Agile Cat — in the cloud

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北

Posted in .Selected, Asia, Google, Strategy by Agile Cat on April 16, 2014

Cloud platform for Taiwanese enterprises rolled out by Google
http://wp.me/pwo1E-7pr
The China Post – April 16, 2014
http://www.chinapost.com.tw/business/company-focus/2014/04/16/405461/Cloud-platform.htm

TAIPEI — Google Inc. rolled out its cloud computing-based platform for enterprises in Taiwan yesterday on its first stop of an Asian tour to promote its cloud business services.

TAIPEI — クラウド・ビジネス・サービスを促進するために、アジア・ツアーを展開している Google だが、その最初の訪問国である Taiwan で、クラウド・コンピューティングをベースにした、ローカル企業のためのプラットフォームを披露した。

The Web search giant said the Google Cloud Platform will enable developers to build, test and deploy applications on Google’s infrastructure, including computing, storage and application services designed for Web-based, mobile and backend solutions.

この Web サーチの巨人が言うには、Google Cloud Platform によりデベロッパーたちは、アプリケーションの構築/テスト/ディプロイを、Google インフラ上で実現することになる。そして、このインフラには、Web/Mobile/Backend ソリューションのためにデザインされた、コンピューティング/ストレージ/アプリケーションのサービスなどが含まれる。

Google said it has added new language support for traditional Chinese and Japanese versions of the cloud platform’s website, and will later introduce the platform to more Asian markets, including Japan, South Korea and Hong Kong.

さらに Google は、このクラウド・プラットフォームの Web サイトで、新たな言語として Traditional Chinese と Japanese をサポートし、また、Japan/South Korea/Hong Kong などを含むアジア市場へ向けて、このプラットフォームを紹介していくことになる。

Daniel Powers, director of global sales for the Google Cloud Platform, told a press conference in Taipei that Google has spent 15 years building its cloud computing infrastructure.

Google Cloud Platform の Director of Global Sales である Daniel Powers は、Taipei で開催されたプレス・カンファレンスにおいて、同社が 15年を費やしてきた、そのプラウド・プラットフォーム・インフラについて説明した。

The company is glad to make that infrastructure available for developers and businesses around the world to help them build applications and scale up their businesses, he said.

そして、Daniel Powers は、世界中のデベロッパーやエンタープライスによる、アプリケーション構築とビジネス展開を支援するために、このインフラストラクチャを利用してもらえることを、嬉しく思うと述べている。

Google charges a basic fee for the business services based on the number of e-mail accounts opened. It said that businesses using the services can save money compared to the amount it would cost them to set up the same infrastructure on their own.

Google が言うには、それらのエンタープライスがすでに開設している、電子メールのアカウント数をベースにして、このビジネス·サービスをディスカウントしていくようだ。つまり、このサービスを利用するエンタープライズは、同一のインフラを活用するため、全体的な費用を低減できることになる。

Paid services on the platform, such as the Cloud Storage online storage solution and the Google BigQuery analytics tool for multi-terabyte datasets, are also now priced 30 to 85 percent lower than their previous versions, Google said.

このプラットフォーム上の有償サービスである、オンライン・ストレージ·ソリューションの Cloud Storage や、テラバイト・データセットのための分析ツールである Google BigQuery なども、以前のバージョンと比べて 30%〜85% ほど値下げされていると、Google は述べている。

The Google Cloud Platform currently supports more than 4.75 million applications, and the platform’s App Engine handles 28 billion online requests for computing per day, according to Google.

Google によると、現時点における Google Cloud Platform は 4.75 Million 以上のアプリケーションをサポートし、また、このプラットフォーム上の App Engine は 28 Billion/Day のオンライン・リクエストを処理しているようだ。

Research firm IDC has forecast that the cloud computing industry will grow to US$107 billion by 2017, more than double from an estimated US$47.4 billion in 2013.

調査会社である IDC が予測するには、クラウド・コンピューティング業界の売上は、2017年には $107 Billion に至るようだ。それは、2013年の $47.4 Billion と比較して、二倍以上の成長となる。

ーーーーー

imageいまは、16日の 5AM ですが、この China Post の他にも、以下のニュース・サイトが Google のアジア展開を報じています。また、 Google の日本語サイトも見てみましたが、上記の「ディスカウント」に関する記載は見つかりませんでした。どのような料金体系にしてくるのか、とても気になりますね。ac-stamp-232

Google Cloud expands footprint into Asia Pacific zones ZDNet 
Google steps up competition with Amazon, expands Cloud Platform to Asia InfoWorld 
Google Cloud Platform Expands To Asia Pacific With 2 New Compute Engine TechCrunch
Google fires up Asia Pacific region Cloud Platform ZDNet
Google bolsters global cloud presence with Asian data centers SiliconANGLE

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
Google Compute Engine の登場で、どのような影響が IssS 業界に?

NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Strategy, Telecom by Agile Cat on March 18, 2014

NEC wins SEA-ME-WE 5 contract to strengthen ultra-broadband undersea connectivity
http://wp.me/pwo1E-7kp
By Zafar Anjum | MIS Asia | 12 March 14
http://www.mis-asia.com/resource/industries/nec-wins-sea-me-we-5-contract-to-strengthen-ultra-broadband-undersea-connectivity/

NEC Corporation has signed a contract with the South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) consortium, comprising of 15 leading telecom operators to deploy a new 100 gigabit per second (Gbit/s) undersea cable system.

NEC Corporation は、South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) コンソーシアムとの契約を締結したことで、15社の主要テレコム・オペレータをつなぐための、100 gigabit per second (Gbit/s) の海底ケーブル・システムをディプロイしていく。

The SEA-ME-WE 5 system will span 20,000 km from Singapore to Europe, and will deliver ultra-broadband capacity and faster access to consumers and businesses.

この、SEA-ME-WE 5 システムは、Singapore と Europe を隔てる 20,000 km の距離を走り、一般消費者および企業に対して、超広帯域のキャパシティと高速のアクセスを提供することになる。

The system will span 20,000 km connecting Singapore to France via Malaysia, Indonesia, Thailand, Myanmar, Bangladesh, Sri Lanka, India, Pakistan, Oman, United Arab Emirates, Djibuti, Yemen, Kingdom of Saudi Arabia, Egypt and Italy.

そして、Malaysia/Indonesia/Thailand/Myanmar/Bangladesh/Sri Lanka/India/Pakistan/Oman/United Arab Emirates/Djibuti/Yemen/Kingdom of Saudi Arabia/Egypt/Italy といった国々を介して、Singapore と France の間の、 20,000 km をつなぐことになる。

NEC will be deploying the segment spanning from Singapore to Sri Lanka, while our co-contractor Alcatel-Lucent will be deploying the Sri Lanka to France segments, the company said in a statement.

NEC がディプロイを担当するセグメントは、Singapore と Sri Lanka の間であり、また、共同事業者である Alcatel-Lucent が Sri Lanka と France をつなぐと、NEC サイドがステートメントを発している。

"As more data, applications and services move to the cloud, we need a more dynamic and agile way to serve end-users according to low-latency and quality-of-service that cannot be solved by bandwidth alone," said Linette Lee, Chairperson of the SEA-ME-WE 5 Management Committee. "We are confident that Alcatel-Lucent and NEC’s 100G undersea technology will provide us with the flexibility to address the increasing requirements for connectivity, as well as address new growth areas such as cloud computing for remote access.”

SEA-ME-WE 5 Management Committee の議長である Linette Lee は、「 大量のデータ/アプリケーション/サービスがクラウドへと移行するにつれて、帯域幅だけでは解決できないとされる、低レイテンシとサービス品質をベースにした、ダイナミックでアジャイルな方式をエンドユーザーに提供するという必要性が生じてくる。 そして、Alcatel-Lucent と NEC の 100G 海底ケーブル・テクノロジーが、コネクティビティにおいて増大する要求に対応するための、フレキシビリティを提供すると確信している。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングへのリモート・アクセスといった、新しい成長分野に取り組みも実現してくれるはずだ」と、述べている。

SEA-ME-WE 5 is scheduled to be completed by early 2016.

SEA-ME-WE 5 が、2016年の初頭に完成する予定である。

ーーーーー

TAG index 世界最大とも言える、東南アジアのインターネット・マーケットへ向けて、ヨーロッパが物理的なコネクションを強化したがるというのは、当然のことだと思います。しかし、その玄関口がシンガポールに限定されてしまっては、日本のポジションはアジアの奥地となってしまいます。もちろん、SEA-ME-WE 5 は素晴らしい展開であり、アジアとして喜ぶべきことなのですが、日本を玄関口とする、北回りでのヨーロッパ・コネクションが欲しいですよね。Agile_Cat がソーリ大臣なら、北海道にデータセンター経済特区を作って、一定の条件を満たす事業者には電力を 5円 kWh で提供して、北極海に海底テーブルを敷き詰めて、地震の少ない日本海を抜ける東南アジア・ラインも確保して、LINX/AMS-IX/Open IX/Cloud IX などで構成される世界最大のエクスチェンジも作って、世界の名だたるクラウド事業者の巨大データセンターを誘致して、エリアとしての競争力を確保しながら、日本と東アジアのクラウド事業者に、最高の環境を提供していくのですが、そんなのってダメなもんでしょうかね? シンガポール政府と、同じことをするだけなんですが・・・__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?

Posted in .Selected, Mobile, Network, Strategy, Telecom by Agile Cat on February 25, 2014

Sprint, Nokia squeeze a 2.6 Gbps connection out of a Spark network trial
http://wp.me/pwo1E-7fq

By Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/sprint-nokia-squeeze-a-2-6-gbps-connection-out-of-a-spark-network-trial/

_ Giga Om

Summary: Sprint and Nokia are showing off their latest feat, but it’s doubtful we’ll ever see such speeds in real life. Sprint likes to talk about the network it could build, but it never builds it.

Sprint と Nokia が、最新の偉業を披露しているが、私たちの実生活の中で、そのような通信速度が達成されるかというと、まだ、疑問が残る。Spring は、構築が可能なネットワークについて語るのが好きだが、それを構築したことがない。

ーーーーー

Nokia’s network division is returning to work at Sprint after a multiple-year hiatus, and it apparently wants to make a good impression. Nokia announced it has used its Flexi base station gear to transmit an eye-popping 2.6 Gbps downlink connection on Sprint’s Spark LTE network, breaking Sprint’s previous record of 1.6 Gbps.

Nokia のネットワーク部門が、数年の空白の後に Sprint での作業に戻ってきた。 そして、良い印象を与えたいと、明らかに望んでいるようだ。Nokia は、Sprint の Spark LTE ネットワーク上で、2.6 Gbps のダウン・リンクという、目を見張るような接続を実現するために、その Flexi 基地局ギアを使用したと発表している。それは、Sprint における 1.6 Gbps という記録を塗り替えるものとなる。

photo: Shutterstock / Ase

Nokia was able to accomplish this feat by tapping into Sprint’s enormous treasure trove of 2.5 GHz spectrum. Using LTE-Advanced carrier aggregation techniques, Nokia and Sprint bonded together 120 MHz of frequencies, giving it six times the bandwidth of most LTE networks deployed in the U.S. today.

Nokia は、2.5 GHz スペクトラムに存在する、Sprint の巨大な宝庫を活用することで、この偉業を達成できた。LTE-Advanced のキャリア・アグリゲーション・テクノロジーを用いて、Nokia と Sprint は 120MHz の周波数を結合することで、今日のアメリカにディプロイされている大半の LTE ネットワークに対して、6倍以上に達する帯域幅を提供する。

In addition, Nokia likely took advantage of the unique properties of the LTE technology variant Sprint uses in Spark. Time division-LTE uses the same frequencies to transmit to and from the tower – it just sends the uplink and downlink in different time intervals. Most other LTE network use frequency division configurations, which create separate channels for upstream and downstream connections. Think of FD-LTE as a divided highway, while TD-LTE is a single-track railroad.

それに加えて、Sprint が Spark で用いている、LTE テクノロジーの変種ともいえる、とてもユニークな性質を、Nokia は活用していると思われる。時分割 LTE は、タワーとの伝送において、同じ周波数を用いて、アップリンクとダウンリンクを時分割で送受信している。しかし、大半の LTE ネットワークは、周波数を分割するというコンフィグレーションがなされ、別個のチャネルを用いてアップストリームとダウンストリームが接続されている。つまり、FD-LTE は上下線が分割されたハイウェイに似ているが、TD-LTE は単線の鉄道のようなものである。

The advantage of TD-LTE is that it can devote a greater portion of its bandwidth to downstream communications if there isn’t much upstream traffic on the network. Consequently, Sprint can use nearly all of its 120 MHz to create a massive downlink pipe while other carriers would be limited to using half their bandwidth. Nokia and Sprint said they’ll recreate the trial at Mobile World Congress in Barcelona this year.

TD-LTE のアドバンテージは、ネットワーク上のアップストリームが空いているなら、その帯域幅の大部分を、ダウンストリームのトラフィックに費やせる点にある。その結果として、Sprint は、大規模なダウンリンク・パイプを作成するために、ほぼすべての 120 MHz 帯で使用できるが、他のキャリアは、使用できる範囲が半分の帯域幅に限定されるだろう。Nokia と Sprint は、Barcelona で開催される、今年の Mobile World Congress で、このトライアルを再構成すると述べている。

These trials show that Sprint has enormous pent-up capacity waiting to be unleashed. The problem is that the company isn’t in any hurry to unleash it. It just likes to flash these kinds of impressive speed results around, and talk about the network it could build.

これらのトライアルは、Sprint には膨大なキャパシティが鬱積しており、それが解放されるのを待っていると示している。ここでの問題は、それを必要とする状況が、同社を急がせていないという点である。つまり、それほど素晴らしいスピードが、結果として得られることを示し、それを構築できるネットワークについて話をするのが、好きなだけである。

Today, Sprint’s primary LTE network is the slowest in the country and has the smallest coverage footprint. Its new Spark service is definitely an improvement, but it’s still an average 4G system with the same capacity as the other carriers’ first-generation networks. Considering that Sprint is much smaller than AT&T or Verizon Wireless, it could get considerable mileage out of Spark – once it’s finally built. Right now Spark is in just 12 cities, and Sprint is moving very slowly to expand that coverage. Its target is 100 cities in three years.

今日において、Sprint の主たる LTE ネットワークは、アメリカ国内で最も遅く、また、カバレッジ・フットプリントも最小である。その、新たな Spark サービスは間違いなく改善されているが、依然として平均的な 4G システムであり、他のキャリアにおける第一世代のネットワークと同じキャパティシである。AT&T や Verizon Wireless と比べて、Sprint は遥かに小さな存在であることを考慮すると、Spark が構築された後に、かなりの有用性を引き出せると思われる。現時点において、Spark が供給されるのは 12都市に過ぎず、Sprint によるカバレッジの拡大は、きわめてユックリと動いている。その目標は、3年間で 100都市である。

As I’ve said before, Sprint has run out of excuses. With its acquisition of Clearwire it’s firmly in control of its spectrum future, and with SoftBank’s massive investment, it’s no longer financially strapped. If Sprint wants to convince us it’s investing in its network, then it should really invest in its network.

冒頭に述べたように、Sprint には、もう、言い訳が残っていない。Clearwire の買収により、将来におけるスペクトルのコントロールがシッカリとしてきたし、Softbank からの大規模な投資により、もはや財政難からも解放された。ネットワークへに投資すると、もし Sprint が、私たちを説得したいなら、本物のネットワークに投資する必要がある。

Photo courtesy of Shutterstock user SERHAT AKAVCI

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 – January 2014
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 – October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience – January 2013

ーーーーー

image141新しい世界を期待させてくれる、とてもワクワクする話ですね :)  いま、Barcelona で開催されている MWC で、なにか、もっと具体的な発表があると良いですね。そして、この記事を訳してみて、なんとなく Sprint という会社の持ち味が見えてきました。 Softbank からの資金により、このように新しい ワイヤレス・テクノロジーが、実験から運用へと移行していくなら、同じ日本人として、これほど嬉しい事はありません。 頑張って欲しいですね! image

ーーーーー

<関連>

1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?

Posted in .Selected, Google, Mobile, Strategy by Agile Cat on February 15, 2014

Google Is Clamping Down On The Android Open Source Project — Here’s Why
http://wp.me/pwo1E-7cM
Tony Danova – Feb. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/these-market-share-numbers-show-why-google-is-clamping-down-on-the-android-open-source-project-2-2014-2

_ Business Insider

Google may have just opened up Chromecast for app development, but as far as Google’s signature platform Android goes, BI Intelligence finds that Google is moving in a very different direction.

Google は、Chromecast に関するアプリ開発をオープンにしたようだ。 しかし、やはり Google が約束している、Android プラットフォームについては、きわめて異なる方向へと転換し始めていると、BI Intelligence は見ている。

Android is by far the biggest smartphone platform across the globe, thanks in large part to its decision to start the Android Open Source Project (AOSP) in 2007. Back then, with zero mobile market share, Google packaged mobile services like Search, Gmail, and Maps into an open-source platform that third-party vendors and developers could fork to run on their mobile devices. Originally, AOSP was a defense tactic against an Apple mobile monopoly.

Android は世界で最大のスマートフォン・プラットフォームであるが、それを支えてきた最大の要因は、出発点である 2007年当時に、Android Open Source Project(AOSP)を選択したところにある。そのときの Google は、モバイル市場のシェアがゼロであった。したがって、サードパーティであるベンダーや開発者が、自身のモバイル・デバイス上で走らすための、フォークが可能なオープンソース・プラットフォームを提供し、その上に、Search/Gmail/Maps などのモバイル・サービスをパッケージ化することにした。もともと、AOSP は、Apple のモバイル独占に対抗するための、防御的な戦術であった。

↓ クリックで拡大 ↓

BII

Now, AOSP is expanding beyond Google’s control. Here’s a look at the underlying data from BI Intelligence:

しかし、いまの AOSP は、Google がコントロールできない範囲まで拡大している。以下に示すのは、BI Intelligence が提供する、基礎的なデータである。

  • In the fourth quarter of 2013, phones running a forked version of Android made up 25% of all global smartphone shipments, with just over 71 million units shipped, according to new data from ABI Research.
  • That’s up from 14% of smartphone shipments one year earlier.
  • AOSP is the only platform that gained significant market share over the course of the year. All other platforms, including Android, declined or were essentially flat.
  • Looking at just the Android platform, AOSP phones accounted for 32% of all Android smartphone shipments in the quarter. That’s up from 20% in the same quarter a year ago.
  • ABI Research からの最新データによると、2013年 Q4  における Android のフォーク・バージョンは、グローバルでのスマホ出荷数の 25% を占めている。
  • 昨年同期の、この数字は 14% であった。
  • この AOSP だけが、昨年を通じて大きくシェアを伸ばしたプラットフォームとなる。Android を含む、その他 すべてのプラットフォームのシェアは、横ばいもしくは下降という状況にある。
  • Android だけに絞って見てみると、2013年 Q4 における AOSP の出荷数は、その中の 32% を占めている。昨年同期は、この数字が 20% であった。

The proliferation of these forked AOSP Android devices on the mainstream market is harmful to Google’s proprietary mobile services.

マーケットの主流と言える場所で、これらの AOSP Android フォーク・デバイスが急増することは、Google プロプライエタリのモバイル・サービスにとって有害なことである。

Right now, any developer or company can use AOSP to create an alternative Android operating system that cuts Google off from significant OS revenue. Amazon’s Kindle Fire ecosystem is a prominent example. The foundation OS is Android but Amazon developed its own app store, content store, Web browser, and email services, essentially cutting Google out of several of its key services and potential revenue streams.

そして、あらゆる開発者や企業が、代替の Android OS 作成するために AOSP の利用が可能であり、それにより、Google の OS 収益が途絶えてしまうという現状がある。 Amazon Kindle Fire のエコシステムは、その顕著な例である。基礎となる OS は Android であるが、基本的に Amazonは、独自の App Store/Content Store/Web Browser/Email Services などを開発し、その主要なサービスと、収益を生み出す流れから、Google を除外している。

Because of this, Google is attempting to pivot on its open-source ideals in order to protect its platform.

そのため Google は、独自のオープンソース理念の上で旋回し、自身のプラットフォームを保護しようとしている。

Back in October, Google took a crucial step in the fight against forks by locking down Google Play Services. Now, any apps developed using Google’s proprietary APIs will only work on non-forked versions of Google’s Android OS. Running apps developed with Google’s API on a Kindle, for example, is no longer possible.

昨年の 10月には、Google Play Services から、それらのフォークを締め出すことで戦っていくという、重要な一歩を踏み出した。そして、いま、Google のプロプライエタリ API を用いて開発された各種のアプリは、Google 純正 Android OS 上で、つまり、非フォーク・バージョンのみで動作する。つまり、Google API を用いて開発され、たとえば Kindle 上で走るようなアプリは、もはや不可能となっている。

Some may argue that the proliferation of AOSP operating systems, alongside Android, has helped Google fend off stronger competition from Apple. But for Google, a growing contingent of Android users not utilizing Google services is almost as damaging as Apple grabbing a massive market share.

一部の人々は、Android OS と伴に、AOSP OS が普及していくことで、Apple との厳しい競争から、Google は保護されると主張するだろう。しかし、Google にとって、自身のサービスを利用しない Android ユーザーが偶発的に増えてしまうことは、Apple が巨大なマーケット・シェアを掴むのと同じくらい、有害なことなのである。

Disclosure: Jeff Bezos, CEO of Amazon, is an investor in Business Insider.

ーーーーー

image悪に走らない Google と、超戦略的な Android の間で、さすがの G 先生も心が揺れると思いきや、ガッチリと締め付け始めたという感じですね。確信犯的曲解なのでしょうか? この記事を訳していて、Andy Rubin が外された理由とか、いろいろと考えてしまいました。でも、まぁ、Kindle Fire の例だけではなく、たとえば Yandex などの動向も、Google としては見逃せない、、、という展開になっているのも確かです。これから暫くは、Android の内側でのファイトから、目が離せませんね!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX, Strategy by Agile Cat on February 12, 2014

Open Internet Exchange Movement Organizing
http://wp.me/pwo1E-7cc

August 28th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/08/28/open-ix/

_ DC Knowledge

A new group is seeking to change the way networks connect with one another in the United States, saying it believes it can improve the cost and reliability of the physical connections that tie the Internet together.

新しいグループが、アメリカ国内におけるネットワーク接続の方法を、別のものに変更しようとしている。そして、インターネットの物理接続における、コストを低減し信頼性を向上させることが可能だと言っている。

Open IX is a new organization seeking to adopt the European model for Internet exchanges in the United States.

Open IX wants to create a new network of Internet exchange points (IXPs), creating neutral, member-governed exchanges that allow participants to trade traffic. The group is embracing a non-profit model that is widely used in Europe and spreads exchange operations across multiple data centers in a market. In the U.S. these exchanges are typically hosted by commercial providers, with interconnections focused in a single facility or campus operated by that provider.

Open IX は、Internet exchange points (IXPs) による新しいネットワークを構成し、メンバーによる中立な管理を実現し、さらには、参加者がトラフィックを交換できる状況を目指している。このグループは、非営利のモデルを採用し、すでにヨーロッパで広く利用され、マーケットにおける複数のデータセンター間でのエクスチェンジ・オペレーションを拡大しているところである。また、アメリカ国内における、これらのエクスチェンジは、商用プロバイダーによりホストされるのが一般であり、それらのプロバイダー運用する単一のファシリティやキャンパスの中で、相互に接続されるように導かれている。

The organizers of Open IX have spent the past year developing the framework for the initiative, which will endorse network operators and data centers to participate, based on their acceptance of the basic principles of Open IX. This week they are creating a non-profit entity to manage the effort, which is coming out of stealth as companies announce ambitions to house Open IX exchanges in northern Virginia and the New York/New Jersey markets.

Open IX の主催者は、このイニシアチブのためのフレームワークを開発するために、つまり Open IX の原則を受け入れるネットワーク事業者やデータセンターの参加を支援するための、枠組みの作り込みに数年を費やしている。そして今週には、こうした取り組みを促進するための、非営利団体が立ち上がる。より具体的に言うと、Virginia 北部と New York/New Jersey のマーケットで、複数の企業が Open IX エクスチェンジをホストするという具合に、この大いなる野望は、水面下で静かに進んできたのだ。

“In the US, interconnection is limited based on the commercial terms that incumbent data center providers enforce on ISPs,” said David Temkin, one of the organizers of Open IX. “Certain service providers have terms that forbid from competing against them. You can’t build competing Internet exchanges.”

「 アメリカにおける相互接続は、既得権を持つデータセンター·プロバイダーが、ISP 上で強制するという商業的な条件により、制限されたものになっている。特定のサービス・プロバイダーが、彼らに対する競合を排除するという規約を持っている。 したがって、それと競合するインターネット・エクスチェンジの構築は不可能だ」と、Open IX の主催者の一人である、David Temkin は発言している。

In addition to the business issues, there are also concerns about the resiliency of the current model, which have been heightened by recent disasters.

こうしたビジネス上の問題に加えて、最近の災害により、現行モデルの弾力性につても懸念が高まっている。

“The idea really is to be able to not have all your servers in one building and all the world’s network connectivity in another,” said Martin Hannigan, a networking industry veteran who has worked with Temkin to launch Open IX. “There are concerns about resiliency, and these were highlighted by Hurricane Sandy in New York.”

「 実際のアイデアは、あなたのサーバーが 1つの建物に閉じ込められないようにすることであり、また、世界のネットワーク接続内を別の場所に移すことである。いまは、弾力性に関する懸念があるが、それが New York での Hurricane Sandy により強調されている」と、Open IX を Temkin と伴に立ち上げたネットワーキング界のベテランである、Martin Hannigan は発言している。

Volunteer Effort

現在の HP ⇒

Temkin and Hannigan are volunteers, and emphasize that Open IX is a grass-roots effort and they’re not representing their employers. Temkin heads network architecture at Netflix, while Hannigan holds a similar post at Akamai Technologies. Other members of the volunteer board have day jobs at Google, Comcast and Iron Mountain, illustrating the new project’s technical experience and familiarity with issues facing large networks.

Temkin と Hannigan の活動はボランティアとしてのものであり、また、Open IX は草の根の取り組みであり、自身が所属する企業を代表していないことを強調している。 Temkin は Netflix におけるネットワーク・アーキテクチャの指導者であり、Hannigan も Akamai Technologies で同様のポジションを担っている。そして、他のボランティア・ボード・メンバーも、Google/Comcast/Iron Mountain などで働いており、この新たなプロジェクトに相応しい技術的経験を持ち、また、大規模ネットワークが直面する課題に取り組んでいる。

Advocates of the European peering model say its strengths are that exchanges are managed by members and distributed across multiple data centers (See Bill Norton’s Dr. Peering site for a broader comparison of U.S. and European models). The London Internet Exchange (LINX), which this week announced plans to launch U.S. operations with EvoSwitch in northern Virginia, has 477 members in London and is spread across 10 data centers operated by four different providers. The AMS-IX in Amsterdam has 611 participants and is spread across 12 different colocation facilities.

ヨーロッパにおける同じモデルの提唱者は、その強みについて、このエクスチェンジがメンバーによて管理され、また、複数のデータセンターに分散している点にあると発言している(See Bill Norton’s Dr. Peering site for a broader comparison of U.S. and European models)。The London Internet Exchange (LINX) は、今週に Virginia 北部で EvoSwitchと共同で、アメリカでの事業を立ち上げる計画を発表しているが、London に 477人のメンバーを持ち、4つのプロバイダーが運用する、10ヶ所のデータセンターに分散されている。また、Amsterdam の AMS-IX は、611人のメンバーにより構成され、12ヶ所のコ・ロケーション・ファシリティに分散されている。

“A crucial part of the Open IX approach is to span the buildings of more than one operator,” said John Souter, the CEO at the London Internet Exchange. “The operator community is saying loudly and clearly that they want to have exchanges that span multiple buildings. The American operator community is saying it wants a level playing field, and we’re modeling what we’ve seen work in the rest of the world.”

「 Open IX のアプローチにおける最も重要な部分は、複数の事業はが提供する、複数のビルディングにまたがることである。 そして、それらの事業者のコミュニティは、複数のビルディングにまたがるエクスチェンジを持ちたいと、大きな声でハッキリと言っている。アメリカの事業者コミュニティは、あるレベルでの、活動の場を望むと発言している。 そして、私たちは、世界の他の地域で見てきたものモデリングしている」と、 London Internet Exchange の CEO である John Souter は言っている。

Role for Data Centers

The Open IX initiative has conducted surveys of U.S. providers and held several meetings to outline their plans, including one at a recent meeting of the North American Network Operators’ Group (NANOG) and another last week in New York. Both meetings were attended by “virtually all” of the major data center service providers, according to Hannigan. The largest data center landlord, Digital Realty Trust, has already announced its intention to earn endorsement.

Open IX イニシアチブは、アメリカのプロバイダに対する調査を実施し、また、自身の計画について概要を説明するために、何度かのミーティングを開催している。 そして、そこには、先週の New York で行われた、 North American Network Operators’ Group (NANOG) とのミーティングも含まれる。Hannigan によると、それぞれのミーティングには " 事実的に全て " の、主要なデータセンター・サービス・プロバイダーが参加したという。そして、データセンター不動産に関する最大の家主である  Digital Realty Trust も、承認を得るという意向を、すでの表明しているという。

“This is great for the entire industry – from the large CDNs, content providers and the end users,” said John Sarkis, Vice President of Connectivity and Carrier Operations at Digital Realty. “The current state of affairs, as an end user, is that service isn’t that great. In Europe, things run more efficiently and effectively. The Internet community here in North America wants to adopt the open structure.”

「 このことは、業界全体にとって、つまり、大規模 CDN や、コンテンツ・プロバイダー、そしてエンドユーザーにとって、素晴らしいことである。 エンドユーザーの視点から見ると、現在のサービスにおける状況は、決して素晴らしいとは言えない。ヨーロッパでは、それらが、より効率的かつ効果的に運用されている。したがって、北米のインターネット・コミュニティは、オープンな構造を採用したいと考えている」と、Digital Realty の VP of Connectivity and Carrier Operations である John Sarkis は発言している。

Open IX will be open to all data centers that meet its criteria. That includes Equinix, which is the leading player in the U.S. interconnection, hosting more than 110,000 cross-connects in its colocation centers. “To the extent that this is seen as a threat to Equinix, it’s because they have so many cross-connects,” said Souter.

Open IX は、その基準を満たす、すべてのデータセンターに対して開かれている。そして、そこには Equinix も含まれる。同社は、そのコロケーション・センターに、11万以上の Corss-connect をホストする、アメリカの相互接続におけるリーディング・プレーヤーである。「 この試みが拡大していくと、Equinix は脅威として見なすかもしれない。 なぜなら、彼らは大量の cross-connect を保持しているからだ」と、Souter は言う。

What About Equinix?

Temkin noted that Equinix has been involved in the Open IX discussions. “They’ve sent people who have collaborated and seem genuinely interested,” said Temkin. “They do have a lot of power in certain markets.”

Temkin は、Open IX の議論に Equinix 関わってきたことを指摘している。「 彼らは、協力するための人員を送り込んできており、純粋な興味を持ってように見える。そして、彼らは、特定のマーケットにおいて、大きなパワーを持っている」と、Temkin は言う。

While Equinix is the dominant player in the U.S. peering paradigm, they know the European model well from their participation in LINX, the AMS-IX in Amsterdam and DE-CIX in Frankfurt. ”We’re trying to make it so everyone can be included,” said Hannigan. “I do think it can work in (Equinix) facilities.”

Equinix は、アメリカ市場における支配的プレーヤーである。その一方で、それと同等のパラダイムである、LINX および、AMS-IX in Amsterdam、DE-CIX in Frankfurt などのヨーロッパ・モデルに、自身がうまく参加できていると認識している。「 私たちは、すべてのプレイヤーを取り込めるように、それを作っていきたい。 そして、(Equinix の)ファシリティでも、それが機能するようにと考えている」と、Hannigan は発言している。

Equinix didn’t want to comment specifically on Open IX. “Equinix’s view is that competition in the marketplace is good and ultimately benefits customers,” the company said in a statement.

Equinix は Open IX に対して、コメントしたがっていない。 そして、「 Equinix の視点は、マーケットにおける競争は善であり、最終的には顧客にメリットをもたらす」と、同社はステートメントで述べている。

Opportunity in the Suburbs?

It’s likely that if Open IX grows and succeeds, it will result in a more distributed ecosystem in which smaller data center operators would be able to offer exchange-level interconnections, including facilities that are some distance from existing network hubs.

Open IX が成長し成功するなら、小規模データセンター事業者が、エスクチェンジ・レベルの相互接続を提供できると思われる、エコシステムが結果として生じるだろう。そして、そこには、既存のネットワーク・ハブから少し離れている、ファシリティも含まれることになる。

“Various vendors have tried solutions in the suburbs,” said Temkin. “No one will move because you can’t get the connection densities.” Easing the ability to connect in secondary facilities, could extend that exchange ecosystem. For example, Equinix hosts a LINX node in Slough, 30 miles west of the exchange’s original site in London’s Telehouse. That could also have reliability benefits.

「 さまざまなベンダーが、郊外での運用というソリューションに取り組んできた。そして、接続密度が得られないため、誰も移動できなかった」と、Temkin は言う。しかし、二次的なファシリティへ接続する機能を容易にすることで、そのエクスチェンジ・エコシステムを拡張できる。たとえば、Equuinix は、London Telehouse のオリジナル・エクスチェンジ・サイトから、西に 30 miles 離れた Slough に、LINX ノードをホストしている。そして、信頼性という面でメリットも享受している。

“One of the biggest problems we see in the current environment, is that numerous cities, all of the density is in one building,” said Temkin. He cites 350 East Cermak in Chicago as one example. “If something happens to that building, the Internet goes down.”

「 いまの環境における、最大の問題の 1つは、数多くの都市で、すべての接続密度が、1つのビルディングに詰め込まれている点である」と、Temkin は言う。彼は、例として、Chicago の 50 East Cermak を挙げている。そして、「もし、そのビルディングに、何かが発生した場合、インターネットがダウンする」と付け加えている。

Hannigan says Open IX has no particular deployment strategy. It has surveyed members to gauge interest in different makets, but will be guided by who has interest and applies for endorsement.

Hannigan が言うには、Open IX には、特定のデプロイメント戦略は無いとのことだ。それぞれのマーケットに対する関心を測定するために、メンバーを対象とする調査を実施したが、興味を持つ人々に導かれ、また、承認されていくことになるだろう。

“There’s definitely room in the market for two exchanges,” said Hannigan. “It has to start organically. For the most part, everything will operate by consensus. The Internet has a long history of volunteers coming together to solve problems.”

「 2つのエクスチェンジのためのマーケットには、一定の空間が必ず存在する、それらは、有機的に起動しなければならない。そして、大半のパートは、合意に基づいて、すべてが動き出す。インターネットには、問題を解決するために、ボランティアが集まってくるという長い歴史がある 」と、Hannigan は言っている。

DCK Industry Analyst Jason Verge contributed to this story.

RELATED POSTS:

ーーーーー

2013年8月の記事ですので、だいぶ時間が経っていますが、文中で紹介されている計画が、今年に入ってから、次々と具体化されているように思えます。 先月末の OCP Summit の会場で、Data Center Knowledge の Rich Miller さんと立ち話したのですが、Open IX には大いに注目していると言っていました。 この記事も、かなり気合の入ったものに仕上がっていますが、その背景には、応援していこうという、彼の思いが有るのだと納得しました。 Agile_Cat も、追いかけていきます! image 

ーーーーー

<関連>

2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる

この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!

Posted in .Selected, Research, Security, Strategy by Agile Cat on February 11, 2014

Record-breaking DDoS attack struck on Monday, according to reports
http://wp.me/pwo1E-7bU

By David Meyer – Feb 11, 2014
http://gigaom.com/2014/02/11/record-breaking-ddos-attack-struck-on-monday-according-to-reports/

_ Giga Om

Summary: The attack, which appears to have been felt particularly hard in Europe, apparently exploited the protocol that maintains the accuracy of computers’ clocks.

この攻撃は、特にヨーロッパで激しかったようだが、コンピュータにおける時刻を、正確に保つためのプロトコルを、明らかに悪用したものであった。

ーーーーー

photo: Thinkstock

Somebody out there was getting hit hard by a distributed denial-of-service (DDoS) attack on Monday, according to multiple reports. And it looks like this one was even harsher than last year’s Spamhaus incident, at the time the biggest known DDoS attack in the history of the internet.

複数のレポートから推測するに、月曜日の DDoS 攻撃(distributed denial-of-service)を、どこかで受けている読者もいるだろう。今回の攻撃は、インターネットの歴史において、最大の DDoS 攻撃として有名な、昨年の Spamhaus よりも厳しいものだったようだ。

According to Matthew Prince, CEO of anti-DDoS protection outfit CloudFlare:

対 DDoS 防御団体 CloudFlare の CEO である、Matthew Prince は以下のようにツイートしている:

Prince went on to say the attack was running at over 400Gbps (Spamhaus was around 300Gbps), though confidentiality stopped him from identifying which client was getting hammered. He said the effects were being felt particularly in Europe, with the attack being mostly mitigated but still “big enough it caused problems even off our network, which is super annoying.”

Prince は、この攻撃が、400 Gbps 以上( Spamhaus は 300Gbps 前後)で荒れ狂っていると言い続けていたが、大きな打撃を受けているクライアント名については、機密性を考慮するために言及しなかった。特にヨーロッパでの被害が大きいが、だいぶ緩和されてきたとも言っている。ただし、それでも「私たちのネットワークに問題をもたらすほどの、たいへんな規模のものであり、とても迷惑している」と伝えている。

French hosting outfit OVH also reported fending off an attack running at over 350Gbps, though of course it’s impossible to say whether the same attacker was responsible.

フランスのホスティング会社である OVH も、350 Gbps で突進してくる攻撃を、かわしているところだと報告している。しかし、当然のことだが、同一の攻撃者によるものかどうかは、現時点では判明できないとしている。

Reflect and amplify

What’s interesting about the attack reported by CloudFlare is its technique. DDoS is all about overwhelming the target’s servers with more data packets than their switches can handle, and both this and the Spamhaus attack seem to have used an “reflection and amplification” method to achieve this goal.

CloudFlare からのレポートで興味深いのは、この攻撃で用いられたテクニックである。DDoS 攻撃は、あらゆるスイッチが処理できないほどの、大量のデータ・パケットを用いて、ターゲットとあるサーバーを圧倒するというものである。それと同様に、Spamhaus の攻撃でも、“reflection and amplification” の手法を用いることで、その目標を達成しようとしていた。

In the case of the Spamhaus attack, the perpetrators spoofed the IP address of the target and sent off domain name system (DNS) queries – which are usually along the lines of “What’s the IP address for this spelled-out website name?” – to open DNS resolvers that will answer any request from anywhere.

Spamhaus のケースでは、攻撃者はターゲットの IP アドレスをスプーフィングし、DNS クエリを送信することで(通常は What’s the IP address for this spelled-out website name? という問い合わせを繰り返す)、どこからの要求にも回答する、DNS リゾルバ をオープンしていた。

The attackers deliberately made queries that would elicit much larger responses and, because they were pretending to be whoever they were targeting, the poor victim would suddenly have tons of data flung at it, exacerbated by the number of machines controlled by the attacker and used to send out these requests.

しかし、攻撃者たちは、それよりも遥かに大きな反応を誘発させるクエリを、意図的に作ってくる。そして、彼らは、そのターゲットにした誰になりすましているため、かわいそうな被害者は、投げつけられた大量のデータを、そのタイミングで受け取ってしまう。そして、攻撃者によりコントロールされ、それらのリクエストを送信するマシンが増えることで、さらに事態が悪化していく。

The new attack uses a similar mechanism, only it doesn’t exploit badly-configured DNS servers. Instead, it uses network time protocol (NTP) servers – the machines with which your computer will periodically shake hands in order to check what the time is. This was the same tactic used to attack a bunch of big online gaming services last month.

今回の攻撃も、同様のメカニズムを用いているが、設定に不備のある DNS サーバーを悪用するというものではない。それに代えて、NTP(network time protocol)サーバーを悪用している。あなたのコンピュータが、設定されている時刻が正しいことを確認するために、定期的にアクセスするのが NTP サーバーである。先月にも、大手のオンライン・ゲーム・サービスに、大規模な攻撃が仕掛けられたが、そのときの戦術と同じものである。

“Ugly things to come”

As CloudFlare recently explained, the NTP protocol is “ideal as a DDoS tool” because at least one of its functions will return data that is far more voluminous than the triggering request (specifically, the “monlist” command that asks the server for the addresses of the last 600 computers that used it). That post also includes some handy details about updating NTP servers to stop them from being misused in this way.

先日にも、CloudFlare が説明しているように、NTP 機能における少なくとも 1つは、リクエストのトリガーよりも遥かに膨大なデータを返すため、このプロトコルは、「DDoS 攻撃ツールとして理想的」なのである(具体的にいうと、monlist コマンドのことであり、それを直近に使用したコンピュータについて、600件のアドレスを、そのサーバーから参照できてしまう)。この、ClloudFlare の記事には、このよう悪用を防ぐための、NTP サーバーの更新に関する、いくつかの有用な情報が含まれている。

Of course, if everyone kept their publicly-connected servers up-to-date, we’d see a good deal less online crime. But they don’t, so, as Prince observed:

パブリックに接続されたサーバーを、誰もが最新の状態に保っていれば、このようなオンラインにおける犯罪も減少していくだろう。しかし、Prince が観察したところによると、そうなっていないのである。

Related research?

How Hadoop passes an IT audit January 2014
Who to watch in the growing European cloud market September 2013
Key factors IT managers face when deploying SDN solutions August 2013

ーーーーー

TAG indexこのような内容のポストを訳すのは、初めてのことす。 そのため、解釈や用語に不備があると思っています。 セキュリティに詳しい方に、お気づきの点を、ご指摘いただければ幸いです。 ーーー それにしても、とんでもないことを、やってくれますね。 ソチ五輪もターゲットになっているのでしょうかね? 以前に訳した NIST のドキュメントに、「いろいろな意味で、ハッカーがアセンブルしコントロールするボット(botnet)が、クラウド・コンピューティングにおける早期の形態である」という一文があったことを思い出しました。終わりなき戦いなのですね。。。image

ーーーーー

<関連>

SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
BYOD – エンタープライズは生産性の向上とセキュリティ・リスクを秤にかける
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威
企業データにアクセスするモバイルと、セキュリティとの関係を、そろそろ真剣に考えよう

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Posted in .Selected, Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Strategy by Agile Cat on February 4, 2014

Google paid $4B for patents: why the Motorola deal worked out just fine
http://wp.me/pwo1E-7ag

By Jeff John Roberts – Jan 30, 2014
http://gigaom.com/2014/01/30/google-paid-4b-for-patents-why-the-motorola-deal-worked-out-just-fine/

_ Giga Om

Summary: A closer look at Google’s purchase and sale of Motorola shows the final price of the deal was around $4 billion for a big patent portfolio. That’s a reasonable price to pay in the face of a unreasonable patent system.

Summary: Google による Motorola の買収/売却を注視すると、巨大な特許ポートフォリオに対する $4 Billion が、結果としての買収価格であったことが見えてくる。つまり、不合理な特許制度に対向するために、合理的な対価が支払われたわけである。

ーーーーー

photo: 2@NixoR/Pond5

When Google bought Motorola Mobility for $12.5 billion in 2011, many people said it was all about the patents — and they were right. Now, on news that Google sold the device maker for just $2.9 billion, it’s worth examining if the deal made sense, and what role the patents played.

Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。

The short answer is that the deal, including the patent part of it, worked out just fine. A look at the math, and the competitive landscape, shows that the purchase and sale of Motorola made strategic sense for Google, even at that $12.5 billion price tag.

端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。 たとえ $12.5 Billion の値札であったとしても、この競合の世界を見渡すと、Mtorola の買収/売却は Googleにとって、戦略的な意味があったことを示している。

The final outcome of the Motorola deal validates Google’s strategy at a time when most patents are business weapons unrelated to actual innovation. It also provides yet another reminder of how badly America needs patent reform.

大半の特許が現実のイノベーションから遊離したビジネス上の武器であるにもかかわらず、この Motorola に関する最終的な結果は、Google の戦略性を証明している。 さらに言えば、アメリカにおける劣悪な特許を改革しようという試みが、どれだけ必要とされているのかを、思い出させてくれる。

Google encircled, a controversial counter-attack

Recall that one month before the acquisition, Google’s rivals — including Apple, Microsoft and BlackBerry — had snapped up a coveted patent portfolio at auction, giving them a new stick to pummel Google in a global and ever-sprawling legal battle over smartphones.

話は 2011年に戻るが、Google が Motorola を買収した 1ヶ月前のことを思い出して欲しい。 Apple と Microsoft と BlackBerry を含む Google のライバルたちは、熱望する特許ポートフォリオをオークションで競り落とし、スマートフォンを不規則に覆い包む法廷闘争で、Google を叩くための新しいステッキを手に入れた。

The deal, then, gave Google a chance to counter-attack or at least hold its ground thanks to Motorola’s intellectual property, which reportedly amounted to 17,000 issued patents and 7,500 applications. Google has never been a big booster of a patent system that awards patents for inventions like a “method of swinging on a swing” but, given the context, this was a case of if you can’t beat ‘em, join ‘em.

しかし、そのときのオークションは、その後の Google にカウンター攻撃のチャンスを与えることになった。Motorola の知的財産の買収は、少なくとも 17,000 件の特許と、7,500 件の申請を含むものであったと、レポートされている。そして Google は、イノベーションのための特許を奨励する “method of swinging on a swing” のような、特許システムの推進者ではないが、これまでの文脈を考えると、協業も敵対も許さないという事例を作り出している。

Or, as programmer Robert Eric Raymond put it at the time:

プログラマである Robert Eric Raymond は、その時に、以下のように述べている

This is Google telling Apple and Microsoft and Oracle “You want to play silly-buggers with junk patents? Bring it on; we’ll countersue you into oblivion.”

それは、Google から Apple/Microsoft/Oracle に対する、「 ジャンク特許を振り回す、愚か者になりたいのか? それを持ち出すなら、あなた方は、忘却の彼方から、逆に訴えられるだろう」という宣言である。

Sure enough, Google went ahead and poured more gasoline on the smartphone patent wars, in part by asking the International Trade Commission to ban iPhone imports because the popular Apple devices infringed Motorola patents. The ITC lawsuit, however, was a flop and some of Google’s other legal adventures with the Motorola patents have outright backfired.

案の定、Google は、International Trade Commission(国際貿易委員会)に対して、iPhone の輸入を禁止すべきと要求することで、スマートフォンの特許戦争にガソリンを注いだ。その理由は、Apple の人気のデバイスが、Motorola の特許を侵害しているため、というものだった。 しかし、この ITC 訴訟は失敗であり、Motorola の特許を用いた Google の法廷での冒険は、その一部において完全に裏目に出た

Last fall, for instance, the company sued Microsoft for patent infringement but a jury ordered Google to pay up for fighting dirty with standards-essential FRAND patents, which must be licensed on Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory terms. (Google, by the way, is not the only accused of messing with FRAND — the cable industry just sued an Apple-backed group over the same tactic).

続いて、昨年の秋に Google は、Microsoft が特許を侵害しているという提訴を起こしたが、ある陪審員が同社に命じたのは、不可欠なスタンダードである FRAND(Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory)特許に対して汚れた戦いを仕掛けるなら、その代償を支払えというものであった。( ただし、FRAND を汚すとして批判されたのは、Google だけではない。ケーブル業界でも、Apple の支援するグループが、同じ策を弄していると訴えられている

The bottom line is that the Motorola patents haven’t always worked out as well as Google might have hoped. But that doesn’t mean buying Motorola was a mistake.

つまり、Motorola の特許は、Google が期待するほど、常に効果的ではないというのが、この件に関する結論となる。 ただし、そうだからと言って、Motorola の買収が間違いだったという意味ではない。

The math of irrational patents and the end of war

Sure, Google bought the company for $12.5 billion and sold it for around $3 billion, but that doesn’t necessarily mean it was a bad deal from a patent perspective. While the spread suggests Google lost its shirt, the amount it will actually spend on Motorola at the end of the day is around $4 billion — and it’s keeping the patents.

たしかに Google は、$12.5 Billion で Motorola を買収し、$3 Billion 前後で売却した。ただし、特許という観点からして、必ずしもそれが、ひどい取引だったというわけではない。Google は大損をしたと吹聴する向きもあるが、Motorola を手放す日において、そこに支払われた対価は $4 Billion だとする見方もある。 さらに言えば、論点となっている特許は、Google の手元に残るという計算である。

The $4 billion figure, as analyst Benedict Evans, the New York Times and Bloomberg noted, results from the fact that Motorola had around $3 billion in cash on hand, and from the $6 billion Google recouped from selling off units of the device maker.

この $4 Billion という数字であるが、アナリストの Benedict Evans や、New York Times、そして Bloomberg が指摘するように、買収時に Motorola の手元にあった $3 Billion を差し引き、さらには、このデバイス・メーカーを投げ売りしたことで控除される、$6 Billion を差し引いた結果となる。

As for the patents, CEO Larry Page had this to say:

この、一連の特許について、CEO である Larry Page は、以下のように語っている

Motorola’s patents have helped create a level playing field, which is good news for all Android’s users and partners … Google will retain the vast majority of Motorola’s patents, which we will continue to use to defend the entire Android ecosystem.

Motorola の特許により、すべての Android のユーザー/パートナーにとって朗報となる、公平な競争の場の創出が促進された… Google は、Motorola 特許の大部分を保持し、Android エコシステム全体と守るために、それを使用し続ける。

Page’s words are a reminder that while some of the Motorola patents didn’t pan out in court, there are still thousands more of them that Google can unleash at any time, including newly issued ones (recall that Motorola had 7,500 applications at the time of the deal). And, at $4 billion, the price doesn’t appear to be crazy, especially when considering that’s less than the amount that Google rivals paid at auction for the patent portfolio of Nortel (which took place shortly before Google acquired Motorola).

Page の言葉が思い出させるのは、いくつかの Motorola 特許は、法廷で効力を発揮しなかったが、新たに申請されているものを含めて、いつでも引き出すことができる数千の特許を、Google は依然として手にしているという事実である( 買収されたときの Motorola が、7500件の特許を、申請していたことを思い出してほしい)。そして、$4 Billion という対価であるが、Google のライバルたちが Nortel の特許ポートフォリオを手にするために、(Motorola 買収劇の直前に行われた)オークションで支払った金額よりも少ないことを考えれば、気違いじみたものとも思えない。

More importantly, the Motorola patents don’t stand alone; they are part of Google’s swelling intellectual property portfolio, which now includes access to Samsung’s patents as well as the rapidly increasing number of patents Google is obtaining internally.

さらに重要なことは、Motorola の特許が孤立していないことだ。つまり、それらは、Google 内で膨張する知的財産ポートフォリオの一部を構成し、たとえば Samsung 特許へのアクセスを許すだけではなく、Google が取得していく特許を急増させることになる。

All of this means that Google is in position to wage the smartphone patent wars for years to come. Even if the Motorola patents don’t give it a knock-out victory, the patents will allow Google to inflict incredibly expensive litigation on rivals since, under America’s bloated patent system, it can take years to invalidate even the flimsiest patent.

すべての要因において、Google は今後の数年を睨みながら、スマートフォンに関する特許戦争を仕掛けられる立場を保持する。そして、たとえ Motorola の特許だけでは、決定的な勝利が得られないにしても、一連の特許を組み合わせることで、Google はライバルたちに、とても厳しい訴訟を仕掛けられる。なぜなら、アメリカの肥大化した特許制度の下では、それらの説得力のない特許を無効にしたくても、何年かが必要になるからだ。

Fortunately, this may not be Google’s goal. According to a person familiar with the company, Google’s patent partnership with Samsung is part of a larger plan to defuse the patent wars over smartphones, and promote industry-wide cross-licensing deals instead. If this is the case, the $4 billion that Google paid for Motorola’s patent will help give it the necessary strength to promote peace.

しかし、幸いなことに、そこに Google の目的があるわけではない。 同社の内情に詳しい者によると、Samsung と Google の提携は、スマートフォンにおける特許戦争を打開し、この業界を横断するクロス・ライセンスを促進していくという、大きな計画の一部を構成することになる。 このような場合において、Google が Motorola の特許を支払った $4 Billion は、平和を促進するために必要な、力強さを与えるものになる。

At the end of the day, the Motorola patent purchase was a sane response to a patent system that is so irrational that all three branches of the US government are now trying to reform it.

すべてを総括するなら、Google による Motorola 特許の購入は、アメリカ政府内の 3つの組織が、まさに改革しようとしている不合理な特許制度に対する、正気の回答となる。

Related research

What to expect for the mobile OS market in 2013  – August 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまから、ちょうど 3年前のことです。 すでに Google が手を挙げていた、Nortel の知的財産権の買収に対して、Android を止めたい Apple や Microsoft などがコンソーシアムを設立して、このオークションを競り落としたのです。そして、その直後に Google が Motorola を買収するという、どんでん返しが起こったのです。 この辺りの経緯は、「Android 特許 関連 ポスト 15 本 」にマトメていますので、ご興味あったら、ぜひ、ご覧ください。 これから生まれてくるスタートアップたちのことを考えると、がんじがらめの特許制度は、百害あって一利なしだと思います。image

ーーーーー

<関連>

モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

%d bloggers like this: