Agile Cat — in the cloud

Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?

Posted in Events, Google, SnapChat, Social, Web Scale by Agile Cat on March 15, 2014

Snapchat CTO and co-founder Bobby Murphy to appear at Google Cloud Platform Live on March 25
http://wp.me/pwo1E-7jG

Posted: Tuesday, March 4, 2014
http://googlecloudplatform.blogspot.jp/2014/03/snapchat-cto-and-co-founder-bobby.html

Bobby Murphy, CTO and co-founder of Snapchat, will be joining Google Senior Vice President Urs Hölzle on stage during the keynote of Google Cloud Platform Live. Bobby will be sharing his experience building one of the world’s most popular apps on Google Cloud Platform.

Snapchat の CTO and  Co-Founder である Bobby Murphy だが、Google Cloud Platform Live でキーノートを務める Senior VP Urs Hölzle のステージに登壇するようだ。 そして、Bobby は、この世界で大人気のアプリを Google Cloud Platform で、構築したときのエクスペリエンスを共有することになる。

Snapchat’s users share over 400 million snaps everyday.

なんせ、Snapchat のユーザーたちは、400 million 以上のスナップを、毎日のように飛ばし合っているのだ。

Google Cloud Platform Live is taking place 3 weeks from today. Bobby will be joining a great line up of other speakers, including Google Senior Fellow Jeff Dean. We’ll announce new features, take a deep dive on tips, tricks and technology, and share our vision for the future of cloud computing.

Google Cloud Platform Live は、3週間後に開催される。そして Bobby は、Google の Senior Fellow である Jeff Dean といった、素晴らしいスピーカーたちによるラインナップに参加する。私たちは、そこで提供される新しい機能や、ティップス、テクノロジーを追いかけ、また、このクラウド・コンピューティングにおける未来のビジョンを共有していく。

We are nearly at capacity in all our locations, but for people who are still interested in attending you can request an invitation to join us in-person in San Francisco or attend a livestream of the keynote at Google New York City, Google Seattle or Google London. And for those who can’t make it in person, you can always tune in online.

すべてのロケーションにおいて、私たちのキャパシティは満杯に近いが、参加したいのなら San Francisco にリクエストして欲しい。 また、 Google New York City および、Google SeattleGoogle London でも、ライブ・ストリームが提供される。それも無理な人は、オンラインで参加することも可能だ。

ーーーーー

imageSnapchat が Google Cloud Platform というのは意外ですが、ウルトラ・ハイパー・スケールを狙っている同社が、このようなスター・プレイヤーを誘致したとしても、それは、それで、ナルホドと思える話です。 Nameservers を調べてみたら GoDaddy なのですが、システムの本体は Google にあるということなのでしょうか? ついでに、Whatsapp も調べたら、Nameservers は SoftLayer になっていました。 なんか、ワクワクする展開ですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
GCE が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
GCE の登場で、どのような影響が IssS 業界に?
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2

Google Drive が大幅に値下げされた:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!

Posted in .Selected, Google, Storage, Web Scale by Agile Cat on March 14, 2014

Google slashes Google Drive storage prices to take on Box & Dropbox
http://wp.me/pwo1E-7jw

March 13, 2014 – Harrison Weber
http://venturebeat.com/2014/03/13/google-slashes-google-drive-prices-for-100gb-1tb-plans-now-1-99-9-99-respectively/

__ Venture Beat

As if the online storage war wasn’t heated enough.

オンライン・ストレージにおける戦いは、これまではヒートアップしていなかったとでも、言いたいような展開である。

Image Credit:
TopRank

In a snub to competing services such as Dropbox and Box, Google announced that it is significantly lowering its prices today. Its 100GB plan, previously at $4.99 per month, is now $1.99. Most interesting, however, is the massive price cut Google made for its 1 terabyte plan. Originally at $49.99, 1TB of storage now costs $9.99 per month.

Dropbox や Box といったサービスなどを、まったく相手にしないかのように、今日の Google は、その価格の大幅な引き下げを発表した。以前には、$4.99/月だった 100 GB のプランは、いまや $1.99 に値下げされた。 しかし、Google の戦略の中で最も興味深いのは、1 TB プランの破壊的な値下げである。これまで $49.99/月だったものが、いまでは $9.99 になったのだ。

With this change, Google clarifies that its 15GB plan remains free. This plan, rolled out nearly a year ago, unifies storage across Gmail, Drive, and Google+ Photos.

なお、Google は、今回の変更においても、15 GB のプランは無償であることを明確にしている。このプランは、約 1年前から、Gmail/Drive/Google+ Photo のストレージを統合するために展開されてきた。

For comparison, Dropbox currently charges $9.99 per month for 100GB of storage. Box’s 100GB offering starts at $5 per month.

比較のために、Dropbox について説明が、現時点では 100 GB のストレージに、$9.99 が課金されている。 また、Box の 100 GB は、$5/月からとなっている。

You can take a look at all of the company’s storage offerings here.

なお、Google のストレージ・プロダクツについて、すべてを確認したいなら、ココを参照してほしい。

Quite a few competitors have stepped up to do battle with Dropbox since the service’s unsettling outage earlier this year.

今年の初めに、Dropbox のサービスの不安定になってからというもの、かなりの数のコンペティタたちが、厳しい競合を仕掛けるようになってきた。

For example, one Pro user said at that time, “We’re using Dropbox for Teams (a lot of money), and after this incident, I would be much less resistant to any requests to research alternative solutions (and there seems to be a plenty of them). “

たとえば、Pro バージョンを使っているユーザーには、「 私たちは、Dropbox for Teams(かなり高額)を使っているが、あの事故の後、他のソリューションの探すという選択肢(かなりの種類がある)に対して、それほどの抵抗感が無くなった思っている 」と、発言する者もいる。

ーーーーー

image今週の初めに「 Dropbox に挑戦する フランスの OVH:10 TB まで 1350円という月額は 1/100 だ! 」という抄訳をポストしましたが、こうした価格競争に Google も参戦という感じですね。 Dropbox に対して、Google は 1/10 の価格を提示していますが、OVH は 1/100 という価格です。 これまで、ほぼ同じレベルで、それぞれのサービスが競合するという展開でしたが、突如として大きな変化が訪れたようです。ac-stamp-232 

ーーーーー

<関連>

クラウド・ストレージ選手権 2013 : Box/Dropbox/Google/SkyDrive
Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!
DropBox を追撃せよ : SugarSync と Equinix がエンタープライズを狙って提携
Dropbox for Business とは? そのエンタープライズ戦略が明らかになった
Dropbox は、どれくらいの規模なの?
祝 : Dropbox のユーザー数が、1億人に届いた!
無限のストレージを、$4/月で提供する Backblaze の秘密とは?

OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える

Posted in .Selected, IBM, OpenStack, Web Scale by Agile Cat on December 11, 2013

Can OpenStack scale? IBM and Mirantis say yes it can (and aim to prove it)
http://wp.me/pwo1E-70J
By
Barb Darrow -DEC. 4, 2013
http://gigaom.com/2013/12/04/can-openstack-scale-ibm-and-mirantis-say-yes-and-aim-to-prove-it/

_ Giga Om

Summary: Big customers may want to use OpenStack but need hard metrics on how it performs in very large implementations. Mirantis and iBM are using Rally to fill that need.

Summary: OpenStack を使用したいという大口の顧客たちは、きわめて大規模なインプリメンテーションで実施すべき、厳格な評価指標を必要とするだろう。 そして、Mirantis と IBM は、そのニーズを満たすために Rally を利用している。

ーーーーー

Enterprises are still unsure that OpenStack open-source cloud technology can scale enough to handle massive applications. Now Mirantis, a systems integrator and something of an OpenStack gadfly, is working with IBM and its SoftLayer cloud unit to prove that it does, in fact, do so.

それらのエンタープライズは、この OpenStack のというオープンソース・クラウド・テクノロジーが、大規模なアプリケーションを取り扱えるまで、ほんとうの意味でスケールできるのかを確証していない。したがって、OpenStack を支持するシステム・インテグレーターである Mirantis が、IBM および、そのクラウド部門である SoftLayer と協力して、実際にスケールすることを証明しようとしている。

Mirantis is deploying OpenStack across more than 1,500 bare-metal SoftLayer servers and using its Rally benchmarking tool to provide performance metrics.

具体的に言うと、SoftLayer における 1500 台以上のベア・メタル・ サーバーにまたがるかたちで、Mirantis は OpenStack をディプロイし、Rally ベンチマーク・ツールを用い、そのためのパフォーマンス評価指標を提供する。

Some big customers are interested in OpenStack but want numbers and metrics to show that it’s a feasible solution, Mirantis president Adrian Ionel said in an interview. When they asked for  metrics about how OpenStack was performing at this scale, “we drew a blank. We had estimates but not hard data on how it performs on a variety of loads and configurations, and performance can be configuration specific. The tooling in the OpenStack framework did not exist for this so we built it and contributed it back to the community,” Ionel said.

いくつか大口の顧客たちは、OpenStack に興味を持っているが、それが実現可能なソリューションであることを示す、数値や指標も求めていると、Mirantis の President である Adrian Ionel はインタビューで語っている。このスケールで、どのように OpenStack が機能するのかという、問い合わせがきたとき、「 私たちは、ゼロベースからスタートした。私たちは推測値を持ってはいたが、多様なワークロードとコンフィグレーションにおいて、どのような性能がもたらされるかという意味で、信頼できるデータはなかった。 つまり、パフォーマンスは、コンフィグレーションに依存するものとなる。そして、OpenStack フレームワークにおいて、そのためのツールは存在していなかった。 したがって、私たちは新たなツールを構築し、それをコミュニティにコントリビュートした」と、Ionel は述べている。

IBM is a big OpenStack proponent, holding a Platinum sponsorship on the OpenStack Foundation. That and it’s $2 billion purchase of SoftLayer earlier this year constitute two tent poles of its cloud strategy — even though SoftLayer was not a huge OpenStack proponent. But IBM is banking that a combination of these two  assets can help it counter forays by AmazonWeb Services into the enterprise.

IBM は、OpenStack の強力な支持者であり、また、OpenStack Foundation の Platinum スポンサーでもある。そして、今年の初めに $2 billion で買収した SoftLayer と伴に、このクラウド・ストラテジーの二本柱になろうとしている( SoftLayer が OpenStack を、強く支持していなかったにもかかわらず)。 その一方で IBM は、この2つの資産を組み合わせることで、Amazon Web Services によるエンタープライズへの進出に、対抗するための方策を探っている。

Big Blue was stung when AWS won a big contract to build the CIA cloud over IBM and sources there have said that SoftLayer will play a key role in making sure IBM has a better scalable cloud story going forward.

AWS が IBM に対抗し、CIA クラウドを構築するという、大規模な契約を得たとき、Big Blue は深手を負った。そして、いくつかの情報筋は、IBM がスケーラブルなクラウド·ストーリーを、より円滑に推進していくために、SoftLayer が重要な役割を担うと述べている。

Mirantis started out as a systems integrator with growing OpenStack expertise — it worked with PayPal and Cisco to implement the technology, added a spate of related tooling, and then decided to launch its own OpenStack distribution. It also pledged a vendor neutral approach which got more tricky when Dell and Intel invested in the company, and now it’s pretty clearly in bed with IBM. So i guess you could say this is complicated.

Mirantis は、成長の途上にある OpenStack について、専門的な知識を持つシステム・インテグレーターとしてスタートした企業である。同社は、このテクノロジーを実装していくために、PayPal および Cisco と協業し、また、それに関連する大量のツールを付け加えることで、独自の OpenStack ディストリビューションを立ち上げることになった。また、同社はベンダー・ニュートラルなアプローチを約束しており、Dell と Intel からの出資に際して微妙な状況となったが、いまでは、明らかに IBM と緊密なスタンスをとっている。したがって、誰もが複雑だと感じるはずである。

IBM’s collaboration with  Mirantis, as well as its application of  Netflix AWS-focused tools to its SmartCloud Enterprise and its SoftLayer successor, are steps in making its cloud offerings more credible to the enterprise customers that are its lifeblood.

IBM の立場から見ると、Mirantis のコラボレーションだけでなく、AWS を前提とした Netflix ツールの、SmartCloud Enterprise および SoftLayer への適用が、進行している状況である。つまり、それにより、同社にとって不可欠なエンタープライズ・カスタマーたちに、より信頼できるクラウド・サービスを提供していくことになる。

Related research

ーーーーー

openstack-55a1このところ、米政府調達で Amazon AWS にやられっぱなしの IBM が、本腰で OpenStack に取り組むというのは、いろいろな意味で、とても良いことだと思います。 そして、ここまで IBM を追い詰めた Amazon は素晴らしいですが、さらに言えば、クラウドが素晴らしいという結論に至るのでしょう。 今年の 5月にポストした、『 なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO 』という抄訳をみると、Amazon と IBM のクラウド売上規模を比較できます。 よろしければ、ご参照ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack を Next Linux にする:Red Hat のサーティフィケーションとトレーニング
OpenStack における議論のループ:それを示す1枚のチャート

 

Google Load Balancing のベンチマーク : 100万リクエスト/秒を達成!

Posted in .Selected, Google, Web Scale by Agile Cat on December 10, 2013

Compute Engine Load Balancing serves 1 million requests per second, here’s why you should care
http://wp.me/pwo1E-70t

Dec 7, 2013
http://blog.scalr.com/post/68286517190/compute-engine-load-balancing-serves-1-million-requests

Scalr Blog

A couple days ago, Anthony of the Google Cloud Platform team announced a benchmark that showed Google Cloud Load Balancing routing 1 million requests per second.

何日か前のことだが、Google Cloud Platform チームの Anthony が、1秒あたり 100万リクエストをルーティングするという、Google Cloud Load Balancing のベンチマークを発表した。

That’s no small feat, but Google was nonetheless called out — at least on Hacker News — for a “Marketing blog post”! Why is that, you ask? Because Google wasn’t doing anything in the backend, and serving constant 1 byte (plus headers) HTTP responses from their upstream servers.

それは、なかなか大変なことなのだが、それにもかかわらず Google は、Marketing ブログ・ポスト(Hacker News だけ)で、簡単に触れているだけなのだ!

だからこそ、その理由が知りたくないか? Google のベンチマークで、バックエンドが何もしていなくても、さらには、上流のサーバーから 1 Byte(+Header)の HTTP レスポンスを供給していなくても、スゴイんじゃない?

Thing is, this benchmark isn’t about backend performance. It’s about load balancer performance, and it shows two interesting results.

つまり、このベンチマークは、バックエンドの性能ではなく、ロード・バランサーの性能を測るものなのだ。 そして、以下の 2つの、興味深い結果を示している。

Compute Engine Load Balancing scales very, very fast

On Twitter, @cloudpundit pointed out that unlike Amazon’s ELB, Google’s Load Balancer doesn’t need pre-warming to deliver stellar performance:

それについて @cloudpundit は、Amazon ELB とは異なり Google の Load Balancer は、その優れた性能を引き出すための、 pre-warming を必要としない、と指摘している:

Well, there’s not much more to say here… Except that you should follow Lydia on Twitter!
If you want a more detailed rundown, you can check out
Reuven Cohen’s take, published in Forbes.

そう。 Twitter で Lydia をフォローすべきだということを除いて、もう、何も言うことはない! そして、さらに詳細な情報が必要だというなら、Forbes に掲載された Reuven Cohen 記事をチェックして欲しい。

Now, let’s move on to another feature that we think has been overlooked in recent coverage. Compute Engine Load Balancing uses a single IP

続いて、最近の報道では見過ごされてきた、もう 1つの特徴に移りたい。 それは、Compute Engine の Load Balancing が、シングル IP を使用している点である。

Here’s a bit of context from our experience using Google Compute Engine to power the Eurovision Song Contest mobile backend:

ここでは、Eurovision Song Contest のモバイル・バックエンドにパワーを供給するために、Google Compute Engine を用いている、私たちのエクスペリエンスを説明したい。 それは、以下のようなコンテキストを持っている。

  • We were running the backend for a mobile application
  • Our frontend servers were Nginx instances
  • We had one DNS record set up to point to these Nginx frontend servers
  • 私たちは、モバイル・アプリケーションのためのバックエンドを走らせている
  • その、フロントエンド・サーバーとして、Nginx のインスタンスを走らせていた
  • それらの Nginx サーバー群を指し示すために、1つの DNS レコードを設定していた

Now, a problem we had was that our users were on mobile devices, so most of them shared DNS resolvers (their ISPs’). Naturally, we didn’t control those resolvers or their caching policy.

そこでの問題は、私たちのユーザーがモバイル・デバイスを使っているため、その大半が(彼らの ISP の)DNS Resolvers を共有している点であった。 当然のことながら、それらの Resolvers や キャッシュ・ポリシーを、私たちはコントロールできなかった。

Consequently, when we needed to scale up our frontend, the end users didn’t immediately connect to new instances. Ultimately, we saw largely uneven load on our frontend instances.

その結果として、私たちにはフロントエンドをスケール拡大する必要性が生じたが、それでもエンド・ユーザーたちは、直ちに新しいインスタンスに接続できないという事態に陥った。 最終的に、私たちのフロントエンド・インスタンスには、きわめて不均衡な負荷が発生することになった。

Compute Engine Load Balancing uses a single IP, and this benchmark demonstrates that this IP can route at least one million requests per second (that’s a lot!).

This seemingly minor feature means that, using Compute Engine Load Balancing, you are in full control of scaling your frontend. All your end users will ever see is a single IP.

この、Compute Engine Load Balancing を活用する、ちょっとマイナーな機能だが、あなたのフロントエンド・スケーリングを完全にコントロールするという意味を持つ。そして、すべてのエンド・ユーザーは、いつも シングル IP を参照することになる。

Compute Engine LB is a tool, not the solution

Compute Engine Load Balancing isn’t the “solution to scaling”, and we will still need to carefully architect our applications so that they scale horizontally.

Compute Engine の Load Balancing は、「スケーリングのためのソリューション」ではない。 そして、私たちのアプリケーションについては、水平にスケールするよう、慎重に構築していく必要性が残る。

Nonetheless, those benchmarks show that Google has delivered a tool we certainly needed to “solve scaling” — at the very least for the frontend!

それにもかかわらず、これらのベンチマークは、フロント・エンドという範囲に限定されたものでもあっても、「スケーリングの解決」に必要なツールを、Google が提供していることを示しているのだ!

And it’s available to just about anyone. So, hats off to the Google Compute Engine LB team!

そして、それは、誰もが利用できるものである。だから、Google Compute Engine LB チームには、脱帽なのである!

— Thomas

If you enjoyed this read – why don’t you sign up for email updates?

We’ll let you know when we publish new blog posts, we won’t spam you.
Posted in:
#opinion #gce

ーーーーー

image先週ですが、Twitter で @kazunori_279 さんが紹介していたブログ・ポストです。たしかに、Scalr サイトなのですが、背景は真っ黒で、そこに Lydia Leong さんのツートと、ドラゴンボールが並んでいるという、ハッキング・マインドがプンプンと臭っているコンテントです。 この、100万リクエスト/秒 というベンチマーク結果が、どれ程のものなのか、Agile_Cat 的には実感が持てませんが、さぞかしスゴイものなのだろうと想像しています。image  

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine が正式リリース : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2
Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?
Google が擁護する、App Engine におけるロックインの定量化とは?

 

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月

Posted in .Selected, Asia, Cisco, Mobile, Network, Research, Strategy, Web Scale by Agile Cat on February 7, 2013

Cisco: Our mobile data appetite doubled in size in 2012 (and it’s getting bigger)
http://wp.me/pwo1E-5D3

By
Kevin Fitchard
http://gigaom.com/2013/02/05/cisco-our-mobile-data-appetites-doubled-in-size-in-2012/

_ Gigaom

Summary: Globally the average mobile user consumed 201 MB a month in 2012. In North America, we binged on more than triple that amount. By 2017, Cisco says, those numbers will increase by a factor of 10.

2012年において、地球上の平均的なモバイル・ユーザーは、201MB/月のペースでトラフィックを消費している。 North America では、そのトラフィック量が、3倍以上になるという、大盤振る舞いの状況であった。 そして、Cisco が発言するには、2017年までの増加は、10という因数で計算されれるようだ。

Buffet image courtesy of Flickr user Wesley Fryer

ーーーーー

The average global mobile user consumed 201 MBs of data a month in 2012, more than doubling the 92 MBs monthly average from 2011, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index (VNI) for mobile traffic.

Cisco Systems の新しい Visual Networking Index(VNI)によると、グローバルにおける 2011年の平均的モバイル・ユーザーは、1ヶ月あたり 201 MB というデータを消費しているが、その量は2011年の 92MB に対して、2倍以上の増加となる。

That may not seem like a huge amount, but it’s spread out over the entire world’s population, including parts of the world where 3G connections are still rare and smartphone uptake negligible. When broken down by region, the numbers really pop. Cisco found the typical North American accounted for 752 MBs a month, while Western Europeans ate up a monthly average of 491 MBs.

その量が膨大だと認識されない可能性があるが、このネットワークは世界の全人口をカバーするものであり、その中には 3G 接続が稀な国や、スマートフォンのシェアがごく僅かな国々も含まれているのだ。そして、大きな地域ごとに切り分けてみると、その違いが明瞭になる。その典型的な例として、North American では 1ヶ月に 752MB が消費されたが、Western Europeans では 491MB だったと、Cisco は指摘している。

クリックで拡大 ⇒

In total, devices with mobile connections generated 900 petabytes of traffic (a petabyte being 1 million GBs) each month in 2012. And we ain’t seen nothing yet. Cisco is projecting global mobile traffic will grow at compounded annual rate of 66 percent for the next five years, doubling 13 times by 2017. This year, monthly mobile traffic will enter the exabyte era (an exabyte being 1 billion GBs). By 2017 global mobile users will eat up 11.2 EBs each month, according to the VNI.

モバイル接続された、すべてのデバイスが 2012年に生み出したトラフィックは、1ヶ月あたり 900 Peta Byte(1PB = 100万GB)に達する。 それは、これまでに見たことのない量である。 Cisco の予測によると、グローバル・モバイル・トラフィックは、これからの 5年間を 66% の CAGR(複合年間成長率)で成長し、2017年までに 13倍に増大するとされる。 そして、今年には、毎月のモバイル・トラフィックが、Exa Byte(1EB = 10億GB)の時代へと突入するだろう。 そして VNI によると、グローバル・モバイル・ユーザにより、2017年には 11.2 EB/月が消費されることになる。

Cisco is tracking the culmination of many trends. Not only are the number of smartphones and tablets increasing, but more devices from cameras to cars are getting connected. The average data usage per device is on the rise, but so is the total number of connected devices each person owns.

Cisco は、数多くのトレンドにおける、突出した部分を追跡している。 つまり、スマートフォンやタブレットの数が増大しているだけではなく、カメラから自動車に至るまでの、数多くのデバイスが接続されていく。 個々のデバイスで消費される、平均的なデータ量が上昇しているが、それぞれの人々が所有する、モバイル接続デバイスの総数も上昇しているのだ。

The result is explosion of mobile data consumption across an explosion of new devices – even if the number of actual subscribers is only increasing incrementally. There are 4.3 billion mobile subscribers today, by Cisco’s estimates. We’ll add less than a billion to that figure by 2017.

したがって、実際のサブスクリプション数が、ゆるやかに増加しているだけであっても、新しいデバイスが爆発的に増大することを前提に、モバイル・データ消費の爆発が引き起こされるのである。現時点の Cisco の見積もりによると、約 43億人のモバイル・サブスクライバーが存在する。 そして、その数は 2017年までに、10億弱まで上昇すると思われる。

クリックで拡大 ⇒

In that year, the average global consumer will be responsible for 2 GB each month, but North America will go for extra helpings at the mobile broadband buffet. Cisco predicts that the average U.S. or Canadian subscriber will account for 6.2 GBs of consumption each month, spread out over multiple devices. Western European usage will be nearly half that number.

2017年位は、平均的なグローバル・コンシューマは、1ヶ月あたり 2GB の負担をもたらすだろう。 そして、North America はもバイス・ブロードバンドの消費において、さらなる負荷を生み出すだろう。 Cisco の予測によると、America と Canada の平均的サブスクライバーは、複数のデバイスを利用することで、1ヶ月あたり 6.2GB を消費する。また、Western European における消費量は、その半分程度になるだろう。

The average Asian consumer will fall below the 2 GB mark, but they’ll make up plenty of ground in sheer volume of users. In 2017, Asia will have 2.8 billion people hooked into the mobile internet using a total of 5.2 billion connected devices. In North America there will only be 316 million subscribers sporting 841 million individual connections. Despite their data heavy diets, American and Canadians will account for only 19 percent of global mobile traffic, while Asia will consume nearly half.

そして、Asia における平均的な消費量は、1ヶ月あたり 2GB を下回るあたりまで上昇する。しかし、ユーザー数の多さにより、その総量は相当なものとなる。 2017年の Asia では、28億人がモバイル・インターネットに接続され、52億台のデバイスを使用することになるだろう。 また、North America には 3億1600万人のサブスクライバーが生じるが、そこで使用されるデバイスは、8億4100万台になると思われる。ただ、そのデータ大食漢ぶりにもかかわらず、American と Canadian はグローバル・トラフィックの 19% を消費するに過ぎず、Asian たちが半分近くを消費することになる。

クリックで拡大 ⇒

Not all of that traffic will traverse cellular networks. Cisco counts mobile traffic offloaded onto Wi-Fi networks or carrier femtocells in its calculations, though it doesn’t count Wi-Fi-only devices such as a tablet without 3G/4G radio. According to Cisco’s calculations, 33 percent of all mobile device traffic never reached a cell tower and was shunted into an access point or femtocell instead.

しかし、そのトラフィックのすべてが、セルラ・ネットワークを渡り歩くわけでもない。 Cisco の計算によると、モバイル・トラフィックは、Wi-Fi ネットワークもしくは小型基地局にオフロードされる(このレポートには、3G/4G を持たない、Wi-Fi 専用タブレットなどは含まれていない)。 そして、すべてのモバイル・デバイス・トラフィックにおいて、セル基地局には届かないトラフィックは 33% となり、代替えのアクセスポイントや小型基地局に振り分けられると、Cisco は計算している。

By 2017, Cisco expects Wi-Fi and femtos to handle nearly half of all mobile traffic. For data-centric devices like tablets, that number will be as high as 71 percent. North America is already well ahead in the offload curve. About 47 percent of our region’s mobile bits traversed local area networks in 2012.

Cisco の予測によると、2017年までに、すべてのモバイル・トラフィック半分近くが、Wi-Fi ネもしくは小型基地局で処理される。 タブレットのようなデータ・セントリックはデバイスに関しては、その比率が 71% 程度まで上昇する。 North America では、そのオフロード曲線が、すでに良い傾向を示している。この地域では、2012年の時点で、モバイル・ビットの約 47% が、ローカルエリア・ネットワークを渡り歩いている。

クリックで拡大 ⇒

Cisco compiles its numbers through a combination of multiple independent analyst reports, direct measurements from its speed-test apps and metrics it collects from its operator customers. Because Cisco has a vested interest in selling hardware that pushes packets through the mobile internet, its VNI has faced criticism in the past, particularly as carriers use Cisco’s projections to justify their spectrum acquisition sprees.

Cisco が編纂した一連の数値は、多数の独立系アナリストのレポートや、スピード・テスト・アプリからダイレクトに集められた測定値、そして、顧客であるキャリア・オペレータからの情報などを、組み合わせた結果となっている。モバイル・インターネットを介してパケットをプッシュするハードウェアについて、Cisco が販売の既得権を持っていることで、過去において VNI の調査結果は批判され続けてきた。とりわけ、Cisco の予測を利用して、法外な帯域幅の獲得を、キャリアが正当化しているというケースが多かった。

For the last five years, Cisco has revised VNI projections each year to account for new variables and the previous years recorded measurements. Last year it revised its projections upwards, finding its 2011 analysis too conservative. This year Cisco lowered its projections downwards slightly. Cisco analysts said new tiered plans in North America and Europe applied the brakes on average consumption, especially in Europe where there is a high concentration of 3G/4G connected laptops.

そして、最近の 5年間において Cisco は、新しい変数を明らかにするために、VNI 予測を修正しており、昨年は測定値も記録している。 さらに、2011年の分析が、あまりにも慎重すぎるとして、予測値を上方修正している。 しかし、今年の Cisco は、その予測値を、若干だが下方修正している。 Cisco アナリストが説明するには、North America と Europe で計画されている新しいステップが、平均消費量の伸びにブレーキをかけているようだ。 特に Europe では、3G/4G 接続されたラップトップ PC の利用が、極端に限定されているとしている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこうしてみると、Cisco の予測に基づいて、さまざまな組織や企業において、具体的な計画が組まれていくという図式が見えてきますね。 文中にもあるように、様々な批判にも直面するでしょうが、誰かが行わないと話が先に進みません。その意味で、とても大切なことなんだと、訳していて再認識しました。 以下の、トラフィック分析/予測に関するバックナンバーも、ぜひ、ご利用ください。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2012: Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
2012: IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の半分を Samsung と Apple が分け合う
2012: アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
2011: Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
2011: モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, Network, Research, Web Scale by Agile Cat on November 1, 2012

Cisco predicts that by 2016 datacenter traffic will reach 6.6 zettabytes
http://wp.me/pwo1E-56G

By
David Chernicoff  | October 26, 2012
http://www.zdnet.com/cisco-predicts-that-by-2016-datacenter-traffic-will-reach-6-6-zettabytes-7000006462/

_ zdnet normal

Summary: Cloud traffic will grow at incredible rate, but business use will remain low

ーーーーー

In the recently released Cisco Global Cloud Index:  Forecast and Methodology, 2011–2016 Cisco extrapolates that by 2016, two-thirds, or 4.3 zettabytes, of the total datacenter traffic will be cloud traffic representing the lion’s share of an overall six fold growth in total IP traffic.

つい先日にリリースされた、Cisco Global Cloud Index: Forecast and Methodology, 2011–2016において、同社は以下のように推定している。 2016年までに、データセンターのトラフィックは、4.3 zettabytes(IP トラフィック全体の 2/3)にいたる。 つまり、クラウドのトラフィックは、6倍の成長を達成する、圧倒的なものになるだろう。

For those not familiar with terminology for really big numbers, a zettabyte is equal to 1000 exabytes or 10^21 bytes.  And if exabytes aren’t familiar, that’s one billion gigabytes (10^18 bytes). And despite the way users perceive the way that data is used, over 70% of that IP traffic will be internal to datacenters. Datacenter to end-user represents about 17% of that traffic, while datacenter to datacenter traffic is only 7%.

こうした用語に慣れ親しんでいない人のために説明すると、Zettabyte とは 1000 Exabytes のことであり、また、10^21 Bytes のことである。  Exabytes も知らないということなら、10億 gigabytes(10^18)という表現でどうだろう。 そして、ユーザーたちは、そのデータを使用する方式を理解しているが、IP トラフィックの 70% 以上は、データセンター内部で発生するものとなる。 データセンターからエンドユーザーへ向けたトラフィックは、全体の約 17% であり、また、データセンター間でのトラフィックは、わずか 7% に過ぎない。

While datacenter will be where the bulk of the traffic exists, Cisco forecasts that dedicated server workloads will only increase from 1.5 workloads per server (as of 2011), to and average of 2 workloads per server, while the expectation is that cloud workloads will double from the 4.2 per server average in 2011 to 8.5 workloads per cloud server.

大量のトラフィックが集中する場所に、データセンターは存在するのだが、Cisco の予測によると、専用サーバーのワークロードは、2011年の時点における 1.5 ポイントから、2.0 ポイントへ増えるだけであるが、クラウドに対するワークロード予測値は、2011年 4.2 ポイントからから、8.5 ポイントへと倍増する。

Interestingly enough, the forecast expects the growth in cloud use to be primarily consumer driven. In 2011 consumer use of the cloud averaged 4.5 times that of business us. By 2016, the forecast is that consumers will utilize the cloud more than 6 times as much as business, with business use in 2016 little more than consumer use in 2011.

きわめて興味深いことに、この予測では、クラウドの利用の増大は、主としてコンシューマによりドライブされるとしている。 2011年における、コンシューマ・クラウドの使用量は、ビジネス利用に対して、平均で 4.5倍という値になる。 そして、2016年までに、その比率は 6倍以上に至ると予測されている。なお、2016年のビジネス需要は、2011年のコンシューマ需要に対して、わずかに上回る程度である。

If you really want to crunch the numbers yourself, you can download the 28 pages of data directly.

ーーーーー

image昨年 Cisco レポートは、11月末に発行されていましたが、今年は 1ヶ月ほど前倒しのようですね。 そのレポートでは、IP トラフィックは 2015年までに 4.8 zettabytes/年に達し、その中でクラウド・コンピューティングが占める比率は 1/3(1.6 zettabytes )になるとされていました。 そちらも合わせて、お読みくださ~い! image

ーーーーー

<関連>

Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラストラクチャ
DC サービス市場の規模は、どうなっている?
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則

 

Facebook が 10億人に届きそう : 新規ユーザーは何処から?

Posted in .Selected, Asia, Facebook, Research, Social, Web Scale by Agile Cat on September 26, 2012

The countries that will take Facebook past 1 billion users
http://wp.me/pwo1E-4VR

August 14th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/08/14/facebook-new-users/

_ pingdom

Facebook is still growing and is getting close to enrolling that magic 1 billionth user. According to data we gathered from Socialbakers, Facebook has added 180 million new users in the past year. But where are those users coming from?

依然として、Facebookの成長は止まらないらしい。 そして、信じられない数字である、10億人というユーザー数に到達する寸前まできている。 私たちが Socialbakers から集めたデータによると、この1年で Facebook は、約 1億8000万人の新規ユーザーを獲得している。 だが、それらのユーザーたちは、どの地域からやってきたのだろう?

In this article we’ll look into just that. The population of Facebook is changing, growing in new places. For example, it turns out that in the past year, 30% of all new Facebook users have come from just two countries.

この記事では、その点を調査していく。 Facebook の変化し続ける人口は、新しい地域で増大している。 たとえば、この 1年間において、すべての新規ユーザーの 30% が、たった 2ヶ国で増えていることが分かった。

Growth divided by continent

As we already mentioned, Facebook now has 180 million more users than it had a year ago. It’s quite amazing that in spite of being so huge, Facebook still is gaining new users at a significant rate. Here is where they are coming from:

前述のとおり、Facebook のユーザーは、この 1年で 1億8000万人も増えている。 すでに Facebook は、膨大なユーザーを取得しているのに、さら新規ユーザーを大幅に増やしている点は、驚嘆に値する。 以下のチャートが示すのは、地域ごとの、新規ユーザー獲得数である:

クリックで拡大 ⇒

Facebook is growing in all regions, but at different rates. It is abundantly clear that Facebook’s biggest growth markets right now are Asia and South America. Together they account for 62.5% of Facebook’s growth over the past year.

Facebook は、すべての地域でユーザー数を伸ばしているが、そのレートは均一なものではない。 いまの Facebook において、最大の成長率を誇るマーケットは、明らかに Asia と South America である。 この両者を合わせると、この1年における Facebook の成長の、62.5% をも占めることになる。

Growth by country

Which individual countries have contributed the most to Facebook’s growth over the past 12 months?

続いて、この12ヶ月間の動きを、それぞれの国ごとに見ていきたい。 どの国で、Facebook のユーザーは増えているのだろうか?

クリックで拡大 ⇒

Two countries really stand out. Brazil accounts for more than 18% of Facebook’s growth over the past 12 months. India accounts for almost 12%.

2つの国が、きわめて際立つ存在となっている。 この 12ヶ月間で増えた Facebook の新規ユーザーのうち、18% が Brazil からとなる。 そして India が、約 12% を占める。

Brazil used to be all about Orkut, but now seems to be embracing Facebook full on. Considering the country has 79 million internet users, it’s not so strange it has managed such massive growth. In fact, Brazil is now the second-largest country on Facebook.

以前の Brazil では、すべてが Orkut という感じだったが、いまは Facebook を支持する動きが強まっているように思われる。 同国のインターネット・ユーザーが 7,900万人という状況を考えると、これだけの成長が達成されても、そのほど奇妙なことではない。 現実に、まや Brazil は、2番目の Facebook 大国となっているのだ。

Both Brazil and India used to be Orkut strongholds, so maybe their rapid growth on Facebook the past year is at least partly a result of Brazilian and Indian internet users abandoning Orkut.

Brazil と India は、Orkut ユーザーの拠り所であった。 したがって、この 1年間における Facebook の急成長は、両国のユーザーが Orkut を見限ったという、結果の一部としても捉えられる。

Current top 10 countries on Facebook

We have just showed you which countries are growing the fastest on Facebook in terms of absolute user numbers. But which countries currently have the most Facebook users? Here are the latest numbers (from Socialbakers):

私たちは、Facebook ユーザーの絶対数という観点から、その成長の様子を示してきた。 しかし、それぞれの国における Facebook ユーザー数は、どのようになっているのだろうか? 以下に、最新のデータを示す(Socialbakers より):

Top-10 : Aug 2012:

  1. United States – 159.0 million
  2. Brazil – 54.8 million
  3. India – 51.8 million
  4. Indonesia – 41.0 million
  5. United Kingdom – 37.6 million
  6. Mexico – 36.5 million
  7. Turkey – 31.3 million
  8. Philippines – 28.9 million
  9. France – 24.3 million
  10. Germany – 23.9 million

Top-10 : Aug 2011:

  1. United States – 151.9 million
  2. Indonesia – 39.2 million
  3. India – 30.4 million
  4. United Kingdom – 29.8 million
  5. Turkey – 29.7 million
  6. Mexico – 27.1 million
  7. Philippines – 25.5 million
  8. France – 22.7 million
  9. Brazil – 22.0 million
  10. Italy – 19.8 milion

As you can see there is some shifting around on this list, but the biggest jump here was done by Brazil. It jumped from ninth to second position in a year. India and Brazil have pushed down Indonesia from being number two to number four.

ここで確認できるように、このリストには、いくつかの順位変動があるが、最大のジャンプは Brazil のケースだ。 1年ま前の 9番目から、2番目のポジションまでジャンプした。 そして、India と Brazil により、Indonesia は2番目から 4番めへと順位を下げている。

There is also the sleeping dragon to consider, the largest country on the internet; China. Facebook is currently blocked in China, but if Zuckerberg & Co somehow manage to get their foot in the door of that market, they will be able to tap into a pool of more than 500 million internet users.

そして、眠れるドラゴンである、最大のインターネット国家の China がいる。 現在、Facebook は China でブロックされている。 しかし、もし Zuckerberg & Co が、何らかの方法で China マーケットに入り込むなら、同国の 5億人以上と言われるインターネット・ユーザーの固まりに、アクセスすることが可能になるだろう。

Conclusion

It’s pretty obvious when you look at this data that there are two main regions where Facebook is currently growing the fastest; Asia and South America.

このデータを見れば、いまの Facebook の中で最速で成長している主要な地域が、Asia と South America でがあることが、かなり明白になってくる。

We expect this trend to continue. These regions have large populations but a significant untapped potential in terms of internet users. Internet penetration is generally lower in these regions than in Europe and North America, but is growing rapidly. In other words, these two regions will be producing a lot of new internet users over the coming years.

私たちは、この傾向が続くと予想する。 これらの地域は、大量の人口を抱えているが、インターネット・ユーザーという観点で見ると、膨大な潜在的を有している。 インターネットの浸透について言うなら、Europe と North America よりも低いというのが一般的な見方であるが、その成長力には目覚しいものがある。言い換えれば、それた 2つの地域では、今後の数年間において、夥しい数の新規インターネット・ユーザーが生じていることになる。

It says something about Facebook’s scale that in just one year, they’ve grown by roughly the size of the entire Twitter user base.

この記事で伝えてきたのは、Facebook のスケールと、1年間で加わった新規ユーザー数であるが、その数は Twitter の全ユーザー数に等しいのである。

Data source: Facebook user numbers from Socialbakers, with some help from the Internet Archive’s Wayback Machine. Internet user numbers from Internet World Stats

Larger versions of the charts: Growth by continent, growth by country.

ーーーーー

image日本も、この 1年間で 800万人ほどの新規ユーザーがあるようですが、Brazil の 3,300万人と、India の 2,100万人というのは、凄まじいの一言です Smile  ワールドワイドで 1億8000万人の増加という数字は、1日あたり約 50万人、そして 1時間で 2万人というペースです。すご~い! image

ーーーーー

<関連>

主要ソーシャル・メディアについて、年齢と性別の分布を調べてみた
イイネ な タメイケ は、Facebook 都市伝説となるのか
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
Facebook の 巨大 DC を気化熱で冷やす、ミストの秘密について説明しよう
Facebook と Google の サーバー保有台数を推測する – James Hamilton

 

Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている

Posted in .Selected, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on July 11, 2012

The US hosts 43% of the world’s top 1 million websites
http://wp.me/pwo1E-4q6

July 2nd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/07/02/united-states-hosts-43-percent-worlds-top-1-million-websites/

_ pingdom

It should come as no surprise that the United States is the world leader in hosting websites. But just how many of the world’s top sites are hosted in the US? Following our study of web hosting in Africa, we now broaden the perspective and can announce that 43% of the world’s top 1 million websites are hosted in the United States.

Web サイトの運営において、アメリカが世界のリーダーであることは、決して驚くべきことではない。 それにしても、世界のトップ・サイトのうち、いったいどれだけがアメリカにホストされているのだろうか? 私たちは、アフリカにおける Web ホスティングの調査に引き続いて、その視野をアメリカにまで広げた。 そして、世界の Top-1 Million サイトの 43% が、アメリカにホストされていると、ここに発表するに至った。

Top 20 web hosting countries

After checking the IP addresses of the top 1 million websites as ranked by Alexa, we put them in order of how many websites are hosted in each country. You can read a bit more about our methodology at the end of the article.

Alexa によりランク付けされるとおりに、Top- 1 Million の Web サイトの IP アドレスをチェックした後に、それらの Web サイトをホストしている国々を、その順番にしたがって並べ替えてみた。 その方式については、この記事の最後で、詳細を説明している。

In total, we identified 191 countries as hosting one or more sites in the top 1 million, with the following 20 in the top:

全体について述べると、Top-1 Million の Web サイトをホストしている国は、191ヶ国であることが分かった:

As you can see, the US is in a clear lead with 431,214 sites, followed by Germany with 82,152, China with 49,730, UK with 37,829, and France with 35,777. In 20th place we find South Korea with 5,659 websites hosted out of the top 1 million.

そして、誰もが確認するとおり、アメリカは 431,214 のサイトをホストし、そこに ドイツの 82,152、中国の 49,730、UK の 37,829、フランスの 35,777 が続く結果となった。なお、この Top- 1 Million サイトの 20番目のポジションは、韓国の 5,659 となっている。

This is certainly a long tail if there ever was one Image(2)

1つのサイトを有する国まで入れると、まさに、ロング・テールになってしまう :)

Europe vs US

With the US in such a commanding lead, it would, of course, be interesting to see how it compares to other parts of the world. One of the obvious comparisons would be with Europe. Here’s what that comparison looks like:

このように、アメリカがダントツにリードすると、もちろん 世界の各地域との比較が、次の興味となってくる。 明らかに面白そうなのは、ヨーロッパとの比較だろう。 その結果は、以下のようになる:

Even compared to the countries in Europe combined, the US is still considerably larger, with 431,214 sites compared to the 313,252 in Europe.

ヨーロッパとアメリカの比較は、 431,214 対 313,252 であり、アメリカ単体のほうが依然として大規模となる。

You may have noted that Europe and the US together claim around 75% of the top 1 million sites.

また、特筆すべきことは、ヨーロッパとアメリカを合計すると、世界 Top- 1 Million サイトの 75% を占めてしまうことだ。

Top 100 countries

Here are the top 100 countries, which host the most sites in the top 1 million:

以下は、Top – 100 の国々であるが、それらにより、 Top- 1 Million サイトの大半が占められてしまう。

Pingdom サイトには、Top-100 が掲載されています

Will the rest catch up to the US?

Alexa may not be the definitive list to go by, but, at the very least, it should give a good indication of what the real numbers are. We doubt anyone is surprised that the US is in the lead, but it’s interesting to see how the countries seem to jockey for positions. Also, we just looked at the top 1 million sites, which is just a small fraction of all websites that exist.

Alexa が提供するリストは、決定的なものにはならないだろうが、少なくとも、実数については適切な示唆を与えてくれる。 アメリカがリードしていることに、驚く人はいないと思っているが、それぞれの国々がポジションを得ようと、画策しているように見えるところが興味い。 さらに言えば、私たちは Top- 1 Million のサイトだけに注目しているが、それは、すべての Web サイトの中の、わずか一握りに過ぎない。

We will keep an eye on this issue and see how it develops over the coming months and years.

私たちは、この論点に継続して集中していく。 そして、これから数カ月、そして数年のうちに、どのような展開になるのかを確認していく。

Do you think that, over time, the US will lose some of its importance in terms of web hosting and we’ll see more top sites hosted outside the US? Let us know in the comments below.

長い時間をかけながら、アメリカが Web ホスティングにおける重要なポジションを失うと、あなたは予想するだろうか? そして、アメリカ以外の国が、トップに座るようなことを、想像するだろうか? 何かコメントがあったら、知らせて欲しい。

About the data: The data was collected June 6-8, 2012, with a Pingdom-developed script that successfully scanned 945,472 out of Alexa’s top 1 million sites. The remaining sites failed for various reasons. We should point out that web hosting is a constantly moving target, so where a particular site is hosted may have changed by the time you read this.

ーーーーー

image圧倒的な アメリカの強さが見えてきますが、日本も 6位に入ってるが確認できて、なんとなくホッとしました。 この調査のベースとなっている Alexa は、誰でも簡単に使えるものなので、お暇がありましたら試してみてください。 Agile_Cat も自分を調べてみましたが、その結果を見ると、1つのサイトとして認識されているようです。 おそらく、WordPress だけでも何万というサイトが、この調査結果には含まれているのでしょうね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
クラウドを バッチリ測定する、Cloud Harmony とは?
調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

%d bloggers like this: