Agile Cat — in the cloud

NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

Posted in Amazon, Asia, Hybrid, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 28, 2015
NTT helps integrate private and public clouds with dedicated connectivity
Mikael Ricknäs – Aug 26, 2015
http://www.infoworld.com/article/2976189/cloud-computing/ntt-helps-integrate-private-and-public-clouds-with-dedicated-connectivity.html
 
_Info World
NTT Communications will provide its enterprise customers with direct private connectivity to Microsoft’s and Amazon Web Services’ public clouds through a new service, Multi-Cloud Connect.
 
NTT Communications だが、Multi-Cloud Connect という名称のダイレクト・プライベート接続をユーザー企業に提供することで、Microsoft や Amazon Web Services といったパブリック・クラウドの利用を促すことになる。
 
The more dependent enterprises become on public clouds, the more dependent they become on a network connection that doesn’t falter. Inconsistent Internet performance has become an impediment to widespread cloud adoption, according to NTT.
 
パブリック・クラウドに依存する企業は、より高精度なネットワーク接続に依存することになる。したがって、インターネットにおける不安定なパフォーマンスは、広範囲におよぶクラウドの適用にとって障害になり得ると、NTT は述べている。
 
NTT CloudNTT hopes to offer a better performing alternative with its Multi-Cloud Connect, which lets enterprises access public cloud services via its MPLS (Multi-protocol Label Switching) network.
 
NTT が提供したいと望んでいるのは、同社の Multi-Cloud Connect を用いた代案であり、MPLS (Multi-protocol Label Switching) ネットワークを介して、パブリック・クラウド・サービスへのアクセスを実現するものとなる。
 
The purported advantages include better reliability, faster speeds, lower latency and higher security. Enterprises can take advantage of that when building hybrid clouds where some applications or parts of applications run on-site and others in a public cloud. That could include a tiered storage architecture or a cloud-based disaster recovery solution.
 
そのアドバンテージには、信頼性/高速化/低遅延/高度なセキュリティなどが含まれるという。たとえば、特定のアプリケーションや、その一部をオン・サイトに配置し、その他をパブリック・クラウドに展開したいと考えるエンタープライズが、ハイブリッド・クラウドを構築する際などに、そのメリットを享受することになる。そして、そのようなクラウドは、階層型のストレージ・アーキテクチャや、クラウド・ベースの DR ソリューションを、容易に取り込めるようになる。
 
A dedicated connection to Microsoft Azure or Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) should also lower the bar for moving applications that depend on low latency to the cloud, such as virtual desktops.
 
また、Microsoft Azure や Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) と専用線で接続することで、対象となるクラウドは低遅延を約束されるものとなる。 したがって、たとえば仮想デスクトップなどのアプリケーションを移動させる際のロスも、低減されるはずである。
 
Multi-Cloud Connect became available in Tokyo on Wednesday, and will be expanded to London in December, followed by the U.S. and other parts of Asia.
 
この水曜日(8/26)に、Tokyo で Multi-Cloud Connect の提供が開始された。そして、12月には、London でサービス・インとなり、その後に US および Asia での運用が開始されるという。
 
Speeds from 10Mbps to 1Gbps are available when connecting to Microsoft and 50Mbps to 500Mbps to Amazon. NTT didn’t announce any pricing.
 
そして、前述のパブリック・クラウドとの接続スピードだが、Microsoft と接続するときは 10Mbps 〜 1Gbps が、Amazon との場合は 50Mbps 〜 500Mbps が提供されるという。 ただし、NTT は、それらの料金についてはアナウンスしていない。
 
NTT is far from the only company offering dedicated connectivity for public clouds. Amazon has partnered with service providers all over the world on AWS Direct Connect and Microsoft offers ExpressRoute. But the NTT launch highlights how the cloud market is maturing step by step to provide buyers with more choice and flexibility.
 
NTT だけが、専用線によるパブリック・クラウド接続を、提供する企業というわけではない。実際に、Amazon は Direct Connect を提供し、Microsoft は ExpressRoute を提供することで、グローバルにおけるサービス・プロバイダーたちと接続している。しかし、NTT が立ちあげた今回のサービスは、クラウドの利用者に数多くの選択肢と柔軟性を提供し、クラウド・マーケットを段階的に成熟させていくものとして評価できるだろう。
 
ーーーーー
Telecomこのところ、Cloud News Asia でも Hybrid 関連のトピックが目につきます。ひょっとして、アジアの企業文化がハイブリッド・クラウドを選ばせるのかと思うくらい、その数は多いと感じています。 今週は、香港ベースの Global Cloud Exchange に関する記事をポストしましたが、シンガポールを中心として Equinix Huawei も、ハイブリッド・クラウドのためのクラウド・エクスチェンジを増築しているという状況です。そして、この NTT の Multi-Cloud Connect が加わることで、アジアのマーケットは、さらに加熱していくのでしょう。 _AC Stamp
Hybrid IT and cloud-enabled technologies will define the new normal
Hybrid IT, cloud-enabled technologies fast becoming the ‘new normal’
Hybrid IT becoming the new normal in APAC
Will Hybrid IT and cloud-enabled technologies define the new normal?
Aligning IT and Lines of Business with Dynamic Hybrid Environments
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 25, 2015
Global Cloud Xchange to Expand Singapore-India Connectivity
August 21, 2015
http://prnw.cbe.thejakartapost.com/news/2015/global-cloud-xchange-to-expand-singapore-india-connectivity-2.html
 
_ Jakarta Post
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ — Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications (RCOM), today announced the expansion of Singapore-India connectivity to a broader base of global enterprises and carriers.
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ —  Reliance Communications (RCOM) の子会社である Global Cloud Xchange (GCX) が、Singapore と India を接続するためのネットワークを強化し、グローバルにおける多様なエンタープライズおよびキャリアに提供すると発表した。
 
GCX will acquire capacity on the TIC cable between Singapore and Chennai, which will be extended across the seven Indian Capital Cities on GCX domestic network within India. This terrestrial and submarine network will play a key role in Reliance’s expansion of its Cloud Xchange (Cloud X) nodes which will be the terminal points across this new network.
 
GCX は、Singapore と Chennnai を結ぶ TIC ケーブルのキャパシティを取得し、自社の国内ネットワーク上における 7つの Indian Capital Cities へ向けて拡張することになる。この、地上と海底のネットワークを組み合わせることで、Reliance の Cloud Xchande(Cloud X)上での Reliance の拡張を実現し、そのネットワークの終端となるノードを構築していく。
 
GCX“We are pleased to utilize the existing subsea cable infrastructure to deliver immediate capacity to meet growing requirements of our global business customers,” said Bill Barney, CEO of Reliance Communications (Enterprise) and GCX. “This will also support our digital backbone as we complete deployment of our Cloud X nodes across India.”
 
Reliance Communications (Enterprise) and GCX の CEO である Bill Barney は、「この、既存の海底ケーブルをインフラストラクチャとして利用することで、グローバルで事業を展開している顧客たちに対して迅速にキャパシティを提供し、急速に成長しているビジネスをサポートできる。そして、India 全土に展開している Cloud X ノードを完全なものにするための、デジタルバックボーンのサポートまで可能になる」と述べている。
 
Based on current 100G technology, GCX will be able to deliver significant capacity across this important Singapore-India route with the ability to further upgrade in the future based on technological advancements and market demand. The new capacity will interconnect with RCOM’s established network of data centers, connected by India’s largest terrestrial fiber network which also connects seamlessly into GCX’s global infrastructure – the world’s largest privately owned subsea cable system.
 
現状における 100G テクノロジーをベースに、GCX にとって重要な Singapore − India ルートに充分なキャパシティを加えることが可能となり、また、将来におけるテクノロジーの進化とマーケットの要求に応えるための、さらなる前進が約束される。この海底ケーブルから得られるキャパシティも、RCOM のデータセンター・ネットワークと相互接続され、また、India で最大の地上ファイバー・ネットワークと接続され、さらには、GCX のグローバル・インフラにシームレスに接続される。つまり、民間が所有する海底ケーブル・システムとしては、世界で最大級の構成が実現されることになる。
 
While RCOM’s infrastructure already constitutes a vital core of India’s digital backbone, the enhanced Singapore-India connectivity will deliver further diversity to meet growing market demands. “This will be a mission-critical component in the digital transformation of India and its connectivity to the world,” Barney added.
 
すでに RCOM のインフラは、India におけるデジタル・バックボーンの、重要なコアを構成しているが、Singapore – India 接続の強化により、これまで以上の多様性が提供され、成長するマーケットの需要が満たされていく。Barney は、「 今回の拡張は、India における次世代デジタルを実現する構成要素であり、また、世界への接続を約束するものになる」と付け加えている。
 
About Global Cloud Xchange
 
Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications, offers a comprehensive portfolio of solutions customized for carriers, enterprises and new media companies. GCX owns the world’s largest private undersea cable system spanning more than 67,000 route kms which, seamlessly integrated with Reliance Communications’ 200,000 route kms of domestic optic fiber backbone, provides a robust Global Service Delivery Platform.
 
Reliance Communications の子会社である Global Cloud Xchange(GCX)は、キャリアやメディアなどを含むエンタープライズに対して、カスタマイズされた包括的なソリューションによるポートフォリオを提供している。また、GCX が所有する、世界でも最大級のプライベート海底ケーブル・システムは、全長で 67,000 Route km におよぶものとなる。それらは、Reliance Communications が国内に展開する、200,000 Route km の光ファイバ・ネットワークとシームレスに接続され、堅牢な Global Service Delivery Platform のベースとなっている。
 
With connections to 40 key business markets worldwide spanning Asia, North America, Europe and the Middle East, GCX delivers Managed Services to more than 160 countries and offer extensive VPLS-enabled Ethernet network capabilities globally. GCX is equipped to support businesses through the deployment of next generation Enterprise solutions across its Cloud Delivery Networks.
 
Asia/North America/Europe/Middle East における、40の主要マーケットに広がるワールドワイド・ネットワークにより、GCX は 160カ国以上に Managed Services を提供し、また、大規模な VPLS-enabled Ethernet ネットワーク機能を、グローバルに提供している。そして GCX は、同社の Cloud Delivery Networks を横断する、次世代エンタープライズ・ソリューションの展開を通じて、あらゆる企業をサポートしている。
 
For More Information, contact:Genevieve LiTel:  +852-6028-8236Email:  gli@globalcloudxchange.com
 
ーーーーー
india-endorses-full-foreign-ownership-of-mobile-telcosTelecomこの Global Cloud Xchange という名前が気になって、ついつい訳してしまいました :)   インドでは年間で1億台くらいのスマホが売れていますし、シンガポールはデータセンター・ラッシュですし、、、というわけで、何かの関連性があるとは思っていましたが、こんな展開になっているのですね。 いまから2年ほど前に、「インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?」という抄訳をポストしましたが、そこには Reliance Communications(RCOM)の名前は入っていません。 おそらく、モバイル・キャリアという位置づけではないのでしょう。 そして、Wiki で Reliance を調べると、インドで4番手のテレコム事業者だと説明されています。 また、GCX 自体は、香港ベースの企業のようです。インドもシンガポールもホットですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?

Posted in .Chronicle, Asia, Telecom, Weekend by agilecat.cloud on August 23, 2015
China Mobile profit dips under tough competition
Xinhua – Aug 21, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150821000051
 
_Want China Times
 
Chinese telecom giant China Mobile’s net profit dipped 0.8% to 57.3 billion yuan (US$9 billion) in the first six months of the year as it faced fierce competition, it said on Thursday.
 
China のテレコム・ジャイアントである China Mobile が、今年の上半期における収支を発表した。その、木曜日に報じられた内容はというと、厳しい競合に直面したこともあり、純利益は 0.8% ダウンの 57.3 billion yuan (US$9 billion) というものであった。
 
Linxia-City-China-Mobile-officeswikimedia
 
Revenue was up 4.9% to 340.7 billion yuan (US$53.3 billion), while its subscriber base rose to more than 810 million, up 3.4%, including 190 million 4G users, the company said in a filing to the Hong Kong bourse, where it is listed. The interim dividend will be HK$1.525 (US$0.20) per share.
 
また、売上に関しては、4.9% アップの 340.7 billion yuan (US$53.3 billion) に到達しているが、その背景には 3.4% アップで、8.1億人 (4G ユーザーの 1.9億人を含む) に増大したサブスクライバー数がある。Hong Kong 証券取引所に提出された書類に、それらの情報がリストアップされていた。そして、中間配当は、1株あたり HK$1.525 (US$0.20) になると思われる。
 
The Beijing-based company said it is “facing severe challenges from intensified competition.” In the face of this, it will continue to bolster 4G business and try to expand its market share in daily services for individual customers and enterprises, according to the filing.
 
Beijing ベースの同社は、「 競合が激化したことで、シビアな課題に直面した」と述べている。その、証券取引所に提出された書類では、「こうした局面にもかかわらず、4G ベースの事業を強化し、コンシューマとエンタープライズにおけるサービスで、マーケット・シェアの拡大を目指している」と説明されているようだ。
 
China Mobile’s 4G business is rapidly expanding, said the company, which now has 940,000 base stations in place, covering almost all cities nationwide.
 
China Mobile によると、同社の 4G ビジネスは急速に拡大している。 現時点で 940,000 ヶ所に基地局を配備し、国内における大半の主要都市とカバーしていると、同社は述べている。
 
Its shares closed at 98.2 Hong Kong dollars, down 0.3%, while the benchmark Hang Seng Index closed down 1.8%.
 
この収支発表後の Chana Mobile 株価であるが、Hang Seng Index 指標が 1.8% 近いダウンを示しているにもかかわらず、0.3% ダウンの 98.2 Hong Kong Dollars あたりで取引されている。
 
ーーーーー
weekend8億人以上のサブスクライバーがいると、半年で 6兆円の売上が立って、利益も 1兆円レベルになるのですね。 それが多いのか少ないのかと考えてみても、比較対象になり得る規模のテレコムが、どこを探しても出てこないので、考えようがありません :) とは言え、この China Mobile が中心となり、Huawei/ZTE/Lenovo/Xiaomi などで構成される、中国の巨大モバイル・エコシステムが成長しているのは間違いありません。 なんというか、ため息しか出てこない話ですね 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Digi Times : China Mobile, China Telecom post mixed 1H15 revenues
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に至る?
China Mobile が、マレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
 

アメリカの若者たちは依然として SMS を好んでいる:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Mobile, Research, Social, Telecom by agilecat.cloud on August 13, 2015
All those messaging apps are OK, but teens in the US still heavily prefer traditional texting
Matt Rosoff – Aug. 7, 2015
http://www.businessinsider.com/teens-prefer-texting-over-messaging-2015-8
 
_ Business Insider
 
Messaging apps are everywhere: Facebook has Messenger and WhatsApp, Snapchat is ubiquitous among teens, and special-purpose apps like Kik, Yik Yak, and Whisper are all having their time in the sun as well.
 
いつでも、どこでも、メッセージング・アプリという時代である。Facebook の Messenger および WhatsApp や、Snapchat などが、十代の若者たちの間ではユビキタスになっている。さらに言えば、Kik や Yik、Yak、Whisper などが、それぞれのユーザーの目的に応じたアプリとして、上手く機能している。
 
apps_imBut despite all these choices, US teens still prefer the good old text message. According to Pew Research statistics compiled by Statista, more than half of teens text their friends every single day —
 
しかし、このような豊富な選択肢が提供されているにもかかわらず、US のティーン・エイジャーたちは、依然として古き良き Text Messaging を好んでいるようだ。Statista がチャートにした、Pew Research の統計によると、彼らの半分以上が(55%)、毎日のように友人たちとテキスト・メッセージを交換している。
 
that’s more than twice as many who send instant messages to friends every day (27%) using platforms like Gchat, and who see their friends in person every day (25%). Only 14% use messaging apps every day.
 
この比率だが、たとえば Gchat(Google Chat)などのプラットフォームを用いて、毎日のように友人と Instant Messaging を交換する人々の(27%)、2倍以上のシェアとなっている。さらに言えば、毎日のように In Person(直接)で友人と対面する人々は、25% という比率になっている。そして、Messaging Apps だけを、毎日のように用いる人は 14% に過ぎない。
 
Text Messaging Chart
Statista
 
Texting is still the only universal way to get in touch with all your friends (at least if they have a cell phone with text capabilities, and who doesn’t?). Most messaging apps work only with friends who happen to be on the same platform.
 
つまり、すべての友人と連絡を取るためには、依然として Text Messaging だけが共通の方式なのだ(テキスト機能を備えた携帯電話を持っているなら、相手を選ばないことになる)。言い換えるなら、大半の Messaging Apps は、たまたま同じプラットフォーム使っている、友人同士でなければ使えないということだ。
 
 
ーーーーー
research_55短めのコンテントですが、読み方が、ちょっと難しいです。 まず、前提となっているのが、アメリカの十代の若者だという点に注意すべきです。 つまり、ビジネス・ユースという視点が、まったく含まれていない統計ということです。 そして、チャートのトップにある In Person の意味ですが、学校などで直接に話すケースのことであり、また、その頻度が毎日/時々/稀に分類されていると読むべきなのでしょう。それに対して、Text Messaging(ショート・メッセージ)と、Instant Messaging(チャット?)と、Messaging Apps などの使われ方が、同じ基準で分析されています。アメリカの十代の若者に、どれくらいの比率でスマホが浸透しているのでしょうか? その辺りが分かると、もっと興味深い状況が見えてくるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
電子書籍に費やす対価を調べてみたら 日本が1位だった! それを示す1枚のチャート
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす成長を達成!
iPhone と Android のユーザーでは、こんなにもデバイスへの愛が異る!
 

Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on August 5, 2015
Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin
July 20, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/07/20/21900-chinese-cloud-computing-war-will-soon-begin
 
_ China Tech News
 
Huawei is ready to battle Alibaba’s Aliyun cloud service as Huawei plans to hold a launch event at the end of July 2015 to officially release its own public cloud computing services.
 
Huawei は、Alibaba の Aliyun クラウド・サービスと戦う準備を整えている。そして、Huawei のオフィシャルな計画としては、独自パブリック·クラウド·サービスのリリースを、2015年7月末のイベントで発表する予定となっている。
 
Huawei’s rotating CEO and vice chairman Xu Zhijun disclosed in April that the company would soon launch its public cloud services to formally enter the Chinese information service industry, and now local Chinese media are confirming that the commencement will happen within two weeks.
 
Huawei の CEO and Vice Chairman(交代制)である Xu Zhijun は、独自のパブリック·クラウド·サービスを展開し、China の情報サービス産業に正式に参入すると、4月の時点で表明していた。そして、China のローカル・メディアも、これからの 2週間の間に、同社のクラウドが立ち上がると解説している。
 
14358280636_b45390ca3a_oFlickr
Pierre Lecourt
 
Xu said in April that Huawei wants to provide customers with a complete cloud service solution. Huawei will also provide related solutions to carriers; meanwhile, the company will continue to cooperate with other carriers in the overseas market and provide public cloud solutions to them.
 
4月における Xu の表明は、完全なクラウド·サービス·ソリューションを、Huawei は顧客に提供していくという内容のものだった。さらに言えば、Huawei は国内キャリアに適したソリューションを供給するはずだが、その一方では、海外市場におけるキャリアとも提携し、パブリック·クラウド·ソリューションを提供していくようだ。
 
At the end of 2010, Huawei launched a cloud computing strategy named “Yunfan” and announced its formal entry into the cloud computing sector. In October 2011, Huawei announced the establishment of an IT product line focused on cloud computing. In 2014, the company launched its Fusion Sphere 5.0 cloud operating system. Then with nearly four years of development, Huawei launched a series of products and solutions based on cloud computing and it accumulated users in various sectors, including server services, storage solutions, and distributed cloud data centers. Huawei currently has over 400 data centers across the world, including 120 cloud data centers.
 
2010年の終わりに Huawei は、「Yunfan」というクラウド·コンピューティング戦略を立ち上げ、この分野に参入していくことを正式に発表している。そして 2011年10月には、クラウド・コンピューティングにフォーカスした、IT プロダクト・ラインの確立すると表明している。さらに 2014年には、Fusion Sphere 5.0 という、クラウド OS を立ち上げている。この 4年におよぶ開発期間において、Huawei はクラウド・コンピューティングをベースとして、各種のプロダクトやソリューションを発売してきた。具体的に言うと、サーバー・サービス/ストレージ・ソリューション/分散型クラウド·データセンターといった、多様な分野のユーザーを取り込むものであった。実際のところ、現時点において Huawei は、世界に展開される 400ヶ所以上のデータセンターを有しているが、そのうちの 120ヶ所がクラウド・データセンターとなっている。
 
For the year of 2015, Huawei signed a cloud computing strategic cooperation agreement with Centrin Data Systems in May; on June 15, Deutsche Telekom announced intentions to select Huawei as its public cloud strategy partner; on June 16, Huawei signed a cloud computing strategic cooperation agreement with the municipal government of Dalian in northeastern China to jointly build a software cloud service platform.
 
そして 2015年の Huawei は、5月に Centrin Data Systems と、クラウド・コンピューティングに関する戦略的な契約を交わしている。続いて 6月15日には Deutsche Telekom が、パブリック・クラウドの戦略的パートナーとして、Huawei を採用するという意思を示している。その翌日の 6月16日には China の Dailen 市政府が、クラウド・サービス・プラットフォームに関するソフトウェア開発において、Huawei と戦略的な契約を交わしている。
 
Huawei’s public cloud services will focus first on the IaaS sector. Its target customers will be industries that are impacted by the Internet and willing to transform to the cloud service sector such as finance, government, manufacturing, energy, and education.
 
Huawei のパブリック·クラウド·サービスは、IaaS 分野にフォーカスするところから始まっている。そこでターゲットとなる顧客は、インターネットからの影響を受ける産業であり、また、クラウド・サービス分野へ転身したがっている企業となる。具体的に言うと、金融/政府/製造業/エネルギー/教育などの分野が挙げられる。
 
Alibaba’s Aliyun service launched more than two years ago and has quickly built both a brand an a ubiquitous service around China. In addition, China’s laws limit foreign players in the cloud computing sector, so companies like Amazon and Rackspace are greatly limited in seizing any sizable piece of the market in China.
 
話は Alibaba に変わるが、その Aliyun サービスは 2年と少し前に立ち上げられ、きわめて短期間のうちに、China を中心とした市場で、ブランドとユビキタス・サービスを確立している。また、China の法律は、クラウド・コンピューティング分野における海外企業の動きを制約している。したがって、Amazon や Rackspace といった企業は、China 市場における限定された分野に、その活動の範囲を限定されている。
 
Related Links:
 
ーーーーー
_ Huaweiこのところ、Huawei が気になって仕方のない Agile Cat ですが、このポストを訳していて、さらに興味が湧いてきてしまいました。 中国という、世界で最大のインターネット・マーケットを背景にして、B2C からクラウドへと勢力を拡大してきたのが Alibaba なら、そのためのネットワーク網をキャリアと一緒に整備し、実績と利益を積み上げてきたのが Huawei なのだと思います。 そして、海外のマーケットに関しては、Aiibaba がアメリカから開拓するなら、Huawei はヨーロッパからというふうに、これまでの両者の間では、根本的なところで競合が回避されてきています。 しかし、Huawei のパブリック・クラウドが登場するなら、まったく異なる展開になります。6億人以上のスマホ・ユーザーという、圧倒的な内需に支えられる中国マーケットでの、カチンコ勝負が、とても刺激的です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 24, 2015
As Colocation Market Consolidates, Who Are the Market Leaders?
Guest Author – June 29, 2015
http://www.datacenterjournal.com/colocation-market-consolidates-market-leaders/
 
_ Data Center Journal
 
New Q1 data from Synergy Research Group shows the leaders in the worldwide colocation market, with Equinix generating the most colocation revenue and achieving a 9.5% market share. It is followed by Digital Realty, NTT, Verizon, CenturyLink, KDDI, Global Switch and China Telecom.
 
Synergy Research Group が、2015年 Q1 におけるグローバル・コロケーション市場を、Equinix がリードしている状況を伝えている。同社は、その売上の大半をコロケーションから得ることで、9.5% というマーケット・シェアを達成している。そして、Equinix を追いかける存在として、Digital Realty および、NTT、Verizon、CenturyLink、KDDI、Global Switch、China Telecom などを挙げている。
 
An UK Data CenerFlicker
Cory Doctorow
 
The top twelve ranking features six colocation specialists and six telcos, though four of those telcos have achieved their standing in large part via the acquisition of companies that had substantial colocation product lines. It is particularly notable that market consolidation continues to play a large part in the market, with the top three companies all being active participants.
 
この Top-12 ランキングは、コロケーションに特化した 6つの事業者と、テレコムを主体とする 6つの事業者により構成されている。ただし、以下のテレコム事業者のうちの 4社は、大規模なコロケーション・プロダクト・ラインを所有する企業を買収することで、現在のポジションを確立している。ここで注目すべきことは、このマーケットにおいて統廃合が、大きな役割を果たし続けているという現実である。 それは、Top-3 である Equinix/Digital Reality/NTT が、積極的に展開している戦略でもあるのだ。
 
Equinix is in the process of acquiring tenth ranked TelecityGroup; Digital Realty is reportedly seeking to acquire top 20 player Telx; and NTT has just closed the latest in a series of data center and cloud-oriented investments, having acquired a majority stake in EMEA wholesale colocation specialist e-shelter.
 
具体的に言うと、Equinix は、10位にランクされている TelecityGroup を、買収するプロセスにある。Digital Reality は、20位にランクされている Telx を買収するようだ。そして NTT は、データセンターとクラウドへ向けた投資を継続しており、直近では EMEA の卸売コロケーション事業者である e-shelter の、50% 以上の株式を取得したばかりである。
 
Colocation Market LeaderClick to Large
 
In aggregate the top twelve colocation providers account for almost 40% of the total worldwide market. There is then a long tail of smaller providers, each with 1% or less market share. Nine of the top twelve colocation providers generate the bulk of their revenues from retail colocation, while three are focused primarily on wholesale. This split reflects the segmentation of the colocation market, where retail revenues outstrip wholesale revenues by a factor of over three to one.
 
この、Top-20 コロケーション・プロバイダーを合計すると、グローバル・マーケットの約 40% を占めることになる。それに続く、小規模プロバイダーは、いずれも 1% 以下のマーケット・シェアを持つという、ロングテールの様相を示している。Top-12 コロケーション・プロバイダーのうち、小売コロケーションから大半の収入を得ているのは 9社であり、また、卸売コロケーションにフォーカスしているのは 3社となる。この分類は、コロケーション市場におけるセグメントを反映するものであり、小売が卸売に対して、約 3倍の売上高を達成していることが分かる。
 
“There is no doubt that we will see further consolidation in the colocation market over the next five years,” said John Dinsdale, a Chief Analyst and Research Director at Synergy Research Group. “An ever-larger portion of the market is driven by service provider clients rather than enterprises, and this is helping fuel a need for both scale and breadth of geographic footprint. While they carry some risks, acquisitions are much faster than organic build in achieving the desired scale.”
 
Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は、「 これからの 5年間において、さらなる統廃合が、このコロケーションで必ず生じるだろう。その背景には、このマーケットの大半が、エンタープライズではなくサービス・プロバイダーにより、推進されているという現実がある。また、規模的/地理的な要因が、その傾向をさらに加速している。その一方で、それらの事業者は、いくつかのリスクを背負っている。つまり、必要とされるスケールを得るためには、自前による構築よりも、統廃合の方が話しが早いということだ」と述べている。
ーーーーー
datacenter_55以前に「コロケーション の世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する」という抄訳で、2014年の比較について紹介しましたが、小売と卸売の比較までをカバーする比較は初めて見ました。そして、卸売に関しては Digital Realty  Global Switch のカテゴリが、Cloud News Asia にありますので、ご興味のある方は、そちらをご覧ください。 また、2013年に Open IX を調べたときに、DuPont に関する情報も拾っていました。 それと、Equinix カテゴリ もありますので、ご利用ください。 このマーケットは、どのように動いていくのでしょうかね? 興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!
 

中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 22, 2015
More global operators working on TDD LTE network development
Staff Reporter – July 20, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150720000020
 
_Want China Times
 
More and more telecom operators around the world that have deployed Frequency Division Duplex (FDD) networks are considering exploring the global Time Division Duplex (TDD) LTE market on the 3.5 GHz band, reports Shanghai’s China Business News.
 
この世界では、たくさんのテレコム事業者が、Frequency Division Duplex(FDD)ネットワークをディプロイしているが、Shanghai の China Business News によると、Time Division Duplex(TDD)LTE の 3.5 GHz マーケットを、検討している事業者も多いようだ。
 
China Telecom and China Unicom, two of China’s three major telecom operators, have begun carrying out trials on TDD and FDD integration after both of them obtained FDD and TDD-LTE hybrid networking pre-commercial operating licenses earlier this year, allowing them to each carry out initial trials in 16 pilot cities.
 
China の三大テレコムを構成する、China Telecom と China Unicom の二社は、FDD/TDD LTEハイブリッド・ネットワークに関する事前の商用ライセンスを、今年の初めに取得した後、TDD/FDD インテグレーションの試験に移行している。具体的に言うと、それぞれの事業者が 16 都市において、パイロット運用に入っているのだ。
 
China TelecomA China Telecom stand at a communications technology expo in Nanjing. (File photo/CNS)
 
NTT DoCoMo, the largest telecom operator in Japan, which is considered a major developer of 4G FDD technologies, is set to launch an FDD-TDD LTE network in 2016.
 
また、Japan で最大のテレコム事業者であり、4G FDD テクノロジーの主要デベロッパーと思われる NTT DoCoMo も、2016年には FDD/TDD LTE ネットワークを立ち上げる予定である。
 
There are two kinds of 4G networks — FDD-LTE and TDD-LTE — which are becoming popular around the world.
 
前述のとおり、この世界には FDD-LTE と TDD-LTE という、2つの 4G ネットワークが存在するのだが、どちらが好まれるのだろうか?
 
The number of 4G LTE subscribers around the globe in 2014 grew 45% year-on-year to 400 million. China started its LTE deployment at the end of 2013. As the first player in the 4G market, China Mobile, the country’s largest telecomm operator, announced that it had reached over 90 million 4G subscribers in one year as of the end of December 2014.
 
グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、2013年〜2014年で 45% の成長を遂げ、その時点で 4億人になっている。China は 2013年の末に、LTE のディプロイを開始している。China の 4G マーケットに最初に参入したのは、同国で最大のテレコム事業者である China Mobile だった。そして同社は、2014年12月末の時点で、9000万人の 4G サブスクライバーを、その1年の間で獲得したと発表している。
 
In 2014, the number of China Mobile’s TDD-LTE subscribers increased to account for 90% of all LTE (including FDD-LTE) users, according to data issued by the Ministry of Industry and Information Technology.
 
Ministry of Industry and Information Technology が発表したデータによると、2014年に China Mobile が獲得した TDD-LTE サブスクライバーの数は、FDD-LTE を含む全 LTE ユーザーの 90% を占めるまで増加しているという。
 
According to the latest figures released by China Mobile, its 4G subscribers have reached nearly 200 million.
 
また、China Mobile がリリースした最新の統計データによると、同社の 4G サブスクライバーは 2億人に達しているという。
 
Global 4G LTE subscribers are projected to grow 35% compounded annually over the next five years, from 516 million to 2.3 billion, according to the latest market study by TeleGeography.
 
そして、TeleGeography の最新市場調査によると、グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、現在の 5.16億人から 23億人へと、これからの5年間で 35% ずつ成長していくとされる。
 
The development of the global 4G LTE market has gained momentum with the entry of China because by 2019, China is expected to account for nearly one-third of all global LTE subscribers, according to the market study.
 
グローバルにおける 4G LTE 市場は、China が参入することで、2019年までは勢いを保つとされる。前述の市場調査によると、グローバルの LTE サブスクライバーに対して、China の比率は 1/3 のレベルに至ると予想されている。
 
The world has more than 600 million LTE subscribers, over 300 million of whom are in Asia.
 
世界の LTE サブスクライバー数は、現時点で 6億人とされるが、そのうちの 3億人以上は Asia に居る。
 
China’s Ministry of Industry and Information Technology is seeking to coordinate the development of 5G standards, according to the report.
 
このレポートによると、China の Ministry of Industry and Information Technology
は、5G スタンダードにおける主導権を狙っているようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific中国のモバイル・ユーザーは、ガラケーを含むと 13 億人を超え、そのうちの 7億人がスマホへ移行しているようです。そして、その 7億人のうちの 2億人が、約 1年半の間に 4G へと移行したのですね。 このペースで行くと、今年の末には 3億人に届くのかもしれません。 Agile Cat が仕事でお世話になっている方が、「中国は別の惑星と考えるべき」と言っていましたが、その意味が分かるようになってきました。 その一方で、インドは 2017年までに約 3億人のモバイル・サブスクライバーを獲得しアメリカを抜いて世界で 2番手のモバイル大国になるようです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
China Mobile がマレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた – May 2013
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 

Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 15, 2015
Ericsson forecasts LTE subscriptions to increase seven-fold by 2020
Scott Bicheno – June 3, 2015
http://telecoms.com/424181/ericsson-forecasts-lte-subscriptions-to-increase-seven-fold-by-2020/
 
_ telecoms
 
Networks giant Ericsson has published its latest Mobility Report, in which it forecasts massive LTE subscriber growth over the next five years, as well as an IoT explosion.
 
ネットワーク・ジャイアントである Ericsson が、最新の Mobility Report を発行した。そこでは、今後の 5年間において、LTE と IoT が爆発的に成長すると予測されている。
 
ーーーーー
 
Ericsson-june-report-0
 
Ericsson measures traffic from over 100 networks around the world and collates this data in its quarterly report. Inevitably there is a lot of data, much of which Ericsson extrapolates into forecasts, and it offers a regular barometer of how things are going in the comms world.
 
Ericsson だが、世界を網羅する 100 のネットワークからトラフィックを抽出し、また、同社の四半期レポートに、それらの測定データが並べている。必然的に膨大なデータとなっているが、その大半をベースに、Ericsson は推測を行なっている。そして、このコミュニケーションの世界で起こっている事象について、規則的な(時間軸に基づく)バロメーターを提示している。
 
Among the headline numbers were the forecast that 70% of the global population will be using smartphones by 2020, resulting in a doubling of global smartphone subscriptions in that period. This trend, as with most in the report, will be primarily due to growth in developing regions such as APAC and Africa, where there is still a lot of latent demand.
 
その見出しにおいて予想されているのは、2020年までに、世界人口の 70% に相当する人々が、スマートフォンを使用するという点である。つまり、それまでの間に、グローバルにおけるスマートフォン・サブスクリプションが、2倍に増加すると結論づけている。 このレポートの随所で触れられている拡大のトレンドは、依然として潜在的な需要を残している APAC や Africa などの、発展途上地域の成長からもたらされている。
 
Ericsson-june-report-1Developing countries are also the main drivers of current overall mobile subscriber growth, with India alone accounting for a quarter of the 108 million new subscribers in Q1 2015. China is second on 8 million, but is a more mature mobile market than India. A surprising third is Myanmar with 5 million adds, which represented around 10% of the total population.
 
また、それらの途上国は、モバイル全体におけるサブスクリプションを増加させる、主だった要因でもある。具体的に言うと、2015年 Q1 における新規サブスクライバーは 1億800万人であるが、その 1/4 を India だけで占めてる。第二位は 800万人の China であるが、India と比べて、同国は成熟したモバイル市場を有している。驚くべきことに、第三位は Myanmar であり、その総人口の約 10% に相当する 500万人が、新規サブスクライバーになっている。
 
Ericsson-june-report-2While LTE is already a reality in many developed markets, it’s still in its relative infancy globally. Ericsson says there were around 500 million LTE subscriptions in 2014, but expects this to leap to 3.7 billion by 2020. Even then LTE will still account for the minority of a forecast 9.2 billion total mobile subscriptions (note an individual can have more than one subscription) in 2020. Note Ericsson expects there to already be a small number of 5G subscriptions by 2020.
 
先進国のマーケットにおいて、すでに LTE は現実のものとなっているが、世界のマーケットで捉えると、相対に見て初期段階にある。Ericsson のコメントによると、2014年の段階で、約 5億人の LTE サブスクライバーがいるが、2020年までに 37億人へと飛躍することになる。しかし、2020年における総モバイル・サブスクリプションは 92億であるため、そこまで到達しても LTE は少数派となる(注記:とりわけ先進国においては、一人の個人が複数のサブスクリプションを持つようになる)。 また、2020年の時点で、少数ではあっても、5G サブスクリプションが存在すると、Ericsson は指摘している。
 
Ericsson-june-report-3
 
One other interesting nugget was Ericsson’s forecast for the growth of IoT devices. While fixed-line phones are in slow decline and little growth is expected from phones, tablets and PCs, Ericsson is expecting connected consumer electronics and especially M2M devices such as smart meters and connected cars to increase rapidly and account for a far greater proportion of connected devices in 2020 than they do now. Finally, all this increased activity is expected to lead mobile data traffic to increase 13x between 2014 and 2020.
 
その一方で、Ericsson の予測における興味深いデータは、IoT デバイス数の成長である。固定ラインは緩やかに減少し、スマホ/タブレット/PC などは緩やかに成長すると予想されるが、インターネット接続された家電およびスマート·メーターや、車載の M2M デバイスなどが急激に増大すると、Ericsson は予測している。2020年におけるインターネット人口は、現在よりも増大しているはずであるが、IoT 接続の数は、それをも上回るものになるだろう。結論として、このように増大していくアクティビティの積み上げにより、モバイル・データ・トラフィックは 2014年から2020年の間で、13倍に膨れ上がると予測されている。
 
Ericsson-june-report-4
 
“This immense growth in advanced mobile technology and data usage, driven by a surge in mobile connectivity and smartphone uptake, will make today’s big data revolution feel like the arrival of a floppy disk,” said Rima Qureshi, Chief Strategy Officer at Ericsson. “We see the potential for mass-scale transformation, bringing a wealth of opportunities for telecom operators and others to capture new revenue streams. But it also requires greater focus on cost efficient delivery and openness to new business models to compete and remain effective.”
 
Ericsson の Chief Strategy Officer である Rima Qureshi は、「モバイル接続とスマートフォンの急増により、さらにモバイル・テクノロジーが先鋭化し、データ使用量の増大という現象を引き起こす。したがって、未来の私たちは、今日における Big Data 革命の存在を、フロッピー・ディスクの到来のように捉えるだろう。きわめて大規模な変革が起こるという予兆を、私たちは確認している。テレコム事業者には機会の富がもたらされ、その周囲には新たな収益の流れが生じる。しかし、コスト面においては効率に配慮した配信が要求され、また、競争と効率と維持していくための、開放的で新しいビジネス・モデルも要求されるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
research_55タイトルにある、LTE における 7倍の成長を示しているのは、3番目のチャートのグルーンの部分です。また、2番めのチャートを見ると、2015年 Q1 だけで、世界のモバイル・サブスクリプションは1億ほど増えていますが、APAC/インド/中国の合計が、そのうちの 6000万を占めている状況が見えてきます。 さらに、4番目のチャートで伸びているのは、グリーンの M2M であり、IoT の成長と同期しているわけです。 それにしても、モバイルの成長は、まだまだ止まりませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図をチャートで!
Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、10位に Micromax が大躍進!
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 
%d bloggers like this: