Agile Cat — in the cloud

Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?

Posted in Asia, Huawei, Patent, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on March 17, 2015
Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO
March 04, 2015
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/huawei-bumps-up-patent-po/1693054.html 
 
_Channel News Asia
 
BARCELONA: China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
BARCELONA:  世界第 2位のネットワーク機器メーカーである China の Huawei だが、次世代 5G に対応するモバイル機器に関して、その特許ポートフォリオを強化してくと、CEO が明らかにしている。
 
Huawei, also the world’s fourth-largest maker of smartphones, has said it plans to spend US$600 million on 5G wireless research and development from 2013 to 2018.
 
その Huawei は、世界第 4位のスマホ・メーカーでもあり、2013年〜2018年の間で 5G ワイヤレスの R&D に、US$600 million もの資金を費やすと発言している。
 
Huawei Red BusRed.es – flickr
 
China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
But speaking to reporters at the Mobile World Congress on Tuesday, Huawei Chief Executive Ken Hu said that 5G research spending was likely to rise, without giving specific figures.
 
しかし、火曜日の Mobile World Congress で Huawei CEO である Ken Hu は 、具体的な金額が算出できないほど、5G の R&D には資金が必要になるかもしれないと、レポーターたちに話している。
 
Huawei was Europe’s seventh-largest patent filer in 2014, up from 13th the previous year, according a report published last week by the European Patent Office (EPO).
 
先週に European Patent Office (EPO) が発行したレポートによると、ヨーロッパにおける Huawei は、特許の申請において 2014年に 7位となり、前年の 13位から大きくジャンプアップしている。
 
It was granted 493 patents by the European agency in 2014. The patents cover many products not just 5G.
 
そして 2014年には、このヨーロッパの機関から、493種類の特許を取得しているが、5G テクノロジー以外の多様なプロダクトをカバーするものとなっている。
 
5G promises superfast internet speeds, broader network coverage and the capacity to hook up objects to the internet from cars to health monitoring devices, the so-called internet of things. The commercial launch of 5G is expected to begin in 2020.
 
5G が約束するものは、超高速インターネットの速度と、広範におよぶネットワークのカバレッジと、インターネットとオブジェクトを接続する能力である。一番最後の項目は、自動車からヘルス・モニタリング・デバイスにまでいたる、IoT (internet of things) のことである。そして、商用 5G の立ち上げは、2020年に始まる予定となっている。
 
“We have made quite a large number of technology innovations and breakthroughs,” Hu, deputy chairman and rotating chief executive of Huawei, said.
 
Huawei の CEO であり Deputy Chairman でもある Hu は、「 私たちは、これまでに、多様なテクノロジーにおいて革新を達成し、成果を得てきた」と、発言している。
 
These give Huawei a stronger position in terms of intellectual property, he said.
 
それにより、Huawei は、知的財産という観点で、強固なポジションを得ていると、彼は続けている。
 
In the technology industry, where complex products often rely on intellectual property from a wide range of players, including competitors, patents are vital for future patent cross-licensing negotiations with rivals.
 
このテクノロジー業界では、競合他社を含めた幅広いプレイヤーの知的財産に、大半のプロダクトが複雑に依存しているケースが多い。したがって、将来を見据えたかたちで、特許に関するクロス・ライセンスについて、ライバルたちと交渉していくことが不可欠となる。
 
The number of relevant patents in specific product categories are a key factor determining the rates different parties pay to license one another’s patents. From time to time, such licensing talks fail to reach a deal, leading to patent fights and potentially huge liability payments.
 
特定の製品カテゴリーにおいて関連する特許の数が、当事者間での支払われるライセンス料の比率を決定する上で、とても重要な要因となる。現時点において、そのようなライセンス交渉が契約に達することは稀であり、また、特許に関する係争が頻発し、潜在的に巨大な支払義務へといたる可能性が高い。
 
Hu urged cooperation among telecom operators, equipment makers and other industries to agree on a single set of standards for 5G technology to ensure a global market.
 
Hu が促すのは、通信事業者や、機器メーカーや、他の産業を取り込んだ、協調体制の確立である。それにより、5G テクノロジーに関するスタンダードが、シングル・セットのかたちで合意にいたり、グロバール・マーケットが約束されると言っている。
 
(Reporting by Harro ten Wolde; editing by Susan Thomas)
- Reuters
 
ーーーーー
Asia Pacific先日の「Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた」という抄訳でご紹介したように、同社がヨーロッパにおいて、数多くの特許を取得しているにしても、納得しやすい背景が存在するように思えます。 また、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳を見れば、かなりのレベルの事業規模に、すでに達していることが分かります。そして、「KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印」という展開ですが、KT と China Mobile は Huawei のテクノロジーを利用するものと思えます。 アメリカではバックドア疑惑で叩かれた Huawei ですが、アジアとヨーロッパの市場で、じわじわと実力を発揮し始めていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き

Posted in Asia Weekly, Telecom by agilecat.cloud on March 7, 2015
2020年に控えた 商用 5G へ向けて、各社が動き出している・・・
 
cna-banner
 
今週は、Barcelona で開催された Mobile World Congress の内容を、ほんの一部だけですが整理したいと思います。 このような大きなイベントがあると、それに引き寄せられるように、世界中からモバイルに関連するトピックが報道されます。 その、すべてを追いかけることは、とても難しいことなので、今年の CNA@MWC は「アジアとテレコム」にターゲットを絞り込みながら、記事をピックアプしてきました。
 
Arc_de_Triomf_Barcelonawikipedia
 
まず、3/2 に Telstra, Ericsson to partner on 5G という記事が、AU の ITNews にポストされました。 Barcelona 発では無いようですが、日付からして MWC を意識した発表なのでしょう。 このところ、Huawei の動きが活発ですが、1/28 の Singtel, Ericsson partner to test 5G technologies にあるように、Ericsson もアジアの要所を着々と固めているように思えます。その他の、テレコム系のトピックとしては、3/3 の China releases FDD-LTE licenses to China Telecom, China Unicom と、3/4 の Airtel, China Mobile to tie-up for 4G が興味深いです。
 
そして、Barcelona からは、① KT, China Mobile, NTT DoCoMo team up for 5G日本語)、② SKT, Intel unveil world’s first network boost technology at MWC、③ Nokia, DoCoMo aim for 5G ahead of Tokyo Olympics日本語)、④ Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO というふうに、4つの大きなニュースが飛び込んできました。 いずれも 5G が絡む、もっとも注目を集める領域のトピックです。 また、それとは別に、Beijing からは、3/6 に Huawei, Intel expand tie-up amid China’s rising scrutiny of US tech firms という発表もありました。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 2/26: Jakarta to develop mobile app to track bus arrivals
IndonesiaJakarta’s public bus operator TransJakarta will develop a mobile app for people to track the arrival times of buses at bus stops. The app will allow people to track the location of bus drivers and estimate when buses will arrive at the bus stops, said Steve Kosasih, CEO of TransJakarta. The city will work with the makers of a popular delivery tracking app, Go-Jek, and will use the same system for the bus app.
 
② 3/2: PrimeTime Entertainment Launches in Thailand, Selects Brightcove
ThailandBrightcove Inc., a leading global provider of cloud services for video, today announced that PrimeTime Entertainment, Thailand’s newest on-demand streaming service, has partnered with Brightcove to power transcoding for its over-the-top (OTT) entertainment channel. With Brightcove’s Zencoder cloud-based encoding service, PrimeTime is able to rapidly deliver high-quality video on-demand (VOD) content to satisfy audiences across platforms and devices.
 
③ 2/16: Re-skilling, not layoffs, will address new challenges: Infosys
IndiaMUMBAI: Even as the furore over layoffs in the IT sector is yet to die down, Infosys has said re-skilling talent is the answer to rapidly changing technologies in the software landscape. “It is not that there are tens and thousands of people (available) with experience in new technologies. The idea is to re-skill people. If technology changes and people don’t have those capabilities, you’ve to re-skill them and re-orient them,” Infosys, Chief Operating Officer, Pravin Rao said.
 
④ 3/6: SoftBank, Pertino Launch SDN Cloud Channel in Japan
JapanPertino, a company reinventing networking for the mobile and cloud era, today announced the launch of a Japanese sales channel for its SDN-powered cloud networking service through a distribution partnership with SoftBank Commerce & Services Corp. This is the first major partnership in Japan and the second inked under the company’s BlueSky Partner Program following last quarter’s announcement of an alliance with Dell to integrate and resell Pertino’s Cloud Network Engine service.
 
⑤ 3/5: Gov’s open source push worries like MS, IBM and Oracle, from India
IndiaNEW DELHI: As the government looks to adopt open source software development for its applications, proprietary software vendors such as Microsoft, IBM and Oracle are worried, and are looking at alternative ways of doing business, say experts. “All the big players are already worried. They have made a lot of money in the traditional proprietary software model, but in the next 2-3 years, as people come out of the lock-in period of (their contracts), you will see the demise of a lot of these proprietary models,” said Professor Rahul De.
 
⑥ 2/19: Line acquires Japanese payment startup WebPay
JapanLine Pay, the payments solution-focused subsidiary of Japanese messaging company Line, has agreed to buy out Tokyo-based WebPay Holdings in order to accelerate Line Pay’s business expansion. WebPay provides a Stripe-compatible payment processing solutions for e-commerce, web services, and mobile developers in Japan.
 
⑦ 2/28: The time for 4G has come, from VN
VietnamThe 4G is the fourth generation wireless communication technology, allowing data transfer with maximum speed in ideal conditions up to 1-1.5 Gbps, over 40 times higher than the highest bandwidth of 3G services. In the world, more than 300 network operators have offered the technology and the most advanced smartphone models are integrated with 4G technology.
 
⑧ 3/2: China’s Huawei introduces its first Android-friendly smartwatch
ChinaBARCELONA: Chinese telecom equipment maker Huawei on Sunday launched its first smartwatch, a round-faced device that works with Android phones, joining a crowded market weeks before the introduction of the highly anticipated Apple Watch. At an event tied to the Mobile World Congress in Barcelona, the firm unveiled its Huawei watch line in classic, business and sporty versions, while at the same time across town, Korea’s LG Electronics launched a similar round-faced model.
 
⑨ 3/1: Robin Li explains the biggest difference between Baidu and Google
ChinaChinese search engine Baidu has been the king of China’s search game for a long time, since well before Google decided to leave the Chinese market. But given the similarities between their services and, especially in the early days, their aesthetic, comparisons between Baidu and Google are common. In the foreign press, Baidu is often called the “Chinese Google,” or flat-out accused of being a Google copycat.
 
⑩ 3/3: MWC 2015: Acer launches its first Windows 8.1 smartphone
TaiwanAcer has unveiled the Liquid M220 smartphone, its first Liquid smartphone to run on the Windows Phone 8.1 operating system, featuring a 4-inch 233ppi display. The Liquid M220 features a 5-megapixel auto-focus back-end and a 2-megapixel front-end camera. The back-end camera also sports an 89-degree wide-angle lens for better photo shot.
 
ーーーーー
cna_6MWC に目を向けていると、どうしても新しいテクノロジーばかりが気になってしまいますが、その他のアジアの国々も、それぞれの状況の中で、モバイル通信の品質をあげようと努力しています。 たとえば、The time for 4G has come, from VN や、4G auctions ‘on track’ , from Thailand というふうに 4G の普及に懸命な国もあれば、Telcos extend services beyond cities, from Myanmar のように、通信のための基盤つくりに取り組んでいる国もあります。5G の商用化は、2020年になると言われていますが、こうした国々も、いずれは追い付いてくるのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?

DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 6, 2015
Nokia, DoCoMo aim for 5G ahead of Tokyo Olympics
Reuters – Mar 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Nokia-DoCoMo-aim-for-5G-ahead-of-Tokyo-Olympics/articleshow/46438309.cms
 
_ Times of India
 
BARCELONA: Japan’s NTT DoCoMo and Nokia said on Monday they are working together to develop networks running at high frequencies for use in the 5G wireless era — technology expected to be showcased at the 2020 Tokyo Olympics.
 
BARCELONA: この月曜日 (3/2) に、NTT Docomo と Nokia は、5G ワイヤレス時代に用いられる、高周波数で機能するネットワークを構築するために、協調して取り組んでいくと発表した。 つまり、2020 Tokyo Olympics における、テクノロジー・ショーケースになると予測されている。
 
tokyoThe companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
DoCoMo, Japan’s largest mobile operator, and Nokia, the world’s third biggest telecom equipment maker, said they will be demonstrating their early technical progress on 5G radio equipment at the Mobile World Congress show here this week.
 
今週に開催されている MWC (Mobile World Congress) において、Japan で最大手のモバイル・オペレータである Docomo と、世界で三番手のテレコム機器メーカーである Nokia は、この 5G ワイヤレス設備のテクノロジーの進捗を、きわめて初期の段階から実証していくと述べている。
 
The companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
両社の説明によると、70 G Hetz スペクトラムで運用される Nokia Networks の無線テクノロジーを、屋内で用いるジョイント・テストにおいて、2G bps 以上という超高速のデータ伝送速度が達成されているとのことだ。
 
By contrast, current 4G network specifications promise download speeds of up to 300 megabits per second. Although practical commercial speeds are typically far lower than that, 4G has fueled strong demand for watching TV and video on phones.
 
その比較対象として、現在の 4G ネットワークの仕様について確認するが、そのダウンロード速度は、わずか 300 M bps に過ぎないのだ。 商用における実用スピードの平均は、それよりも遥かに低いのだが、スマホによるビデオ再生や、TV の視聴といった使い方を、4G が盛り上げているという状況を思い出して欲しい。
 
ーーーーー
Telecomいま、Agile_Cat は、DoCoMo の MVNO SIM で、スマホの LG G2 Mini と、タブレットの Nexus 7 を、とても快適に使っています。  ですから、モバイルにおける普通の用途で、なんのために 5G が必要になるのか、よく分からなかったのですが、ここまで速くなるなら、光ブロード・バンドの置き換えが可能になります。 そして IoT が、この、次世代ワイヤレスを要求するのでしょうね。2014年 2月に、「Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?」という抄訳をポストしましたが、それが東京で商用化されるのです。 なにが、どこまで変化するのでしょう。そして、いまは想像の外にある、なにかが生まれてくるはずです。 とてもワクワクする展開ですね。
ーーーーー
<関連>
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 4, 2015
Google confirms plans to become a mobile (virtual) network
Paul Sawers – March 2, 2015
http://venturebeat.com/2015/03/02/google-confirms-plans-to-become-a-virtual-mobile-network-in-the-coming-months/
 
_ VB
 
BARCELONA, Spain — Sundar Pichai, senior VP at Google and the man who heads up Android, Chrome, and Google Apps, has confirmed the long-standing rumors that it was planning to enter the mobile virtual network operator (MVNO) space in the U.S.
 
Google の Senior President であり、また、Android/Chrome/Google Apps を率いてきた Sundar Pichai が、US における MVNO (Mobile Virtual Network Operator) に参入するという、長年に渡って囁かれ続けてきたウワサを肯定した。
 
Taking to the stage at Mobile World Congress (MWC) in Barcelona, Pichai discussed many facets of Google and Android, but the one stand-out revelation was that the Internet giant is working with “carrier partners” and plans to announce something later this year.
 
Barcelona で開催されている Mobile World Congress(MWC)で、Pichai が時間を費やして説明したのは、Google 自身のことであり、また、Android のことであった。しかし、このインターネットの巨人は、キャリア・パートナーと協力している最中であり、今年の後半に何かを発表するという、ちょっと驚きのプランを披露した。
 
google-76522_640He didn’t reveal much about its plans to be a MVNO, which is when a company piggybacks off existing carriers to offer its own network service, and Pichai attempted to play things down by admitting it didn’t plan to do anything at scale. In other words, it seems like it plans to launch what will be a pilot project at first and see how things go, and it will likely involve the integration of wireless and cellular services.
 
彼は、そのプランが MVNO であるとは明言していない。それは、既存のキャリアに対して、同社のネットワーク・サービスへのオフ・ロードを提案するものであるが、何らかのスケールを持つプランではないと認めることで、その件を軽く取り扱おうとしていた。言い換えるなら、最初に実施すべきパイロット・プロジェクトのようなプランであり、また、物事が収束していく先を確認するものである。そして、おそらく、ワイヤレスとセルラーのサービスを、統合していくものになる。
 
Google has already been involved in a number of projects involving the “network” side that enables its various technologies and services, including Google Fiber, which is still slowly rolling out in the U.S., as well as Project Loon — its initiative aimed at bringing high-speed Internet access to remote areas of the world via hot air balloons.
 
すでに Google は、そのテクノロジーやサービスを、ネットワーク側で活用していこうという、数多くのプロジェクトに携わっている。 そこには、US で依然としてユックリ展開されている、Google Fiber が含まれる。さらには、熱気球を利用することで、世界の遠隔地に高速インターネット・アクセスを、率先して提供していこうという、Project Loon もある。
 
Amazon too is rumored to be entering the mobile network space, as more services shift to the mobile realm, and it does make sense for the big tech titans of the world to make moves into this sphere. But the intentions aren’t to make money from being a mobile network in the same way as a traditional carrier would; it’s more about improving “uptime” and ensuring users aren’t prevented from doing what they need to do on their phones.
 
そして Amazon も、数多くのサービスがモバイル分野へシフトするにつれて、モバイル・ネットワークの領域に参入するとウワサされている。 こうしたテック・ジャイアントたちが、ネットワーク・ビジネスの階層へと移行していくのは、それなりの意味をもつだろう。しかし、その意図はというと、従来からのキャリアと同じ方法で、モバイル・ネットワークから収益をあげようというものではない。つまり、アップタイムを改善し、ユーザーがスマホで処理することが、円滑に進むようにしたいのだ。
 
Rather than looking to ink a deal with a single carrier, it’s believed that plans are afoot to get multiple networks on board, thus letting Google identify the best network at any given time based on a user’s location and desired service — SMS, voice or data.
 
Google に関しては、単一のキャリアと契約を交わすというのではなく、複数のネットワークを得るためのプランが進行中だと思われる。 つまり、ユーザーのロケーションや、必要とするサービス (SMS/Voice/Data) に基づき、その時点でベストなネットワークを識別するようなものになるだろう。
 
So Google likely isn’t launching an MVNO as we’ve come to understand it, and it may not even be something that you’re able to sign up to as a standalone service. Whatever its plans are, all will be revealed “in the coming months,” according to Pichai. Google I/O at the end of May would be as good a time as any for the big reveal, though that is purely guesswork.
 
したがって Google が、普通の MVNO を立ち上げることはないだろうし、私たちも、それを理解するようになってきた。さらに言えば、何らかのスタンドアロン・サービスとして、ユーザーがサインアップするものでもない。 Pichai の話によると、いずれにせよ、そのプランは、数ヶ月のうちに明らかになるようだ。5月末に開催される Google I/O が、大きな発表に適したタイミングとなるが、それも単なる推量にすぎない。
 
ーーーーー
google-55aそうでなくては! ・・・と思わせてくれる、なかなかステキな発表だったようですね。 垂直方向へとカベをブチ抜いていく、こうした Google の発想は、さまざまな軋轢をもたらすでしょうが、それがなければ世界は変わっていきません。 話はアジアへと飛んでしまいますが、モバイル・ネットワークが進化の途上にある国々で、いま流行っているのは Dual SIM スマホなのです。 そして、ユーザーたちは、たとえば通話とデータにおいて、最も安価なキャリアを選ぶことで、それぞれの通信費を節約しているのです。 Google の考える新たな MVNO (?) が、どのような国でビジネスとして展開されるのか、その辺りは分かりませんが、4つも 5つものキャリアを、Single SIM で使い分けることができるなら、これほどユーザーにとって嬉しいことはありませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷をチャートで!
 
 

KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印

Posted in .Selected, Asia, Telecom by agilecat.cloud on March 3, 2015
KT, China Mobile, NTT DoCoMo team up for 5G
Posted : 2015-03-02 15:58
Updated : 2015-03-02 22:24
By Kim Yoo-chul, Yoon Sung-won
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/tech/2015/03/133_174409.html 
 
_ Korea-Times
 
BARCELONA, Spain ― KT, the nation’s second-largest mobile carrier, said Monday that it has teamed up with China Mobile and NTT DoCoMo to jointly develop the fifth-generation or 5G network technology.
 
BARCELONA, Spain ― Korea で二番手のモバイル・キャリア KT は、5G ネットワーク・テクノロジーを開発するために、China Mobile および  NTT Docomo と提携したことを明らかにした。
 
“KT has agreed with China Mobile and NTT DoCoMo of Japan for co-development of 5G mobile technology. The agreement calls for joint marketing to promote new telecommunications technology,” KT said in a statement on the sidelines of 2015 Mobile World Congress (MWC) exhibition here.
 
「 KT は 5G モバイル・テクノロジーに関して、China Mobile および Japan の NTT Docomo と共同で開発することを合意した。 この協定は、新しいテレコム・テクノロジーを促進するための、共同マーケティングを実現するためのものである」と、2015 Mobile World Congress (MWC) において KT は 声明で述べている。
 
KT_CM_NTTKT’s network division chief Oh Seong-mok, center, poses with China Mobile’s technology division chief Wang Xiaowin, left, and NTT DoCoMo Chief Technology Officer Seizo Onoe after announcing a joint declaration to cooperate for the development of fifth-generation mobile networks during a meeting for the Strategic Cooperation Framework Agreement at the Arts Hotel in Barcelona, Spain, Sunday./ Courtesy of KT
 
The CEOs of the three companies signed the deal. KT was the first to offer a proposal to hold a meeting with the Chinese and Japanese firms ― all are key members of the Strategic Cooperation Framework Agreement (SCFA) which was signed in 2011.
 
三社の CEO たちが、この契約を調印した。この China と Japan の企業と、ミーティングを持とうと呼びかけたのは KT であり、また、この三社は、2011年に調印された Strategic Cooperation Framework Agreement (SCFA) の主要メンバーでもある。
 
The three Asian mobile operators will share key information in technology to develop customized 5G tech specifically for the Asian market.
 
この、アジアでモバイル・ビジネスを展開するオペレーター 三社は、アジア市場向けにカスタマイズされた、5G テクノロジーを開発するための、主要な情報を共有していく。
 
Meanwhile, they will launch a joint verification and trial test for advanced wireless technology with the companies holding talks to establish a standard in 5G and the Internet of Things.
 
その一方で、この三社は、先進的なワイヤレス・テクノロジーのための、共同検証およびトライアル・テストに取り組みながら、5G テクノロジーと IoT (Internet of Things) におけるスタンダードを、確立するための協議を継続していく。
 
KT CEO and Chairman Hwang Chang-gyu proposed his counter-partners at China Mobile and NTT DoCoMo create a task force inside the SCFA, a move aimed at taking a clear lead over their European and American rivals. Hwang’s proposal has been accepted.
 
KT の CEO and Chairman である Hwang Chang-gyu は、China Mobile と NTT Docomo のカウンター・パートナーと、SCFA の活動の中でタスクフォースを立ち上げようと提案してきた。 その目的は、ヨーロッパとアメリカのライバルたちに対して、明確なリードを確立することにある。そして、Hwang の提案が受け入れられることになった。
 
“The 5G technology is the next big wave in the industry that can’t be refused. Closer cooperation with China Mobile and NTT DoCoMo will help us provide more customized services to our valued customers beyond their expectation,” Hwang said in the statement.
 
「 5G テクノロジーは、この業界において、誰も避けることのできない、次世代のビッグ・ウェーブである。 China Mobile および NTT Docomo との緊密な協力関係により、カスタマーたちが期待する以上の、より高度にカスタマイズされたサービスの提供が促進されるだろう」と、Hwang はステートメントで述べている。
 
ーーーーー
Telecomさすがは MWC です。とても興味深い話が飛び出してきます。 しかし、お隣どうしなので、こうした提携は当たり前という見方もあります。 ひとつ気になるのは、China Mobile がガチの TD-LTE 推進者であり、そのテクノロジーが Huawei や ZTE から提供されているはずという点です。 そして、たまたまですが、昨日 (3/2) の DigiTimes に、「China releases FDD-LTE licenses to China Telecom, China Unicom」というニュースがポストされていました。 おそらく、北京政府は TD-LTE と FDD-LTE を、三大テレコムに分担させるという方針なのだろうと想像しています。 さらにですが、昨年末の China Tech News には、「Three Korean Carriers Team With Huawei For 5G Development」というニュースを報じています。 もう1つ加えると、ちょうど1年前の 2014年 2月に、Nokia と Sprint が TD-LTE で 2.6 Gbps という実験を成功させているようです。う〜ん、Docomo は、どうするのでしょうかね? そう考えると、とても面白い展開に思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China Mobile の 4G ユーザーが1億人:今年の末には 2.5億人になる?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、本土の DC
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 20, 2015
China Mobile blasts from zero to 100M 4G subscribers in just 14 months
Steven Millward – Feb 17, 2015
https://www.techinasia.com/china-mobile-100m-4g-subscribers-aims-250m-end-2015/
 
_ tech in asia
 
China Mobile now has just over 100 million 4G subscribers, according to the newest data from the company. The major milestone comes 14 months after the nation’s top telco switched on China’s first 4G network.
 
China Mobile だが、同社から提供された最新データによると、その 4G サブスクライバー数が、ついに1億の大台に乗ったようだ。 この、China のトップに君臨するテレコムは、4G ネットワークをメインに切り替えてから僅か 14ヶ月後に、このマイルストーンに到達したことになる。
 
China-4G-subscribersChina Mobile’s newest 4G figure counts subscribers added by the end of January. The telco titan has so far set up more than 700,000 4G base stations covering over one billion people, the China Daily reports. The firm aims to have 250 million 4G users by the end of this year.
 
China Mobile の最新データは、この1月末までの、4G サブスクライバー数をカウントしている。これまでに、このテレコムの巨人は、1億以上の人々をカバーするために、70万ヶ所以上の 4G 基地局を準備してきたと、China Daily がレポートしている。そして、同社は、今年の末までに、2.5億人以上の 4G ユーザーを持とうとしている。
 
China has more than half a billion 3G subscribers, but that number will decline slowly as people shift over to similarly priced 4G data plans.
 
いまの China には、5億人以上の 3G サブスクライバーがいるが、価格の変わらない 4G データ・プランへと人々がシフトしていくにつれて、その数はゆっくりと低下するだろう。
 
Rival telcos China Unicom and China Telecom are not yet revealing their number of 4G subscribers in their customary monthly reports.
 
China-Mobile-reaches-100M-4G-subscribers-aims-at-250M-by-end-of-yearThis is the growth :
 
経緯を示すチャート:
 
ライバルのテレコムである China Unicom と China Telecom は、自身の月次サポートにおいて、その 4G サブスクライバー数を明らかにしていない。
 
Apple added support for China Mobile’s 4G network in its iPhones in January 2014, but it’s cheaper 4G-enabled phones from brands like Xiaomi, Coolpad, and Lenovo that will drive a greater number of people to switch to 4G.
 
2014年 1月に Apple は、iPhone の 4G ネットワーク・サポート・リストに、China Mobile を追加している。しかし、4G への切り替えを促進している原動力は、Xiaomi/Coolpad/Lenovo といったブランドの、4G 対応の低価格スマホなのである。
 
See: Everyone in China loves their smartphones, but people are using surprisingly little data each month
 
(Source: China Daily)
Editing by Josh Horwitz
 
ーーーーー
Asia Pacific14ヶ月で1億人という、ちょっと信じられないペースなのですが、さらに今年は、1.5 億人を上積みするとか ・・・  まぁ、モバイル人口が5億を超える国なので、当たり前といえば、当たり前なのでしょう。 それにしても、中国の iPhone ユーザーは自身のプロファイルを、中国国内に預けているのでしょうか? そして、Xioami の海外ユーザーは、グレート・ファイヤウォールの外側に、ほんとうにプロファイルを置けているのでしょうか? 人治から法治へと、中国の法律が整備されてくるのは、とても嬉しいことなのですが、iPhone と Xiaomi の件が、とても気になります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% 超:アジアのモバイル通信は独自路線?
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
 

Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた

Posted in Asia, Telecom by agilecat.cloud on February 12, 2015
Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
Sami Ghanmi – Feb 09, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/36395/20150209/huawei-bt-ireland-test-400gbps-fiber-broadband-transmission.htm
 
_China Topix
 
Chinese telecom giant Huawei Technologies Co. Ltd. and telecom firm BT Ireland have successfully tested a 400 Gbps fiber broadband over fiber optics that connects the city of Dublin to Belfast.
 
China の大手通信機域メーカーである Huawei Technologies Co. Ltd と、欧州のテレコムである BT Ireland が、光ファイバーによる 400 Gbps ブロードバンドのテストを順調に進めている。 それにより、Dublin と Belfast が高速で接続されることになる。
 
Huawei and BT Ireland have transmitted 400 Gbps of data across existing 10 Gbps, 40 Gbps and 100 Gbps wavelengths.
 
Huawei と BT Ireland は、既存の 10 Gbps/40 Gbps/100 Gbps といったレベルを超えたところで、400 Gbps でデータを送信している。
 
Huawei
BT said it had chosen to carry out the test in Ireland due to its existing network infrastructure and the 200 km distance between Dublin and Belfast.
 
今回のテストで Ireland が選ばれたのは、Dublin と Belfast を接続する、200km におよぶ既存インフラがあったからだと、BT は発言している。
 
 “The results demonstrate how we can maximize the efficiency of our network investment, building on our core network infrastructure whilst continuing to meet the ever-increasing needs of our customers in a fast evolving digital world,” said Alex Crossan, BT Ireland’s managing director.
 
BT Ireland の Managing Director である Alex Crossan は、「 今回の結果は、私たちのコア·ネットワーク·インフラを拡張し、ネットワーク投資の効率を最大化していく方法を示している。それは、急速に進化しているデジタルの世界において、私たちの顧客が抱え込むニーズを、満たし続けるものとなる」と述べている。
 
“These in-life trials have also been crucial in understanding the capabilities of these new technologies, and have allowed us to accelerate our plans to deploy with confidence in the very near future.”
 
「 こうした、具体性のある試みが、新テクノロジーの能力を理解する上で、きわめて重要だっ。 そして、私たちは、目前に迫っている近未来へ向けて、いくつかのプランを、自信を持って加速していける」。
 
BT said it plans to deploy 200 Gbps and 400 Gbps commercial speeds using its core transmission network by March.
 
BT は、この 3月までに、今回のコア伝送ネットワークを用いて、200 Gbps と 400 Gbps の商用サービスをディプロイする計画を明らかにした。
 
“With the rapid growth of mobile broadband and video services generating tremendous volumes of traffic for backbone networks, the time is now for 400 Gbps.” said Ryan Ding, president of products and solutions at Huawei.
 
Huawei の President of Products and Solutions である Ryan Ding は、「モバイル・ブロードバンドとビデオ・サービスが急速に成長するにつれて、膨大なトラフックがバックボーン・ネットワーク上に生じてくる。 つまり、400 Gbps は、マッタ無しなのだ」と発言している。
 
Huawei also recently announced the testing of the world’s first uplink carrier aggregation, along with China Mobile Communications Corporation, over Jiangsu Mobile’s network in China.
 
最近になって Huawei は、China Mobile Communications Corporation と共同で、China の Jiangsu Mobile ネットワークを用いて、世界で初めてのアップリンク・キャリア・アグリゲーションをテスト中だと発表している。
 
The test successfully increased upload speeds by 180 percent. The Chinese tech giant had also deployed the world’s first atom router, along with China United Network Communications Group Co. Ltd.
 
このテストにより、アップロード・スピードを、180% も向上させることに成功している。さらに、この China のテック・ジャイアントは、China United Network Communications Group Co. Ltd と共同で、世界で初のアトム・ルーターをディプロイしている。
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの情報を意識的に探っているのですが、そこで明らかになってきているのが、この Huawei の強さです。 先日に、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳をポストしましたが、今日のポストに示されるように、ビジネスの成長を裏付けるテクノロジーの存在を感じます。 アメリカ市場からはシャットアウトされてしまったようですが、中国国内と、東南アジア、そして、ヨーロッパで、着々と実績を積み上げてきています。これからも、ウォッチしていきたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアは独自路線へと進むのか?
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
%d bloggers like this: