Agile Cat — in the cloud

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?

Posted in Asia, IoT, Telecom by agilecat.cloud on June 19, 2015
Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
May 29, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/05/29/21722-internet-of-things-platform-boosts-china-mobiles-services
_ China Tech News
 
China Mobile has launched two Internet of Things platforms targeting Chinese enterprise users.
 
China Mobile が、同国のエンタープライズ・ユーザーをターゲットに、2種類の IoT プラットフォームを立ち上げた。
 
During CES Asia 2015, the telecommunications company unveiled its Internet of Things exclusive business management platform and its OneNet device cloud platform.
 
先日に開催されていた CES Asia 2015 において、このテレコム企業は、IoT Exclusive Business Management Platform と、OneNet Device Cloud Platform を発表している。
 
China Mobile IoTThe Internet of Things business management platform combines statistical analysis and an API interface for businesses to build hardware and software tools around China Mobile’s offering. China Mobile says its IoT exclusive business management platform has already been tested on networks comprising a real-time management scenario of nearly five million devices.
 
その IoT Exclusive Business Management Platform は、China Mobile が提供するハードウェアやソフトウェア・ツールの構築を推進するために、エンタープライズのための統計分析と API インターフェイスを統合するものである。China Mobile の発言によると、この IoT プラットフォームは、約 500万台のデバイスに対応する、リアルタイム・マネージメントのシナリオを含んだ、ネットワーク上でテストされているという。
 
The OneNet device cloud platform is a cloud service and information handling platform the connects terminals and applications. It provides Internet of Things enterprises with multiple protocols and access support and it can realize connection between smart devices and applications. In addition, it provides professional PaaS cloud services, targeting product prototyping, commercial use, and daily management.
 
そして、OneNet Device Cloud Platform はというと、クラウド・サービスと情報ハンドリングのプラットフォームであり、ターミナルとアプリケーションを接続するものになる。それは、マルチ・プロトコルとアクセス・サポートを用いて、IoT エンタープライズを提供していくものとなる。さらに言えば、スマート・デバイスとアプリケーションの接続を、具体的に実現していくものとなる。それに加えて、製品プロトタイプ/商用における利用/日常での管理という流れをターゲットにした、プロフェッショナルのための PaaS クラウド・サービスも提供する。
 
China Mobile also displayed its energy consumption monitoring platform, smart community platform, and communication module for use in industrial applications. By using a wireless sensing device, the energy consumption monitoring platform can use data to dynamically adjust related equipment to promote a good allocation of energy. The smart community platform can integrate residential properties, family security services, household services and LBS applications to create a secure environment.
 
さらに China Mobile は、産業用アプリケーションで使用するための、エネルギー消費を監視するプラットフォーム、および、スマート・コミュニティのためのプラットフォーム、そして、通信モジュールを展示していた。このエネルギー消費監視プラットフォームは、なんらかのワイヤレス・センサー・デバイスを用いて、データを有効利用していく。 たとえば、相互に関連し合う生産ラインを動的に調整し、適切なエネルギー配分を促進していくようなことが考えられる。また、スマート・コミュニティ・プラットフォームは、安全な生活環境を実現するために、住宅と家族のセキュリティ・サービスや、家庭用のサービス、そして LBS アプリケーションなどを統合していく。
 
These IoT services are slowly rolling out throughout China. China Mobile says it plans to be the cornerstone service provider for all IoT services in both hardware and software areas.
 
一連の IoT サービスは、ゆっくりと時間をかけながら、China 全土に展開されていく。 China Mobile は、ハードウェアとソフトウェアにおいて、すべての IoT サービスを展開していく、不可欠なサービス・プロバイダになっていく計画だと発言している。
 
ーーーーー
IoT現時点で、6億人とか 7億人とか言われているモバイル・ユーザーを、抱え込んでいる中国の余裕を感じてしまう計画ですが、どちらかと言うと、製造業から固めていく方針のようですね。 そして、訳しながら考えていたのは、台湾や中国のような ODM を抱える国々が、独自の IoT を生産ラインに組み込んでいき、そこで生産されたプロダクトが国外の消費者に手渡されたとき、どのような状況が生じるのかという点です。 たとえば、Foxconn で製造された iPhone は、ユーザーが利用する段階になっても、Foxconn とつながっているのいないのか・・・ という疑問なのです。 もちろん、ユーザーも Apple も、それを望まないでしょうが、たとえばリコールなどが発生したときや、新たなロットを他国で製造するときに、Apple は Foxconn に頼ることなく、すべてを処理できるのでしょうか?  製造という行為に対して、IoT が新たな付加価値を与えていくように思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
http://talkincloud.com/telco-hub/06162015/huawei-vodafone-establish-strategic-alliance
 
_Talkin Cloud
 
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
 
この、テレコム業界の大物二社が、エンタープライズ・コミュニケーションおよびテクノロジー・サービスにおける、多様な開発事業について協調していくことになる。
 
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
 
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
 
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
 
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
 
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
 
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
 
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
 
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
 
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
 
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
 
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
 
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
 
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
 
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at dan.kobialka@penton.com.
 
ーーーーー
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
 

Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?

Posted in .Selected, Asia, Cisco, SDN, Telecom by agilecat.cloud on June 9, 2015
Singtel launches software-defined WAN service
By Networks Asia staff | Monday, June 8, 2015 – 09:48
http://www.networksasia.net/article/singtel-launches-software-defined-wan-service.1433728137
 
_Network Asia
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) has announced a partnership with Viptela Inc. (Viptela) to launch SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) service. This cloud-based solution helps enterprises in Asia Pacific, Australia, Europe and the US simplify the management of their networks.
 
Singapore Telecommunications Limited (Singtel) が、Viptela Inc. (Viptela) とパートナーシップを交わすことで、SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) サービスを立ち上げると発表した。このクラウド・ベースのソリューションを採用することで、Asia Pacific/Australia/Europe/US などのエンタープライスは、自身のネットワーク管理を簡素化できるようになる。
 
The Singtel ConnectPlus SD-WAN solution enables enterprises to simplify and centralize their network provisioning and policy management, and configure network requirements in real-time.
 
具体的に言うと、この Singtel ConnectPlus SD-WAN ソリューションにより、それぞれのエンタプライズ・ネットワークにおける、プロビジョニングとポリシーの管理を簡素化/一元化し、また、ネットワーク要件をリアルタイムで設定することも可能になる。
 
SingTel_phone_boothwikimedia
 
“Singtel is empowering enterprises with the capability to adapt and programme their network operations based on their needs. Using a self-service portal, they can exercise dynamic control over network issues such as performance, bandwidth utilisation and security,” said Lee Han Kheng, Vice President (Global Products), Singtel Group Enterprise.
 
Singtel Group Enterprise の VP である Lee Han Kheng は、「Singtel は、それぞれのニーズに基づいて、それぞれのエンタープライズが、ネットワーク・オペレーションを適用し、また、プログラムしていく能力を提供したいと考えている。セルフ・サービスのポータルを利用することで、たとえばパフォーマンス/バンドワイズ/セキュリティといった、ネットワークに関連する問題を、それらの企業は学習しながら、動的にコントロールできるようになっていく」と述べている。
 
He added: “Singtel ConnectPlus SD-WAN is one of several software-based innovations that we are implementing to help our customers enhance their networks and improve business productivity.”
 
そして彼は、「Singtel ConnectPlus SD-WAN は、ソフトウェアをベースにした、いくつかのイノベーションの1つである。そして、自社のネットワークを強化し、ビジネスにおける生産性を向上させたいと願う顧客のために、私たちが実装していく」と、付け加えている。
 
Amir Khan, CEO of Viptela said: “ By combining Singtel’s global reach and market-leading network services with Viptela’s SD-WAN technology, Singtel ConnectPlus customers can easily change their network requirements, regardless of the number of physical locations, networking devices and underlying transport technologies. This helps businesses reduce operating costs by providing one point of control for all their IP VPN, private line and Internet services anywhere in the world.”
 
Viptela の CEO である Amir Khan は、「 Singtel のグローバル・リーチおよび、マーケットをリードするネットワーク·サービスと、Viptela SD-WAN を組み合わせたものが、Singtel ConnectPlus である。それにより、Singtel の顧客は、物理的ロケーションの量や、ネットワーク・デバイスの種類、そして、基礎をなすトランスポート・テクノロジーなどに制約されることなく、自身のネットワーク要件を容易に変更できる。つまり、世界中に点在する、すべての IP VPN/専用線/インターネット・サービスに関するコントロールを、シングル・ポイントで提供することで、エンタープライズにおける運用コストの削減が達成される」と述べている。
 
Singtel and Viptela are currently working with multiple Global 2000 enterprise customers in pilot deployments of the service.
 
Singtel と Viptela は、このサービスをパイロット・ディプロイするために、Global 2000 の企業と協力している。
 
Singtel ConnectPlus IPVPN has an extensive network of more than 200 Points-of-Presence (PoP) around the world.
 
Singtel ConnectPlus IPVPN は、世界中に展開された 200 以上の Points-of-Presence (PoP) という、広大なネットワークを有している。
 
ーーーーー
SDNSingTel というと、とてもセンスの良いテレコムというイメージがあります。 あの、データセンターとサービスが密集しているシンガポールで、ほどよい感じで存在感を示しながら、あまり出しゃばりもせずに、その規模を着々と拡大しています。 もちろん、狙うべきマーケットは、シンガポールをベースにしたグローバルとなりますので、APAC 内でのパートナーシップも大切にしています。 そして、今回の Singtel ConnectPlus SD-WAN ですが、Viptela と組んでポリシー・コントロールまでカバーしている点が、とても気になります。 このあたりは、Cisco のお家芸とも言える領域なので、新たなガチンコ勝負が始まるのではと、期待が膨らんでしまうのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、この一年のトピックをまとめてみた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
 

Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Telecom by agilecat.cloud on June 9, 2015
Equinix Will Acquire Telecity Group Ending Proposed Interxion Merger
Jason Verge – May 29, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/05/29/equinix-will-acquire-telecity-group-ending-proposed-interxion-merger/
 
_ DC Knowledge
 
Equinix will acquire Telecity Group for $3.6 billion in a cash and stock deal. The deal halts an earlier proposed merger between Interxion and Telecity Group.
 
Equinix による Telecity Group の買収が、$3.6 billion のキャッシュと株式の交換により成立するようだ。それにより、Interxion と Telecity Group の間で進められたきた、合併というシナリオは停止することになる。
 
Equinix will pay the equivalent of $17.55 a share in a combination of cash and shares. The board of directors of Telecity is expected to unanimously recommend that shareholders approve the Equinix deal.
 
Equinix は1株あたり $17.55 の対価を支払うが、内訳としては現金による支払いと、同社の株式との交換という組み合わせになる。Telecity の取締役会は、株主たちに Equinix との取引を承認するよう、全会一致で推奨するだろう。
 
Equinix-LD6-London-DCRendering of the LD6 data center in Slough by Equinix, the world’s largest colocation provider (Image: Equinix)
 
The deal has several implications. Equinix is already the world’s largest data center player – it now greatly increases its position in Europe including in several new markets. Telecity operates close to 40 data centers in 11 countries in Europe with a market capitalization of over $2.6 billion.
 
この買収には、いくつかの意味が含まれている。すでに Equinix は、世界最大のデータセンター・プレーヤーであるが、ヨーロッパでのポジションを大きく向上させ、新たな市場を取り込むことになる。 Telecity は、ヨーロッパの11カ国で約40ヶ所のデータセンターを運用し、$2.6 billion 以上の時価総額があると評価されている。
 
The deal also prevents a merger that would have made Equinix the number two player in Europe. Telecity in February said it would buy Dutch rival Interxion in a $2.2 billion all-stock deal. The deal was attractive to both boards, with benefits including total cost and capital synergies estimated at about $680 million.
 
また、この買収は、Equinix をヨーロッパの二番手に押し下げる、合併を防ぐことになる。Telecity は 2月に、Dutch のライバルである Interxion を、$2.2 billion 分の株式で買収すると発言していた。その取引は、両社の首脳陣にとって魅力的だったはずだ。つまり、トータル・コストを引き下げ、$680 million と推定される、資本面でのシナジー効果が期待されていたからだ。
 
Equinix argued that it acquiring Telecity would create a more compelling combination.
 
しかし、Equinix は、Telecity に対する同社の提案のほうが、より魅力的な組み合わせになると主張している。
 
For Equinix, The Telecity acquisition means increased network and cloud density to better serve customers, as well as a stronger platform to attract customers and pursue the emerging enterprise opportunity.
 
Equinix の Telecity 買収は、ネットワークとクラウドの密度を高め、優れた顧客にサービスを提供するだけではなく、顧客にとって強力なプラットフォームを提供し、また、新たなビジネス・チャンスを促進することになる。
 
Equinix expects the transaction to enable accelerated deployment of cloud service provider nodes and to further the execution of Equinix’s cloud ecosystem strategy for EMEA.
 
今回に買収に際して Equinix が期待しているのは、クラウド・サービス・プロバイダーのノードを迅速に展開し、また、EMEA に対する Equinix のクラウド・エコシステム戦略の促進にある。
 
retail-colocation-chart2014年:コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
 
In the United Kingdom, the acquisition of TelecityGroup adds capacity in Central London and Docklands that complements Equinix’s current operations in Slough. Telecity adds capacity in several of Equinix’s current locations throughout Europe, and extends Equinix’s footprint into new locations such as Dublin, Helsinki, Istanbul, Milan, Stockholm and Warsaw.
 
Telecity Group の買収が成立すると、UK では同社の Central London および Docklands のキャパシティが追加されるため、現状における Equinix の Slough オペレーションが補完されることになる。そして Telecity は、ヨーロッパ全体における Equinix のロケーションに対しても、キャパシティを追加していく。 具体的に言うと、Dublin/Helsinki/Istanbul/Milan/Stockholm/Warsaw といったロケーションが、Equinix の新たな版図に入ることになる。
 
“Equinix can use Telecity to double down in the top four European markets and extend into new ones that have long-term potential,” said Jabez Tan, senior analyst, Structure Research. “Markets like Helsinki, for example, could be gateways to the wider Scandinavian region.”
 
「 Equinix は Telecity を活用することで、ヨーロッパの Top-4 マーケットに、倍掛けの体制で臨むことになる。そして、長期的な可能性を持つ新しいものへと、そのマーケットを拡張していく。たとえば、Helsinki のようなマーケットは、広大なスカンジナビア地域へのゲートウェイにもなり得る」と、Structure Research の Senior Analyst である Jabez Tan は述べている。
 
Tan said that, while this transaction will certainly impact the competitive landscape in Europe, it’s not likely to spark a seismic consolidation wave. “The M&A landscape in Europe should continue to move incrementally and will increasingly be driven by strategic considerations,” he said. “One possibility is that we may see scaled players like Interxion think about building a US-based footprint to respond and M&A would potentially be one means to that end.”
 
Tan は、この買収により、ヨーロッパにおける競合の状況に対して、一定の影響が生じるだろうが、雪崩的な統合の波を引き起こす可能性はない、と述べている。そして、彼は、「 ヨーロッパにおける M&A の動きは、ますます盛んになる。 ただし、その波は戦略的な思考により促進されていく。ひとつの可能性として、Interxion のような規模のプレイヤーが、今回の M&A に対する反応として、アメリカ市場に勢力を拡大していくことも有り得るだろう。つまり、M&A の背景には、目的を達成するための手段という意味合いがあるのだ」と続けている。
 
Following Equinix’s original bid in May, Equinix had a 28-day period to make a solid offer or state its intensions to not acquire Telecity.
 
Equinix は Telecity に対して、5月に実施した入札の後に、より具体的な条件の提示をするか、買収を停止するかを判断するために、28日間の猶予を持っていた。
 
ーーーーー
Equinixこれまでも、ヨーロッパにおける DC 事業者の規模は、① Equinix、② TeleCity、③ Interxion という順位でしたが、僅差で並んでいたようです。 しかし、Equinix が TeleCity を買収してしまうと、アメリカ市場と同様に、大きく抜きん出た存在になります。 そして APAC ですが、どうやら Alibaba との連携へと、Equinix は動き出すようです。 こちら方のトピックも、近々に対訳をと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
 

Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!

Posted in Asia Weekly, Telecom by agilecat.cloud on May 24, 2015
あっという間に、モバイル・ユーザーが 2000万人に達したようだ・・・
 
_ cna-banner
 
Cloud News Asia を立ち上げた数カ月後に、Myanmar Times というメディアを見つけました。そして、昨年5月の「Myanmar poised to have ‘60 million citizens come online almost overnight’」という TechInAsia のポストで、ミャンマーでもインターネットが普及し始めることを認識しました。 とは言え、その後に続くニュースは、どれも散発的なものであり、それほどの勢いも感じることが出来ませんでした。
 
1024px-DSC014_Myanmar_Yangon_Paya_Shwédagon_Pagoda_Tazaung_Pavillon_(7181922960)Wikipedia
 
そんな中でも、2014年11月には、台湾からの「TEEMA to invest NT$14 billion ( US$0.5 billion) in Myanmar」という経済支援が行われ、それを追いかけるように中国からも「China, Myanmar agree on (US$7.8 billion)」という大規模な支援が行われるという状況になってきました。 また、12月には Eric Schmidt がミャンマーを訪問し、Google 上でのミャンマー語のサポートと、デベロッパー支援を約束しました。 それは、Google の世界戦略の一環でもあるのですが、民主化から間もないミャンマーにとって、とても明るいニュースだったと思います。
 
ここでミャンマーの歴史について、ちょっと振り返ってみたいと思います。 以下、Wikipedia より抜粋・・・
 
2003年8月、キン・ニュンが首相に就任。キン・ニュンは就任直後に Roadmap to democracy を発表し、保守派と対立。2004年10月、和平推進派のキン・ニュン首相が失脚して自宅軟禁された。後任の首相には、保守派のソー・ウィンが就任。同年、中国・ビルマ・パイプラインの協議が中国との間で開始され、翌2005年に中国石油天然気(PetroChina)との間で契約が成立し、中国のミャンマー進出が加速した。この緬中関係では、キン・ニュンの庇護の下でホテル経営を行なっていたロー・シンハン(羅星漢)率いるアジア・ワールド社が独占的な契約を結んでいった。
 
2007年10月12日にソー・ウィン首相が死去したことに伴い、軍出身のテイン・セインが2007年10月首相に就任すると、軍政主導の政治体制の改革が開始される。2008年新憲法案についての国民投票が実施・可決され民主化が計られるようになる。2010年10月国旗の新しいデザインを発表。11月には新憲法に基づく総選挙が実施される。また同月政府はアウンサンスーチーは軟禁期限を迎えると発表し、その後軟禁が解除された。2011年3月テイン・セインはミャンマー大統領に就任。同月国家平和発展評議会 (SPDC) は解散し、その権限は新政府に移譲された。11月アウンサンスーチー率いる国民民主連盟 (NLD) は政党として再登録されている。 ・・・ ココまで。
 
こうしてみると、民主化から 3年ほどしか経っていないことに気づきます。しかし、今年に入ってからのミャンマーの動きには、眼を見張るものがあります。まだ、マーケットの詳細については、具体的な情報が不足していますが、同国の三大テレコムである MPT と、Ooredoo と、Telenor のサブスクライバー数を合算すると、すでに 2000万人近くに達しているのです。
 
5/4: Ooredoo claims 3.3 million subs
5/7: Telenor racks up 6.4 million subscribers
5/19: MPT adds 8 million subscribers since July
 
その名前からして、MPT (Myanma Posts and Telecommunications)  は国策企業であり、日本からは KDDI が支援しているようです。 また、Oredoo の HQ はクエートにあり、Telenor はノルウェーから来ています。そんな背景からか、「Local consortium to claim Myanmar’s fourth telco licence」という記事が示すように、第4のテレコムが誕生するのかもしれません。そうなると、海外からの投資が更に加速するでしょうし、参入の間口も広がるでしょう。
 
ミャンマーの総人口は、6000万人弱とのことです。 その就労人口が 4000万人だとしても、インターネットの普及率が 50% に達したことになります。おそらく、その大半がモバイルだと思いますが、わずか一年しか要していないことに驚きを感じますし、途上国におけるインフラ整備の優先順位が、大きく変化しているようにも思えてきます。 ほんと、アジアはホットですね!
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 4/19: Android Wear is useless in China, so Baidu just created its own smartwatch OS
ChinaBaidu, China’s top search engine company, has just taken the wraps off of its own smartwatch OS. It’s called DuWear. Because pretty much every single Google service is blocked in China, Android Wear with its baked-in Google services is useless in China. That seems to have prompted Baidu to take a stab at it making its own. Kaiser Kuo, Baidu’s director of international communications, tells Tech in Asia that a “major manufacturer” is going to make a smartwatch that uses DuWear and it’ll be available to buy in June.
 
② 4/22: China’s Huawei targets July launch for public cloud service in China
ChinaSHENZHEN: Chinese telecom equipment maker Huawei Technologies said on Tuesday it will launch its public cloud computing services for Chinese corporate customers in July, becoming the latest Chinese company to enter the fast-growing market. Speaking at Huawei’s Global Analyst Summit in Shenzhen on Tuesday, Huawei rotating chief executive Eric Xu did not name the Chinese telecom carrier with which it would partner to offer the service. But Xu said the strategy would not create competitive friction with Chinese carriers, which have already indicated they plan to offer public cloud services.
 
③ 5/19: MPT adds 8 million subscribers since July, from Myanmar
MyanmarKDDI, which on May 12 released its financial report for the fiscal year ending March 2015, stated that launching operations in Myanmar had boosted revenues for its global services segment, with the segment’s operating revenues posted at 320.6 billion yen (US $2.7 billion) – up more than 20 percent over the year prior. The company first officially entered Myanmar last July when it joined Sumitomo Corporation in setting up a subsidiary, KDDI Summit Global Myanmar (KSGM), to assist state-owned MPT in competing with then-forthcoming international telcos Ooredoo and Telenor.
 
④ 3/8: Chinese Internet Giants Eyeing Silicon Valley Data Centers
ChinaEarlier this week, Alibaba subsidiary Aliyun announced it was opening a data center in Santa Clara, California, as the first step in expanding the giant’s reach into the U.S. cloud services market. Alibaba isn’t the only Chinese internet company looking to gain data center foothold in Silicon Valley. Other heavyweights, including Tencent and Baidu, have been shopping for data center space in the Valley in recent months, Jeff West, director of data center research at the commercial real estate firm Cushman & Wakefield, said.
 
⑤ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑥ 4/26: Gartner cuts forecast for 2015 chip market growth, from TW
TaiwanWorldwide semiconductor revenues are forecast to reach US$354 billion in 2015, a 4% increase from 2014, according to Gartner. However, the prediction is down from Gartner’s previous estimate of a 5.4% increase. “Concern is mounting about semiconductor revenue growth in 2015 as system suppliers start to grapple with the rapid depreciation in value of global currencies relative to the US dollar, excess inventories in the semiconductor and electronics supply chains, and the end of a PC upgrade cycle,” said Bryan Lewis, research vice president at Gartner.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 5/1: Chinese handset makers extend battlefield to foreign markets
ChinaHuawei unveiled its new Honor 4C handset in Beijing on April 28, the first day of the three-day Global Mobile Internet Conference, as the Chinese company eyes the market for smartphones priced below 1,000 yuan (US$160), reports Shanghai’s China Business News. Zhao Ming, president of Huawei’s Honor brand, said Honor has set its sight on the global market and will focus on products and services that meet the needs of users.
 
⑨ 4/26: Australian cyber security centre a ‘fundamental shift’
AustraliaAustralia’s new cyber centre represents a “fundamental shift” in the partnership between government and business, Attorney-General George Brandis (pictured) said. The Australian Cyber Security Centre (ACSC), set up in November, “represents a fundamental shift in the way that government wants to partner with business on cyber security”, Brandis said. “For the first time in Australia’s history, industry representatives will be invited into the heart of the Australian Government’s cyber security operations.”
 
⑩ 4/4: Office 365 cloud service unveiled, from Nepal
NepalKATHMANDU, APR 03 – Microsoft has launched Office 365 cloud service for businesses, educational institutions and consumers in Nepal. The service enables seamless sharing of data across personal computers and smartphones using cloud computing technology. Since it is internet-based, data and solutions can be accessed from anywhere using a browser, the company said.
 
ーーーーー
cna_6これも WikiPedia からの参照ですが・・・  2007年9月27日、APF通信社の長井健司が反政府デモ(サフラン革命)の取材中に射殺された。 ・・・ ミャンマーというと、私たち日本人は、長井さんのことを思い出すはずです。 そして、政情が安定し欲しいと願うはずです。 そのためにも、インターネットの普及と情報の共有が大切です。 すでに 2000万人がつながったことで、今度こそは安堵してもよいのだと、信じたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
 
 

Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある

Posted in Advertising, Research, Telecom by agilecat.cloud on May 19, 2015
This chart shows one big reason why Verizon just spent $4.4 billion on AOL
Eugene Kim – May 12, 2015
http://www.businessinsider.com/aols-ad-tech-business-growing-fast-2015-5
 
_ Business Insider
 
Verizon announced on Tuesday that it’s acquiring AOL for roughly $4.4 billion. At a morning conference for analysts, John Stratton, head of Verizon’s operations, said its “principal interest was around the ad tech platform that Tim Armstrong and his team have done a really terrific job building.”
 
この火曜日(5/12)に、Verizon は AOL を、約 $4.4 billion で買収すると発表した。アナリスト向けの朝のカンファレンスで、Verizon のトップである John Stratton は、「 AOL に対する主要な関心事は、Tim Armstrong のチームが達成している、素晴らしいアド・テク・プラットフォームの周辺にある」と述べている。
 
aol-rev-share
BI Intelligence
 
So how big is AOL’s ad tech business? According to the chart below by BI Intelligence, AOL’s third-party platforms, which include programmatic and traditional ad marketplaces, is about a third of AOL’s total business. It accounted for 37% of total revenue in the last quarter, up from its 24% share just two years ago. Its publishing business, which includes big-name brands like Huffington Post and AOL.com, still comprise the bulk of the overall business, but the ad tech side is growing at a faster clip.
 
AOL のアド・テク・ビジネスは、どれほどの規模なのだろうか? BI Intelligence が作成したチャートによると、プログラマティック・アドと、従来からのアド市場を含む、AOL のサードパーティ・プラットフォームは、AOL 全事業の約 1/3 を占めている。そして、総収益に対する比率は、2年前の 24% から、直近の四半期における 37% へと、急上昇しているのだ。Huffington Post や AOL.com といったビッグネーム・ブランドで構成される、パブリッシング事業が依存として稼ぎ頭であるが、アド・テク事業のほうが成長力という観点では上回っている。
 
Verizon has seen its business slow down as its core mobile broadband and internet traffic turn into “dumb pipes,” BI Intelligence writes. The AOL acquisition instantly gives Verizon a new revenue source that could potentially make Verizon a major digital-advertising player in the ad tech space.
 
Verizon コア・ビジネスである、モバイル·ブロードバンドとインターネット・トラフィックは、単なるパイプへと変化し、成長力は鈍化していると、BI Intelligence は述べている。Verizon は AOL を買収することで、新たな収益源を直ちに確保できる。そして、アド・テクの世界における主要プレーヤーとして、今後の Verizon が活躍していく可能性も秘めている。
 
ーーーーー
Adこの勢いで AOL の広告事業が伸び続けると、2年後には同社の大黒柱に成長するのでしょうね。 Agile_Cat が利用している AOL のサービスというと、文中にもある Huffington Post と、音楽配信の Radio Tunes ですが、時代の流れに合わせて、しっかりと業態を変化させている感じがします。 そして、アド・テクに磨きをかけて、Verizon グループに加わるというのも、なかなかステキな展開です。 この老舗が、これからも活躍していきそうなので、ちょっと安心しました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
 

Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本

Posted in Asia Weekly, Telecom by agilecat.cloud on May 18, 2015
ついに中国系銀行が、インドのテレコムに資本参加を開始する・・・
 
_ cna-banner
 
先週のことですが、インドの大手モバイル・キャリア Bharti Airtel が、China Development Bank と Industrial and Commercial Bank of China から、今後の数年間にわたって $2.5 billion もの出資を受けるというニュースが報じられていました。 2013年の時点でインド政府は、100% 外資のモバイル・キャリアを認めているので、このような資本の流れが生じても当然なのですが、こんなに早く中国資本が流入するとは思ってもいませんでした。
 
The_ship_like_building_of_Airtel_headquarterWikipedia
 
また、Alibaba マネーもインド市場に流れ込んでいるようです。まず、インドの Xiaomi とも言える Micromax に、そして、コマース市場で Flipkart を追いかける Snapdeal に出資していくようです。 後者の Snapdeal に関しては、Softbank も絡んでいるようです。 また、台湾勢としては、Foxconn が巨額の投資を予定しているようです。
 
5/10: Alibaba in talks to buy US$1.2bil stake in Micromax: sources
3/12: Snapdeal, Alibaba in talks for $1 billion funding: Sources
3/27: SoftBank eyeing stake in Micromax: Report
4/17: Foxconn plans US$3.5bn investment in India: report
 
その他の、ちょっと面白い話題としては、Alibaba からの Snapchat への出資が挙げられますが、Tata グループのボスが Xiaomi に出資するという展開には驚きです。 すでに、中国のスマホ市場は飽和点に近づいており、この Xiaomi 以外にも OnePlus などがインド市場にシフトしているように思えます。 これからも、中国とインドの間で、大きな資本の移動が生じるのでしょうね。
 
3/12: Alibaba invests $200M in Snapchat
4/28: Xiaomi gets a new investor: Indian tycoon Ratan Tata
5/2: Ratan Tata buys stake in Xiaomi
 
その他の大規模投資としては、以下のものが挙げられます。
 
1/20: Xiaomi to buy stake in software firm Kingsoft from Tencent
2/2: Alibaba Invests US$10 Million in Android Console Ouya
2/2: First Xiaomi, now Alibaba: Ouya takes another step into China with $10M deal
3/3: Alibaba to set up venture capital fund in Taiwan
4/9: More deals ahead? China fund buys Silicon Valley chip maker
5/18: Hutchison Whampoa To Sell 33% UK Telecom Assets For GBP3.1 Billion
 
そして、アメリカの大手は、アジア市場に対してと言うか、主としてインド市場に対して、以下のように取り組んでいます。
 
2/19: Google Capital goes overseas, will set up shop in India
3/12: Amazon plans to invest Rs 1,155 crore to build its presence in India
4/5: Microsoft promises $16M in cloud services and support for 100 Chinese startups
4/12: Apple looks at increasing investments in India
4/16: VMware to invest $500 mn in India by 2017
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 4/4: Chinese web-surfers may face problems using Mozilla Firefox
ChinaBEIJING: Mozilla, creator of the popular Firefox web browser, said on Thursday it would follow Google and no longer recognize new certificates of trust issued by a Chinese internet agency. Google’s Chrome and Mozilla’s Firefox are some of the world’s most widely used browsers, and the moves could disrupt users accessing a broad range of Chinese web sites.
 
② 1/25: Digi introduces new logo and strategy
MalaysiaDigi Telecommunications Sdn Bhd has just embarked on a rebranding exercise by introducing a new logo along with a new strategy. According to Albern Murty, chief operating officer of Digi, the company has identified three strategic pillars on which to strengthen its business, namely by providing Internet for all at an affordable price, by being a source of inspiration for its customers and by increasing the efficiency of its operations.
 
③ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
④ 5/9: Newcomer to build 500 Ooredoo towers
MyanmarThe build-and-lease contract is for a period of 18 months, according to the statement. This is a relatively modest rollout plan compared to other towers companies operating in Myanmar. Pan-Asia Towers, for instance, signed in early 2014 to build 1250 towers for Ooredoo as part of its phase one program, which is already complete. A report by IFC and GSMA estimates that more than 17,000 telecommunication towers will need to be set up by 2017 to cover 70 percent of Myanmar’s population.
 
⑤ 5/10: China to start punishing Taobao shops with fake product reviews
ChinaThe world of C2C ecommerce on sites like Taobao revolves around user-written product reviews. It’s one of the first things customers check before buying an item, and good or bad reviews also help determine where a shop’s products end up in the rankings when users do a search. That system has led to widespread fakery: merchants posting positive-but-fake user reviews on their own products.
 
⑥ 3/13: The PS4 will finally launch in China on March 20
JapanSony’s next-gen gaming console, Playstation 4, has a release date in China. Again. The console, which was originally slated for release in the Middle Kingdom in early January, saw its launch postponed indefinitely for reasons that were not disclosed. Now, the device has a new China launch date: March 20.
 
⑦ 4/27: Smartphone AP shipments in China to grow over 17% sequentially in 2Q15
ChinaShipments of smartphone-use application processors in China are expected to reach 122 million units in the second quarter of 2015, up 17.6% sequentially and 18.4% on year, according to Digitimes Research. Among the top-three AP suppliers in China, MediaTek, which saw its market share slide to 46.8% in the first quarter of 2015 due to competition from Spreadtrum Communications in the 3G segment, is expected to ramp up its share to 48.4% in the second quarter, buoyed by rising shipments of LTE and 3G products, said Digitimes Research.
 
⑧ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑨ 4/17: TSMC hopes to build wholly-owned 12-inch fab in China
TaiwanTSMC would prefer to set up its own 12-inch wafer fab in China, and management is evaluating the feasibility “aggressively,” according to the Taiwan-based contract chipmaker. There is no time-frame for when TSMC would build a 12-inch fab in China, said the company during an April 16 investors conference. TSMC has been advised by some of its major clients to set up 12-inch wafer facilities in China, and believes that having a local fab for advance-node manufacturing in the region could help it accurately grasp customers needs, the chipmaker indicated.
 
⑩ 4/19: Android Wear is useless in China, so Baidu just created its own smartwatch OS
ChinaBaidu, China’s top search engine company, has just taken the wraps off of its own smartwatch OS. It’s called DuWear. Because pretty much every single Google service is blocked in China, Android Wear with its baked-in Google services is useless in China. That seems to have prompted Baidu to take a stab at it making its own. Kaiser Kuo, Baidu’s director of international communications, tells Tech in Asia that a “major manufacturer” is going to make a smartwatch that uses DuWear and it’ll be available to buy in June.
 
ーーーーー
cna_6中国主導の AIIB に関して、いろいろな憶測が飛び交っていますが、こうしてみると、すでに民間レベルで海外投資が進んでいる様子が窺えます。 もちろん、これからのアジア諸国は、インフラへの膨大な投資を必要とするでしょうし、モバイル・ネットワークやクラウド・サービスが機能するためにも、強固なインフラが重要になります。 日本政府は ADB へのテコ入れにより、AIIB と対峙していくようですが、ここ暫くは買い手市場なのでしょうね。 その意味でも、China Development Bank と Industrial and Commercial Bank of China による Bharti Airtel への出資が、どのような影響をもたらすのかと考えると、とても興味深いです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
 
 
%d bloggers like this: