Agile Cat — in the cloud

Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Huawei, Hybrid, Network, Strategy, Web Scale by on July 28, 2015
Huawei’s Johor regional cloud centre off to running start
AvantiKumar – July 9, 2015
Chinese ICT firm Huawei, which recently launched its first Asia Pacific Digital Cloud Exchange in Iskandar, Johor, to help drive Malaysia’s regional ambition, has announced that several new projects are already off to a strong start.
China の ICT 企業である Huawei は、最近になって Malaysia の Iskandar, Johor に、同社の Asia Pacific Digital Cloud Exchange 構想における最初の拠点を立ち上げ、また、いくつかの新しいプロジェクトが順調に進んでいることを発表した。
CES_2012_-_HuaweiHuawei Malaysia chief executive officer Abraham Liu said the new initiatives included global mobile game distributor Uzone Games’ launch of its Mini 4WD game in Malaysia as well as Les’ Copaque Production, which owns Upin & Ipin, will provide digital content to the Asia Pacific region from the Huawei Digital Cloud Exchange in Iskandar.
Huawei Malaysia の CEO である Abraham Liu は、Malaysia で Mini 4WD ゲームを立ち上げた Uzone Games や、Upin & Ipin というゲームを所有する Les’ Copaque Production といった企業を、この新たな取り組みが後押しすると述べている。 つまり、それらのデジタル・コンテントが、Iskandar の Huawei Digital Cloud Exchange から、Asia Pacific リージョンへ向けて配信されていくことになる。
“As one of the fastest growing markets in the region, we are pleased to open our first Data Hosting Centre, the Huawei Digital Cloud Exchange, in Malaysia. Our investment in this facility is a major milestone in making Malaysia our regional business gateway,” said Liu, during the launch ceremony, which was officiated by Malaysian deputy prime minister, YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin and Wu Zhengping, the Economic and Commercial Counsellor at the Embassy of People’s Republic China in Malaysia.
そして  Abraham Liu は、「このリージョンにおける Malaysia は、最速で成長していると思えるマーケットであり、そこに最初の Data Hosting Centre を、つまり Huawei Digital Cloud Exchange をオープンできて嬉しく思う。このファシリティへの投資は、Malaysia をビジネス・ゲートウェイにするという意味で、きわめて重要なマイルストーンになる」と、今回の立ち上げに関するセレモニーで発言している。なお、このセレモニーは、Malaysia の副首相および、YAB Tan Sri Dato の HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin、そして、China 大使館の Economic and Commercial Counsellor である Wu Zhengping により主催されている。
“Malaysia’s investment-friendly policies, its skilled workforce and geographic advantages underline our confidence in the country’s potential as a Regional Digital Cloud Exchange,” he said.
Abraham Liu は、「Malaysia の投資に寛大な政策、洗練された労働力、そして地理的な利点は、Regional Digital Cloud Exchange を構築する上で、私たちの大きな自信となる」と、述べている。
In addition, Huawei signed memorandums of understanding (MoUs) with Uzone Games, Les’ Copaque Production, M-Mode Mobile and Elite Entertainment to promote digital business and with Universiti Teknologi Malaysia to encourage academia and industry collaborations.
さらに Huawei は、デジタル・ビジネスを促進するために、Uzone Games および Les’ Copaque Production、M-Mode Mobile、Elite Entertainment と MOU を交わし、また、Universiti Teknologi Malaysia と産学連携を推進している。
ICT convergence
Liu said the regional data hosting centre stemmed from an October 2013 agreement with government investment body Khazanah Nasional,
Abraham Liu が言うには、このリージョンにおける Data Hosting Center について、政府系の投資組織である Khazanah Nasional との契約は、2013年10月から生じている
Huaweis_Digital_Cloud_Exchange_JohorPhoto – YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin, Deputy Prime Minister of Malaysia visiting Huawei’s Digital Cloud Exchange Centre at Bandar Medini, Iskandar, Johor.
He said ICT convergence in the world will “continue to be the enabler in driving a new round of exponential growth across industries. By 2020, there will be 4.6 billion mobile users and 5.9 billion smartphones. One hundred (100) billion connections will be made and mobile market size will be over US$3.9 trillion.”
世界 の ICT コンバージェンスに関して、「 業界における指数関数的な成長が、新しいラウンドの推進を実現し続けるだろう。2020年までに、46億人のモバイル・ユーザーと、59億台のスマートフォンが、この世界に溢れることになる。そして、全体で 1000億のコネクションが存在することになり、モバイル市場の規模は US$3.9 trillion を超えることになる」と、彼は述べている。
Huawei’s Asia Pacific Cloud Exchange in Iskandar has aggregated more than 2,100 partners worldwide and more than 200,000 pieces of digital contents, including digital music, mobile game, video, open Application Program Interface (API), traffic monetisation, B2B cloud, and M2M.
Iskandar における Huawei の Asia Pacific Cloud Exchange は、世界中から 2100社以上のパートナーを集めることになる。そして、Digital Music/Mobile Game/Video/Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M などが、20万種類以上といわれるデジタル・コンテンツを構成することになる。
“Huawei’s Digital Cloud Exchange will not only help nurture Malaysia’s creative content and the vast pool of local talent and but also create a productive and innovative digital market worth billions of USD. We are keen on partnering with the public and private sectors to turn this vision into reality,” added Liu.
「Huawei の Digital Cloud Exchange は、Malaysia のデジタル・コンテントをもたらし、人材の育成を大規模に展開するだけではなく、そのデジタル・マーケットの生産性を、Billions of USD レベルへと引き上げていく。そのビジョンを実現するためにも、私たちは官民との提携を熱望している」と、Liu は付け加えている。
“We are grateful for the enormous support from the Malaysian government that continues to encourage a partnership approach with investors. Their policies and approach to foreign investment make investing in Malaysia win-win proposition. We are happy to share our experiences with other investors looking to expand to Malaysia,” he said.
「 私たちは、投資家とのパートナーシップを奨励し続けてくれる、Malaysia 政府の多大な支援に感謝している。私たちのような外資に対する、同政府のポリシーとアプローチが、Malaysia との Win-Win 関係をもたらす。そして、私たちは、Malaysia を成長させようとする、その他の投資家とも、これまでの経験を喜んで共有したい」と、彼は締め括っている。
_ Huaweiこの記事を読む限り、Huawei の Cloud Exchange には Digital Music/Mobile Game/Video だけではなく、Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M なども含まれるということですから、Equinix の対抗馬として捉えられるのかもしれません。 しかし、その一方で、Huawai は通信機器メーカーであり、クラウド・プロバイダーではないという認識もあります。 そして、China Tech News を見ていたら、Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin というポストを見つけたのですが、それによると、Huawei がクラウド・プロバーイダーとして Aliyun と競合していくようです。 ほんとうにアジアの動きはダイナミックだと、あらためて認識しました。 なお、文中にある、マレーシアでの実績というのは、China Mobile の動きと絡んだものなのかもしれませんね。_AC Stamp
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Google, Web Scale by Agile Cat on June 17, 2014

The price of being webscale: Google spent $2.35B on infrastructure in Q1

k Harris – APR. 17, 2014

_ Giga Om

Summary: Google continued its heavy infrastructure spending in the first quarter of 2014, to the tune of more than $2.3 billion. It’s the third consecutive quarter the company has topped $2 billion in capital expenditures.

Summary:  Google は、2014年 Q1 においても、インフラへの支出を継続し、その総額たるや $2.3 Billion に至るという。これで、同社における $2 Billion レベルの設備投資が、三回の四半期収支をまたいで連続することになる。


Google announced its first-quarter earnings on Wednesday, which included — as usual the past few quarters — an unparalleled amount of spending on data centers. The company spent $2.35 billion on infrastructure in the first quarter (much of which goes to building and filling data centers), up from $2.26 billion in last year’s fourth quarter and nearly double the $1.2 billion it spent in the first quarter of 2013.

この水曜日(4/16)に、Google が 2014年 Q1 の収支を発表した。これまでの四半期終始と同様に、データセンターに対する支出が、圧倒的なものとなっている。同社は、この四半期においてインフラストラクチャに対して $2.35 Billion を費やしているのだ(その大半は、データセンターを構築/実装に当てられている)。それは、2013年 Q4 の $2.26 Billion から増額し、また、2013年 Q1 の $1.2 Billion に対して約二倍というレベルに達している。

We have been following Google’s spending for years, because it’s such a good example of how much money web companies need to spend on infrastructure if they want to achieve massive scale in terms of users, services and data. Just think about Google’s products — search, cloud computing, Maps, Drive, Gmail, Google+ and more — and consider how many servers it takes to run them and ensure there’s enough capacity to scale them, handle failures or just experiment with new stuff. Inadequate infrastructure (in terms of both hardware and software) means a poorer user experience and less room to innovate.

これまでの何年かにわたって、私たちは Google の支出を追いかけている。なぜなら、ユーザー/サービス/データという観点でスケールしようとする企業が、Web のインフラストラクチャに対して、どれだけのコストを費やすのかという意味で、絶好の事例となるからである。 Google の Search/Cloud/Maps/Drive/Gmail/Google+ などを考えてみよう。そして、さらに、それらを走らせるために必要なサーバーの量と、スケールを実現するためのキャパティティについても考えてみよう。それは、障害に対する処理や、新しいものを試すプロセスに対しても言えることだ。つまり、不適切なインフラストラクチャでは(ハードウェアとソフトウェアの両面)、ユーザー・エクスペリエンスが劣化し、イノベーションも進まないのだ。

That’s why Microsoft spends so much on infrastructure, too, and why Facebookis ramping up its spending. In Microsoft’s latest earnings report (announced on Jan. 23, for its fiscal second quarter), the company reported it spent $1.73 billion on infrastructure.

それは、Microsoft がインフラストラクチャに多額を費やし、Facebook が支出に備える理由でもある。Microsoft における直近の収支報告書では(同社の Q2 に相当する、1/23 に発表されたもの)、インフラストラクチャに $1.73 Billion を費やしたとレポートされている。

Here’s what Google Senior Vice President and Chief Financial Officer Patrick Pichette had to say on Wednesday’s earnings call, according to a transcript published by research firm Morningstar:

以下は、調査会社である Morningstar が書き起こした、水曜日の Google の 収支報告会における、Senior VP and CFO である Patrick Pichette の発言である:

As it relates to CapEx, listen, you’re right, that we – and I’ve mentioned this in the last couple of quarters, where we have – and just a reminder to everybody, right, if you think of the CapEx categories, right, data centers first and data center construction, then production equipment, then all other facilities is kind of like the hierarchy of needs. In the case of data center construction, we have found that the option value of having more capacity on standby and available to us to grow versus not having it is actually a real strategic issue for the Company.

設備投資に関連することだが、誰もが思うように、このところの四半期決算で、私たちが説明してきた通りの状況となっている。 そして、覚えているだろうが、その設備投資の区分については、データセンターの構築が最大であり、それに続くのが基本的な設備となる。 それから先は、各種のファシリティに対して、必要性に応じた支出が生じている。データセンターを構築する場合に、私たちが検討することは、キャパシティを拡大し得るだけの、オプションとしての価値である。そのような余力を持たないという選択肢もあるが、私たちにとっては、成長のための余地を持つことが、ほんとうの意味での戦略的な課題となっている。

In that sense, if for whatever reason, we had a spike in demand that was really pronounced and sustained for a couple of quarters and we did not have the capacity, it would be a real issue strategically for us relative to the quite low cost of having the infrastructure in place. So that’s why we’re really pushing ahead of the curve, and so it’s with this view of long-term. So, from that perspective, you’re also right that, that’s the mindset we’re applying. And we’ve always said that CapEx was lumpy, so you have a good manifestation of it right now right here.

その意味において、何かの理由があったのかというのなら、このところの四半期において、明確で持続性のある需要のピークが生じていたが、それに対応するだけのキャパシティを持ち得なかったということになる。それは、適材適所にインフラを配置し、きわめて低コストでの運用を実現していくという、私たちの戦略において重要な問題となる。私たちは、時代を先取りしていきたいと、真剣に考えている。 したがって、長期的な視野に立たざるをえない。その観点からすると、現時点で私たちが推し進めている考え方を、正しく理解してもらえると思う。これまでにも、何度も言及してきたが、設備投資には大きな波が生じる。 それが、いま、来ていることを分かって欲しい。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
In Q3, Big Data Meant Big Dollars October 2010
Why going “green” matters for high-performance computing October 2013


たしかに、これまでも、Google における設備投資には、大きな波が周期的に生じていたように思えます。 そして、2013年には、Taiwan/Hong Kong/Singapore のデータセターが立ち上がっていますし、南米でも同じような状況だったと思います。 しかし、上記のチャートを見ると、この一年での投資額は $8 Billion(8000億円)にもなります。もちろん、データセンターへの投資が抜きん出ているのでしょうが、かなりの規模での投資が、ネットワークに対しても、密かに推し進められているのでは、と思ってしまいます。とにかく、気の遠くなるような金額ですね。 



Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ

Posted in IoT, On Monday, Web Scale by Agile Cat on June 9, 2014

Digital Universe: The Speed of Data Creation is Rapidly Accelerating
By Dick Weisinger – June 6, 2014

_ formtek

The amount of digital data in the world has been doubling every two years, and is expected to increase by a factor of ten between now and 2020.  That’s an increase from 4.4 trillion gigabytes of information available today to more than 44 trillion gigabytes in 2012.  That’s the prediction of this year’s report from IDC and EMC on the size of the ‘digital universe’.

この世界におけるデジタル・データの総量は、2年間で 2倍というペースで成長しており、また、いまから 2020年までの間に、10倍も増加すると予想されている。つまり、今日における 4.4 Trillion GB の情報量が、2020年の時点では 44 Trillion GB に到達すると予測されている。この予測値は、IDC および EMC によるDigital Universe の規模に関する、今年のレポートから抽出したものである。

To better conceptualize how massive these numbers are, IDC illustrates with an analogy using iPad Air tablets.  If all of today’s data were stored on tablets and then stacked, they would reach to two-thirds of the way to the moon.  And by 2020 we would have 6.6 stacks between the moon and the earth.

この数字が、どれだけの規模になるのか、より分かりやすくするために、IDC は iPad Air を用いて示している。現時点の全データを、このタブレットにストアし、積み上げた場合だが、その高さは 月までの距離の 2/3 に達するという。そして 2020年には、地球と月を隔てる距離の、6.6 倍に至るという。

A limiting factor to the volume of data that can be stored is the size of the all available storage media capacity.  IDC estimates that in 2013 we only had enough space to store 33 percent of all data produced on digital media, and that by 2020 we’ll only be capable of storing less than 15 percent of all data that gets produced.

これらのデータをストアする上で、それを制限する要因は、利用可能なメディア・ストレージの容量となる。IDC の推定によると、私たちが 2013年の時点で有しているのは、生成された全データの 33% のみをストアできる、ディジタル・メディア・スペースとなる。そして 2020年の時点では、そのパーセンテージが 15% 以下に落ち込むことになる。

The report finds along with the growth in the volume of data stored, the nature of data being collected will change dramatically between now and 2020.  In 2014, two-thirds of all data is generated by people, like email, documents, and interactions with web sites.  Increasingly, data is being generated by machines as the Internet of Things is expected to take off.

このレポートから見いだせるのは、ストアされるデータの量だけではなく、その性質が 2020年までに劇的に変化することである。2014年の時点で生成されるデータの 2/3 は、たとえば、電子メール/ドキュメント/Web サイト・インタラクションといった、人間によりもたらさせるものである。しかし、予想されているように、IoT(Internet of Things)が離陸すると、マシンから生成されるデータが増大していく。

While the majority of information (60 percent) available on the Internet today is created in the US, Japan and Germany, that is expected to change soon.  IDC predicts that by 2020, information produced by emerging-market countries like India, Brazil, China, Mexico and Russia will make up the bulk of all data.

また、今日のインターネット上で利用できる情報の大半は(60%)、US/Japan/Germany などの国々で生成されるが、これも早晩に変化していく。IDC の予測によると、2020年 の時点では、India/Brazil/China/Mexico/Russia といった、新興国マーケットで生成される情報が、すべてのデータの大部分を占めるようになる。

Rajesh Janey, EMC President in India, said that “China already accounts for 14 per cent of the digital universe. Though US’ share has declined as the other emerging markets have grown, it is still 26 per cent. India’s share is also growing from 3 per cent in 2010 to 6 per cent in 2020.”

EMC India の President である Rajesh Janey は、「 すでに China は、この Digital Universe の 14% を占めている。新興国マーケットが成長するにつれて、US のシェアは減少しているが、依然として 26% を占めている。India の場合は、2010年における 3% から、2020年は 6% へと成長していく」と述べている


この Agile_Cat のサイトですが、WordPress の Media Storage を 1.5GB ほど使っているに過ぎません。 毎日のように、これだけの時間を費やしてポストを積み重ねていっても、人間が作るデータを量的に見ると、ほんとうに僅かなものだと実感します。 それと、月までの距離と iPad を用いた説明ですが、このデバイスを平らに積み重ねるのか、タテに継ぎ足していくか、その辺りが不明です。 また、そのストレージ容量も、何 GB のものを想定しているのか、よく分かりません。 でも、まぁ、たいへんな量だということが分かりますので、細かいことは、どうでも良いのかもしれませんね :) 



Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている
Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける
Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている

DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Digital Ocean, Equinix, Web Scale by Agile Cat on May 24, 2014

DigitalOcean Deploys in Singapore Data Center

Singapore – 21 May 2014

Cloud service provider selects SG2 to support customers’ growth in the Asia-Pacific region

Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced that DigitalOcean has chosen one of its International Business Exchange™ (IBX®) data centers in Singapore (SG2) to support its expansion into the Asia-Pacific market. This Singapore data center deployment will allow the company to provide its existing customers with greater access to the Asian market and offer its cloud hosting services to the growing developer community in the region.

今日(5/21)、グローバル・インターコネクションとデータセンターの事業者である Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、Asia-Pacific 市場でのビジネスの拡大を目指す DigitalOcean が、同社の Singapore (SG2) における International Business Exchange™ (IBX®) データセンターを選択したと発表した。この、Singapore データセンターへのデプロイメントにより、DigitalOcean は顧客たちに対して、Asia 市場へ向けたアクセスを強化し、また、この地域で成長しているデベロッパー・コミュニティにたいして、クラウド・ホスティング・サービスを提供していく。

DigitalOcean is a cloud service provider. It offers fast, agile and secure cloud solutions and a seamless experience for developers with its reliable solid-state drive (SSD) cloud server infrastructure and simplified application programming interfaces.

DigitalOceanは、クラウド·サービス·プロバイダーである。そして、高信頼性の SSD(solid-state drive)と、クラウド・サーバー・インフラおよび、単純化された API を備えた、高速/アジャイル/セキュアなクラウド・ソリューションと、シームレスなエクスペリエンスを開発者に提供している。

Having grown its customer base to 200,000 within three years and with rising demand for its services in Asia-Pacific, DigitalOcean needed a way to rapidly scale to this key emerging region.

わずか 3年の間に、その顧客を 200,000 社に成長させ、Asia-Pacific においても需要を増大している DigitalOcean は、この急伸するマーケットにおいて、ビジネスを迅速にスケールしていく必要があった。

By deploying in Singapore, a fast-growing hub for cloud adoption and hosting services, DigitalOcean can better serve the international developer community and utilize SG2 as a gateway to Australia, India, Southeast Asia and Japan.

DigitalOceanは、クラウドやホスティング・サービスの運用において、急成長している Singapore というハブにディプロイすることで、インターナショナルなデベロッパー・コミュニティに対して、より優れたサービスを提供し、Australia/India/Southeast Asia/Japan へ向けたゲートウェイとして、この SG2 を活用することになる。

In addition to Singapore, DigitalOcean is also deployed in Equinix data centers in New York, Silicon Valley and Amsterdam.

なお、DigitalOcean は、今回の Singapore における展開に加えて、すでに New York/Silicon Valley/Amsterdam で、Equinix のデータセンターにディプロイを完了している。

Platform Equinix™ provides DigitalOcean with the close proximity it needs to reduce latency to 30 milliseconds compared to 200 milliseconds if connecting via Amsterdam or Silicon Valley. This enables DigitalOcean’s customers to offer their services to companies in the Asia-Pacific region with the highest level of performance uptime.

プラットフォームとしての Equinix™ が DigitalOcean に提供するのは、Amsterdam や Silicon Valley を介した接続では200 ミリ秒となるレイテンシを、30ミリ秒にまで短縮するというニーズに対応するものである。それにより、DigitalOcean の顧客は Asia-Pacific のエンドユーザーに対して、最高レベルのパフォーマンスを提供できるようになる。

Home to more than 975 network providers globally – 190 of which are accessible in Singapore – and with 19 data center locations in key Asia-Pacific markets, Equinix is the optimal choice for cloud providers who are looking to establish a point of presence in the region and better serve their customers with low-latency solutions.

Equinix は、その本拠地から、975以上のグルーバル・ネットワーク・プロバイダへのアクセスを提供し、そのうちの 190 は、Singapore からアクセスが可能である。 そして、Asia-Pacific の主要マーケットに、19ヶ所のデータセンターを有している。したがって、この地域に PoP(point of presence)を確立し、低レイテンシのソリューション・サービスを、顧客に提供しようとするクラウド·プロバイダーにとって、同社は最適な選択となる。

“By combining Level 3’s network with the Equinix Cloud Exchange, we are making it easier for our customers to grow and improve the efficiency of their business operations with access to a broader range of cloud services,” said Anthony Christie, Level 3’s chief marketing officer. “With pre-established network-to-network interfaces (NNIs) from Level 3 to Equinix, combined with Level 3’s dynamic bandwidth capability, customers can quickly turn up and scale their cloud solutions.”

「 広範囲におよぶクラウド・サービスへのアクセスを用いて、ビジネスを効率よく改善/成長したい顧客たちは、Level 3 のネットワークと Equinix の Cloud Exchange を組み合わせることで、それを容易にしていく。Level 3  から Equinix へ向けて、すでに確立されている NNI(network-to-network interfaces)を用い、Level 3 におけるダイナミックな帯域幅容量と組み合わせることで、顧客のクラウド・ソリューションは瞬時に立ち上がり、また、スケールしていくだろう」と、Level 3 の Chief Marketing Officer である Anthony Christie は述べている。

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: "As a startup, DigitalOcean needs to maintain an agile and flexible architecture to scale and support its operations and business plans, which Equinix provides. As a result of its global deployment through Equinix, the company’s customer base of developers, from startups as well as mature enterprises, can expect low-latency connectivity and minimal concerns of performance downtime, a key consideration in today’s demand for a constantly connected world.”

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: スタートアップとしての DigitalOcean は、その事業とビジネス・プランをスケール/サポートしていくために、アジャイルで柔軟なアーキテクチャを維持する必要があった。 そして、それを Equinix が提供した。Equinix を介してグローバルにディプロイした結果、スタートアップからエンタープライズまでにいたる、同社のカスタマー・ベースとしてのデベロッパーたちは、低レイテンシの接続性を期待し、また、パフォーマンスの低下を忘れ、ほんとうの意味での常時接続という、いまの世界における要求を満たせるようになってきた。

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: “With our rapidly growing customer base, it is critical that we are able to effectively meet increasing demand for capacity in a timely manner, without compromising on quality of service. Our experience with Equinix has shown that selecting a data center provider that consistently delivers excellent global connectivity and reliable infrastructure is absolutely vital. Deploying in the Equinix IBX data center in Singapore not only allows us to continue providing the highest level of service to existing customers, but also to access new customers in a thriving region.”

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: 私たちのカスタマー・ベースが急成長していることを考えると、タイムリーな方式で、サービスの品質を損なうことなく、増大するキャパシティへの要求という問題に、効果的に対応していくことが重要となる。Equinix を使用してきた私たちの経験が、常に優れたレベルでグローバルな接続性と信頼性を実現するための、高度なインフラストラクチャを提供するデータセンター·プロバイダーの選択が、絶対に不可欠であることを示している。Singapore における Equinix IBX データセンターへのディプロイにより、私たちは、これまでの顧客に最高レベルのサービスを提供し続けるだけではなく、この繁栄の地における新たな顧客へのアクセスも実現していく。


このところ、インターコネシクョンを調べている Agile_Cat ですが、パブリック・クラウドのプロバイダーだけでは成り立たない世界というものを、それとなく認識し始める、、、という感じになってきました。 そして、つい数時間前に、この出来たてホヤホヤのブログ・ポストを見つけ、何が書いてあるのかを知りたくて、訳し終えたら夜が明けたという、土曜日の朝です :) DigitalOcean + Qquinix + Singapore という顔ぶれに、このところ気になってきた Level 3 まで参加するという、豪華絢爛なキャスティングですもの、寝るのを忘れても仕方ないですよね。 マーライオンの前方、数百メートルの海面が盛り上がり、そこからゴジラが登場してきたという感じがします。 なんか、ワクワクする展開ですね! __AC Stamp 2



これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!

Posted in .Selected, Digital Ocean, Strategy, Web Scale by Agile Cat on April 22, 2014

These Guys Met On Craigslist And 2 Years Later Their Startup Raised $37 Million And Is Threatening Amazon
Julie Bort – Apr. 18, 2014

_ Business Insider

Remember last December, when Beyoncé caused a music industry firestorm by releasing her new album via her website and iTunes a full week before retailers like Amazon and Target could sell it?

Beyonce が音楽業界に嵐を巻き起こした、昨年の 12月のことを覚えているだろうか? つまり、Amazon や Target といったリテーラーを一週間も待たせながら、自分の Web サイトと iTunes で、新しいアルバムをリリースしてしまった、あの騒動のことだ。

DigitalOcean co-founders Ben Uretsky, Moisey Uretsky, Mitch Wainer


Well, unbeknownst to them, these three guys were part of the controversy. Their company, DigitalOcean, runs the cloud service that hosts Beyoncé’s website. But they didn’t know about her album plans until they saw the traffic go crazy on their cloud that day.

そして、この騒ぎには、3人の男が関与しているのだが、そんなことは誰も知らない。彼らの会社は DigitalOcean であり、Beyonce の Web サイトをホストする、クラウド・サービスを運営しているのだ。ただし、その日、DigitalOcean のトラフィックが狂ったように上昇するまで、彼らは Beyounce のニュー・アルバムのことを、まったく知らなかったようだ。

"We had no idea," co-founder and CEO Ben Uretsky told Business Insider. "Her development team chose DigitalOcean because of our fast cloud servers.” That Beyoncé’s web developers had full confidence that this startup could safely handle the load when millions of people all jumped on the website the second the album launched says a lot about the startup.

「 それについて、特別なことは何もない。 DigitalOcean のクラウド・サーバーが速いということで、彼女の開発チームが選んだのだろう」と、CEO の Ben Uretsky は Business Insider に語っている。 Beyonce の Web デベロッパーは、このアルバムが発売された瞬間に、何百万人もの人々が Web サイトに殺到しても、このスタートアップが安全にワークロードを処理できるという、完全な自信を持っていたと語っている。

But it was just another milestone in a whirlwind that began two years ago, when brothers Ben and Moisey Uretsky met Mitch Wainer through Craigslist. "We met on Craigslist, but it wasn’t the personals," laughs co-founder and CMO Wainer. "Ben and Moisey put out a job listing and I answered it.”

しかし、わずか 2年前にスタートしたという観点では、彼らは別のマイルストーンも達成している。 Ben と Moisey の Uretsky 兄弟が、Craigslist を介して Mitch Wainer と出会ったのが、そのときなのだ。「 私たちは、Craigslist で出会ったのだが、それはパーソナルなものではなかった。 Ben と Moisey がジョブ・リストを出し、それに私が答えたのさ」と、Co-Founder and CMO であるWainer は笑いながら言っていた。

Wainer was bored with a dead-end job at a startup where he had no equity, and was surfing for new options. He had gotten an offer from another hot New York startup, ZocDoc, but made a "big bet" to go become a founder instead.

そのときの Wainer は、自分では投資していない、すでに行き詰まっているスタートアップに退屈していたので、この、新しいオプションに乗ったという。彼は、New York のホット・スタートアップである ZocDoc からもオファーを受けていたが、自分が創業者になるという"大きな賭け”に出たのだ。

The bet paid off. DigitalOcean landed a spot in the TechStars 2012 class in Boulder, Colo., and the team built a cloud service that quickly became astoundingly popular. In less than two years, mostly through word-of-mouth, DigitalOcean has become the ninth largest cloud infrastructure company in the world, according to a site that tracks such stats, Netcraft.

その賭けは報われた。 DigitalOcean は Boulder, Colo における TechStars 2012 クラスで、キャッシュを手に入れた。 そして、このチームはクラウド・サービスを構築し、それを、驚くほど急速に普及させたのだ。 2年前までは、絵に描いたモチに過ぎなかった DigitalOcean だが、統計トラッキング・サイトである Netcraft によると、いまや世界で 9番手のクラウド·インフラ企業へと成長している。

IT professionals love it for something called "droplets," which is what the company calls its cloud computers. Droplets can be set up in 55 seconds, they use superfast solid-state disk (SSD) flash storage (that’s what Beyoncé’s team liked) and cost as little as $5/month.

IT のプロフェッショナルたちは、DigitalOcean が droplet と呼ぶものを好んでいる。この droplet の設定は 55秒で完了し、( Beyonce チームもお気に入りの)超高速の SSDも提供されるが、そのコストというと、わずか $5/month なのだ。

Today the company hosts about 1.5 million "droplets" and was adding more servers per month than Amazon’s cloud, Netcraft says. It has 150,000 customers and recently opened a new Amsterdam data center, too.

現時点で、同社がホストする droplet は 1.5 Million を数え、Netcraft によると、Amazon を凌駕するペースで、毎月のようにサーバー数を増やしているという。また、顧客数としては 15万アカウントを有し、先日には Amsterdam データセンターもオープンしている。

In March, DigitalOcean nabbed a big $35 million Series A at a $153 million valuation led by Andreessen Horowitz (it has raised $37.2 million total). And, unlike many Silicon Valley cloud startups, DigitalOcean didn’t need the money. It’s already profitable, Wainer says. They don’t plan to use the investment to operate at a loss.

そして 3月の DigitalOcean は、Andreessen Horowitz が率いるラウンドで $153 Million の評価を得て、$35 Million の Series A という(全体では $37.2 Million)、膨大なキャッシュをかっさらって行った。 ただし、数多くの Silicon Valley クラウド・スタートアップとは異なり、DigitalOcean はキャッシュを必要としていない。 なぜなら、DigitalOcean は、すでに黒字を出しているからだと、Wainer は述べている。 彼らは、損失を補填するというレベルで、投資家たちからの支援を必要としているわけではないのだ。

"We’ll grow as fast as possible as long as we’re at break even," Wainer says. "The moment we start to go into the red, we would take a step back. We just love running profitable companies. That’s a contrast with New York. We’re real. We’re down to earth. We don’t run a fantasy revenue model.”

「 私たちは、赤字にならない範囲で、可能な限り迅速に成長していくつもりだ。もし、赤字に突入しそうなら、後戻りする。私たちは、収益性の高い企業を目指している。つまり、New York の企業とは、対照的なのかもしれない。地に足をつけて、現実を眺めながら進んでいく。 ファンタジーのような収益モデルを、推進することはあり得ない」と、Wainer は述べている。


これまでにも、この DigitalOcean の名前は何度か聞いたことがあります。しかし、ここまで凄まじい勢いで伸びているクラウドだとは、ちょっと想像外でした。 なんというか、怪物と呼ばれる存在へと、このまま成長していく可能性を感じます。ちなみに、Wikipedia によると ーーー そして12月13日、突如 5th アルバム BEYONCÉ を、全世界の iTunes Store 限定でリリース。事前の宣伝は全くなく、先行シングルもないという異例の状態でのサプライズ・リリースとなった。ビジュアル・アルバムと銘打たれたこの作品は、14曲の新曲と、17編のビデオ映像で構成されている。BEYONCÉ は、発売から3日間で61万7千ダウンロードを売り上げ、2nd アルバム B’Day の54万1千枚を、デジタルセールスのみで上回った形となった。また、全世界での売り上げは3日間で82万8千ダウンロードに達した。これは、iTunes Storeにおける史上最速セールスとなり、6日後には100万ダウンロードとなった。 ーーー とのことです。この、一連の数字が iTunes だけのものなのか、Beyonce Web でのダウンロードも含むのか、そのあたりが不明ですが、楽曲だけではなく動画も含んでいるところに、スケールとしての凄まじさを感じます。これまでの事例ですと、たとえば Zynga などは、新作のローンチに AWS を使い、ピークが収まったころに Zcloud に移行するという安全策をとっていたようですが、Beyonce の Web チームには、DigitalOcean を選ぶ理由があったのでしょう。とても面白い話ですね! __AC Stamp 2



Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている
Google Load Balancing のベンチマーク : 100万リクエスト/秒を達成!
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる

Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?

Posted in Events, Google, SnapChat, Social, Web Scale by Agile Cat on March 15, 2014

Snapchat CTO and co-founder Bobby Murphy to appear at Google Cloud Platform Live on March 25

Posted: Tuesday, March 4, 2014

Bobby Murphy, CTO and co-founder of Snapchat, will be joining Google Senior Vice President Urs Hölzle on stage during the keynote of Google Cloud Platform Live. Bobby will be sharing his experience building one of the world’s most popular apps on Google Cloud Platform.

Snapchat の CTO and  Co-Founder である Bobby Murphy だが、Google Cloud Platform Live でキーノートを務める Senior VP Urs Hölzle のステージに登壇するようだ。 そして、Bobby は、この世界で大人気のアプリを Google Cloud Platform で、構築したときのエクスペリエンスを共有することになる。

Snapchat’s users share over 400 million snaps everyday.

なんせ、Snapchat のユーザーたちは、400 million 以上のスナップを、毎日のように飛ばし合っているのだ。

Google Cloud Platform Live is taking place 3 weeks from today. Bobby will be joining a great line up of other speakers, including Google Senior Fellow Jeff Dean. We’ll announce new features, take a deep dive on tips, tricks and technology, and share our vision for the future of cloud computing.

Google Cloud Platform Live は、3週間後に開催される。そして Bobby は、Google の Senior Fellow である Jeff Dean といった、素晴らしいスピーカーたちによるラインナップに参加する。私たちは、そこで提供される新しい機能や、ティップス、テクノロジーを追いかけ、また、このクラウド・コンピューティングにおける未来のビジョンを共有していく。

We are nearly at capacity in all our locations, but for people who are still interested in attending you can request an invitation to join us in-person in San Francisco or attend a livestream of the keynote at Google New York City, Google Seattle or Google London. And for those who can’t make it in person, you can always tune in online.

すべてのロケーションにおいて、私たちのキャパシティは満杯に近いが、参加したいのなら San Francisco にリクエストして欲しい。 また、 Google New York City および、Google SeattleGoogle London でも、ライブ・ストリームが提供される。それも無理な人は、オンラインで参加することも可能だ。


imageSnapchat が Google Cloud Platform というのは意外ですが、ウルトラ・ハイパー・スケールを狙っている同社が、このようなスター・プレイヤーを誘致したとしても、それは、それで、ナルホドと思える話です。 Nameservers を調べてみたら GoDaddy なのですが、システムの本体は Google にあるということなのでしょうか? ついでに、Whatsapp も調べたら、Nameservers は SoftLayer になっていました。 なんか、ワクワクする展開ですね。ac-stamp-232



Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
GCE が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
GCE の登場で、どのような影響が IssS 業界に?
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2

Google Drive が大幅に値下げされた:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!

Posted in .Selected, Google, Storage, Web Scale by Agile Cat on March 14, 2014

Google slashes Google Drive storage prices to take on Box & Dropbox

March 13, 2014 – Harrison Weber

__ Venture Beat

As if the online storage war wasn’t heated enough.


Image Credit:

In a snub to competing services such as Dropbox and Box, Google announced that it is significantly lowering its prices today. Its 100GB plan, previously at $4.99 per month, is now $1.99. Most interesting, however, is the massive price cut Google made for its 1 terabyte plan. Originally at $49.99, 1TB of storage now costs $9.99 per month.

Dropbox や Box といったサービスなどを、まったく相手にしないかのように、今日の Google は、その価格の大幅な引き下げを発表した。以前には、$4.99/月だった 100 GB のプランは、いまや $1.99 に値下げされた。 しかし、Google の戦略の中で最も興味深いのは、1 TB プランの破壊的な値下げである。これまで $49.99/月だったものが、いまでは $9.99 になったのだ。

With this change, Google clarifies that its 15GB plan remains free. This plan, rolled out nearly a year ago, unifies storage across Gmail, Drive, and Google+ Photos.

なお、Google は、今回の変更においても、15 GB のプランは無償であることを明確にしている。このプランは、約 1年前から、Gmail/Drive/Google+ Photo のストレージを統合するために展開されてきた。

For comparison, Dropbox currently charges $9.99 per month for 100GB of storage. Box’s 100GB offering starts at $5 per month.

比較のために、Dropbox について説明が、現時点では 100 GB のストレージに、$9.99 が課金されている。 また、Box の 100 GB は、$5/月からとなっている。

You can take a look at all of the company’s storage offerings here.

なお、Google のストレージ・プロダクツについて、すべてを確認したいなら、ココを参照してほしい。

Quite a few competitors have stepped up to do battle with Dropbox since the service’s unsettling outage earlier this year.

今年の初めに、Dropbox のサービスの不安定になってからというもの、かなりの数のコンペティタたちが、厳しい競合を仕掛けるようになってきた。

For example, one Pro user said at that time, “We’re using Dropbox for Teams (a lot of money), and after this incident, I would be much less resistant to any requests to research alternative solutions (and there seems to be a plenty of them). “

たとえば、Pro バージョンを使っているユーザーには、「 私たちは、Dropbox for Teams(かなり高額)を使っているが、あの事故の後、他のソリューションの探すという選択肢(かなりの種類がある)に対して、それほどの抵抗感が無くなった思っている 」と、発言する者もいる。


image今週の初めに「 Dropbox に挑戦する フランスの OVH:10 TB まで 1350円という月額は 1/100 だ! 」という抄訳をポストしましたが、こうした価格競争に Google も参戦という感じですね。 Dropbox に対して、Google は 1/10 の価格を提示していますが、OVH は 1/100 という価格です。 これまで、ほぼ同じレベルで、それぞれのサービスが競合するという展開でしたが、突如として大きな変化が訪れたようです。ac-stamp-232 



クラウド・ストレージ選手権 2013 : Box/Dropbox/Google/SkyDrive
Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!
DropBox を追撃せよ : SugarSync と Equinix がエンタープライズを狙って提携
Dropbox for Business とは? そのエンタープライズ戦略が明らかになった
Dropbox は、どれくらいの規模なの?
祝 : Dropbox のユーザー数が、1億人に届いた!
無限のストレージを、$4/月で提供する Backblaze の秘密とは?

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
Barb Darrow -DEC. 4, 2013

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。


Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research


openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2



Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート


%d bloggers like this: