Agile Cat — in the cloud

Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:しかし、WeChat も WhatsApp も強敵だ!

Posted in Asia, Line, Social by Agile Cat on March 29, 2014

Line now has 390 million users with Japan and Thailand as top countries
http://wp.me/pwo1E-7mc

March 27, 2014 – Saiyai Sakawee
http://www.techinasia.com/line-390-million-users-japan-thailand-top-countries/

_ tech in asia

Today, along with the opening of a new Bangkok office, the makers of Line messaging app revealed its latest user numbers – 390 million registered users worldwide.

今日(3/27)、Bangkok オフィスを開設した メッセージング・アプリの Line が、ワールドワイドにおける直近の登録ユーザー数を発表した。 その数たるや、なんと 3.9億人だ!

Last August Line had 230 million registered users. Seven months on and that number has grown by almost 70 percent. However, Line still refuses to disclose how many active users it has, which is a much more useful metric. WeChat has 355 million active users right now, while WhatsApp has 465 million.

昨年 8月の時点で、Line は 2.3 億人の登録ユーザーを有していた。それから 7ヶ月の間に、その人数は 約70% も成長しているのだ。 しかし Line は、それよりも遥かに有用な尺度である、アクティブ・ユーザー数の開示を拒んでいる。 WeChat に関しては、現時点で 3.55億人のアクティブ・ユーザーがいる。その一方で、WhatsApp は 4.65億人となる。

The top countries for Line are Japan with 50 million users, followed by Thailand with 24 million. Japan had 47 million users back in August of last year, while Thailand had 22 million in January.

Line のユーザー数を国別に見ていくと、1位は Japan の 5000万人であり、2位の Thailand が 2400万人で続いている。 昨年 8月時点の、Japan のユーザー数は 4700万人であり、今年 1月時点の、Thailand のユーザー数は 2200万人であった

According to Japan-based Line Corp, the growth in Thailand was due to four main factors: its partnerships with local companies, features and services localized in the Thai language, providing more local content, and opening a Thailand office with local employees.

Japan ベースの Line Corp によると、Thailand での成長には、4つの要因があるという。具体的には、1. 地元企業とのパートナーシップ、2. サービスの Thai 語ローカライズ、3. ローカル・コンテントの拡充、Thailand オフィスの開設と地元従業員の採用、、、となる、

Jin-woo Lee, country director of Line Thailand, commented today:

Line Thailand の Country Director である Jin-woo Lee は、以下のコメントを提供している:

We have come here to show Thai users that we are committed to the Thai market and we will do our best to meet all users’ needs. We also aim to have 500 million users worldwide by the end of 2014.

私たちは Thai マーケットにコミットし、また、すべてのユーザー・ニーズを満たすために最善を尽くす。 それを、Thai のユーザーに示すために、このオフィスを開設した。 そした、私たちは 2014年末までに、ワールドワイドで 5億人のユーザーを得ることを目指していく。

Editing by Steven Millward

ーーーーー

_ Lineイケイケの Line ですね! WeChat や WhatsApp と比較すると、マネタイズでは確固たるものを持ち、ユーザー数では少し後れを取っているというのが、いまの Line のポジションだと思えます。WeChat が、中国からワールドワイド市場を狙い、WhatsApp もインドなどで実績を出しています。 もちろん、我らが Line も東南アジアで素晴らしい展開を見せてくれています。 その他にも、アメリカには Facebook を袖にした SnapChat がいますし、古参の Skype もいます。 そして、韓国には KaKao Talk がいます。 まさに、戦国時代のソーシャル・メッセージングですが、ここから誰が抜け出してくるのでしょうか? 興味シンシンですね! image

ーーーーー

<関連>

LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?
WhatsApp:買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
WhatsApp や Skype や Line は、どのように世界を住み分けているのか?

2013年 のチャート:ビジュアルな Facebook ページで参照できます!

Posted in Mobile, Research, Social by Agile Cat on March 23, 2014

これからは、もう少しコマ目にマトメを作るつもりです・・・
http://wp.me/pwo1E-7lr

Agile_Cat_Loupe

以前にも、お話したことがあったと思いますが、Agile_Cat の生業は、月次で提供するレポートなのです。 そして、そのレポートの素材はというと、このプログにポストされる一連の翻訳コンテントなのです。 たとえば、先月は「Android の知財をめぐる訴訟の顛末」のマトメで、また、先々月は「Open IX の動向」のマトメでというふうに、テーマを定めて 30ページ前後のレポートを作成します。

したがって、場合によっては 3年くらい前のコンテントを利用することもあり、目的のコンテントを効率よく探せるようにと、自分なりに工夫をしています。 そのひとつが、以下にご紹介する Facebook を用いたチャートのマトメであり、四半期ごとに 1つのアルバムを作るようにしています。 そして、WordPress の右ペインにバナーを付けて、いつでも簡単に参照できるようにしています。

マトメのマトメみたいなものになりますが、よろしければ、皆さんにも使って頂きたいと思い、このコンテントを作成しました。 期間は、2013年の Q1〜Q4 であり、それなりの枚数のチャートを含むものとなっています。 そして、個々のチャートに付けられた URL をクリックすれば、WordPress の本文へとジャンプする仕掛けになっています。

ーーーーー

↓ クリックで Facebook ページヘ ↓

2013 – Q1

_  space
2013 – Q2

_  space

2013 – Q3

_  space

2013 – Q4

_  space
ーーーーー
TAG indexチャートという視覚化の産物は、なかなか強烈なイメージを植え付けてくれるので、かなり前のものでも、その内容を覚えているものが多々あります。 そして、それぞれのコンテントは、その時々の動向を数値化していますので、簡単に過去を振り返ることが可能です。 ・・・ というわけで、なにかの お役にたてば幸いです。__AC Stamp 2
ーーーーー
<関連>
Agile_Cat Tumblr 2014/1月

Agile_Cat Tumblr 2014/2月

Agile_Cat Tumblr 2014/3月

Agile_Cat Tumblr アーカイブ

Tagged with: , , ,

Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?

Posted in Events, Google, SnapChat, Social, Web Scale by Agile Cat on March 15, 2014

Snapchat CTO and co-founder Bobby Murphy to appear at Google Cloud Platform Live on March 25
http://wp.me/pwo1E-7jG

Posted: Tuesday, March 4, 2014
http://googlecloudplatform.blogspot.jp/2014/03/snapchat-cto-and-co-founder-bobby.html

Bobby Murphy, CTO and co-founder of Snapchat, will be joining Google Senior Vice President Urs Hölzle on stage during the keynote of Google Cloud Platform Live. Bobby will be sharing his experience building one of the world’s most popular apps on Google Cloud Platform.

Snapchat の CTO and  Co-Founder である Bobby Murphy だが、Google Cloud Platform Live でキーノートを務める Senior VP Urs Hölzle のステージに登壇するようだ。 そして、Bobby は、この世界で大人気のアプリを Google Cloud Platform で、構築したときのエクスペリエンスを共有することになる。

Snapchat’s users share over 400 million snaps everyday.

なんせ、Snapchat のユーザーたちは、400 million 以上のスナップを、毎日のように飛ばし合っているのだ。

Google Cloud Platform Live is taking place 3 weeks from today. Bobby will be joining a great line up of other speakers, including Google Senior Fellow Jeff Dean. We’ll announce new features, take a deep dive on tips, tricks and technology, and share our vision for the future of cloud computing.

Google Cloud Platform Live は、3週間後に開催される。そして Bobby は、Google の Senior Fellow である Jeff Dean といった、素晴らしいスピーカーたちによるラインナップに参加する。私たちは、そこで提供される新しい機能や、ティップス、テクノロジーを追いかけ、また、このクラウド・コンピューティングにおける未来のビジョンを共有していく。

We are nearly at capacity in all our locations, but for people who are still interested in attending you can request an invitation to join us in-person in San Francisco or attend a livestream of the keynote at Google New York City, Google Seattle or Google London. And for those who can’t make it in person, you can always tune in online.

すべてのロケーションにおいて、私たちのキャパシティは満杯に近いが、参加したいのなら San Francisco にリクエストして欲しい。 また、 Google New York City および、Google SeattleGoogle London でも、ライブ・ストリームが提供される。それも無理な人は、オンラインで参加することも可能だ。

ーーーーー

imageSnapchat が Google Cloud Platform というのは意外ですが、ウルトラ・ハイパー・スケールを狙っている同社が、このようなスター・プレイヤーを誘致したとしても、それは、それで、ナルホドと思える話です。 Nameservers を調べてみたら GoDaddy なのですが、システムの本体は Google にあるということなのでしょうか? ついでに、Whatsapp も調べたら、Nameservers は SoftLayer になっていました。 なんか、ワクワクする展開ですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
GCE が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
GCE の登場で、どのような影響が IssS 業界に?
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2

わっつ WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Posted in Facebook, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 28, 2014

Facebook’s $19 billion WhatsApp bet explained in two simple charts
http://wp.me/pwo1E-7gr

By John McDuling – February 20, 2014
http://qz.com/179154/facebook-whatsapp-bet-explained-in-two-simple-charts/

Quartz

Facebook’s astonishing $19 billion splurge on WhatsApp is the biggest acquisition of a venture-capital-backed company ever, and the largest internet deal since Time Warner merged with AOL in 2001 (and that didn’t turn out well).

Facebook が WhatsApp に注ぎ込んだ、$19 Billion という驚異的な散財は、ベンチャー・キャピタルに支援される企業の範囲で括ると、これまでにおける最大の買収となる。そして、インターネット企業の買収という視点では、2001年に行われた、AOL による Time Warner の合併以来のものとなる(その結果は失敗であった)。

But there looks to be a method to Mark Zuckerberg’s madness. So called “over-the-top” messaging services (where text messages are sent using data rather than carriers’ SMS systems) are surging in popularity, thanks mainly to WhatsApp. According to Analysys Mason, a wireless research firm, such apps are now used by more than half of all smartphone users globally, with WhatsApp dominating the market with a 45% share of its market.

クリックで拡大 ⇒

しかし、Mark Zuckerberg の狂気にも、勝算があるように思えてくる。いわゆる、Over The Top のメッセージング・サービスが (このテキスト・メッセージは、キャリアの SMS システムではなく、データ用いて送受信される)、主として WhatsApp のおかげで、急激に人気を集め始めているのだ。 ワイヤレス調査会社である Analysys Mason によると、現時点におけるワールドワイド・マーケットにおいて、このようなアプリが、半数以上のスマホ・ユーザーに使用されており、そのうちの 45% のシェアを、WhatsApp が押さえていることになる。 

The number of mobile messages sent over the internet rather than SMS surpassed 10 trillion last year. And the volume is expected to double again this year, reaching nearly 37.8 trillion messages by 2018 (labeled in the chart below as “OTT IP messaging.”)

SMS ではなく、インターネットを介して送信されたモバイル・メッセージの数は、昨年の時点で 10兆を超えている。そして、その数は今年も倍増し、2018年までには、約 37.8兆に達すると予想されている。(このチャートでは、OTT IP messaging とラベル付けされている)

クリックで拡大 ⇒

Not only is WhatsApp the undisputed leader in this area, with a base of 450 million users, its users are generally younger than Facebook’s, Analysys Mason says. (Internet companies are always looking for ways to attract young adults, in the hope that they remain loyal users over time.)

この分野で、4.5 億人ユーザー・ベースを持つ WhatsApp は、誰もが認めるリーダーというだけではなく、Facebook と比べて若いユーザー層で構成されていると、Analysys Mason は述べている。( 一般的に見て、インターネット企業は、若年層を引き込むための方式を模索しているが、その理由は、彼らが成長するにつれて、ロイヤリティを発揮してくれると期待しているからだ)

Facebook has already identified mobile as a central driver of its growth going forward. The WhatsApp deal is a logical way to try to turbocharge that.

すでに Facebook は、その成長を牽引するものとして、モバイルに中心的な役割を期待している。 そして、WhatsAppとの契約は、その考え方を、さらに加速させていく上で、論理的な手法となる。

ーーーーー

_ WhatsAppOver The Top(OTT)メッセージング・サービスというのは、なかなか上手い表現ですね。そして、昨年の SMS が 6兆メッセージだったのに対して、WhatsApp/Line/Skype などの連合軍は 10兆メッセージも生成しているようです。さらに、2018年には、OTT は 37.8兆メッセージを生成するという、凄まじい予測値が提供されています。 昨日ですが、Softbank による Line の株式取得はあり得ないというコメントが、Line 側から発信されていましたが、アジア(中国と韓国を除く)を制覇しかかっている Line が、強気な理由も、この辺りにあるのだと推測できます。 ・・・ というわけで、連載<わっつ WhatsApp>も、今日で終了です。 この、超弩級買収劇により、いろいろなことが分かって良かったです :) __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

わっつ WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる

Posted in Facebook, Line, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 27, 2014

WhatsApp, Texting Apps Will Drain $33 Billion From Telecoms This Year
http://wp.me/pwo1E-7g2

By Todd Wasserman – Feb 21, 2014
http://mashable.com/2014/02/21/whatsapp-texting-telecoms/

_ Mashable

Facebook sees WhatsApp as the future of communication. Telecoms view it another way: as a menace that is extracting revenues.

Facebook は WhatsApp を、未来のコミュニケーション手段として見ている。しかし、テレコムたちの視点は異なる。 つまり、収益を吸い上げていく脅威として、それを見ている。

Telecoms have typically charged users for texting plans, especially outside the United States. WhatsApp or one of its many competitors, including Line, WeChat, Apple’s iMessage and BlackBerry’s BBM, will deprive the carriers of such revenues to the tune of $32.5 billion this year, according to researcher Ovum. By 2016, Ovum predicts that figure will jump to $54 billion.

テレコムたちは、とりわけアメリカ国外で、テキスト・メッセージのプランをユーザーに提供し、そこに課金するのが一般である。Ovum のリサーチャーによると、その一方で、WhatsApp および、そのコンペティタである Line/WeChat/Apple IMessage/BlackBerry BBM などが、今年は $32.5 Billion に相当する売上を、キャリアたちから奪っていくとされる。そして Ovum は、この数字が 2016年までに、$54 Billion まで跳ね上がると予測している。

Image: Mashable
Will Fenstermaker

U.S. carriers often throw in unlimited texting with their data plans. Abroad, it’s a different story. Since carriers charge for texting, adoption of such work-around apps has risen dramatically. For wireless telecoms, it’s a repeat of the growth of Skype in the 2000s, another workaround that deflated revenues charged for international calls.

多くの場合、アメリカのキャリアは、それらのデータ・プランに無制限のテキスト・メッセージを付けている。しかし海外では、それは別の話となる。つまり、キャリアたちがテキスト・メッセージに課金しているため、それらのバイパス・アプリの利用が、劇的に上昇しているのである。ワイヤレス・テレコムたちにとっては、2000年代に国際電話の収益を圧縮させた、Skype の成長の再来である。

Texting has been a lucrative sideline for telecoms. It costs little to provide the service, so the revenues are almost all profit. Analysts estimate global annual revenues for texting reach $100 billion.

テキスト・メッセージはテレコムたちにとって、利益の得られるサイド・ビジネスとなっている。 そして、このサービスを提供するためのコストは小さく、その売上の大半が利益となる。アナリストたちは、テキスト・メッセージに関するグローバルでの年間売上が、$100 Billion に達すると推定している。

Roger Entner, an analyst with Recon Analytics, noted that 2012 was the first year that carrier-based messaging declined in the U.S. Entner attributed that largely to Apple’s iMessage, which provided free messaging to other iPhones, cutting out the phone companies. Entner says U.S. telecoms were smart to start bundling messaging into their service plans, thus hiding the charges. "They were concerned they’d get disintermediated, so they bundled and it worked," he says.

Recon Analytics に所属する Roger Entner は、アメリカにおけるキャリア・ベースのメッセージングが、2012年から減少し始めていると、指摘している。 そして、Entner は、iPhone 上で無料のメッセージングを提供する Apple の IMessage が、キャリアの収益を切り崩す最大の要因だったとしている。アメリカのキャリアたちは、そのサービス・プランにメッセージングを最初からバンドリングするという、つまり、費用を隠してしまうというスマートな対応をしていたと、Entner は述べている。「 彼らは、中抜きされてしまうことを心配していたので、それらをバンドルし、そのまま機能するようにした」と、彼は言う。

The one factor working in the telecoms’ favor is the closed nature of such apps. To send a text via WhatsApp, the recipient must also have the app. This hasn’t stopped WhatsApp from attracting some 430 million users, but it has also attracted competitors. With so many apps on the market, some consumers might conclude that it’s easier to stick with their telecom, even if it’s a bit more expensive.

そして、テレコムたちにとって、有利に働いていた要因として、このようなアプリの閉鎖性が挙げられる。つまり、WhatsApp 経由でテキストを送信するには、このアプリを、相手となる受信者が持っている必要がある。しかし、4.3億人のユーザーを集めてしまった WhatsApp を、それで止めることは、もはや不可能だ。 そして、さらに、他のコンペティタたちが群がる状況を作り出している。マーケットで提供される多様なアプリを使用すれば、一定のコンシューマたちは、それが少し高価だとしても、テレコムに縛られるよりも面倒がないと結論づけるだろう。

See also: Steve Case on 10 Lessons We Can Learn From WhatsApp

ーーーーー

_ WhatsAppテキスト・メッセージのグローバル年間売上が、$100 Billion に達するというのは、ちょっとした驚きですね。 大まかなところで、Microsoft の年商くらい有るのでしょうか? そして、その 1/3 を、WhatsApp/Line/iMessage/BBM などが奪い取っているという構図なのですね。 Softbank が Line を買収したいらしいですが、奪い取られる側から、奪い取り側に乗り換えられるなら、それは、そうしたいですよね。 そして、メールの利用頻度が、コンシューマだけではなく、エンタープライズでも、どんどんと減っていくのでしょうね。 先日に、Facebook がメール・サービスを廃止するというニュースが流れていましたが、そういう時代になってきた証なのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

わっつ WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?

Posted in Facebook, Line, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 26, 2014

This Map Shows The Countries Where WhatsApp Is Used The Most
http://wp.me/pwo1E-7fv

Ryan Bushey – Feb. 20, 2014
http://www.businessinsider.com/whatsapp-chart-global-market-app-annie-2014-2

_ Business Insider

Yesterday, Facebook confirmed it bought messaging app WhatsApp for $19 billion. The app is used by 450 million people who talk with anyone all over the world free of charge. Once you download the app, it’s free to use for one year before you have to pay $0.99 for each additional year.

昨日(2/19)のことだが、Facebook が $19 Billion を投じて、メッセージング・アプリである WhatsApp を買収したことが確認された。この、4.5億人の人々が利用するアプリは無料であり、誰とでも国境を超えて話すことができる。なお、このアプリをダウンロードしてから、1年間は無料で使用できるが、継続して利用していく場合には、$0.99/年という対価が発生する。

This map from App Annie, a marketing and analytics platform for apps, was part of a report explaining 2013′s biggest app trends. It compiled data based on revenue from the Apple App Store and Google Play Store and showed the top five messaging apps used in each country.

各種アプリのマーケティングやプラットフォームの分析に用いられる、この App Annie から提供されるマップは、2013年におけるアプリのマクロ的な動向を説明する、レポートの一部を構成するものである。具体的に言うと、Apple App Store および Google Play における売上データに基づいて編纂され、それぞれの国々で利用されている、メッセージング·アプリの Top-5 を示している。

App Annie

One of the big reason’s behind Facebook’s huge investment in WhatsApp is that it wants to gain a foothold in other countries where Facebook messaging isn’t very popular, especially in South America, Europe, and Africa.

Facebook が WhatsApp に対して、巨額の投資を行う大きな理由の 1つには、Facebook のメッセージング・アプリが人気を得ることが難しい国々で、なんらかの足掛かりを得ようとしているところがある。とりわけ、南アメリカや、ヨーロッパ、アフリカのマーケットを、好転させなければならない。

However, Asia is a bit of an issue for WhatsApp: apps like LINE, WeChat, and KakaoTalk are already immensely popular there and provide many of the same services Facebook does.

しかし、アジアのマーケットでは、WhatsApp だといっても、いくつかの問題が残されている。つまり、LINE/WeChat/Kakao Talk という、きわめて人気の高いアプリが存在し、Facebook のようなサービスを、すでに数多く提供しているのだ。

While Facebook wants to obtain global domination over messaging, WhatsApp still faces a big threat from Skype. Microsoft’s voice communication platform is used by 300 million people, is very popular in the U.S. and Europe but the recent infusion of cash from Facebook could propel the app to the top.

Facebook の望みは、メッセージングにおけるグローバルな覇権を得ることだが、WhatsApp においても、依然として Skype という大きな脅威と対峙する状況にある。この、Microsoft のボイス・プラットフォームは 3億人に使用され、また、アメリカとびヨーロッパで、とても人気を博している。しかし、Facebook からのキャッシュが、このような形で注入されてことにより、このアプリを Top に押し上げることが、現実性を帯びてきたと言えるだろう。

ーーーーー

_ WhatsAppこのマップを左から見ていくと、アメリカ大陸とヨーロッパは、Skype と WahtsApp がせめぎ合っていて、アジアに目を移すと、中国の WeChat、韓国の Kakao Talk、オーストラリアの Skype を除いて、その他の国々では Line が強いという感じですね。 そして、東南アジアは、インターネット人口が爆発的に増大している地域の1つであり、そこに Softbank が興味をもっているわけです。その理由ですが、明日の「今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も出し抜かれしまう」を、お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

わっつ WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?

Posted in Facebook, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 24, 2014

Will WhatsApp Reach 1 Billion Users Faster Than Facebook Did?
http://wp.me/pwo1E-7f2

By Kurt Wagner – Feb 19, 2014
http://mashable.com/2014/02/19/whatsapp-reach-one-billion-users/

_ Mashable

It appears that the billion-user club is about to get a new member. Facebook announced the acquisition of messaging app WhatsApp on Wednesday, a deal worth up to $19 billion in cash and stock that puts serious muscle behind Facebook’s international reach.

10億ユーザー・クラブは、新たなメンバーを迎え入れようとしている。 この水曜日に、メッセージング・アプリの WhatsApp を、現金と株式を合わせて $19 Billion で、Facebook が買収するという発表があったが、それにより Facebook の国際展開は、その背後に豪腕を隠すことになる。

In a call with investors to outline the acquisition, Facebook CEO Mark Zuckerberg and WhatsApp CEO Jan Koum hinted multiple times that they expect WhatsApp to become a billion-user platform, a milestone that Facebook eclipsed less than 18 months ago.

今回の買収について、その概要を説明する投資家向けカンファレンス・コールにおいて、Facebook の CEO である Mark Zuckerberg と、WhatsApp の CEO Jan Koum は、WhatsApp が 10億ユーザー・プラットフォームになること、そして、このマイルストーンを 18ヶ月以内に達成することで、Facebook の存在感を薄くするくらいの成長を期待していると、何度も示唆していた。

At WhatsApp’s current growth rate, it could reach one billion users by August of 2015.

Image: Flickr
James Cridland

"WhatsApp is the only widely used app we’ve ever seen that has more engagement and a higher percent of people using it daily than Facebook itself," Zuckerberg said on the acquisition call Wednesday, noting that WhatsApp has doubled in size over the past year. "Based on our experience of building global services with strong growth and engagement, we believe WhatsApp is on a path to reach over one billion people in the next few years."

「 より以上のエンゲージメント力を持ち、より多くの人々が毎日使うという観点で、Facebook を超えるほどユーザーに支持されるアプリは、この WhatsApp を除いて、他に何もない。強固な成長とエンゲージメントを持つ、グローバルなサービスを構築してきた経験に基づき、これからの数年のうちに、10億ユーザーを超えていく道筋が、WhatsApp には備わっていると、私たちは信じている」と、水曜日のカンファレンス・コールで Zuckerberg は発言している。そして、この1年で、WhatsApp が、2倍の成長を遂げていることも指摘している。

WhatsApp has already over 450 million monthly active users (320 of which are daily active users), and the company claims it is adding more than one million new users per day. For comparison purposes, Twitter added nine million new users in the entire Q4 2013; Facebook did better, adding 40 million in the same three month period, but growth is slower for a company with a billion-plus users already under its belt.

すでに WhatsApp は、4.5億人以上の Monthly アクティブ・ユーザーを有し(Daily アクティブ・ユーザーは、その内の 3.2億人)、1日あたり 100万人以上が、新規ユーザーとして登録し続けていると、同社は主張している。Twitter と比較すると、同社は 2013年 Q4 を通じて、900万人の新規ユーザーを追加している。Facebook の場合は、もう少し良く、同じ期間で 4000万人の新規ユーザーとなる。しかし、すでに 10億以上のユーザーを持ってしまうと、その成長は遅くなる。

Facebook reached one billion in October 2012, roughly eight and a half years after launch. Could WhatsApp hit one billion even faster? Assuming the company continues to add one million users per day, then yes. Much faster, actually.

Facebook は、その立ち上がりから、約8年半をかけて、2012年10月に 10億ユーザーに達した。 WhatsApp は、それを上回ることが可能なのだろうか?同社が、100万人/日のペースで、ユーザー数を追加し続けていくなら、はるかに速く、そのラインに到達する。

WhatsApp is on pace to reach one billion users in August of 2015, approximately a year and a half after being acquired by Facebook. At that time, WhatsApp will be a little more than 6 years old, achieving the billion user milestone more than two years faster than Facebook did.

このペースで WhatsApp が駆け抜けるなら、2015年 8月に、10億ユーザーに届くことになる。 それは、Facebook に買収された後の、つまり、いまから一年半後となる。その時点で、WhatsApp は 6歳を過ぎたところであり、Facebook のマイルストーンを 2年以上も上回ることになる。

Of course, WhatsApp’s trajectory is likely to change over time. Just like other consumer services like Facebook and Twitter, growth may slow as the user base gets larger and new users are harder to find.

もちろん、WhatsApp の軌跡は、時間が経つにつれて変化していくだろう。Facebook や Twitter といったコンシューマ・サービスにおいて、そのユーザー・ベースが大きくなったときに、新規ユーザーを見つけ出すことが難しくなったように、その成長が鈍るという可能性は否定できない。

Regardless of the timing, Zuckerberg seems poised to own two separate billion-user brands in the near future, and he’s understandably excited.

しかし、その時期には関係なく、近い将来に 2つの 10億ブランドを所有する構えの Zuckerberg は、当然のごとく興奮している。

"Services in the world that have a billion people using them are incredibly valuable," he said.

「 この世界において、10億人以上の人々に使ってもらえる、複数のサービスを持つことは、とても素晴らしいことだ」と、彼は言っている。

For $19 billion, we’d certainly hope so.

$19 Billion も出したのだから、たしかに、そうなって欲しいと思う。

ーーーーー

_ WhatsApp今回の買収が発表されたとき、WhatsApp の成長曲線を示すチャートが、いくつかのサイトに掲載されていましたが、明らかに Facebook や Twitter よりも、素早く駆け上がっている様子が示されていました。それにしても、100万人(日)以上のペースで、新規ユーザーが増えているというのはスゴイ話であり、その大半が、1年後には $1 を支払うことになるなら、素晴らしい収益性も担保されていることになります。そして、論点はというと、その収益性と、$19 Billion という買収価格が、はたしてつり合うのかどうか、、、という辺りになるのでしょうね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

わっつ WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる

Posted in .Selected, Facebook, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 23, 2014

Facebook Buying WhatsApp for $19 Billion: Yup, It’s a Deal of Historic Proportions
http://wp.me/pwo1E-7eP
Remember when $1 billion seemed like a lot of money for a hot app?
By Harry McCrackenFeb. 19, 2014
http://techland.time.com/2014/02/19/facebook-buying-whatsapp/

_ Time Tech

Facebook is buying WhatsApp, the wildly popular communications app for smartphones that has 450 million users a month. The price it’s paying is $19 billion: $12 billion in Facebook stock, $4 billion in cash and $3 billion in restricted stock units. Even in an era of stunning prices for hot startups, that’s a stunner. (Was it really less than two years ago that the $1 billion Facebook paid for Instagram sounded like an epic price?)

Facebook が買収する WhatsApp とは、450 Million/月というユーザー数を持つ、大人気のコミュニケーション・スマホ・アプリのことである。この買収における対価は、総額で $19 Billion であるが、その内訳は、Facebook の株式で $12 Billionと、キャッシュで $12 Billion、そして、制限付きの株式で $3 Billion というものである。たとえ、ホットなスタートアップが魅力的な資金を手にする時代とはいえ、この買収額は、大きな衝撃をもたらしている。(実際のところ、2年ほど前に Facebook が Instagram に支払った $1 Billion は、叙情詩のような響きを持っていなかったか?)

This is by far the biggest tech-related deal since AOL agreed to buy Time Warner in 2000 for $160 billion — a deal that was far more epic, but which involved venerable, highly profitable assets such as TV networks, movie studios, cable-TV systems and (*cough cough*) magazines rather than one really popular app.

それ以上の叙情詩としては、2000年の AOL による Time Warner の買収があり、$160 Billion という、はるかに規模の大きなハイテク関連の取引が行われている。しかし、その契約には、TV ネットワークや、映画スタジオ、CATV システム、そして、単なるアプリより由緒のある雑誌(笑)といった、収益性の高い資産が含まれていた。

WhatsApp was formed in 2009 and is profitable, even though it spurns advertising: After the first year, it charges users a service fee of 99 cents a year. It’s already been disrupting the test-messaging business, historically a cash cow for wireless carriers. But what Facebook is buying is the potential WhatsApp  has to grow even further, until it matches or exceeds Facebook’s own scale and impact. (Facebook says it’s going to leave WhatsApp’s brand and management alone, much as it’s done with Instagram.)

2009年に設立された WhatsApp は、広告を拒否しているにもかかわらず、高い収益性を確保している。 つまり、最初の年から同サービスは、ユーザーに対して 99セント/年のサービス料を請求していたのだ。ワイヤレス・キャリアの歴史において、ドル箱であったテスト·メッセージングの事業は、すでに崩壊の途にあるのだ。そして、Facebook が買ったものは、自身の規模や影響力を同じレベルまで、あるいは、それ以上のレベルまで成長していく、WhatsApp のポテンシャルなのだ。(Facebook は、Instagram の場合と同様に、WhatsApp のブランドやマネージメントについても、その独立性を約束すると発言している)

If you try to compare this acquisition with other big acquisitions of tech startups, you quickly realize that in terms of scale, there really is no comparison. Here’s an incomplete list of other deals north of $1 billion made over the past 15 years, mostly involving the purchasing of a startup superstar by a large, well-established tech company.  None of them reach the total of $19 billion that WhatsApp is getting, and the one that comes closest — HP’s acquisition of EDS — involved an acquisition of a company that was making around $22 billion a year in revenue.

ハイテク・スタートアップにおける他の大型買収と、今回の件を比較するなら、そのスケールという観点で、比類の無いものであることが、直ちに認識できる。以下のチャートは完全なものとは言えないが、充分な実績と規模を持ったハイテク企業による、$1 Billion 以上の買収劇を、過去 15年に渡って比較するものであり、その中には、スーパースター・スタートアップの買収も含まれる。WhatsApp が得た $19 Billion というキャッシュに、肩を並べるものは何処にもいないが、最も近いものとなると、HP による EDS の買収が挙げられる。 ただし、その当時の EDS は、年間で $22 Billion という売上を得ていたのだ。

Just scanning this list is sobering: While there are some acquisitions in there that look like steals in retrospect (such as YouTube), it’s possible that the majority were lousy ideas, at least at the price paid. (In some instances that was even pretty obvious when the deal was done.) In this case, Facebook owning WhatsApp makes a world of sense. Just as important, so does Facebook preventing some other big Silicon Valley company from snapping it up. So the big question involves that doozy of a price tag — and it may be years before we know for sure whether it was a sound investment.

ただ、ありのままでに、このリストを眺めるのみだ。振り返ってみると、いくつかのクールに進められた買収があったが(YouTube など)、その大多数は、支払った対価に対して、アイデアが付いて行かなかったという可能性がある。(いくつかのケースでは、取引が締結された段階で、それが明白だった事例もある)今回の、Facebook による WhatsApp の所有は、感覚の世界の出来事になる。そして、まさに重要なのは、Silicon Valley における、いくつかの大手企業が、WhatsApp を拾い上げることを阻止したところにある。したがって、この途轍もいない買収額は、大きな論点を含んでいる。 そして、それが健全な投資なのかどうかを知るまでには、数年を要するだろう。

ーーーーー

_ WhatsApp今週は、<わっつ WhatsApp> という名前で、久々の連載をやってみます。 たしかに、WhatsApp はスゴイ勢いで成長していますが、1兆 9000億円 に相当する買収額というのが、どれほど図抜けたものなのかを、このポストで確認してもらえればと思っています。そして、次回ですが、これだけ出したからには、さっさと 10億ユーザーに、Facebook としては到達して欲しいはずですが、その時期を推測するという、ポストの予定です。 お楽しみに〜〜〜 __AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか?
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

%d bloggers like this: