Agile Cat — in the cloud

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 20, 2015
China Mobile blasts from zero to 100M 4G subscribers in just 14 months
Steven Millward – Feb 17, 2015
https://www.techinasia.com/china-mobile-100m-4g-subscribers-aims-250m-end-2015/
 
_ tech in asia
 
China Mobile now has just over 100 million 4G subscribers, according to the newest data from the company. The major milestone comes 14 months after the nation’s top telco switched on China’s first 4G network.
 
China Mobile だが、同社から提供された最新データによると、その 4G サブスクライバー数が、ついに1億の大台に乗ったようだ。 この、China のトップに君臨するテレコムは、4G ネットワークをメインに切り替えてから僅か 14ヶ月後に、このマイルストーンに到達したことになる。
 
China-4G-subscribersChina Mobile’s newest 4G figure counts subscribers added by the end of January. The telco titan has so far set up more than 700,000 4G base stations covering over one billion people, the China Daily reports. The firm aims to have 250 million 4G users by the end of this year.
 
China Mobile の最新データは、この1月末までの、4G サブスクライバー数をカウントしている。これまでに、このテレコムの巨人は、1億以上の人々をカバーするために、70万ヶ所以上の 4G 基地局を準備してきたと、China Daily がレポートしている。そして、同社は、今年の末までに、2.5億人以上の 4G ユーザーを持とうとしている。
 
China has more than half a billion 3G subscribers, but that number will decline slowly as people shift over to similarly priced 4G data plans.
 
いまの China には、5億人以上の 3G サブスクライバーがいるが、価格の変わらない 4G データ・プランへと人々がシフトしていくにつれて、その数はゆっくりと低下するだろう。
 
Rival telcos China Unicom and China Telecom are not yet revealing their number of 4G subscribers in their customary monthly reports.
 
China-Mobile-reaches-100M-4G-subscribers-aims-at-250M-by-end-of-yearThis is the growth :
 
経緯を示すチャート:
 
ライバルのテレコムである China Unicom と China Telecom は、自身の月次サポートにおいて、その 4G サブスクライバー数を明らかにしていない。
 
Apple added support for China Mobile’s 4G network in its iPhones in January 2014, but it’s cheaper 4G-enabled phones from brands like Xiaomi, Coolpad, and Lenovo that will drive a greater number of people to switch to 4G.
 
2014年 1月に Apple は、iPhone の 4G ネットワーク・サポート・リストに、China Mobile を追加している。しかし、4G への切り替えを促進している原動力は、Xiaomi/Coolpad/Lenovo といったブランドの、4G 対応の低価格スマホなのである。
 
See: Everyone in China loves their smartphones, but people are using surprisingly little data each month
 
(Source: China Daily)
Editing by Josh Horwitz
 
ーーーーー
Asia Pacific14ヶ月で1億人という、ちょっと信じられないペースなのですが、さらに今年は、1.5 億人を上積みするとか ・・・  まぁ、モバイル人口が5億を超える国なので、当たり前といえば、当たり前なのでしょう。 それにしても、中国の iPhone ユーザーは自身のプロファイルを、中国国内に預けているのでしょうか? そして、Xioami の海外ユーザーは、グレート・ファイヤウォールの外側に、ほんとうにプロファイルを置けているのでしょうか? 人治から法治へと、中国の法律が整備されてくるのは、とても嬉しいことなのですが、iPhone と Xiaomi の件が、とても気になります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% 超:アジアのモバイル通信は独自路線?
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
 

Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた

Posted in Asia, Telecom by agilecat.cloud on February 12, 2015
Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
Sami Ghanmi – Feb 09, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/36395/20150209/huawei-bt-ireland-test-400gbps-fiber-broadband-transmission.htm
 
_China Topix
 
Chinese telecom giant Huawei Technologies Co. Ltd. and telecom firm BT Ireland have successfully tested a 400 Gbps fiber broadband over fiber optics that connects the city of Dublin to Belfast.
 
China の大手通信機域メーカーである Huawei Technologies Co. Ltd と、欧州のテレコムである BT Ireland が、光ファイバーによる 400 Gbps ブロードバンドのテストを順調に進めている。 それにより、Dublin と Belfast が高速で接続されることになる。
 
Huawei and BT Ireland have transmitted 400 Gbps of data across existing 10 Gbps, 40 Gbps and 100 Gbps wavelengths.
 
Huawei と BT Ireland は、既存の 10 Gbps/40 Gbps/100 Gbps といったレベルを超えたところで、400 Gbps でデータを送信している。
 
Huawei
BT said it had chosen to carry out the test in Ireland due to its existing network infrastructure and the 200 km distance between Dublin and Belfast.
 
今回のテストで Ireland が選ばれたのは、Dublin と Belfast を接続する、200km におよぶ既存インフラがあったからだと、BT は発言している。
 
 “The results demonstrate how we can maximize the efficiency of our network investment, building on our core network infrastructure whilst continuing to meet the ever-increasing needs of our customers in a fast evolving digital world,” said Alex Crossan, BT Ireland’s managing director.
 
BT Ireland の Managing Director である Alex Crossan は、「 今回の結果は、私たちのコア·ネットワーク·インフラを拡張し、ネットワーク投資の効率を最大化していく方法を示している。それは、急速に進化しているデジタルの世界において、私たちの顧客が抱え込むニーズを、満たし続けるものとなる」と述べている。
 
“These in-life trials have also been crucial in understanding the capabilities of these new technologies, and have allowed us to accelerate our plans to deploy with confidence in the very near future.”
 
「 こうした、具体性のある試みが、新テクノロジーの能力を理解する上で、きわめて重要だっ。 そして、私たちは、目前に迫っている近未来へ向けて、いくつかのプランを、自信を持って加速していける」。
 
BT said it plans to deploy 200 Gbps and 400 Gbps commercial speeds using its core transmission network by March.
 
BT は、この 3月までに、今回のコア伝送ネットワークを用いて、200 Gbps と 400 Gbps の商用サービスをディプロイする計画を明らかにした。
 
“With the rapid growth of mobile broadband and video services generating tremendous volumes of traffic for backbone networks, the time is now for 400 Gbps.” said Ryan Ding, president of products and solutions at Huawei.
 
Huawei の President of Products and Solutions である Ryan Ding は、「モバイル・ブロードバンドとビデオ・サービスが急速に成長するにつれて、膨大なトラフックがバックボーン・ネットワーク上に生じてくる。 つまり、400 Gbps は、マッタ無しなのだ」と発言している。
 
Huawei also recently announced the testing of the world’s first uplink carrier aggregation, along with China Mobile Communications Corporation, over Jiangsu Mobile’s network in China.
 
最近になって Huawei は、China Mobile Communications Corporation と共同で、China の Jiangsu Mobile ネットワークを用いて、世界で初めてのアップリンク・キャリア・アグリゲーションをテスト中だと発表している。
 
The test successfully increased upload speeds by 180 percent. The Chinese tech giant had also deployed the world’s first atom router, along with China United Network Communications Group Co. Ltd.
 
このテストにより、アップロード・スピードを、180% も向上させることに成功している。さらに、この China のテック・ジャイアントは、China United Network Communications Group Co. Ltd と共同で、世界で初のアトム・ルーターをディプロイしている。
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの情報を意識的に探っているのですが、そこで明らかになってきているのが、この Huawei の強さです。 先日に、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳をポストしましたが、今日のポストに示されるように、ビジネスの成長を裏付けるテクノロジーの存在を感じます。 アメリカ市場からはシャットアウトされてしまったようですが、中国国内と、東南アジア、そして、ヨーロッパで、着々と実績を積み上げてきています。これからも、ウォッチしていきたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアは独自路線へと進むのか?
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on February 6, 2015
Digitimes Research: Global TD-LTE user base estimated at 96.1 million in 2014
Benson Wu, DIGITIMES Research – 12 Dec, 2014
http://www.digitimes.com/news/a20141212PD206.html
 
_ DiGiTimes
 
The total number of TD-LTE subscribers around the world will keep increasing to 96.1 million at the end of 2014, accounting for 21.6% of the global total number of LTE (4G) users. 81.8% of the total will be users in China, 8% in Saudi Arabia and 6.9% in Japan, according to Digitimes Research.
 
グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの合計は、2014年末の時点で 9610万人に達し、すべての LTE(4G)のユーザーの 21.6% を占めることになる。DigiTimes Research によると、そのうちの 81.8% が China、8% が Saudi Arabia、6.9% が Japan とされている。
 
China MobileOf the number of LTE networks around the world, 87% will be FDD LTE networks and 13% TD-LTE networks in 2014, Digitimes Research indicated.
 
また、Digitimes Research は、2014年のグローバル LTE ネットワークにおいて、87% が FDD LTE となり、13% がTD-LTE になると指摘している。
 
Asia accounted for 43% of TD-LTE networks around the world as of the end of the third quarter of 2014, but for over 95% of the global TD-LTE subscribers due to China Mobile’s active promotion of TD-LTE in the China market in 2014.
 
2014年 Q3  の時点で、グローバルでの TD-LTE ネットワークのうち、43% を Asia が占めていた。しかし、2014年における、グローバル TD-LTE サブスクライバーの 95% 以上が、China Mobile が国内で積極的に展開した、TD-LTE プロモーションの結果として得られている。
 
Unlike FDD LTE which is operated on a wide range of frequency bands, TD-LTE networks are operated mainly on medium and high frequency band units, with 900MHz and below taking up less than 10% of all band units.
 
広帯域にまたがる周波数で運用される FDD LTE と異なり、TD-LTE ネットワークは、主として 900MHz などの中高周波数帯域で運用され、すべての帯域の 10% 未満に収まるようだ。
 
Taiwan-based device makers will not benefit from the fast growing TD-LTE user base, with 2014 total production value of LTE data communication devices estimated at NT$5.53 billion (US$178 million), down 9.9% on year.
 
Taiwan ベースのデバイス・メーカーが、急成長している TD-LTE ユーザーベースから、恩恵を受けることは無さそうだ。2014年における LTE データ通信デバイスの総生産額は、NT$5.53 billion (US$178 million) と推測され、前年比で 9.9% のダウンになるとされている。
 
ーーーーー
Asia PacificLTE には、このように、TD-LTE と FDD LTE の二種類があります。 鉄道に例えれば、 TD-LTE が単線であり、FDD LTE が複線ということになります。 つまり、その時々の利用状況に応じて、上りと下りの構成を変化させられるのが TD-LTE の強みであり、また、文中にもあるように、絞り込んだ帯域で運用できることもメリットなのでしょう。 しかし、中国が TD-LTE へと進んだ背景には、西欧からの特許料の請求を回避し、さらには、そのテクノロジーを輸出していこうという、国家戦略が在るとされています。 そして、その尖兵としてグローバル市場を開拓しているのが、Huawei や ZTE といった企業になるのでしょう。 以下のリストは、Cloud News Asia から抜き出したものですが、西欧諸国と中国の間で、凄まじい戦いが繰り広げられている様子が窺えます。_AC Stamp
 
China Mobile Aims At 250 Million 4G Users In 2015
Singtel, Ericsson partner to test 5G technologies
Who offers the best 4G LTE connection in Indonesia? 
China’s Huawei Promises USD6.3 Million Investment For UK 5G
China’s ZTE Will Build 4G LTE Project In Cambodia
Xiaomi invests in 4G chip development, says sources
Chunghwa to reach domestic 4G market goal of 40 percent
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ

Telehouse の New York IX が CoreSite と接続:北米最大のゲートウェイを実現

Posted in Data Center Trends, Open IX, Telecom by Agile Cat on September 11, 2014

Telehouse’s New York Internet Exchange Now Available Throughout CoreSite’s New York Market
http://wp.me/pwo1E-7Qv
September 04, 2014: 08:30 AM ET
http://money.cnn.com/news/newsfeeds/articles/marketwire/1142079.htm

Telehouse, the global leader for data centers, international Internet exchanges and managed IT services announces today that its New York Internet Exchange (NYIIX) is now available to CoreSite Realty Corporation (NYSE: COR), a leading provider of secure, reliable, high-performance data center solutions, via its "NY2" facility in Secaucus, NJ. Telehouse’s NYIIX, the largest public peering exchange in New York, is already available in CoreSite’s "NY1" facility in Manhattan. The added availability of NYIIX to NY2 provides access across CoreSite’s entire New York Market.

Telehouse は、データセンター/インターナショナル IX/マネージド IT サービスにおける、グローバル・リーダーとして認識される存在である。 そして今日(9/4)、同社の New York Internet Exchange (NYIIX) が、CoreSite Realty Corporation (NYSE: COR) と接続されたとアナウンスした。つまり、Secaucus, NJ にある CoreSite の “NY2” ファシリティを介した、安全性/信頼性/高性能を売りものにするデータセンター・ソリューションの、リーディング・プロバイダーとの新たなネットワークが確立したことになる。ただし、Telehouse の NYIIX は、すでに Manhattan にある CoreSite の “NY1” ファシリティと接続されており、New York における最大のパブリック・ピアリング・エクスチェンジとなっている。そして、NYIIX と NY2 の接続が追加されたことで、CoreSite の New York Market 全般に対するアクセスが提供されるようになる。

クリックで拡大 ⇒

Telehouse’s deployment at NY2 marks the company’s seventh NYIIX deployment in the New York City and Tri-State area. Members of NYIIX gain direct access to global mainstream ISPs and content providers, as well as niche regional ISPs and content providers with powerful network-to-network interconnections. The low latency of the exchange provides enhanced network performance and improved interconnectivity with other NYIIX members, offers route server options, and is IPV4, IPV6 and jumbo frame capable.

NY2 での Telehouse デプロイメントは、New York City と Tri-State エリアにおける、7回目のデプロイメントを記すことになる。NYIIX のメンバーたちは、グローバルにおける主流の ISP やコンテント・プロバイダーへの、ダイレクト・アクセスを達成する。それに加えて、絞りこまれた地域における ISP やコンテント・プロバイダーなどは、パワフルな Network-to-Network インターコネクションを手にする。このエクスチェンジが提供する低レイテンシにより、他の NYIIX メンバーとの間で、強化されたネットワーク性能と、進化した相互接続性が実現される。 そして、ルートサーバーのオプションや、IPV4/IPV6/Jumbo Frame なども提供される。

"The expansion of NYIIX into NY2 allows Telehouse to add another important peering location option for its members in one of the newest state of the art facilities in New Jersey," says Akio Sugeno, Vice President of Internet Engineering, Operations and Business Development at Telehouse. "NYIIX will continue to evolve and unite the fragmented New York peering market to further promote New York as the largest gateway to North America. Peering is an integral part of the Internet and we are fully committed to provide the best peering infrastructure to the Internet community.”

「 NY2 へ向けた NYIIX の拡大により、New Jersey における最先端のファシリティにおけるメンバーたちに、もう1つの重要なピアリング・ロケーションの選択肢を、Telehouse は追加できるようになった。NYIIX は継続して進化し、また、断片化された New York のピアリング・マーケットを統合することで、North America 最大のゲートウェイとしての New York を、さらに促進していく。ピアリングは、インターネットにとって不可欠なパートである。 そして、私たちは、インターネット・コミュニティに対して、最高のピアリング・インフラを提供するという試みを、フル・コミットしている」と、Telehouse の VP of Internet Engineering, Operations and Business Development である、Akio Sugeno は述べている。

CoreSite’s NY2 facility, which opened in December 2013, creates a scalable option for network, cloud and enterprises looking to expand at a more competitive total cost in the greater New York metro area, while optimizing performance with direct, low-latency access to regional points of interconnection. In addition, NY2 offers seamless operations with diverse network paths and latency below 0.3 ms to cloud providers deployed in CoreSite’s NY1 facility in Manhattan.

CoreSite の NY2 ファシリティは、2013年12月にオープンしている。そして、大規模な New York メトロ・エリア内において、最大の競争力をもたらすコストを前提に、その事業を拡張しようとするネットワーク/クラウド/エンタープライズのために、スケーラブルなオプションを構築し、また、相互接続の適切なポイントに低レイテンシでダイレクト接続することで、そのパフォーマンスを最適化してきた。さらに NY2 は、多様なネットワーク・パスを用いたシームレスなオペレーションを提供することで、Manhattan の CoreSite NY1 ファシリティにディプロイしているクラウド·プロバイダーたちに、0.3 ms 以下の低レイテンシをもたらしている。

"Since opening NY2 in Secaucus, New Jersey, we have continued to enhance the features and interconnectivity of that facility as well as in our Manhattan facility, NY1," comments Ben Green, Vice President of Sales, Network and Mobility at CoreSite. "Adding NYIIX peering services at NY2 gives our customers network dense connectivity with scalable data center solutions throughout the entire CoreSite New York market.”

「 Secaucus, New Jersey に NY2 をオープンしてからというもの、そのファシリティと、Manhattan NY1 のファシリティにおいて、機能と相互接続性を強化し続けている。NY2 に NYIIX ピアリング·サービスを追加することで、CoreSite New York マーケット全体をカバーするかたちで、私たちの顧客はスケーラブルなデータセンター・ソリューションを活用し、そのネットワーク接続における密度を高めていく 」と、CoreSite の VP of Sales, Network and Mobility である Ben Green はコメントしている。

For more information about CoreSite’s New York market, visit http://www.coresite.com/locations/new-york .

ーーーーー

Telehouse というと、ヨーロッパで強いというイメージがあるのですが、New York にもたくさんのデータセンターを持ってるのですね。 そして、今回のパートナーである CoreSite は、Northern Virginia で London Internet Exchange(LINX)を受け入れており、Open IX を推進する勢力と捉えられています。 そう考えると、文中にあるピアリングやネットワーク・パスといったキーワードに、いったい何が隠されているのだろうかとか、楽しい妄想が次から次へと浮かんできてしまいます。 世界の最先端で戦う Telehouse。 頑張って欲しいですね!

ーーーーー

<関連>

KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る!
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート
Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポート
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Rackspace を CenturyLink が買収するというウワサを、Bloomberg がレポートしているが・・・

Posted in Bare-Metal, Hybrid, Rackspace, Telecom by Agile Cat on September 9, 2014

Rackspace may get acquired by telecom CenturyLink
http://wp.me/pwo1E-7PC

September 7, 2014 – Tom Cheredar
http://venturebeat.com/2014/09/07/rackspace-may-get-acquired-by-telecom-centurylink/

_ VB

In an odd turn of events, major web hosting company Rackspace is allegedly in negotiations to sell itself to Louisiana-based telecommunications firm CenturyLink.

一連の流れの中で、また、興味深い話が出てきた。 伝えられるところによると、メジャー Web ホスティング会社である Rackspace が、Louisiana ベースのテレコムである CenturyLink に対して、自身を売却するための交渉に入っているというのである。

Image Credit
Garrett Heath/Flickr

The news, first reported by Bloomberg earlier today, wouldn’t be a complete shock if true. Rackspace first notified shareholders that it was interested in selling the company back in May, which actually had a negative effect on its stock price, as VentureBeat previously reported.

この、今朝一番に Bloomberg から報じられたニュースだが、それが事実であっても、さして驚くべきものではない。話は 5月に戻るが、Rackspace は株主たちに、自社の売却について興味が有ることを伝えていたのだ。そして、以前に VentureBeat がレポートしたように、そのことが同社の株価に対してマイナスの影響を及ぼした。

Rackspace declined comment to VentureBeat about any such acquisition negotiations.

VentureBeat は Rackspace に対して、それらの買収交渉に関するコメントを求めているが、無視されている。

Part of the stock downturn has to do with major potential buyers like IBM showing no interest in an acquisition. Also, few analysts believed the company would take itself private to avoid scrutiny by shareholders as Rackspace attempts to shift away from the commodity public-cloud business to focus instead on its support and managed services.

同社の株価が低迷している背景として、IBM のような大手が買収に関心を示さないという状況にも一因がある。また、何人かのアナリストは、株主による監視を避けるために、Rackspace がプライベート・カンパニーに戻る可能性にも言及している。それは、これまでにサポートしてきたマネージド・サービスに換えて、コモディティなパブリック・クラウド・ビジネスを選ぶという路線から、Rackspace が離れようとするにつれて、生じてきた話でもある。

CenturyLink doesn’t have a strong background in cloud computing and cloud services, so its interests in Rackspace are valid. Bloomberg’s sources also indicate that expanding its cloud services is a main reason for CenturyLink’s interest.

その一方で CenturyLink は、クラウド・コンピューティングとクラウド・サービスにおける、強力なバック・グラウンドを持っていないため、Rackspace に興味を示すという説は有力である。また、Bloomberg の情報筋は、CenturyLink の主たる関心事について、クラウド・サービスの拡大があるはずと指摘している。

Based on its current stock price, Rackspace has a $5.33 billion valuation. That said, it might be difficult for CenturyLink to come up with the kind of money needed to push the acquisition deal through.

なお、Rackspace の現在の株価をベースにすると、その評価額は $5.33 billion になる。つまり、CenturyLink が、この取引をプッシュするにしても、そのための対価をひねり出すのは難しいという可能性もある。

ーーーーー

今年の初めに、Gartner が「これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される」という予測を出していました。最近の Rackspace は、OmMetal サービスという路線を打ち出し、いわゆるパブリック・クラウド価格競争から抜け出そうとしているように思えます。そして CenturyLink ですが、気になる会社ではあっても、これまでに記事を訳したことはありませんでした。 唯一、Agile_Cat で登場してくるのは、「コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する」という抄訳ですが、このポストに含まれるチャートを見ると、かなりの企業規模を有していることが分かります。 この買収に関するウワサですが、実現すると両者ともパッピーなのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Android から OpenStack を管理 : Rackspace が専用アプリを提供
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Rackspace が Sony を支援 : PS 用の OpenStack プライベート・クラウドか?

KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る!

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on August 28, 2014

KDDI to Build New Telehouse Data Centers in Tokyo and Osaka
http://wp.me/pwo1E-7N3

By Marketwired  – August 27, 2014
http://www.sys-con.com/node/3162327

__ Market Wired

TELEHOUSE Invests in Expanding a Further 20MW of High Power Density Colocation Space in Japan

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — KDDI, the global telecommunications provider, announces today that it will invest $270 million (28 billion yen) investment ina the building of two new Telehouse data centers, "TELEHOUSE OSAKA 2," and "TELEHOUSE TOKYO Tama 3," scheduled to open in August 2015 and February 2016 respectively. These additional facilities will take the total amount of global TELEHOUSE data center space to approximately 4.0 million square feet, provided by 46 sites across 13 countries/territories and 24 major cities.

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — グローバル・テレコム・プロバイダである KDDI からの今日の発表によると、同社は $270 million (28 billion yen) を投資し、TELEHOUSE OSAKA2 および TELEHOUSE TOKYO Tama 3という、2つのデータセンターを構築し、それぞれを 2015年8月と 2016年2月にオープンすることになる。 これらのファシリティが追加されることで、13カ国/24主要都市の 46サイトに展開される、TELEHOUSE データセンターの総床面積は、400万平方フィート(約37万平米)に拡大される。

Both Osaka and Tokyo facilities will offer high-density colocation services enabling the hosting of heavy load IT infrastructure. The data centers will meet the growing demand for housing private enterprise clouds, along with public cloud service providers, online and media content companies. The facilities are designed to Tier 3+ data center standards in redundancy and uptime, and will be insusceptible to earthquakes by a long-period absorption structure, reflecting the high quality Global TELEHOUSE specifications. In addition, KDDI can provide a combined solution by providing direct access to the KDDI global network along with the data center.

Osaka と Tokyo のファシリティは、いずれも高負荷 IT インフラのホスティングを可能にする、高密度コロケーション・サービスを提供する。これらのデータセンターは、プライベート・エンタープライズ・クラウドにおける需要の高まりに対応するものとなるが、パブリック・クラウド・サービス・プロバイダーや、オンライン/メディア・コンテンツ事業にも提供される。 また、冗長性とアップタイムに関しては、高品質な Global TELEHOUSE スペックを反映した、Tier 3+ のデータセンター・スタンダードで設計され、また、地震に関しては長周期での吸収構造を用いることで、そのに影響を受けにくいデザインとなっている。それに加えて、KDDI Global Network へのダイレクト・アクセスを、これらのデータセンターに提供することで、KDDI は複合的なソリューションを実現していくとされる。

クリックでスペック・シート ⇒

Telehouse Osaka 2, located in the center of Osaka city, will offer 700 racks of tenancy space with up to 30kVA (designed) per rack. The technical and operations room will be situated above second floor avoiding the risk of potential flooding. Osaka 2 can be used as a disaster recovery and back-up site for the Tokyo data centers.

Telehouse Osaka 2 は、大阪市の中心部に位置し、ラックあたり 30kVA(designed)に対応する 700台のラックにより、テナント・スペースの構成する。テクニカルおよびオペレーションのための施設は、2階以上に配置され、水害による危険性を回避するものとなる。また、この Osaka 2 は、東京のデータセンター群のための、DR(disaster recovery)および Back-Up のサイトとしても用いられる。

Telehouse Tokyo Tama 3 will be located on the existing Tama data center campus, approximately 18 miles from the Tokyo city center in a highly guarded surrounding. The five story building will offer 1,300 racks of tenancy space with up to 42kVA (designed) power supply to racks, the highest(*1) in Japan and 5 times(*2) industry average, with a designed PUE 1.31 making it one of the most energy efficient data centers in Japan.

Telehouse Tokyo Tama 3 は、東京の中心部から 18マイルほど離れた、きわめてセキュアな環境の中で運用されている、Tama Data Center Campus 内に配置される。そして、5階建てのビルディングに収納される、ラックあたり 42kVA(designed)に対応する 1300台のラックにより、テナント・スペースの構成する。この電力密度は、日本で最高(*1)のものであり、また、業界平均の 5倍(*2)に達するものとなる。そして、PUE 1.31 を実現する、日本で最もエネルギー効率の良いデータセンターの1つとなる。

The Telehouse data center expansion reflects the growing demand for data center space in Japan’s metros, and the ability of KDDI to accommodate leading multinationals expanding their portfolios in Japan. By securing its domestic market share in Japan, KDDI continues to be the leader in premium data center facilities.

この、Telehouse Data Center の拡大は、日本における都市型データセンター・スペースに対する、需要の高まりを反映したものとなる。 そして、日本でのポートフォリオを拡大する、主だった多国籍企業を収容する、KDDI のキャパシティを拡大していくことになる。 日本国内でのマーケット・シェアを確かなものにすることで、KDDI は高品質データセンター・ファシリティのリーダーであり続けようとしている。

To learn more about TELEHOUSE America and KDDI visit http://www.telehouse.com and http://global.kddi.com/.

(*1) As of Aug 26. Research from KDDI based on public information.

(*2) Compared with TELEHOUSE data centers in Japan.

ーーーーー

Over 30kVA というのは凄まじいですね :) そろそろ、15kVA の時代かなぁ・・・ などと考えていた Agile_Cat などは、その予想を完全に覆されてしまい、かなりビックリしています。 もちろん、すべてのラックに、それだけの電力を供給できるという話ではなく、特定のラックに対してという話のはずですが、それにしてもスゴイことです。 排熱は、どうするのでしょうね? 今度、チャンスがあったら教えてもらいたいですねぇ。

ーーーーー

<関連>

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Posted in Apple, Asia, Government, Telecom by Agile Cat on August 15, 2014

Apple moves data storage onto Chinese soil through China Telecom deal
http://wp.me/pwo1E-7La

Friday August 15, 2014 MYT 7:31:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/15/Apple-moves-data-storage-onto-Chinese-soil-through-China-Telecom-deal/

_Star Online

BEIJING: Apple Inc has begun storing personal data for some Chinese users on servers provided by China Telecom, marking the first time that the company has stored user data on mainland Chinese soil.

BEIJING: Apple だが、China Telecom が提供するサーバー上に、中国人ユーザーのパーソナル・データを部分的にストアし始めている。つまり、自社ユーザーのデータを、中国本土のファシリティにストアするという、これまでにはなかった動きを示し始めている。

Apple attributed the move to an effort to improve the speed and reliability of its service. It also represents a departure from the policies of some technology companies, notably Google Inc, which has long refused to build data centres in China due to censorship and privacy concerns.

Apple は、この転換について、同社のサービスにおけるスピードと信頼性を、向上させるための取り組みだとしている。しかし、それは、Google などに代表されるテック・カンパニーが護ってきた、ポリシーからの逸脱を示すものとなる。それらの企業は、北京政府による検閲やプライバシー侵害という懸念から、長年にわたって、中国国内にデータセンターを構築することを拒否してきたのだ。

All data stored with China Telecom, as with all data centre providers worldwide, will be encrypted, Apple said in a statement on Friday.

China Telecom によりストアされる全データは、グローバルに展開されるデータセンター·プロバイダーを利用するときと同様に、(私たちの手で)暗号化されていると、Apple は金曜日(8/15)にステートメントを発している。

"Apple takes user security and privacy very seriously," it said. "We have added China Telecom to our list of data centre providers to increase bandwidth and improve performance for our customers in mainland china. All data stored with our providers is encrypted. China Telecom does not have access to the content.” A spokesman for China Telecom declined to comment.

「 Apple は、きわめて真剣に、ユーザーのセキュリティとプライバシーのことを考えている。 私たちのデータセンター・プロバイダーのリストに China Telecom を加えたのは、中国本土の顧客に対して充分な帯域幅を提供し、そのパフォーマンスを改善するためである。私たちが契約するプロバイダーによりストアされる、すべてのデータは暗号化されている。 つまり、その内容に対して、China Telecom はアクセスできない」と、同社は述べている。その一方で、China Telecom のスポークスマンは、コメントを拒否している。

Technology companies seek to position data centres as close to their customers as possible because smaller physical distances mean faster service speeds. — Reuters

テック・カンパニーたちは、サービス提供における高速化を図るため、可能な限り顧客に近いロケーションにデータセンターを配置し、その伝送距離を縮めようとしている。 — Reuters

ーーーーー

まず、中国市場における Apple の立場ですが、iPhone に関しては China Mobile と契約を結び、中国独自の TD-LTE に対応するカスタム・デバイスを提供しているという状況にあります。 そして、中国の Big-3 キャリアである、China Mobile/China Telecom/China Unicom は、いずれも国有企業であり、いろいろな意味で相互補完している関係にあると言えるでしょう。 Apple は、ユーザーの利便性だけを考えてと発言していますが、そんなに簡単な話ではないはずです。 Google が中国本土から撤退したときに、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、とても興味深い記事を Wired が書いています。よろしければ、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

%d bloggers like this: