Agile Cat — in the cloud

Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威となり得るのか?

Posted in Businesses, Facebook, Social by Agile Cat on August 21, 2014

Facebook may make its ads shoppable: Meet the ‘Buy’ button
http://wp.me/pwo1E-7LY
July 17, 2014 – Kia Kokalitcheva
http://venturebeat.com/2014/07/17/facebook-may-make-its-ads-shoppable-meet-the-buy-button/

_ VB

Facebook is toying with the idea of becoming a meta-marketplace with a new “Buy” button for purchasing real, physical goods without ever leaving the site.

Facebook が漠然と考えているのは、新たに導入する BUY ボタンにより、そのサイトを離れることなく、リアルな商品の購入を実現するという、マーケット・プレイスの変革である。

After experimenting with “Autofill” in the last several months, Facebook is now letting you use those credit cards you keep on file on Facebook to actually purchase stuff without even leaving the site or app, just by clicking a button, according to a TechCrunch report.

Facebook は、この数ヶ月間で Autofill を実験した後に、そのサイト上にファイルとして保存するクレジット・カード情報を用いて、現実の商品を購入するよう促している。ただし、そのアクションは BUY ボタンをクリックするだけで完了し、また、サイトやアプリを離れる必要はないと、TechCrunch がレポートしている

Image Credit
Screen shot

Autofill lets Facebook users keep their credit card info on file in their Facebook profiles, then easily populate checkout fields with one click when shopping from merchants with Autofill integration. The idea is to use your Facebook login as your one-click checkout.

その Autofill 機能により、Facebook ユーザーたちは、自身の Facebook プロファイル内に、クレジットカード情報を保持することができる。 そして、Autofill とインテグレートされたショップから買い物をする際には、BUY ボタンをワン・クリックするだけで、それらの情報がチェック・アウト・フィールドへ取り込まれることになる。基本的なアイデアは、このワン・クリック決済のために、あなた自身の Facebook ログインを使用する点にある。

“The idea is that if we have your card credentials on file, we can prepopulate your info ahead of a purchase,” said Facebook head of retail and e-commerce Nicolas Franchet during a small press roundtable in March.

「 このアイデアは、そのファイルを介して Facebook に、あなたのカード信任が委ねられているなら、対象となる商品の購入に先立ち、一連の情報を自動的に入力できる点にある」と、3月に開催されたプレス向け座談会で、Head of Retail and e-Commerce である Nicolas Franchet が語っていた。

“[Right now] you click on the add, you go to Sephora.com you then have to enter your info – eventually you’d want to not have to do that,” he said.

「 現時点では、Add をクリックして Sephora.com へ移動した上で、一連の情報を入力する必要がある。 つまり、最終的には、このようなプロセスを取らなくても良いようにしたいのだ 」と、彼は発言していた。

Autofill was created to solve that problem and now the new button is taking it one step further, taking even more steps and friction away. Franchet hinted back then that this is where Autofill was headed as removing as much friction as possible, along with great ad targeting, is every advertiser’s dream.

Autofill は、この問題を解決するために開発されたものであり、いまでは、新たな BUY ボタンから利用することで、何段階かのステップと煩雑さを取り除くことになった。Franchet は、こうした背景を述べた後に、Autofill により煩雑さを取り除き、そこに素晴らしいターゲティング広告を組み込むことは、すべての広告主の夢であると示唆している。

On the advertier and merchant side, the new button will likely mean higher conversion rates from their ads on Facebook. The idea of a one-click or equally quick shopping experience is something Twitter and Amazon, for example, have also been working on. The two companies recently teamed up to let Amazon customers shop with a simple tweet, and a “Buy Now” button surfaced on Twitter a couple weeks ago, as well.

広告と販売を展開する側から見ると、この新しいボタンにより、Facebook 上の広告からの、高い収益率が予測されるだろう。ワン・クリックやクイック・ショッピングという発想は、たとえば Twitter と Amazon の提携にも見られるエクスペリエンスである。最近のことだが、Amazon のユーザーが、Twitter 上の簡単なツイートで、買い物を完了できるよう、この両社は協業を開始している。 そして、何週間か前には、Twitter 上に BUY NOW ボダンも登場している。

This could potentially affect ad rates, making them more valuable, although the ability of these special ads converting to sales will also depend on how well targeted they are, something any advertising platform is always working on.

それにより、広告の価値が高まれば、広告料金にも影響が生じるだろう。しかし、広告から販売へとつなげていく能力は、そのターゲティングの出来栄えに依存する。それこそが、あらゆる広告プラットフォームが、常に取り組んでいる課題でもある。

And while Facebook isn’t currently charging the few merchants it’s testing the new button with, it isn’t taking it off the table. Affiliate programs are an old and solid business program, so why wouldn’t Facebook roll that out.

現時点において、Facebook 上には少数のショップがあるが、この新しいボタンがテストされている間は、課金も行われていない。 つまり、ビジネスは、まだ始まっていないのだ。 アフィリエイトのプログラムは、従来からの実績のあるビジネス・プログラムであるが、それを Facebook が展開しない理由も、そこにあるのだろう。

Back in January, Facebook announced that it would be rolling out new advertising options, including a “Shop Now” button, which is likely the first iteration of the new button.

話は1月に戻るが、Facebook は、新しい広告オプションを展開すると発表していた。そこには SHOP NOW というボタンが取り込まれていたが、その最初のイテレーションが、BUY なのだろう。

ーーーーー

これはアリですね。 ユーザーを引きつけておく時間が長いソーシャル・メディアが、新しいコマースの形態を作り出していくというのは、充分にあり得るシナリオだと思います。 その中でも、以下の <関連> にあるように、圧倒的なパワーを持つ Facebook に BUY ボタンが付くなら、買い物における新たなスタイルとなる可能性が高いですね。  どんなものが売れるのかなぁと、ちょっと想像してみましたが、たとえばサプリメントなどの、繰り返して購入する確率の高いものなどが考えられます。 また、ロケーション・ターゲティングを活用することで、宅配ピザなどを効率よく販売することも可能です。 早く、日本でも使えるようになると、面白いですね!

ーーーーー

<関連>

モバイル Facebook が 他のソーシャルを圧倒 : それを示す1枚のチャート
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
Facebook ユーザーの 47% は、このソーシャルから News を得ている
ソーシャルからの参照数は Facebook がブッチギリで、PI と TW が追う
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

Snapchat の凄まじい人気が、Twitter を追い抜いてしまった:それを示す1枚のチャート

Posted in Research, SnapChat, Social by Agile Cat on August 13, 2014

Snapchat Is Exploding In Popularity — It’s Even Hotter Than Twitter
http://wp.me/pwo1E-7KL

Dave Smith – Aug. 11, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-snapchat-is-hotter-than-twitter-2014-8#ixzz3ACJ5vhRV

_ Business Insider

For the longest time, the three most dominant social networks were Facebook, Twitter, and LinkedIn. But now, after the company turned down a $3 billion acquisition bid in November and talks of a $10 billion valuation earlier this year, there’s no app hotter than Snapchat right now.

ソーシャル・ネットワークの世界では、Facebook/Twitter/LinkedIn の三者による支配が、長年に渡り続いてきた。しかし、いまでは、昨年の11月に $3 billion の買収話を蹴り、今年に入ってからは $10 billion の価値があると主張する、Snapchat 以上にホットなアプリは無さそうだ。

_  space

Statista

There’s data to prove it: According to the latest data from ComScore, which was charted for us by Statista, Facebook and Facebook-owned Instagram are the most popular social platforms among users 18-34, but Snapchat is right behind those networks — and actually ahead of Twitter. It’s quite the incredible jump when you consider Snapchat’s audience penetration has almost doubled in nine months’ time, as the company’s audience was only 12.1% in November.

それを証明する、データがある。ComScore の最新データを、Statista がチャートにしてくれたのだ。それによると、Facebook と、その子会社である Instagram が、18歳〜34歳というユーザー層で、最も人気のあるソーシャル・プラットフォームになる。しかし、その背後には Snapchat がいて、実際のところ、Twitter より人気があるのだ。昨年の 11月の時点で、Snapchat ユーザーは 12.1% に過ぎなかった。 つまり、9ヶ月の間に、2倍近い新規ユーザーを獲得するという、信じられないジャンプ・アップを達成しているのだ。

ーーーーー

12.1% というと、Pinterest と Vine の間ですから、もの凄い勢いですね! しかも、年齢層が 18歳〜34歳ですから、ティーン・エイジャーだけの人気というわけでも無さそうです。 文中にもあるように、Facebook は Snapchat に振られた後に、WhatsApp を買収したわけですが、メッセージ・アプリだから、ここには出てこないのでしょうかね? それは、Line や WeChat に関しても言えることで、ソーシャルもメッセージもごった煮の、無差別級ワールドワイド選手権をやって欲しいですよね :) 

ーーーーー

<関連>

Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Snapchat には $100 Billion の価値がある:Marc Andreessen
15歳は言う : イケてるのは Snapchat と Instagramで、ダサい FB や TW はゴメンだわ!
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャルのシェアを1枚のチャートで!
各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など

Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた

Posted in Social, Twitter, Weekend by Agile Cat on August 10, 2014

Twitter’s First Logo Cost Less Than $20
http://wp.me/pwo1E-7Kf

Jillian D’Onfro – August 9, 2014
http://www.businessinsider.com/first-twitter-logo-cost-less-than-20-2014-8

_ Business Insider

Twitter’s logo wasn’t always the plump, happy blue bird that we’re all used to today.

Twitter の昔のロゴは、私たちが見慣れている、ふっくらとした、幸せなそうな青い鳥だったわけではない。

Twitter’s current logo

After Twitter launched in 2006, the team bought its first logo for about $15.

Twitter が 2006年に立ち上がった後に、そのチームは約 $15 の対価で、最初のロゴを購入している。

It was a design by Simon Oxley, a British graphic designer living in Japan, who had submitted it to the stock photography website, iStock, according to The New York Times. At the time, Oxley had never heard of Twitter.

The New York Times によると、Simon Oxley という、日本に住むイギリス人のグラフィック・デザイナーがデザインし、ストック・フォト・サイトの iStock にサブミットされていたものだという。 当時の Oxley は、Twitter のことなんて、聞いたこともなかったようだ。

Here’s a screenshot of the site from back in 2007:

以下のスクリーン・ショットは、2007年当時の Twitter サイトを示している:

_  space

The Way Back Machine

Twitter eventually abandoned the design in 2009, because companies aren’t supposed to use iStock images as their official logos.

しかし Twitter は、このデザインを、2009年に放棄することになった。 なぜなら、iStock のイメージは、企業のオフィシャル・ロゴとして、使用できない取り決めになっていたからである。

The company didn’t settle on its current design until 2012, when it rebranded to something a little more sophisticated. Having the bird look up brought some subtle optimism to the brand:

そして、Twitter のロゴが、現在のものに落ち着いたのは、洗練されたブランドが確立された 2012年となる。言い換えれば、鳥をあしらったデザインが、このブランドに対して、何らかの楽観主義をもたらしたのかもしれない。

Oxley still sells a design that’s very similar to the original on iStock, though now it’s only $11:

Oxley の方だが、オリジナルと非常に似たデザインを、いまも iStock で販売している。 その値段は、$11 である:

_  space

iStock Photo

ーーーーー

そういえば、こんなデザインでしたね。 Agile_Cat が Twitter を始めたのは、たしか 2008年だったと思います。 その頃のモバイル・デバイスは、Nokia の e71 という QWERTY キーボードが付いたもので、OS はというと Symbian でした。 CPU は 400MHz くらいのシングル・コアで、メモリも 100M くらいだったと記憶しています。 そして、Gravity というアプリから、Twitter を愛用していました。 とても懐かしいです :) 

ーーーーー

<関連>

FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数でも競い合う スター・プレイヤーたち
Twitter も Asia を目指すことになる : しかし、マネタイズは大丈夫なのか?
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!
Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!

Posted in Facebook, Research, Social, WhatsApp by Agile Cat on July 27, 2014

‘Facebook Inc.’ Actually Has 2.2 Billion Users Now — Roughly One Third Of The Entire Population Of Earth
http://wp.me/pwo1E-7Hz

Jim Edwards – Jul. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-inc-has-22-billion-users-2014-7

_ Business Insider

Facebook stock rocketed upward more than 5% to nearly $75 per share this morning after its Q2 earnings report blew past analysts’ expectations Wednesday.

Facebook の株価だが、水曜日(7/23)の Q2 収支レポートでアナリストたちの予想を吹き飛ばした後に、今朝(7/24)の時点では 5% ほど急上昇し、$75 前後の値をつけている。

 UltraSlo1 / Flickr, CC

Yes, everybody
is on Facebook.

The reason everyone underestimates Facebook is that the company is putting up such massive numbers — 1.3 billion monthly active users and nearly $3 billion in quarterly revenue. It is sometimes hard to appreciate just how truly massive Facebook is.

その理由は、Facebook が持っている膨大な数字を、誰もが過小評価したところにある。つまり、1.3 billion の MAU(monthly active users)と、 $3 billion の四半期売上である。たしかに、ほんとうの意味で、どれほど Facebook の規模が大きいのかと、判断するのが難しい時もあるのだ。

In reality, Facebook is probably even bigger than you think it is. The company actually has more than 2.2 billion monthly active users (MAUs) across its flagship properties:

実際のところ、Facebook の大きさは、あなたが想像する以上になっているだろう。 同社の主力サービスを合わせてみると、全体で 2.2 billion MAU(monthly active users)に達するのだ。

  • Facebook has 1.3 billion MAUs.
  • WhatsApp has 500 million MAUs.
  • Instagram has 200 million MAUs
  • Messenger has 200 million MAUs.
  • Total users: 2.2 billion

A year ago, Facebook reported 1.1 billion users and a few dozen million on Instagram. So the total Facebook Inc. user base has roughly doubled in a year. (Of course, many of these users are overlapping their use of more than one app.) But still — it’s huge. It’s the equivalent of nearly one in three of all the human beings on Earth.

一年前のことだが、Facebook は 1.1 billion のユーザー・ベースを持ち、Instagram はa few dozen million だというレポートがあった。したがって、企業としての Facebook のユーザー・ベースは、この一年で、ほぼ倍増している。(もちろん、多くのユーザーが、上記のアプリが重複して使用している)そして、その数字は膨大なものとなる。 つまり、地球上の全人口の、ほぼ 1/3 に相当するのだ。

CEO Mark Zuckerberg and COO Sheryl Sandberg also gave us these new stats on the progress of the Facebook machine, which we gleaned from Seeking Alpha’s transcript of the call:

CEO である Mark Zuckerberg と、COO の Sheryl Sandberg は、Facebook における進化の証として、以下の新たなデータを提供してくれた。それらは、収支説明会に関する Seeking Alpha のトランスクリプトから、抽出したものでもある:

  • 12 billion messages are sent each day on Facebook
  • (For reference, there are only 7 billion humans on the planet)
  • 1.3 billion monthly active users are on Facebook
  • 1 billion search queries are made every day on Facebook
  • 1 billion people use Facebook on their phones
  • 829 million people use Facebook every day
  • 800 million people are connected to public figures on Facebook
  • 650 million people use Facebook on mobile devices every day
  • 500 million people use WhatsApp
  • 200 million people use Facebook’s Messenger app
  • 200 million people use Instagram
  • 30 million small businesses use Facebook
  • 1.5 million businesses use Facebook for paid advertising

We also learned that Americans spend 40 minutes each day on Facebook and that one of every five minutes a person spends on a mobile device is on Facebook.

また、アメリカ人を対象とした別の調査よると、そこでは 1日平均で 40分が、Facebook に費やされている。 また、モバイル・デバイスを 5分間使うとすると、そのうちの 1分が、Facebook Mobile で消費されていることが分かった。

So if it sometimes feels like everyone is on Facebook and Facebook is taking over your life … that’s because basically, it is.

Facebook について、そこに誰もがいるように感じ、また、日常の延長線上にあるように感じるなら、、、それが、あなたの人生の何かを構成している証なのだろう。

SEE ALSO:  Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High

ーーーーー

なんとなく、10億人という感覚でいましたが、こうして合計してみると、すでに二倍以上になっているのですね。 そして、昨年から今年にかけて、Instagram を AWS から自身のデータセンターへ引っ越しさせ、その運用コストを低減させ、広告プラットフォームなどを共有しているようです。この Q2 で、3000億円も売上げ、さらには 48% もの粗利を稼ぎだしている背景には、こうしたインフラの整備があるのでしょうね。 そのうち、WhatsApp も、SoftLayer から引っ越しするのでしょうか?

ーーーーー

<関連>

Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャルのシェア!
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図

 

世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Post-PC, Research, Social by Agile Cat on July 1, 2014

CHART OF THE DAY: Mobile Apps Are Dominating Media Consumption
http://wp.me/pwo1E-7D7

Dave Smith – Jun. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-mobile-apps-dominating-media-consumption-2014-6

_ Business Insider

If it wasn’t clear that media usage is shifting from desktop to mobile, here’s a nifty chart provided for us by Statista, using data from the latest comScore report released Thursday.

もし、メディアの利用に関して、デスクトップからモバイルへの移行が明らかになっていないと言うなら、Statista から提供される素敵なチャートを眺めてほしい。それは、木曜日(6/26)に comScore が発表した、最新レポートのデータを視覚化したものである。

_  space

Statista

According to comScore, this is the first time mobile apps have accounted for more than 50% of all digital media consumption. As far as content goes, mobile users tend to use radio and photo applications the most, followed by mapping and instant messaging applications, and of course, games.

comScore によると、すべてのデジタル・メディアの消費において、モバイル・アプリが 50% 以上を占めるのは、初めての事となる。 その内容を見る限り、モバイル・ユーザーが圧倒的多数を占めるのは Radio と Photo のアプリケーションであり、それに続くのが Maps と Instant Messenger のアプリであり、もちろん Game もモバイルが強い。

ーーーーー

Agile_Cat の場合は、自宅で Mac にかじりついてる、つまり、こうしてブログを書いている時間が長いので、かなり極端なデスクトップ・ユーザーということになります。 でも、この数年における外出時の行動を振り返ると・・・ まず、① デジカメで写真を撮ったことがない。② 電車に乗るときは、いつもスマホで Sky.fm を聴いている。 ③ Google Maps が無いと迷子になる。 ④ メールは嫌いなので FB Messenger に頼りきり ・・・ という具合に、このチャートの傾向に、ピッタリと一致しています。 そして、最近は、Nexus 7 + Evernote + Google 翻訳 + Windows RDP(LiveWriter)の組み合わせで、スタバでブログを作ってポストみたいなことも、日常の一部になってきました。 そんなわけで、個人的には、とても説得力のあるデータのように思えますが、みなさんは、如何でしょう?

ーーーーー

<関連>

これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
PC の 伸びしろを、すべて食い尽くした Tablet : それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Yandex by Agile Cat on May 30, 2014

It’s Good To Be A Search Engine
http://wp.me/pwo1E-7wX

Jay Yarow – May 14, 2014
http://www.businessinsider.com/its-good-to-be-a-search-engine-2014-5

_ Business Insider

Here’s a look at net revenue per user for a basket of big internet sites from digital media analyst Ian Maude.

以下に示すのは、デジタル·メディア·アナリストである Ian Maude から提供された、大手インターネット・サイトにおける、1人のユーザーあたりの純収益である。

_  space

Business Insider/Statista

As you can see, it’s good to be Google! It has a magic money machine called search that drums up more money per user than anyone else. That’s why the next two biggest sites on the chart, Yandex and Baidu, are also search engines.

ここから見て取れるように、Google にとって、素晴しい状況である! このサーチという錬金マシンは、他の誰よりも、1人あたりのユーザーから、多額の売上をかき集めてくる。それに続く Yandex と Baidu も、検索エンジンであるが故に、このポジションを確保している。

This is why Microsoft tried so hard to make Bing a dominant search engine. It’s also part of the reason Facebook keeps flirting with search.

また、Microsoft が Bing により、検索エンジンのマーケットを、懸命になって支配しようとした理由も見えてくる。さらに言えば、Facebook が検索に惹かれている、理由の一部にもなっている。

ーーーーー

どこかで、同じようなデータを見たことがあると思ったら、昨年の12月に 「 Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしていました。 ただし、その時は、Google とソーシャル・メディアたちの比較でしたが、今回は Yandex と Baidu が入ったことで、別の視点からの分析が可能になっているように思えます。 そして Facebook ですが、最近は検索結果に紐付いた広告が掲載されるようになってきましたね。 いま、Agile_Cat の Facebook には、Intel の SSD の広告(Amazon)が出ていますが、これは昨夜の検索結果を反映したものです。 やはり、検索は強いのですね。

ーーーーー

<関連>

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
オンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

Twitter も Asia を目指すことになる : しかし、マネタイズは大丈夫なのか?

Posted in Asia, Research, Social, Twitter by Agile Cat on May 29, 2014

Asia to Become Twitter’s Most Important Market
http://wp.me/pwo1E-7wL

from Felix Richter , May 27th, 2014
http://www.statista.com/chart/2299/regional-breakdown-of-twitter-users/

_ Statista

As Twitter’s user growth is gradually slowing down, much of its future growth will occur in highly populated, developing regions such as Asia. eMarketer predicts the percentage of Twitter’s active users coming from the Asia-Pacific region to increase from 29% in 2012 to 40% in 2018. Conversely, users from North America are expected to account for 19% of the social network’s user base in 2018, down from 28% in 2012.

Twitter だが、そのユーザー数の伸びが徐々に鈍化するにつれて、たとえば Asia などの人口の多い途上国マーケットに、将来における成長の大半を委ねることになる。eMarketer の予測によると、Asia Pacific における Twitter アクティブ・ユーザーの割合は、2012年の 29% から、2018年には 40% に増大するという。それとは対称的に、このソーシャル・ネットワークのユーザーベースにおいて、North America のユーザー数は 2012年の 28%から、2018年には 19% にダウンすると予想されている。

_  space

 

_  space

The problem for Twitter is that it generates much more revenue per user in the U.S. than it does in the emerging economies of the Asia-Pacific region. According to Twitter’s latest earnings release, the company (which doesn’t disclose revenue per user) generated $3.47 of advertising revenue per 1,000 timeline views in the U.S.; Internationally, that number shrinks to $0.61 per 1,000 timeline views and it can be safely assumed that the number is even lower for the Asia-Pacific region. So in order to capitalize on the strong user growth in the region, Twitter will need to increase its efforts to monetize users outside of the United States and other developed markets.

Twitter における問題は、Asia Pacific などの途上国よりも U.S. の方が、ユーザーあたりの収入という面で、大きな数字を稼ぎだしている点である。Twitter の最新決算内容(ユーザーあたりの収益は開示していない)によると、同社の U.S. における 1000 Timeline ビューから、$3.47 の広告収入が得られているという。ただし、グローバルにおける 1000 Timeline ビューである、その値が $0.61 に縮小してしまう。 つまり、Asia Pacific においても、大きな収益を得ていないと容易に推測できてしまう。したがって、このような地域でユーザー数が大幅に増加するにしても、U.S. などの先進国マーケット以外でのマネタイズを、Twitter は真剣に考えなければならない。

ーーーーー

Agile_Cat も、こうして WordPress にポストしたコンテントを、Facebook と Twitter を介してプロモートしているのですが、正直な話、どのようにして Twitter は収益をあげているのかと、ちょっと心配になってきています。 Facebook Page では、たとえば 500円くらいで、とても簡単に広告を打てるのですが、Twitter のは面倒くさそうです。 一度、調べてみたことはあるのですが、途中で嫌になってしまいました。 Twitter と Facebook には、それぞれのアカウントが匿名性と実名性を重視しているという、大きな違いがあります。 それだけに、適切な広告を掲載するというときに、Twitter の方がたくさんの面倒を背負い込むはずです。しかし、広告のメカニズムを上手く作り込めれば、ユーザーと Twitter の双方に、大きな利益が生じるはずですので、ぜひ、頑張ってほしいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある:それを示す1枚のチャート
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!
ソーシャルと、若ものと、ショッピング : FB と TW を Instagram が追撃する!
Twitter と Facebook のユーザー層を比較する: 性別/年齢/収入/学歴
Facebook の IPO は狂気の世界であった : Twitter と一緒にしてはイケない

%d bloggers like this: