Agile Cat — in the cloud

SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on July 19, 2013

SoftBank, Bloom Energy joint venture will bring fuel cells to Japan
http://wp.me/pwo1E-6o7

By
Signe Brewster – July 17, 2013
http://gigaom.com/2013/07/17/softbank-bloom-energy-joint-venture-will-bring-fuel-cells-to-japan/

_ Gigaom

Summary: The compact, efficient power sources are suited to companies looking for an on-site alternative to Japan’s national energy grid.

Summary: この、コンパクトで効率の良い電力源は、電力網をオンサイト発電で代替しようとする、日本の企業に適している。

ーーーーー

Since the 2011 earthquake and resulting Fukushima nuclear meltdown, Japan has shut down nearly all of its nuclear power plants, causing a spike in electricity costs. SoftBank and Bloom Energy announced today they will begin offering fuel cells this fall as an alternative off-the-grid power source.

2011年の大地震と、福島でのメルトダウンが起こってからというもの、ほとんどの原子力発電所をシャットダウンた日本は、電力コストの急増に直面している。今日のことだが、SoftBank と Bloom Energy 社は、オフ・グリッド電源としての燃料電池を、この秋には提供すると発表した。

The 50-50 joint venture will target corporate offices, data centers, hospitals, government centers and other large buildings that would benefit from multiple power sources. Each fuel cell system generates enough electricity to power 500 homes.

そのための 50% – 50% のジョイント・ベンチャーがターゲットとするのは、企業のオフィス/データセンター/病院施設/行政センターなどの大規模な建造物である。 そして、そのどれもが、複数の電源を持つという恩恵を被るだろう。 なお、単体としての燃料電池システムは、500戸の家庭に電力を供給するだけの、充分な容量を持っている。

The cells also offer a way to decentralize power. They are completely separate from the national energy grid and generate power onsite. If another disaster hit and an area’s primary fuel source was taken out, a fuel cell could take over. This is often how they’re used in the U.S. at data centers, where companies can’t afford to ever lose power completely.

さらに、この燃料電池は、電力を分散するための方式を提供する。つまり、それぞれの国における電力網から、完全に独立したかたちで、オンサイトで電力を生成できるのだ。なんらかの災害が発生し、いずれかの地域における、主要電力の供給が止まるとき、この燃料電池が、そのあとを引き継ぐだろう。 したがって、アメリカでの導入ケースとしては、電源を完全に失うわけにはいかないデータセンターで、実績を積み重ねている状況にある。

Fuel cells are cleaner and more efficient than fossil fuel energy sources, but more costly. SoftBank and Bloom Energy say the cells offer a stable alternative to rising electricity prices in Japan. Clients will pay for the initial cost of the cells over the course of a 20 year contract.

燃料電池はクリーンであり、また、化石燃料エネルギーよりも効率が良いが、そのコストも高くなる。しかし、SoftBank と Bloom Energy は、価格が高騰する日本の電気料金に対して、この燃料電池は安定的な代替手段を提供すると発言している。そして顧客は、20年契約の期間において、その初期費用を償却していくことになる。

SoftBank and Bloom Energy are each investing 1 billion yen — a total of roughly $20 million — to start Bloom Energy Japan Limited. Bloom Energy is based out of Sunnyvale, Calif., and has provided fuel cells to American corporations like Apple, eBay and Verizon. Japan Limited is its first venture outside the U.S. SoftBank owns a range of telecommunications, internet and technology companies, including Sprint Nextel, which it acquired this month.

SoftBank と Bloom Energy は、それぞれが 10億円の投資を行い(合計で $20 million)、Bloom Energy Japan Limited を設立する。Bloom Energy は Sunnyvale, Calif に本拠を置き、AppleeBayVerizon などのアメリカ企業に燃料電池を提供してきた。 そして、今回の Japan Limited は、初めての海外展開となる。また、SoftBank は、テレコムとインターネットのテック・カンパニーであり、また、 今月には Sprint Nextel を傘下に収めている。

Bloom Energy’s fuel cells run off natural gas and biogas, as opposed to the more common hydrogen. The gas is modified and exposed to oxygen, creating a chemical reaction that produces electricity. A small amount of carbon dioxide is released as a byproduct.

Bloom Energy の燃料電池は、水素を用いるものとは対照的に、天然ガスやバイオガスを活用するものである。 そして、ガスと酸素の化学反応により電力を生成する。また、副生成物として、少量の CO2 が放出される。

Related research

ーーーーー

imageなぜ、Bloom Energy は日本に来ないのか? どうして、誰もビジネスとして、取り組まないのか? ・・・ というのが、Agile_Cat にとって、長い間の疑問でした。 でも、ついに Softbank が Japan Limited を設立するのですね! すばらしいことです。 ほんと、すばらしい!!! ぜひ、以下のリンクも、ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する

 

eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on July 13, 2012

Ebay taps into green fuel cells to power 6-megawatt data center in Utah
http://wp.me/pwo1E-4qH
By
Paul Lilly on June 26, 2012
http://www.extremetech.com/computing/131684-ebay-taps-into-green-fuel-cells-to-power-6-megawatt-data-center-in-utah

image

Many companies talk the talk when it comes to going green, but online auction behemoth eBay is walking the walk by building what will become the largest data center in the US powered by non-utility fuel cells when it opens in Utah in mid-2013. The massive data farm will employ over two dozen Bloom Energy servers totaling a combined output of six megawatts, relegating the traditional electric utility grid to backup chores only.

数多くの企業が、グリーン化に取り組むと、何度も繰り返して発言している。しかし、オンライン・オークションの巨人である eBay は、それを実現するために、ひたすら歩み続ける。同社が Utah に構築している施設がオープンすると、公共電力に依存せず、すべてを燃料電池で駆動するという意味で、アメリカでは最大のデータセンターが実現される。 この大規模データ・ファームでは、2ダース以上の Bloom Energy サーバーを採用し、トータルで 6MW の出力を絞りだす。 そして、従来からの公共電力グリッドは、バックアップなどの作業のためだけに用いられる。

eBay’s renewable energy effort trumps that of Apple, which itself is constructing a 4.8-megawatt Bloom Energy fuel data center in North Carolina. For eBay, the Utah data center marks its fifth and largest renewable energy installation to date, and also positions the auction company as the largest tech firm to turn to alternative power as a primary source for data centers.

eBay における再生可能エネルギーへの取り組みは、Apple が North Carolina に構築する、やはり  Bloom Energy の燃料電池を用いる、4.8 MW のデータセンターに勝るものとなる。 eBay にとって、この Utah データセンターは 5 番目の施設であり、最大の再生可能エネルギーの採用となる。そして、データセンターのための主力電源を、代替えエネルギーに置き換えるという観点で、このオークション会社を、最大級のテクノロジー・カンパニーへと押し上げるものとなる。

Fuel cells in their current state are large box-like power generators that convert fuel into electricity through a clean chemical reaction as opposed to combustion. Bloom Energy likens fuel cells to batteries, albeit much bigger than anything you could hope to stick in your digital camera, and they always run.

現在の燃料電池は、発電機のように大きなボックスという形態を持ち、燃焼とは対照的な、クリーンな化学反応を介して、燃料を電気に変換していく。 Bloom  Energy は、燃料電池をバッテリーに例えている。デジタル・カメラに突き挿せるような大きさではないが、何時でも何処でも、駆動させることが可能である。

Researchers are hard at work shrinking fuel cells into so-called micro fuel cell (MFC) form for use with consumer electronics, and the technology could very well be the key component in tomorrow’s increasingly power hungry devices. One of the many challenges facing fuel cell technology is molding them into various shapes and forms the way lithium-ion batteries come, though initially, you can expect the technology to manifest in portable power bricks that you could carry around and plug your device into when it gets low on juice. Cost is another consideration that could delay widespread adoption.

研究者たちは、コンシューマ・エレクトロニクス市場での活用のために、いわゆる Micro Fuel Cell(MFC)の形式に、燃料電池を縮小させようと、多大な努力を払っている。そして、このテクノロジーが、将来において消費電力を高めていくデバイスのための、主要コンポーネントを作り出していくかもしれない。 多様な燃料電池テクノロジーが直面する課題には、リチウムイオン電池が登場したときのように、その形状を自由にコントロールするという試みがある。いまは黎明期であるが、このテクノロジーにより、あなたのデバイスのエネルギーが不足するとき、バッグから取り出した燃料電池を、そこに刺し込めるようになるだろう。別の論点としてコストの問題があるが、それにより普及が遅れる可能性がある。

Bloom Energy fuel cells provide
24/7 clean power ⇒

In the meantime, fuel cells are becoming increasingly popular in data farms, like the one eBay is building in Utah, a state whose grid is powered by inexpensive coal. A total of 30 Bloom Energy servers will generate a whopping 1.75 million kilowatt-hours of clean electricity per year, providing enough on-site power for operation 24 hours a day, 365 days a year, eBay says.

それまでの間に、燃料電池の人気は、データファームで高まっていくと思われる。たとえば、eBay がデータセンターを構築する Utah 州は、安価な石炭燃料による公共電力が供給されているのである。 それにもかかわらず、トータルで 30台の Bloom Energy サーバーが、年間で出力する 175万キロワットの電気はクリーンなものであり、また、1年 365日 – 1日 24時間を通じて、充分なオンサイト・パワーを提供すると、eBay は発言している。

“By being a trail blazer and deploying a brand new, revolutionary architecture to build its new data center, eBay is raising the standard for the entire industry,” says KR Sridhar, co-founder and CEO of Bloom Energy.

「 新しいデータセンターを構築する草分けとして、eBay は革新的なアーキテクチャを実装し、業界全体におけるスタンダードを提起している」と、 Bloom  Energy の Co-Founder and CEO である KR Sridhar は発言する。

Bloom Energy’s fuel cells run on biogas derived from organic waste from landfills and farms. eBay also operates a 500 kW Bloom fuel cell data center at its San Jose facility.

Bloom Energy の燃料電池は、埋立地と農場の有機性廃棄物から生じる、バイオ・ガスで動く。そして、eBay は San Jose においても、500 キロワットの Bloom 燃料電池で、すでにデータセンターを運用している。

ーーーーー

imageBloom Energy について初めてポストしたのは、2011年1月のことでした。 その時にも、もう既に、eBay や Google のデータセンターで運用され、それなりの実績を積み上げていました。 それから、1年半の間に、今度は補助的な電源ではなく、大規模データセンターの主力電源として、この eBay だけではなく Apple にも採用されるという、素晴らしいストーリーを築き上げているようです。 ここまで来ると、日本でも採用される可能性が出てきますね。とても楽しみです。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略
Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?

 

100% の再生エネルギーを目指す、Apple のデータセンター戦略

Posted in .Selected, Apple, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on May 19, 2012

Apple to use only green power for main data center
http://wp.me/pwo1E-4ei
By Poornima Gupta - May 17, 2012

http://www.reuters.com/article/2012/05/17/us-apple-idUSBRE84G0YW20120517

_ Reuters

(Reuters) – Apple Inc plans to power its main U.S. data center entirely with renewable energy by the end of this year, taking steps to address longstanding environmental concerns about the rapid expansion of high-consuming computer server farms.

(Reuters) – Apple Inc は、今年の終わりまでに、アメリカ国内の主要データセンターに対して、再生可能エネルギーによる電力を供給しようと計画している。それは、コンピュータ・サーバー・ファームにおいて急速に高まる電力需要という、長期的な環境問題への取り組みとなっていく。

The maker of the iPhone and iPad said on Thursday it was buying equipment from SunPower Corp and startup Bloom Energy to build two solar array installations in and around Maiden, North Carolina, near its core data center.

この iPhone と iPadのメーカーは、そのコアとなるデータセンターの周辺に、つまり Maiden, North Carolina に、2つのソーラー発電装置群を配備するために、SunPower Corp と Bloom Energy から設備を購入したと、この木曜日に発表した。

Once up, the solar farm will supply 84 million kWh of energy annually. The sites will employ high-efficiency solar cells and an advanced solar tracking system. Later in 2012, Apple also intends to build a third, smaller, bio-gas fuel-cell plant.

このソーラー・ファームが立ち上がると、8400 百万キロワット時のエネルギーを、年間を通じて供給することになる。 また、このサイトでは、効率のよいソーラー・セルと、先進的な太陽追尾システムが用いられるだろう。 さらに、2012年の終わり頃には、3つ目となる小型バイオガス燃料電池プラントも構築されるだろう。

The two solar farms will cover 250 acres, among the largest in the industry, Apple CFO Peter Oppenheimer told Reuters. Apple plans on using coal-free electricity in all three of its data centers, with the Maiden facility coal-free by the end of 2012.

2つのソーラ・ファームは、この産業で最大のものであり、250 エーカーをカバーするものになると、Apple の CFO である Peter Oppenheimer は Reuters に対して発言している。 Apple の計画によると、2012年の終わりまでに Maiden の施設に対応することで、3つの全てのデータセンターは、石炭燃料を排除した電力の供給を実現する。

“I’m not aware of any other company producing energy onsite at this scale,” Oppenheimer said in a telephone interview. “The plan we are releasing today includes two solar farms and together they will be twice as big as we previously announced, thanks to the purchase of some land very near to the data center in Maiden, which will help us meet this goal.”

「 このスケールで、オンサイト・エネルギー生産を行なっている企業は、他にはないはずだ」と、Oppenheimer は電話インタビューに答えている。 「 今日の私たちの発表には、2つのソーラー・ファームの話が含まれているが、それらは以前の発表し比べて、2倍の規模を持つ。つまり、Maiden 周辺で土地を購入したことによるメリットであり、それにより、私たちはゴールに近づいた」

Concerns about the ever-expanding power consumption of computer data centers have mounted in recent years, as technology giants build enormous facilities housing servers to cater to an explosion in Internet traffic, multimedia use and enterprise services hosting, via cloud computing.

テクノロジーの大手たちがクラウドを介して、爆発するインターネット・トラフィック/マルチメディア/エンタープライズ・サービスに対応する、膨大なサーバーをホストする巨大なファシリティを構築するにつれて、そのデータセンターで増大し続ける電力消費量は、大きな懸念を生み出している。

“Our next facility will be in Prineville, Oregon. This is still in the planning stages and we have already identified plenty of renewable sources nearby,” Oppenheimer said.

「 次のデータセンターは、Prineville, Oregon に構築されるだろう。 それは計画段階にあるが、その近郊でも、たくさんの再生可能エネルギー源を、すでに調査している」と、Oppenheimer は言う。

“We haven’t finalized our plans for on-site generation, but any power we need to run our center in Prineville that we get from the grid will be 100 percent renewable and locally generated sources,” the Apple CFO said.

「私たちは、オンサイトでのエネルギー生産計画を完成していないが、Prineville データセンターを駆動するために必要な電力は、現地で生産される 100% 再生可能エネルギーから供給されるだろう」と、Apple の CFO は語っている。

Shares in SunPower leaped more than 9 percent to trade around $5.55 on Thursday afternoon.

木曜日の午後における SunPower の株価は、9% も上昇し、$5.55 前後となっている。

(Reporting By Poornima Gupta; Editing by Tim Dobbyn, Gary Hill)

ーーーーー

TAG index100% 再生エネルギーといっても、ものすごい設備が必要なわけで、そこに投資していこうとする Apple には拍手したいと思います。 まぁ、あれだけでの純利を得ているわけですから、そのくらいはイイですよね :) とれと、文中では Bloom Energy もソーラー・パネル・メーカーとして紹介されていますが、以下の <関連> にあるように、燃料電池の会社のはずです。 それとも、最近は ソーラーも手がけるようになったのかなぁ? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想のようだ
Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?

Apple が クリーン・パワー DC を推進する、5つの理由を分析する

Posted in .Selected, Apple, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on February 27, 2012

5 reasons why Apple is embracing clean power for its data center
http://wp.me/pwo1E-3XJ
By
Katie Fehrenbacher Feb. 22, 2012
http://gigaom.com/cleantech/5-reasons-why-apple-is-embracing-clean-power-for-its-data-center/

_ Gigaom

Seemingly all of a sudden Apple is charging ahead with one of the most aggressive clean power projects for a data center in the U.S. Apple is planning on building a 20 MW solar farm and a 5 MW fuel cell farm at its massive data center in Maiden, North Carolina. Now the real question is why?

何の前触れもないように思えるが、Apple はアメリカでも最も積極的な試みとして、データセンターにおけるクリーン・パワー・プロジェクトに取り組み始めた。Apple は Maiden, North Carolina の大規模なデータセンターにおいて、20 MW のソーラー・ファームと、5 MW の燃料電池ファームの、構築を計画している。 そして、いま、ほんとうに知りたいのは、その理由である。  

imageI’ve been thinking about the logistics of combining data centers and clean power over the past few years, and here’s 5 reasons why I think Apple is embracing clean power right now:

これまでの何年かに渡って、データセンターとクリーン・パワーを結びつけるロジックについて考えてきたが、いま、クリーン・パワーを受け入れようとする Apple について、私の思う 5つの理由を挙げてみる:

1). Solar is cheap as heck: Prices of solar panels and cells have plummeted recently, leading to a drop of around 50 percent in prices over the past year. That’s bad news for the solar manufacturers — and has led to a wave of solar maker bankruptcies — but that’s good news for companies, utilities and home owners that are buying solar panels. It’s one of the best times in history to buy solar panels. Particularly when a company like Apple is buying such a sizable quantity (20 MW), they can get an even better deal. A 20 MW solar project planned to be built in Florida this year cost about $70 million — Apple’s spending about $1 billion on the entire data center.

1). ソーラーが全体的に低価格化している: ソーラー・パネルとセルの価格が、最近になって急落してきた。この 1年にわたって、その価格は以前の 50% 前後まで引き下げられている。 それは、ソーラー・マニファクチャにとっては悪いニュースであり、また、ソーラー・メーカーたちを破産へと導いた。しかし、ソーラー・パネルを購入する企業や、公共施設、そして家庭にとっては、良いニュースである。 いまは、ソーラー・パネルを購入するにあたり、これまでの中で最も良い時期となっている。 特に、Apple のような企業が大量に買い付けるとき(20 MW)、さらに経済的に有利な商取引が成り立つ。 今年、Florida で 20 MW のソーラー・プロジェクトが計画されたとき、そのコストは約  $70 million であった。 そして Apple は、このデータセンター全体に、およそ $1 billion を費やしている。

image2). Dirty Internet power is bad PR: Greenpeace was one of the first companies to take a close look at the massive data centers being built by Apple, Facebook and Google in North Carolina and the watchdog pointed out that North Carolina has one of the dirtiest power grids in the U.S. — it’s mostly coal (61 percent) and nuclear (30.8 percent). These Internet companies no doubt were attracted to the region because this dirty power is also pretty cheap, at about 4 to 5 cents a kilowatt hour, according to Greenpeace.

But with a growing amount of attention on how dirty this energy mix is, the Internet firms are under greater pressure to bring in their own clean power. In Greenpeace’s report last year it gave Apple a straight “F” for infrastructure siting of its data center, a “C” for transparency, and a “C” for mitigation strategy. Now Apple, like Google and Facebook, have been pushing a lot harder to get low cost clean power into the data center discussion.

2). ダーティーなインターネットはイメージを悪くする: Greenpeace は、North Carolina で構築される Apple/Facebook/Google の大規模なデータセンターを、その始まりから注意深く観察する組織の 1つであった。そして、この監視役は、North Carolina が合衆国で最もダーティーな送電網を有していることを指摘した。 つまり、主として石炭(61%)と、原子力(30.8%)で構成されているのだ。 Greenpeace によると、それらのインターネット企業が、この地域に惹かれる理由は、間違いなく、1 KW/H で 4 cent~5 cent という安い電力にあるとされる。

しかし、どれだけのダーティーな電力がミックスされているのかという、関心が喚起されてしまったことで、それらのインターネット・カンパニーは、自身でクリーンな電力を調達しなければならないという、大きなプレッシャーの下にある。 そして、昨年の Greenpeace レポートでは、Apple におけるデータセンター・インフラストラクチャの立地に対して、はきりと「F」が付けられてしまった。 なお、透明性については「C」、緩和のためのと戦略も「C」と評価されている。いまでは Apple も、Google や Facebook と同様に、そのデータセンターに関する議論において、低コストのクリーン・パワーを入手するよう、強くプッシュしているところである。

image3). Control over energy: When Internet companies take a more active role in building energy generation sources like solar and fuel cell farms, they are not only reducing the carbon footprint of their data centers, they are getting more control over a crucial resource that their data centers need. Data centers are major power hogs. And owning the energy source, helps a company like Apple shield at least part of its data center power from potentially rising energy costs.

3). 消費する電力を、自ら制御する: インターネット企業が、ソーラーや燃料電池のファームといった、エネルギー発生源の建築において、さらにアクティブな役割を担うとき、単にデータセンターのカーボン・フットプリントを低減するだけではなく、そこで必要とされる重要な資源をコントロールするようになる。 データセンターは、主要な電力消費者である。 そして、エネルギー源を所有することで、少なくとも Apple のような企業は、潜在的なエネルギー・コストの上昇という視点において、そのデータセンターとしての電力需要を保護することになる。

4). The 100 MW data center: As the size — and power consumption — of data centers rise to the size of Apple’s in Maiden, which will reportedly have a capacity for 100 MW, rural areas and small towns just might not have enough local power generation to fill the need. I’m not sure if that’s the case for Apple in Maiden, but Apple is planning on adding a sizable 25 MW of its own clean power, which could be a quarter of its power needs. Maiden might not have had the necessary power resources.

4). 100 MW データセンター: データセンターの規模と電力消費量が、Maiden における Apple のケースまで上昇すると(伝えられるところによると、100 MW の許容量を持つようになる)、ちょっとした田舎街では、その要求を満たすだけの、ローカルな発電力を持てないかもしれない。 Apple の Maiden が、このケースに該当するのか、私は確信を持てないが、Apple は必要とされる電力の 1/4 に当たる、25 MW のクリーン・パワーを加えようと計画している。ひょっとすると Maiden が、必要とされる電力リソースを持っていなかったのかもしれない。

clip_image0015). Fuel cell makers targeting data centers: Fuel cell makers like Bloom Energy, FuelCell Energy, and ClearEdge Power are targeting data center operators with their on site cleaner power sources. AT&T plans to install 75 Bloom fuel cells at 11 of its offices in California and AT&T said it will use the fuel cell power for data centers as well as administration offices and facilities that house network equipment. The U.S. division of Japanese telecom giant NTT, NTT America, said that it plans to install five fuel cells from Bloom Energy at one of its data-center facilities in San Jose, Calif. ClearEdge Power launched a fuel cell line targeted at data-center operators last year.

5). 燃料電池メーカーはデータセンターをターゲットにする: FBloom Energy や、FuelCell Energy、ClearEdge Power といった燃料電池メーカーが、データセンター運用者とオンサイト・クリーン・パワー・ソースの組み合わせに、ターゲットを絞った戦略を展開している。 AT&T は、California における 11ヶ所のオフィスに、75 セットの Bloom 燃料電池を設置しようと計画している。さらに AT&T は、データセンターだけにではなく、ネットワーク装置に場所を提供する、管理オフィスや施設に対しても、その燃料電池を使うと発言している。 日本の巨大テレコムである NTT の、US ディビジョンとして機能する NTT America は、San Jose, Calif のデータセンター・ファシリティにおいて、Bloom Energy から供給される 5セットの燃料電池セルを、インストールする計画について言及している。そして、昨年には、ClearEdge Power がデータセンター運用者をターゲットした、燃料電池ラインを立ち上げている。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexこれまで、ナゾに包まれていた Apple のデータセンター戦略が、おぼろげながら見えてきた感じがします。 時間は 2010年の春にさかのぼりますが、その頃に Oregon のデータセンターをめぐって、Facebook と対峙していたのが、ここにも登場するする Greenpeace でした。「ダーティーな電力を使うな」と言う Greenpeace と、「送電網は分離できない」と主張する Facebook は、平行線のままなのかと思いましたが、この記事に書かれているように、クーリーンな発電設備を自前で持つことで、両者間の折り合いはついていたのだと推測できます。

そして Apple は、Yahoo のデータセンター運用責任者だった Scott Noteboom を、昨年の 10月に引き抜いています。 Yahoo といえば、Greenpeace のレポートにもあるように、最もクリーンなデータセンターを実現してきた企業です。 さらに加えれば、Bloom Energy などの燃料電池メーカーも登場しており、単に Apple の 戦略だけではなく、いまのアメリカにおける巨大データセンターの、すべてのストーリーが、ここに凝縮されているようにも思えてきます。

この、後書きのリンクおよび、以下の関連を参照して頂けると、それとなく、全体像が見えてくると思いま~す :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

鶏舎に学べ:Yahoo の PUE 1.1 の最新データセンター
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _1
Apple iCloud – 分散ストレージと同期により、クラウドの常識を打ち破る
iCloud が Microsoft と Amazon で動くなら、あの 巨大 DC は空っぽなのか?

 

NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT, Telecom by Agile Cat on August 3, 2011

NTT America Deploys Bloom Energy Servers
July 29th, 2011 : John Rath
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/07/29/ntt-america-deploys-bloom-energy-servers/

_ DC Knowledge

NTT America announced Thursday that it has deployed Bloom Energy Servers at its Lundy Data Center in San Jose, California. The five Energy Servers will supply 500 kW of total capacity.

この木曜日(7/28)に NTT America が、San Jose, California の Lundy Data Center に、Bloom Energy Servers をディプロイしたと発表した。 その、5 台の Energy Servers からは、合計で 500 KW が供給されるはずだ。

A Bloom Energy server installed at CalTech (Source: Bloom Energy). ⇒

As part of NTT America’s energy efficiency initiatives, they monitored advancements in energy conservation technologies and selected Bloom Energy’s proven fuel cell technology, running on directed biogas.  The fuel cells at the Lundy data center will be connected to a natural gas pipeline, and utilize biogas from a California dairy farm to generate electricity on-site. Distributed generation means electricity is generated where it will be used, allowing NTT America to reduce the amount of energy loss due to transmission across power lines, increasing efficiency and trimming costs.

NTT America における、エネルギー効率イニシアティブの一環として、エネルギーを節約するための技術進歩がモニターされてきた。 そして、そこで選択された Bloom Energy が、燃料電池のテクノロジーを証明し、バイオガスへと向かわせることになった。  Lundy データセンターにおける燃料電池は、California の農場から得られるバイオガスを利用するために、天然ガスのパイプラインに接続され、オンサイトで発電することになる。 こうした、分散型の発電は、電力の地産地消をもたらす。それにより NTT America は、送電線網における電力ロスを回避し、効率を高め、経費を低減していく。

“As one of the major data center operators in the world, we recognize the importance of energy efficiency and the need for distributed generation and use of clean fuels,” said Kazuhiro Gomi, president and CEO of NTT America. “Equally important is our enterprise customers’ interest in, and support of, energy efficiency both from the environmental and cost reduction avenues.  As a key driver for the future of the data center, NTT America will continue to evaluate, support and deploy technologies that can be environmentally sound and cost effective for our customers.”

『 世界の主要データセンターの一員として、エネルギー効率の重要性および、分散型の発電と、クリーン燃料の重要性は認識している。 さらに、私たちの顧客であるエンタープライズ・ユーザーたちも、同様に関心を持ち、また、サポートしたがっている。環境とコストの面で、エネルギー効率は重要である。  将来のデータセンターにおいて重要な役割を担う NTT America は、費用効果の高いテクノロジーの評価/サポート/ディプロイを継続することで、顧客にとっても重要となる、環境の保護を促進していく』と、CEO of NTT America の Kazuhiro Gomi は発言している。

Data Center Use Increasing

imageEarlier this month AT&T announced that it would install fuel cells at 11 sites in California to generate 7.5 megawatts of power. Bloom Energy officially unveiled their fuel cell in March 2010 and noted several large customers including Bank of America, Coca-Cola, eBay, FedEx, Staples and Wal-Mart.

7月のはじめに、AT&T は California の 11 サイトに燃料電池をインストールし、7.5MW を発電していくと発表した。 Bloom Energy は、2010年 3月に、燃料電池を公表している。そして、Bank of America や、Coca-Cola、eBay、FedEx、Staples、Wal-Mart といった顧客を有していることにも注目すべきだ。

NTT America is the U.S. subsidiary of NTT Communications Corporation, the global data and IP services arm of NTT Corporation, who is listed #31 on the Fortune Global 500 list. Other energy efficiency initiatives include hot aisle/cold aisle server rack design, aisle containment solutions, high efficiency computer room air conditioner (CRAC) cooling systems, distributed electricity generation and dynamic temperature sensor/control technology. NTT America’ operates six Enterprise Hosting data center locations in the U.S. throughout New York, Connecticut, Virginia and California.

NTT America は、NTT Communications Corporation のアメリカ法人として、グローバル・データと NTT IP サービスを担い、また、Fortune Global 500 の 31番目にリストアップされている。 その他の、エネルギー効率イニシアティブとしては、ホット・アイル/コールド・アイルのサーバー・ラック・デザインや、アイル分離のソリューション、CRAC( computer room air conditioner)による効率化、分散発電、ダイナミックな温度の検出と制御などの、テクノロジーに取り組んでいる。 NTT America がアメリカで運用するエンタープライズ・データセンターは 6ヶ所であり、New York および、Connecticut、Virginia、California に配置されている。

ーーーーー

もう、だいぶ前の話になりますが、この Energy Server の基礎となる Bloom Box について取り上げたことがあります。 ・・・というわけで、ご興味のある方は、以下のリンクから ど~ぞ! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
NTT の 100% 子会社である Dimension Data が OpSource を買収

NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?

Posted in .Selected, Energy, Green IT by Agile Cat on January 8, 2011

2010年 2月に、CBS の人気番組 60 Minutes で取り上げられた ・・・

__AC Stamp 2

かれこれ、1年ほど前になりますが、シリコンバレーでは Bloom Energy という燃料電池の会社が注目を集めていました。 昨日ですが、Apple が燃料電池の特許を取得(?)したとの報道があり、この Bloom Energy のことを思い出しました。

以下の Youtube は、CBS の 60 Minutes という番組で取り上げられたときのものです。 この種のテクノロジーがモノにならないことは多いらしく、その信ぴょう性が問われるところですが、かなりメジャーな 60 Minutes が取り上げたこと自体が、さらに大きなニュースになっていたという記憶があります。

その頃は、CBS のサイトに動画があったのですが、もう消えていたので、Youtube の中を探して、この 2本を見つけ出しました。 前述の番組自体は 60 分ですが、Bloom に割り当てられた時間枠は、この程度だったように記憶しています。ーーー A.C.

ーーーーー

安価でノーエミッションの電力を供給しようとする、100社 ほどのスタータップがシリコンバレーにはいる。 その中で、この Bloom Energy は、とてもコンパクトで扱いやすく、ラップトップやセルフォンなどにも使えると思える燃料電池を開発している。 この種のテクノロジーは秘密にされるのが一般だが、同社の K.R. Sridhar が取材に応じてくれた。

そして、このビデオに映っている、10cm 四方のボックスで、欧州における家庭の電力需要を充たし、2つを合わせればアメリカの家庭にも対応できるという。 このテクノロジーは、NASA の火星探索の際に K.R. Sridhar により開発されたものであり、フィルムの両側から、酸素とガスを供給することで、電力は発生するが、燃焼を必要とするわけではない。

NetScape、Amazon、Google を立ち上げてきた VC は、クリーン・エネルギーを開発するスタートアップに注目が集まっているという。 そして、その大半が太陽光パネルなどに取り組んでいるが、Bloom は違う。

粉状にすり潰した浜辺の砂をセラミックで固めたフィルムの両側に、特殊なインクを塗布することで、また、その両サイドに酸素とガスを供給することで、この薄いフィルムが電力を発電する。 そして、これらのフィルムを積み重ねたものが、前述の10cm四方のボックスとなる。

たとえば、既存の電力会社との競合にならないかという問に対して、前述の VC は次のように答えている。 『 電子力発電所の設備を GE から購入するように、電力会社は Bloom から、このボックスを購入するようになる 』

すでに、Bloom は 20社以上の顧客を持っており、企業向けに開発された大型ユニットを、$700,000 ~ $800,000 で販売している。 Fedex の場合には、Bloom 利用によりコストを 20% ほど低減し、さらに、クリーン・エネルギーに関する、30% の補助を受けている。 つまり、全体で 50% のコストを低減している。

最初のユーザーは Google であり、18ヶ月前(2008年の夏ころ)から、そのデータセンターで利用している。 また、eBay もサンノゼのオフィスで利用している。そして、約 9ヶ月の使用により $100,000 の電気料金を節約したが、屋上一面に敷き詰めた太陽光パネルの、約5倍の電力を Bloom が発電しているという。

同社の見込みは明るく、また、パウエル前国務長官も 2009年から Bloom の経営陣に参加している。 また、5年~10年後には家庭用も供給する予定であり、この価格は一戸あたり $20,000 以下になるという。

ーーーーー

日本のメディアが、まったく無関心だったのが不思議でしたが、もう一度 ビデオを見なおして、その思いをさらに強くしました。 ーーー __AC Stamp 2

%d bloggers like this: