Agile Cat — in the cloud

Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Instagram, Research, Social, WhatsApp by agilecat.cloud on January 29, 2016
Facebook’s Impressive Mobile Line-Up
Felix Richter – Jan 28, 2016
http://www.statista.com/chart/2183/facebooks-mobile-users/
 
_ Statista
 
When Facebook filed for its initial public offering in early 2012, the company named the ongoing transition to mobile as one of the biggest risks to its future success. If the transition to mobile was indeed the biggest challenge in Mark Zuckerberg’s young career as CEO of a billion-dollar company, he managed it admirably well.
 
2012年の初めに、Facebook が株式公開を申請したとき、成功を達成するための最大のリスクとして、モバイルへ向けた継続的な移行があると指摘していた。 この Billion-Dollar カンパニーの若き CEO である Mark Zuckerberg にとって、そのモバイルへの移行が、実際に最大の課題だったとしたら、見事な仕事ぶりだったと評価できる。
 
facebooks_mobile_usersClick to Large >>>
 
This chart shows mobile monthly active users of services owned by Facebook. 
 
Not only does Facebook generate most of its revenue on mobile devices, the company also owns three of the most popular apps in the world. First there’s Facebook, which had more than 1.4 billion mobile users in the fourth quarter of 2015. Than there’s Instagram, which has more than 400 million users and is immensely popular with tech-savvy Millennials. And finally, there’s Facebook’s most expensive acquisition: WhatsApp, which is quickly closing in on one billion users.
 
Facebook は、その収益の大半をモバイル・デバイスから得ているだけではなく、世界で最も人気のある、3つのモバイル・アプリを手にしている。まず、Facebook であるが、2015年 Q4 の時点で、同社は 14億人を超えるモバイル・ユーザーを獲得している。続いて、Instagram は 4億人のモバイル・ユーザーを得ているが、その大半が、テクノロジーに精通した若い世代である。そして、Facebook にとって最も高価な買物であった WhatsApp は、すでに 10億人のモバイル・ユーザーに迫っているという状況にある。
 
With a mobile line-up like this, Facebook appears to be in a position that all but guarantees sustained success in the mobile landscape.
 
Facebook は、このモバイル・ラインアップにより、モバイルの世界における持続的な成功が、ほぼ保証されたポジションに到達したと思われる。
 
ーーーーー
FB_mobile_usersfacebookこの三社におけるモバイル・ユーザーの合計ですが、2014年は 21.9億人で、2015年は 27.2億人となります。 そして、成長率は 24% になりますが、この膨大なユーザー数のレベルで、それを達成していることに呆れてしまいますよね :) さらに、Facebook Messenger を別に数えると、ここに 8億人が追加されるようです。(このチャートは、Sheryl Sandberg のブログからのもので、デスクトップを加えた Facebook の MAU が 15.9 億人となっています:クリックで拡大) そして、Facebook 単体での 2015年 Q4 の売上ですが、なんと $5.85 billion に至り、前年比で 52% のアップだそうです。この勢いで 2016年 を突っ走るとしたら、年商で $30 billion に達するはずです。 それにしても、スゴイ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
2015 Facebook: 人々の日常を包み込む、このソーシャル・ジャイアントの一年を振り返る
 

Comments Off on Facebook と Instagram と WhatsApp を足すと、モバイル・ユーザー数が 27億人を超えている!

WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Social, Strategy, WhatsApp by agilecat.cloud on January 21, 2016
The CEO of WhatsApp explained why it killed its subscription fee
Max Slater-Robins – Jan. 18, 2016
http://www.businessinsider.com/whatsapp-ceo-jan-koum-on-the-future-2016-1
 
_ Business Insider
 
WhatsApp CEO Jan Koum has explained in an interview with Wired why the company killed its $0.99-a-year subscription option.
 
WhatsApp の CEO である Jan Koum は、同社における $0.99 の年間サブスクリプションを廃止すること、および、その理由について、Wired とのインタビューで説明している
 
“We’ve done really well in the consumer space,” he said. “But there is whole other aspect of communication as you go through your day: You want to communicate with businesses.”
 
彼は、「私たちは、コンシューマの空間で、ほんとうに良くやってきた。しかし、あなた自身の一日を考えてもらうと、コニュニケーションに他の側面があると、理解できるだろう。 それが、企業とのコミュニケーションだ」と説明している。
 
WhatsApp LogoFlickr
Tecnomovida Caracas
 
By removing the subscription, WhatsApp is accessible to a massive number of new users, especially in emerging markets, such as India and Brazil.
 
この、サブスクリプションの廃止により、WhatsApp は途上国マーケットにおいて、とりわけ India や Burazil において、膨大な新規ユーザーにアクセスできるようになる。
 
“For people in India or Brazil, it’s very hard for them to pay,” said Koum. “They don’t necessary have credit cards or the infrastructure to make payments.”
 
彼は、「India や Brazil の人々にとって、支払いの手続きが、きわめて困難なのだ。つまり、それらの国々では、クレジット・カードや、そのためにインフラが普及していないのだ」と述べている。
 
Businesses will want to reach the maximum amount of people which is why Facebook, with its 1.2 billion monthly users, makes so much money from advertising.
 
しかし、それらの数多くの人々に、さまざまな企業がアクセスしていくことになる。たとえば、Facebook が、1.2 billion の MAU (monthly active users) を抱えているのも、広告から膨大な収益をあげられるからという、理由に裏付けられている。
 
Koum rejected the traditional advertising model in a company blog post, but the kind of reach WhatsApp has is valuable to businesses.
 
Koum は、同社のブログ・ポストで、従来からの広告モデルを拒否しているが、WhatsApp からリーチできるものは、企業にとって、きわめて貴重なものである。
 
WhatsApp has not been specific on what kind of interaction users can have with brands, but Koum did give an example of a restaurant. “Maybe [the restaurant replies] with three different options,” he said. “I just tap on a button and the reservation is made.”
 
想定される企業とのインタラクション方式について、WhatsApp は何も特定してはいないが、レストランを考えた場合の例を、Koum は教えてくれた。彼は、「レストランからの返信には、おそらく3種類のオプションがある。それに対してユーザーは、ボタンをタップするだけで、予約を完了できるはずだ」と述べている。
 
WhatsApp never publicly stated how many people paid for its service, but leaked documents revealed it made around $15 million (£10 million) in revenue in the first half of 2014, suggesting it was not many. During that period, the company lost around $250 million (£175 million).
 
WhatsApp のサービスに支払われてきた対価について、同社は公表していないが、リークされた文書が示唆するのは、2014年の上半期で $15 million (£10 million)  という売上額であり、それほどの金額でもないのだ。その一方で、同じ期間において、$250 million (£175 million) の経費が生じているようだ。
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg urged analysts and investors to be patient as WhatsApp figured out how to make money, just as Facebook worked it out in 2006 and 2007.
 
Facebook の CEO の Mark Zuckerberg は、WhatsApp が新たな収益方法を考え出したと言い、アナリストや投資家に対して、弱気にならないようにと促している。それは、Facebook が 2006年〜2007年で苦労したことと、同じなのである。
 
ーーーーー
whatsappちょっと、驚いたのですが、こうして理由を聞いてみると、ナルホドなぁという感じです。Facebook が WhatsApp を買収してから、ちょうど二年になりますが、その時から、こういうシナリオが想定されていたのかもしれませんね。 その頃の WhatsApp ユーザー数は 4.5億人ほどでしたが、すでに二倍のレベルに近づいているはずです。そして、低価格のサブスクリプション費で、とにかくユーザー数を増やすという戦略で、ここまで走り続けてきたわけですが、途上国マーケットのユーザーが $0.99 を払えないというより、カード決済のためのインフラが欠落しているという現実に突き当たったわけです。でも、まぁ、ユーザー数を増やすという、第一義の目的に対して、ここまで専念しながら進んでこれたのは明らかであり、Facebook との提携も、間違っていなかったと思えます。 気になるのは、Facebook と広告のインフラを共有するようになると、Instagram の時と同様に、AWS から Facebook への引っ越しが生じるのかどうかという点です。9億人の引越しを、見てみたいものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!
FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3 に相当する 22億人だ!
快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
ーーーーー
<わっつ WhatsApp>
① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する
 

Comments Off on WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る

Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Posted in .Selected, Asia, Oracle, Social, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on January 19, 2016
Oracle, Tencent Reach Agreement To Advance Cloud Services In China
John Foley, Oracle – Nov 13, 2015
http://www.forbes.com/sites/oracle/2015/11/13/oracle-tencent-reach-agreement-to-advance-cloud-services-in-china/
 
_ Forbes
 
Beijing — Oracle has signed a non-binding memorandum of understanding with Tencent Cloud, China’s largest and most-used internet service portal, with an objective of offering cloud services in China.
 
Beijing — Oracle は、China で最も利用されている、最大のインターネット・サービス・ポータルである Tencent Cloud と、MOU(non-binding memorandum of understanding)を締結し、同国でのクラウド・サービスの提供へ向けて進むことになった。
 
Tencent OracleThe agreement, which signals the growing similarity between business and consumer technology services, was announced November 12 by Loic Le Guisquet, Oracle’s president for Europe, Middle East and Africa (EMEA) and Asia Pacific, at Oracle CloudWorld in Beijing.
 
今回の合意は、Beijing で開催された Oracle Cloud World において (11月12日)、同社の President for EMEA and Asia Pacific である Loic Le Guisquet がアナウンスしたものであり、企業と消費者へ向けたテクノロジー・サービス間で、類似性が増大していることを、知らせるものでもある。
 
“This is a very big thing,” Le Guisquet told a standing-room only audience of some 2,000 people. “We wanted a partner who understands social, who understands mobile, like nobody else, because that’s the new era. This is a unique combination.”
 
Le Guisquet は、2,000人のオーディエンスが溢れるレセプション会場で、「 この合意は、きわめて重要なものである。 私たちが求めてきたのは、他の誰よりもソーシャルとモバイルを理解する、つまり、新しい世代を理解するパートナーである。そのためには、この2つの組み合わせが、不可欠なのだ」と、説明していた。
 
Tencent, based in Shenzhen, China, is a powerhouse in mobile, social, and consumer web applications, and perhaps best known for its fast-growing WeChat mobile messaging service. Another one of its services, the QQ instant message service, has at last count some 860 million active users, mainly in China.
 
Shenzhen (深圳), China をベースとする Tencent は、モバイル/ソーシャル/コンシューマ Web アプリの巨人であり、また、WeChat モバイル・メッセージング・サービスを急成長させたことで、多くの人々に知られるようになった。同社における別のサービスとしては、QQ インスタント・メッセージ・サービスがあり、最新の情報によると、China を中心に 8.6億人のアクティブ・ユーザーを持つとされる。
 
Under the new agreement, Oracle’s portfolio of cloud services will be offered in China. In addition, Oracle and Tencent plan to integrate their cloud services and jointly promote them in China.
 
今回の合意に基づき、Oracle のクラウド・サービス・ポートフォリオが、China に提供されるようになる。また、Oracle と Tencent の計画によると、両社のクラウド・サービスは統合され、China におけるプロモーションも共同で推進される。
 
The arrangement covers software as a service (SaaS), platform as a service (PaaS), and infrastructure as a service (IaaS), all based on Oracle products and technologies, and it will likely result in the establishment of Oracle’s first data center in China. Oracle and Tencent will establish a business collaboration committee to determine next steps.
 
この合意は、SaaS/PaaS/IaaS といった、Oracle における全てのプロダクトとサービスをカバーするものになる。そして、Oracle としては初めての、Chine におけるデータセンターの構築まで視野に入っているのだろう。また、Oracle と Tencent は、次のステップへと進めるための、業務提携コミッティを設立することになる。
 
TencentTencent’s Dowson Tong, left, and Oracle’s Loic Le Guisquet announce plans to work together.
 
Tencent Cloud has grown into the leading public cloud service provider in China. “We hope to further strengthen Tencent Cloud’s capability, extend the range of service, fully understand customers’ choice with respect and support through the partnership with Oracle,” said Dowson Tong, Tencent’s senior executive vice president and president for Social Network Group.
 
Tencent Cloud は、China におけるパブリック・クラウド・サービスの、リーディング・プロバイダーとして成長してきた。Tencent の Senior Executive VP と President for Social Network Group を兼任する Dowson Tong は、「私たちは、Tencent Cloud の能力を、さらに強化していく。 それは、Oracle とのパートナーシップを通じて、サービスの範囲を拡張し、また、顧客の選択肢を理解し、サポートを尊重することで達成される」と述べている。
 
During his CloudWorld keynote presentation, Le Guisquet highlighted three ways that Oracle’s cloud strategy is unique from other cloud companies. He pointed to the “security in silicon” design of Oracle’s new SPARC M7 microprocessor, which provides always-on security for all levels of the cloud stack; to the flexibility Oracle gives customers in choosing a cloud deployment model (public or private); and to Oracle’s range of PaaS services, which include data management, development tools, big data, integration, and the Internet of Things.
 
Cloud World のキーノートで Le Guisquet は、Oracle のクラウド戦略について、他のクラウド・ベンダーとは異なる、3つのユニークな視点を強調していた。まず、彼は、Oracle の新しい SPARC M7 マイクロ・プロセッサに実装される、“Security in Silicon” デザインにより、すべてのクラウド・スタック・レベルにおいて、常にセキュリティが提供される点を指摘していた。また、Oracle は、パブリックとプライベートによる、クラウド・デプロイメントのモデルにより、顧客の選択に柔軟性をもたらすという。そして、Oracle の PaaS が、データ管理/開発ツール/ビッグ・データ/インテグレーション/IoT などを含む、広範囲におよぶレンジを提供すると述べていた。
 
In a media briefing after the keynote, Le Guisquet and Tong were joined by Roger Li, managing director of Oracle China, and by Lucas Liu, vice president of cloud computing with Tencent Cloud.
 
なお、このキーノートの後に行われたメディア・ブリーフィングには、Le Guisquet と Tong に加えて、Oracle China の Managing Director である Roger Li と、Tencent Cloud の VP of Cloud Computing である Lucas Liu も同席した。
 
A New Era of Cloud Computing
 
“It’s an important day for us, and we think a very important day for cloud in China,” Le Guisquet said. “I’m sure this is going to be the start of a new era of cloud computing for the enterprise in China.”
 
Le Guisquet は、「 今日は、私たちにとって重要な日であると同時に、China におけるクラウドにとっても、きわめて重要な日だと思う。China におけるエンタープライズ・クラウド・コンピューティング新時代の、幕開けになると、私は確信している」と述べている。
 
One journalist asked the executives what made Tencent, with its strength in consumer apps, and Oracle, a leader in enterprise cloud services, a compelling combination for China’s burgeoning cloud market. They responded that consumer and business apps are converging, and that as that happens, the distinction between them is diminishing.
 
あるジャーナリストが、Tencent の強力なコンシューマ・アプリと、Oracle の先進的なエンタープライズ・クラウド・サービスを組み合わせることで、何が生じるのかと、Tencent の幹部に尋ねた。それは、China で急成長するクラウド市場において、魅力的な組み合わせなのかという問いである。それに対して、プレゼンターたちは、コンシューマとエンタープライズのアプリが、合流しようとしていると回答していた。そして、傾向が進むに連れて、両者間を区別するものが、減少していると説明していた。
 
At the same time, Oracle’s experience in the enterprise market and Tencent’s experience in the consumer market are complementary, they said.
 
それと同時に、彼らは、エンタープライズ市場における Oracle のエクスペリエンスと、コンシューマ市場における Tencent のエクスペリエンスは、相互に補完しあうとも述べていた。
 
Le Guisquet said he has “very ambitious” expectations for Oracle’s agreement with Tencent, and he mentioned several factors that make the timing right. For one thing, the arrangement could make it easier for small businesses in China to adopt cloud services. In addition, Oracle’s large installed base of customers in China will now have cloud options that let them preserve their investment in Oracle technologies.
 
Le Guisquet は、Tencent と Oracle の合意において、大いなる期待を抱いており、また、いくつかの要因について考えると、そのタイミングが、きわめて適切だったと述べている。まず、今回の合意により、China の中小企業がきわめて容易に、クラウド・サービスを採用できるようになる点を指摘していた。また、China における Oracle の大手顧客が、今後も Oracle テクノロジへーに投資し続ける上で、さらなるクラウド・オプションを手にすることも指摘していた。
 
And finally, Le Guisquet said, the melding of consumer and enterprise capabilities is the wave of the future.
 
そして、締め括りの言葉として、コンシューマ市場とエンタープライス市場における能力が融合することで、未来へ向けた大きな波が生じると、Le Guisquet は述べていた。
 
Read more on Oracle.com:
 
ーーーーー
Tencentこの記事を見つけたときには、いわゆる米中提携なのかと思っていました。 しかし、訳し始めると、エンタープライズとコンシューマの融合であることが分かってきたのです。 Oracle については、説明する必要もないでしょうが、日本から見た Tencent は、WeChat の会社というイメージでしかありませんよね。 しかし、この WeChat は単なるメッセージング・アプリではなく、驚くほど広範囲におよぶペイメント・ビジネスの、基盤として機能しているのです。この提携により、どのようなビジネスが生まれるのかと、予測するのは無親しいですが、ワクワクする展開になるのは、間違いないでしょう。 ちなみに、中国市場への参入で先行しているのは、Microsoft Azure であり、(おそらく)中国国内法との関係から、21Vianet が運営の事業体となっているはずですが、今回の Oracle のケースにおいても、Tencent が事業体となり、グレートファイヤーウォールを乗り越えているのだと思います。 昨年は Alibaba/Aliyun が外へ飛び出てくる年でしたが、今年は、Microsoft/Oracle/AWS などが、中国市場へ本格参入する年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
 

Comments Off on Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Social by agilecat.cloud on December 24, 2015
Ordering an Uber ride through Facebook Messenger feels like the future
Alex Heath, Tech Insider – Dec. 16, 2015
http://www.businessinsider.com/how-to-use-uber-in-facebook-messenger
 
_ Business Insider
 
Facebook Messenger can already be used to send money, make video calls, and get customer service support.
 
すでに Facebook Messenger は、キャッシュ送金や、ビデオ通話たけではなく、カスタマー・サービスのサポートのためにも利用できる。
 
FB-With-UberFacebook
Click to Large >>>
 
But now you can use it to order an Uber. Facebook has partnered with Uber to let you order a ride without even leaving the Messenger app.
 
そして、いま、Uber を申し込むためにも、このアプリを使えるようになった。つまり、Facebook と Uber が提携したことで、Messenger アプリを離れることなく、その申し込みが可能になったのだ。
 
We just tried it, and it felt futuristic to have Uber built directly into an app like Messenger, which many of us at Tech Insider use daily to keep in contact with friends.
 
私たちも、試しに使ってみたが、Messenger のようなアプリから、ダイレクトに Uber を呼び出すことに、ちょっとした未来を感じるようになった。そして、いまでは Tech Insider スタッフの多くが、それぞれの友人たちと会うために、この機能を毎日のように利用することになってしまった。
 
FB-with-Uber 2Click to Large >>>
 
Uber is sweetening the deal for early adopters by offering the first ride through Messenger for free.
 
また、Uber の方も、この Messenger を介した初めての乗車を無償にするという、すばらしいサービスを提供している。
 
Here’s how to use Uber in Messenger:
 
以下は、Messenger から Uber を呼び出す手順である:
 
1: My colleague Steve Kovach asked if I wanted to meet at Penn Station here in New York City. To order an Uber ride there, I just need to tap this little button.
 
私の同僚である Steve Kovach が、New York City の Penn Station で会わないかと、連絡してきた。 私は、Uber で行きたかったので、この小さなボタンをタップした。
 
2: And then tap “Transportation” to get started.
 
つづいて、”Transportation” をタップし、Uber と連絡を取る。
 
3: You may also see this little car icon in a message thread once you set up Uber in Messenger. It can be used to order a ride quickly.
 
メッセージ・スレッドの中に、小さな自動車のアイコンが見えるだろうが、それは前もって、Messenger に Uber をセットしているからである。これをタップするだけで、直ちに Uber を呼び出せる。
 
ーーーーー
facebook昨日に紹介した、WeChat のアドイン・アプリも、このような形になっているのでしょう。 スマフォの役割がインターネット・コミュニケータだとして、さらにフレンド・コミュニケータとしての使い方を重視するなら、メッセンジャーとアプリ(この場合は Uber)を一体化した方が便利ですよね。 タイトルと文中に、「未来」というキーワードが記されていますが、なんとなく解る感じがします。 このところ、スマフォのハードウェアに関心が無くなってきたというか、充分すぎるスペックに呆れてしまっている Agile Cat ですが、このようなアプリ間連携には興味シンシンなのです! _AC Stamp
ーーーーー

<関連>

 

Comments Off on Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!

WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Social, Tencent by agilecat.cloud on December 23, 2015
The amazing ways WeChat is used in China
Steven Millward – Dec 8, 2015
https://www.techinasia.com/how-wechat-is-really-used-in-china
 
_ tech in asia
 
We all know by now that WeChat is a messaging app – and that it’s huge. And we know that stickers are a big part of it.
 
WeChat というメッセージング・アプリがあり、また、それが巨大であることを、いまでは、すべての人々が知っている。そして、ステッカーが大きなウリになっていることも知っている。
 
WeChat-store-paymentsBut there’s so much more to WeChat that it can be difficult to convey to someone who’s not familiar with the full range of things that people in China now use it for – both baked-in features and stuff that other companies are building inside the messaging app.
 
さらに言うなら、より多くの機能が WeChat には有るのだが、China の達人たちが使いこなす全てを、私たちが理解するのは難しいだろう。つまり、それらの機能や、サポートされるサービスは、サード・パーティにより構築され、このメッセージング・アプリに組み込まれているのだ。
 
That’s why WeChat is now used daily across China for in-store payments, online shopping, transportation, and dozens of other things.
 
それが大きな要因となり、リアルとオンラインでのショッピングや、交通料金の支払いなどを含む、China 国内での各種シーンにおいて、WeChat は毎日のように利用されている。
 
WeChat-Universe-BannerIf you live in China, you could realistically use no other app but WeChat all day. Welcome to the WeChat universe.
 
もし、あなたが、China に住んでいるなら、現実的に考えて、他のメッセージング・アプリは使わず、常に WeChat を使うだろう。この、インフォグラフィクスが、あなたを WeChat の宇宙へと誘う。
 
ーーーーー
TencentAlibaba が Barron に叩かれて、その株価を下げたとき、中国のトップ IT 企業となったのが、この WeChat を擁する Tencent なのです。これまで、なにで稼いでいるのか、あまり見えなかった Tencent ですが、WeChat にからめたモバイル・ペイメントが、かなりの収益をあげているようです。この 10月に、「iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?」という抄訳をポストしましたが、こうした推測が Tencent から提供されているのが、そのときは、とても不思議に思えました。でも、今回のポストで、WeChat のペイメント・ビジネスを眺めてみると、大半の中国人 iPhone ユーザーが Tencent ペイメントを介して、この最新デバイスを購入したのだろうと推測できます。 Alibaba のように派手には振る舞いませんが、Tencent は WeChat を介したモバイル・ペイメントという領域で、きわめて強固な基盤を、すでに築き上げているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:しかし、WeChat も も強敵だ!
中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!
Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この市場に復帰できるのか?
中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!
 

Comments Off on WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!

Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Posted in Enterprise Social, Government, On Monday, Social by agilecat.cloud on December 21, 2015
Social Media Compliance: Businesses Snagged By Social Media Violations
Dick Weisinger – December 9th, 2015
http://formtek.com/blog/social-media-compliance-businesses-snagged-by-social-media-violations/
_ formtek
Many businesses today are now using social media accounts to communicate directly with their customers.  Facebook, Twitter and company blogs are some of the most common social tools businesses use.  While businesses are finding that it’s easy to get started with social media, they also need to be aware of and be able to steer clear of potential compliance risks.
 
いまでは、数多くの企業が、ソーシャル・メディアのアカウントを用いて、顧客とのダイレクトなコミュニケーションを実現している。Facebook や Twitter、そして広報ブログなどが、それらの企業で利用される、最も一般的なソーシャル・ツールとなる。担当者たちはソーシャル・メディアについて、容易に使い始められるものと認識しているが、コンプライアンスに関する潜在リスクも認識すべきであり、また、適切に運用しなければならない。
 
Vermeer_3A study by Nexgate found that there are nine different regulations that have triggered social compliance incidents by Fortune 100 companies.  These include FINRA Retail Communications, FINRA Customer Response, FFIEC/Regulation Z, FTC Sweepstakes, and SEC Regulation FD.
 
Nexgate の調査 により、Fortune 100 企業が引き起こしたコンプライアンスに関する問題が、9種類の規制と関連付けられることが分かってきた。それらの規制には、FINRA Retail Communications および、FINRA Customer Response、FFIEC/Regulation Z、FTC Sweepstakes、SEC Regulation FD などが含まれている。
 
Some of the findings of the Nexgate study include:
 
Nexgate の調査結果には、以下の項目が含まれる:
 
  • Fortune 100 firm average 320 social media accounts and 213,539 followers.  Employees post an average of 500,000 comments and messages every year.
  • Fortune 100 businesses average 69 social compliance issues every year.  Employees were responsible for 12 of those and 57 of the incidents were caused by public commenters.
  • The 21 financial-service firms in the Fortune 100 had an average of 250 compliance issues per firm.
  • Healthcare companies most frequently run into compliance issues with the FDA on reports of reports of adverse drug experience risks
 
  • Fortune 100 企業は、平均で 320 のソーシャル・メディア・アカウントを持ち、また、213,539 のフォロワーを有している。 そして、従業員たちは、年間で 50万本のコメントやメッセージをポストしている。
  • Fortune 100 企業は、ソーシャル・コンプライアンスに関連する問題を、年間平均で 69 件も引き起こしている。その内訳は、従業員に起因するものが 12件であり、また、外部からのコメントに起因するものが 57件である。
  • Fortune 100 の、金融サービス企業 21社に限定すると、1社当たりのコンプライアンス問題は、平均で 250件に跳ね上がる。
  • ヘルスケア企業は、薬物経験におけるリスクという意味で、FDA (Food and Drug Administration) コンプライアンスに抵触する問題を、かなりの頻度で引き起こしている。
 
Devin Redmond, VP and general manager of Nexgate, said that “under FDA guidelines, healthcare firms are required to notify the FDA of any report of an adverse drug experience by a consumer.  Healthcare organizations must, therefore, monitor social channels for such reports.”
 
Nexgate の VP and General Manager である Devin Redmond は、「FDA ガイドラインを順守するヘルスケア企業は、消費者からの有害薬物に関する報告を網羅するために、あらゆるレポートを FDA に提出する必要がある。したがって、ヘルスケアに関連する組織は、そのような報告を見逃さないよう、ソーシャル・チャネルを監視する必要がある」と述べている
 
Ragy Thomas, founder and CEO of Sprinklr, said that “It’s hit critical mass now.  Ten years ago, most brands had some followers; now you look at a top 1,000 brand, and you can have 40 million people in their social audience. People don’t want to call; they just tweet and want a response.”
 
Sprinklr の Founder and CEO である Ragy Thomas は、「 現時点において、ある種の限界に達していると言えるだろう。10年前を振り返ると、大半のブランドは、少数のフォロワーを有しているだけだった。ところが、いまの Top-1000 ブランドを眺めてみると、4,000万人ものソーシャル・オーディエンスを抱えていることが分かる。そして、人々が電話で訴えることは稀である。 彼らは呟くだけで、救いを得たがる」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、ナルホドという話です。この FDA コンプライアンスですが、それに近いものが日本にもあるのでしょうかね?  ヘルスケア企業がソーシャルを持つと、このような、ある種の悩みが生じるのでしょうが、本質論からすると、救うべき人々が、そこに居るわけですから、なんとかしてあげたいですよね。 テクノロジーで必ず解決できるはずなので、FDA コンプライアンスに関係なく、この日本でも期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
 

Comments Off on Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス

Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!

Posted in Facebook, Google, Instagram, Mobile, Netflix, Network, Research, SnapChat, Social, Yahoo by agilecat.cloud on December 19, 2015
These Apps Are Putting a Strain on Mobile Networks
Felix Richter – Dec 9, 2015
http://www.statista.com/chart/4124/mobile-traffic-by-application/
 
_ Statista
 
In recent years, larger smartphone screens and faster mobile networks have led to a surge in video and other rich content consumption on mobile devices. Mobile data traffic subsequently surged and, according to estimates by Cisco , will continue to do so for years.
 
この数年のことだが、大型化されたスマートフォンのディスプレイと、高速化されたモバイル・ネットワークにより、ビデオなどのリッチ・コンテントが、大量に消費されるようになってきた。Cisco の推計によると、急増しているモバイル・データ・トラフィックは、これからの数年においても、その傾向を保つとされる。
 
chartoftheday_4124_mobile_traffic_by_application_nClick to Large >>> 
 
This chart breaks down mobile data traffic in North America during peak times by application.
 
このチャートは、アプリが押し寄せるピーク・タイムの、北米におけるモバイル・データ・トラフィックを分析するものだ。
 
Interestingly, it is just a handful of apps that account for the lion’s share of mobile data consumption. According to a recent report by broadband equipment company Sandvine, YouTube and Facebook alone account for 36 percent of North America’s mobile traffic during peak hours. In total, the seven most data-hungry applications combined with plain old web browsing (HTTP) account for two thirds of mobile data traffic while the millions of other apps account for the remaining third.
 
興味深いことに、ほんの一握りのアプリが、全体的なモバイル・データ消費量に対して、最大のシェアを占めている。ブロードバンド機器メーカーである、Sandvine の最新レポートによると、北米のピーク・アワーにおいて、モバイル・トラフィックの 36% が、YouTube と Facebook に占有されていることになる。全体を見通すと、7種類のデータ・ハングリーなアプリと、昔ながらの Web ブラウジング (HTTP) の合計が、その 2/3 を占めている。そして、無数のアプリが 1/3 を占めている。
 
ーーーーー
research_55あれから、どれくらいの時間が経ったのかと思い調べてみたら、ネット・ニュートラリティに関して FCC がモメたのは、昨年のことだったのですね。そんな騒ぎも収まって、Youtibe も Facebook も心おきなく、ガンガンとトラフィックを使っているようです :) つい先日のことですが、Airtel の CTO である Abhay Savargaonkar が、OTT サービスが無ければ、インターネットの急速な成長はあり得なかったと、述べていました。そして時代は、4.x G から 5G へと進んでいきます。この先、なにが起こるのか、とても楽しみです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った!
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒する
 

Comments Off on Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!

Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on December 15, 2015
A billion people visit Facebook every day — twice as many as four years ago
Matt Rosoff – Nov. 16, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-daus-by-quarter-2015-11
 
_ Business Insider
 
More than a billion people now use Facebook every day, the company announced on its last earnings call.
 
Facebook は、2015年 Q3 の決算報告において、いまでは 10億以上の人々が毎日、このサイトに訪れるようになったと発表している。
 
Facebook_DAU_2015_11
Statista
 
That’s a remarkable stat in itself, but it’s also amazing to see how fast that usage has grown. As this chart from Statista shows, four years ago Facebook’s daily average users (DAUs) stood at 457 million.
 
そのこと自体が、きわめて特異な状況を示しているが、この数値が、成長してきた経緯を振り返ると、さらなる驚きが生じてくる。Statista のチャートが示すように、4年前の Facebook における DAU (daily average users) は4.57億である。
 
One big reason for the growth is how effectively Facebook has moved from desktop to mobile, including taking great pains to make sure its service works in countries wtih slow wireless connections.
 
この成長を支える最大の要因としては、Facebook がデスクトップからモバイルへと、効果的に移行した点が挙げられる。そこには、途上国における低速でのワイヤレス通信という、このサービスにとって深刻な問題を、丁寧に取り除いてきた苦労も含まれるはずだ。
 
ーーーーー
facebook先月に発表された Facebook 2015年 Q3 決算でも、この DAU (daily average users) が、簡単に紹介されていました。具体的に言うと、「9月の平均 DAU は 10.1 億人であり、前年比で 17% のアップとなる。 そして、8.94 億人のユーザーが、毎日のようにモバイル環境から、Facebook を使っている」という説明です。ちなみに、ソーシャルなどにおける、標準的な指標である MAU (monthly avtive users) は、同決算において 15.2 億人だと発表されていました。 1ヶ月に少なくとも1回と、1日に少なくとも1回では、エンゲージメントの強さが、かなり異なります。DAU も MAU も、順調に伸びていますが、それぞれの成長率を比べると、どんな結果になるのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!
米国の十代とソーシャル:Instagram と Snapchat が突っ走り、Facebook の下げは止まる
Facebook のモバイル収益は $3.35 billion だ:2015年 Q3 までの成長を1枚のチャートで!
Instagram の広告がスゴイ! Facebook レベルの 収益性が見えてきた!
Facebook の セキュリティ 5−STEP には、なんと! 遺書コンタクトまで含まれている!
 

Comments Off on Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!

%d bloggers like this: