Agile Cat — in the cloud

Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!

Posted in .Selected, Google, Research by Agile Cat on July 20, 2014

Google Misses On EPS, Beats On Revenue
http://wp.me/pwo1E-7G8
Jay Yarow and Jillian D’Onfro – Jul. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/google-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Google earnings are out! It’s a miss on the bottom line, but a beat on the top line:

Google の 2014年 Q2 収支が発表された。 その内容は、予想に対して、最終損益では下回り、売上では上回るというものであった:

Getty / Justin Sullivan

  • Non-GAAP EPS: $6.08 versus $6.25 expected
  • Revenue ex-TAC: $12.67 billion versus $12.32 billion expected
  • Gross revenue was $15.96 billion, which is up 22%, versus expectations of $15.61 billion
  • Non-GAAP (Generally Accepted Accounting Principles) EPS(Earning Share): 予測の $6.25 に対して $6.08
  • TAC 処理前の売上: 予測値である $12.32 billion に対して、$12.67 billion
  • 粗利益は 22% 増加の $15.96 billion。 予測値は $15.61 billion

     参考: TAC について調べてみました - 山口隼也さん

Google also announced that long time sales boss Nikesh Arora is leaving the company, going to Softbank where he will be a vice chairman and CEO of its Internet and Media division. Omid Kordestani will take Arora’s place.

また、Google は、長年に渡って販売部門を率いてきた Nikesh Arora が退職し、Softbank における Internet and Media Division の Vice Chairman and CEO を務めることになると発表した。 そして、彼の後任は、Omid Kordestani が務めることになる。

The stock is up modestly after-hours. The most important thing investors were watching was paid clicks and cost per click:

なお、Google の株価は、この発表の数時間後から、ゆるやかに上昇している。 そして、投資家たちが最も重視していたのは、Paid Clicks と Cost Per Click の推移である:

Paid clicks increased approximately 25% over the second quarter of 2013 and increased approximately 2% over the first quarter of 2014. Cost per click, CPC, was down 6% from the previous year. However, that’s a modest increase over the first quarter of the year, when CPC was down by 9% year-over-year. It remained constant from the first quarter of 2014.

Paid Clicks は、2013年 Q2 に対して約 25% の増加となり、また、2014年 Q1 に対しては約 2% の増加である。また、Cost Per Click(CPC) は、前年比で 6% の減少となる。しかし、前年比が 9% ダウンだった 2014年 Q1 と比べると、若干の増加である。つまり、2014年に入ってからは、ほとんど一定といえる状況にある。

BII

Here’s a look at the change in Google’s CPC over the last few years, from Business Insider Intelligence:

以下の Business Insider Intelligence からのチャートは、この数年における Google の CPC の推移を示している:

The numbers show that even as mobile ads become a larger part of its business, Google still can’t charge as much for them as it can for desktop ads. In the earnings call, though, Nikesh Arora said that there’s "huge revenue opportunity" for mobile, and  Google expects that mobile ads will eventually be more lucrative than desktop.

この数字が示すのは、Google のビジネスにとって、モバイル・アドが大きなパートを占めるようになり、また、デスクトップ・アドから大きな利益を挙げられないという状況である。しかし、この決算報告では発表で Nikesh Arora は、モバイル・アドには「 膨大な収益のチャンス」があり、また、最終的にはデスクトップ・アドよりも大きな利益を生じると、Google が期待していることを述べている。

Here’s a nice chart from from Jan Dawson:

Jan Dawson からの分かりやすいチャート:

Google made a few acquisitions this year, including Titan Aerospace, a drone company, and Skybox Imaging, a satellite service. These acquisitions (and the hundreds of millions of dollars that they required) will be helpful for Google’s "moonshot" type projects, and on the call, an investor asked about Google’s timelines for profitability for these various initiatives.

今年の Google は、いくつかの企業買収を実施しているが、その中には Titan Aerospace や、ドローン企業である Skybox Imaging などが含まれる。これらの買収(と要した対価)は、Google  における Moon Shot タイプのプロジェクトを支援するだろうが、今回の説明会では、こうした試みが収益を上げるまでのタイムラインについて、ある投資家が質問していた。

And here’s Google revenue:

そして、Google の収支内容と、国内外への依存度に関するチャート:

The company’s ceded that these are long-term projects, and although it’s constantly updating its theses about profitabilty, these are multi-year commitments that could take decades.

それに対して Google は、それらが長期的なプロジェクトであり、また、収益性については随時レポートしていくが、数十年もかかる可能性があると、真正面から答えていた。

ーーーーー

収益を上げるために企業は存在するのか? それとも、企業を成長させるために、収益を拡大する必要性が生じるのか? おそらく、どちらも正解なのでしょうが、Google や Facebook などの、広告を収益の柱とする企業は、後者の色合いが強いように思えます。たとえば、Apple の iPhone のような、空前の利益をもたらす商品は持ちませんが、確実に右肩上がりの結果を残すという、足腰の強さを感じます。 それぞれが、大変な努力を積み上げた結果なのでしょうが、なんとなく『 左ウチワ 』に見えてしまいますね :)

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, Open Compute, OpenStack, Rackspace, Strategy by Agile Cat on July 4, 2014

Rackspace’s OnMetal service eliminates "noisy-neighbor" problems
http://wp.me/pwo1E-7Dx

By Michael Kassner July 1, 2014
http://www.techrepublic.com/article/rackspaces-onmetal-service-eliminates-noisy-neighbor-problems/

Has VM server technology finally outlived its usefulness? Rackspace and some major clients seem to think so.

仮想サーバーのテクノロジーは、その有用性という観点で、長生きし過ぎているのだろうか? Rackspace と、主要な顧客たちは、そう考えているようだ。

Last year, Dell and HP lost a key customer — Rackspace. Up until then, the two companies supplied Rackspace with upwards of 90,000 servers. Rackspace, like Facebook, now designs its own servers using guidelines from the Open Compute Project. Quanta Computer builds the custom servers for Rackspace.

昨年のことだが、Dell と HP は、重要な顧客である Rackspace を失っている。それまで、この両社は、90,000台以上のサーバーを Rackspace に供給してきた。しかし、いまの Rackspace は Facebook のように、Open Compute Project のガイドラインを用いて、自らのサーバーをデザインしている。 そして Quanta Computer が、Rackspace のためのカスタム·サーバーを構築している。

Image: Rackspace

This past week, Taylor Rhodes, President of Rackspace, announced in this video what was in store for these servers — a new Rackspace offering called OnMetal. Put simply, Rackspace, besides providing customers multi-tenant virtual machine (VM) servers, will now rent single-tenant dedicated servers.

先週のことだが、Rackspace の President である Taylor Rhodes は、彼らの OnMetal という新しいサーバーに、ストアされるものをビデオで発表した。簡単に言うと、これからの Rackspace は顧客たちに、マルチテナントの仮想マシン(VM)サーバーを提供するだけではなく、シングルテナントの専用サーバーをレンタルすることになる。

Why single-tenant servers?

Rhodes listed a whole slew of reasons why multi-tenant VM servers were not meeting customer needs, calling the issues "noisy-neighbor" problems. The predicament was first noticed when one tenant on a VM server co-opted most of the server’s resources. Doing so caused variability in how the other VMs behaved and performed, even to the point where availability was not assured.

Rhodes は、マルチテナントVMサーバーが、顧客のニーズを満たせなかった理由を列挙し、すべてが "noisy-neighbor(迷惑な隣人)" の問題だと切り捨てている。この不具合は、VMサーバー上のテナントが、そのサーバーの大半を共有すると選択したときに、初めて気づくものである。 そのような状況では、他の VM の振る舞いや、その処理の内容に応じて、自身の VM に性能のバラつきが生じることになり、可用性が保証できないレベルに至ることもある。

Rhodes stated that clients, not seeing any other choice, attempted to thwart these issues by over-provisioning their server requirements, aggravating the situation even more. Something else often overlooked is that each VM instance adds what Rhodes considers "virtualization tax." The performance hit each additional VM instance places on the physical server.

Rhodes は、こうしたサーバーのオーバー・プロビジョニングによる問題を、他の選択肢を探すことなく阻止しようとする顧客は、さらに状況を悪化させると述べている。その他で見落とされがちなものとしては、それぞれの VM インスタンスが積み上げていく "virtualization tax” があると、Rhodes は考えている。つまり、物理サーバー上に追加された、それぞれの VM インスタンスにより、パフォーマンスが劣化していくことになる。

Image: Rackspace

One solution that eliminates the noisy-neighbor problem is to place critical services on dedicated servers in colocation centers. However, companies renting dedicated hardware lose a lot in the process. According to Rhodes, "In a colocation center, you lose the simplicity and elasticity a multi-tenant cloud gives you."

この、noisy-neighbor の問題を排除するソリューションとして、コロケーション·センター内の専用サーバーに、重要なサービスを配置するという考え方がある。しかし、専用のハードウェアーをレンタルするプロセスの中で、顧客となる企業は大きなロスを生じる。Rhodes は、「コロケーション・センターにおいては、マルチテナント・クラウドが提供するはずの、シンプルでエラスティックという特性が失われる」と述べている。

Elasticity refers to "how well the datacenter can satisfy the growth of the input VMs resource demands under both the limitations of physical machine capacities." So there’s the trade-off: performance variability vs. ease and quickness of provisioning.

ここでい言うエラスティックだが、「物理マシンのキャパシティという制約の下で、要求に応じて VM リソースを投入し、データセンターの成長を達成する」という意味を持つ。したがって、そこには、” パフォーマンスの変動性 vs 迅速で容易なプロビジョニング ” というトレードオフがある。

With Rackspace’s new service, there’s no trade-off

Rackspace took the best parts of the multi-tenant cloud and colocation services and discarded the parts that weren’t working. To do that, Rackspace took its OnMetal server design, enlisted OpenStack cloud software, (specifically Ironic, a provisioning system built for bare-metal servers), and created a service that lets providers work with non-VM servers (OnMetal) in the same manner and flexibility VM servers are provisioned.

Rackspace が選んだ方針は、マルチテナント・クラウドとコロケーション・サービスからの良いとこ取りである。そのためには Rackspace は、OpenStack クラウド·ソフトウェアを組み入れれる(ベアメタル・サーバー用に構築された Ironic プロビジョニング・システムが特徴)、OnMetal サーバーを自身でデザインすることになった。その結果として、顧客であるサービス・プロバイダーたちは、non-VM サーバー(OnMetal)を動かしながら、VM サーバーのプロビジョニングで実現される方式と柔軟性を手に入れられる。

Rhodes stated OnMetal servers:

Rhodes は OnMetal サーバーについて、以下のように述べている:

  • Are 100% solid-state, no heat (other than the Central Processing Unit), and no vibration as fans are outside the server housing;
  • Can be spun up in minutes, just like VMs;
  • Are Application Program Interface (API) driven and accessible just like VMs;
  • Do not use a Hypervisor; and
  • Are hardware specialized for database services, low-latency caching, or web-request handling.
  • 100% の独立性を持ち、自身の CPU 以外に負荷はなく、他のサーバーからの影響も排除される。
  • VM と同様に、数分でプロビジョニングを完了できる。
  • VM と同様に、API を介した駆動とアクセスを実現する。
  • ハイパーバイザーは使用しない。
  • DB サービス/低レイテンシ・キャッシング/Web リクエスト処理などにハードウェアを特化できる。

To give an example of the hardware specialization, a database-focused OnMetal server would have the following specs:

以下は、データベースに特化した OnMetal サーバーの、ハードウェア仕様のサンプルである:

  • Flash storage: 3.2 Terabytes
  • RAM: 128 Gigabytes
  • IOPS: Greater than 200,000

The Rackspace website offers the following additional details for the OnMetal service:

また、Rackspace は OnMetal サービスに関して、以下のような詳細を、その Web サイトで提供している:

  • Fast provisioning: OnMetal Servers can be provisioned in less than five minutes.
  • Integrated administration: Use the same control panel and API interfaces for both OnMetal servers and virtual-cloud servers.
  • Consistent performance: Single-tenant architecture eliminates "noisy neighbors," and no performance hits to the virtualization layer.
  • Open-source standards: Avoid being locked into a proprietary solution, as hardware and software are both open source.
  • High-performance networking: Each cabinet includes two 10Gb/s network connections in a high availability Multi-Chassis Link Aggregation with minimal over-subscription to help increase throughput and performance for your applications.
  • Fast provisioning: OnMetal Servers は 5分以内にプロビジョニングされる。
  • Integrated administration: OnMetal/VM サーバーに対して、同一のコントロール・パネルと API インターフェイスが提供される。
  • Consistent performance: シングル・テナント・アーキテクチャにより "noisy neighbors” を排除し、また、仮想レイヤによるパフォーマンス劣化も排除する。
  • Open-source standards: ハードウェアとソフトウェアはオープンソースであるため、プロプライエタリ・ソリューションにロックインされない。
  • High-performance networking: それぞれのキャビネットには、2つの 10Gb/s ネットワーク接続が含まれる。この、高可用性 Multi-Chassis Link Aggregation と、最小限の over-subscription により、アプリケーションのスループットとパフォーマンスを高レベルに保つ。

Satisfied clients

During the announcement, Rhodes introduced several Rackspace clients that are onboard with the OnMetal approach. Zach Rosen, CEO and cofounder of Pantheon Systems, said, "We’ve all been trained to think of the cloud as generic virtual machines on demand. VMs have had their decade. The future ‘Cloud’ will be built with containers deployed across bare-metal servers provisioned via API. We believe Rackspace’s OnMetal service is the future of Infrastructure as a Service.”

このアナウンスメントにおいて Rhodes は、OnMetal アプローチに賛同する、何社かの Rackspace クライアントを紹介している。Pantheon Systems の coFounder and CEO である Zach Rosen は、「 私たちの、すべてが、オンデマンドで仮想マシンを生成するものが、クラウドだと教えこまれてきた。そして VM は、その十年を享受した。しかし、これからのクラウドは、API を介してプロビジョニングされたベアメタル・サーバー上に、デプロイメントされるコンテナにより構築されるだろう。 私たちは、Rackspace の OnMetal サービスが、IaaS の未来になると信じている」と述べている。

OnMetal is available now through an early availability program, and will be in general availability by late July 2014. To learn more and to sign up for a test drive, head over to this page at Rackspace.

現時点の OnMetal は、early availability program として利用できる。 そして、一般的な運用は、7月の後半から開始される。 テスト・ドライブについては、この Rackspace のページで確認し、Sign Up してほしい。

ーーーーー

ハードウェアの性能が高まり、それかオープンソース化により低価格で提供されるようになると、サーバーを設計/構築する上での発想が、その根底から刷新されます。 ハードウェアが高価であった時代の改革者であった VM も、最先端のポジションを Bare-Metal に明け渡し、それをサポートするものへと、役割を変えていくのかもしれませんね。 San Antonio の Rackspace HQ で、第2回めの OCP Summit が開催されたのが 2012年 5月ですから、そこから 2年の月日が流れています。 頑張りましたねと、声をかけてあげたくなる、Rackspace です!

ーーーーー

<関連>

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Posted in .Selected, Bare-Metal, Data Center Trends, IBM by Agile Cat on July 2, 2014

IBM expands SoftLayer into London with new data center
http://wp.me/pwo1E-7Dh
Suzanne Kattau | July 1st
http://siliconangle.com/blog/2014/07/01/softlayer-data-center/

_ Silicon Angle

IBM yesterday announced that it will open a new SoftLayer data center in London in July as part of the company’s $1.2B investment into its SoftLayer Cloud Services this year. Later in 2014, more countries will welcome new SoftLayer data centers as Big Blue aggressively grows the SoftLayer global cloud footprint to 40 data centers across five continents.

昨日(6/30)の IBM だが、SoftLayer のクラウド・サービスに対して計上されている、今年度の予算 $1.2B の一環として、SoftLayer London データセンターを、この 7月にオープンすると発表している。そして、2014年の後半には、SoftLayer のグローバル・クラウド・フットプリントを、5大陸 40ヶ所のデータセンターに成長させるという Big Blue の戦略に合わせて、より多くの国々に SoftLayer の新規データセンターが展開されることになる。

SoftLayer’s new London data center will house more than 15,000 physical servers and will offer all of SoftLayer’s cloud infrastructure services including bare metal servers, virtual servers, storage and networking. “We already have a large customer base in London and the region,” said Lance Crosby, CEO of SoftLayer, in a statement.

SoftLayer の新しい London データセンターは、15,000台以上の物理サーバーを収容する。 そして、SoftLayer のクラウド·インフラストラクチャーとして、ベアメタル・サーバー/仮想サーバー、ストレージ、ネットワークなどを含む、すべてのサービスを提供する。 SoftLayer の CEO である Lance Crosby は、「 すでに London および、その周辺の地域において、私たちは大規模な顧客ベースを有している」と、そのステートメントで述べている。

Looking to accelerate its public cloud presence, IBM last June made the strategic move to acquire cloud computing infrastructure provider SoftLayer, establishing the SoftLayer platform as the foundation of its newly created IBM Cloud Services division within its Global Services unit. SoftLayer continues to operate as a separate business entity inside of IBM Cloud Services. “I think [SoftLayer] was the most transformative, single acquisition that IBM has done,” remarked Holger Mueller, Vice President and Principal Analyst at Constellation Research, to theCUBE co-hosts John Furrier and Paul Gillin at IBM Impact in April 2014.

パブリック·クラウドにおけるプレゼンスを高めたかった IBM は、クラウド・コンピューティング・インフラ・プロバイダー である SoftLayer を、昨年の 6月に買収するという戦略的な動きを見せている。それにより、同社の Global Services 部門内に新設された、IBM Cloud Services 部門の基盤として、SoftLayer のプラットフォームを確立しようとしている。 ただし、SoftLayer は、IBM Cloud Services における、独立した事業体として継続されている。「 SoftLayer の買収は、これまでの IBM の歴史において、最大の変化をもたらすものだと、私は捉えている」と、2014年 4月に開催された theCUBE の IBM Impact において、Constellation Research の VP and Principal Analyst である Holger Mueller は、同イベントの共催者である John Furrier と Paul Gillin に述べている

Watch Holger Mueller of Constellation Research as he discusses IBM SoftLayer with theCUBE cohosts John Furrier and Paul Gillin at IBM Impact in April 2014: Day 2 Wrap Up – IBM Impact 2014 – theCUBE

In January 2014, IBM had announced its intention to invest $1.2B into expanding SoftLayer globally, including North America, South America, Europe, Asia and Australia. As predicted by Wikibon Chief Analyst Dave Vellante in a SiliconANGLE interview, IBM’s SoftLayer platform has become a “real growth engine” for IBM Cloud Services. And a much-needed one as IBM finds itself still playing catch-up to public cloud service provider Amazon Web Services, which started the public cloud race.

2014年 1月に IBM が発表したのは、SoftLayer をグローバルに展開するために $1.2B を投資するという意志であり、その対象として North America/South America/Europe/Asia/Australia などが含まれていた。 SiliconANGLE のインタビューにおいて、Wikibon の Chief Analyst である Dave Vellante は、IBM Cloud Services にとって SoftLayer のプラットフォームは、「本質的な成長のエンジン」になると述べている。そして、パブリック・クラウドのレースを開始した、Amazon Web Services を捉えるために、IBM が待ち望んでいたものであると、付け加えている。

ーーーーー

IBM の潤沢な予算を背景に、SoftLayer のグローバル展開が加速しています。短い記事ですが、Agile_Cat 的に気になるのは、London という金融の中心に、つまり LINX(London IX)の本拠地に、データセンターを展開するという戦略です。 また、ベアメタル・サーバーにも興味を引かれます。仮想化によるオーバーヘッドの排除という意味合いもありますが、専用の物理サーバーが顧客に提供されるという側面も見逃せません。 同じパブリック・クラウドでありながら、他社と比べてハイブリッド色が強いという戦略に思えます。 とても、興味深い展開ですね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
IBM は Linux と OSS に $1B を投資する : at LinuxCon
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?

Posted in .Selected, Hybrid, Research, Strategy by Agile Cat on June 24, 2014

Hybrid cloud will be largest cloud segment: analyst firm TechNavio
http://wp.me/pwo1E-7Bw

By Krishan Sharma – June 23, 2014
http://www.zdnet.com/hybrid-cloud-will-be-largest-cloud-segment-analyst-firm-technavio-7000030800/

_ zdnet normal

Summary: The hybrid cloud market is forecast to top $US79.12 billion by 2018, says a new report from the analyst outfit.

Summary: ハイブリッド·クラウド市場は 2018年までに、$ US 79.12 Billion を超えるという予測が、この分析会社のレポートで述べられている。

Hybrid cloud will make up the largest and most used segment of the cloud computing market in coming years, according to the report.

そのレポートによると、これからの数年の間にハイブリッド・クラウドが、クラウド・コンピューティング市場において最も使用される、最大のセグメントへと成長するようだ。

TechNavio says the hybrid cloud market was valued at a moderate $US21.18 billion in 2013, with North America contributing the majority of the revenue, followed by Europe and Asia Pacific. The report found that there is currently higher adoption of hybrid cloud in the government, BFSI (banking, financial services, and insurance), retail, telecom, healthcare, and media and entertainment sectors.

TechNavio が言うには、2013年のハイブリッド·クラウド市場は、$ US21.18 Billion という適度な売上を得ている。そして、収益の大部分が North America によりもたらされ、そこに Europe と Asia Pacific が続いている。また、現時点において、ハイブリッド·クラウドの採用率が高いのは、行政機関および、BFSI(banking, financial services, and insurance)、小売、通信、ヘルスケア、メディア、エンターテインメントといった領域である。

However, the report expects that nearly half of large organisations will have hybrid cloud deployments by 2017 as enterprises look to boost productivity by hosting critical applications on private clouds and applications with less security concerns on the public cloud.

しかし、このレポートは、2017年までに大規模な組織の約半数が、ハイブリッド・クラウド環境へのデプロイメントを実施すると予測している。それは、重要なアプリケーションをプライベート・クラウドにホストし、セキュリティ上の懸念の少ないアプリケーションをパブリック・クラウドにホストすることで、エンタープライズが生産性を高めるにつれて具現化されていく。

The report also highlights increasing adoption of hybrid cloud by SMEs, suggesting that many SMEs have limited access to internet bandwidth and are likely to preference hybrid because it lets them “use applications and store data wherever required.”

さらに、このレポートは、中小企業によるハイブリッド·クラウドの採用が増加していくと強調している。つまり、多くの中小企業が、インターネット・アクセスにおける帯域幅の制限という問題を抱えており、「必要される場所にアプリケーションやデータをストア」できるなら、ハイブリッドへ移行する可能性が高いと示唆しているのだ。

TechNavio notes that while the market has several drivers, there will be some key challenges for the hybrid cloud model that could stunt the rapid adoption rate expected over the next five years – namely the need to ensure business continuity and latency in data transfer.

このマーケットには、いくつかの先駆者たちがいるが、ハイブリッド・クラウド・モデルにおいては重要な課題が浮上するだろうと、TechNavio は述べている。つまり、今後の 5年間において、クラウドの急速な普及が頭打ちとなる可能性を示唆しているのだが、具体的にいうと、 データ転送におけるレイテンシーのことであり、その中でビジネスの継続性を保証する必要が生じてくると言うのだ。

The report, which also surveyed 100 cloud companies from around the globe, says enterprises and SMEs can resolve data segmentation hurdles by employing analytics software and building on current IT policies to include data allocation between public and private clouds. The majority of respondents said that although many companies are planning to implement such protocols, “there are still a lot of businesses that have little to no protocols in place.”

世界のクラウド企業 100社を調査した、このレポートは、エンタープライスや中小企業は分析ソフトウェアを導入することで、データのセグメント化というハードルを解決すると指摘している。そして、パブリック/プライベート・クラウド間におけるデータの切り分けも含めて、既存の IT ポリシーの上で、継続してシステムを構築していくことになるとも述べている。ただし、この調査の回答者の大半は、そのようなプロトコルの実装を、数多くの企業が計画してはいるが、「 適切なプロトコルを配置している企業は、依然として皆無に近い」と述べている。

ーーーーー

このところ、クラウドを巡る議論は、その当初から言われていた規模の経済とエラスティックという論点を一巡してしまい、次のステージであるネットワークド・コンピューティングへと移行しているように思えます。 現実に、Equinix や Level 3、そして各種のテレコムが提供するプライベート・ネットワークと、有名どころのパブリック・クラウドが連携し始めています。つまり、規模の大小を問うことなく、あらゆる規模の企業が、ハイブリッド・クラウドを必要としているのでしょう。

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute, Strategy by Agile Cat on June 20, 2014

Facebook to share first Open Compute Switch, the Wedge
http://wp.me/pwo1E-7AG

By Juha Saarinen on Jun 19, 2014
http://www.itnews.com.au/News/388499,facebook-to-share-first-open-compute-switch-the-wedge.aspx

Operates like an FBOSS.

Social networking site Facebook says it has built and is testing its first modular network switch, the Wedge, which it claims will provide the same power and flexibility as a server.

ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。

The work on the Wedge has been done by Facebook as part of the Open Compute Project, alongside vendors such as Broadcom, Intel, Mellanox and Accton which also contributed designs for open switches.

Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

Facebook engineers Yuval Bachar and Adam Simpkins say the Wedge switch represents a departure from current networking design paradigms, and aims to run more like the existing OCP servers the company operates already.

Facebook のエンジニアである Yuval Bachar と Adam Simpkins は、この Wedge スイッチについて、現在のネットワーク・デザイン・パラダイムからの旅立ちを表現し、数多くの企業ですでに稼働している、現在の OCP サーバーのような世界を目指していると言う


クリックで拡大 ⇒

Hardware schematic of Facebook’s OCP Wedge switch

To achieve this, Facebook added a "Group Hug" microserver that punts packets inside the Wedge.

このアーキテクチャを実現するために、Facebook は Wedge の内部に、パケットを運ぶための Group Hug マイクロサーバーを追加している。

This is based on a 64-bit ARM-based AMD Opteron A1100 processor that was announced in January this year and is substantially smaller than the switching backplane form the 16 40 gigabit per second ports.

それは、今年の 1月に発表された 64 Bit ARM ベースの、AMD Opteron A1100 プロセッサをベースにしたものであり、16 個の 40 G bps ポートを構成する、既存のスイッチング・プレーンよりも、かなり小型化されている。

Facebook said it wants a proper server in the switch to bring the devices into their distributed management systems and run a standard Linux-based operating environment.

そして Facebook は、自身の分散マネージメント・システムにデバイスを取り込み、また、標準的な Linux を運用するスイッチのための、適切なサーバーを作り上げたいと述べている。

The Linux-based operating system for the switch is aptly named FBOSS and uses existing software libraries and systems that manage Facebook’s servers. This includes initial installation, upgrades, downgrades and decommissioning of systems in data centres.

このスイッチのための Linux ベース OS は、FBOSSという適切な名前を持つものであり、また、Facebook のサーバーを管理するために、既存のソフトウェア・ライブラリやシステムを使用するものとなる。このマネージメントの概念には、データセンター内における、イニシャル・インストールおよび、アップグレード、ダウングレード、システムの廃止などが含まれている。

Both the Wedge and FBOSS are being tested in Facebook’s network at present, ahead of the release of the designs to the OCP so that other members can use them.

いま、Wedge と FBOSS の双方が、Facebook のネットワーク内でテストされており、また、OCP のメンバーたちが利用できるようにするために、そのリリースへ向けてデザインを固めている状況にある。

The Open Compute Project was launched by Facebook in 2011 and aims to innovate open, scalable data centre technologies, with hardware and software that can be modified and replaced by users.

この Open Compute Project とは、2011年に Facebook により立ち上げられたものであり、ユーザーによる改変/置換が可能なハードウェア/ソフトウェアを用いて、オープンでスケーラブルなデータセンター・テクノロジーを革新していこうという目的を持っている。

Beyond server and networking technologies, the OCP is also advancing designs for storage, chassis, power supplies, device racks, energy-efficient, low-loss data centre electricity supplies, as well as cooling of facilities.

OCP の目指すものは、サーバーとネットワークのテクノロジーだけではない。具体的に言うと、最先端のストレージ/シャーシ/パワー・サプライ/ラックをデザインし、さらには、エネルギー効率の良い、省電力型のデータセンターを、クーリングも含めて検討していく。

Facebook is aiming to build all its new data centres with OCP designs, so as to enjoy benefits of economies of scale as well as rapid deployment, and lowered power usage.

Facebook は、すべての新しいデータセンターを、OCP デザインを用いて構築しようとしている。つまり、スケールを達成するだけではなく、デプロイメントの期間を短縮し、電力の消費量を引き下げることで、経済的なメリットを実現しようとしているのだ。

ーーーーー

2013年 1月に Santa Clara で開催された Open Compute Summit では、「モノリスを破壊する」というメッセージが発信されていました。 その中の一つに、この Wedge と命名されたオープン・スイッチの構想も含まれていたのでしょう。 それから、数カ月後に方針が示され、さらに1年を経て、このようなアーキテクチャによるプロダクトが整って来たわけです。この間のヒストリーについては、OCP Japan からコントリビュートされた、OCP News Archive:Open Switch で参照できます。 以下は、Open Compute による、モノリス破壊宣言です。

すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Blu-ray ディスクを 10000枚:Facebook が考えるペタ/エクサ時代のコールド・ストレージとは?
SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!

 

Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?

Posted in .Selected, Asia, Telecom by Agile Cat on May 28, 2014

Foxconn to expand outside manufacturing with $390M telecom merger
http://wp.me/pwo1E-7wA

May 27, 2014 – Eric Blattberg
http://venturebeat.com/2014/05/27/foxconn-to-expand-outside-manufacturing-with-390m-telecom-merger/ 

__ Venture Beat

Foxconn, the Taiwan-based company that manufactures gadgets for Apple, Microsoft, Cisco, and others, aims to become a major force in Taiwan’s emergent market for 4G.

Apple/Microsoft/Cisco などのガジェットを製造する、Taiwan ベースの Foxconn だが、同国の 4G 市場における主導権を得たがっているようだ。

Image Credit:
elwynn / Shutterstock

The gadget supplier will buy a stake worth $390 million in Asia Pacific Telecom, a Taiwanese mobile telecoms operator, reports Reuters. Foxconn will acquire 582.9 million shares in Asia Pacific, according to stock exchange filings. Asia Pacific intends to merge with a unit of Foxconn by June 20.

Reuters のレポートによると、このガジェット・サプライヤーは、Taiwan のテレコム・オペレーターである Asia Pacific Telecom の、$390 Million 株式を購入するようだ。また、証券取引所への提出書類によると、Foxconn が Asia Pacific の株式を、$582.9 Million 分まで取得する。そして、Asia Pacific は 6月20日までに、Foxconn における いずれかの事業部と合併する予定である。

Foxconn previously won a license to operate part of Taiwan’s 4G spectrum, which is expected to become commercially available later this year.

また Foxconn は、Taiwan の 4G スペクトラムの一部分を運用できる、ライセンスも取得している。

Foxconn, also known as Hon Hai Precision Industry Co Ltd, is one of the world’s largest electronics manufacturers. It makes computers, mobile devices, and components for the world’s tech giants in factories spanning several countries (though its Vietnamese units ran into some trouble recently). In the last few years, Foxconn has started to expand into other areas, including cloud computing.

さらに説明するなら、周知のとおり、世界で最大級の電子機器メーカーである、 Hon Hai Precision Industry Co Ltd の一部を構成しているのも Foxconn である。 同社は、いくつかの国々にまたがる工場で、世界のハイテク巨人のために、コンピューター/モバイル・デバイス/コンポーネントなどを生産している(最近、Vietnamu の工場がトラブルに遭遇している)。 そして、ここ数年において Foxconn は、クラウド・コンピューティングも含む、いくつかの分野へと、その事業を拡大し始めている。
ーーーーー
先日には、HP と提携してサーバーを作っていくと発表していた Foxconn ですが、今度はキャリアを買収とのことです。 たしかに、それなりの資金力が無ければ成り立たない話ですが、ODM という利益幅の少ない現状から、より高収益な事業へと、いまのうちに転身したいという思いもあるはずです。成功にあぐらをかかずに、次の目標へと移行していく。 大したものですね!
ーーーーー

<関連>

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
LINE の収益が倍増している:どこに成長の秘密があるのか?

DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Web Scale by Agile Cat on May 24, 2014

DigitalOcean Deploys in Singapore Data Center
http://wp.me/pwo1E-7w3

Singapore – 21 May 2014
http://www.bobsguide.com/guide/news/2014/May/21/digitalocean-deploys-in-singapore-data-center.html

Cloud service provider selects SG2 to support customers’ growth in the Asia-Pacific region

Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX), the global interconnection and data center company, today announced that DigitalOcean has chosen one of its International Business Exchange™ (IBX®) data centers in Singapore (SG2) to support its expansion into the Asia-Pacific market. This Singapore data center deployment will allow the company to provide its existing customers with greater access to the Asian market and offer its cloud hosting services to the growing developer community in the region.

今日(5/21)、グローバル・インターコネクションとデータセンターの事業者である Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、Asia-Pacific 市場でのビジネスの拡大を目指す DigitalOcean が、同社の Singapore (SG2) における International Business Exchange™ (IBX®) データセンターを選択したと発表した。この、Singapore データセンターへのデプロイメントにより、DigitalOcean は顧客たちに対して、Asia 市場へ向けたアクセスを強化し、また、この地域で成長しているデベロッパー・コミュニティにたいして、クラウド・ホスティング・サービスを提供していく。

DigitalOcean is a cloud service provider. It offers fast, agile and secure cloud solutions and a seamless experience for developers with its reliable solid-state drive (SSD) cloud server infrastructure and simplified application programming interfaces.

DigitalOceanは、クラウド·サービス·プロバイダーである。そして、高信頼性の SSD(solid-state drive)と、クラウド・サーバー・インフラおよび、単純化された API を備えた、高速/アジャイル/セキュアなクラウド・ソリューションと、シームレスなエクスペリエンスを開発者に提供している。

Having grown its customer base to 200,000 within three years and with rising demand for its services in Asia-Pacific, DigitalOcean needed a way to rapidly scale to this key emerging region.

わずか 3年の間に、その顧客を 200,000 社に成長させ、Asia-Pacific においても需要を増大している DigitalOcean は、この急伸するマーケットにおいて、ビジネスを迅速にスケールしていく必要があった。

By deploying in Singapore, a fast-growing hub for cloud adoption and hosting services, DigitalOcean can better serve the international developer community and utilize SG2 as a gateway to Australia, India, Southeast Asia and Japan.

DigitalOceanは、クラウドやホスティング・サービスの運用において、急成長している Singapore というハブにディプロイすることで、インターナショナルなデベロッパー・コミュニティに対して、より優れたサービスを提供し、Australia/India/Southeast Asia/Japan へ向けたゲートウェイとして、この SG2 を活用することになる。

In addition to Singapore, DigitalOcean is also deployed in Equinix data centers in New York, Silicon Valley and Amsterdam.

なお、DigitalOcean は、今回の Singapore における展開に加えて、すでに New York/Silicon Valley/Amsterdam で、Equinix のデータセンターにディプロイを完了している。

Platform Equinix™ provides DigitalOcean with the close proximity it needs to reduce latency to 30 milliseconds compared to 200 milliseconds if connecting via Amsterdam or Silicon Valley. This enables DigitalOcean’s customers to offer their services to companies in the Asia-Pacific region with the highest level of performance uptime.

プラットフォームとしての Equinix™ が DigitalOcean に提供するのは、Amsterdam や Silicon Valley を介した接続では200 ミリ秒となるレイテンシを、30ミリ秒にまで短縮するというニーズに対応するものである。それにより、DigitalOcean の顧客は Asia-Pacific のエンドユーザーに対して、最高レベルのパフォーマンスを提供できるようになる。

Home to more than 975 network providers globally – 190 of which are accessible in Singapore – and with 19 data center locations in key Asia-Pacific markets, Equinix is the optimal choice for cloud providers who are looking to establish a point of presence in the region and better serve their customers with low-latency solutions.

Equinix は、その本拠地から、975以上のグルーバル・ネットワーク・プロバイダへのアクセスを提供し、そのうちの 190 は、Singapore からアクセスが可能である。 そして、Asia-Pacific の主要マーケットに、19ヶ所のデータセンターを有している。したがって、この地域に PoP(point of presence)を確立し、低レイテンシのソリューション・サービスを、顧客に提供しようとするクラウド·プロバイダーにとって、同社は最適な選択となる。

“By combining Level 3’s network with the Equinix Cloud Exchange, we are making it easier for our customers to grow and improve the efficiency of their business operations with access to a broader range of cloud services,” said Anthony Christie, Level 3’s chief marketing officer. “With pre-established network-to-network interfaces (NNIs) from Level 3 to Equinix, combined with Level 3’s dynamic bandwidth capability, customers can quickly turn up and scale their cloud solutions.”

「 広範囲におよぶクラウド・サービスへのアクセスを用いて、ビジネスを効率よく改善/成長したい顧客たちは、Level 3 のネットワークと Equinix の Cloud Exchange を組み合わせることで、それを容易にしていく。Level 3  から Equinix へ向けて、すでに確立されている NNI(network-to-network interfaces)を用い、Level 3 におけるダイナミックな帯域幅容量と組み合わせることで、顧客のクラウド・ソリューションは瞬時に立ち上がり、また、スケールしていくだろう」と、Level 3 の Chief Marketing Officer である Anthony Christie は述べている。

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: "As a startup, DigitalOcean needs to maintain an agile and flexible architecture to scale and support its operations and business plans, which Equinix provides. As a result of its global deployment through Equinix, the company’s customer base of developers, from startups as well as mature enterprises, can expect low-latency connectivity and minimal concerns of performance downtime, a key consideration in today’s demand for a constantly connected world.”

Clement Goh, managing director, Equinix South Asia: スタートアップとしての DigitalOcean は、その事業とビジネス・プランをスケール/サポートしていくために、アジャイルで柔軟なアーキテクチャを維持する必要があった。 そして、それを Equinix が提供した。Equinix を介してグローバルにディプロイした結果、スタートアップからエンタープライズまでにいたる、同社のカスタマー・ベースとしてのデベロッパーたちは、低レイテンシの接続性を期待し、また、パフォーマンスの低下を忘れ、ほんとうの意味での常時接続という、いまの世界における要求を満たせるようになってきた。

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: “With our rapidly growing customer base, it is critical that we are able to effectively meet increasing demand for capacity in a timely manner, without compromising on quality of service. Our experience with Equinix has shown that selecting a data center provider that consistently delivers excellent global connectivity and reliable infrastructure is absolutely vital. Deploying in the Equinix IBX data center in Singapore not only allows us to continue providing the highest level of service to existing customers, but also to access new customers in a thriving region.”

Mitch Wainer , chief marketing officer and founder, DigitalOcean: 私たちのカスタマー・ベースが急成長していることを考えると、タイムリーな方式で、サービスの品質を損なうことなく、増大するキャパシティへの要求という問題に、効果的に対応していくことが重要となる。Equinix を使用してきた私たちの経験が、常に優れたレベルでグローバルな接続性と信頼性を実現するための、高度なインフラストラクチャを提供するデータセンター·プロバイダーの選択が、絶対に不可欠であることを示している。Singapore における Equinix IBX データセンターへのディプロイにより、私たちは、これまでの顧客に最高レベルのサービスを提供し続けるだけではなく、この繁栄の地における新たな顧客へのアクセスも実現していく。

ーーーーー

このところ、インターコネシクョンを調べている Agile_Cat ですが、パブリック・クラウドのプロバイダーだけでは成り立たない世界というものを、それとなく認識し始める、、、という感じになってきました。 そして、つい数時間前に、この出来たてホヤホヤのブログ・ポストを見つけ、何が書いてあるのかを知りたくて、訳し終えたら夜が明けたという、土曜日の朝です :) DigitalOcean + Qquinix + Singapore という顔ぶれに、このところ気になってきた Level 3 まで参加するという、豪華絢爛なキャスティングですもの、寝るのを忘れても仕方ないですよね。 マーライオンの前方、数百メートルの海面が盛り上がり、そこからゴジラが登場してきたという感じがします。 なんか、ワクワクする展開ですね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

%d bloggers like this: