Agile Cat — in the cloud

さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力をかけ始めた!

Amazon, Netflix, Google And Others Put Pressure On FCC Over Net Neutrality
http://wp.me/pwo1E-7ty

Kyle Russell – May 7, 2014, 8:17 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-netflix-google-and-others-put-pressure-on-fcc-over-net-neutrality-2014-5

_ Business Insider

The pressure on the FCC to maintain net neutrality continues to mount.

ネット・ニュートラリティを維持するための、FCC に対する圧力が、増大し始めている。

In a letter directed to the chairman and commissioners of the Federal Communications Commission, tech companies expressed their disapproval of the proposals that are expected to be put forward regarding net neutrality.

Federal Communications Commission の 委員長および委員たちに送られた書簡において、いくつものハイテク企業たちが、ネットの中立性に関して推進されるだろう、(FCC の)提案に対して不満を表明している。

David Ryder
Getty Images

The letter claims that letting Internet service providers place technical and financial limitations on tech companies could pose a "grave danger to the Internet.”

その書簡は、テック・カンパニーに対して ISP が、テクノロジーとビジネスの面で規制をかけることが、「重大な危機をインターネットにもたらす可能性」について指摘している。

While the FCC has tried to argue that it won’t put the "open Internet" at risk, tech companies aren’t taking that chance.

FCC は、Open Internet を阻害することはないと主張するが、テック・カンパニーたちは、そのような言い分を認めていない。

Last week, a number of tech companies visited Washington, D.C., to argue their case for net neutrality, GigaOm’s Janko Roettgers reported.

GigaOm の Janko Roettgers は、それらのテック・カンパニーが Washington D.C. を訪れ、ネット・ニュートラリティに関する情報を訴えた。

With this letter, the number and size of tech companies publicly fighting for net neutrality has increased drastically. While more than 50 companies signed, just the first page of signatories alone contains giants like Amazon, Microsoft, Google, Netflix, and Facebook. We’ve embedded the letter below:

この書簡において、ネット・ニュートラリティのために公然と戦う、テック・カンパニーの規模は、質と量の両面で大幅に増大している。 50社以上の企業がサインしている状況に加えて、その最初のページには、Amazon/Microsoft/Google/Netflix/Facebook などが名前を連ねているのだ。 以下に、その書簡を添付しておく:

Federal Communications Commission

445 12th Street, SWWashington D.C. 20554

May 7, 2014

Dear Chairman Wheeler and Commissioners Clyburn, Rosenworcel, Pai, and O’Reilly:

We write to express our support for a free and open internet. Over the past twenty years, Americaninnovators have created countless Internet-based applications, content offerings, and services thatare used around the world. These innovations have created enormous value for Internet users, fueledeconomic growth, and made our Internet companies global leaders. The innovation we have seen todate happened in a world without discrimination. An open Internet has also been a platform for freespeech and opportunity for billions of users. 

The Commission’s long-standing commitment and actions undertaken to protect the open Internetare a central reason why the Internet remains an engine of entrepreneurship and economic growth.

According to recent news reports, the Commission intends to propose rules that would enable phoneand cable Internet service providers to discriminate both technically and financially against Internetcompanies and to impose new tolls on them. If these reports are correct, this represents a gravethreat to the Internet.

Instead of permitting individualized bargaining and discrimination, the Commission’s rules shouldprotect users and Internet companies on both fixed and mobile platforms against blocking, discrim-ination, and paid prioritization, and should make the market for Internet services more transparent. The rules should provide certainty to all market participants and keep the costs of regulation low.

Such rules are essential for the future of the Internet. This Commission should take the necessarysteps to ensure that the Internet remains an open platform for speech and commerce so that Americacontinues to lead the world in technology markets.

Sincerely,

Amazon Cogent Dropbox Ebay Etsy Facebook Foursquare Google Kickstarter Level 3 LinkedIn Lyft Microsoft Netflix Reddit Tumblr Twitter Vonage Holdings Corp. Yahoo! Inc. Zynga

ーーーーー

ついに、名立たるテック・カンパニーたちが、FCC が進めている「新たなネット・ニュートラリティの定義」に対して、公然と批判し始めました。 その背景には、全米のインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費している Netflix の存在があります。 そのような、サービス提供者に対して、ISP が個別に課金できるようにしようというのが、この FCC の新たな定義なのですが、そんなものを、中立性をもって決められる組織も個人も、この地球上には存在しないというのが、テック・カンパニーたちの主張です。詳しくは、5月1日にポストした、「 FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた」をご覧ください。 来週は、この背景となった、Netflix と ISP の問題について、プチ特集していきたいと思っています。 Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する

FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた

Posted in .Selected, Government, Net Neutrality, Netflix, Standard, Telecom by Agile Cat on May 1, 2014

FCC fails to clarify new net neutrality plans
http://wp.me/pwo1E-7s8

By Chris Welch on April 24, 2014
http://www.theverge.com/2014/4/24/5647452/fcc-offers-vague-promises-to-keep-internet-open

_ verge

FCC Chairman Tom Wheeler has just published a blog post that expands on a statement he gave last night on the topics of net neutrality and an open internet. Earlier yesterday, The Wall Street Journal issued a troubling report alleging that the FCC will soon propose new rules that effectively spell the end of net neutrality. Wheeler came out hard against that notion last night, and he continues to refute the doomsday scenario today. Despite his best efforts, Wheeler’s words won’t do much to calm the storm.

昨夜(4/23)のことだが、FCC の Chairman である Tom Wheeler が、渦中のトピックであるネット・ニュートラリティとオープン・インターネットについて、自身のステートメントをブログ・ポストとして公開した。それに先立つように、昨日の朝に The Wall Street Journal が、ネット・ニュートラリティを効果的に終焉させる新たなルールを、直ぐにでも FCC は提示すると主張する、彼から見れば厄介なレポートを開示していたのだ。それに対して、昨夜に Wheeler が強く反発し、今日になっても、その最悪のシナリオに反論し続けている。しかし、彼の最善の努力にもかかわらず、Wheeler の言葉は、この嵐を静めるために必要な、数多くの事柄を語ろうとはしていない。

"There has been a great deal of misinformation that has recently surfaced regarding the draft Open Internet Notice of Proposed Rulemaking that we will today circulate to the Commission," he says. "The Notice does not change the underlying goals of transparency, no blocking of lawful content, and no unreasonable discrimination among users established by the 2010 Rule." Wheeler’s goal is to have enforceable Open Internet rules in place by the end of 2014.

「 このところ、Open Internet Notice of Proposed Rulemaking のドラフトに関して、重大な誤情報が浮上している。 それについて、私たちは、今日中に Commission に伝える。この Notice により、透明性という基本的な目的や、法的なコンテンツ・ブロッキングの排除、そして、不合理な差別の排除という、2010 Rule で確立されたユーザーの定義が変化することはない」と、彼は述べている。Wheeler の目標は、2014年末までに、強制力のある Open Internet のルールを発動することにある。

"Limiting the openness of the Internet will not be permitted."

"To be very direct, the proposal would establish that behavior harmful to consumers or competition by limiting the openness of the internet will not be permitted." But here again, Wheeler carefully steps around a major aspect of the Journal’s report, which claims that under the proposed rules, internet providers will be able to charge companies for speedier access to consumers. A so-called internet "fast lane" will allegedly be permitted so long as ISPs charge "commercially reasonable" rates.

しかし、Wheeler は、「 きわめて直接的に言うと、このプロポーザルが確立しようするのは、インターネットのオープン性を制限することなく、消費者や公平や競争に害をおよぼすものへ対応することである 」と言い、WSJ レポートの主張を慎重に回避しようとしている。WSJ の主張は、提案中のルールの下では、より高速でのアクセスを消費者に促す企業に対して、インターネット・プロバイダが対価を請求できるというものだ。伝えられるところでは、「高速レーン」という名のインターネットは、ISP が「商業的に合理的」な課金をする範囲で認められるようになる。

The big question is what the FCC considers to be reasonable. Right now, the commission doesn’t have a final answer. "We don’t know," a spokesperson said today. "We want to have a broad public debate. We want to know how people are affected in their daily life. We want to know how businesses are being affected. We want to know if innovation is being affected.” Based on that statement, the FCC seems aware that this "pay for access" aspect could bring on some trouble. But the FCC won’t eliminate the idea entirely. "After all, a prioritized connection for a heart monitor may be a good thing at home without harming anyone else." But even this positive example falls apart quickly because traffic prioritization for any service means some level of discrimination for everyone else.

最大の疑問は、なにをもって、FCC が合理的だと考えるのかという点である。 いまのところ、Commission は最終的な答えを持っていない。 今日の時点で、「 私たちは分かっていない。私たちは、広範囲におよぶパブリックな議論を持ちたい。 私たちは、人々の日常で生じる影響を知りたい。そして、企業に生じる影響を知りたい。イノベーションに影響が生じるなら、それも知りたい」と、スポークスマンは述べている。そのステートメントに基づいて考えると、この “Pay for Access” という側面がもたらす、いくつかの問題について、FCC は認識しているようだ。しかし、FCC は、その考えを、完全に排除していない。結局のところ、心臓モニターの接続に、優先順位を付けたとしても、それが家庭の中で行われるなら、他の誰も傷つけることがないので、良いことになのかもしれない。しかし、何らかのサービスのトラフィックに優先順位を付けることは、誰かを差別するという、何らかのレベル付けにつながるため、肯定的な事例が急速に崩壊してしまう。

Wheeler closes his blog post by outlining 3 principles that the new rules seek to protect. First, ISPs must "transparently disclose to their subscribers and users all relevant information as to the policies that govern their network." Second, no legal content can be blocked at the ISP level. And finally, Wheeler insists the new rules will forbid service providers from acting "in an unreasonable manner to harm the internet," and that’s said to include favoring traffic from an "affiliated entity" or business partner. Public debate will prove crucial in steering the conversation from here, so now’s the time to make your voice heard.

Wheeler は、新たなルールが保護しようとする 3つの原則を概説し、自身のブログ・ポストを書き終えている。第1に、ISP は、「 自身のネットワークを制御するポリシーに従って、自身のサブスクライバーやユーザーに対して、すべての適切な情報を、透過的に開示」する必要がある。 第2に、ISP レベルにおいて、法によるコンテンツのブロックはできない。そして最後に、Wheeler が強調しているのは、「インターネットに害を与える不当な方法」を実施する、サービス・プロバイダーを差し止めるという点である。そして、ここで言う、差し止めるべきトラフィックには、対象となるサービス・プロバイダーに関連する、なんらかの事業体やビジネス・パートナーからのものも含まれると述べている。ここでの気取らない会話が、パブリックな議論の本質を証明していくはずだ。あなたの声を、いまこそ聞かせて欲しい

ーーーーー

この背景にあるのは、言うまでもなく Netflix の存在です。 なんせ、アメリカのインターネット・トラフィックの、30% 以上を消費しているのですから、キャリアや ISP から見ると、少しはインフラのコストを負担して欲しいという話につながるのです。 実際に、Comcast とはダイレクト・ピアリングを行っていますし、昨日には Verizon とも合意に至ったと報道されていました。もちろん、それらのピアリングは、民間企業同士の自由なビジネスというかたちで進められているのですが、それを FCC は、構成力のあるルールにしたいと考えているようです。ほんとうに、それで良いのかと、Newsweek に 瀧口範子さんが、「ネット・ニュートラリティーはなぜ万人にとって大問題なのか」という、すばらしい記事をポストしています。 ぜひ、ご覧いただければと思います。Image(282)

ーーーーー

<関連>

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
Netflix の業績をインフォグラフで見る
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する
Real World NoSQL シリーズ – Netflix における Amazon SimpleDB

Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?

Posted in Amazon, OpenStack, Standard by Agile Cat on May 27, 2011

Apache Focuses on Cloud Standard
May 26, 2011 1:40 am
By Joab Jackson, IDG News
http://www.pcworld.com/businesscenter/article/228641/apache_focuses_on_cloud_standard.html

image

Recognizing the growing need for vendor-neutral standards in the cloud computing field, the Apache Software Foundation has prioritized development of its Libcloud unified cloud interface as a top-level project, the organization announced Wednesday.

クラウド・コンピューティングの領域においてベンダー・ニュートラルなスタンダードの必要性を認識するために、Apache Software Foundation は最重要プロジェクトとして、Libcloud ユニファイド・クラウド・インターフェイスの作成を位置づけると水曜日(5/25)に発表した。

Apache Libcloud provides a single interface to more than 20 cloud services, including Amazon EC2 (Elastic Cloud Compute), Rackspace Cloud, Terremark’s cloud service, IBM Cloud, GoGrid’s infrastructure service and the Xen-based Linode service.

Apache Libcloud とは、20 種類以上のクラウド・サービスにシングル・インターフェイスを提供するものであり、その対象としては Amazon EC2 (Elastic Cloud Compute) および、Rackspace Cloud、Terremark Cloud Service、IBM Cloud、GoGrid Infrastructure Service、Xen-based Linode Service などが含まれる。

imageThe interface consists of a Python library that can cover a wide range of uses, such as interfacing with storage services or load-balancing services. Developers can have their programs make calls to the library instead of coding for each individual cloud service.

このインターフェイスは Python ライブラリで構成され、ストレージ・サービスやロード・バランシング・サービスとのインタフェースといった、広範囲におよぶ領域をカバーするものとなる。 それにより、デベロッパーたちは、個別のクラウド・サービスを対象としたコーディングに換えて、このライブラリをコールするプログラミングを実現していく。

By using the library, a program can switch to another cloud provider without the need to change the underlying code. The library can also provide an easy way to move workloads to a backup service, should the main service go offline for some reason.

つまり、このライブラリを利用することで、プログラムの基礎をなすコードを書き換えることなく、他のクラウド・プロバイダーへ移行することが可能になる。さらに、このライブラリは、何らかの理由により主要サービスをオフラインにするはずの、バックアップ・サービスへ向けたワークロードの移行を、容易にするための方法を提供する。

Libcloud became an Apache incubator project in 2009. Developers from cloud software provider Cloudkick, since acquired by Rackspace, provided the basic code base. And developers from IBM, Linode, and others provided subsequent improvements.

Libcloud は 2009年に、Apache のインキュベーション・プロジェクトに昇格した。そして、クラウド・ソフトウェア・プロバイダーである Cloudkick から、デベロッパーから Rackspace  へ移籍してから、基本的なコード・ベースが提供されている。 さらに、IBM や Linode などからのデベロッパーが、その改善を継続している。

By becoming an official Apache Top-Level Project, Libcloud will be overseen by a Project Management Committee (PMC), which will guide the code’s community development and product releases. The library is available under an Apache Software License version 2.0.

それが、オフィシャルな Apache Top – Level Project なることで、 Libcloud は Project Management Committee (PMC) の監査を受けながら、開発コミュニティとプロダクト・リリースを方向付けていく。なお、こそのライブラリは、 Apache Software License version 2.0 の下で運用される。

Similar Articles:

Joab Jackson covers enterprise software and general technology breaking news for The IDG News Service. Follow Joab on Twitter at@Joab_Jackson. Joab’s e-mail address is Joab_Jackson@idg.com

ーーーーー

ついに、クラウド・インターフェイスに対する、Apache の取り組みが本格化してきたようですね。 ここで言うシングル・インターフェイスが実現されると、ロックインというビジネスの手法から乖離したレベルで、新しいコンピューティングが実現されていくのだろうと思います。 ガンバレ Apache ! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

オープンソースはクラウドに適合するのか?
すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは?
Amazon CTO – Werner Vogels が、クラウド・エコシステムを語る
Elastic Beanstalk とは? – Amazon CTO の Werner Vogels が語る
OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?

 

%d bloggers like this: