Agile Cat — in the cloud

Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!

Posted in Facebook, Research, Social, WhatsApp by Agile Cat on July 27, 2014

‘Facebook Inc.’ Actually Has 2.2 Billion Users Now — Roughly One Third Of The Entire Population Of Earth
http://wp.me/pwo1E-7Hz

Jim Edwards – Jul. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-inc-has-22-billion-users-2014-7

_ Business Insider

Facebook stock rocketed upward more than 5% to nearly $75 per share this morning after its Q2 earnings report blew past analysts’ expectations Wednesday.

Facebook の株価だが、水曜日(7/23)の Q2 収支レポートでアナリストたちの予想を吹き飛ばした後に、今朝(7/24)の時点では 5% ほど急上昇し、$75 前後の値をつけている。

 UltraSlo1 / Flickr, CC

Yes, everybody
is on Facebook.

The reason everyone underestimates Facebook is that the company is putting up such massive numbers — 1.3 billion monthly active users and nearly $3 billion in quarterly revenue. It is sometimes hard to appreciate just how truly massive Facebook is.

その理由は、Facebook が持っている膨大な数字を、誰もが過小評価したところにある。つまり、1.3 billion の MAU(monthly active users)と、 $3 billion の四半期売上である。たしかに、ほんとうの意味で、どれほど Facebook の規模が大きいのかと、判断するのが難しい時もあるのだ。

In reality, Facebook is probably even bigger than you think it is. The company actually has more than 2.2 billion monthly active users (MAUs) across its flagship properties:

実際のところ、Facebook の大きさは、あなたが想像する以上になっているだろう。 同社の主力サービスを合わせてみると、全体で 2.2 billion MAU(monthly active users)に達するのだ。

  • Facebook has 1.3 billion MAUs.
  • WhatsApp has 500 million MAUs.
  • Instagram has 200 million MAUs
  • Messenger has 200 million MAUs.
  • Total users: 2.2 billion

A year ago, Facebook reported 1.1 billion users and a few dozen million on Instagram. So the total Facebook Inc. user base has roughly doubled in a year. (Of course, many of these users are overlapping their use of more than one app.) But still — it’s huge. It’s the equivalent of nearly one in three of all the human beings on Earth.

一年前のことだが、Facebook は 1.1 billion のユーザー・ベースを持ち、Instagram はa few dozen million だというレポートがあった。したがって、企業としての Facebook のユーザー・ベースは、この一年で、ほぼ倍増している。(もちろん、多くのユーザーが、上記のアプリが重複して使用している)そして、その数字は膨大なものとなる。 つまり、地球上の全人口の、ほぼ 1/3 に相当するのだ。

CEO Mark Zuckerberg and COO Sheryl Sandberg also gave us these new stats on the progress of the Facebook machine, which we gleaned from Seeking Alpha’s transcript of the call:

CEO である Mark Zuckerberg と、COO の Sheryl Sandberg は、Facebook における進化の証として、以下の新たなデータを提供してくれた。それらは、収支説明会に関する Seeking Alpha のトランスクリプトから、抽出したものでもある:

  • 12 billion messages are sent each day on Facebook
  • (For reference, there are only 7 billion humans on the planet)
  • 1.3 billion monthly active users are on Facebook
  • 1 billion search queries are made every day on Facebook
  • 1 billion people use Facebook on their phones
  • 829 million people use Facebook every day
  • 800 million people are connected to public figures on Facebook
  • 650 million people use Facebook on mobile devices every day
  • 500 million people use WhatsApp
  • 200 million people use Facebook’s Messenger app
  • 200 million people use Instagram
  • 30 million small businesses use Facebook
  • 1.5 million businesses use Facebook for paid advertising

We also learned that Americans spend 40 minutes each day on Facebook and that one of every five minutes a person spends on a mobile device is on Facebook.

また、アメリカ人を対象とした別の調査よると、そこでは 1日平均で 40分が、Facebook に費やされている。 また、モバイル・デバイスを 5分間使うとすると、そのうちの 1分が、Facebook Mobile で消費されていることが分かった。

So if it sometimes feels like everyone is on Facebook and Facebook is taking over your life … that’s because basically, it is.

Facebook について、そこに誰もがいるように感じ、また、日常の延長線上にあるように感じるなら、、、それが、あなたの人生の何かを構成している証なのだろう。

SEE ALSO:  Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High

ーーーーー

なんとなく、10億人という感覚でいましたが、こうして合計してみると、すでに二倍以上になっているのですね。 そして、昨年から今年にかけて、Instagram を AWS から自身のデータセンターへ引っ越しさせ、その運用コストを低減させ、広告プラットフォームなどを共有しているようです。この Q2 で、3000億円も売上げ、さらには 48% もの粗利を稼ぎだしている背景には、こうしたインフラの整備があるのでしょうね。 そのうち、WhatsApp も、SoftLayer から引っ越しするのでしょうか?

ーーーーー

<関連>

Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャルのシェア!
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図

 

世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Post-PC, Research, Social by Agile Cat on July 1, 2014

CHART OF THE DAY: Mobile Apps Are Dominating Media Consumption
http://wp.me/pwo1E-7D7

Dave Smith – Jun. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-mobile-apps-dominating-media-consumption-2014-6

_ Business Insider

If it wasn’t clear that media usage is shifting from desktop to mobile, here’s a nifty chart provided for us by Statista, using data from the latest comScore report released Thursday.

もし、メディアの利用に関して、デスクトップからモバイルへの移行が明らかになっていないと言うなら、Statista から提供される素敵なチャートを眺めてほしい。それは、木曜日(6/26)に comScore が発表した、最新レポートのデータを視覚化したものである。

_  space

Statista

According to comScore, this is the first time mobile apps have accounted for more than 50% of all digital media consumption. As far as content goes, mobile users tend to use radio and photo applications the most, followed by mapping and instant messaging applications, and of course, games.

comScore によると、すべてのデジタル・メディアの消費において、モバイル・アプリが 50% 以上を占めるのは、初めての事となる。 その内容を見る限り、モバイル・ユーザーが圧倒的多数を占めるのは Radio と Photo のアプリケーションであり、それに続くのが Maps と Instant Messenger のアプリであり、もちろん Game もモバイルが強い。

ーーーーー

Agile_Cat の場合は、自宅で Mac にかじりついてる、つまり、こうしてブログを書いている時間が長いので、かなり極端なデスクトップ・ユーザーということになります。 でも、この数年における外出時の行動を振り返ると・・・ まず、① デジカメで写真を撮ったことがない。② 電車に乗るときは、いつもスマホで Sky.fm を聴いている。 ③ Google Maps が無いと迷子になる。 ④ メールは嫌いなので FB Messenger に頼りきり ・・・ という具合に、このチャートの傾向に、ピッタリと一致しています。 そして、最近は、Nexus 7 + Evernote + Google 翻訳 + Windows RDP(LiveWriter)の組み合わせで、スタバでブログを作ってポストみたいなことも、日常の一部になってきました。 そんなわけで、個人的には、とても説得力のあるデータのように思えますが、みなさんは、如何でしょう?

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
PC の 伸びしろを、すべて食い尽くした Tablet : それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Yandex by Agile Cat on May 30, 2014

It’s Good To Be A Search Engine
http://wp.me/pwo1E-7wX

Jay Yarow – May 14, 2014
http://www.businessinsider.com/its-good-to-be-a-search-engine-2014-5

_ Business Insider

Here’s a look at net revenue per user for a basket of big internet sites from digital media analyst Ian Maude.

以下に示すのは、デジタル·メディア·アナリストである Ian Maude から提供された、大手インターネット・サイトにおける、1人のユーザーあたりの純収益である。

_  space

Business Insider/Statista

As you can see, it’s good to be Google! It has a magic money machine called search that drums up more money per user than anyone else. That’s why the next two biggest sites on the chart, Yandex and Baidu, are also search engines.

ここから見て取れるように、Google にとって、素晴しい状況である! このサーチという錬金マシンは、他の誰よりも、1人あたりのユーザーから、多額の売上をかき集めてくる。それに続く Yandex と Baidu も、検索エンジンであるが故に、このポジションを確保している。

This is why Microsoft tried so hard to make Bing a dominant search engine. It’s also part of the reason Facebook keeps flirting with search.

また、Microsoft が Bing により、検索エンジンのマーケットを、懸命になって支配しようとした理由も見えてくる。さらに言えば、Facebook が検索に惹かれている、理由の一部にもなっている。

ーーーーー

どこかで、同じようなデータを見たことがあると思ったら、昨年の12月に 「 Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしていました。 ただし、その時は、Google とソーシャル・メディアたちの比較でしたが、今回は Yandex と Baidu が入ったことで、別の視点からの分析が可能になっているように思えます。 そして Facebook ですが、最近は検索結果に紐付いた広告が掲載されるようになってきましたね。 いま、Agile_Cat の Facebook には、Intel の SSD の広告(Amazon)が出ていますが、これは昨夜の検索結果を反映したものです。 やはり、検索は強いのですね。

ーーーーー

<関連>

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
オンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

Twitter も Asia を目指すことになる : しかし、マネタイズは大丈夫なのか?

Posted in Asia, Research, Social, Twitter by Agile Cat on May 29, 2014

Asia to Become Twitter’s Most Important Market
http://wp.me/pwo1E-7wL

from Felix Richter , May 27th, 2014
http://www.statista.com/chart/2299/regional-breakdown-of-twitter-users/

_ Statista

As Twitter’s user growth is gradually slowing down, much of its future growth will occur in highly populated, developing regions such as Asia. eMarketer predicts the percentage of Twitter’s active users coming from the Asia-Pacific region to increase from 29% in 2012 to 40% in 2018. Conversely, users from North America are expected to account for 19% of the social network’s user base in 2018, down from 28% in 2012.

Twitter だが、そのユーザー数の伸びが徐々に鈍化するにつれて、たとえば Asia などの人口の多い途上国マーケットに、将来における成長の大半を委ねることになる。eMarketer の予測によると、Asia Pacific における Twitter アクティブ・ユーザーの割合は、2012年の 29% から、2018年には 40% に増大するという。それとは対称的に、このソーシャル・ネットワークのユーザーベースにおいて、North America のユーザー数は 2012年の 28%から、2018年には 19% にダウンすると予想されている。

_  space

 

_  space

The problem for Twitter is that it generates much more revenue per user in the U.S. than it does in the emerging economies of the Asia-Pacific region. According to Twitter’s latest earnings release, the company (which doesn’t disclose revenue per user) generated $3.47 of advertising revenue per 1,000 timeline views in the U.S.; Internationally, that number shrinks to $0.61 per 1,000 timeline views and it can be safely assumed that the number is even lower for the Asia-Pacific region. So in order to capitalize on the strong user growth in the region, Twitter will need to increase its efforts to monetize users outside of the United States and other developed markets.

Twitter における問題は、Asia Pacific などの途上国よりも U.S. の方が、ユーザーあたりの収入という面で、大きな数字を稼ぎだしている点である。Twitter の最新決算内容(ユーザーあたりの収益は開示していない)によると、同社の U.S. における 1000 Timeline ビューから、$3.47 の広告収入が得られているという。ただし、グローバルにおける 1000 Timeline ビューである、その値が $0.61 に縮小してしまう。 つまり、Asia Pacific においても、大きな収益を得ていないと容易に推測できてしまう。したがって、このような地域でユーザー数が大幅に増加するにしても、U.S. などの先進国マーケット以外でのマネタイズを、Twitter は真剣に考えなければならない。

ーーーーー

Agile_Cat も、こうして WordPress にポストしたコンテントを、Facebook と Twitter を介してプロモートしているのですが、正直な話、どのようにして Twitter は収益をあげているのかと、ちょっと心配になってきています。 Facebook Page では、たとえば 500円くらいで、とても簡単に広告を打てるのですが、Twitter のは面倒くさそうです。 一度、調べてみたことはあるのですが、途中で嫌になってしまいました。 Twitter と Facebook には、それぞれのアカウントが匿名性と実名性を重視しているという、大きな違いがあります。 それだけに、適切な広告を掲載するというときに、Twitter の方がたくさんの面倒を背負い込むはずです。しかし、広告のメカニズムを上手く作り込めれば、ユーザーと Twitter の双方に、大きな利益が生じるはずですので、ぜひ、頑張ってほしいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある:それを示す1枚のチャート
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!
Twitter と Facebook のユーザー層を比較する: 性別/年齢/収入/学歴
Facebook の IPO は狂気の世界であった : Twitter と一緒にしてはイケない

B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャルのシェアを1枚のチャートで!

Posted in Facebook, Research, Social, Twitter by Agile Cat on May 25, 2014

CHARTS: The Most Important Social Networks To B2C And B2B Marketers
http://wp.me/pwo1E-7wa

Cooper Smith – May 23, 2014
http://www.businessinsider.com/the-most-important-social-networks-to-b2c-and-b2b-marketers-2014-5

_ Business Insider

Ninety-seven percent of U.S. marketers say they use social media to market their businesses.

U.S. におけるマーケティング担当者の 97% が、彼らのビジネスを売り込むために、ソーシャル・メディアを用いると発言している。

But the social networks they prioritize vary for business-to-business (B2B) marketers, compared to business-to-consumer (B2C) marketers, according to a survey from Social Media Examiner, compiled by BI Intelligence.

しかし、BI Intelligence が編纂した Social Media Examiner によると、B2B と B2C との比較において、前者のマーケティング担当者の方が、多様なソーシャル・メディアを使用していることが分かる。

↓ クリックで拡大 ↓

BI Intelligence

  • Facebook trumps other social networks for B2C marketing. Sixty-eight percent of B2C marketers say Facebook is the most important social network. Twitter took 10% of the vote among B2C marketers.
  • LinkedIn is considered the most important social network for B2B marketing. One-third of marketers who sell to other businesses say the professional networking site is the top social network. Facebook was a close second, taking 31% of the vote, and then Twitter with 16%.
  • Facebook trumps other social networks for B2C marketing. 68% の B2C マーケティング担当者が、最も重要なソーシャル・ネットワークとして Facebook を挙げている。また、B2C マーケティング担当者の中で、Twitter を選んでいるのは 10% に過ぎない。
  • LinkedIn is considered the most important social network for B2B marketing. 他社への売り込みを行うマーケティング担当者の 33% が、プロフェッショナルのための LinkedIn を、トップのソーシャル・ネットワークだとしている。 Facebook が僅差で続き、31% のシェアを確保している。そして、三番手の Twitter は 16% となる。

BI Intelligence is a subscription research service from Business Insider. We cover the mobile, social, e-commerce, video, and payments industries. For full access too all our charts, data, and analysis — including downloadable Excel files — sign up for a free trial.

BI Intelligence は、Business Insider が提供するサブスクリプション・リサーチ・サービスである。 そして、Mobile/Social/e-Commerce/Video/Payments といった領域をカバーしている。 Free Trial に SignUp し、Chart/Data/Analysis にフル・アクセスして欲しい。そこには、DL が可能な Excel フィアルも含まれる

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat のやっていることを、B2C と B2B に無理やり切り分けると、こうしてブログをポストし、Facebook Page と Twitter で告知するまでが B2C 的になるのでしょう。 そして、お客さんとの情報交換に使っている、Facebook Groupe が B2B 的なのでしょう、きっと :) まぁ、どちらのケースでも、Facebook を重宝しているわけですが、あらためて自分の仕事とソーシャルの関係を眺めてみると、メールに依存していたころと比べて、ものすごく効率が改善されたと感じます。 みなさんは、如何でしょう?  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2013年 のチャート:ビジュアルな Facebook ページで参照できます!
快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある:それを示す1枚のチャート
Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:しかし、WeChat も WhatsApp も強敵だ!

Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Mobile, Research, Social by Agile Cat on May 21, 2014

YouTube, Facebook Account for Nearly a Third of Mobile Traffic
http://wp.me/pwo1E-7vK

By Dennis Green – May 15, 2014
http://mashable.com/2014/05/14/youtube-facebook-mobile-traffic/

_ Mashable

Facebook and YouTube are now dominating mobile traffic shares in early 2014, as more people shift to a mobile device to upload photos to social networks and watch cat videos.

2014年に入ってからというもの、Facebook と YouTube が、モバイル・トラフィックにおけるシェアを支配している。それは、より多くの人々がモバイル・デバイスにシフトし、写真をアップロードし、また、ネコのビデオを楽しんでいることの結果でもある。

Image: Mashable
Will Fenstermaker

Facebook and YouTube now account for 32% of data sent to and from mobile devices, according to a report by Sandvine. Individually, Facebook’s share was 26.9% for upstream traffic and had a 14% share for downstream traffic during peak periods in North America through the beginning of this year, while YouTube only had 3.7% share for upstream traffic, but a 17.6% share for downstream.

Sandvine のレポートによると、現状における Facebook と YouTube は、モバイル・デバイスで送受信されるデータの 32% を占めている。North America におけるトラフィックを、2014年に入ってからというピーク期間において、もう少し詳細に眺めてみると、Facebook は UpStream の 26.9% と、DownStream の 14% を占有している。その一方で、YouTube の UpStream は 3.7% に過ぎないが、DownStream は 17.6% に達している。

_  space

_  space

With Facebook’s high upstream traffic, it seems users are uploading photos and videos from mobile devices more than ever before on the social network. YouTube’s downstream traffic share is essentially unchanged from the Sandvine’s number from last year, 17.7%.

Facebook における大量の UpStream トラフィックだが、このソーシャル・ネットワークのユーザーたちが、これまで以上の写真やビデオを、モバイル・デバイスからアップロードするようになった結果だと思われる。そして、YouTube の DownStream だが、Sandvine による昨年の調査結果である 17.7% から、大きな変化は生じていない。

The following chart, created by Statista, lists the top 10 web services ranked by mobile traffic share. The full report can be seen on Sandvine’s website.

このチャートは、Statista により作成されたものである、モバイル・トラフィック Top-10 Web サービスのシェアを示している。また、フル・レポートに関しては、Sandvine の Wen サイト で参照できる。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also: Why Cartoonists Are Flooding YouTube, Risks and All

ーーーーー

TAG indexそれにしても、Facebook と Youtube のトラフィックは強烈ですね。 もう、3年も前になりますが、「 Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間 」という抄訳をポストしたことがあります。このときは、モバイルではなく、PC を前提とした調査だったと思いますが、この 2つのサービスに、それぞれのユーザーが膨大な時間を費やしているという、調査の結果が紹介されていました。 それが、ほぼ、同じかたちで、モバイルへと移行していることが、この 2つの調査から見て取れます。 つまり、一定の領域という制約が付きますが、モバイルが PC の完全な後継者であることが、証明されているのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/4月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
iCloud と Siri が、iPhone 4S のトラフィックを倍増させている?
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

LINE の収益が倍増している:どこに成長の秘密があるのか?

Posted in Asia, Line, Research, Social by Agile Cat on May 13, 2014

Japanese Messaging Company Line Posts $143 Million In Revenue, Up 123% Year-Over-Year
http://wp.me/pwo1E-7up

Jay Yarow – May 8, 2014
http://www.businessinsider.com/line-messaging-app-revenue-2014-5

_ Business Insider

Japanese messaging company LINE posted impressive revenue and user numbers.

日本のメッセージング会社である LINE が、その収益とユーザー数に関して、とても素晴らしい数字をポストした。

In a release it says revenue from the core LINE operations was 14.6 billion yen, or $143 million. It also says it has 420 million users now.

そのリリースは、コアとなる営業収益が 146億円であると、つまり $143 Million であると伝えている。 また、ユーザー数は、現時点で 420 Million だとしている。

For comparison, WhatsApp, which Facebook valued at $19 billion, has 500 million active monthly users. There is no disclosed revenue for WhatsApp, but analysts at Sterne Agee estimated it at $20 million.

比較のために、Facebook が $19 Billion で買収した WhatsApp と比べてみると、月次のアクティブ・ユーザー数に関しては、500 Million を有する WhatsApp が上を行っている。また、WhatsApp は売上を公表していないが、Sterne Agree のアナリストたちは、$ 20 Million と推定している。

How does LINE make money? Here’s an explanation from its release:

では、どのようにして LINE は、キャッシュを稼いでいるのだろうか? ここに、同社のリリースからの説明同社のリリースからの説明を添付する:

The game business has seen its own success. Popular titles like LINE Pokopang remained strong and new titles released in 2014 like LINE Cookie Run, LINE Rangers, and LINE Disney Tsum Tsum turned out to be great hits, leading to increases in both player numbers and sales. Existing games have also grown to support more languages, including Thai and Traditional Chinese, further contributing to foreign player numbers and sales. Support for more languages will be added based on local characteristics in the future.

当社のゲーム・ビジネスは、独自の成功を見せている。 LINE Pokopang といった人気タイトルは順調に推移し、2014年に新たにリリースされた、LINE Cookie Run/LINE Rangers/LINE Disney Tsum Tsum などが大ヒットとなり、プレイヤー数とセールスの両面を押し上げることになった。既存のゲームにおいても、Thai や Traditional Chinese などの言語をサポートすることで、プレイヤー数とセールス成長させることになった。これからも、ローカルの特製に合わせて、より多くの言語をサポートしていく。

The sticker business further expanded its earnings this quarter by partnering with popular cartoon characters and well-known illustrators and designers from around the world to provide highly localized sticker sets tailored to the tastes of individual markets. This was especially effective in Italy and France, where stickers starring popular local characters contributed to an increase in LINE users in the regions. The Sticker Shop currently contains stickers featuring over 500 famous characters with plans for further expansion in the future.

ステッカー・ビジネスに関しては、人気漫画のキャラクターの採用や、世界で活躍するイラストレーターやデザイナーとの提携により、それぞれのマーケットに徹底的に特化したステッカー·セットを提供することで、この四半期も大幅に収益を向上させている。 とりわけ、Italy と France において、ローカルな人気キャラクターを取り扱うことで、それぞれのリージョンにおける LINE ユーザーを増やすという大きな効果が生じた。現在のステッカー・ショップには、500種類もの有名キャラクター・ステッカーが並んでいるが、将来においては、さらに拡大していく計画となっている。

The advertising business saw an increase in the number of companies using its official account and sponsored stickers features in countries across the globe. The use of LINE Must-Buy stickers, a feature that allows users who purchase a certain product to download a special set of stickers, also increased this quarter. LINE Free Coins expanded to a total of eight countries and regions*2, and the incentive service is making significant strides to further establish its presence as a marketing platform.

広告ビジネスに関しては、オフィシャル・アカウントおよびスポンサー・ステッカーの機能を活用する企業が、グローバルにおいて増大している。LINE Must-Buy ステッカーの使用によりユーザーは、ステッカーのスペシャル・セットをダウンロードするための、特定プロダクトを購入できるようになるが、それも、この四半期で増大している。LINE Free Coins は、マーケティング・プラットフォームとして、8カ国と 2つのリージョンに広まり、そのインセンティブ・サービスの確固たるプレゼンスを確立している。

ーーーーー

_ Lineアクティブ・ユーザー数では WhatsApp を追いかけている LINE ですが、収益性という切り口では、どうやら世界で一番儲かっている、メッセージング・アプリとしてのポジションを固めたようです。そして、ゲームとステッカーと広告という収益の三本柱が、上手く機能することで、素晴しい業績を達成しているようですね。 このアジアは、世界で最大の人口を抱える、世界で最もタフな市場とも言えるでしょう。 そこで素晴しい成果を上げ、休む間もなく世界を転戦する LINE に拍手です。image

ーーーーー

<関連>

Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:しかし、WeChat も WhatsApp も強敵だ!
WhatsApp/Skype/Line は、どのように世界を住み分けているのか?
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
Line のユーザー数が、ワールド・ワイドで1億6千万人を超えた – from Indonesia

Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Posted in Amazon, Businesses, Social, Twitter by Agile Cat on May 6, 2014

Twitter, Amazon team up for in-app purchasing
http://wp.me/pwo1E-7t5

AFP/Lionel Bonaventure – May 4, 2014
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/twitter-amazon-team-up/1095760.html

_Channel News Asia

WASHINGTON: Amazon rolled out a new feature on Monday allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

この月曜日から、Amazon が展開する新しい機能により、そのメッセージング・プラットフォームを離れることなく、このオンライン・リテール・サイトで、Twitter ユーザーは購入アイテムを選択できるようになる。

The new feature called #AmazonCart allows people to link their Twitter and Amazon accounts for in-app purchases.

この新しい機能は、#AmazonCart と呼ばれるものであり、ユーザーの Amazon と Twitter のアカウントを連携させ、アプリ内購入を実現していく。

Internet retail titan Amazon has rolled out a new feature allowing Twitter users to select items for purchase on the online retail site without leaving the messaging platform.

"We know that discovering products and services on Twitter is a natural, and we always look for ways to make that easier for users," said Twitter spokesman Will Stickney in a statement. "That’s why we built this capability through our relationship with Amazon."

「 私たちは、Twitter 上でプロダクトサービスを探すことが、とても自然であると認識している。 そして、ユーザーにとって、それが容易になる方式を、常に探し求めている。そこに、Amazon との連携を通じて、この機能を構築してきた理由がある」と、Twitter のスポークスマンである Will Stickney はステートメントで述べている。

Terms of the deal were not announced. Amazon made the announcement in a tweet, calling it "an exciting new way to add Amazon products to your cart, without leaving Twitter."

この提携について、詳細は明らかにされていない。 しかし Amazon は自身ののツイートで、「 Twitter を離れることなく、Amazon のプロダクトを、あなたのカートに取り込む、新しくてエキサイティングな方式」だとアナウンスしている。

Amazon spokeswoman Julie Law, in a statement, explained the process: "It’s simple. When a customer discovers a tweet from their favourite artist, expert, brand, or friend with an Amazon.com product link, they simply add ‘#AmazonCart’ to their reply on Twitter and the product is added to their Amazon.com Shopping Cart,” she said. "Customers who have not connected their Twitter and Amazon.com accounts will receive a reply tweet asking them to connect their accounts to enable the new feature."

Amazon のスポークスマンである Julie Law は、ユーザーが行うべき手続きについて、「 それは、シンプルなものだ。Twitter 上で、Amazon.com のプロダクト・リンクを含んだ、自分の好きなアーティストや、信頼できるスペシャリスト、ブランド、トモダチからのツイートを発見したとき、’#AmazonCart’ を書き加えてリプライするだけで済む。そうすれば、彼らの Amazon.com Shopping Cart に、対象となるプロダクトが追加される」と説明している。 そして、もし、Twitter と Amazon.com のアカウントを接続していない顧客であれば、この新しい機能を有効にするに、それらのアカウントに接続するかどうかを、確認するための返信ツイートを受け取ることになる」と付け加えている。

The Amazon website explains the process, showing how Twitter users can select items, and then later go to the Amazon site for payment. The service is available for customers of Amazon in the United States and in Britain, where it is called #AmazonBasket.

Amazon の Web サイトには、ユーザーが Twitter 上でアイテムを選択した後に、Amazon でペイメントを行うまでの流れが説明されている。このサービスは、#AmazonBasket と呼ばれるものであり、United States と Britain の Amazon ユーザーのみに提供されている。

Some reports pointed out a potential privacy issue: that because tweets are mostly public, the Amazon purchases would likely be visible on Twitter.

なお、いくつかのレポートが、プライバシーに関する潜在的な問題を指摘している。 つまり、ツイートは、ほとんどパブリックなものなので、Amazon での購入が Twitter 上で可視化されるだろうというものだ。

ーーーーー

image商品を販売して、利益を出すために生まれた Amazon と、人気はあるのだけど、なかなか上手にマネタイズできない Twitter の、あっと驚くコラボレーションが始まるようです。 それなりの、エコシステムになっていくでしょうし、Twitter がクラックされた場合の被害も、買う気のない商品で Cart が埋め尽くされる、というレベルで留まるはずなので、これは良い感じです。IPO はしたものの、鳴かず飛ばずが続いていた Twitter ですが、2014年 Q1 は予想以上の利益とか。 そこに、Amazon とのコラボを付け加え、なんとか頑張って欲しい Twitter です。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Kindle Fire Phone のイメージがリークされた:Amazon スマホ の発売が近いのか?
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

%d bloggers like this: