Agile Cat — in the cloud

Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid by Agile Cat on September 3, 2014

Equinix Launches Cloud Exchange To Unlock Full Potential Of Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-7O4

By
cloudtweaks April 30, 2014
http://cloudtweaks.com/2014/04/equinix-launches-cloud-exchange-unlock-full-potential-cloud-computing/

_ Cloud Tweaks

Next-generation interconnection solution improves connectivity options for cloud buyers and service providers by making multi-cloud, multi-network access a reality

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced the launch of the Equinix Cloud Exchange, an advanced interconnection solution that enables seamless, on-demand and direct access to multiple clouds and multiple networks across the globe. By bringing together cloud service providers with cloud consumers and enabling them to establish private, high-performance connections, the Equinix Cloud Exchange gives enterprises direct access to the services they need to build sophisticated hybrid cloud solutions inside Equinix International Business Exchange™ (IBX®) data centers.

REDWOOD CITY, Calif., April 30, 2014 /PRNewswire/Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、グローバルなインター・コネクトとデータセンターの企業である。そして、今日、世界に広がるマルチ・クラウドおよびマルチ・ネットワークに対して、シームレス/オンデマンド/ダイレクトにアクセスする、先進的な相互接続ソリューションである Equinix Cloud Exchange をローンチした。この Equinix Cloud Exchange により、クラウド・サービスのプロバイダーとコンシューマをつなぎあわせ、プライベートでハイパフォーマンスな接続を確立することで、顧客であるエンタープライズたちは、Equinix International Business Exchange™ (IBX®) データセンターの中で、洗練されたハイブリッド·クラウド·ソリューションを構築するために必要な、各種のサービスへのダイレクト・アクセスを実現していく。

Until now, companies concerned about relying on the open Internet for mission-critical business did not have a secure, reliable and scalable connectivity solution for a multi-cloud environment. By eliminating the bottlenecks associated with traditional cloud access across the public Internet, the Equinix Cloud Exchange provides a secure path for businesses to access cloud resources at much higher throughput. In fact, tests run in the Equinix Solution Validation Center showed increased throughput of 147 percent when connecting directly to the cloud as compared to public Internet connections.

これまで、ミッション・クリティカルなビジネスのために、オープンなインターネット活用したいと考える企業がいても、安全性と信頼性を備えたマルチ・クラウド環境の接続において、スケーラブルなソリューションが実現されていなかった。パブリックなインターネットを介した、これまでのクラウド・アクセスからボトルネックを排除することで、Equinix Cloud Exchange はエンタープライズに対して、はるかに高いスループットでクラウド・リソースにアクセスする、きわめてセキュアなパスを提供する。実際に、Equinix Solution Validation Center で実施されたテストでは、クラウドへの接続におけるダイレクト・アクセスとインターネット・アクセスの比較で、147% のスループットの向上が確認されている。

Systems integrators, IT services companies, SaaS and IaaS providers, networks and cloud enablers can all leverage the Equinix Cloud Exchange to rapidly advance their cloud computing agendas, scale their businesses globally and speed their time to market. At the same time, enterprises can achieve significant benefits by connecting through the Equinix Cloud Exchange, including increasing the privacy, performance and reliability of cloud service connections.

システム・インテグレーターや、IT サービサー、SaaS/IaaS、そしてネットワークとクラウドを実現していく全ての人々は、Equinix Cloud Exchange を利用することで、その計画を迅速に策定し、ビジネスをグローバルに拡大し、市場に提供するまでの時間を短縮できるようになる。それと同時に、 Equinix Cloud Exchange を介したコネクションを得ることで、クラウド・サービスのコネクションにおいても、プライバシーとパフォーマンスだけではなく、その信頼性までを高めていけるようになる。

Businesses can join the Equinix Cloud Exchange in 13 markets globally – Silicon Valley, Washington D.C., New York, Toronto, Seattle, Los Angeles, Atlanta, Dallas, Chicago, London, Amsterdam, Frankfurt and Paris – with expansion planned to a total of 19 markets by the end of 2014. Today customers can connect to Microsoft Azure ExpressRoute in Silicon Valley, Washington, D.C. and London with planned expansions into 13 additional markets by the end of 2014.

顧客である企業は、世界に広がる 13のマーケットで、Equinix Cloud Exchangeに参加することが可能である。 現時点では、Silicon Valley/Washington D.C./New York/Toronto/ Seattle/Los Angeles/Atlanta/Dallas/Chicago/London/Amsterdam/Frankfurt/Paris がカバーされているが、2014年の末までには、その範囲を19 マーケットに拡大する予定だ。 また、現時点においても、 Silicon Valley/Washington D.C./London では、Miacoroft Azure ExpressRoute への接続が可能であり、2014年の末までには 13 マーケットが追加される。

Customers can also access Amazon Web Services via the Equinix Cloud Exchange in Silicon Valley, Washington, D.C. and London. In addition, Equinix is working with other key cloud and network service providers to provide access to their services via the Cloud Exchange.

さらに、Amazon Web Services に関しては、 Silicon Valley/Washington, D.C/London において、 Equinix Cloud Exchange を介した接続がサポートされている。Equinix は、他のクラウド/ネットワーク・プロバイダーとの提携も進めており、それぞれのサービスへの、Cloud Exchange を介した接続を実現していく。

Next-Generation Interconnection Capabilities Enable High-Performance Multi-Cloud Environment

Representing an industry first, the Equinix Cloud Exchange will combine the automated interconnection of cloud, network and managed service providers with advanced service orchestration, providing enterprises with simple, scalable, direct access to the multiple cloud services they need to build highly flexible hybrid cloud solutions.

この種のサービスとして業界初となる Equinix Cloud Exchange は、先進的なサービス・オーケストレーションを用いて、クラウド/ネットワーク/マネージド・サービスのプロバイダーたちにおける、自動化されたインターコネクションを結合していく。それにより、きわめて柔軟なハイブリッド・クラウド・ソリューションを、構築する必要のあるエンタープライズたちは、マルチ・クラウド・サービスに対する、シンプルでスケーラブルなダイレクト・アクセスを実現していく。

Equinix’s Cloud Exchange Portal and APIs simplify the process of managing connections to multiple cloud services. Businesses can use the Portal and APIs to allocate, monitor and provision virtual circuits in near real-time with the provisioning of those circuits automated end-to-end from the Cloud Exchange to the service provider. This breakthrough capability provides faster performance, better reliability, increased security, and quicker and easier deployment of cloud applications, bringing significant benefits to the broad community of industry participants looking to realize the benefits of cloud computing.

Equinix における Cloud Exchange の Portal と API は、複数のクラウド・サービス間接続を管理するためのプロセスを簡素化する。顧客となる企業は、この Portal と API を用いることで、仮想ネットワークの割り当て/モニタリング/プロビジョニングを、ほぼリアルタイムで実現していける。もちろん、その際には、Cloud Exchange からサービス・プロバイダーのクラウドへ向けた、End-to-End のプロビジョニングも自動的に完了する。これらの画期的な機能により、高速性とパフォーマンス/優れた信頼性/セキュリティの強化が提供され、クラウド・アプリケーションの迅速かつ容易なデプロイメントが実現される。 そして、クラウド·コンピューティングのメリットを具体化しようとする、この産業の広範囲におよぶコミュニティに、大きなメリットがもたらされる。

“As an increasing number of enterprises move to the cloud, they require a new level of interconnectivity to access multiple clouds, across multiple sites, from a broad range of networks,” said Tony Bishop, chief strategy officer at The 451 Group. “With its global datacente footprint and extensive ecosystem of network and cloud service providers, the Equinix Cloud Exchange addresses many of the most pressing challenges holding corporate users back from relying on the cloud for mission-critical business including latency, security and performance issues.”

451 Group の Chief Strategy Officer である Tony Bishop は、「 クラウドへ移行するエンタープライズが増えるにつれて、広範囲におよぶネットワークから、複数のサイトを横断し、複数のクラウドにアクセスするための、新たなレベルのインターコネクションが要求される。グローバルに展開されたデータセンターおよび、広範囲に展開されるネットワーク・エコシステムと、クラウド・サービス・プロバイダーたちを組み合わせることで、企業ユーザーを制約している最も差し迫った課題を、Equinix Cloud Exchange は解決していく。それは、レイテンシー/セキュリティ/パフォーマンスといった問題を含む、ミッション・クリティカルなビジネスにおいて、クラウドに依存しているユーザーたちを救うものでもある」と、述べている。

Interconnection Track Record Positions Equinix to Solve Pressing Cloud Connectivity Challenges

Equinix earned a position as the world’s leading data center and interconnection company by enabling the growth of the most influential and highly interconnected business ecosystems in the IT industry. This 15-year track record has made the company the trusted home to the widest range of networks, cloud providers and prospective cloud services customers in the world.

Equinix は、IT 業界で最も影響力のある、高いレベルでインターコネクトされた、ビジネス・エコシステムを成長させ続けることで、世界をリードするデータセンターとインターコネクションの企業としてのポジションを確立している。この15年間にわたる実績により、世界に広がるネットワークおよび、クラウド・プロバイダー、そして将来のクラウド・サービス利用者にとって、信頼できる基盤が構築されてきた。

“Just as it was with the Internet, the key to realizing the business benefits of the cloud is how well connected it is,” said Ihab Tarazi, chief technology officer at Equinix. “But companies are recognizing that the Internet has security and performance limitations, given that it is inherently open and shared publicly. By utilizing direct access via the Equinix Cloud Exchange, businesses no longer have to compromise on these essential requirements when accessing cloud providers.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「 それこそが、インターネットに寄り添ってきたものである。 つまり、クラウドの世界において、企業のメリットを実現するためのカギは、どれだけ上手く接続できるのかという点に集約される。 そして、それらの企業は、オープンかつパブリックに共有されるインターネットを前提にするなら、そこにはセキュリティとパフォーマンスの制約があると認識している。 Equinix Cloud Exchange を介したダイレクト・アクセスを利用することで、それらのクラウド・プロバイダーにアクセスする企業において、この本質的な要件で妥協する必要性が消え去っていく」と、述べている。

Today over 4,500 customers, including 450 cloud service providers and 975 networks, are deployed within Equinix’s 100+ global data centers, which are located in close proximity to hundreds of thousands of enterprises. With the introduction of Cloud Exchange, Equinix is building upon its successful heritage and leveraging the power of interconnection to bring cloud buyers and providers together in new ways to realize the benefits of cloud computing.

現時点において、Equinix がグローバルに展開する、100 ヵ所以上のデータセンターに、450 のクラウド·サービス·プロバイダーと、975 のネットワークを含む、4,500 以上の顧客がリソースをディプロイしている。そして、それらのデータセンターは、無数とも言えるエンタープライズに隣接している。Cloud Exchange の導入は、インターコネクションのパワーを継承/活用するかたちで、Equinix が成功し続けることを意味する。それにより、クラウド·コンピューティングのメリットを実現するための新しい方式が、クラウドのバイヤーとプロバイダー、双方にもたらさせるようになる。

ーーーーー

実は、すでにカテゴリ<Equnix>は作ってあって、このポストで 10本目という計算になります。 同社の IBX(International Business Exchange)に Amazon AWS が接続されたのが 3年前であり、今年は Performance Hub がサポートされ、さらには、この Cloud Exchange が加わったわけです。コンピューティングやストレージの拡張性というより、ネットワークにおける品質を全面に押し出した Equinix の各種サービスが、クラウド・ビジネスにおける「美味しいとこ取り」をしているような気がしてならないのです。

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー:HVDC との相性も良さそう!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on August 21, 2014

A next-gen battery is coming soon to the power grid
http://wp.me/pwo1E-7LS

By Katie Fehrenbacher – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/the-power-grid-is-getting-a-lot-of-new-next-gen-battery-options-this-year/


_ Giga Om

Summary: Flow batteries are funky large batteries that use liquid tanks and pumps. There’s a new one being commercialized by a Silicon Valley startup.

Summary: フロー・バッテリーとは、液体のためのタンクやポンプを用いる、ちょっと型破りな大型のバッテリーのことである。そして、Silicon Valley のスタートアップにより商品化された、新しいプロダクトが登場した。

ーーーーー

2014 seems poised to be the year that next-generation battery technologies become more widely available for the power grid. On Tuesday a five-year-old venture capital-backed startup called Primus Power announced that it’s raised another round of $20 million in funding, which it will use to get its battery technology to its first utility and power customers this year.

2014年は、次世代バッテリー・テクノロジーが、送電網において広範囲に利用されるよう、準備を整える年になりそうだ。この火曜日(2/4)に、Primus Power( 5年間に渡りベンチャー・キャピタルの支援を受けてきた)というスタータップが、別のラウンドで $20 Million を調達したと発表した。そして、年内には、Utility and Power の顧客たちに、そのバッテリー・テクノロジーを提供できるようにするようだ。

Primus Power makes “flow batteries,” which store energy like the batteries in your laptop do, but which have the electrolyte (the substance that acts as the medium for the charging and discharging) separated out of the battery cell in liquid-filled tanks. The systems use a pump to move the liquid electrolyte over the electrode, which in turn stores energy.

Primus Power が作るフロー・バッテリーは、あなたのラップトップ PC に似たようなかたちで蓄電するが、その電解質(充放電のための媒体として作用する物質)は、液体で満たされたタンク内のバッテリー・セルから分離されている。つまり、このシステムはポンプを用いて、電極上に電解液を循環させることで蓄電していく。

The Primus Power shipping container, filled with flow batteries.

The benefit of this design is that flow batteries can be cheaper, can be more easily refillable, and can provide prolonged amounts of energy storage compared to traditional enclosed batteries. Primus Power’s flow batteries are supposed to be able to provide energy storage for over a period of four or five hours, while a lithium ion battery can provide energy storage for about an hour, Primus Power’s CEO Tom Stepien told me in an interview a couple years ago.

このデザインの利点として挙げられるのは、フロー・バッテリーが安価であり、電解液の充当が容易であり、また、従来からの封入型バッテリーと比べて、長時間にわたって電力を供給できる点にある。Primus Power のフロー・バッテリーは、4時間〜5時間にわたって放電できるようになっているが、リチウム・イオン電池の場合は、約1時間の放電が限界であると、Primus Power の CEO である Tom Stepien が、数年前のインタビューで語っていた

Primus Power sells an “EnergyPod,” (see above) which is basically a shipping container that’s filled with around a dozen flow batteries stacked on top of each other. Each EnergyPod has capacity to store 250 kW of energy for a cost of $500 per kWh. For large installations a utility can install multiple shipping containers and manage them with the computing and software that Primus Power also provides.

Primus Power が販売する EnergyPod は、輸送用コンテナをベースにしたものであり、その内部は、積み重ねられた十数基のフロー・バッテリーで満たされている。それぞれの EnergyPod は、250 kW を充電することが可能であり、そのコストは kWh あたり $500 となる。また、電力会社などが大規模な導入を行う際には、複数のコンテナをインストールすることが可能であり、Primus Power が提供するコンピューティングとソフトウェアにより、それらを管理できる。

The electrode sits at the top of the flow battery.

Power companies are looking to add energy storage technologies like batteries and flow batteries to the grid as a way to store energy generated by clean power sources like solar and wind, which only provide energy when the sun shines and wind blows. The idea is that a flow battery could store energy from, say, a wind turbine, when the wind is blowing extra hard, and the battery can release the extra energy over four or five hours as the wind dies down.

電力会社は、太陽光や風力といった、クリーンであっても生成が不安定なエネルギーを蓄積するための方式として、送電網にバッテリーやフロー・バッテリーなどの、エネルギー・ストレージ・テクノロジーを加えたいと考えている。この、フロー・バッテリーのアイデアにより、たとえば風力発電の場合なら、強風により余剰な電力が供給されるときに蓄電して、風が止んだらバッテリーから、4時間〜5時間ほどの放電が可能なるのだ。

While flow batteries have been on the market for awhile, Primus Power’s flow battery is supposed to be more efficient because it uses one tank, one flow loop, one pump, and no separator (many current ones on the market use two tanks and a separator). Primus’ electrode is also made of metal, compared to the felt or plastic electrodes of some competitors (so higher conductivity) and the electrolyte itself — that flows through the system — is zinc-based.

このところ、いくつかのフロー・バッテリーが市場に登場しているが、Primus Power のフロー・バッテリーは、タンク/フローループ/ポンプが1つずつで済み、また、セパレータが不要である(数多くのプロダクトが、市場で提供されているが、そのすべてが 2つのタンクを用い、セパレータを必要とする)。いくつかのコンペティタが、フェルトまたはプラスチック(もしくは、それ以上の導電率を持つ物質)の電極を用いているのとくらべて、Primus は金属製を用いている。また、そのシステムの全体を構成する電解質は、亜鉛ベースの材質となる。

An early version of Primus Power’s electrode.

Other startups that are building the next-generation of low cost batteries for the power grid include Ambri, Eos Energy, Aquion Energy and others. Several of these companies are looking to commercialize their technology this year. And it’s not just batteries that are emerging for energy storage and the power grid — startups like LightSail Energy and SustainX are working on reinventing compressed air energy storage.

その他にも、Ambri/Eos Energy/Aquion Energy などを含むスタートアップたちが、送電網用の低コスト次世代バッテリーを構築している。そして、そのうちの何社かは年内に、そのテクノロジーを商用化しようとしている。 ただし、こうした動きは、バッテリーだけにとどまらない。LightSail Energy や SustainX といったスタートアップは、圧縮空気によるエネルギー蓄積技術を改善することで、電力網のための電力ストレージに取り組んでいる。

Primus Power has raised a total of $35 million from investors including Kleiner Perkins, Chrysalix, DBL Investors and I2BF Global Ventures. The new round was led by South Africa-based resource developer Anglo American Platinum Limited. Primus has also received $20 million worth of grants from U.S. government agencies, like the Department of Energy.

Primus Power は、Kleiner Perkins/Chrysalix/DBL Investors/I2BF Global Ventures といった投資家たちから、合計で $35 Million の資金を調達している。今回のラウンドは、South Africa ベースの資源開発会社である Anglo American Platinum Limited が主催したものである。そして、ここでも Primus は、Department of Energy といったアメリカ政府機関から、$20 Million の助成金を得ている。

Primus Power is looking to use these latest funds to deliver their first EnergyPods to customers. Customers include a utility in Modesto, California, the Bonneville Power Administration in the Pacific Northwest, and a microgrid at the Marine Corps Air Station in Miramar, California. California could be home to many of these new power grid energy storage innovations, following the state’s decision to support a large amount of energy storage projects by 2020 in order to help the state meet its renewable energy mandate.

Primus Power は、それらの資金を用いて、最初の顧客たちに EnergyPods を供給しようとしている。そして、それらの顧客には、California の Modesto や、Pacific Northwest の Bonneville Power Administration といった電力会社や、California の Marine Corps Air Station におけるマイクログリッドなどが含まれる。California は、送電網のための、新たな電力ストレージ・テクノロジーの本拠地になれるかもしれない。それは、2020年までに再生可能エネルギーの活用を促進するという、州政府が決定した大量エネルギー・ストレージ・プロジェクトを、サポートするものでもある。

Related research

The fourth quarter of 2012 in clean tech – January 2013
The next generation of battery technology – October 2012
Cleantech third-quarter 2012 – October 2012

ーーーーー

今年の2月の記事であり、だいぶ時間が経ってしまいましたが、とても興味深い内容なので訳してみました。 日本でも、さくらインターネットなどによる 石狩超電導直流送電プロジェクトや、NTT Data による 高電圧直流給電(HVDC)テクノロジーといった、エネルギーとデータセンターの関係を再構築していこうという取り組みが進んでいます。 そして、この Primus Power の EnergyPods も、大がかりな蓄電は不可能という固定概念を、打ち破ろうとする試みとして捉えることが可能です。 まだまだ、時間はかかるでしょうが、それぞれの領域でテクノロジーが磨かれていくことで、安全でクリーンなエネルギーにより、データセンターが効率よく動き続けるという、新しい時代にたどり着けると信じています。

ーーーーー

<関連>

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えるべき
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on August 19, 2014

Google: From 112 Servers to a $5B-Plus Quarterly Data Center Bill
http://wp.me/pwo1E-7Lz

Yevgeniy Sverdlik – July 23, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/23/from-112-servers-to-5b-spent-on-google-data-centers-per-quarter/

_ DC Knowledge

It was only 15 years ago that Google was running on slightly more than 100 servers, stacked in racks Sergey Brin and Larry Page put together themselves using cheap parts – including insulating corkboard pads – to cut down the cost of their search engine infrastructure.

それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。

That do-it-yourself ethos has stayed with the company to this day, albeit it is now applied at much bigger scale.

この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

Google data centers cost the company more than $5 billion in the second quarter of 2014, according to its most recent quarterly earnings, reported earlier this month. The company spent $2.65 billion on data center construction, real estate purchases and production equipment, and somewhat south of $2.82 billion on running its massive infrastructure.

7月初めに報告された、直近の四半期決算によると、2014年 Q2 における Google データセンターのコストは、$5 billion 以上とされている。 同社は、データセンターの建設および、不動産の取得、設備の購入などに$2.65 billion を投資し、また、大規模なインフラストラクチャを運用するために、$2.82 billion を費やしている。

The $2.82 billion figure is the size of the “other cost of revenue” bucket the company includes its data center operational expenses in. The bucket includes other things, such as hardware inventory costs and amortization of assets Google inherits with acquisitions. The size of this bucket in the second quarter represented 18 percent of the company’s revenue for that quarter. It was 17 percent of revenue in the second quarter of last year.

この $2.82 billion という数字は、データセンターの運用コストを含む、同社における「その他のコスト」を、大まかなところでザックリと示している。この数字には、たとえばハードウェア在庫の金額や、Google の買収先から継承する償却資産といったものが含まれている。今年の Q2 における、この数字の規模は、同じ Q2 の売上高に対する 18% を占めている。そして、昨年の Q2 では、この数字は 17% であった。

Google’s largest server order ever

While the amount of money Google spends on infrastructure is astronomically higher than the amount it spent 15 years ago, the company makes much more money per server today than it did back then.

いまの Google が、インフラに費やすコストは、15年前とくらべて天文学的に膨らんでいる。つまり、当時と比べて、サーバーごとに費やす金額が大きくなっているのだ。

“In retrospect, the design of the [“corkboard”] racks wasn’t optimized for reliability and serviceability, but given that we only had two weeks to design them, and not much money to spend, things worked out fine,” Urs Hölzle, Google’s vice president for technical infrastructure, wrote in a Google Plus post today.

「 いまになって、振り返ってみると、あの “コルク・ボード” ラックのデザインは、信頼性と保守性という意味で最適化されていなかった。しかし、二週間でデザインを完了し、しかも、多額の費用をかけられなかったことを考えると、上手くいったのだろう」と、Google の VP for Technical Infrastructure である Urs Hölzle が、今日の Google+ にポストしている。

One of Google’s early “corkboard” racks is now on display at the National Museum of American History in Washington, D.C.

In the post, Hölzle reminisced about the time Google placed its largest server order ever: 1,680 servers. This was in 1999, when the search engine was running on 112 machines.

そのポストで Hölzle は、当時としては史上最大である、1680 台のサーバーを発注したときの思い出にも触れている。 それは、1999年のことであり、すでに同社の検索エンジンが、112台のマシン上で実行されていたときの話しでもある。

Google agreed to pay about $110,000 for every 80 servers and offered the vendor a $2,000 bonus for each of the 80-node units delivered after the first 10 but before the deadline of August 20th. The order was dated July 23, giving the vendor less than one month to put together 800 computers (with racks and shared cooling and power) to Google’s specs before it could start winning some bonus cash.

Google は、80台のサーバーで構成される1ユニットに対して、$110,000 を支払うことに合意した。 そして、8月20日までに、最初の 80 ノード x 10ユニットを納入することで、ユニットごとに $2000 のボーナスを提供すると、そのベンダーに約束した。 この発注は 7月23日付けであり、そのベンダーは 800台のコンピューターを、1ヶ月足らずで調達しなければならなかった(ラックと共有ファンと電源も含む)。 しかも、ボーナスを手にする前に、Google の要求するスペックに合わせなければならない。

Hölzle included a copy of the order for King Star Computer in Santa Clara, California. The order describes 21 cabinets, each containing 60 fans and two power supplies to power those fans.

Hölzle は、そのブログ・ポストに、Santa Clara, California の King Star Computer 宛に発行した、発注書をコピーしてくれた。それは、21台のユニットを発注するものであり、それぞれに 60台のファンと、そのための 2つの電源が取り込まれるものであった。

There would be four servers per shelf, and those four servers would share:

1つのシャシーに 4台のサーバーが配置され、以下を共有する:

  • 400-watt ball bearing power supply
  • Power supply connector connecting the individual computers to the shared power supply
  • Two mounting brackets
  • One plastic board for hard disks
  • Power cable

Each server would consist of:

個々のサーバーの構成要素:

  • Supermicro motherboard
  • 265 megabytes of memory
  • Intel Pentium II 400 CPU with Intel fan
  • Two IBM Deskstar 22-gigabyte hard disks
  • Intel 10/100 network card
  • Reset switch
  • Hard disk LED
  • Two IDE cables connecting the motherboard to the hard disk
  • 7-foot Cat. 5 Ethernet cable

Google’s founders figured out from the company’s early days that the best way to scale cost-effectively would be to specify a simple server design themselves instead of buying off-the-shelf all-included gear. It designs its hardware on its own to this day. Other Internet giants that operate data centers at Google’s scale have followed suit.

Google の創設メンバーたちは、同社が立ち上がったときから、すべてのギアが取り込まれた既成品サーバーを購入するのではなく、ニーズに適合するシンプルなサーバーを自らデザインすることが、大きなスケールで費用対効果を向上させる方法だと、理解していたことになる。そして、ハードウェアを独自にデザインするという考え方は、今日まで続いている。 さらに言えば、Google スケールでデータセンターを運営する、他のインターネット・ジャイアントたちも、それを追随してきたことになる。

ーーーーー

とても面白い話なので、楽しみながら訳すことができました :) そして、分かったことは、今日に至るまで Google が、既成品としてのサーバーを、まったく購入していないという、徹底したカスタム路線を貫いていることです(多少の例外はあるかも?)。 いつ頃から、台湾の ODM に発注先が切り替わったのか、そのあたりは分かりませんが、データセンターを運用する側が、つまりユーザー側が、サーバーをデザインすべきという発想の原点が、ここにあるのでしょう。 Open Compute Project Japan を、お手伝いしている Agile_Cat としても、このトピックを皆さんと共有できて嬉しいです。 何かの機会があり、Washington, D.C. へ行くことがあるなら、National Museum of American History で初代 Google サーバーを見学したいものですね。

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
Facebook と Open Compute が、Wedge という名の オープン・スイッチを発表!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?

Posted in .Selected, Apple, Asia, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on August 5, 2014

Apple’s iPhone 6 Faces A Big Pricing Problem Around The World
http://wp.me/pwo1E-7IX
Jim Edwards – Jul. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/android-and-iphone-market-share-and-the-iphone-6-2014-7

_ Business Insider

Nearly 90% of people in Brazil have Android phones, and almost none of them have Apple’s iPhones, according to Kantar. That astonishing statistic, and the equally dramatic news that Android has more than 75% of smartphone market share in Argentina, Brazil, and Mexico, gives you an idea of the headwinds facing Apple’s new iPhone 6 when it launches in September.

Kanter によるとBrazil では約 90% の人々が Android Phone を使い、また、それらの人々の大半が  Apple iPhone を所有していない。 この、驚くべき統計値は、Argentina/Brazil/Mexico のスマートフォン市場で、Android が 75% 以上をシェアを得ているのと、同じレベルで衝撃的なニュースとなっている。つまり、この 9月に Apple が、新しい iPhone 6 を立ち上げるときに、逆風に直面するだろうという考えが、あなたの脳裏をよぎるだろう。

Mario Tama
Getty Images

Fans went crazy at the first Apple Store in Brazil earlier this year — but can enough Brazilians afford iPhones?

These are modern economies with millions of phone users but they also have huge numbers of poor consumers. Few of them will be able to afford the iPhone 6.

いまの経済は、無数のスマートフォン・ユーザーに支えられているが、その大半が貧しい状況に置かれている。 その一方で、余裕で iPhone を購入できるユーザーはというと、ごく僅かなのである。

Kantar

Android market share in Argentina, Brazil, and Mexico.

Yet, Apple is about to go to war with an iPhone 6 that will likely cost nearly $700 per unit. It will be competing in markets where a slew of $100 and $200 large-format Androids are about to be launched.

そして Apple は、ユニットあたり $700 程度の価格になる、iPhone 6 を手にして勝負しようとしている。つまり、$100〜$200 で大型ディスプレイを持ち、人々を喜ばせている Android が待ち受けるマーケットで、Apple は戦うことになるのだ。

The Kantar numbers suggest that even Microsoft’s Windows phones actually have a greater market share than Apple’s iOS mobile devices in some Latin American countries. eMarketer has slightly different numbers, but even then it’s clear that no matter how you measure it the stats show iOS is an also-ran mobile operating system in many modern but still developing economies. In Spain, for instance, Android’s market share declined from 93% to 87% mostly because it lost share to Windows, not Apple.

この Kanter の見積は、いくつかの Latin American 諸国においては、実際のところ Microsoft の Windows Phone の方が、Apple の iOS モバイル・デバイスよりも、大きなマーケット・市場シェアを持っていると、示唆している。eMarketer の推測は、わずかに異なっているが、それでも明らかなのは、統計を取るための測定方式には関係なく、モバイル・オペレーティング・システムとして iOS を走らせるデバイスは、近代的な国家には受け入れられても、発展途上国に入り込めない状況である。実際に、Spain のマーケットでは、Android のマーケット・シェアが 93% から 87% に減少しているが、その要因は Windows であり、Apple ではない。

This is important because as more and more of the world comes online via mobile, all the growth is going to be in poor countries. Apple doesn’t even have distribution in some of these countries. It only just opened its first store in Brazil last year.

この世界がモバイルを介して、次々とインターネットに接続されるという観点で、すべての成長が POOR な国々に依存しているところが、きわめて重要である。 さらに Apple は、それらの国々で、十分な供給体制を整えているとは言えない。 昨年に、初めてのストアが Brazil に登場したが、それが唯一の事例である。

The term "poor" here is being used in the relative, macroeconomic sense as a contrast to the "rich" countries of North America and Western Europe. To put this in perspective, per capita income in the U.S. is about $47,000 annually. In India it’s $3,560, according to the World Bank. That is significant because an iPhone in the U.S. costs $700. iPhones are nearly $1,200 in Brazil and more expensive than the U.S. in every other country where they are sold. In the U.S., you can save your wages for a couple of weeks and buy a new iPhone. In Brazil or India, you’ll have to save more than a month of your wages.

なお、ここで使う POOR をいう言葉は、マクロ経済における相対的な意味でのものであり、その対極には、北米と西欧の RICH な国々が存在する。この視点で、World Bank からのデータを比較すると、US における1人当たりの収入は $47000/年であるが、India では $3560/年となる。US では iPhone が $700で販売されているが、Brazil では $1200 ほどになってしまうように、すべての国々で US より高価なものになっている。つまり、US では、数週分の蓄財で新しい iPhone を購入できるが、Brazil や India では、1ヶ月分の賃金でも足りないのだ。

BII

If you’re an Apple user, you can say one good thing about Android: It sure helped bring down the average selling price of an iPhone, if only briefly. Average iPhone prices have gone beneath $550 since Apple began selling the iPhone 4 and iPhone 4S as entry-level models at discount prices in places like India.

あなたが Apple ユーザーであるにしても、1つだけ Android に感謝すべきことがある。簡単に言うと、iPhone の平均的な販売価格を、引き下げるという効果をもたらしているのだ。 たとえば India などで Apple が、低価格のエントリー・モデルとしての iPhone 4 および iPhone 4S を販売し始めてから、iPhone の平均価格は $550 を下回るようになった

Arguably, the iPhone 4 range is Apple’s competitor to cheaper Androids: It’s the iPhone you can get if you want to pay $0 down and walk out of the store with an Apple.

おそらく、iPhone 4 の価格帯を引き下げることで、ライバルである Android に対抗するつもりなのだろう。キャリアとの契約を抱き合わせるなら、$0 の値札の iPhone を、Apple Store から持って帰れるのだ。

But now there are questions about that strategy, too. Those iPhone 4 models will be going up against the new Android One, Google’s bare-bones Android for India, which will cost $100.

しかし、いまとなっては、その戦略にも疑問が生じてきた。それらの iPhone 4 モデルは、新たに登場する Android One と戦わざるを得ない。 この、Google が India に供給する Android ベアボーンは、そのコストが $100 に抑えられている。

Areppim

Mobile operating system market share for South America.

There are a range of Chinese companies undercutting the bottom of the market with cheap Android copies of Samsung phones. Many of them, particularly Android One, are likely to be much better value for money than an iPhone 4 or — if you’re poor and every penny counts — an iPhone 6. The cheap, modern Androids have big screens and the same apps and features as the older iPhones.

Samsung Android をコピーするかのように、China 系の企業が、このマーケットの下限をさらに引き下げている。それらのプロダクトの大半は、さらに言えば Android One は、iPhone 4 よりも費用対効果が高いだろう。あなたが POOR であり、節約しなければならないなら、iPhone 6 よりも価値が有るだろう。それらの、最新の Android は安価なだけではなく、大型のスクリーンを持ち、従来からの iPhone と同じレベルの、機能やアプリを提供しているのだ。

Apple’s strategy is not to care about the bottom of the market. Apple has always wanted to dominate only the most profitable, high-end section of the market where all the profits are.

Apple のストラテジーは、マーケットの底辺のことを気にかけていない。 常に Apple は、最も収益性の高いハイ・エンド市場を支配したがり、また、すべての利益を、そこから得てきた。

The strategy appears to be working, for now. Samsung may get hurt most in the short-run — why bother with an expensive Samsung Android when a cheap Xiaomi Android will do? But a cheaper, better Android would be more of a threat to Apple than Samsung is now.

このストラテジーは、いまのところ、上手く機能しているように見える。しかし、安価な Xiaomi Android が登場すると、高価な Samsung Android が食われてしまうので、短期的に見ると Samsung に大きな影響が生じるだろう。しかし、安価で有能な Android は、いまの Samsung にとってというより、将来の Apple にとって大きな脅威になるだろう。

What is the point of a mobile platform that only 20% of the world uses? Most developers want their apps exposed to as many people as possible, not a select few. And why would you want a tiny old 3.5-inch iPhone 4 when you can get a 5-inch Android for the same price?

世界の 20% だけが使用する、モバイル・プラットフォームの、どこに魅力があるのだろう? ほとんどのデベロッパーは、自分のアプリを少数の人々にではなく、より多くの人々に提供したいと考えるだろう。そして、同じ価格で、5-inch の Android を得ることができるのに、3.5-inch の古い iPhone 4 を欲しがる理由は、いったい何処にあるのだろう?

That is why it would not be a surprise to see the iPhone 5C get offered at a further discount once iPhone 6 launches. Its screen is larger than the iPhone 4 series, and it’s still a pretty good phone. But it probably won’t fall as far as $100 for most buyers — and that is where it will be interesting to see how Apple responds.

iPhone 6 が立ち上がれば、iPhone 5C が大幅にディスカウントされるだろうが、それほどの驚きでもない。iPhone 5C のスクリーンは、iPhone 4 シリーズよりも大きく、また、機能も優れている。しかし、多くの買い手が望んでいる $100 のレンジまで、その価格は引き下がらないだろう。 そこが、Apple の対応を見る上で、最も興味深いところである。

•  You’re Delusional If You Think The Price Of The iPhone 6 Won’t Be Crucial To Its Success

•  Proof That Android Really Is For The Poor

•  I Ditched My iPhone For A Samsung Galaxy S5 And Was Blown Away By What I Was Missing With Apple

ーーーーー

いまの、大きな利益を確保しながら、iPhone の価格戦略を大転換するのは、ほとんど不可能なことなのでしょう。 しかし、中長期的に見て、iPhone が世界の国々に浸透していく状況を願うのであれば、何らかの方針転換が Apple には必要です。 なんというか、一挙に広がり始めたマーケットに、Apple は付いて行けてないという感じがしてしまいます。 世界で一番のお金持ちなのですから、多少の赤字などは気にしないで、$100 iPhone 5C をばらまいて欲しいですね。 Agile_Cat は、緑色のやつが欲しいです :) 

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/6月
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
スマートフォン戦争は終結した: そして勝ったのはユーザーである

Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!

Posted in .Selected, Google, Research by Agile Cat on July 20, 2014

Google Misses On EPS, Beats On Revenue
http://wp.me/pwo1E-7G8
Jay Yarow and Jillian D’Onfro – Jul. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/google-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Google earnings are out! It’s a miss on the bottom line, but a beat on the top line:

Google の 2014年 Q2 収支が発表された。 その内容は、予想に対して、最終損益では下回り、売上では上回るというものであった:

Getty / Justin Sullivan

  • Non-GAAP EPS: $6.08 versus $6.25 expected
  • Revenue ex-TAC: $12.67 billion versus $12.32 billion expected
  • Gross revenue was $15.96 billion, which is up 22%, versus expectations of $15.61 billion
  • Non-GAAP (Generally Accepted Accounting Principles) EPS(Earning Share): 予測の $6.25 に対して $6.08
  • TAC 処理前の売上: 予測値である $12.32 billion に対して、$12.67 billion
  • 粗利益は 22% 増加の $15.96 billion。 予測値は $15.61 billion

     参考: TAC について調べてみました - 山口隼也さん

Google also announced that long time sales boss Nikesh Arora is leaving the company, going to Softbank where he will be a vice chairman and CEO of its Internet and Media division. Omid Kordestani will take Arora’s place.

また、Google は、長年に渡って販売部門を率いてきた Nikesh Arora が退職し、Softbank における Internet and Media Division の Vice Chairman and CEO を務めることになると発表した。 そして、彼の後任は、Omid Kordestani が務めることになる。

The stock is up modestly after-hours. The most important thing investors were watching was paid clicks and cost per click:

なお、Google の株価は、この発表の数時間後から、ゆるやかに上昇している。 そして、投資家たちが最も重視していたのは、Paid Clicks と Cost Per Click の推移である:

Paid clicks increased approximately 25% over the second quarter of 2013 and increased approximately 2% over the first quarter of 2014. Cost per click, CPC, was down 6% from the previous year. However, that’s a modest increase over the first quarter of the year, when CPC was down by 9% year-over-year. It remained constant from the first quarter of 2014.

Paid Clicks は、2013年 Q2 に対して約 25% の増加となり、また、2014年 Q1 に対しては約 2% の増加である。また、Cost Per Click(CPC) は、前年比で 6% の減少となる。しかし、前年比が 9% ダウンだった 2014年 Q1 と比べると、若干の増加である。つまり、2014年に入ってからは、ほとんど一定といえる状況にある。

BII

Here’s a look at the change in Google’s CPC over the last few years, from Business Insider Intelligence:

以下の Business Insider Intelligence からのチャートは、この数年における Google の CPC の推移を示している:

The numbers show that even as mobile ads become a larger part of its business, Google still can’t charge as much for them as it can for desktop ads. In the earnings call, though, Nikesh Arora said that there’s "huge revenue opportunity" for mobile, and  Google expects that mobile ads will eventually be more lucrative than desktop.

この数字が示すのは、Google のビジネスにとって、モバイル・アドが大きなパートを占めるようになり、また、デスクトップ・アドから大きな利益を挙げられないという状況である。しかし、この決算報告では発表で Nikesh Arora は、モバイル・アドには「 膨大な収益のチャンス」があり、また、最終的にはデスクトップ・アドよりも大きな利益を生じると、Google が期待していることを述べている。

Here’s a nice chart from from Jan Dawson:

Jan Dawson からの分かりやすいチャート:

Google made a few acquisitions this year, including Titan Aerospace, a drone company, and Skybox Imaging, a satellite service. These acquisitions (and the hundreds of millions of dollars that they required) will be helpful for Google’s "moonshot" type projects, and on the call, an investor asked about Google’s timelines for profitability for these various initiatives.

今年の Google は、いくつかの企業買収を実施しているが、その中には Titan Aerospace や、ドローン企業である Skybox Imaging などが含まれる。これらの買収(と要した対価)は、Google  における Moon Shot タイプのプロジェクトを支援するだろうが、今回の説明会では、こうした試みが収益を上げるまでのタイムラインについて、ある投資家が質問していた。

And here’s Google revenue:

そして、Google の収支内容と、国内外への依存度に関するチャート:

The company’s ceded that these are long-term projects, and although it’s constantly updating its theses about profitabilty, these are multi-year commitments that could take decades.

それに対して Google は、それらが長期的なプロジェクトであり、また、収益性については随時レポートしていくが、数十年もかかる可能性があると、真正面から答えていた。

ーーーーー

収益を上げるために企業は存在するのか? それとも、企業を成長させるために、収益を拡大する必要性が生じるのか? おそらく、どちらも正解なのでしょうが、Google や Facebook などの、広告を収益の柱とする企業は、後者の色合いが強いように思えます。たとえば、Apple の iPhone のような、空前の利益をもたらす商品は持ちませんが、確実に右肩上がりの結果を残すという、足腰の強さを感じます。 それぞれが、大変な努力を積み上げた結果なのでしょうが、なんとなく『 左ウチワ 』に見えてしまいますね :)

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, Open Compute, OpenStack, Rackspace, Strategy by Agile Cat on July 4, 2014

Rackspace’s OnMetal service eliminates "noisy-neighbor" problems
http://wp.me/pwo1E-7Dx

By Michael Kassner July 1, 2014
http://www.techrepublic.com/article/rackspaces-onmetal-service-eliminates-noisy-neighbor-problems/

Has VM server technology finally outlived its usefulness? Rackspace and some major clients seem to think so.

仮想サーバーのテクノロジーは、その有用性という観点で、長生きし過ぎているのだろうか? Rackspace と、主要な顧客たちは、そう考えているようだ。

Last year, Dell and HP lost a key customer — Rackspace. Up until then, the two companies supplied Rackspace with upwards of 90,000 servers. Rackspace, like Facebook, now designs its own servers using guidelines from the Open Compute Project. Quanta Computer builds the custom servers for Rackspace.

昨年のことだが、Dell と HP は、重要な顧客である Rackspace を失っている。それまで、この両社は、90,000台以上のサーバーを Rackspace に供給してきた。しかし、いまの Rackspace は Facebook のように、Open Compute Project のガイドラインを用いて、自らのサーバーをデザインしている。 そして Quanta Computer が、Rackspace のためのカスタム·サーバーを構築している。

Image: Rackspace

This past week, Taylor Rhodes, President of Rackspace, announced in this video what was in store for these servers — a new Rackspace offering called OnMetal. Put simply, Rackspace, besides providing customers multi-tenant virtual machine (VM) servers, will now rent single-tenant dedicated servers.

先週のことだが、Rackspace の President である Taylor Rhodes は、彼らの OnMetal という新しいサーバーに、ストアされるものをビデオで発表した。簡単に言うと、これからの Rackspace は顧客たちに、マルチテナントの仮想マシン(VM)サーバーを提供するだけではなく、シングルテナントの専用サーバーをレンタルすることになる。

Why single-tenant servers?

Rhodes listed a whole slew of reasons why multi-tenant VM servers were not meeting customer needs, calling the issues "noisy-neighbor" problems. The predicament was first noticed when one tenant on a VM server co-opted most of the server’s resources. Doing so caused variability in how the other VMs behaved and performed, even to the point where availability was not assured.

Rhodes は、マルチテナントVMサーバーが、顧客のニーズを満たせなかった理由を列挙し、すべてが "noisy-neighbor(迷惑な隣人)" の問題だと切り捨てている。この不具合は、VMサーバー上のテナントが、そのサーバーの大半を共有すると選択したときに、初めて気づくものである。 そのような状況では、他の VM の振る舞いや、その処理の内容に応じて、自身の VM に性能のバラつきが生じることになり、可用性が保証できないレベルに至ることもある。

Rhodes stated that clients, not seeing any other choice, attempted to thwart these issues by over-provisioning their server requirements, aggravating the situation even more. Something else often overlooked is that each VM instance adds what Rhodes considers "virtualization tax." The performance hit each additional VM instance places on the physical server.

Rhodes は、こうしたサーバーのオーバー・プロビジョニングによる問題を、他の選択肢を探すことなく阻止しようとする顧客は、さらに状況を悪化させると述べている。その他で見落とされがちなものとしては、それぞれの VM インスタンスが積み上げていく "virtualization tax” があると、Rhodes は考えている。つまり、物理サーバー上に追加された、それぞれの VM インスタンスにより、パフォーマンスが劣化していくことになる。

Image: Rackspace

One solution that eliminates the noisy-neighbor problem is to place critical services on dedicated servers in colocation centers. However, companies renting dedicated hardware lose a lot in the process. According to Rhodes, "In a colocation center, you lose the simplicity and elasticity a multi-tenant cloud gives you."

この、noisy-neighbor の問題を排除するソリューションとして、コロケーション·センター内の専用サーバーに、重要なサービスを配置するという考え方がある。しかし、専用のハードウェアーをレンタルするプロセスの中で、顧客となる企業は大きなロスを生じる。Rhodes は、「コロケーション・センターにおいては、マルチテナント・クラウドが提供するはずの、シンプルでエラスティックという特性が失われる」と述べている。

Elasticity refers to "how well the datacenter can satisfy the growth of the input VMs resource demands under both the limitations of physical machine capacities." So there’s the trade-off: performance variability vs. ease and quickness of provisioning.

ここでい言うエラスティックだが、「物理マシンのキャパシティという制約の下で、要求に応じて VM リソースを投入し、データセンターの成長を達成する」という意味を持つ。したがって、そこには、” パフォーマンスの変動性 vs 迅速で容易なプロビジョニング ” というトレードオフがある。

With Rackspace’s new service, there’s no trade-off

Rackspace took the best parts of the multi-tenant cloud and colocation services and discarded the parts that weren’t working. To do that, Rackspace took its OnMetal server design, enlisted OpenStack cloud software, (specifically Ironic, a provisioning system built for bare-metal servers), and created a service that lets providers work with non-VM servers (OnMetal) in the same manner and flexibility VM servers are provisioned.

Rackspace が選んだ方針は、マルチテナント・クラウドとコロケーション・サービスからの良いとこ取りである。そのためには Rackspace は、OpenStack クラウド·ソフトウェアを組み入れれる(ベアメタル・サーバー用に構築された Ironic プロビジョニング・システムが特徴)、OnMetal サーバーを自身でデザインすることになった。その結果として、顧客であるサービス・プロバイダーたちは、non-VM サーバー(OnMetal)を動かしながら、VM サーバーのプロビジョニングで実現される方式と柔軟性を手に入れられる。

Rhodes stated OnMetal servers:

Rhodes は OnMetal サーバーについて、以下のように述べている:

  • Are 100% solid-state, no heat (other than the Central Processing Unit), and no vibration as fans are outside the server housing;
  • Can be spun up in minutes, just like VMs;
  • Are Application Program Interface (API) driven and accessible just like VMs;
  • Do not use a Hypervisor; and
  • Are hardware specialized for database services, low-latency caching, or web-request handling.
  • 100% の独立性を持ち、自身の CPU 以外に負荷はなく、他のサーバーからの影響も排除される。
  • VM と同様に、数分でプロビジョニングを完了できる。
  • VM と同様に、API を介した駆動とアクセスを実現する。
  • ハイパーバイザーは使用しない。
  • DB サービス/低レイテンシ・キャッシング/Web リクエスト処理などにハードウェアを特化できる。

To give an example of the hardware specialization, a database-focused OnMetal server would have the following specs:

以下は、データベースに特化した OnMetal サーバーの、ハードウェア仕様のサンプルである:

  • Flash storage: 3.2 Terabytes
  • RAM: 128 Gigabytes
  • IOPS: Greater than 200,000

The Rackspace website offers the following additional details for the OnMetal service:

また、Rackspace は OnMetal サービスに関して、以下のような詳細を、その Web サイトで提供している:

  • Fast provisioning: OnMetal Servers can be provisioned in less than five minutes.
  • Integrated administration: Use the same control panel and API interfaces for both OnMetal servers and virtual-cloud servers.
  • Consistent performance: Single-tenant architecture eliminates "noisy neighbors," and no performance hits to the virtualization layer.
  • Open-source standards: Avoid being locked into a proprietary solution, as hardware and software are both open source.
  • High-performance networking: Each cabinet includes two 10Gb/s network connections in a high availability Multi-Chassis Link Aggregation with minimal over-subscription to help increase throughput and performance for your applications.
  • Fast provisioning: OnMetal Servers は 5分以内にプロビジョニングされる。
  • Integrated administration: OnMetal/VM サーバーに対して、同一のコントロール・パネルと API インターフェイスが提供される。
  • Consistent performance: シングル・テナント・アーキテクチャにより "noisy neighbors” を排除し、また、仮想レイヤによるパフォーマンス劣化も排除する。
  • Open-source standards: ハードウェアとソフトウェアはオープンソースであるため、プロプライエタリ・ソリューションにロックインされない。
  • High-performance networking: それぞれのキャビネットには、2つの 10Gb/s ネットワーク接続が含まれる。この、高可用性 Multi-Chassis Link Aggregation と、最小限の over-subscription により、アプリケーションのスループットとパフォーマンスを高レベルに保つ。

Satisfied clients

During the announcement, Rhodes introduced several Rackspace clients that are onboard with the OnMetal approach. Zach Rosen, CEO and cofounder of Pantheon Systems, said, "We’ve all been trained to think of the cloud as generic virtual machines on demand. VMs have had their decade. The future ‘Cloud’ will be built with containers deployed across bare-metal servers provisioned via API. We believe Rackspace’s OnMetal service is the future of Infrastructure as a Service.”

このアナウンスメントにおいて Rhodes は、OnMetal アプローチに賛同する、何社かの Rackspace クライアントを紹介している。Pantheon Systems の coFounder and CEO である Zach Rosen は、「 私たちの、すべてが、オンデマンドで仮想マシンを生成するものが、クラウドだと教えこまれてきた。そして VM は、その十年を享受した。しかし、これからのクラウドは、API を介してプロビジョニングされたベアメタル・サーバー上に、デプロイメントされるコンテナにより構築されるだろう。 私たちは、Rackspace の OnMetal サービスが、IaaS の未来になると信じている」と述べている。

OnMetal is available now through an early availability program, and will be in general availability by late July 2014. To learn more and to sign up for a test drive, head over to this page at Rackspace.

現時点の OnMetal は、early availability program として利用できる。 そして、一般的な運用は、7月の後半から開始される。 テスト・ドライブについては、この Rackspace のページで確認し、Sign Up してほしい。

ーーーーー

ハードウェアの性能が高まり、それかオープンソース化により低価格で提供されるようになると、サーバーを設計/構築する上での発想が、その根底から刷新されます。 ハードウェアが高価であった時代の改革者であった VM も、最先端のポジションを Bare-Metal に明け渡し、それをサポートするものへと、役割を変えていくのかもしれませんね。 San Antonio の Rackspace HQ で、第2回めの OCP Summit が開催されたのが 2012年 5月ですから、そこから 2年の月日が流れています。 頑張りましたねと、声をかけてあげたくなる、Rackspace です!

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

%d bloggers like this: