、コンシューマ・ベースのサービスに参入する、その他の企業においても、論理的な収益への道が開かれたと思われる。

注記: FISMA の取得は、このポストの時点 ( 2011/9 ) で、すでに完了しているはずです。

Given that iPads, iPhones, Android, AWS, Gmail and so many other tools have made the transition from the consumer world to the business world, it just seems a bit off base to suggest that enterprise applications mimicking useful consumer applications will suddenly catch on. Sure, companies might buy them and mandate their use, but that doesn’t mean employees still won’t use their preferred services, or that they’ll be happy about the change.

iPad や、iPhone、Android、AWS、Gmail といった数多くのツールが、コンシューマの世界からビジネスの世界へ移行しているとすれば、有用なコンシューマ・アプリケーションを模倣するエンタープライズ・アプリケーションが、突如として流行しだすという示唆は、基本から少し乖離しているように思われる。 もちろん、そのようなアプリケーションを企業が購入し、使用を義務づけるかもしれない。しかし、それにより、従業員たちが好みのサービスを使わなくなり、その変化に満足するかといえば、そのような事はあり得ないのだ。

Feature image courtesy of Flickr user Pete Prodoehl.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

vmwareおそらく、いま、多くの人々にとって一番の関心事は、このコンシューマとエンタープライズの IT 交差点ではないかと思います。 ちょうど、TechCrunch『 VMworldカンファレンスで発表されたVMware Horizon Mobileは、企業がユーザのSamsung製品に二重人格を与えることができる。製品がHorizonでセットアップされていると、暗号化された仮想マシンになり、そこからユーザは仕事のためのアプリケーションやデータにアクセスできる 』と紹介されていましたが、さすがは Gigaom で、一歩 踏み込んだところで、とても良い記事を書いてくれたと思います。 こういう記事は、ロジックが何処に向かうのか、まったく検討がつかないので、訳していてもスリリングで楽しめます(時間もかかりますが)  :)  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

企業データにアクセスするモバイルと、セキュリティとの関係を真剣に考る
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学

Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る

Posted in .Selected, Enterprise Social, Facebook, Salesforce by Agile Cat on December 22, 2010

Making Enterprise Software More Like Facebook
By
Thursday Bram
Dec. 20, 2010, 7:00am PDT
http://gigaom.com/collaboration/making-enterprise-software-more-like-facebook/

_ Gigaom

Facebook is easy to use, as well as being a robust tool. Grandparents can pick up enough to browse pictures of their grandchildren in a matter of minutes, while teenagers can manage their entire social lives from the site. Furthermore, Facebook is free. So why isn’t enterprise software more like Facebook?

Facebook というツールは、使いやすいだけではなく。堅牢でもある。 老人であって、数分もあれば孫たちの写真を取り出すことが可能であり、また、ティーンエージャーたちは、サイト内でソーシャル・ライフを満喫できる。そして、 Facebook は無料である。 そこで考えるのが、Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアが存在しない理由である。 不思議だと思わないか?

3568409530_389bce008b

It’s a question that Kraig Swensrud, senior vice president of product marketing at Salesforce.com, has been pondering. “It’s a good question and similar to many questions we’ve been asking since Salesforce.com was founded – why isn’t enterprise software taking cues from the consumer web? Today, companies like Facebook, Twitter and YouTube have transformed the way people communicate and collaborate, globally. The same concepts that serve as the basis of the social networking, including user profiles, status updates, file sharing, and real-time feeds, can now be applied privately and securely in the enterprise. Social collaboration, along with cloud computing and mobile, are three major trends sweeping through today’s enterprise.” He notes, “Enterprises have already taken note of the success of social networking sites like Facebook and are actively developing strategies for Facebook-style social collaboration within the workplace.”

それは、Salesforce.com のマーケティング・プロダクト副社長である、Kraig Swensrud が考え続けてきた疑問である。 『 考えるべき問題だと思う。 それは、Salesforce.com が設立されたときから、私たちが自問してきたことに似ている。なぜ、エンタープライズ・ソフトウェアは、コンシューマ Web の兆候を受け入れないのか? いまでは、Facebook や、Twitter、YouTube といった企業が世界的な規模で、人々がコミュニケートし、協調していく方式を変えている。 ユーザー・プロファイル/ステータス・アップデート/ファイル共有/リアルタイム・フィードなどを含めた、ソーシャル・ネットワークの基礎を担うコンセプトは、エンタープライズにおいても、プライバシーとセキュリティを充たしたうえで応用できる。クラウド・コンピューティングとモバイルを伴うソーシャル・コラボレーションは、今日のエンタープライズを貫通する3つの重要なトレンドである。 それぞれの企業は、Facebook などのソーシャル・ネットワーク・サイトの成功を、すでに認識している。そして、ワークスペース内で、Facebook スタイルのソーシャル・コラボレーションを実現するための、開発ストラテジーを積極的に展開している 』と、彼は指摘している。

Salesforce.com has taken steps to learn from those sites that users most prefer to spend time on; tools like Chatter show that it is possible to make work tools that appealing to users.

Salesforce.com は、ユーザーが時間を使いたがるサイトから学習するというステップをとった。 つまり、Chatterのようなツールは、ユーザーにアピールすることが可能な、仕事用のツールになれるのだ。

Part of the problem may lie with how businesses tend to adopt new tools. The ease with which information can be shared on a site like Facebook can run counter to many organizations’ internal cultures. Swensrud points out, “When adopting enterprise social apps, the mindset of a company must change from being rigidly hierarchical and siloed towards being more open, flat and transparent. Enterprise social collaboration also must be built atop, and integrated, with existing business processes and applications, empowering employees to collaborate around business documents (e.g. a sales presentation), business data (e.g. a marketing campaign) and processes (e.g. order processing). Companies now have the ability to change the way their employees work.”

しかし、企業は新しいツールを導入する傾向にあるという、問題点が横たわっているかもしれない。Facebook のようなサイトで共有できる情報は、容易さをもたらす。しかし、大半のケースにおいて、組織が保有する文化と衝突するだろう。 Swensrud が指摘するのは、『 エンタープライズ・ソーシャル・アプリケーションを採用するときには、重苦しい階層的な概念から、オープン/フラットで透明性のあるスタイルへと、企業の思考形態が変容しなければならない。 その上に、エンタープライズ・ソーシャル・コラボレーションが構築されなければならない。 そして、既存のビジネス・プロセスおよびアプリケーションとの統合が不可欠であり、その結果として、ビジネス・ドキュメント(sales presentation)や、ビジネス・データ(marketing campaign)、プロセス(order processing)などを取り囲むカタチで、従業員たちがコラボレートしていく権限を与えることになる。 そして、いまの企業は、従業員が働く方式を、変化させる能力を有している 』という点である。

When you consider how much time and how many resources go into keeping collaboration tools up to date across an organization, taking cues from a site that has convinced hundreds of millions of users to update their profiles every chance that they get to log in simply makes sense.

組織を横断するようなコラボレーション・ツールを、常に最新の状態に保つために、それだけの時間と資源が必要になるのかを考えて欲しい。何億人というユーザーがログインするときに、自己の責任においてプロファイルを更新するようなサイトが、重要な合図を発信していることに意味がある。

Photo courtesy Flickr user Franco Bouly

Related content from GigaOM Pro (sub. req.):

ーーーーー

今年は、データ・ウェアハウスの垂直統合が顕著な年でしたが、Agile_Cat はひそかに、Facebook の成長と結びあわせて考えていたのでした。 つまり、『 B to C のデータに関しては、膨大なコストをかけて企業が収集・管理する時代は終わり、ソーシャル・ネットワークに蓄積されている、それぞれのユーザーが入力したデータを用いることになる 』という推論です。  だって、タダだから。。。

そうなると、これまでの CRM なんて、どっかにすっ飛んでしまい、Salseforce は大打撃を被るとまで思っていたのですが、電光石火の Heroku 買収で、こちらが逆にすっ飛ばされてしまい、さすがベニオフ様と、新しい Salseforce カテゴリまで作ってしまったという、そんな Agile_Cat なのでございます。

したがって、Heroku の買収は、あくまでも防衛的な Facebook への対抗策と映っていたのですが、さにあらず、この記事を読むと、社内システムまでをも視野に入れた、チョー過激な侵攻作戦が始まるのだと思えてきます。 ここは、オモシロイ領域で、目が離せないです! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Heroku は、Facebook のオフィシャル・アプリケーションになれるのか?
Salesforce が Heroku を $212 Million のキャッシュで買収
Salesforce による Heroku 買収の続報

%d bloggers like this: