Agile Cat — in the cloud

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by agilecat.cloud on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/06/02/21730-chinas-x86-server-market-grew-23-in-q1-2015
 
_ China Tech News
 
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
 
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
 
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
 
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
 
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
 
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
 
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
 
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
 
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
 
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?

Posted in Asia, IoT, Telecom by agilecat.cloud on June 19, 2015
Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
May 29, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/05/29/21722-internet-of-things-platform-boosts-china-mobiles-services
_ China Tech News
 
China Mobile has launched two Internet of Things platforms targeting Chinese enterprise users.
 
China Mobile が、同国のエンタープライズ・ユーザーをターゲットに、2種類の IoT プラットフォームを立ち上げた。
 
During CES Asia 2015, the telecommunications company unveiled its Internet of Things exclusive business management platform and its OneNet device cloud platform.
 
先日に開催されていた CES Asia 2015 において、このテレコム企業は、IoT Exclusive Business Management Platform と、OneNet Device Cloud Platform を発表している。
 
China Mobile IoTThe Internet of Things business management platform combines statistical analysis and an API interface for businesses to build hardware and software tools around China Mobile’s offering. China Mobile says its IoT exclusive business management platform has already been tested on networks comprising a real-time management scenario of nearly five million devices.
 
その IoT Exclusive Business Management Platform は、China Mobile が提供するハードウェアやソフトウェア・ツールの構築を推進するために、エンタープライズのための統計分析と API インターフェイスを統合するものである。China Mobile の発言によると、この IoT プラットフォームは、約 500万台のデバイスに対応する、リアルタイム・マネージメントのシナリオを含んだ、ネットワーク上でテストされているという。
 
The OneNet device cloud platform is a cloud service and information handling platform the connects terminals and applications. It provides Internet of Things enterprises with multiple protocols and access support and it can realize connection between smart devices and applications. In addition, it provides professional PaaS cloud services, targeting product prototyping, commercial use, and daily management.
 
そして、OneNet Device Cloud Platform はというと、クラウド・サービスと情報ハンドリングのプラットフォームであり、ターミナルとアプリケーションを接続するものになる。それは、マルチ・プロトコルとアクセス・サポートを用いて、IoT エンタープライズを提供していくものとなる。さらに言えば、スマート・デバイスとアプリケーションの接続を、具体的に実現していくものとなる。それに加えて、製品プロトタイプ/商用における利用/日常での管理という流れをターゲットにした、プロフェッショナルのための PaaS クラウド・サービスも提供する。
 
China Mobile also displayed its energy consumption monitoring platform, smart community platform, and communication module for use in industrial applications. By using a wireless sensing device, the energy consumption monitoring platform can use data to dynamically adjust related equipment to promote a good allocation of energy. The smart community platform can integrate residential properties, family security services, household services and LBS applications to create a secure environment.
 
さらに China Mobile は、産業用アプリケーションで使用するための、エネルギー消費を監視するプラットフォーム、および、スマート・コミュニティのためのプラットフォーム、そして、通信モジュールを展示していた。このエネルギー消費監視プラットフォームは、なんらかのワイヤレス・センサー・デバイスを用いて、データを有効利用していく。 たとえば、相互に関連し合う生産ラインを動的に調整し、適切なエネルギー配分を促進していくようなことが考えられる。また、スマート・コミュニティ・プラットフォームは、安全な生活環境を実現するために、住宅と家族のセキュリティ・サービスや、家庭用のサービス、そして LBS アプリケーションなどを統合していく。
 
These IoT services are slowly rolling out throughout China. China Mobile says it plans to be the cornerstone service provider for all IoT services in both hardware and software areas.
 
一連の IoT サービスは、ゆっくりと時間をかけながら、China 全土に展開されていく。 China Mobile は、ハードウェアとソフトウェアにおいて、すべての IoT サービスを展開していく、不可欠なサービス・プロバイダになっていく計画だと発言している。
 
ーーーーー
IoT現時点で、6億人とか 7億人とか言われているモバイル・ユーザーを、抱え込んでいる中国の余裕を感じてしまう計画ですが、どちらかと言うと、製造業から固めていく方針のようですね。 そして、訳しながら考えていたのは、台湾や中国のような ODM を抱える国々が、独自の IoT を生産ラインに組み込んでいき、そこで生産されたプロダクトが国外の消費者に手渡されたとき、どのような状況が生じるのかという点です。 たとえば、Foxconn で製造された iPhone は、ユーザーが利用する段階になっても、Foxconn とつながっているのいないのか・・・ という疑問なのです。 もちろん、ユーザーも Apple も、それを望まないでしょうが、たとえばリコールなどが発生したときや、新たなロットを他国で製造するときに、Apple は Foxconn に頼ることなく、すべてを処理できるのでしょうか?  製造という行為に対して、IoT が新たな付加価値を与えていくように思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!

Posted in Advertising, Asia, Facebook, Social by agilecat.cloud on June 18, 2015
Facebook is raking in massive amounts of money from one part of the world
Jennifer Saba, Reuters –  Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-is-raking-in-massive-amounts-of-money-from-one-part-of-the-world-2015-6
 
_ Business Insider
 
Overseas markets bring in more advertising revenue than the United States for Facebook, amounting to 51 percent of global ad sales in the first quarter, with growth in Asia the fastest in the world at 57 percent, company executives told Reuters.
 
Facebook の幹部が Reuters に語ったところによると、その収益において、海外マーケットが US マーケットを上回ったようだ。 この 2015年 Q1 には、海外の売上比率が 51% に達したとされるが、その中でも Asia の成長力が、57% という素晴らしい値を示している。
 
While Facebook has reported regional growth in percentage terms, this is the first time it has detailed ad sales outside the United States and Canada as a percent of worldwide sales.
 
これまでにも、Facebook は世界各地の広告収入をレポートしているが、グローバルにおける US/Canada の割合が、過半数を割り込んだのは初めてのことである。
 
Like the advertisers it courts, the world’s largest social media platform looks at international markets for growth.
 
広告主たちが求めるように、この世界最大のソーシャル・メディアのプラットフォームは、グローバル市場で成長力を示し始めている。 
 
Wikimedia
 
 “The next 1 billion consumers are going to come from these countries,” said Carolyn Everson, vice president, global marketing solutions at Facebook.
 
Facebook の VP Global Marketing Solutions である Carolyn Everson は、「 これから加わってくる、新たな 10億人の顧客は、それらの国々からやってくる」と述べている。
 
Total advertising revenue for the quarter increased 46 percent to $3.3 billion, the vast majority of Facebook’s $3.5 billion in quarterly revenue. Fifty-one percent of total ad revenue would be about $1.7 billion for international markets. International advertising revenue rose 36 percent from a year earlier, Facebook said.
 
2015年 Q1 における、Facebook の総売上は $3.5 billion であるが、そのうちの $3.3 billion を広告収入が占め、46% の成長を達成している。 そして、広告収入の 51% に相当する $1.7 billion が、グローバル市場から得られており、それ自体の成長率は前年比で 36% 増になると、Facebook は述べている。
 
While Europe is growing slower than the United States, the Asia Pacific region is ahead and a focus for Facebook.
 
つまり、US と比べて、Europe の成長率は鈍化しているが、Asia Pacific の成長率は最速であり、Facebook にとって注力すべき地域になってきている。
 
By comparison, Google said that 57 percent of its revenue was from international markets in the first quarter, although it did not break out ad revenue specifically.
 
同じ視点で Google を見ると、2015年 Q1 における同社のグローバル広告収入は、全体の 57% に達したとされるが、その詳細までは説明されていない。
 
Mobile advertising represents more than 70 percent of Facebook’s total ad revenue, and mobile is particularly strong and attractive to advertisers in emerging markets, Everson said.
 
また、Facebook の広告収入おいては、モバイルの占める比率が 70% 以上に達している。さらに言えば、広告主たちにとって、途上国マーケットにおけるモバイルは、先進国よりも魅力的な存在になっていると、Everson は述べている。
 
Facebook is benefiting from exporters in China trying to reach people outside its country and from an influx of venture capital funding into India, giving start-ups funds for advertising.
 
Facebook は、海外マーケットへリーチしたいと望む、China の輸出業者からも広告料を得ている。 また、India では、流入するベンチャー・キャピタルの資金により、スタートアップたちが広告事業に参入し始め、それも Facbeook の利益につながっている。
 
Chinese businesses are getting more sophisticated about promoting their brands, said Dan Neary, vice president of Facebook’s Asia Pacific region. “Increasingly manufactures are becoming savvy marketers in their own right,” he said.
 
Facebook の VP of Asia Pacific である Dan Neary は、「China における企業が、そのブランドのプロモーションに関して、次第に洗練されてきている。 つまり、単なる製造業から、適切にマーケティングを行えるメーカーへと、転身する企業が増えてきている」と発言している。
 
While Facebook has offices in Hong Kong, Everson said there is “no news to share” on further expansion in China.
 
Facebook は Hong Kong にオフィスを構えているが、China に対する展開については、いまのところシェアすべき情報はないと、Everson は述べている。
 
In India, e-commerce startups are exploding and many are using Facebook’s advertising platform to reach new consumers, Neary said.
 
Neary の発言によると、India では電子商取引のスタートアップが、爆発的に成長しているようだ。 そして、それらの企業の大半が、新たな顧客を獲得するために、Facebook の広告プラットフォームを活用していると、彼は説明している。
 
The company has also initiated specific methods tailored to the country including optimizing video and pictures for slower connections in India, where an ad product called “missed call” also helps customers avoid phone call charges.
 
また、Facebook は、India の事情に合わせて、低速のインターネットに最適化した、画像の配信方式などを具体化している。その、Missed Call と呼ばれる広告の手法により、顧客の通話料が増大しないように配慮している。
 
Many people in India dial a friend and hang up to send a signal without incurring charges.
 
India における大半のモバイル・ユーザーは、なんらかの情報を送るためにインターネットを利用するが、通話料の増大を抑えるために、その接続自体は遮断しおく。
 
Facebook incorporated this system into its ads. A person can place a “missed call” by clicking on a mobile ad from Facebook and receive a return call with information, for example the score of a cricket game, sponsored by a brand.
 
そのシステムを、Facebook は広告に組み込んでいる。つまり、Facebook からのモバイル広告は、Missed Call の状態に設定されていて、たとえば、ブランドがスポンサードするクリケット・ゲームの結果などと、一緒に受信されるような設定になっているのだ。
 
Facebook also plans to capitalize on the visual images, specifically photography and videos, that are being embraced by younger audiences across the world. Instagram, the popular photo app, announced on June 2 it is opening up its platform to all types of businesses, not just hand-selected brands and will begin rolling out more specific targeting capability globally this year.
 
また、Facebook は、世界中の若者たちに支持されている写真や動画といった、ビジュアル・イメージを活用しようと計画している。たとえば、人気のフォト・アプリである Instagram に関しては、 6月2日のアナウンスメントにおいて、すべての企業にとってオープンなプラットフォームにしていくと発表されている。この、ブランドを区別しない方針により、それぞれのターゲットに特化した、新たなマーケティング機能が、今年は立ち上がっていくことになる。
 
(Editing by Peter Henderson and Grant McCool)
 
ーーーーー
facebook以前に、「アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?」という抄訳をポストしましたが、2015年に入ったところから、アジアでの広告収入が急速に伸びたということなのでしょうね。 たしか、中国の Air China も、グローバル市場にリーチするために、Facebook 広告を活用していると、どこかに書いてありました。 おそらく、今年の後半にかけて、北米以外のマーケットからの広告収益が、さらに伸びていくのでしょう。 Agile_Cat の Facebook ページでも、100円とか300円とかの予算で、その広告を利用していますが、地域/年齢/性別/関心事といった属性で、いとも簡単にターゲティングがかけられてしまいます。これからの広告代理店の仕事って、いったい、どうなってしまうのかと、余計な心配までしてしまう、Facebook の広告プラットフォームという感じです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
http://talkincloud.com/telco-hub/06162015/huawei-vodafone-establish-strategic-alliance
 
_Talkin Cloud
 
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
 
この、テレコム業界の大物二社が、エンタープライズ・コミュニケーションおよびテクノロジー・サービスにおける、多様な開発事業について協調していくことになる。
 
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
 
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
 
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
 
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
 
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
 
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
 
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
 
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
 
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
 
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
 
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
 
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
 
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
 
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at dan.kobialka@penton.com.
 
ーーーーー
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
 

Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?

Posted in Asia Weekly, Facebook by agilecat.cloud on June 13, 2015
広告収益と、エコシステムと、Internet.org の状況は・・・
 
_ cna-banner
 
2014年 Q4 の時点で、Facebook は $12.47B の年商と、13.9億の MAU 獲得したとされています。しかし、明けて1月の TechInAsia が、アジアの Facebook MAU は 4.5億人だが収益が少なすぎると指摘していました。つまり、Asia などの途上国市場でユーザーは増えていても、その収益の大半を US/Canada/EU が支えているという論点です。 正直な話、この2つのポストを訳していて、途上国での収益性は、まだまだ好転しないだろうと、Agile Cat も思っていました。
 
Facebook India 2Flickr Gopal Aggarwal
 
ところが、6月10日の Business Insider が、Facebook is raking in massive amounts of money from one part of the world という、とても興味深い記事をポストしています。それによると、2015年 Q1 の Asia における広告売上が 57%(前年比) の成長率を達成し、途上国での売上を 51% に押し上げたようです。 この 2月の Asia 調査では、北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係というタイトルで、Air China が Facebook 広告に大きく依存していることをお伝えしました。 その一方で、Australia では Qantas の ニセ Facebook ページが騒ぎを起こしていましたが、こんな事件が生じるほど、Asia の航空会社は FB 広告に依存しているようです。 ちなみに、JAL は 110万 Likes で、ANA は 120万 Likes でした。
 
そして、航空会社だけではなく、あらゆる Asia のブランドが、その広告キャンペーンに Facebook を使い始めたのでしょう。 それが、冒頭の 57% 成長につながったのだと思います。 しかし、このような成長は、簡単に達成されるものではありません。 昨年の秋から年末にかけてポストした、この4本のコンテントが、Facebook の苦労を物語っています。
 
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook Lite というモバイル・アプリ:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
 
たとえば、India などのマーケットでは 3G といっても低品質なわけですが、そこに対して iOS-First でもなく Android-First でもなく User-First で、Facebook は取り組んでいるのでしょう。 その甲斐もあって、Asia にエコシステムが生まれようとしています。
 
1/18: China’s UC Browser teams up with Facebook in India
3/27: Singapore’s Zopim to power Facebook Messenger’s Business app
 
しかし、いまの Mark Zuckerberg が頭を悩ませている Internet.org の方は、最も重視しているはずの India で難航しているようです。 もともと、Zuck は Coca-Cola スタイルの長期スパンでと考えていたようであり、India でも4番手のテレコムである RCom との提携を模索していたようですが、そこに最大手の Airtel が割り込んできて、喧々諤々の大騒動へと発展してしまいました。 つまり、ネット・ニュートラリティに反するという批判が、各所から沸き上がってきてしまったのです。
 
2/11: Facebook to launch free mobile net app for RCom users
2/12: Mark Zuckerberg’s statement at launch of Internet.org app in India
4/18: Facebook CEO joins Internet.Org debate in India
4/20: India’s tech entrepreneurs weigh in on net neutrality controversy
4/21: Net neutrality row hits Facebook’s Internet.org in India
4/21: Internet.org launched in Indonesia. What’s in store for users?
4/22: Criticized in India, Facebook’s Internet.org goes live in Indonesia
4/28: Net neutrality: NIXI against Airtel Zero, Internet.org
5/10: Net neutrality: Facebook trying to make users think Internet.org is free internet
5/21: Facebook’s Zuckerberg wants India Inc to ‘like’ Internet.org
5/24: ‘Airtel Zero, Internet.org against net neutrality’
5/29: Net neutrality: Google India puts zero rating plan on back burner
6/5: Facebook’s Internet.org stirs up net neutrality fears in India
 
ただし、以下のとおり、Philippins/Indonesia/Pakistan では、すんなりと Internet.org が機能し始めているように見えます。
 
3/20: Facebook’s Internet.org app brings free mobile internet to the Philippines
4/20: Following Zuckerberg’s visit last October, Internet.org launches today in Indonesia
4/24: Indonesian telco explains why it ditched Zuckerberg’s Internet.org
6/1: Facebook’s Internet.org service debuts in Pakistan
 
以下、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/8: Singtel launches software-defined WAN service
SingaporeSingtel has announced a partnership with Viptela to launch SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) service. This cloud-based solution helps enterprises in Asia Pacific, Australia, Europe and the US simplify the management of their networks.  The Singtel ConnectPlus SD-WAN solution enables enterprises to simplify and centralize their network provisioning and policy management, and configure network requirements in real-time.
 
② 6/10: Airtel’s mystery code raises privacy concerns
IndiaNEW DELHI: Telecom giant Airtel has been accused of injecting lines of code into its users’ web browsers without their knowledge, whenever they visit a web page via its 3G network. Thejesh GN, an information activist and programmer has exposed how the telecom operator inserts Javascript code and iframes into a user’s browsing session. He traced the IP address from which the code originated and found that it belonged to Bharti Airtel.
 
③ 6/12: Twitter opens Asia HQ in Singapore, and it’s hiring big
SingaporeTwitter launched its swanky new Asia-Pacific headquarters in Singapore on Thursday as the microblogging site looks to scale up its presence in the region with more than 100 new jobs. The company plans to add the jobs over the next few years – including data analytics professionals, product specialists and engineering and technology support – to more than double its headcount from 80 staff members currently.
 
④ 6/11: Intel could also be TSMC customer, says Chang
TaiwanTSMC is dedicated to providing foundry services for logic IC providers worldwide, and mergers in the industry will have little impact on the foundry’s operations, said company chairman Morris Chang in response to media queries on Altera’s recent announcement of being acquired by Intel. Many market observers consider that Intel’s acquisition of Altera, which makes use of TSMC’s foundry services, may have an adverse impact on TSMC.
 
⑤ 6/10: Indonesia cloud industry to hit $2.7B by 2018
IndonesiaThe small and medium business (SMB) clouds services market in Indonesia will grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 30% in the next three years from Rp15T (US$1.2 billion) in 2015 to Rp33T (US$2.7 billion) by 2018, according to a forecast report from Odin. The Odin SMB Cloud Insights report focuses on the cloud services that have the most current and future appeal for SMBs across four key categories: IaaS, web presence and web applications, unified communications, and business applications (also known as software-as-a-service)
 
⑥ 6/10: Microsoft exec worries new China regulations will hurt Azure
Image.gifMicrosoft’s Azure cloud computing service has been growing fast in China, but a company executive has warned that the government’s changing tech policies could slow its momentum. Authorities here have been crafting new regulations, and the government’s position on tech “can change at any time,” Gary Sun, president of Microsoft’s Asia-Pacific Technology subsidiary, told reporters in Beijing. “I think that’s the uncertainty for all businesses here,” he said.
 
⑦ 6/5: China market: MediaTek 4G chip market share likely to top 50% in 2H15
Image.gifMediaTek is set to grow substantially its 4G chip market share in China during the second half of 2015 so that the company is able to meet its target market share for all of the year, market sources have suggested. MediaTek currently has an about 20% share of China’s 4G chip market, the sources estimated. MediaTek is expected to boost its 4G chip market share in China to more than 50% in the second half of 2015, according to its target market share for the year.
 
⑧ 6/8: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
SingaporeTelin Singapore has begun construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Centre Park (DCP) in Jurong.  This new facility will be the third data centre owned and managed by Telin Singapore, a wholly-owned subsidiary of PT Telin which in turn is fully owned by Indonesia’s largest telecommunications group PT Telekomunikasi Indonesia, Tbk (Telkom Group). Telin Singapore’s existing data centres are located in Changi and Tai Seng.
 
⑨ 6/11: Lenovo aims to up market share in Malaysia
MalaysiaKUALA LUMPUR: Lenovo, a global technology leader, on Wednesday unveiled its transformation via new business models and strategy for 2015 to its Malaysian channel partners. This is part of its continuous shift on the entire device and connected ecosystem with increased emphasis on human-centric design, from wearables, smartphones, tablets, personal computers, servers, softwares as well as cloud services.
 
⑩ 5/29: TSMC to beat Samsung in 10nm race
TaiwanTSMC is confident that the company will beat Samsung Electronics in ramping up production on its 10nm lines, according to the Taiwan-based foundry. TSMC continued that in the 10nm FinFET race, Intel will be its major competitor. Samsung disclosed during a recent technology forum in the US that the company plans to enter mass production of chips using its 10nm FinFET process by the end of 2016, about the same time as TSMC.
 
ーーーーー
cna_6ちょっとインドでもたついている Facebook という感じですが、Modi 首相が 1200万 Likes を僅か1年で達成し、一国のトップとしての記録を樹立したようです。 そんな追い風もあるので、ネット・ニュートライティフリー・インターネットを両立できるよう、Facebook には粘り腰で望んで欲しいと思います。それと、今週の Top-10 を見ていて、なんとなく Agile_Cat 好みのポストが並んでいると感じました。 アジアや欧米の人たちと、同期がとれているようで嬉しいです :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
 

Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Equinix, Hybrid by agilecat.cloud on June 11, 2015
Equinix to Offer Private Links to Alibaba Cloud Data Centers
Yevgeniy Sverdlik – June 4, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/04/equinix-to-offer-private-links-to-alibaba-cloud-data-centers/
 
_ DC Knowledge
 
As it prepares to launch its first cloud data center in the U.S., Aliyun, the cloud services arm of Chinese internet giant Alibaba has struck a partnership with American data center services giant Equinix that will expand its ability to cater to enterprise cloud users.
 
US Aliyun が初めて構築する、クラウド・データセンターの準備が進んでいるが、この Chinese Alibaba の右腕である同社は、それと平行して、US の データセンター・サービス大手 Equinix とのパートナーシップを締結した。つまり、エンタープライズ・クラウド・ユーザーの要望に応えるため、その能力を拡大しているのだ。
 
Equinix will provide private direct network connections to Aliyun’s cloud from its data centers as a service to its customers. The Redwood City, California-based colocation provider already offers such connections to data centers operated by Aliyun’s major U.S.-based competitors, such as Amazon Web Services, Microsoft Azure, Google Cloud Platform, IBM SoftLayer, and Verizon.
 
Equinix は Aliyun クラウドに対して、プライベート・ネットワークをダイレクトに接続していくが 、そのサービス自身は、同社が顧客に対して DaaS(data centers as a service)として提供しているものとなる。 この Redwood City, California ベースのコロケーション・プロバイダーは、今回のパートナーシップにより Aliyun に提供するサービスを、その他のコンペティターたちに提供している。 具体的に言うと、 Amazon Web Services/Microsoft Azure/Google Cloud Platform/IBM SoftLayer/Verizon などが挙げられるが、ここに Aliyun も参加することになる。
 
EquinixSVDCInside an Equinix data center. (Photo: Equinix)
 
The point is to provide access to cloud services that are usually accessed via the internet through dedicated private network connections that bypass the public internet. Reportedly, such connections are faster and more secure than the internet, making public cloud services more palatable for security- and performance-conscious enterprises.
 
一般的なクラウド・サービスへのアクセスが、インターネットを介して行われるのに対して、それを迂回した専用プライベート・ネットワーク接続を提供するのが、ここでの要点となる。伝えられるところによると、このようなプライベート接続はインターネットに対して、高速性と安全性の観点でアドバンテージをもたらすという。つまり、セキュリティとパフォーマンスを意識した、エンタープライズにとって受け入れやすい、パブリック・クラウド・サービスが実現されるのだ。
 
Equinix will start offering direct access to Aliyun’s cloud from its Silicon Valley and Hong Kong data centers in the near future. Asian tech companies favor Silicon Valley as a hub for accessing U.S. cloud services markets. Hong Kong is one of two main hubs in Asia international companies use to serve customers in the region and, importantly, in mainland China. The other one is Singapore.
 
近い将来に Equinix は、同社の Silicon Valley および  Hong Kong のデータセンターから、Aliyun クラウドに対してダイレクト・アクセスを提供し始めるだろう。 Asia のユーザー企業が、US のクラウド・サービス市場にアクセスするときには、Silicon Valley がハブとして好まれるだろう。また、Asia でビジネスを展開する企業にとっては、その顧客にサービスを提供するためのハブとして、Hong Kong と Singapore が重要になる。 そして、前者は、China メイン・ランドに隣接するという特殊性を持つ。
 
Aliyun recently announced it would establish its first U.S. cloud data center in Silicon Valley. Direct links from Equinix data centers in the region are likely to provide customers access to that facility.
 
先日に Aliyun は、US 初のクラウド・データセンターを、Silicon Valley に構築すると発表している。同地域における Equinix データセンターからのダイレクト・リンクは、このファシリティから顧客に提供されるのだろう。
 
Aliyun has not provided much detail about its strategy for the Silicon Valley data center, but the company is most likely leasing a big chunk of capacity from one of the area’s big wholesale data center providers, such as CoreSite, Vantage, QTS, DuPont Fabros, or Digital Realty.
 
Aliyun は、この Silicon Valley データセンターの戦略について、まったくと言ってよいほど詳細を提供していないが、大量のキャパシティを他からリースする可能性が高い。おそらく、CoreSite/Vantage/QTS/DuPont Fabros/Digital Realty といった、大手卸売データセンター·プロバイダーから、提供を受けるようになるのだろう。
 
Chris Sharp, vice president of cloud innovations at Equinix, said for his company the partnership’s value was in being able to better cater to its multinational clients. “Now you can privately consume the Aliyun services in Hong Kong and Silicon Valley, which is a huge advantage for a lot of our multinational customers,” he said. Expanding their reach into Asia is a “critical next step for a lot of our multinational customers.”
 
Equinix の VP of Cloud Innovations である Chris Sharp は、これまでのパートナーシップについて、国籍企業の要望に応えるという点で、価値を有していたいと述べている。そして彼は、「 Aliyun サービスを Hong Kong とSilicon Valley で、プライベート・ネットワークを介して利用する、私たちの顧客である多国籍企業に、大きなメリットを提供できるようになった。それらの企業のリーチを、Asia へ向けて拡大してあげることは、多国籍企業にとって重要な、次のステップへとつながっていく」と続けている。
 
A recent Cisco Cloud Survey forecasted that by 2018, most cloud traffic will originate in Asia Pacific. China is the biggest market in the region, and Aliyun owns about 23 percent of the country’s Infrastructure-as-a-Service market, according to the research firm IDC.
 
最近の Cisco Cloud Survey によると、2018年までに大半のクラウド ・トラフィックが、Asia Pacific で生じることになるようだ。 そして、この地域で最大のマーケットは China であり、同国内の IaaS 市場で 23% のシェアを占めているのが Aliyun になると、調査会社である IDC が伝えている。
 
Aliyun is the largest cloud service provider in the country. With more than 1.4 million customers, it is China’s answer to Amazon Web Services. This means Equinix, via its new Chinese partner, can now provide customers the “ability to go deeper into Asia than they ever had before,” Sharp said.
 
Aliyun は、China における最大のクラウド·サービス·プロバイダーである。 そして、140万人以上の顧客を有するというのが、China から Amazon Web Services への回答になる。
 
つまり Equinix は、この China のパートナーシップを介して、「これまでには有り得なかった、Asia のマーケットに深々と侵入していく能力」を、顧客たちに提供できることになったと、Sharp は発言している。
 
But the deal is also advantageous for Aliyun, because it gets access to the rich ecosystem of customers and service providers that interconnect at Equinix data centers around the world. A big part of that ecosystem is in Silicon Valley, but the partnership is not limited to the two initial locations. There are plans to expand it to other markets as well.
 
とは言え、今回のパートナーシップは、Aliyun にとって有利となる。つまり、Aliyun は Eqinix のインターコネクトを介して、この世界の中心に配置された、カスタマーとサービス・プロバイダーの、リッチなエコシステムへのアクセスを得ることになるのだ。このエコシステムの大半は Silicon Valley に存在しているが、今回のパートナーシップは、当初の目的である US と Asia だけに限定されたものではない。したがって、世界中のあらゆるマーケットへと、拡大するための計画が実施されるだろう。
 
Earlier this week Equinix announced an agreement to acquire European data center provider TelecityGroup. If completed, the deal will make Equinix the biggest data center provider in Europe.
 
今週の初めに、Europe のデータセンタープロバイダーである TelecityGroupを、Equinix は買収すると発表している。この買収が完了すると、Equinix は Europe においても、最大のデータセンター·プロバイダーになるのだ。
 
ーーーーー
Equinix今年に入って、Alibaba はアメリカ進出を果たし、Equinix はアジアとヨーロッパでの勢力を拡大しています。 そんな、ノリノリの二社が手を組むことで、いったい何が起こるのでしょうか? そう考えるだけで、ワクワクしてきます。 アジアでの Equinix は、この1ヶ月の間に、シンガポールと、シドニーと、香港で、データセンターを拡張しています。そして、文中にもあるように、この香港 DC が、Aolibaba(Aliyun)との提携のカギになるのでしょう。 その一方で、北京政府の法整備に関して、Microsoft が懸念を示すなど、依然として中国市場はベールに包まれています。経済のパイプが太くなれば、その分だけ、政治的な軋轢を軽減できるはずです。 ここは、ぜひ、世界のクラウド業界に頑張って欲しいところですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 
%d bloggers like this: