Agile Cat — in the cloud

クラウドを バッチリ測定する、Cloud Harmony とは?

Posted in .Selected, Management, Research by Agile Cat on June 22, 2012

ちょっと古いブログ・ポストですが・・・
http://wp.me/pwo1E-4l4

Agile_Cat_Loupe

先日のことですが IDCF の方から、Cloud Harmony という、とても興味深いクラウド・ベンチマークの存在を教えていただきました。 そして、同社のプログサイトをさかのぼり、そのコンセプトと経緯について調べてみました。 時計を 2010年 1月に巻き戻して、2つのポストを ご参照ください。 ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

Cloud Monitoring
Saturday, January 9, 2010
http://blog.cloudharmony.com/2010/01/cloud-monitoring.html

Over the past few months we’ve been monitoring uptime and bandwidth for various cloud services including CDNs (i.e. Akamai, Edgecast), Platforms (i.e. AppEngine, Azure), Servers (i.e. EC2, GoGrid), and Storage (i.e. S3, Nirvanix). To do so, we created accounts with these cloud providers and setup files and servers to be monitored on each.

私たちは、これまでの数ヶ月にわたって、各種のクラウド・サービスに関するアップタイムと帯域幅をモニターしていた。それらのサービスには、CDN(Akamai、Edgecast)や、プラット・フォーム(AppEngine、Azure)、サーバー(EC2、GoGrid)、Storage(S3、Nirvanix)などが含まれている。一連のモニタリングを実施するに辺り、それぞれのクラウド・プロバイダにアカウントを作成し、また、そこでモニターするためのファイルとサーバーでアカウントを作成した。

Then we used both Pingdom and Panopta to monitor them. Pingdom maintains 15 globally placed servers which we use to pull a 5MB test file every 15 minutes in order to measure downlink throughput. We use both Panopta and Pingdom to monitor uptime. Panopta does a better job than Pingdom at monitoring by verifying outages with 3 different monitors before triggering an outage. This has resulted in fewer false positives than we experience with Pingdom. We also manually verify most downtime periods with the service provider and exclude maintenance periods. We have the results of these ongoing tests posted here:

そして、具体的には Pingdom と Panopta を用いて、それらのクラウドをモニタリングすることになった。 Pingdom には、15 分ごとに 5MB のファイルをダウンロードし、DownLink スループットをするための、グローバルに配置された 15 台のサーバーを保持した。そして、アップタイムを測定するために、Panopta と Pingdom の双方を利用する。Panopta に関して言えば、機能停止にトリガーを掛ける前から、3つのモニターで停止を確認できるため、モニタリングという観点では Pingdom より優れたものとなる。 それにより、Pingdom でのエクスペリエンスと比較して、誤検出を減らすことができた。 さらに、私たちはサービス・プロバイダーを用いて、それぞれのダウンタイムを手作業で検証したが、個々のメンテナンス期間を除外している。

ーーーーー

オリジナルのブログ・ポストには、Pingdom などの URL が記載されていますが、現在は http://cloudharmony.com/status に置き換えらているようす。ためしに、Status を調べてみたところ、以下のような結果が得られました。 かなり長いリストですが、下に行くほど 100% UpTime に近づいていきます。 このクリップは途中で切ったものであり、一番下が 先日にダウンした AWS US-EAST-1 Region です。その他の AWS は、もっと良い値を得ています(このリストには入っていませんが)。ーーー __AC Stamp 2

___space

 

 

ーーーーー

___space

Cloud Speed Test
Saturday, January 10, 2010
http://blog.cloudharmony.com/2010/01/cloud-speed-test.html

We are working on a cloud speed test. This speedtest functions by using flash to download a 1MB test file and upload 1/2 MB to and from various cloud services. It then measures the amount of time it takes to complete those operations and provides a transfer rate for each.

いま、私たちはクラウドのスピード・テストに取り組んでいる。 以下のスプレッドシートには、各種のクラウド・サービスとの間で、1MB のテスト・ファイルをダウンロードし、また、1/2 MBをアップロートしたときの結果が表示される。続いて、それぞれのオペレーションと転送レートを比較するための、全体的な時間を測定している。

What we are hoping to accomplish with this is to both allow users the measure their bandwidth performance against various cloud services, and also to aggregate this data in order to provide a more accurate analysis of the bandwidth performance those cloud services provide. In the previous blog post we summarized bandwidth performance where we used pingdom over a period of a couple months as a means of measurement. The speedtest will provide us with a much larger and more diverse test population. The end result we are looking for is to be able to allow users to view overall, time-based and geographically targeted bandwidth performance measurements for public clouds and services.

それにより、私たちが達成したいのは、多様なクラウドにおける帯域幅性能をユーザーが測定できることであり、また、それらのクラウド・サービス・プロバイダーに対して、帯域幅性能に関する正確な分析結果を提供することである。 前回のブログ・ポストでは、2ヶ月以上の期間にわたって、Pingdom で測定した帯域幅性能をサマライズした。 このスプレッドシートから、より大規模で多様なテストのための母数が得られるだろう。 私たちが探し求めている最終的な結果は、各種のパブリック・クラウドとサービスに関して、全体的なデータおよび、時間と場所を特定したデータを、ユーザーが参照できるようにすることである。

The speedtest is still very much in beta form. It does not currently allow you to filter the cloud services you’d like to test. However, it is mostly functional and we’d appreciate anyone trying it out and providing feedback. If you allow the test to run all the way through, it will download about 40 MB and upload 10 MB to cloud services and provide you with transfer rates for each based on your Internet connection.

このスプレッドシートは、あらゆる面でベータ段階のものである。 つまり、現在のバージョンでは、テスト対象となるクラウド・サービスを絞り込むことができない。 しかし、それらは機能的なものであり、また、より多くの利用者からのフィードバックを期待しているところだ。 もし、フル・テストが可能な環境にあるなら、それぞれクラウド・サービスに対して、約 40 MB をダウンロードし、10 MB をアップロードすることが可能だ。そして、あなたのインターネット接続をベースにして測定された、転送速度を提供するだろう。

ーーーーー

以下は、スピード・テストの結果をクリップしたものです。 オリジナル・ブログに記載されている URL(http://cloudharmony.com/speedtest)は変わりませんが、いまのバージョンは、さまざまな絞り込み対応しています。 すべての項目を選んでしまうと 1時間くらい帰ってこないようなので、クラウドの代表格として AWS を選んで、そのスピードを測定してみました。 ーーー  __AC Stamp 2

___space

 

___space

 

TAG indexなかなか良くできたベンチマークでして、IDCF サイトのようにチャートを用いたデータの比較も可能なようです。 Agile_Cat 的には、もっと使い方を覚えて、面白いレポートを提供したいと思っていま~す :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/5月
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである

 

 

 

 

 

iPhone 4S が Android 勢に圧勝というベンチマーク結果

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on October 17, 2011

Apple iPhone 4S benchmark results leaked
By Shawn Knight – October 11, 2011
http://www.techspot.com/news/45814-apple-iphone-4s-benchmark-results-leaked.html

image

Apple iPhone 4S benchmarks are hitting the web well ahead of the October 14 release date imposed by Apple at last week’s product unveiling. Preliminary results show that the updated phone is significantly faster than the original iPhone 4, although not quite as fast as the iPad 2.

Apple iPhone 4S の Web 表示ベンチマークが、先週に発表された10月14日のリリースに先行して、良い値を出している。初期的なテストの結果であるが、iPad 2 ほどではないが、オリジナルの iPhone 4 と比較して、かなりの高速化が施されているようだ。

imageAnandtech has gathered test results from multiple sources across the web that have early access to the phone and compiled them together in addition to results from their own database of tablets and smartphones.

Anandtech は、iPhone 4S にアーリー・アクセスしている多様な Web サイトから、そのテスト結果を収集し、タブレットとスマートフォンに関する自身のデータと、それらを比較した。

The 4S was the fastest phone in SunSpider’s Javascript benchmark, narrowly dethroned by the Samsung Galaxy Tab 8.9 which scored two points higher. Apple’s new handset did take top honors in Rightware BrowserMark where it was 58 percent faster than the original iPhone 4.

SunSpider の Javascript ベンチマークにおいて、iPhone 4S は最速のスマートフォンであり、Samsung  Galaxy  Tab 8.9 に対しても、2ポイントほど勝る結果を残した。iPhone 4S は、Rightware BrowserMark でトップという名誉を獲得したが、その速度は、従来からの iPhone 4 に対して、58% 増という結果になる。

クリックで拡大 ⇒

The iPad 2 topped the 4S in Geekbench testing, leaving Anandtech to conclude that the processor in the phone is likely an 800MHz variant, not the same 1GHz chip found in the tablet. Apple probably lowered the operating frequency to conserve battery life and decrease operating temperatures.

そして iPad 2 だが、Geekbench テストにおいて iPhone 4S を上回るという。その理由として、iPad 2 の 1GHz チップに対して、iPhone 4S は 800MHz(変種)だからと、Anandtech は結論づけている。 おそらく、Apple はバッテリー・ライフを節約し、また、発熱を押さえるために、動作周波数を下げていると見ている。

GPU testing in GLBenchmark 2.1 also reveals that the iPad 2 has just a bit more power on tap, besting the phone by 12.6 FPS in the Egypt Offscrean test and 25.5 FPS in the Pro Offscreen run. That aside, the 4S easily trumps all other phones in testing by a large margin, including the Samsung Galaxy S2 and the Motorola Droid Bionic. It remains to be seen how next-gen Android handsets like the Nexus Prime will stack up against Apple’s new top dog.

GLBenchmark 2.1 における GPU テストでも、iPad 2 の方がパワフルだとしている。さらに、Egypt Offscrean テストの値は 12.6 fps であり、Pro Offscreen では 25.5 fps を叩き出している。 話は iPhone 4S に戻るが、Samsung Galaxy S2 や Motorola Droid Bionic などのライバルたちを抑えこむ、強い切り札を有していることになる。そして、次世代の Android ハンドセットである Nexus Prime などが、Apple の新記録に匹敵するものになるのかどうか、その点が見ものである。

Related Stories

ーーーーー

TAG indexベンチマークにも、いろいろな測り方があるわけで、これだけが正しいというものではないのでしょうが、それにしても iPhone 4S のパフォーマンスはスゴそうです。でも、まぁ、3G の回線は依然としてマッタリで、その点が、すべての国のモバイルユーザーに共通する悩みであることに、間違いはないでしょう。 iPhone 4S の素晴らしさだけではなく、テクノロジーのアンバランスさも感じてしまう、このベンチマークです。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
Apple iPhone 関連の、アメリカ版ニュース・インデックス
世界中に展開される Apple Store のコストは、いったい、おいくら?
ステキな Facebook for iPad を Youtube で!
United 航空さま – iPad を 11,000 枚 – お買い上げ有難うございます

%d bloggers like this: