Agile Cat — in the cloud

Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Posted in .Selected, Facebook, Microsoft, Open Compute by Agile Cat on January 28, 2014

Microsoft joins Facebook-founded Open Compute Project, touts its ‘unprecedented’ contributions
http://wp.me/pwo1E-79A

By Kaylene Hong, jan 28, 2014
http://thenextweb.com/microsoft/2014/01/28/microsoft-joins-facebook-founded-open-compute-project-touts-its-unprecedented-contributions/

_TNW

The fifth summit of the Open Compute Project is happening on Tuesday, and Microsoft has revealed that it is the latest member to join the group, a Facebook-founded initiative that sees the company and its partners commit to developing and sharing designs for data center infrastructure.

Open Compute Project5回目のサミットが、この火曜日(1/28)に開催されるが、このグループに参加する、最も新しいメンバーの中に、Microsoft がいることが明らかになってきた。つまり、同社とパートナーたちが、データセンター・インフラストラクチャに関する成果やデザインを、この Facebook が設立/主導するイニシアチブと、共有していくことをコミットするわけだ。

Bill Laing, Microsoft’s corporate vice president for cloud and enterprise, says in a blog post that Microsoft will contribute what it calls its “cloud server specification” to OCP — referring to the designs for server hardware in Microsoft data centers that are being deployed for its largest global cloud services including Windows Azure, Bing, and Office 365.

Microsoft の Corporate VP for Cloud and Enterprise である Bill Laing は、「 Microsoft は、同社における Cloud Server Specification と呼ばれるものを、OCP にコントリビュートする」と、自身のブログ・ポストで述べている。 つまり、それは、Miicrosoft のデータセンターにおける、サーバー・ハードウェアのデザインを指し示すものであり、Windows Azure および、Bing、Office 365 などの、世界でも最大級のクラウド·サービスをディプロイするためのハードウェアが含まれる。

Microsoft says these servers are built to deal with the “enormous availability, scalability and efficiency requirements” of Windows Azure, its cloud platform. It says that compared to traditional enterprise server designs, the data center servers it has built to deliver its cloud services bring “up to 40 percent server cost savings, 15 percent power efficiency gains and 50 percent reduction in deployment and service times.”

Microsoft の発言によると、それらのサーバーは、同社のクラウド·プラットフォームである Windows Azure の、 「 きわめて大規模な環境における可用性/拡張性/効率性の要件」に対応するために構築されたものとなる。そして、従来からのエンタープライズ・サーバーのデザインと比較して、クラウド・サービスのために構築されたデータセンター・サーバー」は、最大で 40% のサーバー・コストの削減をもたらし、15% の電力効率の向上を達成し、さらには、デプロイメントとサービスに費やされる時間を 50% も削減するという。

Laing notes that Microsoft is the only other cloud service provider, other than Facebook, to publicly release its server specifications, and says the depth of information it is sharing with OCP is “unprecedented.”

Laing は Microsoft の取り組みについて、Facebook 以外のクラウド·サービス·プロバイダーとして、サーバーの仕様を公開していく唯一の存在であり、OCP と共有される情報は、「これまでにない、奥行き持つものになる」と指定している。

To show its commitment, Microsoft Open Technologies is also open sourcing the software code it created for the management of hardware operations including server diagnostics, power supply and fan control. The code is available on GitHub from today onwards.

このコミットメントを示すために、Microsoft Open Technologies も、ハードウェア運用におけるマネージメントのために作成された、ソフトウェア·コードをオープン・ソースにしている。それらは、サーバーの診断や、パワー・サプライ、ファン・コントロールを含むものである、今日から GitHub で提供されている。

“The Microsoft cloud server specification for OCP will help drive hardware innovation for cloud computing, which strengthens the Cloud OS vision to give customers a consistent platform for better IT efficiency and economics,” Laing says.

そして Laing は、「 OCP にコントリビュートされる Microsoft のクラウド・サーバー仕様は、クラウド・コンピューティングのためのハードウェア・イノベーションを促進するものになる。それは、顧客に提供される、Cloud OS のビジョンを強化するものとなり、より優れた IT のために、効率性と経済性を考慮した、一貫性のあるプラットフォームを実現していく」と述べている。

Headline image via Eric Piermont/AFP/Getty Images

ーーーーー

TAG indexアメリカ時間の 1月28日に開催される、OCP Summit に参加するため、San Jose に来ています。いまは、夜中の3時ですが、時差で眠れないので、OCP 関連の情報を探していたら、こんなニュースが提供されていました。 昨日には、登録を済ませてきたので、イベントのスケジュールも受け取って入るのですが(クリックで拡大)、詳細は明日にならないと分からないそうです。それにしても、Microsoft も OCP に参加するというのは、とても良いニュースですね。おそらく、9時から始まるキーノートで紹介されるのだと予測していますが、どんな話が出てくるのか、それが楽しみで、ワクワクしています。image

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Linaro が OCP に参加 : Linux on ARM in DC が加速していく!
OCP オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Microsoft は、依然として Bing を諦めないようだ

Posted in Businesses, Microsoft by Agile Cat on September 17, 2013

Microsoft reportedly still refuses to give up on Bing
http://wp.me/pwo1E-6Ds
Brad Reed – Sep 3, 2013
http://bgr.com/2013/09/03/microsoft-bing-future-plans/

_ BGR

There have been few bigger money pits for Microsoft over the last several years than its attempts to compete with Google in the online search realm through Bing.

Bing により、オンライン・サーチの領土で Google に対抗しようとする試みにおいて、Microsoft は この数年間で莫大なキャッシュを失っている。

Although Bing’s search market share has slowly been eating away at the market shares of smaller search engines, it still hasn’t put a dent in Google’s dominant share of the search market. What’s more, maintaining Bing has been extremely expensive for Microsoft and its Online Services Division has lost around $11 billion since 2005.

たしかに、Bing のマーケット・シェアは、小規模なサーチ・エンジンのシェアを侵食してきたが、このマーケットにおける Google の圧倒的なシェアに傷ひとつ付けていない。その上、Bing を維持することは、Microsoft に対して多額の支出をもたらし、また、Online Services Division は 2005年以来、$11 billion を失ってきたという現実が伴う。

Despite all this, Microsoft is apparently refusing to give up on its search engine. AllThingsD’s Kara Swisher says that all of Microsoft’s board members, including recently appointed activist shareholder firm ValueAct, think that Bing is critical to the company’s future in online revenues. This doesn’t mean that Microsoft will hold onto all its online properties, however, as Swisher thinks that its MSN news portal could be sold off in the future to help the company cut down on its losses from online services.

こうした、一連の事象にもかかわらず、そのサーチ・エンジンに見切りをつけることを、Microsoft は明らかに拒否している。 AllThingsDKara Swisher の発言によると、株主を代表するボード・メンバーとして先日に任命された ValueAct も含めて、Microsoft の全取締役が、Bing は同社のオンライン収益にとって不可欠だと考えているようだ。 ただし、Microsoft の全オンライン資産が、将来において保持されるという話ではない。つまり、Swisher が推測するように、たとえば、同社のオンライン・サービスにおける損失を軽減するために、MSN ニュース・ポータルの売却もあり得るのだ。

ーーーーー

ms結局のところ、広告ビジネスが展開できない以上、サーチ・エンジンでのビジネス展開は難しいのだろうと思うのですが、Microsoft の考え方は違うのでしょうかね? 昨年の10月に、『 中核となる人々が離脱しても、Microsoft は アド・ビジネスに留まるのか 』という抄訳をポストしましたが、このビジネスを立ちあげられない、Microsoft の苦悩が見えてきます。 Google に対する意地で、Bing が維持されているとしたら、それは悲しい話です。 それにしても、ValueAct までもが、Bing の存続に賛成するというのは、かなりの驚きです。image

ーーーーー

<関連>

Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?
Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Steve Ballmer に対する評価 : Microsoft 社員たちの支持率をチャートで

中国の検索マーケットは $39B に成長し、2016年には $75B にいたる!

Posted in Asia, Businesses, Google, Research by Agile Cat on September 10, 2013

Check out the netizens and companies behind China’s $39 billion search engine market (INFOGRAPHIC)
http://wp.me/pwo1E-6BS
August 30, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/china-39-billion-dollar-search-engine-market-in-2013/

_ tech in asia

Now that China has 591 million web users and 460 million mobile netizens, it’s inevitable that the nation’s search engine market is a huge one as well. As shown in this infographic by Go-Globe that neatly summarizes the landscape, China’s search engine industry is effectively worth $39 billion this year, rising to an estimated $75 billion in 2016.

いまや、China には 591 million の Web ユーザー があり、460 million のモバイル・ネットワーク人口がある。 つまり、この国の検索エンジン・マーケットも、それに連れて巨大化していくもの、避けられない現実なのである。Go-Globe が、その風景をキレイにまとめた、このインフォグラフィックが示すように、China の検索エンジン業界は、今年の段階で $39 billion のビジネスを生み出し、また、2016年には $75 billion に至ると予測される。

As regular readers will know, Baidu (NASDAQ:BIDU) is China’s top search engine with just over 65 percent market share, which has been eroded in the past year by newcomer Qihoo. Google is struggling – unfairly hobbled by intermittent web blocks and throttling of its search engine and some other products – with a mere three percent share of the pie in China.

誰もが知っているように、Chinaでは Baidu がトップの検索エンジンであり、65% を上回るシェアを保持しているが、昨年においては新興の Qihoo に、そのビジネスを荒らされている。Google は、とても苦労している。 検索エンジンや他のプロダクトに対する、間欠的な Web ブロックと、帯域の絞込などにより、China でのシェアは、わずか 3% に過ぎない。

クリックでインフォグラフィクスが表示されます ⇒

Also look out for some interesting figures in the infographic about demographics, mobile search growth, and how China’s search engines make their money.

さぁ、China の人口に関する統計や、モバイル検索の成長、そして検索エンジンによるマネタイズなど、このインフォグラフィックで興味深い数字を参照して欲しい。

ーーーーー

TAG index以前にも、『 驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ 』という抄訳で、その状況をレポートしていますが、インフォグラフィックで見ると、さらに面白いですね。 パーセンテージでみるチャートは、それほどの違和感を感じませんが、実数を参照するチャートだと、その桁数が違うため、ちょっと見るだけではピンときません。 でも、よくよく見ると、そのスゴさに驚くはずです。 とにかく、とてつもないマーケットであることを、イヤというほど思い知らされます。image

ーーーーー

<関連>

中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

どうなる? Microsoft 改革 : Steve Ballmer の手紙を分析してみる

Posted in Dell, HP, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on July 16, 2013

This Is The Only Paragraph You Need To Read To Understand Why Steve Ballmer Changed Microsoft
http://wp.me/pwo1E-6n8

Jay Yarow – Jul. 11, 2013
http://www.businessinsider.com/why-steve-ballmer-changed-microsoft-2013-7

_ Business Insider

Steve Ballmer officially announced a sweeping change to Microsoft’s corporate structure.

Steve Ballmer は、Microsoft の企業体質を抜本的に改革していくと、オフィシャルに発表した

Getty Images/Justin Sullivan

If you want all the particulars on who is doing what at the company now, and how Microsoft is reorganized into new business groups, we have those details here.

同社において、いま進められていることを、そして、どのような事業グループに、Microsoft が再編されいくのかを、詳細まで把握したいなら、ココを参照して欲しい

Ballmer is changing Microsoft’s structure, shifting away from a number of individual business units working on projects that don’t connect to a more integrated model where overlapping groups are working together.

Ballmer が刷新する Microsoft の構造とは、プロジェクトに取り組んでいる個別のビジネス・ユニットを、より統合されたモデルにシフトしていくものであり、重複するグループがあれば、それらを取りまとめるというものでもある。

If you want to know why Ballmer is doing this, you only have to read this paragraph Ballmer wrote last year in a letter to shareholders:

なぜ Ballmer は、そうするのかという理由を知りたなら、昨年に Ballmer からステークホルダーたちに送られた手紙の、以下の段落を読むべきである

We will continue to work with a vast ecosystem of partners to deliver a broad spectrum of Windows PCs, tablets and phones. We do this because our customers want great choices and we believe there is no way one size suits over 1.3 billion Windows users around the world. There will be times when we build specific devices for specific purposes, as we have chosen to do with Xbox and the recently announced Microsoft Surface. In all our work with partners and on our own devices, we will focus relentlessly on delivering delightful, seamless experiences across hardware, software and services.

私たちは、Windows を用いた PC、Tablet、Phone という、幅広い領域をカバーするために、パートナーたちと大規模なエコシステムを構築していく。私たちが、このような戦略をとるのは、カスタマーの偉大な選択に応えるためであり、世界中の13億人の Windows ユーザーに対して、1つの方式を適用することに無理があると、確信しているからである。すでに Xbox において選択し、また、最近に発表した Microsoft Surface で実践していくように、特定の目的のための、特定のデバイスを構築する時が、私たちに訪れている。すべてパートナーとの協業において、そして、私たち自身のデバイスにおいて、ハードウェア/ソフトウェア/サービスを横断するかたちで、人々の心に響くシームレスなエクスペリエンスを提供することに、執拗なまでにフォーカスしていく。

This means as we, with our partners, develop new Windows devices we’ll build in services people want. Further, as we develop and update our consumer services, we’ll do so in ways that take full advantage of hardware advances, that complement one another and that unify all the devices people use daily. So right out of the box, a customer will get a stunning device that is connected to unique communications, productivity and entertainment services from Microsoft as well as access to great services and applications from our partners and developers around the world.

それは、新しいWindowsデバイスを開発する、私たちのパートナーと共に、人々が望むサービスを、私たちが構築していくことを意味するす。さらに言えば、私たちがコンシューマ向けのサービスを開発/更新するとき、ハードウェアのアドバンテージを最大限に活用することになる。 それらが相互に補完し合うことで、人々の日々の中で使用される、すべてのデバイスが統一されていく。したがって、素晴らしく魅力的なデバイスが、箱から取り出したばかりであっても、コミュニケーション/プロダクティビティ/エンターテイメントの領域において、Microsoft から提供されるユニークなサービスに、顧客たちは直ちに接続できるようになる。 それに加えて、世界中のパートナーデベロッパーから提供される、素晴らしいサービスやアプリケーションへのアクセスも、もちろん可能になる。

It’s a bit dense, which is Ballmer’s writing style.

こうした言葉が、びっしりと詰まっているのが Ballmer の文体である。

But, in short, what he’s trying to say is this: Microsoft has a lot of great products: Office,  Windows, Xbox, Bing, etc. We work with great hardware companies, like Lenovo, Samsung, HP, and Dell. We want Microsoft’s fantastic products to work flawlessly on our partner’s great hardware right out of the box to deliver a consumer experience that is 100X better than what Apple, or Google offer.

しかし、彼が言おうとしていることを簡潔にまとめると、以下のようになる。ーーー Microsoft は、Office/Windows/Xbox/Bing などの、素晴らしいプロダクトをたくさん持っている。私たちは、Lenovo/Samsung/HP/Dell といった、素晴らしいハードウェア・メーカーと連携している。私たちが望むのは、Microsoft の素晴らしいプロダクトが、パートナーの提供する素晴らしいハードウェアの上で、梱包を解いた途端に完ぺきに動き出すことであり、それにより、Apple や Google よりも 100倍も優れたエクスペリエンスを、コンシューマに提供することである。

ーーーーー

TAG indexう~ん、たしかに Ballmer の文体ですね。 彼の、こういうクセというか、コンサルタントのような口調は、やはり、期待している人々をガッカリさせるようです。 Agile_Cat が、最初に違和感を覚えたのは、Ray Ozzie が離脱するときのステートメントなのですが、美辞麗句を並べるだけで、サヨナラまでを言い切っています。 ちなみに、今回の Microsoft の改革については、各メディアも力を入れて解説していますが、その、どれもが、Ballmer に対して厳しい評価を下しているように思えます。以下は、ReadWrite Web および、Business Insider、GiaOM の論評からの抜粋です。

ReadWrite Web:Microsoft Tries Again To Aim All Its Guns Outside The Company
David Hamilton July 11, 2013
The new structure also clearly concentrates power with the CEO. That can be a great thing in the right hands—i.e., those of a CEO who can balance the need to keep the wheels turning while also being ready to cannibalize existing business in order to jump on a major new technology trend. Plenty of folks doubt that Ballmer is that guy. And if he’s not, his corner office could well become the next big bottleneck to innovation at Microsoft.

Business Insider:Microsoft Has An Identity Crisis
JAY YAROW JUL. 14, 2013
At the start of the letter, he says, "This company has always had a big vision — to help people realize their full potential." And later he says, "Going forward, our strategy will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most." I suppose those are mission statements, but, "empower people around the globe" just feels flat and corporate. It doesn’t have the same galvanizing force of "build the world’s best products." And for a customer, it’s not exactly easy to understand.

GiaOM:Why Microsoft’s reorganization closes the books on an era of computing
by Tom Krazit July 14, 2013
There are now 12 separate groups at Microsoft, and the descriptions of each group were populated with words only a management consultant could love, like “dotted-line report” and “cross-company looks.” But the vision was understandable: in order to become a modern technology company, Microsoft has to become a company that “… will focus on creating a family of devices and services for individuals and businesses that empower people around the globe at home, at work and on the go, for the activities they value most,” Ballmer wrote.

また、GigaOM は、Steve Jobs が言い出した Post-PC 時代という言葉を、Microsoft が認めないことは分かるが、Ballmer の長い手紙の中に PC というキーワドが 4回しか出てこず、しかも、そのうちの 3回は歴史を説明するためだと指摘しています。その一方で、Devices という言葉は 18回も出ているとし、PC パートナーたちへの配慮の欠如を匂わしています。 意図どおりの文章なのか、意図と反する結果になってしまったのか、その辺りは不明ですが。。。image

ーーーーー

<関連>

Microsoft の Steve Ballmer という、悩ましき存在
詩人になってしまった Steve Ballmer さん
Steve Ballmer さん、いまでも Apple を、小物あつかいしたいのね?
PC と Tablet を チャートで比較 : わずか 2年で、シェアが 40% も変化!
崩壊が止まらない PC 市場: 年末には Tablet が追い抜きそう

 

驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ

Posted in Asia, Businesses, Google, Research by Agile Cat on July 12, 2013

These Two Graphs Show Painful Drops for Google and Baidu in China Search Engine Market
http://wp.me/pwo1E-6mq

July 4, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/china-baidu-qihoo-google-search-market-share-war/

_ tech in asia

Now that it’s July we have market share data for China’s hard-fought search engine sector. The industry was reinvigorated last August by the entrance of Qihoo (NYSE:QIHU) (previously a web portal and software company) into the battle against Baidu (NASDAQ:BIDU) and Google (NASDAQ:GOOG). So how’s it panning out for Qihoo? Actually very well.

今年も半分が終わり、7月に入ったが、China における激戦区である、検索エンジン業界のマーケット・シェア・データを提供しようと思う。この業界では、昨年の 8月に Qihoo(QIHU NYSE:以前は Web ポータルやソフトウェアを提供)が参入したことで、Baidu(BIDU NASDAQ)と Google(NASDAQ:GOOG)に挑む戦いが繰り広げられ、再活性化が始まろうとしている。

New data (from CNZZ) for June shows that Baidu has hit an all-time low in the face of its new competitor, dropping below a psychologically important 70 percent market share in terms of search page-views. Baidu now stands at 69.37 percent share, down from 81.6 percent at the same point last year before Qihoo burst onto the scene. We’ve reached out to Baidu to comment on the latest numbers. Here’s the seething rivalry in one graph:

6月の動きを示す最新データ(from CNZZから)によると、この新しいコンペティタと直面する Baidu が、史上最低記録を更新し続けていることが分かる。そして、検索ページ・ビューの観点において心理的に重要とされる、70% のマーケット・シェアを下回ってしまった。Qihoo が登場する前の Baidu は、昨年同期に 81.6% のシェアを誇っていたが、それが 69.37% まで下がっている。私たちは、この最新の数値について、Baidu にコメントを求めているところだ。以下のグラフを見れば、新たなライバル関係が、熱を帯びていることが分かるだろう:

クリックで拡大 ⇒

Qihoo has grown from nothing to command, in less than a year, 15.26 percent of all China’s search engine page-views. That’s how it stands right now. It proves wrong those who said Qihoo would never get past the 10 percent share it quickly assailed after launch thanks to traffic driven to the new search engine by its popular PC browser that many in China use instead of Internet Explorer.

Qihoo は、わずか1年の間に、つまりゼロからのスタートにおいて、China の検索エンジン・ページ・ビューにおける 15.26% まで成長してきた。それが、まさに、今の状況である。Qihoo は、その立ち上げ後に 10% のシェアも取れないと言っていた人々が、間違っていたことを証明した。 そして、その背景にあるのは、独自に開発した PC ブラウザが、Internet Explorer の代替えとして人気を博しており、さらには、検索トラフィックを発生させるためである。

Note that those curves of Qihoo and Baidu look remarkably symmetrical.

Qihoo と Baidu の曲線が、きわめて対称的に見えることに注意して欲しい。

Google: Going, going, gone

The other battle is for third place in China. That’s one Google has lost spectacularly. (Indeed, Google was second before Qihoo came along). Google has lost a lot of share in the past year (5.54 percent down to 2.13 percent from June 2012 to June 2013) in China and is now mired in fifth place.

もう1つの戦いは、China における 3位のポジションを巡るものだ。それは、Google が見事に失ってしまったものでもある( Qihoo が登場する以前には、たしかに Google 2位だったのだ)。  China における Google は、昨年に大きくシェアを失っており(2012年6月~2013年6月で 5.54% から 2.13% へ)、いまでは 5位に陥っている。

Meanwhile, Tencent’s (HKG:0700) Soso has kind of struggled and Sohu’s (NASDAQ:SOHU) Sogou has grown slightly. Little wonder that everyone’s talking about the Sogou search division being acquired – possibly by Qihoo. Here’s the battle for third place, which seems to be unable to grow past 10 percent share:

その一方で、Tencent(HKG:0700)の Soso は苦戦し、また、Sohu(NASDAQ:SOHU)の Sogou は、わずかに成長しいるだけだ。おそらく、Qihoo により Sogou の検索部門が買収さると、人々はウワサしているはずだ。これまでにおいて、10% のシェアを達成できないと考えられてきた、3位のポジションを巡る戦いは以下のとおりである。

クリックで拡大 ⇒

Of course, as with all stats, we must keep in mind margins of error on a number of possible fronts. Perhaps Baidu is seeing a lot more searches via its native mobile search or voice assistant apps, which might not count as page-views by CNZZ. There are several other possibilities. As for Google, we know exactly how it’s losing out: it’s being unfairly partially blocked by China’s Great Firewall, making it appear to Chinese netizens that the service is slow or broken.

もちろん、すべての統計情報と同様に、これらの数値については誤りがあるかもしれないと、心に留めておく必要がある。おそらく Baidu は、独自のモバイル検索および、音声アシスタント・アプリを介して、より多くの検索を得ているが、CNZZ ではページビューとしてカウントされない可能性がある。また、その他にも、いくつかの間違いの可能性がある。 Google に関しては、負け続けている正しい理由を知っている。つまり、Google は China Great Firewal により、部分的ではあっても、不当にブロックされている。そして、China のネチズンには、サービスの応答が鈍く、また、壊れているように見えてしまうのだ。

Check out more data on CNZZ.
(Editing by Willis Wee and Enricko Lukman)

ーーーーー

TAG index中国マーケットにおける、検索サービスの詳細なシェアというものを、初めて見たように思います。 北京政府との対立の後に、Google が置かれた状況を知りたい方は、『 Google と 中国政府の予定調和を分析する - WIRED 』という抄訳を参照してください。Baidu とは異なり、Google に対しては、強大な政治的圧力が存在していることが分かりますが、それの無いロシア市場においても、Google は Yandex の後塵を拝しているようです。 新しいマーケットの、独自の発展形態を予測させる、なかなか興味深い現象ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?
中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く!
中国の モバイル eコマース : 前年比で 600% の成長を達成
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

 

Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC, Yandex by Agile Cat on March 29, 2013

In its quest to take the Google out of Android, Russia’s Yandex opens new app store
http://wp.me/pwo1E-5Rd

By
David Meyer -   Feb. 25, 2013
http://gigaom.com/2013/02/25/in-its-quest-to-take-the-google-out-of-android-russias-yandex-opens-new-app-store/

_ Gigaom

Summary: The Yandex.Store will be preinstalled on various Android devices being sold in Russia and other core Yandex markets, and offered as a whitelabel store to carriers in the rest of the world.

Summary: Yandex.Store は、Russia などを含む Yandex の主力マーケットで販売される、多様な Android デバイスにプリ・インストールされ、また、ホワイトラベル・ストレージとして世界のキャリアに提供されるていくだろう。

ーーーーー

Russia’s Yandex has finally rolled out the alternative Android store that it was talking about last year, adding a major piece to its Google-rivaling suite of services for Android-based phones. The company now offers users search, maps, mail and apps, all without a Google logo in sight.

ついに、Russia の Yandex が、代替えとしての Android Store を展開し始めた。昨年にも説明されていたように、そこには Android ベース・フォンにとって重要な、Google に匹敵するスイート・サービスが組み込まれている。すでに同社は、ユーザーに対して Search/Maps/Mail といったアプリケーションを提供しているが、それらには Google ロゴが一切見当たらない。

“We are joining the game to contribute to competition that ensures freedom of choice for the end user and other members of the market,” Alexander Zverev, head of the Yandex.Store project, said in a statement.

「 私たちが参加している、このゲームにより、エンドユーザーとマーケットのメンバーたちに選択の自由を保証する。つまり、コンペティションがコントリビュートされるのだ 」と、Yandex.Store Project のリーダーである Alexander Zverev は発言している。

Yandex is fast becoming a serious contender: its search dominance in Russia has helped it overtake Microsoft’s Bing on a global level (at least, measured by searches, rather than users) and it’s also becoming increasingly popular in the Ukraine and Turkey, where its Yandex.Store will soon open.

Yandex は、初めての、勝ち目のあるコンペティタになってきた。 Russia におけるサーチの優位性は、世界的なレベルで Microsoft の Bing を追い越している(ユーザー数というより、少なくともクエリー数で)。そして、もうじき  Yandex.Store がオープンされる Ukraine と Turkey で、その人気を高めている。

The store’s mostly free 50,000-plus apps include familiar fare such as Skype and Foursquare, but also local treats such as the VK and Odnoklassniki social networks. Users can download it for themselves, but in its core markets, the Yandex.Store will be preinstalled on Android devices from manufacturers PocketBook, texet, Wexler, Oppo, Explay and 3Q. App sales revenues are shared between Yandex and those manufacturers, and the web firm also gets to make money off mobile search, much as Google does.

そのストアには、Skype や Foursquare といった、50,000 タイトル以上の無償アプリが取り込まれているが、VK と Odnoklassnikiといった、ローカル・ソーシャル・ネットワークも提供される。 ユーザーたちは、自身で Yandex をダウンロードできるが、その主力マーケットにおける Yandex.Store は、マニファクチャである PocketBook/texet/Wexler/Oppo/Explay/3Q などの Android デバイスに、プリ・インストールされるだろう。 それらのアプリ販売に収入は、Yandex とマニファクチャの間で分配される。 そして、Google のやり方と同じように、この Web 企業はモバイル・サーチから利益を上げていくだろう。

But that’s not the end of the story – Yandex.Store is also available as a white-label product for operators around the world, from the U.S. to Germany. And in those cases, Yandex will share revenues with the carriers. One Russian operator, MegaFon, is already using a rebranded Yandex app store called GetUpps.

しかし、これで話は終わらない。 Yandex.Store はホワイトラベルとして、アメリカであろうがドイツであろうが、世界中のオペレータが利用できるものとなっている。そして、こうしたケースにおいては、キャリアと Yandex の間で、リベニュー・シェアが行われるかたちとなる。 Russia のオペレータである MegaFon は、すでに GetUpps というブランドの、Yandex App Store を使っている。

In the case of both manufacturer and carrier partners, Yandex is also offering the opportunity to add payment methods of their choice – operators could for example make their own mobile payment service the mechanism for buying these Android apps.

マニファクチャとキャリアという、2種類のパートナーに対して、Yandex はオプションとして、ペイメント機能を提供している。したがって、オペレーターであれば、自身のモバイル・ペイメントを用いて、それらの Android アプリを販売することも可能となる。

To top it off, Yandex is also offering an updated version of its 3D Yandex.Shell UI, which device manufacturers can license.

そして Yandex は、すべての仕上げとして、3D Yandex.Shell UI のアップデートされたバージョンも、デバイス・マニファクチャへのライセンスとして提供している。

This company keeps adding new ways to take the Google out of Android. And why not? It’s there for the taking, and Amazon has already done more-or-less what Yandex is doing on the Kindle Fire. If you take the view that Google is displacing the Android brand with its own, it’s a completely logical reaction on the part of any company that sees Google as a rival, not a partner.

つまり、この会社は、Android から Google を外すために、新しい方式を加え続けているのである。 そして、もちろん? それは、そうされるために、そこにある。そして、すでに Amazon は、Yandex が行おうとしていることを、多かれ少なかれ Kindle Fire で行なっているのだ。 仮に Google が、Android ブランドを自身のブランドで置き換えるにしても、パートナーではなくライバルとして Google を見る企業にとって、それも完全に論理的なリアクションなのである。

Related research

ーーーーー

TAG indexメイン・ビジネスの検索では Bing を追い抜き、また、CERN との提携を進め、Open Graph では Facebook とやり合い、今度はホワイトラベルの Google Play でキャリアと連携ですか! というわけで、かなりの大活躍というか、暴れん坊ぶりの Yandex ですが、このバイタリティとテクノロジーは、いったい何処から生まれてくるのでしょうかね? 先日は、Docomo + SingTel + Firefox OS という話もありましたし、そこに Yandex まで絡んでくると、Apple にも Google にも支配されないエコシステムも、なんとなく実現しそうで、ワクワクしてきますね。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?
Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Yandex の Wonder は、ロシアからアメリカへ向けた観測気球なのか?
Facebook が Open Graph API を遮断 : 外れてしまった Yandex の狙い

Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る

Posted in .Selected, Research, Yandex by Agile Cat on March 15, 2013

Microsoft down to fifth place in comScore’s global search stats, thanks to Yandex
http://wp.me/pwo1E-5LJ
By
David Meyer – Feb. 6, 2013
http://gigaom.com/2013/02/06/microsoft-down-to-fifth-place-in-comscores-global-search-stats-thanks-to-yandex/

_ Gigaom

photo: Corbis

Summary: Russia’s answer to Google may have a way to go if it wants to catch up with the search leader, but it’s just inched up into fourth place, knocking Microsoft and Bing down to fifth.

Summary: Russia からの Google への回答とは、Yandex にはサーチ・リーダーに追いつけるだけの、やり方が、すでに揃っていると誇示するものである。 しかし、現実を見ると、Microsoft の Bing を 5番手に突き落とし、ようやく 4番手に上がったというレベルである。

ーーーーー

It makes sense to call Yandex Russia’s answer to Google, because it’s doing all sorts of interesting things with data and in mobile. And of course, like Google, Yandex’s core business is in search.

Russia からの Google への回答という言葉に意味があるのは、データを用いることにおいて、また、モバイルの環境において、あらゆる種類の興味深いことを、同社が推進しているからである。 そして、もちろん、Google のように、Yandex のコア・ビジネスはサーチにある。

And it seems to be doing surprisingly well in that field. In fact, according to the latest comScore qSearch data covering the end of last year, Yandex has definitely now overtaken Microsoft in search, measured on a worldwide basis.

そして同社は、この不フィールドにおいて、驚くほど上手く立ち回っているように思われる。 実際に、昨年末をカバーしている、comScore qSearch の最新データによると、グローバル市場におけるサーチリクエスト数で、Yandex は Microsoft を追い越しているのだ。

That actually first showed up in November’s stats, when Yandex processed 4.62 billion search requests to Microsoft’s 4.48 billion requests, but that meant each had roughly 2.6 percent share, and with such things you want to see a continuing trend. Sure enough, in December 2012 Yandex handled 4.84 billion requests (2.8 percent share) and Microsoft 4.48 billion (2.5 percent share). It’s a trend.

その徴候が、統計データに最初に現れたのは、Microsoft の 4.48 billion に対して、Yandex が 4.62 billion のサーチ・リクエストを記録した、2012年11月のことである。 おおまかに言うと、両者とも 約2.6% のシェアとなる。 その続きを、もう少し知りたいだろう。 あなたの予想どおり、2012年12月には、Yandex 4.84 billion リクエスト(2.8%) を処理し、Microsoft は 4.48 billion リクエスト(2.5%) を処理した。 それは、何らかのトレンドである。

937402513a3d1fdb16a24016e250d876

By way of comparison, Google is still thrashing everyone else, handling 114.73 billion requests in the same month for a 65.2 percent market share. China’s Baidu is next with 14.5 billion (8.2 percent), then Yahoo with 8.63 billion (4.9 percent). Yeah, I know Bing powers Yahoo search, but we’re talking about those consciously searching through what comScore terms “Microsoft sites” here — some of that will be searches through Office and Windows Live, but most will be explicitly through Bing itself.

そして、全体を比較をするなら、同月に 114.73 billion のリクエストを処理している Google が、65.2% のシェアで他を圧倒している。 また、China の Baidu は 14.5 billion (8.2%) であり、それに続く Yahoo は 8.63 billion (4.9%) となる。 もちろん、Bing のパワーが Yahoo に供給されていることは知っているが、ここでは comScore が Microsoft Site と呼ぶものを意識しながら、検索のシェアについて話をしている。そして、その中の一部は、Office と Windows Live を介して検索されているだろうが、その大半が Bing 自身を介して検索されているのは明らかだろう。

The weird thing about the stats is the number of unique searchers — for December, Microsoft had 268.6 million of them, and Yandex just 74.4 million. Here we need to bear in mind that language is a factor. In English-speaking countries for example, people may use a variety of search engines when they’re not using Google, the clear market leader. In Russia, Yandex has more than 60 percent of the search market, and people who use it probably just use it a lot on average.

この統計値において不可解なことは、ユニークなサーチ人口であり、その 12月における Microsoft が 268.6 million であるのに対して、Yandex は 74.4 million に過ぎない点である。つまり、それぞれの言語が要因になっていることを、心に留めておく必要がある。 英語圏の国々であれば、人々は Google と使わないときに、さまざまなサーチ・エンジンを使うかもしれない。しかし Russia では、サーチ・マーケットの 60% 以上を Yandex が有しており、また、それを使う人々は常に、それだけを使う可能性が高い。

Then there’s the fact that Russia’s internet market is growing really quickly, and so is the market in Turkey – another key country for Yandex.

それに加えて、Russia のインターネット市場は、きわめて素早く成長しているという現実がある。 また、Turkey のマーケットも、Yandexにとって重要となっている。

Whatever the reasons, Microsoft is now down to fifth place in the global search stats, at least according to comScore’s data.

まぁ、comScore のデータによると、如何なる理由があるにしても、グローバルにおける Microsoft の検索シェアは、少なくとも  5番手のポジションに下がっていることになる。

Related research

ーーーーー

TAG index先日の 『 Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか? 』 に続いて、Yandex 第二弾です。 まだ、Yandex の検索は使ったことがないのですが、Google だけじゃつまらないので、なんとなく応援したくなりますね。 Yandex に関しては、まだまだ面白い話があります。 続きを、ぜひ、ご期待ください。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Facebook の Graph Search について、簡単だが説明したい : GigaOM
Google App Engine:ついに Search API が登場!
Google SSL Search のベータって、ご存知でした?
Bing は Angry Birds とタッグを組んで覇権を狙うのか
Bing API は Azure Marketplace に移行した後に有償化されるのか?

 

Marissa と Sheryl が仕掛ける、Yahoo! – Facebook アライアンスとは?

Posted in .Selected, Facebook, Post-PC, Yahoo by Agile Cat on November 19, 2012

Marissa Mayer And Sheryl Sandberg Are In Secret Talks To Make A Facebook/Yahoo Search Engine
http://wp.me/pwo1E-5cZ

Katherine Rushton, The Telegraph | Nov. 18, 2012
http://www.businessinsider.com/facebook-yahoo-talk-search-partnership-2012-11

_ Business Insider

Yahoo! are in talks about forging an alliance that could spell the end of Yahoo!’s relationship with Microsoft.

Yahoo! で協議されているアライアンスが、Microsoft とのパートナーシップを終わらせるかもしれない。  

Sources have told The Sunday Telegraph that Marissa Mayer, chief executive of Yahoo!, has held discussions with Sheryl Sandberg, Facebook’s chief operating officer, about how the two companies can work more closely together.

複数の情報筋が The Sunday Telegraph に伝えたところによると、Yahoo! の CEO である Marissa Mayer と、Facebook の COO である  Sheryl Sandberg が、両社間の関係をさらに緊密にするために話し合っているという。

The two internet giants have already collaborated together on a number of small projects, for example to share Yahoo! news on Facebook, and recently agreed to settle a number of long-standing lawsuits over patents. However, board members expect the talks to lead to much more substantial collaboration based around web-based search.

この、2つのネットワーク・ジャイアントは既に、Facebook 上での Yahoo! News のシェアといった、小さなプロジェクトでコラボレートし、最近では、長期間にわたり繰り返してきた特許に関する訴訟について、和解することに同意している。 しかし、ボード・メンバーたちは、Web ベースのサーチに関連する、さらに大掛かりなコラボレーションを実現しようと、話し合いを望んでいる。

Facebook has already said it plans to boost its web search facility, with founder Mark Zuckerberg noting that the social network is “pretty uniquely positioned to answer the questions people have”.

すでに Facebook は、Founder である Mark Zuckerberg が、『 人々の質問に答える、とてもユニークなポジション 』を、ソーシャル・ネットワークは確立したと指摘し、また、Web サーチ機能をブーストする計画についても言及している。

Forging an alliance with Yahoo! would allow the social network to take a major leap forward in search, ensuring it remains central to its users’ lives and helping to target advertising more efficiently.

Yahoo! との提携関係を作り出すことで、このソーシャル・ネットワークはサーチの世界で大きく飛躍し、ユーザーたちの日常の中心に居続け、また、そのターゲティング・アドの効率を改善していくだろう。

imageMeanwhile, Yahoo!, which started life as one the first major search engines but is now dwarfed by rival Google, would benefit from Facebook’s vast army of more than 1bn users.

その一方で、主要なサーチ・エンジンの1つとしてスタートし、ライバルである Google の影に隠されてしまった Yahoo! は、Facebook の10億人以上と言われる膨大なユーザーから、メリットを享受するだろう。

The computer codes which power search engines become more powerful as more people use them, making it tough for Yahoo! to stage a comeback without help from another, more popular organisation.

サーチ・エンジンにパワーを供給するコンピュータのコードは、より多くの人々に使用されるにつれて、さらに強化されていく。 つまり、より多くの人々を集める組織からの支援を得ずに、Yahoo! がステージにカムバックすることは、難しくなっていたのだ。

Working with Facebook would also allow Yahoo! to piggyback on the social network’s brand cachet to help it recruit top-tier computer programmers – something that has been a major problem for Yahoo! in the past two years as it has hired and fired a string of chief executives. An alliance between Facebook and Yahoo! will pose a major threat to Google and stands to reorder the hierarchy of the world’s biggest technology companies. A senior figure likened Yahoo!’s position to that of a minority party in a hung parliament, with the power to act as kingmaker by choosing another party with which to align itself.

Facebook と提携していくことで、つまり、このソーシャル・ネットワーク・ブランドへの賛辞に便乗することで、Yahoo! はトップクラスのコンピュータ・プログラマをリクルートしていけるだろう。それが、これまでの 2年間における Yahoo! の最大の問題であり、最高経営責任者を雇っては解雇するという、悪循環に陥らせてきた原因でもある。 Facebook と Yahoo! の間の提携は、Google への大きな脅迫となるでだろう。そして、この世界における大手テクノロジー企業群の階層構造を、再配置するものになる。あるベテランは、決定する能力を欠いた議会のマイナー政党だと、Yahoo! のポジションをたとえていた。つまり、ヨコ並びの政党が、交互に政権を担っていくために、キングメーカーとして振る舞うという、慣性に支配されていたわけだ。

imageSilicon Valley observers had speculated that Ms Mayer could throw Yahoo!’s lot in with Google, her former employer, but instead she and Ms Sandberg, who is also a former Google executive, are expected to use their combined might to launch a serious competitor.

シリコンバレーの観察者たちは、Ms Mayer が Google に親しい人々を、つまり以前の彼女の部下たちを、Yahoo! の一区画に取り込んできたろうと推測している。しかし、それに代えて彼女は、そして、やはり Google で役員をつとめてきた Ms Sandberg は、その統合されたパワーを用いて、シリアスなコンペティターをローンチするのだろうと予測されている。

However, Google is not the only major technology business under threat from the Facebook-Yahoo! alliance. It also throws Yahoo!’s relationship with Microsoft into doubt.

しかし、Facebook-Yahoo! アライアンスの影響を受ける、主要テクノロジー企業は Google のみではない。 それと同様に、Microsoft と Yahoo! のリレーションシップも、混沌としてくる。

The two companies signed a deal in 2009 for Microsoft’s own Bing search engine to power all of Yahoo!’s search results, leaving Yahoo! to focus on selling search advertising. Yahoo! insiders claim the alliance has been problematic, because Microsoft has not been able to attract the right “maths geeks” to mount a serious challenge to the likes of Google.

この両社は 2009年に、Yahoo! における全サーチに対して、Microsoft の Bing エンジンがパワーを供給し、Yahoo! は広告の販売にフォーカスするという、取引に署名している。 しかし、Yahoo! 内部からは、この提携に問題にあるという主張も出ている。なぜなら Microsoft は、Google が行なってきたような、重要なチャレンジを取り込むために必要な、『 数学ギーク 』を引き付けられなかったからだ。

Yahoo! is thought to be looking at ways to extricate itself from the 10-year deal but its own talent pool of expert programmers has depleted so much that it is not in a position to strike out on its own.

Yahoo! は、10年間も続いた行動パータンから脱出する方法を、見出したように思われる。 しかし、エキスパート・プログラマーという才能の蓄えは枯渇し、自身を奮い立たせるポジションにはいない。

Google dominates the market with around a 66pc share. Bing has had some effect at the edges, with just under 16pc of all searches taking place on the platform.

このマーケットにおいては、Google が約 66% のシェアを占有している。 Bing は、このプラットフォームで生じる、すべてのサーチの 16% に充たないシェアを、その周辺で有している。

A Yahoo! spokesman declined to comment.

Yahoo! のスポークスマンは、コメントを拒否している。

ーーーーー

imageなんと、まぁ! ・・・な展開です。 もちろん、確定した話ではないのでしょうが、このアライアンスが実現すれば、この業界を再編していくエネルギーが、随所に吹き出てくるでしょう。 Google の寡占化により膠着状態にあった、サーチというカテゴリが動き出す可能性を秘めていますし、Bing は心配になってしまいますし、あちらで、こちらで、大騒動が連鎖していくでしょう。 美女二人に挟まれて、Larry Page さんも、さぞかし嬉しい、いや、恐ろしいことでしょう Smile  image

ーーーーー

<関連>

みんなにスマホを買ってあげるわ! iPhone 5 だって OK よ!: Marissa Mayer
Yahoo の Mojito は、あらゆる Mobile デバイスに対応する OSS プラットフォーム
Facebook 収支レポート:Mobile-Only が 1億2600万人になった
Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している
Facebook Phone ? : HTC Opera UL というミステリアスな存在
ほんとうに Yahoo は、Open Compute や Facebook を告訴するのか?
Larry Page が1年間で達成した、Google 的な7つの業績とは

 

%d bloggers like this: