Agile Cat — in the cloud

今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

Posted in Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on February 21, 2015
Hong Kong と Singapore が、とても素晴らしいが ・・・
 
cna-banner
 
今週は、この Cloud News Asia をネタにしたセミナーを、3回も行いました。そのための資料を作る過程で、ダウンタイムなどによる損失について、とても興味深い対比が見つかったので、今週は、それを整理してみたいと思います。
 
Singapore firms lost more than S$1.3b from data loss, downtime in past year
HK firms lost US$2.2 billion from data loss and downtime: EMC
Data loss and downtime costs Aussie business $US55 billion in 2014
 
Downtimeこうしてみると、Singapore($1.3B)および Hong Kong($2.2B)と、Australia($55B)の間に大きなギャップが見られますが、いずれのレポートも、EMC の調査がベースになっているので、まったく異なる基準から得られたデータというわけではなさそうです。そして、上記の Singapore に関するコンテントに、以下のような表記が見つかりました。
 
Across the Asia Pacific and Japan region, the data loss and downtime cost have led to US$34 billion in losses for businesses in the last 12 months.
 
Australia の被害総額が大きいのは確かですが、APAC 諸国の平均値が US$34 billion ということなので、それほど突飛なものではないと思われます。
 
Still, Singapore ranked fourth in the EMC Global Data Protection Index after China, Hong Kong and The Netherlands.
 
そして、この部分を読むと、グローバルでも Hong Kong は2位、Singapore は 4位に付けている状況が見えてきます。 つまり、アジアの優等生というより、世界のトップ・グループに属しているのです。 ただし、一連のデータは、あくまでも EMC から見える範囲のものであり、そういう制約があるという前提で、捉える必要があるでしょう。
 
なお、この1年で、Cloud New Asia にストックされたダウンタイム情報は、以下のとおりです。
 
2015 ーーーーー
 
5/19: Telecom NZ suffers large-scale systems failure
5/19: Faulty DHCP server downs iiNet NBN, IPTV services
6/20: Vodafone’s network goes down across Australia
7/5: India’s Bombay Stock Exchange halts trading after network problem
7/26: Flipkart’s CTO explains the Xiaomi launch outage
8/28: Air India’s server crashes on heavy traffic
10/6: Big backlash for Flipkart on its Big Billion Day
10/8: Damage control: Flipkart says big sorry after big boo-boo
10/14: Google’s public DNS goes offline, from AU
10/23: Apple India cracks down misuse of discount programme
11/15: WeChat Phonebook launches in China, immediately breaks
11/22SA Minister apologises for handling of rego systems outage
12/12Data centre outage hits all Queensland hospitals
 
2015 ーーーーー
 
1/7: iiNet’s Perth data centre melts in heatwave
1/11: Heatwave, Cooling Failure Bring iiNet Data Center Down in Perth
1/11: Repair of AAG submarine cable to be completed on January 23
1/15: Telstra power outage downs BigPond services
1/19: Day-long outage for Westpac online banking
1/22: Melbourne IT services struggle under major firewall issue
2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/15: HP launches new SaaS solution for government mobile apps
 
SingaporeAs the mobile channel becomes an increasingly important access point for government services, HP has launched a new Software-as-a-Service solution to improve the way government agencies monitor their mobile apps. HP AppPulse Active monitors the performance of both native apps and browser-based apps, allowing IT departments to see service levels in real time – rather than when it is too late and a fault has already occurred.
 
③ 2/16: What will Jakarta’s new Open Data Lab actually do?
 
IndonesiaIn Indonesia, the lab held workshops with the Banda Aceh city government and civil society groups to release and use data on education. The labs team first consulted civil society organisations on the kind of data they need. They were then joined by journalists in another session to learn where and how to get open data, and how to translate the data into useful information for citizens.
 
④ 2/17:China market: B2C transactions top CNY454 billion in 4Q14
 
Image.gifIn the China market, B2C (business to customer) online shopping portals generated a total transaction value of CNY454.17 billion (US$73.87 billion) during the fourth quarter of 2014, growing 35% on quarter and 54.3% on year, according to China-based consulting company Analysys International.
 
⑤ 2/18: Samsung to adopt 20nm for over 50% of DRAM in 2015
 
Image1.gifSamsung Electronics began mass production of DRAM memory using 20nm process technology in 2014. The node technology will be adopted by the vendor for more than 50% of its overall DRAM output in 2015, according to industry sources. Meanwhile, fellow DRAM companies SK Hynix and Micron Technology are both gearing up for their technology transition to 20nm in 2015, said the sources. Nevertheless, the actual output of 20nm chips from the two vendors will depend on the development of their production yield rates.
 
⑥ 2/16: Aussie Bitcoin miner scolded for pre-IPO marketing
 
AustraliaRegulators have ordered Australia’s Bitcoin Group to stop making public statements about its plans to undertake the world’s first initial public offering of a virtual currency exchange after the company approached potential Chinese investors via social media. Melbourne-based start-up Bitcoin Group in December said it hoped to raise $20 million on the Australian Stock Exchange, and had been seeking expressions of interest from potential investors from the Chinese community through Wechat, China’s hugely popular instant messaging service.
 
⑦ 2/19: Micromax announces Android Lollipop update for Canvas
 
IndiaNEW DELHI: Domestic devices maker Micromax has announced that the company will be rolling out Android 5.0 Lollipop update for its popular Canvas series of smartphones. Lollipop is the latest version of Google’s mobile operating system.  The Micromax Canvas Xpress A99 will be the first device in the portfolio to receive the software update, the company informed.
 
⑧ 2/17: Nearly $2M in bitcoins feared lost after Chinese hack
 
Image.gifA Chinese cryptocurrency exchange revealed on Sunday that 7,170 bitcoins have been stolen by hackers. The current value is about US$1.75 million. The BTER exchange is temporarily closed while it tries to track down the culprits and recover the bitcoins. BTER’s site is now displaying only a notice about the hack along with a reward of 720 bitcoins (US$176,000) for hunting down the perps. This was first noticed by Coindesk.
 
⑨ 2/19: Line acquires Japanese payment startup WebPay
 
Image3.gifLine Pay, the payments solution-focused subsidiary of Japanese messaging company Line, has agreed to buy out Tokyo-based WebPay Holdings in order to accelerate Line Pay’s business expansion.  WebPay provides a Stripe-compatible payment processing solutions for e-commerce, web services, and mobile developers in Japan.
 
⑩ 2/16: Targeting S’pore firms with $11m Johor data centre
 
MalaysiaA Malaysian company has invested around RM30 million (S$11 million) to build a cloud computing and data centre near Senai Airport in Johor, in the hope of attracting Singapore and southern Johor firms keen to lower their information-technology costs. Puncak Semangat, a company controlled by tycoon Syed Mokhtar Al-Bukhary, said the 465 sq m centre will be ready by next year. Later, it will build an even bigger centre on 16,200 sq m of land at the nearby Senai Hi-Tech Park.
 
ーーーーー
cna_6それにしても、ダウンタイムなどによる被害総額において、APAC 諸国の平均値が US$34 billion ということですが、かなりの金額ですよね。  世界とアジアの比較や、アジアの中での日本のポジションなどを知りたいですね。 EMC のデータを調べれば、何か分かるのかもしれません。 でも、理想的には、あらゆるベンダーやプロバイダーからのデータを集約した、世界ランキングが欲しいですよね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
 

China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 20, 2015
China Mobile blasts from zero to 100M 4G subscribers in just 14 months
Steven Millward – Feb 17, 2015
https://www.techinasia.com/china-mobile-100m-4g-subscribers-aims-250m-end-2015/
 
_ tech in asia
 
China Mobile now has just over 100 million 4G subscribers, according to the newest data from the company. The major milestone comes 14 months after the nation’s top telco switched on China’s first 4G network.
 
China Mobile だが、同社から提供された最新データによると、その 4G サブスクライバー数が、ついに1億の大台に乗ったようだ。 この、China のトップに君臨するテレコムは、4G ネットワークをメインに切り替えてから僅か 14ヶ月後に、このマイルストーンに到達したことになる。
 
China-4G-subscribersChina Mobile’s newest 4G figure counts subscribers added by the end of January. The telco titan has so far set up more than 700,000 4G base stations covering over one billion people, the China Daily reports. The firm aims to have 250 million 4G users by the end of this year.
 
China Mobile の最新データは、この1月末までの、4G サブスクライバー数をカウントしている。これまでに、このテレコムの巨人は、1億以上の人々をカバーするために、70万ヶ所以上の 4G 基地局を準備してきたと、China Daily がレポートしている。そして、同社は、今年の末までに、2.5億人以上の 4G ユーザーを持とうとしている。
 
China has more than half a billion 3G subscribers, but that number will decline slowly as people shift over to similarly priced 4G data plans.
 
いまの China には、5億人以上の 3G サブスクライバーがいるが、価格の変わらない 4G データ・プランへと人々がシフトしていくにつれて、その数はゆっくりと低下するだろう。
 
Rival telcos China Unicom and China Telecom are not yet revealing their number of 4G subscribers in their customary monthly reports.
 
China-Mobile-reaches-100M-4G-subscribers-aims-at-250M-by-end-of-yearThis is the growth :
 
経緯を示すチャート:
 
ライバルのテレコムである China Unicom と China Telecom は、自身の月次サポートにおいて、その 4G サブスクライバー数を明らかにしていない。
 
Apple added support for China Mobile’s 4G network in its iPhones in January 2014, but it’s cheaper 4G-enabled phones from brands like Xiaomi, Coolpad, and Lenovo that will drive a greater number of people to switch to 4G.
 
2014年 1月に Apple は、iPhone の 4G ネットワーク・サポート・リストに、China Mobile を追加している。しかし、4G への切り替えを促進している原動力は、Xiaomi/Coolpad/Lenovo といったブランドの、4G 対応の低価格スマホなのである。
 
See: Everyone in China loves their smartphones, but people are using surprisingly little data each month
 
(Source: China Daily)
Editing by Josh Horwitz
 
ーーーーー
Asia Pacific14ヶ月で1億人という、ちょっと信じられないペースなのですが、さらに今年は、1.5 億人を上積みするとか ・・・  まぁ、モバイル人口が5億を超える国なので、当たり前といえば、当たり前なのでしょう。 それにしても、中国の iPhone ユーザーは自身のプロファイルを、中国国内に預けているのでしょうか? そして、Xioami の海外ユーザーは、グレート・ファイヤウォールの外側に、ほんとうにプロファイルを置けているのでしょうか? 人治から法治へと、中国の法律が整備されてくるのは、とても嬉しいことなのですが、iPhone と Xiaomi の件が、とても気になります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% 超:アジアのモバイル通信は独自路線?
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
 

中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!

Posted in Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 18, 2015
China now has 557M mobile internet users, grand total of 649M netizens
Steven Millward – Feb 3, 2015
https://www.techinasia.com/cnnic-china-577-million-mobile-web-users-and-649-internet-users-2014/
 
_ tech in asia
 
China now has 557 million mobile internet users, according to data released today by the China Internet Network Information Center (CNNIC). That figure for the end of 2014 is up from half a billion at the end of 2013.
 
China Internet Network Information Center (CNNIC) の調査によると、同国のモバイル・インターネット・ユーザー数は、現時点で 5.57 億人に達しているという。この数字は、2014年の終わりの時点のものであり、また、2013年末と比べて 5000万人も増えていることを示している。
 
China-mobile-internet-users-in-2014Here’s China’s growth in mobile web users since 2007:
 
このチャートが示すのは、China におけるモバイル・ユーザー数の、2007年からの成長曲線である:
 
For a sense of scale, India has 300 million mobile internet users at present. But China’s growth is slowing, while India’s growth spurts.
 
そのスケール感を掴んでもらうために India を引き合いにだすと、同国におけるモバイル・インターネット・ユーザー数は、現時点で 3億人に至っている。 そして、India は凄まじいスピードで成長しているが、China の方は減速している、という状況にある。
 
China-internet-users-in-2014The CNNIC also revealed today that China now has a grand total of 649 million web users. That’s up from 618 million at the end of 2013. Here’s the stratospheric growth since a mere 111 million in 2005.
 
さらに CNNIC は、China における Web ユーザー数が、現時点で 6.49億人に達していることも、同時に公表している。この数字は、2013年の終わりにおいて、6.18億人であった。 ここで注目して欲しいのは、1.11億人に過ぎなかった、2005年からの成長曲線である。
 
Ecommerce up, Weibo down
 
The new data (the full PDF file is embedded here) also calculated the number of China’s web users across certain activities. While ecommerce and social media in general went up, microblogging sites like Sina Weibo saw a drop in users.
 
一連の新しいデータには(ココから、フル・レポートを DL できる)、特定のアクティビティにおける、China の Web ユーザー数の算出結果が含まれている。 そして、全体を俯瞰すると、e-コマースとソーシャル・メディアのユーザー数が伸びているが、Sina Weibo などのマイクロ・ブログ・サイトはユーザー数を減らしている、という状況が見えてくる。
 
See: 1.3 billion smartphones shipped in 2014; Xiaomi ends year ranked 5th globally
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの動きが気になって仕方のない Agile Cat ですが、その根底にあるのは、中国やインドにおいて爆発的に増えているインターネット人口が、世界に及ぼす影響力ということになるのでしょう。 すでに 10億人近いインターネット・ユーザーがいるのですから、それだけで、驚くやら呆れるやら、、、という感じです。それにしても中国は、国有テコム三社による独占と、グレート・ファイアウォールによる国内産業の保護と育成を推し進めることで、ついに此処まで成長してきたのですね。 あらためて、内需の持つ強さを感じてしまいます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただしスマホは、まだ先のよう
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?

Posted in Asia, Facebook, Research by agilecat.cloud on February 17, 2015
Facebook hits 449M monthly active users in Asia, only monetizes $1.27 per person
David Corbin – Jan 29, 2015
https://www.techinasia.com/facebook-asia-growth-449-million-monthly-active-users/
 
_ tech in asia
 
Facebook shows no signs of slowing down in Asia Pacific.
 
Facebook の Asia Pacific 戦略からは、依然としてスローダウンの兆候が見えてこない。
 
fb-topThe social network’s 4th quarter earnings release shows that its expansion in the region continues to outpace Europe, US/Canada, and the nebulously titled, “rest of world.” Adding an additional 23 million monthly active users (MAU), Facebook now has 449 million MAUs in Asia, a 51 percent increase from the same period two years ago.
 
このソーシャル・ネットワークの 2014年 Q4 決算は、Europe/US・Canada/Rest of World(大まかな言い方だが)といった地域で、その成長が維持されていることを示している。そして、Facebook は Asia で、23 Million の MAU(Monthly Active Users)を上乗せし、2年前に対して 51% 増の 449 Million を数えるに至っている。
 
fb-mauThe “rest of world” comes in second with a 43 percent jump over two years while the US/Canada region pulls up the rear at a paltry 8 percent.
 
また、2年前との比較において、Rest of World も 43% の成長を遂げているが、US・Canada を見ると、その成長は 8% に過ぎない。
 
User growth may be slow in North America but that region is generating far more money than Asia-Pacific. The average revenue per user (ARPU) in US/Canada is a robust US$9.00, while in Asia-Pacific it is a relatively paltry US$1.27. That creates a revenue gap of US$1.7 billion to US$531 billion. Asia-Pacific accounts for 32 percent of Facebook MAUs but just a shade under 15 percent of its revenues. US/Canada is responsible for an outsized 48 percent of global revenue being generated by only 15 percent of the 1.39 billion user base.
 
たしかに、North America におけるユーザー数の伸びは遅いかもしれないが、この領域は Asia-Pacific と比べて、はるかに多くの収益をもたらす。US・Canada の ARPU(Average Revenue Per User)は、US$9.00 というレベルと確実に維持しているが、Asia-Pacific は US$1.27 に過ぎないのだ。それにより、US$1.7 billion に対する US$531 million という収益ギャップが生じている。Facebook において、Asia-Pacific の MAU は 32% に達するが、その収益は15% にも満たないのだ。言い換えるなら、グローバルにおける 1.39 billion というユーザー・ベースに対して、US・Canada のユーザーは 15% を占めるに過ぎないが、収益に関しては 48% という、大きな結果をもたらしている。
 
fb-chartsThe mixed results represent a conundrum for Facebook. The rapid adoption and spread of its service proves once again that users in Asia-Pacific are hungry for the online communities that Facebook supports. Even so, most of Facebook’s revenue comes from advertising fees and the company cannot charge North American prices in many parts of Asia-Pacific. Indonesian internet users are growing rapidly but their purchasing power is not.
 
こうした、複雑な結果が、Facebook にとっての難題を示している。同社のサービスにおける急速な普及と成長は、Facebook が提供するオンライン・コミュニティを、Asia-Pacific が渇望していることを、繰り返して証明している。しかし、そうは言っても、Facebook における収益の大半が、広告に依存しているという現実があり、また、North American のようなビジネス・モデルを、Asia-Pacific に持ち込めないのも明らかである。たとえば、Indonesia では、インターネット・ユーザーが急速に伸びているが、だからと言って、購買力を期待できるものにはなっていない。
 
How Facebook adapts to this challenge will be critical in the coming years. After all, what is the point of having a user base larger than the population of China if you cannot unlock their cash?
 
この課題に対する Facebook の取り組みは、これからの数年間で、きわめて重要なものになるだろう。結局のところ、China の人口よりも大きなユーザー・ベースを有するにしても、彼らの財布のヒモを緩められるかどうかが要点なのである。
 
See: Asia once again central to Facebook growth as region reaches 426 million monthly active users
 
ーーーーー
facebookその他のソーシャル・メディアと Facebook で、最も異なる点はというと、自前のインフラ(DC)を持っているか、持っていないかの違いだと思うのです。 普通にパブリック・クラウドを使っているのであれば、おそらく、いまのスケールを維持するのも難しいのでは、、、と想像してしまいます。 ユーザー・ベースを拡大しながら、まずはインフラの効率化を図り、途上国マーケットの成長を待つという戦略で乗りきれるのかどうか?  と言うか、なんとか乗り切って欲しいと思ってしまいますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!

Cisco 予測:世界のモバイル・トラフィックは、2019年 までに 10倍増する

Posted in Cisco, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 15, 2015
Global Smartphone Traffic to Increase Tenfold by 2019
Felix Richter − February 13th, 2015
http://www.statista.com/chart/3227/global-smartphone-traffic-to-increase-tenfold-by-2019/
 
Statista.png
 
Global smartphone data traffic is expected to continue its meteoric rise over the next few years.
 
グローバルにおけるスマートフォン・データ・トラフィックは、これからの数年のうちに、凄まじい勢いで上昇し続けると予想される。
 
According to Cisco’s Visual Networking Index, smartphone traffic is set to grow from 1.74 exabyte per month in 2014 to more than 18 exabyte per months in 2019. Cisco further estimates that smartphones will account for 75% of mobile traffic in 2019, up from 69% in the past year.
 
Cisco の Visual Networking Index によると、スマートフォンのトラフィックは、2014年の 1.74 ExaByte/月 から、2019年の 18 ExaByte/月 に成長すると想定されている。さらに Cisco は、モバイル・トラフィックに占めるスマートフォンの割合が、昨年までの 69% から、2019年には 75% に増えると推定している。
 
lobal_Smartphone_Traffic_to_Increase_Tenfold_by_2019_nThis chart shows the expected increase in global smartphone traffic between 2014 and 2019.
 
このチャートは、2014年から2019年にかけて、グローバル・スマートフォンのトラフィック量が、増加していく予測を示している。
 
The increase in smartphone data consumption will be fuelled by two factors that work in the same direction: the ever-growing number of smartphones in use and the increase of individual data consumption.
 
スマートフォンにおけるデータ消費量の増加は、同じ方向性を持つ、2つの要因により促進される。 つまり、スマートフォンの利用台数の増加と、それぞれのユーザーによるデータ消費量の増加である。
 
As mobile networks grow faster, users are expected to adapt their usage and consume more data-intensive content, such as high-definition video, on their phones. The average smartphone will expectedly generate 4 GB of traffic per months in 2019, a fivefold increase over last year’s global average.
 
モバイル・ネットワークの速度が高まるにつれて、ユーザーによる利用方法が変化し、より多くのデータを必要とするコンテントが消費されていく。 具体的に言うと、スマホ上での HDV(High Definition Video)の再生などが、例として挙げられる。2019年には、平均的なスマートフォン・ユーザーが、月間で 4 Giga Byte のトラフィックを発生させるが、その値は、昨年におけるグローバル平均の、5倍に相当するものである。
 
ーーーーー
weekend毎年、今頃になると、Cisco の Visual Networking Index が気にっなてきますが、その中でも、最も注目したいのが、このモバイル・トラフィックの成長予測です。 文中の数字から逆算すると、いま現在のグローバル・モバイルトラフィックの平均は、月ベースで 300 MB/5 = 60 MB くらいのようです。 Agile Cat の場合で、2〜3 GB は使っていると思いますので、やはり、日本は恵まれていますね。 そして、途上国のトラフィックが、これから日本並みに増えてくるわけですが、そうなると、どのような世界が見えてくるのでしょうか?  良い方向へ、変化して欲しいと願います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 

今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on February 14, 2015
グローバル市場へ向けて、ついに 中国が攻勢をかけ始めた ・・・
 
cna-banner
 
今週のアジアの動きで注目すべきは、なんと言っても、中国における Qualcomm のアンチ・トラスト問題でしょう。総額で $975m という罰金とは、日本円だと 1150億円であり、この種の支払いとしては最大級のものになるようです。 Reuter も、ITPro も、CNet も、3G/4G に関する特許を、つまり、通信方式に関する特許を、他の特許と分離することになったと報じていますが、その背景には、Qualcomm の複雑なライセンス体系があるようです。 12/27 の ZDNet 「Qualcomm asked to lower patent fees amid China’s antitrust probe」は、以下のように伝えています。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAーーー Bloomberg によると、これまでの5年間において Qualcomm は、US$30.5 billion というライセンス料を稼ぎだしてきた。そして、同社のライセンス構造を変更する必要がなければ、より高額な罰金を支払うと申し出ていたが、中国政府により拒否されたようだ。それにより、Qualcomm の顧客にクロスライセンス契約を強制し、他の Qualcomm 顧客との間でのロイヤルティ支払いを制限するという、同社のライセンス方式を阻止された。このチップメーカーは、顧客を侵害訴訟から保護するという、独自の自特許モデルを維持することで、大きな恩恵を被っていたとされている。ーーー
 
そして、2/13 の MIS Asia 「Qualcomm may face probe into business practices in South Korea 」には、Qualcomm に対するアンチ・トラストの調査が、韓国でも開始されると伝えています。 その一方で、Jagran 「Qualcomm deal sparks China smartphone patent skirmishes」は、ZTE が自らの特許権を主張し始めたと報じています。 2月6日にポストした、「 TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか? 」という抄訳では、TD-LTE の勢いが強まっていることをお伝えしましたが、今回の動きは、その知的財産権にまで、中国が影響力を発揮するという展開になっています。 おそらく、その先にある、グローバル市場を見据えているのでしょう。 いったい どうなるのか、興味津々ですね。
 
なお、以下のリストは、Cloud News Asia における Qualcomm 関連のポストです。こうしてみると、中国と韓国以外にも、台湾の MediaTek や TSMC などが、微妙に絡み合っているように思えてきます。
 
5/14: Qualcomm plans to shift 20nm orders from TSMC to Samsung or Globalfoundries
6/18: Qualcomm Will Sell Customized Chips For Chinese Mobile Market
6/20: Qualcomm far ahead of Marvell and MediaTek in China LTE market
9/21: Chinese regulator urges Qualcomm to help local companies make money
9/30: Chinese vendors may surpass international vendors in TD-LTE shipments
12/21: Qualcomm, MediaTek to diversify foundry sources, say industry watchers
12/29: China’s antitrust regulator says Qualcomm case to be settled soon
1/14: China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded
1/15: TSMC to face tough questions on Qualcomm orders
1/30: Samsung Dropping Qualcomm Snapdragon For Galaxy S6
2/11: Qualcomm settles monopoly charges in China with $975M payout
2/11: China fines Qualcomm US$975 mil. in antitrust case
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/5: TSMC to offer InFO-WLP technology for 16nm, eyeing Apple
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) will have its backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology ready for 16nm chips, eyeing orders for Apple’s A10 processors, according to industry sources. TSMC with its 20nm process successfully grabbed orders for Apple’s A8 processors. Samsung Electronics had been the exclusive supplier of processors to Apple before TSMC joined the supply chain.
 
③ 2/9: Foxconn to shut down Chennai unit on February 10
 
IndiaCHENNAI: Taiwanese phone-part manufacturer Foxconn, which had suspended its Chennai operations has floated a severance package for the 1,306 workers at the Chennai plant, and told them that February 10 will be the last working day. Foxconn had wound up its plant after its sole Chennai client Nokia had downed shutters in Chennai. Employees have time till February 9 to decide on the offer, delaying which workers will receive a severance amount prescribed by labour laws the next morning.
 
④ 2/8: Airtel denies talks of merger with Orange
 
IndiaNEW DELHI: Bharti Airtel, the world’s fourth-largest mobile phone operator, has denied a news report of talks with France’s largest phone company, Orange SA, for a possible merger of its African assets, although people familiar said both companies had earlier been involved in deliberations which fell through.
 
⑤ 12/1: Perth to Singapore SEA-ME-WE-3 cable severed again
 
SingaporeThe SEA-ME-WE-3 cable linking Perth to Singapore was once again cut last night and will undergo repairs. According to an iiNet fault notice, the cable was broken at 11.45 pm WST yesterday. The provider is advising that customers may experience higher than usual latency or delays in web speeds, particularly between some international destinations.
 
⑥ 2/8: Malaysia must centralise cyber security, says Communications Minister
 
MalaysiaMalaysia needs to place all agencies responsible for cyber security under one ministry to better coordinate responses to threats, the Communications and Multimedia Minister said. Currently, the agencies protecting the government systems are under different ministries. “They should be coordinated,” said Datuk Seri Ahmad Shabery Cheek.
 
⑦ 2/12: Alibaba’s global-facing ecommerce site AliExpress launches localized Indonesian service
 
IndonesiaAlibaba announced today that AliExpress, the company’s global-facing ecommerce site, has localized for better service in Indonesia. While id.aliexpress.com has been active for some time (Tech in Asia spotted it back in October), today marks its official coming out party in the eyes of the company.
 
⑧ 2/10: Google to cultivate digital advertising talent in Taiwan
 
TaiwanGoogle will begin to implement its Digital Mars Initiative, a plan to cultivate young digital marketing professionals in Taiwan, in March 2015, according to Google Taiwan managing director Chien Lee-feng. Google will allow new university or college graduates to register for free training courses on Google AdWord certification provided by Google in March and select 1,200 trainees for qualification examinations based on their digital marketing proposals, Chien said.
 
⑨ 2/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance
 
Image3.gifToshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.
 
⑩ 2/6: SK hynix, Toshiba to jointly develop chip tech
 
Image3.gifSK hynix agreed with Toshiba of Japan to jointly develop nano imprint lithography (NIL) technologies, the company announced Thursday. “SK hynix has entered into an agreement with Toshiba on joint development of NIL. Engineers from the two firms will start development of core technologies for the process at Toshiba’s complex in Yokohama, Japan,” said SK spokeswoman Park Seong-ae in a statement.
 
ーーーーー
cna_6昨日の Channel News Asia ですが、Bill Gates が訪中し、Minister of Science and Technology である Wan Gang と会談するというニュースが報じられていました。 この、中国における アンチ・トラスト問題は Qualcomm に限ったことではなく、Microsoft の CEO である Satya Nadella も、この件で何度か訪中しています。6億人とも言われるインターネット人口が作り出す、膨大な内需に支えられた 中国が、グローバルにおける覇権争いに参戦してきたと、捉えるべきなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?

 

Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile by agilecat.cloud on February 13, 2015
The hottest smartphone company in the world, Xiaomi, will start selling in the US soon. But it won’t be selling phones…
Sam Colt – Feb. 12, 2015
http://www.businessinsider.com/xiaomi-will-start-selling-in-the-us-soon-2015-2
 
_ Business Insider
 
Smartphone maker Xiaomi will start selling in the US through its website Mi.com “in a few months,” according to VP Hugo Barra.
 
スマホ・メーカー Xiaomi の VP である Hugo Barra によると、同社の Web サイトである Mi.com を介して、数ヶ月内に US 国内でのビジネスが開始されるとのことだ。
 
Barra said customers in the US will be able to buy things like batteries, routers, and fitness bands.
 
Barra の発言によると、US のユーザーたちは、バッテリー/ルーター/フィットネス・バンドなどを購入できるようになる。
 
Xiaomi_StoreAuthor : Vernon Chan

Bringing Xiaomi’s smartphones and tablets to new markets like the US is “an incredible amount of work,” according to Barra.
 
そして、Barra によると、Xiaomi のスマホやタブレットなどのプロダクツを、アメリカ国内に持ち込むためには、膨大な作業が残っているとのことだ。
 
Xiaomi doesn’t have a timeline for bringing its smartphones to the US.
 
実際のところ、Xiaomi は、アメリカでのスマホ発売に関しては、タイムラインを出していない。
 
Xiaomi has had tremendous success selling smartphones in China and is now the 3rd-largest smartphone maker worldwide, after Samsung and Apple.
 
Xiaomi は China 国内でのスマホ販売において、凄まじいほどの大成功を収めている。 そして、グローバル市場においては、Samsung と Apple に続く三番手までのし上がっている。
 
Part of Xiaomi’s success has come from selling to customers online at lower prices than its competitors.
 
Xiaomi が成功した背景には、オンラインでの販売に徹することで、コンペティタたちと比較して、スマホを低価格で販売してきたという戦略がある。
 
Xiaomi’s operating system, MIUI, is updated weekly and frequently incorporates features suggested by fans and users on its website Mi Forum.
 
Xiaomi の OS である MIUI は、毎週のようにアップデートされ、また、Mi Forum のファンやユーザーの声を、しばしば反映している。
 
SEE ALSO:  Xiaomi’s phones have a special feature to make your selfies more beautiful
 
ーーーーー
Asia Pacificいきなりスマホやタブレットを売り出さないというのは、賢明な判断だと思います。 日本と同様に、アメリカのユーザーはキャリア・プランと一緒に、デバイスを購入するケースが大半なので、Xiaomi の低価格路線の効果が低いはずです。 それと、インドなどでも、パテントに関する問題が収まったとは言えないい状況です。とは言え、一連の周辺機器で、アメリカのマーケットに参入するのが、早過ぎるということは無いでしょう。 アメリカでは、MVNO の動きはどうなんでしょうね? そして、それが動き出すとき、Xiaomi に勝機が訪れるはずです。 この数年で、何度か NY へ行っていますが、地下鉄の車内でスマホを触っている、アフリカ/ヒスパニック系の人たちは、ほとんどが Android を手にしていました。 この国も、すべてが裕福というわけではないのです。 それにしても、フォーラムでの声を聞きながら、プロダクトを改善していくというのは、まるで Evernote のようで、イイネです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が北京から脱出:海外ユーザーのデータは 海外 DC へ!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成

Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた

Posted in Asia, Telecom by agilecat.cloud on February 12, 2015
Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
Sami Ghanmi – Feb 09, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/36395/20150209/huawei-bt-ireland-test-400gbps-fiber-broadband-transmission.htm
 
_China Topix
 
Chinese telecom giant Huawei Technologies Co. Ltd. and telecom firm BT Ireland have successfully tested a 400 Gbps fiber broadband over fiber optics that connects the city of Dublin to Belfast.
 
China の大手通信機域メーカーである Huawei Technologies Co. Ltd と、欧州のテレコムである BT Ireland が、光ファイバーによる 400 Gbps ブロードバンドのテストを順調に進めている。 それにより、Dublin と Belfast が高速で接続されることになる。
 
Huawei and BT Ireland have transmitted 400 Gbps of data across existing 10 Gbps, 40 Gbps and 100 Gbps wavelengths.
 
Huawei と BT Ireland は、既存の 10 Gbps/40 Gbps/100 Gbps といったレベルを超えたところで、400 Gbps でデータを送信している。
 
Huawei
BT said it had chosen to carry out the test in Ireland due to its existing network infrastructure and the 200 km distance between Dublin and Belfast.
 
今回のテストで Ireland が選ばれたのは、Dublin と Belfast を接続する、200km におよぶ既存インフラがあったからだと、BT は発言している。
 
 “The results demonstrate how we can maximize the efficiency of our network investment, building on our core network infrastructure whilst continuing to meet the ever-increasing needs of our customers in a fast evolving digital world,” said Alex Crossan, BT Ireland’s managing director.
 
BT Ireland の Managing Director である Alex Crossan は、「 今回の結果は、私たちのコア·ネットワーク·インフラを拡張し、ネットワーク投資の効率を最大化していく方法を示している。それは、急速に進化しているデジタルの世界において、私たちの顧客が抱え込むニーズを、満たし続けるものとなる」と述べている。
 
“These in-life trials have also been crucial in understanding the capabilities of these new technologies, and have allowed us to accelerate our plans to deploy with confidence in the very near future.”
 
「 こうした、具体性のある試みが、新テクノロジーの能力を理解する上で、きわめて重要だっ。 そして、私たちは、目前に迫っている近未来へ向けて、いくつかのプランを、自信を持って加速していける」。
 
BT said it plans to deploy 200 Gbps and 400 Gbps commercial speeds using its core transmission network by March.
 
BT は、この 3月までに、今回のコア伝送ネットワークを用いて、200 Gbps と 400 Gbps の商用サービスをディプロイする計画を明らかにした。
 
“With the rapid growth of mobile broadband and video services generating tremendous volumes of traffic for backbone networks, the time is now for 400 Gbps.” said Ryan Ding, president of products and solutions at Huawei.
 
Huawei の President of Products and Solutions である Ryan Ding は、「モバイル・ブロードバンドとビデオ・サービスが急速に成長するにつれて、膨大なトラフックがバックボーン・ネットワーク上に生じてくる。 つまり、400 Gbps は、マッタ無しなのだ」と発言している。
 
Huawei also recently announced the testing of the world’s first uplink carrier aggregation, along with China Mobile Communications Corporation, over Jiangsu Mobile’s network in China.
 
最近になって Huawei は、China Mobile Communications Corporation と共同で、China の Jiangsu Mobile ネットワークを用いて、世界で初めてのアップリンク・キャリア・アグリゲーションをテスト中だと発表している。
 
The test successfully increased upload speeds by 180 percent. The Chinese tech giant had also deployed the world’s first atom router, along with China United Network Communications Group Co. Ltd.
 
このテストにより、アップロード・スピードを、180% も向上させることに成功している。さらに、この China のテック・ジャイアントは、China United Network Communications Group Co. Ltd と共同で、世界で初のアトム・ルーターをディプロイしている。
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの情報を意識的に探っているのですが、そこで明らかになってきているのが、この Huawei の強さです。 先日に、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳をポストしましたが、今日のポストに示されるように、ビジネスの成長を裏付けるテクノロジーの存在を感じます。 アメリカ市場からはシャットアウトされてしまったようですが、中国国内と、東南アジア、そして、ヨーロッパで、着々と実績を積み上げてきています。これからも、ウォッチしていきたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアは独自路線へと進むのか?
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
%d bloggers like this: