Agile Cat — in the cloud

ソーシャルと滞在時間:この Engagement Index という指標でも Facebook がダントツだ!

Posted in Facebook, Research, Social by Agile Cat on October 8, 2014

Social Media Engagement: The Surprising Facts About How Much Time People Spend On The Major Social Networks
http://wp.me/pwo1E-7W1
Emily Adler – Sep. 26, 2014
http://www.businessinsider.com/social-media-engagement-statistics-2013-12

_ Business Insider

We tend to talk about social networks in terms of size, because audience reach is one of social media’s biggest advantages. That’s why Facebook gets so much attention. With 1.2 billion monthly active users, it’s a beast.

数多くのオーディエンスにリーチできることが、ソーシャル・メディアにおける最大のアドバンテージでもあるため、私たちは、その規模について話をしたがる傾向にある。 そして、Facebook が注目を集める理由も、そこにあるのだ。 MAU(Monthly Active Uses)が 12 billion というのは、まるで怪物である。

クリックで拡大 ⇒
BII

But as audiences adopt newer social networks, and people’s social activity becomes increasingly fragmented, other measures of social network activity become more important, especially for businesses trying to determine where to best allocate time and resources. How much time users spend on each social network and how engaged and interactive they are with content there are increasingly important ways of evaluating the sites.

しかし、それらのオーディエンスが新しいソーシャル・ネットワークを使い始め、また、ソーシャル・ネットワークの利用が断片化するにつれて、新しい指標も重要になってくる。それは、時間と資源を割り当てる先を、最適化したい企業にとって、とりわけ顕著なものとなる。つまり、それぞれのユーザーが長い時間を費やし、また、インタラクティブにコンテントにアクセスすることが、それらのソーシャル・メディア・サイトを評価する上で、ますます重要になってくるのだ。

In a recent report, BI Intelligencecalculates an Engagement Index for top major social networks and compares their performance in terms of time-spend terms per-user, on desktop and mobile. We also look at how the different top activities on social media — photo-sharing, status updates, etc. — are indexing in terms of activity, and which sites drive the highest volume in each category. This report complements our popular reports on social media demographics and global audience sizes.

BI Intelligence は最近のレポートにおいて、それぞれのユーザーがモバイルとデスクトップで消費する時間という観点から、Engagement Index が最も重要な指標だとしている。また、ソーシャル・メディアを測定するトップ・アクティビティとして、フォト共有やステータス更新なども挙げており、それぞれのサイトを評価するための指標にしている。この BI レポートは、ソーシャル・メディア人口統計グローバル・オーディエンス規模という、私たちが得意とするコンテントを補完するものとなっている。

Access The Full Reports And Data By Signing Up For A Free Trial Today >>

Here are our findings:

  • Social-mobile rules: 60% or so of social media time is spent not on desktop computers but on smartphones and tablets.
  • Facebook attracts roughly seven times the engagement that Twitter does, when looking at both smartphone and PC usage, in per-user terms.
  • Pinterest, Tumblr and LinkedIn made major successful pushes last year to increase engagement on their mobile sites and apps. The new race in social media is not for audience per se, but for multi-device engagement.
  • Multi-device social media: Our analysis is based on BI Intelligence’s social media Engagement Index, which compares the effectiveness of social networks in keeping individual users engaged across smartphones and desktop PCs (for an explanation of the Index, sign up for instant access to BI Intelligence).
  • ソーシャルは、いまや最大のインターネット・アクティビティである:平均的なアメリカ人は、電子メールなども含む、他のインターネット・アクティビティ以上に、ソーシャル・メディアを使用している。
  • ソーシャル・モバイルの法則:ソーシャル・メディアに費やされる時間の 60% 以上が、デスクトップではなく、モバイルやタブレットに占有されている。
  • Engagement に関して、Facebook は Twitter の約 7倍という値を有している。それは、スマートフォンと PC の双方における、ユーザーごとの消費時間という意味である。
  • Snapchat は WhatApp よりも小規模なネットワークであるが、ユーザーごとの消費時間という観点では上位に立っている。
  • 昨年の Pinterest と Tumblr と LinkedIn は、それぞれのモバイル・アプリ/サイトにおいて、エンゲージメントを強化するという意味で成功を収めた。 ソーシャル・メディア間における新たな競合は、オーディエンス数という本質から、マルチ・デバイス・エンゲージメントへと、その戦線を拡大している。
  • マルチ・デバイス・ソーシャル・メディア:私たちの分析は、BI Intelligence のソーシャル・メディア Engagement Index をベースとしている。 つまり、スマートフォンとデスクトップ PC をまたいだかたちで、ユーザーを引きつける力が、効果的なソーシャル・メディアの条件だと定義付けている。(この Index の詳細については、BI Intelligence にサイン・アップして、確認してほしい)

The report is full of charts and data that can be easily downloaded and put to use.

ーーーーー

Agile_Cat が使っている、Mac 上の Chrome ブラウザにも、3つくらいの Facebook 用のタブが、常にオープンされています。 まず、Agile_Cat ページ Cloud News Asia ページのタブがあり、情報発信用に活用しています。その他にも、自分のタイムライン用のタブがあり、そこから 20個ほどの Facebook グループに、毎日のようにアクセスしています。また、各種の連絡には Facebook Message を多用しています。 Gmail も使いますが、その頻度は低いです。 何から何まで一人でやらなければならない、Agile_Cat のような個人事業者にとって、コミュニケーション・コストを引き下げることは、とても重要な事なのです。そんなわけで、ガッチリとエンゲージメントされてしまっています :) 

ーーーーー

<関連>

Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威となるのか?
Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は 22億人だ!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!

 

Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている

Posted in SnapChat, Social, Yahoo by Agile Cat on October 4, 2014

Yahoo Wants To Invest In Snapchat At A $10 Billion Valuation
http://wp.me/pwo1E-7V4

Jillian D’Onfro – Oct. 3, 2014, 2:55 PM
http://www.businessinsider.com/yahoo-to-invest-in-snapchat-2014-10?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Yahoo wants to invest in Snapchat as part of the fundraising round that values the startup at $10 billion, The Wall Street Journal reports.

The Wall Street Journal のレポートによると、Yahoo は Snapchat の資金調達ラウンドに際して、このスタートアップに $10 billion の出資を考えているらしい。

https://agilecat.files.wordpress.com/2014/10/evan-spiegel-snapchat.jpg


AP/Jae C. Hong
Snapchat CEO
Evan Spiegel

Snapchat is close to finalizing a $20 million fundraising round led by Kleiner Perkins and Yahoo has been involved in the talks, according to The Journal’s sources.

The Journal の情報筋によると、Kleiner Perkins が率いてきたラウンドにより、Snapchat は $20 million を調達しようとしているが、そこに Yahoo が絡んできたらしい。

Yahoo just made more than $5 billion from selling part of its stake in Alibaba in the recent IPO, and apparently wants to use some of that money to invest in the fast-growing startup.

Yahoo は、先日の Alibaba の IPO 以降に、その株式の一部を売却したことで $5 billion 以上のキャッシュを手にしている。そして、その資金の一部を、急成長しているスタートアップに投資したいと考えているのも明らかだ。

The Journal notes that Yahoo is one of many potential investors that Snapchat has had conversations with, including tow former investors, Institutional Venture Partners and DST Global.

The Journal が指摘するには、これまでに Snapchat が可能性を探ってきた投資家である、Institutional Venture Partners と DST Global という顔ぶれに、Yahoo が加わったことになる。

It’s unclear how much Yahoo plans to invest in Snapchat. The app currently has more than 100 million users; it was valued at $3 billion last year. This new round would make Snapchat one of the most valuable startups in the world.

Yahoo が考えている、Snapchat に対する投資額は不明である。そして、このアプリだが、現時点で 100 million のユーザーを持ち、昨年の段階で $3 billion の価値があると評価されている。この、新しいラウンドにより Snapchat は、世界で最も評価の高い スタートアップの一角を占めることになるだろう。

SEE ALSO: Snapchat Is Now A $10 Billion Dollar Company

ーーーーー

Alibaba の IPO で生まれた利益が、こうして、次のスタートアップに注ぎ込まれていくのですね。 まだ、確定した話ではないようですが、また、大きな騒ぎになりそうです :) 昨年の Facebook からの $3B オファーを蹴り、1年後に $10 に跳ね上がり、なおかつ、買収ではなく出資という形になるのなら、Snapchat としては万々歳の展開です。 それにしても、Facebook の WhatsApp 買収から、まだ、半年くらいしか経っていないのですね。 どんどんと、クロックが上がっている感じがします。

ーーーーー

<関連>

Snapchat の凄まじい人気が、Twitter を追い抜いてしまった
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇
Snapchat には $100 Billion の価値がある:Marc Andreessen
15歳は言う : イケてる Snapchat と Instagram、ダサい FB と TW
Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は 22億人だ!

香港での抗議を支える Off-The-Grid チャット: それが FireChat だ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Social by Agile Cat on September 30, 2014

Mobile messaging app FireChat flares up in Hong Kong amid Occupy Central protests
http://wp.me/pwo1E-7UH

September 29, 2014 at 5:39 pm – by Josh Horwitz
http://www.techinasia.com/mobile-messaging-app-firechat-flares-up-in-hong-kong-amid-occupy-central-protests/

_ tech in asia

Last night marked a historic moment in Hong Kong as peaceful demonstrators fell subject to police aggression. Under the banner of Occupy Central, tens of thousands of locals (organizers say 60,000 , media says 30,000 ) gathered in Hong Kong’s financial district to protests last month’s Beijing-led decision to vet the city’s political candidates through a committee in the People’s Republic of China. Yesterday’s demonstrations began as a continuation of protests that had been going on since the summer. But as crowds swelled in the evening, riot police forces increased, and ultimately fired pepper spray and tear gas at civilians.

昨夜(9/28)の Hong Kong は、平和的なデモ行動が、警察の攻撃対象になるという、歴史的瞬間を迎えてしまったようだ。Occupy Central というスローガンの下、数万という人々が Hong Kong の金融街に集結したが(主催者によると 60,000人:メディアの報道は 30,000人)、それは Hong Kong の行政長官選挙制度をめぐり、先月に China 政府が下した決定に反発する行動である。さらに言えば、この夏から生じている、抗議行動の一環として始まったものでもある。しかし、昨夕(9/28)は、群衆が増えるにつれて、警察機動隊が増強され、最終的には唐辛子スプレーや催涙ガスが、民衆へ向けて発射されるという事態に陥ってしまった。

Surprisingly, as activists prepared to gather, a mobile app that that first caught the attention of the media last spring resurfaced among participants. FireChat, available for iOS and Android, is a mass chatroom app that lets communicate with one another over wi-fi and cellular networks, along with Bluetooth and Apple’s Multipeer Connectivity Framework. The latter two features means that users can, in theory, chat “off-the-grid.”

その一方で、驚くべきことに、この春にメディアの注目を集めたモバイル・アプリが、参加を呼びかけるための手段として用いられていることが分かってきた。それは、iOS と Android で利用できる FireChat という、集合的なチャットルーム・アプリであり、Wi-Fi と モバイルによるネットワークだけではなく、Bluetooth と Apple Multipeer Connectivity Framework なども用いて、人々を結びつけていくものである。そして、論理的に考えるなら、後者となる 2つの機能により、ユーザーは “off-the-grid” チャットを実現していける。

In anticipation of poor cellular network connectivity (and perhaps a deliberate network shutdown), student activist leader Joshua Wong posted a message urging people to download FireChat.

そして、プアなモバイル・ネットワーク環境を見越して(おそらく意図的にシャットダウンされる)、学生活動家のリーダーである Joshua Wong は、FireChat のダウンロードを促すメッセージを、大衆へ向けてポストしていたのだ。

His message then spread to others on social media. Downloads snowballed, and suddenly FireChat chatrooms were exploding with activity. Open Garden, the company behind FireChat, tells Tech in Asia that FireChat attracted 100,000 new sign ups from Hong Kong in a 22 hour period. At its peak, 33,000 users from Hong Kong were on the app simultaneously. Open Garden doesn’t have figures revealing how many users communicated with one another off-the-grid using FireChat.

彼のメッセージは、ソーシャル・メディア上の多数のユーザーたちに広がっていった。そして、FireChat のダウンロード数は雪だるま式に増えていき、そのチャットルームのアクティビティも急増していった。FireChat を運営する企業である Open Garden は、22時間の間に Hong Kong から、100,000件の新規サインアップが集まったと、Tech in Asia に伝えている。そして、ピーク時には、33000 人という Hong Kong のユーザーが、このアプリを同時に使っていたという。 また、Open Garden は、off-the-grid の状態で相互に通信していユーザー数を、明らかにするためのデータを持っていない。

FireChat’s founders originally conceived the app  as something that would be useful in densely packed locations with poor internet connectivity – sports stadiums or conference halls, for example.

FireChat の Founder たちは、たとえばスポーツ・スタジアムやカンファレンス・ホールといった、大勢の人々が集まることで充分なインターネット接続が得られなくなる場所でも、円滑なコミュニケーションを実現するものとして、このアプリを考案している。

But since it first hit app stores, FireChat has found itself popular among activists in mass demonstrations on at least two other occasions. In June, Iraqis flocked to the app  following an ongoing crackdown on social media. Before that, in March, Taiwan activists protesting a trade agreement with mainland China downloaded the app in droves, following an initial prompt by a local Taiwanese tech blogger.

しかし、初めて FireChat がアップ・ストアに置かれて以来、自身で見出したニーズは、大規模なデモを呼びかける活動家からのものであり、少なくとも、以下の2つの事例を有している。6月の Iraq では、ソーシャル・メディア上での規制が進む中で、このアプリに人々が群がった。それより以前の 3月には、China 政府との貿易協定に抗議する、Taiwan の活動家たちが、このアプリを大挙してダウンロードした。それは、Taiwan のテック・ブロガーが、最初に促したことで生じた動きである。

FireChat: Fireworks or flash in the pan?

There’s no doubt that FireChat’s core mesh network technology, while still rudimentary, holds potential as a powerful communication tool – both for mob activists and football fans. But at the moment, it isn’t quite ready for prime time.

FireChat のコアである、メッシュ・ネットワーク・テクノロジーは、依然として初歩的ものでありながら、パワフルなコミュニケーション・ツールとしての潜在能力を有していることは間違いはない(デモの参加者やサッカー・ファンにとって)。しかし、現時点において、プライム・タイムのための準備が整っているとも思えない。

For one thing, as one might expect from a massive chatroom, rumors abound. Activists told Tech in Asia that for every message with directions to the protest site, there were texts spreading false information. “Many people kept posting all kinds of scary rumors,” says Kevin Chan, an activist who claims to have been an early proponent of FireChat. “[People would write] ‘Police have started to shoot’ or ‘a soldier from China is coming.’ I think that scared some people.”

ただ、問題もある。 ひとつには、誰もが想像するように、大規模なチャットルームがウワサに満たされている点である。活動家たちは、この抗議サイトへ向けられた、すべてのメッセージについて、虚偽の情報を広める文章もあったと、Tech in Asia に語っている。「数多くの人々が、怖ろしいウワサの類をポストし続ける。 警察が銃撃を始めたとか、China から兵士が来たとか、一部の人を怯えさせるものが、書き込まれると思う」と、早くから FireChat を支持してきた、活動家の Kevin Chan は述べている。

Despite the chaos in FireChat, another activist told Tech in Asia that activity on the app remained robust as connectivity on other social networks sputtered. “I was able to access WhatsApp and Facebook with acceptable speed, but there were moments when they got slow. Twitter… not really. FireChat always had strong coverage,” says Timothy Choi, a local developer. “The noise to signal ratio is rather high… However if you take everything with a grain of salt it is a decent tool.”

たしかに、FireChat にはカオスがあるが、他のソーシャル・ネットワークが混乱する中で、このアプリは堅牢なコネクティビティを維持していたと、別の活動家は Tech in Asia に語っている。「 私のケースでは、許容できるスピードで WhatsApp と Facebook にアクセスできたが、遅くなるときもあった。Twitter が現実的ではなかった。そして、FireChat は、きわめて強固なカバレッジを維持し続けた。ノイズの混入は多いだろうが、一粒の塩で味付けは無理なので、役立つツールと言えるだろう」と、ローカル・デベロッパーの Timothy Choi  は述べている。

From this writer’s perspective, watching FireChat’s Hong Kong chatroom (I observed the ‘Everyone’ room remotely from Taipei, and could only watch on-the-grid discussions), it was a thrill to see users report tear gas explosions and air rallying cries. With so many people in one room, it felt even more “live” than Twitter. But trying to extract useful, timely information from the chaos was near impossible. One Twitter user said it best in a Chinese-language tweet , writing, “FireChat is too flooded. I wish there was a ‘mesh Twitter.’”

FireChat の Hong Kong チャットルームを参照している、このライターの視点からすると、催涙ガスが発射され悲鳴が渦巻く状況が、ユーザーがレポートしているという実感があったのだろう(私は Taipei からリモートで入り、みんなのチャット・ルームを観察し、on-the-grid の議論を見ることがでた)。1つのルームに数多くの人々がいることで、Twitter 以上のライブ感が漂っていた。しかし、そのカオスから、有益でタイムリーな情報を抽出しようとしても、それは不可能に近かった。ある Twitter ユーザーは、あまりにも FireChat が殺到しているので、中国語の Tweet がベストだと言っていた。つまり、そこのメッシュの Twitter があれば良かったと思う。

FireChat’s lack of encryption also inhibits its potential as a tool for serious political organization. As Citizen Lab noted , users can sign on to FireChat under pseudonymous usernames. But network operators can still access users’ message content and IP addresses. Open Garden CEO Micha Benoliel tells Tech in Asia that the team will implement encryption when it introduces private messaging to the app. “All the conversations on FireChat right now are public,” says Benoliel. “As long as all conversations are public, there is no need for encryption.”

また、FireChat における暗号化の欠如は、シリアスな政治組織のためのツールとしての潜在能力を阻害する。Citizen Lab が指摘するように、ユーザーはペンネームで FireChat にサインオンできる。しかし、依然としてネットワーク・オペレータは、ユーザのメッセージ内容と IP アドレスにアクセスできる。Open Gargen の CEO である Micha Benoliel は、このアプリにプライベート・メッセージを導入するときに、彼らのチームは暗号化を実装すると、Tech in Asia に話している。「 現時点における FireChat では、すべての会話がパブリックである。 それらが、パブリックである限り、暗号化の必要性はない」と Benoliel は述べている。

Editing by Steven Millward; top image via Flickr user anselma

ーーーーー

なんか、読んでみてナルホドというポストです。 こうした事態になると、キャリアに圧力が掛かるのは当然であり、こうした Off-The-Grid のサービスが不可欠になるのでしょう。 コミュニケーションの遮断という行為は、やはり民主的な発想とはいえず、いかなる場合にも、それは権利として認められるべきものです。 そして、今週の香港だけではなく、3月の台北でも、この FireChat が活躍していたことを、初めて知りました。 いろいろと、難しいことがあると思いますが、FireChat には頑張って欲しいですね!

ーーーーー

<関連>

Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの 新スマホ勢
iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!

Posted in Asia, Line, Social, Weekend by Agile Cat on September 27, 2014

Thailand’s tourist police get cute with new sticker sets on Line
http://wp.me/pwo1E-7Uc
September 9, 2014 – by Josh Horwitz
http://www.techinasia.com/thailands-tourist-police-get-all-cutesy-with-new-sticker-sets-on-line/

_ tech in asia

If you’re addicted to Line and have plans to go backpacking in Bangkok, you’re in luck – Thailand’s tourist police force has released a free sticker set that users can download after following a dedicated account.

もし、あなたが Line にハマっていて、なおかつ、Bangkok でバックパッキングという計画をもっているなら、とても運が良いという話である。 Thailand のツーリスト・ポリスが、その専用アカウントをフォローしてくれたユーザーに、ダウンロードしてもらえるようなかたちで、無料の Line スタンプをリリースしているのだ。

The notion of a police force-themed sticker set in Thailand might seem eerily Orwellian given the country is currently under martial law. But the Thailand Tourist Police isn’t a real police force – they’re badged officers (some of whom are volunteers) that settle theft, disputes, and other minor emergencies that aren’t uncommon when traveling.

いまの Thailand が戒厳令下にあることを前提にすると、この警察をテーマにしたスタンプの狙いが、不審人物のトラッキングにあると感じるかもしれない。しかし、心配は不要だ。 なぜなら、この Thailand ツーリスト・ポリスは、本物の警察ではないからだ。ただし、彼らはオフィシャルに称号を与えられ(一部にはボランティアもいる)、旅行においては日常茶飯事ともいえる、盗難や揉め事といった緊急を要する事態を解決してくれる。

Of course, the free sticker set is just an incentive for travelers to follow the force’s official account, which will disseminate information and direct tourists to bureau’s hotline.

もちろん、この無料スタンプの役割は、旅行者にオフシャルなアカウントをフォローさせるためのインセンティブであり、それによりユーザーは情報を取得し、何かのときには最寄りのオフィスへと駆け込めるようになる。

It’s not uncommon for governments bodies to use messaging apps like Line for publicity. In Taiwan, municipal governments for Taipei City, New Taipei City, Taizhong, Tainan, and Kaohsiung each keep active accounts that inform citizens about public safety. Last August, the Communist Party of China reportedly opened a WeChat account . But this is the first time we’ve seen an actual sticker set for something as mundane as a tourist police force. We’ll keep our eyes out for Jingjing and Chacha’s  WeChat sticker set debut in the future.

このように、行政機関がパブリシティのために、Line のようなメッセージ・アプリを用いるのは珍しいことではない。 Taiwan では、Taipei City/New Taipei City/Taizhong/Tainan/Kaohsiung などの自治体が、たとえば災害時に安全を確保するための情報を知らせるための、アクティブなアカウントを保持している。また、伝えられるところによると、この 8月には中国共産党が、自身の WeChat アカウントをオープンしている。しかし、ツーリスト・ポリスの日常を、このようなスタンプにするというのは、私たちにとっても初めてのことである。 そして、Jingjing and Chacha の WeChat スタンプだが、これから先、どのようなバリエーションが登場するのだろうか。 そこに注目していきたい。

ーーーーー

やはり、Line の人気はスゴイですね :) そして、日本のカルチャーがアジアに広まり、それが世界にも、、、となりそうなのが、とても嬉しいです。なにやら中国でも、WeChat を介して、同じようなサービスが展開されそうですが、ややこしいプロパガンダに、Jingjing と Chacha が使われなければと思います。 この二人は、WeChat のマスコット・キャラであり、また、宝物なのでしょう。 大切にして欲しいですね。

ーーーーー

<関連>

タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
LINE の収益が倍増している:どこに成長の秘密があるのか?
Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた:しかし、WeChat も WhatsApp も強敵だ!
Line のユーザー数が、ワールド・ワイドで1億6千万人を超えた – from Indonesia
LINE の急成長と収益構造 : それを示す1枚のチャート

 

Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威となり得るのか?

Posted in Businesses, Facebook, Social by Agile Cat on August 21, 2014

Facebook may make its ads shoppable: Meet the ‘Buy’ button
http://wp.me/pwo1E-7LY
July 17, 2014 – Kia Kokalitcheva
http://venturebeat.com/2014/07/17/facebook-may-make-its-ads-shoppable-meet-the-buy-button/

_ VB

Facebook is toying with the idea of becoming a meta-marketplace with a new “Buy” button for purchasing real, physical goods without ever leaving the site.

Facebook が漠然と考えているのは、新たに導入する BUY ボタンにより、そのサイトを離れることなく、リアルな商品の購入を実現するという、マーケット・プレイスの変革である。

After experimenting with “Autofill” in the last several months, Facebook is now letting you use those credit cards you keep on file on Facebook to actually purchase stuff without even leaving the site or app, just by clicking a button, according to a TechCrunch report.

Facebook は、この数ヶ月間で Autofill を実験した後に、そのサイト上にファイルとして保存するクレジット・カード情報を用いて、現実の商品を購入するよう促している。ただし、そのアクションは BUY ボタンをクリックするだけで完了し、また、サイトやアプリを離れる必要はないと、TechCrunch がレポートしている

Image Credit
Screen shot

Autofill lets Facebook users keep their credit card info on file in their Facebook profiles, then easily populate checkout fields with one click when shopping from merchants with Autofill integration. The idea is to use your Facebook login as your one-click checkout.

その Autofill 機能により、Facebook ユーザーたちは、自身の Facebook プロファイル内に、クレジットカード情報を保持することができる。 そして、Autofill とインテグレートされたショップから買い物をする際には、BUY ボタンをワン・クリックするだけで、それらの情報がチェック・アウト・フィールドへ取り込まれることになる。基本的なアイデアは、このワン・クリック決済のために、あなた自身の Facebook ログインを使用する点にある。

“The idea is that if we have your card credentials on file, we can prepopulate your info ahead of a purchase,” said Facebook head of retail and e-commerce Nicolas Franchet during a small press roundtable in March.

「 このアイデアは、そのファイルを介して Facebook に、あなたのカード信任が委ねられているなら、対象となる商品の購入に先立ち、一連の情報を自動的に入力できる点にある」と、3月に開催されたプレス向け座談会で、Head of Retail and e-Commerce である Nicolas Franchet が語っていた。

“[Right now] you click on the add, you go to Sephora.com you then have to enter your info – eventually you’d want to not have to do that,” he said.

「 現時点では、Add をクリックして Sephora.com へ移動した上で、一連の情報を入力する必要がある。 つまり、最終的には、このようなプロセスを取らなくても良いようにしたいのだ 」と、彼は発言していた。

Autofill was created to solve that problem and now the new button is taking it one step further, taking even more steps and friction away. Franchet hinted back then that this is where Autofill was headed as removing as much friction as possible, along with great ad targeting, is every advertiser’s dream.

Autofill は、この問題を解決するために開発されたものであり、いまでは、新たな BUY ボタンから利用することで、何段階かのステップと煩雑さを取り除くことになった。Franchet は、こうした背景を述べた後に、Autofill により煩雑さを取り除き、そこに素晴らしいターゲティング広告を組み込むことは、すべての広告主の夢であると示唆している。

On the advertier and merchant side, the new button will likely mean higher conversion rates from their ads on Facebook. The idea of a one-click or equally quick shopping experience is something Twitter and Amazon, for example, have also been working on. The two companies recently teamed up to let Amazon customers shop with a simple tweet, and a “Buy Now” button surfaced on Twitter a couple weeks ago, as well.

広告と販売を展開する側から見ると、この新しいボタンにより、Facebook 上の広告からの、高い収益率が予測されるだろう。ワン・クリックやクイック・ショッピングという発想は、たとえば Twitter と Amazon の提携にも見られるエクスペリエンスである。最近のことだが、Amazon のユーザーが、Twitter 上の簡単なツイートで、買い物を完了できるよう、この両社は協業を開始している。 そして、何週間か前には、Twitter 上に BUY NOW ボダンも登場している。

This could potentially affect ad rates, making them more valuable, although the ability of these special ads converting to sales will also depend on how well targeted they are, something any advertising platform is always working on.

それにより、広告の価値が高まれば、広告料金にも影響が生じるだろう。しかし、広告から販売へとつなげていく能力は、そのターゲティングの出来栄えに依存する。それこそが、あらゆる広告プラットフォームが、常に取り組んでいる課題でもある。

And while Facebook isn’t currently charging the few merchants it’s testing the new button with, it isn’t taking it off the table. Affiliate programs are an old and solid business program, so why wouldn’t Facebook roll that out.

現時点において、Facebook 上には少数のショップがあるが、この新しいボタンがテストされている間は、課金も行われていない。 つまり、ビジネスは、まだ始まっていないのだ。 アフィリエイトのプログラムは、従来からの実績のあるビジネス・プログラムであるが、それを Facebook が展開しない理由も、そこにあるのだろう。

Back in January, Facebook announced that it would be rolling out new advertising options, including a “Shop Now” button, which is likely the first iteration of the new button.

話は1月に戻るが、Facebook は、新しい広告オプションを展開すると発表していた。そこには SHOP NOW というボタンが取り込まれていたが、その最初のイテレーションが、BUY なのだろう。

ーーーーー

これはアリですね。 ユーザーを引きつけておく時間が長いソーシャル・メディアが、新しいコマースの形態を作り出していくというのは、充分にあり得るシナリオだと思います。 その中でも、以下の <関連> にあるように、圧倒的なパワーを持つ Facebook に BUY ボタンが付くなら、買い物における新たなスタイルとなる可能性が高いですね。  どんなものが売れるのかなぁと、ちょっと想像してみましたが、たとえばサプリメントなどの、繰り返して購入する確率の高いものなどが考えられます。 また、ロケーション・ターゲティングを活用することで、宅配ピザなどを効率よく販売することも可能です。 早く、日本でも使えるようになると、面白いですね!

ーーーーー

<関連>

モバイル Facebook が 他のソーシャルを圧倒 : それを示す1枚のチャート
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
Facebook ユーザーの 47% は、このソーシャルから News を得ている
ソーシャルからの参照数は Facebook がブッチギリで、PI と TW が追う
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

Snapchat の凄まじい人気が、Twitter を追い抜いてしまった:それを示す1枚のチャート

Posted in Research, SnapChat, Social by Agile Cat on August 13, 2014

Snapchat Is Exploding In Popularity — It’s Even Hotter Than Twitter
http://wp.me/pwo1E-7KL

Dave Smith – Aug. 11, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-snapchat-is-hotter-than-twitter-2014-8#ixzz3ACJ5vhRV

_ Business Insider

For the longest time, the three most dominant social networks were Facebook, Twitter, and LinkedIn. But now, after the company turned down a $3 billion acquisition bid in November and talks of a $10 billion valuation earlier this year, there’s no app hotter than Snapchat right now.

ソーシャル・ネットワークの世界では、Facebook/Twitter/LinkedIn の三者による支配が、長年に渡り続いてきた。しかし、いまでは、昨年の11月に $3 billion の買収話を蹴り、今年に入ってからは $10 billion の価値があると主張する、Snapchat 以上にホットなアプリは無さそうだ。

_  space

Statista

There’s data to prove it: According to the latest data from ComScore, which was charted for us by Statista, Facebook and Facebook-owned Instagram are the most popular social platforms among users 18-34, but Snapchat is right behind those networks — and actually ahead of Twitter. It’s quite the incredible jump when you consider Snapchat’s audience penetration has almost doubled in nine months’ time, as the company’s audience was only 12.1% in November.

それを証明する、データがある。ComScore の最新データを、Statista がチャートにしてくれたのだ。それによると、Facebook と、その子会社である Instagram が、18歳〜34歳というユーザー層で、最も人気のあるソーシャル・プラットフォームになる。しかし、その背後には Snapchat がいて、実際のところ、Twitter より人気があるのだ。昨年の 11月の時点で、Snapchat ユーザーは 12.1% に過ぎなかった。 つまり、9ヶ月の間に、2倍近い新規ユーザーを獲得するという、信じられないジャンプ・アップを達成しているのだ。

ーーーーー

12.1% というと、Pinterest と Vine の間ですから、もの凄い勢いですね! しかも、年齢層が 18歳〜34歳ですから、ティーン・エイジャーだけの人気というわけでも無さそうです。 文中にもあるように、Facebook は Snapchat に振られた後に、WhatsApp を買収したわけですが、メッセージ・アプリだから、ここには出てこないのでしょうかね? それは、Line や WeChat に関しても言えることで、ソーシャルもメッセージもごった煮の、無差別級ワールドワイド選手権をやって欲しいですよね :) 

ーーーーー

<関連>

Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Snapchat には $100 Billion の価値がある:Marc Andreessen
15歳は言う : イケてるのは Snapchat と Instagramで、ダサい FB や TW はゴメンだわ!
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャルのシェアを1枚のチャートで!
各サービス の モバイル率 を調査する : LinkedIn 22%、Facebook 65%、Instagram 97% など

Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた

Posted in Social, Twitter, Weekend by Agile Cat on August 10, 2014

Twitter’s First Logo Cost Less Than $20
http://wp.me/pwo1E-7Kf

Jillian D’Onfro – August 9, 2014
http://www.businessinsider.com/first-twitter-logo-cost-less-than-20-2014-8

_ Business Insider

Twitter’s logo wasn’t always the plump, happy blue bird that we’re all used to today.

Twitter の昔のロゴは、私たちが見慣れている、ふっくらとした、幸せなそうな青い鳥だったわけではない。

Twitter’s current logo

After Twitter launched in 2006, the team bought its first logo for about $15.

Twitter が 2006年に立ち上がった後に、そのチームは約 $15 の対価で、最初のロゴを購入している。

It was a design by Simon Oxley, a British graphic designer living in Japan, who had submitted it to the stock photography website, iStock, according to The New York Times. At the time, Oxley had never heard of Twitter.

The New York Times によると、Simon Oxley という、日本に住むイギリス人のグラフィック・デザイナーがデザインし、ストック・フォト・サイトの iStock にサブミットされていたものだという。 当時の Oxley は、Twitter のことなんて、聞いたこともなかったようだ。

Here’s a screenshot of the site from back in 2007:

以下のスクリーン・ショットは、2007年当時の Twitter サイトを示している:

_  space

The Way Back Machine

Twitter eventually abandoned the design in 2009, because companies aren’t supposed to use iStock images as their official logos.

しかし Twitter は、このデザインを、2009年に放棄することになった。 なぜなら、iStock のイメージは、企業のオフィシャル・ロゴとして、使用できない取り決めになっていたからである。

The company didn’t settle on its current design until 2012, when it rebranded to something a little more sophisticated. Having the bird look up brought some subtle optimism to the brand:

そして、Twitter のロゴが、現在のものに落ち着いたのは、洗練されたブランドが確立された 2012年となる。言い換えれば、鳥をあしらったデザインが、このブランドに対して、何らかの楽観主義をもたらしたのかもしれない。

Oxley still sells a design that’s very similar to the original on iStock, though now it’s only $11:

Oxley の方だが、オリジナルと非常に似たデザインを、いまも iStock で販売している。 その値段は、$11 である:

_  space

iStock Photo

ーーーーー

そういえば、こんなデザインでしたね。 Agile_Cat が Twitter を始めたのは、たしか 2008年だったと思います。 その頃のモバイル・デバイスは、Nokia の e71 という QWERTY キーボードが付いたもので、OS はというと Symbian でした。 CPU は 400MHz くらいのシングル・コアで、メモリも 100M くらいだったと記憶しています。 そして、Gravity というアプリから、Twitter を愛用していました。 とても懐かしいです :) 

ーーーーー

<関連>

FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数でも競い合う スター・プレイヤーたち
Twitter も Asia を目指すことになる : しかし、マネタイズは大丈夫なのか?
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!
Twitter の悩みは、なかなか増えないアクティブ・ユーザー数にある
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

%d bloggers like this: