Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

Posted in Advertising, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Mobile, Research, Social, Yahoo by agilecat.cloud on July 7, 2015
Facebook and Google are winning the app war
Matt Rosoff – Jun. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-and-google-are-winning-the-app-war-2015-6
 
_ Business Insider
 
 
Smartphone users spend more time with apps they’ve installed from Facebook and Google than with any other company, according to new research published today by Forrester.
 
Forrester の最新の調査(6/29)によると、スマートフォン・ユーザーたちは大半の時間を、Facebook および Google からダウンロードしたアプリで費やしており、その比重は他社を圧倒していることが分かる。
 
The company surveyed 2,000 smartphone owners between October and December 2014 to find out which apps they were using most. The poll excluded apps that ship with operating systems, so apps like Apple’s Mail, iMessage, Calendar, and Safari browser are not included.
 
Forrester は、2014年10月〜12月の間で 2,000人のスマホ所有者を対象とし、それらの人々が最も利用するアプリについて調査した。ただし、この調査では、たとえば Apple の Mail/iMessage/Calendar/Safari といった、OS にバンドルされているアプリは除外されている。(注記:ユーザーの意思で DL されたアプリを、対象にしているようです)
 
↓ クリックで拡大 ↓
Time Spend of Apps
Forrester
 
Of the apps they chose to download, users spent 13% of their total time in Facebook’s apps, and the bulk of that time (11.5% of total time spent) is spent doing social networking — probably Facebook’s main app and Instagram. The rest is split evenly between communication — most likely with messaging apps like Messenger and WhatsApp — and news reading, presumably through the main app.
 
それらのユーザーが、ダウンロードを選択したアプリの中では、Facebook のアプリ群が、全体における 13% の時間を占有している。Facebook アプリ群の内訳としては、ソーシャル・ネットワーキングが大半を占めているが(合計時間の 11.5%)、おそらく Facebook App と Instagram が、そのパーセンテージを占めているはずだ。メッセージング・アプリの内訳としては、Messenger や WhatsApp などが、その時間を均等に分割しているのだろう。また、ニュースに関しては、メインの Facebook App を介して消費されているはずだ。
 
Google has the second most-used collection of apps, taking up 12% of users’ total time. Most of this time (4.8% of total time spent) is on TV and video, presumably with YouTube.
 
このアプリ占有率の調査で、二番手となったのは Google であり、全体の時間における 12% を占めている。 その内訳だが、全体に対する 4.8% が TV や Video に関するものとなり、YouTube を介して消費される時間だと推測できる。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
research_55なんというか、異次元の強さを発揮する、Facebook と Google という感じですね。 文中にも注釈を入れましたが、あくまでも、ユーザーが意識的に、ダウンロードして利用しているアプリを、対象にした調査のようです。 したがって、たとえば iPhone 上の iTunes だけではなく、Android 上の Gmail なども、この調査の対象外になるのでしょうか? そのあたりのルールを、もう少し詳しく説明して欲しいですね。 そして、Facebook の強さに関してですが、「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という、先月のポストのことを思い出してしまいます。 なお、2011年2月の「Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間」という抄訳で紹介したように、この Top-2 が他を圧倒している状況が、もう4年以上も続いていることにも注目したいです。そして、最近は、Facebook App におけるビデオの利用時間が伸びており、新たなバトルが勃発という状況のようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った
 

Data Warehousing の調査: あの Bob Muglia が率いる Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む

Posted in Amazon, Big Data, Data Warehousing, IoT, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on July 6, 2015
Cloud-based Data Warehousing: Snowflake, Microsoft Azure and Amazon Redshift
Dick Weisinger – June 25th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-based-data-warehouse-snowflake-microsoft-azure-and-amazon-redshift/
_ formtek
Data warehousing traditionally required a company to extract and download huge volumes of data from various business software systems into a central repository for analysis.  The process to prep the data was slow which meant that the analysis was always run against data that was already partially stale.
 
データ·ウェアハウスの概念は、多様なビジネス·ソフトウェア·システムから、膨大なデータをダウンロードした後に、分析のためのセンター・リポジトリに展開するものとなる。 そして、それを実現する企業が、常に待ち望まれてきた領域である。つまり、データを準備するプロセスに時間がかかり、そこでの分析といっても、すでに意味を失ったデータまでが含まれてしまうという状況であった。
 
Vermeer_3But recently we’re seeing a new generation of data warehousing, one based on cloud computing.  This week saw the announcement of general availability of Snowflake.  Snowflake is a cloud-based data warehouse running on Amazon AWS.  The company is led by Microsoft veteran Bob Muglia.  Snowflake received $26 million in funding in October 2014 and has received another round of $45 million this past week.
 
しかし、最近は、クラウド·ベースのデータ・ウェアハウスが、新しい世代の到来を告げているようだ。今週は、Snowflake が、一般への提供が始まったと、アナウンスメントを発している。Snowflake とは、Amazon AWS 上で走る、クラウド・ベースのデータ・ウェアハウスのことである。そして、同社は、Microsoft で数々の実績を築きあげてきた、あの Bob Muglia により率いられている。なお、Snowflake は 2014年10月に $26 million のファンドを獲得し、さらに先週には、別のラウンドで $45 million の資金を得ている。
 
The Snowflake data warehouse is in direct competition with Microsoft’s Azure SQL Data Warehouse and Amazon’s Redshift cloud data warehouse.
 
もちろん、Snowfake のデータ・ウェアハウスは、Microsoft の Azure SQL Data Warehouse と Amazon の Redshift クラウド・データ・ウェアハウスに対して、ダイレクトなコンペを挑むものとなる。
 
What’s unique about Snowflake among the crowd of other recent data-focused startups is that it isn’t based on Hadoop and it was built from scratch with the cloud in mind. Features of Snowflake include:
 
このところ、データにフォーカスしたスタートアップたちが、かなりの勢いで登場してきているが、それらの中で Snowflake がユニークなのは、Hadoop をベースにしていない点である。つまり、クラウドを念頭に置いて、ゼロ・スタートで構築されているのだ。Snowflake の特徴とされる点は:
 
  • Native support for structured, machine-generated and semi-structured data
  • Scalability of data, workloads and users for multi-dimensional elasticity
  • Self tuning of data distribution and storage, and query execution
  • Security. Uses authentication, granular access control and data encryption
 
  • 構造化データ/機械生成データ/半構造化データを、ネイティブでサポート
  • データ/ワークロード/ユーザーをスケーラブルにすることで、多次元弾性を確保
  • データ配信/ストレージ/クエリー実行における、セルフ・チューニング
  • セキュリティ:ユーザー認証/緻密なアクセス・コントロール/データの暗号化
 
ーーーーー
On Monday誰が、何を、必要としているのかを、的確に理解している人が、自信作を世に問うというストーリーですね。 お久しぶりです、Bob Muglia さん。こうして、その後の活躍を知ることができて、とても嬉しい気分です。 そして、機械生成データをネイティブでサポートというのは、まさに IoT 時代のデータ・ウェアハウスという感じで、とてもイケていますよね。 Snowflake の活躍を期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Bob Muglia 氏の Microsoft 離脱に関する報道
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・
Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
 

Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Posted in Alibaba, Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on June 21, 2015
わずか2ヶ月で、こんなに変化するアジアのインフラに唖然・・・
 
_ cna-banner
 
ゴールデン・ウィーク明けに、Asia のデータセンター情報をまとめてみましたが、その後も続々と、インフラに関連する興味深いトピックが登場しています。そこで、今週は、5月と6月のクラウド/データセンター/サーバー動向についてトレースしていきたいと思います。その中には、対訳として Agile_Cat に掲載したトピックもありますので、まずは、それらを振り返ってみます。
 
At BeijingFlickr
Shreyans Bhansali
 
Cloud Asia News を立ち上げてから、すでに一年以上が過ぎていますが、中国人アナリストが分析するクラウド動向レポートを、初めて見つけたので訳してみました。 それは、Alibaba の勢いを説明するものであり、すでに同社は、世界の Top-3 を構成すると論じています。「5/19: 中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される」 いまでは、一般の中国人と疎遠になってしまった Google が、Alibaba にはじき出されたという感じですね。また、Allibaba は、グローバルでの展開を視野に入れた、Equinix との提携も進めています。「6/5: Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
 
ecomm-marketplace-active-buyersそして、どうしても気になるのが、同じコマース・サイトとしての規模の比較ですが、この 4月に Business Insiderが、両サイトにおけるアクティブ・サブスクライバーの数を、このようなチャートを用いて比較しています。その他にも、2014年8月の TechInAsia が「Alibaba と Amazon:両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!」というインフォグラフィクスを提供しています。
 
話は、鳴り物入りで始まった VCE の崩壊劇に飛びます。 つまり、VMware/Coiso/EMC 連合軍から Cisco が実質的に離脱したというトピックなのですが、そこに Quanta が一枚噛んでいるという、Taiwan からの興味深い情報です。「5/22: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?」こうした、グローバルでの勢力分布図を書き換えるような出来事の影に、ちゃんと台湾の大手が食い込んでいるのが印象的です。 そして Quanta の展開ですが、以下のトピックスを見る限り、より上位のレイヤまでを取り込んだ、ソリューション・ベンダーへの道を歩み始めたように感じますね。
 
5/04: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
6/17: Quanta to strengthen software R&D for enterprise server business
 
その他のデータセンター関連情報ですが、以下に示すとおり、Digital Reality の 進出が本格化し、Google が更なる投資を表明するなど、依然として Singapore ラッシュが続いています。しかし、その一方では、Apple が Foxconn と提携して、China 本土にデータセンターを構築すると発表しています。また、Open Data Center Alliance のボードに China Unicom と Infosys が参加するようですが、こうしたアジアの活気を見ると、当然のことなのでしょう。
 
5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
6/03: Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
6/14: Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
6/06: ODCA Welcomes Board Members from China Unicom, Infosys and Intel
 
以下は、この2ヶ月における、Asia のクラウド/データセンター/サーバー動向です。
 
5/18: Aliyun making inroads into Middle East, North Africa
5/21: China Unicom sets up cloud-based data centers
5/21: Alibaba to open more data centers in global cloud computing push
5/21: Singapore plans to build green data centre technology hub
5/22: Communications moves data centre offsite in $18m deal
5/23: IBM planning to set up second data centre in India
5/23: HP sells 51% stake in China server unit for $2.3 billion
5/25: Fujitsu Upgrading Australian Data Centers Starting With Perth
5/25: Big data, IoT to boost Taiwan’s information services sector
5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
5/27: DHS moves into new CDC data centre, from AU
5/29: Foxconn to continue expanding Big Data center in Guizhou
5/29: MacTel to sell Sydney data centre
 
6/2: Server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%
6/2: Unisplendour Acquires 51% Stake In H3C From HP
6/3: China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
6/5: 1-Net connects data centers in Asia, from SG
6/8: Wiwynn Adds Workload-Optimized Cavium ThunderX™-based Platforms
6/8: Aliyun Announces Global Partnership Program to Boost Public Cloud
6/11: NEC launches SDN-compatible switches for large data centers
6/11: Nutanix will go local for APAC, IPO for transparency
6/12: Shenzhen server maker Inspur targets HP’s clients in China
6/12: Fibre network outage affecting parts of Singapore resolved: NetLink
6/14: Chinese telecom firm Huawei supports Ghana’s ICT modernization
6/15: The ISPs take it all: No compensation for Vietnam’s snail-like Internet
6/19: NexGen Networks Works with iAdvantage to Build a Hong Kong Point
 
以下は、今週の Top-10 Posts です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/15: Singtel joints Alibaba cloud computing alliance
 
Singapore
Singaporean government-linked corporations are notable for their investments and dealings abroad, as well as their portfolio management methods, which are held up as models for state-owned enterprises.  State-owned Temasek Holdings, for instance is often noted has been the subject of an NUS-CIMA study.  Meanwhile, GIC has been the subject of much research often focused on sovereign wealth funds. Singtel has joined a network of partnerships led by Intel and Alibaba Group, while GIC is sourcing for more investment opportunities in West Bengal. In the energy sector, the Singapore-listed Ezra Group has secured contracts worth $115 million.
 
② 6/15: Australia’s internet hit hard by massive Malaysian route leak
 
AustraliaA misconfiguration at Telekom Malaysia late last week caused large-scale routing issues which cascaded through providers in Oceania and elsewhere in the world, resulting in customers experiencing severe network problems. The issue started at at 6:43pm AEST last Friday when Telekom Malaysia made changes to its routers using the border gateway protocol (BGP), which is used by providers and networks to decide how data traffic flows via prefixes inserted into the internet routing table.
 
③ 6/14: Yahoo mobile developer conference to be held in India
 
IndiaNEW DELHI: Yahoo announced that it will host its mobile developer meet in New Delhi on June 24 and in Bengaluru on June 26.  Jarah Euston, vice president of analytics and marketing at Flurry (owned by Yahoo), said: “India has a vibrant, rapidly growing app developer community. As a mobile-first company, we understand the need for app developers to have a strong mobile analytics and monetization engine.”
 
④ 6/17: Microsoft Azure & Office 365 achieve Level 3 of Singapore’s security standard
 
SingaporeMicrosoft’s Azure platform and Office 365 have achieved, Level 3, of the Multi-Tier Cloud Security (MTCS) Standard for Singapore (SS 584) which has been designed for regulated organizations with specific requirements and more stringent security requirements. Microsoft’s Dynamics CRM Online has also been assessed and certified as complying with Level 2 of MTCS SS, which is designed to address the needs of most organizations running business critical data and systems through a set of more stringent security controls to protect business and personal information in potentially moderate impact information systems using cloud services.
 
⑤ 6/18: TCS and IBM lead race for Volvo’s $500 million IT contract
 
IndiaBENGALURU: Tata Consultancy Services and International Business Machines have emerged as frontrunners in the race to win Swedish truckmaker AB Volvo’s IT outsourcing contract, worth about $500 million, according to people familiar with the matter. As part of the deal, which is expected to stretch over three to five years, Volvo will outsource its IT business unit, they said, adding that HP and Infosys are among the other firms being evaluated. Volvo may give out business worth at least $100 million a year as part of this deal, they said, requesting anonymity.
 
⑥ 6/12: Penang is on its way to becoming the Silicon Valley of the East, and IoT is how
 
MalaysiaIt is almost lunchtime when I step into Suntech Tower, an unspectacular office building which is home to several high-flying Penang startups. As is typical here, the afternoon sun is scorching, so the cold air-conditioning that greets me as I enter is a welcome reprieve. Today, I am here to visit Piktochart, whose infographic design app is arguably one of the Malaysian state’s most accomplished startups to date. It boasts 2.7 million users, of which 300,000 are active monthly.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 6/16: Telin Singapore launches telco hub
 
IndonesiaTelekomunikasi Indonesia International (Telin Singapore) has started construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Center Park (DCP) in Jurong. This new facility will be the third datacenter owned and managed by Telin Singapore. To be branded as Telin-3, it will address the growing demand for premium datacenter services to support Singapore’s Smart Nation vision. It will also address demand from the region and global markets where Telin Singapore is able to play a pivotal role in providing reliable, secured and seamless regional and global telecommunications connectivity services.
 
⑨ 6/17: China to implement semiconductor investment plans with CNY600B in funding
 
ChinaChina has begun to implement its investment plans aiming to boost development of the local semiconductor industry, and will inject a total of CNY600 billion (US$19.4 billion) into the industry over the next five years, according to industry sources. Almost 70% of the investment fund will be poured into the IC manufacturing and equipment sectors, with a focus on promoting locally produced logic chips, DRAM and NAND flash memory, said the sources. A group of logic chipmakers led by Semiconductor Manufacturing International (SMIC) has benefited from the first phase of investment, the sources observed.
 
⑩ 6/14: NTT Com Named as a Leader in APAC Managed Security Services 2015 byIDC
 
JapanNTT Communications announced today that it has been positioned as a Leader in International Data Corporation’s (IDC) first ever “IDC ITMarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2015 Vendor Assessment” report. The IDC ITMarketScape represents a vendor assessment including both quantitative and qualitative characteristics that define success in today’s managed security services market. IDC evaluated 16 organizations that offer managed security services (MSS) in Asia/Pacific by conducting in-depth interviews with MSS providers and more than 20 interviews with providers’ customers.
 
ーーーーー
cna_6この Top-10 にも入っていますが、インドネシアにおけるテレコムの動きが活発になってきているようです。 インフラに関しては、つまり、データセンターに関しては、シンガポールのファシリティを利用するケースが多いようです。 このインドネシアも、たいへんな数のモバイル・サブスクライバーを抱えていますので、それに対応すべく、データセンターへの投資が盛んになってきています。_AC Stamp
 
6/07: Telkom builds 3rd data center in Singapore, from Jakarta
6/08: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
6/16: Telin Singapore launches telco hub
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
 

Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Google by agilecat.cloud on June 3, 2015
Google to build second Singapore data centre
Pushes regional data centre investment to US$1 billion.
Brendon Foye – Jun 2, 2015 3
http://www.itnews.com.au/News/404741,google-to-build-second-singapore-data-centre.aspx
 
_ it news
 
Google will build a second data centre in Singapore next-door to its existing facility, with plans to have the centre operational by mid-2017.
 
Google は、Singapore における既存のファシリティに対して、2番目のデータセンターを加え、2017年半ばまでに運用を開始する計画のようだ。
 
The compGoogle SG DCany’s first Singaporean data centre was opened in 2013 at an estimated cost of US$120 million (A$156 million).
 
同社における最初の Singapore データセンターは、2013年にオープンしているが、その構築コストは US$120 million (A$156 million) ほどだと推定されている。
 
The new data centre will bring Google’s investment in its Singaporean infrastructure to US$500 million, and investment in Asia to US$1 billion.
 
そして、今回の新データセンターにおいて Google は、Singapore のインフラ事業に対して US$500 million の、また、Asia に対しては US$1 billion の投資を行うことになる。
 
In a blog post today, Google vice president of data centres Joe Kava said the facility would use 100 percent recycled water for its critical operations.
 
Google の VP of Data Center である Joe Kava は、このファシリティを運用する上で、100% の再生水を使用することが重要になると、今日のブログ・ポストで述べている。
 
The facility will boast multiple levels and will sit on around two hectares of land, directly next to the existing three-story facility.
 
このマルチ・レベルのファシリティは、2ヘクタールの用地内に構築され、すでに運用している 3階建てのファシリティとダイレクトに接続される。
 
Google has 13 data centres globally, across the US, Europe and Asia.
 
なお、現時点において、Google は US/Europe/Asia に 13ヶ所のデータセンターを有している。
 
The new Singapore facility is the second to be announced by Google in the last year – the company is spending A$870 million on a new centre in The Netherlands.
 
この、新しい Singapore ファシリティが、昨年に Google が発表していた、もう1つのデータセンターである(同社は、A$870 million を費やすデータセンターを、昨年から Netherlands で構築している)。
 
Google has so far resisted the pull from Australia to set up shop down under.
 
これまでの Google は、南半球にデータセンターをという、Australia からの呼びかけに対して、抵抗感を示している。
 
Such a move would follow the lead of Microsoft, Amazon Web Services and IBM, who have all started offering their products from local facilities in the past few years.
 
このような動きでは、Microsoft/AWSIBM などにリードに許すことになる。 なぜなら、それらの企業は、この数年の間で Australia のファシリティから、それぞれのプロダクツを提供し始めているからだ。
 
Google’s main competitor in the enterprise space, Microsoft, migrated Office 365 to Australian data centres earlier this year. The company also gave customers the option to move existing CRM Online customers to locally-based data centres.
 
たとえば、エンタープライズ分野で Google と競合する Microaft は、今年初めに Office365 を、Australia のデータセンターへに移行している。さらに同社は、すでに顧客が運用している CRM Online を、国内のデータセンターに移行するためのオプションも提供している。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
datacenter_55このトピックに関しては、Data Center Knowledge も取り上げています。 いつもなら、そちらの方を訳すのですが、文中の最後の部分が気に入ったので、この IT News の記事を選びました。オーストラリアには、Google DC を誘致しようとする政府 (おそらく) と、プレッシャーをかけようとするメディアがいるのですね。 なんというか、羨ましいです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される

Posted in Alibaba, Asia, Data Center Trends by agilecat.cloud on May 21, 2015
Alibaba, Amazon, Microsoft main players in cloud market: columnist
Staff Reporter – May 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150519000037
 
_Want China Times
 
Amazon, Microsoft and Alibaba are set to become the three leaders in the global cloud computing market, according to Chinese columnist Liu Kuang.
 
China のコラムニスト Liu Kuang によると、グローバルのクラウド・コンピューティング市場における Top-3 は、Amazon/Microsoft/Alibaba になっていくという。
 
Alibaba’s Aliyun cloud division recently set up operations in Silicon Valley in California and in Dubai, while rival cloud computing services, Amazon Web Services and Microsoft’s Azure, are expanding in China, Liu said.
 
最近のことだが、Alibaba の Aliyun クラウド部門は、Silicon Valley, California と Dubai で、その運用を開始している。その一方で、クラウド・コンピューティング・サービスのライバルである、Amazon Web Services と Microsoft Azure は、China での活動を拡大していると、Liu は述べている。
 
Alibaba_Binjiang_ParkAliyun, which controls nearly 25% of the cloud computing market in China, is the market leader in China and the main obstacle to the expansion of Amazon and Microsoft there, Liu said.
 
China におけるクラウド・コンピューティング市場の約 25% を占めている Aliyun は、同国におけるマーケット・リーダーであり、また、Amazon と Microsoft の進出を阻む最大の要因にもなっていると、Liu は発言している。
 
Aliyun has 1.4 million clients in China, outnumbering Amazon Web Services’ 1 million around the world, and the Chinese company’s partnership with over 10 provincial governments and key government agencies at home helps solidify its position, Liu said.
 
Aliyun は China において 140万のクライアントを有しており、グローバルで 100万と言われる Amazon Web Services を上回っている。そして、同国内の 10 以上の省政府および、政府における主要機関と提携することで、この China 企業のポジションは強固なものにしていると、Liu は言う。
 
Moreover, Aliyun is the first cloud computing company to offer clients services built on single clusters of 5,000 servers, which provide faster processing speeds, Liu added.
 
また、Aliyun は、5000台以上のサーバーで構成される、シングル・クラスター上にクライアントのサービスを構築する、最初のクラウド・コンピューティング企業であり、きわめて高速な処理を提供していると、Liu は付け加えている。
 
This year, Aliyun is expected to expand the number of its data centers around the world from seven to 12, a pace of expansion rarely seen anywhere in the world, Liu said.
 
今年の Aliyun は、グローバルにおいて 7ヶ所〜12ヶ所のデータセンターを、そのインフラに加えていくと予想されるが、そのペースたるや世界に類を見ないものであると、Liu は言っている。
 
Aliyun’s latest data center set up in Dubai under a partnership with local company Meraas Holding will help the Chinese company make inroads in the Middle East, which is projected by market researcher IDC to be the world’s second-fastest-growing market in information and communication technology this year.
 
Dubai における Aliyun の最新データセンターは、ローカル企業である Meraas Holding とのパートナーシップの下構築され、China 企業の Middle East 進出を推進するものとなる。市場調査会社である IDC の推測によると、2015年における情報通信テクノロジー市場の中で、この地域は世界で2番目の成長力を示しているという。
 
The global expansion of Alibaba’s e-commerce platforms, Taobao and TMall, will also bring Aliyun to more overseas markets, Liu said.
 
Alibaba の e−コマース・プラットフォームである Taobao と TMall のグローバル展開に伴い、Aliyun の海外進出も活性化すると Liu は言う。
 
Aliyun’s expansion is not without challenges, however, especially restrictions imposed on foreign companies by different governments. Alibaba chair Jack Ma will need a diplomatic approach to address the issue, Liu said.
 
Aliyun の拡大には、それぞれの政府による外資への規制などがあるため、いくつかの課題が残されている。したがって、Alibaba のチェアである Jack Ma は、外交的なアプローチにより問題に対処していくことが必要になると、Liu は述べている。
 
Amazon, which has built its cloud computing service in over 100 markets around the world through the expansion of its retail operations, is Aliyun’s main rival, Liu suggested. With a 28% share of the US market, Amazon has 28 data networks in 11 countries and nearly 2 million servers.
 
Amazon はリテール事業の拡大を通じて、グローバルにおける 100以上のマーケットで、そのクラウド・コンピューティング・サービスを構築し、Aliyun の最大のライバルとなっていると、Liu は示唆する。具体的に言うと、US 市場で 28% のシェアを持つ Amazon は、28 のデータ·ネットワークと 200万のサーバーを、世界の 11カ国に展開している。
 
But Amazon is facing growing competition from later comers such as Google, Aliyun and Microsoft that are seeing faster growth than the online retailer, Liu said.
 
しかし Amazon は、同社よりも速く成長している、Google/Aliyun/Microsoftといった、新たな参入者との激しい競争に直面していると、Liu は言う。
 
On the other hand, Microsoft, which quickly established its Azure service by converting existing server operations, is set to encounter challenges because of high costs and the company’s lack of innovation in cloud computing technology, Liu contended.
 
その一方で、Microsoft はというと、すでに運用されているサーバーの、Azure Services への転換を、迅速に進めつつある。しかし、クラウド・コンピューティングにおけるコストの問題と、テクノロジー・イノベーションの遅れという問題に直面していると、Liu は主張している。
 
ーーーーー
Asia Pacificたしかに、「2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する」というポストで紹介したように、Alibaba の規模はかなりのものです。そして、中国のコラムニストの発言を訳したというのは、今回が始めてのことですが、この Liu Kuang さんの強気も、かなりのものです。 しかし、クラウドが規模の経済の上に成り立つなら、この中国企業は、相当な成長力を秘めていることになります。 なんといっても、中国には 13億人のモバイル・ユーザがいて、その約半分が 3G/4G に移行しているのですから・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、iOS を追い越した!

AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定している!

Posted in .Chronicle, Alibaba, Amazon, Businesses, Research by agilecat.cloud on March 31, 2015
Amazon Web Services will lose money on $6.6 billion in revenue this year, says analyst
Matt Rosoff – Mar. 30, 2015
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-will-lose-money-on-66-billion-in-revenue-this-year-says-analyst-2015-3
 
Business-Insider.png
 
Amazon’s cloud computing business is growing fast and will grow from $4.6 billion in revenue in 2014 to $6.6 billion in 2015 and $9.2 billion in 2016, according to estimates by Citi.
 
Amazon のクラウド・コンピューティング事業だが、Citi の推計によると、2014年の $4.6 billion から、2015年の $6.6 billion へ、そしてさらに、2016年の $9.2 billion へと、その売上高を急成長させていくようだ。
 
what-is-awsBut its margins are razor-thin — Citi estimates it lost $123 million in 2014, and will earn only $69 million by 2016.
 
しかし、そのマージンはカミソリのように 薄い。 同じく Citi は、2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎないと推定している。
 
Amazon Web Services helped kick off the cloud computing revolution, where companies use online services for basic computing infrastructure like data storage and processing power, rather than relying on big banks of computers in their own data centers. AWS is widely considered to be the largest player in the market, ahead of Google, IBM, Microsoft, and others, but Amazon has never revealed exactly how big it is.
 
Amazon Web Services は、クラウド・コンピューティング革命を引き起こした存在である。それにより、ユーザー企業は、自身のデータセンター内にコンピュータを大量に配置するのではなく、基本的なコンピューティング·インフラであるデータ・ストレージやプロセシング・パワーを、各種のオンライン・サービスに委ねるようになった。AWS は、このマーケットにおける最大のプレイヤーであり、Google/IBM/Microsoft などに対して先行していると認識されているが、その正確な事業規模に関して、Amazon は明らかにしていなかった。
 
Now, Amazon is going to start breaking out AWS results in its Q1’15 earnings report, which is expected to come in late April.
 
しかし、ようやく Amazon は、4月下旬に開催される予定の 2015年 Q1 収益報告会で、AWS における収支を公開するようだ。
 
aws-revenue-margin-expected-citiCiti research
 
To come up with its estimates, Citi used prior comments from Amazon’s management, published financial information about cloud competitors like Rackspace, and other information from Amazon’s earnings reports. It believes AWS’s margins are lower than competitors because of “aggressive price cuts, heightened investment, and public cloud offering (which typically carries lower margins than private cloud services).”
 
そこでの数字を予測するために Citi が利用したのは、Amazon 首脳による以前のコメントや、Rackspace などのクラウドで競合する相手の公表財務情報、そして、Amazonの収益レポートから情報などである。そして、AWS は、積極的な価下げや、多大な投資を行い、また、パブリック・クラウドという特性を持つため(プライベート・クラウドとの比較という意味)、競合他社よりもマージンが低いと捉えている。
 
Amazon will also break out retail revenues in North America and the rest of the world (“International”). Here are Citi’s estimates for all three segments:
 
しかし、Amazon は、North America と International で、そのリテール・ビジネスを急成長させている。 上記のチャートが示すのは、Amazon の三事業に関する、Citi の推定値である。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aたまたまですが、昨日はプライベート・クラウドの難しさに関する抄訳をポストしましたが、その反対に、いまのパブリック・クラウドは、利益を度外視しても、シェアを確保しなければならないという、難題に立ち向かっているという感じですね。そして、プライベートを標榜する企業が、いずれはパブリックに流れてくると確信しているのでしょう。 攻める側も、守る側も、ぎりぎりの線で戦っているのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?

今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

Posted in Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on March 21, 2015
新参入の Century Link と、充実の Equinix、そして インドに参入する Xiaomi ・・・
 
cna-banner
 
この 3月は、Alibaba のアメリカ進出があり、その他のクラウド/データセンター関連トピックが、影に隠れてしまったという感じです。 しかし、欧米勢のアジア進出も活発であり、昨日には「Equinix opens flagship DC in Singapore」というニュースが報じられていました。また、「CenturyLink expands its public cloud platform to Asia-Pacific region」に記されているように、ついに Century Link のアジア進出が始まるようです。
 
Equinix人の大勢いるところにはモバイルがあり、モバイルが沢山あるところにはクラウドがあり、クラウドが大規模に展開されるところにはデータセンターが作られる、、、という、きわめて理にかなった順序で、アジアのデータセンター需要が、さらに猛烈に加速している感じがします。 そして、あちらこちらで暴れ回る Xiaomi ですが、「Xiaomi to set up data centre in India by June」に記されているとおり、ついにインドにもデータセンターを構築するようですが、「No data centre in India: Amazon Web Services」というふうに、Amazon は慎重な姿勢を貫いています。
 
3月に入って 3週目ですが、そのほかにも、以下のようなクラウド/データセンター・トピックスに溢れている APAC です!
 
3/4: Australia Post completes data centre overhaul
3/6: Equinix’s Melbourne data centre to open in weeks
3/6: Worldwide server market grew 4.8% in shipments, Gartner
3/6: Mitac expected to see growing cloud computing sales in 2015
3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
3/11: IBM Launches Second Cloud Center in Australia
3/12: NextDC betas open DC management tool
3/16: Inside AusPost’s switch to active-active data centres
3/17: How Telstra axed modular from Clayton data centre design
3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
3/18: Scale wins in Aussie race for cloud racks
3/20: Taiwan white-box server makers land orders from Apple
3/21: Public cloud provider expands managed services in Asia
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/9: 2015 MWC highlights Galaxy S6, IoT and 5G
KoreaBARCELONA, Spain ― Korea’s mobile carriers SK Telecom, KT and LG Uplus are being urged to cooperate with each other to team up with other overseas carriers in order to enjoy “first-mover” advantage in the race to set up standards for fifth-generation (5G) wireless technology. The 2014 Mobile World Congress (MWC) featured the benefits of 5G over today’s long-term evolution (LTE) tech, the Internet of Things (IoT), Samsung Electronics Galaxy S6, LG’s stylish smartwatch and products for augmented reality.
 
② 3/5: Banking Technology vendors likely beneficiaries of E-Commerce boom
IndiaIt may not be a windfall gain but definitely signals an increase in potential business opportunity. The rise in e-commerce and e-commerce driven transactions has meant a significant jump in banking transactions. Numbers clearly validate this story. Industry-wide data provided by the Reserve Bank of India (RBI) website suggests that outstanding credit card loans stood at Rs.30,300 crore as on 31 December 2014, up 24% from Rs.24,400 crore a year ago.
 
③ 3/11: First city-wide dashboard launched in India
IndiaChennai in India has just launched the country’s first city-wide digital dashboard, and plans to open it to residents in two to three months. The dashboard gives the city’s officials easy access to data that earlier took months to collect and format, said Satyarupa Sekar, Project Director of the Chennai Data Portal and Dashboard project, according to local media.
 
④ 3/18: ST Telemedia completes land acquisition for Singapore data centre
SingaporeSINGAPORE: ST Telemedia on Tuesday (Mar 17) announced that it has completed the acquisition of land to develop its flagship data centre facility in Singapore. The communications, media and technology investor said the land is located at Defu Lane and is in close proximity to mature data center clusters. The 150,000 square feet facility will be built with the highest Tier-III industry standards, as well as other building certifications such as LEED and BCA-IDA Green Mark.
 
⑤ 3/15: OnePlus to launch OnePlus Two smartphone with 4GB RAM
ChinaNow the company has announced the successor of OnePlus One named ‘OnePlus Two’ priced at USD 538. One Plus Two feature a 5.5-inch full HD LTPS display with 2,560 X 1,440 pixels resolution. The device is be clocked at Snapdragon 810 processor with 4GB RAM. Rumours suggests that smartphone will run on Google’s Android 4.4 KitKat Operating System, while some are speculating that it will run on company’s custom platform.
 
⑥ 3/5: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
TaiwanChina-based Alibaba Group has said it plans to set up a NT$10 billion (US$319 million) non-profit venture capital fund in Taiwan to finance local young entrepreneurs to build up a business on its e-commerce system. The funding also aims to assist local youths develop and market related products and services to China via Alibaba, the Internet service company said in a statement.
 
⑦ 3/16: NAB director Geraldine McBride defines new banking technology future
AustraliaNational Australia Bank director Geraldine McBride is the poster child for a new breed of board member: she’s a technology-savvy futurist and digital strategist. Her role in NAB’s historically staid boardroom is to identify the technological trends taking over its customers’ lives. She is steering the bank through the waves of technological disruption washing over the sector, leading it into “a new, personalised, experienced-based economy,” as she describes it.
 
⑧ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu. According to the Nikkei article, Itochu has taken an 18% stake in the lending company, so the latter’s market cap is valued at over 1 billion yen ($8.4 million).
 
⑨ 3/11: Xiaomi’s updated budget smartphone, Redmi 2, launches in Singapore
SingaporeWhile Xiaomi’s budget Redmi 2 is hotly anticipated in India, its launch in Singaporetoday was somewhat muted in comparison, with very little fanfare. Xiaomi’s Redmi 2 retails at S$169 (US$122) in Singapore. Put side-by-side with its predecessor, the Redmi 1S, it will seem like nothing much has changed on the surface. Despite being slightly lighter and thinner, it sports the same 4.7-inch IPS HD display and 720×1,280 pixel screen resolution as the 1S.
 
⑩ 3/2: Singapore startup Skoolbo out to boost education for millions worldwide
SingaporeSINGAPORE startup Skoolbo said its game-based education platform, which runs on Microsoft Corp’s Azure PaaS (Platform-as-a-Service) offering, has reached more than five million students in 22,000 schools globally over the past 12 months. Skoolbo aims to improve learning experiences, particularly in English and Mathematics, among children aged four to 10, Microsoft said in a statement.
 
ーーーーー
cna_6この、「Huawei debuts new CloudMall data center solution with Baidu」と「ZTE launches the cloud data center uSmartDC Solution」という2つのポストは、冒頭で紹介したトピックと比べると、ちょっと異色な感じがします。 この分野における中国巨大企業が、揃いも揃ってクラウド・ソリューションに乗り出してくるようです。 おそらく、中国のクラウド企業も二極化されていて、この Huawei と ZTE のような国策を推進するための事業者と、Alibaba や Xiaomi のような外貨を得るための事業者が、それぞれのポジションに応じた戦略を展開しているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?

Posted in .Chronicle, .Selected, Alibaba, Amazon, Asia by agilecat.cloud on March 4, 2015
Alibaba’s cloud computing service launches in US, wants to rain all over Amazon
Steven Millward – March 4, 2015
https://www.techinasia.com/alibaba-cloud-computing-service-launch-america-challenges-amazon-aws/
 
_ tech in asia
 
Alibaba’s cloud computing service is expanding outside of China for the first time. Alibaba today announced that its Aliyun platform, which started in China in 2009, is now adding a data center filled with servers in Silicon Valley and going after businesses who need cloud horsepower across the US.
 
Alibaba のクラウド・コンピューティング・サービスが、初めて China から外へと飛び出す。 今日 (3/4) Alibaba は、2009年に中国で立ち上げた Aliyun プラットフォームに関して、Silicon Valley のデータセンターにサーバーを詰め込み、アメリカでクラウド・パワーを強化する事業者の後を追いかけるかたちで、そのビジネスを開始すると発表した。
 
Yu Sicheng, vice president of Alibaba’s Aliyun division (“yun” means cloud in Chinese) and head of its international business, says in today’s announcement (on the company’s blog) that US-based servers are just the beginning. By the end of the year, the enterprise cloud service is planning to expand to Southeast Asia and Europe.
 
Alibaba における Aliyun 部門の VP であり( Yun は雲 )、Head of International Business も兼務する Yu Sicheng は、今日のアナウンスメントとして、US ベースのサーバーは始まりに過ぎないと、同社のブログで述べている。そして、今年の終わりまでに、Southeast Asia と Europe にエンタープライズ・クラウド・サービスを拡大する計画だとしている。
 
GoldenGateBridgeAliyun will compete head-on with Amazon Web Services (AWS) to offer enterprises remote computing power (like AWS EC2). At a later date Aliyun will add in web storage as well (to be called OSS), meaning that the Chinese firm will also compete against AWS S3, Microsoft Azure, and Google App Engine.
 
エンタープライスに対してリモートでコンピューティング・パワーを提供するという意味で、Amazon Web Services(AWS EC2 など)と真っ向から競合することになる。これからの Aliyun は、Web ストレージ(OSS と呼ばれる)も追加していくことになる。つまり、この China 企業は、AWS S3 や、Microsoft Azure、そして、Google App Engine とも競合していく。
 
Keeping data away from Chinese authorities
 
To allay fears of China’s government accessing data through Chinese servers, Alibaba says that US companies and startups that use the service will be served only by the Silicon Valley data center.
 
ただし、北京政府が China のサーバーを介して、データにアクセスするのではという、不安を和らげる必要がある。そのために Alibaba は、対象となるサービスは Silicon Valley のデータセンターだけに保存されると、US のエンタープライズやスタートアップたちに宣言している。
 
Alibaba’s cloud platform already competes with the likes of AWS in China. Aliyun’s Chinese data centers are in Beijing, Hangzhou, Qingdao, Hong Kong, and Shenzhen.
 
Alibaba のクラウド・プラットフォームは、China の AWS とも言えるサービスと、すでに競合を開始している。 Aliyun の China データセンターは、北京/杭州/青島/香港/深センに配備されている。
 
“For the time being, we are just testing the water,” Yu said today. That means Aliyun will focus first on Chinese companies doing business in the US. “We know well what Chinese clients need, and now it’s time for us to learn what US clients need,” he added.
 
今日の時点で、「 さしあたって、私たちがチェックしているのは、水道水くらいのものだ 」と、Yu は述べている。つまり、Aliyun が最初に狙っているのは、US 国内でビジネスを展開している、China 企業などである。 そして、彼は、「 私たちは、China のクライアントが必要とするものを知っている。 そして、いまは、US のクライアントが必要とするものを、学習するための期間である」と、付け加えている。
 
To prove that Alibaba’s cloud service can take the strain, the company points to China’s crazy web shopping day on November 11. During the last November 11 shopfest, Aliyun held up Alibaba’s Taobao and Tmall estores under the strain of 80,000 orders per second. Last year’s sales hit a new record as China’s web shoppers spent a total of US$9.3 billion on Alibaba’s two stores in just 24 hours – more than the entire US spends on every single ecommerce store during Cyber Monday.
 
China のクレイジー Web ショッピング・デイである、11月11日のことを Alibaba は指し示し、同社のクラウド・サービスが、ストレスに強いことを証明している。昨年 11月11日にショップが賑わう中、Alibaba と Tmall のオンライン・ショップにおける、毎秒 80,000 件という注文を、Aliyun は支えてきた。この日の 24時間で、Alibaba の 2つの Web ショップは US$9.3 を売上げ、China における記録を塗り替えた。その金額たるや、Cyber Monday における、全 US eコマースの売上よりも大きいのである。
 
Editing by Paul Bischoff; image by Daniel Hoherd
 
ーーーーー
Asia Pacificついに、来るべきものが来ましたね。 水面は穏やかそうにも見えても、激しい水流が渦巻いているアメリカのクラウド市場ですが、そこに真上からドボンと、大きな岩が転げ込んできたような騒ぎになるのでしょうか? 観客席からだと、これほどの見ものはありませんね。 これからの数ヶ月、そして数年の間に、どのような変化が起こるのか、目を皿のようにして、追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba と Amazon : 両社をインフォグラフィクスで比較する!
Xiaomi が北京から脱出:海外ユーザーのデータは 海外 DC へ!
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年末には 2.5億人になる?
 
 
%d bloggers like this: