Agile Cat — in the cloud

今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft

Posted in Asia Weekly by Agile Cat on January 17, 2015

Samsung による Blackberry の買収というウワサが・・・
http://wp.me/pwo1E-8cB

昨日(1/16)のことなので、今週の Top-5 には入っていませんが、Samsung による Blackberry の買収というウワサが駆け巡っていました。 インドの Economic Times には、$7.5 billion という買収額まで記載されていますが、Korea Times は、Samsung が買収について否定しているというコメントを掲載しています。 背景としては、Tizen を広めることで Android から離れ、また、エンタープライズ市場に進出したい Sansung が、Blackberry のマーケットを取り込もうとしていると、Economic Times は説明しています。動機としては、あり得る話ですね。

Top-5 の方は、① 中国のクラウド・ベース・ビデオ・プラットフォームである Letv が、Microsoft Azure と提携していくという、トピックが大人気でした。 Letv 自体、このニュースで初めて知る会社ですが、中国の Netflix みたいなポジションにあるのかと推測しています。 なにぶん、6億人のインターネット市場を抱えているのですから、かなりの規模のビジネスになると思われます。

② は、Apple Watch に関するウワサです。 それによると、Samsung の S1 チップ(20 nano)を採用するため、12-inch ウエハーを 3000〜4000 枚ほど購入しており、そこからは 250万個のチップが製造できる計算になるとのことです。昨年の、Apple Watch の発表の際に、バッテリー消費に関する問題がありそうだと、いくつかのメディアが指摘していましたが、それを回避するために、Samsung の省電力チップを採用するのでしょうかね?

③ は、先週にもお伝えした、ベトナムの海底ケーブル事故に関するものです。 1月23日には修理が完了するようで、なにはともあれ良かったです。 ④ は、東芝と Nanya の提携に関するものです。DRAM の生産拠点を日本から台湾に移行するらしく、そのための US$1 Billion という資金も、東芝から供給されるようです。⑤ は Hon Hai における 2014年の純利益が、これまでの記録を更新したというものです。 売上は、NT$4.21 trillion (US$132 billion) で、純利益は NT$120 billion と解説されています。 計算してみたら、US$3.8 billion になりました。

ーーーーー

① 1/11: Letv Cloud Reaches Cloud Computing Deal With Microsoft Azure

Image

Letv cloud, the cloud computing-based video open platform of Letv.com, and Microsoft jointly held a press conference in Beijing and announced that the two parties have inked a deal for solution compatibility. With the cooperation, Letv cloud video-related solutions will be compatible with Microsoft’s public cloud computing platform Microsoft Azure in the future.

1/11: Apple Watch May Run Samsung Processor

Image(1)

A new rumor suggests Apple might have contracted Samsung to be the primary manufacturer for the S1 chip, the processor inside the upcoming Apple Watch. Apple reportedly has acquired 3,000 to 4,000 12-inch wafers every month from Samsung, in an attempt to have sufficient hardware units before the launch in spring, according to ZDNet. Each 12-inch wafer has 700 processors, meaning Apple will be grabbing 2.5 million new processors every month.

③ 1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on Jan 23

Image(2)

It is expected that the cable repair vessel will approach the broken segment at 1am on January 15 and the cable will be fixed completely at 2pm on January 23. By that time Internet connection from Vietnam to other countries will be 100% restored. The AAG submarine cable was cut at 8:04 am on January 5, at a point about 117km from the landing station in Vung Tau.

1/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance

Image(3)

Toshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.

⑤ 1/12: Hon Hai 2014 net profit could break record

Image(1)

TAIPEI–Hon Hai Precision Industry Co., the world’s largest contract electronics maker, posted a record high in sales in 2014, with market analysts attributing the growth to an increase in orders from U.S. consumer electronics giant Apple Inc. The strong sales for 2014 are expected to help Hon Hai break a record in net profit, analysts said.

ーーーーー

その他のトピックとしては、Quanta と Wiwynn は、中国のデータセンター業界に対して、それほど急いでビジネスを展開しないという記事が興味深かったです。文中には、中国のサーバー・ベンダーとして、Inspur および Sugon という名前が挙がっていました。 それと、Sony がモバイルとテレビの事業を、売却するという話もありました。 なんか、寂しいですね。 また、中国で Qualcomm がアンチトラストで叩かれたり、インド市場に Google が着実にアプローチしたり、Micromax の Yureka がたくさん売れたり、オーストラリアでは Telstra のサービスがダウンしたりと、、、 今週も、とてもダイナミックなアジアでした。

Quanta, Wiwynn not in hurry to join China data center competition
Sony CEO Kazuo Hirai open to selling mobile, TV businesses: Sources
China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded: report
Google introduces Flight Search in India
Micromax unit Yu to sell 10,000 Yureka smartphones units on Amazon today
Telstra power outage downs BigPond services

ーーーーー

<関連>

今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

Posted in Data Center Trends, Equinix, Google, Hybrid, Network by Agile Cat on January 14, 2015

Google shacks up with Equinix for cloud boost
http://wp.me/pwo1E-8c8
Ari Levy – 5 Nov, 2014
http://www.cnbc.com/id/102151522

For the 100 billion Internet searches and more than 6 billion hours of YouTube videos streamed monthly, Google is building supersized data centers across the globe. But for certain functions, the company is better off using other people’s property.

1ヶ月の間に 1000億回のインターネット検索を処理し、YouTube による 60億時間以上のストリーミング配信に対応する Google は、世界中に超大型データセンターを構築している。 しかし、特定の機能に関しては、他社の資産を活用するほうが、同社にとって有益なのである。

Equinix, which operates more than 100 data centers in 32 metro areas worldwide, is announcing on Wednesday that Google will be using its facilities to help clients in 15 markets, including New York, Atlanta, Frankfurt, Germany, and Hong Kong, access Google’s business applications and cloud infrastructure.

世界における 32地域の大都市圏で、100ヶ所以上のデータセンターを運営する Equinix が、この水曜日(11/5)に発表したのは、Google が 15ヶ所のマーケットにおいてクライアントをサポートするために、同社のファシリティを使い始めるという内容である。それらのマーケットには、New York/Atlanta/Frankfurt/Germany/Hong Kong などが含まれ、また、そのリージョンの顧客たちは、Equinix のネットワークを介して、Google のビジネス・アプリや、クラウド・インフラにアクセスできるようになる。

Baran Ozdemir
Vetta
Getty Images

The Google cloud needs all the help it can get. While the Mountain View, California-based company dominates the online advertising market, it’s playing catch-up to Amazon Web Services in on-demand cloud computing as it also battles Microsoft’s Azure technology.

Google のクラウドは、手に入れることが可能な、すべてのサポートを必要としている。 つまり、この、Mountain View, California-based の会社は、オンライン広告のマーケットは支配していても、オンデマンドのクラウド・コンピューティングの世界では、Amazon Web Services に追い付くために努力し、また、Microsoft Azure のテクノロジーと戦わなければならないのだ。

The three companies are engaged in a brutal price war as they try to lure businesses looking to offload their computing and storage instead of handling it internally. Amazon and Microsoft are already Equinix customers. Now businesses can use any or all of them via Equinix.

この三社は、きわめて熾烈な価格戦争に突入している。そして、ユーザー企業を取り込む魅力的な価格を提示するために、自社のデータセンター内で処理していたコンピューティングとストレージの負荷を、Equinix のファシリティにオフロードすることで軽減しようとしている。 Amazon と Microsoft は、すでに Equinix の顧客である。 そして、いま、ユーザー企業は Equinix を介して、それらのクラウドにおける、ほとんどの機能にアクセスすることが可能になっている。

"This completes our access to the big three cloud providers," said Equinix Chief Technology Officer Ihab Tarazi. Businesses can "get significantly higher bandwidth for very low economics and be able to completely leverage the cloud."

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「クラウドの世界における Big-3 プロバイダが、私たちへのアクセスを完全なものにしたことで、ユーザー企業は、きわめて高速の帯域幅を確保し、また、優れた経済性を達成することになる。 つまり、完璧にクラウドを利用できるようになるのだ」と述べている。

Google disclosed the deal with Equinix on Tuesday as one of several announcements tied to its cloud platform. The company also introduced Google Container Engine and a partnership with Docker to make it easier to create and manage applications across machines.

Google は、この火曜日(11/4)に、そのクラウド・プラットフォームに関連する発表を行なっているが、その中の1つとして Equinix との今回の契約が明らかにされている。さらに Google は、より簡単にアプリケーションを作成し、また、マシン間での移動を管理するために、Google Container Engine を発表し、Docker との提携も明らかにしている。

It’s all part of Google’s deeper dive into the world of business software, and it’s not cheap. In the third quarter, Google spent $2.4 billion on capital expenditures, largely on data center construction and real estate costs.

Google がビジネス·ソフトウェアの世界に取り組んでいくという、この一連の発表により、その全容が明らかにされたが、それらは、決して安直なものではない。Google は 2014年 Q3 において、データセンターの建設と不動産の取得を主とする、 $2.4 billion もの設備投資を行なっているのだ。

"Everybody’s moving their infrastructures to the cloud," Google Chief Financial Officer Patrick Pichette said on the earnings call last month. "It is an area where we have fundamentally great assets to contribute to this industry, both in terms of the flexibility, the cost structure, the technology. And that’s why we’re investing heavily in there."

2014年10月の収支説明会において、Google の CFO である Patrick Pichette は、「すべての企業が、自身のインフラをクラウドに移行しようとしている。そして、そこは、私たちが大きな資産を形成しているエリアである。つまり、柔軟性/コスト構造/テクノロジーという基本的な観点において、この産業に貢献できるのだ。そして、私たちが多額の投資を行なっている理由が、そこにあるのだ」と述べている。

Google owns and operates 12 data centers in the U.S., Europe and Asia, according to its website. Much of the software that Google as well as Amazon and Facebook have developed to bolster the speed and capacity of servers and databases is being replicated across the technology industry.

Google の Web サイトによると、同社は US/Europe/Asia で、12ヶ所のデータセンターを所有/運用している。そして、Google/Amazon/Facebook などが、サーバーとデータベースの速度/能力を強化するために開発した、数多くのソフトウェア・テクノロジーが、この業界全体に広まりつつある。

But that doesn’t mean corporate America is ready to spin all of its most critical data up to the public cloud. Using Equinix, they can plug into the power of Google’s infrastructure without relying on it entirely.

しかし、それだけで、アメリカのユーザー企業が、すべての重要なデータをパブリック・クラウドに展開するための、準備を整えたというわけではない。そして、Equinix を利用するなら、すべての Google に頼ることなく、そのインフラを取り込めるようになるのだ。

Equinix has more than 4,500 customers using its facilities. In April, the Redwood City, California-based company launched a service called Cloud Exchange to provide an added layer of security and enhanced connectivity for businesses that may have previously been reluctant to move applications to the cloud.

Equinix のファシリティは、4500社以上のユーザー企業に使用されている。2014年4月に、Redwood City, California-based の同社は、ユーザー企業のためにセキュリティ層を加え、また、接続性を強化するための、Cloud Exchange と呼ばれるサービスを立ち上げている。それにより、これまでは移行が躊躇されていたアプリケーションの、クラウド化が促進されるかもしれない。

ーーーーー

2014年10月に、「Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは? 」というポストを訳していますが、この Equinix との提携は記載されていませんでした。 別の調べ物をしていて、今回の記事を見つけたわけですが、この提携に気づくことになり、ほんとうに良かったです :) なんというか、Google だけは独自ネットワーク路線かと思っていましたが、これで Equinix はグランド・スラム状態ですね。 ほんとうに、強いです。 また、年明けには、SofrLayer も Equinix の Cloud Exchange に対応、という記事がポストされていました。 近々に対訳を掲載しますので、そちらも、お楽しみに〜 

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, IBM, Microsoft by Agile Cat on October 23, 2014

Microsoft and IBM partner to bring each other’s enterprise software to their respective cloud platforms
http://wp.me/pwo1E-7Yp
October 22, 2014 – Emil Protalinski
http://venturebeat.com/2014/10/22/microsoft-and-ibm-partner-to-bring-enterprise-software-to-their-respective-cloud-platforms/

_ VB

Microsoft and IBM today announced a partnership that will see the two companies bring their respective enterprise software to Microsoft Azure and IBM Cloud. The duo believe the relationship will help their respective clients, partners, and developers by offering more choice in the cloud.

今日(10/22)の Microsoft と IBM によるアナウンスメントは、それぞれのエンタープライズ・ソフトウェアを、Microsoft Azure と IBM Cloud に展開するためのパートナーシップを発表するものである。 この二社は、クラウドにおける多様な選択肢を提供することで、それぞれのカスタマー/パートナー/デベロッパーを支援していけると確信している。

Image Credit
Shutterstock
Pavelk

The companies will also let customers bring their own software licenses to the Microsoft and IBM clouds, with the goal of helping customers avoid extra costs. In turn, Microsoft and IBM hope to gain new business opportunities, spur innovation, and reduce costs.

そして両社は、すでに顧客が所有するソフトウェア・ライセンスを、Microsoft と IBM のクラウドに展開することを促し、余分なコストの排除を目標にしていく。つまり Microsoft と IBM は、新たなビジネス・チャンスの創出/イノベーションの促進/コストの削減を、合理的な順序で進めたいと考えているのだ。

The two are promising to make key IBM middleware such as WebSphere Liberty, MQ, and DB2 available in the Microsoft Azure Virtual Machines service. IBM will expand support of its software running on Windows Server Hyper-V, and the companies plan to make IBM Pure Application Service available on Azure. Microsoft will offer IBM middleware software licenses to Azure customers with pay-per-use pricing.

さらに両社は、IBM のミドルウェアである WebSphere Liberty/MQ/DB2 などを、Microsoft Azure Virtual Machines サービスに展開することを、重視していくと約束している。つまり IBM は、Windows Server Hyper-V 上で走る、自身のソフトウェア・サポートを拡大していく。 それにより両社は、Azure 上で走る IBM Pure Application Service というプランを、推進していけるようになる。Microsoft は Azure ユーザーに対して、IBM のミドルウェア·ソフトウェアのライセンスを、従量課金の形態で提供しくようになる。

The two will also work together to deliver Microsoft .NET runtimes, along with relevant tooling, for IBM’s Bluemix cloud development platform. At the same time, Windows Server and SQL Server will be offered on IBM Cloud.

なお、この二社は、IBM の Bluemix Cloud 開発プラットフォームに対して、Microsoft .NET ランタイムおよび、それに関連するツールと提供していく。それと同時に、Windows Server および SQL Server も、IBM Cloud 上に提供されるようになる。

The hope is that millions of .NET developers will want to build applications at scale for clients on IBM’s cloud platform. The duo say they will start by offering a limited preview of .NET operating within Bluemix, and then go from there.

つまり、膨大な数の .NET デベロッパーが、IBM のクラウド・プラットフォーム上のクライアントに合わせたスケールで、アプリケーションを構築していくように促していきたいのだ。このデュオは、Bluemix 上で動作する、限定された .NET プレビューを提供した後に、このプランを本格化していく。

We have asked Microsoft and IBM for more information regarding timing and will update this post if we learn more.

私たちは、Microsoft と IBM に対して、タイム・フレームに関する詳細を要求している。 したがって、何らかの情報が提供されるなら、このポストをアップデートしていく。

Update: Microsoft responded with the following details.

アップデート:Microsoft から、以下の情報が提供された。

  • In the coming weeks, Microsoft Open Technologies, a wholly owned subsidiary of Microsoft, will publish license-included virtual machine images with key IBM software pre-installed. Customers can take advantage of these virtual machines to use the included IBM software in a “pay-per-use” fashion.
  • Effective immediately, IBM has updated its policies to allow customers to bring their own license to Microsoft Azure by installing supported IBM software on a virtual machine in Azure.
  • Windows Server and SQL Server are available for use on IBM Cloud effective immediately.
  • For .NET operating within Bluemix, the companies will begin with a limited preview at a future date.
  • これからの数週間のうちに、Microsoft の完全子会社である Microsoft Open Technologies から、ライセンスが発行される。 そこには、IBM の主要ソフトウェアがプリ・インストールされた、仮想マシンのイメージが取り込まれている。顧客にとっては、IBM のソフトウェアを従量課金の形式で使用するために、それらの仮想マシンを利用できるというメリットが生じる。
  • 即効性を考慮して、すでに IBM ユーザーが所有するソフトウェアを、Microsoft Azure 上に展開できるよう、ライセンス・ポリシーが更新されている。したがって、Azure 仮想マシン上に、サポートされている IBM ソフトウェアをインストールすることが可能になっている。
  • 即効性を考慮して、Windows Server および SQL Server は、すでに IBM Cloud 上で利用できるようになっている。
  • Bluemix 内での .NET の運用に関しては、両社が日程を調整した後に、制限されたプレビューの提供を開始する。

IBM has yet to respond but we don’t expect the company will be able to share anything Microsoft hasn’t.

IBM からの反応はないが、Microsoft が言及していない何かが、同社から発表されることはないだろう。

ーーーーー

このポストを訳した限りでは、ユーザーとデベロッパーのことを考え、エコシステムを強化していこうという、両社の目論見がストレートに出ていて、とても良い感じがします。 それにしても、このところの IBM の動きの速さには、眼を見張るばかりです。 IBM が先手をとって動きまわることで、クラウド界の再編が、とても良いテンポで進んでいますね。 Ginni Rometty って、凄いなぁと感心しています。そして、Satya Nadella の柔軟な発想にも拍手です!

ーーーーー

<関連>

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

Level 3 と Digital Realty:ネットワーク帯域幅をスケールさせる環境に、AWS と Azure を取り込む

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Telecom by Agile Cat on July 30, 2014

Level 3, Digital Realty provide direct connection to Amazon, Microsoft cloud services
http://wp.me/pwo1E-7HU
April 29, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/level-3-digital-realty-provide-direct-connection-amazon-microsoft-cloud-ser/2014-04-29

_ fiercetelecom

Level 3 Communications has established a new partnership with Digital Realty Trust where it will provide the data center provider’s customers in 14 U.S. and European markets access to its growing base of cloud service partners including Amazon Web Services (AWS Direct Connect) (NASDAQ: AMZN) and Microsoft Azure (NASDAQ: MSFT) (ExpressRoute).

Level 3 Communications が Digital Realty Trust と、新たなパートナーシップを確立した。それにより、U.S. と Europe における、14 ヶ所のデータセンター・プロバイダーを利用する顧客に対して、クラウド・サービス・パートナーへのアクセス基盤が拡張されるが、その中には Amazon Web Services(AWS Direct Connect)と、Microsoft Azure(ExpressRoute)も含まれる。

Through this relationship, the Digital Realty customers will have a new route to migrate and operate their applications to a hybrid cloud environment with the backing of Level 3’s deep network presence.

この提携により、Digital Realty の顧客は、Level 3 の緊密に張り巡らされたネットワークを後ろ盾とする、ハイブリッド・クラウド環境へとアプリケーションを移行する、新しい道筋を持つことになる。

While Level 3 is hardly alone in providing a direct access route to AWS and Microsoft Azure, Anthony Christie, chief marketing officer for Level 3, told FierceTelecom what sets it apart is the global nature of the offering.

Level 3 は、AWS や Microsoft Azure にダイレクト・アクセスのルートを提供する際に、それを単独で行うわけではないが、グローバルな性質により際立ったものになると、同社の Chief Marketing Officer である、Anthony Christie が FierceTelecom に語っている。

"One of the things that you’ll see from us that is different than what you’ll see from some of the other network service providers is we continue to leverage the global nature of our network," he said. "With Amazon, Level 3 will be listed as the most connected player to Amazon’s hosting and data centers around the world.”

「 誰もが分かる、他のネットワーク・サービス・プロバイダーの違いは、私たちのネットワークがグローバルな性質を活用している点である。Amazon においては、世界に点在する AWS ホスティング/データセンターと、最も数多く接続されているプレーヤーとして表示される」と、彼は発言している。

Another potential benefit of this pact for enterprise customers is they can adjust network bandwidth and storage levels as needed. During a holiday shopping season, a retailer could dynamically scale their bandwidth and only pay for what they consume as demand for computing capacity ramps.

エンタープライズ・カスタマーにおける、この協定による別の潜在能力は、ネットワーク帯域幅とストレージ・レベルを、必要に応じて調整できる点にある。たとえば、ホリデー・ショッピング・シーズン中の小売業者は、帯域幅をダイナミックに拡張することが可能であり、その突出したコンピューティング容量に対してのみ、対価を支払えば良いことになる。

In addition to scaling bandwidth, Digital Realty customers will gain the flexibility to choose the cloud model and cloud provider that best meet their needs, access bandwidth dynamically and pay only for what they use.

この帯域幅のスケーリングに加えて、Digital Realty の顧客たちは、クラウド·モデルとクラウド・プロバイダーを柔軟に選択するという、メリットを手にすることになる。 つまり、自身のニーズにフィットしたクラウドを選び、アクセス帯域幅をダイナミックに調整し、使用した分だけ対価を支払えるようになる。

Level 3 is also providing connectivity under its Cloud Connect Solutions program, including Layer 1, Layer 2 and Layer 3 connectivity.

さらに Level 3は、Cloud Connect Solutions プログラムのもとでコネクティビティを提供しており、そこには Layer 1/Layer 2/Layer 3 が取り込まれている。

"On a global scale, we can guarantee latency for connectivity for public and hybrid cloud environments at Layer 1," Christie said. "We’re working on Layer 2 and Layer 3, but because of the switched nature of those products, it’s a bit tricky."

「 グローバル・スケールにおいて、パブリック/ハイブリッド·クラウド環境での接続のために、レイテンシーを保証するのは Layer 1 となる。Layer 2 と  Layer 3 にも取り組んでいるが、それらのプロダクトにおけるスイッチの性質は少々トリッキーである 」と、Christie は発言している。

Christie added that "with our Layer 3 MPLS offer, what we’re enabling is instantaneous consumption by pre-provisioning ports into Amazon and into Azure so they can burst through and consume Amazon Web Services in the future."

私たちが提供する Layer 3 MPLS により、Amazon および Azure に対して、事前にプロビジョニングしたポートを介したバーストが可能になる。したがって、将来的には、バーストを介した Amazon Web Services の利用も実現される」と、Christie は付け加えている。

Related articles:

Level 3 gets ISO certification for security services in Latin America
Level 3 grabs two new multi-national enterprise wins
Level 3 connects network to 50 U.S. Air Force sites
Level 3’s Storey: M&A is an option, not a necessity

ーーーーー

このところ、「AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結」や「ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon 」といった抄訳をポストしましたが、この Level 3 と Digital Realty の戦略も同じところを狙っているように思えます。つまり、ダーク・ファイバーに投資してきた事業者が、帯域幅をスケールさせるネットワークの中に、コンピューティングとストレージをスケールさせるパブリック・クラウドを、つなぎ込んでいくという構図です。そして、ハイブリッド・クラウドを目指すエンタープライズにとっては、おそらく、最も分かりやすく、安心できるフレームワークなのでしょう。 とても、興味深いトレンドです。

ーーーーー

<関連>

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:シンガポールとフランスを接続する!

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する

Posted in Asia, Data Center Trends, Hybrid, Microsoft, Telecom by Agile Cat on June 25, 2014

SingTel and TelecityGroup enable access to Azure without internet connection
http://wp.me/pwo1E-7BB

By Karen McCandless on Tuesday, May 13, 2014
http://www.onwindows.com/Article/singtel-and-telecitygroup-enable-access-to-azure-without-internet-connection-23413#.U6nlZY2Sxsu

SingTel and TelecityGroup will provide secure and private direct connections into Microsoft’s Azure public cloud solution, as announced at TechEd 2014. The companies, along with AT&T, BT, Equinix, Level3 and Verizon, allow customers to connect Azure and on-premise technologies through the new Azure ExpressRoute offering.

TechEd 2014 での発表によると、SingTel と TelecityGroup は、セキュアなプライベート・ダイレクト・コネクションを、Microsoft の Azure パブリック·クラウド·ソリューションに提供することになる。つまり、この両社も、AT&T/BT/Equinix/Level 3/Verizon などと同様に、新たに提供される Azure ExpressRoute を介して、顧客のオンプレミス・テクノロジーと Azure の接続を実現していく。

Previously, businesses could only use the internet to access Azure, but ExpressRoute (codenamed Golden Gate) allows users to access private and dedicated network connections that don’t use the internet.

これまでのユーザー企業にとって、Azure にアクセスするため利用できるのは インターネット のみであったが、ExpressRoute(codenamed Golden Gate)により、インターネットに依存しない、専用のプライベート・ネットワークによる接続が可能になる。

SingTel will first roll out Microsoft’s private networking service to the Singapore and Asia markets before replicating this network arrangement in Australia to serve the markets in Oceania. SingTel’s Multi-Protocol Label Switching virtual private network will integrate directly with ExpressRoute.

SingTel は、最初に、Singapore と Asia のマーケットへと、Microsoft のプライベート・ネットワーク・サービスを展開していく。 続いて、同じサービスを Oceania のマーケットに展開するために、このネットワークを Australia にリプリケートする。 SingTel には、Multi-Protocol Label Switching という VPN が存在するが、それと ExpressRoute を、ダイレクトに統合していくことになる。

“Through this strategic alliance with SingTel, we can lower the barriers to entry for cloud computing by providing a more secure and reliable connectivity option for our joint customers in Asia Pacific,” commented Steven Martin, general manager of Microsoft Azure.

「 この、SingTel との戦略的な提携により、Asia Pacific における両社の顧客たちに、高度な安全性と信頼性を備えた接続オプションを提供できる。 つまり、クラウド·コンピューティングにおける参入障壁を引き下げることが可能になる」と、Microsoft Azure の GM である Steven Martin は述べている。

TelecityGroup will also provide Azure ExpressRoute in 37 of its locations across Europe through its Cloud-IX networking platform. Low-latency connections will be available in locations where Microsoft co-locates its ExpressRoute access points within TelecityGroup’s data centres.

また、TelecityGroup は、Cloud-IX のネットワーク・プラットフォームを介して、Europe 全域に広がる 37 のロケーションで、Azure の ExpressRoute を提供していく。 そのための、低レイテンシー・コネクションは、Microsoft が ExpressRoute アクセス・ポイントをコロケートする、TelecityGroup データセンターから供給される。

The company says that through the avoidance of a connection to the public internet, Azure ExpressRoute via Cloud-IX will offer increased reliability, faster speeds, lower latencies and higher security compared to other connections over the internet.

それについて同社は、パブリック・インターネットへの接続を回避する、Cloud-IX を介した ExpressRoute は、その他のインターネット接続と比較して、信頼性/高速性/低レイテンシ/高セキュリティを提供すると述べている。

Martin said: “Our expansion into TelecityGroup’s data centres via ExpressRoute is an important step, enabling customers to more easily execute scalable hybrid cloud deployments.”

そして、Martin は、「 ExpressRoute を介した、TelecityGroup データセンター内での拡張は、私たちにとって重要なステップである。なぜなら、それにより私たちの顧客が、拡張性の高いハイブリッド・クラウド環境を、容易に運用できるようになるからである」と発言している。

Related articles

ーーーーー

昨日に、「Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?」という抄訳をポストしましたが、この記事における SingTel や TelecityGroup の狙いも、オンプレミス統合からハイブリッド・クラウドへと向けて展開されていくのでしょう。今日の Gigaom では、Joyent の Hybrid Management が紹介されていましたが、そのサマリーには「Joyent believes that hybrid clouds are the way of the future and a way in which the company can compete against big cloud service providers like Amazon」という一文が記されていました。まだまだ黎明期のクラウドです。これからの展開が、とても楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?

Posted in Microsoft, OpenStack, Red Hat by Agile Cat on May 14, 2014

Why Microsoft should just pack it in and buy Red Hat
http://wp.me/pwo1E-7uz

By
Barb Darrow – Feb 28, 2014
http://gigaom.com/2014/02/28/why-microsoft-should-just-pack-it-in-and-buy-red-hat/

_ Giga Om

Summary: Sure it would make for strange bedfellows, but Microsoft needs Red Hat Enterprise Linux and an acquisition would signify a bold move by new CEO Satya Nadella.

Summary: たしかに、それは、ちょっと奇妙な関係と言えるだろうが、Microsoft は Red Hat Enterprise Linux を必要としている。 そして、もし、買収にいたるなら、新しい CEO である Satya Nadella の大胆な行動と評価されるだろう。

photo: Jorge Salcedo

Over the past 40 years Microsoft has built its mega-billion-dollar business around the Windows operating system and Windows applications. But as the company seeks to preserve its enterprise power in the cloud era, where Windows is not as huge a deal, here’s a bold proposal: Microsoft should buy Red Hat.

これまでの 40年間において Microsoft は、Windows オペレーティング・システムおよび Windowsアプリケーションを中心にして、巨億のビジネスを構築してきた。しかし、Windows が大きな勢力を持ち得ないクラウドの時代で、その企業の力を同社が維持したいなら、ちょっと大胆な提案をしてみたいと思う。 それが、Microsoft による Red Hat の買収という、必要性の話である。

It’s a counterintuitive move for a company whose former CEO likened Linux to cancer, but here’s why I think Microsoft might want to do it. First, Microsoft is an enterprise software company that hopes to transition its strength in that segment into the cloud-and-mobile era. And for Microsoft’s new CEO Satya Nadella, who will orchestrate that transition, an acquisition of Red Hat would be a bold stroke. Talk about thinking outside the box.

前 CEO が Linux をガンになぞらえていた企業にしては、反対の方向への動きに思えるが、それを Microsoft が望んでいるかもしれないと、私が思う理由を示していく。 まず、Microsoft は、これまでの強みを、クラウドとモバイルの時代におけるセグメントへ向けて、移行したいと考えているエンタープライズ・ソフトウェアの会社である。そして、Microsoft の新しい CEO である Satya Nadella は、その移行を周到に準備するだろうし、その意味で Red Hat の買収は大胆な一撃となる。ただし、いま話していることは、かなり常識はずれなことかもしれない。

Source: IDC

Microsoft is pitching Windows Azure as the public cloud of choice for businesses. A major stumbling block there is the fact that Red Hat Enterprise Linux, the de facto standard Linux in businesses, does not run on Azure. Why not? No one’s really saying, but my take is that Red Hat is dragging its feet because RHEL competes with Windows Server. Red Hat has no such compunction about putting RHEL on AWS, which does run RHEL, because Amazon is not an OS competitor per se — at least as the market is defined now.

Microsoft は、企業向けパブリック・クラウドの選択肢として、Windows Azure を投入している。しかし、ここでの大きな障害は、それらの企業が Linux のデファクト・スタンダードとする Red Hat Enterprise Linux が、Azure では走らないという現実である。当たり前じゃないかい? 誰もが本当のことを言っていないが、RHEL を Windows Serverと競合するため、Red Hat が足を引っ張っているというのが、私の感想である。Red Hat は、AWS 上で RHEL を走らせることについて、そのような躊躇がまったく無い。なぜなら、Amazon は OS の競争相手ではないので、大歓迎なのである。少なくとも、そのような形で、いまのマーケットは構成されてる。

The lack of RHEL on Azure is a big issue for Microsoft. Given that Microsoft has bent over backwards to make Azure hospitable to third-party OSes and tool sets (Ubuntu Linux and SUSE Linux run on it), RHEL’s absence is particularly glaring because when you talk enterprise applications from Oracle, SAP et al., RHEL is Linux (sorry Oracle Linux, you’re not there yet.)

Azure で RHEL が欠落していることは、Microsoft にとって大きな問題である。サードパーティの OS や Tool Set を Azure 上でホストしようと、Microsoft が懸命に努力していることを考えると(Ubuntu Linux と SUSE Linux には対応)、RHEL の不在が目立ってしまう。なぜなら、Oracle や SAP などのエンタープライズ・アプリケーションを前提にすると、RHEL が Linux だからだ(残念ながら Oracle Linux は発展途上)。

Neither Red Hat nor Microsoft would comment on why RHEL won’t run on Azure but sources close to Microsoft said customers ask the company about Red Hat support all the time and it has to refer customers back to Red Hat. Their thinking is that nothing can pressure a company to action more than customer pressure, but still, no dice.

Red Hat も Microsoft も、RHEL が Azure で走らない理由についてはノー・コメントだろう。しかし、Microsoft に近い情報筋によると、いくつかの顧客は Red Hat をサポートするよう要求しており、そのことが Red Hat にも伝わっているようだ。どちらも、顧客からのプレッシャーに勝るものはないと捉えているはずだが、まだ、サイコロは回り始めていない。

Red Hat is affordable

If you look solely at the numbers, Microsoft could do this deal easily. The market value of Red Hat stock is about $11.2 billion. Subtracting its $1.3 billion in cash, Red Hat would cost $9.9 billion. A 20 percent premium would put the purchase price at more like $12 billion. As one of my Wall Street friends put it, since Microsoft has about $84 billion cash in the bank, it could do this acquisition with its eyes closed.

単に数字だけを見るなら、Microsoft は簡単に買収できるだろう。Red Hat の市場評価額は、$11.2 Billion である。そこから、手持ちのキャッシュである  $1.3 Billion を差し引けば、Red Hat の買収に費やされるコストは $9.9 Billion となる。さらに、20% のプレミアムを付けても、$12 Billion で収まる。私の Wall Street フレンドによると、Microsoft の銀行預金は $84 Billion ほどなので、その支出に目をつむれば、買収は可能となる。

Antitrust hurdles are big but not insurmountable

Analysts, including Gigaom Research’s own MSV Janakiram, said no such transaction would pass regulatory muster. Taken together, Red Hat Enterprise Linux (RHEL) and Windows Server would comprise 87 percent of the server operating environment market, according to IDC analyst Al Gillen — who was also dubious about my premise.

Gigaom Research が所有する MSV の Janakiram や、その他のアナリストたちは、そのような取引が、当局に規制されないはずがないと言う。そして、Red Hat Enterprise Linuxに(RHEL)と Windows Server を合算すると、サーバー・オペレーティング市場の 87% に達してしまうと、私の考えに疑問を呈していた、IDC のアナリストである Al Gillen は述べている。

That number would give regulators pause if they define the market as server operating systems running inside company data centers. But if they were to factor in what’s running in Google and Amazon Web Services and other clouds, the picture could be much different. And we all know that lawyers can redefine the affected market when it painting a prospective acquisition in a rosy, competitive light.

この数字の捉え方だが、企業のデータセンター内で実行されるサーバー OS を前提に市場を定義するなら、当局は規制を行うだろう。しかし、Google や AWS といったクラウドで、どのような比率で、何が動いているのかを計算するなら、そのイメージは大きく異なるものになるだろう。買収劇を押し通すことに価値があり、すべてがバラ色に塗り替えられるとなったとき、弁護士たちが影響をうけるだろう市場を再定義してしまうことを、私たちは知っている。

In that universe, Windows Server plus RHEL might not be dominant at all. According to figures from The Cloud Market, nearly 60 percent of all Amazon Machine Images (AMIs) run Ubuntu Linux, while 6.3 percent run Windows and 5.9 percent run Red Hat. And I’m pretty sure Google runs zero Red Hat Linux or Windows.

この世界では、Windows Server だけではなく RHEL も、支配的だとは言えないだろう。The Cloud Market の統計によると、Amazon Machine Images(AMI)の約 60% は Ubuntu Linux を実行しており、Windows と Red Hat の比率は 6.3% と 5.9% に過ぎない。さらに言えば、Google が Red Hat Linux と Windows を実行している確率はゼロだと、私は確信している。

Source
The Cloud Market

And, if regulators can approve the US Airways and American Airline or Comcast and NBC Universal mergers, I think all bets are off. I’ve seen strange things happen in the software world, including Oracle’s acquisitions of Siebel Systems and PeopleSoft in blockbuster deals that consolidated much of the enterprise applications market.

たとえば、US Airways と American Airline もしくは Comcast と NBC Universal の合併を、規制当局が承認するかとなると、そこに一銭も賭ける気はしない。しかし、ソフトウェアの世界では、Oracle による Siebel Systems PeopleSoft の買収といった、エンタープライズ・アプリケーションの市場を統合してしまう、奇妙な光景を目の当たりにしている。

Those transactions taught me to never say never. So go ahead, use the comments below to (politely, please) to let me know what you think.

これらの取引が教えてくれたのは、Never Say Never である。そう、前へ進むしか無いのだ。 あなたの考えがあるなら、以下のコメントで、なるべく丁寧に教えて欲しい。

Feature photo courtesy of Shutterstock user Jorge Salcedo

Related research

An analysis of Windows Azure’s strengths and weaknesses February 2014
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look December 2012
The promise of SDNs in the enterprise November 2012

ーーーーー

TAG indexなかなか、面白い視点からの考察です。 先日に、「 Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける 」という抄訳をポストしましたが、オープンソースを活用することで、ユーザーだけにではなくクラウド・プロバイダーにも、計り知れないメリットがもたらされるはずです。 その名称が、Windows Azure から Microsoft Azure に変わったのも、 Windows の枠組みに制約されない、新たなクラウド戦略の確立という意志の現れだと思います。 Linux は ガンだと言ってしまった CEO も退任したわけですし、これまでのシガラミを解いて、いろいろなことに柔軟に対応して欲しいですね。 image

ーーーーー

<関連>

Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – All About Microsoft
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている

Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Microsoft by Agile Cat on February 21, 2014

Report: Microsoft to build US$9bn Korea data center
http://wp.me/pwo1E-7ey
13 February 2014 – Yevgeniy Sverdlik
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2014/02/report-microsoft-build-us9bn-korea-data-center

_ DC Dynamics

Microsoft is planning to build a US$9bn data center in Korea, the largest investment ever by a tech multinational in the country, Seoul based Arirang TV reported, citing officials from the company’s Korean head office.

Microsoft は Korea で、$9BN のデータセンター構築を計画しているが、同国におけるハイテク多国籍による史上最大の投資額になると、Microsoft Korea 本社のコメントを引用するかたちで、Seoul ベースの Arirang TV がレポートしている。

The Redmond, Washington, company has sent a site-selection team to the country, the English-language TV network said. Busan, the country’s second largest city on the east coast, has emerged as a “strong candidate.” Microsoft constantly expands its data center capacity around the world to support its 200-plus cloud services. Its infrastructure executives recently said there were approximately 1m servers in its data centers.

この、Washington Redmond の企業は、Korea にサイト選定チームを派遣し、また、東海岸にある同国第二の都市 Busan が有力な候補地として浮上していると、English-language TV network は述べている。Microsoft は、同社の 200種類以上のクラウド・サービスをサポートするために、世界中のデータセンター・キャパシティを継続的に拡張している。 以前に、同社のインフラ担当役員は、各データセンターにあるサーバーを合わせると、約100万台になると述べていた。

Ariran reported in 2011 that Microsoft was looking at Korea and Japan as potential locations for another Asian data center and was leaning toward the former. The company’s Korea CEO James Woo said at the time that Korea was more attractive because of Japan’s devastating earthquake and tsunami that took place earlier that year.

Ariran は 2011年にも、Microsoft がアジアのデータセンター候補地として、Korea と Japan に注目しているが、前者に傾きつつあるとレポートしていた。同社の Korea CEO である James Woo は、Korea の方が魅力的になったのは、壊滅的な地震と津波が、その年の初めに Japan で起きたからだ、と発言している。

Microsoft has been investing a lot into infrastructure over the past few years as it refashions itself from a software vendor into a services company. Its cloud portfolio includes everything from its traditional software offerings provided as a service to Platform- and Infrastructure-as-a-Service offerings under the Windows Azure brand.

Microsoft は、この数年において、ソフトウェア・ベンダーからサービス企業へと転身するために、インフラの整備に対して多額の投資を行っている。そのクラウド・ポートフォリオは、これまでの、すべてのソフトウェア・プロダクツを、

Windows Azure ブランドの下での、PaaS と IaaS に置き換えていくものとなる。

Another recent expansion by Microsoft in Asia was in Shanghai through Chinese data center services provider 21Vianet. The company provided facilities for hosting Windows Azure infrastructure. In May 2013, Microsoft announced plans to expand Windows Azure infrastructure to two regions in Japan and two regions in Australia. It also has Azure data centers in Singapore and Hong Kong.

最近の、Asia を強化するための Microsoft の投資は、China Shanghai のデータセンター・サービス・プロバイダー 21Vianet を介したものとなる。この 21Vianet は、Windows Azure のインフラストラクチャをホスティングするための機能を提供している。 2013年 5月に、Microsoft は、Japan と Australia の、それぞれの 2リージョンに、Windows Azure のインフラを拡大するという計画を発表している。なお、同社は、Singapore と Hong Kong にも、Azure データセンターを有している。

The company cited an IDC forecast that said the size of Asia’s cloud computing market (excluding Japan) would reach $16.3bn by 2016. Microsoft is also building a data center in Brazil and expanding its already massive data center presence in Dublin, Ireland, and in the US, in Quincy, Washington.

同社は IDC の予測を引用しながら、Asia(Japan を除く)のクラウド・コンピューティング市場は、2016年までに $16.3bn の規模に至ると発言している。さらに Microsoft は、Brazil にデータセンターを構築し、すでに、充分なキャパシティを持つ Ireland DublinUS Washington Quincy のデータセンターを拡張していく。

In January, in a eyebrow-raising announcement, the company said it would open source the latest servers it designed to support all of its cloud services through the Open Compute Project – a Facebook-led open source hardware design effort.

この 1月に、同社から、目を見張るアナウンスメントがあった。それは、Facebook が主導するオープンソース・ハードウェア・デザインの団体である、Open Compute Project を介して、同社における、すべてのクラウド·サービスをサポートするためにデザインされた、最新のサーバー仕様をオープンするというものだ、

Bill Laing, corporate VP of Windows Server and System Center development, told us then that release of the newest design also marked a change in the company’s cloud infrastructure strategy. Instead giving every service team control over what type of hardware and how much of it they buy to support their particular service, all services will be supported by one type of server.

同社の Corporate VP of Windows Server and System Center Development である Bill Laing は、最新デザインをリリースすることは、同社のクラウド・インフラ戦略が変化することの象徴であると、私たちに語っていた。これまでは、すべてのサービス・チームに対して、それぞれのサービスをサポートするために購入すべき、ハードウェアの種類を決定する権限が与えられていたが、それに換えて、これからは、すべてのサービスを、1種類のサーバーでサポートしていくことになる。

The company expects to save on hardware purchases as a result, because it can order much higher volumes. It will also benefit from a uniform hardware refresh cycle and easier capacity planning.

結果として、同社は、より多くのハードウェアを購入するために、その費用の削減を期待している。また、ハードウェアの更新サイクルを平準化することで、キャパシティ計画も容易になるだろう。

Recommended links

ーーーーー

TAG index新体制となった Microsoft から、大掛かりなプロジェクトの発表です。ただ、タイトルにある $9 Billion は、いくらなんでも大きすぎるので、900 Million の間違えだろうと推測しています。「韓国語の数詞に関する覚書」という資料には、韓国語にも[万]という単位があると記されています。つまり、韓国語の億を、そのまま Billion と訳してしまった可能性が高いと思われます。 とは言っても、900 Million(約900億円)という数字も、データセンター投資額としては最大級のものなので、Microsoft の力の入れようが伝わってきます。そして、残念なのが、最後まで候補に残った日本が、地震のリスクが高いということで、選定されなかったことです。ただ、その他にも、日本と韓国には大きな違いがあります。それは、電気料金であり、日本の場合は韓国の 3倍という話を聞いたことがあります。昨年11月にソウルで開催された、OCP Engineering Workshop のときの話ですが、おそらく、これが本音なんでしょうね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!
Quincy に配置された Microsoft IT-PAC のフォト・ギャラリー
データセンターと地方 – どのように、Virginia 州は MS大規模 DC を誘致したのか?
Google の アジア・データセンター戦略とは?
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

Posted in .Selected, Facebook, Microsoft, Open Compute by Agile Cat on January 28, 2014

Microsoft joins Facebook-founded Open Compute Project, touts its ‘unprecedented’ contributions
http://wp.me/pwo1E-79A

By Kaylene Hong, jan 28, 2014
http://thenextweb.com/microsoft/2014/01/28/microsoft-joins-facebook-founded-open-compute-project-touts-its-unprecedented-contributions/

_TNW

The fifth summit of the Open Compute Project is happening on Tuesday, and Microsoft has revealed that it is the latest member to join the group, a Facebook-founded initiative that sees the company and its partners commit to developing and sharing designs for data center infrastructure.

Open Compute Project5回目のサミットが、この火曜日(1/28)に開催されるが、このグループに参加する、最も新しいメンバーの中に、Microsoft がいることが明らかになってきた。つまり、同社とパートナーたちが、データセンター・インフラストラクチャに関する成果やデザインを、この Facebook が設立/主導するイニシアチブと、共有していくことをコミットするわけだ。

Bill Laing, Microsoft’s corporate vice president for cloud and enterprise, says in a blog post that Microsoft will contribute what it calls its “cloud server specification” to OCP — referring to the designs for server hardware in Microsoft data centers that are being deployed for its largest global cloud services including Windows Azure, Bing, and Office 365.

Microsoft の Corporate VP for Cloud and Enterprise である Bill Laing は、「 Microsoft は、同社における Cloud Server Specification と呼ばれるものを、OCP にコントリビュートする」と、自身のブログ・ポストで述べている。 つまり、それは、Miicrosoft のデータセンターにおける、サーバー・ハードウェアのデザインを指し示すものであり、Windows Azure および、Bing、Office 365 などの、世界でも最大級のクラウド·サービスをディプロイするためのハードウェアが含まれる。

Microsoft says these servers are built to deal with the “enormous availability, scalability and efficiency requirements” of Windows Azure, its cloud platform. It says that compared to traditional enterprise server designs, the data center servers it has built to deliver its cloud services bring “up to 40 percent server cost savings, 15 percent power efficiency gains and 50 percent reduction in deployment and service times.”

Microsoft の発言によると、それらのサーバーは、同社のクラウド·プラットフォームである Windows Azure の、 「 きわめて大規模な環境における可用性/拡張性/効率性の要件」に対応するために構築されたものとなる。そして、従来からのエンタープライズ・サーバーのデザインと比較して、クラウド・サービスのために構築されたデータセンター・サーバー」は、最大で 40% のサーバー・コストの削減をもたらし、15% の電力効率の向上を達成し、さらには、デプロイメントとサービスに費やされる時間を 50% も削減するという。

Laing notes that Microsoft is the only other cloud service provider, other than Facebook, to publicly release its server specifications, and says the depth of information it is sharing with OCP is “unprecedented.”

Laing は Microsoft の取り組みについて、Facebook 以外のクラウド·サービス·プロバイダーとして、サーバーの仕様を公開していく唯一の存在であり、OCP と共有される情報は、「これまでにない、奥行き持つものになる」と指定している。

To show its commitment, Microsoft Open Technologies is also open sourcing the software code it created for the management of hardware operations including server diagnostics, power supply and fan control. The code is available on GitHub from today onwards.

このコミットメントを示すために、Microsoft Open Technologies も、ハードウェア運用におけるマネージメントのために作成された、ソフトウェア·コードをオープン・ソースにしている。それらは、サーバーの診断や、パワー・サプライ、ファン・コントロールを含むものである、今日から GitHub で提供されている。

“The Microsoft cloud server specification for OCP will help drive hardware innovation for cloud computing, which strengthens the Cloud OS vision to give customers a consistent platform for better IT efficiency and economics,” Laing says.

そして Laing は、「 OCP にコントリビュートされる Microsoft のクラウド・サーバー仕様は、クラウド・コンピューティングのためのハードウェア・イノベーションを促進するものになる。それは、顧客に提供される、Cloud OS のビジョンを強化するものとなり、より優れた IT のために、効率性と経済性を考慮した、一貫性のあるプラットフォームを実現していく」と述べている。

Headline image via Eric Piermont/AFP/Getty Images

ーーーーー

TAG indexアメリカ時間の 1月28日に開催される、OCP Summit に参加するため、San Jose に来ています。いまは、夜中の3時ですが、時差で眠れないので、OCP 関連の情報を探していたら、こんなニュースが提供されていました。 昨日には、登録を済ませてきたので、イベントのスケジュールも受け取って入るのですが(クリックで拡大)、詳細は明日にならないと分からないそうです。それにしても、Microsoft も OCP に参加するというのは、とても良いニュースですね。おそらく、9時から始まるキーノートで紹介されるのだと予測していますが、どんな話が出てくるのか、それが楽しみで、ワクワクしています。image

ーーーーー

<関連>

SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Linaro が OCP に参加 : Linux on ARM in DC が加速していく!
OCP オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

%d bloggers like this: