Agile Cat — in the cloud

コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 24, 2015
As Colocation Market Consolidates, Who Are the Market Leaders?
Guest Author – June 29, 2015
http://www.datacenterjournal.com/colocation-market-consolidates-market-leaders/
 
_ Data Center Journal
 
New Q1 data from Synergy Research Group shows the leaders in the worldwide colocation market, with Equinix generating the most colocation revenue and achieving a 9.5% market share. It is followed by Digital Realty, NTT, Verizon, CenturyLink, KDDI, Global Switch and China Telecom.
 
Synergy Research Group が、2015年 Q1 におけるグローバル・コロケーション市場を、Equinix がリードしている状況を伝えている。同社は、その売上の大半をコロケーションから得ることで、9.5% というマーケット・シェアを達成している。そして、Equinix を追いかける存在として、Digital Realty および、NTT、Verizon、CenturyLink、KDDI、Global Switch、China Telecom などを挙げている。
 
An UK Data CenerFlicker
Cory Doctorow
 
The top twelve ranking features six colocation specialists and six telcos, though four of those telcos have achieved their standing in large part via the acquisition of companies that had substantial colocation product lines. It is particularly notable that market consolidation continues to play a large part in the market, with the top three companies all being active participants.
 
この Top-12 ランキングは、コロケーションに特化した 6つの事業者と、テレコムを主体とする 6つの事業者により構成されている。ただし、以下のテレコム事業者のうちの 4社は、大規模なコロケーション・プロダクト・ラインを所有する企業を買収することで、現在のポジションを確立している。ここで注目すべきことは、このマーケットにおいて統廃合が、大きな役割を果たし続けているという現実である。 それは、Top-3 である Equinix/Digital Reality/NTT が、積極的に展開している戦略でもあるのだ。
 
Equinix is in the process of acquiring tenth ranked TelecityGroup; Digital Realty is reportedly seeking to acquire top 20 player Telx; and NTT has just closed the latest in a series of data center and cloud-oriented investments, having acquired a majority stake in EMEA wholesale colocation specialist e-shelter.
 
具体的に言うと、Equinix は、10位にランクされている TelecityGroup を、買収するプロセスにある。Digital Reality は、20位にランクされている Telx を買収するようだ。そして NTT は、データセンターとクラウドへ向けた投資を継続しており、直近では EMEA の卸売コロケーション事業者である e-shelter の、50% 以上の株式を取得したばかりである。
 
Colocation Market LeaderClick to Large
 
In aggregate the top twelve colocation providers account for almost 40% of the total worldwide market. There is then a long tail of smaller providers, each with 1% or less market share. Nine of the top twelve colocation providers generate the bulk of their revenues from retail colocation, while three are focused primarily on wholesale. This split reflects the segmentation of the colocation market, where retail revenues outstrip wholesale revenues by a factor of over three to one.
 
この、Top-20 コロケーション・プロバイダーを合計すると、グローバル・マーケットの約 40% を占めることになる。それに続く、小規模プロバイダーは、いずれも 1% 以下のマーケット・シェアを持つという、ロングテールの様相を示している。Top-12 コロケーション・プロバイダーのうち、小売コロケーションから大半の収入を得ているのは 9社であり、また、卸売コロケーションにフォーカスしているのは 3社となる。この分類は、コロケーション市場におけるセグメントを反映するものであり、小売が卸売に対して、約 3倍の売上高を達成していることが分かる。
 
“There is no doubt that we will see further consolidation in the colocation market over the next five years,” said John Dinsdale, a Chief Analyst and Research Director at Synergy Research Group. “An ever-larger portion of the market is driven by service provider clients rather than enterprises, and this is helping fuel a need for both scale and breadth of geographic footprint. While they carry some risks, acquisitions are much faster than organic build in achieving the desired scale.”
 
Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は、「 これからの 5年間において、さらなる統廃合が、このコロケーションで必ず生じるだろう。その背景には、このマーケットの大半が、エンタープライズではなくサービス・プロバイダーにより、推進されているという現実がある。また、規模的/地理的な要因が、その傾向をさらに加速している。その一方で、それらの事業者は、いくつかのリスクを背負っている。つまり、必要とされるスケールを得るためには、自前による構築よりも、統廃合の方が話しが早いということだ」と述べている。
ーーーーー
datacenter_55以前に「コロケーション の世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する」という抄訳で、2014年の比較について紹介しましたが、小売と卸売の比較までをカバーする比較は初めて見ました。そして、卸売に関しては Digital Realty  Global Switch のカテゴリが、Cloud News Asia にありますので、ご興味のある方は、そちらをご覧ください。 また、2013年に Open IX を調べたときに、DuPont に関する情報も拾っていました。 それと、Equinix カテゴリ もありますので、ご利用ください。 このマーケットは、どのように動いていくのでしょうかね? 興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!
 

中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 22, 2015
More global operators working on TDD LTE network development
Staff Reporter – July 20, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150720000020
 
_Want China Times
 
More and more telecom operators around the world that have deployed Frequency Division Duplex (FDD) networks are considering exploring the global Time Division Duplex (TDD) LTE market on the 3.5 GHz band, reports Shanghai’s China Business News.
 
この世界では、たくさんのテレコム事業者が、Frequency Division Duplex(FDD)ネットワークをディプロイしているが、Shanghai の China Business News によると、Time Division Duplex(TDD)LTE の 3.5 GHz マーケットを、検討している事業者も多いようだ。
 
China Telecom and China Unicom, two of China’s three major telecom operators, have begun carrying out trials on TDD and FDD integration after both of them obtained FDD and TDD-LTE hybrid networking pre-commercial operating licenses earlier this year, allowing them to each carry out initial trials in 16 pilot cities.
 
China の三大テレコムを構成する、China Telecom と China Unicom の二社は、FDD/TDD LTEハイブリッド・ネットワークに関する事前の商用ライセンスを、今年の初めに取得した後、TDD/FDD インテグレーションの試験に移行している。具体的に言うと、それぞれの事業者が 16 都市において、パイロット運用に入っているのだ。
 
China TelecomA China Telecom stand at a communications technology expo in Nanjing. (File photo/CNS)
 
NTT DoCoMo, the largest telecom operator in Japan, which is considered a major developer of 4G FDD technologies, is set to launch an FDD-TDD LTE network in 2016.
 
また、Japan で最大のテレコム事業者であり、4G FDD テクノロジーの主要デベロッパーと思われる NTT DoCoMo も、2016年には FDD/TDD LTE ネットワークを立ち上げる予定である。
 
There are two kinds of 4G networks — FDD-LTE and TDD-LTE — which are becoming popular around the world.
 
前述のとおり、この世界には FDD-LTE と TDD-LTE という、2つの 4G ネットワークが存在するのだが、どちらが好まれるのだろうか?
 
The number of 4G LTE subscribers around the globe in 2014 grew 45% year-on-year to 400 million. China started its LTE deployment at the end of 2013. As the first player in the 4G market, China Mobile, the country’s largest telecomm operator, announced that it had reached over 90 million 4G subscribers in one year as of the end of December 2014.
 
グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、2013年〜2014年で 45% の成長を遂げ、その時点で 4億人になっている。China は 2013年の末に、LTE のディプロイを開始している。China の 4G マーケットに最初に参入したのは、同国で最大のテレコム事業者である China Mobile だった。そして同社は、2014年12月末の時点で、9000万人の 4G サブスクライバーを、その1年の間で獲得したと発表している。
 
In 2014, the number of China Mobile’s TDD-LTE subscribers increased to account for 90% of all LTE (including FDD-LTE) users, according to data issued by the Ministry of Industry and Information Technology.
 
Ministry of Industry and Information Technology が発表したデータによると、2014年に China Mobile が獲得した TDD-LTE サブスクライバーの数は、FDD-LTE を含む全 LTE ユーザーの 90% を占めるまで増加しているという。
 
According to the latest figures released by China Mobile, its 4G subscribers have reached nearly 200 million.
 
また、China Mobile がリリースした最新の統計データによると、同社の 4G サブスクライバーは 2億人に達しているという。
 
Global 4G LTE subscribers are projected to grow 35% compounded annually over the next five years, from 516 million to 2.3 billion, according to the latest market study by TeleGeography.
 
そして、TeleGeography の最新市場調査によると、グローバルにおける 4G LTE サブスクライバーは、現在の 5.16億人から 23億人へと、これからの5年間で 35% ずつ成長していくとされる。
 
The development of the global 4G LTE market has gained momentum with the entry of China because by 2019, China is expected to account for nearly one-third of all global LTE subscribers, according to the market study.
 
グローバルにおける 4G LTE 市場は、China が参入することで、2019年までは勢いを保つとされる。前述の市場調査によると、グローバルの LTE サブスクライバーに対して、China の比率は 1/3 のレベルに至ると予想されている。
 
The world has more than 600 million LTE subscribers, over 300 million of whom are in Asia.
 
世界の LTE サブスクライバー数は、現時点で 6億人とされるが、そのうちの 3億人以上は Asia に居る。
 
China’s Ministry of Industry and Information Technology is seeking to coordinate the development of 5G standards, according to the report.
 
このレポートによると、China の Ministry of Industry and Information Technology
は、5G スタンダードにおける主導権を狙っているようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific中国のモバイル・ユーザーは、ガラケーを含むと 13 億人を超え、そのうちの 7億人がスマホへ移行しているようです。そして、その 7億人のうちの 2億人が、約 1年半の間に 4G へと移行したのですね。 このペースで行くと、今年の末には 3億人に届くのかもしれません。 Agile Cat が仕事でお世話になっている方が、「中国は別の惑星と考えるべき」と言っていましたが、その意味が分かるようになってきました。 その一方で、インドは 2017年までに約 3億人のモバイル・サブスクライバーを獲得しアメリカを抜いて世界で 2番手のモバイル大国になるようです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
China Mobile がマレーシアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた – May 2013
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 

Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 15, 2015
Ericsson forecasts LTE subscriptions to increase seven-fold by 2020
Scott Bicheno – June 3, 2015
http://telecoms.com/424181/ericsson-forecasts-lte-subscriptions-to-increase-seven-fold-by-2020/
 
_ telecoms
 
Networks giant Ericsson has published its latest Mobility Report, in which it forecasts massive LTE subscriber growth over the next five years, as well as an IoT explosion.
 
ネットワーク・ジャイアントである Ericsson が、最新の Mobility Report を発行した。そこでは、今後の 5年間において、LTE と IoT が爆発的に成長すると予測されている。
 
ーーーーー
 
Ericsson-june-report-0
 
Ericsson measures traffic from over 100 networks around the world and collates this data in its quarterly report. Inevitably there is a lot of data, much of which Ericsson extrapolates into forecasts, and it offers a regular barometer of how things are going in the comms world.
 
Ericsson だが、世界を網羅する 100 のネットワークからトラフィックを抽出し、また、同社の四半期レポートに、それらの測定データが並べている。必然的に膨大なデータとなっているが、その大半をベースに、Ericsson は推測を行なっている。そして、このコミュニケーションの世界で起こっている事象について、規則的な(時間軸に基づく)バロメーターを提示している。
 
Among the headline numbers were the forecast that 70% of the global population will be using smartphones by 2020, resulting in a doubling of global smartphone subscriptions in that period. This trend, as with most in the report, will be primarily due to growth in developing regions such as APAC and Africa, where there is still a lot of latent demand.
 
その見出しにおいて予想されているのは、2020年までに、世界人口の 70% に相当する人々が、スマートフォンを使用するという点である。つまり、それまでの間に、グローバルにおけるスマートフォン・サブスクリプションが、2倍に増加すると結論づけている。 このレポートの随所で触れられている拡大のトレンドは、依然として潜在的な需要を残している APAC や Africa などの、発展途上地域の成長からもたらされている。
 
Ericsson-june-report-1Developing countries are also the main drivers of current overall mobile subscriber growth, with India alone accounting for a quarter of the 108 million new subscribers in Q1 2015. China is second on 8 million, but is a more mature mobile market than India. A surprising third is Myanmar with 5 million adds, which represented around 10% of the total population.
 
また、それらの途上国は、モバイル全体におけるサブスクリプションを増加させる、主だった要因でもある。具体的に言うと、2015年 Q1 における新規サブスクライバーは 1億800万人であるが、その 1/4 を India だけで占めてる。第二位は 800万人の China であるが、India と比べて、同国は成熟したモバイル市場を有している。驚くべきことに、第三位は Myanmar であり、その総人口の約 10% に相当する 500万人が、新規サブスクライバーになっている。
 
Ericsson-june-report-2While LTE is already a reality in many developed markets, it’s still in its relative infancy globally. Ericsson says there were around 500 million LTE subscriptions in 2014, but expects this to leap to 3.7 billion by 2020. Even then LTE will still account for the minority of a forecast 9.2 billion total mobile subscriptions (note an individual can have more than one subscription) in 2020. Note Ericsson expects there to already be a small number of 5G subscriptions by 2020.
 
先進国のマーケットにおいて、すでに LTE は現実のものとなっているが、世界のマーケットで捉えると、相対に見て初期段階にある。Ericsson のコメントによると、2014年の段階で、約 5億人の LTE サブスクライバーがいるが、2020年までに 37億人へと飛躍することになる。しかし、2020年における総モバイル・サブスクリプションは 92億であるため、そこまで到達しても LTE は少数派となる(注記:とりわけ先進国においては、一人の個人が複数のサブスクリプションを持つようになる)。 また、2020年の時点で、少数ではあっても、5G サブスクリプションが存在すると、Ericsson は指摘している。
 
Ericsson-june-report-3
 
One other interesting nugget was Ericsson’s forecast for the growth of IoT devices. While fixed-line phones are in slow decline and little growth is expected from phones, tablets and PCs, Ericsson is expecting connected consumer electronics and especially M2M devices such as smart meters and connected cars to increase rapidly and account for a far greater proportion of connected devices in 2020 than they do now. Finally, all this increased activity is expected to lead mobile data traffic to increase 13x between 2014 and 2020.
 
その一方で、Ericsson の予測における興味深いデータは、IoT デバイス数の成長である。固定ラインは緩やかに減少し、スマホ/タブレット/PC などは緩やかに成長すると予想されるが、インターネット接続された家電およびスマート·メーターや、車載の M2M デバイスなどが急激に増大すると、Ericsson は予測している。2020年におけるインターネット人口は、現在よりも増大しているはずであるが、IoT 接続の数は、それをも上回るものになるだろう。結論として、このように増大していくアクティビティの積み上げにより、モバイル・データ・トラフィックは 2014年から2020年の間で、13倍に膨れ上がると予測されている。
 
Ericsson-june-report-4
 
“This immense growth in advanced mobile technology and data usage, driven by a surge in mobile connectivity and smartphone uptake, will make today’s big data revolution feel like the arrival of a floppy disk,” said Rima Qureshi, Chief Strategy Officer at Ericsson. “We see the potential for mass-scale transformation, bringing a wealth of opportunities for telecom operators and others to capture new revenue streams. But it also requires greater focus on cost efficient delivery and openness to new business models to compete and remain effective.”
 
Ericsson の Chief Strategy Officer である Rima Qureshi は、「モバイル接続とスマートフォンの急増により、さらにモバイル・テクノロジーが先鋭化し、データ使用量の増大という現象を引き起こす。したがって、未来の私たちは、今日における Big Data 革命の存在を、フロッピー・ディスクの到来のように捉えるだろう。きわめて大規模な変革が起こるという予兆を、私たちは確認している。テレコム事業者には機会の富がもたらされ、その周囲には新たな収益の流れが生じる。しかし、コスト面においては効率に配慮した配信が要求され、また、競争と効率と維持していくための、開放的で新しいビジネス・モデルも要求されるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
research_55タイトルにある、LTE における 7倍の成長を示しているのは、3番目のチャートのグルーンの部分です。また、2番めのチャートを見ると、2015年 Q1 だけで、世界のモバイル・サブスクリプションは1億ほど増えていますが、APAC/インド/中国の合計が、そのうちの 6000万を占めている状況が見えてきます。 さらに、4番目のチャートで伸びているのは、グリーンの M2M であり、IoT の成長と同期しているわけです。 それにしても、モバイルの成長は、まだまだ止まりませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図をチャートで!
Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、10位に Micromax が大躍進!
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Security, Telecom by agilecat.cloud on July 5, 2015
NTT Docomo selects Gemalto for IoT applications
M2M MAGAZINE+ – July 2, 2015
http://www.machinetomachinemagazine.com/2015/07/02/ntt-docomo-selects-gemalto-for-iot-applications-in-japan/
 
_ M2M magazine
 
Gemalto, the world leader in digital security, announces that NTT Docomo, the largest mobile operator in Japan with about 65 million subscribers, has selected Gemalto to enable connectivity for Internet of Things (IoT) applications.
 
世界のデジタル·セキュリティーをリードする Gemalto のアナウンスメントによると、65 million のサブスクライバーを擁し、Japan で最大の規模を誇るモバイル・オペレーターである NTT Docomo が、IoT アプリケーションの接続を実現するために、同社を採用したようだ。
 
ーーーーー
 
Gemalto’s Cinterion® Machine Identification Module (MIM) complies with the most stringent industry standards1 and was first to meet the high quality requirements of the Japanese market.
 
Gemalto の Cinterion® Machine Identification Module (MIM) は、この業界で最も厳しい規格に準拠しており、また、Japan マーケットにおける高度な品質要件を、初めて満たすものとなった。
 
MIM_Gemalto-itusersJapan IoT and Machine-to-Machine (M2M) communication market is estimated to grow from $11.34 billion in 2014 to $41.61 billion by 2019¹ due to increasing demand for smart infrastructure and fully managed network appliances. The IoT applications will enable Japanese businesses to collect real-time information on mission-critical systems, better manage their networks and logistics and remotely perform intelligent operations, for increased efficiency and reliability.
 
Japan における IoT および Machine-to-Machine (M2M) の通信マーケットは、2014年の $11.34 billion から、2019年の $41.61 billion への成長が予測されている。そして、スマート・インフラとフル・マネージド・ネットワーク・アプライアンスへの需要の増加が、この成長を支えると言われている。IoT アプリケーションは Japan の企業に対して、効率性と信頼性を高めるための、さまざまなメリットをもたらすことになる。たとえば、ミッション・クリティカル・システム上でのリアルタイム情報の収集や、改善されたネットワークとロジスティクスの管理、リモートからのインテリジェントな操作などが、具体例として挙げられる。
 
Gemalto offers the highest quality of ruggedized MIM² that can sustain extreme environments of humidity, corrosion, vibration, and temperatures from -45 to 105 degrees Celsius. It also leverages Gemalto’s unique operating system to offer optimized memory management, data retention and one million erase/write cycles, which extend the lifespan of the device and prevent service disruptions.
 
Gemalto は、耐久性という観点でも、極端な湿気/腐食/振動にも耐え、摂氏 -45〜+105 度の環境で機能するなど、きわめて高品質の MIM² を提供している。 また、Gemalto は独自のオペレーティング・システムを活用することで、メモリ管理をデータ保持最適化し、100万回の Erase/Write サイクルも実現している。つまり、それによりデバイスの寿命を延長し、サービスの中断を防ぐことが可能となる。
 
“We have a long standing relationship with NTT Docomo, which includes Japan’s first (LTE) wireless connectivity in 2010, and more recently, the NFC deployment,” said Michael Au, President South Asia and Japan at Gemalto.
 
Gemalto の President South Asia and Japan である Michael Au は、「 私たちは、NTT Docomo と長年に渡る関係を有しており、そこには、2010年における Japan で最初の LTE ワイヤレス接続や、最近の NFC デプロイメントなどが含まれる」と述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT にも、いわゆる FA の延長戦上にある製造業の IoT と、そこから出荷された後にも製造業がトラッキングする IoT、そして、製造業者とは切り離されたところでサービス・プロバイダーがトラッキングする IoT があるように思えます。 そして、IoT が機能していくにつれて、いまの業種と業態における垣根が変化していくはずですが、誰がトリガーを引くのかというと、やはりモバイル・キャリアが最右翼なのでしょうね。 業種もボーダーレス、国境もボーダーレスの時代です。 日本のキャリアに頑張って欲しいです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
暗号化キーは盗まれていなかった! 世界最大手のSIMメーカーがスノーデンリークに反論

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?

Posted in Asia, IoT, Telecom by agilecat.cloud on June 19, 2015
Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
May 29, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/05/29/21722-internet-of-things-platform-boosts-china-mobiles-services
_ China Tech News
 
China Mobile has launched two Internet of Things platforms targeting Chinese enterprise users.
 
China Mobile が、同国のエンタープライズ・ユーザーをターゲットに、2種類の IoT プラットフォームを立ち上げた。
 
During CES Asia 2015, the telecommunications company unveiled its Internet of Things exclusive business management platform and its OneNet device cloud platform.
 
先日に開催されていた CES Asia 2015 において、このテレコム企業は、IoT Exclusive Business Management Platform と、OneNet Device Cloud Platform を発表している。
 
China Mobile IoTThe Internet of Things business management platform combines statistical analysis and an API interface for businesses to build hardware and software tools around China Mobile’s offering. China Mobile says its IoT exclusive business management platform has already been tested on networks comprising a real-time management scenario of nearly five million devices.
 
その IoT Exclusive Business Management Platform は、China Mobile が提供するハードウェアやソフトウェア・ツールの構築を推進するために、エンタープライズのための統計分析と API インターフェイスを統合するものである。China Mobile の発言によると、この IoT プラットフォームは、約 500万台のデバイスに対応する、リアルタイム・マネージメントのシナリオを含んだ、ネットワーク上でテストされているという。
 
The OneNet device cloud platform is a cloud service and information handling platform the connects terminals and applications. It provides Internet of Things enterprises with multiple protocols and access support and it can realize connection between smart devices and applications. In addition, it provides professional PaaS cloud services, targeting product prototyping, commercial use, and daily management.
 
そして、OneNet Device Cloud Platform はというと、クラウド・サービスと情報ハンドリングのプラットフォームであり、ターミナルとアプリケーションを接続するものになる。それは、マルチ・プロトコルとアクセス・サポートを用いて、IoT エンタープライズを提供していくものとなる。さらに言えば、スマート・デバイスとアプリケーションの接続を、具体的に実現していくものとなる。それに加えて、製品プロトタイプ/商用における利用/日常での管理という流れをターゲットにした、プロフェッショナルのための PaaS クラウド・サービスも提供する。
 
China Mobile also displayed its energy consumption monitoring platform, smart community platform, and communication module for use in industrial applications. By using a wireless sensing device, the energy consumption monitoring platform can use data to dynamically adjust related equipment to promote a good allocation of energy. The smart community platform can integrate residential properties, family security services, household services and LBS applications to create a secure environment.
 
さらに China Mobile は、産業用アプリケーションで使用するための、エネルギー消費を監視するプラットフォーム、および、スマート・コミュニティのためのプラットフォーム、そして、通信モジュールを展示していた。このエネルギー消費監視プラットフォームは、なんらかのワイヤレス・センサー・デバイスを用いて、データを有効利用していく。 たとえば、相互に関連し合う生産ラインを動的に調整し、適切なエネルギー配分を促進していくようなことが考えられる。また、スマート・コミュニティ・プラットフォームは、安全な生活環境を実現するために、住宅と家族のセキュリティ・サービスや、家庭用のサービス、そして LBS アプリケーションなどを統合していく。
 
These IoT services are slowly rolling out throughout China. China Mobile says it plans to be the cornerstone service provider for all IoT services in both hardware and software areas.
 
一連の IoT サービスは、ゆっくりと時間をかけながら、China 全土に展開されていく。 China Mobile は、ハードウェアとソフトウェアにおいて、すべての IoT サービスを展開していく、不可欠なサービス・プロバイダになっていく計画だと発言している。
 
ーーーーー
IoT現時点で、6億人とか 7億人とか言われているモバイル・ユーザーを、抱え込んでいる中国の余裕を感じてしまう計画ですが、どちらかと言うと、製造業から固めていく方針のようですね。 そして、訳しながら考えていたのは、台湾や中国のような ODM を抱える国々が、独自の IoT を生産ラインに組み込んでいき、そこで生産されたプロダクトが国外の消費者に手渡されたとき、どのような状況が生じるのかという点です。 たとえば、Foxconn で製造された iPhone は、ユーザーが利用する段階になっても、Foxconn とつながっているのいないのか・・・ という疑問なのです。 もちろん、ユーザーも Apple も、それを望まないでしょうが、たとえばリコールなどが発生したときや、新たなロットを他国で製造するときに、Apple は Foxconn に頼ることなく、すべてを処理できるのでしょうか?  製造という行為に対して、IoT が新たな付加価値を与えていくように思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
http://talkincloud.com/telco-hub/06162015/huawei-vodafone-establish-strategic-alliance
 
_Talkin Cloud
 
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
 
この、テレコム業界の大物二社が、エンタープライズ・コミュニケーションおよびテクノロジー・サービスにおける、多様な開発事業について協調していくことになる。
 
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
 
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
 
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
 
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
 
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
 
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
 
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
 
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
 
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
 
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
 
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
 
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
 
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
 
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at dan.kobialka@penton.com.
 
ーーーーー
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
 

Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?

Posted in .Selected, Asia, Cisco, SDN, Telecom by agilecat.cloud on June 9, 2015
Singtel launches software-defined WAN service
By Networks Asia staff | Monday, June 8, 2015 – 09:48
http://www.networksasia.net/article/singtel-launches-software-defined-wan-service.1433728137
 
_Network Asia
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) has announced a partnership with Viptela Inc. (Viptela) to launch SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) service. This cloud-based solution helps enterprises in Asia Pacific, Australia, Europe and the US simplify the management of their networks.
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) が、Viptela Inc. (Viptela) とパートナーシップを交わすことで、SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) サービスを立ち上げると発表した。このクラウド・ベースのソリューションを採用することで、Asia Pacific/Australia/Europe/US などのエンタープライスは、自身のネットワーク管理を簡素化できるようになる。
 
The Singtel ConnectPlus SD-WAN solution enables enterprises to simplify and centralize their network provisioning and policy management, and configure network requirements in real-time.
 
具体的に言うと、この Singtel ConnectPlus SD-WAN ソリューションにより、それぞれのエンタプライズ・ネットワークにおける、プロビジョニングとポリシーの管理を簡素化/一元化し、また、ネットワーク要件をリアルタイムで設定することも可能になる。
 
SingTel_phone_boothwikimedia
 
“Singtel is empowering enterprises with the capability to adapt and programme their network operations based on their needs. Using a self-service portal, they can exercise dynamic control over network issues such as performance, bandwidth utilisation and security,” said Lee Han Kheng, Vice President (Global Products), Singtel Group Enterprise.
 
Singtel Group Enterprise の VP である Lee Han Kheng は、「Singtel は、それぞれのニーズに基づいて、それぞれのエンタープライズが、ネットワーク・オペレーションを適用し、また、プログラムしていく能力を提供したいと考えている。セルフ・サービスのポータルを利用することで、たとえばパフォーマンス/バンドワイズ/セキュリティといった、ネットワークに関連する問題を、それらの企業は学習しながら、動的にコントロールできるようになっていく」と述べている。
 
He added: “Singtel ConnectPlus SD-WAN is one of several software-based innovations that we are implementing to help our customers enhance their networks and improve business productivity.”
 
そして彼は、「Singtel ConnectPlus SD-WAN は、ソフトウェアをベースにした、いくつかのイノベーションの1つである。そして、自社のネットワークを強化し、ビジネスにおける生産性を向上させたいと願う顧客のために、私たちが実装していく」と、付け加えている。
 
Amir Khan, CEO of Viptela said: “ By combining Singtel’s global reach and market-leading network services with Viptela’s SD-WAN technology, Singtel ConnectPlus customers can easily change their network requirements, regardless of the number of physical locations, networking devices and underlying transport technologies. This helps businesses reduce operating costs by providing one point of control for all their IP VPN, private line and Internet services anywhere in the world.”
 
Viptela の CEO である Amir Khan は、「 Singtel のグローバル・リーチおよび、マーケットをリードするネットワーク·サービスと、Viptela SD-WAN を組み合わせたものが、Singtel ConnectPlus である。それにより、Singtel の顧客は、物理的ロケーションの量や、ネットワーク・デバイスの種類、そして、基礎をなすトランスポート・テクノロジーなどに制約されることなく、自身のネットワーク要件を容易に変更できる。つまり、世界中に点在する、すべての IP VPN/専用線/インターネット・サービスに関するコントロールを、シングル・ポイントで提供することで、エンタープライズにおける運用コストの削減が達成される」と述べている。
 
Singtel and Viptela are currently working with multiple Global 2000 enterprise customers in pilot deployments of the service.
 
Singtel と Viptela は、このサービスをパイロット・ディプロイするために、Global 2000 の企業と協力している。
 
Singtel ConnectPlus IPVPN has an extensive network of more than 200 Points-of-Presence (PoP) around the world.
 
Singtel ConnectPlus IPVPN は、世界中に展開された 200 以上の Points-of-Presence (PoP) という、広大なネットワークを有している。
 
ーーーーー
SDNSingTel というと、とてもセンスの良いテレコムというイメージがあります。 あの、データセンターとサービスが密集しているシンガポールで、ほどよい感じで存在感を示しながら、あまり出しゃばりもせずに、その規模を着々と拡大しています。 もちろん、狙うべきマーケットは、シンガポールをベースにしたグローバルとなりますので、APAC 内でのパートナーシップも大切にしています。 そして、今回の Singtel ConnectPlus SD-WAN ですが、Viptela と組んでポリシー・コントロールまでカバーしている点が、とても気になります。 このあたりは、Cisco のお家芸とも言える領域なので、新たなガチンコ勝負が始まるのではと、期待が膨らんでしまうのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、この一年のトピックをまとめてみた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
 
%d bloggers like this: