Agile Cat — in the cloud

モバイル・ベンダー 2013 総決算 10億台:グローバル 出荷数 Top-5 は?

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on February 9, 2014

Global Smartphone Shipments
http://wp.me/pwo1E-7bm

The Economist – Feb. 1, 2014
http://www.businessinsider.com/global-smartphone-shipments-2014-2

_ Business Insider

Last year the number of smartphones shipped worldwide passed 1 billion for the first time, according to IDC, a research firm. In 2010 the four leading smartphone vendors, Nokia, Research In Motion (now BlackBerry), Apple and Samsung, represented four different operating systems.

調査会社である IDC によると、昨年のスマートフォン出荷数が、ワールドワイドにおいて初めて 1 Billion を上回った。2010年の段階では、それぞれのオペレーティング・システムを擁する、Nokia/RIM(BlackBerry)/Apple/Samsung の 4社が、スマートフォン·ベンダーの世界をリードしていた。

The Economist

Nokia has since not only forgone its own operating system but sold its mobile-phones unit to Microsoft. BlackBerry is no longer among the leading makers. Samsung (the biggest supplier of phones using Google’s Android operating system) and Apple are both thriving, despite disappointing results in the most recent quarter. But the fastest growth is now in cheaper Android phones, notably in China and India.

その後だが、Nokia に関しては、独自のオペレーティング・システムを諦めただけではなく、そのモバイル・デバイス部門を Microsoft に売却している。また、Blackberry は、もはやリーディング・カンパニーとは呼べない状況に陥っている。 Samsung(Google の Android OS を採用する最大のスマホ・サプライヤー)と Apple は、ともに好調を維持しているが、直近の四半期では不本意な結果をもたらしている。そして、いま現在、最も成長しているのは、安価な Android フォンであり、その中でも中国とインドが突出している。

Click here to subscribe to The Economist

ーーーーー

TAG indexついに、10億台ですか。。。 この数字は、昨年の12月にも IDC が予測していたものですが、そこに Q4 もしくは 12月のデータが加えられ、確定したのだろうと思われます。また、昨年 7月にポストした 「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳には、四半期あたりの iOS/Android のち出荷数が、2億台ほどだと記されていたのですが、そうなると、すでに3億台レベルにまで上がっている計算となります。つまり、1億台/月というペースで、モバイル・デバイスは出荷されているのです。 スゴイ!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Facebook のアクティブ・ユーザー数が 12億人に達した
Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!

Facebook を PC から使うアナタは、すでに超少数派:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on January 24, 2014

Facebook Usage By Platform
http://wp.me/pwo1E-78Y

Jay Yarow – Jan. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-usage-by-platform-2014-1

_ Business Insider

Analyst Benedict Evans tweeted this chart about the most popular platforms for Facebook users. His take away: Look at how few Facebook users are "never" mobile.

アナリストである Benedict Evans が、Facebook ユーザーにとって、最も一般的なプラットフォームについて、以下のチャートをツイートした。彼の視点は、モバイルではない Facebook ユーザーが、いかに少ないかに注目せよというものだ。

_  space

Business Insider

ーーーーー

TAG index自宅の Mac に、ほぼ、張り付きっぱなしの Agile_Cat は、世界における 8% を構成する、超少数派の1人だったというわけですね。 Feature Phone が 27% もいるので、調査の対象はワールドワードのはずだと思います。 Facebook の場合は、中国ではシャットアウトされていて、インドもこれからだと思うので、やはり東南アジアや南アメリカが多いのでしょうね。そして、当然の事とはいえ、あらためて見せつけられるのは、Android の強さです。image

ーーーーー

<関連>

Facebook for Android ネイティブが来たよぉ~~~ iOS 版もアップデート!
Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS
スマホ で Facebook : その使い方を、1枚のチャートで分析する
Facebook Messenger for Android に ステッカー機能 がついたよ!
Facebook がトップの国々:世界 137カ国中 127カ国を数える
Amazon と Facebook は、無意識のうちに Android エバンジェリストになってる!
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
Line のユーザー数が、ワールド・ワイドで1億6千万人を超えた – from Indonesia
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!

世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by Agile Cat on January 11, 2014

More Than Seven Out Of Ten Smartphones In People’s Hands Globally Are Android Devices
http://wp.me/pwo1E-764

Nov 29,2013 -
John Heggestuen
http://www.businessinsider.com/androids-dominance-on-smartphones-2013-11

_ Business Insider

For the first time, BI Intelligence has estimated the total global installed base of smartphones, broken out by operating system.

BI Intelligence としては初めてのことだが、グローバルにおけるスマートフォンのインストール・ベース推定値を、オペレーティング・システムごとに算出してみた。

Installed base data refers to devices actually in people’s hands at the time, in contrast to many market share numbers that look at how many new smartphones sold in a given quarter ran operating systems like Google’s Android or Apple’s iOS.

インストール・ベースのデータとは、実際に人々が手にしたデバイス数の累計であり、特定の四半期におけるスマートフォンの販売台数を参照する、マーケット・シェアの比率とは対照的なかたちで、たとえば Google の Android や、Apple の iOS といった、そこで利用されているオペレーティング・システムなどを調べるものである。

Our analysis shows that out of the world’s 1.5 billion currently active smartphones:

私たちの分析によると、いま現在において、15 億台のスマートフォンがグローバルで使用されている:

  • Android has the largest share: 72%, up from 55% during the same period last year. Android is currently on about 80% of smartphones sold globally every quarter, so its share of active smartphones is likely to increase.
  • iOS comes in second with an 18% share of installed smartphones, down from 19%.
  • The also-rans are way behind. BlackBerry’s operating system share shrank to 4%, dropping from 9% a year ago. Windows Phone gained less than a percentage point of share climbing from 2.6% to 2.9% quarter-over-quarter.
  • Android のシェアが最大であり、昨年同期の 55% から、今年は 72% にまで成長している。フローバル市場における毎四半期のデータによると、Android のシェアは 80% に達しており、また、アクティブなスマートフォンの比率も上昇しているようだ。
  • インストール・ベースの二番手は iOS であり、昨年の 19% から、今年の 18% へと、その比率を下げている。
  • それに続くのが。BlackBerry OS であるが、その比率は 4% であり、昨年の 9% から大きく下げている。また、Windows Phone は、直近の四半期比較において、2.6% から 2.9% へと、若干の伸びを示している。

_  space

BII

The foundation for our installed base estimate is based on our earlier work on smartphone shipments and adjusted for a two-year average upgrade cycle.

このインストール・ベース推定の基本となるのは、私たちが進めてきたスマートフォン出荷数に関する調査であり、2年間にわたりアップデートしてきたものである。

The data shows that despite the popularity of Apple devices in the U.S., Android has all but won the global platform war. A huge factor in Android’s dominance is the success of the platform in emerging markets like China and India, where inexpensive devices are favored.

一連のデータは、アメリカにおける Apple デバイスの優位性を示しているが、グローバル・マーケットになると、Android が圧倒的に強い。 安価バイスが求められる China や India といった途上国市場で、大きな支持を得ていることが、Android の成功の要因である。

Android, iOS and Windows were the only major operating systems for which the number of active devices increased quarter-over-quarter.

なお、直近の四半期比較で、そのアクティブ・デバイス数を伸ばしているのは、Android と iOS と Windows のみである。

ーーーーー

TAG indexAndroid のシェアについては、これまでに「Android ヒストリー 写真集 : 世界の 80% を飲み込むパワーを探る」と「Android が 80% のシェアに到達 : 2013 Q2 世界のスマホ・マーケット」というポストで、IDC による分析をお伝えしてきましたが、今回は、BI 自身の分析ということなのでしょうね。それぞれの分析結果の間には、若干の相違点もみられますが、大まかなところでは一致していますので、相互に信憑性を補完しているとも言えるでしょう。それにしても、凄まじい勢いですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2013年は 10億台超の スマホが販売され、前年比で 40% 増となる!
PC から Tablet へ向けた急激なシフト : それを示す1枚のチャート
9億の Android に、480億の Google Play : 脅威の I/O 発表
Google と Android の売上 : 2017年 には 7000 億円に至る!
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測

Apple と Samsung 以外は、すべて赤字のスマホ・ビジネス : それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on November 23, 2013

Apple And Samsung Take 109% Of The Smartphone Industry’s Profits While Everyone Else Loses Money
http://wp.me/pwo1E-6VV
Jay Yarow Nov. 14, 2013
http://www.businessinsider.com/apple-and-samsung-take-109-of-the-smartphone-industries-profits-2013-11

_ Business Insider

There are only two companies making money selling smart phones — Apple and Samsung. Every one else is losing money.

スマートフォンのビジネスが盛んだが、そこで販売で利益を得ている企業となると、Apple と Samsung だけに絞られるという現実がある。つまり、その他のスマートフォン・マニファクチャたちは、赤字を計上しているのである。

_  space

_  space

This leads to Apple and Samsung collecting an astounding 109% of the industry’s profits, according to Canaccord Genuity analyst Michael Walkley.

Canaccord Genuity のアナリストである によると、Apple と Samsung が、この業界における驚異的な利益として、シェア 109% を積み上げているという結論に至る。

ーーーーー

research_55Blackberry と Nokia の凋落。 Moto X が広まらない Motorola と、One が当たっても黒字化しない HTC という感じですね。 ただ、この調査には、Xiaomi などが含まれていません。その意味で、Apple と Samsung という双璧に挑んでいくのは、中国マニュファクチャたちになるのでしょうか? それにしても、驚くべき利益の偏りです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPad 用のステキな Office : Microsoft でなく HopTo からリリース!
Mobile の調査 : 無償アプリが支配する モバイルの市場
Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す
米国防省も モバイル・アップ・ストアと MDM で、新たな情報化に取り組む!
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る

Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Samsung by Agile Cat on November 5, 2013

It’s Apple/Microsoft/Blackberry/Sony Vs. Google/Samsung/Huawei In The Latest Tech Patent Mega Battle
http://wp.me/pwo1E-6RY
Dan Levine, Reuters – Nov. 1, 2013
http://www.businessinsider.com/its-applemicrosoftblackberrysony-vs-googlesamsunghuawei-in-the-latest-tech-patent-mega-battle-2013-11

_ Business Insider

SAN FRANCISCO (Reuters) – The group that owns thousands of former Nortel patents filed a barrage of patent lawsuits on Thursday against cell phone manufacturers including Google, the company it outbid in the Nortel bankruptcy auction.

SAN FRANCISCO (Reuters) – 木曜日(10/31)のことだが、旧 Nortel から数千の特許を取得したグループが、いくつかの携帯電話マニファクチャに対して集中砲火を浴びせるべく、訴訟を提起した。そのターゲットには、破産した Nortel に関するオープションで、高値をつけていた Google も含まれる。

Rockstar, the consortium that bought the Nortel patents for $4.5 billion, sued Samsung Electronics Co Ltd, HTC Corp, Huawei and four other companies for patent infringement in U.S. District Court in Texas. Rockstar is jointly owned by Apple, Microsoft, Blackberry, Ericsson and Sony.

Nortel の特許を $4.5 billion で買収した、この Rockstar というコンソーシアムは、Texas の連邦地方裁判所において、Samsung Electronics Co Ltd/HTC Corp/Huawei や、その他の 4社を、特許侵害で提訴する。なお、この Rockstar は、Apple/Microsoft/Blackberry/Ericsson/Sony により所有されている。

REUTERS/Robert Galbraith

Google is accused of infringing seven patents. The patents cover technology that helps match Internet search terms with relevant advertising, the lawsuit said, which is the core of Google’s search business.

Google は、7件の特許を侵害として非難されている。そして、そこで主張されるのは、インターネット検索用語と、関連する広告のマッチングを促進するテクノロジーを、カバーする特許の存在である。つまり、Google における検索ビジネスの、コアを指し示すものとなる。

A Google spokesman declined to comment. Representatives for Samsung, Huawei, HTC and Rockstar could not immediately be reached.

Google のスポークスマンは、コメントを控えている。 Sumsung および、Huawei、HTC、そして Rockstar の代表者に対してもコンタクトを試みたが、上手くいっていない。

Samsung, Huawei and HTC all manufacture phones that operate on Google’s Android operating system, which competes fiercely with Apple and Microsoft mobile products.

Samsung/Huawei/HTC といったマニュファクチャのスマートフォンは、Android オペレーティング・システム上で動作しており、また、Apple と Microsoft のモバイル・プロダクトと激しく競合している。

In 2011 Google placed an initial $900 million bid for Nortel’s patents. Google increased its bid several times, ultimately offering as much as $4.4 billion. After losing out to Rockstar on the Nortel patents, Google went on to acquire Motorola Mobility for $12.5 billion, a deal driven partly by Motorola’s library of patents.

2011年のことだが、Nortel の特許に対して、$900 million という初値をつけたのは Google であった。その後も、Google は何度か入札を繰り返し、最終的には $4.4 billion まで値を釣り上げた。 Nortel の特許に関して、Rockstar に負けた Google だが、Motorola Mobility を $12.5 billion で買収することになった。 この買収劇には、Motorola の特許ライブラリを取得するという目論見も含まれていた。

"Despite losing in its attempt to acquire the patents-in-suit at auction, Google has infringed and continues to infringe," the lawsuit said. Rockstar is seeking increased damages against Google, as it claims Google’s patent infringement is willful, according to the complaint.

「 あのときのオークションで、特許のセットを買収するという試みに失敗したにもかかわらず、Google は特許を侵害し、止めようとしない」と、Rockstar は述べている。 そして、Google が故意に特許を侵害していると、その訴状が主張しているように、Rockstar は Google に対する、損害賠償の増額を求めている。

The Google case in U.S. District Court, Eastern District of Texas is Rockstar Consortium US LP and Netstar Technologies LLC vs. Google, 13-893. (Reporting by Dan Levine; editing by Andrew Hay and Leslie Adler)

ーーーーー

imageこの裁判に至るまでには、複雑な経緯がありました。 まず、文中にもあるように、 Google が Nortel の知財買収に動き始めました『 Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する 』ー それと同時に、Android マニファクチャに対する訴訟圧力が高まりました『Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?』ー 何度も入札が繰り返され、Rockstar が買収に成功しました 『Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認』 ー Google が、その知財も含めて Motorola を買収しました 『Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 』ー Android の Java をめぐる係争で、事実上 Oracle が敗訴しました 『 Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは? 』。 以上で、Agile_Cat 的には、この件は終わったと捉えていましたが、 今度は Google が攻勢にでました 『クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生』。 そして、今回の裁判へとつながるのですが、どのような結果が出るのか、興味シンシンです。 それと、1つ気になるのは、Rockstar から見たターゲットとして、Amazon Kindle Fire が漏れている点です。 周知の通り、Kindle Fire は Android フォークですが、それを訴訟の対象に含めることが、Rockstar 側にとって有利に働かないという事情があるのでしょうか? __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android 特許 関連 ポスト、15 本のマトメを作りました
Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を受け取る?
HTC – 友人としての Microsoft と、商売としての Android
Microsoft は昔ながらの特許訴訟をちらつかせ、Android 陣営を脅すのか?
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Motorola が Apple に勝った – ドイツでの特許係争
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?

 

Apple が Google を攻める 米国スマホ市場 : それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on October 11, 2013

CHART OF THE DAY: Apple Is Taking Share From Google In The US Smartphone Market
http://wp.me/pwo1E-6LO

Jay Yarow – Oct. 8, 2013
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-apple-is-taking-share-from-google-in-the-us-smartphone-market-2013-10

_ Business Insider

Apple is taking smartphone share away from Android in the US according to the latest comScore data picked up at BI Intelligence.

BI Intelligence が紹介する、最新の comScore データによると、アメリカのスマートフォン市場においては、Apple が Android からシェアを奪っているようだ。

For the three month period ending in August, the iPhone controlled 40.7% of the US market, up 1.5% from the previous period. Android was at 51.6% of the market, a .8% drop from the previous period.

今年の 6月~8月の 3ヶ月間において、iPhone は 1.5% 程の伸びを示し、アメリカ市場の 40.7% を制している。 その一方で、Android は 0.8% の低下となり、そのマーケット・シェアは 51.6% となる。

These obviously aren’t massive swings for either platform. But, for Apple, this is good news. These gains happened before it released the iPhone 5S and iPhone 5C. Even when Apple’s product is getting old, consumers are still buying it versus newer Android phones.

ただし、双方のプラットフォームにとって、大きな変化ではないことは明らかである。 とは言え、Apple には朗報となる。そして、注目すべきは、この変化が iPhone 5S/5C のリリース前に起っている点である。つまり、Apple プロダクツが旧式になっても、人々は新しい Android フォンではなく、依然として iPhone を購入し続けるのである。

The US is a unique market where Apple competes on price against Android. Globally, the iPhone is getting crushed. This is still encouraging for Apple, because it shows that if it wants to compete on price with Android, it can take share.

Apple にとってのアメリカは、Android に対して価格で張り合うことが可能という、ユニークな市場である。そして、グローバルで見ると、iPhone のシェアは侵食されつつある。つまり、グローバルでも Android と価格で争えるなら、Apple はシェアを奪い取ることができるという、ある種の逆説的な証明がなされているのである。

ーーーーー

TAG index先進国における iPhone の強さと、途上国における Android の強さという、それぞれの持ち味が反映した結果になっているように思えます。 この両極が構成する図式の中に、他者が割り込む余地はなく、また、第三極が成功するなら、iPhone も Android も持ち得ない、「何か」を手にするという、必要性が生じてくるのでしょう。その意味で、Microsoft も Blackberry も苦戦していますね。 そして、Firefox OSUbuntu などは、どのように戦っていくのでしょう。 どこが抜け出てくるのか? とても楽しみな展開ですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/9月
iPad のビジネスは大丈夫なのか? : それを示す1枚のチャート
Nokia 以降の Windows Phone のシェア : それを示す1枚のチャート
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
Amazon のモバイル・ビジネス : その潜在能力を分析する

 

iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート

Posted in .Selected, Businesses, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on September 30, 2013

iPhone, Nokia & Blackberry: one chart that tells a story of divergent fortunes
http://wp.me/pwo1E-6I4
By
Om Malik – SEP. 26, 2013
http://gigaom.com/2013/09/26/iphone-nokia-blackberry-one-chart-that-tells-a-story-of-divergent-fortunes/

_ Gigaom

In 2007, when the iPhone launched, some of us believed that it was going to change the phone business forever. Nokia and RIM Blackberry obviously dismissed it as a joke. They focused too much on the “phone” and not on the “i,” which was a metaphor for easy internet access in our pockets.

iPhone が登場した 2007年のことだが、何人かの人々は、それによりモバイル・フォン・ビジネスが、永続的に変化し続けるようになると信じていた。 しかし、Nokia と BlackBerry(当時の RIM)は、明らかに一笑に付していた。 彼らは、" phone ” だけに集中し過ぎるあまり、" i " について大変な見落としをしていたのだ。 つまり、それこそが、上着のポケットから簡単に取り出し、インターネットにアクセスするためのメタファーだったのだ。

___space


Graphic by Rani Molla

Nokia’s market cap on the day of the iPhone launch was $114.5 billion and markets valued Blackberry at $40.09 billion. This year Nokia’s devices business was sold to Microsoft for $7.2 billion. Blackberry is going private for mere $4.7 billion. That is $134 billion in market cap that went poof.

iPhone がローンチされた当日、Nokia の時価総額は $114.5 billion であり、Blackberry は  $40.09 billion だった。そして、今年、Nokia のデバイス事業は、$7.2 billion で Microsoftに売却された。また、Blackberry は、$4.7 billion のプライベートになろうとしている。 つまり、全体で $134 billion 分の時価総額が、このマーケットから消え去ってしまったのだ。

ーーーーー

image131こうしてチャートにしてみると、Nokia も Blackberry も、すでに晩年を迎えているのだなぁと感じてしまいます。 その一方で、中国からは Xiaomi のような、イキの良いスタートアップが登場し、新たなエコシステムを動かし始めています。 また、以下の China Mobile に関する記事には、そのサブスクライバーが 7億人だと記されています。そう考えると、Apple や Google に挑んでいくのは、Finland や Canada の企業ではなく、China の企業なのだという考えが、頭から離れなくなってしまいます。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPhone 5S/5C の週末 : ワールドワイドで 900万台を販売
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
Nokia 以降の Windows Phone のシェア : それを示す1枚のチャート
Microsoft と Nokia : 唯一の選択肢だった買収、そして浮上する税金の問題
BlackBerry のエンタープライズ・サービスが、iOS と Android を取り込む : 狙いは BYOD ?

全米 モバイル・ペイメント選手権 : なんと Starbucks がトップを快走中!

Posted in Businesses, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 11, 2013

For mobile payments, women use Starbucks app, college kids use Venmo (chart)
http://wp.me/pwo1E-6tR
By Erica Ogg – Aug 6, 2013
http://gigaom.com/2013/08/06/for-mobile-payments-women-use-starbucks-app-college-kids-use-venmo-chart/

_ Gigaom

Summary: Paying with a phone has a long way to go with mobile users. Onavo Insights shared some data it gathered from users of its app over the past year to give a picture of how the biggest mobile payment apps are doing.

Summary: フォンを用いた支払いは、モバイル・ユーザーを伴う、長い道のりを有している。 Onavo Insights は、この1年でモバイル・アプリ・ユーザーたちから集められた、いくつかのデータを共有することで、大規模モバイル・ペイメント・アプリの実態を、俯瞰するための視点を提供している。

There are hundreds of millions of smartphones in the U.S. but just a small portion use apps to pay for things. That’s despite the efforts of web payment giants like PayPal and the ubiquitous Google, who both operate mobile payment platforms that are still looking for better adoption.

アメリカ市場には数億台のスマートフォンが出回っているが、なんらかの支払いを行うアプリの使用率は、きわめて低いレベルに留まっている。つまり、ペイメント・ジャイアント PayPal や、ユビキタス Google などの取り組みにもかかわらず、それらのモバイル・ペイメント・プラットフォームでさえも、より良い採用先を探しているという状況にある。

Onavo Insights gathered data about payment app use in the U.S. from several million iOS and Android users of the company’s mobile data utility apps. The company shared with us what it found out about how mobile payments apps and platforms have grown in the U.S. over the last year. It’s not a complete picture, but it gives a sense of how these apps are faring among smartphone users.

Onavo Insights は、同社のモバイル・データ・ユーティリティ・アプリを用いて、アメリカ国内における数百万人の iOS/Android ユーザーから、ペイメント・アプリの使用状況に関するデータを集めた。そして、アメリカにおけるモバイル・ペイメントのアプリとプラットフォームが、この 1年を通じて成長してきた様子を、私たちと共有してくれた。それは、全体像を示すものではないが、スマートフォン・ユーザーたちに囲まれながら、それらのペイメント・アプリが健闘しているという感覚をもたらす。

Here is the reach of what Onavo found to be the most-used mobile payments apps in use in the U.S.:

アメリカで最も使用されている、モバイル・ペイメント・アプリを明らかにするために、Onavo が調べあげた Platform Reach データは以下のとおりである:

And here are their retention rates among the people who’ve tried them:

それらのプラットフォームを使用したユーザーの、Retention Rate(リピート率)は、以下のとおりである:

Things to note:

  • Starbucks is the clear winner. But its app is not only used for payments — it is used to download free songs and apps, find stores and see menus as well.
  • Still, people are spending money in the app — of the $500 million spent through mobile apps last year in the U.S., the “vast majority” was through Starbucks mobile cards, according to earlier data shared by Berg Insights.
  • Venmo may have a small audience, but it’s growing (doubled use in June) and the audience is showing loyalty. And that audience is mostly young people, according to Onavo. It stands out from other payment apps, like Starbucks and PayPal, which are most popular among users between 25 and 34.
  • Mobile payment use is higher among men for all the apps listed, except for Starbucks, where women make up 54 percent of users. Square Wallet has the lowest ratio of female users at 21 percent.
  • The biggest carrier-advocated mobile payments platform has yet to launch nationwide: Isis will start rolling out to all U.S. locations later this year and be available on multiple mobile platforms, including iOS, Android, Blackberry and Windows Phone. That will be one to watch.
  • Starbucks が勝者なのは、明らかである。しかし、そのアプリは、支払いだけに使用されるわけではない。 つまり、それらのアプリは、ミュージックやアプリのフリー・ダウンロードや、ストアやメニューの検索にも使用される。
  • それでも人々は、アプリ内での決済を利用しており、昨年のアメリカではモバイル・アプリを介して、$500 million の支払いが行われている。 Berg Insights が提供した以前のデータによると、大多数が Starbucks のモバイル・カードを介して決済されている。
  • Venmo の規模は小さいが、その成長は目覚ましく(6月は倍増用)、観客もロイヤリティを示している。Onavoによると、その顧客は、主として若年層(25歳~34歳)により構成される。それは、Starbucks や PayPal といった、他のペイメント・アプリと一線を画す特質となっている。
  • モバイル・ペイメントの利用者は、女性が 54% を占める Starbucks を除き、すべてのリストされたアプリにおいて、男性の利用率が高くなっている。 なお、Square Wallet における 21% という値が、女性ユーザーにおける最低の比率となっている。
  • キャリアが推奨する大手モバイル・ペイメント・プラットフォームは、全米規模で立ち上がるには、まだ、至っていない。それが Isis であるが、今年の後半には全米というロケーションで展開され、iOS/Android/Blackberry/Windows Phone といった、複数のモバイル・プラットフォーム上で利用できるようになる。どのようになるのか、見ものである。

Related research

ーーーーー

weekend2この記事を見つけたときは、我が目を疑うという感覚に陥りました。 普通に考えて、実績のある PayPal がトップで、それを Google Wallet や、新興の Square Wallet が追うという展開だと思っていましたが、ここまで Starbucks が強いとは、ほんとうに驚きです。実は、チャートの説明にある、Platform Reach と、Platform Retention の意味がよく分からないのですが、おそらく、「一度は使った」と「何度も使っている」だと想像しています。 まぁ、いずれにしても、Starbucks が素晴らしいポジションを確保していることに、間違いはありません。image97

ーーーーー

<関連>

モバイル決済が 爆発的に伸びている : Thanks Giving Day 2012
iOS/Android デバイスでカード決済 : Bank of America
Google Wallet は、クレジット・カードも提供する?
Google と PayPal の オサイフ携帯レースが、海の向こうで始まったようだが
Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

 

%d bloggers like this: