Agile Cat — in the cloud

Facebook と Atlas 広告サーバー : Microsoft から買収し、Google を追撃!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Microsoft, Open Graph by Agile Cat on March 4, 2013

Facebook Finally Acquired Microsoft Atlas To Take On Google
http://wp.me/pwo1E-5If

Laura Stampler | Feb. 28, 2013
http://www.businessinsider.com/facebook-finally-acquired-microsoft-atlas-to-take-on-google-2013-2

_ Business Insider AD

After a period of speculation, Facebook finally proved that the rumors were true and announced its acquisition of Microsoft’s Atlas ad server on its blog today.

推測の期間は終わった。 そのウワサが本当であったことを、ついに Facebook が認めた。 そして、今日 (2/28) のブログで、Microsoft の Atlas アド・サーバーの買収を発表した。

While we don’t know the exact price point, Ad Age speculated that it would cost between $30 and $50 million. Note that Microsoft got the ad suite as a part of a $6 billion deal when buying aQuantive — a deal that the Seattle-based tech giant chalked up as wasted money this summer.

一般には、正確な買収費用は知らされていないが、Ad Age の推測によると、$30 ~ $50 million のコストとされる。 Microsoft が aQuantive を買収したときの $6 billion の一部として、同社を取得したことも指摘しておく。 その取引とは、Seattle ベースのテック・ジャイアントが、昨年の夏に損失計上したものである。

This buy is important for Facebook because it makes the social network more of a contender in the ad space and takes on Google at its most profitable business.

今回の買収は、Facebookにとって重要な事柄である。なぜなら、このソーシャル・ネットワークをアド・スペースで強化し、高収益のビジネスで Google と競合していくものになるからである。

"Our belief is that measuring various touch points in the marketing funnel will help advertisers to see a more complete view of the effectiveness of their campaigns," said Brian Boland, Facebook’s Director of Product Marketing, in a blog post.

「マーケティングの経路において、さまざまな測定ポイントを得ることで、広告主たちが展開するキャンペーンの有効性を支援していけると、私たちは確信している」と、Facebook の Director of Product Marketingである Brian Boland がブログ・ポストで説明している。

Although Peter Kafka at All Things D noted that "Integrating and overhauling Atlas, which has essentially been abandoned by Microsoft for years, will take many months, and the whole thing may not be done for another year."

しかし、All Things D の Peter Kafka は、「何年間にも渡って、Microsoft により放置されてきた Atlas を、総点検して統合していくには、何ヶ月も要するであろう。 そして、全体的には、もう 1年が必要かもしれない」と指摘している。

Boland acknowledges that the integration will be a process.

そして、Boland も、その統合にはプロセスが必要だと認めている。

He wrote, "We plan to improve Atlas’ capabilities by investing in scaling its back-end measurement systems and enhancing its current suite of advertiser tools on desktop and mobile. We will also work to improve the user interface and functionality with the goal of making Atlas the most effective, intuitive, and powerful ad serving, management and measurement platform in the industry. Ultimately, Atlas’s powerful platform, combined with Nielsen and Datalogix, will help advertisers close the loop and compare their Facebook campaigns to the rest of their ad spend across the web on desktop and mobile"

「 私たちは、そのバックエンド測定システムをスケールするために投資し、また、デスクトップとモバイルの広告ツールを拡張することで、Atlas の能力を改善しようと計画している。 そして Atlas を、効果的で、直観的で、パワフルな広告サービスに仕立て、この業界における管理と測定のプラットフォームにすることを目指す。 それにより、ユーザー・インタフェースと機能が、大きく改善されるだろう。 Atlas は、Nielsen と Datalogix と連携できる、とてもパワフルなプラットフォームであり、また、デスクトップとモバイルの Web 上で、Facebook の広告主たちが、そのキャンペーンを行き渡らせるための、反復と比較という視点で支援していく」と、彼は述べている。

ーーーーー

TAG index昨年の 10月に、『 中核となる人々が離脱しても、Microsoft は アド・ビジネスに留まるのか 』 という抄訳をポストしましたが、同社のアド部門から、かなりの人材が離脱してしまったようです。 それであれば、不採算部門を積極的に整理していこうという考えなのでしょうか? 本来であれば、Bing に欠かすことのできないはずの広告事業ですが、なかなか上手く行かないようですね。 その一方で、Facebook サイドとしては、Open Graph との絡みもあって、Atlas 買収という展開は、渡りに船という感じなのでしょう。 この、買収劇の結果が どう出るのか、とても楽しみです。image

ーーーーー

<関連>

Facebook は Atlas を、Microsoft から買収する?
Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配
おっと どっこい Google は、モバイルで $8B も稼いでた!
Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?
モバイル 広告の エコシステム について説明しよう
Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している

Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on November 28, 2012

Facebook makes it official — an external advertising network is coming soon
http://wp.me/pwo1E-5gM

Nov 23, 2012 – By
Mathew Ingram
http://gigaom.com/2012/11/23/facebook-makes-it-official-an-external-advertising-network-is-coming-soon/

_ Gigaom

Included in the changes that Facebook recently announced to its privacy and governance policies was an admission that it aggregates and shares data on user activity with advertisers — and Facebook says it plans do so not just inside the network but on external websites as well.

先日に Facebook がアナウンスした、プライバシーとガバナンスのポリシー変更には、ユーザー・アクティビティにおけるデータを収集し、広告主と共有するという承認が含まれる。そして、Facebook は、自身のネットワーク内だけではなく、外部の Web サイトでも、同様に計画すると発言している。

There’s been a lot of discussion over the past few days about the recent changes to Facebook’s privacy and governance policies — including the revelation that (gasp!) Facebook is not actually a democracy — but one element of the new rules has gotten less attention than it probably should: namely, the fact that the giant social network is going to use the data it has about your likes and dislikes to show you ads outside of Facebook. This is the first real confirmation that the company is going to roll out an advertising network that extends beyond just its own walled garden, and it could turn out to be one of the biggest factors in the success or failure of Facebook’s revenue-growth strategy.

Facebook におけるプライバシーとガバナンスのポリシーに関する(実際には、Facebook に民主主義はないという、あえぎともいえる意外な事実も含めて)、最近の変更については数々のディスカッションがあったが、新しいルールの1つの要素は、それが持つ意味と比べて、さほど注目されなかったようだ。つまり、このソーシャル・ネットワークの巨人が、あなたの Like や Dislike に関するデータを、Facebook の外側にある広告で利用しようとする、事実のことである。 それは、同社が壁で囲った庭から外へ出て、そのアドバタイジング・ネットワークを展開しようする、最初の確認でもある。さらに言えば、Facebook の収益に関する成長戦略の、成否が掛かった最大の要因であることも分かるだろう。

It’s true that the network wants to do away with the voting process that it implemented as a way of improving its governance policies, which required it to get 30 percent of its users to support something before it could make a significant change. But this approach was mostly a failure before it could even get started, since the last vote the company held saw .03 percent of users participate — and as more than one person has pointed out, getting 30 percent of Facebook users to vote would mean 300 million people, which is more than twice as many as voted in the recent federal election in the United States.

このネットワークが、そのガバナンス・ポリシーを改善する方法としている、投票のプロセスを廃止したがっていることは、おそらく真実だろう。それは、重要な変更を実施する前に、Facebook ユーザーの 30% をいう支持を得るというものである。 しかし、なぜなら、前回の投票でユーザーの 0.3% しか参加しなかったように、このアプローチは、完全に立ち上がる以前から、ほとんど失敗というものであった。 そして、何人かが指摘していたのは、Facebook ユーザーの 30% に投票させることは、3億人に投票させることであり、前回のアメリカ国政選挙と比べて、2倍以上の参加者を必要とする点である。

Soon, Facebook ads could follow you around the web

In any case, the company has other goals it needs to meet first, and one of those is generating enough revenue to make Wall Street and other investors happy with its $50-billion market capitalization. And that has put a lot of pressure on Facebook to come up with a winning mobile strategy, among other things, since its clickt hrough rate for traditional ads is abysmal.

いずれにしても、同社には最初に達成すべき、別のゴールがある。それは、$50-billion という総資産額に見合う利益により、Wall Street と投資家たちを満足させることである。それは、Facebook に多くのプレッシャーを与えたが、とりわけ、以前からクリック・スルー・レートが散々な、モバイル・アドについて対策を講じる必要があった。

Post and thumbnail images
courtesy of Flickr user Balakov

Sponsored stories (which have been criticized in a number of jurisdictions, and could become illegal soon in Norway, according to one recent report) are one way of trying to solve that problem. An external advertising network — one that uses information about users and their activity on Facebook as a way of targeting external ads on other websites — is another way. Chris Dixon, the Hunch founder who just became the newest partner in Silicon Valley venture-capital firm Andreessen Horowitz, has described this as an “embedded option” for Facebook investors, meaning it could stand to significantly enhance the company’s financial prospects if it is handled properly.

Sponsored Stories は、この問題を解決しようとする、1つの試みである(しかし、数多くの地域で批判され、最近のレポートによると、まもなく Norway で非合法になるらしい)。そして、前述の外部アド・ネットワークが、もう 1つの方法である(それは、Facebook におけるユーザーとアクティビティに関する情報を用いて、外部でのターゲティング広告を、他の Web サイト上で展開するものである)。 Silicon Valley の VC である Andreessen Horowitz の、最も新しいパートナーとなった Hunch 社 Founder の Chris Dixon は、Facebook の投資家にとって「埋め込まれたオプション」になると述べている。つまり、その試みが適切に処理されるなら、同社のファイナンシャルに関する見通しを、大幅に高めるものになるということだ。

“An external ad network is inevitable. Google proved this model with Adsense. With an already huge base of advertisers bidding on CPCs, it is impossible for most other ad networks to compete on publisher payouts. But Facebook’s traffic is so great now that an external ad network might increase their revenues by 2x or so.”

外部におけるアド・ネットワークは、必然的なものである。 Google は Adsense と協調することで、このモデルを証明した。 CPC の入札に関しては、すでに広告主の広大な基盤が確立しているため、他の広告ネットワークが、パブリッシャーから収益を得ることは不可能である。しかし、現時点における Facebook のトラフィックは、きわめて大規模であるため、外部での広告ネットワークの展開により、その収益は 2倍以上になると思われる。

To put this in perspective, if an external ad network did manage to double Facebook’s revenues, that would take them to almost $10 billion a year from their current level of about $5 billion. Theoretically at least, it could push them even higher if Facebook manages to attract enough advertisers with its targeted data.

この目論見を、全体的な視野で見てみる。 もし、外部での広告ネットワークが Facebook の売上を2倍にするなら、現状における年間で $5 billion のレベルから $10 billion へと、その収益を引き上げるだろう。控えめに見ても、ターゲティングされたデータというロジックにより、広告主たちを充分に引き付けることに成功するなら、Facebook の収益は高く押し上げられるだろう。

Your activity on Facebook = ads outside of Facebook

There have been hints that the company was planning to roll out such a network: earlier this year, Facebook experimented with sponsored stories on Zynga’s website that were governed by the data that the social network had about users based on their activity inside Facebook. But the changes to the service’s data policies have made it more obvious that this is a goal — and the company’s Chief Privacy Officer said as much in a comment to Forbes magazine about the new rules:

このようなネットワークを、Facebook が計画することについて、適切なヒントがあった。今年の初めに、同社は Zynga の Web サイトで Sponsored Stories を実験していたのだ。それは、Facebook のユーザー・ベースとアクティビティに関するデータにより、 Zynga のサイトで管理するというものであった。しかし、このサービスにおけるデータ・ポリシーに対する変更が、そのゴールをさらに明白にした。 そして、同社の Chief Privacy Officer は Forbes マガジンで、この新しいルールについて、以下のようにコメントしていた :

“Everything you do and say on Facebook can be used to serve you ads. Our policy says that we can advertise services to you off of Facebook based on data we have on Facebook.”

Facebook における、すべての行動と発言が、広告を提供するために使われるだろう。 私たちのポリシーが伝えるのは、私たちが Facebook 上で有するデータをベースにして、あなたに広告サービスを提供できるということだ。

As Quartz points out, the first outcome of this new approach could be the introduction of ads into Instagram, which was acquired by Facebook earlier this year for $735 million. But the social network is sure to extend that to other websites and services it could partner with — if only because the kind of data that Facebook has on user behavior (even though it is anonymized) is one of the biggest potential treasure troves of ad-targeting that exists online. Access to information about the browsing and liking habits of a billion people isn’t something that comes along every day.

Quartz が指摘するように、この新しいアプローチによる最初の結果は、今年の初めに$735 million で Facebook が買収した Instagram 上の広告に導入されるだろう。 しかし、このソーシャル・ネットワークは、パートナーとなる他の Web サイトへ向けて、このサービスを確実に拡張していく。 ただし、それは、Facebook 上でのユーザーの振舞いという種類のデータが(たとえアノニマス化されるにしても)、オンラインに存在するターゲティング・アドにとって、最も可能性のある宝庫となる場合に限られる。10億の人々の振る舞いを、参照/リンクする情報へのアクセスは、毎日のように必要とする何かではない。

Google has built a multibillion-dollar advertising business around showing people relevant ads while they search, and so far nothing has been able to match the effectiveness of that approach. But if Facebook is able to target ads on external websites and services based on the data that it has, we could see one of the first major challenges to Google’s ad dominance.

Google が構築した数十億ドル規模のアド・ビジネスは、人々が検索を行う際に、その興味と関連する広告を見せるというものである。そして、これまでのところ、そのアプローチの効果に匹敵する、他の方式は見当たらなかった。 しかし、Facebook が自身のデータに基づき、外部の Web サイトとサービスで、ターゲティング・アドを実現できるなら、Google が占有する広告に対する、初めての大掛かりな挑戦となるだろう。

Subscriber Content

ーーーーー

imageいよいよ、Google に対する本格的なチャレンジが始まるのですね。 Google はソーシャル・メディアである Google+ を立ち上げ、断片的なユーザー・プロファイルを、一貫性のあるものにしようと取り組んでいるはずです。 そして、Facebook は、大きな課題である、外部での広告に取り組み始めるようです。 そして、両社は、モバイルという環境で、激しく戦っていくのでしょう。 Yahoo とのアライアンスのウワサも含めて、とても気になる展開ですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
Facebook vs. Google : 勝者は どちらに? _1
Facebook vs. Google : 勝者は どちらに? _2
Facebook マーケティング : ここが間違っている!

 

Facebook アドが Zynga に進出 : Google AdSense と開戦!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Game, Google by Agile Cat on June 24, 2012

Facebook places ads on Zynga. Could an online ad network be next?
http://wp.me/pwo1E-4lA

By Jessica Guynn – June 22, 2012
http://www.latimes.com/business/technology/la-fi-tn-facebook-places-ads-on-zynga-could-an-online-ad-network-be-next-20120622,0,26508.story

image

 

Facebook is showing ads on Zynga’s website, a move that could mean it’s preparing to launch an online advertising network. An online advertising network that stretches beyond Facebook could deliver the revenue boost investors are looking for. Asked whether Facebook would begin showing ads elsewhere on the Web, Facebook spokeswoman Annie Ta said, “We are only showing ads on Zynga right now.” Zynga, which became a major game player by launching popular games such as FarmVille on Facebook, said in its IPO filing last July that it might show Facebook ads on its site, and that the two would share revenue. A Zynga spokeswoman declined to comment.

Facebook は、Zynga の Web サイトにも広告を掲載しようとしている。 この動きは、オンライン広告のネットワークを、立ち上げるための準備が進んでいることを意味する。Facebook の内側という制約を超えたオンライン・アド・ネットワークは、投資家が探し求めている収益の増大を実現するだろう。あらゆる Web にまで、Facebook は広告戦略を展開していくのかという質問に対して、Facebook のスポークスマンである Annie Ta は、「 現時点で、私たちは Zynga だけに広告を表示している」と、発言している。Facebook 上の FarmVilleなどの、人気ゲームを立ち上げることで、メジャー・ゲーム・プレイヤーに成長した Zynga は、昨年の 7月を IPO を申請した際に、自身のサイトに Facebook アドを掲載する可能性と、その広告収益を両社で共有する計画について、言及していた。 ただし、この件について、Zynga のスポークスマンはコメントを拒否している。

Facebook’s chief operating officer, Sheryl Sandberg, speaks at an event for marketers in February. (Mark Lennihan / Associated Press)

A person familiar with the situation who was not authorized to speak about it publicly said that Zynga is testing the Facebook ads as another possible source of revenue for its gaming business. It’s the first time Facebook has distributed ads beyond its own website. Facebook has been under pressure since its disappointing stock-market debut last month.

このパブリシティにについて精通しているが、表明する権限を与えられていない人物は、 Zynga のゲーム・ビジネスにおける別の財源として、Facebook アドはテストの段階にあると発言している。つまり、Facebook 自身の Web サイトの外側で、初めて広告が提供されるわけだ。 先月のことだが、株式市場にデビューした Facebook は、期待はずれだというプレッシャーに晒されていた。

People who play online games at Zynga.com log in with their Facebook accounts, so ads will be targeted to them based on information they share with Facebook. Ta said advertisers will not have any additional information to target Zynga players. People may now see ads and sponsored stories from Facebook on Zynga.com,” Ta said. “We don’t share any information about people or advertisers with Zynga, and advertisers do not have any new targeting criteria.”

Zynga.com でオンライン・ゲームを楽しむユーザーたちは、Facebook アカウントを用いてログインしている。 したがって、それらのユーザーが Facebook と共有いている情報に基づき、広告のターゲットは絞りこまれていくだろう。 Ta の発言によると、Zynga プレーヤーをターゲットにするための追加情報を、広告主たちは持っていないことになる。「 Facebook から Zynga.com に提供される、広告とスポンサー・ストーリーを、人々は見るようになるだろう。 私たちと Zynga の間では、ユーザーと広告主に関する情報は共有されない。 また、広告主たちが、新たなターゲティング基準を持つこともない」と、Ta は発言している。

imageThe long-awaited move by Facebook targets an area that Google has found to be a major moneymaker for years. Facebook made most of its $3.7 billion in revenue last year from ads that appeared on its site. On Friday, Facebook shares rose $1.21, or 3.8%, to $33.05. Greg Sterling, senior analyst at Opus Research, said the success of a Facebook ad network would depend on broadly it is adopted. “Publishers will embrace it quickly if it works,” Sterling said.

この、待ち望まれてきた Facebook の動向は、長年にわたり Google が築きあげてきた、大きな金脈にターゲットを定めるものだ。 Facebook は自身のサイトに掲載する広告から、昨年は $3.7 billio の売上を得ている。 金曜日の Facebook の株価は、$1.21(3.8%)の上昇となり、終値は $33.05 となった。 Opus Research のシニア・アナリストである Greg Sterling は、Facebook 広告における新しいネットワーク作りは、その採用の広がりに依存するだろうと発言している。 そして、「 それが機能するなら、パブリッシャーたちは、素早く受け入れるだろう」と、付け加えている。

RELATED:

Facebook prepares to ramp up ads
Facebook’s Sheryl Sandberg has a talent for making friends
Facebook touts study showing advertising is effective on the site

 

 

ーーーーー

TAG index奇しくも、Google が IaaS マーケットに攻め込んでいくというニュースが流れた日に、Facebook が AdSense に対する戦いの口火を切りました。 なんと、めまぐるしいことでしょう。 もちろん、いつかは来ると、誰もが予想していたことですが、Zynga への広告提供というかたちで、頂上対決の開戦です。 今後の展開に注目ですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook はモバイル広告に飲み込まれるのか? それとも逆に取り込んでいくのか?
Facebook Phone に必要な、最後のワンピースが Opera なのか?
Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた
Facebook の滞在時間で、スマホ が PC を上回った : 米調査
過熱する IPO 報道と、Facebook vs. 投資家 の せめぎ合い
Facebook には、すでに 3,000 本の TimeLine アプリが!

Facebook はモバイル広告に飲み込まれるのか? それとも逆に取り込んでいくのか?

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Mobile by Agile Cat on May 30, 2012

Will Facebook adapt to mobile or will mobile adapt to Facebook
http://wp.me/pwo1E-4gz
By Kevin Fitchard May. 16, 2012
http://gigaom.com/mobile/will-facebook-adapt-to-mobile-or-will-mobile-adapt-to-facebook/

_ Gigaom

We all know Facebook needs to become a force in mobile advertising, but just how much of a force? If Facebook were to replicate the success of its desktop ad business on mobile it would account for a healthy chunk of the entire world’s current mobile ad spend. And if it sticks with its planned approach to mobile ads it would need to create a whole new mobile advertising sector from scratch.

Facebook がモバイル・アドバタイジングで、パワーを必要としているのは周知の事実であるが、それは、どのようなものになるのだろう? もし Facebook が、デスクトップにおける広告ビジネスの成功を、モバイルでも繰り返すことができるなら、全世界で費やされている広告料金の、かなりの部分を独占することになるだろう。 そして、モバイル広告のために計画されたアプローチを継続していくなら、そのためのアドバタイジング部門を、ゼロから作り上げることが必要になるだろう。  

If Facebook’s future is mobile, it may not be enough for it to merely secure a piece of the mobile ad market: It might need to make the mobile ad industry figure out how to work with Facebook.

Facebook の未来がモバイルにあるなら、モバイル広告マーケットにおける一部分になるだけでは不充分かもしれない。 つまり、モバイル広告の業界に対して、Facebook と共に機能するための方式を理解させる必要が生じるだろう。

imageBerg Insight calculated that global spending on mobile advertising was $3.4 billion in 2010. And while it’s growing at rate of 37 percent per year, Facebook’s total revenues in 2011 were $3.7 billion, of which $3.1 billion came from ads. Meanwhile of its 845 million monthly active users, more than half of them accessed the social network through mobile apps or its mobile website, which sport no ads.

Berg Insight の試算によると、モバイル・アドバタイジングに対する全世界の支出は、2010年の段階で $3.4 billion であるという。 それは、年間で 37% の割合で成長しているが、2011年における Facebook のトータル収入は $3.7 billion であり、そのうちの $3.1 billion を広告に依存している。 その一方で、アクティブなマンスリー・ユーザーは 8億 4500万人を数えるが、その半分以上が、モバイル・アプリあるいは、モバイル Web サイトを介して、このソーシャル・ネットワークにアクセスしている。 そして、そのモバイル環境である Facebook Mobile には広告が掲載されていない。

Of course, most customers are using both platforms, not one or the other, so Facebook doesn’t need to build a $3 billion mobile ad business overnight. But even if Facebook were replicate a fraction of its Web-based ad business on mobile, it would account for a large portion of the money currently being spent on mobile ads.

もちろん、大半のユーザーは 2つのプラットフォームを使っており、デスクトップあるいはモバイルの一方でというケースは少ない。 したがって Facebook は、$3 billion 分のモバイル広告ビジネスを、一夜で構築しなければならないという状況にはない。 しかし、たとえ Facebook が、Web ベースの広告ビジネスの一部をモバイルで再現するにしても、現時点における全モバイル広告に費やされる予算の、かなりの割合を占めることになるだろう。

Mobile hasn’t been unkind to Facebook

Facebook isn’t losing money on mobile today – far from it. eMarketer principal analyst Noah Elkin pointed out that 90 percent of Facebook’s customers are crossing between platforms, meaning they’re generating ad revenue in one way or another. They may not see any ads when they’re accessing the network from their phones, but they’re certainly seeing them when they log in from their Web browsers. One of the reasons those customers remain active and loyal to Facebook is because they have the flexibility to network socially from anywhere, so you could argue that mobile drives more ad views, not less.

いまのところ、Facebook はモバイルで赤字を出しているわけではない。 言い換えれば、そこから離れたところで稼いでいる。 eMarketer の主任アナリストである Noah Elkin は、Facebook ユーザーの 90% が 2つのプラットフォームを行き来しているため、何らかのカタチで広告収入を生み出していると指摘している。 つまりユーザーたちは、このネットワークにモバイルからアクセスしているときは広告を見ないが、PC から Web ブラウザからログインするときに、それらを見ることになる。 Facebook ユーザーたちがアクティブでロイヤリティを有している理由は、このソーシャル・ネットワークには何処からでもアクセスできる、柔軟性が提供されているからである。 したがって、モバイル・デバイス上で、広告のビューを促進させるという議論も成立することになる。

imageIt’s the remaining 10 percent, or 83 million users, that Facebook is worried about, Elkin said. Facebook doesn’t make a dime in ad sales off them, and while they may be a small segment of Facebook’s customers now, they’re its fastest growing segment as they’re coming from the developing markets where Facebook’s future growth lies.

Facebook が気にかけているのは、10% に該当する 8300万人のユーザであると、Elkin は言う。 Facebook は、彼らから、一銭の広告売上も得ていない。 そして彼らは、いまの Facebook としては小さい、発展途上のセグメントに属しているが、Facebook の将来に大きくかかわる成長力を有している。  

“The big concern is the mobile-only audience is growing faster than the multi-channel or desktop only audience,” Elkin said. “The long-term concern is that the mobile-only audience will come to dominate the social network.”

「 最大の関心事は、モバイルのみのオーディエンスが、マルチ・チャネルもしくはデスクトップのみのオーディエンスより、急速に増大しているということである。  そして、長期的な関心事は、モバイルのみのオーディエンスが、ソーシャル・ネットワークを占有していくことだ」と、Elkin は言う。

Enter the ‘sponsored story’

Facebook’s answer isn’t the display or search advertising responsible for the lion’s share of the mobile ad market today, but the sponsored story, which it only recently introduced on the desktop interface and now plans to migrate to mobile. The format is so nascent that it’s not even really factoring into eMarketer’s current ad spend figures for traditional online spending: to say nothing of mobile.

Facebook の回答は、今日のモバイル広告マーケットにおける、ディスプレイやサーチで圧倒的なシェアを獲得することではない。しかし、Sponsored Story に関しては、デスクトップ・インタフェース上に導入し、また、モバイルへの展開も計画している。 そのフォーマットは、きわめて発生期的なものであるため、eMarketer における、従来からのオンライン支出の算定基準に入ってこない。それは、モバイルにおいても同様である。

imageElkin said the format is promising not only because Facebook can use it to tailor ad content specifically to its users interests – which it knows a lot about – but that it could also factor in location and presence data unique to mobile. That means more value for advertisers and more revenue per ad. Ultimately that could overcome the limitations of a mobile, where a small screen gets cluttered pretty easily. But it’s also an untried advertising format, and as my colleague Mathew Ingram points out not even Facebook is convinced sponsored stories will work.

Elkin が言うには、それぞれのユーザーの関心に合わせて(周知の通り)、フォーマットを仕立てることが出来るため、この試みは Facebook に希望を抱かせるものになる。そして更に、モバイルにおいては、ロケーションとプレゼンスのデータも有用になる。 つまり、ひとつの広告あたりの売上が増大し、より多くの価値を広告主に提供できるはずだ。 そして、どうしても雑然としてしまう小さなディスプレイという、モバイル固有の限界を、最終的には克服していくだろう。 しかし、それは試されていない広告フォーマットでもあり、また、Sponsored Story が上手くいくかどうかは、Facebook 自身が確信できていないはずであると、私の同僚である Mathew Ingram は指摘している。  

“If Facebook is successful, one of the impacts will be that it will grow mobile advertising overall,” Elkin said. Google, Apple and Millennial Marketing wouldn’t stop growing in the mobile ad space, but Facebook’s mobile ad revenue would be additive. In fact, one of the reasons eMarketer is projecting such huge growth in U.S. mobile advertising – jumping from $1.45 billion in 2011 to $10.8 billion in 2016 – is because it projects that Facebook will precipitate a surge in new ads starting in 2014. If Facebook flops, then eMarketer will have to revisit its growth numbers, Elkin said.

「もし、Facebook が成功するなら、モバイル広告の全体を成長させていく、インパクトが生じるだろう」と、Elkin は言う。 Google および、Apple、Millennial Marketing は、モバイル広告スペースの拡大を止めないだろうが、Facebook におけるモバイル広告収入は、これから加算されるものである。 eMarketer は、アメリカのモバイル広告が、2011年の $1.45 から 2016年の $10.8 billion に急上昇すると予測しているが、その背景には、2014年に始まるとされる Facebook の新しい広告が、この市場を押し上げるという推測が存在している。 もし、Facebook が失敗するなら、eMarketer は膨張係数を再考しなければならないだろう、と Elkin は発言している。

Don’t piss off your future customers

Facebook faces some daunting tasks. It can’t just a build a mobile ad business. It has to build the mother of all mobile ad businesses. And it has to do so with an ad format that’s still unproven.

Facebook は、いくつかの困難なタスクに直面する。 それは、モバイル広告ビジネスを立ち上げるだけで達成できるものではない。 つまり、すべての母となり得る、最高のモバイル広告ビジネスを築かなければならない。 そして、さらに、これまで証明されていない、新しい広告フォーマットを用いて、それを実現しなければならない。

imageUltimately, its entrenched customers will cut Facebook some slack. They might gripe about ads crowding the limited real estate of their phones, but they’re not likely to abandon Facebook considering how much of their online lives are embodied in the social network. But then again, those aren’t the customers Facebook is losing money on.

究極的な観点で言えば、強固なロイヤリティを持つユーザーたちは、Facebook を大目に見るだろう。 彼らは、モバイルの小さなディスプレイに広告が押し寄せることに、不平を言うかもしれない。 しかし、どれだけのオンライン・ライフが、このソーシャル・ネットワークに取り込まれているのかと考えれば、Facebook か捨てられる可能性は低いだろう。 その時、再び、彼らは Facebook のコストを食い尽くすだけの、ユーザーではなくなっているだろう。  

It’s the mobile-only users just discovering Facebook in India and other far-flung countries across the globe that the company needs to please. For many of them their first and only experiences with Facebook will be through mobile phones. If that experience isn’t engaging (and as my colleague Kevin Tofel writes the Facebook mobile app experience is often sub par) then customers may abandon the social network entirely.

モバイル・オンリーにユーザーたちは、India などの広範囲におよぶ国々に見出されるが、世界を狙う Facebook にとって、喜ばせなければならないユーザーでもある。 それらの多く人々は、モバイル・フォン介した最初のエクスペリエンスを、Facebook から得ることになるだろう。 そして、そのエクスペリエンスに魅力がなければ(同僚である Kevin Tofel が、Facebook mobile app experience is often sub par を書いているように)、それらのユーザーたちは、ソーシャル・ネットワーク全体を捨てるかもしれない。

ーーーーー

imageかつて、その広告モデルを用いて、Microsoft のライセンス・ビジネス・モデルを破壊した、Google ビジネスの根幹を切りくずしにかかるのでしょうか? そこを Facebook が狙っていくのは、同社のビジネスとしては、とても正しい戦略だと思えます。 広告は単なる手段に過ぎないのですから、広告主にとっての売上という目標が達成され、また、そのモバイル画面が煩雑にならないなら、誰もがハッピーという結末にいたると思えるのです。 期待したいですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Facebook Phone に必要な、最後のワンピースが Opera なのか?
Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた
Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど
Facebook の滞在時間で、スマホ が PC を上回った : 米調査
過熱する IPO 報道と、Facebook vs. 投資家 の せめぎ合い

 

Larry Page が1年間で達成した、Google 的な7つの業績とは

Posted in Google, Research by Agile Cat on April 19, 2012

CEO Larry Page & 7 amazing stats about Google
http://wp.me/pwo1E-47Z
By
Om Malik Apr. 5, 2012
http://gigaom.com/2012/04/05/ceo-larry-page-7-amazing-stats-about-google/

_ Gigaom

On the occasion of the first anniversary as the chief executive officer, Larry Page shared a letter with Google’s investors. He took over the CEO job at last April after making the announcement in January 2011. You should read the letter for yourself. It is a bit of corporate-speak, but nevertheless it feels like it is from a guy who feels happy with his first 12 months in the job. While reading the letter, some stats caught my eye that are simply staggering, regardless of how one feels about the company.

CEO 就任から 1年目の記念すべき日に、Larry Page から Google の投資家たちへ、1通の手紙が送られた。 2011年1月に発表された後、その 4月に彼は CEO を引き継いだ。 あなたは、あなた自身のために、この手紙を読むべきである。たしかに、それは企業からのメッセージであるが、新しい仕事に就いて 1年が経ち、その結果に満足している男からの手紙のようにも感じる。 この手紙を読みながら、信じられない程にケタ違いな、いくつかの統計値に目が釘付けになった。 とはいえ、同社に実績に関する捉え方は、人それぞれである

  • Over 850,000 Android devices are activated daily through a network of 55 manufacturers and more than 300 carriers.
  • Google Chrome browser has over 200 million users.
  • Google launched Gmail in 2004 and now is used by more than 350 million people. Over 5,000 new businesses and educational establishments sign up for Gmail every day.
  • YouTube has over 800 million monthly users who upload an hour of video per second.
  • Google’s mobile advertising grew to a run rate of over $2.5 billion by the third quarter of 2011 — two and a half times more than at the same point in 2010.
  • Google has paid out over $30 billion to support content on the Web since the launch of Adsense over a decade ago.
  • Google Translate is eight years old and according to Page “now allows anyone to translate text in an instant between any two of 64 languages—including Hindi, Arabic and Chinese. That’s actually 4032 different pairs of languages you can translate!”
  • 850,000 台以上の Android デバイスが、55 社のマニファクチャと 300 社のキャリアを介して、毎日アクティベイトされている。
  • Google Chrome ブラウザが、2 億人以上のユーザーを獲得した。
  • Google 2004年に立ち上げた Gmail が、いまでは 3億 5000万人以上の人々に使用されている。また、5000以上の新進企業と教育機関が、毎日サインアップしている。
  • YouTube を訪れるユーザーは 1ヶ月あたり 8億人であり、また、トータルでのアップロード料は、1秒あたり 1時間分のビデオとなる。
  • Google モバイル広告売上は、2011年 Q3 までに $2.5 billion にいたり、前年同期と比べて 2.5倍に成長した。
  • Google は、10年前の Adsense の立ち上げ以来、Web コンテンツをサポートするために $30 billion 以上を費やしている。
  • Google Translate は、その立ち上げから 8年が過ぎた。 そして Page は、「今では誰もが、64カ国語から2つの言語を選び、瞬時にテキスト翻訳することが可能になった。 それらの言語には、Hindi/Arabic/Chinese が含まれる。 あなたが現実に利用する言語とは別に、実に 4032ペアの翻訳に大応している!」と発言している。

imageOf course what would the letter be without the CEO pointing out his achievements. Page wanted to focus the company on social and optimize the operations around fewer products. So it isn’t a surprise that he pointed out that “we have closed or combined over 30 products, including projects like Knol and Sidewiki.”

もちろん、この手紙が指し示すものは、CEO という立場から離れたところでの、彼の業績となるだろう。 Page は、同社のフォーカスをソーシャルに合わせ、また、厳選されたプロダクトに関する戦略を最適化したいと望んでいる。したがって、「Knol や Sidewiki といったプロジェクトも含めて、30種類以上のプロダクトを廃止/統合する」と明示されたことにも、驚くべきではない。

And as for Google+, the mandate for the company, Page pointed out that there are “over 120 Google+ integrations to date (including Google Search, YouTube and Android), we are on the right track. Well over 100 million users are active on Google+.”

そして、同社が使命とする Google+ に関しては、「現在までに 120種類以上の Google+ インテグレーション(Google Search/YouTube/Android を含む)が達成されており、正しい路線を歩んでいる。そして、Google+ には、1億人以上のアクティブ・ユーザーがいる」と、Page は語っている。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG index以下の<関連>にもあるように、Larry Page は Steve Jobs とも交流があり、いくつかのアドバイスをもらっていたようですね。 Jobs らしい視点で、Google としてのアイデンティティを考えさせ、また、そこにプロダクトを集中させるような、助言があったようです。 Google との関係修復は気になっても、Eric Schmidt とソリの合わなかった Jobs にとって、Page は良い話し相手になったのでしょう。 また、逆に考えれば、Jobs の限りある時間を共有できたという意味で、Page はシアワセな男なのかも知れません。 これからの Larry Page に期待したいですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

来週 発売の Jobs 伝記より – Android と Larry Page
Google Play で Android Market を置き換える、Google のエコシステム戦略とは?
Google は Android で、$ 2.5 B の年商を計上したって?
Google+ の成長曲線を、勘違いしてはいけない!
Larry Page さん、あなたのリストから Google Apps が漏れているのですが?

%d bloggers like this: