Agile Cat — in the cloud

Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比を、1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Netflix, Research by agilecat.cloud on February 9, 2016
This map shows why Wall Street is so excited about Netflix’s expansion
Eugene Kim – Jan. 7, 2016
http://www.businessinsider.com/netflix-is-literally-everywhere-except-china-2016-1
 
_ Business Insider
Netflix announced on Wednesday that it would be expanding to 130 new countries, making it available in a total of 190 countries worldwide.
 
Netflix のサービス提供国に、新たに 130カ国が加わり、トータルで 190カ国に達すると、同社は  水曜日 (1/6) に公表した。
 
Netflix is literally everywhere
Statista
 
The news pushed Netflix stock up more than 6% immediately following the announcement, and analysts from Bank of America, MKM, and UBS have all published bullish notes on Thursday morning.
 
このニュースの直後から、Netflix の株価は 6% 以上も跳ね上がり、また、Bank of America/MKM/UBS などのアナリストたちは、翌朝に強気のコメントを発信している。
 
To give an idea of how broad Netflix’s reach really is, Statisa put together this map illustration for us. It shows Netflix covers pretty much the entire world, except for China, with yesterday’s announcement.
 
この Netflix の拡大が、何を示すかを明らかにするために、Statisa は Business Insider に対して、上記のイラスト・マップを作成してくれた。つまり、その昨日のアナウンスメントは、China を例外として、Netflix は世界の大半をカバーしていることを指し示しているのだ。
 
Netflix CEO Reed Hastings added on Wednesday that the online video streaming service will eventually get into the Chinese market, by as soon as later this year. UBS wrote in a note that China would add another 176 million households to its addressable market, which is well ahead of its expectations.
 
そして、Netflix の CEO である Reed Hastings は、このオンライン・ビデオ・ストリーミング・サービスが、今年の後半の早い時期に China 市場に参入するだろうと、そのアナウンスメントに付け加えている。さらに言うなら、China には 1.76億世帯という潜在顧客がおり、Netflix は大きな成果を上げるだろうと、USB は述べているのだ。
 
ーーーーー
research_55あっという間の出来事ですね! このチャートは、アジアの大半とアフリカのすべてが、2016年1月にサービス・インすることを記しています。 Google も Facebook も、途上国マーケットに素早く進出していますが、Netflix のスピードは、それ以上だったようです。これが、クラウド+モバイル+ OTT の威力なのでしょう。 つまり、いかなる権力も手出しできない、IP (Internet Protocol) の頭上(Over The Top)で、クラウドとモバイルが直結すると、こんなことが起こり得るのです。 とはいえ、それは簡単なことではなく、見事なまでにクラウドを活用し、また、あらゆる既得権益者たちを相手に矢面に立って戦い続けてきた、Netflix の短期間に凝縮された歴史があってのことなのです。 昨日は、クラウドの勝利宣言というタイトルを用いましたが、今日は OTT の勝利宣言ともいえるポストができて、とても嬉しいです。 Netflix に拍手です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する
Real World NoSQL シリーズ – Netflix における Amazon SimpleDB
 

Comments Off on Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比を、1枚のチャートで!

Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Amazon, Asia, Baidu by agilecat.cloud on February 5, 2016
Baidu builds empire with music, Amazon deals
AFP | Dec 5, 2015, 01.40 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Baidu-builds-empire-with-music-Amazon-deals/articleshow/50053568.cms
 
_ Times of India
 
SHANGHAI: Chinese internet giant has announced two deals linked to the entertainment industry, including a tie up with online retailer Amazon to provide it with search services.
 
SHANGHAI: China のインターネット・ジャイアントである Baidu が、エンターテインメント産業に関連する、2つの耳寄りな情報を発表した。そして、そこには、オンライン・リテーラーである Amazon に、検索サービスを提供するための提携も含まれているのだ。
 
Baidu, often described as the Chinese equivalent of Google, has been seeking to leverage its online dominance in a country where most of the US search giant’s websites are banned.
 
いつも Chinese Google と評される Baidu であるが、US 企業が提供する大半の Web サイト検索が禁止されている China で、オンラインを独占している優位性を、さらに活用しようとしてる。
 
Amazon BaiduBaidu has agreed with Amazon China to become the default search engine in the country for its e-book readers and also cooperate in app distribution and video content, according to a Baidu statement.
 
Baidu のステートメントによると、同社は Amazon China と合意し、China 国内における eブック・リーダー/アプリ配信/ビデオ・コンテンツなどで用いられる、デフォルトの検索エンジンを提供することになる。
 
Amazon will “integrate” with Baidu’s app store and online video platform iQIYI, it said, which is a rival of an Internet television company newly acquired by e-commerce behemoth Alibaba.
 
言い換えるなら、Baidu のアップ・ストアおよび、オンライン・ビデオ・プラットフォームである iQIYI と、Amazon は統合されることになる。そして、この iQIYI であるが、eコマース・ジャイアントである Alibaba が買収した、インターネット TV である YouKu の、ライバルになると伝えられている。
 
On the same day, Baidu said it would merge its music business with one of China’s biggest music rights holders, Taihe Entertainment Group, which covers mainland China, Taiwan, Hong Kong, Macau and Singapore. Taihe holds original rights to over 10,000 compositions and 700,000 recordings, the statement showed.
 
上記のアナウンスメントと日を合わせて Baidu は、China 最大の音楽著作権ホルダーである Taihe Entertainment Group と、自社の音楽ビジネスをマージし、China/Taiwan/Hong Kong/Macau/Singapore をカバーすることになったと発表している。この Taihe は、1万人以上の作家を組織化し、また、700,000件以上の録音データを有すると、Baidu のステートメントには示されている。
 
The deal marked the latest in a string of mergers and acquisitions by China’s top three Internet firms.
 
今回の取引により、China Top-3 インターネット企業による合併/買収のシナリオが、新たに記されることになった。
 
At the end of October, Baidu took the lead in the online travel sector after two of China’s largest online travel firms — Baidu-controlled Qunar and Ctrip — agreed a share swap and partnership deal to create the country’s biggest Internet travel service.
 
2015年10月の終わりに Baidu は、China オンライン・トラベル業界において、Qunar と Ctrip を買収することで、リードを奪っている。具体的に言うと、China で最大のインターネット・トラベル・サービスを構築するために、株式の交換とパートナーシップが締結されたのだ。
 
Two weeks prior to the deal, China’s e-commerce giant Alibaba announced plans to buy outstanding shares of Youku Tudou, the Asian country’s equivalent of YouTube, in a deal estimated to be worth $4.8 billion.
 
その二週間前のことであるが、China のコマース・ジャイアントである Alibaba が、Youku Tudou の発行済株式を購入すると発表している。同社は、Asia の YouTube と評されるベンダーであり、その対価は $4.8 billion に至ると推定されている。
 
RELATED
ーーーーー
Baidu先日にポストした、「Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!」という抄訳は、Oracle と Tencent の狙いを浮き彫りにする、とても興味深い洞察を提供していましたが、その Oracle と同じようなタイミングで、今度は Amazin の中国進出が明らかにされました。 パートナーは Baidu であり、このタッグにより Alibaba に対抗していくことになるのでしょう。そして、Microsoft と 21Vianet/Oracle と Tencent/Amazon と Baidu というチームが構成され、それぞれの中国展開が活性化することにもなります。 こうして、クラウドは分化の時代に、突入していくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on January 26, 2016
China Mobile LTE base tops 300m in December
Dylan Bushell-Embling – January 25, 2016
http://www.telecomasia.net/content/china-mobile-lte-base-tops-300m-december
 
_ Telecom-Asia
 
China Mobile ended 2015 with over 312.2 million 4G customers, representing 37.7% of its total mobile customer base, operating statistics provided by the company show.
 
China Mobile の 2015年だが、その 4G ユーザー数は 3.12 億人に達し、モバイルユーザー全体の 37.7% を占めるに至ったと、同社が提供する運用統計データが示している。
 
BeijingWikipedia
 
The operator added 24.9 million 4G customers in the month of December alone, mostly through existing 3G users upgrading to 4G.
 
また、同社は、12月だけで 0.25 億人の 4G ユーザーを獲得したと述べているが、その大半が、既存の 3G ユーザーからのアップグレードだとしている。
 
But China Mobile reported total mobile net additions for the month of more than 1 million, taking its total customer base to 826.2 million.
 
そして、China Mobile では、モバイル・ユーザーが 100万人/月のペースで増加しており、そのトータルユーザー数が 8.26億人に達したと報告している。
 
Rival China Telecom meanwhile ended the year with 197.7 million mobile customers and 58.5 million users for its hybrid FDD/TDD LTE network.
 
ライバルである China Telecom だが、2015年は 1.98 億人のモバイル・ユーザー数に達し、また、Hybrid FDD/TDD LTE ネットワーク・ユーザーは、0.59 億人を占めるに至ったとしている。
 
China Unicom had 286.6 million total subscribers including 183.8 million combined 3G and 4G customers.
 
China Unicom のトータル・サブスクライバー数は 2.86億人となり、そのうちの 1.84 億人が 3G/4G ユーザーであるという。
 
The figures, combined with the three state operators’ ongoing LTE expansion plans, show that while the pace may be slowing down China’s 4G rollouts are far from over.
 
この、China Top-3 オペレータにおける、LTE 拡張計画の数字を合算すると、ペースの鈍化が予測される一方で、4G への転換が依然として続くことが示されている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2それにしても、China Mobile における 3億人の 4G ユーザーというのは、スゴイとしか言いようが有りませんね。そして、この三社を合計すると、10億人を超えるモバイル・ユーザー数となりますが、同じタイミングで見つけた、CNNIC(China Internet Network Information Center)のレポートによると、中国のインターネット・ユーザーは 6.88億人となります。 このギャップが、常に疑問として付きまといますが、いずれにしても、たいへんな規模であることは間違い有りませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
 

Comments Off on China Mobile の 4G-LTE ユーザー数が、3億人を超えたらしい

4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Network, Telecom by agilecat.cloud on January 20, 2016
Digitimes Research: TD-LTE users account for 34.4% of total 4G LTE subscribers in 1H15
Benson Wu – Dec 10, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151210PD200.html
 
_ Digi Times
 
The number of TD-LTE service subscribers worldwide reached 260 million in the first half of 2015, accounting for 34.4% of total 4G LTE users, according to an estimate of Digitimes Research.
 
Digitimes Research の推定によると、今年前半のグローバル TD-LTE サブスクライバー数は 2.6億人に達し、すべての 4G LTE ユーザーに対して 34.4% を占めるに至ったようだ。
 
TD-LTEFlickr
AFS-USA Intercultural Programs
 
The figures also represent a significant increase as compared to only 30 million subscribers a year earlier period thanks to China’s push from 3G to 4G networks, said Digitimes Research.
 
この数字は、前年同期のサブスクライバーが僅か 3000万人であったことを考えると、とても意味深いものである。そして、China 市場におけるネットワークが、3G から 4G へ向けて大きく前進したことが要因であると、Digitimes Research は述べている。
 
By the second quarter of 2015, a total of 59 mobile telecom carriers in 35 countries have begun commercial operations of their TD-LTE networks, but as high as 87% of TD-LTE subscribers worldwide are located in China.
 
2015年 Q2 には、59 社のモバイル・オペレーターが 35カ国で、TD-LTE ネットワークの商業運用を開始しているが、グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの 87% ほどが、China 国内に集中しているという現実がある。
 
Due to the growing TD-LTE ecosystem in China, there are currently a total of 1,210 models of terminal-end devices supporting TD-LTE standards, with smartphones accountingfor 58% of these devices. Meanwhile, the number of TD-LTE base stations has reached 1.25 million, accounting for 47% of total 4G LTE base stations, Digitimes Research estimated.
 
China で TD-LTE エコシステムが成長する過程において、TD-LTE スタンダードをサポートするターミナル・エンド・デバイスは、合計で 1,210 種類にいたり、そのうちの 58% をスマートフォンが占めている。その一方で、TD-LTE ベース・ステーション数は 125万ヶ所に達し、全体的な 4G LTE ベース・ステーションの 47% を占めると、Digitimes Research は推定している。
 
However, the ratio of TD-VoLTE networks to total TD-LTE networks is still low as there still lacks a consensus on how to best utilize 3.5GHz frequency band, Digitimes Research commented.
 
しかし、全体的な TD-LTE ネットワークに対して、TD-VoLTE ネットワークの比率は、依然として伸びていない。その理由は、3.5GHz 周波数帯の最適化された運用方法について、合意が欠けているためだと、Digitimes Research はコメントしている。
 
ーーーーー
Telecomちょうど1年目前に、「TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた」という抄訳をポストしています。そこには、2014年末の時点で、TD-LTE ユーザーが 9610万人に達しと記されているので、文中の 3000万人とのズレが生じています。 でも、まぁ、このアジアのマーケットで、6000万人なんて誤差の範囲なのかもしれませんね :) それは さて置き、2.6億人で 34.4% に届いたというのは、たいへんなことですね。かなりの推測が入りますが、Ericsson は FD-LTE を、Huawei は TD-LTE を推進し、どちらも OK なのが Nokia なのかと捉えています。でも、つい先日ですが、「Ericsson, Huawei renew patent cross-license deal」というニュースが流れていましたが、そのあたりは、どうなんでしょうね? そして、日本とインドと APAC 諸国は、どちらへ向かうのでしょうか。。。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
 

Comments Off on 4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! その背景には、中国マーケットの爆発的な成長が!

最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on January 17, 2016
Xiaomi’s latest phone packs a massive battery, 5-inch screen into full metal body for $107
Erik Crouch – Jan 11, 2016
https://www.techinasia.com/xiaomi-redmi-3-release
 
_ tech in asia
 
Xiaomi’s new Redmi 3, announced today, packs a 5-inch display, Qualcomm Snapdragon 616 processor, giant 4100mAh battery, and 13-megapixel camera into one all-metal package: and will retail for just US$107.
 
1月11日に Xiaomi が発表した Redmi 3 は、5-inch ディスプレイ/Qualcomm Snapdragon 616 プロセッサ/4100mAh のバッテリー/13-M Pixel のカメラを、フル・メタル・ジャケットに組み込んだスマフォであり、その価格は、なんと US$107 になるという。
 
xiaom-redmi-3Image from Xiaomi
 
The phone will also sport a dual SIM card slot and expandable SD storage. It will notably not have a fingerprint scanner – a bit of a weird choice, considering how Xiaomi has embraced the feature in many of its other recent phones – but at RMB 699 (US$106.93) it seems like some sacrifices had to be made. The phone’s ginormous battery can reportedly last 18 hours, although that may have to be tested to be believed.
 
このスマフォは、Dual SIM カード・スロットと、拡張可能な SD ストレージをサポートしている。そして、指紋スキャナであるが、この機能が最近の Xiaomi デバイスに取り入れられていることを考えると、ちょっと奇妙な選択と映るが、この Redmi 3 ではサポートされていない。ただし、いくつかの機能を犠牲にしたとしても、RMB 699 (US$106.93) という価格は魅力的である。このスマフォの、とてつもなく大容量のバッテリーは、伝えられるところによると 18時間の駆動を約束しているが、それを確認するためのテストが必要になるだろう。
 
xiaomi-redmi-3-frontClick to Large >>>
Image from Xiaomi
 
2015 was not the victorious, epic year that Xiaomi had hoped it would be. The company was out-sold by domestic competitor Huawei, and the company has struggled to maintain its exciting, startup-y vibe – Quartz called it “the year Xiaomi became just another phone company.”
 
Xiaomi にとっての 2015年は、望んでいたほどの、壮大な年にはならなかった。同社は、国内のライバルである Huawei に追い抜かれ、また、先進のスタートアップである Yi-Vibe の勢いを維持するのに苦労していた。そのような背景から、「2015年の Xiaomi は、まったく別種のスマフォ・メーカーになってしまった」と、Quartz は評していた
 
If Xiaomi hopes to avoid the mistakes of 2015 in the coming year (we say mistakes, but the company did sell somewhere in the neighborhood of 80 million smartphones last year) it will need to get its fans excited again.
 
Xiaomi が 2015年の失敗を払拭したいと考えるなら、いま一度、同社のファンたちに、熱狂をもたらす必要がある。(失敗とはいえ、8000万台のスマフォを販売しているのだが)
 
The new Redmi 3 packs better specs at a lower price than most other phones on the market – and this will likely only be a shot across the bow compared to what Xiaomi has up its sleeve for the release of the Mi5 in the weeks or months to come.
 
この、最新の Redmi 3 は、マーケットにおける大半のスマフォと比較して、優れたスペックを低価格で詰め込むことに成功している。そして、近々にリリースされるはずの、Xiaomi Mi5 のスペックが明らかにされたとき、なにを比較すべきかという警鐘を与えているようにも思える。
 
It will take a lot for Xiaomi to become anything other than “just another phone company,” but selling ever-better phones at an ever-cheaper price is certainly a step in a good direction. The phone goes on sale in China on January 12. No word yet on a release abroad.
 
「まったく別種のスマフォ・メーカー」という酷評から、Xiaomi が抜け出すためには、たくさんの努力が必要となるが、これまでよりも優れたスマフォを、これまでよりも低価格で提供するということは、適切な方向へ向けた、確実なステップとなるだろう。
 
Editing by Terence Lee
 
ーーーーー
mobile_55このところ、スマフォの価格動向を見ていなかったのですが、たいへんな変化が生じているのですね。正直いって、驚きました! 現時点の、ほぼ最高水準のチップを載せたスマフォが、$100 程度で買える時代になっているのです。この Redmi 3 以外にも、5.5-inch の Redmi Note 3 というのもあって、そちらの方は、Mediatek Helio X10 を搭載して $140 とのことです。ちなみに、グローバル仕様として 2015年夏に登場した Mi4i(25,000円)は、Google Play に入れるようなので、LTE の周波数帯域さえ問題なければ、日本でも利用できるわけです。そして、さらに安価な価格帯で、Redmi 3 や Redmi Note 3 が、日本マーケットに流れ込んでくる可能性がありますし、ぜひ、そうなって欲しいと思うのです。 Xpansys あたりから、送料込みで 15,000円くらいで買えるかもしれませんね。個人的にも、次期スマフォ候補として、Xiaomi Redmi 3 に注目です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するという、とんでもない ウワサ が!
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
2015 Mobile:スマフォが増えれば、サービスが生まれ、インフラも育つ!
 

Comments Off on 最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!

Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Posted in Asia, Government, Microsoft, Post-PC by agilecat.cloud on January 6, 2016
Microsoft Cozies Up to China With a Custom Version of Windows
Kif Leswing – December 17, 2015
http://fortune.com/2015/12/17/china-microsoft-windows-10/
 
_Fortune
 
The Chinese government is getting a version of Windows just for its workers.
 
China 政府だが、その職員のためだけの、専用 Windows バージョンを手にすることになった。
 
Microsoft will provide a customized version of Windows 10 to the Chinese government, the company announced on Thursday, as it continues to strengthen its relationship with Chinese regulators.
 
12月16日の Microsoft のアナウンスメントによると、China 政府のためにカスタマイズされた Windows 10 バージョンが提供されるが、それは、China 規制当局との関係が強化され続けていることの証でもある。
 
The partnership is a major turnaround for Microsoft’s ambitions in China. In 2014, regulators conducted an anti-monopoly investigation into the company over Windows’ dominance in the market, and even banned government purchases of computers running the operating system.
 
このパートナーシップは、China マーケットに野心を抱く Microsoft にとって、きわめて重要な転機となる。2014年、同国の規制当局は、マーケットにおける Windows の支配力に関して、同社にアンチ・トラストの疑いがあるとし、調査を実施している。さらに言えば、このオペレーティング・システムを走らせるコンピュータの、政府調達を禁止してもいた。
 
Microsoft AsiaThe custom Chinese version of Windows 10 will be “government-approved,” and will include Chinese-selected antivirus software. It will be distributed to Chinese government agencies and certain state-owned companies by C&M Information Technologies, a new Beijing-based venture created specifically for the partnership.
 
この、Windows 10 China カスタム・バージョンは、同政府が承認するものとなり、また、アンチ・ウイルス・ソフトウェアも China セレクションとなる。そして、China の政府機関や、特定の国有企業に配布されるが、その窓口となる C&M Information Technologies は、このパートナーシップのために設立された、Beijing ベースのベンチャーである。
 
From Microsoft’s blog post:
 
“We’re announcing a new joint venture that will license, deploy, manage and optimize Windows 10 for China’s government agencies and certain state owned enterprises and provide ongoing support and services for these customers.
 
「私たちがアナウンスした新たなジョイント・ベンチャーは、中国の政府機関および特定の国有企業に対して、Windows 10 のライセンスを提供/管理/最適化するという役割を担う。そして、それらの顧客に対して、継続的なサポートとサービスを提供していく」
 
The joint venture is not final, however. Microsoft says it is still subject to regulatory approval. The Chinese body participating in the joint venture is the China Electronics Technology Group. In September, Microsoft worked with CETG to make China’s top search engine, Baidu, the default homepage and search engine in its Edge browser in the region.
 
しかし、このジョイント・ベンチャーにより、すべてが解決したわけではない。Microsoft の発言によると、依然として規制当局が承認する対象になるという。そして、このジョイント・ベンチャーに参加する China の団体は、China Electronics Technology Group となる。2015年9月に、Microsoft は CETG と協力することで、この地域での Edge ブラウザーの、デフォルトのホームページと検索エンジンを、China のトップ・ブランド Baidu に切り替えている。
 
For Microsoft, the partnership not only secures the company a huge customer likely to spend hundreds of millions of dollars going forward, but also gives the company firm ground in a vast market where many of Microsoft’s most important vendors—such as Lenovo and Xiaomi ーare based.
 
Microsoft にとって、今回のパートナーシップは、これから数億ドルを費やすかもしれない、大手の顧客を確保するだけのものではない。つまり、同社にとって最も重要なベンダーである、Lenovo や Xiaomi などに対して、広大な基盤と市場を提供することにもなるのだ。
 
Microsoft says that “hundreds of millions” of PCs in China run Windows. However, one concern is that many of those copies are pirated. It’s very possible that Microsoft will look to work with Chinese regulators to try to crack down on software piracy.
 
Microsot が言うには、China には数億台の、Windows PC が存在していることになる。しかし、大量の無断複製と海賊版があることが、一つの懸念となっている。したがって、Microsoft と China の規制当局が協調して、ソフトウェアの海賊版を厳しく取り締まるという、大きな可能性も生じてくる。
 
In September, Microsoft CEO Satya Nadella met with Chinese president Xi Jinping to discuss concerns about intellectual property rights as well as how American tech firms can crack the huge market. Microsoft’s cloud server service, Azure, set up shop in China last year, partnering with Chinese company 21Vianet.
 
2015年9月に、Microsoft の CEO である Satya Nadella が、China の主席である Xi Jinping と会談し、知的財産権に関する懸念だけでなく、どのようにしてアメリカ企業が、この巨大市場を理解すべきかについて議論している。たとえば、Microsoft のクラウド・サービスである Azure は、China の 21Vianet と提携することで、昨年に China 対応を完了している。
 
The Chinese government can also chalk up its partnership with Microsoft as a win. Recently, Chinese officials have been publicly concerned about big U.S. tech firms including secret backdoors in its software in light of Edward Snowden’s revelations about the National Security Agency’s spying programs.
 
その一方で China 政府は、この Microsoft との提携を、成功事例として位置づけることができる。最近のことだが、China で当局は、大手 US テック・ベンダーに関して、公式に懸念を表明している。そこには、National Security Agency のスパイ・プログラムに関する、Edward Snowden の暴露を考慮した、ソフトウェアのバックドア問題も含まれていたのだ。
 
China removed several U.S. tech firms from government-approved purchase lists earlier this year, and even started to develop its own alternative to Windows, called NeoKylin. The deal with Microsoft presumably will allow China to inspect its version of Windows 10 to ensure there are no hidden surprises that might compromise state security.
 
2015年の初めに、China 政府が承認した調達リストから、いくつかの US テック・ベンダーが排除された。さらに言えば、Windows に対する独自の代替案として、NeoKylin と呼ばれる OS が開発されようとしていた。今回の Microsoft との契約を推定すると、おそらく China 政府は、国家の安全保障を守るために、対象となる Windows 10 のバージョンに関して、情報の開示を求め、また、検査を実施するのだろう。
 
Recently, it was revealed that China supports state-owned companies seeking to develop a homegrown secure smartphone operating system.
 
最近のことだが、その一方で China は、セキュアな国産スマートフォン OS を開発しようとしている、国有企業をサポートしていることを明らかにしている。
 
ーーーーー
MS2012年のことですが、21Vianet という ローカル DC事業者と Microsoft が提携し、中国国内に Azure を提供し始めるという、ニュースが流れていました。そして、昨年の 4月には、その提携が 2018年まで延長されるとも、報じられていました。また、中国の Nerflix という位置づけの、LeTV も Azure を活用しているようです。そして、最近は、中国政府による Windows 10 の調達という話まで、登場してきたわけです。昨年の 9月に、習近平 主席が訪米し、シアトルで 米テック・リーダーたちとミーティングを行いましたが、その後は Bill Gates とプライベート・ディナーをともにしたようです。おそらく、Microsoft は、持てる力を総動員して、中国に取り組んでいるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 5, 2016
Over 2 B to use mobile devices to access the Internet in 2016
By eGov Innovation Editors | 2015-12-22
http://www.enterpriseinnovation.net/article/over-2-b-use-mobile-devices-access-internet-2016-629864290
 
_Enterprise Innovation
 
More than two billion people will be using mobile devices to access the Internet in 2016, according to research firm IDC.
 
調査会社である IDC によると、2016年のインターネットは、20億台以上のモバイル・デバイスからアクセスされるようだ。
 
The combination of lower-cost devices and inexpensive wireless networks are making accessibility easier in countries with populations that could not previously afford them. China, India, and Indonesia are leading the way and will account for almost half of the gains in access globally over the course of the next five years.
 
低コストのデバイスと、安価なワイヤレス・ネットワークの組み合わせは、膨大な人口を抱えながらも、経済で遅れを取ってきた国々に、容易なインターネット・アクセスを提供しようとしている。このレースをリードしているのは China/India/Indonesia などであり、また、これから5年の間に、グローバル・アクセスの半分ほど占めるようになる。
 
Smartphone girls AsiaFlickr
Insights Unspoken
 
“Over the next five years, global growth in the number of people accessing the Internet exclusively through mobile devices will grow by more than 25 percent per year while the amount of time we spend on them continues to grow. This change in the way we access the Internet is fueling explosive growth in mobile commerce and mobile advertising,” said Scott Strawn , Program Director, Strategic Advisory Service.
 
Strategic Advisory Service の Program Director である Scott Strawn は、「これからの5年において、モバイル・デバイスだけを用いて、インターネットにアクセスする人々の数は、年間で 25% 以上というペースで成長していく。さらに言えば、それぞれの人々がインターネットに費やす時間も、増加し続けるというのが、グローバルにおける傾向となっている。このように、私たちのインターネット・アクセス形態が変化することで、モバイル・コマースとモバイル・アドの爆発的な成長に拍車が掛かっていく」と述べている。
 
Measuring what Internet users are doing online shows that many activities are enjoyed by billions of people.
 
インターネット・ユーザーたちが、オンラインで行っていることを調べてみると、多様な目的を実現する手段として、数十億もの人々がメリットを得ている状況が明らかになる。
 
For example, more than a billion people use the Internet to bank online, to stream music, and to find a job. More than two billion use email and read news online. And more people than ever before are making purchases online.
 
たとえば、10億以上の人々が、オンライン・バンキングや、音楽ストリーミング、そして仕事探しなどに、インターネットを使用している。また、20億以上の人々が、電子メールやオンライン・ニュースなどで、インターネットを使っている。そして、オンライン・ショッピングも、これまで以上に利用されるようになった。
 
In 2015, more than $100 billion will be spent online on each of the following categories: travel, books, CDs and DVDs, downloading apps, and online classes. These purchases are enabled by online payment platforms that are making payments, online and off, easier and more secure.
 
2015年が終わる時点で、オンラインにおける 旅行/書籍/CD・DVD/アプリ/教育といった分野で、$100 billion の対価が費やされているはずだ。そして、一連の購入は、オンラインとオフラインでの支払いを簡単かつ安全に実現する、オンライン・ペイメント・プラットフォームで決済されていく。
 
IDC said advertisers are recognizing this and shifting their spending accordingly. Almost all of the growth in advertising spending across all of its forms is attributable to the growth in mobile advertising and online video.
 
IDC が言うには、こうした変化を広告主も認識しており、それに応じて支出先をシフトしているようだ。すべての広告形態の中で、モバイル・アドとオンライン・ビデオだけが、成長しているという状況にあるのだ。
 
ーーーーー
android-ios-cumulativeresearch_55世界の人口が 70億人だとして、そのうちの 40億人が就労人口とすると、約 50% の人々がモバイル・デバイスを所有し、そこからインターネットにアクセスする時代になるのです。このチャートは、約一年前の調査結果を示したものですが、その時点におけるモバイル・ユーザー数は、12億〜14億ほどだと読み取れます。また、先月にポストした IDC の予測によると、2015年だけで 14億台ほどのモバイル・デバイスが出荷されたようです。そう考えると、2016年の 20億台という数字が少ないように思えますが、買い替えにより廃棄されているデバイスが大量にあり、また、出荷ベースとアクティベーション・ベースでは、大きな差異も生じるはずなので、まぁ、妥当な数字ということなのでしょう。そして、いわゆるデジタル・ネイティブ世代が、次々と社会に送り出されていく現実と重ね合わせてみると、 あらゆるものがモバイル・デバイスからアクセスさせる世界へと、私たちが突き進んでいる状況が容易に把握できます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on 2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

あけまして おめでとうございます

Posted in .Chronicle by agilecat.cloud on January 1, 2016
今年も主役のアジア市場だが、量から質への転換が始まっている・・・
Jan 1, 2015

_AC Stamp

昨年も、いろいろなことが有りました。 その中でも、ちょっと気になっているのが、グローバルにおけるスマフォの出荷台数のことなのです。この数年にわたって、イケイケの右肩上がりで伸びてきたスマフォ市場ですが、2015年の成長率が前年比で一桁台に留まると、IDC が予測しているのです。こんなことは、初めてのことなのですが、2015年の出荷台数が 14.3億台と予測され、また、9.8% の成長率に達するようなので、急ブレーキが掛かったという話ではないのでしょう。

IDC が言うには、中国市場の伸び悩みが、最大の原因とのことです。景気が後退しているのに加え、スマフォの市場規模が飽和点に近づいているのです。つまり、新規のユーザーが増えるという市場から、買い替えの市場へと転換しているわけであり、次に続くとされるアフリカ市場などが、本格的に立ち上がる 2019年まで、この冷え込みが続くようです(それまでは、インドが頼み?)。
 
AgileCat New Year 2016
 
話は Google Nexus シリーズに飛びますが、中国の Huawei が製造するデバイスが、初めて Google に採用されました。それが、いまのフラッグシップ Android Phone である、Nexus 6P です。 台湾の HTC と Asus、韓国の Samsung と LG に続いて、ついに中国製デバイスが世界のトップに踊り出たのです。そして、Nexus 6P と同種のデバイスが、中国国内では Huawei から販売され、前述の買い替え需要に対応しているようです。
 
その一方で、香港では HK Telecom と Huawei が、世界初の 4.5G による、1Gbps 通信を成功させています。このデモでは、ダウンロード速度のピークとして 1.2Gbps が記録され、世界最速のネットワークを実現しています。両社の発言によると、4.5G の重要なマイルストーンであり、また、早ければ 2016年から商用利用が開始されるとのことです。今回のデモでは、世界で初の 4CC CA(4 component carrier carrier aggregation)ネットワークというテクノロジーが導入され、上記のピーク・ダウンロード速度を達成したそうです。 5G が登場する 2020年あたりまで、なにも起こらないのかと思っていたら、4.5G と呼ばれるステージがあるようで、とても楽しみな展開になってきました。
 
こうしてモバイルとテレコムのマーケットを俯瞰してみると、成熟の度合いを高めている地域もあれば、インドのように立ち上がってきた地域もあるという、この市場の特質が見えてきます。そのインドでも、Micromax などが $100 前後で 4G デバイスを提供し始めており、限られたエリアとなりますが、質的な向上が促進されていきます。2015年にグローバルで出荷された、14億台のデバイスのうち、かなりの数がアジア市場に流れ込んでいると推測できますが、新規ユーザー数が積み上げられるだけではなく、このような質的な変化も生じているのです。
 
そうなると、次に控えているサービスとインフラへと、2016年の論点はシフトしていきます。 クラウドに関しては、アジアでのプレゼンスを米国勢が高めてきますが、アジア勢も激しく戦っていくでしょう。 Microsoft がアナウンスしている、インドにおけるメガ・データセンター群が稼働し始めれば、同国内だけではなく東南アジアのマーケットにも、そこから Azure が供給されるでしょう。また、中国マーケットにおいても、21Vianet と提携している Microsoft Azure が先行していますが、Tencent と Oracle、そして、Baidu と Amazon も、新たにパートナーシップを結んだようです。
 
それに対して、アジアからは AliCloud や Huawei などが、グローバル・マーケットへと進出していきます。 また、コロケーション市場では、Equinix と NTT Com が、世界をまたにかけた壮絶な戦いを繰り広げていくでしょう。このように、クラウド/データセンター/ネットワークのレイヤも活性化してくる、2015年以上に賑やかな、2016年になると期待しています。
 
・・・というわけで、今年の Agile Cat の目標は、アジアと欧米の動きをバランス良くウォッチし続け、その結果をアウトプットしていくことになります。そんな、こんなで、今年も どうぞ よろしく お願い致します。
 
2016年 元旦 _AC Stamp
 
Tagged with: , , ,

Comments Off on あけまして おめでとうございます

%d bloggers like this: