Agile Cat — in the cloud

Apple による Topsy 買収は ナゾ だらけ : ただし、検索エンジンが欲しいのなら納得できる

Posted in .Selected, Apple, Post-PC, Social by Agile Cat on December 5, 2013

Why Did Apple Buy A Social Media Analytics Company? Probably For Its Search Engine
http://wp.me/pwo1E-6Z8
Jay Yarow – Dec 3, 2013
http://www.businessinsider.com/why-did-apple-buy-topsy-2013-12

_ Business Insider

Apple has acquired Topsy, a Twitter search and analytics company.

Apple が、Twitter 検索/分析の企業である Topsy を買収した。

The price for the acquisition was initially reported at $200 million, but Fortune’s Dan Primack says it was north of $225 million. At that price, it would be the seventh biggest acquisition in Apple’s history.

当初は $200 million とレポートされていた、その買収価格であるが、Fortune の Dan Primack によると、$225 million を上回ることになる。また、この買収額は、Apple の歴史において、7番目の規模となる。

So, what is Apple going to do with a social media analytics company?  No one seems to have a solid answer.

そして、浮上してくる疑問は、「 このソーシャル・メディア分析会社を、Apple はどうするつもりなのか?」となるが、その答えを見つけられる人は、いまのところ皆無である。

An Apple spokesperson only says, "Apple buys smaller technology companies from time to time and we generally do not discuss our purpose or plans." We asked a Topsy investor, but were told, "I am subject to a confidentiality agreement on this matter and cannot comment." So far, we haven’t seen anyone else crack this one. Everyone else is in speculation mode.

ある Apple のスポークスマンは、「 Apple は時々、小規模なテック・カンパニーを買収するが、その目的や計画について説明しないのが普通である」と、発言している。そこで、Topsy の投資家に尋ねてみたが、「 私は、この件に関する機密保持契約の対象になっているため、ノー・コメントである」という答えが帰ってきた。これまでのところ、この設問に対して、誰も答えを見出せないでいる。 つまり、すべての人々が、推測モードに入っているわけだ。

Apple is not a "social" company. Its specialty is hardware, and software. Its software strength is operating systems and applications. Social media analytics don’t seem to fit into either of those buckets at all.

Apple は、「ソーシャル」の企業ではない。 知ってのとおり、同社はハードウェアとソフトウェアの企業であり、そのソフトウェアにおける強みは、システムやアプリケーションにある。 したがって、ソーシャル・メディアの分析は、どの枠組みにも適合していないように思える。

After reading a few different guesses about why Apple bought Topsy, here’s our best stab at it: Apple is buying Topsy for its search capabilities.

Apple が Topsy を買収する理由について、いくつかの推測を参照してみたが、それらの中でベストと思える手がかりは、Apple は Topsy の検索能力を買収したというものである。

imageA lot of people are focused on the social media analytics piece of Topsy, but Azeem Azhar, founder of PeerIndex, a social analytics company says, "Topsy is a search engine, at its heart."

数多くの人々が、Topsy におけるソーシャル・メディア分析の部分に注目しているが、ソーシャル分析を得意とする、PeerIndex の Founder である Azeem Azhar は、「 Topsy の心臓は、その検索エンジンである」と発言している

If you want to find old tweets, Topsy is the best way to do it.

もし、古い Tweet を検索したいなら、それを最も上手く処理するのが Topsy である

Apple’s search capabilities are also pretty crappy. Have you tried searching in Apple Maps? Or the App Store? Or even on the iPhone’s Spotlight search? What about Siri? Just lousy, inconsistent results.

Apple も検索機能を提供して入るが、かなり安っぽいものである。 Apple Maps で検索したことがあるだろうか? App Store では? あるいは、iPhone の Spotlight 検索は? Siri はどうだろう? いずれも、お粗末で、矛盾した結果をもたらす。

Azhar believes Apple is going to use Topsy as the base layer for its own search engine: "Wouldn’t it be smart for Apple to deploy Topsy’s search infrastructure as the search layer for iOS?"

Azhar は、Apple の検索エンジンにおける、ベース・レイヤとして Topsy が活用されると考えている。 つまり、「 Apple が iOS のための検索レイヤとして、Topsy の検索インフラをディプロイするなら、それはスマートな展開になると思わないか? 」となる。

He suggests Apple would create a rival to Google’s search engine, which sounds a bit too ambitious to us for Apple. We don’t think Apple needs to build a Google-like search engine.

Apple は Google 検索エンジンに対して、ライバルとなるものを作成すると、彼は示唆している。それは、Apple にとって、いささか野心的に過ぎると聞こえる。そして、私たちは、Google に対向するような検索エンジンを、Apple が構築する必要はないと考える。

However, it does need to improve its search across the board, and Topsy’s indexing, which is said to be excellent will probably be useful.

しかし、その検索機能に関しては、全面的に改善していく必要性があり、また、秀逸な Topsy インデックスにより、その課題が推進されていくと思えるのだ。

ーーーーー

apple-55aすったもんだの Apple Maps も、最近はユーザーが増えているとのこと。 そうなると、次は検索を充実させたいとうのは、きわめて順当な筋書きです。 そうすれば、App Store での、わけの分からない検索結果ともオサラバできます。 Siri も、お利口になります。。。 というわけで、この Azeem Azhar さんの推測が正しいなら、Apple ユーザーにとって、とてもシアワセな展開が訪れると思えてきます。 Apple は、こうしたサービスを充実させていくべきですし、そのための潤沢な資金も持っています。なんというか、ちょっとホッとする話です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

新しい Google Maps が絶好調 : Android に続いて iOS にも提供!
Apple が iOS 7 に最適化した、Find My Friends とは?
iPad 用のステキな Office : Microsoft でなく HopTo からリリース!
Opera の Coast for iPad は、タブレット・ファーストの Web ブラウザなのだ!
Final Fantasy VI が、この秋には iOS に登場する!
Google が Apple をリードする、11 の テクノロジー・フィールド

 

Android デベロッパーに朗報 : Analytics 機能により Google Play 内でのトラッキングを実現

Posted in .Selected, DevOps, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 16, 2013

Google Developers Finally Get Analytics In Their App-Building Console
http://wp.me/pwo1E-6ME

Dan Rowinski – October 04, 2013
http://readwrite.com/2013/10/04/google-analytics-developer-console

_ Read Write (2)

Google just took another step in its mission to give Android developers better tools to analyze and monetize their apps.

Google は Android デベロッパーに対して、そのアプリを効率よく分析しマネタイズしていくためのツールを提供するという、新たなミッションへ向けて第一歩を踏み出した。

Google makes good on its promise at the I/O developers conference in May.

The company has officially announced that it has integrated Google Analytics into its Google Play Developer Console for Android developers. Google had said that Analytics was coming to the Developer Console at its I/O conference in May this year.

同社のオフィシャル・アナウンスメントによると、Google Play Developer Console に Google Analytics が統合され、Android デベロッパーの便宜が図られるようになる。Google は Analytics について、今年 5月の I/O カンファレンスで、Developer Console に取り込まれていたと発言している。

Android developers can now download the Google Analytics software developer kit (SDK) and place it into an app and upload it to the Google Play Store. The Analytics SDK is also available for iOS apps.

Android デベロッパーは、Google Analytics SDK をダウンロードし、それをアプリに埋め込み、Google Play にアップロードできるようになっている。また、この Analytics SDK は、iOS アプリにも対応できるという。

Google Analytics for the Developer Console has four main aspects:

Google の Analytics for the Developer Console は、以下の 4つの狙いを持つ:

クリックで拡大 ⇒

Google Play Referral Flow: Helps developers figure out where Google Play traffic is coming from (search, marketing campaigns, blogs or media articles etc.). This feature helps marketers figure out how successful their campaigns are and where the best traffic comes from.

Google Play Referral Flow: デベロッパーが、Google Play トラフィックの導線(サーチ/キャンペーン/ブログなど)を理解できるようにする。この機能により、マーケティング担当者は、最適なトラフィックが発生する場所を特定し、キャンペーンを成功へと導いていく。

Views in Google Play: Referral Flow shows how many people have viewed the app in Google Play.

Views in Google Play: 前述の Referral Flow により、どれだけの人々が対象アプリを参照したのかを、Google Play 内で把握できるようになる。

Installs: Once figuring out where the traffic came from through the Referral Flow, Analytics tracks users that actually clicked and downloaded the app through Google Play.

Installs: Referral Flow を介して、トラフィックが生じる場所が把握できると、Google Play でアプリをクリックし、ダウンロードしたユーザーを、Analytics が追跡することになる。

New Users: Goes beyond the straight download numbers to show people that have opened the app and begun to use it and become “Active Users.”

New Users: 単なるダウンロード数ではなく、実際にアプリをオープンして、使い始めている Active Users 数をを表示する。

クリックで拡大 ⇒

The goal for Google is to show not just the raw number of views and downloads, but also how much people have engaged with the app and what version of Android they are using. With the Analytics SDK, developers can know what Android API Level their users are employing. This is beneficial information for developers that need to know how many people are using older versions of Android, such as versions 2.3.7 Gingerbread that may not have certain capabilities that are in newer versions of the operating system.

Google のゴールは、単なる参照とダウンロードの数だけでなく、どのくらいの人々が対象アプリにつなぎとめられ、また、どの Android バージョンが使用されているのかを示すことにある。Analytics SDK を用いることで、ユーザーが利用している Android API Level を、デベロッパーは知ることが可能だ。 つまり、どれだけの人々が、たとえばバージョン 2.3.7 Gingerbread のような、古い Android バージョンを使用していのかを、知る必要のあるデベロッパーにとって、とても有益な情報となる。なぜなら、このオペレーティング・システムの、最新バージョンにおける特定の機能を、旧バージョンはサポートしていない可能性があるからだ。

Google employs “flow visualization” in Analytics to show how a user got to the app and what actions they took within the app.

Google は、Analytics において “flow visualization” を採用し、そのアプリをユーザーが取得する方式や、そのアプリで使用されるアクションなどを示すようにしている。

ーーーーー

image28この 8月にポストした『 Google I/O 2013 の約束 : すべて 順調! PHP もバッチリだ! 』という抄訳では、この Android デベロッパー・サポートに触れられていませんでした。 しかし、さすがは Google 先生、やることが理に適っていて、とても感心してしまいます。言われてみれば、当たり前のことなのですが、この記事を読むまで、アップ・ストアのトラッキング結果がデベロッパーにフォードバックされる世界など、思いもつかなかったことです。 これは、とてもカッコ良いですね!image

ーーーーー

<関連>

Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?
開発環境をクラウドに移行できれば、デベロッパーは幸せになれるはず
Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Google App Engine が PHP をサポートする: 75% の Web をカバーしているから

Facebook が買収した MailRank って、あの Second Life の・・・

Posted in Facebook by Agile Cat on November 16, 2011

Facebook acquires e-mail prioritizer MailRank
By Emil Protalinski | November 15, 2011
http://www.zdnet.com/blog/facebook/facebook-acquires-e-mail-prioritizer-mailrank/5402

image

Summary: Facebook has acquired MailRank, a startup that focused on prioritizing e-mail. The company’s product will be discontinued as its two sole employees transition to the social networking giant.

Summary: Facebook は、電子メールの優先順位にフォーカスする、MailRank というスタートアップを買収した。 たった 2人の従業員が、このソーシャル・ネットワーキングの巨人に移籍するとき、同社のプロダクトは終了することになるだろう。

ーーーーー

Facebook has acquired MailRank, a startup that focused on prioritizing e-mail. MailRank has just two employees: co-founders Bryan O’Sullivan and Bethanye McKinney Blount. Before starting MailRank, both worked as engineering directors for Linden Lab, the maker of the virtual world Second Life. Financial details were not disclosed, but Facebook did say it will not acquire technology or other assets from the small company.

Facebook が買収した MailRank は、電子メールに優先順位にフォーカスするスタートアップである。 MailRank には、たった 2人しか従業員がいない。 つまり、Co-Founderの Bryan O’Sullivan と Bethanye McKinney Blount である。 そして、この 2人は、MailRank を立ち上げる前に、Linden Lab のバーチャル・ワールドである、Second Life の Engineering Director の職を務めていたのだ。 今回の買収金額などについては明らかにされていないが、Facebook の発言によると、この小さい会社から、テクノロジーなどの資産を獲得することが目的ではないようだ。

image“We’re thrilled to announce that MailRank’s co-founders will be joining Facebook in December,” a MailRank spokesperson said in a statement. “The past year has been a wonderful journey, and we thank everyone who has helped and supported us along the way: our test users, investors, advisors, friends, and families. You have our sincerest gratitude. Now off to a new adventure!”

「 私たちは、この 12月に MailRank の Co-Founder たちが、Facebook に参加することを、大きな期待と伴に発表する。これまでの1年間は、とても素晴らしい期間であった。 そして、私たちの活動に対して視点してくれた、テスト・ユーザーや、投資家、アドバイザー、友人、そして家族に対して感謝している。 それらの人々に対して、心からの謝辞を送りたい。 そして、私たちは、新しい門出となる!」と 、MailRank のスポークスマンは発言している。

The point of MailRank is prioritize e-mail so that the user can focus on the content that really matters. The company described itself as a “solution to the problem of e-mail overload” via “hands-free prioritization without complicated configuration and rules.” The private beta of MailRank for Outlook will be discontinued as the two employees begin to focus solely on Facebook.

MailRank がポイントを合わせていたのは、本当に重要なコンテントに、ユーザーがフォーカスできるようにするための、電子メールに関する優先順位付けである。 同社は、「電子メールによる過負荷に対するソリューションであり、複雑なコンフィグレーションやルールを必要とすることなく、自動的な優先順位付けを行う」と、自身を紹介していた。 そして、2人の従業員が、Facebook だけにフォーカスし始めるとき、MailRank for Outlook のプライベート・ベータは中止されるだろう。

facebook_logo“We’re happy to confirm that we’ve hired Bryan O’Sullivan and Bethanye Blount, the co-founders of MailRank,” a Facebook spokesperson said in a statement, “Both have stellar track records as engineers and entrepreneurs, and we’re looking forward to welcoming them to Facebook in December.”

「 私たちは、MailRank の Co-Founder である Bryan O’Sullivan と Bethanye Blount が、合流してくるることを確認し、とても嬉しく思っている。2人とも、エンジニアとして、また、企業家として、傑出した経歴を有している。 12月に、Welcome to Facebook と歓迎できろことを、とても楽しみにしている」と、Facebook のスポークスマンは発言している。

At the social networking giant, the duo will be working with a first-class team on their “favorite types of technology problems.” Although more details weren’t given, I would not be surprised if the two end up sprucing up Facebook’s various messaging services.

このソーシャル・ネットワークの巨人において、この 2人組は「favorite types of technology problems 」に関する第一線のチームと協調していくだろう。 詳細な情報は提供されていないが、Facebook における多様なメッセージ・サービスを、この 2人が整理する役割を担っても、私は驚かないだろう。

See also:

ーーーーー

TAG indexLinden Lab とか Second Life とかって、懐かしいですね。でも、いまのソーシャルと比べてみると、物理空間を仮想化しようとする試みに、それほどの重要性はなかった、、、という結論に至ってしまいますね。やはり人は、精神の空間に生きているのでしょう。 それと、メッセージの重要度を見てくれるサービスが実現すると、とても有難いですね。 頑張ってほしいなぁ ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook メッセージを支えるストレージ・インフラを解説
Facebook – Open Graph Beta の概説
Facebook の Washington Post アプリを動かしてみた!
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか?
Strobe の買収により、モバイル HTML5 プラットフォームは加速されるのか?

 

ビンラディン報道を追いかけ続けたのは、モバイル/タブレット・ユーザーたちだった!

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on May 12, 2011

Seeking Osama: Anatomy of a News Firestorm in a Cross-Platform Environment
By Andrew Lipsman – May 5, 2011
http://blog.comscore.com/2011/05/osama_news_cross_platform.html

comScore

When the news broke late Sunday evening that U.S. armed forces had managed to hunt down and kill Osama bin Laden, a range of emotions washed over me, including relief, elation, pride and so many others. But soon after the initial “pinch-myself, is this really finally happening?” moment subsided, I was immediately consumed with a voracious appetite to read anything and everything covering the details of the capture and the geopolitical analysis. I had the news on the TV and about 15 tabs open in my web browser as I flipped back and forth between my favorite news sites to see what other details of the operation were beginning to leak out. I am sure I was not alone in feeding this news addiction. 

そのニュースが日曜日の夜更けを揺るがしたとき、すでにアメリカ軍はオサマ・ビンラディンを追い詰めて、殺害していた。そして、安心感や、高揚感、プライドといった、すべての感情に、私自身も押し流されていった。 しかし、まずは、私自身を目覚めさせ、『 それで終わりで良いのか?』と自問してみた。そして、ただちに、今回の捕捉と地政学的な分析カバーするために、あらゆるデータと、すべての情報を、むさぼり読むことになった。 私は TV のニュースを見ながら、およそ 15 個のタブを Web ブラウザに開き、お気に入りのニュース・サイトを行ったり来たりした。なぜなら、この作戦について、漏れ始めてきた詳細を知りたかったからだ。 そして、このニュースに熱中していたのは、私 1人ではなかったと確信している。

imageHere at comScore, we were curious to understand how others may have experienced this news, so we decided to do a little digging. Our analysis looks at the 24-hour period beginning at 7:00 PM ET on Sunday, May 1, and ending at 7:00 PM ET Monday, May 2. To understand Americans’ news consumption patterns in the aftermath of the news, we’re going to begin by gaining some overall perspective into how Osama Bin Laden (OBL) news coverage was consumed across various media, then we’ll examine some of the consumption patterns in relative terms.

さらに comScore は、このニュースを多くの人々が咀嚼していくときに用いられた、その方式を理解したいと考え、この現象を深堀りしていくことにした。 私たちの分析は、5月1日(日)東部時間 7:00 PM から、5月2日(月)7:00 PM までの、24時間に集中するものになった。 この出来事の余波としての、アメリカにおけるニュース消費のパターンを理解するために、各種メディアでの OBL(Osama Bin Laden)ニュース報道の傾向について、その全体を把握するところから始め、続いて、関連する言葉の利用パターンについて調べることにした。

Consumption of #OBL News Coverage Across Platforms

The illustration below shows us that, not surprisingly, computers accounted for the vast majority of OBL-related news consumption throughout the 24-hour period. However, during a few segments of the day, tablet and mobile traffic accounted for notable percentages of the total.

以下のグラフが示すものは、その24時間を通じて、OBL 関連のニュースの消費では、コンピュータが圧倒的な多数を占めているという、驚きに値しない事実である。 しかし、いくつかの時間帯においては、タブレットとモバイルのトラフィックが、全体の中で注目すべきパーセンテージを占めている。

注記:上記のグラフは、シンプルに『 Osama Bin Laden 』に関する記事なのだと思います。 そして、これから先は、たとえば  『 Al-Qaeda / Al Jazeera / Taleban / 911 』などの、今回の事件を深掘していくための、関連用語も含めたニュース消費だと捉えています。 つまり、メディアが提供するニュースを消費するだけの人と、その裏を探る人の、デバイス利用に関するパターンの違いを浮き彫りにしていくことが、このポストの狙いなんだと理解しています。 そうでないと、この記事全体の整合性がとれません。ーーー __AC Stamp 2

Next, we decided to see how this news story affected the composition of all news traffic to understand just how pervasive the coverage and resulting reader interest was. We specifically looked at OBL-related news consumption as a percentage of total news consumption. OBL-related news coverage was estimated by analyzing the traffic patterns for all news sites with URLs including broad matches of the terms “Osama” or “Bin Laden,” as the majority of related news stories included these terms in their URLs. News coverage spiked dramatically around 10pm ET Sunday night with about 10 percent of all computer traffic to news sites being Osama-related – a fairly sizeable percentage given how expansive and diverse news reporting can be. This percentage spiked substantially higher among tablet users – between 20-25 percent – and was highest at around 30 percent among mobile Internet users. These figures are pretty staggering, especially when considering that these figures only account for articles that were obviously OBL-related (per their URL structure).

私たちは続いて、このニュースが拡散していった経路と、読手が興味を持った内容を理解するために、何がどのように影響して、全体的なニュース・トラフィックが構成されたのかを確認することに決めた。 とりわけ、全体的なニュース消費に対する比率として、OBL 関連ニュース消費のパーセンテージを見ていった。 OBL 関連のニュース範囲は、『 Osama 』あるいは 『Bin Laden 』などの用語を URL に取り込んだ、すべてのニュース・サイトに対するトラフィック・パターンを分析することで推測された。つまり、この件に関連するニュース記事の大半が、それらの用語を URL に含んでいたことになる。 Osama に関連するニュースを取り扱うサイトは、東部時間の日曜 10:00 PM 辺りで、すべてのコンピュータ・トラフィックの約 10% を占めていた。この数値は、広範囲におよぶ多様なニュース報告があり得た状況において、きわめて大きなパーセンテージである。 このパーセンテージをタブレット・ユーザーに適用させてみると、20-25 % にまで上昇する。 そして、最も大きな値をもたらしたが、モバイル・インターネッ・トユーザーでであり、30% 前後という結果になる。以下のグラフでは、OBL 関連(URL 構造)を持つ記事だけを示しているが、驚くべき結果と言えるだろう。

注記:このグラフは、最初のものと比べて、色の割り当てが違っている点に注意してください。 なんというか、最悪! ーーー __AC Stamp 2

We also wanted to understand how consumer behavioral patterns might shift by medium throughout the day. We looked at the share of each medium’s OBL traffic for each of the 24 hours as a percentage of overall OBL traffic for that medium. Interestingly, we see that tablet readership saw the highest relative percentage of its activity occur in the immediate aftermath of the news on Sunday night. Mobile news consumption was also relatively high during that period, while PC consumption that time was more modest in comparison to other dayparts. Notice that there is another spike in mobile activity between 7:00-9:00 AM on Monday, most likely as people glued themselves to their phones during their commutes to work. PC traffic saw its highest relative consumption during this 24-hour period in the late morning and early afternoon, as people checked out news during the workday from their computers.

さらに私たちは、当日における消費者の行動パターンが、メディアにより変化していった様子を理解したいと考えた。 そのため、この 24時間における、全体的な OBL トラフィックに対するパーセンテージとして、個々のメディアごとの OBL トラフィックの比率を調べてみた。 興味深いことに、日曜日の夜に起こった この出来事の直後の、タブレットを用いる読者の相対的なパーセンテージが、きわめて高いことが確認された。この時間帯においては、モバイルによるニュース消費も相対的に高かったが、PC による消費はさほどでもなかった。 また、通勤時間帯にモバイルが活躍することを証明するかのように、月曜日の 7:00-9:00 AM の間に、モバイルによる別のピークがあることを指摘しておく。そして、PC によるトラフィックは、就労時間におけるニュース・チェックが始まる 9:00 AM 以降から、それが終了する夕刻までの間に、そのピークを迎えている。

注記: 上記のグラフは、最初と同じ色の割り当てに戻っています。 その点に注意してください。ーーー __AC Stamp 2


The Future of News Consumption?

The quest for news about Osama bin Laden exhibited in these charts illustrates how increasingly dependent on technology we’ve become to keep informed of developments especially as they pertain to important breaking news. Mobile and tablet devices are becoming a more significant part of the digital media landscape, as it’s becoming clearer how they help fill in the gaps when consumers may not always be right by a computer. From our analysis of news consumption in recent days, we’ve shown that many people opted for these devices – myself included – to feed our need for news in the wake of this historic event. This behavior is only going to grow more prevalent with time with the plethora of devices coming out to support growing information needs. And in this real-time environment where we can always be plugged in, one can expect news consumers will only become savvier in consuming a constant stream of news from multiple platforms. The capture and killing of Osama bin Laden may have just given us an important glimpse into the future of news consumption.

これらのチャートが示す、オサマ・ビンラディンに関連するニュースの調査は、突発性の重大ニュースであるほど、そして、その展開を人々が追い続けるほど、テクノロジーへの依存が高まることを証明している。 つまり、常にコンピュータの近くにいない人々の、情報参照に関するギャップを埋めるの手法が明確になるにつれて、モバイルとタブレットが重要なパートを占めてきたという、いまのデジタル・メディアの在り方が顕在化している。この数日におけるニュース消費を分析することで、こうした歴史的な出来事の後に生じる、ニュース取得への要求を充たすために、人々が適切なデバイスを選択している状況が明らかになった(私自身を含めて)。 こうした傾向は、時間という概念にだけ寄り添って成長していくものであり、増え続ける情報への要求に対応するため、さらに多くのデバイスが必要とされていく。そして、何時でもプラグインが可能なリアルタイム環境において、マルチ・プラットフォームから絶え間なく流れこむニュースを消費することで、人々は知見を高めたいと望む。オサマ・ビンラディンの捕捉と殺害は、未来におけるニュース消費の在り方について、私たちに重要な視点を与えたのかもしれない。

ーーーーー

ものすごく、面白い視点からの分析ですが、大きな意味でのコンテキストが不明確であり、良く分からないところがあるので、Agile_Cat なりの注釈を途中に加えました。冒頭の 『 あらゆるデータと、すべての情報を、むさぼり読むことになった 』という一節からして、そのような事なのだろうと推測しています。 (それとも、relative terms という用語で、分かる人は分かってしまうのかも?) このコンテキストについて、また、グラフの色使いについても不満がありますが、情報の伝搬という視点で、モバイル/タブレット/PC を比較するのは興味深く、また、素晴らしい調査だと思います。 こうした調査は、誰もが予想し得なかった大事件が、突発的に起こった時にのみ可能であり、その時点におけるインターネットと社会の関係を炙り出してくれます。 Agile_Cat では、June 29, 2009 の 『 Google と、Yahoo と、Bing に、マイケルがくれたもの 』 以来の出来事ですが、その時に比較されたものは検索エンジンの即応性でした。 それを考えるだけでも、インターネットと社会の関係が、この2年の間に変化している様子が見えてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

タブレットの伸びが、Gartner の予測を押し上げる
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!
モバイル Web トラフィックで世界を二分する Nokia と Apple

Facebook が目指す、リアルタイム分析のインフラとは?

Posted in Facebook, NoSQL by Agile Cat on March 8, 2011

How Facebook Is Powering Real-Time Analytics
By
Derrick Harris Mar. 4, 2011, 9:21am PT
http://gigaom.com/cloud/how-facebook-is-powering-real-time-analytics/

_ Gigaom

Facebook is working on a real-time analytics dashboard that will let users determine which content on their pages is getting the most attention from visitors. As described in an educational session on Wednesday night in Facebook’s Seattle office, the service, which tracks both impressions and actions  for plugins and newsfeeds, should be valuable to companies seeking to maximize the effectiveness of the marketing efforts on the popular social media site. However, the highlight of the session was the infrastructure underlying the forthcoming service.

Facebook が取り組んでる、リアルタイム分析ダッシュボードとは、ユーザーのページ上のコンテントの中で、何がビジターの注意を引き付けているのを、判断させるためのものである。 Facebook の Seattle オフィスで、水曜日(3/2)の夜に開催されたエデュケーション・セッションで説明されたように、 プラグインとニュースフィードに関する Impression と Action を追跡するサービスは、この人気ソーシャル・メディア・サイトにおける、マーケティング戦略の有効性を最大にしようとする企業にとって、貴重なものになるはずだ。 ただし、このセッションのハイライトは、この新しいサービスの基礎となる、インフラストラクチャに関するものであった。

image

クリックで動画ページへ ⇒

The session video gives plenty of details, but here are some highlights. The analytics service tracks about 100 different metrics; is built atop HBase, with support from two Facebook-developed tools called pTail and Puma; and it aims for less than 30 seconds of lag time, a goal it has met a majority of the time during testing. It’s interesting that Facebook is becoming such a big user of the Hadoop-based HBase database, but the company line thus far is that the Cassandra NoSQL database it developed a few years ago just can’t hang with HBase when it comes to reliability and performance. HBase also underpins Facebook’s recently launched “social inbox” feature.

このセッション・ビデオでは、たくさんの詳細情報が提供されるが、いくつかのハイライトも含まれている。この、分析サービスは、およそ 100種類の基準を追跡する。そして、Facebook が開発した pTail とPuma という、2つのツールによりサポートされ、また、HBase 上に構築される。さらに、タイム。ラグに関しては 30秒以内という目標をたて、タイム・テストの大半において、そのレベルが達成されているという。 Facebook が、Hadoop ベースの HBase データベースにおける、ビッグ・ユーザーになることは興味深い。しかし、これまでのところ、同社の方針は数年前に開発した Cassandra NoSQL データベースであり、信頼性と性能の話になると、 簡単に HBase へ移行できないとのことである。 HBase に関しては、最近に Facebook が立ち上げた、“social inbox” 機能を下から支えている。

ーーーーー

この分析というのは、Facebook Page(以前の Fan Page)に関するもので、現時点では、だいたい 2日~3日遅れで更新されているという感じです。 詳しい内容については、大元さんのブログをご参照ください。 とても丁寧に説明してくださっています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Facebook 探検隊: どのようなソフトウェアでスケールを達成しているのか
Facebook、Twitter、Digg などでの Cassandra の状況について
Facebook の Social Inbox は、単なる Email ではない!
Facebook のメッセージング・インフラを、再構築する立役者は HBase だ!
Facebook は 20分間で、2.7M Photos/10.2M Comments/4.6M Messages を処理する!

TOPSY の Twitter 分析 API は、5 億クエリー/月 を処理する!

Posted in API, Big Data, Twitter by Agile Cat on February 3, 2011

At a Half Billion Queries Per Month, Topsy Launches Twitter Trending Analytics
Daniel Luxemburg, January 31st, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/01/31/at-a-half-billion-queries-per-month-topsy-launches-twitter-trending-analytics/

_ ProgrammableWeb

clip_image001Topsy, a search tool based on real-time social media activity, has unveiled a new service called Topsy Social Analytics that tracks the rise and fall in popularity of specific pieces of online content as well as broader trends in online discussion. The analytics tool, like the Topsy API, uses publicly available data from Twitter to rank content and identify trends.

Topsy は、ソーシャル・メディアのリアルタイム・アクティビティに基づく、検索ツールを提供する企業である。 そして、Topsy Social Analytics という新しいサービスにより、広義なオンライン・ディスカッションの傾向と同様に、特定オンライン・コンテントの人気について、その増減を追跡すると発表した。 この 分析ツールは Topsy API に類似しており、パブリックに利用出来るデータを Twitter から取得し、コンテントのランキングや、傾向の識別を実現していく。

According to Topsy, the company focuses on such a rapid-fire communication medium because it “is the fastest growing source of information on the Web, with social graphs replacing PageRank as the new ’signal’ for identifying relevant content.”

こうした、矢継ぎ早に発せられるコミュニケーション・メディアは、Web 上で最も速く成長する情報ソースである。 そして、そこに Topsy がフォーカスするのは、適切なコンテントを識別する新しい「シグナル」として、「ソーシャル・グラフ」 が、これまでの PageRank をリプレイスしているという理由による。

Of course, that signal isn’t always entirely clear. Topsy sifts through data from Twitter, assigning influence weights to different users and taking spam accounts out of its tallies in order to get a clearer picture of what people are really linking to and talking about. That processing is at the heart of Topsy’s products. The information itself is free, available through Twitter’s API. But Topsy must be doing something to make it significantly more useful—the company is already serving 500 million requests each month, most of them through its own “Otter” API.

もちろん、それらのシグナルが、常に全体を明確にできるわけではない。 Topsy は、実際に人々がリンクし、話をしているものを明確にするために、まず、Twitter から得られるデータをフルイにかけ、続いて、それぞれのユーザーに影響力の指数を適用し、集計結果からスパムを取り除く。 こうした一連の処理が、Topsy プロダクトのコアとなっている。 そして、対象となる情報自身は、Twitter API 介して無償で入手できる。 しかし Topsy は、自社のサービスを有益なものにするために、なんらかの特別な処理を行なっているはずである。 つまり、同社は 5億リクエスト(月)に対応しているが、そこでは ” Otter ” という、独自の API が用いられている。

Some of the applications using the Topsy API treat the service like a search engine. For instance, one of the examples in Topsy’s list of featured Otter apps is “Social Media Fight“, which does nothing more than compare the number of hits two terms get, just like Google Fight years before it.

いくつかの、Topsy API を用いるアプリケーションは、検索エンジンのようなサービスを取り扱う。 実際に、Otter アプリケーションを活用する、Topsy リストのサンプルとして、“Social Media Fight“ というものがある。それは、たとえば、” Google Fight ” のような、2つのキーワードに関する、量的な比較のみを行う。

Other, more sophisticated implementations lean further towards the analysis end of Topsy’s functionality. HootSuite, a social media campaign management tool used by major brands and agencies, uses Topsy’s API to provide users insights into who influences who on Twitter.

その他にも、さらに洗練された実装モデルにより、Topsy の機能を用いた分析が実現される。 HootSuite は、主要なブランドや代理店により、広告キャンペーン管理ツールとして用いられるが、Twitter ユーザー間での影響力を分析するために、Topsy API を活用する。

Topsy’s new analytics product isn’t publicly available through an open API, but the site invites developers to get in touch with the company’s business development team about building integrations.

Topsy の新しい分析プロダクトを、オープンでパブリックなAPI を介して利用することはできないが、同社のビジネス・デベロップメント・チームに対して、デベロッパーから連絡を取るような方式が提供されている。

HootSuite or any other company that might make serious use of Topsy’s APIs could, of course, also just pull data directly from Twitter. But those companies would still be left with the task of processing the results into useful information, which is becoming a bigger and bigger job as Twitter’s user base grows. Topsy provides a layer between the raw tweets available from Twitter and organizations interested in what can be learned from that content collectively. It’s an interesting niche to fill and a testament to the expanding role of social web service APIs. The ecosystem is mature and active enough that it can maintain a services that exists as a layer between an API provider and consumers.

HootSuite などの企業は、Twitter からダイレクトにデータを引き出すために、Topsy の クラウド API に大きく依存している。 しかし、得られた結果から、有益な情報を取り出すためのプロセスが残されている。 この作業が、Twitter ユーザー数が増えるにつれて、ますます重要になっていくだろう。Twitter から取得される生のツイートと、コンテントの集合から生成される関心事の間に、Topsy はレイヤを提供する。 それは、局所的な関心事を充たすものであり、また、ソーシャル Web サービス API の役割が、急激に拡大していることの証明でもある。 このエコシステムは成熟しており、また、API の提供者と利用者を結ぶレイヤとしての、サービスを維持するために充分に機能している。

ーーーーー

Agile_Cat でも、右ペインの上の方に、TOPSY へリンクするバナーを貼っていますが、なかなか分かりやすい分析結果だと思っています。 こうした機能が強化され、さらに API を介して利用できるようになってくると、クラウドのメリットが明確になってきますね! ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
2011 年の クラウド API について、5 つのポイントを予想する
2倍に成長した 2010年の クラウド API – トレンドは Social と Mobile
Royal Pingdom が、クラウド API のベータ・テスターを募集!

%d bloggers like this: