Agile Cat — in the cloud

MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?

Posted in .Selected, Apple, Green IT, Post-PC by Agile Cat on November 16, 2012

Apple switch from Intel chips? The real question may be when, not if
http://wp.me/pwo1E-5bS

Nov 6, 2012 – By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2012/11/06/apple-switch-from-intel-chips-the-real-question-may-be-when-not-if/

_ Gigaom

Will Apple replace the Intel processors in its Macbooks with ARM-based chips? In the last week new processor designs from ARM as well as Apple’s desire to merge the iOS and OS X experience have driven a new cycle of rumors. Here’s why they make sense.

Apple は Macbooks プロセッサを、Intel から ARM ベース・チップに移行させるのだろうか? 先週の、ARM デザインの新しいプロセッサの話だけではなく、iOS と OS X エクスペリエンスをマージしたい Apple の思惑もあり、新しいウワサのサイクルが回り始めた。 以下に、その意味について述べていく。

Once again there’s a rumor about Apple exploring plans to dump Intel chips on its Macbook line of computers. The rumor is a favorite, but the question is probably less a matter of whether or not Apple is weighing a switch and more about when such a switch would happen. From a chip point of view, the stars are lining up, but they aren’t in formation just yet.

もう一度くり返すが、Apple には Macbook のコンピュータ・ラインから、Intel チップを取り除く計画というウワサがある。 このウワサは、お気に入りであるが、そのスイッチングについて、Apple が秤にかけているかといえば、その可能性は少なく、その時期を予想するなどもっての外だ。 チップの視点から見れば、スターたちは並んでいるが、そのフォーメーションは完成していない。

The combination of the overall change in computing, from something that occurs at a desk to something that happens on a variety of devices throughout the day, and higher performance chips based on the ARM architecture planned for next year are probably the spur for the latest rumors. The change in computing has been happening for some time, but only last week did ARM announce its next generation processor cores, the A-53 and the A-57. The big focus of those cores was that they can support 64-bit computing — a necessity for servers and the personal computer markets today.

日々のコンピューティングを通じて、デスク上で生じるものから、各種のデバイスで生じるものまで、すべてを横断する変化がある。それと、来年に計画されるという、ARM アーキテクチャ高性能チップとの組み合わせは、最近のウワサの中でも図抜けて刺激的である。 コンピューティングにおける変化は、これまでにも何度か起こってきたが、先週に ARM が発表した次世代プロセッサ A-53 と A-57 は、ほんとうの意味で目新しいものである。 中核となるのは、それらが 64-bit コンピューティングにフォーカスしていることである。 つまり、それを必要とするのは、いまのサーバーや PC なのである。

Better chips mean a better experience.

In a conversation last week with Nole Hurley, VP of marketing and strategy for ARM’s processor division, we briefly discussed the likelihood of one of ARM’s new A-50 cores having the chops to make it into laptops and other devices dominated by CPUs. The 64-bit compatibility associated with the next generation ARMv8 architecture means that the cores will be able to address more memory. That gives devices the ability to support having scores of open tabs on their browsers while running a dozen different programs or apps.

先週のことだが、ARM Processor Division の VP of Marketing and Strategy である Nole Hurley と話す機会があった。そのとき、私たちは、CPU により独占されたラップトップなどのデバイスに、ARM の新しい A-50 コアを叩きこんでいく可能性について議論した。 この 64-bit は、次世代 ARM v8 アーキテクチャとの互換性を持ち、そこに含まれる複数のコアにより、より幅広いメモリ空間へのアクセスを実現する。 つまり、各種のデバイス上で、10種類以上のプログラムやアプリケーションを走らせながら、いくらでもブラウザのタブをオープンするだけのパワーを提供する。

Until these cores were announced, ARM cores have supported 32-bit processing. That’s fine for mobile devices where ARM has dominated, but when it comes to content creation, 64-bit compatibility is crucial, as you can see from my colleague Kevin Tofel’s review of a Chromebook running on an ARM chip versus one running an Intel chip. Thus, with these new cores, ARM has a product that could possibly compete in the laptop and personal computing market. Those cores will be out next year with devices running that IP expected in 2014.

一連のコアが発表されるまで、ARM のコアは 32-bit のプロセッシングをサポートするものであった。 それは、ARM が支配してきたモバイル・デバイスにとって素晴らしいものであるが、コンテントを作成するとなると、64-bit 互換性が不可欠となる。その理由は、私の同僚である Kevin Tofel の、Chromebook 上で Intel チップと ARM チップを比較した記事を見れば明らかになる。 したがって、これらの新しいコアを用いることで、 ARM はラップトップや PC のマーケットで競合が可能な、プロダクトを手にするかもしれない。 それらの新しいコアは来年に登場し、また、その IP を走らせるデバイスは、2014年になると予測される。

imageIf Apple is contemplating this switch it is because it realizes that now that computing has gone mobile, the x86 architecture, which was optimized for performance at all costs, has been superseded by the ARM instruction set that optimizes energy efficiency at all costs. The difference now is that ARM has also been boosting performance while optimizing for efficiency and has reached a level of performance parity that supports today’s application needs. Intel’s focus on efficiency in x86 is kind of like retrofitting a Ferrari to be more fuel-efficient while ARM has been building a Tesla.

もし Apple が、この切り替えについて熟考しているなら、コンピューティングがモバイルへと変容した、いまというタイミングを悟っているからである。つまり、いかなる代償を払っても、性能に最適化してきた x86 アーキテクチャが、あらゆる犠牲を払っても、エネルギー効率に最適化してきた ARM 命令セットにより、取って代わられるのである。 これまでとの相違点は、ARM が効率に最適化しながら、性能を引き上げてきたことにあり、また、いまのアプリケーションが必要とするだけの、性能をサポートしているところにある。Intel が x86 で効率にフォーカスすることは、Ferrari に燃料効率を求めて改造するようなものであるが、すでに ARM は、Tesla を作り上げているのだ。

Apple hasn’t stood still however waiting for better ARM cores. It has built a better core using its ARM architecture license to tweak the current generation ARMv7 instruction set to increase the performance of the A6 processor in the iPhone 5. (An architecture license lets Apple tweak the core designs that ARM builds.) As this deep dive from Anand Tech illustrates, Apple has already made a processor for phones that could rival a traditional CPU.

しかし Apple は、さらに優れた ARM コアを、じっと待ってはいなかった。つまり、iPhone 5 における A6 プロセッサの性能を引き上げるために、ARM アーキテクチャ・ライセンスにより、いまの ARM v7 命令セットを微調整し、さらに優れたコアを構築したのだ。(このアーキテクチャ・ライセンスにより、ARM が構築したコア・デザインを、Apple は微調整できる) Anand Tech からの探求が例証するように、すでにApple は、従来からの CPU に匹敵する、スマートフォンのためのプロセッサを作り上げている。

Apple hasn’t forgotten about the need for software

And Apple may have already started down the path of optimizing its OS X Mac operating system for the ARM-based architecture, one major step it needs to take before any transition off Intel’s x86 platform. Back in 2007 Apple said the iPhone runs OS X and Apple later clarified that it runs on the same kernel software. Thus, must of the optimization needed to fully retrofit OS X for the ARM instruction set may already be done. That only leaves the popular software running on the MacBook left for a retrofit, and because Apple already has adapted popular programs of its own such as iMovie and iPhoto for iOS, that work may also be done.

そして Apple は、ARM ベースのアーキテクチャへ向けて、OS X Mac OSオペレーティング・システムを最適化するというパスを、すでにたどり始めているのかもしれない。それは、Intel x86 プラットフォームから離れていくための、あらゆる変遷の前にとるべき大きなステップである。 2007年のことだが、iPhone は OS X を走らすと、Apple は発言している。 そして、後に、同じカーネル・ソフトウェア上で動作することを明確にした。 したがって、ARM 命令セットへ向けて、OS X を完全に改造するために求められる、必要不可欠なオプティマイゼーションは、すでに終了しているのかもしれない。つまり、MacBook 上で動作する人気のソフトウェアは、なんらかの改造を施すために、そのままにしておけばよい。また、すでに Apple は、iMovie や iPhoto といった人気の自社製プログラムを、iOS に適合させているため、それらの作業も、同じように処理されるのかもしれない。

The biggest holdout is probably Microsoft Office, and one would assume that Microsoft, once it got word of Apple’s plans it would act to preserve that software on the popular Macbook platform. However, Microsoft has been dragging its feet with ARM. For example it supports Windows RT and has a mobile platform that runs on ARM chips, but Windows 8 still doesn’t.

最大の難関は、おそらく Microsoft Office である。 しかし、Apple の計画を耳にすれば、人気の Macbook プラットフォームで、自身のソフトウェアを維持しようと、Microsoft は行動するであろう。しかし Microsoft は ARM のせいで、これまで足を引きずってきた。 たとえば、ARM チップ上で Windows RT をサポートし、それにモバイルプラット・フォームも続くが、依然として Windows 8 はそうならない。

So, as the rumor mill works over the possibility of an Apple switch from Intel to ARM-based chips in the Macbook, it’s worth noting that the hardware is almost in place and the software is probably mostly there. The biggest unknown in this plan is how Intel might react to the threat of an Apple defection.

したがって、うわさの出処が、Macbook を Intel から ARM ベース・チップへ切り替えるという、Apple の可能性について言及するとき、ハードウェアについては、ほとんど対応が済んでおり、おそらくソフトウェアが、これからの問題として残されれていると、指摘することに価値があるだろう。 この計画において、明らかにされていない最大の不確定要素は、Apple の亡命という脅威に際して、どのように Intel が反応するかという点に集約される。

Subscriber Content

ーーーーー

imageう~ん、どうなるんでしょうかね? 実際に、ARM を搭載した Samsung の Chromebook が快進撃している様子を見ると、すでに時代は変わったとも思えてきます。 実際に、iPad(2 ですが)を触っていると、パフォーマンスに関して不満はありませんし、この延長線上に Mac の未来がある方が、なんとなく自然な感じもしてきます。いまと同程度の性能で、10時間走ってくれる Macbook Air があったら、とても嬉しいですね。image

ーーーーー

<関連>

iPad Mini と 13-inch Pro の 広告ビデオ : Youtube だよ!
Apple の Web サイト 1996 – 2012 を振り返る
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
Chromebook が、Amazon のトップセラーを快走中だ!
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
赤いオペラと 緑のエバノ _8 : PC と Mac の論理融合は可能なのか?

 

Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 19, 2012

Video hands-on with Google’s new $249 Chromebook
http://wp.me/pwo1E-53r
Oct 18, 2012 – 10:24AM PT – By
Kevin C. Tofel
http://gigaom.com/mobile/video-hands-on-with-googles-new-249-chromebook/

_ Gigaom

Google’s newest Chromebook, made by Samsung, only costs $249 and offers the same general performance of ChromeOS is a smaller, lighter package. How’d they do it? This model uses the same chip type that powers smartphones and tablets. Take a look at my hands-on thoughts.

Google の最新 Chromebook は、Samsung により製造され、その価格はわずか $249 である。 そして、全体的な ChromeOS のパフォーマンスは、以前からの Intel 版と同等であるが、そのボディはコンパクトで、軽量化されている。 どのようにして、それは作られたのか? このモデルでは、スマホ/タブレットにパワーを供給するチップ・タイプが使われている。 私の感想については、以下のハンズオンで述べている。

ーーーーー

Google introduced a new Chromebook on Thursday that costs $249 and runs on the same ARM chips that power smartphones and tablets. The new device, made by Samsung, looks extremely similar to the current Chromebook Series 5 550 model that I bought in June and have used as an everyday laptop since. The newer model is lighter, thinner and has no fan, however, and costs $200 less than the prior edition. In 2009, I suggested that Google would use these chips for ChromeOS; I was wrong — until now — but hardware advances make it possible.

この木曜日(10/18)に Google は、スマホ/タブレット用の ARM チップで駆動し、価格が $249 という、新しい Chromebook を紹介した。この新しいデバイスは、Samsung により製造されているが、私がラップトップとして 6月に購入してから、毎日のように使用している、Chromebook Series 5 550 モデルに、きわめて似ているように思える。 しかし、この新モデルは、より軽く、より薄く、ファン・レスであり、以前のエディションと比べて $200 も安いのだ。 2009年の段階で、Google は ChromeOS においても、これらのスマホ用チップを使うだろうと、私は示唆した。 したがって、昨日までは間違いであったが、ハードウェア進歩が、それを可能にした。

I’ve spent a few hours with Google’s new device and have a short overview, comparison to the prior model and thoughts after some hands-on time. Take a look:

この、Google の新しいデバイスに対して、私は数時間を費やした。 そして、以前の Intel モデルとの比較および、いくつかの感想を、簡単なハンズオンとしてまとめてみた。 ぜひ、見てほしい:

ビデオは GigaOm サイトで ⇒

ChromeOS is still the same here, although it has a few subtle design tweaks that make it look more professional as a platform. The device comes with 16 GB of on-board storage, can be expanded with an SD card and gains 100 GB of free Google Drive storage; something we expected to see happen at some point. A faster USB port and full-sized HDMI jack for digital TV output is also here, but gone is the wired Ethernet port; it’s Wi-Fi or nothing for connectivity. Google will debut a 3G model in the future, however.

ChromeOS 自体は変わらないが、プロフェッショナルのためのプラットフォームと感じさせる、いくつかの工夫がデザイン面で施されている。 このデバイスは、16 GB のオンボード・ストレージを持つが、SD カードによる拡張が可能であり、また、100 GB の Google Drive ストレージが無償で提供される。 つまり、私たちが、ある時点において、予期した展開となっている。 また、高速化された USB ポートと、Digital TV 用のフル・サイズの HDMI ジャックが提供されるが、Ethernet ポートは無くなり、Wi-Fi のみのネットワーク環境となる。 しかし Google は、今後において 3G モデルをデビューさせるだろう。

The new Chromebook is just under 2.5 pounds and is both sleeker and thinner. Battery life appears the same as Google says “up to 6.5 hours.” While the 1366 x 768 screen is 0.5-inches smaller, it’s not a detriment. Of course, the biggest change is the ARM processor inside. It’s a Samsung Exynos 5250, which is a dual core, next-generation Cortex-A15 chip of Samsung’s own design. It handles 1080p video just fine and runs the ChromeOS quite well. I’d say the performance is comparable to the Intel-powered Chromebook I have, but perhaps a half-step behind; at least in my few hours of using the device.

この Chromebook の重量は、2.5 ポンド(1.13 kg)にも満たない。 そして、薄くなり、美しくなっている。 バッテリー・ライフに関しては、『 最大で 6.5 時間 』と、Google は発言している。 1366 x 768 Pixel のスクリーンは、以前と比べて 0.5 inch ほど小さくなったが、これといって問題はないだろう。 そして、もちろん、最大の変化は、ARM プロセッサを採用したことである。 それは Samsung Exynos 5250 であり、次世代 Cortex-A15 として Samsung 自身がデザインした、Dual-Core チップである。それにより、ChromeOS でも 1080p Video を、適切に処理することが可能になった。パフォーマンスに関しては、Intel パワーの Chromebook に相当するが、半歩下がったところに位置するだろう。 ただし、それは、このデバイスを数時間が使っただけの感想である。

At this price, however, Google has a large opportunity for students and general consumers to pick up one of these new Chromebooks. I still believe that a Chromebook isn’t for everyone; I’d never suggest otherwise. For everyday web tasks and basic productivity, however, the device is perfect and attractively priced.

そして、価格の設定であるが、学生やコンシューマに Chromebooks を提供するという意味で、Google は大きなチャンスを得たことになる。 しかし、Chromebook が万人向きかというと、そうとは思えず、また、推奨することもない。 ただし、日々の Web タスクと、基本的な作業において、このデバイスは完ぺきであり、また、魅力的な価格に設定されている。

Subscriber Content

ーーーーー

imageついに、Chromebook の本命というか、Post-PC の本命が登場ですね。 最近の ARM チップを見て、このようなデバイスを駆動するための、充分なパワーを持っているなぁ、とは感じていました。 しかし、Intel 版の Chromebook を、わずか数カ月前に デビューさせたばかりのGoogle + Samsung タッグが(6月に台北で見ました)、この時期に ARM 版を発表するとは、ちょっとした驚きであり、$249 という価格設定は、たいへんな驚きといったところです。個人的には、やはり 3G モデルが欲しいですが、Evernote のネイティブは載るのかなぁとか、Opera を走らせたいなぁとか、、、妄想してしまいますね。 image

ーーーーー

<関連>

New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
Google はハードウェア企業に、本気で転進するのだろうか?
Chrome の Remote Desktop ベータ版が出たらしい
Google Chrome OS press conference : Part_1
Google Chrome OS press conference : Part_2

 

ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす

Posted in .Selected, Data Center Trends, Green IT by Agile Cat on November 29, 2011

Introducing the 5-watt server that runs on cell phone chips
By
Barb Darrow Nov. 1, 2011
http://gigaom.com/cloud/introducing-the-5-watt-server-that-runs-on-cell-phone-chips/

_ Gigaom

Can ARM wrestle its way into the server market? Calxeda and Hewlett-Packard think so. On Tuesday Calxeda launched its EnergyCore ARM server-on-a-chip (SoC), which it says consumes as little as 1.5 watts (and idles at half a watt). And HP, the world’s largest server maker, committed to building EnergyCore-based servers that will consume as little as 5 watts when running all out. Compare that to the lowest-power x86 server chips from Intel, which consume about 20 watts but deliver higher performance.

ARM は、サーバー市場において、自身の戦力で戦えるのだろうか? Calxedaと Hewlett-Packard は、戦えると思っているようだ。 この火曜日(11/1)に Calxeda は、わずか 1.5 Watt の消費電力を達成したという(アイドル時は 0.5 Watt)、EnergyCore ARM server-on-a-chip (SoC) を立ち上げた。 そして、世界最大のサーバー・メーカーである HP は、実行時に 5 Watt のみを消費する、EnergyCore ベース・サーバーを構築するとコミットしている。Intel が提供する、最も省電力な x86 サーバー・チップは約 20 Watt を消費するが、より高性能であるという対比がある。

imageCalxeda, backed in part by ARM Holdings, is banking that the success that ARM chips found in smartphones and mobile devices will carry over into data centers serving large, scale-out workloads. In that arena, it is facing off squarely against chip giant Intel and its x86-based architecture, which dominates the market for chips running in commodity servers. Said Calxeda in a statement:

ARM Holdings の支援を受ける Calxeda は、スマート・フォンとモバイル・デバイスから見つけ出された ARM チップを、大規模なスケールアウト・ワークロードを提供するデータセンターに持ち込むという、サクセス・ストーリーに対して投資する。 その戦場において ARM は、コモディティ・サーバー・チップの市場を支配している、大手チップメーカーの x86 ベース・アーキテクチャと正面から対決していく。 以下は、Calxeda のステートメントである:

Thanks to its mobile phone heritage and patent-pending innovations from Calxeda, the new processor consumes less than one tenth the power of today’s most energy-efficient server processors and is ideal for workloads such as web serving, ‘Big Data’ applications, scalable analytics such as Apache Hadoop, media streaming and mid-tier infrastructure such as caching and in-memory databases.

このモバイル・フォンにおける試算と、特許申請中のイノベーションに対して、Calxeda として感謝したい。この新プロセッサは、最高のエネルギー効率を誇る最新サーバー・プロセッサに対して、1/10 以下という電力しか消費しない。そして、Web サービスや、Big Data アプリケーション、 Apache Hadoop などのスケーラブルな分析だけではなく、メディア・ストリーミングや、キャッシュやインメモリ DB のような、ミドルティア・インフラ・ワークロードに対して理想的なものとなる。

EnergyCore targets web serving, big data apps

The small form factor and energy stinginess of EnergyCore, based on the ARM Cortex processor, suits an emerging and fast-growing class of web and cloud applications, but it lacks in terms of software support and currently won’t support the enterprise demand for 64-bit processors. Thus, for traditional data centers locked into the Intel x86 architecture and with lots of legacy software to run, Calxeda might be a stretch. But that might not matter.

ARM Cortex プロセッサをベースとした、小型で省電力の EnergyCore は、Web や クラウドのアプリケーションというて、急成長しているクラスに適しているが、ソフトウェア・サポートの観点で遅れを取り、また、エンタープライズが要求する 64 bit プロセッサを、現時点ではサポートしていない。したがって、Intel x86 アーキテクチャにロックされ、また、多数のレガシー・ソフトウェアを運用する、従来からのデータセンターに対して、Calxeda は歯がたたないのかもしれない。
しかし、それは重要ではないだろう。

“For big cloud companies that buy gargantuan numbers of servers and for whom the power and space issues get linearly nasty as they build up the number of nodes, this is a good solution,” said analyst Roger Kay, the founder and president of Endpoint Technologies Associates. These sorts of transactions take on an almost consultative nature, where the server vendor works with the customer’s developers, he said.

「膨大な数のサーバーを買い求める企業に対して、ノード数を増強するにつれて、電力とスペースの問題が生じてくるケースにおいて、適切なソリューションになる」と、アナリストであり、また、Endpoint Technologies Associates の Founder である Roger Kay は言う。 そして、この種のトランザクションは、サーバーベンダーが顧客のデベロッパーと共同作業する際に、補助的な特質の大半を引き受けるとも言う。

EnergyCore is 32-bit only, a fact that Intel will no doubt trumpet. “High-performance computing [HPC] needs 64 bits to deal with larger address space, but that doesn’t mean that 32-bit [processors] can’t address certain data center applications,” Kay said. “This new chip is designed to handle very large databases that in turn handle lots of queries from many end points. Think Google Earth where there are lots of simple queries — ‘show me the bits in the X-Y grid specified.’”

EnergyCore は 32 bit のみだという事実を、Intel が吹聴していくのは間違い無いだろう。 「広大なアドレス空間を取り扱うために、[ HPC ]では 64 bit が必要とされるが、32 bit の[ Processor ]がデータセンターにおいて、特定のアプリケーションに対応できないというわけではない。 この新しいチップは、大量のエンド・ポイントから押し寄せる、大量のクエリーを順番に処理していく、きわめて大規模なデータベースを取り扱うよう、デザインされている。例として Google Earth を考えて欲しい。そこでは、X-Y グリッド上の特定ポイントを表示するという、大量のシンプル・クエリーが存在する」と、Kay は発言する。

HP estimates that those big scale-out web and cloud data center scenarios represent a healthy 10 to 15 percent of the data center market, Kay noted. That’s certainly worth fighting for. Intel pegs that segment at 10 percent of the overall market.

スケールアウトしていく、この種の大規模 Web や クラウドのためのデータセンター・シナリオは、普通に考えて、そのマーケット全体の 10% ~ 15% になると、HP は見積もっていると、Kay は指摘する。 それならば、たしかに、戦う価値があるだろう。 そして Intelも、このセグメントが、マーケット全体の 10% になると見ている。

Richard Fichera, the VP and an analyst at Forrester Research, said Calxeda did its homework. “This looks to be at least three to five times more energy efficient than other chips and [energy use] is a growing concern for data centers.” Some of what Calxeda has done will be hard for competitors to replicate, he said.

Forrester Research の VP であり、アナリストでもある Richard Fichera は、Calxeda は宿題をこなしたと発言する。 「少なくとも、このチップは他に対して、3倍 ~ 5倍 のエネルギー効率を示し、また、データセンターにおいて[電力消費]への関心が高まっている」 Calxeda の成果に対して、その一部であっても、コンペティタが追いつくことは難しいだろうと、彼は付け加える。

Calxeda, like SeaMicro, which makes low-power servers running Intel Atom processors, also builds on a fabric that lets all the various SoC components communicate inside the box.

Intel Atom プロセッサを用いて低電力サーバーを提供する SeaMicro のように、Calxeda もファブリックを構築することで、ボックス内で各種の SoC をにコミュニケートさせるだろう。

Skeptics point out that big data center buyers tend to be a conservative lot, not likely to gamble on a new chip architecture. “Many CIOs will go with the devil they know. They have software that runs on Intel so why move?” Kay said. But again, Calxeda and HP are seeking out the biggest of the big data center companies — those that have a lot of in-house development talent that are not as bound by legacy software concerns.

大規模データセンターを運用する顧客は、新しいチップのアーキテクチャに賭ける可能性を持たない、保守的な人々になるという傾向を、懐疑論者たちは指摘する。 「数多くの CIO が、悪魔の選択をするようになると、彼ら自身が認識している。 つまり、Intel で実行するソフトウェアがあるため、身動きできないのだ」 と、Kay は発言する。 そして、Calxeda と HP は、最大級のデータセンター・カンパニーを探し求めている。優れた開発力を内部に持ち、レガシー・ソフトウェアに拘束されない状況が望ましい。

What’s in EnergyCore SoC?

  • Multicore ARM Cortex processor running at 1.1 GHz to 1.4 GHz
  • Supports FPU (scalar) and NEON (SIMD) Floating Point
  • 4 MB of onboard shared L2 cache
  • Integrated Memory Controller with 72-bit datapath, and ECC
  • Typical maximum power consumption (running 100% CPU load under normal conditions) is 5 watts
  • Typical idle power consumption is less than .5 watts

Calxeda and HP will start rolling out sample products later this year, with volume ramping up in 2012. Calxeda is not alone in this arena: Marvell Inc. is already in the market with its own ARM-based servers. NVIDIA is also building an ARM-based server, dubbed Denver, for HPC.

Calxeda と HP は、この年末までにサンプル・プロダクトを出荷し、2012年には増産していきたいと考えている。 そして、このアリーナは、Calxeda が占有するものではなく、自身の ARM ベース・サーバーを有する Marvell Inc もいる。 そして Nvidia も HPC のために、Denver と名付けられた ARM ベース・サーバーを構築している。

While Calxeda is tiny compared to Intel, it also doesn’t manufacture its own silicon, which could end up hurting it when comparing it to Intel, one of the last silicon vendors to own its own chip manufacturing. Fichera notes that Calxeda has no control over the distribution and sales of what it designs: The server partner has all the leverage. If someone else has a better SoC next year, Calxeda (or whatever SoC provider they use) could be gone.

Intel との比較において Calxeda は極めて小規模であり、また、自身ではシリコン・チップを生産しない。そのことが、自身のチップ製造ラインを所有する、最後のシリコン・ベンダーでもある Intel と競合するときに、Calxeda にダメージを与える可能性は否定できない。 Fichera が指摘するのは、Calxeda がデザインするプロダクトに関して、同社が供給と販売をコントロールできない点である。 つまり、すべての活用は、サーバー・パートナーが握っていることになる。来年になって、さらに優れた SoC を他社が提供するなら、Calxeda(その他の SoC プロバイダも)は消滅してしまうかもしれない。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

ーーーーー

TAG indexARM 成功した最大の要因は、低電力消費のテクノロジー開発にフォーカスした点です。そして、同社のライセンスにより他社製品を順に置き換え、製造に伴なう厄介ごとを回避しながら、自身のチップを売り込んできました。これまでに、以下の<関連>にあるような企業と契約を交わし、また、この記事あるように、Calxeda のようなスタートアップから、HP のような大手まで、そのプラットフォームに取り込んできました。 この低電力消費サーバー・マーケットは、ますます目が離せなくなりますね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?
ARM ベースの Marvell Armada XP は、クラウドで革命を起こせるのか?
ARM A15 が登場! サーバーまでもカバーする性能
Smooth-Stone  – ARM チップで Intel とは別次元のデータセンターを目指す
ARM サーバーについて – 日本語記事のマトメ・ページです

%d bloggers like this: