Agile Cat — in the cloud

ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on June 23, 2015
Why we browse Facebook when we want to take a break
By PTI | 31 May, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-break/articleshow/47491037.cms 
 
_Economic Times
 
LOS ANGELES: Scientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
LOS ANGELES:科学者たちが、Facebook などのソーシャルネットワークについて、とても興味深い現象を見出した。 それは、休憩を取りたい人々の、気分転換に関する考察でもある。
 
Even when we are resting, our brains are preparing us to be social, according to a new study by psychologists from the University of California, Los Angeles. The study sheds light on why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break, researchers said.
 
University of California, Los Angeles の心理学者によると、休息をとっている場合であっても、私たちの脳は社会に対する準備を欠かさないようだ。この調査は、Facebook などのソーシャル・ネットワークが、休憩したいと感じる人々にとって、ちょうど良い気分転換になる理由に、スポットライトを当てるものだと、研究者たちは述べている。
 
why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-breakScientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
“The brain has a major system that seems predisposed to get us ready to be social in our spare moments,” said Matthew Lieberman, a UCLA professor of psychology and of psychiatry and biobehavioural sciences. The research, published in the Journal of Cognitive Neuroscience, shows that during quiet moments, the brain is preparing to focus on the minds of other people – or to “see the world through a social lens,” said Lieberman.
 
UCLA の Professor of Psychology であり、行動心理学の権威である Matthew Lieberman は、「 脳の主要なシステムとして、暇な時間における社会への準備という機能があるように思える。この、Journal of Cognitive Neuroscience で発表された研究結果によると、働きが静まった瞬間に人間の脳は、他の人々の心理に集中するための、準備に取り掛かるという。 さもなければ、社会のレンズを介して、世界を見ようとする」と述べている。
 
In experiments at UCLA’s Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center, the researchers showed photos with captions to 21 people, and tracked their brain activity using functional magnetic resonance imaging, or fMRI.
 
UCLA の Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center における実験で、研究者たちは 21人 に対して、キャプション付きの写真を見せている。 そして、fMRI (functional Magnetic Resonance Imaging) を用いて、被験者たちの脳の活動をトラッキングした。
 
Most of the photos showed people performing actions in a social setting and expressing a certain emotion. In one set of 40 photographs, images were paired with captions that reflected the person’s mental state.
 
大半の写真は、実社会における人々の行動を写したものであり、それらは、なんらかの感情を示すものであった。 この 40枚の写真のセットにおいて、それぞれの画像は、被写体である人々の精神状態を反映したキャプションと対になっている。
 
The second set of photos had identical images, but with captions that merely described what the person was doing – “He is resting his head” or “She is looking to her side.”
 
2番めの写真のセットは、最初のものと同じ写真を用いているが、それぞれの被写体の状況を示すだけの、キャプションと対になっていた。つまり、「彼は寄りかかって休んでいる」とか、「 彼女は自分の側を見ている」という類のものである。
 
A third set of images depicted a number accompanied by a simple mathematical equation.
 
3番目の写真セットは、シンプルな数式を伴うものである。
 
Participants were asked to judge whether the captions accurately expressed what the images showed.
 
そして、この実験に参加した人々に対して、どのキャプションが、もっとも正確に写真の内容を表現しいるかという、それぞれの判断を促す質問が投げかけられる。
 
The same regions of the brain that were active during the brief times that subjects were not looking at photos were also active when the participants were considering the photos with captions about people’s emotions.
 
対象となるものが見つかるときも見つからないときも、被験者たちの脳の中では、瞬間的に同じ領域が活性化していた。ただし、それは、写真に写った人々の感情について、キャプションが書き加えられたものを選んでいるときであった。
 
But those areas of the brain were not active when the participants were viewing the cards with captions about the person’s physical activity and those with the math equations.
 
そして、被写体の姿を示すキャプションが付いている写真を示しても、被験者たちの脳の中で、前述の領域は活性化しなかった。 それは、数式の写真でも、同じであった。
 
Sometimes, a part of the brain called the dorsomedial prefrontal cortex was more active during the rest period immediately before participants were asked to look at photos.
 
その脳の領域は、前頭葉皮質可視部 (?) と呼ばれることもあり、被験者たちが写真を見始める前の状況において、つまり脳が休息している状況において、最も活性化している部分となる。
 
In those cases, the participants made significantly faster judgments if the next photo they saw presented a statement about the person’s mental state.
 
そのような状況におかれた被験者たちは、写真に写った人々の精神状態について、それぞれのキャプションがメンタルなものを表現するのかどうかを、きわめて高速に判断していった。
 
The findings suggest that the dorsomedial prefrontal cortex might turn on during dreams and rest in order to process our recent social experiences and update our assumptions and understanding of the social world, Lieberman said.
 
この実験の結果は前頭葉皮質可視部 (?) について、その領域が夢うつつの状態で全開となり、現実の社会経験を処理する時には休息し、世の中について仮定/理解するためにアップデートされると示唆している。
 
So although Facebook might not have been designed with the dorsomedial prefrontal cortex in mind, the social network is very much in sync with how our brains are wired, he said.
 
したがって、前頭葉皮質可視部 (?) の働きを分かった上で、Facebook がデザインされているのかどうかは別にして、このソーシャル・ネットワークは、私たちの脳における配線と、きわめて同期していると、彼は言う。
 
“When I want to take a break from work, the brain network that comes on is the same network we use when we’re looking through our Facebook timeline and seeing what our friends are up to,” said Lieberman.
 
「 私が仕事から離れたいとき、つまり休憩を取りたいとき、私の脳内ネットワークが用いる領域は、Facebook タイムラインを見ているときに用いるものと同じになる。そして、いまトモダチが、なにをしているのかを確認するのだ」と、Lieberman は述べている。
 
ーーーーー
facebookそれを Facebook が意識していたかどうか・・・ という指摘が文中に有りますが、おそらく、そんなことは無いのだろうと思います。 Facebook が目指してきたものは、凄まじいスピードでスケールしながらも、積み上げられてきたユーザー・エクスペリエンスの上に、新たな試みを次から次へと実装していける、きわめて柔軟なソフトウェア・インフラなのだと捉えています。そのため、新たに提供されたサービスであっても、不人気なものは撤回されていくわけですが、何億という人々がアクセスし続けるシステムを止めることなく(たまに止まりますが)、それを実践しているところがスゴイと感心してしまうのです。
 
FB 2013-01-15それにしても、訳していて、これほど面白いコンテントは、年に何本も有るわけではありません。 そして、このように、新たな視点を伝えようとする記事を訳し終えて、日本語として読める話に仕上がったときは、普段とは ちょっと違う嬉しさがあります。 拙いながらも、あらん限りの想像力を働かせて、一字一句を訳していくわけですが、その面白さとは裏腹に、訳し切れるのかという不安も常に付きまといます。でも、まぁ、楽観的に行きましょうという雰囲気へ、自分で自分をリードしていけば、なんとかなるものなのです :)
 
話は Facebook に戻りますが、Menlo Park のオフィスにのアチラコチラに、この DONE IS BETTER THAN PERFECT という言葉が書かれています。 そして、それを延々と繰り返していくうちに、人々の脳の動きにフィットしたものが出来上がったというのが、ことの真相なのでしょう。 Agile Cat も、それにあやかって、このブログを楽しみながら続けていきたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook が提供する、Open Graph のベスト・プラクティスとは?
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
Facebook Timeline は、データの非正規化という破壊力で誘う
Facebook が Timeline をデザインしていく発想は、何処から湧き上がってくるのか?
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか?
 

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Huawei, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものになるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Posted in .Chronicle, .Selected, DevOps, Microsoft, Strategy by agilecat.cloud on April 8, 2015
Microsoft mulls an open source Windows
Senior engineer spills the beans at ChefCon.
Russell Brownon – Apr 7, 2015
http://www.itnews.com.au/News/402396,xxxxx.aspx
 
_ it news
 
A senior engineer from Microsoft has hinted that the company could one day open source the entire Windows operating system.
 
Microsoft のシニア・エンジニアが、Windows オペレーティング・システム全体に関するオープンソース化について、いずれは実現するかもしれないと示唆している。
 
Mark Russinovich, a Microsoft technical fellow and senior engineer, dropped the bombshell in front of several hundred people during a panel discussion at the ChefCon DevOps conference in the United States.
 
Microsoft の Technical Fellow and Senior Engineer である Mark Russinovich が、United States で開催された ChefCon DevOps カンファレンスのパネル・ディスカッションで、数百人の聴衆を前にして、この爆弾を落とした。
 
Russinovich told the crowd it was “definitely possible” that Microsoft could, in the future, choose to open up the Windows source code.
 
Microsoft が将来的に、Windows ソースコードのオープン化を選択することは、「可能性として間違いなく有り得る」と、Russinovich は聴衆に語っている。
 
“It’s a new Microsoft,” he said.
 
そして、「それが、新しい Microsoft だ」と、彼は付け加えている。
 
ChefConThe prospect is not as surprising as it might once have been. Last November, the company announced plans to open source the full server-side .NET core stack and bring the open-sourced .NET core to Linux and Mac OS X – with everything happening in plain view on code repository GitHub.
 
こうした見通しは、これまでの経緯をみれば、それほど驚くべきことではない。 昨年の 11月に同社は、サーバー・サイドの .NET Core Stack を完全にオープン・ソース化し、その .NET Core を Linux および Mac OS X 上に提供するという、計画を発表している。さらに言えば、コード・リポジトリである GitHub 上で、すべての計画は進められるようだ。
 
The company now has more than 1000 software repositories on GitHub, but until now Windows, a US$4 billion (A$5.27 billion) a quarter cash cow, has looked untouchable.
 
現時点において同社は、GitHub 上に 1000 以上のソフトウェア・リポジトリを有している。しかし、四半期で US$4 billion ものキャッシュを稼ぎだす Windows は、そうならないだろうと、これまでは推測されてきた。
 
Russinovich asked for a show of hands from the audience on how many attending solely ran Windows. One single hand was raised from a crowd of hundreds.
 
Russinovich は、Windows の利用率を確認するために、聴衆に挙手を求めたが、数百の手が挙がるという結果が示された。
 
Russinovich – Microsoft’s chief technical officer of Azure – said in the company’s cloud computing service, almost 20 percent of virtual machines are Linux already.
 
Microsoft PDC
 
Microsoft Azure の CTO でもある Russinovich は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに関して、ほぼ 20% の仮想マシンが、すでに Linux で動いていると述べている。
 
He acknowledged that in the past it “would have freaked people out to think about Microsoft running Linux in our cloud”.
 
これまでも、「私たちのクラウドで、Microsoft が Linux を走らせることに、とても熱狂する人々がいる」と、彼は認めていた。
 
“Every conversation you can imagine about what should we do with our software — open versus not-open versus services — has happened,” he said. “It’s really a matter of choice. We’re going to continue to innovate and deliver cool stuff in Windows [while] we see customers that are making other choices.”
 
「 みなさんがイメージする、すべてのディスカッションにおいて、Open 対 Not-Open 対 Services という議論が生じている。それは、まさに選択の問題だ。 私たちは、さらにクールな Windows を目指して、イノベーションを継続していくが、他の選択肢を望むカスタマーがいることも知っている」と彼は発言している。
 
While developers were absorbing the news, Microsoft’s founder Bill Gates sent an open letter to the company’s staff as part of its 40th anniversary celebrations urging them to focus not on Microsoft’s legacy, but on its future.
 
このニュースに、デベロッパーたちは夢中になっている。その一方で、Microsoft の Founder である Bill Gates は、40周年の祝辞の一環として、全社員に公開書簡を送っている。そして、その内容はというと、Microsoft の歴史にではなく将来に対して、集中を促すものになっている。
 
Amid the birthday celebrations, the company confirmed the last few hundred of the 18,000 layoffs it began making last year.
 
こうした、お祝いムードの中で、昨年から進められている 18,000人 のレイオフの、最後の数百人が確定するという現実もある。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
MS昨年の 11月3日に、「Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!」という抄訳をポストしていますが、それもオーストラリアの iT News でした。そして、今回の Open Windows というニュースですが、、、Microsoft は Office 365 などにより、本質はサービスに有りという路線へ、すでに転換していると推測できます。 もちろん、手元のデバイスに価値が無いという話ではありませんが、Apple が主張する価値というより、Google の考え方に近いところへと、移行を完了しているように思えます。 それにしても、Mark Russinovich さんは、いつも歯切れがよくて、ナイスですね! これからが、とても楽しみです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

Intel が IoTivity を発表:この IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援を申し出た!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Linux, Strategy by Agile Cat on January 17, 2015

Intel Unveils ‘Internet of Things’ Open-Source Framework
http://wp.me/pwo1E-8cI
Sami Ghanmi – Jan 15, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/32646/20150115/intel-unveils-internet-things-open-source-framework.htm

_China Topix

Multinational chip maker Intel Corporation’s Open Interconnect Consortium (OIC) recently unveiled IoTivity, an open-source software framework for providing connectivity to IoT devices.

多国籍チップ・メーカーである Intel だが、その Open Interconnect Consortium (OIC) が先日に、IoT デバイスに接続性を提供するための、オープンソース・ソフトウェア・フレームワークである IoTivity を発表した。

"The ability for devices and machines to communicate will unleash a whole new world of technology innovation," said Jim Zemlin, executive director at the Linux Foundation.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「このデバイスやマシンを接続する能力により、テクノロジー・イノベーションが新たな世界へ向けて解き放たれる」と述べている。

Photo : Intel
OIC’s IoTivity Open Source Software Framework

"Open-source software and collaborative development are the building blocks to get us there. IoTivity is an exciting opportunity for the open-source community to help advance this work."

そして、「オープン·ソース·ソフトウェアと共同開発が、私たちが取得すべきビルディング・ブロックである。そして、この作業を促進していくオープンソース・コミュニティにとって、IoTivity は素晴らしいチャンスとなる」と続けている。

An independent steering committee will oversee the open-source framework while communicating with Intel’s OIC.

なんらかの独立した運営委員会が、Intel の OIC と連携しながら、このオープンソース・フレームワークを監督していくことになる。

"We believe that an open-source project combined with the OIC’s standards efforts is critical to driving true interoperability for the billions of IoT devices that will be coming online over the next few years," said Mark Skarpness, Intel’s director of embedded software at its Open Source Technology Center, and the chair of the IoTivity Steering Group.

Intel の Open Source Technology Center で Director of Embedded Software を務め、IoTivity Steering Group の Chair も兼任する Mark Skarpness は、「私たちは、なんらかのオープンソース・プロジェクトと、OIC における標準化の取り組みが連携することで、数十億になるとも言われる IoT デバイスのための、ほんとうの意味でのインターオペラビリティが促進されると信じている。それらが、これからの数年間で、オンラインで接続されていく」と述べている。

"We are pleased to be working with The Linux Foundation and the open-source community to advance the project."

そして、「私たちは、このプロジェクトを前進させるために、Linux Foundationおよびオープンソース·コミュニティと協力できることを、とても喜んでいる」と続けている。

IoTivity’s features will include device-to-device connectivity, information exchange, messaging connectivity, APIs, an SDK, secure connection and device discovery.

IoTivity は、その機能として、デバイス間の接続性/情報エクスチェンジ/メッセージング接続/API/SDK/セキュア接続/デバイス検出などを取り込んでいる。

"All developers are welcome to join the community and start contributing by submitting code, bug fixes or suggestions for new features, all using IoTivity’s online project tools that are also being made available today," Skarpness added.

そして Skarpness は、「すべてのデベロッパーを歓迎する。 ぜひ、コミュニティに参加し、コードの提供や、バグ・フィックス、新しい機能の提案といった、コントリビューションを開始して欲しい。また、すべての IoTivity オンライン・プロジェクト・ツールが、今日から使用できるようになっている」と呼びかけている。

ーーーーー

なんか、来たぞ、来たぞ、という感じですね。 もちろん、Intel がコアとして存在するところに求心力を感じますが、こういう展開には Linux Foundation が不可欠ですよね。 なんというか、OSS の支援がないと、つまり、そのエコシステムが機能しないと、IoT も成り立たないという雰囲気があります。 すべての領域において、オープン・ソースが重要な役割を担っていますが、この IoT も決して例外ではないはずです。 

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Strategy by Agile Cat on January 6, 2015

Mark Zuckerberg Slams Tim Cook: You’re Not In Alignment With Your Customers
http://wp.me/pwo1E-8as
Caroline Moss – Dec. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-slams-tim-cook-2014-12

_ Business Insider

Mark Zuckerberg just slammed Tim Cook and Apple. In an interview with Time magazine, he said:

Mark Zuckerberg が、Tom Cook と Apple を酷評している。Time 誌のインタビューで、彼は、以下のように述べている

A frustration I have is that a lot of people increasingly seem to equate an advertising business model with somehow being out of alignment with your customers … I think it’s the most ridiculous concept. What, you think because you’re paying Apple that you’re somehow in alignment with them? If you were in alignment with them, then they’d make their products a lot cheaper!

私が不満に思うのは、広告のビジネス・モデルと、Apple の顧客が望むものがズレている、という発想が蔓延していることだ。それは、とんでもない考え方だと思う。 Apple に対して、ユーザーが対価を支払うのは、そこに何らかの整合性があるからだと捉えられないのか? もし、広告とユーザーの間に、なんらかの整合性が存在するなら、Apple のプロダクトは、もっと安価になるのだ!

Previously, Cook went after advertising-supported businesses like Google and Facebook, saying they were not in alignment with customers because for them the customers served as the product.

以前、Cook は、Google や Facebook などが展開している広告サポート・ビジネスを追いかけていたが、プロダクト・ビジネスの顧客と、広告ビジネスの顧客は一致しないと発言していた。

AP, BI

Zuck スリーパー
ホールドが Cook にキマるの図

"If [companies are] making money mainly by collecting gobs of personal data, I think you have a right to be worried," Cook said in an interview. "And companies I think should be very transparent about it."

あるインタビューで Cook は、「 それらの企業が、個人データの塊を収集することで収益を上げるなら、その権利について考える必要があるだろう。そして、それらの企業は、きわめて透明に、それらの権利を取り扱う必要がある」と語っている。

It’s rare to see big technology executives — and in this case, two of the biggest — make such public attacks on each other’s companies.

Apple のような、大手のテック・カンパニーの幹部が、パブリックな場で他社を攻撃するというのは(この場合は Google と Facebook)、きわめて珍しいことである。

Facebook’s entire business is built around collecting personal data, then selling advertisements tailored to that personal data. Apple is the exact opposite. It sells hardware products, collecting very little data.

Facebook における全体的なビジネスは、ここで言う個人データを収集し、その属性に合わせた広告を販売するというものである。 そして、Apple は対極にいる。 つまり、ハードウェア製品を売るための、きわめて少量のデータを収集するのみである。

Cook has been using this as a selling point for Apple to consumers. The idea is that if you don’t want to turn over your personal information to a company, then you should use Apple products.

Cook は、Apple プロダクトを販売する際のセールス・ポイントとして、このロジックを用いている。つまり、それらの企業に、個人情報を運用させたくないなら、Apple プロダクトを使用すべきという理屈である。

This is a bit rich coming just months after the iCloud hacking scandal. Nude photos of celebrities were posted online after hackers accessed iPhone accounts on which they were stored. Apple says iCloud wasn’t breached. It says hackers used "phishing" tactics to get access to accounts.

しかし、数カ月前に iCloud のハッキングというスキャンダルが起こっているのに、それは言い過ぎだとも思える。ハッカーたちは、セレブの iPhone アカウントにアクセスし、そこにストアされていたヌード写真などをオンラインにばらまいてしまったのだ。Apple のコメントは、iCloud への侵入は無かったというものである。 つまり、ハッカーたちはフィッシング戦術を用いて、それらのアカウントにアクセスしたと言っている。

Still, it’s not good for Apple, especially if it wants to be seen a steward of users’ personal information.

そうだとしても、そんな発言は Apple のためにならない。 ユーザーの個人情報を預かる、執事として振る舞いたいなら、なおさらのことだ。

As for Zuckerberg’s counterpoint, it makes sense. Consumers have repeatedly shown that they are willing to give up a little privacy for a great, free product.

Zuckerberg が持ち出す争点として、それは理にかなっている。無償の素晴らしいプロダクトを得るために、消費者たちは多少のプライバシーは諦めるという現実が、随所で繰り返されているのだ。

Facebook has more than 1.3 billion users despite the fact that it uses personal information for advertising. Google has more than a billion users on its products, and it uses personal information. Twitter has hundreds of millions of users, and it relies on advertising based on personal information.

Facebook は、個人情報を広告のために使用しているにもかかわらず、13億人以上のユーザーを有している。 Google は、10億人以上のユーザーにプロダクトを提供し、その個人情報を使用している。 Twitter も、数億人のユーザーを持ち、それの個人情報に基づいた広告ビジネスを展開している。

People don’t mind ad-supported products.

つまり、人々は、広告の付いたプロダクトについて、それほど気にしていないのだ。

Further, the average iPhone costs over $600, while the average Android phone costs half that. Zuckerberg is saying that if Apple were on the side of the consumer, it would lower prices and make its products more broadly available. After all, Apple has $150 billion in cash on hand. It is the most profitable technology company in the world. It can afford to lower prices.

さらに言えば、iPhone の平均価格は $600 を超えているが、Android の場合は、その半分である。Zuckerberg が言わんとするのは、Apple がユーザーの側に立つなら、そのプロダクトの価格を引き下げ、より多くの人びとが利用できるようにすべきだという点だ。結局のところ、Apple は 15兆円というキャッシュを手にしている。つまり、世界で最も収益性の高いテック・カンパニーであり、余裕を持って低価格化に取り組めるのだ。

Facebook is free for everyone to use. The price for that is that it collects some user information. Zuckerberg and consumers, based on their actions, think that’s a fair deal.

Facebook は、誰もが無料で利用できる。 そのコストは、ユーザーたちから幾ばくかの情報を集めることで賄われている。つまり、Zuckerberg とユーザーたちの関係は、両者の判断に基づく、公正な取引の上に成り立っていると思えるのだ。

ーーーーー

まぁ、なんというか、iCloud のセレブ・プライバシーで問題が起きたとき、Tim Cook は対応を誤ったのだと思います。 フィッシングといえば、そうなのかもしれませんが、iCloud がブルート・フォースを許していたことが、そもそもの間違えなのです。 そして、それに対しては、何も言及せず、二段階認証にしたから良いだろうというのでは、あまりにも顧客に対して失礼な話です。 それを棚に上げて、Google や Facebook の透明性を突っついても、バシッと切り返されて終わりです。 もう一つ、言わせてもらえるなら、Steve Ballmer が Scroogled キャンペーンで孤軍奮闘しているときに、何の助け舟も出さずにいたくせに、いまさら、それは無いでしょう、と言いたくなってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
iPhone と Android の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?

Posted in .Selected, Google, Satellite, Strategy by Agile Cat on December 17, 2014

Google-backed Global Broadband Venture Secures Spectrum for Satellite Network
http://wp.me/pwo1E-86a
Peter B. de Selding | May. 30, 2014
http://www.spacenews.com/article/satellite-telecom/40736google-backed-global-broadband-venture-secures-spectrum-for-satellite

ーーーーー

<注記> ちょっと古い記事であり、ここで取り上げられている WorldVu は、最近では Elon Musk の SpaceX と提携するだろう、という記事も出ています。

ーーーーー

PARIS — A company based in Britain’s tax-friendly Channel Islands and backed by Google and the founder of satellite broadband trunking provider O3b Networks has secured radio spectrum rights to build a low-orbit satellite constellation to provide global broadband to individual consumers, industry officials said.

PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

Brian Holz, 03b’s former chief technology officer, is leaving the company for WorldVu. Credit: Photo courtesy of Brian Holz

The company, which uses the name L5 in its regulatory filings and is registered in St. Helier, Jersey, under the name WorldVu Satellites Ltd., has picked up Ku-band spectrum initially planned for use by a now-defunct company called SkyBridge to launch a constellation of 360 small satellites for a global Internet service.

その会社は、L5 という名称で規制当局への申請を行い、WorldVu Satellites Ltd. という名で St. Helier, Jersey 島に登記されている。そして、いまは消滅してしまった SkyBridge という会社が、グローバル・インターネット・サービスを提供するために、360個の小型衛星群を運用しようと計画したときの、Ku-band というスペクトルを拾い上げ、新たなビジネスを立ち上げようとしている。

The International Telecommunication Union (ITU), the Geneva-based United Nations affiliate that regulates satellite orbital slots and wireless broadcast spectrum, shows L5 filings as promising to start service in late 2019.

Geneva ベースの国連関連団体として The International Telecommunication Union (ITU) があるが、この人工衛星の軌道スロットと無線ブロードキャスト・スペクトルを規制する組織の報告書を見ると、2019年の後半には L5 がサービスを開始する可能性が高いと分かる。

The satellites, tentatively designed to operate in circular orbits of 800 and 950 kilometers inclined 88.2 degrees relative to the equator, have been given regulatory deadlines of between late 2019 and mid-2020 to enter service, according to ITU records.

この衛星は、赤道を基準に 88.2 度の緯度幅をカバーし、800km 〜 950km の高度で軌道を描くよう、暫定的にデザインされている。そして ITU の記録によると、サービスに入るための規制上のデッドラインとして、2019年の後半〜2020年の半ばという期限が与えられている。

WorldVu appears to be a Google response to the same question being asked by all the big global Internet service providers, search engines and social networks: How do you reach hundreds of millions of potential users residing in places without broadband access?

グローバルかつ大規模に展開される、すべてのインターネット·サービス·プロバイダ/検索エンジン/ソーシャル・ネットワークに共通する疑問への、Google の回答が WorldVu なのだと思われる。つまり、ブロードバンドでアクセスできない場所に住んでいるかもしれない無数のユーザーに、どのようにしてリーチするのかという問いに対する答えとなる。

Facebook purchased Britain’s Ascenta unmanned aerial systems designer as part of what it calls its Connectivity Lab project, which is exploring satellite and atmospheric Internet nodes. Google earlier this year purchased Titan Aerospace, a drone designer of what are sometimes called "atmospheric satellites." With WorldVu, Google appears to be adding a play in conventional exo-atmospheric version.

Facebook は Connectivity Lab プロジェクトと呼ぶ活動の一環として、イギリスの Ascenta という無人航空機システムのデザイナーを手にしており、それにより、衛星を用いた大気圏内インターネット・ノードの構築を模索している。その一方で Google は、今年の初めに Titan Aerospace を買収しているが、これも大気圏内衛星とも言える、ドローンのデザインが絡んでいる。つまり、Google は WorldVu により、これまでの大気圏バージョンでの活動を強化しているように見える。

注記:地球の大気圏は 1000km に及ぶ。

The ITU’s Master International Frequency Register is routinely peppered with filings — satellite networks in ITU parlance — that clog the system, hoard spectrum rights and ultimately never are built.

ITU の Master International Frequency Register は、ITU 用語で衛星ネットワークと呼ぶ書類により、毎日のように攻め立てられている。 つまり、それによりシステムが目詰りし、スペクトル権を買い溜めされるが、最終的には構築されないという状況が繰り返されていた。

In the case of L5/WorldVu, there is reason to suspect this is not just another paper satellite.

しかし、L5/WorldVu のケースでは、単なるペーパー・サテライトではないと、推測させる理由がある。

For starters, WorldVu is located in the same small town where Greg Wyler registered and founded O3b Networks, which also started with modest support from Google and is now building a business of providing high-speed fixed and mobile Internet links to customers located between 40 degrees north and 40 degrees south of the equator. O3b’s mission, as the company likes to point out, is to connect the “other 3 billion people” around the globe “who have been denied broadband access for reasons of geography, political instability and economics.”

まず、第一に、Greg Wyler が O3b Networks を設立/登記した、同じ小さな街に WorldVu は位置しており、また、Google からのささやかな支援が開始されている。そして、現在は、北緯 40度と 南緯 40度の間に住む人々をサポートするための、ワイヤー/モバイルによるインターネット·リンクを提供するためのビジネスを立ち上げている。O3b が、よく口にする同社の使命は、地理/政治/経済などの理由により、ブロードバンドへのアクセスが不可能だとされる、もう一方の世界の「 30億人 」をインターネットに接続することである。

Joining Wyler in the WorldVu venture are Brian Holz, O3b’s former chief technology officer; and David Bettinger, a long-time chief technology officer of satellite ground terminal provider iDirect.

WorldVu の冒険において、Wyler と行動を共にする Brian Holz の前職は O3b の CTO であり、また、David Bettinger は衛星用の地上ターミナル・プロバイダーである、iDirect の CTO を長年にわたって務めてきた。

Holz’s departure from O3b at this juncture in the company’s history — a component defect on the first four satellites has delayed the launch of the second four, now scheduled for July — might be viewed as curious.

同社の歴史おいて、つまり、第一陣の 4つの衛星におけるコンポーネントの欠陥により、第二陣の 4つの衛星の打ち上げが 7月にズレ込んでいるという時点で、O3b のプロジェクトから Holz が離脱するのは、不思議なことだと思われるだろう。

While the current satellites operate well, their life expectancy has been compromised by the defect in the onboard component, called the centralized power supply and frequency generator unit.

現時点で、それらの衛星は上手く機能しているが、集中電源と周波数ジェネレータをいう、オンボード・コンポーネントの欠陥により、その平均寿命は期待値に届かないだろう。

In a May 27 response to SpaceNews inquiries, O3b said Holz “is leaving us for Google, which as you know is an O3b shareholder, but he will continue to serve on O3b’s technical advisory committee.” Attempts to reach Wyler, or anyone else, at the address listed for WorldVu were unsuccessful.

5月27日の SpaceNews からの問い合わせに対して O3b は、「 周知のとおり、O3b の株主でもある Holz は Google へと去っていくが、O3b の技術諮問委員は継続して務めることになる」と述べている。つまり、Wyler たちが連携していくような、WorldVu が考えていた試みは、上手く行かなかったことになる。

Holz has been replaced at O3b by Stewart Sanders, a senior vice president at satellite fleet operator SES of Luxembourg, which is O3b’s biggest shareholder.

Holz の後任には、 O3b の最大の株主であり、複数の衛星を管理する SES of Luxembourg の、Senior VP である Stewart Sanders が就任することになった。

An industry official familiar with the move said Holz will remain active at O3b at least through the launch of the second group of satellites, and his departure was arranged in a way to minimize perturbations at O3b, which remains a startup enterprise.

この動きに詳しい業界関係者は Holz について、第二陣の衛星群と打ち上げるまで、彼は少なくとも O3b でのアクティブな状況を維持し、スタートアップ・エンタープライズである O3b の、不安要素を最小限に抑えるよう再考された、と述べている。

“There is no way that Brian was going to do anything that would hurt O3b,” the industry official said, adding that L5/WorldVu should not be seen as a future O3b competitor.

「 O3b を傷つけることなく、何らかの行動を Brian が起こせるかというと、それは不可能である」と、その業界関係者は述べているが、将来的に L5/WorldVu と O3b がライバル関係になるかというと、それも違うと、付け加えている。

“O3b provides low-latency broadband trunking to telcos and large mobile platforms through relatively expensive ground stations,” the official said. “WorldVu wants to connect the world with affordable links to millions of individuals not now on the grid.” Google’s ultimate involvement in the venture “remains speculative at this point,” the official said.

「 O3b は、相対的に見て費用のかかる地上局を介して、テレコムと大手モバイル・プラットフォームに、低レイテンシのブロードバンドをバルクで提供する。 その一方で、WorldVu は、いまはグリッドにアクセスできない無数の人々に、安価なリンクで接続したがっている」と、その業界関係者は述べている。 そして、最終的には、この冒険に Google も関与するだろうが、「現時点では推測も伴う」と付け加えている。

L5/WorldVu’s ambition is to succeed where previous global satellite Internet projects have failed. O3b is using Ka-band frequencies that were abandoned by the now-defunct Teledesic venture, in which more than $1 billion was invested before its backers threw in the towel.

L5/WorldVu の野望は、これまでのグローバル・サテライト・インターネット・プロジェクトが失敗した領域で、成功を収めることである。 O3b が使用している Ka-band 周波数帯域は、いまは無き Teledesic というベンチャーが放棄したものであり、その支持者たちが諦めるまでに、$1 Billion 以上が投資されている。

SkyBridge had a similar idea, but in Ku-band. It too was abandoned for lack of financing, and it is the legacy SkyBridge frequencies that L5/WorldVu proposes to use.

SkyBridge も、Ku-band においてだが、同じような考えを持っていた。 そして、あまりにも膨大な資金を必要とするため、SkyBridge が放棄したものを、L5/WorldVu が使用すると提案しているわけだ。

Youtube ⇒

The Teledesic and SkyBridge projects accomplished the key goal at ITU of securing regulatory approval for nongeostationary-orbiting satellite communications networks.

Teledesic と SkyBridge のプロジェクトは、非静止軌道衛星通信ネットワークのための、規制当局の承認を確かなものにするという意味で、ITU における主要な目標を達成している。

Both networks agreed to incorporate complicated power-flux-density adjustments so that their satellites’ frequencies would not disturb broadcasts from satellites using the same spectrum from higher geostationary orbit.

この 2つのネットワークは、複雑な電波密度の調整を組み込むことで合意していた。それにより、同じスペクトルを使用する、より高い高度の静止軌道衛星からのブロードキャストを、二社の衛星の周波数が妨害しないようになっている。

It is an issue that WorldVu will face — especially when its hundreds of satellites pass over the equator — as Ku-band is widely used by telecommunications operators who have priority rights to the same spectrum.

それは、WorldVu が直面することになる問題だ。 つまり、同じスペクトルにおいて優先権を持っているテレコム事業者が、Ku-band を広範囲で使用するにつれて生じることになる、何百もの衛星が赤道上を通過する際の問題である。

Just as important for L5/WorldVu is the dramatic decrease in prices for sophisticated satellite antennas, satellite power-generation systems and payload electronics. It is here that Teledesic and SkyBridge confronted issues that drove up the costs of the systems and ultimately forced their collapse.

また、L5/WorldVu にとって重要な事柄として、きわめて洗練された、衛星のアンテナおよび発電システムと、搭載する電子機器に関する、劇的なコストの削減が挙げられる。それこそが、Teledesic と SkyBridge の前に立ちはだかった問題であり、システムのコストをつり上げ、最終的にはプロジェクトを崩壊へと至らしめた。

“Lots of things have changed since then,” the industry official said. “Satellite technology is no longer considered black magic. Look what’s being done with Earth observation constellations like SkyBox Imaging and Planet Labs and the new generation of cubists.”

「 あれから、あらゆるものが変化した。もはや、衛星テクノロジーを魔術として捉えるべきではない。 SkyBox Imaging や Planet Labs といった、地球の観測を志す、新たな世代の台頭を見てほしい」と、前述の業界関係者は述べている。

SkyBox Imaging — a California company building a constellation of high-resolution optical Earth imaging satellites in which Google is said to be interested — and Planet Labs of San Francisco have both launched the first of their imaging satellites.

ちなみに、SkyBox Imaging とは、地上のイメージを高解像度で撮影する California の企業であり、Google が興味を示しているとされる。また、San Francisco の Planet Labs も、地上イメージを撮影するための、自身の衛星を打ち上げている。

In addition to offering limited scale economies in satellite production, smaller satellites hold out the hope for lower launch costs when measured on a per-delivered-megabit basis.

さらに言えば、配信するデータをメガビット単位で規定できるなら、その望みを叶える実用的な小型衛星を打ち上げるための、規模の経済が具体化してきているのである。

ーーーーー

とても夢のある話で、訳していてワクワクしてしまいました。 海底に設置されたケーブルと赤道上に並ぶ衛星により、多層化されたインターネット・バックボーンのメッシュが、この地球を包み込んでいくのでしょうね。 さらに言えば、より低軌道に浮かぶ衛星やドローンなどを介して、地上に網を張りにくいアフリカや南米などにも、インターネット接続を提供するという流れが、さらに加速していくかもしれません。また、Google に関しては、この記事がポストされた直後の 6月に、Skybox Imaging という衛星スタートアップを買収しているので、なんらかの方針の変更が生じているのかもしれません。 Elon Musk の SpaceX も含めて、2015年は衛星に関する動向も追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!

Posted in .Selected, DevOps, Facebook, Mobile, Network, Post-PC, Strategy by Agile Cat on December 2, 2014

How Facebook Makes Mobile Work at Scale for All Phones, on All Screens, on All Networks
http://wp.me/pwo1E-84k
September 22, 2014 – ImageTodd Hoff
http://highscalability.com/blog/2014/9/22/how-facebook-makes-mobile-work-at-scale-for-all-phones-on-al.html

When you find your mobile application that ran fine in the US is slow in other countries, how do you fix it? That’s a problem Facebook talks about in a couple of enlightening videos from the @scale conference. Since mobile is eating the world, this is the sort of thing you need to consider with your own apps.

アメリカ国内では快適に走るモバイル・アプリが、その他の国では遅くなると分かったとき、どのように修正すればよいのだろう?それは、@scale conference における何本かのビデオで、Facebook が指摘している問題である。そして、この世界をモバイルが呑み込んで以来、あらゆるアプリにおいて考察すべき、ある種の問題でもある。

<関連> Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift でモバイル帯域を 40% も削減!

In the US we may complain about our mobile networks, but that’s more #firstworldproblems talk than reality. Mobile networks in other countries can be much slower and cost a lot more. This is the conclusion from Chris Marra, Project Manager at Facebook, in a really interesting talk titled Developing Android Apps for Emerging Market.

アメリカにおいても、私たちはモバイル・ネットワークに文句を言うだろうが、Twitter の #firstworldproblems で語られていることが真実だ。その他の国々におけるモバイル・ネットワークは、はるかに遅いものであり、また、より多くの費用がかかる。以下に示すのは、Developing Android Apps for Emerging Market という興味深いタイトルの講演の中で、Facebook の Project Manager である Chris Marra が結論づけたものである。

Facebook found in the US there’s 70.6% 3G penetration with 280ms average latency. In India there’s 6.9% 3G penetration with 500ms latency. In Brazil there’s 38.6% 3G penetration with more than 850ms average latency.

Facebook が調べた結果によると、アメリカにおける 3G の浸透率は 70.6% であり、レイテンシは 280ms である。それがインドとなると、3G の普及率は 6.9% であり、レイテンシ は 500ms になる。そしてブラジルの場合は、38.6% と 850ms だ。

Chris also talked about Facebook’s comprehensive research on who uses Facebook and what kind of phones they use. In summary they found not everyone is on a fast phone, not everyone has a large screen, and not everyone is on a fast network.

さらに Chris は、Facebook のユーザーである人々および、そこで用いられるスマホに関して、同社が実施している包括的な調査についても話してくれた。要約すると、誰もが高性能のスマホを使い、大きなスクリーンを持ち、高速のネットワークを使用できると思ったら、それは大きな間違いということだ。

It turns out the typical phone used by Facebook users is from circa 2011, dual core, with less than 1GB of RAM. By designing for a high end phone Facebook found all their low end users, which is the typical user, had poor user experiences.

その結果として、Facebook ユーザーが使用する典型的なスマホは、2011年頃のモデルから始まり、Dual-Core の CPIU を搭載し、RAM は 1GB 以下ということが分かってきた。 ハイエンド・スマホに合わせてデザインしてきた Facebook は、ローエンドのデバイスを持つユーザーが大半であり、そのすべてがプアなユーザー・エクスペリエンスを持つことを理解した。

For the slow phone problem Facebook created a separate application that used lighter weight animations and other strategies to work on lower end phones. For the small screen problem Facebook designers made sure applications were functional at different screen sizes.

Facebook は性能の低いスマホのために、軽いアニメーションなどの戦略を適用するために、使別のアプリを作成した。また、同社のデザイナーたちは、小さなスクリーンという問題に対処するために、異なる画面サイズであっても、機能的にアプリが振る舞えるようにしていった。

Facebook has moved to a product organization. A single vertical group is responsible for producing a particular product rather than having, for example, an Android team try to create all Android products. There’s also a horizontally focussed Android team trying to figure out best practices for Android, delving deep into the details of what makes a platform tick.

つまり、Facebook 自身が、プロダクトを構築するための組織に転身しているのだ。例を挙げるなら、すべての Android プロダクツを、そのためのチームが開発するのではなく、特定のプロダクトを構築するために、垂直方向へと問題を掘り下げていくグループに責任が振り分けられている。ただし、プラットフォームに適合するものを詳細まで踏み込み、Android のためにベスト・プラクティスを把握していく、水平方向に焦点を当てた Androidチームも存在する。

Each team is responsible for the end-to-end performance and reliability for their product. There are also core teams looking at and analyzing general performance problems and helping where needed to improve performance.

そして、個々のチームが自身のプロダクトに関して、その性能と信頼性を隅から隅まで担当することになる。さらに、コアとなるチームが、全体的なパフォーマンスの問題を分析し、それを向上させるために必要な支援を行う。

Both core teams and product teams are needed. The core team is really good at instrumentation and identifying problems and working with product teams to fix them. For mobile it’s important that each team owns their full product end-to-end. Owning core engagement metrics, core reliability, and core performance metrics including daily usage, cold start times, and reliability, while also knowing how to fix problems.

コアとプロダクトの、双方のチームが必要とされている。コア・チームは、適切に測定を行い、問題を特定し、それらを修正するために、プロダクト・チームと協調していく。モバイル開発において重要な事は、それぞれのチームが自身のプロダクトについて、隅から隅まで責任を負うことである。また、コアとしての共有メトリクス/信頼性/性能の指標を確立し、そこにアプリを立ち上げたときや、連続して使用したときの、信頼性を加える一方で、問題の解決方式を認識していく。

To solve the slow network problem there’s a whole other talk. This time the talk is given by Andrew Rogers, Engineering Manager at Facebook, and it’s titled Tuning Facebook for Constrained Networks. Andrew talks about three methods to help deal with network problems: Image Download Sizes, Network Quality Detection, Prefetching Content.

低速のネットワークに関連する問題を解決するという、包括的なテーマがある。今回は、Facebook の Engineering Manager である Andrew Rogers の、Tuning Facebook for Constrained Networks というタイトルが付けられたトークを紹介したい。Andrew の話は、ネットワークに関連する問題を解決する、Image Download Sizes/Network Quality Detection/Prefetching Content という、3つの方法論に集約される。

Overall, please note the immense effort that is required to operate at Facebook scale. Not only do you have different phones like Android and iOS, you have different segments within each type of phone you must code and design for. This is crazy hard to do.

総論として、Facebook のスケールで運用するには、膨大な労力が要求される点に注意してくほしい。そこには、Android と iOS といったモバイルの種別だけではなく、それぞれのデバイスごとのセグメントがあり、それに対してコーディングしていく必要があるのだ。それを実践していくことは、まさしくクレイジーである。

Reducing Image Sizes -  WebP saved over 30% JPEG, 80% over PNG

  • Image data dominates the number bytes that are downloaded from Facebook applications. Accounts for 85% of total data download in Facebook for Android and 65% in Messenger.
  • イメージ・データは、Facebook アプリにダウンロードされる、バイトの大半を占める。 Android 用の Facebook においては、全ダウンロード・データの 85% を占め、Messenger では 65% を占めている。
  • Reducing image sizes would reduce the amount of data downloaded and result in quicker downloads, especially on high latency networks (which we learned were typical).
  • イメージ・サイズを削減すれば、ダウンロードされるデータの量が低減され、より迅速なダウンロードが達成されるだろう。それは、高レイテンシのネットワークにおいて、特に有効な手段となる(そこから、私たちは学んだ)。
  • Request an appropriate image size for the viewport
  • 表示環境にあわせた、適切なサイズのイメージを要求する。
  • Resize on the server. Don’t send a large image to the client and then have the client scale the image down to a smaller size. This wastes a lot of bandwidth and takes a lot of time.
  • サーバー上で、イメージのサイズを変更する。クライアントへ向けて大きなイメージを送信し、クライアント側でイメージを小さくするという手法を取ってはならない。 そのような方式だと、大量の帯域幅を無駄にし、長時間を要することになる。
  • Send a thumbnail (for profile pictures) and a small preview image (this is seen in the newsfeed), and then a full image (seen in photo stories) when a user asks to zoom in it. A low-res phone may never need a full image. Most of the time a thumbnail and a small preview is all you need.
  • サムネイル(画像のサムネイル)と、小さなプレビュー・イメージ(例 NewsFeed)を送信し、ユーザーが拡大を要求したときに、フル・イメージを送信する(例 Photo Story)。低解像度のスマホの場合は、フル・イメージが不要かもしれない。また、大半のケースにおいて、サムネイルとプレビューで、すべての要求に応えられる。
  • Significant savings. Scaling a 960 pixel image that is 79KB is size to 240 pixels wide yields a 86% size reduction, to 480 pixels is a 58% size reduction, to 720 pixels is at 23% size reduction.
  • データ転送量を、大幅に削減できる。たとえば、960 pixel スケールのイメージは 79KB であるが、240 pixel なら 86%、480 pixel なら 58%、720 pixel なら 23% の削減が達成される。
  • With screen sizes becoming larger scaling images isn’t as effective as it used to be. Still worth doing, but the payoff isn’t as much.
  • スクリーン・サイズより大きなイメージを、効果的に利用できるケースはほとんど無い。何らかの価値があるかもしれないが、その代償は大きい。
  • Change the image format
  • イメージ・フォーマットの刷新
  • 90% of images sent to Facebook and Messenger for Android use the WebP format.
  • Android 用の Facebook および Messenger では、90% のイメージで WebP フォーマットが用いられている。
  • WebP format released by Google in 2010.
  • WebP フォーマットとは、Google が 2010年にリリースしたものである。
  • WebP saves 7% download size over JPEG for equivalent quality.
  • WebP は、同品質の JPEG に対して、7% のサイズ圧縮を実現にする。
  • WebP saved over 30% download size over JPEG by tuning quality and compression parameters with no noticeable quality differences. A big savings.
  • WebP は、画質チューニングと圧縮パラメータにより、JPEG に対して 30% のデータ削減を可能にするが、視覚的な劣化は生じない。 それにより、ダウンロード・サイズを大幅に削減できる。
  • WebP also supports transparency and animation, which is useful for their Stickers product.
  • さらに WebP は、透過性とアニメーションをサポートするため、Sticker などのプロダクトに適している。
  • WebP saves 80% over PNG.
  • WebP は PNG の 80% に、データ量を低減する。
  • For older versions of Android the images are transported using WebP but transcoded on the client to JPEG for rendering on the device.
  • Android の古いバージョン用のイメージは、WebP を使って転送されるが、レンダリングのためにクライアント上で JPEG に変換される。

Network Quality Detection – Adjust Behavior to Network Quality

  • On the same network technology 2G, 3G, LTE, WiFi, connections speeds in the US were 2-3x faster than in India and Brazil.
  • 2G, 3G, LTE, WiFi といった、それぞれのネットワーク・テクノロジーにおいて、India や Brazil に対して U.S. は、2倍〜3倍の接続速度を有する。
  • LTE is often faster than WiFi, so you can’t just base the connection speed on technology.
  • 大半のケースにおいて、LTE は WiFi より高速であるため、テクノロジーの接続速度を論拠にはできない。
  • Built into the client the ability to:
  • Measure throughput on all large network transfers
  • 以下の機能を、クライアント内に作り込む:
  • 大規模ネットワークを通過する際のスループットを測定する。
  • Facebook servers provide a Round Trip Time (RTT) estimate in the HTTP header in every response
  • Facebook のサーバーは、すべてのレスポンスにおける HTTP ヘッダー内で、Round Trip Time (RTT) 推定値を提供している。
  • The client maintains a moving average of throughput and RTT times to determine network quality.
  • そのため、クライアントは、ネットワーク品質を判断するために、変動するスループットと RTT 時間の、平均値を保持できる。
  • Connections are bucketized into the following groups: Poor is < 150kbps. Moderate is 150-600kbps. Good is 600-2000kbps. Excellent is > 2000kbps.
  • 接続スピードは、以下のグループに分類される:Poor 150kbps 以下:Moderate 150〜600kbps:Good 600〜2000kbps:Excellent 2000kbps 以上。
  • Feature developers can adjust their behavior depending on the connection quality.
  • それらの接続品質に応じて、それぞれの機能の振る舞いを適正化していく。
  • Some possible responses based on quality:
  • その通信品質に基づき、いくつかの対策がある:
  • Increase/decrease compression.
  • Issue more/fewer parallel network requests. Don’t saturate the network.
  • 圧縮比の増減。
  • 並列ネットワーク・リクエストの増減。それにより、ネットワークをサチらせない。
  • Disable/enable auto-play video. Don’t cause more traffic on slow networks.
  • ビデオ自動再生の ON/OFF。 低速ネットワークでは、大量のトラフィックを要求しないようにする。
  • Pre-fetch more content.
  • より多くのコンテントを、プリ・フェッチする。
  • A tool developed at Facebook called Air Traffic Control supports the simulation of different traffic profiles. Each profile can be configured: bandwidth, packet loss, packet loss-correlation, delay, delay correlation, delay jitter. Extremely helpful in finding unexpected behaviour on slow networks.
  • Facebook では、内製のツールである Air Traffic Control により、各種のトラフィック・プロファイルのシミュレーションを行なっている。それそれのプロファイルは、帯域幅/パケット損失/パケット損失相関/遅延/遅延相関/遅延ジッタなどで構成されている。低速のネットワーク上で、予期できない動作などを見つけるのに、きわめて便利である。
  • There are buckets for videos, but not sure what they are.
  • ビデオ・トラフィックに関しては、その内容が不明である。

Prefetching Content

  • Issuing network requests for content ahead of when the content is actually needed on the device.
  • 実際にデバイスでコンテントが必要になる前に、ネットワーク・リクエストを発行する。
  • Prefetching is especially important on networks with high latency. Waiting to issue a download request for an image the user will be looking at a blank screen.
  • プリ・フェッチングは、とりわけ高レイテンシのネットワークで重要となる。イメージをダウンロードするリクエスト発行を待っているのでは、ユーザーにブランクの画面を見せることになる。
  • Issue network requests for feeds early in the app startup process so the data will be present when the feed is displayed to the user.  The download can occur in parallel with other initialization tasks.
  • アプリ起動プロセスで、フィードの先頭へのネットワーク・リクエストが発行されていれば、ユーザーに対して表示するときに、すでにフィードの準備が整うことになる。このダウンロードは、他のイニシャル・タスクと並行して、引き起こすことが可能である。
  • Keep a priority queue of network requests. Don’t block foreground network requests on background network requests or the user won’t see the data they are currently interested in.
  • ネットワーク・リクエストの、プライオリティ・キューを維持する。バックグラウンドのネットワーク・リクエストにより、フォアグラウンドのネットワーク・リクエストをブロックしてはならない。また、ユーザーが興味を持っているデータを、見せないような状況も避けるべきだ。
  • Monitor for overfetching and excess consumption of device resources. Over fetching could fill up the disk or waste a lot of money on the user’s data plan.
  • 過剰なフェッチングとデバイス·リソース消費をモニタリングする。フェッチングが行き過ぎると、全体的なディスク容量が不足し、また、データ・プランによっては、ユーザーのコストを増大させる。

Miscellaneous

  • Client uploading to servers. The idea is to send fewer bytes over the wire from the client to the server, which means resizing images on the client side before they are sent to the server. If an upload fails retry quickly. It’s usually just a problem in the pipe.
  • クライアントからサーバーへのアップロードに関しても、サーバーに送信する前にクライアント側でイメージをリサイズし、データ転送量を低減すべきである。アップロードに失敗した場合は、速やかに再試実行する。 一般的に、この問題はパイプ内のもとと認識すべきだ。
  • There are 20 different APKs (Android application package) for the Facebook app, cut by API level, screen size, and processor architecture.
  • Facebook アプリ用として、20種類の APK(Android Application Package)が存在する。 具体的に言うと、API レベルや、スクリーン・サイズ、プロセッサ・アーキテクチャなどにより分類されている。

Related Articles

Update: Instagram Improved Their App’s Performance. Here’s How.

ーーーーー

この長い記事を訳しながら、似ているなぁと思い始めてきたのが、Google の Street View 撮影部隊の話です。 どちらも、データセンターに積み上げたコンピューティング・パワーや、優秀な頭脳から生み出されるアルゴリズムでは解決の出来ない、労力と根気の世界の話です。 とは言え、このような労働集約型の作業に、膨大なリソースを投じるには、その正当性を裏付けるだけのストラテジーが必要です。 言い換えれば、途上国のマーケットに賭ける、Facebook の強い思いが生み出した唯一無二の方法論が、そこにあるはずなのです。 そして、そのノウハウを、こうして開示してくれる Facebook と、分かり易く整理してくれた Todd Hoff さんに感謝です。すばらしい!

ーーーーー

<関連>

FB+WhatsApp+Instagram のユーザー数は、世界の 1/3 に相当する 22億人だ!
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Instagram が史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している

%d bloggers like this: