Agile Cat — in the cloud

さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!

Amazon, Netflix, Google And Others Put Pressure On FCC Over Net Neutrality
http://wp.me/pwo1E-7ty

Kyle Russell – May 7, 2014, 8:17 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-netflix-google-and-others-put-pressure-on-fcc-over-net-neutrality-2014-5

_ Business Insider

The pressure on the FCC to maintain net neutrality continues to mount.

ネット・ニュートラリティを維持するための、FCC に対する圧力が、増大し始めている。

In a letter directed to the chairman and commissioners of the Federal Communications Commission, tech companies expressed their disapproval of the proposals that are expected to be put forward regarding net neutrality.

Federal Communications Commission の 委員長および委員たちに送られた書簡において、いくつものハイテク企業たちが、ネットの中立性に関して推進されるだろう、(FCC の)提案に対して不満を表明している。

David Ryder
Getty Images

The letter claims that letting Internet service providers place technical and financial limitations on tech companies could pose a "grave danger to the Internet.”

その書簡は、テック・カンパニーに対して ISP が、テクノロジーとビジネスの面で規制をかけることが、「重大な危機をインターネットにもたらす可能性」について指摘している。

While the FCC has tried to argue that it won’t put the "open Internet" at risk, tech companies aren’t taking that chance.

FCC は、Open Internet を阻害することはないと主張するが、テック・カンパニーたちは、そのような言い分を認めていない。

Last week, a number of tech companies visited Washington, D.C., to argue their case for net neutrality, GigaOm’s Janko Roettgers reported.

GigaOm の Janko Roettgers は、それらのテック・カンパニーが Washington D.C. を訪れ、ネット・ニュートラリティに関する情報を訴えた。

With this letter, the number and size of tech companies publicly fighting for net neutrality has increased drastically. While more than 50 companies signed, just the first page of signatories alone contains giants like Amazon, Microsoft, Google, Netflix, and Facebook. We’ve embedded the letter below:

この書簡において、ネット・ニュートラリティのために公然と戦う、テック・カンパニーの規模は、質と量の両面で大幅に増大している。 50社以上の企業がサインしている状況に加えて、その最初のページには、Amazon/Microsoft/Google/Netflix/Facebook などが名前を連ねているのだ。 以下に、その書簡を添付しておく:

Federal Communications Commission

445 12th Street, SWWashington D.C. 20554

May 7, 2014

Dear Chairman Wheeler and Commissioners Clyburn, Rosenworcel, Pai, and O’Reilly:

We write to express our support for a free and open internet. Over the past twenty years, Americaninnovators have created countless Internet-based applications, content offerings, and services thatare used around the world. These innovations have created enormous value for Internet users, fueledeconomic growth, and made our Internet companies global leaders. The innovation we have seen todate happened in a world without discrimination. An open Internet has also been a platform for freespeech and opportunity for billions of users. 

The Commission’s long-standing commitment and actions undertaken to protect the open Internetare a central reason why the Internet remains an engine of entrepreneurship and economic growth.

According to recent news reports, the Commission intends to propose rules that would enable phoneand cable Internet service providers to discriminate both technically and financially against Internetcompanies and to impose new tolls on them. If these reports are correct, this represents a gravethreat to the Internet.

Instead of permitting individualized bargaining and discrimination, the Commission’s rules shouldprotect users and Internet companies on both fixed and mobile platforms against blocking, discrim-ination, and paid prioritization, and should make the market for Internet services more transparent. The rules should provide certainty to all market participants and keep the costs of regulation low.

Such rules are essential for the future of the Internet. This Commission should take the necessarysteps to ensure that the Internet remains an open platform for speech and commerce so that Americacontinues to lead the world in technology markets.

Sincerely,

Amazon Cogent Dropbox Ebay Etsy Facebook Foursquare Google Kickstarter Level 3 LinkedIn Lyft Microsoft Netflix Reddit Tumblr Twitter Vonage Holdings Corp. Yahoo! Inc. Zynga

ーーーーー

ついに、名立たるテック・カンパニーたちが、FCC が進めている「新たなネット・ニュートラリティの定義」に対して、公然と批判し始めました。 その背景には、全米のインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費している Netflix の存在があります。 そのような、サービス提供者に対して、ISP が個別に課金できるようにしようというのが、この FCC の新たな定義なのですが、そんなものを、中立性をもって決められる組織も個人も、この地球上には存在しないというのが、テック・カンパニーたちの主張です。詳しくは、5月1日にポストした、「 FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」をご覧ください。 来週は、この背景となった、Netflix と ISP の問題について、プチ特集していきたいと思っています。 Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Posted in Amazon, Businesses, Social, Twitter by Agile Cat on May 6, 2014

Twitter, Amazon team up for in-app purchasing
http://wp.me/pwo1E-7t5

AFP/Lionel Bonaventure – May 4, 2014
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/twitter-amazon-team-up/1095760.html

_Channel News Asia

WASHINGTON: Amazon rolled out a new feature on Monday allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

この月曜日から、Amazon が展開する新しい機能により、そのメッセージング・プラットフォームを離れることなく、このオンライン・リテール・サイトで、Twitter ユーザーは購入アイテムを選択できるようになる。

The new feature called #AmazonCart allows people to link their Twitter and Amazon accounts for in-app purchases.

この新しい機能は、#AmazonCart と呼ばれるものであり、ユーザーの Amazon と Twitter のアカウントを連携させ、アプリ内購入を実現していく。

Internet retail titan Amazon has rolled out a new feature allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

"We know that discovering products and services on Twitter is a natural, and we always look for ways to make that easier for users," said Twitter spokesman Will Stickney in a statement. "That’s why we built this capability through our relationship with Amazon."

「 私たちは、Twitter 上でプロダクトサービスを探すことが、とても自然であると認識している。 そして、ユーザーにとって、それが容易になる方式を、常に探し求めている。そこに、Amazon との連携を通じて、この機能を構築してきた理由がある」と、Twitter のスポークスマンである Will Stickney はステートメントで述べている。

Terms of the deal were not announced. Amazon made the announcement in a tweet, calling it "an exciting new way to add Amazon products to your cart, without leaving Twitter."

この提携について、詳細は明らかにされていない。 しかし Amazon は自身ののツイートで、「 Twitter を離れることなく、Amazon のプロダクトを、あなたのカートに取り込む、新しくてエキサイティングな方式」だとアナウンスしている。

Amazon spokeswoman Julie Law, in a statement, explained the process: "It’s simple. When a customer discovers a tweet from their favourite artist, expert, brand, or friend with an Amazon.com product link, they simply add ‘#AmazonCart’ to their reply on Twitter and the product is added to their Amazon.com Shopping Cart,” she said. "Customers who have not connected their Twitter and Amazon.com accounts will receive a reply tweet asking them to connect their accounts to enable the new feature."

Amazon のスポークスマンである Julie Law は、ユーザーが行うべき手続きについて、「 それは、シンプルなものだ。Twitter 上で、Amazon.com のプロダクト・リンクを含んだ、自分の好きなアーティストや、信頼できるスペシャリスト、ブランド、トモダチからのツイートを発見したとき、’#AmazonCart’ を書き加えてリプライするだけで済む。そうすれば、彼らの Amazon.com Shopping Cart に、対象となるプロダクトが追加される」と説明している。 そして、もし、Twitter と Amazon.com のアカウントを接続していない顧客であれば、この新しい機能を有効にするに、それらのアカウントに接続するかどうかを、確認するための返信ツイートを受け取ることになる」と付け加えている。

The Amazon website explains the process, showing how Twitter users can select items, and then later go to the Amazon site for payment. The service is available for customers of Amazon in the United States and in Britain, where it is called #AmazonBasket.

Amazon の Web サイトには、ユーザーが Twitter 上でアイテムを選択した後に、Amazon でペイメントを行うまでの流れが説明されている。このサービスは、#AmazonBasket と呼ばれるものであり、United States と Britain の Amazon ユーザーのみに提供されている。

Some reports pointed out a potential privacy issue: that because tweets are mostly public, the Amazon purchases would likely be visible on Twitter.

なお、いくつかのレポートが、プライバシーに関する潜在的な問題を指摘している。 つまり、ツイートは、ほとんどパブリックなものなので、Amazon での購入が Twitter 上で可視化されるだろうというものだ。

ーーーーー

image商品を販売して、利益を出すために生まれた Amazon と、人気はあるのだけど、なかなか上手にマネタイズできない Twitter の、あっと驚くコラボレーションが始まるようです。 それなりの、エコシステムになっていくでしょうし、Twitter がクラックされた場合の被害も、買う気のない商品で Cart が埋め尽くされる、というレベルで留まるはずなので、これは良い感じです。IPO はしたものの、鳴かず飛ばずが続いていた Twitter ですが、2014年 Q1 は予想以上の利益とか。 そこに、Amazon とのコラボを付け加え、なんとか頑張って欲しい Twitter です。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter

Posted in Research, Twitter by Agile Cat on May 4, 2014

サーバー・ビジネスの再編が進んでいるようです・・・
http://wp.me/pwo1E-7sA

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、それほど 3月とは変わらず、安定した感じの 4月でした。ずっと下り坂で心配だった Twitter が、2ヶ月連続で増えてくれたのが嬉しいです。 このところ、Facebook に大きく引き離され、WhatsApp や Line などに追い立てられ、不調という評価を受けている Twitter ですが、アノニマスでのユルイつながりと、高速での伝搬性という、すばらしい特性を活かして、これからも頑張ってほしいと思います。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、Heartbleed が起こったせいもあるのか、Apple A7 のセキュリティ機構の話が、多くの人の関心を集めたようです。この流れには、PayPal +Samsung のタッグ・チームも追随しており、バイオメトリクスが伸びるキッカケになりそうです。 それと、Agile_Cat 的には、これまで名前しか知らなかった DigitalOcean の記事が見つかり、また、その抄訳がたくさん読まれ、とても嬉しく思っています。

_--space13

1: Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは?
2: IBM が クラウド・シフトを決断した理由

3: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/3月
4: 新しい 4.7 インチの iPhone が、どれほどデカくなるのか!
5: これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!
6: OS X 10.9.2 のアップデートは要注意:AirPlay Mirroring が NG というレポートが!

7: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す
8: Apple が アメリカ市場で Android のシェアを削っている
9: Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

10: Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!

11: iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!

12: SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?
13: PC が 売れなくて、Intel まいってる:それを示す1枚のチャート
14: iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!

15: 新たなインターネット・アクセスを生み出すのは Post-PC だけ?

16: Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!

17: iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた

18: PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった?  – Gartner 
19: iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
20: IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響を

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

なお、ランクインはしていませんが、以下のポストも、とても興味深いものなので、まだ、という方は、ぜひ ご覧ください。

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する! 
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?

この他にも、Google が Intel から IBM に乗り換えたり、HP と Foxconn がサーバー・ビジネスで協業したりとか、いくつか、面白い展開が見られます。

GoogleがサーバをIntelからIBMの「OpenPOWER」陣営に乗換え
HP, Foxconn to Jointly Build Servers for Clouds

5月も、これらの情報は追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

image5月に入ってからですが、「FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」という抄訳をポストしました。 この、ネット・ニュートラリティの問題が、いまのアメリカでは、最もホットなトピックとなっているようです。その背景には、全米のトラフィックの 30% 以上を消費するという、Netflix の存在があるのですが、このビデオ・ストリーミング・プロバイダーと、Comcast などの ISP が、ダイレクト・ピアリングの契約を交わし始めています。5月は、このテーマも追いかけてきたいと思っています。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW
Agile_Cat:2013年 12月の マトメ : ノンビリとした師走です
Agile_Cat:2013年 11月の マトメ : Gunosy は 17k リフェラル!
Agile_Cat:2013年 10月の マトメ : 脅威の Gunosy は 25k リフェラル!

Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある:それを示す1枚のチャート

Posted in Research, Social, Twitter by Agile Cat on May 3, 2014

Does Twitter Have a Stickiness Problem?
http://wp.me/pwo1E-7sq

from Felix Richter , April 17th, 2014
http://www.statista.com/chart/2157/twitter-user-retention/

_ Statista

According to data published by Twitter analytics firm Twopcharts, Twitter may have a stickiness problem. According to the data there is a large discrepancy between the number of accounts created and the number of accounts that actually remain active. Of the 284 million accounts created in 2013, only 37 million (12.9%) were still actively tweeting in February 2014. On the other hand, of the 4 million accounts created in 2008, 1 million were still tweeting in February 2013, indicating that early Twitter adopters are more likely to stick with the service.

Twitter を分析する Twopcharts が公表したデータによると、Twitter はユーザーを引き止めるパワーに欠けていることになる。 そのデータによると、作成されたアカウントの数と、アクティブな状態を維持している数の間に、大きな隔たりが見られる。 2013年には 2億8400万のアカウントが作られているが、その中で、2014年2月の時点でアクティブにつぶやいているのは、わずか3700万(12.9%)に過ぎないのだ。 その一方で、2008年に作成された400万のアカウントのうち、2013年2月の時点で元気につぶやいているのは 100万であり、初期の Twitter ダプターの場合は、このサービスに留まっている可能性が高いようだ。

_  space

_  space

In case you are wondering how 284 million accounts can have been created last year when Twitter only has 241 monthly active users: According to Twopcharts, there are around 980 million Twitter accounts, of which only a small fraction is actually active.

2億8400万のアカウントが作られてい昨年の時点で、月次のアクティブ・ユーザーが *** 人という状況から、あなたは何を考えるだろうか? Twopcharts によると、9億8000万の Twitterアカウントが存在するが、ほんとうにアクティブなのは、そのうちのわずかだという。

ーーーーー

imageまず、「*** 人」のところですが、原文では 241 となっていて、なにかの桁違いだと思うのですが、それらしきものがチャート上にも存在しないので、このようなカタチにしておきました。おそらく、37 million のところを指しているのでしょうが、いぞれにしても、きわめて低い割合になるはずです。そして、本題のほうですが、アメリカでは Facebook も Twitter も、それぞれの飽和点に達しているのだろうと思います。 そのような背景から、Facebook は東南アジアや南米を中心とした、途上国のマーケットへ向かっています。そして、上手くいっているようですが、Twitter は そうならない。理由は、まだ分かりませんが、WhatsApp や Line といったメッセージング系に、マーケットを奪われているという可能性もありますね。なんとか、頑張りきって欲しいですね。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
Super Bowl 対決:勝つのは TV か、FB か、TW か?
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!
ソーシャル と 年齢層: 若さの Twitter、平均的な Facebook、老成の LinkdIn
Twitter と Facebook のユーザー層を比較する: 性別/年齢/収入/学歴
Facebook の IPO は狂気の世界であった : Twitter と一緒にしてはイケない

Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

Posted in .Selected, Government, Privacy, Twitter by Agile Cat on March 22, 2014

Twitter Won’t Encrypt Direct Messages, At Least For Now
http://wp.me/pwo1E-7lb
Selena Larson on March 19, 2014
http://readwrite.com/2014/03/19/twitter-wont-encrypt-direct-messages-at-least-for-now#awesm=~ozbHcT0BGd5aRd

_ Read Write (2)

Twitter is reportedly no longer working on a project to encrypt users’ direct messages—a move that would make its users’ communications better able to stand up to efforts by hackers and government spies to snoop on them.

伝えられるところによると、もはや Twitter は、ユーザーの DM(Direct Message)を暗号化するというプロジェクトに、取り組んでいないようだ。 それは、DM を覗き見しようとする、ハッカーや政府のスパイ行為に立ち向かい、ユーザー間のコミュニケーションを、より安全にするものであったはずだ。

Lead image courtesy of Reuters

As early as last October, Twitter was said to be working on strengthening the security of direct messages, the only private means of communications on the service. According to The Verge, the company has halted the program for no apparent reason.

昨年 10月の初旬から、Twitter における唯一のプライベート・コミュニケーション手段である、DM のセキュリティは強化されると言われていた。しかし、The Verge によると、同社は明確な理由もなく、その開発プログラムを停止したとされる。

The company has put an increased focus on its direct-messaging feature in recent months, completely overhauling the service late last year. If Twitter were to launch encrypted messages, it would bolster its offering against competition from the growing pool of standalone messaging applications that offer secure communications.

実際のところ、同社は昨年末にDM を根本から見直し、また、最近の数か月においては、その機能の強化にフォーカスしてきた。 もし、Twitter がメッセージの暗号化を達成するなら、セキュアなコミュニケーションを提供するという、スタンドアロン・メッセージング・アプリとの競合において、そのポジションを強化できただろう。

Twitter was one of the many technology companies that aimed to bolster privacy and security measures in the wake of revelations about the extent of US government spying by NSA whistleblower Edward Snowden in mid-2013. Because Twitter is a public platform, the only private conversations happen via protected accounts or direct messages, so it makes sense for the company to focus security efforts on direct messages or DMs.

2013年の中頃に、NSA の Edward Snowden が内部告発したことで、スパイ行為に対するアメリカ政府の関与が明らかになった。 そして、それをキッカケに Twitter は、プライバシーおよびセキュリティを強化する、テクノロジー・カンパニーの 1つとして数えられるようになった。周知のとおり、Twitter はパブリックなプラットフォームであるため、プライベートなコミュニケーションを提供するのは、DM もしくはプロテクト・アカウントのみとなる。したがって、同社が DM のセキュリティに注力することは理にかなっている。

The company is also among the most vocal in calling for more transparency from the federal government regarding requests for user data, and it was the only company to receive a perfect score on the Electronic Frontier Foundation’s “Who Has Your Back” report in 2013. The social network is not content with the agreement other tech companies have reached with the US government on data requests. Twitter contends that without the ability to specify exact numbers around national security requests, it’s not meaningful to users.

Twitter は、連邦政府が求めるユーザー・データの透明性において、最も口やかましく言われている 1社である。また、Electronic Frontier Foundation が 2013年に発行した、“Who Has Your Back” というレポートで満点を取っている、唯一の企業でもある。 さらに言えば、このソーシャル・ネットワークは他社と異なり、アメリカ政府によるデータへの要求に対して、甘んじているわけでもない。つまり、Twitter は、ナショナル・セキュリティが要求する、個人を特定する能力を超えたところで、国家権力と対峙しているのだ。 そして、それに応じることが、ユーザーにとって有意義ではないと主張している。

It’s unclear why Twitter halted its encryption efforts. For one thing, since users can opt to receive direct messages by SMS and email, encryption on Twitter’s own apps and websites may only give limited benefits. The company could also be choosing to put energy and attention into attracting new users rather than building new features. Though the company is seeing increasing revenues, user growth is slowing.

Twitter が、暗号化への取り組みを止、めてしまった理由は不明である。考えられる 1つの理由は、ユーザーが DM を受信する際に、SMS およびメールを選ぶことが可能なため、Twitter がアプリや Web サイトを暗号化しても、そのメリットが限定されるという点である。また、同社の選択肢が、新たな機能の開発ではなく、新しいユーザーを惹きつける方向へ振られたとも考えられる。同社は売上は伸びているが、そのユーザー数の伸びは鈍化しているのである。

Twitter did not respond to a request for comment. We’ll update the story if we hear back.

Twitter にコメントを求めているが、いまのところ反応はない。 なにかあったら、アップデートしていく。

ーーーーー

imageこの週末は、メールやメッセージの暗号化の話題が多くですね。 昨日に、Google が NSA に対抗して、Gmail のセキュリティを強化するというトピックをポストしましたが、その一方では、Windows 8 の情報リークを突き止めるため、Microsoft が Hotmail をスキャンしたのではないかというニュースも報じられています。 それに関連して、The Guardian は、Yahoo も Google も Apple も、みんなスキャンの権利は留保しているという記事をポストしています。 それに追い打ちをかけるように、Twitter の DM の暗号化が頓挫したという、このニュースです。 インターネットには、プライバシーはない、、、と割り切るべきなのでしょうか? Image(282)

ーーーーー

<関連>

Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施すとアナウンス!
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?
アンチ Google キャンペーンは絶対に止めない – Microsoft 談
Zuck の 姉の Randi も困惑する、Facebook のプライバシー
Google トラッキングから身を守る秘伝とは?

Super Bowl 対決:勝つのは TV か、FB か、TW か?

Posted in Advertising, Facebook, Social, Twitter, Weekend by Agile Cat on February 2, 2014

INFOGRAPHIC: Super Bowl TV Ads Get The Glory, But Is Facebook A Better Buy?
http://wp.me/pwo1E-7a5
David Cohen on January 29, 2014
http://allfacebook.com/infographic-super-bowl-ads-ampush_b128755

_ All Facebook

It sometimes seems as if Super Bowl ads draw more attention than the big game itself, but Ampush, a Facebook Strategic Preferred Marketing Developer, shared some statistics which show that advertising on the social network may actually be more beneficial to brands than shelling out some $4 million for 30-second spots during the telecast. Numbers pointed out by Ampush included:

Super Bowl での広告対決 の方が、このビッグゲームそのものよりも、注目を集めているかのように思える時がある。そして、Facebook Strategic Preferred Marketing Developer である Ampush が、いくつかの統計をシェアしている。それを見ると、ゲームの放映中に 30秒のスポット広告を、$4 Million もかけて挟み込む TV よりも、ソーシャル・ネットワークで広告を展開するほうが、ブランドにとって有益となる可能性が示唆される。 Ampush が示す数字には、以下の項目が含まれる:

クリックでインフォグラフィクス ⇒ 

  • Facebook boasts the largest national audience, with 198 million monthly active users in the U.S., followed by the 108 million people projected to watch the Super Bowl in the U.S., and Twitter’s 49 million monthly U.S. users.
  • Facebook blows away TV in terms of ad targeting, with a 90 percent accuracy rate, compared with 38 percent for the small screen.
  • Campaigns on Facebook drive more sales than campaigns on TV and Twitter combined.
  • More time is now spent on digital media than watching TV.
  • The $4 million cost of a Super Bowl ad could drive 6.8 billion Facebook impressions.
  • Facebook の自慢は、198 million というアクティブ・ユーザー(月)を、アメリカ国内に持つ点であり、それに続くのが、TV で Super Bowl を観たという 108 million の人々、そして、49 million(月)の Twitter となる。
  • ターゲティング広告における正確さという観点で、Facebook は 90% というレベルに達しており、TV 広告の 38% という数字を、軽く吹き飛ばしてしまう。
  • Facebook 上でのキャンペーンは、TV と Twitter を合わせた数字よりも、大きな売上をもたらす。
  • 現時点において、ディジタル・メディアで費される時間の方が、TV で消費される時間よりも長い。
  • Super Bowl 広告に費やされる $4 Million というコストを Facebook 広告に当てはめてみると、6.8 Billion というインプレッションが得えられる計算になる。

Readers: Will you interact on Facebook during Super Bowl XLVIII?

ーーーーー

weekendこの Ampush という会社は、Open Graph の使い手だったと記憶しています。 Facebook Strategic Preferred Marketing Developer と紹介されているわけですですから、両社にとって有利な情報を提供するはずですが、一連の数字に関しては、それなりの裏付けのあるものと推測できます。 そして、この Super Bowl だけではなく、今年は オリンピックもあれば、サッカーのワールドカップもあります。 ほんと、ソーシャルと TV の対決のほうが、ゲームそのものよりも面白いという局面もありそうですね :) ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

モバイル広告 : 2014年は 64%も伸びる!
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!
Facebook を活用する、日産 Note のソーシャル・プロモーションとは?

Facebook はアメリカ市場でも成長し続ける:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Research, Social, Twitter by Agile Cat on January 15, 2014

CHART OF THE DAY: Facebook Grows Stronger In The U.S.
http://wp.me/pwo1E-77p

Jay YarowJan. 2, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-facebook-grows-stronger-in-the-us-2014-1

_ Business Insider

Facebook may have some product issues to deal with, but for right now, it is stronger than ever. The latest data from Pew (.PDF) shows that Facebook is used by 71% of U.S. adults, which is up from 67% a year ago.

Facebook は、いくつかのプロダクトに関して、改善すべき問題を抱えているのだろうが、現時点の勢いは、これまでにも増してパワフルな状況となっている。 Pew が PDF で提供する最新データが、アメリカの成人の 71% が Facebook を使用していると示している。 これは、昨年の 67% と比較して、4% の成長となる。

_  space

Business Insider

This growth is impressive when you consider that it was already hugely popular, and that there are a lot of other social networks out there. In fact, the only social network that gained a bigger percentage of new users was Pinterest and it just barely outpaced Facebook.

すでに Facebook が大変な人気を博しており、新たなソーシャル・ネットワークが数多く参入していること考えれば、この成長率は素晴らしいものとなる。実際のところ、新規ユーザーの獲得という面で、大きな成長を遂げているのは Pinterest のみであるが(6%)、それにしても辛うじて Facebook を上回っている程度なのである。

ーーーーー

TAG indexすでに、先進国では伸びシロが失われたとされる Facebook ですが、その傾向が最も顕著だと思われるアメリカ市場で、これだけの成長を達成していることに、とても驚いてしまいました。それと同時に、SnapchatWhatsApp などの新興勢力が猛威を振るっているにもかかわらず、このチャートに並んでいる、すべてのソーシャル・メディアが成長していることも、特筆すべきことなのでしょう。 まだまだ、成長のための余地が残されているようで、とても良い感じですね!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook は 本当にヤバイのか? その情報の出処を検証する
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!
Snapchat には $100 Billion の価値がある:Marc Andreessen
WhatsApp が4億人に達した:つまり、Twitter より大きいのだ!
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート

WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Research, Social, Twitter, WhatsApp by Agile Cat on January 10, 2014

Study: Facebook Messenger still reigns in the U.S. but other countries look to WhatsApp
http://wp.me/pwo1E-75X

By Kevin Fitchard – Nov 26, 2013
http://gigaom.com/2013/11/26/study-facebook-messenger-still-reigns-in-the-u-s-but-other-countries-look-to-whatsapp/

_ Giga Om

Summary: WhatsApp and a handful of other over-the-top communications apps — including BBM — are cementing their dominance in social messaging across the world. People still love Facebook Messenger, just not as much as they used to.

Summary: WhatsApp をはじめとする、一握りの突出したコミュニケーション・アプリ(BBMを含む)が、世界をまたにかけたソーシャル・メッセージング市場で、それぞれの優位性を踏み固めようとしている。 依然として、人々は Facebook Messager を好んでいるが、その人気と使用頻度は、必ずしも一致しないようだ。

ーーーーー

Facebook may be the world’s most popular social network, but when it comes to social messaging, other apps are usurping its dominance. Facebook Messenger is still the most popular smartphone social messaging app in the U.S., according to a survey conducted by On Device Research, but polls in four countries in different regions of the world found WhatsApp and WeChat are the reigning services.

Facebook は、世界で最も人気のソーシャル・ネットワークなのだろうが、ソーシャル・メッセージの話となると、その優位性を他のアプリに奪われようとしている。 On Device Research が実施した調査によると、アメリカで最も人気のスマートフォン・ソーシャル・メッセージング・アプリは Facebook であるが、その他の 4カ国では WhatsApp と WeChat が、その領域を支配しているという結果が出ている。

As you might expect, China’s homegrown WeChat dominates its home country with 93 percent of On Device’s respondents saying they use it weekly. Facebook services have been banned in most in China since 2009, but in Brazil, Indonesia and South Africa — countries where Facebook apps are readily available — WhatsApp is by far the most used app. In South Africa and Brazil, Facebook Messenger is firmly entrenched in the No. 2 slot, but in Indonesia it doesn’t make the top 3, according to On Device’s poll.

ご想像のとおり、China 製の WeChat は、On Device に対する回答者の 93% が、それを週に一度は使っていると答えるほどに、同国のマーケットを支配している。China における Facebook サービス群は、2009年かた利用を禁止されているが、そのような制約のない Brazil/Indonesia/South Africa といった国々においても、最も使用されるアプリとしては、WhatsApp が群を抜いているのである。さらに言えば、Facebook Messenger は、South Africa と Brazil では No.2 のポジションを確保しているが、Indonesia は Top-3 からも漏れている。

クリックで拡大 ⇒

Even in the U.S., WhatsApp is starting to challenge Facebook Messenger especially among 16-24 year olds where usage is almost evenly split between the two services. Snapchat’s user base is still tiny globally, but On Device found that 20 percent of younger smartphone users in the U.S. used the ephemeral photo messaging service at least once a week. In addition, the volumes of photos being shared on Snapchat, 400 million on a daily basis, now exceed those shared on Facebook, On Device discovered. (And as Om Malik reports, Facebook’s Instagram will get into the messaging game soon as well.)

さらに、アメリカにおいても、WhatsApp から Facebook Mesaenger へ向けた挑戦が始まっている。 とりわけ、16歳〜24歳のユーザー層では、この 2つのサービスの使用頻度が、ほぼ同等というところまできている。Snapchat のユーザーベースは、全体から見ると、まだ小さいが、アメリカの若年層スマホ・ユーザーの 20% は、少なくとも週に一度の頻度で、その揮発性フォト・メッセージング・サービスを使用している。それに加えて、Snapchat 上で共有される写真数は、現時点で 4億枚/日というペースであり、Facebook 上での共有を超えているることを、On Device は発見している。( ただし、Om Malik がレポートしたように、まもなく Facebook の Instagram が、このメッセージング競争に参加してくる)

クリックで拡大 ⇒

Focusing on single dominant apps, however, may not be the most relevant metric anymore. On Device found that the majority of its respondents — made up of 3,759 iOS and Android phone users — used multiple messaging tools. Some 58 percent said that multiple apps were necessary because different friends used different messaging platforms, while 52 percent said made use of different features on different apps.

しかし、それぞれのアプリ間の優位性を比較しても、もはや、それ程の意味を持たないのかもしれない。今回の On Device の調査(3759人の iOS/Android スマホ・ユーザーで構成される)では、大半のユーザーが、複数のメッセージング·ツールを使用しいると回答している。そして、そのうちの 58% は、それぞれのトモダチが、それぞれのメッセージング·プラットフォームを使用しているため、複数のアプリが必要になると述べている。その一方で、52% のユーザーは、アプリケーションごとの機能を利用したいからだと、その理由について述べている。

クリックで拡大 ⇒

While social messaging may be split between multiple apps, IP communications as a whole has definitely overtaken SMS as a means of daily communication. On Device found that 63 percent of respondents in all five countries used IP messaging apps 10 times or more daily, while the number was only 40 percent for SMS.

ここまでに説明してきたように、ソーシャル·メッセージングの市場は複数のアプリにより分断されているが、日常のコミュニケーション手段としての IP 通信全体は、間違いなく SMS を圧倒している。On Device の調査結果により、この 5カ国における回答者の 63% が、1日に 10回以上も、IP メッセージング・アプリを使用している状況が見えてきた。そして、この数字を SMS に当てはめてみると、40% に過ぎないことも分かった。

クリックで拡大 ⇒

Another surprising finding in On Device’s survey was the rapid adoption of BlackBerry Messenger on iPhones and Android devices. BBM only went live in the iTunes Store and Google Play in September, but On Device’s November poll found it had already become the second and third most popular messaging apps in Indonesia and South Africa respectively. WeChat is also showing signs of breaking out of China’s borders. It’s already a routinely used app in South Africa and Indonesia, and even 6 percent of U.S. respondents said they used it weekly.

なお、On Device 調査における、別の驚くべき発見は、iPhone/Android デバイス上での BlackBerry Messenger の急速な普及である。この 9月に、iTunes Store と Google Play に登場した BBM であるが、On Device の 11月の調査において、Indonesia では 2位、South Africa では 3位という、人気のメッセージング・アプリになっていることが分かった。 また、WeChat も、China の国境から飛び出してくるという兆しを見せている。 すでに、South Africa と Indonesia では日常的に使用されるアプリになっており、アメリカでも 6% の回答者が、週に一度は使っていると答えている。

ーーーーー

_ WhatsApp中国での WeChat や、アジアでの Line など、各種のメッセージング・アプリが大健闘していますが、このポストを見ると、ブラジル/南アフリカ/インドネシアの各国で、WhatApp がトップの座を占めていることがわかります。これらの途上国に共通するトレンドは、モバイル・デバイスにより、インターネット利用が爆発的に拡大するというものであり、PC というフェーズがパスされていることです。つまり、Facebook が PC 時代から積み上げてきた、時間的なアドバンテージが通じないという状況の中での、コンペティションが繰り広げられているわけです。メッセージングにかぎらず、これからのマーケットに共通する、なんらかの大きな流れが示されているようで、とても興味深いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

WhatsApp の インド市場 : あっという間に 3000万ユーザーに拡大!
Facebook は 本当にヤバイのか? その情報の出処を検証する
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート
ソーシャル と 年齢層: 若さの Twitter、平均的な Facebook、老成の LinkdIn
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!

%d bloggers like this: