Agile Cat — in the cloud

インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on April 19, 2014

Get ready for India’s smartphone explosion (INFOGRAPHIC)
http://wp.me/pwo1E-7pS
April 18, 2014 – by
Josh Horwitz
http://www.techinasia.com/india-smartphone-explosion-infographic/

_ tech in asia

Jana, the Boston-based marketing and market intelligence firm, released an infographic yesterday on India’s smartphone market. It’s relatively simple as far as these types of reports go, but we like it because it underscores a few quick and dirty points.

昨日のことだが、Boston ベースの、マーケティング/マーケット調査会社である Jana が、India のスマホ市場に関するインフォグラフィクスをリリースした。 この種のレポートが、分析できる範囲に限りがある。 そして Jana も、相対的にシンプルなものを提供しており、論点を明確に絞り込んでいる点を評価したい。

  • Indian smartphones are dirt cheap.
  • Tons of Indian smartphone buyers (92 percent) will be buying a device for the first time this year.
  • India, like many other developing economies, is Android country.
  • India のスマホは、どうしようもなく安い。
  • India の膨大なスマホ・ユーザーたちが(92%)、デバイスを買い始めるのが、今年である。
  • India は、その他の開発途上国と同様に、Android の国になる。

 

↓ クリックで、フル・インフォグラフィクスへ ↓

 

Thumbnail image via Flickr user vigrigas

ーーーーー

TAG indexこのところ、インドの動きが、とても気になっている Agile_Cat です。 そして、トラフィック・ベースで、Android が Windows 7 を凌駕している国は、おそらくインドだけという認識はありますので、ここで、とんでもない事が起こると感じてはいました。 しかし、$100 スマホではなく、すでに $50 スマホの世界に突入しているとは、思ってもいませんでした。なんというか、凄まじいパワーです。image

ーーーーー

<関連>

インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
インドのブロードバンドは、3G Connection により急成長する
WhatsApp の インド市場 : あっという間に 3000万ユーザーに拡大!
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北

Posted in .Selected, Asia, Google, Strategy by Agile Cat on April 16, 2014

Cloud platform for Taiwanese enterprises rolled out by Google
http://wp.me/pwo1E-7pr
The China Post – April 16, 2014
http://www.chinapost.com.tw/business/company-focus/2014/04/16/405461/Cloud-platform.htm

TAIPEI — Google Inc. rolled out its cloud computing-based platform for enterprises in Taiwan yesterday on its first stop of an Asian tour to promote its cloud business services.

TAIPEI — クラウド・ビジネス・サービスを促進するために、アジア・ツアーを展開している Google だが、その最初の訪問国である Taiwan で、クラウド・コンピューティングをベースにした、ローカル企業のためのプラットフォームを披露した。

The Web search giant said the Google Cloud Platform will enable developers to build, test and deploy applications on Google’s infrastructure, including computing, storage and application services designed for Web-based, mobile and backend solutions.

この Web サーチの巨人が言うには、Google Cloud Platform によりデベロッパーたちは、アプリケーションの構築/テスト/ディプロイを、Google インフラ上で実現することになる。そして、このインフラには、Web/Mobile/Backend ソリューションのためにデザインされた、コンピューティング/ストレージ/アプリケーションのサービスなどが含まれる。

Google said it has added new language support for traditional Chinese and Japanese versions of the cloud platform’s website, and will later introduce the platform to more Asian markets, including Japan, South Korea and Hong Kong.

さらに Google は、このクラウド・プラットフォームの Web サイトで、新たな言語として Traditional Chinese と Japanese をサポートし、また、Japan/South Korea/Hong Kong などを含むアジア市場へ向けて、このプラットフォームを紹介していくことになる。

Daniel Powers, director of global sales for the Google Cloud Platform, told a press conference in Taipei that Google has spent 15 years building its cloud computing infrastructure.

Google Cloud Platform の Director of Global Sales である Daniel Powers は、Taipei で開催されたプレス・カンファレンスにおいて、同社が 15年を費やしてきた、そのプラウド・プラットフォーム・インフラについて説明した。

The company is glad to make that infrastructure available for developers and businesses around the world to help them build applications and scale up their businesses, he said.

そして、Daniel Powers は、世界中のデベロッパーやエンタープライスによる、アプリケーション構築とビジネス展開を支援するために、このインフラストラクチャを利用してもらえることを、嬉しく思うと述べている。

Google charges a basic fee for the business services based on the number of e-mail accounts opened. It said that businesses using the services can save money compared to the amount it would cost them to set up the same infrastructure on their own.

Google が言うには、それらのエンタープライスがすでに開設している、電子メールのアカウント数をベースにして、このビジネス·サービスをディスカウントしていくようだ。つまり、このサービスを利用するエンタープライズは、同一のインフラを活用するため、全体的な費用を低減できることになる。

Paid services on the platform, such as the Cloud Storage online storage solution and the Google BigQuery analytics tool for multi-terabyte datasets, are also now priced 30 to 85 percent lower than their previous versions, Google said.

このプラットフォーム上の有償サービスである、オンライン・ストレージ·ソリューションの Cloud Storage や、テラバイト・データセットのための分析ツールである Google BigQuery なども、以前のバージョンと比べて 30%〜85% ほど値下げされていると、Google は述べている。

The Google Cloud Platform currently supports more than 4.75 million applications, and the platform’s App Engine handles 28 billion online requests for computing per day, according to Google.

Google によると、現時点における Google Cloud Platform は 4.75 Million 以上のアプリケーションをサポートし、また、このプラットフォーム上の App Engine は 28 Billion/Day のオンライン・リクエストを処理しているようだ。

Research firm IDC has forecast that the cloud computing industry will grow to US$107 billion by 2017, more than double from an estimated US$47.4 billion in 2013.

調査会社である IDC が予測するには、クラウド・コンピューティング業界の売上は、2017年には $107 Billion に至るようだ。それは、2013年の $47.4 Billion と比較して、二倍以上の成長となる。

ーーーーー

imageいまは、16日の 5AM ですが、この China Post の他にも、以下のニュース・サイトが Google のアジア展開を報じています。また、 Google の日本語サイトも見てみましたが、上記の「ディスカウント」に関する記載は見つかりませんでした。どのような料金体系にしてくるのか、とても気になりますね。ac-stamp-232

Google Cloud expands footprint into Asia Pacific zones ZDNet 
Google steps up competition with Amazon, expands Cloud Platform to Asia InfoWorld 
Google Cloud Platform Expands To Asia Pacific With 2 New Compute Engine TechCrunch
Google fires up Asia Pacific region Cloud Platform ZDNet
Google bolsters global cloud presence with Asian data centers SiliconANGLE

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
Google Compute Engine の登場で、どのような影響が IssS 業界に?

Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート

Posted in Asia, Research, Telecom by Agile Cat on April 10, 2014

Tata Communications positioned as leader in Gartner Magic Quadrant
http://wp.me/pwo1E-7om

April 1, 2014 – CIOL Bureau
http://www.ciol.com/ciol/news/212097/tata-communications-positioned-leader-gartner-magic-quadrant

MUMBAI, INDIA: Tata Communications, a leading provider of A New World of Communications, has been positioned in the ‘Leaders’ quadrant of the Gartner Magic Quadrant for Global Network Service providers for the first time.

MUMBAI, INDIA: A New World of Communications のリーディング・プロバイダーである Tata Communications が、Gartner Magic Quadrant for Global Network Service Providers で、初の Leaders の座を勝ち取った。

The Magic Quadrant evaluates companies based on ‘completeness of vision’ and ‘ability to execute’.

この、Magic Quadrant では、「 Completeness of Vision 」と「 Ability to Execute 」に基づいて、それぞれの企業が評価される。

Tata Communications’ strategy is based on its strong network presence in the emerging and developed markets

According to Gartner, "The number of organisations requiring global networking services continues to grow, due to globalisation and the growing adoption of cloud services, which are often hosted in different markets from the point of consumption. Organisations’ appetite for more bandwidth shows no signs of diminishing, with video machine-to-machine communications and big data, coupled with IT centralisation, as the primary drivers. Reliability and performance control are growing in importance as business processes become ever more IT-dependent; in addition, IT architectures (such as thin-client computing) place ever greater reliance on the network."

Gartner によると、「 グローバルなネットワーク・サービスを必要とする組織の数は、消費が生じる多様なマーケットでホストされ、また、グローバル化していくクラウド・サービスの採用に応じて、成長し続けている。より多くの帯域幅を望む、それらの組織における渇望は、集中化された IT に結合される Video/M2M/Big Data などにより、一向に衰えを見せる気配がない。また、ビジネス・プロセスの重要性の中で増大し続ける、信頼性と性能への要求は、これまで以上に IT 依存を強めている。さらに付け加えるなら、IT のアーキテクチャ自身が(例:Thin Client)、ネットワークへの信頼性の上に構築されている」という状況にある。

Sumeet Walia, Head of Global Enterprise Business, Tata Communications, says: "Through the years, we’ve made several investments in our network infrastructure and services; I believe this leaders’ position is a substantial achievement which truly represents how far we have come. I also believe this report shows our strategic roadmap in terms of network and managed service capabilities; our strength in both, developed and emerging markets such as Africa, the Middle East and Asia/Pacific; and our focus on customer experience.”

Tata Communications の Head of Global Enterprise Business である Sumeet Walia は、「 私たちは、何年にもわたって、ネットワークのインフラおよびサービスに、それなりの投資を行ってきた。そして、このリーダーのポジションという素晴しい成果は、私たちが進んできた長い道のりを端的に示している。このレポートが示している、戦略的なロードマップは、ネットワークとマネージド・サービスの面で評価されていると信じている。私たちの強みは、Africa/Middle East/Asia-Pacific といった、急激に成長している開発途上国にある。そして、もちろん、私たちは、顧客のエクスペリエンスに注力している」と、述べている。

Tata Communications’ strategy is based on its strong network presence in the emerging and developed markets, its portfolio of IP and cloud services, strategic partnerships and its transformation to a managed services business model. Tata Communications has demonstrated strength in providing catalyst services such as MPLS and Ethernet solutions and Content Delivery Network services which have been extensively field-tested and successfully implemented through various partnerships. Tata Communications will also see the roll-out of new cloud enablement offerings, including cloud-based WAN optimisation services thereby enhancing its cloud portfolio.

Tata Communications の戦略は、急激に成長している開発途上国のマーケットで、強固なネットワークをプレゼンスとして示すところに基づいている。それに加えて、IP とクラウドのサービスや、戦略的なパートナーシップ、マネージド・サービスへの移行で構成される、ビジネス・モデルのポートフォリオも重視されている。また、Tata Communications は、触媒となるサービスを提供することが、つまり、様々なパートナーシップを介して、MPLS と Ethernet のソリューションや、CDN(Content Delivery Network)サービスなどを実装し、広範囲におよびフィールド·テストをパスすることが、その強さを証明するとしている。さらに Tata Communications は、自身のクラウド・ポートフォリオを強化する、クラウドベースの WAN 最適化サービスなどを取り込むことで、新しいクラウドの定義を展開しようとしている。

Genius Wong, senior vice president, Global Network Services, Tata Communications, adds, "Our network strength is our key differentiator and we’re very pleased with Gartner’s evaluation and the leaders’ position. Going forward, we will continue to leverage our global network, vertical intelligence and leadership in developed and emerging markets to deliver value-driven, global managed solutions which will ultimately give our customers the speed to lead!”

Tata Communications の VP Global Network Services である Genius Wong は、「 私たちのネットワークの強さは、差別化のための重要な要因であり、また、Gartner の評価とリーダーのポジションには、とても感謝している。さらに前進することで、これからも私たちは、急激に成長する途上国において、グローバル・ネットワークと、垂直マーケットへの理解、そしてリーダーシップを強化していく。それが、顧客のビジネスに、究極の先進性とスピードを与えることになる!」と、付け加えている。

ーーーーー

TAG indexインドにおけるキャリアの話となると、昨年の 6月にポストした「 インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる? 」という抄訳を思い出します。これは、モバイル・キャリアとナショナル・セキュリティを切り離すという、とてもドラスティックな政策なのですが、その一方では、Tata によるグローバル展開を、インド政府は支援しているのだろうとも思えます。ちゃんと調べたわけではありませんが、Tata は海底ケーブルの保有率におて、かなり上位にランクされていると聞いたことがあります。また、インド国内のトラフィック分布も、モバイルが他を圧倒するという、世界に類を見ない発展の仕方を示しています。 このチャートは(クリックで拡大)、PC からスマホにいたる、すべての OS を比較したものですが、すでに Android が Windows 7 を追い抜いています。 おそらく、この特筆すべきインドのモデルを、アフリカ諸国は追いかけていくでしょう。 Gartner が Tata を高く評価する背景には、こんなことも有るのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!
中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!

Posted in Asia, Mobile, Research, Telecom by Agile Cat on April 1, 2014

China has 1.24 billion mobile phone users in February, says MIIT
http://wp.me/pwo1E-7mB

Adam Hwang, DIGITIMES, Taipei [Monday 31 March 2014]
http://www.digitimes.com/news/a20140330VL201.html

There were 1.24 billion subscribers of mobile communication services in China as of February 2014, growing 0.36% sequentially and 9.52% on year, and 429.79 million (34.67%) of them were 3G users and 839.05 million (67.68%) mobile Internet-access users, according to China’s Ministry of Industry and Information Technology (MIIT).

China の Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) によると、同国のモバイル通信サービスのサブスクライバーは、2014年 2月時点において  12.4億人に達したようだ。この数字は、前月比で 0.36% の増加であり、前年比で 9.52% の成長だとされる。その中で、3G ユーザー数は 4.3 億人 (34.67%)であり、また、モバイルでインターネットにアクセスするユーザー数は 8.4億人 (67.68%) となる。

The number of subscribers in February accounted for 90.8% of the country’s population. The number of subscribers of fixed telephone services in China was 264.88 million, or 19.7% of the population.

この、2月の時点におけるモバイル・サブスクライバー数が、同国の人口に対して、90.8% の割合を占める。 ちなみに、固定ラインでインターネットにアクセスするユーザー数は 2.6 億人であり、人口に占める割合は 19.7% になる。

In February, mobile phone subscribers in China sent 53.04 billion text messages, or 1.53 text messages per phone number a day; mobile access to the Internet resulted in total traffic of 128,252Tb.

また、この 2月において、China のモバイル・ユーザーたちは、530億のテキスト・メッセージを発信している。この数字を日割りで換算すると、1ユーザーあたりの発信数は 1.53 回となる。 また、トータルにおけるモバイル・トラフィックは、128,252Tb に達している。

ーーーーー

TAG index上記のチャートは、2013年 2月にポストした、「iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く! 」という抄訳からのものです。Android と iOS の合計ということなので、この時点で、2.5億人ほどの 3G ユーザーが居たことになります。そして、さらに、1年間で 2億人ほどが上積みされて、4.3 億の 3G ユーザーという計算なのでしょう。先日にポストした、「中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?」という抄訳では、2013年末の時点で、4.17億人の 3G サブスクライバーとされているので(MIIT ベース)、その数は、着実にのびているようです。それにしても、ケータイ全体を合わると、12億人(分)というのは、ほんとスゴイですね!image

ーーーーー

<関連>

Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る

Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:しかし、WeChat も WhatsApp も強敵だ!

Posted in Asia, Line, Social by Agile Cat on March 29, 2014

Line now has 390 million users with Japan and Thailand as top countries
http://wp.me/pwo1E-7mc

March 27, 2014 – Saiyai Sakawee
http://www.techinasia.com/line-390-million-users-japan-thailand-top-countries/

_ tech in asia

Today, along with the opening of a new Bangkok office, the makers of Line messaging app revealed its latest user numbers – 390 million registered users worldwide.

今日(3/27)、Bangkok オフィスを開設した メッセージング・アプリの Line が、ワールドワイドにおける直近の登録ユーザー数を発表した。 その数たるや、なんと 3.9億人だ!

Last August Line had 230 million registered users. Seven months on and that number has grown by almost 70 percent. However, Line still refuses to disclose how many active users it has, which is a much more useful metric. WeChat has 355 million active users right now, while WhatsApp has 465 million.

昨年 8月の時点で、Line は 2.3 億人の登録ユーザーを有していた。それから 7ヶ月の間に、その人数は 約70% も成長しているのだ。 しかし Line は、それよりも遥かに有用な尺度である、アクティブ・ユーザー数の開示を拒んでいる。 WeChat に関しては、現時点で 3.55億人のアクティブ・ユーザーがいる。その一方で、WhatsApp は 4.65億人となる。

The top countries for Line are Japan with 50 million users, followed by Thailand with 24 million. Japan had 47 million users back in August of last year, while Thailand had 22 million in January.

Line のユーザー数を国別に見ていくと、1位は Japan の 5000万人であり、2位の Thailand が 2400万人で続いている。 昨年 8月時点の、Japan のユーザー数は 4700万人であり、今年 1月時点の、Thailand のユーザー数は 2200万人であった

According to Japan-based Line Corp, the growth in Thailand was due to four main factors: its partnerships with local companies, features and services localized in the Thai language, providing more local content, and opening a Thailand office with local employees.

Japan ベースの Line Corp によると、Thailand での成長には、4つの要因があるという。具体的には、1. 地元企業とのパートナーシップ、2. サービスの Thai 語ローカライズ、3. ローカル・コンテントの拡充、Thailand オフィスの開設と地元従業員の採用、、、となる、

Jin-woo Lee, country director of Line Thailand, commented today:

Line Thailand の Country Director である Jin-woo Lee は、以下のコメントを提供している:

We have come here to show Thai users that we are committed to the Thai market and we will do our best to meet all users’ needs. We also aim to have 500 million users worldwide by the end of 2014.

私たちは Thai マーケットにコミットし、また、すべてのユーザー・ニーズを満たすために最善を尽くす。 それを、Thai のユーザーに示すために、このオフィスを開設した。 そした、私たちは 2014年末までに、ワールドワイドで 5億人のユーザーを得ることを目指していく。

Editing by Steven Millward

ーーーーー

_ Lineイケイケの Line ですね! WeChat や WhatsApp と比較すると、マネタイズでは確固たるものを持ち、ユーザー数では少し後れを取っているというのが、いまの Line のポジションだと思えます。WeChat が、中国からワールドワイド市場を狙い、WhatsApp もインドなどで実績を出しています。 もちろん、我らが Line も東南アジアで素晴らしい展開を見せてくれています。 その他にも、アメリカには Facebook を袖にした SnapChat がいますし、古参の Skype もいます。 そして、韓国には KaKao Talk がいます。 まさに、戦国時代のソーシャル・メッセージングですが、ここから誰が抜け出してくるのでしょうか? 興味シンシンですね! image

ーーーーー

<関連>

LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?
WhatsApp:買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
WhatsApp や Skype や Line は、どのように世界を住み分けているのか?

中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by Agile Cat on March 15, 2014

China aims at 50 million 4G users by end of year
http://wp.me/pwo1E-7jL

February 20, 2014 – by Steven Millward
http://www.techinasia.com/china-aims-for-50-million-4g-subscribers-end-2014/

_ tech in asia

China’s Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) is hoping to see up to 50 million subscribers to the nation’s relatively new 4G network by the end of the year.

China の Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) は、その人口に比例したカタチで、この年末までに、50 Million の4G サブスクライバーが誕生すると期待している。

MIIT’s Wen Ku says that 30 million would be a conservative number for the 4G user-base, while 50 million is more optimistic. For a sense of scale, China had 417 million 3G subscribers at the end of 2013.

MIIT の Wen Ku は、4G のユーザーベースについて、固く見て 3000万人で、楽観的に見れば 5000万人になるだろうと述べている。 その背景となるスケールは、2013年末の 4.17億人という、中国の 3G サブスクライバーである

China Mobile (NYSE:CHL; HKG:0941) switched on its 4G network mid-December, but it’s limited to a handful of key cities for now. The two other telcos, China Telecom and China Unicom, have yet to roll out LTE. So China’s uptake of 4G will be stunted by the slow and gradual roll-out across telcos and more areas of the country. But China Mobile believes it will have more than 344 cities covered by the end of the year.

China Mobile (NYSE:CHL; HKG:0941) は、昨年 12月の中旬に、4G ネットワークへとスイッチしているが、その範囲となると。一握りの主要都市に限定されている。別の二社である China Telecom と China Unicom は、まだ LTE を展開するには至っていない。したがって、中国における 4G への取り込みは、それらの通信会社と広い国土へ、緩やかに浸透していくという展開であり、急速な成長は望めないだろう。しかし、China Mobile は、今年の末までに、344都市以上がカバーされると考えている。

Another stumbling block is the lack of affordable 4G devices in the China market. Apple’s iPhone now supports 4G in the nation, but mass adoption won’t happen until more affordable brands, like Xiaomi or Coolpad, roll out enticing LTE phones.

もう1つの失策は、China 市場において、手頃な価格の 4G デバイスが欠如している点である。Apple の iPhone は、中国国内でも 4G をサポートしているが、魅力的な LTE フォンを展開している XiaomiCoolpad のような、手軽に購入できるマス・ブランドにはなっていない。

(Source: Marbridge Daily and Techweb)

See – IDC: Samsung continues to take the lead the smartphone market in China

Editing by Josh Horwitz

ーーーーー

TAG index 先日の「 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月 」でも触れたのですが、中国におけるモバイル・トラフィックの比率が、意外なことにワールドワイドの平均に達していないのです。デバイスの数量では世界をリードしている中国市場ですが、ここで LTE シフトが遅れると、その勢いが削がれてしまうことも考えられます。 この記事を訳し始めた時は、中国の勢いを誇示するものだと思いましたが、言いたいことは、その正反対である、中国の焦りなのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
中国の検索マーケットは $39B に成長し、2016年には $75B にいたる!

海外 Internet Speed テスト − 2014年版

Posted in .Selected, Data Center Trends, Research, Telecom by Agile Cat on March 14, 2014

アメリカ、台湾、シンガポール、日本国内を、比較する
http://wp.me/pwo1E-7jq

Agile_Cat_Loupe

2009年にポストした「海外 Internet 速度テスト」というコンテントが、このところ、よく参照されているので、その 2014年版を作成してみました。 利用したサイトは、OOKLA Speedtest というところで、GUI として提供されるマップを用いて、調べてみたい場所を、わりと簡単に指定できます。今回、調べてみたロケーションは、Tokyo/Taipei/Sakhalinsk/Singapore/San Jose/Manassas(VA)です。

Tokyo

この OOKLA をオープンすると、以下のような画面が表示されます。もちろん、どこからのアクセスなのか、サイト側は分かってますので、東京が表示されます。この「BEGIN TEST」をクリックするだけで、スピード・テストが開始されます。ちょっと紛らわしい、広告のボタンがあるので、注意してくださいね。

以下は、計測中の画面です。計測地である神奈川と、ターゲットである東京の Alocac が接続されている様子が、このように表示されます。

そして、計測結果です。 Agile_Cat が使用している ISP は UCOM ですが、このような速度が得られました。なかなか、イイ感じです!

Taipei

次は台北です。 黄色の 「 NEW SERVER」というボタンをクリックし、GUI で提供されるマップから、台北の Far Eastone というロケーションを選んでいます。前回のテストの時は、Anet というロケーションで、下りが 9M 弱でしたから、ずいぶんと高速化されているようです。

結果は、以下のとおりです。東京と比較してみると、下りは ほぼ同等で、上りが遅いという結果です。とは言え、ほとんど日本国内と変わらない数値であり、アジアは1つという感じがしてきますね。

Sakhalinsk

今度は、北へ行ってみます。 ロケーションはサハリンの LLC Sakh TV というところです。最近は Equinix が進出しているようですが、ここから、ヨーロッパへ抜ける回線が、利用できるのだろうと推測しています。 この数値は、数年前の東南アジアとの接続と同じレベルですが、今後に期待したいですね。

Singapore

再び南へ向かい、こんどはシンガポールの SingTel です。ほぼ、台湾と同等という感じです。 この数年の間に、東シナ海と南シナ海に投資された海底ケーブルが、こうした数値を叩き出しているのでしょう。

San Jose

今度は、太平洋を渡ってみます。 サンノゼに SoftLayer があったので、そこで計測してみました。これも、素晴らしい数値ですね。

Manassas

最後に、アメリカの東海岸へ行ってみました。このところ、Open IX の活動が活発な、ノーザン・バージニアの Manassas を選んでみました。

ーーーーー

TAG indexこの、OOKLA Speedtest を利用すれば、世界の、ありとあらゆるロケーションを対象にして、インターネット速度を計測できます。 しかも、マップを使って探すことが可能なので、とても簡単です :) そして、驚くのが、4~5 前の計測値と比較して、世界の各地が、とても近づいていることです。 こうした、インターネットの接続スピードだけが要因ではありませんが、データセンターのロケーション選びの基準が、少しずつ変わってきているようにも思えます。 日本のデータセンターから、アジアのマーケットへ向けた、クラウド・サービスの提供が、活発になっていくと良いですね!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Microsoft by Agile Cat on February 21, 2014

Report: Microsoft to build US$9bn Korea data center
http://wp.me/pwo1E-7ey
13 February 2014 – Yevgeniy Sverdlik
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2014/02/report-microsoft-build-us9bn-korea-data-center

_ DC Dynamics

Microsoft is planning to build a US$9bn data center in Korea, the largest investment ever by a tech multinational in the country, Seoul based Arirang TV reported, citing officials from the company’s Korean head office.

Microsoft は Korea で、$9BN のデータセンター構築を計画しているが、同国におけるハイテク多国籍による史上最大の投資額になると、Microsoft Korea 本社のコメントを引用するかたちで、Seoul ベースの Arirang TV がレポートしている。

The Redmond, Washington, company has sent a site-selection team to the country, the English-language TV network said. Busan, the country’s second largest city on the east coast, has emerged as a “strong candidate.” Microsoft constantly expands its data center capacity around the world to support its 200-plus cloud services. Its infrastructure executives recently said there were approximately 1m servers in its data centers.

この、Washington Redmond の企業は、Korea にサイト選定チームを派遣し、また、東海岸にある同国第二の都市 Busan が有力な候補地として浮上していると、English-language TV network は述べている。Microsoft は、同社の 200種類以上のクラウド・サービスをサポートするために、世界中のデータセンター・キャパシティを継続的に拡張している。 以前に、同社のインフラ担当役員は、各データセンターにあるサーバーを合わせると、約100万台になると述べていた。

Ariran reported in 2011 that Microsoft was looking at Korea and Japan as potential locations for another Asian data center and was leaning toward the former. The company’s Korea CEO James Woo said at the time that Korea was more attractive because of Japan’s devastating earthquake and tsunami that took place earlier that year.

Ariran は 2011年にも、Microsoft がアジアのデータセンター候補地として、Korea と Japan に注目しているが、前者に傾きつつあるとレポートしていた。同社の Korea CEO である James Woo は、Korea の方が魅力的になったのは、壊滅的な地震と津波が、その年の初めに Japan で起きたからだ、と発言している。

Microsoft has been investing a lot into infrastructure over the past few years as it refashions itself from a software vendor into a services company. Its cloud portfolio includes everything from its traditional software offerings provided as a service to Platform- and Infrastructure-as-a-Service offerings under the Windows Azure brand.

Microsoft は、この数年において、ソフトウェア・ベンダーからサービス企業へと転身するために、インフラの整備に対して多額の投資を行っている。そのクラウド・ポートフォリオは、これまでの、すべてのソフトウェア・プロダクツを、

Windows Azure ブランドの下での、PaaS と IaaS に置き換えていくものとなる。

Another recent expansion by Microsoft in Asia was in Shanghai through Chinese data center services provider 21Vianet. The company provided facilities for hosting Windows Azure infrastructure. In May 2013, Microsoft announced plans to expand Windows Azure infrastructure to two regions in Japan and two regions in Australia. It also has Azure data centers in Singapore and Hong Kong.

最近の、Asia を強化するための Microsoft の投資は、China Shanghai のデータセンター・サービス・プロバイダー 21Vianet を介したものとなる。この 21Vianet は、Windows Azure のインフラストラクチャをホスティングするための機能を提供している。 2013年 5月に、Microsoft は、Japan と Australia の、それぞれの 2リージョンに、Windows Azure のインフラを拡大するという計画を発表している。なお、同社は、Singapore と Hong Kong にも、Azure データセンターを有している。

The company cited an IDC forecast that said the size of Asia’s cloud computing market (excluding Japan) would reach $16.3bn by 2016. Microsoft is also building a data center in Brazil and expanding its already massive data center presence in Dublin, Ireland, and in the US, in Quincy, Washington.

同社は IDC の予測を引用しながら、Asia(Japan を除く)のクラウド・コンピューティング市場は、2016年までに $16.3bn の規模に至ると発言している。さらに Microsoft は、Brazil にデータセンターを構築し、すでに、充分なキャパシティを持つ Ireland DublinUS Washington Quincy のデータセンターを拡張していく。

In January, in a eyebrow-raising announcement, the company said it would open source the latest servers it designed to support all of its cloud services through the Open Compute Project – a Facebook-led open source hardware design effort.

この 1月に、同社から、目を見張るアナウンスメントがあった。それは、Facebook が主導するオープンソース・ハードウェア・デザインの団体である、Open Compute Project を介して、同社における、すべてのクラウド·サービスをサポートするためにデザインされた、最新のサーバー仕様をオープンするというものだ、

Bill Laing, corporate VP of Windows Server and System Center development, told us then that release of the newest design also marked a change in the company’s cloud infrastructure strategy. Instead giving every service team control over what type of hardware and how much of it they buy to support their particular service, all services will be supported by one type of server.

同社の Corporate VP of Windows Server and System Center Development である Bill Laing は、最新デザインをリリースすることは、同社のクラウド・インフラ戦略が変化することの象徴であると、私たちに語っていた。これまでは、すべてのサービス・チームに対して、それぞれのサービスをサポートするために購入すべき、ハードウェアの種類を決定する権限が与えられていたが、それに換えて、これからは、すべてのサービスを、1種類のサーバーでサポートしていくことになる。

The company expects to save on hardware purchases as a result, because it can order much higher volumes. It will also benefit from a uniform hardware refresh cycle and easier capacity planning.

結果として、同社は、より多くのハードウェアを購入するために、その費用の削減を期待している。また、ハードウェアの更新サイクルを平準化することで、キャパシティ計画も容易になるだろう。

Recommended links

ーーーーー

TAG index新体制となった Microsoft から、大掛かりなプロジェクトの発表です。ただ、タイトルにある $9 Billion は、いくらなんでも大きすぎるので、900 Million の間違えだろうと推測しています。「韓国語の数詞に関する覚書」という資料には、韓国語にも[万]という単位があると記されています。つまり、韓国語の億を、そのまま Billion と訳してしまった可能性が高いと思われます。 とは言っても、900 Million(約900億円)という数字も、データセンター投資額としては最大級のものなので、Microsoft の力の入れようが伝わってきます。そして、残念なのが、最後まで候補に残った日本が、地震のリスクが高いということで、選定されなかったことです。ただ、その他にも、日本と韓国には大きな違いがあります。それは、電気料金であり、日本の場合は韓国の 3倍という話を聞いたことがあります。昨年11月にソウルで開催された、OCP Engineering Workshop のときの話ですが、おそらく、これが本音なんでしょうね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!
Quincy に配置された Microsoft IT-PAC のフォト・ギャラリー
データセンターと地方 – どのように、Virginia 州は MS大規模 DC を誘致したのか?
Google の アジア・データセンター戦略とは?
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

%d bloggers like this: