Agile Cat — in the cloud

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Huawei, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものになるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて

Posted in Google, Network, Satellite by Agile Cat on November 26, 2014

Google purchases Skybox Imaging satellite firm for $500m
http://wp.me/pwo1E-834
Mark McSherry – 11 June 2014
http://www.independent.co.uk/news/business/news/google-buys-skybox-imaging-satellite-firm-for-500m-9525170.html

Google said late on Tuesday it agreed to buy satellite start-up firm Skybox Imaging for $500 million in cash. Google said Skybox’s satellites will help keep Google Maps accurate with up-to-date imagery.

Google は、火曜日(6/10)の午後に、サテライト・スタートアップである Skybox Imaging を、$500 million で買収する合意に至ったと発表した。そして Google は、Skybox の衛星により、Google Maps のイメージを、最新かつ正確に保つことが可能になると述べている。

In time, Google said it hopes that Skybox’s team and technology will also be able to help improve internet access and disaster relief — areas that Google said it has long been interested in.

Google は Skybox のチームとテクノロジーについて、インターネット・アクセスを向上させ、災害時の支援を改善するものになると発言している。 そして、それは、Google が長年に渡って興味を抱いてきた領域である。

Skybox said on its website that it builds satellites, writes code, and deploys data centres.

その一方で Skybox は、衛星を構築し、コードを書き、データセンターをディプロイしていると、その Web サイトで語っている。

In its statement, Skybox said the time was right “to join a company who can challenge us to think even bigger and bolder, and who can support us in accelerating our ambitious vision.”

そのステートメントにおいて、Skybox は正しいタイミングだったと述べている。そして、「さらに広大で大胆な考え方を持つ、挑戦させてくれる企業に参加し、私たちの野心的なビジョンが加速するようサポートしてもらっている」と、続けている。

Skybox said it had built and launched the world’s smallest high¬-resolution imaging satellite, which collects images and video every day.

Skybox は、高解像度イメージを取得する、世界で最小の衛星を構築して打ち上げ、それにより、日々のイメージとビデオを収集していると述べている。

“We have built an incredible team and empowered them to push the state-of-the-art in imaging to new heights,” said Skybox.

「 私たちが創ったチームは、信じられないほどの能力を持っている。そして、高次元のイメージ処理を、最先端のテクノロジーで促進するために、このチームを育成していく」と、Skybox は 述べている。

ーーーーー

先日の TechCrunch に、「SpaceX がインターネット接続用低価格小型衛星を開発」という記事がポストされていました。 この SpaceX とは、Tesla の Elon Musk が率いるスタートアップであり、ヨーロッパ・ベース(?)の WorldVu という衛星プロジェクトと連携して、この壮大な試みを推進するとされています。 しかし、WorldVu と Google の間にも、共同プロジェクトのウワサがあるのです。そして、この Skybox Imaging は、通信というより地表イメージの取得と配信がメインのようですが、Google にとって、2つの衛星プロジェクトが必要なのか不要なのか、その辺りが、とても興味深いところです。 いずれにせよ、2015年は衛星がホットになりそうなので、引き続き、追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる

Eucalyptus を買収する HP : どのような戦略を展開するのだろう?

Posted in Businesses, HP, OpenStack by Agile Cat on September 16, 2014

HP to buy cloud software startup in rare acquisition
http://wp.me/pwo1E-7Sh

Reuters Friday, Sep 12, 2014
http://digital.asiaone.com/digital/news/hp-buy-cloud-software-startup-rare-acquisition

SAN FRANCISCO – Hewlett-Packard Co plans to buy cloud software startup Eucalyptus Software, a rare acquisition for the company since its failed US$11 billion (S$13.9 billion) purchase of Britain’s Autonomy Plc in 2011.

Hewlett-Packard Co が、クラウド·ソフトウェアのスタートアップである Eucalyptus Software の買収を検討している。同社は、2011年にイギリスの Autonomy Plc を US$11 billion (S$13.9 billion) を取得しているが、その後の展開に失敗しているため、久々の買収となる。

In this August 20, 2005 file photo, the entrance of Hewlett-Packard (HP) headquarters in Palo Alto, California is shown.

HP did not say how much it will pay for Eucalyptus, which provides open-source software for building private and hybrid clouds, or Internet-based computing services. A source familiar with the deal told Reuters that HP would pay less than US$100 million. Tech blog Re/code first reported the price tag earlier on Thursday.

HP が買収する Eucalyptus は、プライベート/ハイブリッド・クラウドおよび、インターネット・ベースのコンピューティング·サービスを構築するための、オープンソース・ソフトウェアを提供している企業であるが、その対価については口をつぐんでいる。この買収撃に精通する情報筋は Reuters に対して、HP が支払う金額は US$100 million 以下になると語っている。 テック・ブログである RE /code が、その価格について、この木曜日に初めてレポートしている。

The acquisition is expected to close in the fiscal fourth quarter, after which Eucalyptus Chief Executive Officer Marten Mickos, a proponent of open-sourced software, will join HP as senior vice president and head of its cloud business.

この買収により、Eucalyptus の CEO であり、オープンソース・ソフトウェアの支持者でもある Marten Mickos が、HP の Senior VP and Head of Cloud Business に収まる。 そして手続きは、この Q4(HP の会計年度)に完了すると予測される。

He will report to CEO Meg Whitman. Among his duties will be building HP’s "Helion" cloud computing services, the company said on Thursday.

彼のレポート・ラインは CEO の Meg Whitman になり、また、その責任範囲には HP の "Helion" クラウド・コンピューティング・サービスも含まれると、同社は木曜日に説明している。

Martin Fink, who now leads the cloud business, will remain chief technology officer as well as director of HP Labs, which focuses on researching next-generation products.

いま現在、クラウド・ビジネスのリーダーは Martin Fink であるが、彼は CTO の職務を継続し、また、次世代プロダクツを研究する HP Lab の Director も兼務する。

HP, once the world’s largest PC maker but now trying to become a leading provider of hardware and software to corporate and government clients, was forced to write down much of Autonomy after the company said it discovered serious accounting irregularities.

かつての HP は、世界最大の PC メーカーであったが、いまは、企業や政府をクライアントとした、ハードウェアとソフトウェアのリーディング・プロバイダーになろうとしている。また、同社は、Autonomy の会計に問題を発見した後に、大量の損失処理を余儀なくされたと述べている。

It ended the July 2014 quarter with US$4.9 billion in operating company net cash. In August, Whitman told analysts HP was in a position to make acquisitions if needed, though it remains committed to returning half its cash to shareholders.

それも、2014年 7月に終わった。 なぜなら、同社は 4月〜6月期において、US$4.9 billion の純益を手にしたのだ。 そして 8月に、Whitman はアリストたちに、必要に応じて買収を行えるポジションへと、HP が戻ってきたことを説明した。しかし、そのキャッシュの半分は、株主に還元するという約束も残っている。

ーーーーー

先週は、VMware を買収するというウワサに巻き込まれた HP ですが、この Eucalyptus の話は確定のようですね。 それにしても、Helion に関する人事をも含む、大規模な組織改革を、HP は行なっていくようです。 HP は、この OpenStack ベースのクラウドを、インドや中国に持ち込もうとしているようであり、なかなか面白い展開が期待できそうです。 Autonomy ショックから立ち直り、HP に元気が戻ってきた感じですね。

ーーーーー

<関連>

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート
EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている
HP が $10B で 買収する Autonomy は、Big Data のスペシャリスト?
HP も OpenStack への参加を表明
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている : The Register のレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC denies VMware sale plan
http://wp.me/pwo1E-7R5
By Simon Sharwood, 12 Sep 2014
http://www.theregister.co.uk/2014/09/12/emc_denies_vmware_sale_plan/

_Register

Rumour and counter-rumour swirl around Wall Street

ーーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

EMC has reportedly denied it intends to sell a stake in VMware, after being reported as entertaining just such a sale.

伝えられるところによると、世間を騒がす売却話がレポートされた後に、EMC は VMware の株式売却を否定している。

Confused? Here’s how this is playing out.

混乱しているだろうか? 以下に、その経緯を説明する。

Back in July, activist investor Elliot Management picked up a stake in EMC. Someone then whispered in The Wall Street Journal’s ear that Elliot did so in order to engineer a spin-out of VMware, the better to line investors’ pockets.

話は 7月に戻るが、積極的に動きまわる投資家である Elliot Management が、EMC の株式を取得した。そして、誰か、VMware のスピンアウトを画策するために、つまり、投資家たちの懐を温めるために、Elliot が動いていると、The Wall Street Journal の耳元で囁いた。

In weeks since, EMC has acknowledged its duty to engage with shareholders in order to improve their prospects. It has also re-iterated the belief that EMC works best as a ”federation” of companies.

それから数週間が経過しているが、EMC は株主と密に接しながら、その見通しを改善していくという義務をまっとうしている。そして、複数の企業による Federation として、EMC が機能することがベストだという信念を、再繰り返して説明している。

Fast forward to Thursday, when The New York Post reported that EMC “has decided to explore selling its stake in VMware”.

ここで、再び、The New York Post が「EMC が VMware の売却を決心した」と報じた、この木曜日の時点まで時間を進める。

Not many hours after that story appeared, a credible source told Re/code that The Post’s story is bunk. Another 90 minutes or so later, Reuters heard similar whispers.

その売却話が浮上してから、数時間も経たないうちに、信頼できる情報筋が Re/code に、New York Post の話はガセだと語っている。 そこから、90分ほど後に、同じウワサを Reuters が拾った。

None of the allegations floating around can be tied down to an actual person willing to put their names to their “facts”. So this looks like either rumour-mongering or some kind of weird Wall Street leaking game in which players prod each other through the media.

いずれの主張も、話したとされる人物と、「事実」とされる内容が、結び付けられていない、あやふやなものである。

したがって、ウワサ商売のたぐいというか、Wall Street の奇妙なリーク・ゲームというか、そのようなものとして見るべきなのだろう。 つまり、メディアを通じてプレーヤーたちが、お互いを叩き合っているわけだ。

Let’s just keep the kit these players need to go about their business running, shall we?

それらの出来事は、プレイヤーたちがビジネスを展開するための、単なる道具として捉えるべきなのだろう。 それで、良いんじゃない?

ーーーー

発端は:VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

ーーーーー

真相は闇の中、、、という感じです。 この The Register のポストを読む限り、EMC もオフィシャルには否定していないようです。 続報があればと思い、ググッた結果は以下のとおりです(12日14時)。まだ、目を通してもいませんが、候補として IBM が登場したという説もあるようです。なにやら、話は広がり、いわゆる炎上モードに入っているような感じもしますね。

ーーーーー

<関連>

Channelnomics: EMC Considers Selling VMware to HP – Reports
Bnamericas: EMC may sell VMware to HP – report
ZDNet: EMC mulls selling stake in VMware, reportedly calls deal a ‘distraction’
Infotechlead: HP and IBM target VMware as EMC plans to exit
The Street: EMC Seen as Potential Target After Said to Mull VMware Stake Sale

 

VMware が EMC から HP に売却か? New York Post がレポート

Posted in Businesses, HP, VMware by Agile Cat on September 12, 2014

EMC considers selling stake in VMware: NY Post
http://wp.me/pwo1E-7QI

September 11, 2014 MYT 8:00:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/09/11/EMC-considers-selling-stake-in-VMware-NY-Post/

_Star Online

Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

データ・ストレージ・プロダクツのメーカーである EMC だが、同社の傘下で仮想化ソフトウェア・ユニットとして機能している、VMware を売却する方向で検討を始めたと、この状況に精通している情報筋の言葉を引用するかたちで、 New York Post がレポートしている。

Hewlett-Packard Co is a potential buyer for VMware, a source told the paper.

そして、この情報筋は、VMware の売却先が Hewlett-Packard Co になる可能性が高いと、紙面で述べている。

POTENTIAL SALE: Data storage products maker EMC Corp has decided to consider selling its stake in its virtualisation software unit, VMware Inc, New York Post reported, citing sources familiar with the situation.

EMC has been resisting pressure from activist investor Elliott Management Corp to spin off VMware, saying that keeping the companies together helps the company win business.

これまでの EMC は、VMware のスピン・オフを推進すべきとする、投資家の Elliott Management Corp からの圧力に抵抗してきた。そして、両社が協調することで、ビジネスで勝利を収められると発言してきた。

Elliott has invested more than US $1 bil (RM 3.19 bil) in EMC with an aim to push it to spin off VMware, which has a market value of about US$41.88bil (RM 133.81 bil). EMC, which owns about 80% of VMware, had bought the company in 2004 for US $700 mil (RM 2.23 bil). VMware accounted for about 22% of EMC’s 2013 revenue of US $23.2 bil (RM 74.12 bil).

Elliott は EMC に US $1bil (RM 3.19 bil) 以上を出資しており、市場価格が US $41.88 bil (RM 133.81 bil) とされる VMware を、売却させようとしている。 また、EMC は、VMware の株式の約 80% を所有しているが、それは 2004年の時点で、US$700mil (RM2.23bil) という対価で買い求めたものである。そして、2013年の VMware は、EMC グループ全体の 22% に相当する、US $23.2 bil (RM 74.12 bil) という売上をあげている。

EMC may also look to put other assets on sale, another source told the Post. EMC, VMware and HP did not immediately respond to requests for comment.

また、EMC は、その他の資産の売却も検討していると、前述の情報筋は New York Post に語っている。EMC と、VMware と、HP にコメントを求めているが、いずれも無言を貫いている。

Up to Wednesday’s close, EMC shares had gained about 12% in 12 months, while the S&P 500 Index had risen about 21%. Shares of EMC, which has a market value of US$59.86bil (RM191.26bil), were up 2% at US$30.17 (RM96.40) in premarket trading. — Reuters

EMC の株価であるが、水曜日のマーケットが閉まる時点で、前年と比べて 12% の上昇を達成している。 ただし、S&P 500 Index が、21% の上昇を見せているという現実もある。 なお、EMC の株式総資産は  US $59.86 bil (RM 191.26 bil) であり、プレ・マーケット・トレーディングにおいて US $30.17 (RM 96.40) の上昇となっている。— Reuters

ーーーーー

否定説です:EMC が VMware の売却を否定という説も、Wall Street に流れている

ーーーーー

今週は、この他にも、「Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポート」という話がありました。 この数年間を支配してきたとも言える、仮想化というテクノロジーは、クラウド・シフトと共に、次第に輝きを失っていくのでしょうか? もう、4年も前のポストですが、「VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを」という、Gogaom が付けたタイトルが、幾度となく脳裏を横切っていきます。

ーーーーー

<関連>

Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013
VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?

Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポートしているが・・・

Posted in Bare-Metal, Hybrid, Rackspace, Telecom by Agile Cat on September 9, 2014

Rackspace may get acquired by telecom CenturyLink
http://wp.me/pwo1E-7PC

September 7, 2014 – Tom Cheredar
http://venturebeat.com/2014/09/07/rackspace-may-get-acquired-by-telecom-centurylink/

_ VB

In an odd turn of events, major web hosting company Rackspace is allegedly in negotiations to sell itself to Louisiana-based telecommunications firm CenturyLink.

一連の流れの中で、また、興味深い話が出てきた。 伝えられるところによると、メジャー Web ホスティング会社である Rackspace が、Louisiana ベースのテレコムである CenturyLink に対して、自身を売却するための交渉に入っているというのである。

Image Credit
Garrett Heath/Flickr

The news, first reported by Bloomberg earlier today, wouldn’t be a complete shock if true. Rackspace first notified shareholders that it was interested in selling the company back in May, which actually had a negative effect on its stock price, as VentureBeat previously reported.

この、今朝一番に Bloomberg から報じられたニュースだが、それが事実であっても、さして驚くべきものではない。話は 5月に戻るが、Rackspace は株主たちに、自社の売却について興味が有ることを伝えていたのだ。そして、以前に VentureBeat がレポートしたように、そのことが同社の株価に対してマイナスの影響を及ぼした。

Rackspace declined comment to VentureBeat about any such acquisition negotiations.

VentureBeat は Rackspace に対して、それらの買収交渉に関するコメントを求めているが、無視されている。

Part of the stock downturn has to do with major potential buyers like IBM showing no interest in an acquisition. Also, few analysts believed the company would take itself private to avoid scrutiny by shareholders as Rackspace attempts to shift away from the commodity public-cloud business to focus instead on its support and managed services.

同社の株価が低迷している背景として、IBM のような大手が買収に関心を示さないという状況にも一因がある。また、何人かのアナリストは、株主による監視を避けるために、Rackspace がプライベート・カンパニーに戻る可能性にも言及している。それは、これまでにサポートしてきたマネージド・サービスに換えて、コモディティなパブリック・クラウド・ビジネスを選ぶという路線から、Rackspace が離れようとするにつれて、生じてきた話でもある。

CenturyLink doesn’t have a strong background in cloud computing and cloud services, so its interests in Rackspace are valid. Bloomberg’s sources also indicate that expanding its cloud services is a main reason for CenturyLink’s interest.

その一方で CenturyLink は、クラウド・コンピューティングとクラウド・サービスにおける、強力なバック・グラウンドを持っていないため、Rackspace に興味を示すという説は有力である。また、Bloomberg の情報筋は、CenturyLink の主たる関心事について、クラウド・サービスの拡大があるはずと指摘している。

Based on its current stock price, Rackspace has a $5.33 billion valuation. That said, it might be difficult for CenturyLink to come up with the kind of money needed to push the acquisition deal through.

なお、Rackspace の現在の株価をベースにすると、その評価額は $5.33 billion になる。つまり、CenturyLink が、この取引をプッシュするにしても、そのための対価をひねり出すのは難しいという可能性もある。

ーーーーー

今年の初めに、Gartner が「これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される」という予測を出していました。最近の Rackspace は、OmMetal サービスという路線を打ち出し、いわゆるパブリック・クラウド価格競争から抜け出そうとしているように思えます。そして CenturyLink ですが、気になる会社ではあっても、これまでに記事を訳したことはありませんでした。 唯一、Agile_Cat で登場してくるのは、「コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する」という抄訳ですが、このポストに含まれるチャートを見ると、かなりの企業規模を有していることが分かります。 この買収に関するウワサですが、実現すると両者ともパッピーなのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Rackspace が Sony を支援 : PS 用の OpenStack プライベート・クラウドか?

Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?

Posted in .Selected, Asia, Telecom by Agile Cat on May 28, 2014

Foxconn to expand outside manufacturing with $390M telecom merger
http://wp.me/pwo1E-7wA

May 27, 2014 – Eric Blattberg
http://venturebeat.com/2014/05/27/foxconn-to-expand-outside-manufacturing-with-390m-telecom-merger/ 

__ Venture Beat

Foxconn, the Taiwan-based company that manufactures gadgets for Apple, Microsoft, Cisco, and others, aims to become a major force in Taiwan’s emergent market for 4G.

Apple/Microsoft/Cisco などのガジェットを製造する、Taiwan ベースの Foxconn だが、同国の 4G 市場における主導権を得たがっているようだ。

Image Credit:
elwynn / Shutterstock

The gadget supplier will buy a stake worth $390 million in Asia Pacific Telecom, a Taiwanese mobile telecoms operator, reports Reuters. Foxconn will acquire 582.9 million shares in Asia Pacific, according to stock exchange filings. Asia Pacific intends to merge with a unit of Foxconn by June 20.

Reuters のレポートによると、このガジェット・サプライヤーは、Taiwan のテレコム・オペレーターである Asia Pacific Telecom の、$390 Million 株式を購入するようだ。また、証券取引所への提出書類によると、Foxconn が Asia Pacific の株式を、$582.9 Million 分まで取得する。そして、Asia Pacific は 6月20日までに、Foxconn における いずれかの事業部と合併する予定である。

Foxconn previously won a license to operate part of Taiwan’s 4G spectrum, which is expected to become commercially available later this year.

また Foxconn は、Taiwan の 4G スペクトラムの一部分を運用できる、ライセンスも取得している。

Foxconn, also known as Hon Hai Precision Industry Co Ltd, is one of the world’s largest electronics manufacturers. It makes computers, mobile devices, and components for the world’s tech giants in factories spanning several countries (though its Vietnamese units ran into some trouble recently). In the last few years, Foxconn has started to expand into other areas, including cloud computing.

さらに説明するなら、周知のとおり、世界で最大級の電子機器メーカーである、 Hon Hai Precision Industry Co Ltd の一部を構成しているのも Foxconn である。 同社は、いくつかの国々にまたがる工場で、世界のハイテク巨人のために、コンピューター/モバイル・デバイス/コンポーネントなどを生産している(最近、Vietnamu の工場がトラブルに遭遇している)。 そして、ここ数年において Foxconn は、クラウド・コンピューティングも含む、いくつかの分野へと、その事業を拡大し始めている。
ーーーーー
先日には、HP と提携してサーバーを作っていくと発表していた Foxconn ですが、今度はキャリアを買収とのことです。 たしかに、それなりの資金力が無ければ成り立たない話ですが、ODM という利益幅の少ない現状から、より高収益な事業へと、いまのうちに転身したいという思いもあるはずです。成功にあぐらをかかずに、次の目標へと移行していく。 大したものですね!
ーーーーー

<関連>

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
LINE の収益が倍増している:どこに成長の秘密があるのか?

わっつ WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー

Posted in Facebook, WhatsApp by Agile Cat on February 25, 2014

‘It’s The Only App We’ve Ever Seen With Higher Engagement Than Facebook Itself’
http://wp.me/pwo1E-7fi

Jay Yarow – Feb. 21, 2014
http://www.businessinsider.com/whatsapp-engagement-chart-2014-2

_ Business Insider

There are a lot of ways (and a lot of charts!) to explain why Mark Zuckerberg felt compelled to spend $19 billion on WhatsApp. This chart from Statista is one of the best.

Mark Zuckerberg が、WhatsApp に $19 Billion を費やすべきと感じた、その理由を説明する記事はたくさんある(たくさんのチャートも)。 その中で、この Statista のチャートは、ある意味で最も優れたものである。

_  space

Statista/Business Inside

When Zuckerberg explained the deal to analysts, he said, "It’s the only app we’ve ever seen with higher engagement than Facebook itself." Here’s a look at WhatsApp’s engagement compared to other social networks.

そして、今回の買収について、Zuckerberg がアナリストたちに説明したとき、「 Facebook よりも、パワフルなエンゲージメントを実現する、これまでで唯一のアプリだ」と述べている。 このチャートが、他のソーシャル・ネットワークと比べて、WhatsApp のエンゲージメントが強力なことを示している。

ーーーーー

_ WhatsAppよく、エンゲージメントという尺度が使われますが、このチャートを見る限り、Daily Users / Monthly Uses という計算ですね。 Agile_Cat の場合は、Facebook と Twitter ですが、どちらも Daily Use です。 その他のソーシャルも使ってみたいと思っているのですが、どうしても Facebook に居る時間が長く、そこまで時間が取れないという状況です。 その反面、Twitter には多くの時間を使いませんし、Google+ にもブログ・リンクを毎日貼りますが、ほとんど時間を使わないという状況です。 ですから、エンゲージメントにも、いろいろあるのだろうと思います。そして、WhatsApp のエンゲージメントですが、そのサービスの内容からして、ほんとうにガッチリと、ユーザーを掴んでいるのだろうと想像してしまいますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

%d bloggers like this: