Agile Cat — in the cloud

iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 30, 2014

Walmart Offers iPhone 5C for Just 97 Cents
http://wp.me/pwo1E-7Nv

Marco Foronda  – Aug 22, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/7589/20140822/walmart-apple-inc-iphone-5c-iphone-5s-iphone-price-drop-tech-gadget-smartphone-ios-phone.htm

Walmart has drastically slashed its price tag for the iPhone 5C and 5S. The retail store’s move prepares it for the upcoming debut of iPhone 6 in September by getting rid of as many of the old iPhone models as fast as it can.

Walmart における iPhone 5C/5S の値下げが、大幅なものになっている。このリテーラーは、古い iPhone を可能な限り早く処分することで、9月に登場してくる iPhone 6 に対して、準備を整えようとしている。

iPhone 5C

Walmart cut the price of iPhone 5S (16 GB) from US$99 to just US$79. Its colorful lineup iPhone 5C (16 GB and in any color) has been cut from US$29 to just US$.97 cents. This very cheap offer of Walmart for iPhone 5S and iPhone 5C, however, comes with a two-year contract from Verizon, U.S. Cellular, AT&T and Sprint.

Walmart は、 iPhone 5S (16 GB) については、US$99 から US$79 に値下げし、カラフルな iPhone 5C (16 GB) についてはUS$29 から US$0.97 に引き下げている。 この、Walmart による iPhone 5S と iPhone 5C のオファーは激安だが、Verizon/U.S. Cellular/AT&T/Sprint などの二年縛りがついてくる。

The price cut is only good in stores and not for online purchases. Customers can also avail of an unlocked and contract-free iPhone 5C which costs US$549 directly from Apple, Inc.

なお、このバーゲンはリアル店舗のみで展開されており、オンラインでの購入には適用されていない。 もちろん、キャリア縛りのないアンロック iPhone 5C を Apple から購入できるが、こちらは US$549 になる。

Electronic and gadget stores are slashing their prices for existing iPhone stocks before the rumored arrival of the new model this September. Walmart’s price drop also confirm about rumors regarding the release date of the iPhone 6.

いくつかの家電/ガジェット・ストアでは、新しい iPhone が 9月に登場するというウワサが出まわる前から、このような値下げ販売が行われている。 そして、この Walmart の再値下げは、iPhone 6 について囁かれているリリース日を、裏付けするものとなる。

Price drops on Apple products are rare because the company limits how it retail partners can price its products. Walmart is the only retail store that can sell Apple products below Apple’s manufacturer suggested retail price (MSRP).

リテーラーの値付けが制約されているため、このような、Apple 製品に関する値下げは珍しいことでもある。そして、Walmart だけが、Apple の MSRP(manufacturer suggested retail price)を下回る値付けを許さてている。

Meanwhile, Apple fans are really excited about the launch of the iPhone 6 that is rumored to have a reversible USB Lightning cable, an almost unbreakable sapphire glass display and two larger screen versions, 4.7-inch and 5.5-inch.

その一方で、Apple ファンたちは、iPhone 6 のローンチを心待ちにしている。 リバーシブル USB Lightning ケーブルや、強固なサファイヤ・ガラス、4.7-inch と 5.5-inch の大型スクリーンが、サポートされるというウワサである。

ーーーーー

文中にもあるように、このような形での、iPhone の在庫処分というのは珍しいですね。 売れ残りがあるということは、Apple というブランドにとって好ましくないので、可能であれば買い戻してしまい、中国などで販売したほうが良いのでしょうが、LTE の方式が違うので、それも不可能であり、、、という感じなのでしょう。 それにしても、iPhone 6 は、これまでの価格帯を踏襲するのでしょうか? それとも、引き下げへと向かうのでしょうか? そして、Apple が最重視する交渉相手は、これまでどおり Verizon/AT&T なのでしょうか? それとも、7億人サブスクライバーの、China Mobile なのでしょうか? Agile_Cat 的には、iPhone 6 のスペックよりも、ビジネス・モデルの変化に興味シンシンです。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Android L の L は、Lemon Meringue Pie の LMP の L なのだ!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Weekend by Agile Cat on August 28, 2014

Nexus 6, Nexus 8 or 9 Release Date: Android L for Lemon Meringue Pie (LMP)
http://wp.me/pwo1E-7Nb

Vanessa Francisco  − Aug 27, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/8113/20140827/nexus-6-nexus-8-or-9-release-date-android-l-for-lemon-meringue-pie-lmp.htm

Google codenamed the upcoming version of the Android operating system as Android L. The Android L was speculated to stand for lollipop. However, many leaks are circulating the Internet, suggesting that the upcoming version of the most popular mobile operating system could actually be called Android LMP which stands for Lemon Meringue Pie.

Google だが、Android の次期バージョンである、Android L のコードネームを決めたようだ。Android L は、Lollipop の L だとする説が有力だった。しかし、数多くのリーク情報がインターネットを駆け巡っている。それによると、この最も人気のある Mobile OS の次期バージョンは、Lemon Meringue Pie の略を用いた、Android LMP になるようだ。

Photo
Wikimedia Commons

Google introduced Android L at the I/O 2014 event but it did not reveal its commercial dessert name for the platform release. Before the Google developers event, a website from Bulgaria said that Android 5.0 Lollipop is the company’s upcoming Android version but the name did not receive confirmation. Android Police found several evidence that suggest Android L may actually be Android Lemon Meringue Pie (LMP) on its launch this coming fall. It supposedly found several official code sources and documentation which list the upcoming release as LMP.

Google は、I/O 2014 イベントにおいて Android L を紹介しているが、このプラットフォームをリリースするときのコマーシャル・デザート・ネームは明らかにしなかった。この Google Developer イベントの前に、Bulgaria の Web サイトは、新しい Android のバージョン名は Android 5.0 Lollipop になると断言していたが、その案は受け入れられなかったらしい。Android Police は、この秋に立ち上げられる Android L が、Android Lemon Meringue Pie (LMP) になると示唆する、いくつかの証拠を発見したという。おそらく、次期リリースのオフィシャルなソースコードとドキュメントの中に、LMP という記述を見つけたのだろう。

The existing preview builds of the Nexus 7 and Nexus 5 Android L are listed a lmp-review-release in Android SDK. There were a few more LMP mentions on the Android Open Source Project repository. The WiFi certification documentation for the HTC Nexus 9 also listed the firmware as LMP. The firmware states "aosp_flounder-userdebug L LMP eng.buildteam.20140725.184742test-key, WiFi component: 7.26.5.

いま、出回っている、Nexus 7 と Nexus 5 用のプレビュー・ビルドでも、Android SDK に lmp-review-release という表記が見いだせる。 さらに、Android Open Source Project のリポジトリでも、いくつかの LMP が見つかっている。ダメ押しになるが、HTC Nexus 9 の、WiFi サーティフィケーション・ドキュメントも、ファームウェアに対して LMP としている。具体的にいうと、aosp_flounder-userdebug L LMP eng.buildteam.20140725.184742test-key, WiFi component: 7.26.5 というふうになる。

Google is speculated to debut Android L sometime in the fall alongside the new Nexus hardware. The updated system factory images of Android L bring support for Google Fit, the company’s health-tracking platform. The Mountain View company released the preview software development kit (SDK) to help developers build fitness and health apps for Google Fit on Aug. 21.

Google は、この秋のどこかで、新しい Nexus ハードウェアと一緒に、Android L をデビューさせるはずだ。Android L のアップデートされたシステム・ファクトリー・イメージは、同社のヘルス・トラッキング・プラットフォームである、Google Fot をサポートするものとなっている。この Mountain View カンパニーは、8月21日の時点で、Google Fit 用のフィットネス/ヘルス・アプリを構築するデベロッパーたちをサポートするために、Preview SDK をリリースしている。

ーーーーー

う〜ん、ロリポップでは無かったのですね! ちなみに、Lemon Meringue Pie は、レモン・メレンゲ・パイと読むらしく、単にレモン・パイとも言うらしいです。でも、それを許してしまうと、M は マンゴー・パイとか、O はオレンジ・パイとか、ぐるっと一周して アップル・パイとか(ケンカになるから止めて欲しいですが)、、、Google の頭の良い人たちに、くだらないことで悩んでもらいたいという、観客としての楽しみが減ってしまうのではないかと、とても心配しています。 やはり、Google 先生には、安易な道に走ってほしくないですよね  :) 

ーーーーー

<関連>

Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート

Gmail の Unsubscribing 機能を活用し、不要なメールの配信を停止しよう

Posted in Google, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on August 24, 2014

Gmail Just Made Unsubscribing From Annoying Emails a Lot Easier
http://wp.me/pwo1E-7Mo
By Karissa Bell – Aug 7, 2014
http://mashable.com/2014/08/06/gmail-moves-unsubscribe/

_ Mashable

Decluttering your Gmail inbox just got a lot easier.

雑然としている、Gmail の受信トレイを整理しよう。

Google announced it would move the unsubscribe button to the top of messages in Gmail to make it easier to unsubscribe from newsletters, social media notifications and other promotional emails.

Google は、Gmail 内の各メッセージの先頭に サブスクライブ停止ボタンを加えるとアナウンスした。それにより、ニュース・レターや、ソーシャル・メディア、プロモーションなどの、不要な電子メールを容易にアン・サブスクライブできるようになる。

Image: Mashable composite.

Getty Creative, Dynamic Graphics

Previously, emails that offered an unsubscribe option usually had it buried in tiny text at the very bottom of messages. With the new feature, unsubscribe links will now be displayed at the top of messages, next to the sender’s email address.

以前にも、それらの電子メールは、サブスクライブ・オプションを提供していたが、テキストの末尾の方に、小さくう埋もれてしまっていた。 しかし、この新しい機能ではメッセージの先頭に、つまり、対象となるメール送信者の隣に、アン・サブスクライブのリンクが表示される。

"Making the unsubscribe option easy to find is a win for everyone," Google wrote in a Google+ post. "For email senders, their mail is less likely to be marked as spam and for you, you can now say goodbye to sifting through an entire message for that one pesky link.”

Google は、「この、アン・サブスクライブのオプションを見つけやすくしたことは、すべての人々にとって素晴らしいことである。 対象となる電子メールの送信者にとって、スパムとしてマークされている可能性は低くなる。 そして、受信者は、メッセージ全体を通して、厄介なリンクにサヨナラを言える」と、Google+ にポストしている。

Image: Google

The new unsubscribe feature relies on Gmail’s existing filtering system, used for Gmail’s inbox tabs, that identifies promotional, social and forum email lists.

この、アン・サブスクライブのための新しい機能は、Gmail の Inbox Tab で使われていた、これまでのフィルタリング・システム(ニュース・レター/ソーシャル・メディア/プロモーションなどを識別)を再利用するものとなる。

The feature isn’t totally new. Google previously tested the feature with a small number of users but it’s now rolling out to all Gmail accounts.

この機能は、まったく新しいというものではない。 以前から Google は、少数のユーザーと対象として、この機能をテストしてきた。 そして、いま、すべての Gmail アカウントに対して、それを展開することになった。

See also: 10 Ways You’re Using Gmail Wrong

ーーーーー

メールというコミュニケーション手段は、必要な情報を参照するために、たくさんの不要な情報を取り扱う必要があるので、ハッキリ言って Agile_Cat は嫌いなのです。 とは言え、情報を受け渡すための手段として広く利用されているので、必要最小限なものに限って、つまり、絞り込んだ相手だけと、メールを交換するように普段から心がけています。 そうしないと、あっという間に、不要な情報で受信トレイが埋め尽くされてしまいますからね。 それでも、放っておくと、だんだんとプロモーション・メールが増えてきてしまいます。 このイメージは、自分の受信トレイから取り出してみた、それらのメールなのですが、Unsubscribe ボタンを押すべきものも含まれていますね :) その意味で、このようにシステムで配信を停止できるものは良いです。一番困るのは、「私にご一報ください」という配信停止の方式であり、それを行使するだけの勇気が無いので、読まないメールを延々と受信し続けることになるのです。。。 

ーーーーー

<関連>

Gmail for Android のダウンロード数が、ついに 10億に達した!
Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
Gmail for iPhone が、かなり高速化されたようだ : さっそく DL してみよう!
Gmail の新機能を、1分半の Youtube で簡単にチェック!
Wikileaks ボランティアの Gmail データが、Google から 米政府に開示された

Web 上でフォーカスが変化する写真:それを実現する Lytro フォーマットが GitHub に!

Posted in Entertainment, Weekend by Agile Cat on August 16, 2014

Lytro Debuts New File Format, Partners With 500px
http://wp.me/pwo1E-7Lf

By Karissa Bell – June 12, 2014
http://mashable.com/2014/06/11/lytro-new-file-format-500px/

_ Mashable

Lytro’s cameras first entered the spotlight because they enabled users to change the focus of images after they were already shot.

Lytro のカメラがスポットライトを浴び始めたのは、すでに撮影されたイメージであっても、そのフォーカスをユーザーが変更できるからである。

But one obstacle holding the light-field platform back — other than expensive hardware — is that the greater photography ecosystem isn’t equipped to handle Lytro’s "living pictures," which use a file type not widely supported on the web. But that’s about to change.

しかし、明視野像プラットフォームの展開を妨げるものとして、そのハードウェアが高価なこと以外にも、Living Picture を取り扱うための、大規模なフォト・エコシステムが存在していないことが挙げられていた。つまり、そこで用いられるファイル・タイプは、Web 上で広く普及しているものではないのだ。しかし、それも、変わろうとしている。

Image: Flickr
Max Braun

The company is altering the way it stores images, which will now use a new open-file format that applies the WebGL standard for 3D graphics, according to Recode.

Recode説明によると、そのイメージをストアする方式を、同社は変更しているようだ。 具体的に言うと、3D グラフィックスのための WebGL スタンダードを適用する、新たなオープン・ファイル・フォーマットを使用することになる。

The first third-party platform that will take advantage of Lytro’s new format is online-photography community 500px, whose users will be able to view, edit and share Lytro photos. Lytro’s images will likely start appearing in other places around the web, too, as the company plans to make its new format available on GitHub, so anyone can take advantage of it.

この、Lytro の新しいフォーマットを活用する最初のサードパーティは、500px というオンライン·フォトコミュニティのプラットフォームだ。そのユーザーたちは、Lytro で撮影した写真の、参照/編集/共有を実現していくことになる。そして、Lytro のイメージは、数多くの Web 環境に登場してくるだろう。 つまり、GitHub 上の新しいフォーマットとして提供し、誰もが活用できるようにするという計画を、同社は持っている。

Lytro’s first cameras, which focused on light-field photography, became available in 2012. The company introduced its second-generation camera, the $1,599 Illum, earlier this year.

この、明視野像にフォーカスする、Lytro による最初カメラは、2012年に登場している。 そして同社は、第二世代のカメラである Illum を、$1599 という価格で、今年の初めに投入している。

Lytro has focused on consumer photography up until now. Last year, the company’s secured a $40 million round of funding to apply its technology to new categories.

そして、いま、Lytro がフォーカスしているのは、コンシューマの市場である。 この新しいカテゴリに、同社のテクノロジーを適用するための資金として、昨年のラウンドで $40 million を得ているのだ。

See also: Lytro Unveils Its Second-Generation Camera, the Illum

ーーーーー

カメラのことが、なにも分からない Agile_Cat であり、[light-field を 明視野 ] と、そのまま訳していますが、これで正解なのでしょうか? 変なところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。 それにしても、この Lytro のサンプル・ページは面白いですよ。 写真のフォーカスを後から変えることで、そして、その変化を見せることで、素晴らしい表現力が得られています。 言い換えるなら、印画紙に焼き付けられるところから始まり、Web 上でも固定されていた写真というものが、まさに Living Picture として、新たな生命を授けられたという感じです。 これからの展開が、とても楽しみです!

ーーーーー

<関連>

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz

Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた

Posted in Social, Twitter, Weekend by Agile Cat on August 10, 2014

Twitter’s First Logo Cost Less Than $20
http://wp.me/pwo1E-7Kf

Jillian D’Onfro – August 9, 2014
http://www.businessinsider.com/first-twitter-logo-cost-less-than-20-2014-8

_ Business Insider

Twitter’s logo wasn’t always the plump, happy blue bird that we’re all used to today.

Twitter の昔のロゴは、私たちが見慣れている、ふっくらとした、幸せなそうな青い鳥だったわけではない。

Twitter’s current logo

After Twitter launched in 2006, the team bought its first logo for about $15.

Twitter が 2006年に立ち上がった後に、そのチームは約 $15 の対価で、最初のロゴを購入している。

It was a design by Simon Oxley, a British graphic designer living in Japan, who had submitted it to the stock photography website, iStock, according to The New York Times. At the time, Oxley had never heard of Twitter.

The New York Times によると、Simon Oxley という、日本に住むイギリス人のグラフィック・デザイナーがデザインし、ストック・フォト・サイトの iStock にサブミットされていたものだという。 当時の Oxley は、Twitter のことなんて、聞いたこともなかったようだ。

Here’s a screenshot of the site from back in 2007:

以下のスクリーン・ショットは、2007年当時の Twitter サイトを示している:

_  space

The Way Back Machine

Twitter eventually abandoned the design in 2009, because companies aren’t supposed to use iStock images as their official logos.

しかし Twitter は、このデザインを、2009年に放棄することになった。 なぜなら、iStock のイメージは、企業のオフィシャル・ロゴとして、使用できない取り決めになっていたからである。

The company didn’t settle on its current design until 2012, when it rebranded to something a little more sophisticated. Having the bird look up brought some subtle optimism to the brand:

そして、Twitter のロゴが、現在のものに落ち着いたのは、洗練されたブランドが確立された 2012年となる。言い換えれば、鳥をあしらったデザインが、このブランドに対して、何らかの楽観主義をもたらしたのかもしれない。

Oxley still sells a design that’s very similar to the original on iStock, though now it’s only $11:

Oxley の方だが、オリジナルと非常に似たデザインを、いまも iStock で販売している。 その値段は、$11 である:

_  space

iStock Photo

ーーーーー

そういえば、こんなデザインでしたね。 Agile_Cat が Twitter を始めたのは、たしか 2008年だったと思います。 その頃のモバイル・デバイスは、Nokia の e71 という QWERTY キーボードが付いたもので、OS はというと Symbian でした。 CPU は 400MHz くらいのシングル・コアで、メモリも 100M くらいだったと記憶しています。 そして、Gravity というアプリから、Twitter を愛用していました。 とても懐かしいです :) 

ーーーーー

<関連>

FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数でも競い合う スター・プレイヤーたち
Twitter も Asia を目指すことになる : しかし、マネタイズは大丈夫なのか?
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!
Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し

Posted in Apple, Post-PC, Weekend by Agile Cat on August 2, 2014

Why One Professional Photographer Ditched Her Camera To Shoot Full-Time With An iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ii

Caroline Moss – Jul. 13, 2014
http://www.businessinsider.com/kat-sloma-iphone-artist-2014-7

_ Business Insider

18 months ago, Kat Sloma made a decision: She would start only be using her iPhone to take photographs and make art.

Kat Sloma は、18ヶ月前に、ある決断を下した。 彼女は、写真の撮影とアートの作成に、iPhone だけを使おうと決めたのだ。

Google +

Sloma, an artist based in Oregon, has been using a 35mm camera for over ten years, including the two years her family lived in Milan, Italy. But she never wanted to learn Photoshop, and after awhile felt her art was hitting a roadblock.

Sloma は、Oregon をベースにするアーティストであり、家族と共に Milan, Italy に住んでいた 2年間を含めて、35mm カメラを 10年以上にわたって使用し続けていた。しかし、彼女は Photoshop をを学ぶことを嫌い、そのことが、アートの作成にとって壁のような存在になっていった。

That’s when a friend gifted her with a used iPod touch in 2011, reports The Statesmen Journal, and introduced her to photo apps like Instagram and Snapseed.

The Statesmen Journal のレポートによると、2011年に友人から中古の iPod touch がプレゼントされたとき、Instagram や Snapseed といったフォト・アプリを、彼女は知ることになる。

Sloma said she was hooked, and decided to purchase an iPhone — just for the camera.

そして、それらに夢中になった Sloma は、カメラとして iPhone を購入することに決めた、と発言している。

It was then that she realized she could be much more creative with her work, thanks to the dozens and dozens of photo apps she could download. Now she only shoots with an iPhone, and edits the photos she takes with her collection of apps on an iPad.

それ以来、彼女の才能は開花し、よりクリエイティブな作品を生み出し始めた。 それは、ダウンロードが可能な、数十種類のフォト・アプリのおかげでもある。いまの彼女は、iPhone を撮影だけに利用し、iPad 用のアプリを用いて編集し、その結果をコレクションとしている。

Here’s one of Sloma’s pieces:

Kat Sloma

"There’s a very different experience for me processing photos while sitting at a computer with a mouse than sitting with a phone or a tablet in a comfortable space," she told The Statesmen Journal. "Using my finger or a stylus has that tactile interaction like drawing or painting more so than sitting at a computer.”

「 コンピュータの前に座ってマウスを操作するのではなく、快適な空間でフォンやタブレットを触りながら、写真を処理していくことは、私にとって別次元の経験であった。 指やスタイラスによる感覚的なインタラクションは、コンピュータの操作というより、絵を描くことに似ている」と、彼女は The Statesmen Journal に語っている

Her photography business, Kat Eye Studios, now teaches courses and workshops on iPhone photography and editing, like a "Smartphone Art" class. All attendees need is an iPad or iPhone.

Kat Eye Studios における彼女のフォト・ビジネスは、iPhone による写真の撮影と編集のコースおよび、ワークショップで教えるものとなっており、Smartphone Art クラスという感じになっている。 もちろん、すべての参加者は、iPad や iPhone を持っていなければならない。

Kat Sloma

The judges at the annual Salem Arts Festival named her one of two emerging artists this year and Sloma says she’s not surprised that fellow photographers are more accepting of art created with new technology. She receives the most resistance from painters.

毎年恒例の Salem Arts Festival の審査員たちは、今年の新進アーティストの 1人として、彼女を選んだ。そして、Sloma は、彼女はフォトグラファー仲間が、より新しいテクノロジーで作成されたアートを受け入れていることに、驚きは感じないと言っている。しかし、大半の画家からは、反感を買っているようだ。

"They think it’s easy. They don’t understand that I’ve gone through hours and hours of work to learn how to compose an image.”

「画家たちは、それが安易なことだと思っている。 つまり、私がイメージを構成するために学んできた、膨大な時間について、何も理解していないのです」と、彼女は付け加えている。

このリンク先、ステキです: You can see more of Sloma’s work here.

ーーーーー

初めて Instagram を触ったとき、アーティストの道具立てが変わるだろうという、漠然とした感覚が頭をよぎりました。 たとえば、被写体の側に主権がある、高級車やブランド品の写真には、これまで通りに Photoshop が利用され、商品を魅力的に見せるための、つまりマーケティングを成功させるための作業が、繰り返されていくでしょう。 しかし、 撮る側に主権のあるアートの世界では、もはや Photoshop なんて無用の長物です。そして、新しいツールが、アートのカテゴリも変えていくのでしょう。 絵具や 画材や カメラや Photoshop という、商品経済の上に成り立っていたアートの世界を、Post-PC デバイスとクラウド・サービスが、新しいものに置き換えようとしているのです。とても興味深いトレンドですね。

ーーーーー

<関連>

告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz
FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数でも競い合う スター・プレイヤーたち
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!
Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・
S.F. の Apple Store が建て替えられる:新しい場所は Union Square だ!

どうやら、Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on July 12, 2014

Apple Has Relaunched Its ‘Secret’ eBay Store To Unload Refurbished Phones
http://wp.me/pwo1E-7EF

Sam Colt – Jul. 8, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-relaunches-secret-ebay-store-2014-7

_ Business Insider

If you’re looking to score an iPhone 5 on the cheap, head on over to eBay immediately.

もし、あなたが、格安の iPhone を探しているなら、すぐに eBay へ行ってみるべきだ

Apple’s eBay store — which undercuts the prices on Apple’s online store — appears to be back up, according to TechCrunch. The store originally appeared in October 2012.

TechCrunch によると、それは Apple の eBay ストア であり、正式なオンラインストアよりも低価格で販売するという働きを持っているようだ。 このストアは、2012年 10月にも登場している。

It makes sense that Apple might link arms with eBay once again. Apple doesn’t sell refurb phones online, but with the iPhone 6 on its way this fall, the company could be looking to rid itself of excess inventory.

Apple が eBay に対して、再びリンクしたとしても、それは理にかなっている。Apple のオンライン・ストアでは、リファービッシュ製品を販売していないが、この秋に iPhone 6 を発売する準備として、その過剰な在庫を処分している可能性があるのだ。

Right now a refurbished, unlocked 64GB iPhone 5 can be yours for $499. You can’t buy an iPhone 5 from Apple anymore; they discontinued it when the iPhone 5C came out. Black 32GB models are going for $479, also unlocked.

いまならば、 iPhone 5 の Unlocked 64GB リファービッシュが、$499 であなたのものになる。iPhone 5C  の登場と同時に、Apple は iPhone 5 を止めたので、すでに他所では販売されていない製品となる。また、同じく Unlocked バージョンの、32BG Black モデルなら $479 である。

In fact, all of the phones in eBay stores are unlocked GSM models, meaning you can take them to a carrier like AT&T or T-Mobile and sign up for a plan.

実際のところ、eBay で販売されている iPhone は、すべてが Unlocked GSM モデルである。つまり、AT&T や T-Mobile といったキャリアであれば、そのプランを契約することで、使いはじめることが可能になる。

It’s still unclear if this is a legitimately Apple-run store, but these refurbs come fully tested and in good condition. They even include a one-year warranty.

このストアが、Apple により運営されているのかどうかは、依然として不明であるが、一連のリファービッシュ製品は厳格なテストを通過し、新品同様というものらしい。 さらに言えば、1年間の保証も含まれているのだ。

ーーーーー

まだ、誰も手を触れていない iPhone 5 が、リファービッシュという扱い方で処分されるのでしょうかね? その、eBay のページを見てみましたが、たしかに、Apple による検査が行われ、また、Apple 自身が1年間の保証を行うというふうに読めます。 言い換えれば、もし Apple の関与なしに、このような eBay ストアを運営するなら、すぐに訴えられてしまうはずです。まぁ、いずれにしても、iPhone 6登場の前触れであることに間違いはありません。 楽しみにですね!

ーーーーー

<関連>

Apple の 投資筋が iPhone 6 を熱望する理由:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
腕利きのアナリストが、Apple と iPhone 6 について分析する

Mac Rumors の、ウワサで固めた Apple 製品購入ガイドとは?

Posted in Apple, SOHO with Cloud, Weekend by Agile Cat on June 22, 2014

MacRumors Buyer’s Guide
http://wp.me/pwo1E-7B4

http://buyersguide.macrumors.com/

_MacRumors

This page provides a product summary for each Apple model. The intent is to provide our best recommendations regarding current product cycles, and to provide a summary of currently available rumors for each model. This page is based on rumors and speculation and we provide no guarantee to its accuracy.

このページが提供するのは、それぞれの Apple プロダクトに関する、それぞれのモデルの概要である。その意図はというと、現時点におけるプロダクト・サイクルについて、私たちからのベスト・リコメンデーションを提供することにある。 そして、それぞれのモデルに関する、有用と思われるウワサの要約を提供することである。なお、このページは、ウワサと憶測に基づいているため、正確性を保証するものではない。

_  space

_  space

ーーーーー

実は、Mac Mini を買おうかと思っていて、いつ頃になれば、新しいモデルが登場するのかを調べている最中に、この MacRumors のページを見つけたというわけです。 さすが Rumors というだけあって、ウワサで塗り固めたれたバイヤーズ・ガイドなわけですが、現行モデルが登場してからの日数が、リアルタイムで計算されているなど、それは、それで、正確なモノサシも提供されています。

最初は、Macbook Air 11 が古くなったので、最新のモデルに買い換えようと思っていたのです。 しかし、その一方では、Nexus 7 と Bluetooth キーボードの組み合わせで、出先での作業がスイスイとこなせることが分かってきました。 つまり、日常において MBA を持ち歩く機会が少なくなりましたが、長期の出張時にはラップトップが必要という状況です。それならば、Mac Mini でデスクトップを強化し、いまのメイン・マシンである MBA 13(Eizo のディスプレイに接続)をサブマシンにして、それを出張時に持ち出す方が良い、という結論に至ったわけです。

話が逸れてしまいましたが、そんなわけで、Mac Mini の情報を集めていたのです。そして、MacRumors さんのリコメンデーションはというと、[Don’t Buy]でして、詳細を見ると、現行モデルが登場してから 600日以上が経っているということまで分かってきました。 まぁ、ここは[待ち]なのでしょうね。

それにしても不思議なのは、今回の自分の消費行動です。 一言でいうと、コンパクトでパワフルな MBA 11 のモバイル環境が、すべてをクラウドに依存する、7インチのタブレットでリプレイスされる、、、ということなのでしょうかね? デバイスの使い方は人それぞれなので、Agile_Cat 的にはという前置きが付きますが、そんなふうに感じています

ーーーーー

<関連>

Mac の 8つの隠し機能 : スクリーン・キャプチャ や タブ操作など
27年前の Mac で、いまのインターネットに接続してみた – YouTube で ど~ぞ!
円筒形の Mac Pro : これは 家庭用 ミニ・スパコン なのだ!

Tagged with: , , , ,
%d bloggers like this: