Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research, Strategy by agilecat.cloud on February 8, 2016
Cloud Computing: Trends and Predictions for 2016
Dick Weisinger – February 4th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-trends-and-predictions-for-2016/
_ formtek
A recent study from Soliant Consulting reported some interesting milestones for cloud computing in 2015:
 
Soliant Consulting の最新レポートには、クラウド・コンピューティングが 2015年に達成した、いくつかの重要なマイルストーンが記されている。
 
  • Sisley_1663 percent of businesses have a private cloud.  82 percent of businesses use a hybrid cloud, and 88 percent of businesses are using the public cloud.
  • 64 percent of businesses say that in 2015 cloud computing helped them to reduce waste and energy consumption.
  • The federal government estimates that it’s saved $5.5 billion because of its move to the cloud
  • Amazon’s share of the cloud market is 30 percent compared to Microsoft Azure’s 10 percent share.
  • Small businesses spent $15.5 billion on cloud services in 2015.  Total cloud revenues reached $64 billion.
 
  • 63% の企業が、プライベート・クラウドを使っている。そして、82% の企業がハイブリッド・クラウドを利用し、また、88% の企業がパブリック・クラウドを活用している。
  • 64% の企業が述べているのは、2015年におけるクラウド・コンピューティングが、無駄を排除し、また、消費電力を削減したという点である。
  • 米連邦政府は、クラウドへの移行により、$5.5 billion の経費削減が達成されたと推測している。
  • クラウド市場における Amazon のシェアは 30% に達し、Microsoft Azure は 10% となっている。
  • 2015年の中小企業は、クラウド・サービスに対して $15.5 billion を支出している。 そして、クラウド全体の規模は、$64 billion に至っている
 
Where’s the cloud computing market going?  Here’s some predictions for what we might expect in 2016:
 
このクラウド・マーケットは、いったい、何処へ向かっていくのだろうか? 2016年に起こると予測される、いくつかの事象を、以下に列挙する:
 
  • Expect the migration to SaaS applications to grow only stronger.  SaaS generally comes with cost savings and simplicity.  It also helps businesses improve their overall agility.
  • Data is moving to the cloud.  By the end of the year Soliant Consulting estimates that 36 percent of all data will have migrated to the cloud.
  • Containers will increasingly be used to build cloud-based distributed applications.  Container technology like Docker and CoreOS should grow significantly this year.
  • Data storage costs will continue to plummet.  Data storage is being used as a loss leader by cloud vendors to get data into the cloud.
  • vendors hope to see revenues from things like security management, analytics and applications.
  • Security concerns won’t go away this year.  Expect there to be continued attacks on the cloud in 2016.  Customers will continue to demand tougher cloud controls and security.
  • A renaissance for IT groups could happen this year.  While the cloud is impacting the size and scope of many IT groups, businesses also recognize that shadow IT needs to be reigned in.  Centralized handling of cloud operations will save money and ensure more secure solutions.  Expect IT to be more involved in cloud purchases and with vetting of cloud applications and infrastructure.
  • Big enterprise software companies like Oracle, SAP, Hewlett Packard, and IBM will struggle.  Changing their business models from on-premise software to cloud-based applications will be challenging.

 

  • SaaS への移行のみが、大きな成長を達成すると予測される。一般的に言って、SaaS はコストを削減し、運用を単純化する。そして、それぞれのユーザー企業のビジネスに、敏捷性をもたらすことになる。
  • データの保存先が、クラウドへとシフトしていく。Soliant Consulting によると、2016年の末までに、すべてのデータの 36% が、クラウドへ移行するとされる。
  • クラウド・ベースのアプリケーションの配布において、コンテナの利用率が継続して上昇していくだろう。Docker や CoreOS といったコンテナ・テクノロジーが、今年は急成長すると予測される。
  • データ・ストレージのコストは、急降下し続けるだろう。大量のデータがクラウド・ストレージへと移行することで、データ・ストレージは凋落のシンボルとなる。
  • ベンダーたちは、セキュリティ管理/分析アプリケーションをなどから、収益をあげようと試みるだろう。
  • セキュリティに関する懸念は、今年も消え去らないだろう。 そして、2016年も、クラウドへの攻撃は止まらない。顧客たちは、クラウドによる強固なコントロールとセキュリティを要求し続けることになる。
  • 今年は、情シスにもルネサンスが起こる可能性がある。数多くの 情シスが、あらゆる規模と範囲において、クラウドの影響を受けている。 その一方で、数多くの企業は、シャドウ IT の制御が必要だと認識している。中央集権的にクラウドを運用することで、経費が削減され、よりセキュアなソリューションをもたらされる。 情シスに期待されるのは、クラウドの購入に対して積極的に関与し、また、クラウドのアプリとインフラを審査していく姿勢である。
  • Oracle/SAP/HP/IBM といった、エンタープライズ・ソフトウェア企業は苦戦を強いられるだろう。それぞれのビジネス・モデルを、オンプレミスのソフトウェアから、クラウドベースのアプリケーションへと変更することは、困難を伴うものになる。
 
ーーーーー
On Monday2015年を総括すると、クラウドの勝利宣言の年だったように思えてきます。タイトルに ー in the cloud ー を掲げている Agile Cat にとって、これほど嬉しいことはありません。このような展開になると確信したのは、2012年だったと記憶していますが、そう思わせてくれたのが、「クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく」という、ReadWriteWeb の素晴らしいコンテントでした。その頃のポストで、もう一つの印象に残っているものとして、「クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない:それは 経営者の務めである」という、GigaOm の抄訳も紹介しておきたいです。ここで言う経営者のイメージに当てはまるのが(Google と Facebook は別格)、Agile Cat 的には Netflix の Reed Hastings なのですが、その理由については、「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2」の最後の方を読んでもらえれば分かると思います。その意味では、Uber の Travis Kalanick も、Airbnb の 三人も、そのような才覚の持ち主なのでしょう。 コンシューマだけではなく、エンタープライズにおいても、クラウドが大爆発する 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
 

Comments Off on Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Posted in .Selected, Microsoft, Open Graph, Strategy by agilecat.cloud on February 2, 2016
Microsoft Graph promises open developer access to Office 365 data
Mikey Campbell – November 18, 2015
http://appleinsider.com/articles/15/11/18/microsoft-graph-promises-open-developer-access-to-office-365-data
 
Apple Insider
 
Microsoft at its Connect (); conference on Wednesday flipped the switch on Microsoft Graph, née Office 365 Unified API, a set of APIs that let developers integrate, manage and tap into vast expanses of data stored in the Office 365 cloud.
 
Microsoft は 11月18日に開催された Connect () カンファレンスにおいて、これまで Office 365 Unified API と読んでいたものを、Microsoft Graph と改名した。この API セットは、Office 365 クラウドにストアされたデータに関する、デベロッパーによる統合/管理/関連付けを、促進するものである。
 
Network TheoryClick to Youtube >>>
 
For Microsoft it’s all about unification. In the hands of developers, the graph’s unified API promises not just an endpoint for building in Office 365 and other software integrations, but a starting point for new intelligent interactions.
 
それは、Microsoft にとって、すべての統合を司るものとなる。つまり、この Graph の Unified API は、デベロッパーの手による、Office 365 を含むソフトウェア統合の構築を、推進するためのエンド・ポイントを約束するだけではなく、最新の知的インタラクションのためのスタート・ポイントにもなっていく。
 
According to Microsoft GM of Office Extensibility Rob Lefferts, the graph represents a gateway to intelligence and insight capable of harnessing user data to solve everyday problems. From common queries like “what files do I need for this meeting,” to more complex requests dealing with user trends and customized insights, developers can tailor their app or service as they see fit without jumping through hoops.
 
Microsoft の GM of Office Extensibility である Rob Lefferts によると、この Graph が表現するゲートウェイは、ユーザー・データを活用することで日常の問題を解決するための、知能と洞察という側面を提供するものとなる。たとえば、「このミーティングで必要なファイルは?」といった一般的なクエリーから、「ユーザーの動向」や「カスタムな洞察」を取り扱うような複雑なクエリーにいたるまで、デベロッパーたちのアプリやサービスは対応が可能になるが、そのための、難しい処理を要求されることはない。
 
“It would be our reimagining of what it means to be productive in a modern world,” Lefferts says, referring to solutions mobile, cross-platform and cloud-integrated solutions. “The way that people work has changed, it’s much more connected, people are more collaborative.”
 
Lefferts は、「最先端の世界で生産的であることは、何を意味するのかという、私たちの観点を再構成するものになるだろう」と発言している。つまり、モバイル/クロス・プラットフォーム/クラウド・インテグレーションといった、ソリューションを視野に入れたものになるのだろう。そして、彼は、「人々が働くときの、発想が変化している。 具体的に言うと、これまで以上に結びつきが重視され、より協調的になってきている」と続けている。
 
Graph-l
 
Microsoft’s data pool is deep. Lefferts says some 500 petabytes of information already live in Microsoft’s cloud, with Office 365 users generating 4 trillion emails and creating 850 million meetings every month. The number of data points is bound to increase once currently siloed Office 365 information is offloaded to the graph. The company is even looking into Skype integration.
 
Microsoft のデータ・プールは、かなりの深層にまで展開されている。Lefferts が言うには、500 Peta Byte 程度の情報が、すでに Microsoft クラウドに蓄積されているが、Office365 ユーザーが生成する4兆の電子メールと、8.5億のミーティング・スケジュールが、毎月のように、そこに追加されていくようだ。それらのデータ・ポイントの数は、サイロ化される Office 365 関連情報に応じて、一時的に増大していくが、その後に Graph へとオフロードされる。
 
Access to rich data is the bedrock of intelligent analytics, where another prong of Microsoft Graph comes in. The Redmond software giant uses advanced machine learning algorithms fed by data and user behavior to dish out query responses in a format familiar to developers. Secure access to client activities — documents, contacts, meetings, etc. — is authorized through a single token, meaning apps don’t have to fetch multiple authorizations for different services.
 
リッチ・データへのアクセスは、インテリジェントな分析の基盤であり、そこに Microsoft Graph が絡んでくる。この、Redmond のソフトウェア・ジャイアントは、デベロッパーたちが慣れ親しんでいる形式でクエリー・レスポンスを配信するために、データとユーザーの動きを機械学習する、高度なアルゴリズムを用いている。ドキュメント/コンタクト/ミーティングといった、クライアントのアクティビティに対して安全にアクセスするために、シングル・トークンを介した許可が用いられる。つまり、それぞれのアプリが複数の認証を取得し、個々のサービスに接続するという必要性がなくなるのだ。
Graph-2-l
 
Lefferts stressed the idea of an open graph, something easily accessible by coders of any ilk. To that end, Microsoft built out client libraries and SDKs for iOS, Android and .Net for the graph’s launch, with work on other platforms like Node.js, Python, Java, Ruby currently underway.
 
Lefferts は、イーブンな関係にあるプログラマー同士が、相互にアクセス可能な、Open Graph という発想を強調している。そのために Microsoft は、この Graph の立ちあげに際して、クライアント・ライブラリを構築し、また、iOS/Android/.NET のための SDK を構築する。そして、さらに、Node.js/Python/Java/Ruby といったプラットフォームに関しても、すでに作業に取り掛かっている。
 
“We’ll handle the authentication, we’ll handle the common queries, we know how to interpret the responses,” he says. “The real pitch there is all about making sure that developers can start coding in five minutes.”
 
Lefferts は、「認証の処理方式と、コモン・クエリーに取り組んでいく。 私たちは、それらのレスポンスを、どのように解釈すべきかを知っている。ほんとうの意味での競争は、すべてのデベロッパーが、5分以内でコーディングに取り掛かれる状況を、約束できるか否かにかかっている」と述べている。
 
Prior to the graph’s public release, Microsoft collaborated with select service partners like SkyHigh Networks, Uber, Smartsheet and Zendesk to refine its backend implementation, an exercise that resulted in interesting integrations.
 
Microsoft は、この Graph のパブリック・リリースに先立ち、SkyHigh Networks/Uber/Smartsheet/Zendesk といった選ばれたパートナーとのコラボレーションを推進し、洗練されたインテグレーションを実現するために、そのバックエンドの実装を進化させてきた。
 
For example, in a quest to make meetings more productive, Do.com pulled data from Outlook and Exchange, documents in OneDrive and other assets directly from the graph to provide deep insights into meeting planning, agenda strategy, post-meeting follow-ups and more. Everything was integrated into Outlook, ensuring users had a seamless data-driven experience.
 
Do.com のケースで言うと、より生産的なミーティングを実現するために、Outlook と Exchange からのデータ、および、OneDrive 内のドキュメント、Graph などからの情報を引き出し、ミーティングの計画/アジェンダの戦略/ミーティング後のフォローアップなどに、より深い洞察を提供するようになった。そして、ユーザーは、すべてが Outlook に統合された、シームレスなデータ駆動型のエクスペリエンスを得るようになった。
 
The main thrust, Lefferts says, is to get data out of silos and into the hands of developers, who can “offer more in terms of being seamless, being smart and being effective.”
 
Lefferts が言うには、主な推進力は、データをサイロから取り出し、デベロッパーに手渡すことに集約される。 そうすれば、彼らは、「よりシームレスで、よりスマートで、より効果的な観点で、その先の処理を考えてくれる」と述べている。
 
Data privacy is a hot-button topic and Microsoft is making security a high priority with the graph. The system is designed not only to protect raw data from prying eyes, but also any insights Microsoft Graph’s intelligence engine gleans from that data.
 
データに関するプライバシーは、最もホットなトピックであり、この Graph におけるセキュリティは、Microsoftにとって優先度の事項となっている。このシステムは、詮索好きな目から、生データを保護するようにデザインされているが、それらのデータから Microsoft Graph が拾い集める、あらゆる洞察についても、同様の保護機能が提供されている。
 
“It’s built into the business model,” Lefferts says about privacy. “There are parts of Microsoft that are driven by advertising, but Office 365 is very much organization-facing. […] And that means that we have to make sure we’re not misusing the information for anything inappropriate, we’re not sharing information with people who shouldn’t see it, whether that’s outside the organization or other people inside the organization.”
 
Lefferts はプライバシーについて、「それはビジネス・モデルに組み込まれるものだ。Microsoft のビジネスには、広告という側面もあるが、Office 365 が向き合うのは多様な組織である。そして、私たちは、それらの情報を、不適切なかたちで悪用していないことを、あらためて確認する必要がある。その対象が、組織内の人物であっても、組織外の人物であっても、情報を参照してはならない人と、共有することはない」と述べている。
 
Developers interested in taking Microsoft Graph for a test spin can visit graph.microsoft.com for more information.
 
Microsoft Graph を試したいと思うデベロッパーは、graph.microsoft.com を訪れて、詳細な情報を取得して欲しい。
 
ーーーーー
Open Graph言うまでもなく、いまのコンピュータのアーキテクチャは、ファイルとツリーという概念に、大きく依存しています。OS を構成するモジュールも、ミュージック・プレイヤーで楽しむ MP3 も、すべてファイルであり、それらがツリー上の所定の場所に置かれていることで、コンピュータは動くわけです。しかし、このファイルとツリーは、コンピュータにとって便利なものであっても、人間の曖昧な記憶との相性は最悪であり、「アレはどこだ?」とか「コレが見つからない!」とかいう、人類に共通するフラストレーションを、世界中で生み出しているのです。そんなことから、Agile Cat は「ファイルを作らない」をモットーにしていますが、その現実はというと、大量のファイルを生み出してしまう毎日なのです。
 
そこで Microsoft Graph なのですが、文中のチャートが示すように、人間から見て都合の良い場所に、Office 365 のファイルを配置してくれるという、とても優しいテクノロジーだと評価したいです。Microsoft Graph の概要というドキュメントを眺めてみると、自分というノードと他者というノードを、各種の関係というエッジで結びつけるための、Graph API を用いたクエリが示されています。 なんか Facebook に似ている、、、という思う方も多いかと思いますが、あのソーシャルでは、一人一人のユーザーがノードとしてハンドリングされ、「トモダチ」や「イイネ」といったアクションは、そのすべてがエッジとして機能しているはずです。それが、Social Graph から Open Graph へと発展した、Facebook のコア・アーキテクチャなのです。Google も、Knowledge Graph を活用しているはずであり、たとえば検索クエリの意味を判別/読解して、もっとも適切と思われる答えを導き出すというのも、その一例だと思われます。その点では、Google Now も同じなのでしょう。
 
Facebook や Google だけではなく、Microsoft もグラフに取り組んでくれるというのは、とても嬉しいことです。前述の、Microsoft Graph の概要には、「自分の周囲を流れているファイルの取得」というクエリがあるのですが、なんか、イイ感じですよね! 2011年8月にポストした、「クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!」という抄訳は、Agile Cat にとって忘れられないコンテントなのですが、そんな世界が実現しそうでワクワクしています :) それにしても、この記事、なんで Apple Insider なのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
 

Comments Off on Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Social, Strategy, WhatsApp by agilecat.cloud on January 21, 2016
The CEO of WhatsApp explained why it killed its subscription fee
Max Slater-Robins – Jan. 18, 2016
http://www.businessinsider.com/whatsapp-ceo-jan-koum-on-the-future-2016-1
 
_ Business Insider
 
WhatsApp CEO Jan Koum has explained in an interview with Wired why the company killed its $0.99-a-year subscription option.
 
WhatsApp の CEO である Jan Koum は、同社における $0.99 の年間サブスクリプションを廃止すること、および、その理由について、Wired とのインタビューで説明している
 
“We’ve done really well in the consumer space,” he said. “But there is whole other aspect of communication as you go through your day: You want to communicate with businesses.”
 
彼は、「私たちは、コンシューマの空間で、ほんとうに良くやってきた。しかし、あなた自身の一日を考えてもらうと、コニュニケーションに他の側面があると、理解できるだろう。 それが、企業とのコミュニケーションだ」と説明している。
 
WhatsApp LogoFlickr
Tecnomovida Caracas
 
By removing the subscription, WhatsApp is accessible to a massive number of new users, especially in emerging markets, such as India and Brazil.
 
この、サブスクリプションの廃止により、WhatsApp は途上国マーケットにおいて、とりわけ India や Burazil において、膨大な新規ユーザーにアクセスできるようになる。
 
“For people in India or Brazil, it’s very hard for them to pay,” said Koum. “They don’t necessary have credit cards or the infrastructure to make payments.”
 
彼は、「India や Brazil の人々にとって、支払いの手続きが、きわめて困難なのだ。つまり、それらの国々では、クレジット・カードや、そのためにインフラが普及していないのだ」と述べている。
 
Businesses will want to reach the maximum amount of people which is why Facebook, with its 1.2 billion monthly users, makes so much money from advertising.
 
しかし、それらの数多くの人々に、さまざまな企業がアクセスしていくことになる。たとえば、Facebook が、1.2 billion の MAU (monthly active users) を抱えているのも、広告から膨大な収益をあげられるからという、理由に裏付けられている。
 
Koum rejected the traditional advertising model in a company blog post, but the kind of reach WhatsApp has is valuable to businesses.
 
Koum は、同社のブログ・ポストで、従来からの広告モデルを拒否しているが、WhatsApp からリーチできるものは、企業にとって、きわめて貴重なものである。
 
WhatsApp has not been specific on what kind of interaction users can have with brands, but Koum did give an example of a restaurant. “Maybe [the restaurant replies] with three different options,” he said. “I just tap on a button and the reservation is made.”
 
想定される企業とのインタラクション方式について、WhatsApp は何も特定してはいないが、レストランを考えた場合の例を、Koum は教えてくれた。彼は、「レストランからの返信には、おそらく3種類のオプションがある。それに対してユーザーは、ボタンをタップするだけで、予約を完了できるはずだ」と述べている。
 
WhatsApp never publicly stated how many people paid for its service, but leaked documents revealed it made around $15 million (£10 million) in revenue in the first half of 2014, suggesting it was not many. During that period, the company lost around $250 million (£175 million).
 
WhatsApp のサービスに支払われてきた対価について、同社は公表していないが、リークされた文書が示唆するのは、2014年の上半期で $15 million (£10 million)  という売上額であり、それほどの金額でもないのだ。その一方で、同じ期間において、$250 million (£175 million) の経費が生じているようだ。
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg urged analysts and investors to be patient as WhatsApp figured out how to make money, just as Facebook worked it out in 2006 and 2007.
 
Facebook の CEO の Mark Zuckerberg は、WhatsApp が新たな収益方法を考え出したと言い、アナリストや投資家に対して、弱気にならないようにと促している。それは、Facebook が 2006年〜2007年で苦労したことと、同じなのである。
 
ーーーーー
whatsappちょっと、驚いたのですが、こうして理由を聞いてみると、ナルホドなぁという感じです。Facebook が WhatsApp を買収してから、ちょうど二年になりますが、その時から、こういうシナリオが想定されていたのかもしれませんね。 その頃の WhatsApp ユーザー数は 4.5億人ほどでしたが、すでに二倍のレベルに近づいているはずです。そして、低価格のサブスクリプション費で、とにかくユーザー数を増やすという戦略で、ここまで走り続けてきたわけですが、途上国マーケットのユーザーが $0.99 を払えないというより、カード決済のためのインフラが欠落しているという現実に突き当たったわけです。でも、まぁ、ユーザー数を増やすという、第一義の目的に対して、ここまで専念しながら進んでこれたのは明らかであり、Facebook との提携も、間違っていなかったと思えます。 気になるのは、Facebook と広告のインフラを共有するようになると、Instagram の時と同様に、AWS から Facebook への引っ越しが生じるのかどうかという点です。9億人の引越しを、見てみたいものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!
FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!
快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
ーーーーー
<わっつ WhatsApp>
① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する
 

Comments Off on WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る

Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Posted in .Selected, Asia, Oracle, Social, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on January 19, 2016
Oracle, Tencent Reach Agreement To Advance Cloud Services In China
John Foley, Oracle – Nov 13, 2015
http://www.forbes.com/sites/oracle/2015/11/13/oracle-tencent-reach-agreement-to-advance-cloud-services-in-china/
 
_ Forbes
 
Beijing — Oracle has signed a non-binding memorandum of understanding with Tencent Cloud, China’s largest and most-used internet service portal, with an objective of offering cloud services in China.
 
Beijing — Oracle は、China で最も利用されている、最大のインターネット・サービス・ポータルである Tencent Cloud と、MOU(non-binding memorandum of understanding)を締結し、同国でのクラウド・サービスの提供へ向けて進むことになった。
 
Tencent OracleThe agreement, which signals the growing similarity between business and consumer technology services, was announced November 12 by Loic Le Guisquet, Oracle’s president for Europe, Middle East and Africa (EMEA) and Asia Pacific, at Oracle CloudWorld in Beijing.
 
今回の合意は、Beijing で開催された Oracle Cloud World において (11月12日)、同社の President for EMEA and Asia Pacific である Loic Le Guisquet がアナウンスしたものであり、企業と消費者へ向けたテクノロジー・サービス間で、類似性が増大していることを、知らせるものでもある。
 
“This is a very big thing,” Le Guisquet told a standing-room only audience of some 2,000 people. “We wanted a partner who understands social, who understands mobile, like nobody else, because that’s the new era. This is a unique combination.”
 
Le Guisquet は、2,000人のオーディエンスが溢れるレセプション会場で、「 この合意は、きわめて重要なものである。 私たちが求めてきたのは、他の誰よりもソーシャルとモバイルを理解する、つまり、新しい世代を理解するパートナーである。そのためには、この2つの組み合わせが、不可欠なのだ」と、説明していた。
 
Tencent, based in Shenzhen, China, is a powerhouse in mobile, social, and consumer web applications, and perhaps best known for its fast-growing WeChat mobile messaging service. Another one of its services, the QQ instant message service, has at last count some 860 million active users, mainly in China.
 
Shenzhen (深圳), China をベースとする Tencent は、モバイル/ソーシャル/コンシューマ Web アプリの巨人であり、また、WeChat モバイル・メッセージング・サービスを急成長させたことで、多くの人々に知られるようになった。同社における別のサービスとしては、QQ インスタント・メッセージ・サービスがあり、最新の情報によると、China を中心に 8.6億人のアクティブ・ユーザーを持つとされる。
 
Under the new agreement, Oracle’s portfolio of cloud services will be offered in China. In addition, Oracle and Tencent plan to integrate their cloud services and jointly promote them in China.
 
今回の合意に基づき、Oracle のクラウド・サービス・ポートフォリオが、China に提供されるようになる。また、Oracle と Tencent の計画によると、両社のクラウド・サービスは統合され、China におけるプロモーションも共同で推進される。
 
The arrangement covers software as a service (SaaS), platform as a service (PaaS), and infrastructure as a service (IaaS), all based on Oracle products and technologies, and it will likely result in the establishment of Oracle’s first data center in China. Oracle and Tencent will establish a business collaboration committee to determine next steps.
 
この合意は、SaaS/PaaS/IaaS といった、Oracle における全てのプロダクトとサービスをカバーするものになる。そして、Oracle としては初めての、Chine におけるデータセンターの構築まで視野に入っているのだろう。また、Oracle と Tencent は、次のステップへと進めるための、業務提携コミッティを設立することになる。
 
TencentTencent’s Dowson Tong, left, and Oracle’s Loic Le Guisquet announce plans to work together.
 
Tencent Cloud has grown into the leading public cloud service provider in China. “We hope to further strengthen Tencent Cloud’s capability, extend the range of service, fully understand customers’ choice with respect and support through the partnership with Oracle,” said Dowson Tong, Tencent’s senior executive vice president and president for Social Network Group.
 
Tencent Cloud は、China におけるパブリック・クラウド・サービスの、リーディング・プロバイダーとして成長してきた。Tencent の Senior Executive VP と President for Social Network Group を兼任する Dowson Tong は、「私たちは、Tencent Cloud の能力を、さらに強化していく。 それは、Oracle とのパートナーシップを通じて、サービスの範囲を拡張し、また、顧客の選択肢を理解し、サポートを尊重することで達成される」と述べている。
 
During his CloudWorld keynote presentation, Le Guisquet highlighted three ways that Oracle’s cloud strategy is unique from other cloud companies. He pointed to the “security in silicon” design of Oracle’s new SPARC M7 microprocessor, which provides always-on security for all levels of the cloud stack; to the flexibility Oracle gives customers in choosing a cloud deployment model (public or private); and to Oracle’s range of PaaS services, which include data management, development tools, big data, integration, and the Internet of Things.
 
Cloud World のキーノートで Le Guisquet は、Oracle のクラウド戦略について、他のクラウド・ベンダーとは異なる、3つのユニークな視点を強調していた。まず、彼は、Oracle の新しい SPARC M7 マイクロ・プロセッサに実装される、“Security in Silicon” デザインにより、すべてのクラウド・スタック・レベルにおいて、常にセキュリティが提供される点を指摘していた。また、Oracle は、パブリックとプライベートによる、クラウド・デプロイメントのモデルにより、顧客の選択に柔軟性をもたらすという。そして、Oracle の PaaS が、データ管理/開発ツール/ビッグ・データ/インテグレーション/IoT などを含む、広範囲におよぶレンジを提供すると述べていた。
 
In a media briefing after the keynote, Le Guisquet and Tong were joined by Roger Li, managing director of Oracle China, and by Lucas Liu, vice president of cloud computing with Tencent Cloud.
 
なお、このキーノートの後に行われたメディア・ブリーフィングには、Le Guisquet と Tong に加えて、Oracle China の Managing Director である Roger Li と、Tencent Cloud の VP of Cloud Computing である Lucas Liu も同席した。
 
A New Era of Cloud Computing
 
“It’s an important day for us, and we think a very important day for cloud in China,” Le Guisquet said. “I’m sure this is going to be the start of a new era of cloud computing for the enterprise in China.”
 
Le Guisquet は、「 今日は、私たちにとって重要な日であると同時に、China におけるクラウドにとっても、きわめて重要な日だと思う。China におけるエンタープライズ・クラウド・コンピューティング新時代の、幕開けになると、私は確信している」と述べている。
 
One journalist asked the executives what made Tencent, with its strength in consumer apps, and Oracle, a leader in enterprise cloud services, a compelling combination for China’s burgeoning cloud market. They responded that consumer and business apps are converging, and that as that happens, the distinction between them is diminishing.
 
あるジャーナリストが、Tencent の強力なコンシューマ・アプリと、Oracle の先進的なエンタープライズ・クラウド・サービスを組み合わせることで、何が生じるのかと、Tencent の幹部に尋ねた。それは、China で急成長するクラウド市場において、魅力的な組み合わせなのかという問いである。それに対して、プレゼンターたちは、コンシューマとエンタープライズのアプリが、合流しようとしていると回答していた。そして、傾向が進むに連れて、両者間を区別するものが、減少していると説明していた。
 
At the same time, Oracle’s experience in the enterprise market and Tencent’s experience in the consumer market are complementary, they said.
 
それと同時に、彼らは、エンタープライズ市場における Oracle のエクスペリエンスと、コンシューマ市場における Tencent のエクスペリエンスは、相互に補完しあうとも述べていた。
 
Le Guisquet said he has “very ambitious” expectations for Oracle’s agreement with Tencent, and he mentioned several factors that make the timing right. For one thing, the arrangement could make it easier for small businesses in China to adopt cloud services. In addition, Oracle’s large installed base of customers in China will now have cloud options that let them preserve their investment in Oracle technologies.
 
Le Guisquet は、Tencent と Oracle の合意において、大いなる期待を抱いており、また、いくつかの要因について考えると、そのタイミングが、きわめて適切だったと述べている。まず、今回の合意により、China の中小企業がきわめて容易に、クラウド・サービスを採用できるようになる点を指摘していた。また、China における Oracle の大手顧客が、今後も Oracle テクノロジへーに投資し続ける上で、さらなるクラウド・オプションを手にすることも指摘していた。
 
And finally, Le Guisquet said, the melding of consumer and enterprise capabilities is the wave of the future.
 
そして、締め括りの言葉として、コンシューマ市場とエンタープライス市場における能力が融合することで、未来へ向けた大きな波が生じると、Le Guisquet は述べていた。
 
Read more on Oracle.com:
 
ーーーーー
Tencentこの記事を見つけたときには、いわゆる米中提携なのかと思っていました。 しかし、訳し始めると、エンタープライズとコンシューマの融合であることが分かってきたのです。 Oracle については、説明する必要もないでしょうが、日本から見た Tencent は、WeChat の会社というイメージでしかありませんよね。 しかし、この WeChat は単なるメッセージング・アプリではなく、驚くほど広範囲におよぶペイメント・ビジネスの、基盤として機能しているのです。この提携により、どのようなビジネスが生まれるのかと、予測するのは無親しいですが、ワクワクする展開になるのは、間違いないでしょう。 ちなみに、中国市場への参入で先行しているのは、Microsoft Azure であり、(おそらく)中国国内法との関係から、21Vianet が運営の事業体となっているはずですが、今回の Oracle のケースにおいても、Tencent が事業体となり、グレートファイヤーウォールを乗り越えているのだと思います。 昨年は Alibaba/Aliyun が外へ飛び出てくる年でしたが、今年は、Microsoft/Oracle/AWS などが、中国市場へ本格参入する年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
 

Comments Off on Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Research, Strategy by agilecat.cloud on January 15, 2016
Only 3% of Facebook’s News Feed is ads
Lara O’Reilly – Oct. 20, 2015
http://www.businessinsider.com/socialbakers-finds-3-of-facebook-news-feed-is-promoted-2015-10
 
_ Business Insider
 
Just 3% of the Facebook News Feed is made up of ads, according to a study from social media marketing management company Socialbakers.
 
ソーシャル・メディア・マーケティング会社である、Socialbakers の調査によると、Facebook の News Feed に占める広告の割合は、わずか 3% に過ぎないという。
 
Sheryl SandbergFlickr
World Economic Forum
Facebook COO
Sheryl Sandberg
 
That may seem surprising to some users who might assume their News Feeds are stuffed with promotional posts, and the fact that Facebook generated $11.5 billion in advertising revenue last year, but the study found that very few of the posts they see in the feed when they are browsing on their desktops have been paid for. But the scale of Facebook means it doesn’t necessarily have to increase its ad load within the News Feed any higher (as it is often asked about by analysts) in order to keep ad revenue rolling in.
 
自分の News Feeds に、たくさんのプロモーション・ポストが詰め込まれていると思うユーザーにとって、それは驚くべきものとなるだろう。さらに言えば、2014年の Facebook が、その広告から $11 billion もの収益を上げているという事実も、驚きである。しかし、今回の調査において、ユーザーがデスクトップでプラウジングする際に、目にすることになる有償ポストが、きわめて少数であることが分かった。しかも、Facebook のスケールを考えるなら、News Feed 内での広告負荷を高めることで (アナリストたちが常に質問でする)、広告収入を維持する必要がないことも明らかなのである。
 
The research didn’t account for mobile ads (the majority of visits to Facebook are on mobile,) or Facebook’s “right-hand rail” ads, however.
 
ただし、今回の調査には、モバイル広告および、右ペインの広告は含まれない。(Facebook ユーザーの大半は、モバイルとなっている)
 
Socialbakers also found that 24% to 29% of the typical News Feed is made up of content from Pages — owned by companies, celebrities, public figures, and organizations. The fewer Pages a user likes, the higher share of sponsored Page posts they will see. Some 10% of Page posts are sponsored overall (but 97% of the content users actually see in their News Feeds is organic, not sponsored.)
 
Socialbakers は、一般的な News Feed における 24%〜29% が、企業/有名人/公共/組織などが所有する Page で構成されていることも見つけ出した。ただし、ユーザーが Like を付けた Page は、スポンサードされた Page の中でも、高い比率で参照されることになる。全体的に見て Page の10% 前後がスポンサードされている(しかし、それぞれのユーザーが News Feed の中で見る 97% のコンテントは、スポンサードではなくオーガニックとなる)。
 
Facebook AD_1Click to Large >>>
Socialbakers
 
Back in 2013, Socialbakers found that Pages owned by brands were receiving more interactions (likes, shares, and comments,) but now content from media and publishers’ Pages receive around three times more interactions compared with brand Pages.
 
2013年に実施された Socialbakers の調査では、相対的に見て BRAND 所有の Page が、数多くのインタラクション(Like/Share/Cimment)を得ていたことが分かる。しかし、いまでは、MEDIA Page のコンテントが BRAND Page に対して、3倍以上のインタラクションを得ている。
 
Facebook AD_2Click to Large >>>
Socialbakers
 
Socialbakers also looked at the order of posts in the News Feed, and uncovered some interesting insights as to how Facebook’s ranking algorithm works. The company found that if the second post on your News Feed is a Page post, there’s a 46% chance it was promoted. Later on in the feed, around one in every five posts is from a Page. And video posts from Pages seem to be equally spread, no matter how far a user scrolls down through the feed.
 
さらに Socialbakers は、News Feed 内のポストの順序について、どのように Facebook のランキング・アルゴリズムが機能するかという観点で、興味深い洞察を提供している。あなたの News Feed の、先頭から二番目のポストが、Page からのものであるなら、プロモート・ポストの可能性が 46% であるという。また、その後に続く News Feed 内では、Page からのコンテントが 1/5 前後となる。そして、Page からのビデオ・ポストも、同様に拡散されていく。News Feed をスクールさせていっても、その表示比率は変わらない。
 
Socialbakers’ study was based on activity from 900 users on more than 23,000 Facebook sessions.
 
Socialbakers の調査は、900人の Facebook ユーザーの、23,000 回以上のセッション・アクティビティをベースにしている。
 
SEE ALSO: How Facebook is stealing vast chunks of YouTube’s business
 
ーーーーー
Facebook-GoogleAdほんとうは、Facebook Mobile での有償ポスト率が知りたいところですが、それは、今後の Socialbakers 調査に期待することにしましょう。 それにしても、なんと、まぁ、羨ましい状況なんでしょう、Facebook は! 誰もが知っているように、いまの Facebook の収益の大半が、広告から生じていることを考えると、この有償ポスト率を1%だけ引き上げることで、膨大な売上が上乗せされるわけです。そして、3% が4%に変化しても、それに気づく人は、ほとんど居ないはずです。 ここが、Google にも共通する、広告(そしてメディア)のデジタライゼーションを成功させた企業の強みなのでしょう。
 
それと、最初のチャートに注目して欲しいのですが、Facebook に対する Media の依存率が、凄まじい勢いで増大しています。つまり、メディアが OTT の世界へ、すでに移行したことが証明され、そこにデジタル・ネイティブ世代の台頭が追い打ちをかけているわけです。 もし、仮に、Uber や Airbnb が、そのまま日本のマーケットに参入してきたら、大変な騒動になるはずですが、広告とメディアに関しては、それが現実のものとなっているのです。だからといって、ジャーナリズムが死ぬことは有りませんし、むしろ、政治からの影響を排除した、健全なものになっていくのだろうと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく
Facebook のモバイル収益は $3.35 billion だ:2015年 Q3 までの成長を1枚のチャートで!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この提携を、どのように理解する?
Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
 

Comments Off on Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

Posted in .Selected, Amazon, API, IoT, Strategy by agilecat.cloud on January 12, 2016
AWS Announces IoT Platform With Deep AWS Integration
Romin Irani, Contributing Writer – Oct. 15 2015
http://www.programmableweb.com/news/aws-announces-iot-platform-deep-aws-integration/2015/10/15
 
_ ProgrammableWeb
 
At the most recent re:Invent conference, Amazon Web Services (AWS) announced its entry in the Internet of Things (IoT) space. The AWS IoT platform as expected brings not just the scale expected of AWS, but introduces deep integration with services in the AWS ecosystem along with Device SDKs, and Starter Device Kits that are ready to kick-start your IoT development.
 
先日の re:Invent 2015 Conference において、Amazon Web Services(AWS)は、Internet of Things (IoT) スペースへの参入について発表した。この AWS の IoT プラットフォームは、AWS に期待されるスケールをもたらすだけではなく、これまでの AWS エコシステムのサービスと、Device SDKs および Starter Device Kits を緊密に統合するものだと紹介されていた。それにより、誰もが IoT の開発をキック・スタートできるようになる。
 
re_invent_2015At its heart, AWS IoT is a Managed IoT platform that provides a Message Broker which can handle messages published by your devices, as well as a Rules Engines that can transform and invoke actions both into other AWS Services and back to your devices.
 
AWS IoT の中核となるのは、Message Broker を提供する Managed IoT  プラットフォームであり、利用されているデバイスからのメッセージを処理することになる。 それに加えて、Rules Engines も提供され、各種の AWS サービスとデバイスの間で用いられるアクションを呼び出し、状況に応じて適合させていく。
 
これが、AWS IoT の概念図であり、緑の部分が IoT Platform となる。
 
A high level diagram of AWS IoT is shown below, with the IoT Platform shown in green.
 
AWS IoT PlatformClick to Large >>>
 
“Things” are devices that you need to control. They publish messages to the broker via the MQTT protocol (note that HTTP is also supported). The Message Broker can then deliver the message to subscribers, IoT Applications, or other Things. Security and Identity is a first-class citizen in this platform and needs to be taken care from the ground up. The Rules Engine is pretty interesting and it can not just transform the data but route the message back to not just subscribers/applications but also invoke the rest of the services available in the AWS Ecosystem like DynamoDB, Lambda functions and more.
 
“Things”  とは、ここでコントロールすべきデバイスのことである。それらが発行するメッセージは、MQTT プロトコル(HTTP もサポートされていることに注意)を介して Message Broker へと至る。続いて、この Message Broker は、受信したメッセージを、他の Subscriber/IoT Application/Things へと配信する。セキュリティと ID は、このプラットフォームで最も大切なオブジェクトであり、また、徹底的に精査される必要がる。Rules Engine は、とても興味深いものであり、データだけでなく、その転送ルートも変換する。 それによりメッセージは、Subscriber/Application 以外にも転送されることになる。それだけではなく、AWS Ecosystem における DynamoDB/Lambda といった、その他のサービスも呼び出せる。
 
The Thing Shadow is a very interesting concept and is key to disconnected Things. Given the conditions that Things would operate it, it is very likely that due to bad connectivity, they are not always in a connected state. This means that when a message is likely to be pushed to the Thing, it is not available. In comes the concept of Thing Shadow to address it.
 
Thing Shadow は、きわめて興味深いコンセプトであり、また、ディスコネクトされた Things にとって重要なものとなる。Things を運用する条件を考えると、コネクションが不良なケースと、たまにコネクトされるケースは、きわめて似ている。つまり、Things へ向けてメッセージがプッシュされたときに、相手が接続されていないこともある。Thing Shadow の in-comes のコンセプトが、そのような状況に対応する。
 
A Thing Shadow is a copy of your Thing state in the Cloud and contains the last known state and a desired state. When a Thing is connected again, the state is synced with the Thing Shadow. Applications too can control the state of a Thing by simply using the REST API to control the Thing Shadow state. Check out How It Works section for more details on the core building blocks of the AWS IoT Platform.
 
具体的に言うと、対象となる Thngs のコピーを、クラウド内に保持しているのが Thing Shadow であり、最終のステートと、望ましいステートを、その内部に確保している。そして、Things が再びコネクトされると、その時のステートが Thing Shadow と同期される。この、Thing Shadow のステートを、REST API を用いてシンプルにコントロールすることで、アプリケーションによる Things のステート管理が、きわめて容易になる。より詳細な情報に関しては、AWS IoT Platform コア・ビルディング・ブロックの、How It Works をチェックしてほしい。
 
Amazon has made sure that developers can interact with the IoT Platform via its standard SDK but it also has a Device SDK that you makes it easy for developers to connect to the IoT Gateway. The Device SDK is available for C, JavaScript and Arduino. Check out the Device SDK page, from where you can even download the same.
 
Amazon が検証してきたことは、開発者たちが標準の SDK を介して、この IoT Platform をインタラクトできることである。また、Device SDK を用いて、IoT Gateway へのコネクションを、容易に開発できることも、そこに含まれる。この、Device SDK は、C/JavaScript/Arduino に対応している。先ほどと同様に、コア・ビルディング・ブロックの、Device SDK ページをチェックしてほしい。
 
The maker community is well versed with using Kits that have helped them write IoT applications and it would be interesting to them that AWS has partnered with various Device Manufacturers to help jump start the applications. These starter kits contain all you need to get connected to the AWS IoT Gateway. The Starter kits are from various vendors including Intel Edison, Beaglebone and more.
 
一般的に、メーカー・コミュニティは、そのキットの使い方に精通しているため、IoT アプリケーションの記述を支援してくれるだろう。AWS と各種デバイス・メーカーが提携し、AWS アプリケーションのジャンプ・スタートを支援していくことに、それらのコミュニティは興味を示すだろう。それらのスタート・キットは、AWS IoT Gateway をコネクトするための、あらゆる情報を提供してくれる。Intel Edison や Beaglebone などを含む、各種のベンダーから、この Starter Kits は提供される。
 
For AWS developers, the IoT platform is an excellent gateway to help build their Internet of Things applications. If you are invested in the AWS Ecosystem, you are probably using multiple services and this close integration is a big win for developers.
 
AWS デベロッパーにとって、この IoT Platform は、IoT アプリケーションを開発するための、素晴らしいエントランスになるだろう。あなたが、AWS エコシステムにコミットしているなら、おそらく、数多くの既存サービスを利用できるだろう。 そして、この緊密なインテグレーションが、デベロッパーを勝利へと導く。
 
ーーーーー
IoTこの記事は、re:Invent 2015 の直後にポストされていたものであり、ちょっと間が空いてしまいましたが、ようやく対訳をポストできました。その後の AWS IoT ですが、昨年末に一般公開され、また、AWS Japan からも日本語ドキュメントが提供されています。訳していて、ナルホドなぁと思ったのは、Thing Shadow のところであり、ひとつの気づきを与えてもらった気分です。 昨日の後書きでも参照した、Gartner の Top 10 Strategic Technology Trends for 2016 には、 Internet of Things Platforms という項目があり、「 IoT プラットフォー ムとは、アーキテクチャとテクノロジーの観点から IoT を実現していくという、IT の 舞台裏となる作業を構成するものとなる」と解説されていました。そして、いくつかの標準化が必要になるだろうが、暫くはベンダー間の競合が続くため、2018年までは難しいとも、述べられていました。今年は、この AWS IoT に限らず、いろいろな動きが見られるのでしょうね。 とても楽しみです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半を占める
今年の IoT:APAC の市場規模は $24.2 B にいたるだろう
2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに
 

Comments Off on AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!

2015 総マトメ: 今年も いろいろ 有りましたぁ 〜〜〜

Posted in .Chronicle, .Selected, Strategy by agilecat.cloud on December 31, 2015
8本のマトメの、総マトメとして、ご利用ください・・・
December 31, 2015
 
AC 2015
 
Google が誕生してから 15年と少しが経ち、Facebook と iPhone の誕生から 10年近くが経ちました。 そして、いまでも鮮明に記憶していますが、iPhone 4S が大ブレークしたのが、2011年のクリスマス・シーズンであり、そこから Mobile-First/Cloud-First への動きが加速してきました。 以下の図は、コンシュマーを含む各種のクラウド・サービスが、いまのエンタープライス市場に、どのように影響を及ぼしているのかを示すものです。 Amazon から AWS が、そして、Google から Google Cloud Platform が、さらには、Alibaba から Aliyun が生まれ、エンタプライズの領域に雪崩れ込んできました。 そして、来年には、Facebook At Work がエンタープライズに参入してきます。
 
Clouds 2015
 
Mobile-First が Cloud-First を喚起したことで、あっという間に、エンタープライズにおけるビッグ・プレイヤーの構成が変化しました。 おそらく、この傾向は来年以降も続くはずであり、また、クラウド・プロバイダー間での連携や統合も進んでいくでしょう。高いところから低いところへと水が流れるように、すべては収まるべきところへ向けて変化し続けるのだと、この図を眺めながら、思いにふける大晦日です。
 
今年は、以下のように、8本のマトメをポストしました。 こうした分類は、だいだい定着しているのですが、今年はニュー・フェイスとして IoT が加わっています。
 
注記:ジャンプ先の[ネコ・アイコン]をクリックすると、このマトメに戻ってきます。
 
2015 Charts : Agile Cat – Facebook チャート・アルバム
2015 Mobile:スマフォが増えれば、サービスが生まれ、インフラも育つ!
2015 Asia: アジアのモバイル/クラウド市場が、世界を圧倒する!
2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに
2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
2015 Facebook: 人々の日常を包み込む、このソーシャル・ジャイアントの一年を振り返る
2015 Google: 人工知能と機械学習を駆使した、パーソナル・アシスタントを実現する
 
それと、Agile Cat の視点から見て、この一年で面白かったポストを、以下にリストアップしておきます。まだ、読んでいないポストが見つかりましたら、おヒマなときにでも、ど〜ぞ!
 
Trends:
 
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
米国/欧州/中国の GDP をチャートで比較すると、IT を支える 三極構造が見えてくる!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年をチャートで振り返る!
 
Asia:
 
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が iOS を追い越してしまった!
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
ハイブリッド・クラウドへの移行: APAC の 3200 社に、目標と課題について聞いてみた!
 
Security:
 
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける
クッキーの脆弱性が判明: HTTPS のセキュリティを突破する、攻撃が成り立ってしまう!
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
 
Infrastructure:
 
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
 
Facebook:
 
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
Facebook に、イイネ 以外の ボタンが! ただし、悲しみや追悼を伝えるものとなる!
Facebook Lite というモバイル・アプリ:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中!
 
Google:
 
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現! 90カ国語に対応だ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った
Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page
 
ーーーーー
Facebook-GoogleAC_temp2015年も、今日で最後です。みなさんにとって、今年は どんな年でしたか? Agile Cat にとっての、今年の大きな変化はというと、このサイトへの導線として、ついに Facebook が一番になったことなのです。サーチとソーシャルのポジションが入れ替わるなんて、一年前には予想もつかなかったことです。 おそらく来年も、あっと驚くような変化が、この業界に続出するのだと思います。 まぁ、それらすべてが、大きな力により変化していくものなので、イヤだと言っても仕方ありませんよね。 それならば、、、どうせなら、、、すべての変化を楽しんじゃえ! というのが、この年の瀬の思いです。それでは、良いお年をお迎えくださ〜い! _AC Stamp
ーーーーー
2015 Charts : Agile Cat – Facebook チャート・アルバム
2015 Mobile:スマフォが増えれば、サービスが生まれ、インフラも育つ!
2015 Asia: アジアのモバイル/クラウド市場が、世界を圧倒する!
2015 IoT: これからの世界をリードし、人々に幸せをもたらすものに
2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
2015 Facebook: 人々の日常を包み込む、このソーシャル・ジャイアントの一年を振り返る
2015 Google: 人工知能と機械学習を駆使した、パーソナル・アシスタントを実現する
 

Comments Off on 2015 総マトメ: 今年も いろいろ 有りましたぁ 〜〜〜

%d bloggers like this: