Agile Cat — in the cloud

Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Line, Post-PC, Research, SnapChat, Social, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on April 15, 2015
This one chart shows how Facebook dominates online communication
Eugene Kim – Apr. 13, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-dominates-online-communication-2015-4
 
_ Business Insider
 
Soon, Facebook could be the dominant force in how we communicate online. According to data compiled by BI Intelligence, Facebook is not only the biggest social network, but also owns the second-largest social network and the two largest messaging apps.
 
私たちがオンラインで通信するための手段を、Facebook が支配する日が近いのかもしれない。BI Intelligence が整理したデータによると、Facebook は最大のソーシャル・ネットワークというだけではなく、第2位のソーシャル・ネットワークを所有し、最大級のメッセージング・アプリを 2つも所有している。
social-media-maus
BI Intelligence
 
Facebook’s monthly active user base is expected to surpass 1.43 billion in the first quarter of 2015. That’s nearly twice the size of Facebook-owned WhatsApp, the largest messaging app with 725 million MAUs. Facebook Messenger trails closely with 600 million MAUs.
 
Facebook の MAU (Monthly Active User) は、2015年 Q1 の時点で、14.3億人を上回ると予想されている。それは、Facebook が所有する WhatsApp の、約 2倍の規模である。 そして、WhatsApp は最大のメッセージング・アプリであり、7.25億人という MAU を有している。さらに言えば、Facebook Messenger の MAU も、6億人という規模まで迫ってきている。
 
Instagram, the photo sharing app Facebook bought for $1 billion in 2012, had the fifth largest user base with 300 million MAUs. That means Facebook owns four of the five largest brands in social media and messaging.
 
Facebook が 2012年に、$1 billion で買収した Instagram は、3億人の MAU を持つ写真共有アプリであり、グローバルで 5番目の規模を誇っている。つまり、Facebook は、ソーシャル・メディアとメッセージングという分野において、世界の 5大ブランドのうち、4つを所有していることになる。
 
ーーーーー
facebookFacebook 本体が着実に伸びているのに加えて、WhatsApp が凄いペースと思ったら、それを上回る勢いで Facebook Messsenger が急成長しているようです。この 2つのメッセージング・アプリを合わせると、それだけで 13.25億です。ちょうど、昨年の今ごろに、「Gmail for Android のダウンロード数が、ついに 10億に達した!」という抄訳をポストしましたが、メッセージングとメールの対比が興味深いです。 人々が交換する情報の性質が刻々と変化し続け、それに合わせるかたちで、さまざまなサービスが選択されているのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
WhatsApp と サッカー狂たち:その面白い関係を1枚のチャートで!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!
 

YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのような属性のユーザーが、ビデオをアップしているのだろう?

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 10, 2015
Here’s the one big advantage YouTube has over Facebook’s new video platform
Dave Smith − Mar. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/why-youtube-isnt-as-vulnerable-as-it-seems-2015-3
 
_ Business Insider
 
Google should worry a little more about Facebook, especially now since the company introduced its own media player that can be shared and embedded on different websites, just like YouTube. But, YouTube has one key advantage over Facebook and other user-generated video sites like Vine: A healthy balance of creators.
 
Facebook が新しいメディア・プレーヤーを提供し、そこにアップロードされたビデオが、他の Web サイトにエンベッドできるようになった。 つまり、YouTube と同じような、ビデオの共有がサポートされたわけであり、Google も気にかけているはずだ。しかし、YouTube は、Facebook や Vine などに対して、大きなアドバンテージを有している。 つまり、ビデオの共有サイトとして、それらを作成するクリエーターのバランスが良いのだ。
 
video-creators
BI Intelligence
 
Based on recent data from Tubular charted for us by BI Intelligence, Facebook in January had a greater percentage of popular user-generated videos compared to YouTube, but YouTube has a pretty even distribution between amateurs, influencers, brands and media companies, so the company isn’t too reliant on any one particular group of uploaders. Compare that to Twitter’s Vine platform for 6-second videos, where the most influential users are in near-complete control of the platform’s popularity.
 
Tubular Labs のデータをベースにした BI Intelligence によると、この1月にユーザーが作成したビデオの本数に関しては、Facebook が YouTube を上回っている。しかし、YouTube は、Amateurs/Influencers/Brands/Media Companies で構成されるクリエーターのバランスが、きれいに分散している。つまり YouTube は、アップロードされるビデオに関して、特定のグループに依存していないことになる。たとえば、Twitter Vine 6秒ビデオに関しては、このプラットフォームの大半が、Influencers に支配されているという状況が見えてくる。
 
ーーーーー
research_55ビデオ・サイトの分析にも、いろいろな切り口があるようですね。先週に、「ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ」という抄訳をポストしましたが、そこでは旗色のよくなかった YouTube が、このチャートでは、素晴らしいバランスを見せています。 YoutTube がビデオをコアにしたサービスを提供する一方で、Facebook や Vine はソーシャルの中での、ビデオの取り扱いにフォーカスしているはずです。 このような違いが出る背景として、それが有ると思います。 これから先のビデオ・ストリーミングには、いま以上の期待が寄せられていくはずです。 そう考えると、とても興味深いデータですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータを、1枚のチャートで!

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 3, 2015
Here’s one big reason Google needs to worry about Facebook
Dave Smith – Mar. 25, 2015
http://www.businessinsider.com/one-big-reason-google-needs-to-worry-about-facebook-2015-3
 
_ Business Insider
 
Despite the massive library of content on Google’s YouTube service, Facebook was able to claim more videos with more than 1 million views in the last 30 days, according to data from Tubular Labs charted for us by BI Intelligence. This is a pretty impressive feat considering YouTube’s search functionality is far ahead of Facebook’s, and YouTube also offers fewer restrictions and more opportunities to make money through ads.
 
Tubular Labs のデータから作成された BI Intelligence のチャートを見ると、大規模なコンテント・ライブラリが、Google の YouTube サービス上にあるにもかかわらず、これまでの 30日間において、100万以上のビューを持つビデオの本数に関しては、Facebook の方が優っているようだ。 YouTube が Facebook に対して、サーチ機能で圧倒し、また、制約も緩く、広告によるマネタイズの機会も提供していることを考えると、この状況は驚くべきことである。
 
chart-video-upload
BI Intelligence
 
Yet, Facebook is becoming a more attractive place for people to upload their videos. Between auto-play and the lack of pre-roll ads, Facebook videos are getting lots of engagement: New data suggests more videos have been uploaded directly to Facebook than shared on the site via YouTube, which is pretty impressive, and the company on Wednesday announced a new video player that should improve engagement by letting any website embed its new video player, just like YouTube’s.
 
ところが、人々が自分のビデオをアップロードするという観点では、Facebook の方が魅力的になってきている。つまり、オート・プレイを実現し、再生時の広告を排除することで、Facebook のビデオは支持を得ているのだ。この新しいデータが示唆するのは、YouTube を介して共有されるビデオよりも、Facebook にダイレクトにアップロードされるビデオの方が多いという、大いに注目すべき状況なのである。そして、水曜日 (3/25) に Facebook がアナウンスした新しいビデオ・プレイヤーは、まさに YouTube がやっているように、アップロードされたビデオを、他の Web サイトに貼り付けられるというものであり、さらに支持を集めるはずだ。
 
ーーーーー
research_55たしかに、Facebook のタイムラインで、自動的に再生されるビデオを見てしまうことが多いですね。 なんというか、勝手に動いているものなのに、それに注目してしまうというのは、すべての動物に共通する習性であり、ヒトもネコもイヌも、みな同じという感じがします。 ひとことで言うと、YouTube の独壇場であったビデオ共有というサービスに、Facebook が強力なライバルとして登場してきたわけなのでしょう。 しかし、このチャートを見ると、Vine も頑張っていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!

Posted in Advertising, Research, Twitter by agilecat.cloud on March 5, 2015
Twitter has one major advantage over Google and Facebook
Dave Smith – Feb. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/twitter-revenue-per-advertiser-exceeds-google-facebook-2015-2
 
_ Business Insider
 
As of November, Twitter had just 60,000 advertisers, which is small fries compared to Google (4 million) and Facebook (2 million). But Twitter has one big advantage: It makes much more money per advertiser than either of those giant internet companies.
 
2014年11月の時点で、Twitter の広告主数は 60,000 件たらずであり、Google (4 million) や Facebook (2 million) と比べると、はるかに少ない。 しかし、Twitter にも、優位に立っている点がある。つまり、それらのジャイアント・インターネット企業とくらべて、広告主ごとにの売上で上回っているのだ。
 
bii-sai-cotd-avg-rev-per-user1024
BI Intelligence ( x 1000 )
 
Based on data from Macquarie Securities and company filings charted for us by BI Intelligence, Twitter’s average revenue per advertiser was just shy of $21,000 last year, roughly three times that of Facebook at $7,000 per advertiser, and well ahead of Google’s $16,000 per advertiser. Macquarie believes Twitter is so effective because it focuses on the biggest  brands as opposed to smaller businesses.
 
Macquarie Securities からのデータと情報をベースに、BI Intelligence が作成したチャートを見ていこう。Twitter における広告主たちの平均売上は、昨年の時点で $21,000 弱であるが、Facebook の $7,000 に対して、約3倍というレベルに達している。そして、Google の $16,000 すら上回っているのだ。Twitter のターゲットは中小企業ではなく、大手ブランドであるため、この数値が高いと、Macquarie は捉えている。
 
ーーーーー
twitter-55aいつものように、なにかとタイヘンな Twitter ですが、大手ブランドを相手にした、広告ビジネスが軌道に乗りつつあるのでしょうか? しっかりとした収益モデルが確立されると、そのサービスも拡充されていくはずなので、ここは踏ん張りどころですね。 たくさんの、日本のファンが応援しています。 ガンバレ Twitter! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析
FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数とスター・プレイヤーたち
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
Facebook から Web サイトへの導線:その他を寄せ付けない強さを!
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
 

Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!

Posted in Facebook, Pinterest, Research, Social, Twitter, Weekend by agilecat.cloud on February 8, 2015
Here’s how many people check Facebook, Twitter, and Instagram daily (in 2 graphs)
January 9, 2015 – Gregory Ferenstein
http://venturebeat.com/2015/01/09/heres-how-many-people-check-facebook-twitter-and-instagram-daily-in-2-graphs/
 
VB.png
 
In a decade, social networking has gone from the part-time habit of college kids to a staple of modern life. Pew is out with fresh new statistics on just how many Americans compulsively check the top sites, Facebook, Instagram, Twitter, Pinterest, and LinkedIn.
 
この 10年の間に、ソーシャルネット・ワーキングは、ちょっとした大学生たちの習慣から、今ふうの生活における中心へと、そのポジションを移行してきた。そして、Pew Reserch の統計が、Facebook/Instagram/Twitter/Pinterest/LinkedIn といったトップ・サイトが、どのようにアメリカ人のユーザーたちを惹きつけているのかという、新しい視点を示している。
 
Social_DAUAbout 70 percent of Americans use social networking sites. Of those, about 70 percent check Facebook daily.
 
アメリカ人の 約70% が、いくつかのソーシャル・ネットワーク・サイトを利用し、そのうちの 70% Facebook を、毎日使っている。
 
In the top graph, I did some back-of-the-napkin calculations and redid Pew’s numbers based on the total U.S. population. A little less than half (41 percent) of Americans check Facebook daily. About 7 percent check Twitter daily.
 
最初のチャートは、アメリカの人口統計をベースにして、簡易的に Pew の数字を再計算したものである。その結果、アメリカ人の半分弱(41%)が、Facebook を毎日チェックしていることが分かった。 そして、Twitteer に関しては、その数字が 7% になることも見えてきた。
 
Pew_Social_DAUInterestingly enough, there used to be a big difference in Facebook use among different races, living area, and education. Now, it’s almost all the same. About 70 percent across all the major demographics use Facebook.
 
興味深いことに、これまでの Facebook は、それぞれの人々の、人種/生活/教育という区分において、使い方が大きく異なるとされてきた。しかし、いまでは、それも平準化されてきた。すべての主要な人口統計における 70% ほどの人々が、Facebook を使用しているのだ。
 
In fact, the race, education, and income gaps have virtually disappeared in most major network sites — this is a nice win for social equity.
 
実際のところ、人種や教育の違い、そして所得の格差などが、主要なソーシャル・ネットワーク・サイトに飲み込まれている。 つまり、社会的な公正を目指す上で、素晴らしい勝利だと言える。
 
Readers can check out details of the polls here.
 
ーーーーー
weekendちょっと、この 2つのチャートの関連性が分かりにくいのですが、Pew Reserch による横棒のチャートは、18歳以上を対象として算出されているめ、そこに 18歳未満の若年層データも加えてみたという事なのでしょう。その結果として、縦棒グラフの数字が算出されたのだと推測します。 ソーシャル・メディアにも、それぞれの特色があるのでなんとも言えませんが、メッセージ系は日々の利用率が高いように思えます。 その意味で、Facebook Message が含まれているのかどうか、その辺りが知りたいです。でも、よくよく考えると、Twitter の D は切り分けようがないので、やはり Facebook が強いということになるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook ユーザーは 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
メッセージング・アプリの人気と経済:それを示す1枚のチャート
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない!
ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界:それを示す1枚のチャート
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
2014 Agile Cat:ソーシャル関連の マトメ

Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さを見せつける!

Posted in Facebook, Pinterest, Research, Social, Twitter by Agile Cat on January 10, 2015

Facebook Dwarfs Competition in Terms of Referral Traffic
http://wp.me/pwo1E-8b3
Felix Richter, October 30th, 2014
http://www.statista.com/chart/2893/social-media-referrals-in-september-2014/

_ Statista

Facebook’s significance as a traffic source for any website owner cannot be overstated. According to a new report by Shareaholic, who analysed the traffic of more than 200,000 websites around the globe between September 2013 and September 2014, the world’s largest social network now drives more than a fifth of the overall traffic – direct traffic, social referrals, organic search, paid search, etc. – to these websites.

あらゆる Web サイト・オーナーにとって、トラフィックを生み出す存在としての Facebook は、決して誇張されることのない重要性を備えている。グローバルにおける 20万以上の Web サイト・トラフィックを分析している、Shareaholic の最新レポートによると、2013年9月〜2014年9月において、この世界で最大のソーシャル・ネットワークは、それらの Web サイトへと向かうトラフィック全体(Direct Traffic/Social Referral/Organic Search/Paid Search など)の、1/5 以上を運んでいることになる。

But not only is Facebook by far the most important source of social media traffic, it is also the fastest-growing one. In September 2014, Facebook referrals accounted for 22.4% of traffic to the sampled websites. That’s an increase of more than 115% compared to September of last year, when Facebook drove 10.4% of traffic.

そして Facebook は、ソーシャル・メディア・トラフィックの生成において、突出した存在として君臨するだけではなく、最も速いスピードで成長しているのだ。2014年9月の時点で、Facebook のリフェラルは、サンプリングされた Web サイト・トラフィック全体の 22.4% を占めている。つまり、10.4% のトラフィックを運んだ昨年の 9月と比べて、115% も増加しているのだ。

Twitter’s role as a traffic source pales when compared to its larger rival Facebook. The share of traffic driven by Twitter referrals recently dropped to 0.9%, down from 1.2% in September 2013. The second largest source of social media traffic is Pinterest, which accounted for 5.5% of visits to the sampled websites in September.

巨大なライバルである Facebook と比較すると、トラフィック・ジェネレータとしての Twitter のポジションは見劣ってしまう。Twitter リフェラルによるトラフィック・シェアは、2013年9月の1.2%から、0.9% へと低下している。ソーシャル・メディア・トラフィックにおける二番手は Pinterest であり、9月の時点でサンプリングされた Web サイト参照の 5.5% を占めている。

This chart shows the percentage of traffic to a large sample of websites that comes social media websites.

このチャートは、Web サイトに関するソーシャル・メディアからの参照について、大規模なサンプリングを行なった際の、トラフィック比率を示している。

ーーーーー

Agile Cat としても、この数字には実感を覚えます。 日本には Twitter が強いという、ちょっと特殊な事情があります。 そのため、この Agile Cat というサイトを立ち上げた当初は、かなり Twitter に依存していたのですが、いまでは、すっかり Facebook が頼りとなっています。 とは言え、上記のチャートほどには差がなく、3 対 1 で Facebook が優勢という感じです。 Facebook ページが機能し始め、Share というアクションを人々が抵抗なく使うようになるにつれて、この Facebook の強さが顕著になってきたと思っています。 

ーーーーー

<関連>

ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
ソーシャルと滞在時間:この Engagement Index でも FB がダントツだ!
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威と?
2014 Agile Cat:ソーシャル関連の マトメ

Social の調査:Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく

Posted in On Monday, Research, Social, Twitter by Agile Cat on November 10, 2014

Social Media: Dissecting and Analyzing the Complete Twitter Stream
http://wp.me/pwo1E-80j
By Dick Weisinger – Nov 6, 2014
http://formtek.com/blog/social-media-dissecting-and-analyzing-the-complete-twitter-stream/

_ formtek

Twitter has announced that it is funding a Laboratory for Social Machines (LSM) at MIT initially with $10 million.  LSM will run as a five-year project that is dedicated to analyzing a complete archive of Twitter content, including every tweet ever made, dating all the way back to the first one sent by Jack Dorsey.

Twitter だが、MIT の Laboratory for Social Machines (LSM) に $10 million の資金を、第一弾として提供していることを発表した。 この LSM は、Twitter コンテントのフル・アーカイブを分析するための、5年間におよぶ特別プロジェクトを実施していく。 そして、Jack Dorsey から始まった、これまでの全ツイートを遡ることになるのだ。

 Dick Costolo, CEO of Twitter, said that the investment in LSM will fund ”research to understand the role Twitter and other platforms play in the way people communicate, the effect that rapid and fluid communication can have and apply those findings to complex social issues.”

Twitter の CEO である Dick Costolo は、LSM への資金提供について、「 Twitter や、他のプラットフォームが、人々を結ぶコミュニケーションにおいて、どのような役割を果たしているのかを理解したい。迅速で滑らかなコミュニケーションが、複雑な社会問題を見つけ出し、効果的に適用されていくための研究に供される」と述べている。

Some of the goals of the LSM project at MIT include:

MIT の LSM プロジェクトでは、以下のような目標が定められている:

  • Develop techniques to analyze social systems
  • Build collaboration tools to allows groups to debate, create shared goals and enable organization
  • Deploy social machines
  • ソーシャル・システムを分析するための技術を開発する。
  • グループ間での議論を実現するための、コラボレーション・ツールを構築する。それにより、目標が共有され、組織化が達成される。
  • ソーシャル・マシンを展開していく。

Deb Roy, an associate professor at the Media Lab who will lead the LSM, said that “the Laboratory for Social Machines will experiment in areas of public communication and social organization where humans and machines collaborate on problems that can’t be solved manually or through automation alone.  Social feedback loops based on analysis of public media and data can be an effective catalyst for increasing accountability and transparency — creating mutual visibility among institutions and individuals.”

この LSM をリードしていく、Media Lab の准教授である Deb Roy は、「この Laboratory for Social Machines は、パブリックなコミュニケーションとソーシャルの構成という領域で、実験を推進していく。そして、人間の力だけでも、機械による自動化だけでも、解決することのできない問題に、両者が協調しながら取り組んでいく。パブリックなメディアとデータの分析に基づくソーシャル・フィードバック・ループは、説明責任と透明性を向上させるための効果的な触媒になり得る。つまり、組織と個人との間で、双方向における可視化が実現されていく」と、述べている

ーーーーー

楽しそうだけど、難しそうだし、また、つらい現実を見せつけられそうでもあり、、、という感じがして、期待と躊躇が錯綜しますね。 でも、Twitter というパブリック・コミュニケーションのためのツールが、この世の中に、どのような影響を与えてきたのかという視点で、とても重要な検証が行われるはずですし、また、未来へ向けた知恵が絞り出されると、期待したいところです。 匿名性を担保し、文字数以外にはコレといった制約を定めることもなく、可能な限りシンプルなルールで運用されるのが、Twitter の特徴だと思います。 だからこそ、ステキな何かが、そこから得られるはずです。 そう考えると、ワクワクしてきますね!

ーーーーー

<関連>

Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

%d bloggers like this: