Agile Cat — in the cloud

世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on May 1, 2015
China sales of iPhones thump US
Zhu Shenshen – April 29, 2015
http://www.shanghaidaily.com/business/it/China-sales-of-iPhones-thump-US/shdaily.shtml
 
_ Shanghai Daily
 
APPLE Inc’s iPhone sales in China surpassed those of the United States for the first time in the first quarter of this year as domestic demand grew fueled by increased sales channels and the Spring Festival, the US giant said yesterday.
 
China での Apple iPhone の売上が、今年の Q1 において、初めて U.S. を上回ることになった。 同国内の販売チャネルが強化され、また、Spring Festival (春節) における需要に支えられたことで、この成長が達成されたと、昨日 (4/28) に Apple が発表している。
 
Chinese iPhoneApple, whose revenue climbed 27 percent to US$58 billion globally, said its iPhone sales by units surged 70 percent in China, making the country its world’s largest iPhone market, said Luca Maestri, chief financial officer of Apple, who didn’t give detailed figures.
 
Apple の収益は、グローバルで 27% の成長を示し、US$58 billion に達している。そして、iPhone の販売はというと、China において 70% という急成長が達成されたことで、同国が世界で最大の iPhone マーケットの座を獲得している。それは、Apple の CFO である Luca Maestri の発言だが、詳細な数字は明らかにされていない。
 
The larger-screen iPhone 6 and iPhone 6 Plus became popular as Chinese New Year’s gifts in February.
 
この 2月の、China の New Year を祝うプレゼントとして、大画面の iPhone 6と iPhone 6 Plus が人気を博していた。
 
Apple’s total revenue in China surged 71 percent to US$16.8 billion in the quarter, surpassing Europe to become the company’s second-biggest regional market by revenue, only behind the US.
 
グローバルにおける、Apple の 2015年 Q1 総売上高は、China での 71% を加えることで、US$16.8 billion に達している。 そして、全体的な売上においても、China が Europe を抜いて二位の座を確保し、U.S. の背後に迫ることになった。
 
In the middle of 2016, Apple is expected to have 40 retail stores in China, almost double from 21 now, according to Tim Cook, Apple’s chief executive.
 
Apple の CEO である Tim Cook によると、China における Apple Store は現在の 21店舗から、2016年の半ばには 40店舗へと倍増するようだ。
 
ーーーーー
apple今朝のアジアの各サイトは、この話題で持ちきりという感じでした。 Agile_Cat が最初に見つけたのは、毎朝の散歩道である Want China Times だったのですが、まったく数字が記されていなかったので、この Shanghai Daily にまで探しに行ったというわけです。 ひょっとすると、もっと詳しい情報があるのかもしれませんが、文中の Apple CFO の発言を読むと、こんな感じなのかとも思えてきます。それにしても、昨日の「中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!」に続いて、こんな記事が出てくるとは、、、ただただ驚くばかりです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>

NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on April 29, 2015

NTT Opens Shanghai Data Center
Jason Verge – November 26, 2014

http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/11/26/ntt-opens-mainland-china-data-center/ _ DC Knowledge

Japan’s NTT Communications has opened a data center in the Pudong Development Zone of Shanghai. The facility has 28,000 square feet of data center floor space, room for about 1,000 racks.

Japan の NTT Communications が、Shanghai の Pudong Development Zone (浦東開発区) にデータセンターをオープンした。このファシリティは、データセンター床面積として 28,000平方フィートを有し、約 1000 ラックを収容できる。

China data center market is growing, up around 20 percent from last year. In order to capitalize on the market, data center providers providers need local footprint. In addition to normal latency considerations, cross-border network traffic is slowed down further by what is popularly referred to as the Great Firewall of China.

China のデータセンター市場は、2013年から2014年にかけて、約 20% の成長を示している。そして、このマーケットに投資するデータセンター・プロバイダは、ローカルにおけるファシリティを必要とする。それに加えて、レイテンシの問題がある。つまり、国境を越えていくネットワーク・トラフィックは、Great Firewall of China の存在により、さらに減速してしまうのだ。

NTT Shanghai DCA rendering of the new NTT facility (Image: NTT)

CenturyLink recently launched a data center in Shanghai, citing the government’s firewall as one of the reasons, and Oracle is in discussions to establish China data center presence. Earlier this week CloudFlare announced intentions to open 12 data centers in mainland China over the next six months.

最近になって CenturyLink も Shanghai にデータセンターをオープンしているが、その理由の一つとして、この政治的なファイアウォールへの対応を挙げている。また Oracle も、China におけるデータセンター・プレゼンスを確立するために、議論を進めている最中にある。また、この 11月には CloudFlare が、これからの 6ヶ月の間に、China Main Land に 12ヶ所のデータセンターをオープンするという主旨を発表している。

The new facility will be NTT’s first China data center capable of total service design, construction, and operation for customers. The company is expanding its data center servies in the country to include cloud in addition to colocation. The data center is branded under the Nexcenter brand NTT uses worldwide.

この新しいファシリティは、NTT が China に構築する初めてのデータセンターであり、顧客のためのトータルなサービスの設計/構築/運用を実現するものになる。拡張されたデータセンター・サービスを目指しており、China におけるコロケーションに加えて、クラウドまでを取り込んでいく。なお、同データセンターは、NTT がグローバルで用いる、Nexcenter ブランドに組み入れられる。

The company claims its efficient way of building and efficient operations means 20 percent lower costs than other facilities in the area. The company is also touting its connectivity. It is carrier neutral and has direct network connections to communications companies across China to help the problem of Internet instability common in China due to inadequate connections among local carriers, according to NTT.

NTT は、効率的な構築と運用により、同エリア内の他のファシリティと比べて、約 20% の低コストを実現すると言っている。さらに同社は、そのコネクティビティについても主張している。つまり、キャリア・ニュートラルであり、China 全土の通信会社との、ダイレクト・コネクションを実現しているという。NTT によると、China のローカル・キャリアとの接続で生じる、不安定なインターネットという問題を、それにより解決していくことになる。

NTT has been expanding its data center services business elsewhere in the world as well.

また、NTT はグローバルにおける各ロケーションで、そのデータセンター・サービス事業を拡大している。

Its subsidiary NTT Facilities recently acquired EEC, a U.S. data center management firm. NTT also won a big deal with Salesforce.com in the U.K., where the company is providing the data center behind the SaaS giant’s UK expansion.

最近のことだが、NTT の子会社である NTT Facilities が、US のデータセンター管理会社である EEC を買収している。さらに NTT は、Salesforce.com との大型契約を、U.K. で締結している。それにより、この SaaS ジャイアントの U.K. 進出を、データセンター提供によりサポートしていくことになる。

Stateside, NTT-backed colocation provider RagingWire recently commenced construction on its second data center in Northern Virginia. NTT also recently expanded in Osaka.

また、U,.S. 本土での NTT は、コロケーション・プロバイダーである RagingWire を支援しており、最近では Northern Virginia での第2データセンターに着工している。それに加えて、NTT は Osaka での展開も拡張している。

ーーーーー

datacenter_55今月の Agile_Cat の仕事は、アジアのインフラについてまとめることなのですが、クリッピングしていて訳していなかった記事として、この NTT Com の上海進出がありました。 そんなわけで、慌てて訳したというわけです。話は 2012年11月の、Microsoft と 21Vianet の提携にまで遡りますが、その時は、Microsoft Azure のライセンスが、21Vianet に提供されるという契約形態であったと記憶しています。 北京政府による外資の受け入れ体制が、この 2年の間に変化したと見るべきなのでしょう。_AC Stamp

ーーーーー

<関連>

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

 

Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない

Posted in Asia Weekly, Huawei by agilecat.cloud on April 26, 2015
年明けから、圧倒的なプレゼンスを示し続けている・・・
 
_ cna-banner
 
このところ、Huawei が元気だと思い、Cloud News Asia の Huawei カテゴリを追いかけてみたところ、モバイル/テレコム/ネットワーク/クラウドで、そして全体的な収益や特許取得において、快走し続けている様子が見えてきました。
 
Huawei at MalaysiaVernon Chan
Huawei Ascend P7
launch, Malaysia
 
まず、モバイルですが、2014年の販売台数が 7500万台ということですから、Xiaomi の更に上を行く実績を収めているわけです。 そして、China Mobile などとの提携により、4G エリアで大きく業績を伸ばしているようです。
 
そして、ヨーロッパでは、大規模な実証実験を成功させたり、4G LTE のネットワークを展開したりと、これまた大活躍です。最近のヨーロッパを見ていると、アメリカの大手に対して、強い拒否反応を示しているような感じがします。 そして、中国を、とりわけ Huawei をサポートすることで、均衡を保とうとしているように見えてきます。 こうした動きは、Cisco などにとって、厄介なものになり得るでしょう。
 
そして、ついに、パブリック・クラウドにも進出してくるようです。 当然の事として、中国国内では Alibaba などと激しく戦うことになるでしょうし、海外にも勢力を伸ばそうとしてくるはずです。以下に、この1月からの、Huawei における代表的なトピックを集めてみました。 ただし、これらは、その一部に過ぎないのです・・・
 
1/1: Huawei and Spain’s IB-RED Deploy First 4G LTE Networks
1/5: Huawei Boasts 2014 Revenues of $46B
1/14: China’s Huawei Technologies says 2014 profit likely rose 17%
1/16: Huawei sells 75m smartphones, ranks 3rd as largest smartphone vendor
2/1: Huawei increases Malaysian foothold with Ingram Micro tie-up
2/2: StarHub in commercial trial of Huawei’s LampSite solution
2/6: Huawei and China Mobile Improve Upload Speed by 180%
2/7: Huawei and China Unicom Deploy World’s First Tiniest Atom Router
2/10: Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
3/2: Huawei, Qualcomm and EE Test 400 Mbps Wireless Network at UK
3/4: Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO
3/8: Huawei debuts new CloudMall data center solution, signs MOU with Baidu
3/20: Huawei filed most patents in 2014: WIPO
4/5: 4G, smartphones drive Huawei profit
4/8: Huawei achieves deep network and security convergence
4/10: Huawei launches NGFW card for data center switches
4/11: Huawei designs DC architecture for real-time data processing
4/22: China’s Huawei targets July launch for public cloud service in China
4/23: Chinese cybersecurity rules could backfire, says Huawei CEO
4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
ChinaAt Huawei’s Global Analyst Summit, the company’s rotating CEO and deputy chairman Xu Zhijun said Huawei will launch public cloud services in China in July 2015. This launch will put Huawei in direct cloud service competition with Alibaba’s Aliyun service. Microsoft and Amazon already launched their public cloud services in China, but those services will ultimately not be able to compete on a large scale because of their foreign investment structures.
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 4/15: China DC server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
ChinaThe third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain. China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
④ 4/18: Oxygen vs Cyanogen: a side-by-side review for OnePlus owners
ChinaOnePlus One owners are at a crossroads right now. The young Chinese smartphone maker is ending its relationship with the maker of its Android-based operating system, Cyanogen, after the latter struck an exclusivity deal with rival brand Micromax in India. In dire need of an alternative, OnePlus chose to build its own fork of Android Lollipop, which it released earlier this month. OnePlus owners looking to upgrade to the latest and greatest version of Android must choose between the two.
 
⑤ 4/21: Is Japan losing its influence in global semiconductor market?
JapanIn 2014, there were only two Japan-based companies – Toshiba and Renesas – among the top-10 semiconductor suppliers. Assuming the NXP/Freescale merger is completed later in 2015, IC Insights has forecast that Toshiba will be the lone Japan-based company left in the top-10 ranking. Japan-based semiconductor manufacturers wielded their greatest influence on the global stage and held six of the top 10 positions in 1990, IC Insights said.
 
⑥ 4/23: Malaysia signs private sector deal on Big Data centre
MalaysiaMalaysia has signed a new deal with a private sector analytics firm to help achieve its goal of becoming a regional Big Data hub. The Malaysian Development Corporation (MDeC) and SAS have signed an agreement to set up a Centre of Excellence that will build and test Big Data proofs of concepts for government and commercial use. The centre “will mobilise the country’s top BDA [Big Data analytics] experts to develop national high-impact use cases and proofs of concepts to drive BDA adoption and innovation”, said Ng Wan Peng, Chief Operating Officer at MDeC.
 
⑦ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/24: Video streaming startup iFlix gets US$30M funding, ASEAN
PhilippinesAccess to a whole new range of streaming movie and TV content is one step closer to viewers in Southeast Asia, as internet media startup iFlix has successfully completed a US$30 million funding round. iFlix’s parent company Catcha Group and telco Philippines Long Distance Telephone Company led the round. The funds will be used towards the continued rollout of the service throughout Southeast Asian territories, as well as acquiring the rights to more content and producing original content.
 
⑨ 4/12: aCommerce CEO Hadi Wenas leaves to join John Riady and MatahariMall
IndonesiaIndonesia’s family-owned conglomerate Lippo Group announced today that Hadi Wenas, co-CEO of ecommerce service provider aCommerce in Indonesia, will join MatahariMall as CEO. The news comes not long after Lippo Group representative John Riady went on record saying that MatahariMall has a team of ecommerce superstars ready to race Lazada Indonesia for the title of the largest business-to-consumer ecommerce firm in the archipelago.
 
⑩ 4/18: Alibaba helps Sinopec with cloud computing, big data
ChinaSHANGHAI: Chinese e-commerce titan Alibaba Group Holding Ltd has tied up with Sinopec, Asia’s biggest oil refiner, to provide cloud computing services and ‘big data’ analysis, the companies said. The link-up was for technical services and did not involve equity cooperation, China Petroleum & Chemical Corp, or Sinopec, said on its official microblog. It did not say how much money was involved. Cooperation between Alibaba, a poster child for private enterprise in China, and one of the country’s biggest state-owned companies dovetails with government policy.
 
ーーーーー
cna_6今週は、Huawei 大特集という感じになってしまいましたが、パワフルなプロダクトやサービスだけではなく、その売上規模特許取得数にも、同社の強さが現れています。 モバイル・デバイスからテレコム機器まで、そして、ネットワーク/セキュリティ機器にまで、さらにはクラウド・サービスにまで広がるカバレッジは、世界でも類を見ないものです。 言い方を変えると、グローバルにおけるすべてのテック・ジャイアントたちを相手に、これから戦っていくというスタンスでいるようです。 おそらく、アメリカの IT 産業から見て、一番イヤな相手が、この Huawei なのだと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by agilecat.cloud on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/04/15/china-data-center-server-standard-project-3-0-to-announce-at-year-end-2015-cloud-cloudcomputing-china-datacenter/
 
_ Digi Times
 
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
 
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
 
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
 
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
 
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
 
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
 
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
 
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
 
ーーーーー
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Huawei, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものになるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

Posted in Asia Weekly, Net Neutrality by agilecat.cloud on April 18, 2015
ユニバーサル・コネクティビティとネット・ニュートラリティは共存できるのか ・・・
 
_ cna-banner
アメリカのネット・ニュートラリティ問題が、歯切れの悪い FCC の説明にもかかわらず、ほぼ収束という状況になりましたが、今度はインドで大きな出来事がありました。 インドの大手モバイル・キャリアである Airtel が、同社と契約を交わしたアプリに関して、その通信量を無償にする Airtel Zero というプランを発表し、喧々諤々の議論になってしまったのです。 いまは、この Airtel Zero プランの取り下げが推測されていますが、いったい、なにが起こったのでしょうか?
 
Airtel事の始まりは、3/10 の 「Free internet: Airtel’s Mittal takes on Facebook CEO」 に書かれているように、MWC で Bharti Airtel のトップである Sunil Mittal が、Facebook の Mark Zuckerberg に噛み付いたところにあるようです。 つまり、Internet.org の発想は、モバイル・キャリアにとって困った存在であると、攻め立てたようです。
 
Mittal, who met Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg here at the Mobile World Congress, said that the social networking major is right in its thinking that such a would expand the market, but telecom operators also need to get their revenues and charge for the services.
 
“I told him (Zuckerberg) that you are right that this (internet.org) expands the market. At the end, you must understand that we (telecom operators) need to charge you for something. SMSes have gone more or less, voice is going down and they (Facebook) recognize that,” Mittal said in a media interaction here.
 
また、Vodafone の Global CEO である Vittorio Colao も、「Internet.org は、Zuckerberg による社会貢献のようなものだが、そのコストを負担するのは我々だと同調した」と伝えられています。
 
そして、Airtel の Zero プランですが、インドのメディアに叩かれ、NewYork Times などにも叩かれ、頓挫しそうな状況へと追い込まれているようです。 さらに、今日になって、この議論に Mark Zuckerberg も参加してきたと、The Times of India が報道しています。
 
In a Facebook post Zuckerberg said: “But net neutrality is not in conflict with working to get more people connected. These two principles — universal connectivity and net neutrality — can and must coexist.”
 
Internet.org とネット・ニュートラリティの整合性を取ることは、とても難しいことであり、だからこそ、Facebook は慎重に事を進めているはずなのです。 つまり、この Airtel の短絡的なプランと、一緒にされるのは御免だという話なのでしょう。
 
4/7: Airtel Zero: Another blow to net neutrality
4/9: App developers, tech startups slam Airtel Zero
4/10: Net neutrality: Airtel Zero is threat to Digital India plan
4/14: International media supports India’s fight for net neutrality
4/15: Flipkart pulls out of Airtel’s net neutrality violating Airtel Zero
4/16: Neutral net must for India to produce next Google
4/17: Airtel may withdraw Zero plan: Analysts
 
この件は、Cloud News Asia の Net Neutrality カテゴリで、継続して追いかけていくつもりです。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
② 4/14: Dallas Buyers Club pirates could be told to ‘name a price’
AustraliaWhile much attention has been focused on how much the owners of Dallas Buyers Club might demand Australian pirates pay for sharing their film online, a new option has emerged: ‘name your price’. According to Channel News Asia, the first batch of demand letters sent by Dallas Buyers Club to 77 of 500 alleged pirates in Singapore did not demand a particular sum.
 
③ 4/5: Microsoft promises $16M in cloud services for 100 Chinese startups
ChinaOn Wednesday, Microsoft China announced that 100 Chinese tech startups are about to get lucky. The company is promising RMB 100 million (US$16 million) in cloud services and support to 100 Chinese startups. Reportedly, Microsoft is also partnering with Northern Light Venture Capital, DCM, and Gobi Partners to offer financial investments in addition to the cloud services and support. The first batch of 100 startups will be hand-picked by Microsoft and its VC partners.
 
④ 4/15: NSW govt embraces PayPal, Apple Pay, from AU
AustraliaNSW residents should be able to pay for a licence renewal or parking fine with PayPal, Apple Pay from their smartphone, or streamlined credit card payment processes like Visa Checkout within 12 months. NSW Minister for Finance and Services Dominic Perrottet today announced the state government would integrate the modern payment capabilities into Service NSW’s new whole-of-government payments platform.
 
⑤ 4/6: In vending machines, NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical.
 
⑥ 4/15: China DC server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
ChinaThe third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain. China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
⑦ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/13: AT&T eyes Vietnam market
VietnamSandy Verma, Senior Director in charge of Internet of Things Solutions of AT&T Asia Pacific said, according to PricewaterhouseCoopers, up to 86% of CIOs worldwide said that technology was changing their business practice. Data analysis and Internet of Things – IoT – are emerging as the most significant technologies. With IoT, mobile phones are not just used for making calls or sending text messages but can open doors, turn on smart devices in homes, and connect devices in workshops and medical devices monitoring human health.
 
⑨ 1/11: NHN Entertainment looks to offer game cloud platform service
KoreaNHN Entertainment has launched a business-to-business (B2B) game cloud platform service to make up for its weakening profits in its top income source ― gambling games. Releasing the cloud service named “TOAST Cloud,” the company said it will diversify its business portfolio to game cloud platforms from existing online and mobile games, and e-commerce to survive as a general IT company.
 
⑩ 4/15: TSMC aiming to start production of 10-nm chips by 2016: CEO
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing (TSMC), the world’s largest semiconductor contract manufacturer, has set a goal of beginning mass production of chips on the 10-nanometer technology by the end of 2016, Mark Liu, its president and chief executive officer, said Wednesday in California. TSMC last year won huge orders for Apple’s next-generation mobile device processors, which had previously been awarded to Samsung of South Korea.
 
ーーーーー
cna_6今週の Top-10 ですが、Amazon Japan の幼児ポルノ事件がトップに来ています。 3ヶ月ほど前の事件なのですが、忘れてはいけない出来事なのだと、海外の人々から釘を刺されているように感じてしまいます。 その他では、Scorpio 3.0 に関する記事が興味深いです。 OCP との時間差を考えると、この 3.0 には Widget のようなスイッチが入ってくると推測できますし、それを Huawei などが担いだら、どのような展開になるのでしょうか? アメリカと中国を秤にかける、ヨーロッパの市場が注目されます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
 

APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on April 15, 2015
Asia Pacific becomes frontline for IoT with US$583 billion market opportunity by 2020, says IDC
Alex Wolfgram – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PR200.html
 
_ Digi Times
 
The Asia Pacific Internet of Things (IoT) industry will continue its strong growth, with the number of units, or “things,” connected to increase from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020. Over this same period, the total Asia Pacific excluding Japan (APeJ) market size will increase from US$250 billion to US$583 billion, according to IDC.
 
Asia Pacific の Internet of Things (IoT) は、その力強い成長を継続し、インターネットの接続される Units もしくは Things の数は、2020年までに 31億個〜86億個へと増大していくだろう。それと同じ期間において、Asia Pacific excluding Japan (APeJ) の IoT マーケットは、US$250 billion〜US$583 billion へと成長すると、IDC は推測している。
 
Internet_of_ThingsWikipedia
 
“The Internet of Things industry has matured considerably over the past year, with a number of large government initiatives across APeJ, and China in particular, driving demand,” said Charles Reed Anderson, VP at IDC Asia Pacific. “This increase in market demand has led to an increased focus on IoT from leading ICT vendors, as well as start-ups – with each keen to grab their share of the growing IoT market.”
 
「 この 一年間の IoT は、APeJ 全体において、とりわけ China において、需要を促進していく各政府のイニシアチブにより、かなり成熟したと推測できる。 こうした、マーケットにおける需要の高まりが、大手 ICT ベンダーに加えてスタートアップの注目を集めている。つまり、誰もが、成長していく IoT マーケットで、シェアを掴もうとしているのだ」と、IDC Asia Pacific の VP である Charles Reed Anderson は述べている。
 
“While high level IoT market forecast information by region or country can be useful to certain audiences, it adds little value to those functional areas with more specific requirements,” said Anderson. “Sales and marketing, for instance, require IoT forecasts aligned to industry verticals so they can effectively set targets and tailor their go-to-market messaging; while product management requires IoT forecasts aligned to use cases (e.g. digital signage) so they can understand the addressable market for their solution portfolio across multiple industries.”
 
さらに Anderson は、「地域や国といった、大きな括りによる IoT 市場予測の情報は、特定の人々にとって有益だろうが、それぞれの機能分野と、それに伴う具体的な要件に対して、価値を与えるものにはならない。たとえば、セールスとマーケティングの観点からすると、業界を垂直に整理していく IoT 予測が必要となる。 そのため、そのような目的を持つ人々は、効果的に目標と対応を定めた、go-to-market  メッセージを設定できる。しかし、製品管理に携わる人々が必要とするのは、ユースケースを整理するための IoT 予測である(たとえばデジタル・サイネージ)。したがって、それらの人々が理解していくのは、複数の業界にまたがるソリューション・ポートフォリオのための、細分化された情報となる」と述べている。
 
China not only will continue to dominate the Asia Pacific region, accounting for 59% of the APeJ market opportunity by 2020, but also be one of the leading markets globally with nearly one out of every five units connected by 2020 to be in China. However, market size is not the same as market maturity, said IDC.
 
2020年までに APeJ 市場における 59% のビジネス・チャンスを占めるとされる China は、Asia Pacific 地域を支配し続けるだけではなく、グローバルをリードするマーケットの一角を占める。つまり、China は 2020年までに、インターネット接続された全デバイスの、5つに 1つを占めることになるのだ。しかし、マーケットの規模と、その成熟度が一致するわけではないと、IDC は述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT という言葉で一括りにしても、セールスとマーケティングの観点からの予測と、ユースケースという観点からの予測には、大きな違いがありそうですね。 そして、APAC (APeJ?) の IoT マーケットで、中国が存在感を増してくるという予測には、なるほどと頷いてしまいます。 スマホの世界を例にすると、Xiaomi のサプライチェーンが突出した存在として浮上してきますが、彼らが IoT を手にしたら、どのようなことが起こるのでしょうか? そして、中国国内で IoT を構成していくためのバックボーンは、おそらく Huawei や ZTE に委ねられるはずです。いろいろな意味で、とても気になるアジアの IoT ですね。_AC Stamp
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
ーーーーー
<関連>
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
 

Transcend の SSD 出荷数が、前年比で倍増しているらしい:台湾からのレポート

Posted in Asia, Data Center Trends, Storage by agilecat.cloud on April 14, 2015
Transcend 1Q15 SSD sales approach total for 1H14
Josephine Lien, Jessie Shen – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PD202.html
 
_ Digi Times
 
Transcend Information saw its cumulative 2015 shipments of SSD (solid state drive) products through March reach nearly the total shipped in the first half of 2014, according to the Taiwan-based company.
 
Taiwan に本社を置く Transcend だが、2015年 1月〜3月期における SSD プロダクツの出荷数が、2014年 1月〜6月期に相当するという情報を提供している。
 
Transcend SSDTranscend specializes in the manufacture of memory modules, but has in recent years put increased focus on SSDs and other industrial and strategic products. The company noted that March sales of its industrial and strategic products totaled NT$1.16 billion (US$37.1 million) accounting for 51.4% of its total revenues for the month.
 
Transcend は、メモリ・モジュールの製造に特化した企業であるが、この数年は、SSD に注力しており、また、戦略的な産業用プロダクツにフォーカスしている。同社が言うには、この 3月における産業用および戦略的なプロダクツの販売は、合計で NT$1.16 billion (US$37.1 million)  に至ると指摘している。それは、同月の総売上高に対して、51.4% を占める数字となる。
 
Meanwhile, Transcend’s NAND flash devices and DRAM modules generated revenues of NT$789 million and NT$310 million, respectively, in March 2015.
 
その一方で、2015年3月 の Transcend は、NAND フラッシュ・デバイスで NT$789 million を、DRAM モジュールで NT$310 million を稼ぎだしている。
 
Transcend reported consolidated revenues of NT$2.26 billion for March 2015, up 28.5% on month but down 2.4% on year. Revenues totaled NT$6.13 billion for the first three months of 2015.
 
Transcend のレポートによると、2015年3月の総売上は NT$2.26 billion であり、前月比で 28.5% の UP であり、前年比では 2.4% の DOWN となる。そして、2015年 Q1 の総売上は NT$6.13 billion であるという。
 
For 2014, Transcend reported net profits of NT43.74 billion, or NT$8.67 a share, on consolidated revenues of NT$27.22 billion.
 
また、2014年を通年で見ると、同社の粗利は NT43.74 million であり、株価はNT$8.67、総売上は NT$27.22 billion に至っている。
 
ーーーーー
datacenter_55Transcend の全体を見ると、昨年に対して大きく成長しているというわけでは無さそうです。 ただし、冒頭に記されているように、SSD の出荷数は倍増しているのであれば、その利益構造も大きく変化しているはずです。 どうせなら、SSD だけの数字を抜き出した、売上表のほうが見たかったですね。 この Transcend ですが、Agile_Cat は気に入っており、いまの Mac mini のメモリや、各種モバイル・デバイスの MicroSD などで、同社の製品を使っています。(本文の最後の段落ですが、原文の NT43.74 billion は、NT43.74 million の間違えだと思います) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
DynamoDB および、ホット SSD + コールド S3 というパターン
SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート
HGST の予測:今年の DC 市場では、ヘリウム充填型の HDD が大きく伸びる
 
%d bloggers like this: