Agile Cat — in the cloud

Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さの ハード・パンチ!

Posted in Asia, Google, Post-PC by Agile Cat on August 14, 2014

Acer’s Chromebook 13 ― a featherweight computer with a heavyweight punch
http://wp.me/pwo1E-7KR
August 12, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/acers-chromebook-13-a-featherweight-computer-with-a-heavyweight-punch

_ Malay Mail Online

SAN FRANCISCO, Aug 12 ― The newest addition to Acer’s Chromebook range, simply called the Chromebook 13, offers an incredible 13-hour battery life and is just 18mm thick yet it can render and output 4K ultra-high-definition content.

SAN FRANCISCO, Aug 12 ― Acer の Chromebook シリーズに、シンプルに Chromebook 13 と呼ばれる新顔が加わった。 このマシンは、13時間のバッテリ・ライフを提供し、その厚さは 18mm である。 さらに言えば、4K Ultra HD コンテンツのレンダリングにも、外部出力として対応する。

And that’s because the little laptop, launched yesterday, is the first to use an Nvidia Tegra K1 processor. Chromebooks might still be niche products within the PC landscape but the computers, which run Google’s Chrome OS and run a host of web-based apps rather than software installed directly on the computer’s hard disk, are starting to make a name for themselves, especially within education.

この、昨日にローンチした小さなラップトップは、Nvidia Tegra K1 プロセッサを用いる最初のプロダクトとしても注目を集める。Google Chrome OS を走らせる Chromebooks は、PC の世界では依然としてニッチな存在ではあるが、ソフトウェアをコンピュータの HDD 内にインストールするというより、Web ベースのアプリケーションのホストするものであり、とりわけ教育マーケットにおいて実績を残し始めている。

The Acer Chromebook 13 can render 4K content yet has a 13-hour battery life. ― AFP 

Earlier this month, The Atlantic noted how a host of US schools, which had initially invested in iPads as technological educational aids for their students, were now ditching the tablets in favor for Chromebooks.

今月の初めに The Atlantic が指摘していたのは、生徒の教育のための補助的なテクノロジー・アイテムとして、当初は iPad を採用していた団体が、いまでは Chromebooks 切り替えているという状況である。

This is because as well as being cheaper, Chromebooks offer a full-size keyboard and, thanks to Google’s suite of educational apps and features such as Google Drive, they make sharing and collaboration simple.

その理由は、Chromebooks が安価というだけではなく、フルサイズのキーボードを提供するところにもある。 さらに言えば、Google による教育アプリと Google Drive の組み合わせにより、教室で必要とされる情報のシェアとコラボレーションもシンプルになる。

However, it’s not just in education where people are starting to take note. The fact that all of the programs and apps for Chromebooks are online and need to be accessed via a web connection means that they are essentially malware- and virus-free and are always up to date.

しかし、教育の現場以外でも、人々は、このノートを使い始めている。Chromebooks ための、すべてのプログラムやアプリがオンラインで提供され、必要に応じて Web からアクセスできるという事実は、マルウェアとウイルスを根本から排除し、最新の状態を常に維持できることを意味する。

It also means that you can pay for what you use, when you need to use it. Why spend hundreds of dollars on a copy of Photoshop that you’re only going to use a few times a year when you can simply access it online when you need it most?

さらに言えば、必要に応じて使用し、使用に応じて対価を支払う、というモデルも実現される。1年の間に数回しか使用しない Photoshop のコピーに対して、数百ドルを費やす理由は、いったい何処にあるのだろう?それを必要とするときに、オンラインでシンプルにアクセスすべきものではないだろうか?

And, because there is barely anything installed on the computers themselves, they are very, very fast: the Chromebook 13, for instance, can boot up in eight seconds.

また、このコンピュータにインストールされているものが、きわめて少ないため、その立ち上げは驚くほど高速である。ちなみに、Chromebook 13 の場合は、約 8秒で起動が完了する。

But as well as being fast, they’re affordable. The Chromebook 13 starts at US$279.99 (RM895) with a 16GB hard drive and a 720p HD display but can also be specified with a 32GB hard disk and with a full 1080p HD display.

そして、その高速性だけではなく、経済性についても触れておく必要があるだろう。Chromebook 13 のエントリー・モデルは、US $279.99(RM895)であるが、16GB の HDD と 720p HD ディスプレイを備えるが、32GB の HDD とFull 1080p HD ディスプレイを選ぶことも可能になっている。

The amount of power that the new Nvidia chip brings might seem a little excessive for a Chromebook, but as Nvidia points out, as Chromebooks become more popular, their potential uses will expand beyond word processing and web surfing and on to things likd video editing, 3D rendering and gaming.

この Chromebook 13 をドライブする最新の Nvidia チップは、少しパワフルすぎるのかもしれないが、Chromebooks が一般的になるにつれて、その用途は、ワープロ や Web サーフィンを超えて拡大していくと、Nvidia は指摘している。つまり、ビデオ編集や、3Dによるレンダリングやゲームなどの、その視野に入っているのだ。

Available to reserve now, the Acer Chromebook 13 will ship in the US in September, just in time for the start of the school year. Acer also plans to launch the computer in Europe and South Africa later in 2014. ― AFP-Relaxnews

すでに、予約は受け付けられている。 US マーケットにおいては、新学期が始まる 9月に、この Chromebook 13 の出荷が予定されている。 そして、Europe と South Africa でのローンチは、2014年の後半と予定されている。 ― AFP-Relaxnews

ーーーーー

昨年の 8月のことですが、投資家むけのカンファレンス・コールで Acer は、「 私たちは、non-Windows ビジネスを、可能な限り早く成長させていく」 と発言しています。 それは、Microsoft の Surface ビジネスに対向し、生き残っていくための決意だったのでしょう。 そして、Intel Haswell を搭載した Acer C720 が売れ始め、真打ちである Tegra K1 マシンを出すまでに、約1年を要したわけですが、その間に、以下の<関連>にあるような実績を、Chromebooks は残してきました。 これからが楽しみですね! 

ーーーーー

<関連>

Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebooks が絶好調:売れるだけではなく、実際に使われ始めている
HP Chromebook 11 は、$280 で、1kg で、カラフルで、USB 充電なのだ!
Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by Agile Cat on August 12, 2014

China Mobile May Acquire 20% Stake In Malaysian Carrier
http://wp.me/pwo1E-7KE
August 12, 2014 
http://www.chinatechnews.com/2014/08/12/20803-china-mobile-may-acquire-20-stake-in-malaysian-carrier

China Mobile is reportedly negotiating with Axiata Group Bhd, a leading mobile operator in Malaysia, to acquire a 20% stake in the Malaysian firm.

伝えられるところによると China Mobile は、Malaysia 最大のモバイル・キャリアである Axiata Group Bhd の、20% に相当する株式を取得しようとしているようだ。

Calculating with Axiata’s latest closing price, China Mobile needs to pay about USD3.7 billion for the 20% stake. So far, the two parties have not yet reached any agreement, according to reports in foreign media. Axiata and its controlling shareholder Khazanah Nasional Bhd are reluctant to sell that large amount of shares; meanwhile, the price offered by China Mobile is reportedly too low. Khazanah, a Malaysian national investment company, currently owns a 38.8% stake in Axiata.

いまの Axiata の株価で計算すると、この 20% 相当の株式を購入するために、おおよそのところで China Mobile は US $3.7 billion を支払う必要がある。ただし、外国メディアからのレポートによると、これまでのところ、両社が何らかの合意に達しているという状況にはないようだ。 Axiata 自身と、その大株主である Khazanah National Bhd は、今回の株式の大量売却について消極的だとされる。 その一方で、China Mobile から提示された価格が低すぎるという声もある。Malaysia 政府が管理する投資会社 Khazanah は、現時点において、Axiata における株式の 38.8% を所有している。

In June 2014, China Mobile invested USD881 million in the acquisition of a 18% stake in True, a leading telecom carrier in Thailand. If China Mobile is able to reach a final agreement with Axiata to acquire the 20% stake for USD3.7 billion, it will be the largest overseas transaction of the Chinese telecom operator and it will also become the largest telecommunication transaction in Southeast Asia since 2007.

China Mobile は、2014年6月に、Thailand 最大のテレコム・キャリアである True の、18% に相当する株式を US $881 million で取得している。もし、China Mobile が、Axiata における 20% の株式を US $3.7 billion で取得することになると、China のテレコム事業者による最大の海外企業買収となる。さらに言えば、Southeast Asia では 2007年以来で最大の、テレコム事業者同士の取引となる。

According to Axiata’s website, the company operates in eight countries in Southeast Asia and East Asia and it has over 250 million users. In addition, its subsidiary in India acquired a local operator for USD868 million this year.

Axiata の Web サイトによると、同社は Southeast Asia と East Asia の 8カ国で事業を展開し、250 million 以上のユーザーを有しているという。また、India における子会社が、今年になって US $868 million で、ローカルのオペレータを買収している。

Related Links : http://www.chinamobile.com.cn

ーーーーー

ついに、China Mobile の海外展開が本格化するようですね。 タイの True のときは、初の海外提携が China Mobile という状況でしたが、もし Axiata の話がまとまると、その先にいる 8カ国のモバイル事情にも、なんらかの影響力が生じそうですね。 周知のとおり、China Mobile が推進しているのは TD-LTE であり、国際標準である FDD-LTE と真っ向から衝突するものです。 とは言え、昨年に iPhone が、中国市場に入り込めたのも、この TD-LTE に対応したからであり、その一方では、Sprint と Nokia が、TD-LTE の大規模な実験を試みるなど、将来におけるモバイル通信方式は、まだまだ不確定要素を残しているという感じです。 中国は、国家戦力として TD-LTE を押してくるでしょうし、尖兵である Huawei が嫌われる背景には、そんな要因があるのかとも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる

スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Posted in Asia, Mobile, Research by Agile Cat on August 7, 2014

Micromax pips Samsung as India’s leading mobile phone brand: research
http://wp.me/pwo1E-7Jy

August 5, 2014
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/05/Micromax-pips-Samsung-as-Indias-leading-mobile-phone-brand-research/

_Star Online

MUMBAI: Indian budget smartphone maker Micromax has ousted Samsung Electronics Co Ltd as the leading brand in all types of mobile phones in the April-June quarter, grabbing a 16.6% market share, a recent research report showed.

MUMBAI: 最近の調査レポートによると、India の廉価版スマホ・メーカーである Micromax が、この 4月〜6月期において 16.6% のマーケット・シェアを取得し、スマホ全般をリードしてきたブランドである Samsung Electronics Co Ltd を、トップの座から引きずり下ろすことになった。

Samsung had 14.4% market share, down from 16.3% in the first quarter, said the report by Counterpoint Research. In the smartphone segment, however, Samsung still came out tops.

Samsung のマーケット・シェアは、Q1 の 16.3% から、Q2 の 14.4% へと下落していると、Counterpoint Research はレポートしている。 しかし、スマートフォン分野では、Samsung は依然としてトップ・グループに属している。

"Micromax is leveraging its wider distribution reach, growing brand awareness not only in urban but in rural India with affordable low-cost handsets," said Counterpoint analyst Neil Shah. In price sensitive India, local mobile phone makers like Micromax are successfully gaining market share with low cost phones.

「 Micromax は手頃な低コスト・フォンにより、都市部だけではなく農村部にもリーチしており、その成長するブランドを、幅広く浸透させている」と、Counterpoint の Analyst である Neil Shah は述べている。 価格に敏感な India において、Micromax などの国内スマホ・メーカーは、低コストのデバイスでマーケット・シェアを伸ばしているのだ。

These companies mostly use chipsets made by MediaTek, which tend to be cheaper than those made by industry leader Qualcomm Inc, and outsource production to China and Taiwan, instead of investing in manufacturing plants, further helping keep costs down.

それらのメーカーは、業界のリーダーである Qualcomm Inc よりも安価に供給される、MediaTek のチップ・セットを採用している。さらに、コストを抑えるために、China や Taiwan に生産を委託し、工場への設備投資を回避している。

Together, local Indian mobile phone manufacturers had about 32% of the domestic market, according to the report, and more than two-thirds of the total shipments.

このレポートによると、India の国内メーカーは 売上の 約 32% を獲得し、総出荷台数の 2/3 以上を占めるという。

In the smartphone segment, Samsung still had the largest market share in terms of shipments, at 25.3% during the second quarter while Micromax had 19.1%. But Samsung’s dominance is slipping, Shah said, adding that in the first quarter, Samsung had a 33.3% market share in smartphones, while Micromax had 16.7%.

スマホの出荷台数において、Q2 の Samsung は 25.3% を有し、Micromax の 19.1% を上回っている。 しかし、Samsung の支配は弱体化していると、Shah は言う。 そして、1Q における Samsun  のシェアが 33.3% だったのに対して、Micromax は 16.7% に過ぎなかったと、付け加えている。

India ranks behind China and the United States in smartphone sales, with up to 90 million smartphones expected to be sold there this year, according to Counterpoint. — Reuters

Counterpoint によると、India のスマホ販売は、China と US に続く三番手であり、この年末までに 最大で 9000万台の販売が予測されている。 — Reuters

ーーーーー

Micromax が、ここまで強くなっているとは予想もしませんでした。 ちょうど同じタイミングで、中国の Xiaomi − Samsung 逆転劇が報道されていましたが、これらの途上国におけるスマホ・メーカー交代劇が、急速に進行しているように思えます。 そして、これは、Samsung だけではなく、Apple にも大きな影響を及ぼすことになるはずです。 インドと中国を中心に、世界が回っているように感じてしまいますね。

ーーーーー

<関連>

インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?

スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く

Posted in Asia, Mobile, Research by Agile Cat on August 7, 2014

Xiaomi Surpasses Samsung to Become Top Phone Maker in China
http://wp.me/pwo1E-7Js

By Katie Nelson – Aug 4, 2014
http://mashable.com/2014/08/04/xiaomi-top-chinese-phone-manufacturer/

_ Mashable

Samsung is no longer the top phone manufacturer in China, thanks to a company that is still relatively unknown in the United States. Xiaomi distributed around 15 million phones in early 2014 while Samsung came up short at 13.2 million, according to research firm Canalys.

まだ US では、あまり知られていなと思うが、もはや Samsung は、China におけるトップ・モバイル・メーカーではなくなっている。調査会社である Canalys によると、トップは Xiaomi であり、2014年の前半に 15 million のモバイル・デバイスを供給し、Samsung の 13.2 million を追い抜いているのだ。

The report notes that the number of Samsung phones bought in China dropped 15% during the last quarter, the first time the company dropped to second in China since 2011.

このレポートが指摘するのは、China における Samsung スマホの販売が、直前の四半期と比較して 15% もダウンしたことである。それにより同社は、2012年から維持し続けていた、トップの座から滑り落ちることになった。

"Undoubtedly, this was helped by an anticipated, temporarily under-strength Samsung performance during the quarter," Canalys research analyst Jingwen Wang wrote in a statement. "But that is only half the story — Xiaomi has also executed on its strategy to grow volume shipments. It has delivered compelling products at aggressive price points … backed by effectively targeted marketing. "But it does now need to deliver LTE products in China to address growing demand for 4G services if it is to retain its momentum.”

Canalys の Research Analyst である Jingwen Wang は、「 確かに、この四半期における、Samsung の一時的な不調によるところもある。しかし、その一方では、Xiaomi の戦略である量産効果の達成も挙げられる。つまり、効果的ターゲットマーケティングに裏打ちされた、価格的に魅力のある製品の、積極的な販売が成功したのである。 しかし、いまの勢いを維持したいのであれば、China における 4G サービス需要の高まりに対応するための、LTE プロダクトを提供する必要があるだろう」と、そのステートメントで述べている。

China has more mobile phone users than any other country and makes up 37% of the global phone market. Due to its success at home, Xiaomi is looking to expand into other countries in the next year, including Mexico, Thailand, Indonesia, Russia and Turkey.

China におけるスマホ市場は、世界で最大のものであり、グローバル市場の 37% を占める状況にある。 そして Xiaomi は、China での成功を背景に、Mexico/Thailand/Indonesia/Russia/Turkey などを含む海外市場へと、来年はビジネスを拡大していくだろう。

"Xiaomi needs to build its international brand, and will need to localize its services offering with MIUI for the different markets into which it expands … and it must tailor its marketing and largely online sales channels accordingly," analyst Jessica Kwee wrote in a statement.

「 Xiaomi は、インターナショナル・ブランドを構築する必要がある。 そして、新たに展開していく個々のマーケットに合わせた MIUI(カスタム ROM)を提供し、また、サービスをローカライズしていく必要がある。さらには、マーケティングとオンライン販売に関する大規模なチャネルを、必要に応じて構築していく必要がある」と、Analyst である Jessica Kwee も、そのステートメントで述べている。

"That said, Xiaomi does have the potential to be a disruptive force beyond China and international vendors should take note.”

つまり、Xiaomi は、国内マーケットだけではなく、海外マーケットにおけるベンダーたちにとっても、破壊的なパワーを行使する可能性を秘めているのだ。

See also: What the Cellphone Unlocking Law Means for You

ーーーーー

勢いがありますね、Xiaomi には。 ただし、Samsung のような量産体制には至っていないようで、インドで 1.5万台、マレーシアで 5千台、ベトナムで1万台といった感じで、毎週のように少数ロットを販売しているようです。 しかし、驚くべきことは、それらが数秒〜数分で完売してしまうという、Xiaomi の人気の高さです。 なにやら、インドでも Samsung が首位から滑り落ちたようです。 まさに、スマホ下克上ですね!

ーーーーー

<関連>

Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?

Posted in .Selected, Apple, Asia, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on August 5, 2014

Apple’s iPhone 6 Faces A Big Pricing Problem Around The World
http://wp.me/pwo1E-7IX
Jim Edwards – Jul. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/android-and-iphone-market-share-and-the-iphone-6-2014-7

_ Business Insider

Nearly 90% of people in Brazil have Android phones, and almost none of them have Apple’s iPhones, according to Kantar. That astonishing statistic, and the equally dramatic news that Android has more than 75% of smartphone market share in Argentina, Brazil, and Mexico, gives you an idea of the headwinds facing Apple’s new iPhone 6 when it launches in September.

Kanter によるとBrazil では約 90% の人々が Android Phone を使い、また、それらの人々の大半が  Apple iPhone を所有していない。 この、驚くべき統計値は、Argentina/Brazil/Mexico のスマートフォン市場で、Android が 75% 以上をシェアを得ているのと、同じレベルで衝撃的なニュースとなっている。つまり、この 9月に Apple が、新しい iPhone 6 を立ち上げるときに、逆風に直面するだろうという考えが、あなたの脳裏をよぎるだろう。

Mario Tama
Getty Images

Fans went crazy at the first Apple Store in Brazil earlier this year — but can enough Brazilians afford iPhones?

These are modern economies with millions of phone users but they also have huge numbers of poor consumers. Few of them will be able to afford the iPhone 6.

いまの経済は、無数のスマートフォン・ユーザーに支えられているが、その大半が貧しい状況に置かれている。 その一方で、余裕で iPhone を購入できるユーザーはというと、ごく僅かなのである。

Kantar

Android market share in Argentina, Brazil, and Mexico.

Yet, Apple is about to go to war with an iPhone 6 that will likely cost nearly $700 per unit. It will be competing in markets where a slew of $100 and $200 large-format Androids are about to be launched.

そして Apple は、ユニットあたり $700 程度の価格になる、iPhone 6 を手にして勝負しようとしている。つまり、$100〜$200 で大型ディスプレイを持ち、人々を喜ばせている Android が待ち受けるマーケットで、Apple は戦うことになるのだ。

The Kantar numbers suggest that even Microsoft’s Windows phones actually have a greater market share than Apple’s iOS mobile devices in some Latin American countries. eMarketer has slightly different numbers, but even then it’s clear that no matter how you measure it the stats show iOS is an also-ran mobile operating system in many modern but still developing economies. In Spain, for instance, Android’s market share declined from 93% to 87% mostly because it lost share to Windows, not Apple.

この Kanter の見積は、いくつかの Latin American 諸国においては、実際のところ Microsoft の Windows Phone の方が、Apple の iOS モバイル・デバイスよりも、大きなマーケット・市場シェアを持っていると、示唆している。eMarketer の推測は、わずかに異なっているが、それでも明らかなのは、統計を取るための測定方式には関係なく、モバイル・オペレーティング・システムとして iOS を走らせるデバイスは、近代的な国家には受け入れられても、発展途上国に入り込めない状況である。実際に、Spain のマーケットでは、Android のマーケット・シェアが 93% から 87% に減少しているが、その要因は Windows であり、Apple ではない。

This is important because as more and more of the world comes online via mobile, all the growth is going to be in poor countries. Apple doesn’t even have distribution in some of these countries. It only just opened its first store in Brazil last year.

この世界がモバイルを介して、次々とインターネットに接続されるという観点で、すべての成長が POOR な国々に依存しているところが、きわめて重要である。 さらに Apple は、それらの国々で、十分な供給体制を整えているとは言えない。 昨年に、初めてのストアが Brazil に登場したが、それが唯一の事例である。

The term "poor" here is being used in the relative, macroeconomic sense as a contrast to the "rich" countries of North America and Western Europe. To put this in perspective, per capita income in the U.S. is about $47,000 annually. In India it’s $3,560, according to the World Bank. That is significant because an iPhone in the U.S. costs $700. iPhones are nearly $1,200 in Brazil and more expensive than the U.S. in every other country where they are sold. In the U.S., you can save your wages for a couple of weeks and buy a new iPhone. In Brazil or India, you’ll have to save more than a month of your wages.

なお、ここで使う POOR をいう言葉は、マクロ経済における相対的な意味でのものであり、その対極には、北米と西欧の RICH な国々が存在する。この視点で、World Bank からのデータを比較すると、US における1人当たりの収入は $47000/年であるが、India では $3560/年となる。US では iPhone が $700で販売されているが、Brazil では $1200 ほどになってしまうように、すべての国々で US より高価なものになっている。つまり、US では、数週分の蓄財で新しい iPhone を購入できるが、Brazil や India では、1ヶ月分の賃金でも足りないのだ。

BII

If you’re an Apple user, you can say one good thing about Android: It sure helped bring down the average selling price of an iPhone, if only briefly. Average iPhone prices have gone beneath $550 since Apple began selling the iPhone 4 and iPhone 4S as entry-level models at discount prices in places like India.

あなたが Apple ユーザーであるにしても、1つだけ Android に感謝すべきことがある。簡単に言うと、iPhone の平均的な販売価格を、引き下げるという効果をもたらしているのだ。 たとえば India などで Apple が、低価格のエントリー・モデルとしての iPhone 4 および iPhone 4S を販売し始めてから、iPhone の平均価格は $550 を下回るようになった

Arguably, the iPhone 4 range is Apple’s competitor to cheaper Androids: It’s the iPhone you can get if you want to pay $0 down and walk out of the store with an Apple.

おそらく、iPhone 4 の価格帯を引き下げることで、ライバルである Android に対抗するつもりなのだろう。キャリアとの契約を抱き合わせるなら、$0 の値札の iPhone を、Apple Store から持って帰れるのだ。

But now there are questions about that strategy, too. Those iPhone 4 models will be going up against the new Android One, Google’s bare-bones Android for India, which will cost $100.

しかし、いまとなっては、その戦略にも疑問が生じてきた。それらの iPhone 4 モデルは、新たに登場する Android One と戦わざるを得ない。 この、Google が India に供給する Android ベアボーンは、そのコストが $100 に抑えられている。

Areppim

Mobile operating system market share for South America.

There are a range of Chinese companies undercutting the bottom of the market with cheap Android copies of Samsung phones. Many of them, particularly Android One, are likely to be much better value for money than an iPhone 4 or — if you’re poor and every penny counts — an iPhone 6. The cheap, modern Androids have big screens and the same apps and features as the older iPhones.

Samsung Android をコピーするかのように、China 系の企業が、このマーケットの下限をさらに引き下げている。それらのプロダクトの大半は、さらに言えば Android One は、iPhone 4 よりも費用対効果が高いだろう。あなたが POOR であり、節約しなければならないなら、iPhone 6 よりも価値が有るだろう。それらの、最新の Android は安価なだけではなく、大型のスクリーンを持ち、従来からの iPhone と同じレベルの、機能やアプリを提供しているのだ。

Apple’s strategy is not to care about the bottom of the market. Apple has always wanted to dominate only the most profitable, high-end section of the market where all the profits are.

Apple のストラテジーは、マーケットの底辺のことを気にかけていない。 常に Apple は、最も収益性の高いハイ・エンド市場を支配したがり、また、すべての利益を、そこから得てきた。

The strategy appears to be working, for now. Samsung may get hurt most in the short-run — why bother with an expensive Samsung Android when a cheap Xiaomi Android will do? But a cheaper, better Android would be more of a threat to Apple than Samsung is now.

このストラテジーは、いまのところ、上手く機能しているように見える。しかし、安価な Xiaomi Android が登場すると、高価な Samsung Android が食われてしまうので、短期的に見ると Samsung に大きな影響が生じるだろう。しかし、安価で有能な Android は、いまの Samsung にとってというより、将来の Apple にとって大きな脅威になるだろう。

What is the point of a mobile platform that only 20% of the world uses? Most developers want their apps exposed to as many people as possible, not a select few. And why would you want a tiny old 3.5-inch iPhone 4 when you can get a 5-inch Android for the same price?

世界の 20% だけが使用する、モバイル・プラットフォームの、どこに魅力があるのだろう? ほとんどのデベロッパーは、自分のアプリを少数の人々にではなく、より多くの人々に提供したいと考えるだろう。そして、同じ価格で、5-inch の Android を得ることができるのに、3.5-inch の古い iPhone 4 を欲しがる理由は、いったい何処にあるのだろう?

That is why it would not be a surprise to see the iPhone 5C get offered at a further discount once iPhone 6 launches. Its screen is larger than the iPhone 4 series, and it’s still a pretty good phone. But it probably won’t fall as far as $100 for most buyers — and that is where it will be interesting to see how Apple responds.

iPhone 6 が立ち上がれば、iPhone 5C が大幅にディスカウントされるだろうが、それほどの驚きでもない。iPhone 5C のスクリーンは、iPhone 4 シリーズよりも大きく、また、機能も優れている。しかし、多くの買い手が望んでいる $100 のレンジまで、その価格は引き下がらないだろう。 そこが、Apple の対応を見る上で、最も興味深いところである。

•  You’re Delusional If You Think The Price Of The iPhone 6 Won’t Be Crucial To Its Success

•  Proof That Android Really Is For The Poor

•  I Ditched My iPhone For A Samsung Galaxy S5 And Was Blown Away By What I Was Missing With Apple

ーーーーー

いまの、大きな利益を確保しながら、iPhone の価格戦略を大転換するのは、ほとんど不可能なことなのでしょう。 しかし、中長期的に見て、iPhone が世界の国々に浸透していく状況を願うのであれば、何らかの方針転換が Apple には必要です。 なんというか、一挙に広がり始めたマーケットに、Apple は付いて行けてないという感じがしてしまいます。 世界で一番のお金持ちなのですから、多少の赤字などは気にしないで、$100 iPhone 5C をばらまいて欲しいですね。 Agile_Cat は、緑色のやつが欲しいです :) 

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/6月
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
スマートフォン戦争は終結した: そして勝ったのはユーザーである

Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの

Posted in Asia, Bare-Metal, Facebook, Google, Rackspace, Research by Agile Cat on August 3, 2014

ヒタヒタと、Bare-Metal の足音が・・・
http://wp.me/pwo1E-7IF

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、今月は月初も忙しく、このポストで紹介するデータは、8月3日の時点で抽出したものであり、モタモタしていた先月と、重複する部分がありますが、ご容赦ください。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、トップにある Instagram のマイグレーションが、とても多くの人々に読まれていました。 とにかく、ユーザーに気付かれることなく、200億枚の写真を移行できたことに拍手です。 そして、Facebook のベアメタル環境は、どれだけパフォーマンスを向上させ、コストを引き下げるのでしょうか。また、その他のポストを見ても感じるのですが、クラウドの常識というものが、少しづつ変化しているように思えます。まだまだ、すべてが黎明期と思い出させてくれる、そんな感じの 7月でした。

_--space13

1: Instagram が達成した史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
2:
世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
3: Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK !
4:
Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
5: 富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!
6:
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由

7:
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
8: アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:Web トラフィック

9: マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
10:
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
11: やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ!
12: Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
13:
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴!
14:
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

15: Office For iPad がリリース:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
16:
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

17:
米教育機関と Chromebook :すべての生徒にコンピューティングを!

18: iPhone 6 の初期オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模!
19:
Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?

20:
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

なお、ランクインはしていませんが、以下のポストも、とても興味深いものなので、まだ、という方は、ぜひ ご覧ください。なんといっても、最近の注目はベアメタルです。 なぜ、仮想化が必要なのかと考えると、その要因はユーザー側にはなく、プロバイダー側の運用やコストにあるわけです。 それなら、そのレイヤを取っ払ってしまえという動向に、なんとなく勢いが付いてきた感じです!

Internap の ベアメタル OpenStack が、Hong Kong DC にも展開される!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

ーーーーー

image今日は 8月3日で、今週から夏休みという方も多いことだと思います。 これから、お盆が明けるまで、文字どおりの真夏がやってきます。みなさん、海へ山でと、いろいろな計画をお持ちだと思います。 熱中症や事故などに気をつけて、楽しい夏休みをお過ごしくださ~い :)  image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?
Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW

 

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on July 24, 2014

China excites, Japan disappoints in Apple’s newest earnings
http://wp.me/pwo1E-7H6
July 23, 2014 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/apple-q3-fy2014-earnings-strong-revenue-rise-china/

_ tech in asia

Apple’s (NASDAQ:AAPL) newest financial earnings report (for fiscal 2014 Q3; or April to June in human time) shows stellar growth in China. Here’s Apple’s break-down (PDF) in revenue across Asia-Pacific for the past quarter:

Apple(NASDAQ AAPL)における最も新しい収支報告書 (会計年度 2014 Q3:4月〜6月) には、China での目覚ましい成長が記されている。 以下は、この四半期における Asia-Pacific の売上を、Apple が分析した結果である  (PDF):

Greater China (inc. Hong Kong and Taiwan): US$5.94 billion – up 28% year-on-year

Japan: US$2.56 billion – up 1% year-on-year

Rest of Asia-Pacific: US$2.16 billion – up 6% year-on-year

That amounts to a US$10.66 billion total revenue from across Asia-Pacific for Apple, which is up from US$9.23 billion for those three areas at the same period last year. So Apple’s Asia revenues have grown 15.5 percent in the past 12 months.

つまり、Asia-Pacific 全域から Apple に対して、US$10.66 billion の売上がもたらされたことになるが、それら 3つの地域における昨年同期の売上は US$9.23 billion であったとされる。したがって、Apple のアジアでの収益は、この12ヶ月間で 15.5% ほど成長していることになる。

All those numbers are from a grand total for Q3 of US$37.4 billion across all regions plus Apple’s retail segment. The company’s quarterly net profit was US$7.7 billion. Apple shifted 35.2 million iPhones in the past quarter, along with 13.3 million iPads, 4.4 million Macs, and 2.9 million iPods – but there’s no regional breakdown for those gadgets.

これらの、すべての数字は、Apple の小売部門の Q3 売上を、グローバルで合算した US$37.4 billion に基づいている。そして、同社の四半期純利益は US$7.7 billion となる。そして、台数ベースでは、35.2 million の iPhone と、13.3 million の iPad、4.4 million の Mac、2.9 million の iPod を、この四半期に販売しているが、地域ごとのデータは公表されていない。

China apps boom?

In Apple’s earnings conference call, CEO Tim Cook said (in a summary provided by the WSJ) that iTunes and the iOS App Store were the strongest growth elements for Apple in China. That’s perhaps surprising considering that iTunes has no music or movie offerings in China and is limited to just apps, free ebooks, podcasts (also free), and iTunesU (free).

Apple の収支報告カンファレンス・コールで CEO のTim Cook は、China で Apple が成長する上で、iTunes と iOS App Store は大きな要因になったと述べている(概要を WSJ が提供)。 つまり、iTunes が China に対して Music と Movie を供給せず、また、提供するものが、無償アプリおよび、無料の電子ブック、ポッドキャスト、iTunes U に制限されていることを考えると、おそらく、大きな驚きとなるはずだ。

China’s spending on apps tends to be low. A recent report from App Annie pointed out that China downloads the second largest number of iOS apps in the world after the US, but it still spends less money on them than the much less populated Japan.

China における、アプリへの支出は低迷の傾向にある。App Annie の最新レポートは、China は US に次いで、iOS アプリのダウンロード数で二番手であると指摘しているが、それに対する支出となると、はるかに人口の少ない Japan よりも、少額しか費やしていないのである。

Editing by Paul Bischoff

See: Apple to open new store in Chongqing on July 26 ahead of new retail push in China

ーーーーー

昨日ですが、NHK のニュースも、Apple の増収増益を報道していました。 そして、その推進力になっているのが、アジアのマーケットにおける成長だという、Apple のコメントも付け加えていました。 WWDC では Tim Cook が、中国における Android から iPhone への乗り換えの多さを指摘していましたが、このポストの数字を見ると、大きな成長が達成されたことが裏付けられますね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!

Posted in Asia, OpenStack, SDN by Agile Cat on July 15, 2014

Fujitsu announces $2bn cloud offensive
http://wp.me/pwo1E-7F3

July 14, 2014 Written by Business Cloud News
http://www.businesscloudnews.com/2014/07/14/fujitsu-announces-2bn-cloud-offensive/

Technology vendor Fujitsu has announced major new initiatives aimed at accelerating its capture of market share in cloud computing. The company said it plans to spend more than ¥200bn (US $2bn) over the next 3 years in a bid to bolster its market position amidst IT incumbents.

テクノロジー・ベンダーである Fujitsu が、クラウド・コンピューティング市場におけるシェア獲得を加速するための、大規模な取り組みについてアナウンスした。同社は、これまでに培ってきた IT ビジネスの中心に、クラウドを据えるという賭けにおいて、今後の3年間で ¥200bn (US $2b) もの投資を計画している。

Fujitsu has announced it will invest billions over the next three in cloud computing

The company said it will spend the bulk of the ¥200bn between 2014 and 2016 on building out new datacentre capacity and expanding its managed cloud platform globally.

同社の説明によると、2014年〜2016年の間に ¥200bn の集中的な投資を実施することで、そのデータセンターに新たなキャパシティを加え、また、グローバルにおけるマネージド・クラウド・プラットフォームを拡大することになる。

Fujitsu currently operates seven datacentres offering its public cloud platform globally and plans to add two new datacentres this year: one in the US, the other in the UK. It also plans to add private cloud capacity in two new locations in the US (on the East and West Coast), with additional deployments in six locations across Europe and Asia.

現時点において Fujitsu は、グローバルに展開するパブリック・クラウド・プラットフォームのために、7ヶ所ののデータセンターを運営しているが、US と UK のデータセンターが、年内には追加されるようだ。 また、同社はプライベート・クラウドのためのキャパシティを、US の 2ヶ所(東西の海岸)に追加する予定であり、さらには、Europe や Asia における 6ヶ所のデータセンターにもディプロイしていく。

Overall the company has 25 cloud datacentres globally.

同社の全体的な計画によると、25ヶ所のクラウド・データセンターを、グローバルに展開していくことになる。

“Fujitsu has a vision of a Human Centric Intelligent Society, one where social and business innovation is driven by the intelligent use of information and communication technologies. We see cloud as the natural platform for delivering these new types of applications, which is reflected in both the increase we are seeing in cloud adoption and how it is becoming a standard part of IT service delivery models for many CIOs today,” said Cameron McNaught, executive vice president, solutions, global delivery, Fujitsu.

「 Fujitsu のビジョンである Human Centric Intelligent Society は、ICT(information and communication technologies)のインテリジェントな活用により、社会と企業でのイノベーションを促進するものである。そして、そのような新しいアプリケーションのタイプを展開していくためには、クラウドが自然なプラットフォームになると認識している。それらは、数多くの CIO が IT サービスを提供するための、クラウドの採用において確認している現実と、また、標準的なモデルとして台頭している現象という、2つの要因現を反映したプラットフォームでもある」と、Fujitsu の Executive VP , Solutions, Global Delivery である Cameron McNaught は述べている。

The move comes as Fujitsu looks to strengthen its partnerships with other vendors and its efforts in the open source space. The vendor recently announced a partnership with network virtualisation vendor Midokura which will see both companies integrate Midokura’s MidoNet network virtualization software with Fujitsu’s private cloud platform software, which is based on OpenStack.

この Fujitsu の動きは、オープンソースの領域での取り組みと、他のベンダーとのパートナーシップを、強化するものとも思える。先日に、同社は、SDN ベンダーである Midokura との提携を発表している。この提携においては、OpenStack ベースの Fujitsu プライベート・クラウド·プラットフォームに、Midokura の MidoNet SDN を統合していくための作業が、両社の協業のもとで進んでいくだろう。

The efforts mirror those of another large legacy IT vendor, IBM, which earlier this year announced over $1bn in cloud-related initiatives, and redoubled efforts to bring OpenStack-based commercial offerings to market.

今年の初めに、大手レガシー IT ベンダーである IBM が、クラウド関連する $1B 以上の投資を発表しているが、この Fujitsu の取組は、それに対抗していくものでもある。そして、OpenStack ベースの商用プロダクトを、大きく促進していくという効果をもたらす。

“We also recognize that no single cloud service provider can meet all customer needs, so we are continuing to invest in our cloud integration services,” McNaught added.

そして McNaught は、「 単一のクラウド·サービス·プロバイダーが、すべての顧客のニーズを満たすというシナリオは、成立しないものだと、私たちは認識している。 だからこそ、自身ののクラウド·インテグレーション·サービスに対して、継続的に投資しているのだ」と、付け加えている。

ーーーーー

注記:¥200bn と US $2b の、どちらが正しいのか、他のメディアのポストを見ても、その点が不明だったので、そのまま表記しています。

追記(7/15 11:55 AM):¥200bn も、英語での Billion なので、2000億円の投資額ということなんですね。 つまり、IBM 以上の予算を用意してクラウドに臨むという意味なのです。 スゴイ!

ーーーーー

Fujitsu Makes Bold Bet on Cloud Initiative  – Channelnomics
Fujitsu invests ¥200 billion in cloud – ZDNet
Fujitsu spending $2 billion in cloud to get $3.5 billion in sales – iTWire
Fujitsu targets $US3.5bn in Cloud sales globally – ARNnet

ーーーーー

続々と、大手 IT ベンダーたちのクラウド・シフトが発表されています。 そして、国内外の状況を見ると、「日本市場における、日本のベンダーによる、日本のユーザーのためのクラウド」というのは、すでに成立しないものになっています。 日本のベンダーは世界のマーケットを目指し、日本のユーザーは世界のクラウドから選ぶ、、、という構造が、これからの当たり前になっていくのでしょう。 とは言え、世界を相手に戦っていく、Fujitsu と Midokura という日本タッグ・チームを応援したいですね!

ーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong データセンターにも展開される!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_2

%d bloggers like this: