Agile Cat — in the cloud

U.S. Air Force 様、iPad 2 x 18,000 台の ご契約を有難うございます

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Weekend by Agile Cat on March 4, 2012

Air Force Gives $9 Million Award for as Many as 18,000 iPads
http://wp.me/pwo1E-3Z1
By Brendan McGarry – Mar 3, 2012
http://www.bloomberg.com/news/2012-03-02/air-force-grants-9-million-award-for-as-many-as-18-000-ipad2s.html

image

The U.S. Air Force awarded a $9.36 million contract to buy as many as 18,000 Apple Inc. (AAPL) iPad 2s in one of the military’s largest orders of computer tablets.

U.S. Air Force は、約18,000 台の iPad2 を Apple から購入するために、$9.36 million の契約を与えた。それは、米軍が利用するタブレット・コンピュータとして、最大の発注規模となる。

Air Mobility Command announced the award today to Executive Technology Inc., a Phoenix-based computer services company, Captain Kathleen Ferrero, a military spokeswoman, said in a telephone interview. Taking a cue from commercial airlines, the service will use the tablets to replace the bags of paper manuals and navigation charts carried by pilots and navigators.

今日のことだが(3/3)、Air Mobility Command は、Phoenix ベースのコンピュータ・サービス会社である Executive Technology Inc と契約を締結したと、軍のスポークスマンである Captain Kathleen Ferrero が電話インタビューに答えた。 民間航空会社の例に習って、今回のタブレットを活用するサービスにより、パイロットとナビゲータがバッグに入れて機内に持ち込む、紙ベースのマニュアルと航路図が置き換えられるだろう。

image“Aircrews fly nonstop worldwide missions and require access to flight publications both on and off the aircraft, throughout all phases of flight,” Ferrero said in an e-mail. The so-called electronic flight bags will help crews operate more effectively and safely, and support the Pentagon’s efficiency goals, she said. Air Mobility Command, based at Scott Air Force Base in Illinois, provides transport and refueling services to the U.S. military using C-5, C-17 and C-130 cargo planes and KC-10 and KC-135 tankers.

「エアー・クルーはノンストップの世界を飛び回るというミッションを有し、また、フライトにおける全ての局面において、機体に関する情報に、断続的にアクセスしなければならない」と、Ferrero は電子メールで発言している。 したがって、エレクトリック・フライト・バッグというものが、クルーによる操作の効率と安全性を高め、また、Pentagon における効率化という目的もサポートするだろうと、彼女は言う。 Illinois の Scott Air ForceBase を本拠とする Air Mobility Command は、C-5/C-17/C-130 といった貨物機と、KC-10/KC-135 などの空中給油機を用いて、米軍に輸送と給油のサービスを提供している。

The type of iPad the command is buying retails for $599, Ferrero said. The Air Force would buy it at a discount for about $520 a device, she said. The product comes with wireless connectivity and 32 gigabytes of memory, she said.

その部隊が購入する iPad は、$599 で一般に販売されているものだ。そして Air Force は、1台あたり $520 程度のディスカウント価格で購入することになる。なお、そのプロダクトは、ワイヤレス接続と、32 GB のメモリを持つものとなると、彼女は発言している。

Funding Requests

The contract allows the Air Force to buy as many as 18,000 of the devices within a year of the award date, which was yesterday, Ferrero said. “That doesn’t necessarily mean we’ll purchase all 18,000,” she said. “It’s contingent upon funding requests and approval.”

今回の契約により Air Force は、買付日から 1年以内に約 18,000 台を購入できるが、それは昨日から開始されていると、Ferrero は発言している。 「 ただし、必ず 18,000 台を購入するという意味ではない。 それは、資金に関する要請と認可に依存する」と Ferrero は言う。

clip_image001The Air Force has already bought 63 iPad 2s from Executive Technology, Ferrero said. The devices will be delivered within 30 days and undergo testing, she said.

すでに Air Force は、Executive Technology から 63台の iPad 2 を購入している。 それらのデバイスは、30日以内に納品され、テストされると、彼女は付け加えている。

The competition drew 24 proposals from interested companies, Ferrero said. She wouldn’t name the companies or say whether Cupertino, California-based Apple responded to the request. The command’s decision was based in part on the lowest- priced offer, she said. “It was open to everybody,” she said. “We weren’t going to any specific vendor.”

今回の件では、関心を持つ 24の企業によるコンペがあったと、Ferrero は言う。 彼女は、それらの企業を公表せず、また、Cupertino、 California ベースの Apple からの、返答内容についても明かさないだろう。 今回のコマンドにおける決定は、最も低価格で提供するという、オファーの内容も加味していると、彼女は言う。 「 今回の契約は、すべての企業に対してオープンなものであり、特定の企業を選んだわけでもない」

To contact the reporter on this story: Brendan McGarry in Washington at bmcgarry2@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Stephanie Stoughton at sstoughton@bloomberg.net

ーーーーー

_weekend昨年の夏に、United 航空が 11、000 台の iPad を導入しましたが、その時の目的も、機内へ持ち込む紙を減らすというものでした。 その重量は 17kg にもなるようで、その分の燃費もバカになりません。 その後、ANA も導入しましたが、それに続いて U.S. Air Force というわけです。 最近では、機内 Wi-Fi を提供する GoGo Air や、パーソナル・サービスを開始した Ilidium もあるくらいですから、空中でのオンライン利用もラクラクという感じなんでしょうね。 休憩時間中には iTunes とか、楽しむのでしょうかね? でも、セキュリティには、ご用心いただきたいものです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google トラッキングから身を守る秘伝とは?
「読む」 が変わる – WIRED の特集をマトメました
NASA は Facebook ゲームを介して、宇宙計画の知識を広めていく
2011 – Weekend シリーズ – 笑いもタクサンあるよ!

 

%d bloggers like this: