Agile Cat — in the cloud

KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る!

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on August 28, 2014

KDDI to Build New Telehouse Data Centers in Tokyo and Osaka
http://wp.me/pwo1E-7N3

By Marketwired  – August 27, 2014
http://www.sys-con.com/node/3162327

__ Market Wired

TELEHOUSE Invests in Expanding a Further 20MW of High Power Density Colocation Space in Japan

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — KDDI, the global telecommunications provider, announces today that it will invest $270 million (28 billion yen) investment ina the building of two new Telehouse data centers, "TELEHOUSE OSAKA 2," and "TELEHOUSE TOKYO Tama 3," scheduled to open in August 2015 and February 2016 respectively. These additional facilities will take the total amount of global TELEHOUSE data center space to approximately 4.0 million square feet, provided by 46 sites across 13 countries/territories and 24 major cities.

NEW YORK, NY — (Marketwired) — 08/27/14 — グローバル・テレコム・プロバイダである KDDI からの今日の発表によると、同社は $270 million (28 billion yen) を投資し、TELEHOUSE OSAKA2 および TELEHOUSE TOKYO Tama 3という、2つのデータセンターを構築し、それぞれを 2015年8月と 2016年2月にオープンすることになる。 これらのファシリティが追加されることで、13カ国/24主要都市の 46サイトに展開される、TELEHOUSE データセンターの総床面積は、400万平方フィート(約37万平米)に拡大される。

Both Osaka and Tokyo facilities will offer high-density colocation services enabling the hosting of heavy load IT infrastructure. The data centers will meet the growing demand for housing private enterprise clouds, along with public cloud service providers, online and media content companies. The facilities are designed to Tier 3+ data center standards in redundancy and uptime, and will be insusceptible to earthquakes by a long-period absorption structure, reflecting the high quality Global TELEHOUSE specifications. In addition, KDDI can provide a combined solution by providing direct access to the KDDI global network along with the data center.

Osaka と Tokyo のファシリティは、いずれも高負荷 IT インフラのホスティングを可能にする、高密度コロケーション・サービスを提供する。これらのデータセンターは、プライベート・エンタープライズ・クラウドにおける需要の高まりに対応するものとなるが、パブリック・クラウド・サービス・プロバイダーや、オンライン/メディア・コンテンツ事業にも提供される。 また、冗長性とアップタイムに関しては、高品質な Global TELEHOUSE スペックを反映した、Tier 3+ のデータセンター・スタンダードで設計され、また、地震に関しては長周期での吸収構造を用いることで、そのに影響を受けにくいデザインとなっている。それに加えて、KDDI Global Network へのダイレクト・アクセスを、これらのデータセンターに提供することで、KDDI は複合的なソリューションを実現していくとされる。

クリックでスペック・シート ⇒

Telehouse Osaka 2, located in the center of Osaka city, will offer 700 racks of tenancy space with up to 30kVA (designed) per rack. The technical and operations room will be situated above second floor avoiding the risk of potential flooding. Osaka 2 can be used as a disaster recovery and back-up site for the Tokyo data centers.

Telehouse Osaka 2 は、大阪市の中心部に位置し、ラックあたり 30kVA(designed)に対応する 700台のラックにより、テナント・スペースの構成する。テクニカルおよびオペレーションのための施設は、2階以上に配置され、水害による危険性を回避するものとなる。また、この Osaka 2 は、東京のデータセンター群のための、DR(disaster recovery)および Back-Up のサイトとしても用いられる。

Telehouse Tokyo Tama 3 will be located on the existing Tama data center campus, approximately 18 miles from the Tokyo city center in a highly guarded surrounding. The five story building will offer 1,300 racks of tenancy space with up to 42kVA (designed) power supply to racks, the highest(*1) in Japan and 5 times(*2) industry average, with a designed PUE 1.31 making it one of the most energy efficient data centers in Japan.

Telehouse Tokyo Tama 3 は、東京の中心部から 18マイルほど離れた、きわめてセキュアな環境の中で運用されている、Tama Data Center Campus 内に配置される。そして、5階建てのビルディングに収納される、ラックあたり 42kVA(designed)に対応する 1300台のラックにより、テナント・スペースの構成する。この電力密度は、日本で最高(*1)のものであり、また、業界平均の 5倍(*2)に達するものとなる。そして、PUE 1.31 を実現する、日本で最もエネルギー効率の良いデータセンターの1つとなる。

The Telehouse data center expansion reflects the growing demand for data center space in Japan’s metros, and the ability of KDDI to accommodate leading multinationals expanding their portfolios in Japan. By securing its domestic market share in Japan, KDDI continues to be the leader in premium data center facilities.

この、Telehouse Data Center の拡大は、日本における都市型データセンター・スペースに対する、需要の高まりを反映したものとなる。 そして、日本でのポートフォリオを拡大する、主だった多国籍企業を収容する、KDDI のキャパシティを拡大していくことになる。 日本国内でのマーケット・シェアを確かなものにすることで、KDDI は高品質データセンター・ファシリティのリーダーであり続けようとしている。

To learn more about TELEHOUSE America and KDDI visit http://www.telehouse.com and http://global.kddi.com/.

(*1) As of Aug 26. Research from KDDI based on public information.

(*2) Compared with TELEHOUSE data centers in Japan.

ーーーーー

Over 30kVA というのは凄まじいですね :) そろそろ、15kVA の時代かなぁ・・・ などと考えていた Agile_Cat などは、その予想を完全に覆されてしまい、かなりビックリしています。 もちろん、すべてのラックに、それだけの電力を供給できるという話ではなく、特定のラックに対してという話のはずですが、それにしてもスゴイことです。 排熱は、どうするのでしょうね? 今度、チャンスがあったら教えてもらいたいですねぇ。

ーーーーー

<関連>

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
CloudStack がテレコムに好まれる理由 : 世界から集まった8名の証人たち

Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Posted in Apple, Asia, Government, Telecom by Agile Cat on August 15, 2014

Apple moves data storage onto Chinese soil through China Telecom deal
http://wp.me/pwo1E-7La

Friday August 15, 2014 MYT 7:31:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/15/Apple-moves-data-storage-onto-Chinese-soil-through-China-Telecom-deal/

_Star Online

BEIJING: Apple Inc has begun storing personal data for some Chinese users on servers provided by China Telecom, marking the first time that the company has stored user data on mainland Chinese soil.

BEIJING: Apple だが、China Telecom が提供するサーバー上に、中国人ユーザーのパーソナル・データを部分的にストアし始めている。つまり、自社ユーザーのデータを、中国本土のファシリティにストアするという、これまでにはなかった動きを示し始めている。

Apple attributed the move to an effort to improve the speed and reliability of its service. It also represents a departure from the policies of some technology companies, notably Google Inc, which has long refused to build data centres in China due to censorship and privacy concerns.

Apple は、この転換について、同社のサービスにおけるスピードと信頼性を、向上させるための取り組みだとしている。しかし、それは、Google などに代表されるテック・カンパニーが護ってきた、ポリシーからの逸脱を示すものとなる。それらの企業は、北京政府による検閲やプライバシー侵害という懸念から、長年にわたって、中国国内にデータセンターを構築することを拒否してきたのだ。

All data stored with China Telecom, as with all data centre providers worldwide, will be encrypted, Apple said in a statement on Friday.

China Telecom によりストアされる全データは、グローバルに展開されるデータセンター·プロバイダーを利用するときと同様に、(私たちの手で)暗号化されていると、Apple は金曜日(8/15)にステートメントを発している。

"Apple takes user security and privacy very seriously," it said. "We have added China Telecom to our list of data centre providers to increase bandwidth and improve performance for our customers in mainland china. All data stored with our providers is encrypted. China Telecom does not have access to the content.” A spokesman for China Telecom declined to comment.

「 Apple は、きわめて真剣に、ユーザーのセキュリティとプライバシーのことを考えている。 私たちのデータセンター・プロバイダーのリストに China Telecom を加えたのは、中国本土の顧客に対して充分な帯域幅を提供し、そのパフォーマンスを改善するためである。私たちが契約するプロバイダーによりストアされる、すべてのデータは暗号化されている。 つまり、その内容に対して、China Telecom はアクセスできない」と、同社は述べている。その一方で、China Telecom のスポークスマンは、コメントを拒否している。

Technology companies seek to position data centres as close to their customers as possible because smaller physical distances mean faster service speeds. — Reuters

テック・カンパニーたちは、サービス提供における高速化を図るため、可能な限り顧客に近いロケーションにデータセンターを配置し、その伝送距離を縮めようとしている。 — Reuters

ーーーーー

まず、中国市場における Apple の立場ですが、iPhone に関しては China Mobile と契約を結び、中国独自の TD-LTE に対応するカスタム・デバイスを提供しているという状況にあります。 そして、中国の Big-3 キャリアである、China Mobile/China Telecom/China Unicom は、いずれも国有企業であり、いろいろな意味で相互補完している関係にあると言えるでしょう。 Apple は、ユーザーの利便性だけを考えてと発言していますが、そんなに簡単な話ではないはずです。 Google が中国本土から撤退したときに、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、とても興味深い記事を Wired が書いています。よろしければ、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by Agile Cat on August 12, 2014

China Mobile May Acquire 20% Stake In Malaysian Carrier
http://wp.me/pwo1E-7KE
August 12, 2014 
http://www.chinatechnews.com/2014/08/12/20803-china-mobile-may-acquire-20-stake-in-malaysian-carrier

China Mobile is reportedly negotiating with Axiata Group Bhd, a leading mobile operator in Malaysia, to acquire a 20% stake in the Malaysian firm.

伝えられるところによると China Mobile は、Malaysia 最大のモバイル・キャリアである Axiata Group Bhd の、20% に相当する株式を取得しようとしているようだ。

Calculating with Axiata’s latest closing price, China Mobile needs to pay about USD3.7 billion for the 20% stake. So far, the two parties have not yet reached any agreement, according to reports in foreign media. Axiata and its controlling shareholder Khazanah Nasional Bhd are reluctant to sell that large amount of shares; meanwhile, the price offered by China Mobile is reportedly too low. Khazanah, a Malaysian national investment company, currently owns a 38.8% stake in Axiata.

いまの Axiata の株価で計算すると、この 20% 相当の株式を購入するために、おおよそのところで China Mobile は US $3.7 billion を支払う必要がある。ただし、外国メディアからのレポートによると、これまでのところ、両社が何らかの合意に達しているという状況にはないようだ。 Axiata 自身と、その大株主である Khazanah National Bhd は、今回の株式の大量売却について消極的だとされる。 その一方で、China Mobile から提示された価格が低すぎるという声もある。Malaysia 政府が管理する投資会社 Khazanah は、現時点において、Axiata における株式の 38.8% を所有している。

In June 2014, China Mobile invested USD881 million in the acquisition of a 18% stake in True, a leading telecom carrier in Thailand. If China Mobile is able to reach a final agreement with Axiata to acquire the 20% stake for USD3.7 billion, it will be the largest overseas transaction of the Chinese telecom operator and it will also become the largest telecommunication transaction in Southeast Asia since 2007.

China Mobile は、2014年6月に、Thailand 最大のテレコム・キャリアである True の、18% に相当する株式を US $881 million で取得している。もし、China Mobile が、Axiata における 20% の株式を US $3.7 billion で取得することになると、China のテレコム事業者による最大の海外企業買収となる。さらに言えば、Southeast Asia では 2007年以来で最大の、テレコム事業者同士の取引となる。

According to Axiata’s website, the company operates in eight countries in Southeast Asia and East Asia and it has over 250 million users. In addition, its subsidiary in India acquired a local operator for USD868 million this year.

Axiata の Web サイトによると、同社は Southeast Asia と East Asia の 8カ国で事業を展開し、250 million 以上のユーザーを有しているという。また、India における子会社が、今年になって US $868 million で、ローカルのオペレータを買収している。

Related Links : http://www.chinamobile.com.cn

ーーーーー

ついに、China Mobile の海外展開が本格化するようですね。 タイの True のときは、初の海外提携が China Mobile という状況でしたが、もし Axiata の話がまとまると、その先にいる 8カ国のモバイル事情にも、なんらかの影響力が生じそうですね。 周知のとおり、China Mobile が推進しているのは TD-LTE であり、国際標準である FDD-LTE と真っ向から衝突するものです。 とは言え、昨年に iPhone が、中国市場に入り込めたのも、この TD-LTE に対応したからであり、その一方では、Sprint と Nokia が、TD-LTE の大規模な実験を試みるなど、将来におけるモバイル通信方式は、まだまだ不確定要素を残しているという感じです。 中国は、国家戦力として TD-LTE を押してくるでしょうし、尖兵である Huawei が嫌われる背景には、そんな要因があるのかとも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる

Level 3 と Digital Realty:ネットワーク帯域幅をスケールさせる環境に、AWS と Azure を取り込む

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Telecom by Agile Cat on July 30, 2014

Level 3, Digital Realty provide direct connection to Amazon, Microsoft cloud services
http://wp.me/pwo1E-7HU
April 29, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/level-3-digital-realty-provide-direct-connection-amazon-microsoft-cloud-ser/2014-04-29

_ fiercetelecom

Level 3 Communications has established a new partnership with Digital Realty Trust where it will provide the data center provider’s customers in 14 U.S. and European markets access to its growing base of cloud service partners including Amazon Web Services (AWS Direct Connect) (NASDAQ: AMZN) and Microsoft Azure (NASDAQ: MSFT) (ExpressRoute).

Level 3 Communications が Digital Realty Trust と、新たなパートナーシップを確立した。それにより、U.S. と Europe における、14 ヶ所のデータセンター・プロバイダーを利用する顧客に対して、クラウド・サービス・パートナーへのアクセス基盤が拡張されるが、その中には Amazon Web Services(AWS Direct Connect)と、Microsoft Azure(ExpressRoute)も含まれる。

Through this relationship, the Digital Realty customers will have a new route to migrate and operate their applications to a hybrid cloud environment with the backing of Level 3’s deep network presence.

この提携により、Digital Realty の顧客は、Level 3 の緊密に張り巡らされたネットワークを後ろ盾とする、ハイブリッド・クラウド環境へとアプリケーションを移行する、新しい道筋を持つことになる。

While Level 3 is hardly alone in providing a direct access route to AWS and Microsoft Azure, Anthony Christie, chief marketing officer for Level 3, told FierceTelecom what sets it apart is the global nature of the offering.

Level 3 は、AWS や Microsoft Azure にダイレクト・アクセスのルートを提供する際に、それを単独で行うわけではないが、グローバルな性質により際立ったものになると、同社の Chief Marketing Officer である、Anthony Christie が FierceTelecom に語っている。

"One of the things that you’ll see from us that is different than what you’ll see from some of the other network service providers is we continue to leverage the global nature of our network," he said. "With Amazon, Level 3 will be listed as the most connected player to Amazon’s hosting and data centers around the world.”

「 誰もが分かる、他のネットワーク・サービス・プロバイダーの違いは、私たちのネットワークがグローバルな性質を活用している点である。Amazon においては、世界に点在する AWS ホスティング/データセンターと、最も数多く接続されているプレーヤーとして表示される」と、彼は発言している。

Another potential benefit of this pact for enterprise customers is they can adjust network bandwidth and storage levels as needed. During a holiday shopping season, a retailer could dynamically scale their bandwidth and only pay for what they consume as demand for computing capacity ramps.

エンタープライズ・カスタマーにおける、この協定による別の潜在能力は、ネットワーク帯域幅とストレージ・レベルを、必要に応じて調整できる点にある。たとえば、ホリデー・ショッピング・シーズン中の小売業者は、帯域幅をダイナミックに拡張することが可能であり、その突出したコンピューティング容量に対してのみ、対価を支払えば良いことになる。

In addition to scaling bandwidth, Digital Realty customers will gain the flexibility to choose the cloud model and cloud provider that best meet their needs, access bandwidth dynamically and pay only for what they use.

この帯域幅のスケーリングに加えて、Digital Realty の顧客たちは、クラウド·モデルとクラウド・プロバイダーを柔軟に選択するという、メリットを手にすることになる。 つまり、自身のニーズにフィットしたクラウドを選び、アクセス帯域幅をダイナミックに調整し、使用した分だけ対価を支払えるようになる。

Level 3 is also providing connectivity under its Cloud Connect Solutions program, including Layer 1, Layer 2 and Layer 3 connectivity.

さらに Level 3は、Cloud Connect Solutions プログラムのもとでコネクティビティを提供しており、そこには Layer 1/Layer 2/Layer 3 が取り込まれている。

"On a global scale, we can guarantee latency for connectivity for public and hybrid cloud environments at Layer 1," Christie said. "We’re working on Layer 2 and Layer 3, but because of the switched nature of those products, it’s a bit tricky."

「 グローバル・スケールにおいて、パブリック/ハイブリッド·クラウド環境での接続のために、レイテンシーを保証するのは Layer 1 となる。Layer 2 と  Layer 3 にも取り組んでいるが、それらのプロダクトにおけるスイッチの性質は少々トリッキーである 」と、Christie は発言している。

Christie added that "with our Layer 3 MPLS offer, what we’re enabling is instantaneous consumption by pre-provisioning ports into Amazon and into Azure so they can burst through and consume Amazon Web Services in the future."

私たちが提供する Layer 3 MPLS により、Amazon および Azure に対して、事前にプロビジョニングしたポートを介したバーストが可能になる。したがって、将来的には、バーストを介した Amazon Web Services の利用も実現される」と、Christie は付け加えている。

Related articles:

Level 3 gets ISO certification for security services in Latin America
Level 3 grabs two new multi-national enterprise wins
Level 3 connects network to 50 U.S. Air Force sites
Level 3’s Storey: M&A is an option, not a necessity

ーーーーー

このところ、「AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結」や「ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon 」といった抄訳をポストしましたが、この Level 3 と Digital Realty の戦略も同じところを狙っているように思えます。つまり、ダーク・ファイバーに投資してきた事業者が、帯域幅をスケールさせるネットワークの中に、コンピューティングとストレージをスケールさせるパブリック・クラウドを、つなぎ込んでいくという構図です。そして、ハイブリッド・クラウドを目指すエンタープライズにとっては、おそらく、最も分かりやすく、安心できるフレームワークなのでしょう。 とても、興味深いトレンドです。

ーーーーー

<関連>

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:シンガポールとフランスを接続する!

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Research, Telecom by Agile Cat on July 9, 2014

Android One Will Help Google Protect Against Forked Android Phones
http://wp.me/pwo1E-7Ec

Tony DanovaJun. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/android-one-may-help-google-protect-its-platform-from-becoming-overrun-with-forks-in-emerging-markets-2014-6

_ Business Insider

At the Google I/O conference Wednesday afternoon, Sundar Pichai announced a new Android platform initiative to target users in emerging markets.

Google I/O カンファレンスの水曜日(6/25)の午後に、Sundar Pichai が発表した新たな Android プラットフォーム構想とは、新興国マーケットのユーザーをターゲットにするものであった。

With this project — dubbed Android One — Google will work hand-in-hand with low-cost smartphone manufacturers in emerging markets, providing them with a stock version of Google’s Android to run on their devices, as well as hardware specifications that manufacturers can use to build cheap Android phones.

Android One と呼ばれる、このプロジェクトにより Google は、途上国マーケットで低価格のスマホを製造するメーカーと、手を携えていくことになる。そして、Google Android の基本的なバージョンを、それらのデバイス上で走らせるだけではなく、安価な Android Phone を製造するために用いる、ハードウェアの仕様も提供することになる。

_  space

BII

The idea is to target mobile users in burgeoning mobile markets where the next billion smartphones will be sold — like India, where the Android One program will launch. Google already has Android One devices in development with Indian vendors Micromax, Karbonn Mobile, and Spice Mobile.

この発想は、次の 10億人を抱えることで急成長していく、新たなスマホ市場のユーザーをターゲットしたものであり、具体的にいうと、たとえばインドなどで、Android One プログラムを立ち上げていくことである。そして、すでに Google は、インドのベンダーである、Micromax/Karbonn Mobile/Spice Mobile などと、Android One デバイスを開発している最中である。

BI Intelligence finds that India alone will combine for over 200 million smartphone sales in 2014, followed by markets like Brazil and Indonesia.

BI Intelligence は、2014年の India では 200 Million のスマホが販売され、そこに Brazil や Indonesia が追随すると見ている。

In these countries, sales to people buying smartphones for the first time will absolutely overshadow sales in developed markets. And many of these first-time smartphone users will be buying from local manufacturers making cheap but serviceable smartphones. Google wants to make sure its Android platform is part of this movement. As much as possible, Google wants to move towards one software and hardware standard in the low-end market.

これらの国では、初めてスマホを購入する人々が圧倒的な多数を占めており、また、先進国のマーケットにおける販売量を希薄なものに変えてしまう。そして、これからスマホを手にするユーザーの多くは、安価であっても実用性のあるスマホを製造する、ローカルのメーカーから購入することになる。Google は Android プラットフォームで、このムーブメントの一部を担いたいと考えている。つまり Google は、ローエンド市場におけるソフトウェアとハードウェアの標準を、可能な限り一元化したいと思っているのだ。

Why?

Because these local manufacturers may otherwise turn to forked versions of Android — devices running on the Android Open Source Project (AOSP) — which essentially cut Google out of several of its key services and potential revenue streams.

そうしないと、ローカルのメーカーたちは、Android Open Source Project (AOSP) へと、つまりフォークされた Android のバージョンへと流れてしまい、Google が提供する基本的なサービスと、収益への道筋が絶たれてしまうからである。

ーーーーー

このポストですが、Android One の戦略もさることながら、中国とインドにおける凄まじいモバイルの成長の方に、自分自身の関心が引き寄せられてしまいます。 これまでにも、この両国で、2014年には 2億台のスマホが販売されるという情報は得てはいたのですが、チャートで表現してもらうと、あらためて状況を認識してしまいます。もちろん、モバイル・サブスクライバーの数といっても、それぞれの国々における経済指標の一つに過ぎないのですが、その未来を保証するものだとも想像できます。 そして、このチャートから、BRIC 4カ国 + Indonesia を消し去った空想の世界の中で、この国の立ち位置を捉えようとしている日本人が、まだまだ多数を占めているようにも思えるのです。さらに一言付け加えるなら、アジアの国々におけるドラスティックな IT の近代化を指摘したいです。 たとえば、中国では サーバーの経済性を高めるための、OCP にも似た Scorpio という動きがあり、Baibu や Tencent や Alibaba といった大手と、各種のテレコム系が相乗りすることで、データセンターのコストを大幅に削減しているのです。 また、インド政府は、100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れ、モバイル・コミュニケーションの立ち上げ期間を、一瞬のうちに走り抜けようとしているのです。

ーーーーー

<関連>

インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する

Posted in Asia, Data Center Trends, Hybrid, Microsoft, Telecom by Agile Cat on June 25, 2014

SingTel and TelecityGroup enable access to Azure without internet connection
http://wp.me/pwo1E-7BB

By Karen McCandless on Tuesday, May 13, 2014
http://www.onwindows.com/Article/singtel-and-telecitygroup-enable-access-to-azure-without-internet-connection-23413#.U6nlZY2Sxsu

SingTel and TelecityGroup will provide secure and private direct connections into Microsoft’s Azure public cloud solution, as announced at TechEd 2014. The companies, along with AT&T, BT, Equinix, Level3 and Verizon, allow customers to connect Azure and on-premise technologies through the new Azure ExpressRoute offering.

TechEd 2014 での発表によると、SingTel と TelecityGroup は、セキュアなプライベート・ダイレクト・コネクションを、Microsoft の Azure パブリック·クラウド·ソリューションに提供することになる。つまり、この両社も、AT&T/BT/Equinix/Level 3/Verizon などと同様に、新たに提供される Azure ExpressRoute を介して、顧客のオンプレミス・テクノロジーと Azure の接続を実現していく。

Previously, businesses could only use the internet to access Azure, but ExpressRoute (codenamed Golden Gate) allows users to access private and dedicated network connections that don’t use the internet.

これまでのユーザー企業にとって、Azure にアクセスするため利用できるのは インターネット のみであったが、ExpressRoute(codenamed Golden Gate)により、インターネットに依存しない、専用のプライベート・ネットワークによる接続が可能になる。

SingTel will first roll out Microsoft’s private networking service to the Singapore and Asia markets before replicating this network arrangement in Australia to serve the markets in Oceania. SingTel’s Multi-Protocol Label Switching virtual private network will integrate directly with ExpressRoute.

SingTel は、最初に、Singapore と Asia のマーケットへと、Microsoft のプライベート・ネットワーク・サービスを展開していく。 続いて、同じサービスを Oceania のマーケットに展開するために、このネットワークを Australia にリプリケートする。 SingTel には、Multi-Protocol Label Switching という VPN が存在するが、それと ExpressRoute を、ダイレクトに統合していくことになる。

“Through this strategic alliance with SingTel, we can lower the barriers to entry for cloud computing by providing a more secure and reliable connectivity option for our joint customers in Asia Pacific,” commented Steven Martin, general manager of Microsoft Azure.

「 この、SingTel との戦略的な提携により、Asia Pacific における両社の顧客たちに、高度な安全性と信頼性を備えた接続オプションを提供できる。 つまり、クラウド·コンピューティングにおける参入障壁を引き下げることが可能になる」と、Microsoft Azure の GM である Steven Martin は述べている。

TelecityGroup will also provide Azure ExpressRoute in 37 of its locations across Europe through its Cloud-IX networking platform. Low-latency connections will be available in locations where Microsoft co-locates its ExpressRoute access points within TelecityGroup’s data centres.

また、TelecityGroup は、Cloud-IX のネットワーク・プラットフォームを介して、Europe 全域に広がる 37 のロケーションで、Azure の ExpressRoute を提供していく。 そのための、低レイテンシー・コネクションは、Microsoft が ExpressRoute アクセス・ポイントをコロケートする、TelecityGroup データセンターから供給される。

The company says that through the avoidance of a connection to the public internet, Azure ExpressRoute via Cloud-IX will offer increased reliability, faster speeds, lower latencies and higher security compared to other connections over the internet.

それについて同社は、パブリック・インターネットへの接続を回避する、Cloud-IX を介した ExpressRoute は、その他のインターネット接続と比較して、信頼性/高速性/低レイテンシ/高セキュリティを提供すると述べている。

Martin said: “Our expansion into TelecityGroup’s data centres via ExpressRoute is an important step, enabling customers to more easily execute scalable hybrid cloud deployments.”

そして、Martin は、「 ExpressRoute を介した、TelecityGroup データセンター内での拡張は、私たちにとって重要なステップである。なぜなら、それにより私たちの顧客が、拡張性の高いハイブリッド・クラウド環境を、容易に運用できるようになるからである」と発言している。

Related articles

ーーーーー

昨日に、「Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?」という抄訳をポストしましたが、この記事における SingTel や TelecityGroup の狙いも、オンプレミス統合からハイブリッド・クラウドへと向けて展開されていくのでしょう。今日の Gigaom では、Joyent の Hybrid Management が紹介されていましたが、そのサマリーには「Joyent believes that hybrid clouds are the way of the future and a way in which the company can compete against big cloud service providers like Amazon」という一文が記されていました。まだまだ黎明期のクラウドです。これからの展開が、とても楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?

Posted in Net Neutrality, Netflix, Telecom by Agile Cat on June 18, 2014

Netflix And Verizon Just Reached A Deal To Improve Video-Streaming Quality
http://wp.me/pwo1E-7Al

Kyle Russell – Apr. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/netflix-and-verizon-just-reached-a-deal-to-improve-video-streaming-quality-2014-4

_ Business Insider

Netflix and Verizon have come to an arrangement that should ensure quality television and movie streams for Verizon customers for the foreseeable future.

Netflix と Verizon は、そう遠くない将来において、Verizon のサブスクライバーに高品質のテレビ/映画ストリーミングを約束するための、段取りを整えている。

JD Lasica
Socialmedia.biz
Netflix CEO
Reed Hastings

While details remain confidential, the deal is likely similar to the deal made between Netflix and Comcast back in February.

詳細について明らかにされていないが、この 2月に Netflix と Comcast の間で交わされたものと、似たような契約になるだろう。

As we wrote in our guide to understanding the Netflix-Comcast deal, here’s what it boils down to: Netflix will pay Verizon an undisclosed sum, and in exchange Verizon will connect directly to Netflix’s servers, improving streaming quality for all Netflix content.

私たちがポストした、Netflix‐Comcast 取引を理解するためのガイドとして、ここでの出来事を要約すると、Netflix は Verison に対して、何らかの対価を支払うことになる。 そして、それと引き換えに、Verizon は Netflix サーバーとのダイレクト接続を確立し、そのコンテンツ・ストリーミングにおける品質を改善していく。

Netflix VP Joris Evers confirmed the deal in a tweet this afternoon:

Netflix の VP である Joris Evers は、この取引について、今日の午後にツイートしている:

According to Verizon CEO Lowell McAdam, Verizon and Netflix have been negotiating over this deal for more than a year now; shortly after the Comcast deal, he said that he expected Netflix and his company to come to a similar arrangement.

Verison の CEO である Lowwell McAdam によると、Verizon と Netflix は、1年以上もの時間をかけて、この契約について交渉してきた。 そして、Comcast との契約の直後に、Netflix と Verizon も同様の契約に至ることを期待していると述べていた。

But in the two months since he agreed to pay Comcast, Hastings and Netflix have been arguing against such arrangements, calling for a "stronger" understanding of net neutrality and claiming that Comcast is "double-dipping" by charging its customers to access Netflix and charging Netflix to access its customers.

しかし、Comcast への支払に同意してからの 2ヶ月間というもの、Hastings と Netflix はネットの中立性に対する強い理解を求め、また、このような状況を批判してきた。そして Comcast は、Netflix が顧客にアクセスするときと、顧客が Netflix にアクセスするときに、料金を二重取りしていると主張してきた。

While Verizon customers tired of poor stream quality can be happy about the news, it’s been interesting to watch Netflix executives angrily yell about Internet service provider practices while paying money to enable those very same practices. As we’ve written before, it’s not entirely clear what Hastings is hoping for in the long term.

ストリーミングのプアな品質にうんざりしていた Verizon の顧客は、このニュースを喜んで受け入れているのだが、その ISP の行動について Netflix の経営陣たちが腹を立て、また、その行為に対して対価を支払うというのは、興味深い状況であった。 だたし、以前にも述べたように、長期的なスパンにおいて、Hastings が望んでいるものが、完全に見えているわけではない

SEE ALSO:  What the heck is Netflix CEO Reed Hastings up to?

ーーーーー

この、ネットの中立性に関しては、かなりの時間を費やして追いかけているのですが、全体的な動きが速すぎて、なかなかリアルタイムに翻訳できていないという状況です。前回の「ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた」という抄訳では、この両社で起こっている遅延を視覚化していますが、それが不可抗力によるものなのか、恣意的に操作されているものなのか、そのあたりが議論の対象になっているように思えます。

ーーーーー

<関連>

Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

%d bloggers like this: