Agile Cat — in the cloud

オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on August 21, 2015
Facebook is now more important than Google for online publishers
Jillian D’Onfro – Aug. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-v-google-referral-traffic-2015-8
 
_ Business Insider
 
Facebook is starting to drive more traffic to digital media websites than Google is, according to new data from Parse.ly, an analytics firm which collects data for about 400 digital publishers, including Conde Nast, Reuters, Mashable, and The Atlantic.
 
Parse.ly の最新データによると、デジタル・メディアの Web サイトへ向けたトラフィック誘導において、Facebook が Google を上回り始めたようだ。なお、同社の調査では、Conde Nast/Reuters/Mashable/The Atlantic などを含む、約 400 のデジタル出版社からデータが収集されているという。
 
Facebook GlobalFlickr
Duncan Hull
 
Facebook’s rise has been slow and steady since at least 2012, as it has been gradually wining referral traffic marketshare from Google Sites, which includes properties like Google News and Google.com web search.
 
2012年あたりから、Facebook のトラフィックは、徐々にではあるが着実に上昇している。その様子はというと、Google News や Google Search を含む Google サイトから、ゆっくりとワインでも楽しむかのごとく、Facebook がリフェラル・トラフィックのシェアを奪い取っているように見える。
 
Instead of SEO experts popping up everywhere, now it’s social media optimizers.
 
何処であっても登場してくる SEO 専門家に代えて、いまや ソーシャル・メディアが、オプティマイザーになろうとしているのだ。
 
A shift like this lends some credence to the theory that the world’s biggest publishers saw a dramatic drop in web traffic in April  because of a Facebook algorithm tweak rolled out around the same time. (A Facebook spokesperson told Business Insider that it didn’t see an overall decline in aggregated referral traffic in April.)
 
このシフトに関しては、世界の大手パブリッシャーたちの Web トラフィックが、この 4月に大きく低下しているということで、なんらかの論理的な信憑性が付与される。なぜなら、そのタイミングで Facebook のアルゴリズムが、微妙に調整されていたからだ。( Facebook のスポークスマンは Business Insider に対して、この 4月に収集されたトラフィックの全体量が、減少していることはないと語っていた)
 
Here’s the main chart showing the traffic referral trend:
 
以下は、リフェラル・トラフックの動向を示す、きわめて重要なチャートである:
 
Parsely Chart_1
Parsely
 
And here’s where Parse.ly’s network gets most of its referral traffic overall:
 
以下は、Parse.ly が取得した、全体的なリフェラル・トラフックの内訳である:
 
Parsely Chart_2
Parsely
 
This shift comes even as Facebook reveals ambitions to get more of that content on its own site.
 
このシフトが明らかにする、もう1つの視点は、そのサイトに大量のコンテントを集約しようとする、Facebook の大いなる野望である。
 
Facebook launched its much discussed publishing product — Instant Articles — earlier this summer to let media companies post their articles directly to its iOS app. Although multiple reports have pointed to an upcoming onslaught of more Instant Articles from publishers like The New York Times and The Atlantic, those floodgates haven’t opened quite yet.
 
Facebook は、この夏が始まったころに、Instant Articles というパブリッシング・プロダクトを立ちあげ、また、喧々諤々の議論を引き起こしている。このプロダクトは、それぞれのメディアの記事を、iOS アプリからダイレクトにポストさせようとするものだ。したがって、The New York Times や The Atlantic といった大手パブリッシャーから、この Instant Articles に対する猛烈な反発があったと、いくつかのレポートが指摘している。 そして、このゲートは、いまだにオープンされていない
 
Facebook also just completely revamped its blogging product, Notes, to make it easier for them to write and read long-form stories (it looks like a Medium-competitor).
 
さらに Facebook は、ブログ作成のためのプロダクトである Notes を刷新している。つまり、長文のストーリーであっても、ユーザーたちは容易に、Write/Read できるようになる。(ある種の、メディアに対する競合とも思える)
 
Happily for Facebook, not all of the new traffic it’s funneling to digital sites comes for free.
 
Facebook にとって幸いなことに、それらのデジタル・サイトに流し込む新しいトラフィックの、すべてを無償にする必要もないのだ。
 
BuzzFeed, for example, spent millions of dollars last year to promote its clients’ ads, according to internal financial documents published by Gawker, and many other digital publications will occasionally pay to boost well-performing posts.
 
Gawker が内部的に公表した財務書類によると、たとえば昨年の BuzzFeed のケースでは、同社におけるクライアントの広告を展開するために、(Facebook に対する)膨大な支出が計上されている。また、数多くのデジタル出版物も、自身の記事の PV を稼ぐために、Facebook アドに対して支払うというケースが多いのだ。
 
SEE ALSO: Meet the scrappy team of Facebookers whose ‘explicit goal is to get you off Facebook’
 
ーーーーー
facebookこの、Google と Facebook の拮抗については、別件の仕事で「These Charts Reveal How Google And Facebook Run The Internet」という記事を訳していたので、かなり近づいていると感じていました。 そして Facebook は、単にリフェラルを増やすだけではなく、たとえば BuzzFeed などへのリンクを避け、オリジナル・サイトを抽出するなど、そのアルゴリズムを洗練させてきたようです。おそらく、Google と Facebook の闘いは続くと思いますが、Facbeook が特別なポジションを確保したのも間違いないでしょう。 前述の記事は、「あらゆる SEO に関する議論は、真っ先に Google とつながるだけに、原則として終始したと言えるだろう。 そして、トラフィックの成長が主たる関心事となる、ニュース・コンテント・サイトにおけるソーシャル戦略の中核には、Facebook が居座ることになるはずだ」と結論づけていました。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 2015-Q2 決算:欧米だけに依存しない、グローバル戦略が実を結んできた!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
 

Twitter の DM から 140文字の制限が消え去ったようだ! 業績の低迷から抜け出すための第一弾になるのか?

Posted in .Chronicle, Social, Twitter by agilecat.cloud on August 14, 2015
Twitter lifts 140-character limits on direct messages
AFP | Aug 13, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Twitter-lifts-140-character-limits-on-direct-messages/articleshow/48463426.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Twitter lifted its character limit for direct messages between users, saying it would help make the private side of Twitter “more powerful and fun.”
 
SAN FRANCISCO: Twitter だが、ユーザー同士がダイレクトに交換するメッセージに関する、文字数の制限を解除した。つまり、Twitter におけるプライベートな側面を、「よりパワフルで使いやすいもの」にしていくことになる。
 
As a result, these private messages will no longer have the 140-character limit which applies to tweets.
 
その結果として、それらの個人的なメッセージに対しては、ツイートに適用される140文字の制限がなくなる。
 
Twitter 140For now, the changes apply to Twitter users with Android and Apple mobile devices, online at twitter.com or on the TweetDeck application.
 
“You can now chat on (and on) in a single Direct Message, and likely still have some characters left over,” said product manager Sachin Agarwal in a blog post.
 
Twitter の Product Manager である Sachin Agarwal は、「 1つの Direct Message で、より長い文字数を用いたチャットが可能になる」と、ブログ・ポストで述べている。
 
“While Twitter is largely a public experience, Direct Messages let you have private conversations about the memes, news, movements and events that unfold on Twitter,” Agarwal added.
 
Agarwal は、「 Twitter はパブリックなエクスペリエンスを重視するが、Direct Messages によるプライベートな会話では、ニュース/トレンド/イベントといった情報の展開を促進することになる」と付け加えている。
 
“Today’s change is another big step towards making the private side of Twitter even more powerful and fun.”
 
「今回の変更は、Twitter におけるプライベートな側面を、よりパワフルで使いやすいものにしていくための、大きなステップである」
 
For now, the changes apply to Twitter users with Android and Apple mobile devices, online at twitter.com or on the TweetDeck application, although Agarwal said the change “will continue to roll out worldwide over the next few weeks.” Limits will still apply to those sending messages over SMS.
 
現時点において、この変更は、Android/Apple のモバイル・デバイスや、TweetDeck アプリ、そしてブラウザ上の Twitter を利用するユーザーに提供されている。その一方で、Agarwal はグローバルでの適用について、「これからの数週間のうちに、継続的に適用されていく」と述べているが、SMS を介したメッセージの送信に関しては、これまでの制限が適用されるとしている。
 
The move comes as the California company is seeing sluggish growth in its user base compared with other social networks and faces renewed pressure on its shares as it seeks a new chief executive.
 
この California ベースのソーシャル・ネットワークは、そのたのコンペティタと比べて、ユーザー・ベースでの伸び悩みに直面している。そして、新しい CEO が要求されたのと平行して、株価の低下を押し止めるための、リニューアルが必要とされていた。
 
Twitter shares were down 1.3% in midday trade, having recovered from last week, when they reached the lowest level since the company’s stock market debut in late 2013.
 
Twitter は、株価の回復に取り組んでいるが、今日の昼間の取引では 1.3% のダウンであった。このレベルは、2013年の後半に、同社が株式を公開して以来、最低の水準である。
 
ーーーーー
twitter-55aTwitter の CEO ですが、Dick Costolo から Jack Dorsey に換わったのでしたっけ? とても可能性のあるソーシャル・メディアなのですが、なにか、いつも、上手く行かないですね。 マイクロ・ブログなので、いくらでも匿名のアカウントを作っても構わないのですが、それらのアカウントがフォロワーとしての(数値)属性を持つことに、なんらかの根本的な問題があるのかと思ってしまいます。老舗だけに、なんとか頑張ってほしいです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる契約に両者がサイン!
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較をチャートで!
YouTube 対 Facebook 対 Vine:ビデオをアップしているユーザーの属性は?
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
 

アメリカの若者たちは依然として SMS を好んでいる:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Mobile, Research, Social, Telecom by agilecat.cloud on August 13, 2015
All those messaging apps are OK, but teens in the US still heavily prefer traditional texting
Matt Rosoff – Aug. 7, 2015
http://www.businessinsider.com/teens-prefer-texting-over-messaging-2015-8
 
_ Business Insider
 
Messaging apps are everywhere: Facebook has Messenger and WhatsApp, Snapchat is ubiquitous among teens, and special-purpose apps like Kik, Yik Yak, and Whisper are all having their time in the sun as well.
 
いつでも、どこでも、メッセージング・アプリという時代である。Facebook の Messenger および WhatsApp や、Snapchat などが、十代の若者たちの間ではユビキタスになっている。さらに言えば、Kik や Yik、Yak、Whisper などが、それぞれのユーザーの目的に応じたアプリとして、上手く機能している。
 
apps_imBut despite all these choices, US teens still prefer the good old text message. According to Pew Research statistics compiled by Statista, more than half of teens text their friends every single day —
 
しかし、このような豊富な選択肢が提供されているにもかかわらず、US のティーン・エイジャーたちは、依然として古き良き Text Messaging を好んでいるようだ。Statista がチャートにした、Pew Research の統計によると、彼らの半分以上が(55%)、毎日のように友人たちとテキスト・メッセージを交換している。
 
that’s more than twice as many who send instant messages to friends every day (27%) using platforms like Gchat, and who see their friends in person every day (25%). Only 14% use messaging apps every day.
 
この比率だが、たとえば Gchat(Google Chat)などのプラットフォームを用いて、毎日のように友人と Instant Messaging を交換する人々の(27%)、2倍以上のシェアとなっている。さらに言えば、毎日のように In Person(直接)で友人と対面する人々は、25% という比率になっている。そして、Messaging Apps だけを、毎日のように用いる人は 14% に過ぎない。
 
Text Messaging Chart
Statista
 
Texting is still the only universal way to get in touch with all your friends (at least if they have a cell phone with text capabilities, and who doesn’t?). Most messaging apps work only with friends who happen to be on the same platform.
 
つまり、すべての友人と連絡を取るためには、依然として Text Messaging だけが共通の方式なのだ(テキスト機能を備えた携帯電話を持っているなら、相手を選ばないことになる)。言い換えるなら、大半の Messaging Apps は、たまたま同じプラットフォーム使っている、友人同士でなければ使えないということだ。
 
 
ーーーーー
research_55短めのコンテントですが、読み方が、ちょっと難しいです。 まず、前提となっているのが、アメリカの十代の若者だという点に注意すべきです。 つまり、ビジネス・ユースという視点が、まったく含まれていない統計ということです。 そして、チャートのトップにある In Person の意味ですが、学校などで直接に話すケースのことであり、また、その頻度が毎日/時々/稀に分類されていると読むべきなのでしょう。それに対して、Text Messaging(ショート・メッセージ)と、Instant Messaging(チャット?)と、Messaging Apps などの使われ方が、同じ基準で分析されています。アメリカの十代の若者に、どれくらいの比率でスマホが浸透しているのでしょうか? その辺りが分かると、もっと興味深い状況が見えてくるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
電子書籍に費やす対価を調べてみたら 日本が1位だった! それを示す1枚のチャート
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす成長を達成!
iPhone と Android のユーザーでは、こんなにもデバイスへの愛が異る!
 

Facebook 2015-Q2 決算:欧米だけに依存しない、グローバル戦略が実を結んできた!

Posted in Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on August 12, 2015
It’s a beat for Facebook, but the stock sinks
Jillian D’Onfro – Jul 30, 2015
http://www.businessinsider.com.au/facebook-q2-earnings-2015-7
 
_ Business Insider
 
Facebook just reported its Q2 earnings, with a beat on both the top and bottom line. Here are the numbers:
 
つい先ほど(7/30)、Facebook が 2015年 Q2 の収支報告を行ったが、その内容はというと、売上と利益で予測値を上回るものであった。 詳細は、以下のとおりである:
 
  • Revenue: $US4.04 billion vs analyst expectations of $US3.99 billion
  • EPS: $US0.50 vs analyst expectations of $US0.47
Mark ZuckerbergFacebook founder and CEO Mark Zuckerberg
 
Despite the beat, the stock dropped as much as 4.6% after-hours.
 
しかし、そのような収支であったにもかかわらず、それから数時間後の株価は 4.6% ほど下落していた。
 
We’re not sure why the stock is dropping, but our best guess is because Facebook missed on daily active user expectations.
 
その株価下落について、理由を明確にすることは不可能だが、DAU(Daily Active User)の予測を Facebook が外したというのが、最も妥当な見方になるだろう。
 
Facebook’s CFO, for his part, doesn’t seem to think the stock should drop. On CNBC, he called the quarter “great, any way you look at it.”
 
しかし、Facebook の CFO は、それが原因で株価が下がったとは捉えていないようだ。彼は CNBC のインタビューで、「どこから見ても素晴らしい四半期」と訴えていたほどである。
 
FB DAU 2015-Q2Here’s a chart that shows where Facebook’s daily active users are coming from:
 
このチャートは、Facebook の DAU(Daily Active User)における、地域ごとの成長である:
 
The stock now hovers at around 2.3% down.
 
このポストを書いている時点の株価というと、2.3% ほどダウンしたレベルを漂っているという状況である。
 
As expected, Facebook saw an increase in the percentage of its revenue coming from mobile, as well as an increase in spending this quarter. Here are the other important numbers:
 
発表前の予想のとおり、この四半期における Facebook は、モバイルからの収益比率を高めたが、支出に関しても増加の傾向を見せている。以下に、この決算における重要なポイントを示しておく:
 
  • 968 million daily active users, which is up 17% year-over-year but a slight miss compared to the to 970.5 million estimated. Mobile DAUs were 844 million on average.
  • Only about 17% of Facebook’s daily active users come from the United States and Canada
  • 1.49 billion monthly active users vs 1.475 billion expected, an increase of 13% year-over-year
  • About 76% of advertising revenue came from mobile, up from 62% at this time last year and 73% last quarter
  • As usual, most of Facebook’s revenue came from mobile, but about 5% came from payments and other fees. That’s down from 8% in Q2 2014
  • Costs and expenses of $US2.76 billion, compared to $US1.5 billion Q2 of last year, with the bulk ($US1.17 billion) attributed to research and development. That’s a significant increase, but no real surprise, as Facebook has warned that 2015 would be a year of investment, while it continues to develop new technologies like its virtual reality headset, Oculus
  • Operating margin dropped to 31% from 48% in Q2 2014 thanks to the boost in spending
 
  • DAU(Daily Active User)は 978 million であり、前年比で 17% 増となっている。 しかし、その予測値である 970.5 million には、少しだけ足りなかった。 また、そのうちの Mobile DAU はというと、平均で 844 million であった。
  • Facebook DAU の内訳だが、US と Canada からのものは、全体の 17% に過ぎない。
  • MAU(Monthly Active Users)は、予測値の 1.475 billion に対して、1.49 billion に達している。それは、前年比で 13% の成長となっている。
  • 広告ビジネスにおけるモバイルの比率は、全体に対して 76% に達している。その成長率は、前年比で 62% であり、また、2015年 Q1 に対して 73% となっている。
  • 周知のとおり、Facebook における収益の大半はモバイルからもたらされるが、ペイメントなどからも 5% ほどが計上されている。 そして、その比率だが、2014年 Q2 との比較において、8% ほど低下している。
  • この期間における支出の合計は、$ US2.76 billion である。昨年同期の $ US1.5 billion に対して、かなりの増大になっている、その大半は R&D における$ US1.17 billion が占めている。Facebook は、2015年が投資の年になると宣言していたので、その金額が膨大であっても、驚くべきものではない。この期間において、バーチャル・リアリティ・ヘッドセットの Oculus などの、新たなテクノロジーが開発されてきた。
  • 経常利益に関しては、2014年 Q2 の48% から、今期の 31% へと低下しているが、その要因はというと、前述の経費にある。
 
ーーーーー
facebookFacebook の規模を測る上で、このポストも MAU ではなく DAU を用いています。 つまり、ソーシャル・メディア全般が浸透するにつれて、より身近なものとして捉えられるようになり、その結果として Monthly から Daily へと、Facebook の基準もシフトしてきたのでしょう。そして Asia Pacific の値を見ると、2013年 Q2 で1.81 億人、2014年 Q2 で2.28 億人、2015年 Q2 で2.85 億人というふうに、順調に伸びている DAU の様子が把握できます。また、Rest of World も、Asia Pacific と同じような勢いで成長しています。北米依存であった収益構造も、「Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!」で紹介したように、大きく改善されてきたようです。これからの Facebook は、どのような形で成長していくのでしょうか? とても楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
 
 

Google+ が 終わってしまう? そんな ウワサが 流れはじめている

Posted in .Chronicle, Google, Social by agilecat.cloud on August 3, 2015
Google+ Ending: Google Plus Could Be Nearing To An End
Vinay Patel – Aug 02, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/60115/20150802/google-plus-google-google-shopping-google-plus-ends.htm
 
_China Topix
 
After its famed launch, Google+ has unsuccessful to live up to the expectations set by its makers as they failed to differentiate itself from the crowd; however, the platform can’t be written off so soon as it still has several new tools that are extremely useful and can transform its fate.
 
Google+ がローンチしたときの、あの騒ぎを覚えているだろうか? そして、その後の Google+ だが、数あるソーシャル・メディアの中で差別化に苦労するにつれて、Google 自身が設定した期待値に応えることが困難になってきている。しかし、このプラットフォームには、きわめて有用な、いくつかの最新ツールが含まれ、また、自身の運命を変えることも可能なはずだ。したがって、すぐに切り捨てられることもないだろう。
 
Google PlusFlickr
Yoel Ben-Avraham
 
According to USA Today, Google+, the once popular social media platform that was launched amidst great hype and fanfare, could be seeing the end of days. But, there are still some useful tools that this platform is offering though looks like Google plus has already given up the fight.
 
USA Today によると、鳴り物入りで発表されたソーシャル・メディアであり、かつては人気を誇った Google+ だが、終焉の可能性が取り沙汰されているようだ。このプラットフォームには、いくつかの有用なツールが含まれているのだが、Google は戦うことを諦めてしまったとされる。
 
Recently, it was announced that one does not need to have a Google plus account for YouTube and other Google platforms as users will now be able to access the platforms with their regular Google id itself, the Google plus sign in will no longer be compulsory.
 
最近のことだが、YouTube を含む Google プラットフォームへのサイン・インにおいて、Google+ のアカウントが不要になると発表されている。そして、ユーザーたちは通常の Google ID により、それらのプラットフォームにアクセスできるようになる。つまり、サイン・インにおける Google+ アカウントの強制が解けることになるのだ。
 
Initially, because Google had imposed the Google plus membership on the users, it created a certain hostility towards its services that never really disappeared. Basically, Google plus is a social media network that has users but still not many people who actually use it. As for the features, users have an excellent alternative to skype in the Hangouts that allows users to connect across the globe. In fact, Google’s hangouts offers the facility to chat with ten people at the same time. The Hangout app also allows users to make free phone calls.
 
これまでの Google は、ユーザーに対して Google+ メンバーシップを強要してきたので、消し去ることのできない反感を植え付けてしまった。基本に立ち返ってみれば、Google+ はソーシャル・メディアであり、それほど多くの人々が利用していないという現実を抱えていた。ただし、機能面においては、Skype に取って代わることが可能な、Hangouts の存在が光っている。実際のところ、Google の Hangouts を用いれば、グローバルにおけるユーザー接続が可能になるだけではなく、同時に10人とチャットする機能まで提供されるのだ。さらに言えば、Hangout を使えば、通話も無料になる。
 
Even the Photos option on Google plus is actually way better than the other options available across social media portals. For instance, Google Plus is programmed to take a direct back-up of every photo that is being clicked via the user’s device, including smartphone. Sadly, the feature was noticed only by photographs though Google’s idea of introducing the options was to improve display and attract more users. The clear trade off in this deal is that Google tends to lower the resolution of the picture in the process. Nevertheless, they remain usable even for printing.
 
また、Google+ の Photo オプションは、その他のソーシャル・メディアと比較しても、きわめて優秀なものとなっている。たとえば、Google+ の Photo は、クリックされている全写真を、スマホなどのユーザー・デバイスを介して、ダイレクトにバックアップするようにプログラムされている。こうしたオプションを導入するという Google アイデアは、表示を改善するだけではなく、より多くのユーザーを引き付けるものになったはずなのだが、残念なことに、写真の取り扱いだけが注目されてしまった。この機能における明確なトレード・オフは、画像を処理していくプロセスにおいて、解像度が低下する方向へと、Google が向かっていった点にある。 ただし、それにもかかわらず、印刷における有用性は維持されている。
 
Another report on The Guardian also said that Google was planning to venture into e-commerce to lure customers by offering them shopping options.
 
また、The Guardian からの別レポートによると、Google はショッピング・オプションを提供することで、顧客を惹きつけるというスタイルで、eコマースへの進出を計画していたらしい。
 
ーーーーー
google-55aChina Topix で Google+ のウワサ話というのも、ちょっと変な感じがしますが、文中で囲繞されている USA Today の記事を、このアジア・フォーカスのメディアが、先に拾ったということなのでしょう。 その他のメディアをググって見ましたが、Business Insider もオーストラリア版が先に報道しているようです。もっとも詳しく書いているのは Mashable で、かなり気合の入った内容となっています。さらに調べてみたら、「 Google Gives Up on Google+ as a Facebook Rival 」という記事を、WSJ が 7/27 にポストしていたので、この辺りがウワサの出処かもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる契約にサインした!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較をチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Social by agilecat.cloud on July 14, 2015
Facebook Messenger crosses 1 billion downloads on Play Store
AFP – Jun 10, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Facebook-Messenger-crosses-1-billion-downloads-on-Play-Store/articleshow/47611992.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Facebook has announced that an Android version of its Messenger app has been downloaded more than a billion times from the Google Play store.
 
SAN FRANCISCO: Facebook のアナウンスメントによると、同社の Messenger の Android バージョンが、Google Play で 10億回以上のダウンロードを記録したようだ。
 
“Happy to make it to the very exclusive Android 1 billion+ downloads club,” the head of the Messenger team David Marcus said in an online post.
 
Messenger Team の責任者である David Marcus が、「 Google に独占されているとも言える、Android 10億ダウンロード・クラブに入れて嬉しい」と、あるオンライン・メディアで述べている。
 
Facebook Messenger
Other than Facebook, only Google boasts apps with more than a billion Google Play downloads onto Android-powered mobile devices, according to technology news website TechCrunch.
 
TechCrunch によると、Google Play 上で 10億以上のダウンロード数を有し、Android デバイスにパワーを供給しているのは、Google 自身のアプリを除くと Facebook のみとなる。
 
A chat forum on Messenger’s page at Google Play was rich with accolades but peppered with comment that the high download count was driven by Facebook spinning the widely used service out of the social network, compelling people to get the app.
 
Google Play の Messenger ページでは、数多くの賞賛の声がチャット・フォーラムを埋め尽くしていたが、中には辛口のコメントもあった。つまり、これだけのダウンロード数が得られた背景には、Facebook アプリ本体において広く使用されていた、このサービスを外部に切り出してまで使わせようとした、Facebook の意図があるという指摘である。
 
Facebook last year broke off Messenger from the main Facebook application for mobile users, creating a separate platform that claims more than 600 million users.
 
たしかに、このソーシャル・メディアは、昨年に Facebook モバイル・アプリの本体から Messenger を分離している。 そして、独立したプラットフォームを構築することで、6億人以上のユーザーを、新たに獲得したと主張している。
 
Facebook in April began rolling out video calling on its Messenger mobile application, enabling face-to-face conversations among users of the app around the world. With the new feature, users can add video to calls to another person with the same application. Similar services are offered by Microsoft’s Skype, Google Hangouts and Apple’s FaceTime.
 
そして、今年の 4月には、Facebook Messenger モバイル・アプリにビデオ・コーリングが提供され、世界中のユーザーが Face-to-Face の会話を楽しむようになった。 つまり、Messenger という共通のアプリ内の、新しい機能を用いることで、ビデオ・コーリングを実現しているのだ。周知のとおり、それと同じ機能は、Microsoft Skype や、Google Hangouts、そして Apple FaceTime でも提供されている。
 
Free calling has been available for two years to users of Messenger, although people may be required to pay for data used during the connections. The world’s biggest social network also opened up Messenger to outside developers as part of its strategy to create a “family” of apps that also includes Instagram and WhatsApp.
 
Messenger ユーザーに対しては、無料での利用が 2年間にわたり提供される。 ただし、その後は、コネクションで使用されたデータ量に基いて、課金が実施されることになるだろう。さらに、この世界最大のソーシャル・ネットワークは、Instagram や WhatsApp などのアプリ群で構成される、Family というコンセプトを推進する戦略の一環として、外部デベロッパーに Messenger をオープンにしている。
 
Facebook has offered few hints on how it will monetize Messenger, but recently unveiled a system of peer-to-peer payments which could be adapted as an e-commerce platform.
 
Facebook は、サードパーティが Messenger でマネタイズを実現するための、いくつかのヒントを提供している。そして、最近では、電子商取引プラットフォームとして利用できる、P-to-P のペイメント・システムを発表している。
 
Messenger also lets users communicate with online merchants, essentially turning formerly impersonal Internet shopping into ongoing text message conversations.
 
この Messenger は、ユーザーとオンライン・ショップとの間での、意思の疎通を改善していくものになるだろう。つまり、人間味に欠けるインターネット・ショッピングを、テキスト・メッセージによる会話へと変容させるのだ。
 
ーーーーー
facebookAgile Cat も Android ユーザーなので、Messenger が分離されるときに、「なぜ?」と感じたことを思い出しました。 しかし、いまになって思えば、分離してくれて良かったとと捉えています。 そして、さらに言うなら、Page Manager と Group まで別になり、4つの Facebook アプリが動いているという状況です :) このような、アプリを分離していく Facebook の戦略は、Instagram あるいは WhatsApp をメインとするユーザーにも、使いやすさをもたらしているはずです。 また、途上国マーケットを重視する Facebook にとっても、デバイスやネットワークのレベルに応じた、多様な戦略をもたらしているはずです。 ひょっとして、すでに Facebook は、穏やかな Android-First を達成しているのかもしれません。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が語るモバイル・チューニング:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析した!
 

Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch

Posted in Advertising, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on July 8, 2015
Instagram will be Facebook’s next multibillion-dollar business
Matt Rosoff – Jun. 30, 2015
http://www.businessinsider.com/instagram-to-be-38-billion-business-by-2020-2015-6
 
_ Business Insider
 
Facebook is just about to turn on the money jets for Instagram, the photo-sharing app it acquired in 2012 for over $1 billion. (Remember when that seemed like a lot of money for a tech startup?)
 
Facebook は、2012年に $1 billion 以上をかけて Instagram を買収したわけだが、いま、まさに、このフォト・シェア・アプリの収益性を加速させようとしている状況にある。(このハイテク・スタート・アップに対して、多額とも思える資金を投入したときのことを、覚えているだろうか?)
 
Specifically, Facebook is going to let Instagram advertisers use Facebook’s targeting tools to reach users based on their interests.
 
具体的にいうと、Facebook は Instagram の広告主たちに対して、それぞれのユーザーの関心事をベースにリーチしていく、Facebook のターゲッティング・ツールを提供する計画だ。
 
Instagram Revenue
BofA Merrill Lynch
 
How much money are we talking about here? According to an analyst note yesterday from Bank of America Merrill Lynch, Instagram could be a $300 million business next year, growing more than 12x to over $3.8 billion by 2020. That $3.8 billion is about equal to Facebook’s total quarterly revenue today.
 
そこでの収益性であるが、どのくらいの規模になるのだろうか? Bank of America Merrill Lynch のアナリストが、昨日 (6/29) に指摘したところによると、Instagram の収益は、2016年には $300 million に届き、また、2020年には $3.8 billion を超えるという。つまり、この間で 12倍に成長していく可能性を持つことになる。そして、この $3.8 billion という規模であるが、いまの Facebook における、四半期分の収益に相当するものとなる。
 
As the analysts point out, the site has more than 300 million monthly users who spend an average of more than 20 minutes a day on the site, and 23% of US retailers already have an account there. “We see Instagram monetization as a lever Facebook can pull to maintain strong overall ad growth,” they write.
 
このアナリストが指摘するように、Insragram は 300 million 以上の MAU を確保している。そして、このサイトにおけるユーザーたちは、1日あたり平均で20分以上の時間を費やし、また、アメリカの小売業者の 23% が、すでにアカウントを有している。そして、「Facebook 全体における広告収益の、手堅い成長力を維持していく機能として、Instagram の収益性を評価している」と、述べてる。
 
ーーーーー
AdFacebook の成長要因は、その膨大なユーザー数をベースにして、素晴らしい精度でターゲティングを絞り込んでいく、独自の広告ビジネスを実現したところにあります。 そして、この広告モデルを、Instagram も共有していけば、同じような収益を上げられるというのは、それなりの説得力を持つ推論となります。 いまから、ちょうど1年前のことですが、「Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から Facebook Bare-Metal へ!」というポストで紹介したように、すでに、そのためのインフラは準備を整えています。Google に続いて Facebook も、既存の広告業界に依存しない、まったく新しいモデルを確立したと言えるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!
各サービス の モバイル率 : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など
15歳は言う : イケてるのは Snapchat と Instagramで、ダサい FB や TW はゴメンだわ!
 

モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

Posted in Advertising, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Mobile, Research, Social, Yahoo by agilecat.cloud on July 7, 2015
Facebook and Google are winning the app war
Matt Rosoff – Jun. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-and-google-are-winning-the-app-war-2015-6
 
_ Business Insider
 
 
Smartphone users spend more time with apps they’ve installed from Facebook and Google than with any other company, according to new research published today by Forrester.
 
Forrester の最新の調査(6/29)によると、スマートフォン・ユーザーたちは大半の時間を、Facebook および Google からダウンロードしたアプリで費やしており、その比重は他社を圧倒していることが分かる。
 
The company surveyed 2,000 smartphone owners between October and December 2014 to find out which apps they were using most. The poll excluded apps that ship with operating systems, so apps like Apple’s Mail, iMessage, Calendar, and Safari browser are not included.
 
Forrester は、2014年10月〜12月の間で 2,000人のスマホ所有者を対象とし、それらの人々が最も利用するアプリについて調査した。ただし、この調査では、たとえば Apple の Mail/iMessage/Calendar/Safari といった、OS にバンドルされているアプリは除外されている。(注記:ユーザーの意思で DL されたアプリを、対象にしているようです)
 
↓ クリックで拡大 ↓
Time Spend of Apps
Forrester
 
Of the apps they chose to download, users spent 13% of their total time in Facebook’s apps, and the bulk of that time (11.5% of total time spent) is spent doing social networking — probably Facebook’s main app and Instagram. The rest is split evenly between communication — most likely with messaging apps like Messenger and WhatsApp — and news reading, presumably through the main app.
 
それらのユーザーが、ダウンロードを選択したアプリの中では、Facebook のアプリ群が、全体における 13% の時間を占有している。Facebook アプリ群の内訳としては、ソーシャル・ネットワーキングが大半を占めているが(合計時間の 11.5%)、おそらく Facebook App と Instagram が、そのパーセンテージを占めているはずだ。メッセージング・アプリの内訳としては、Messenger や WhatsApp などが、その時間を均等に分割しているのだろう。また、ニュースに関しては、メインの Facebook App を介して消費されているはずだ。
 
Google has the second most-used collection of apps, taking up 12% of users’ total time. Most of this time (4.8% of total time spent) is on TV and video, presumably with YouTube.
 
このアプリ占有率の調査で、二番手となったのは Google であり、全体の時間における 12% を占めている。 その内訳だが、全体に対する 4.8% が TV や Video に関するものとなり、YouTube を介して消費される時間だと推測できる。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
research_55なんというか、異次元の強さを発揮する、Facebook と Google という感じですね。 文中にも注釈を入れましたが、あくまでも、ユーザーが意識的に、ダウンロードして利用しているアプリを、対象にした調査のようです。 したがって、たとえば iPhone 上の iTunes だけではなく、Android 上の Gmail なども、この調査の対象外になるのでしょうか? そのあたりのルールを、もう少し詳しく説明して欲しいですね。 そして、Facebook の強さに関してですが、「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という、先月のポストのことを思い出してしまいます。 なお、2011年2月の「Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間」という抄訳で紹介したように、この Top-2 が他を圧倒している状況が、もう4年以上も続いていることにも注目したいです。そして、最近は、Facebook App におけるビデオの利用時間が伸びており、新たなバトルが勃発という状況のようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った
 
%d bloggers like this: