Agile Cat — in the cloud

Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する

Posted in Data Center Trends, Research by Agile Cat on November 18, 2013

Challenging Network Bandwidth: Data Center IP Traffic to Triple by 2017
http://wp.me/pwo1E-6UO

By Dick Weisinger – November 14th, 2013
http://formtek.com/blog/challenging-network-bandwidth-data-center-ip-traffic-to-triple-by-2017/

_ FormTek

Network traffic in data centers continues to rise dramatically. A recent Cisco report expects that annual global data center IP traffic will reach 7.7 zettabytes by the end of 2017, nearly triple the level of IP data traffic seen in 2012. That equates to a 25 percent compound annual growth rate. 7.7 zettabytes of bandwidth is equivalent to 107 trillion hours of streaming music, enough for one and one half years of nonstop listening for everyone on the planet.

データセンター内のネットワーク・トラフィックが、凄まじい勢いで上昇し続けている。最近の Cisco レポートによると、年間におけるグローバル・データセンター IP トラフィックは、2017年末までに 7.7 Zetta Byte に達し、2012年の IP データ·トラフィックと比べて、ほぼ 3倍のレベルに至るとされる。そして、それを複合年間成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)でみると、25% になるという。 7.7 Zetta Byte の帯域幅というと、107 Trillion 時間のミュージック・ストリーミングに相当するものであり、この地球上の人々を 1年半にわたって、音楽漬けにできるだけの量となる。

17 percent of data center traffic is driven by users accessing cloud resources to surf the web, stream video, collaborate, and access connected devices. 7 percent of the traffic is associated with data centers for things like data replication and software/system updates. The remaining 76 percent of traffic happens within the data center and is associated with the storage and the movement of production and development data in a virtualized environment.

データセンターのトラフィックを分析すると、その 17% が、Web/Stream Video/Collaborate/Access Device といった、ユーザーによるクラウド・リソースへのアクセスとなる。また、7% は、データのリプリケーションや、ソフトウェア/システムのアップデートといった、データセンターに関連するものとなる。そして、残りの 76% であるが、ストレージとの接続に関するもの、あるいは、仮想環境へ向けた開発/本番データの移行に関するものとされる。

Doug Merritt, senior vice president of Product and Solutions Marketing at Cisco, said that “people all over the world continue to demand the ability to access personal, business and entertainment content anywhere on any device, and each transaction in a virtualized, cloud environment can cause cascading effects on the network Relevant Products/Services. Because of this continuing trend, we are seeing huge increases in the amount of cloud traffic within, between and beyond data centers over the next four years.”

Cisco の Senior VP of Product and Solutions Marketing である Doug Merritt は、「 世界中の人々が、その場所を選ぶことなく、あらゆるデバイスを用いて、パーソナル/ビジネス/エンターテインメントに関するコンテンツへのアクセスを要求するだろう。そして、クラウド環境内で仮想化される各トランザクションにより、ネットワークに関連するプロダクツ/サービスに連鎖的な効果が生じる可能性がある。これからの 4年間で、このようなトレンドが継続していくため、データセンター間において、また、それを超えた次元で、クラウド・トラフィックが大幅に増加していくだろう」と、述べている

David Palmer-Stevens, SI manager at datacenter-equipment manufacturer Panduit, told BusinessCloudNews that “this shift is relentless and the dramatic move to cloud computing is turning on its head the traditional thinking on how data centres are designed and deployed. Looking at power, cooling and cabling design is just as important as the IT side in delivering what the customer wants. With this set to grow even further we must start implementing changes to create a more robust, efficient infrastructure to support this – otherwise we will see even more outages and failures.”

Panduit の SI Manager at Datacenter-Equipment Manufacturer である David Palmer-StevensBusinessCloudNews に対して、「 このシフトは、容赦の無いものである。 そして、クラウド·コンピューティングへ向けた劇的な移行は、データセンターを設計/展開するための伝統的な手法をも、大きく変化させようとしている。電力の供給および、クーリングとケーブリングのデザインと同様に、顧客が望んでいるものを、どのようにして IT サイドから提供していくのかという視点も重要になる。こうしたナレッジのセットを、さらなる成長のために用いていくが、それをサポートするためには、堅牢で効率の良いインフラストラクチャの構成が欠かせない。 したがって、私たちは、実装形態の変革に取り組む必要がある。そうしなければ、さらに多くの停止や障害を目にすることになるだろう」と述べている

ーーーーー

TAG indexそれにしても、2017年末までに、データセンター内の IP トラフィックが、7.7 Zetta Byte に至るというのは、かなり衝撃的な数字ですね。 そして、ユーザーからのアクセスで生じるトラフィックが、わずか 17% に過ぎないというのも驚きです。 以前に、Open Compute に関連するものとして、『Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く』や『Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics で Disaggregate だ!』といった抄訳をポストしていますが、その重要性が皮膚感覚で伝わってくる、とても貴重なレポートだと思います。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?
Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Mobile の調査 : 無償アプリが支配する モバイルの市場
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Web Scale by Agile Cat on May 31, 2012

Mobile share of web traffic in Asia has tripled since 2010
http://wp.me/pwo1E-4gI
May 8th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/08/mobile-web-traffic-asia-tripled/

Image

In just over two years, the share of web traffic in Asia that comes from mobile devices has almost tripled. In fact, in some countries, close to half of all web traffic comes from mobile devices. India is very close to mobile traffic breaking 50% of all web traffic, as are several other countries in Asia as well as Africa.

この 2年少々の期間において、Asia の モバイル Web トラフィック・シェアは、約 3倍に増大している。 実際のところ、いくつかの国々では、すべての Web トラフィックの 約 1/2 が、モバイル・デバイスからもたらされている。 India は、その他の Asia の国々と同様に、全 Web トラフィックの 50% ラインを、モバイル・トラフィックが突き破る寸前まできている。 なお、この傾向は、Africa 諸国にも見出される。

The world is changing, and it’s changing fast

Image

If you look at the top countries in the world ranked by number of mobile phones, there’s little surprise that China is the number one, followed by India, United States, Brazil, and Indonesia.

モバイル・デバイスの保有台数という視点で、世界のトップの国々をランク付けし、1位が China で、その後に India、United States、Brazil、Indonesia と続く状況を見ても、ほとんど驚きがないだろう。

But if we look at the percentage of users that go online with a mobile device compared to with a computer, the list changes.

モバイル・デバイスの保有台数という視点で、世界のトップの国々をランク付けし、1位が China で、その後に India、United States、Brazil、Indonesia と続く状況を見ても、ほとんど驚きがないだろう。しかし、モバイル・デバイスからオンラインに出ていくユーザーの数と、PC からのユーザーの数を比較すると、このリストは一変する。

Image(1)

クリックで拡大 ⇒

In late 2010, we investigated what part of all web usage across the world was mobile, and we’ve done so again with the latest figures available. This is what it looks like right now:

2010年も終わるころ、私たちは全世界をカバーする調査として、Web 利用におけるモバイルの比率を算出した。 そして、いま、最新の数字を用いて、それらを比較してみた。 その、最新の調査結果が、このチャートに反映されている。

Comparing the figures from 2010 to the current ones reveals a dramatic increase in just over two years:

2010年のデータと、現在のデータを比較すると、この2年少々の間に、モバイル Web トラフィックが、きわめて大幅に増大していることが分かる。

Image(1)

クリックで拡大 ⇒

We should point out that these numbers are percentages out of the total of web traffic and do not reflect any change in the absolute number of people or devices.

ここでは、こうしたデータが Web トラフィックの比率であり、モバイル・デバイスの絶対数や、それらを所有する人々の人数ではないことを、指摘しておくべきだと思う。

But by all accounts, mobile web traffic counted in absolute numbers is virtually exploding in the next few years.

しかし、誰に聞いても、絶対量でカウントさられるモバイル Web トラフィックは、これからの数年に間に、爆発といっても過言ではない状況になっていく。

Countries with largest mobile share of web traffic

When we dig a little deeper into this information, we find that, in several countries, mobile web traffic is close to overtaking web traffic from computers.  Over at The Next Web, Jon Russell recently predicted that mobile web traffic in India will overtake PC web traffic this year, which seems pretty likely to happen.

こうした一連の情報について、さらに掘り下げて考察していくと、いくつかの国では モバイル Web トラフィックが、PC による Web トラフィックを追い越しそうだと思えてくる。   最近のことだが、Jon Russell の The Next Web では、India のモバイル Web トラフィックが、今年には PC Web トラフィックを追い越すと予測されている。そして、その可能性は、きわめて高いものと思われる。

Right now, the countries with the highest share of mobile traffic as part of total web traffic are:

まさに、いま、以下の国々は、全体的な Web トラフィックに対して、きわめて大きなモバイル・トラフィックの比率を有している。

  • 48.87% – India
  • 47.09% – Zambia
  • 44.95% – Sudan
  • 42.36% – Uzbekistan
  • 40.65% – Nigeria
  • 37.95% – Zimbabwe
  • 35.46% – Laos
  • 34.66% – Brunei
  • 31.79% – Ethiopia
  • 29.2% – Kenya

As you can see, Africa and Asia split the list between them. Africa amassed six countries, which left Asia with four.

ここで確認できるように、Africa と Asia がリストを分け合っている。 6か国が Africa からであり、残りの 4か国が Asia からという状況である。

The first European country is the United Kingdom with 10.71%, and the U.S. showed 8.61% mobile web traffic as share of all web traffic.

European でのトップは 10.71% の United Kingdom であり、U.S. は 8.61% となっている。 この数字も、すべての Web トラフィックに対する、モバイル Web トラフィックが比率である。

It’s worth noting that Europe scored a 183.43% increase in mobile browsing share over this period, not that far behind Asia. But with the mobile share only increasing from 1.81% to 5.13%, Europe is still far behind both Africa and Asia when it comes to the percentage of users accessing the web using mobiles.

この期間において、Asia の数字と近いところで、Europe でのモバイル Web ブラウジングの比率が 183.43% 増というのは、注目すべき価値を持っている。 しかし、モバイルの比率としては、1.81% から 5.13% まで増加したという状況でありで、この Web アクセスに関する比率をベースに、Europe を Africa や Asia を比較すると、その差は依然として大きい。

The trend is set to continue

Worldwide, mobiles only account for about 10% of web access, but it’s a figure that is growing fast. With some countries already closing in on 50% of web traffic coming from mobiles – with India in the lead – it’s safe to assume this development will only continue.

ワールドワイドに目を転じると、全体的な Web アクセスに対して、モバイルが占める比率は約 10% に過ぎないが、素早く成長しているのも確かである。 このレースは India がリードしているが、その他にも、いくつかの国々が Web トラフィックの 50% ラインに近づいている。 こうした展開が継続されると想定しても、間違いはないだろう。

Clearly, people are taking to their mobile devices all over the world to get on the Internet, but more so in Africa and Asia than elsewhere.

明らかなことは、世界中のいたるところで、人々がモバイルからインターネットにアクセスするようになったことだ。 しかし、どの地域よりも、Africa と Asia で、その傾向が強いということだ。

This is a very interesting development to follow, and we’re sure to report on it in future articles.

こうした展開は、きわめて興味深いものであり、また、私たちも継続してレポートしていくつもりだ。

Note about the data: We used data from StatCounter as the basis for our analysis. The data for 2012 covers the first seven days of May, 2012.

 

ーーーーー

Image(2)

どこで、似たような調査があったはずとバックナンバーを探してみたら、2011年7月に「インドのブロードバンドは、3G Connection により急成長する」という抄訳をポストしていました。こちらは、回線契約者の比率という視点ですが、明らかにモバイル・ユーザーがブロドバンド・ユーザーを上回っているようです。いきなりモバイルから始まるデバイスと、やはり、いきなりクラウドから始まるサービスとの組み合わせで、ジャンプ・スタートを決めそうな感じですね。ーーー Image

ーーーーー

<関連>

クラウドの利用率では、南米とアジアが他をリードしているのか?
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
モバイル・テクノロジーが進化すれば、リモート・ワーカーが増えていく
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!
OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい

 

もう 1つの、Microsoft Office for iPad はいかが?

Posted in Apple, Microsoft, Mobile, Post-PC by Agile Cat on February 26, 2012

Still Waiting on Office for iPad?
OnLive’s New Subscription Service Has Office, Flash and More.
http://wp.me/pwo1E-3Xn
February 22, 2012 at 4:55 pm PT
http://allthingsd.com/20120222/still-waiting-on-office-for-ipad-onlives-new-subscription-service-has-office-flash-and-more/

_ all things D

For those of you still holding your breath while you wait for an official Microsoft Office app to come to iPad, here’s something that might help in the interim: OnLive Desktop Plus, a premium, $4.99-a-month version of the OnLive Desktop app for iPad and other tablet devices.

Microsoft Office のオフィシャルな iPad 版を、息をこらして待ち続けるなら、OnLive Desktop Plus という、それまでの暫定版もある。OnLive Desktop として提供される、その $4.99/month のプレミアム・バージョンは、iPad などのタブレット・デバイスに対応している。

The newest version of the app offers a cloud-based Internet Explorer 9, Adobe Flash, and PDF capabilities, in addition to the full Office suite and the “accelerated browsing experience” that OnLive created for fast pushing and pulling of data on a remote-access desktop.

このアプリケーションの最新バージョンは、クラウドベースの Internet Explorer 9/Adobe Flash/PDF Readerなどを提供する。 それに加えて、フル Office Suite と、リモート・アクセス・デスクトップのために OnLive が開発した、高速でのデータ Push/Pull である “accelerated browsing experience” が提供される。

ーーーーー

TAG index

OnLive からのメール ⇒

この OnLive Desktop については、先月の 「 iPad の OnLive Desktop から Windows 7 を操作する – これは使えそう! 」というポストでお伝えしましたが、今度は Plus が付いて、プレミアム・バージョンの価格が $9.99 から $4.99 に引き下げられたようです。 さらに、IE9 や PDF Reader なども加えたれたようで、ぐっとパワーアップした感じがします。 Agile_Cat の場合、まだ Free バージョンを触っている程度ですが、仮想キーボードを使った日本語入力が出来そうもないので、本格的な試用に関しては、まだ、待ちという状況です。ほんとうは、iPad のキーボードから入力できるような仕様にしてくれると、一番 良いのですがね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

モバイル BaaS って何だ?
iPad 3 が 3月の 第 1 週に発表される、という ウワサ がヒートアップ
企業向けタブレットの 96% を、iPad が占有しているって?
iPad の成長と PC の衰退は、連動しているのか?
Apple は HP を追い抜き、すでに最大の PC ベンダーになっているのか?

%d bloggers like this: