Agile Cat — in the cloud

100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!

Posted in Apple, Research, Wearable by Agile Cat on June 28, 2014

Here’s What People Would Pay For The iWatch
http://wp.me/pwo1E-7CP
Lisa Eadicicco – Jun. 25, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-iwatch-price-predictions-2014-6

_ Business Insider

Although Apple is expected to release its first smartwatch later this year, the truth is we still don’t know anything about the device — including how much it will cost. What we  can estimate, however, is how much people are willing to pay for it.

今年の後半には、Apple から初のスマートウォッチが発売されるようだが、何が真実なのかとなると、価格も含めて、このデバイスについては、まったく分からないという状況にいる。しかし、何かを推定することは可能である。 つまり、いくらまでなら、それに対して人々は、喜んで対価を支払うのかという仮説である。

_  space

Business Insider/Statista

Earlier this week, investment firm Piper Jaffray published results from a study which found that most adult consumers wouldn’t be interested in buying an iWatch for $350. The firm then asked respondents how much they would consider paying for an iWatch.

今週の初めになるが、投資会社である Piper Jaffray が、そんな調査の結果を発表した。そして、もし iWatch が $350 だったら、ほとんどの人々が、興味を示さないだろうということが分かった。続いて同社は、いくらなら、iWatch に支払う気になるのかと、回答者たちに尋ねた。

While most consumers said they wouldn’t purchase one regardless of the price, more than 30% said they would buy the iWatch if it fell in the $100-$200 price range. Only 10% said they would buy the watch if it was priced at $100 or less, as shown in the chart from Statista posted below.

最も多い回答は、その価格が安かろうが高かろうが、購入しないだろうというものだった。次に多かったのは、$100〜$200 であれば、iWatch を買うだろうという回答だった。また、$100 以下なら購入すると言う人々は、10% しかいなかった。 このチャートに示されるように、Statista が調査結果をマトメてくれた。

ーーーーー

なんとなく、回答者の気持ちが分かる、調査の結果です。 実は、Agile_Cat も Sony SmartWatch 2 を、香港の通販サイトで狙って居るのですが、ズルズルと 1万8000円くらいまで下がってきたので、「もう一声」を待っているという状況なのです。 W杯記念の、ブラジル・カラーのベルトのものは、すでに 1万5500円 まで来ているのですが、それだと恥ずかしくて使えません。 やはり目立たない、黒が良いです。 これは、Android ウォッチの話しなので、iWatch だと、もっと高くても売れるのかと思っていましたが、みなさん、考えることは同じようですね :)  なお、調査の母数は 100人とのことなので、かなり簡易的なものだと思います。 しかも、投資会社がアクセスできる 100人ですから、実際には、もう少し安い方へと、回答者の立ち位置は振れるのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley
Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得/年末までに 6500万台を販売?
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です

Toshiba と SanDisk が多層フラッシュ・メモリで協業:スマホに 1TB の時代がやってくる!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Mobile, Wearable by Agile Cat on May 15, 2014

Toshiba, SanDisk to mass produce high-power ‘3D’ memory
http://wp.me/pwo1E-7uN

14 May 2014 – AFP / Josep Lago
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/toshiba-sandisk-to-mass/1105076.html

_Channel News Asia

TOKYO: Japan’s Toshiba is teaming up with US chip giant SanDisk to produce a "3D" memory chip they hope will allow users to save up to 50 hours of ultra-high definition video.

TOKYO: Japan の Toshiba と US のチップ・ジャイアントである SanDisk が協業し、“3D” メモリ・チップを製造することになった。それは、多層型のメモリ・チップのことであり、50時間分の Ultra HD ビデオをストアできるものになる。

In a deal worth a reported 500 billion yen ($4.84 billion) the companies will build a factory to make flash memory consisting of several layers of semiconductors stacked together to give as much as a terabyte — 1,000 gigabytes — of storage.

この、興味深いレポートによると、5000億円($4.84 billion)相当の契約において、この両社はフラッシュ・メモリを製造するための工場を建設する。このメモリは、何層にも積み重ねられた半導体のレイヤで構成されるものであり、Tera Byte(1000 GB)のストレージを実現する。

File photo of a SanDisk memory card. Japan’s Toshiba is teaming up with US chip giant SanDisk to produce a "3D" memory chip they hope will allow users to save up to 50 hours of ultra-high definition video. (AFP/Josep Lago)

That is around 16 times bigger than the largest 64-gigabyte Toshiba memory currently available in smart phones and tablet devices.

具体的に言うと、スマホやタブレットで使用するために、現時点で Toshiba が供給している 64 GB メモリの、約16倍の容量を実現するものになる。

Toshiba will demolish its existing plant in Japan to build a new facility that will house production apparatus using technologies from both firms and which the firms hope will start operating in 2016, a statement said. "In about five years (from the planned start of the factory), we would like to produce one-terabyte products," said a Toshiba spokeswoman.

Toshiba は、新しいファシリティを建設するために、Japan における既存の工場を閉鎖する。そして、新たな製造ラインを構成するための機器は、両社から提供され、2016年から稼働するという、ステートメントが発表されている。「この工場が開設されてから 5年以内に、1TB のプロダクトが製造されるだろう 」と、Toshiba のスポークスマンは述べている。

The plan comes at a time of increasing competition among the world’s technology firms to meet demand for ever-higher capacity memory chips for consumers increasingly using mobile devices such as smart phones, tablet computers and wearable gadgets.

この計画は、これまでには想像もしなかった大容量メモリ・チップへの、消費者からの需要を満たすために、世界中のテック・カンパニーが競争を激化させるタイミングに合わせたものとなる。それにより、スマホ/タブレット/ウェアラブルといった、モバイル・デバイスやガジェットなどの利用が促進されていく。

The spread of high-definition video, with so-called 4K screens at the leading edge, is boosting demand for computing memory to store content. "Small, high-capacity memories can of course be applied to smartphones, but they could also be used for wearable devices," the Toshiba spokeswoman said.

この需要を、最先端で引っ張っていくのは、4K スクリーンを備えた DH ビデオの普及であり、コンテントをストアするコンピュータ・メモリへの要求を高めるものとなる。「 もちろん、小型で大容量のメモリはスマホでも活用されるが、ウェアラブル・デバイスへの適用もあり得る」と、Toshiba のスポークスマンは述べている。

Manufacturers have traditionally competed with regular chips by trying to make the physical object smaller. Toshiba, along with major rivals such as Samsung, believe they are reaching the physical limit, and are shifting toward 3D memories, where layering — effectively a third dimension — is used to boost the capacity of objects the same size.

いくつかのメーカーは、これまでのチップ・テクノロジーを、さらに小型化することで、この需要に対応しようとしている。しかし、Toshiba だけではなく、その最大のライバルである Samsung も、チップの小型化は物理的な限界に達していると考え、3D 多層化メモリへ向けてシフトしている。 つまり、効率よく三次元化することで、同じサイズのチップであっても、その容量を飛躍的に高めることが可能になる。

Yasuo Naruke, Toshiba senior vice president, said in a statement: "Our determination to develop advanced technologies underlines our commitment to respond to continued demand (for) flash memory.” SanDisk president and chief executive Sanjay Mehrotra said the plant "will advance our leadership in memory technology into the 3D… era”.

Toshiba の Senior VP である Yasuo Naruke は、「 この、先端テクノロジーに取り組んでいくという決意は、フラッシュ・メモリに関する継続的な需要に対する、私たちのコミットメントを強調するものである」と述べている。そして、SanDisk の President and CEO である Sanjay Mehrotra は、「 このプラントにより、3D メモリ・テクノロジー時代における、当社のリーダーシップが強化される」と述べている。

- AFP/fa

ーーーーー

TAG indexアメリカでは、すでに Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングを開始すると発表しています。 このトレンドは、一挙に世界中へ広まり、スマホに DL した 4K ビデオを、たとえば Chromecast のようなインターフェイスで、大画面の TV  へ送信して楽しむ、、、というような使い方が一般的なものになるのでしょう。 また、日本でも iTunes Match のサービスが開始されまいsたが、このような大容量メモリがスマホに搭載されると、すのすべてを Off Line で楽しむことも可能になります。それにしても、テクノロジーの進化って、ぜんぜん止まらないものなのですね。 ため息が出てきます :) __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?
DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
いまの iPhone を、1991年に戻って製造すると 3.5 億円になる! その内訳は?

Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得/この秋に発売し、年末までに 6500万台を販売!

Posted in .Selected, Apple, Asia, Wearable by Agile Cat on April 9, 2014

Rumor: Quanta to build 65M Apple "iWatch" units in first year, Q3 2014 release expected
http://wp.me/pwo1E-7og
April 08, 2014 – By AppleInsider Staff
http://appleinsider.com/articles/14/04/08/rumor-quanta-to-build-65m-apple-iwatch-units-in-first-year-q3-2014-release-expected

_ apple insider

A suspect new report out of China claims to have a great deal of specifics on Apple’s rumored "iWatch," namely that it will debut in the third quarter of this year and will include advanced sensors to detect a user’s heart rate and blood pressure, among other things.

推測の域を出ないが、China からの新しいレポートが、ウワサの Apple iWatch に関して、かなり具体的な情報を提供している。 それによると、デビューは今年の Q3 とされ、ユーザーの心拍数や血圧を検出する、高度なセンサーの実装が特徴とされる。

The sketchily specific details from China’s Economic Daily News, reported on Tuesday, claim that the supply chain for the device was recently finalized. The report states that Taiwan’s Quanta Computer has received an exclusive contract to build the device, with 65 million units expected to be built in the first year of availability.

China の Economic Daily News が、火曜日(4/8)に報じた概要では、このデバイスのためのサプライチェーンが、最近になって確定したと述べてられている。具体的にいうと、Taiwan の Quanta Computer が、このデバイスを製造する独占契約を取得し、初年度に 6500万台を生産すると予測している。

iWatch Concept
by Todd Hamilton

The report goes on to say that the so-called "iWatch" will sport custom chips designed in-house by Apple but that some of them will be built at Samsung’s foundry, suggesting the company will continue to rely on its fierce rival for silicon.

さらに、このレポートは iWatch について、Apple 自身がデザインしたカスタムチップにサポートされるが、その中のいくつかは Samsung  により製造されるとしている。つまり、同社は、シリコンの世界で競う強力なライバルに、依存し続けることになる。

It’s claimed that Foxconn and Inventec were also in the running for assembly orders with the rumored "iWatch," but Quanta secured the exclusive contract. Other Taiwanese companies are said to supply the main assembly, touchscreen controls, and some integrated circuit and printed circuit boards for the final product.

また、この iWatch に関するウワサは、Foxconn と Inventec がアセンブリーを受注しているが、Quanta が独占契約を確保していると主張している。また、その他の Taiwan 企業も、最終的なプロダクトに関して、アセンブリーの機能や、タッチスクリーン・コントロール、集積回路、プリント回路基板などを提供すると言われている。

The report also goes on to say that the glass screen on Apple’s anticipated wrist-worn accessory will be made of sapphire. Apple late last year signed an exclusive deal with GT Advanced Technologies Inc. for supply of sapphire glass, a material already used by Apple to protect the cover of the Touch ID fingerprint sensor on the iPhone 5s, as well as the glass coating on the camera lens on the rear of the device.

さらに、このレポートによると、期待される Apple のリスト・バンド型のアクセサリーでは、サファイアで構成されるガラスス・クリーンが実装されるようだ。 昨年末のことだが、Apple は GT Advanced Technologies Inc と独占契約を締結し、サファイア・ガラスの調達に目処をつけている。この素材については、iPhone 5S の Touch ID 指紋センサー・カバーや、デバイスの背面にあるカメラ・レンズを保護するために、すでに Apple は実用段階に入っている。

As for Apple’s rumored watch, another report this week suggested the company could include a UV light exposure sensor in the accessory. Its inclusion could warn users about sunburn or general concerns about sun exposure.

この、ウワサの Apple iWatch であるが、今週に提供された別のレポートによると、UV 照射センサーが含まれる可能性が示唆されている。つまり、多くの人々が問題視する、日焼けや、紫外線の悪影響について、ユーザーに警告を発することになる。

Apple has made a number of key hires in recent years related to health and fashion, suggesting to many that the company is working on a new wrist-worn device that could serve both functions as an advanced iPhone accessory. The wearables market has been an area of considerable interest for other technology companies — including Samsung, Google, Sony and others — all of which plan to release new wrist-based electronics this year.

最近の Apple は、ヘルスやファッションにノウハウを持つ、有用な人々を採用している。つまり、iPhone の先進的なアクセサリーとしても機能する、この新たなリスト・バンド型デバイスに、それだけ注力していると示唆される。このウェアラブル市場は、Samsung/Google/Sony などを含む、その他のテック・カンパニーにとっても、大きな関心領域となっており、そのすべてが、リスト・バンド型の電子デバイスを、年内にはリリースすると予測されている。

ーーーーー

TAG indexこれまでのウワサと比べると、かなり具体的に記載されているという感じですね。 ウェアラブルと IoT の違いは、それを身につけることで、何らかの嬉しさがリアルタイムに得られるか、得られないかの差だと、個人的には思っています。 たしかに、心拍数とか血圧も大事ですが、だからといって嬉しいものではありません。 しかし、このレポートに記される、UV カット、お肌のケアは、女性ユーザーの心に刺さるセールス・ポイントになるのかと、いまさながら Apple の上手さに、感心している次第です。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

Posted in .Selected, Google, Wearable by Agile Cat on March 19, 2014

Google Just Unveiled Its Next Big Wearable Computing Platform
http://wp.me/pwo1E-7ky
Lisa Eadicicco – Mar. 18, 2014
http://www.businessinsider.com/google-android-wear-2014-3

_ Business Insider

Google today announced that it plans to officially bring Android to smartwatches through its new project called Android Wear. It will enable developers to use features such as Google’s Voice Search and health-tracking apps on wristwatches.

今日、Google は、Android Wear という名の新しいプロジェクトを介して、Android によるスマート・ウォッチを提供していく計画を、正式にアナウンスした。それにより、Google の Voice Search や、ヘルス・トラッキング・アプリなどの機能を、デベロッパーは活用できるようになる。

It’s a free, open-source operating system, just like the smartphone and tablet version of Android.

そして、この Android Wear は、Android のスマホ/タブレット・バージョンと同様に、オープンソース OS として、無償で提供される。

According to a Google blog post, Android Wear will have many of the features found on existing smartwatches, including the ability to display updates from social media, message alerts, shopping notifications, and news.

Google のブログ・ポストによると、この Android Wear は、既存のスマート・ウォッチに見られる数多くの機能を提供する。 具体的には、ソーシャル・メディア/メッセージ・アラート/ショッピング・ノーティフィケーション/ニュースなどからの、更新情報を表示する機能などが挙げられる。

Android Wear will also supposedly push fitness reminders to your wrist, and will likely integrate with existing exercise and workout apps.

それに加えて、Android Wear は、フィットネスに関する催促を行い、また、既存のエクササイズやトレーニングのアプリと統合される。

Like most smartwatch systems today, Android Wear will allow you to interact with your phone, but Google envisions interaction on a broader scale. For example, the official post mentions you may be able to "cast your favorite movies to the TV," hinting at potential Chromecast integration.

現時点における大半のスマート・ウォッチ・システムと同様に、Android Wear もスマホとのインタラクションを実現するが、Google の考えるインタラクションは、よろ広い範囲におよぶようだ。 ひとつの例として、Google がオフィシャル・ポストでほのめかしているのは、Chromecast と統合していく可能性であり、それが実現すれば、お気に入りの映画を TV にキャストできるようになるだろう。

Although a modified version of Android can already be found on a number of smartwatches, Google has a clear advantage in being able to stock its platform with the full selection of its services. For example, Google says its Android Wear platform will support voice-enabled search, a feature that would be especially useful on a smart watch.

すでに、いくつかのスマート・ウォッチ上で、Android の修正バージョンが動いているが、このプラットフォームのアドヴァンテージとして、Google が明らかにしているのは、同社によるフル・サービスと連携できる点である。たとえば、Android Wear プラットフォームでは、とりわけスマートウォッチで有用となる、Voice 対応の検索がサポートされると、Google は述べている。

Google mentions that it has already teamed up with Fossil Group and a number of manufacturers, including HTC, LG, Motorola, and Samsung, to make watches powered by Android Wear. LG’s device should be launching in the coming months.

Google は、Fossil Group と連携していくことを表明している。 また、HTC/LG/Motorola/Samsung といったマニュファクチャが、Android Wear 対応のスマート・ウォッチを生産していくと発言している。LG のデバイスに関しては、この数ヶ月の間に登場するはずだ。

↓ クリックで Youtube ↓

_  space

ーーーーー

TAG indexついに登場しましたね! しかも、Nexus ブランドでパイロット的なプロダクトを出すのではなく、主要な Android マニュファクチャとのフォーメーションとして発表しています。 詳細に関しては、これからの発表に期待するしか無さそうですが、そのデザインに関しては、マニュファクチャごとに、多彩なものが登場しそうに思えます。 今年の Google I/O では、この Android Wear が、間違いなく、主役になりそうですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる
ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか?
IoT の 凄まじい成長力には、Mobile も Wearable も タジタジ だ

Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley

Posted in Apple, Wearable by Agile Cat on February 6, 2014

Apple’s iWatch Will Be A $17.5 Billion Business After 12 Months, Says Morgan Stanley
http://wp.me/pwo1E-7b2

Jay Yarow – Feb. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/iwatch-sales-estimate-from-morgan-stanley-2014-2

_ Business Insider

Morgan Stanley analyst Katy Huberty is out with a very bullish forecast for Apple’s iWatch.

Morgan Stanley のアナリストである Katy Huberty が、Apple の iWatch について、とても強気な予測を展開している。

Huberty is predicting Apple does $17.5 billion in iWatch sales after the first twelve months it’s on the market. That’s 58.5 million units at $299 per iWatch.

Huberty の予測というのは、Apple が iWatch を市場に投入するなら、最初の 12ヶ月間で $17.5 Billion を売り上げるというものだ。 そして、$299 の iWatch を、58.5 Million 個というのが、その内訳となる。

The iWatch is just a rumor for now, so these projections are subject to change, we suppose.

ただし、いまの iWatch は単なるウワサに過ぎないので、これらの予測は根底から変化するものだと、私たちは考えるべきだ。

_  space

_  space

She’s basing her call on sales of the iPhone and iPad. As you can see in this chart, each new Apple product has sold faster than the product that came before it. She thinks that the iWatch will sell faster than the iPad.

彼女は、iPhone と iPad に関する、自身の販売予測をベースにしている。このチャートを見れば分かるように、Apple における新しいプロダクトは、その立ち上がりのスピードを、代を重ねるごとに鋭くしている。つまり、iWatch の方が iPad よりも、素早く売れ始めていくと、彼女は考えている。

Huberty notes that a lot more people own Apple products today than when the iPad launched: "The company reported 575M iTunes/App Store accounts as of June 2013 compared to approximately 120M accounts when the iPad launched.”

そして、Huberty は、iPad が発売された時点と比べて、今日では、より多くの人々が Apple プロダクツを所有していると指摘している。「 同社は、2013年 6月の時点で、575M の iTunes/App Store のアカウントを保有するとレポートしている。 iPad が発売された当時のアカウント数は、120M に過ぎなかったのだ」

ーーーーー

TAG indexこのタイトルを見て、最初は まさかぁ〜〜 という感じでしたが、$300 なら 6000万個くらい、すぐに売れてしまいそうに思えてきました。 そして気になるのが、iPod が生産中止になるというウワサです。もし、iPod shuffle の機能が、iWatch に取り込まれているとしたら、そして Kindle みたいに、最初っからキャリア・サービスが付いていて、iTunes につながってしまうとしたら、、、なんていう妄想はヤメにしましょう :) ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
手首にパスワード : ウェアラブル PassBan とは?
Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?
Google Glass でカジノを攻めろ! 必勝法を教えます
世界で初めて、Google Glass を無くしてしまった男の話

IoT の 凄まじい成長力には、Mobile も Wearable も タジタジ だ:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Research, Wearable by Agile Cat on January 20, 2014

Google’s Multibillion Purchase Of Nest Is Just The Beginning Of ‘The Internet Of Things’
http://wp.me/pwo1E-78j

Steve Kovach – Jan. 13, 2014
http://www.businessinsider.com/internet-of-things-billions-of-connected-devices-2014-1

_ Business Insider

We saw some huge news today in the Internet of Things space, that area of tech that’s trying to connect everyday objects to the Internet and make them smarter.

今日(1/13)のことだが、Internet of Things の領域における、重大なニュースを見せつけられた。 そして、このテクノロジーの領域では、日常における対象物をインターネット接続し、それらを賢くしようという、試みが繰り広げられているのだ。

Nest, a company founded by former Apple employee Tony Fadell that makes smart thermostats and smoke detectors, sold to Google for $3.2 billion. Take the purchase as a sign that big tech companies truly do think we’ll one day live in a future where everything is connected online.

Nest 社とは、インテリジェントなサーモスタットや煙探知機を開発するという、Apple に勤めていた Tony Fadell により設立された企業であるが、$3.2 Billion で Google に買収されたのだ。巨大なハイテク・カンパニーたちが、本気で考えている兆候として、この買収を捉えるべきだ。つまり、私たちが生活を営む未来においては、すべてがオンライン接続されるのだろう。

According to analysis from Business Insider Intelligence, more than 18 billion devices will be connected to the Web by 2018. Wow.

Business Insider Intelligence の分析によると、2018年の時点において、18 Billion のデバイスが、Web に接続されるようだ。 WoW!

This chart says it all:

以下のチャートが、そのすべてを物語っている:

_  space

Business Insider Intelligence

ーーーーー

TAG indexあれよ、あれよという間に、IT キーワードのスターダムにのし上がってしまった IoT(Internet of Things)ですが、こんなに凄まじい成長が見込まれているとは、思ってもみませんでした。 2018年までに、180億のデバイスがインターネット接続されると書かれていますが、その数たるや、Facebook ユーザーの 15倍くらいに相当するのです。 言い換えれば、すべての Facebook ユーザーが、1人あたり 15個の IoT を持つ計算になりますが、そこには、スマホやタブレットやウェアラブルは含まれないというわけです。TESORO の CES 2014  レポートからも、IoT の躍進が読み取れましたが、このチャートと照らし合わせると、その背景も見えてきますね。なお、IoT という用語解説に関しては、TOCOS のコンテントが秀逸です。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
Google の Chromecast は、ある種のゲーム・チェンジをもたらす
Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
Google Maps の底力:膨大なデータを用いて、目的地までの時間を予測する!
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

腕利きのアナリストが、Apple と iPhone 6 について分析する

Posted in Apple, Mobile, Post-PC, Research, Wearable, Weekend by Agile Cat on December 1, 2013

MUNSTER: Apple Will Release The iPhone 6 With A Big Screen Next Summer
http://wp.me/pwo1E-6Yc
Jay Yarow – OCT. 25, 2013
http://www.businessinsider.com/munster-apple-to-launch-larger-iphone-2013-10

_ Business Insider

Apple analyst Gene Munster is out with an earnings preview for Apple, which reports next Monday.

Apple アナリストである Gene Munster は、来週の月曜日(10/28)にレポートする、Apple の収支報告に関して情報を開示している。

In the preview, Munster gives his reasons for being bullish about the stock. He has a $640 price target. It’s currently trading at $531.

そのプレビューにおいて、Apple の株価について強気でいられる、Munster 自身の考えを提供している。彼は、$640 というターゲット株価を支持しているが、現時点では $531 で取引されている。

Megan Rose Dickey/Business Insider
One of those out dated iPhone 5Ss.

Last year Apple’s stock tanked during the December quarter to March quarter time frame as investors worried about iPhone sales drying up after a huge burst for the iPhone 5. Munster says there will be some fade in iPhone sales, but it won’t be as extreme this year. iPhone 5S demand is expected to be more sustained.

昨年の12月期から、明けて3月期にかけては、iPhone 5 が大量に販売された後の落ち込みを、投資家たちが気にかけたことで、Apple の株価が暴落している。Munster が言うには、今年も iPhone の売上は減少していくだろうが、前回のように極端なものにはならないらしい。 つまり、iPhone 5S に対する需要は、持続的であると予想される。

But even more important than the 5S, says Munster, is the iPhone 6, which he expects to be out in the Summer, sooner than expected. The 6 is going to have a bigger screen, and Munster thinks it’s going to be a “blockbuster.”

ただし、Munster によると、5S 以上に重要なことは、iPhone 6 の登場が、大方の予想よりも早く、夏になるだろうという予測である。 その 6 は、より大きなスクリーンを持ち、また、大ヒットになると、Munster は考えている。

Enthusiasm about the iPhone 6 should more than offset any concern about 5S sales inevitably slowing, says Munster.

つまり、iPhone 5S の販売が鈍化するという、避けることのできない状況を、iPhone 6 に対する熱狂により、相殺していく必要性があると Munster は述べている。

He also says he thinks Apple has a computerized wristwatch, dubbed the "iWatch", and television set in the works, and the gossip about those products should buoy the stock.

そして、Apple は iWatch と呼ばれる腕時計をコンピュータ化し、また、TV に関する企画を推進することで、それらのプロダクトが株価を高めるという状況を演出していくと、彼は自身の考えを説明している。

The general framework of Munster’s thesis makes sense to us. We expect Apple to release a bigger iPhone and an iWatch. However, we’re not so sure about Munster’s timeline. We will be stunned if Apple can get a big iPhone out before September 2014. It has settled into a release schedule for the iPhone in the fall, and we doubt that changes.

Munster の論旨における、全般的なフレームワークは、私たちにとっても理にかなっている。私たちも、より大きな iPhone と iWatch をリリースすると予測している。しかし、Munster の言うタイムラインについて、よく分からないところが多い。もし、Apple が、2014年 9月より前に、より大きくなった iPhone を登場させるなら、わたしたちは唖然とするだろう。iPhone のリリース・スケジュールは、すでに秋に定住しており、それを変えるとは思えない。

As for the iWatch, we think it’s a 2015 product. All signs point to Apple assembling the team this year. We assume that team will refine the product, get it production ready during 2014. Then in early 2015, we expect it will be manufactured.

iWatch については、2015年に製品化されると、私たちはみている。すべての兆候は、今年になって Apple が、そのためのチームを構成している点に集約される。そのチームが、プロダクトを改善し、生産へとたどり着くには、2014年の終わりまでを必要とする。そして、2015年の早い時期に、生産へと移行すると、私たちは予測している。

We have given up on an Apple television. We don’t know if it’s going to happen. We wouldn’t be surprised if Apple updated the Apple TV set-top box in the spring of 2014. There have been a lot of reports about Apple testing Kinect-like motion controls for the Apple TV box. We expect that could become a reality at the start of 2014. If that happens, we think investors will be let down since it won’t be the full-on TV they’re hoping for.

私たちは、Apple TV については諦めている。 なにか起こるのか、私たちは知らないのだ。Apple が 2014年の春に、Apple TV セット・トップ・ボックスをアップデートしても、私たちは驚かないだろう。Apple TV ボックス用に、Kinect のようなモーション・コントロールがテストされているなど、たくさんのレポートがあった。私たちは、2014年に入った段階で、それらが実用化されることを期待している。もし、そうなると、投資家が期待しているフル・テレビではなくなるので、失望が走ると想像する。

ーーーーー

weekend6スマートフォンは、どんどんと大型化していくのでしょうかね? ポケットに入れたい男性ユーザーにとっては、あまり有難くないは話かもしれませんが、ハンドバッグに入れて持ち運ぶ女性ユーザーには、あまり関係のないことなのでしょう? それよりは、スクリーンが大きくなって、バッテリーの持ちが良くなる方が、嬉しいはずだと思います。この 2013年は、デバイスの主役が、PC から iOS/Android に代表される、Post-PC デバイスに移行した年だと思えます。その意味で、ここからは、また、新しい観点での戦いが始まっていくのでしょう。 まずは、ウェアラブルの行方が楽しみなところです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple の オンライン・ストアに、iPhone 5S の Sim フリー版が登場!
売れない iPhone 5C と、思惑どおりの Apple とは?
iPhone 3G ~ iPhone 5S/5C の推移は どうなっている? それを示す1枚のチャート
iPad の減速を チャートで分析 : なぜ、iPhone のように成長できないのか?
Apple は 初代 iPhone の開発に、150 億円 を投じていた! NYTimes
iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート

キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?

Posted in Asia, Wearable, Weekend by Agile Cat on June 30, 2013

Forget Nixon in China, Here’s Kissinger in Baidu
http://wp.me/pwo1E-6iJ

June 28, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/kissinger-visits-baidu-china/

_ tech in asia

Kissinger not pictured in Beijing today.

This definitely isn’t Henry Kissinger’s first trip to China. The former US Secretary of State is back in the capital and has just paid a visit to Baidu (NASDAQ:BIDU), China’s top search engine company.

Henry Kissinger の中国への旅行が、初めてのことではないのは間違いない。この、元米国務長官(US Secretary of State)は、再び同国の首都へと舞い戻り、また、検索エンジンのトップ企業である Baidu(NASDAQ:BIDU)に訪問することになった。

Kissinger first came to China in 1971 in secret – and met with Zhou Enlai and Mao Zedong (pictured) – ahead of the ground-breaking 1972 summit with President Nixon between the two nations. It’s immortalized superbly by the John Adams opera Nixon in China.

Kissinger が 1971年に、初めて中国に訪れたときは、そのすべてが秘密裏に処理された。そして、周恩来および毛沢東(写真)と会ったが、それは、1972年に Nixon 大統領が訪中して、画期的なサミットを開催するための橋渡しであった。John Adams のオペラである Nixon in China が、いまでも、それを伝えている。

This time, Kissinger – author of On China – met with the founder and CEO of Baidu, Robin Li (pictured below). During an hour-long discussion, we’re told, Kissinger and Li touched on “how Chinese Internet users consume online books” and even broached the broader subject of Sino-US relations. No word on whether the biggest bone of contention right now between the two nations – NSA whistleblower and very brief Hong Kong resident Edward Snowden – cropped up.

今回、中国での立役者である Kissinger は、Baidu の Founder and CEO である Robin Li とと会談した。1時間にもおよぶ議論の中で Kissinger と Li は、「 中国のインターネット・ユーザーが、オンライン・ブックを消費する方法 」について言及し、さらには中米関係における広範なテーマについて話し合ったと、伝えられている。 ただし、両国間にいきなり浮上してきた、現在での最大の課題については、何の話もなかったようだ。つまり、NSA における内部告発者であり、短時間でも香港に在住していた、Edward Snowden のことである。

Kissinger was also given a demonstration of some Baidu products, such as Baidu image search and Baidu Maps.

なお、Kissinger は、Baidu Image Search や Baidu Maps などの、一連のプロダクトのデモを楽しんだとされている。

(Editing by Willis Wee)

ーーーーー

imageあのころの、アメリカの外交が大きな動きを見せるときは、いつもキッシンジャーが大舞台を演出してきたように記憶しています。この記事を訳していて、ベトナム戦争の終結との関係が思い出せなかったので、Wikipedia を調べてみたところ、「1973年のパリ協定を経てリチャード・ニクソン大統領は派遣したアメリカ軍を撤退させた。その後も北ベトナム+南ベトナム解放民族戦線と南ベトナムとの戦闘は続き、1975年4月30日のサイゴン陥落によってベトナム戦争は終戦した」と記載されていました。そして、今回、もう、かなり高齢のはずのキッシンジャーですが、なぜ、Baidu なのでしょうかね?  先日の、エリック・シュミットの北朝鮮訪問ともつながるのでしょうかね image

ーーーーー

<関連>

Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
PRISM 特需? Google から DuckDuckGo へ、大量のユーザーが流失
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
Agile_Cat アジア 特集 : クリックすると元気が出てくるリンク集です!

%d bloggers like this: