Agile Cat — in the cloud

ハイブリッド・クラウドへの移行: APAC の 3200 社に、目標と課題について聞いてみた!

Posted in .Selected, Asia, Hybrid, Research by agilecat.cloud on September 4, 2015
APAC firms want to move apps to cloud, but lack data to determine opportune time
Eileen Yu – Aug 20, 2015
http://www.zdnet.com/article/apac-firms-want-to-move-apps-to-cloud-but-lack-data-to-determine-opportune-time/
 
_ zdnet normal
 
Some 41 percent of Asia-Pacific businesses expect up to 24 percent of their applications to be on the cloud in 2016, but 35 percent do not have the analytics to determine whether it’s cost-effective to do so.
 
Asia-Pacific における 41% の企業が、自身のアプリケーションの 24%(最大で)を、2016年までにクラウドに移行したいと望んでいる。しかし、35% の企業は、クラウド移行を判断するための、費用対効果に関する分析を行なっていないと述べている。
 
ーーーーー
 
Some 35 percent of Asia-Pacific organizations do not have the necessary data to determine when it is more cost-effective to deploy their application in the cloud or within their own datacentres.
 
Asia-Pacific における 35% の組織は、クラウドあるいは独自のデータセンターへ向けて、自身のアプリケーションをディプロイする時期について、最も費用対効果の高いタイミングを判断するための、データを有していないという。
 
APAC firms and cloudsClick to Large
 
According to survey findings released Thursday by F5 Networks, 45 percent of businesses in the region operated up to 200 applications, while 8 percent deployed more than 3,000 applications. The study polled 3,200 IT decision makers across Asia-Pacific to analyse their existing and future use of application services.
 
8月20日(木)に F5 Networks がリリースした調査結果によると、この地域における 45% の企業は、200種類以内のアプリケーションを運用しているが、8% の企業に関しては、3,000 種類以上のアプリケーションを展開している状況も分かった。この調査は、現在と未来におけるアプリケーション・サービスの利用について分析するために、Asia-Pacific の 3,200人の IT 意思決定者を対象としている。
 
It found that 41 percent of respondents were keen to move up to 24 percent of their applications to the cloud within the next year, while 24 percent would do likewise for 25 to 50 percent of their applications.
 
また、回答者の 41% は来年中に、自身のアプリケーションの 24%(最大で)を、クラウドへ移行したいと強く望んでいることが分かった。同様に、24% の回答者も、自分のアプリケーションの 25%〜50% を、クラウド移行したいと望んでいるようだ。
 
F5 Networks’ Asia-Pacific senior vice president, Emmanuel Bonnassie, said: “As applications continue to be a critical part of the business strategy, organisations are seeking the same confidence level in cloud deployments that they’ve seen in the datacentre. Companies in every industry rely on applications to drive customer engagement, employee productivity and revenue today.”
 
F5 Networks の Asia-Pacific Senior VP である Emmanuel Bonnassie は、「ビジネス戦略における重要なパートに、アプリケーションが位置づけられるのと平行して、データセンター内に展開されるクラウドに対して、同じようなレベルの信頼が求められてきている。あらゆる産業における企業が、顧客のエンゲージメントおよび、従業員の生産性、日々の収益を促進するために、アプリケーションに依存しているのだ」と述べている。
 
He added that more respondents deemed mobile apps and big data analytics to be important trends for their organisation, compared to the Internet of Things (IoT) or software-defined networks. This indicated a growing hybrid environment across the region, with a mix of on- and off-premise services increasingly adopted by organisations, Bonnassie noted.
 
そして、それらの回答者にとっては、モバイル・アプリとビッグ・データ分析が、IoT や SDN よりも重要なトレンドになっていると、彼は付け加えている。さらに言うなら、それらの組織により採用され、また、増大している、この地域に展開されたオン・プレミス/オフ・プレミスのサービスを、組み合わせていくためのハイブリッド環境が成長していると、彼は指摘している。
 
However, 35 percent pointed to the lack of analytics as a challenge in adopting hybrid clouds, where they struggled to understand when it would make more sense to deploy applications in cloud datacentres and when it would be more cost-effective to do so within their own datacentres. Another 29 percent said the failure to establish comprehensive identity and access management policies as a barrier to the hybrid cloud adoption.
 
しかし、35% の企業は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の、課題に対する分析が欠落していると指摘している。つまり、アプリケーションをディプロイする先として、クラウド・データセンターを選ぶ方が理にかなうと思われるときや、独自データセンターを選ぶほうが費用対効果が高いと思われるときがあるが、その判断に苦労しているのだ。その他の 29% は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の障壁として、包括的な ID および、アクセス・マネージメント・ポリシーの確立に問題があるの述べている。
 
Some 23 percent highlighted the inability to ensure consistent application performance as a challenge in hybrid cloud deployment, while 21 percent pointed to the lack of cloud providers that could meet their organisation’s data security requirements.
 
また、23% の企業は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の課題として、アプリケーション性能に関する一貫性が確保できないことを強調している。そして 21% は、自社のセキュリティ要件に合致する、クラウド・プロバイダーが見つからないと指摘している。
 
With security a key concern, 42 percent of respondents believed applications services should not be implemented without security, compared to 30 percent who pointed to availability as a priority.
 
セキュリティが重要だとする 42% の回答者は、セキュリティを伴わずに実装されるアプリケーション・サービスが、存在するはずだと確信している。その比率は、可用性を優先する 30% と比べて、大きな値になっている。
 
ーーーーー
Asia Pacificモバイル・アプリ対応が、最大の課題というのは分かりますが、ビッグ・データ分析が IoT と SDN よりも重要なトレンドだというのは、ちょっと意外でした。 以前に、「Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる」という抄訳をポストしましたが、どのようにデータを切り分けて、オンプレミスとクラウドに配置すべきかという点が、依然として大きな課題になっているようですね。それにしても、とても興味深い調査結果ですね!  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港が中国と世界をつなげる?
APAC のモバイル・エンタープライズは、2015年で US$22B の規模にいたる:VMware
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
 

NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

Posted in Amazon, Asia, Hybrid, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 28, 2015
NTT helps integrate private and public clouds with dedicated connectivity
Mikael Ricknäs – Aug 26, 2015
http://www.infoworld.com/article/2976189/cloud-computing/ntt-helps-integrate-private-and-public-clouds-with-dedicated-connectivity.html
 
_Info World
NTT Communications will provide its enterprise customers with direct private connectivity to Microsoft’s and Amazon Web Services’ public clouds through a new service, Multi-Cloud Connect.
 
NTT Communications だが、Multi-Cloud Connect という名称のダイレクト・プライベート接続をユーザー企業に提供することで、Microsoft や Amazon Web Services といったパブリック・クラウドの利用を促すことになる。
 
The more dependent enterprises become on public clouds, the more dependent they become on a network connection that doesn’t falter. Inconsistent Internet performance has become an impediment to widespread cloud adoption, according to NTT.
 
パブリック・クラウドに依存する企業は、より高精度なネットワーク接続に依存することになる。したがって、インターネットにおける不安定なパフォーマンスは、広範囲におよぶクラウドの適用にとって障害になり得ると、NTT は述べている。
 
NTT CloudNTT hopes to offer a better performing alternative with its Multi-Cloud Connect, which lets enterprises access public cloud services via its MPLS (Multi-protocol Label Switching) network.
 
NTT が提供したいと望んでいるのは、同社の Multi-Cloud Connect を用いた代案であり、MPLS (Multi-protocol Label Switching) ネットワークを介して、パブリック・クラウド・サービスへのアクセスを実現するものとなる。
 
The purported advantages include better reliability, faster speeds, lower latency and higher security. Enterprises can take advantage of that when building hybrid clouds where some applications or parts of applications run on-site and others in a public cloud. That could include a tiered storage architecture or a cloud-based disaster recovery solution.
 
そのアドバンテージには、信頼性/高速化/低遅延/高度なセキュリティなどが含まれるという。たとえば、特定のアプリケーションや、その一部をオン・サイトに配置し、その他をパブリック・クラウドに展開したいと考えるエンタープライズが、ハイブリッド・クラウドを構築する際などに、そのメリットを享受することになる。そして、そのようなクラウドは、階層型のストレージ・アーキテクチャや、クラウド・ベースの DR ソリューションを、容易に取り込めるようになる。
 
A dedicated connection to Microsoft Azure or Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) should also lower the bar for moving applications that depend on low latency to the cloud, such as virtual desktops.
 
また、Microsoft Azure や Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) と専用線で接続することで、対象となるクラウドは低遅延を約束されるものとなる。 したがって、たとえば仮想デスクトップなどのアプリケーションを移動させる際のロスも、低減されるはずである。
 
Multi-Cloud Connect became available in Tokyo on Wednesday, and will be expanded to London in December, followed by the U.S. and other parts of Asia.
 
この水曜日(8/26)に、Tokyo で Multi-Cloud Connect の提供が開始された。そして、12月には、London でサービス・インとなり、その後に US および Asia での運用が開始されるという。
 
Speeds from 10Mbps to 1Gbps are available when connecting to Microsoft and 50Mbps to 500Mbps to Amazon. NTT didn’t announce any pricing.
 
そして、前述のパブリック・クラウドとの接続スピードだが、Microsoft と接続するときは 10Mbps 〜 1Gbps が、Amazon との場合は 50Mbps 〜 500Mbps が提供されるという。 ただし、NTT は、それらの料金についてはアナウンスしていない。
 
NTT is far from the only company offering dedicated connectivity for public clouds. Amazon has partnered with service providers all over the world on AWS Direct Connect and Microsoft offers ExpressRoute. But the NTT launch highlights how the cloud market is maturing step by step to provide buyers with more choice and flexibility.
 
NTT だけが、専用線によるパブリック・クラウド接続を、提供する企業というわけではない。実際に、Amazon は Direct Connect を提供し、Microsoft は ExpressRoute を提供することで、グローバルにおけるサービス・プロバイダーたちと接続している。しかし、NTT が立ちあげた今回のサービスは、クラウドの利用者に数多くの選択肢と柔軟性を提供し、クラウド・マーケットを段階的に成熟させていくものとして評価できるだろう。
 
ーーーーー
Telecomこのところ、Cloud News Asia でも Hybrid 関連のトピックが目につきます。ひょっとして、アジアの企業文化がハイブリッド・クラウドを選ばせるのかと思うくらい、その数は多いと感じています。 今週は、香港ベースの Global Cloud Exchange に関する記事をポストしましたが、シンガポールを中心として Equinix Huawei も、ハイブリッド・クラウドのためのクラウド・エクスチェンジを増築しているという状況です。そして、この NTT の Multi-Cloud Connect が加わることで、アジアのマーケットは、さらに加熱していくのでしょう。 _AC Stamp
Hybrid IT and cloud-enabled technologies will define the new normal
Hybrid IT, cloud-enabled technologies fast becoming the ‘new normal’
Hybrid IT becoming the new normal in APAC
Will Hybrid IT and cloud-enabled technologies define the new normal?
Aligning IT and Lines of Business with Dynamic Hybrid Environments
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Netflix, Research, Twitter by agilecat.cloud on August 26, 2015
August has been a brutal month for some tech stocks
Matt Rosoff – Aug. 25, 2015, 9:51 AM
http://www.businessinsider.com/tech-stocks-august-2015-8
 
_ Business Insider
 
Monday’s stock market bloodbath capped off what was already shaping up to be a difficult month for tech stocks.
 
この月曜日の株式市場は惨憺たるものであり、8月における一連のハイテク株に対して、後退の月という烙印を焼き付けるかたちで収束した。
 
Screen Shot 2015-08-26 at 2.08.23 AMStatista charted the biggest losers for us as of market close on Monday August 24 — which some are calling Black Monday due to the huge drop in shares across the globe.
 
Statista が作成したチャートは、Monday August 24 のマーケットが閉まった時点で、下げ幅の大きかったハイテク企業の状況を示すものとなっている。世界中の株価を暴落させた今回の出来事について、何人かの人々は Black Monday と表現している。
 
But Tuesday morning saw a huge rally underway, so a lot of these losses are already being erased — for instance, Netflix is up more than 7% a few minutes after the market opened.
 
しかし、火曜日の朝のマーケットは、継続して大幅に反発しているため、これらの損失の多くは、すでに回復されているようだ。たとえば、Netflix などは、マーケットがオープンした数分後に、7% 以上のアップを記録している。
 
20150825_tech_stocks_bi
Statista
 
ーーーーー
research_55株というものと、まったくご縁のない Agile_Cat ですが、これだけの騒ぎになると、やはり気になります。 こうしてチャートを眺めてみると(Twitter は別の事情を抱えているようですが)、グローバル展開が急速に進んでいる Netflix や、ビジネスにおける中国の比重が大きい LinkedIn と Apple が、株価を大きく下げていたという感じがします。 その点、他と比べて Google の下げ幅が小さいのですが、中国と戦い続けてきた成果と見るべきなのでしょうかね :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google と 中国政府の予定調和を分析する
 

香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 25, 2015
Global Cloud Xchange to Expand Singapore-India Connectivity
August 21, 2015
http://prnw.cbe.thejakartapost.com/news/2015/global-cloud-xchange-to-expand-singapore-india-connectivity-2.html
 
_ Jakarta Post
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ — Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications (RCOM), today announced the expansion of Singapore-India connectivity to a broader base of global enterprises and carriers.
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ —  Reliance Communications (RCOM) の子会社である Global Cloud Xchange (GCX) が、Singapore と India を接続するためのネットワークを強化し、グローバルにおける多様なエンタープライズおよびキャリアに提供すると発表した。
 
GCX will acquire capacity on the TIC cable between Singapore and Chennai, which will be extended across the seven Indian Capital Cities on GCX domestic network within India. This terrestrial and submarine network will play a key role in Reliance’s expansion of its Cloud Xchange (Cloud X) nodes which will be the terminal points across this new network.
 
GCX は、Singapore と Chennnai を結ぶ TIC ケーブルのキャパシティを取得し、自社の国内ネットワーク上における 7つの Indian Capital Cities へ向けて拡張することになる。この、地上と海底のネットワークを組み合わせることで、Reliance の Cloud Xchande(Cloud X)上での Reliance の拡張を実現し、そのネットワークの終端となるノードを構築していく。
 
GCX“We are pleased to utilize the existing subsea cable infrastructure to deliver immediate capacity to meet growing requirements of our global business customers,” said Bill Barney, CEO of Reliance Communications (Enterprise) and GCX. “This will also support our digital backbone as we complete deployment of our Cloud X nodes across India.”
 
Reliance Communications (Enterprise) and GCX の CEO である Bill Barney は、「この、既存の海底ケーブルをインフラストラクチャとして利用することで、グローバルで事業を展開している顧客たちに対して迅速にキャパシティを提供し、急速に成長しているビジネスをサポートできる。そして、India 全土に展開している Cloud X ノードを完全なものにするための、デジタルバックボーンのサポートまで可能になる」と述べている。
 
Based on current 100G technology, GCX will be able to deliver significant capacity across this important Singapore-India route with the ability to further upgrade in the future based on technological advancements and market demand. The new capacity will interconnect with RCOM’s established network of data centers, connected by India’s largest terrestrial fiber network which also connects seamlessly into GCX’s global infrastructure – the world’s largest privately owned subsea cable system.
 
現状における 100G テクノロジーをベースに、GCX にとって重要な Singapore − India ルートに充分なキャパシティを加えることが可能となり、また、将来におけるテクノロジーの進化とマーケットの要求に応えるための、さらなる前進が約束される。この海底ケーブルから得られるキャパシティも、RCOM のデータセンター・ネットワークと相互接続され、また、India で最大の地上ファイバー・ネットワークと接続され、さらには、GCX のグローバル・インフラにシームレスに接続される。つまり、民間が所有する海底ケーブル・システムとしては、世界で最大級の構成が実現されることになる。
 
While RCOM’s infrastructure already constitutes a vital core of India’s digital backbone, the enhanced Singapore-India connectivity will deliver further diversity to meet growing market demands. “This will be a mission-critical component in the digital transformation of India and its connectivity to the world,” Barney added.
 
すでに RCOM のインフラは、India におけるデジタル・バックボーンの、重要なコアを構成しているが、Singapore – India 接続の強化により、これまで以上の多様性が提供され、成長するマーケットの需要が満たされていく。Barney は、「 今回の拡張は、India における次世代デジタルを実現する構成要素であり、また、世界への接続を約束するものになる」と付け加えている。
 
About Global Cloud Xchange
 
Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications, offers a comprehensive portfolio of solutions customized for carriers, enterprises and new media companies. GCX owns the world’s largest private undersea cable system spanning more than 67,000 route kms which, seamlessly integrated with Reliance Communications’ 200,000 route kms of domestic optic fiber backbone, provides a robust Global Service Delivery Platform.
 
Reliance Communications の子会社である Global Cloud Xchange(GCX)は、キャリアやメディアなどを含むエンタープライズに対して、カスタマイズされた包括的なソリューションによるポートフォリオを提供している。また、GCX が所有する、世界でも最大級のプライベート海底ケーブル・システムは、全長で 67,000 Route km におよぶものとなる。それらは、Reliance Communications が国内に展開する、200,000 Route km の光ファイバ・ネットワークとシームレスに接続され、堅牢な Global Service Delivery Platform のベースとなっている。
 
With connections to 40 key business markets worldwide spanning Asia, North America, Europe and the Middle East, GCX delivers Managed Services to more than 160 countries and offer extensive VPLS-enabled Ethernet network capabilities globally. GCX is equipped to support businesses through the deployment of next generation Enterprise solutions across its Cloud Delivery Networks.
 
Asia/North America/Europe/Middle East における、40の主要マーケットに広がるワールドワイド・ネットワークにより、GCX は 160カ国以上に Managed Services を提供し、また、大規模な VPLS-enabled Ethernet ネットワーク機能を、グローバルに提供している。そして GCX は、同社の Cloud Delivery Networks を横断する、次世代エンタープライズ・ソリューションの展開を通じて、あらゆる企業をサポートしている。
 
For More Information, contact:Genevieve LiTel:  +852-6028-8236Email:  gli@globalcloudxchange.com
 
ーーーーー
india-endorses-full-foreign-ownership-of-mobile-telcosTelecomこの Global Cloud Xchange という名前が気になって、ついつい訳してしまいました :)   インドでは年間で1億台くらいのスマホが売れていますし、シンガポールはデータセンター・ラッシュですし、、、というわけで、何かの関連性があるとは思っていましたが、こんな展開になっているのですね。 いまから2年ほど前に、「インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?」という抄訳をポストしましたが、そこには Reliance Communications(RCOM)の名前は入っていません。 おそらく、モバイル・キャリアという位置づけではないのでしょう。 そして、Wiki で Reliance を調べると、インドで4番手のテレコム事業者だと説明されています。 また、GCX 自体は、香港ベースの企業のようです。インドもシンガポールもホットですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?

Posted in .Chronicle, Asia, Telecom, Weekend by agilecat.cloud on August 23, 2015
China Mobile profit dips under tough competition
Xinhua – Aug 21, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150821000051
 
_Want China Times
 
Chinese telecom giant China Mobile’s net profit dipped 0.8% to 57.3 billion yuan (US$9 billion) in the first six months of the year as it faced fierce competition, it said on Thursday.
 
China のテレコム・ジャイアントである China Mobile が、今年の上半期における収支を発表した。その、木曜日に報じられた内容はというと、厳しい競合に直面したこともあり、純利益は 0.8% ダウンの 57.3 billion yuan (US$9 billion) というものであった。
 
Linxia-City-China-Mobile-officeswikimedia
 
Revenue was up 4.9% to 340.7 billion yuan (US$53.3 billion), while its subscriber base rose to more than 810 million, up 3.4%, including 190 million 4G users, the company said in a filing to the Hong Kong bourse, where it is listed. The interim dividend will be HK$1.525 (US$0.20) per share.
 
また、売上に関しては、4.9% アップの 340.7 billion yuan (US$53.3 billion) に到達しているが、その背景には 3.4% アップで、8.1億人 (4G ユーザーの 1.9億人を含む) に増大したサブスクライバー数がある。Hong Kong 証券取引所に提出された書類に、それらの情報がリストアップされていた。そして、中間配当は、1株あたり HK$1.525 (US$0.20) になると思われる。
 
The Beijing-based company said it is “facing severe challenges from intensified competition.” In the face of this, it will continue to bolster 4G business and try to expand its market share in daily services for individual customers and enterprises, according to the filing.
 
Beijing ベースの同社は、「 競合が激化したことで、シビアな課題に直面した」と述べている。その、証券取引所に提出された書類では、「こうした局面にもかかわらず、4G ベースの事業を強化し、コンシューマとエンタープライズにおけるサービスで、マーケット・シェアの拡大を目指している」と説明されているようだ。
 
China Mobile’s 4G business is rapidly expanding, said the company, which now has 940,000 base stations in place, covering almost all cities nationwide.
 
China Mobile によると、同社の 4G ビジネスは急速に拡大している。 現時点で 940,000 ヶ所に基地局を配備し、国内における大半の主要都市とカバーしていると、同社は述べている。
 
Its shares closed at 98.2 Hong Kong dollars, down 0.3%, while the benchmark Hang Seng Index closed down 1.8%.
 
この収支発表後の Chana Mobile 株価であるが、Hang Seng Index 指標が 1.8% 近いダウンを示しているにもかかわらず、0.3% ダウンの 98.2 Hong Kong Dollars あたりで取引されている。
 
ーーーーー
weekend8億人以上のサブスクライバーがいると、半年で 6兆円の売上が立って、利益も 1兆円レベルになるのですね。 それが多いのか少ないのかと考えてみても、比較対象になり得る規模のテレコムが、どこを探しても出てこないので、考えようがありません :) とは言え、この China Mobile が中心となり、Huawei/ZTE/Lenovo/Xiaomi などで構成される、中国の巨大モバイル・エコシステムが成長しているのは間違いありません。 なんというか、ため息しか出てこない話ですね 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Digi Times : China Mobile, China Telecom post mixed 1H15 revenues
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に至る?
China Mobile が、マレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
 

Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Posted in Asia, Huawei, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on August 22, 2015
Xiaomi reportedly developing ARM solutions, paper says
DIGITIMES: Kai-Ti Chiang, jessie Shen – Aug 5, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/08/06/xiaomi-reportedly-developing-arm-solutions-paper-says-cloud-cloudcomputing-xiaomi-arm-smartphone/
 
_ Digi Times
 
Xiaomi is engaged in the development of mobile processors based on the ARM chip architecture, and is expected to have the first in-house developed chips for handsets in early 2016, a 21st CenturyBusiness Herald report quoted sources from China’s handset industry as saying.
 
Xiaomi だが、ARM チップ・アーキテクチャをベースにした、モバイル・プロセッサの開発に取り組んでいるようだ。そして 2016年の初頭には、最初の自社開発チップを搭載するモバイル・デバイスを、マーケットに投入すると予測されている。China モバイル業界の情報筋からのウワサを引用するかたちで、21 Century Business Herald が、このように報道している。
 
Xiaomi Mi4Xiaomi has obtained the right to gain access to ARM processor technology, the report said. The report did not say specifically whether Xiaomi has an in-house chip design team.
 
このレポートは、ARM プロセッサ・テクノロジーにアクセスする権利を、すでに Xiaomi が取得していると述べている。ただし、Xiaomi 社内における、チップ・デザイン・チームの有無については、具体的に言及していない。
 
ARM disclosed recently that it has signed a new subscription licence with a major Chinese OEM which would underpin its future royalty revenue growth. Xiaomi has been identified as ARM’s new OEM partner.
 
最近のことだが、ARM のサブスクリプション・ライセンスが、China の主要 OEM ベンダーに提供されたという情報が開示されている。それにより ARM は、将来におけるロイヤリティ収入の成長を支えていくことになる。そして、もちろん Xiaomi も、ARM の新しい OEM パートナーとしてリストアップされている。
 
Nevertheless, Xiaomi already reached a deal with Leadcore Technology allowing the phone maker to get access to the chip designer’s technology patents. A May 18 EETimes report quoted a Leadcore executive as saying that “Xiaomi wants its own custom-designed processors to differentiate its products and control its destiny.” Leadcore is working with China’s fastest growing smartphone company on product, technology and patent, the EETimes report said.
 
その一方で、すでに Xiaomi は Leadcore Technology との粉タクトを開始しており、このチップ・テクノロジー・デザイナーの特許を取得するようだ。 5月18日の EE Times は、Leadcore の幹部の発言を引用するかたちで、「 Xiaomi は、プロダクトの差別化を促進するための、カスタム・デザインされたプロセッサを、社運をかけて手に入れようとしている。Leadcore は、すばらしい勢いで成長を遂げている、この China のスマートフォン・べンダーと、プロダクト/テクノロジー/パテントの面で協業していく」と報じている。
 
Qualcomm’s and MediaTek’s solutions have been mainly used by Xiaomi and other Android phone makers.
 
これまで、Xiaomi を含む Android フォン・メーカーたちは、主として Qualcomm および MediaTek のソリューションを用いてきた。
 
Leadcore, wholly-owned by China’s Datang Telecom Technology and Industry Group, designs and develops SoC solutions for smartphones and tablets.
 
そして、この Leadcore とは、China の Datang Telecom Technology and Industry Group が所有する、スマートフォン/タブレット用の SoC ソリューションを設計/開発している企業なのである。
 
ーーーーー
Asia Pacificよく言われるように、スマホ・ビジネスで利益を出しているのは Apple と Samusung だけという状況です。 その一方で、チップ・サプライヤーである Qualcomm と MediaTek が大きな利益を出しているという現実があります。 つまり、オリジナルのチップを持てない企業は、いくら売上を伸ばしても、利益をチップに吸い上げられてしまうのかもしれません。 そして、中国では、この Xiaomi 以外にも、Spreadtrum および、Huawei の 子会社である HiSilicon などが Mobile AP (Application Processor) の設計/開発に着手しています。 この、中国とアジアの巨大なマーケットが、モバイル・ビジネスの常識を、根本から覆していく様が見えてきますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:勢力図をチャートで!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
 

IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! そして、開発環境としては Microsoft Azure の支配が始まったようだ!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 20, 2015
Asia-Pacific Ahead of North America in Internet of Things Development: Report
Chris Burt – July 31, 2015
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/asia-pacific-ahead-of-north-america-in-internet-of-things-development-report
 
_ the whir
 
Developers are working on analytics and big data apps for the Internet of Things much more than connected devices like home appliances and cars, according to a new report from Evans Data Corporation. The survey shows that IoT development is shifting rapidly to the cloud, and also offers several more surprising takeaways.
 
データの分析やビッグ・データ・アプリに取り組んでいる開発者たちは、家電製品や自動車などに接続されたデバイスというより、圧倒的に Internet of Things を意識していると、Evans Data Corporation の最新レポートが示している。さらに、このレポートは、IoT の開発が急速にクラウド・シフトし、また、いくつかの驚くべき展開を提示するとも述べている。
 
Among the 578 developers surveyed, 37.9 percent of apps are currently being developed in the cloud. Within the next year, that number will rise to 49.6 percent, and 94.5 percent have plans to build IoT apps in the cloud at some point.
 
調査の対象となった 578人の開発者のうち、現時点でクラウド上で開発していると答えたのは 37.9% にも昇る。なお、その数字は、来年には 49.6% に上昇するとされるが、クラウド上での IoT アプリ構築を、どこかの時点で計画しているというケースが 94.5% に達している。
 
IoT-Global-Dev-2015 06Most IoT developers (79 percent) spend a quarter of their time or more on analytics and databases, while 42 percent focus on big data. Fifty-five percent connect to devices primarily through the cloud, versus only 32 percent using a hub or middle tier.
 
大半の IoT 開発者 (79%) は、自身に与えられた時間の 1/4 以上を、分析とデータベースに費やしており、また、42% がビッグ・データフォーカスしている。そして、55% の開発者は、IoT に関するデバイスを、クラウドを介して接続していると答え、また、32% の開発者は、ハブもしくは中間層を用いていると答えている。
 
IoT development is split regionally, but not exactly in the traditional way of Internet development, as developers in the Asia-Pacific region are most likely to be working on IoT projects (26 percent), ahead of North America (23 percent), which is closely followed by South America (22 percent) while the EMEA region lags at 17 percent.
 
従来からのインターネットに関連する開発とは別に、IoT に関する開発を、地域ごとに調べてみた。そうしたところ、Asia-Pacific のデベロッパーが、最も高い比率で IoT プロジェクト (26%) に関わっていた。その後に、North America (23%)、South America (22%)、EMEA (17%) が続いている。
 
The devices receiving the most attention from developers are workplace tools, which are the focus of 15.8 percent of all IoT app development, as opposed to home appliances and connected cars, which are being worked on by only 6.1 and 4.9 percent of developers, respectively. Similarly, commercial ISV applications and custom apps for system integrators and value-added resellers are the most common type of app in development, at 36.5 and 31.8 percent respectively, followed by enterprise apps at 18.3 percent.
 
そして、開発者たちが最も注目しているデバイスは Workplace Tools であり、すべての IoT アプリ開発の 15.8% という結果であった。それとは対照的に、家電や自動車に関連するデバイスは、それぞれが 6.1% と 6.4% というレベルに留まっている。同じように、開発中の最も一般的なアプリのタイプについても調べてみた。 その結果は、SI (system integrators) および VAR (value-added resellers) 向けの、商用 ISV アプリが 36.5% であり、カスタム・アプリが 31.8% というものであった。エンタプライズ・アプリに関しては、それに続く 18.3% というレベルであった。
 
Microsoft, which added real-time developer tools for big data and IoT to Azure last October, also provides the dominant platform for IoT development, as 94 percent use a version of Windows.
 
昨年 10月のことだが、Microsoft は Azure に Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールを追加している。 そして、IoT 開発における 94% がWindows を使用するというふうに、この分野における支配的なプラットフォームを提供している。
 
The top concern for 21.2 percent of developers is security, followed by technology exceeding demand for 15.8 percent. While security often appears near the top of lists of barriers and concerns relating to tech adoption, the notion that the demand may not support the industry’s IoT direction is likely a cause for concern, or at least further study, among companies working on it.
 
開発者にとって最大の懸念は、21.2% のセキュリティであり、また、15.8% が要求に耐え得るテクノロジーだと答えていた。採用するテクノロジーに関する障害と懸念のリストでは、多くのケースにおいてセキュリティが1位に登場している。ただし、製造業における IoT の方向性になると、そのような懸念は相対的に希薄なものとなる。 つまり、調査や研究のレベルというより、現実的な取り組みが進んでいるのであろう。
 
The Internet of Things and cloud computing are not just closely associated by developers. A Canonical survey from January showed that one third of enterprises say the IoT will be the biggest factor driving cloud adoption in the future.
 
開発者の観点からは、現時点における Internet of Things と Cloud Computing が、密接に関連付けられているとは言えないようだ。ただし、この1月から実施されている正式な調査では、その対象となった企業の 1/3 が、クラウドの採用を促進する最大の要因として、IoT の存在を指摘している
 
ーーーーー
IoTソースが Evens Data の有償レポートであり、ちょっと意味が分かりにくいところが有りますが、APAC における IoT 開発は順調に進んでいるようですね。 そして、驚いたのが、開発プラットフォームとしての、Microsoft Azure の頑張りです。 文中にもあるように、Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールの存在が大きいのでしょう。 なかなか面白そうな展開です! こんな感じのレポートが、たくさん出てくると良いですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!

Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

Posted in .Selected, Asia, Google, Network by agilecat.cloud on August 18, 2015
Google’s 60Tbps Pacific cable will have highest-ever capacity across Pacific Ocean
Tim Hornyak | June 24, 2015
http://mis-asia.com/tech/industries/googles-60tbps-pacific-cable-will-have-highest-ever-capacity-across-pacific-ocean/
 
_ MIS
 
With bottles of bubbly and a purification ceremony, a Google-backed undersea cable was given a warm welcome on a beach in Japan last week, a critical step in building the highest capacity data link in the Pacific ever created.
 
シャンパン・パーティーと厳かな儀式。 Google が支援する海底ケーブルが、先週(6/24)に Japan サイドに陸揚げされたとき、そんな温かい歓迎を受けたようだ。最大のキャパシティで太平洋を横断する、このデータリンクを構築する上で、それも重要なステップだったのだろう。
 
google-faster-cableThe 9,000-kilometer FASTER cable will have a peak capacity of 60 terabytes per second (Tbps) when it enters operation next year, joining Japan with Oregon on the West Coast of the U.S. Apart from Google, the project is backed by telecom carriers KDDI of Japan, SingTel of Singapore, Global Transit of Malaysia, China Mobile International and China Telecom Global.
 
この 9,000km の FASTER ケーブルは、来年に運用が開始されると、60 Tbps (terabytes per second)という最大キャパシティで、Oregon と Japan を接続することになる。このプロジェクトには、Google だけではなく、Japan の KDDI/Singapore の SingTel/Malaysia の Global Transit/China Mobile International/China Telecom Global といった、テレコム・キャリアたちも相乗りしている。
 
At the landing site in Shima, Mie Prefecture, east of Osaka, a machine pulled the cable onto the beach from an offshore cable-laying ship while stacks of armored pipes, which shield the link from anchors near the shore, were piled nearby. A Shinto ritual was held to pray for the success of the project, which will cost roughly US$300 million. The cable was routed into a landing station building that houses optical equipment.
 
Mie Pref の Shima サイトでは、敷設船から海岸線へと、ケーブルが陸揚げされている。そして、このリンクは、何重にも装甲されたパイプにより、船のイカリから守られている。神道による祈願も、この US$300 million のプロジェクトを、成功へと導いていた。そして、光学機器を収容したステーションへと、このケーブルは無事に陸揚げされた。
 
The FASTER cable will also be connected to existing infrastructure offshore at Chikura, Chiba Prefecture, southeast of Tokyo, next month. With six fiber pairs and 100 wavelengths, it will have a peak capacity 300 million times greater than the TAT-1 transatlantic cable of 1956, which could handle 36 telephone calls, or roughly 200kbps, Google said.
 
FASTER ケーブルは、来月には Chiba Pref の Chikura でも、既存のインフラストラクチャに接続される。この 6 Fiber ペアと 100 Wavelength を有するケーブルは、1956年から運用されている TAT-1 海底ケーブルと比較すると、約 3億倍の最大キャパシティを有することになる。その当時は、200 Kbps のキャパシティにより、36回線の通話をサポートするものに過ぎなかったと、Google は述べている。
 
KDDI said it was 3000 times faster than the 20Gbps TPC-5 cable system, which began service in 1995. Consumers on either side of the Pacific, however, won’t have the option of choosing which of the several undersea cables their data goes through.
 
また、KDDI の説明によると、このケーブルは、1995年から運用されている 20Gbps TPC-5 システムに対して、約 3000倍の高速性を誇るものになるという。つまり、太平洋を挟んで通信する利用者たちは、どちらのケーブルを望むのかという点で、選択肢を持ち得ないことになる。
 
“It just means that there’s more capacity between United States and Japan, and the throughput will be better,” said Shota Masuda, a senior manager at the Submarine Network Division at NEC, which is building the new cable system. “You might feel that the Internet experience is a little smoother or faster.”
 
NEC Submarine Network Division の Senior Manager である Shota Masuda は、「U.S. と Japan を、これまで以上のキャパシティで接続することで、そのスループットも向上するだろう。そして、より高速で滑らかな、インターネット・エクスペリエンスを得るだろう」と述べている。
 
Roughly 99 percent of all transoceanic Internet data goes through submarine cables, which are designed to last decades. Several hundred systems link various parts of the world, and the FASTER cable is scheduled to be ready for service in the second quarter of 2016.
 
大海原を横断していくインターネット・データの約99%が、10年〜20年も前にデザインされた海底ケーブルを通過し、この世界における各地を、数百のシステムがリンクしている。そして、FASTER ケーブルは、2016年 Q2 にはサービス・インの予定である。
 
ーーーーー
google-55aこの FASTER ですが、約20年前の TPC-5 に対して、3000倍というキャパを持つようですね。Android フォンの Google Now で、音声が瞬時に解析されたときに、ビックしたのですが、それ以上の驚きが次々に登場してくるのでしょう。 海底ケーブルによる遅延が限りなくゼロに近づき、また、データセンターへの電力供給 (自給) の問題が解決されたとき、どんな災害にも負けないインターネット網が、ほんとうの意味で確立されるのです。楽しみですね〜〜〜 :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: ユーザー企業が賞賛!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
 
%d bloggers like this: