Agile Cat — in the cloud

Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート

Posted in Asia, Research, Telecom by Agile Cat on April 10, 2014

Tata Communications positioned as leader in Gartner Magic Quadrant
http://wp.me/pwo1E-7om

April 1, 2014 – CIOL Bureau
http://www.ciol.com/ciol/news/212097/tata-communications-positioned-leader-gartner-magic-quadrant

MUMBAI, INDIA: Tata Communications, a leading provider of A New World of Communications, has been positioned in the ‘Leaders’ quadrant of the Gartner Magic Quadrant for Global Network Service providers for the first time.

MUMBAI, INDIA: A New World of Communications のリーディング・プロバイダーである Tata Communications が、Gartner Magic Quadrant for Global Network Service Providers で、初の Leaders の座を勝ち取った。

The Magic Quadrant evaluates companies based on ‘completeness of vision’ and ‘ability to execute’.

この、Magic Quadrant では、「 Completeness of Vision 」と「 Ability to Execute 」に基づいて、それぞれの企業が評価される。

Tata Communications’ strategy is based on its strong network presence in the emerging and developed markets

According to Gartner, "The number of organisations requiring global networking services continues to grow, due to globalisation and the growing adoption of cloud services, which are often hosted in different markets from the point of consumption. Organisations’ appetite for more bandwidth shows no signs of diminishing, with video machine-to-machine communications and big data, coupled with IT centralisation, as the primary drivers. Reliability and performance control are growing in importance as business processes become ever more IT-dependent; in addition, IT architectures (such as thin-client computing) place ever greater reliance on the network."

Gartner によると、「 グローバルなネットワーク・サービスを必要とする組織の数は、消費が生じる多様なマーケットでホストされ、また、グローバル化していくクラウド・サービスの採用に応じて、成長し続けている。より多くの帯域幅を望む、それらの組織における渇望は、集中化された IT に結合される Video/M2M/Big Data などにより、一向に衰えを見せる気配がない。また、ビジネス・プロセスの重要性の中で増大し続ける、信頼性と性能への要求は、これまで以上に IT 依存を強めている。さらに付け加えるなら、IT のアーキテクチャ自身が(例:Thin Client)、ネットワークへの信頼性の上に構築されている」という状況にある。

Sumeet Walia, Head of Global Enterprise Business, Tata Communications, says: "Through the years, we’ve made several investments in our network infrastructure and services; I believe this leaders’ position is a substantial achievement which truly represents how far we have come. I also believe this report shows our strategic roadmap in terms of network and managed service capabilities; our strength in both, developed and emerging markets such as Africa, the Middle East and Asia/Pacific; and our focus on customer experience.”

Tata Communications の Head of Global Enterprise Business である Sumeet Walia は、「 私たちは、何年にもわたって、ネットワークのインフラおよびサービスに、それなりの投資を行ってきた。そして、このリーダーのポジションという素晴しい成果は、私たちが進んできた長い道のりを端的に示している。このレポートが示している、戦略的なロードマップは、ネットワークとマネージド・サービスの面で評価されていると信じている。私たちの強みは、Africa/Middle East/Asia-Pacific といった、急激に成長している開発途上国にある。そして、もちろん、私たちは、顧客のエクスペリエンスに注力している」と、述べている。

Tata Communications’ strategy is based on its strong network presence in the emerging and developed markets, its portfolio of IP and cloud services, strategic partnerships and its transformation to a managed services business model. Tata Communications has demonstrated strength in providing catalyst services such as MPLS and Ethernet solutions and Content Delivery Network services which have been extensively field-tested and successfully implemented through various partnerships. Tata Communications will also see the roll-out of new cloud enablement offerings, including cloud-based WAN optimisation services thereby enhancing its cloud portfolio.

Tata Communications の戦略は、急激に成長している開発途上国のマーケットで、強固なネットワークをプレゼンスとして示すところに基づいている。それに加えて、IP とクラウドのサービスや、戦略的なパートナーシップ、マネージド・サービスへの移行で構成される、ビジネス・モデルのポートフォリオも重視されている。また、Tata Communications は、触媒となるサービスを提供することが、つまり、様々なパートナーシップを介して、MPLS と Ethernet のソリューションや、CDN(Content Delivery Network)サービスなどを実装し、広範囲におよびフィールド·テストをパスすることが、その強さを証明するとしている。さらに Tata Communications は、自身のクラウド・ポートフォリオを強化する、クラウドベースの WAN 最適化サービスなどを取り込むことで、新しいクラウドの定義を展開しようとしている。

Genius Wong, senior vice president, Global Network Services, Tata Communications, adds, "Our network strength is our key differentiator and we’re very pleased with Gartner’s evaluation and the leaders’ position. Going forward, we will continue to leverage our global network, vertical intelligence and leadership in developed and emerging markets to deliver value-driven, global managed solutions which will ultimately give our customers the speed to lead!”

Tata Communications の VP Global Network Services である Genius Wong は、「 私たちのネットワークの強さは、差別化のための重要な要因であり、また、Gartner の評価とリーダーのポジションには、とても感謝している。さらに前進することで、これからも私たちは、急激に成長する途上国において、グローバル・ネットワークと、垂直マーケットへの理解、そしてリーダーシップを強化していく。それが、顧客のビジネスに、究極の先進性とスピードを与えることになる!」と、付け加えている。

ーーーーー

TAG indexインドにおけるキャリアの話となると、昨年の 6月にポストした「 インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる? 」という抄訳を思い出します。これは、モバイル・キャリアとナショナル・セキュリティを切り離すという、とてもドラスティックな政策なのですが、その一方では、Tata によるグローバル展開を、インド政府は支援しているのだろうとも思えます。ちゃんと調べたわけではありませんが、Tata は海底ケーブルの保有率におて、かなり上位にランクされていると聞いたことがあります。また、インド国内のトラフィック分布も、モバイルが他を圧倒するという、世界に類を見ない発展の仕方を示しています。 このチャートは(クリックで拡大)、PC からスマホにいたる、すべての OS を比較したものですが、すでに Android が Windows 7 を追い抜いています。 おそらく、この特筆すべきインドのモデルを、アフリカ諸国は追いかけていくでしょう。 Gartner が Tata を高く評価する背景には、こんなことも有るのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!
中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!

Posted in Asia, Mobile, Research, Telecom by Agile Cat on April 1, 2014

China has 1.24 billion mobile phone users in February, says MIIT
http://wp.me/pwo1E-7mB

Adam Hwang, DIGITIMES, Taipei [Monday 31 March 2014]
http://www.digitimes.com/news/a20140330VL201.html

There were 1.24 billion subscribers of mobile communication services in China as of February 2014, growing 0.36% sequentially and 9.52% on year, and 429.79 million (34.67%) of them were 3G users and 839.05 million (67.68%) mobile Internet-access users, according to China’s Ministry of Industry and Information Technology (MIIT).

China の Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) によると、同国のモバイル通信サービスのサブスクライバーは、2014年 2月時点において  12.4億人に達したようだ。この数字は、前月比で 0.36% の増加であり、前年比で 9.52% の成長だとされる。その中で、3G ユーザー数は 4.3 億人 (34.67%)であり、また、モバイルでインターネットにアクセスするユーザー数は 8.4億人 (67.68%) となる。

The number of subscribers in February accounted for 90.8% of the country’s population. The number of subscribers of fixed telephone services in China was 264.88 million, or 19.7% of the population.

この、2月の時点におけるモバイル・サブスクライバー数が、同国の人口に対して、90.8% の割合を占める。 ちなみに、固定ラインでインターネットにアクセスするユーザー数は 2.6 億人であり、人口に占める割合は 19.7% になる。

In February, mobile phone subscribers in China sent 53.04 billion text messages, or 1.53 text messages per phone number a day; mobile access to the Internet resulted in total traffic of 128,252Tb.

また、この 2月において、China のモバイル・ユーザーたちは、530億のテキスト・メッセージを発信している。この数字を日割りで換算すると、1ユーザーあたりの発信数は 1.53 回となる。 また、トータルにおけるモバイル・トラフィックは、128,252Tb に達している。

ーーーーー

TAG index上記のチャートは、2013年 2月にポストした、「iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く! 」という抄訳からのものです。Android と iOS の合計ということなので、この時点で、2.5億人ほどの 3G ユーザーが居たことになります。そして、さらに、1年間で 2億人ほどが上積みされて、4.3 億の 3G ユーザーという計算なのでしょう。先日にポストした、「中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?」という抄訳では、2013年末の時点で、4.17億人の 3G サブスクライバーとされているので(MIIT ベース)、その数は、着実にのびているようです。それにしても、ケータイ全体を合わると、12億人(分)というのは、ほんとスゴイですね!image

ーーーーー

<関連>

Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る

Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Posted in Cisco, Mobile, Network, Research, Telecom by Agile Cat on March 20, 2014

The U.S. officially enters the gigabyte era of mobile data consumption
http://wp.me/pwo1E-7kX

By
Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/cisco-the-u-s-is-officially-in-the-gigabyte-era-of-mobile-data-consumption/

_ Giga Om

Summary: Average mobile data use in North America nearly doubled in 2013 to 1.38 GBs a month leading the world. The U.S. isn’t the biggest data hog — that would be Japan — but LTE is driving consumption.

Summary:  North America におけるモバイル・データの使用量は、2013年との比較で倍増しており、世界をリードする 1.38 GB まで上昇してきた。アメリカは、最大のデータ消費国ではないが(おそらく日本が一番)、LTE により消費は促進されている。

ーーーーー

Mobile users the world over came close to doubling their mobile data consumption between 2012 and 2013 as average monthly usage peaked well over 1 GB in the U.S, and several other countries, according to Cisco Systems’ new Visual Networking Index report on global mobile data trends.

Cisco Systems がグローバル・モバイル・データの傾向をまとめた、Visual Networking Index レポートによると、アメリカなどの国々におけるモバイル・データの平均使用量は、2012年から 2013年にかけて二倍弱に増え、1 GB/月の大台に達したようだ。

_  space

_  space

North America led the pack with the average mobile subscriber consuming 1.38 GBs a month, up from 752 MBs in 2012 and a full gigabyte more than the average global usage of 356 MBs. When looking at individual countries, Japanese users led the world with 1.87 GBs, followed by the U.S. at 1.41 GBs and South Korea with 1.25 GBs.

North America の平均的モバイル・サブスクライバーは、2012年の 752 MB から、2013年の 1.38 GB へと、その消費量を伸ばし、他の地域をリードしている。 国ごとの状況を見ると、トップは日本の 1.87 GB であり、その後にアメリカの 1.41GB と、韓国の 1.25 GB が続いている。

_  space

_  space

Those three countries happen to be the first to launch LTE networks on a large scale, and according to Cisco director of service provider marketing Thomas Barnett, 4G adoption has become the strongest indicator of skyrocketing mobile broadband use worldwide, a conclusion other studies have also reached. In Western Europe, where LTE only got off the ground recently, average mobile data usage is half that in North America, coming in at 717 MBs per month.

これらの 3つに国々は、大規模な LTE ネットワークが最初に立ち上がった国々でもある。Cisco の Director of Service Provider Marketing である Thomas Barnett によると、世界的なモバイル・ブロードバンド利用と、急激に上昇させるという点で、4G の採用は最も確かな指標であり、また、他の研究も、同じ結論に達しているという。ごく最近になって LTE が開始されたばかりの Western Europe では、その平均的なモバイル・データ使用量は 717 MB/月であり、North America の半分となっている。

_  space

_  space

As you might expect, smartphones are a big driver of that increased data appetite, but tablets are contributing as well. Cisco, however, is seeing a surprising surge in PC connections to mobile networks. Barnett attributes that to the fact that laptops are starting to resemble tablets, coming with touchscreen capabilities and retractable keyboards. As people start to use their laptops like tablets, they’re increasing treating them as mobile — not merely portable — devices.

誰もが想像するとおり、このデータ消費を増大させるのはスマホであるが、タブレットの存在も見逃せない。しかし Cisco は、モバイル・ネットワークへと向けた、PC コネクションの意外な流入を指摘している。Barnett が言うには、タッチ・スクリーンと格納式のキーボードを備えたラップトップは、タブレットに類似したもの成り始めているらしい。つまり、タブレットのようなラップトップを、人々が使い始めるにつれて、それらは、単なるポータブル・デバイスではなく、モバイル・デバイスとして扱われているという。

_  space

_  space

Last year the world saw 1.5 exabytes — an exabyte being 1 billion gigabytes — of data traverse its mobile networks each month. Cisco expects that number to grow to 15.9 exabytes in 2018.

昨年、この世界は、1.5 Exabyte/月のデータが(1 Exabyte = 10億 Gigabyte)、モバイル・ネットワークで転送されるのを確認している。そして Cisco は、2018年には、その数字が 15.9 Exabyte にまで成長すると予測している。

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 January 2014
How enterprise mobility management will shape the future of work October 2013
How to deliver the next-generation web experience January 2013

ーーーーー

TAG indexそういえば、毎年恒例の Cisco レポートの時期だと思い、探してみたら、このようなポストが見つかりました。 出張などがあり、バタバタしていて見落としたようです。 今年のスコープは 2018年までとなりますが、その手前の 2017年について、昨年のレポートと比較してみると、11.2 EB から 10.8 EB へと、下方修正されているようです。とは言え、いずれにしても、ものすごい成長率であることに変わりはなく、それを支えるのは、途上国におけるモバイルと、先進国における IoT の伸びなのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Cisco 予測 2016年: DC トラフィックは 6.6 Zetta Bytes に
Zetta バイト時代に急接近する クラウド・トラフィック – Cisco レポート
Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?
Cisco の悩み : 楽観できない見通しと、低迷する株価
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Strategy, Telecom by Agile Cat on March 18, 2014

NEC wins SEA-ME-WE 5 contract to strengthen ultra-broadband undersea connectivity
http://wp.me/pwo1E-7kp
By Zafar Anjum | MIS Asia | 12 March 14
http://www.mis-asia.com/resource/industries/nec-wins-sea-me-we-5-contract-to-strengthen-ultra-broadband-undersea-connectivity/

NEC Corporation has signed a contract with the South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) consortium, comprising of 15 leading telecom operators to deploy a new 100 gigabit per second (Gbit/s) undersea cable system.

NEC Corporation は、South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) コンソーシアムとの契約を締結したことで、15社の主要テレコム・オペレータをつなぐための、100 gigabit per second (Gbit/s) の海底ケーブル・システムをディプロイしていく。

The SEA-ME-WE 5 system will span 20,000 km from Singapore to Europe, and will deliver ultra-broadband capacity and faster access to consumers and businesses.

この、SEA-ME-WE 5 システムは、Singapore と Europe を隔てる 20,000 km の距離を走り、一般消費者および企業に対して、超広帯域のキャパシティと高速のアクセスを提供することになる。

The system will span 20,000 km connecting Singapore to France via Malaysia, Indonesia, Thailand, Myanmar, Bangladesh, Sri Lanka, India, Pakistan, Oman, United Arab Emirates, Djibuti, Yemen, Kingdom of Saudi Arabia, Egypt and Italy.

そして、Malaysia/Indonesia/Thailand/Myanmar/Bangladesh/Sri Lanka/India/Pakistan/Oman/United Arab Emirates/Djibuti/Yemen/Kingdom of Saudi Arabia/Egypt/Italy といった国々を介して、Singapore と France の間の、 20,000 km をつなぐことになる。

NEC will be deploying the segment spanning from Singapore to Sri Lanka, while our co-contractor Alcatel-Lucent will be deploying the Sri Lanka to France segments, the company said in a statement.

NEC がディプロイを担当するセグメントは、Singapore と Sri Lanka の間であり、また、共同事業者である Alcatel-Lucent が Sri Lanka と France をつなぐと、NEC サイドがステートメントを発している。

"As more data, applications and services move to the cloud, we need a more dynamic and agile way to serve end-users according to low-latency and quality-of-service that cannot be solved by bandwidth alone," said Linette Lee, Chairperson of the SEA-ME-WE 5 Management Committee. "We are confident that Alcatel-Lucent and NEC’s 100G undersea technology will provide us with the flexibility to address the increasing requirements for connectivity, as well as address new growth areas such as cloud computing for remote access.”

SEA-ME-WE 5 Management Committee の議長である Linette Lee は、「 大量のデータ/アプリケーション/サービスがクラウドへと移行するにつれて、帯域幅だけでは解決できないとされる、低レイテンシとサービス品質をベースにした、ダイナミックでアジャイルな方式をエンドユーザーに提供するという必要性が生じてくる。 そして、Alcatel-Lucent と NEC の 100G 海底ケーブル・テクノロジーが、コネクティビティにおいて増大する要求に対応するための、フレキシビリティを提供すると確信している。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングへのリモート・アクセスといった、新しい成長分野に取り組みも実現してくれるはずだ」と、述べている。

SEA-ME-WE 5 is scheduled to be completed by early 2016.

SEA-ME-WE 5 が、2016年の初頭に完成する予定である。

ーーーーー

TAG index 世界最大とも言える、東南アジアのインターネット・マーケットへ向けて、ヨーロッパが物理的なコネクションを強化したがるというのは、当然のことだと思います。しかし、その玄関口がシンガポールに限定されてしまっては、日本のポジションはアジアの奥地となってしまいます。もちろん、SEA-ME-WE 5 は素晴らしい展開であり、アジアとして喜ぶべきことなのですが、日本を玄関口とする、北回りでのヨーロッパ・コネクションが欲しいですよね。Agile_Cat がソーリ大臣なら、北海道にデータセンター経済特区を作って、一定の条件を満たす事業者には電力を 5円 kWh で提供して、北極海に海底テーブルを敷き詰めて、地震の少ない日本海を抜ける東南アジア・ラインも確保して、LINX/AMS-IX/Open IX/Cloud IX などで構成される世界最大のエクスチェンジも作って、世界の名だたるクラウド事業者の巨大データセンターを誘致して、エリアとしての競争力を確保しながら、日本と東アジアのクラウド事業者に、最高の環境を提供していくのですが、そんなのってダメなもんでしょうかね? シンガポール政府と、同じことをするだけなんですが・・・__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by Agile Cat on March 15, 2014

China aims at 50 million 4G users by end of year
http://wp.me/pwo1E-7jL

February 20, 2014 – by Steven Millward
http://www.techinasia.com/china-aims-for-50-million-4g-subscribers-end-2014/

_ tech in asia

China’s Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) is hoping to see up to 50 million subscribers to the nation’s relatively new 4G network by the end of the year.

China の Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) は、その人口に比例したカタチで、この年末までに、50 Million の4G サブスクライバーが誕生すると期待している。

MIIT’s Wen Ku says that 30 million would be a conservative number for the 4G user-base, while 50 million is more optimistic. For a sense of scale, China had 417 million 3G subscribers at the end of 2013.

MIIT の Wen Ku は、4G のユーザーベースについて、固く見て 3000万人で、楽観的に見れば 5000万人になるだろうと述べている。 その背景となるスケールは、2013年末の 4.17億人という、中国の 3G サブスクライバーである

China Mobile (NYSE:CHL; HKG:0941) switched on its 4G network mid-December, but it’s limited to a handful of key cities for now. The two other telcos, China Telecom and China Unicom, have yet to roll out LTE. So China’s uptake of 4G will be stunted by the slow and gradual roll-out across telcos and more areas of the country. But China Mobile believes it will have more than 344 cities covered by the end of the year.

China Mobile (NYSE:CHL; HKG:0941) は、昨年 12月の中旬に、4G ネットワークへとスイッチしているが、その範囲となると。一握りの主要都市に限定されている。別の二社である China Telecom と China Unicom は、まだ LTE を展開するには至っていない。したがって、中国における 4G への取り込みは、それらの通信会社と広い国土へ、緩やかに浸透していくという展開であり、急速な成長は望めないだろう。しかし、China Mobile は、今年の末までに、344都市以上がカバーされると考えている。

Another stumbling block is the lack of affordable 4G devices in the China market. Apple’s iPhone now supports 4G in the nation, but mass adoption won’t happen until more affordable brands, like Xiaomi or Coolpad, roll out enticing LTE phones.

もう1つの失策は、China 市場において、手頃な価格の 4G デバイスが欠如している点である。Apple の iPhone は、中国国内でも 4G をサポートしているが、魅力的な LTE フォンを展開している XiaomiCoolpad のような、手軽に購入できるマス・ブランドにはなっていない。

(Source: Marbridge Daily and Techweb)

See – IDC: Samsung continues to take the lead the smartphone market in China

Editing by Josh Horwitz

ーーーーー

TAG index 先日の「 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/2月 」でも触れたのですが、中国におけるモバイル・トラフィックの比率が、意外なことにワールドワイドの平均に達していないのです。デバイスの数量では世界をリードしている中国市場ですが、ここで LTE シフトが遅れると、その勢いが削がれてしまうことも考えられます。 この記事を訳し始めた時は、中国の勢いを誇示するものだと思いましたが、言いたいことは、その正反対である、中国の焦りなのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
Apple と China Mobile :契約にいたる背景と経緯を探る
中国の検索マーケットは $39B に成長し、2016年には $75B にいたる!

海外 Internet Speed テスト − 2014年版

Posted in .Selected, Data Center Trends, Research, Telecom by Agile Cat on March 14, 2014

アメリカ、台湾、シンガポール、日本国内を、比較する
http://wp.me/pwo1E-7jq

Agile_Cat_Loupe

2009年にポストした「海外 Internet 速度テスト」というコンテントが、このところ、よく参照されているので、その 2014年版を作成してみました。 利用したサイトは、OOKLA Speedtest というところで、GUI として提供されるマップを用いて、調べてみたい場所を、わりと簡単に指定できます。今回、調べてみたロケーションは、Tokyo/Taipei/Sakhalinsk/Singapore/San Jose/Manassas(VA)です。

Tokyo

この OOKLA をオープンすると、以下のような画面が表示されます。もちろん、どこからのアクセスなのか、サイト側は分かってますので、東京が表示されます。この「BEGIN TEST」をクリックするだけで、スピード・テストが開始されます。ちょっと紛らわしい、広告のボタンがあるので、注意してくださいね。

以下は、計測中の画面です。計測地である神奈川と、ターゲットである東京の Alocac が接続されている様子が、このように表示されます。

そして、計測結果です。 Agile_Cat が使用している ISP は UCOM ですが、このような速度が得られました。なかなか、イイ感じです!

Taipei

次は台北です。 黄色の 「 NEW SERVER」というボタンをクリックし、GUI で提供されるマップから、台北の Far Eastone というロケーションを選んでいます。前回のテストの時は、Anet というロケーションで、下りが 9M 弱でしたから、ずいぶんと高速化されているようです。

結果は、以下のとおりです。東京と比較してみると、下りは ほぼ同等で、上りが遅いという結果です。とは言え、ほとんど日本国内と変わらない数値であり、アジアは1つという感じがしてきますね。

Sakhalinsk

今度は、北へ行ってみます。 ロケーションはサハリンの LLC Sakh TV というところです。最近は Equinix が進出しているようですが、ここから、ヨーロッパへ抜ける回線が、利用できるのだろうと推測しています。 この数値は、数年前の東南アジアとの接続と同じレベルですが、今後に期待したいですね。

Singapore

再び南へ向かい、こんどはシンガポールの SingTel です。ほぼ、台湾と同等という感じです。 この数年の間に、東シナ海と南シナ海に投資された海底ケーブルが、こうした数値を叩き出しているのでしょう。

San Jose

今度は、太平洋を渡ってみます。 サンノゼに SoftLayer があったので、そこで計測してみました。これも、素晴らしい数値ですね。

Manassas

最後に、アメリカの東海岸へ行ってみました。このところ、Open IX の活動が活発な、ノーザン・バージニアの Manassas を選んでみました。

ーーーーー

TAG indexこの、OOKLA Speedtest を利用すれば、世界の、ありとあらゆるロケーションを対象にして、インターネット速度を計測できます。 しかも、マップを使って探すことが可能なので、とても簡単です :) そして、驚くのが、4~5 前の計測値と比較して、世界の各地が、とても近づいていることです。 こうした、インターネットの接続スピードだけが要因ではありませんが、データセンターのロケーション選びの基準が、少しずつ変わってきているようにも思えます。 日本のデータセンターから、アジアのマーケットへ向けた、クラウド・サービスの提供が、活発になっていくと良いですね!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on March 13, 2014

Equinix and AT&T Form Alliance for Enterprise Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-7jh

January 29th, 2014 – By: John Rath
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/29/equinix-att-form-alliance-enterprise-cloud-services/

_ DC Knowledge

Equinix (EQIX) and AT&T announced a new alliance that will deploy AT&T networking technology across select Equinix data centers globally. AT&T NetBond will be installed in those data centers, enabling customers to connect to their cloud services using their private AT&T VPN networks, which deliver highly secure connections with high reliability and performance capabilities, rather than relying on access via the public Internet. The alliance will create the opportunity for cloud providers to allow access to their services via AT&T NetBond from Equinix data centers around the world.

Equinix と AT&T が発表したのは、Equinix のグローバル・データセンターの中から選択された、いくつかの拠点間に AT&T のネットワーク・テクノロジーをディプロイしていくという、新たなアライアンスである。つまり、AT&T の NetBond を、それらのデータセンター内にインストールすることで、顧客自身が所有する AT&T VPN ネットワークを用いて、クラウド・サービスを接続できるようになる。それにより、パブリックなインターネットに依存する以上の、高度な信頼性と性能を備えた、きわめてセキュアな接続が実現される。そして、このアライアンスは、各種のクラウド·プロバイダーに対して、グローバルに展開される Equinix データセンターを利用し、また、AT&T NetBond を介してたサービスへのアクセスを可能にするという、ビジネスの機会をもたらすことになる。

Cable trays filled with fiber within an Equinix data center. (Photo: Equinix)

“The AT&T and Equinix alliance will boost enterprise customers’ confidence in the security, reliability and performance of the cloud,” said Mike Sapien, Principal Analyst – Enterprise at Ovum. “The companies are addressing many of customers’ concerns about moving applications to the cloud and will ultimately speed up enterprise cloud adoption. This is a great example of AT&T’s open network initiatives aligning with Equinix’s cloud ecosystem.”

「AT&T と Equinix のアライアンスは、クラウドという環境における、安全性/信頼性/性能という面で、エンタープライズ・カスタマーの信頼を高めていく。アプリケーションのクラウド移行に懸念を示す、数多くのカスタマーに対して、両社は取り組んでおり、エンタープライス・クラウド導入を、最終的にはスピードアップしていく。 これは、AT&Tのオープン・ネットワークへの取り組みと、Equinix のクラウド·エコシステムを組み合わせるという意味で、素晴らしい事例になる」と、Ovem の Principal Analyst – Enterprise である、Mike Sapien は述べている。

Available in the first half of 2014, the AT&T NetBond service will combine the security of AT&T virtual private networking with cloud resources.

このアライアンスの運用は、2014年の前半に始まるとされ、AT&T NetBond サービスが、それらのクラウド・リソースと、AT&T VPN のセキュリティを結合していく。

“Business customers want rock solid network-based security protecting their traffic and applications when they use cloud services,” said Jon Summers, senior vice president growth platforms, AT&T Business Solutions. “Virtual private networking gives them better protection against Internet threats while also delivering the reliability, agility and performance they need when accessing the cloud.”

「 エンタープライズ・カスタマーたちは、自身でクラウド・サービスを使用するならば、トラフィックとアプリケーションを保護するための、ネットワーク·ベースの強固なセキュリティをかけたいと要求する。そして VPN は、クラウドにアクセスするときに必要とされる、セキュリティ/アジリティ/パフォーマンスを提供する一方で、インターネットの脅威に対抗するための、より優れたプロテクションを提供する」と、AT&T Business Solutions の Semior VP Growth Platforms である、Jon Summers は述べている。

“Equinix sits at the intersection of cloud service providers, network service providers and enterprise customers that want to use those services,” said Pete Hayes, chief sales officer for Equinix. “The alliance lets AT&T quickly expand its portfolio of AT&T NetBond-enabled cloud services by using our position as a cloud hub. Together, we’re making the network as flexible as the cloud and giving enterprises confidence they can move their most demanding applications to the cloud and still meet their security, scalability and performance requirements.”

「 Equinix は、クラウド・サービス・プロバイダーと、ネットワーク·サービス·プロバイダーと、エンタープライズ・カスタマーが出会う場所にポジションを確保しており、それらの企業が利用したいと考えるサービスを提供している。 今回のアライアンスは、私たちのクラウド・ハブとしてのポジションを利用することで、AT&T NetBond 対応のクラウド・サービス・ポートフォリオを、迅速に拡大していくものである。そして、私たちは、クラウドと同じレベルまでネットワークの柔軟性を高め、また、顧客が熱望するアプリケーションのクラウド移行を実現し、さらには、セキュリティ/スケーラビリティ/パフォーマンスへの要件を満たしていく」と、Equinix の Chief Sales Officer である、Pete Hayes は述べている。

RELATED POSTS:

Verizon Offering Private IP Out of 16 Equinix Data Centers
RightScale, Equinix Partner on Cloud Services
CloudAudit Joins Cloud Security Alliance
Equinix Boosts Glowpoint Video Services
Telehouse, CIBER Form Alliance

ーーーーー

TAG index普通に考えて、AT&T のようなテレコムがグローバルな戦略を展開するなら、各国のテレコムと相互乗り入れしていくカタチが思い浮かびますが、そうならないのが、クラウドの面白いところなのでしょう。 同じように、Verizon は Teremark を買収し、NTT は Dimension Data を買収しています。 また、KDDI は Telehouse というブランドを世界戦略の要としています。また、Equinix は、今回の AT&T だけではなく、AWS とも提携することで、グローバル市場の中に、確固たるポジションを築きつつあります。 このように、クラウドをめぐるテレコムの動きが、さまざまなかたちで顕在化してくる、2014年になりそうですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Telcom の持論 と Amazon の実践 : クラウド・バトルは どうなる?
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る
なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

Posted in Netflix, Open IX, Telecom by Agile Cat on March 5, 2014

Netflix becomes first AMS-IX New York customer
Joins NYC internet exchange as result of Open IX initiative
http://wp.me/pwo1E-7h5

3 December 2013 by Yevgeniy Sverdlik
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2013/12/netflix-becomes-first-ams-ix-new-york-customer

_ DC Dynamics

Netflix has become the first customer of AMS-IX New York, the European internet exchange operator’s recent foray into the US market.

Netflix が最初の顧客となった相手とは、Europe のインターネット·エクスチェンジ事業者として、先日にアメリカ市場に進出した AMS-IX New York である。

Netflix headquarters in Los Gatos, California

The deal is a result of the emergence of Open IX, a non-profit industry organization built recently to create standards for internet exchange operators and data center operators that can host those exchanges. The organization’s main goal is to dilute the control a few data center operators, including Equinix, Telx and Verizon Terremark, have of all key US internet exchanges.

この契約には、Open IX の出現という背景がある。つまり、この非営利の業界団体が、最近になって作成した、IX オペレータと DC オペレータのためのスタンダードにより、Netflix などの事業者のためのインターネット・エクスチェンジ機能がホスティングされるのだ。この団体のメインの目的は、Equinix/Telx/Verizon Terremarkといった、少数のデータセンター事業者によるコントロールを希釈することで、アメリカにおける主要インターネット・エクスチェンジを手に入れることである。

No exchange or data center operator has been certified by Open IX, Josh Snowhorn, VP and general manager of interconnection at CyrusOne and a committee member at Open IX, said. The data center and exchange operators that have been involved with the organization have been making Open IX-related announcements, however, expecting they will eventually be endorsed since they know what the requirements are going to be.

Open IX により認定されたエクスチェンジ/データセンター・オペレータは、現時点では、まだ、存在しないと、CyrusOne の VP and GM of Interconnection であり、Open IX の Committee Member である Josh Snowhorn は発言している。このデータセンター/エクスチェンジ・オペレータは、Open IX に関わっていくというアナウンスメントを発している。 そして、その要件策定が進行中であることを、彼らは知っているため、最終的には承認されると推測される。

Job Witteman, CEO of AMS-IX, said, “We are very pleased to have Netflix as the first customer of AMS-IX New York. One of the main reasons to broaden our scope to the US is to offer our US-based customers the value of a neutral and distributed internet exchange.”

AMS-IX の CEOである John Witteman は、「 AMS-IX New York の最初の顧客として、Netflix が手を上げてくれたことに、とても喜んでいる。アメリカ市場においてスコープを拡大していく主な理由として、私たちのアメリカ・ベースの顧客に対して、中立性と分散性を備えたインターネット·エクスチェンジがもたらす、その価値を提供してくことがある」と述べている。

The agreement follows Netflix’ connection to AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) in Amsterdam earlier this year.

今回の契約は、2013年の初めに Netflix が、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)との接続を開始したことに続くものである。

David Temkin, director of network architecture and strategy and Netflix ans chair of the board of directors of the Open IX Association, said the video-streaming company had been one of the key drivers behind the Open IX initiative.

デビッド·テムキン、ネットワークアーキテクチャおよび戦略担当ディレクターとOpen IX協会の理事会のNetflixのANS椅子は、ビデオストリーミング、同社がオープンIXイニシアチブの後ろの主な要因の一つであったと述べた。

Netflix の Director of Network Architecture and Strategy であり、Open IX Association の Chair of The Board of Directors でもある David Temkin は、Open IX Initiative を背後から支える、主要メンバーとしての同社の存在を認めている。

“With our connection to AMS-IX New York we can finally get benefit from the European Internet Exchange model in the US,” he said. “Moreover, our experience with AMS-IX in Amsterdam made it an easy choice to connect to AMS-IX New York as well.”

「 AMS-IX New York への接続により、最終的に私たちはアメリカ市場において、この European Internet Exchange モデルから利益を得るようになる。さらに言えば、Amsterdam における AMS-IX とのエクスペリエンスにより、AMS-IX New York との接続に関しても、容易に判断することができた」と発言している。

AMS-IX’s US subsidiary has recently made deals with Digital Realty Trust, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson to build and operate an Open-IX-endorsed internet exchange within the wholesale data center providers’ facilities in the New York-New Jersey region.

最近のことだが、AMS-IX のアメリカ子会社は、Digital Realty Trust/DuPont Fabros Technology/Sabey Data Centers/325 Hudson などと契約を交わしている。つまり、それにより、New York-New Jersey リージョンの卸売データセンター·プロバイダーのファシリティ内で、Open IX が承認したインターネット·エクスチェンジを構築/運用していくことになる。

Depending on the market demand and the willingness of other data center providers to partner with AMS-IX, additional locations may be added, the exchange operator said. AMS-IX also plans to deploy exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which are currently planned to go live in the first and second quarters of 2014, respectively.

マーケットにおける需要と、AMS-IX との提携を望むデータセンター・プロバイダーに応じて、別のロケーションも追加されるだろうと、このオペレータは述べている。 そして AMS-IX は、Chicago と Silicon Valley のマーケットにエクスチェンジを展開するプランを持っており、現時点では、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するという予定で進行している。

Recommended links

ーーーーー

最近の Netflix といえば、数あるコンテント・プロバイダーの中で、トラフィックを最も多く消費する存在として知られています。この記事は、昨年の 12月にポストされたものであり、同社の Open IX シフトが明示されています。そして、インターネットのタダ乗り論が再燃してきたり、CATV 業界では Comcast と Time Warner の統合が話題になるなど、Netflix をめぐる興味深い展開が、同時多発的に起こっているという感じもします。それらは、これまでにも、何度も繰り返されてきた類のことなのかもしれませんが、そこに Open IX という新たな要因が加わることで、何が起こるのかと考えると、ますます面白くなってきます。目が離せませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

%d bloggers like this: