Agile Cat — in the cloud

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

Gartner Quadrant : x86 仮想サーバー編 2013

Posted in Cloud Stack, Joyent, Microsoft, Oracle, Research, Virtualization, VMware by Agile Cat on July 8, 2013

Gartner releases its 2013 Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure
http://wp.me/pwo1E-6ly

Posted by Kenneth van Surksum   | July 2nd, 2013
http://virtualization.info/en/news/2013/07/gartner-releases-its-2013-magic-quadrant-for-x86-server-virtualization-infrastructure.html

image

Gartner has released its annual Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure, positioning VMware and Microsoft in the leaders Quadrant. Leaders in this market have a clear strategy and road map for their offerings, understand virtualization’s role in infrastructure and operations transformation, and have a clear vision with respect to cloud computing.

Gartner がリリースした、今年の Magic Quadrant for x86 Server Virtualization Infrastructure では、 VMware と Microsoft が、この Quadrant の Reader として位置づけられている。 このマーケットにおける Leader は、自社プロダクトに対して明確な戦略とロードマップを有し、インフラとオペレーションを変革させる仮想化の役割を理解し、さらには、クラウド・コンピューティングに対して明確なビジョンを持つものとなる。

It’s interesting to notice that Citrix has left the leaders Quadrant (where it was in 2012) and can now be found in the visionairies Quadrant. Visionaries in the x86 server virtualization infrastructure market have a differentiated approach or product, but they aren’t meeting their potential from an execution standpoint. It will be interesting to see, if Citrix is able to become a leader again after its recent decision to hand over the development of the Xen Hypervisor to the Linux Foundation. For now, the just released XenServer 6.2, contains new features, but also has lost support of a lot retired and deprecated features as mentioned in the Release notes. For more information also read the post on XenServer 6.2 by Andreas Groth, who also publishes the Virtualization Matrix.

興味深いのは、この Quadrant における Citrix のポジションが、Leader から Visionairies へと後退していることだ(2012年は Leader)。 x86 Server 仮想インフラストラクチャ市場の Visionaries は、差別化が可能なアプローチやプロダクトを持っているが、実行力という観点からすると、そのポテンシャルを満たしていないものとなる。Xen Hypervisor の開発を Linux Foundation に譲り渡すという、Citrix における最近の判断が実施された後に、再び同社が Leader に返り咲くなら、とても興味深い展開となるだろう。いまは、XenServer 6.2 がリリースされたばかりであるが、新機能が含まれるだけではないのだ。 つまり、Rerlease Note に記載されるように、廃止された機能に対するサポートの喪失が問題となっている。詳細については、Virtualization Matrix を発行している Andreas Groth の XenServer 6.2 に関するポストを参照して欲しい。

Oracle stays in the challengers Quadrant. Challengers in this market have a strong ability to execute but a more focused marketing or product vision.And both Parallels and Red Hat stay in the nice player Quadrant. Niche Players have either not capitalized on their opportunity yet or are focused on specific niches where they can be successful versus competitors that have a more general approach.

この Quadrant において、Oracle は Challengers の位置に留まっている。このマーケットにおける Challengers は、その目的を遂行するためのパワフルな能力を有するが、マーケティングとプロダクトにおけるビジョンに対してフォーカスするものとなる。Parallels と Red Hat は、Niche Player のポジションに留まっている。Niche Player の定義は、そのチャンスを具体的なビジネスに転化できていないもの、もしくは、グローバルなアプローチをつ競合他社との比較において、特定されたニッチな市場で、成功することに焦点を当てているものとなる。

ーーーーー

imageこの Gartner の Magic Quadrant ですが、いつ頃からあるのでしょうかね? もう、すっかりお馴染みになってきましたが、今回のように、Leaders/Visionaries/Challengers/Niche Player の定義を完結にまとめてくれる記事は初めてだったので、とても助かりますというのが本音です。 それにしても、この仮想化の分野になると VMware の強さが目立ちます。Microsoft については、何の言及もありませんでしたが、Citrix と Oracle へのコメント見ると、ナルホドと思えてきますね。image

ーーーーー

<関連>

VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する – Gartner

 

Savvis が AppFog を買収? Cloud Foundry エコシステムへの影響が心配だ!

Posted in PaaS, VMware by Agile Cat on June 15, 2013

Breaking: Savvis to buy AppFog
http://wp.me/pwo1E-6fy

By
Barb Darrow
http://gigaom.com/2013/06/13/breaking-savvis-to-buy-appfog/

_ Gigaom

Summary: With AppFog, Savvis will get a Cloud Foundry-based Platform as a Service to run atop its own VSphere or vCloud Director-based infrastructure.

Summary: AppFog を得ることになれば、Savvis の vSpher および vCloud Director 上で、Cloud Foundry ベースの PaaS が動き出すことになる。

Savvis is about to buy AppFog, a Platform-as-a-Service startup based in Portland, Ore., according to several sources. Savvis, a data center operator, was acquired itself two years ago by CenturyLink in a $3.2 billion bid to build a cloud and hosted managed services powerhouse.

いくつかの情報源によると、Portland, Ore ベースの PaaS である AppFogを、Savvis が買収しようとしているらしい。 このデータセンター・オペレーターである Savvis も、クラウドとマネード・ホスティングのサービスを構築するために、2年前に CenturyLink  により、$3.2 billion で買収されている

Details are scarce since AppFog had no comment and Savvis could not be reached for comment but sources with knowledge of the deal expect the news to be announced Monday. Founded in 2010, AppFog garnered about $10 million in venture funding from Ignition Partners, Xen founder Simon Crosby, Madrona Venture Group, First Round Capital and Founders Co-Op.

AppFog からはコメントがなく、Savvis にはコンタクトさえ取れないので、詳細な情報が不足しているが、この買収劇に精通しているニュース・ソースは、月曜日には発表されると予想しているようだ。AppFog 自身は、Ignition Partners および、Xen founder Simon Crosby、Madrona Venture Group、First Round Capital、Founders Co-Op といった、VC からの $10 million ほどの出資により、2010年に設立されている。

Given that Savvis is a big VMware vSphere and vCloud Director partner, AppFog could give it a “house brand” PaaS of its own. AppFog’s PaaS builds atop standard Cloud Foundry technology, which came out of VMware. Its pitch was that AppFog abstracted out messy details of base cloud infrastructure so developers could move their apps from Amazon to Rackspace to HP or other public clouds at will. That eliminated cloud lock-in at least at the Infrastructure-as-a-Service (IaaS) layer. In April, however, AppFog dropped support for Rackspace and seemed to be narrowing its focus.

Savvis が、VMware vSphere および vCloud Director のビッグ・パートナーであることを考えると、AppFog により自社ブランド PaaS が登場する可能性もある。AppFog の PaaS は、VMware から提供される、標準的な Cloud Foundry テクノロジーの上に構築されている。そして、その宣伝文句は、AppFog が抽象化を進めることで、基本的なクラウド・インフラにおける煩雑さがなくなるため、Amazon から Rackspace や HP などのパブリック・クラウドへと、開発者たちは自分のアプリを、思いのままに移行できるちいうものだった。それは、少なくとも、IaaS におけるクラウド・ロックインを排除しようというものだった。しかし、4月に入ると、AppFog は Rackspace のサポートを取りやめ、フォーカスする対称を絞り込んでいくように見えた。

At the time, word was that VMware’s decision to spin off Cloud Foundry to Pivotal and offer it as a commercial PaaS hurt members of the ecosystem — including ActiveState, Uhuru and AppFog — it had recruited to build PaaSes atop that technology. That led to talk of a possible fork of Cloud Foundry.

VMware の決定が、Pivotal に Cloud Foundry をスピンオフさせ、商用 PaaS がエコシステムのメンバー(ActiveState/Uhuru/AppFog を含む)を傷つけると言われていたころ、このテクノロジー上での PaaS を構築する勢力が求められていた。 そして、Cloud Foundry がフォークするかもしれないという話に結びついていった。

Given this news, it looks like AppFog technology will be more tightly wedded to Savvis/VMware infrastructure, but no one’s saying.

したがって、今回のニュースを考えると、AppFog のテクノロジーと Savvis/VMwareのインフが密着していくように見えるが、それを、誰も指摘していない。

PaaS as a category hasn’t gained a ton of traction in the enterprise — even some in the market concede that it lacks a killer app to convince CIOs to buy into the concept. Developers at companies often use these platforms hosted on outside cloud infrastructure to build and test software but when the time comes to deploy, the apps typically come in-house.

カテゴリーとしての PaaS は、エンタープライズを変化させるだけの推進力を得ていない。さらに、PaaS コンセプトの導入においては、CIO たちを説得するたけのキラー・アプリが欠落していると、いくつかの市場で確認されている。 それらの企業における大半の開発者たちは、ソフトウェアの構築/テストを進めるために、外部のクラウド・インフラ上にホストされるプラットフォームを使用する。 しかし、一般的には、デプロイを行う段階で、インハウスへと移行することになる。

Pivotal trotted out General Electric’s $105 million investment in its new venture as proof that enterprise adoption of PaaS is on the upswing. Red Hat this week made its enterprise-focused OpenShift PaaS generally available. OpenShift adoption could be a bellwether for the category.

エンタープライズでの PaaS 採用が、回復基調にあることを証明するものとして、Pivotal が引き合いに出しているのは、General Electric が $105 million を新事業に投資していることだ。 その一方で、今週の Red Hat は、エンタープライズにフォーカスする OpenShift PaaS を、一般的に提供し始めた。 このカテゴリーでリードするために、OpenShift と採用するという可能性も生じてくるだろう。

Related research

ーーーーー

PaaS の特質は、その生産性の高さと、ロックインによる制約にあるのでしょう。 先日に、『 Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする 』という抄訳で、Google App Engine が好調だと伝えましたが、『 Elastic Beanstalk とは? 』で Amazon CTO の Werner Vogels が語っていた、ロックイン排除の難しさを思い出しました。その意味で、複数のプロバイダーが、Cloud Foundry を提供する形態は、ある種の理想だと思っていたのですが、なかなかうまく行かないようですね。 image

ーーーーー

<関連>

Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Cloud Foundry が .NET をサポートする!
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, PaaS, Research, Salesforce, Telecom, VMware by Agile Cat on June 1, 2013

Surprised? Cloud providers bring in $2B in first quarter
http://wp.me/pwo1E-6b5

By
Barb Darrow – May. 30, 2013
http://gigaom.com/2013/05/30/surprised-cloud-providers-bring-in-2b-in-first-quarter/

_ Gigaom

Summary: What company remains atop the heap of IaaS/PaaS providers in Q1 2013? I’ll give you three guesses and the first two don’t count.

Summary: 2013年 Q1 において、IaaS / PaaS の頂上に、誰が立ったのだろうか? あなたに、3つの視点を提供するが、最初の 2つはそれほど重要ではない。

ーーーーー

Given all the hoopla surrounding cloud computing it, it’s not surprising that revenue from cloud services is growing. Total worldwide revenue from top Infrastructure-as-a-Service and Platform-as-a-Service players hit $2 billion for the first quarter of 2013. That’s up a healthy 56 percent from the year ago period, according to Synergy Research Group.

クラウド·コンピューティングを取り巻く、すべての喧騒について考えれば、クラウド・サービスにおける収益が成長していることは、それほど驚くべきことではない。ワールドワイドにおいて、トップ・グループを形成する IaaS / PaaS プレイヤーの、2013年 Q1 の売上は $2 billion に達した。 Synergy Research Group によると、昨年同期との比較において 56% の成長という、きわめて健康的な状態にある。

These numbers factor in AWS and Amazon’s Elastic Beanstalk on the PaaS side; Google App Engine; IBM’s SmartCloud and SmartCloud Application Services; Microsoft Azure and Cloud Services for Windows Azure; Salesforce.com’s Heroku and Force.com (but not its bigger Software-as-a-Service applications business.) Key takeaways:

これらの数値は、AWS と Amazon Elastic Beanstalk(PaaS)および、Google App Enginen、IBM SmartCloud と SmartCloud Application Services、Microsoft Azure と Cloud Services for Windows Azure、Salesforce.com の Heroku と Force.com(ただし SaaS 部門は含まない)などで構成されている。主要なポイントは:

  • Amazon Web Services remains alone atop the heap with  27 percent of total IaaS and PaaS revenue in Q1, up from 24.7 percent for the year-ago period.
  • Salesforce.com is second largest but it’s revenue share decline year over year to 6.8 percent from 7.9 percent.
  • North America accounts for more than half the worldwide IaaS/PaaS revenue.
  • Amazon Web Services は、この Q1 における IaaS / PaaS の、27% を占めている。 また、前年同期との比較で、24.7% の成長を示している。
  • Salesforce.com は売上シェアで 2位を確保しているが、その占有率は、昨年の 7.9% から 6.8% へとダウンしている。
  • ワールドワイドの IaaS / PaaS 市場に対して、北米市場のシェアは 50% を上回る。

These figures won’t surprise folks who already see Amazon Web Services at a $2 billion-a-year revenue rate. Morgan Stanley thinks AWS alone will hit $24 billion in revenue in the next decade. While other players — Microsoft, IBM, Google and Fujitsu all saw slight growth.  Some of the major telcos – AT&T, NTT and Verizon — were off slightly year over year.

すでに Amazon Web Service の年商が、$2 billion に達していることを知っているなら、これらの数字に驚くこともないだろう。Morgan Stanley は、AWS の売上だけに限定して、10年後には $24 billion に達すると見ている。その他のプレイヤーである、Microsoft/IBM/Google/Fujitsu などは、ゆるやかに成長している。また、メジャー・テレコムである  AT&T/NTT/Verizon などは、前年比で少しだけ下げている。

These numbers beg the question of whether anyone can catch Amazon. Google just made its Google Compute Engine IaaS generally available, and Microsoft launched its Azure IaaS capabilities in April. Those well-funded entries along with VMware’s hybrid cloud service coming online, will pose more competition for the AWS monolith.

これらの数字は、誰が Amazon を捉えるかという疑問を、巧みにはぐらかしている。 Google は、その Google Compute Engine IaaS が立ち上がったところである。Microsoft は 4月に、Azure IaaS を提供し始めたところだ。それらの、潤沢は資金に支えられた参入者は、これから立ち上がる VMware Hybrid Cloud Service と共に、AWS の占有に対抗していくだろう。

AWS  boosters say the company’s 6-year-head start makes it invincible, but many workloads have yet to migrate: IDC estimates that just 5 percent of total IT spend is now in the cloud. That leaves lots of upside opportunity for the companies who delivers the best, most flexible and cost efficient services.

AWS の支持者たちは、同社の 6年の先行が無敵の状況をもたらすと言うが、数多くのワークロードが、まだクラウドに移行していないのも事実である。その点について IDC は、すべての IT ワークロードの、わずか 5% がクラウドに移行したに過ぎないと推定している。 したがって、品質と、柔軟性と、費用対効果の高いサービスを提供する企業には、逆転のための様々なチャンスが残されている。

Who that might be is up in the air, but one place you can hear all about the top candidates will be at GigaOM’s Structure where a list of cloud powerhouses including VMware CEO Pat Gelsinger, Amazon CTO Werner Vogels and Microsoft Server and Tools group president Satya Nadella will all be on hand to talk up their companies’ cloud strategies.

漠然としているものが多々あるが、トップ・フループの情勢について話を聞きたければ、GigaOM Structure がある。そこでは、VMware CEO Pat Gelsinger および、Amazon CTO Werner Vogels 、Microsoft Server and Tools group president Satya Nadella などが登壇し、それぞれのクラウド・ストラテジーについて語ってくれる。

Related research

ーーーーー

TAG indexずいぶんと、アッサリ書いていますが、少なくとも Agile_Cat は、この手の売上比較を初めて見ましたし、同じように思う人も多いはずです。 それぞれのプロバイダーが、クラウドに関するビジネス規模を隠したがったり、過小/過大に見せたがったりと、いろいろあるので、比較が難しかったのだろうと推測しています。 この何年かの、様々な疑問が氷解して、とてもスッキリした気分です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている
Microsoft は Azure が、$1 Billion ビジネスになったと言っているが?
Amazon S3 の Object が、あっという間に2兆を超えた!
Windows Azure Storage – 4 Trillion Objects and Counting
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する

VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ

Posted in OpenStack, VMware by Agile Cat on April 23, 2013

VMware Adds Interoperability With Ubuntu OpenStack Cloud
http://wp.me/pwo1E-60F

Charles Babcock| April 18, 2013
http://www.informationweek.com/cloud-computing/infrastructure/vmware-adds-interoperability-with-ubuntu/240153156

_ Information week

The next Ubuntu release, coming soon, will include VMware plug-ins for the Quantum networking platform in OpenStack.

もう直と言われている、次期 Ubuntu のリリースだが、OpenStack の Quantum  ネットワーク・プラットフォームに対応する、VMware のプラグインが含まれるようだ。

VMware has contributed plug-ins to the OpenStack Project that guarantees the project’s networking platform will recognize and work with virtual machines running under VMware’s vSphere management environment and VMware’s Nicira Network Virtualization Platform.

VMware は、OpenStack のプロジェクトに対して、いくつかのプラグインをコントリビュートしてきた。それは、OpenStack プロジェクトのネットワーク・プラットフォームが、VMware における vSphere のマネージメント環境および Nicira Network Virtualization Platform で動作する仮想マシンを認識し、また、協調動作することを保証するものである。

VMware acquired startup Nicira last July for $1.26 billion and has made its NVP the basis of future virtualized networking in what it terms "the software-defined data center." The Network Virtualization Platform from Nicira, a leader in OpenFlow network protocol concepts, is also the basis for the Quantum networking platform in OpenStack. Nicira was a heavy contributor to OpenStack before the acquisition, and it remains one now. At the OpenStack Summit on Tuesday, VMware gave these contributions a particular cast. Through close collaboration between Canonical and VMware, they will work inside the Ubuntu distribution of OpenStack, according to VMware’s VP of vSphere product management Joshua Goodman.

昨年の7月に、VMware は $1.26 billion を費やして、スタートアップである Nicira を買収した。そして、同社が Software Defined Data Center と定義する、将来の仮想ネットワークの基盤として、Nicira の NVP を位置づけている。Nicira は OpenFlow ネットワーク・プロトコル・コンセプトのリーダーでもある。 そして、同社から提供される、この Network Virtualization Platform は、OpenStack における Quantum ネットワーキンク・プラットフォームの基盤でもある。 VMware に買収される以前の Nicira は、OpenStack における重要なコントリビュータであり、それは、今も継続している。そして、火曜日(4/16)の OpenStack Summit で VMware は、それらのコントリビューションに特別な役割を与えた。VMware の VP of vSphere Product Management である Joshua Goodman によると、Canonical と VMware は、その緊密なコラボレーションを介して、OpenStack の Ubuntu のディストリビューションに手を加えてきた。

Suse Linux and Red Hat also have distributions of OpenStack. Red Hat’s KVM hypervisor is the one native to the OpenStack cloud open source code. Suse Linux is often cited as the version that works most closely with Windows Server and its hypervisor, Hyper-V. Both are keen competitors of VMware’s ESX Server.

SUSE LINUX と Red Hat も、OpenStack ディストリビューションを持っている。 Red Hat の KVM ハイパーバイザーは、OpenStack クラウド・オープンソース・コードに対するネイティブである。 SUSE LINUX は、Windows Server および、そのハイパーバイザーである Hyper-V と密接に連携するバージョンとして、頻繁に引用されている。そして、どちらも、VMware の ESX Server に対する強力なコンペティタである。

The move also reflects VMware’s growing realization that it is likely to need to live with many OpenStack implementations in the future, despite its early hopes that its own cloud software stack, the vCloud Director suite, would be the basis of private and public clouds everywhere. The collaboration with Canonical gives it an OpenStack partner that is less an immediate competitor than either Red Hat or Suse.

この動向は、VMware が達成したいと考える、未来像にも影響を与える。つまり、その初期で期待していた OpenStack 独自のクラウド·ソフトウェア·スタック(すべてのプライベート/パブリック・クラウドの基礎となる vCloud Director スイートを望んでいた)ではなく、数多くの OpenStackの 実装と共存していく可能性が高いことを意味する。Canonical とのコラボレーションにより、OpenStack パートナーに与えるものが生じるが、 Red Hat や Suse と比べれば、その影響は少ないものとなる。

VMware contributed the plug-ins for the Grizzly release of OpenStack, which came out April 4. Canonical has not yet included Grizzly in its version of OpenStack, but it plans to do so by the end of the month.

VMware は、4月4日にリリースされた、OpenStack Grizzly 用のプラグインも提供している。 現時点では、Canonical は Grizzly に対応したバージョンを持たないが、今月の末までには、対応する計画だという。

On Wednesday, Martin Casado, founder of Nicira and now chief architect of networking at VMware, posted a blog on the VMware website reading, "The transformation to the software-defined data center will take many forms, and VMware understands that many customers will want to piece together different technologies based on their requirements… "

この水曜日に、Nicira の Founder であり、VMware の Chief Architect of Networking でもある Martin Casado は、「 Software Defined Data Center に切り替えていく道筋には、いくつかの形態がある。 そして、数多くのカスタマたちは、その要件にしたがって、それぞれのテクノロジーを組み合わせたいきたいはずだと、VMware は理解している」と、VMware Web サイトのブログにポストしている。

He said VMware is committed to having its virtualization environment work with OpenStack, despite perceived competition between them, and VMware has "almost doubled the number of developers working on OpenStack" compared to Nicira’s previous level of contribution. Through its Nicira-acquired developers VMware was among the top ten contributors of code to the Grizzly release, he added.

彼の発言によると、OpenStack の仮想化環境における競合は理解しているが、そこに対して、VMware はコミットしていくことになる。そして、これまでの Nicira によるコントリビューションと比較して、VMware は「 OpenStack に対して 2倍のデベロッパーを投入している」と発言している。さらに、Nicira が獲得したデベロッパーを介して、VMware は Grizzly リリースに対して、Top-10 に入るだけのコードをコントリビュートしていると、彼は付け加えている。

[ Want to learn more about how VMware plans to work with the open source cloud project OpenStack? See VMware Does Complicated Dance With Open Source Code]

ーーーーー

imageOpenStack と Nicira、そして、VMware と Nicira。 この三者の関係が、これから、どのように整理されてくるのかと考えると、興味が尽きませんね。 昨年の7月に、『 VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?』という抄訳をポストしましたが、その後に、VMware の OpenStack 参加があり、PayPal が VMware から OpenStack へ移行するという話まで出てきています。 その一方で Ubuntu は、中国政府との提携を進めるという、とても目を引く動きを見せています。 次には、どのような展開が待ち受けているのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?
ちょっと待ってね VMware さん – from OpenStack
待たせしました VMware さん – from OpenStack
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?
Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

VMware から OpenStack へ : PayPal が 8万台のサーバーを移行させる

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on March 26, 2013

In A Dangerous Sign For VMware, PayPal Chooses Rival OpenStack
http://wp.me/pwo1E-5QB

By Julie Bort | Business Insider – March 25, 2013
http://nz.finance.yahoo.com/news/dangerous-sign-vmware-paypal-chooses-140000255.html

image

PayPal and eBay are yanking VMware software from some 80,000 servers and replacing it with the free and open-source alternative known as OpenStack, Boris Renski, OpenStack Foundation board member told Business Insider.

PayPal eBay は、80,000台と言われるサーバー群から VMware のソフトウェアを取り外し、無償のオープンソース選択肢である OpenStack によりリプレースしていると、OpenStack Foundation のボード・メンバーである Boris Renski が、Business Insiderに語っている。

Renski is also a cofounder of Mirantis, an OpenStack consultant company backed by Dell and Intel. Mirantis worked with PayPal on the project, he says. PayPal used a set of tools from Mirantis called Fuel, a PayPal spokesperson told us.

Renski は、OpenStack コンサルタント会社である Mirantis(Dell と Intel が支援)の、Co-Founder でもある。 そして、その PayPal のプロジェクトに、Mirantis も参加していると、彼は発言している。 PayPal は、Fuel という Mirantis ツールセットを使っていると、PayPal のスポークスマンが、私たちに説明している。

imageToday Mirantis released Fuel for free to the public. (In geek speak: it was released under the open source Apache 2.0 license). It’s a collection of scripts and software that helps companies deploy OpenStack.

そして、今日(3/25)、Mirantis は Fuel を、無償のツールとしてパブリックにリリースした (ギーク的に言うと、OSS Apache 2 License の下でリリース)。それは、スクリプトとソフトウェアのコレクションであり、また、ユーザー企業による OpenStack のディプロイメントを支援するものとなる。

Initially, PayPal is replacing VMware on about 10,000 computer servers. Those servers will go live this summer, Renski said. "The grand vision for project is, over time, they will replace all of their virtual infrastructure with OpenStack, not just PayPal, but PayPal and eBay, together," Renski said. That’s about 80,000 servers across their data centers, he said.

最初のステップとして、PayPal は 約10,000 台の VMware サーバーをリプレースする。 それらのサーバーは、この夏の間、運用されていくと、Renski は発言する。 「 このプロジェクトにおけるグランド・ビジョンは、時間をかけながら進んでいく。 そして、すべての仮想インフラストラクチャを、OpenStack によりリプレースしていくが、それは PayPal だけの話ではなく、PayPal と eBay の双方におけるリプレースとなる」と Renski は言う。 つまり、彼らでのデータセンターに配置されている、80,000 台のサーバーが対象となると、彼は付け加えている。

PayPal has been a big supporter of Open Stack for a while. But this project is still dangerous territory for VMware, as PayPal could become an example of how other enterprise can replace VMware with OpenStack, too.

PayPal は、これまで、Open Stack を強く支援してきた。 そして PayPal が、VMware を OpenStack でリプレースする、エンタープライス・プロジェクトの例を示すことは、VMware にとって危険な展開となる。

To be sure, enterprises are not dying to get rid of VMware, even to save money on software license fees. Most of them really love VMware’s software because it’s a reliable way to run lots of different applications on the same computer server.

たしかに、あらゆるエンタープライズが、VMware を排除したいと望んでいるわけでもなければ、そのソフトウェア・ライセンス料を節約したいと望んでいるわけでもない。大半のエンタープライズが、VMware のソフトウェアを好むのは、各種のアプリケーションを同一のサーバー上で実行するための、信頼できる方式を同社が提供するからである。

But cloud wars are coming between different so-called "cloud operating" systems: VMware is up against OpenStack (backed by IBM, HP, Rackspace, Red Hat, others) and CloudStack (another open source project, backed by Citrix).  Think of this like the desktop operating system wars: Windows vs. Macs vs. Linux.

しかし、クラウド戦争とは、「クラウド OS」という別のシステムとの戦いを意味する。 つまり  VMware は、(IBMHPRackspaceRed Hat などが支持する)OpenStack、もしくは、(Citrix 支持する)CloudStack と、真っ向からぶつかっている。  たとえば、デスクトップ OS 戦争における、Windows 対 Mac 対 Linux の戦いのようなものが生じている。

The ultimate goal for most enterprises is something called a "hybrid" cloud. This means that a company will run some of its apps in its own data center (a "private cloud") and some of them in a public cloud. They can easily move apps between the two.

大半のエンタープライズにおける、最終的なゴールは、「ハイブリッド」クラウドと呼ばれるものになるだろう。 そこでは、企業が所有するデータセンター(プライベート・クラウド)でアプリケーションの一部が、また、パブリック・クラウドでアプリケーションの一部が運用される。そして、それらのアプリケーションは、2つの環境を容易に行き来するようになる。

More importantly, they can use multiple public clouds. If one provider has problems, they can  quickly switch to another.

さらに重要なことは、それらのエンタープライズが、複数のパブリック・クラウドを利用する点にある。そして、あるプロバイダーが問題を抱えるなら、他のプロバイダーに瞬時に切り替えることになる。

Enterprises will have to choose their cloud operating system and the stakes are high. Enterprises will spend $80 billion on cloud computing by 2016, Gartner estimates.

エンタープライズたちは、いずれかのクラウド OS を選ぶ必要がああり、その予算も膨大なものとなる。 エンタープライズにおけるクラウド・コンピューティング支出は、2016年までに $80 billion に至ると、Gartner は推定している

So where does the biggest cloud player, Amazon, fit into all of this? Amazon is the reason for it all. These cloud operating systems rose to compete with it. The idea is to reassure enterprises that they if they choose an alternative to Amazon, they will have lots of cloud computing vendors to choose from, not just one.

したがって、最大のクラウド・プレーヤーである Amazonが、それら すべてのニーズにフィットするのかという、疑問が生じてくる。そして、Amazon 自身に、すべての理由がある。 つまり、これらのクラウド OS は、Amazon と競合するために成長してきたのだ。 こうした考え方は、Amazon 以外を選びたいというエンタープライズを、安心させるものとなる。 つまり、エンタープライズたちは、たくさんのクラウド・コンピューティング・ベンダーという選択肢を持ち、決して1つに限定されることはないのだ。

More From Business Insider

ーーーーー

TAG indexついに、この日が来たという感じですね。Amazon は、eコマースの最大手であるが故に、最強の AWS を作り得たのでしょうが、それに故に、どうしても採用しない企業もあるということです。 ただし、Open Stack が、PayPal だけのために存在するというわけではなく、この事例をベースにして、数多くのエンタープライズが、OpenStackCloudStack に流れ込んで来るのでしょう。

ハードウェアのオープンソースである Open Compute Project では、サーバーのデザインはベンダーの仕事ではなく、ユーザーの仕事であるという考え方が、すでに共有されています。 つまり、サーバーの在るべき姿を、ユーザー以上に知っている者は居ないという、きわめて単純明快なロジックがあるわけです。 そして、オープンソース・クラウド OS に目を転じてみれば、そこに OpenStack や CloudStack が居るわけです。

もちろん、Amazon AWS や Google Compute Engine といった、ベンダーが提供するプラットフォームを否定する話では有りません。 それよりは、ユーザーの選択肢が豊富な世界へと、一歩 近づいたと、受け取るべきなのでしょう。

このニュースは、Yahoo New Zealand からのものです。 Business Insider からの情報となっていますが、その BI には、まだ記事がアップされていなかったので(3/26 未明)、こちらの方を訳してみました。In geek speak: it was released under the open source Apache 2.0 license ーーー という表現があったりして、なかなか面白い文面ですが、裏を返せば、一般の人々にとっても Cloud + OSS の理解が、大まかなところで必要になってきたのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?
みんなが 期待の Open Cloud 特集

Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう

Posted in .Selected, Apache, PaaS, VMware by Agile Cat on March 19, 2013

Cloud Foundry faces fear of forking
http://wp.me/pwo1E-5MS

By
Barb Darrow – Feb. 27, 2013
http://gigaom.com/2013/02/27/cloud-foundry-faces-fear-of-forking/

_ Gigaom

Summary: Forking of open-source projects can be good or bad. Developers love freedom of choice but big customers fear lack of compatilbility. In either case the prospect of a Cloud Foundry fork is worth examining.

Summary: オープンソース・プロジェクトにおけるフォークは、良し悪しである。 開発者にとって選択の自由は魅力であるが、大口の顧客は互換性の欠落を恐れる。 いずれにしても、Cloud Foundry のフォークに関する見通しは、調べてみる価値を持っているようだ。

ーーーーー

photo: Flickr / Marshall Astor Food Fetishist

The rumblings have been around for weeks but now they’re breaking the surface: Cloud Foundry, the open source platform-as-a-service framework faces a bit of an insurrection. Several vendors, such as AppFog, ActiveState, Tier 3, Uhuru, etc. — have built PaaSes atop the framework and some have quietly been mulling forking the Cloud Foundry code, citing lack of clarity about the project’s future.

何週間も前から不満が募っていたようだが、いまでは、それが表面化している。つまり、PaaS である Cloud Foundry フレームワークに、ちょっとした反乱が生じているのだ。 たとえば、AppFog/ActiveState/Tier 3/Uhuru などののベンダーは、このフレームワーク上に、いくつかの PaaS を構築している。そして、Cloud Foundry の将来が不明確であることを引合いに出し、このプロジェクトからのフォークを、静かに検討しているところだ。

The attraction of the multi-vendor Cloud Foundry effort is that, in theory, it would provide customers an array of compatible PaaSes from different vendors. If they don’t like their experience with one, they can move their code elsewhere. But now the prospect of a “fork” looms with some other vendors thinking of splitting off and doing their own iterations. Worst case scenario: that could negate any promise of compatibility. And that raises the old bugaboo of vendor lock-in which even PaaS providers say has restricted business demand for PaaSes.

論理的にみて、マルチベンダーによる Cloud Foundry を促進してきたものは、それぞれのベンダーから顧客に提供される、一連の PaaSes が互換性を有している点に集約される。 もし、顧客が、何らかのエクスペリエンスが気に入らないのなら、彼らは他の PaaS へとコードを移動することが可能だ。 しかし、いま、それぞれのベンダーが分離し、それぞれのイテレーションを実施していくという、フォークの兆候が、ぼんやりと現われてきた。 最悪の場合、互換性に関するあらゆる約束すら、否定される可能性がある。 そして、さらに、それぞれの PaaS プロバイダが、そのビジネス・デマンドを制約してしまうと、昔からの心配の種である、ベンダー・ロックインの可能性も生じてくる。

Some background: late last year, VMware turned over the Cloud Foundry effort and related projects to the Pivotal Initiative spinoff. Since then some of the third-party Cloud Foundry crowd have complained that they have not gotten information  they need from Pivotal. And, they worry that Pivotal or VMware will push its own commercial, competitive version of Cloud Foundry. And so they privately discussed forking the Cloud Foundry code. Any fork or forks raises the specter of a fractured standard.

いくつかの背景:昨年の終わり近くに、VMware は Cloud Foundry の活動と、それに関連しするプロジェクトを、Pivotal Initiative に引き渡すことで、スピンオフした。 そのときから、Cloud Foundry のサードパーティーたちは、必要とされる情報が Pivotal から得られないと、不平を言い始めた。 そして、さらに、Cloud Foundry と競合する商用バージョンを、Pivotal あるいは VMware がプッシュすることを心配している。 したがって、彼らはプライベートな範囲で、Cloud Foundry コードのフォークについて議論している。 ただし、あらゆるフォークが、スタンダードの崩壊という不安を高めていく。

Sinclair Schuller, CEO of Apprenda, a non-Cloud Foundry PaaS, raised a ruckus last week when he posted his take on the impact of any fork or forks on Cloud Foundry. (Long story short: it will be bad for customers, Schuller wrote.) That caused a kerfuffle which Redmonk analyst Stephen O’Grady addressed in his blog post. O’Grady tried to downplay the negative impact of forks, writing:

先週(2月下旬)のことだが、Apprenda(非 Cloud Foundry PaaS) の CEO である Sinclair Schuller は、Cloud Foundry におけるフォークの影響について自身の見解を示し、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 (簡潔に言うと、顧客にとって良くないことになると、Schuller はのべている) それが、Redmonk のアナリストである Stephen O’Grady を刺激し、彼のブログ・ポストにより、さらなる騒動がもたらされた。 O’Grady は、以下の文章により、フォークに対するネガティブな影響を軽視しようとした:

“We reject the notion that forking is an undesirable outcome. Forking is, to the contrary, provably beneficial to modern open source projects – at least from a developmental perspective.”

私たちは、フォークが望ましくない結果をもたらすという概念を、受け入れない。 それとは反対に、少なくとも開発という視点から見ると、近代的なオープンソース・プロジェクトの有益性として、フォークのメリットは証明されている。

But O’Grady also conceded that, because Cloud Foundry is not licensed under the General Public License (GPL) — as Linux was — it faces different issues;

その点については、O’Grady も認めている。 なぜなら、Cloud Foundry は Linux とは異なり、General Public License(GPL)の下でライセンスされていなからだ。 そして、それらとは、異なる問題に直面すると言う;

“Compatibility, ultimately, is the key to determining whether the forks which are so beneficial to development are a problem for customers. Java, for example, had multiple distinct implementations, which ensured competition and thus continued innovation to benefit customers.”

最終的には、互換性が最大の判断材料になる。つまり、フォークが、開発において大きなメリットをもたらすか、顧客に問題をもたらすかという点だ。 たとえば Java は、多様なインプリメンテーションを持ち、それが競争をもたらし、顧客にとって有益なイノベーションを継続してきた。

In his own blog post, cloud pundit Ben Kepes cites “tensions in the Cloud Foundry world, ” and maintains the possibility of a fork should concern customers.

彼は自身のブログ・ポストで、クラウド学者である Ben Kepes の発言として、「Cloud Foundry の世界における緊張」という言葉を引合いに出し、また、顧客を立場を考慮して、フォークの可能性を論じるべきだと主張している。

“Quite simply a fork, or even worse multiple forks, too early in a project is a sign of bad governance and questions the validity of the entire initiative. Let me reiterate – these are very early days and any doubt that factions in the community sow in end users minds are wildly damaging to the community. This is especially the case since, from what I’m hearing, some of the conversation around forking is happening for all the wrong reasons – it comes down to vendors making the right decisions for the right reasons.”

率直に言って、プロジェクトの早期におけるフォークは、さらに言えば複数のフォークは、イニシアチブ全体の妥当性という観点から、ガバナンスの面で悪影響をもたらす。 繰り返しになるが、いまは、きわめて初期の段階にある。 そして、このコミュニティには多様な派閥があると、エンドユーザーに疑念をもたらすような行動は、このコミュニティに損害を与えるだろう。 とりわけ、このケースにおいて、私が聞いた範囲では、いくつかのフォークに関する議論が、不適切な理由から生じているのが気になる。 つまり、ベンダーにおける適切な理由に対して、適切な判断を下すことで、フォークは実施されるべきである。

I’ve asked Cloud Foundry and some of the third-party PaaS providers for comment and will update this when they get back to me.

私は、Cloud Foundry と、この PaaS のサードパーティー・プロバイダーに対して、コメントを求めている。 そして、回答があったなら、アップデートしていきたいと思っている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこの記事を読む限りでは、Cloud Foundry を推する立場にある Pivotal Initiative から、情報が出てこないのでデベロッパーたちが、フォークについて議論し始めているという感じですね。 そして、Pivotal が、もっとシッカリするなら、あえてフォークすることもないという論調だと感じます。これまでの経緯を考えても、もっと VMware が、舞台裏で頑張らるべきであり、また、それが不可能なら Apache に出してしまうとか、別の道を考えるべきなのでしょうね。 この動きは、引き続き、追いかける必要があると思っています。image

ーーーーー

<関連>

VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Cloud Foundry が .NET をサポートする!

Apple と VMware がタッグを組んで、Microsoft Office を挟撃する

Posted in .Selected, Apple, Byod, Post-PC, VMware by Agile Cat on October 30, 2012

Apple, VMware Gun for Microsoft Office
http://wp.me/pwo1E-561

By
Mike BartonEmail Author – 10.23.12
http://www.wired.com/insights/2012/10/apple-vmware-microsoft-office/

_ WIRED

Can Apple, VMware take down Microsoft Office?
Photo: Wired.com/Jon Snyder

Does Apple see the iPad as a business device? Of course it does. It just doesn’t like to say so in public, writes Wired Enterprise’s Klint Finley.

Apple は iPad を、ビジネス・デバイスと認識しているのか? もちろん、そうだろう。 ただ、公には、それを言いたがらないと、Wired Enterprise の Klint Finley は述べている

On Monday, we received yet another indication that Apple is refining its tablet for use inside the business world. According to a report from CRN citing sources with knowledge of the project, Apple and VMware have joined forces to provide iPads with access to an online version of Apple’s iWork, a suite of office applications. The two companies didn’t immediately respond to requests for comment, but in recent months, CRN has proven to be a reliable source for news on VMware…

月曜日のことだが、そのタブレットをビジネスの世界で利用できるよう、Apple が磨きをかけているという指摘を受けた。その レポートによると、あるプロジェクトの情報を CRN が引用しているとされている。 具体的には、Apple と VMware が連携し、Apple の iWork および Office Suite アプリケーションの、オンライン・バージョンへのアクセスを、iPad から可能にするという。この両社は、いまのところコメントを拒んでいるが、この数カ月の間に、VMware に関する信頼できるニュースについて、CRN はウラを取っているようだ。

According to CRN, the new offering will include hosted versions of Apple’s Pages, Keynote, and Numbers applications running in Apple’s data centers, and these will run alongside VMware’s IT management suite, known as Horizon Application Manager. The applications will be served up to iPads, CRN reports, using VMware View, a tool that provide machines will remote access to virtual desktops running Windows and other operating systems.

その CRN によると、この新しいサービスには、Apple のデータセンターで運用される、Apple の Pages/Keynote/Numbers などの、ホスティング・バージョンが含まれることになる。そして、Horizon Application Manager と呼ばれる、VMware の  IT Management Suite と組み合わせられる。一連のアプリケーションは、VMware View を利用する iPad もサポートすることになると、CRN はレポートしている。このツールにより、仮想デスクトップに対してリモートでアクセスするマシンが実現され、そこで Windows などの OS が実行されることになる。

imageAs CRN notes, Apple and VMware are already working together on VMware Horizon Mobile for iOS, a product that lets business employees use their personal smartphones for work by keeping company data and applications completely separate from personal applications — while giving companies the ability to remotely wipe all company information from an employee’s phone, Finley writes

CRN が指摘するように、すでに Apple と VMware は、Horizon Mobile for iOS を共同で開発している。このプロダクトにより、企業のデータとアプリケーションは、パーソナルなアプリケーションから完全に分離される。そのため、企業の従業員たちはパーソナル・スマホを、自身の作業においても利用できるようになる。つまり、従業員たちのスマホから、すべての企業情報をリモートで排除する機能も、社内の管理者に与えられることになると、Finley は述べている。

The Horizon suite includes Enterprise Connector — an cloud identity management system that provides a “single sign-on” for multiple cloud applications, including Salesforce.com, Webex and Workday — and Policy Manager — a tool for managing user permission and controls across applications and contexts. It seems likely that VMware’s main role in this project would be in controlling which iWorks documents users have access to and giving companies the ability to delete those documents if an employee leaves.

Horizon Suite には、多数のクラウド・アプリケーション(Salesforce/Webex/Workday など)に “single sign-on” を提供する、クラウド・アイデンティティ管理システムである、 Enterprise Connector が含まれる。 そして 、アプリケーションとコンテキストを横断するユーザーの、パーミッションとコントロールを管理する Policy Manager というツールも提供される。おそらく、このプロジェクトにおける VMware の主要な役割は、ユーザーがアクセスする iWork ドキュメントの、コントロールにあると思われる。そして、その従業員が退職する際に、それらのドキュメントを削除する能力が、会社側に与えられる。

imageVMware has branched out into several other new areas in recent years. It created the open source cloud platform called Cloud Foundry. It acquired the open source virtual network company Nicira. And it jumped into the office/productivity market with its Zimbra and SlideRocket acquisitions.

この数年の間に VMware は、いくつかの他の新しいエリアへと広がっている。 まず、Cloud Foundry と呼ばれる、オープンソース・クラウド・プラットフォームが開発された。 そして、オープンソースの仮想ネットワークを提供する、Nicira を買収している。 また、Zimbra と SlideRocket を買収することで、オフィス/プロダクティビティ市場へと参入している。

All these bets could be lucrative new frontiers if open source virtualization tools like Xen and KVM — to say nothing of open source cloud systems like OpenStack and CloudStack — cut into VMware’s traditional product sales. But the broader strategy is for VMware to insert itself into practically every aspect of a company IT infrastructure, from servers to mobile devices, both within private data centers and in the public cloud.

もし Xen や KVM といった、オープンソースの仮想化ツールが、VMware における従来からのプロダクト・セールスに干渉するにしても(OpenStack や CloudStack のような OSS クラウド・システムは言うまでもなく)、すべての前述の試みは、利益を伴う新しい分野になり得る。 しかし、VMware における大局的な戦略は、プライベート/パブリックのデータセンターは言うまでもなく、サーバーからモバイル・デバイスにいたるまでの、企業  IT インフラの全局面に対して、自社のテクノロジーを注入していくことにある。

ーーーーー

imageこの提携が具体化するなら、iOS を搭載する iPhone/iPad という人気のデバイスで、BYOD を容易に実現していく道筋が見えてきますね。 そして、この Horizon ですが、昨年の 9月に GigaOM が、VMworld のレポートとして、詳しい記事を提供しています。 それから1年が経ち、BYOD に対する理解が深まり、また、Apple のデータセンター戦略が進んできた中での、新しい展開として捉えることが可能です。 続報がありましたら、継続してポストしていきたいと思っています。image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step
最適な MDM(Mobile Device Management)ポリシーを構成するためには?
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく

 

%d bloggers like this: