Agile Cat — in the cloud

Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?

Posted in Amazon, OpenStack, Standard by Agile Cat on May 27, 2011

Apache Focuses on Cloud Standard
May 26, 2011 1:40 am
By Joab Jackson, IDG News
http://www.pcworld.com/businesscenter/article/228641/apache_focuses_on_cloud_standard.html

image

Recognizing the growing need for vendor-neutral standards in the cloud computing field, the Apache Software Foundation has prioritized development of its Libcloud unified cloud interface as a top-level project, the organization announced Wednesday.

クラウド・コンピューティングの領域においてベンダー・ニュートラルなスタンダードの必要性を認識するために、Apache Software Foundation は最重要プロジェクトとして、Libcloud ユニファイド・クラウド・インターフェイスの作成を位置づけると水曜日(5/25)に発表した。

Apache Libcloud provides a single interface to more than 20 cloud services, including Amazon EC2 (Elastic Cloud Compute), Rackspace Cloud, Terremark’s cloud service, IBM Cloud, GoGrid’s infrastructure service and the Xen-based Linode service.

Apache Libcloud とは、20 種類以上のクラウド・サービスにシングル・インターフェイスを提供するものであり、その対象としては Amazon EC2 (Elastic Cloud Compute) および、Rackspace Cloud、Terremark Cloud Service、IBM Cloud、GoGrid Infrastructure Service、Xen-based Linode Service などが含まれる。

imageThe interface consists of a Python library that can cover a wide range of uses, such as interfacing with storage services or load-balancing services. Developers can have their programs make calls to the library instead of coding for each individual cloud service.

このインターフェイスは Python ライブラリで構成され、ストレージ・サービスやロード・バランシング・サービスとのインタフェースといった、広範囲におよぶ領域をカバーするものとなる。 それにより、デベロッパーたちは、個別のクラウド・サービスを対象としたコーディングに換えて、このライブラリをコールするプログラミングを実現していく。

By using the library, a program can switch to another cloud provider without the need to change the underlying code. The library can also provide an easy way to move workloads to a backup service, should the main service go offline for some reason.

つまり、このライブラリを利用することで、プログラムの基礎をなすコードを書き換えることなく、他のクラウド・プロバイダーへ移行することが可能になる。さらに、このライブラリは、何らかの理由により主要サービスをオフラインにするはずの、バックアップ・サービスへ向けたワークロードの移行を、容易にするための方法を提供する。

Libcloud became an Apache incubator project in 2009. Developers from cloud software provider Cloudkick, since acquired by Rackspace, provided the basic code base. And developers from IBM, Linode, and others provided subsequent improvements.

Libcloud は 2009年に、Apache のインキュベーション・プロジェクトに昇格した。そして、クラウド・ソフトウェア・プロバイダーである Cloudkick から、デベロッパーから Rackspace  へ移籍してから、基本的なコード・ベースが提供されている。 さらに、IBM や Linode などからのデベロッパーが、その改善を継続している。

By becoming an official Apache Top-Level Project, Libcloud will be overseen by a Project Management Committee (PMC), which will guide the code’s community development and product releases. The library is available under an Apache Software License version 2.0.

それが、オフィシャルな Apache Top – Level Project なることで、 Libcloud は Project Management Committee (PMC) の監査を受けながら、開発コミュニティとプロダクト・リリースを方向付けていく。なお、こそのライブラリは、 Apache Software License version 2.0 の下で運用される。

Similar Articles:

Joab Jackson covers enterprise software and general technology breaking news for The IDG News Service. Follow Joab on Twitter at@Joab_Jackson. Joab’s e-mail address is Joab_Jackson@idg.com

ーーーーー

ついに、クラウド・インターフェイスに対する、Apache の取り組みが本格化してきたようですね。 ここで言うシングル・インターフェイスが実現されると、ロックインというビジネスの手法から乖離したレベルで、新しいコンピューティングが実現されていくのだろうと思います。 ガンバレ Apache ! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

オープンソースはクラウドに適合するのか?
すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは?
Amazon CTO – Werner Vogels が、クラウド・エコシステムを語る
Elastic Beanstalk とは? – Amazon CTO の Werner Vogels が語る
OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?

 

%d bloggers like this: