Agile Cat — in the cloud

Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は、どのように変化するのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Huawei, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on April 21, 2015
Marriage of Nokia and Alcatel-Lucent will overhaul market order
Staff Reporter – April 19, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150419000012&cid=1102
 
_Want China Times
 
Nokia’s announcement of its acquisition of Alcatel-Lucent on April 15 sent shockwaves through the world’s telecom-equipment market, a move promising to overhaul the market order.
 
4月15日に発表された、Nokia による Alcatel-Lucent の買収劇は、グローバルのテレコム機器マーケットに衝撃を与え、また、この市場における秩序を再編するものにはるはずだ。
 
NSN_headquartersWikipedia Commons
 
The marriage of the world’s third and fourth largest telecom-equipment firm will create a new entity ranking second place in terms of revenue, behind Huawei but superseding Ericsson. The top three all boast annual revenue in excess of US$30 billion, leaving ZTE, with revenue less than US$10 billion, far behind.
 
この、世界で第3位と第4位のテレコム機器会社の統合により、売上面では第2位の企業が誕生することになる。つまり、Huawei に続く規模を持ち、Ericsson を凌駕する存在となる。このように再編される Top-3 だが、すべてが US$30 billion 以上の年商を有し、そこから大きく引き離されたところに、US$10 billion の ZTE が位置する。
 
The new entity will vie with Ericsson in the US market, with Huawei standing on the sidelines due to its exclusion from the market due to political reasons. The new company will have an edge over Ericsson in the Chinese market but will trail Huawei and ZTE, which enjoy local advantages, according to Sina’s tech news web portal.
 
この新会社は、US 市場で Ericsson と争うことになる。そして、そこには、政治的な理由によりマーケットから追いやられた Huawei もいる。また、China のハイテク・ニュース Web ポータルによると、この新会社は同市場で Ericsson を上回るだろうが、ローカルでのメリットを享受する Huawei と ZTE を追いかけることになる。
 
In Europe, the Middle East and Africa, Huawei will take the lead, with Ericsson and Nokia/Alcatel-Lucent trailing closely behind, while the Asia-Pacific market will be shared by the four players, according to their global rankings.
 
Europe/Middle East/Africa では、Huawei が Ericsson に対してリードを奪い、僅差で Nokia/Alcatel-Lucent チームが追いかける展開となる。その一方、Asia-Pcific 市場では、グローバル・ランキングにおける四大プレーヤーがシェアを分け合うだろう。
 
In the future, Nokia/Alcatel-Lucent will stand at the forefront of the race to develop next-generation telecom technologies, including 5G, cloud computing, big data and transmission and graphic technology, thanks to its robust R&D strength boasting 40,000 researchers and US$5.7 billion annual R&D outlay, neck-and-neck with Huawei, which boasts 76,000 researchers and annual R&D outlay of US$6.6 billion.
 
将来的に見て Nokia/Alcatel-Lucent は、5G/Cloud Computing/Big data/Transmission/Graphic などの、次世代通信テクノロジー開発レースの最前線に立つだろう。その背景には 40000 人の研究者と US$5.7 billion という年間予算の R&D があるが、Huawei も 76000人の研究者と US$6.6 billion の R&D を有している。
 
Sina’s tech news portal stated that the merger between Nokia and Alcatel-Lucent is inevitable, in line with the big-getting-bigger trend, citing Rajeev Suri, Nokia CEO, who said that only three leading players will survive in the global telecoms-equipment market in the end.
 
China のハイテク・ニュース Web ポータルは、Nokia と Alcatel-Lucent の合併について、大きなトレンドに沿ったものであり、また、避けられないものである述べている。そして、Nokia の CEO である Rajeev Suri の、「グローバルにおけるテレコム通信機器マーケットでは、最終的に三大プレイヤーだけが生き残る」という発言を引用している。
 
The merger is supplementary in nature, with Nokia excelling in mobile broadband and Alcatel-Lucent in fixed-line networks. The target market for the new entity will top €130 billion (US$140 billion) in scale, 50% more than Nokia’s target market at €84 billion (US$90 billion).
 
この合併において、モバイル・ブロードバンドにおける Nokia の優位性と、固定回線ネットワークにおけると Alcatel-Lucent の優位性が、自然な流れの中で相互補完されていく。この新会社が目標にする売上は、€130 billion (US$140 billion) であり、Nokia が目標としていた €84 billion (US$90 billion) の 50% 増しになるという。
 
ーーーーー
Telecom先週は、この Nokia と Alcatel-Lucent の統合の話題で持ちきりでしたが、Huawei と Ericsson との位置関係も、当然のことながら大きく変化するようです。ちなみに、このライバルたちの規模ですが、Wiki で調べてみたところ、Huawei が CNY 288.197 billion (US$46.515 billion:2014) で、Ericsson が SEK 227.4 billion (US$31.318 billion: 2014) とのことでした。この先、Huawei が ZTE を取り込むような展開になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
 
 

APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on April 15, 2015
Asia Pacific becomes frontline for IoT with US$583 billion market opportunity by 2020, says IDC
Alex Wolfgram – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PR200.html
 
_ Digi Times
 
The Asia Pacific Internet of Things (IoT) industry will continue its strong growth, with the number of units, or “things,” connected to increase from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020. Over this same period, the total Asia Pacific excluding Japan (APeJ) market size will increase from US$250 billion to US$583 billion, according to IDC.
 
Asia Pacific の Internet of Things (IoT) は、その力強い成長を継続し、インターネットの接続される Units もしくは Things の数は、2020年までに 31億個〜86億個へと増大していくだろう。それと同じ期間において、Asia Pacific excluding Japan (APeJ) の IoT マーケットは、US$250 billion〜US$583 billion へと成長すると、IDC は推測している。
 
Internet_of_ThingsWikipedia
 
“The Internet of Things industry has matured considerably over the past year, with a number of large government initiatives across APeJ, and China in particular, driving demand,” said Charles Reed Anderson, VP at IDC Asia Pacific. “This increase in market demand has led to an increased focus on IoT from leading ICT vendors, as well as start-ups – with each keen to grab their share of the growing IoT market.”
 
「 この 一年間の IoT は、APeJ 全体において、とりわけ China において、需要を促進していく各政府のイニシアチブにより、かなり成熟したと推測できる。 こうした、マーケットにおける需要の高まりが、大手 ICT ベンダーに加えてスタートアップの注目を集めている。つまり、誰もが、成長していく IoT マーケットで、シェアを掴もうとしているのだ」と、IDC Asia Pacific の VP である Charles Reed Anderson は述べている。
 
“While high level IoT market forecast information by region or country can be useful to certain audiences, it adds little value to those functional areas with more specific requirements,” said Anderson. “Sales and marketing, for instance, require IoT forecasts aligned to industry verticals so they can effectively set targets and tailor their go-to-market messaging; while product management requires IoT forecasts aligned to use cases (e.g. digital signage) so they can understand the addressable market for their solution portfolio across multiple industries.”
 
さらに Anderson は、「地域や国といった、大きな括りによる IoT 市場予測の情報は、特定の人々にとって有益だろうが、それぞれの機能分野と、それに伴う具体的な要件に対して、価値を与えるものにはならない。たとえば、セールスとマーケティングの観点からすると、業界を垂直に整理していく IoT 予測が必要となる。 そのため、そのような目的を持つ人々は、効果的に目標と対応を定めた、go-to-market  メッセージを設定できる。しかし、製品管理に携わる人々が必要とするのは、ユースケースを整理するための IoT 予測である(たとえばデジタル・サイネージ)。したがって、それらの人々が理解していくのは、複数の業界にまたがるソリューション・ポートフォリオのための、細分化された情報となる」と述べている。
 
China not only will continue to dominate the Asia Pacific region, accounting for 59% of the APeJ market opportunity by 2020, but also be one of the leading markets globally with nearly one out of every five units connected by 2020 to be in China. However, market size is not the same as market maturity, said IDC.
 
2020年までに APeJ 市場における 59% のビジネス・チャンスを占めるとされる China は、Asia Pacific 地域を支配し続けるだけではなく、グローバルをリードするマーケットの一角を占める。つまり、China は 2020年までに、インターネット接続された全デバイスの、5つに 1つを占めることになるのだ。しかし、マーケットの規模と、その成熟度が一致するわけではないと、IDC は述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT という言葉で一括りにしても、セールスとマーケティングの観点からの予測と、ユースケースという観点からの予測には、大きな違いがありそうですね。 そして、APAC (APeJ?) の IoT マーケットで、中国が存在感を増してくるという予測には、なるほどと頷いてしまいます。 スマホの世界を例にすると、Xiaomi のサプライチェーンが突出した存在として浮上してきますが、彼らが IoT を手にしたら、どのようなことが起こるのでしょうか? そして、中国国内で IoT を構成していくためのバックボーンは、おそらく Huawei や ZTE に委ねられるはずです。いろいろな意味で、とても気になるアジアの IoT ですね。_AC Stamp
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
ーーーーー
<関連>
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
 

Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Posted in .Chronicle, .Selected, DevOps, Microsoft, Strategy by agilecat.cloud on April 8, 2015
Microsoft mulls an open source Windows
Senior engineer spills the beans at ChefCon.
Russell Brownon – Apr 7, 2015
http://www.itnews.com.au/News/402396,xxxxx.aspx
 
_ it news
 
A senior engineer from Microsoft has hinted that the company could one day open source the entire Windows operating system.
 
Microsoft のシニア・エンジニアが、Windows オペレーティング・システム全体に関するオープンソース化について、いずれは実現するかもしれないと示唆している。
 
Mark Russinovich, a Microsoft technical fellow and senior engineer, dropped the bombshell in front of several hundred people during a panel discussion at the ChefCon DevOps conference in the United States.
 
Microsoft の Technical Fellow and Senior Engineer である Mark Russinovich が、United States で開催された ChefCon DevOps カンファレンスのパネル・ディスカッションで、数百人の聴衆を前にして、この爆弾を落とした。
 
Russinovich told the crowd it was “definitely possible” that Microsoft could, in the future, choose to open up the Windows source code.
 
Microsoft が将来的に、Windows ソースコードのオープン化を選択することは、「可能性として間違いなく有り得る」と、Russinovich は聴衆に語っている。
 
“It’s a new Microsoft,” he said.
 
そして、「それが、新しい Microsoft だ」と、彼は付け加えている。
 
ChefConThe prospect is not as surprising as it might once have been. Last November, the company announced plans to open source the full server-side .NET core stack and bring the open-sourced .NET core to Linux and Mac OS X – with everything happening in plain view on code repository GitHub.
 
こうした見通しは、これまでの経緯をみれば、それほど驚くべきことではない。 昨年の 11月に同社は、サーバー・サイドの .NET Core Stack を完全にオープン・ソース化し、その .NET Core を Linux および Mac OS X 上に提供するという、計画を発表している。さらに言えば、コード・リポジトリである GitHub 上で、すべての計画は進められるようだ。
 
The company now has more than 1000 software repositories on GitHub, but until now Windows, a US$4 billion (A$5.27 billion) a quarter cash cow, has looked untouchable.
 
現時点において同社は、GitHub 上に 1000 以上のソフトウェア・リポジトリを有している。しかし、四半期で US$4 billion ものキャッシュを稼ぎだす Windows は、そうならないだろうと、これまでは推測されてきた。
 
Russinovich asked for a show of hands from the audience on how many attending solely ran Windows. One single hand was raised from a crowd of hundreds.
 
Russinovich は、Windows の利用率を確認するために、聴衆に挙手を求めたが、数百の手が挙がるという結果が示された。
 
Russinovich – Microsoft’s chief technical officer of Azure – said in the company’s cloud computing service, almost 20 percent of virtual machines are Linux already.
 
Microsoft PDC
 
Microsoft Azure の CTO でもある Russinovich は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに関して、ほぼ 20% の仮想マシンが、すでに Linux で動いていると述べている。
 
He acknowledged that in the past it “would have freaked people out to think about Microsoft running Linux in our cloud”.
 
これまでも、「私たちのクラウドで、Microsoft が Linux を走らせることに、とても熱狂する人々がいる」と、彼は認めていた。
 
“Every conversation you can imagine about what should we do with our software — open versus not-open versus services — has happened,” he said. “It’s really a matter of choice. We’re going to continue to innovate and deliver cool stuff in Windows [while] we see customers that are making other choices.”
 
「 みなさんがイメージする、すべてのディスカッションにおいて、Open 対 Not-Open 対 Services という議論が生じている。それは、まさに選択の問題だ。 私たちは、さらにクールな Windows を目指して、イノベーションを継続していくが、他の選択肢を望むカスタマーがいることも知っている」と彼は発言している。
 
While developers were absorbing the news, Microsoft’s founder Bill Gates sent an open letter to the company’s staff as part of its 40th anniversary celebrations urging them to focus not on Microsoft’s legacy, but on its future.
 
このニュースに、デベロッパーたちは夢中になっている。その一方で、Microsoft の Founder である Bill Gates は、40周年の祝辞の一環として、全社員に公開書簡を送っている。そして、その内容はというと、Microsoft の歴史にではなく将来に対して、集中を促すものになっている。
 
Amid the birthday celebrations, the company confirmed the last few hundred of the 18,000 layoffs it began making last year.
 
こうした、お祝いムードの中で、昨年から進められている 18,000人 のレイオフの、最後の数百人が確定するという現実もある。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
MS昨年の 11月3日に、「Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!」という抄訳をポストしていますが、それもオーストラリアの iT News でした。そして、今回の Open Windows というニュースですが、、、Microsoft は Office 365 などにより、本質はサービスに有りという路線へ、すでに転換していると推測できます。 もちろん、手元のデバイスに価値が無いという話ではありませんが、Apple が主張する価値というより、Google の考え方に近いところへと、移行を完了しているように思えます。 それにしても、Mark Russinovich さんは、いつも歯切れがよくて、ナイスですね! これからが、とても楽しみです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言

Posted in .Selected, IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 6, 2015
Internet of Things: Security Device Access Rights with Identity Management
By Dick Weisinger − March 27, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-security-device-access-rights-with-identity-management/
_ formtek
The ability to be able to control identity and access rights is a critical component for ensuring the security of devices communicating within the Internet of Things.  But Gartner says that today’s identify and access rights management (IAM) tools are inadequate for handling the scale and complexity of identity management that the IoT will bring.  Within an IoT framework, identity management will expand to include not only people, but also systems and the things that people own, share and use.
 
IoT におけるデバイス間の通信で、そのセキュリティを確保するためには、ID とアクセス権のコントロールが欠かせない。しかし Gartner は、IoT がもたらすスケールと ID 管理の複雑さの取り扱いについて、今日の IAM (Identify and Access rights Management) ツールでは、不十分だと発言している。IoT のフレームワーク内における ID 管理は、人間にだけ適用されるものではなく、システムにまで広がり、また、人々が共有/使用/所有するものも取り込んでいく。
 
Vermeer_5Earl Perkins, research vice president at Gartner, said that ”identity and access management leaders must reconsider how traditional approaches to cybersecurity and identity and access management work in a world where devices and services are so abundant, in so many different forms and positioned at so many different points within the IT ecosystem… ”
 
Gartner の Research VP である Earl Perkins は、「 IAM のリーダーたちは、まだ見ぬ世界のサイバー・セキュリティと、ID およびアクセス管理に対処するため、これまでのアプローチを再考する必要がある。つまり、そこでは、きわめて多様な形態と位置付けを持つデバイスとサービスが、IT エコシステム内の膨大なポイントで接続されていく 」と発言している。
 
Ant Allan, research VP at Gartner, said that ”the Identity of Things (IDoT) requires a new taxonomy for the participants in IAM systems.  People, software that makes up systems, applications and services, and devices will all be defined as entities and all entities will have the same requirements to interact.”
 
Gartner の Research VP である Ant Allan は、「 Identity of Things (IDoT) が要求するのは、IAM システムにおける新たな参加者と分類法である。そこには、人々がいて、システム/アプリケーション/サービス構成するソフトウェアがあり、多様なデバイスもある。そのすべてが、エンティティとして定義され、すべてのエンティティがインタラクトするための共通要件を持つことになる」と述べている。
 
Earl added that “existing identity data and policy planning give IAM leaders and technology service providers (TSPs) a narrow view of entities leading to a static approach that does not consider the dynamic relationships between them. However, the concept of dynamic relationships is vital to the success of future IAM solutions. In fact, the concept of the relationship will become as important as the concept of identity is for IAM in the IDoT. It allows the IDoT to exist and become part of new responsibilities for IAM in the enterprise.”
 
Earl は、「 既存の ID におけるデータとポリシーの発想は、IAM のリーダーや TSP (Technology Service Provider) たちに、きわめて狭い視野を与えるのみである。それは、静的なアプローチであり、すべての接点における動的な関係を考慮していない。つまり、動的な関係というコンセプトが、将来の IAM ソリューションを成功に導くためには不可欠となる。実際のところ、このリレーションシップの概念が重要になっており、それは、IDot における IAM のための ID の概念に等しい。言い換えるなら、エンタープライズにおける IAM のために IDot が存在し、また、新たな責任の一部を担うというシナリオが成り立つ」と付け加えている。
 
ーーーーー
 On Mondayたしかに、IoT を語るなら、その前に Identity of Things (IDoT) の議論が必要ですね。 先週の Weisinger さんは、このコンテントの他にも 「Internet of Things: RFID Makes Strong Comeback as Low-Cost IoT Sensor 」をポストしています。 また、以前には、「BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ! 」という記事もありました。 まぁ、とにかく IoT に関しては、突出した企業がいるわけもなく、文中にもあるように、新たな参加者と分類法が必要なのでしょう。 そして、もちろん、それらをニュートラルな観点で議論していかなければなりません。 人類の叡智が試される、一大事業になるのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Post-PC by agilecat.cloud on April 2, 2015
Google debuts the Chromebit, a Chromebook dongle for under $100
Karissa Bell – March 31, 2015
http://mashable.com/2015/03/31/chromebook-chromebit/
 
_ Mashable
 
Google has a new device in its growing Chromebook family, and it’s called Chromebit.
 
Google の Chromebook ファミリは成長し続けているが、そこに新たなデバイスとして Chromebit が加えられた。
 
The Chromebit looks more like Chromecast than a Chromebook, but the dongle has almost all of the internal components of Google’s browser-based laptops crammed into a stick smaller than an iPhone 6. Google revealed the new Chrome OS-based device, which will be available later this year, along with a new lineup of low-cost Chromebooks on Tuesday.
 
Chromebit は、Chromebook というより Chromecast のように見えるが、このドングルは iPhone 6 よりも小さなスティックの中に、Google のブラウザ・ベース・ラップトップの、大半のコンポーネントを詰め込んでいる。Google は火曜日 (4/1) に、廉価版 Chromebook の新ラインナップを発表したが、それと同時にお披露目された、この新しい Chrome OS ベースのデバイスは、今年の後半に提供が開始されるという。
 
The Asus-made Chromebit has the guts of a standard Chromebook — 2GB of RAM, Rockchip’s 3288 processor and 16GB of storage — all stuffed into a dongle that is closer to the size of a Roku Streaming Stick than a laptop. It will cost less than $100 when it goes on sale this summer, though exact pricing and availability aren’t yet clear.
 
Asus 製の Chromebit は、標準の Chromebook 機能を有し、2GB RAM および、Rockchip 3288 Processor、16 GByte Storage を搭載している。 その形状はというと、ラップトップ というより、Roku Streaming Stick に近いドングルになっている。 発売は夏に予定されていて、$100 以下の価格とされているが、正確な価格と発売日はまだ明確になっていない。
 
chromebitThis the new Asus Chromebit: a dongle that has the guts of a low-end Chromebook stuffed into a pocket-size stick for less than $100.
 
The Chromebit is equipped with two ports: one HDMI and one USB. The first is used to connect the Chromebit to an external display, while the USB 2.0 port is used for power and to connect peripherals like a keyboard or mouse (these can also be connected via bluetooth, as the device has bluetooth capabilities.)
 
Chromebit には、HDMI と USB のポートが、1つずつ装備されている。HDMI は、Chromebit と外部ディスプレイに接続するためのものだ。そして USB 2.0 ポートは、電源および、キーボードや、マウスなどを接続する(Bluetooth によるデバイス接続も可能)。
 
“Asus actually really pulled off a marvel of engineering here, squeezing everything into this size,” said Caesar Sengupta, VP of product management at Google, during a press event at the company’s San Francisco office.
 
「 Asus は、このサイズにすべてを取り込むという、まさに驚異的なエンジニアリングを確立した」と、Google の VP of Product Management である Caesar Sengupta は、San Francisco オフィス開催された同社のプレス・イベントで発言している。
 
While Sengupta mentioned a range of scenarios the Chromebit could be used in — from powering digital signage to a travel accessory to aiding displays at Internet cafes with outdated PCs — he added that the company is excited for new, unexplored use cases.
 
Sengupta は、Chromebit の利用シナリオについて、デジタル・サイネージへのパワーの提供から、インターネット・カフェのディスプレイを活用するトラベル・アクセサリ(時代遅れの PC は不要)にまでいたるが、誰も考え付かなかったユース・ケースも期待していると述べている。
 
For those who want more of a traditional form factor, Asus has another new Chromebook coming later this year: the $249 Chromebook Flip. The Flip’s design resembles Lenovo’s Yoga tablets and other convertible “all-in-ones,” in that it can operate as a traditional laptop with a keyboard and trackpad or as tablet when the touchscreen display is flipped around.
 
また、Asus は、従来からのフォームファクタを望むユーザに対して、$249 Chromebook Flip を用意しており、それも今年の後半に提供されるという。この Flip のデザインは、Lenovo Yoga タブレットや、その他のコンバーチブル All-in-One に似たものとなる。つまり、キーボードとトラックパッドによる、従来からのタップトップとして利用できるが、タッチ・スクリーン・ディスプレイを回転させると、タブレットになるというものだ。
 
Asus-Chromebook-FlipThe new $249 Asus Flip Chromebook will go on sale later this year.
Image: Google
 
With an all-metal yet lightweight body, the Flip was designed to feel like a “premium” device, despite its relatively modest price. It comes equipped with 4GB of RAM, 16GB of internal storage and a battery that tops out at 10 hours, according to Asus.
 
軽量なメタル・ボディの Flip は、プレミアム・デバイスのようなデザインだが、その価格は低く設定されている。Asus によると、4GB RAM と、16GB Storage が搭載され、バッテリー・ライフは 10時間 とのことだ。
 
As with other convertible devices, the operating system’s user interface changes depending on its mode. In tablet mode, for example, the device has a virtual keyboard that also supports handwriting recognition (that includes hand-drawn emoji).
 
その他のコンバーチブル・デバイスと同様に、OS のユーザ·インターフェイスは、そのモードに応じて変更される。たとえば、タブレット・モードのときには、仮想キーボードがサポートされ、手書き文字が認識される(絵文字も含む)。
 
Screenshot-ChromebookThe latest version of Chrome OS supports handwriting recognition and can recognize emoji.
Image: Google
 
Google also showed off low-cost Chromebooks from two new manufacturers, Hisense and Haier. The Hisense Chromebook and Haier 11 Chromebook are both available for preorder now and cost $149 each.
 
さらに Google は、Hisense と Haier という、新しいメーカーによる廉価版 Chromebook も披露している。Hisense Chromebook および Haier 11 Chromebook は、どちらも $149 で提供される。
 
Google is clearly targeting two of its key Chromebook demographics with these offerings: students and emerging markets.
 
明らかに Google は、Chromebook が大量に使用されている、教育フィールドと途上国マーケットを、この 2つの製品のターゲットにしている。
 
Google is clearly targeting two of its key Chromebook demographics with these offerings: students and emerging markets like India, Mexico and Thailand. Specs-wise, both fall on the lower end of the spectrum — even by Chromebook standards — with the same Rockchip processor, 2GB of RAM and 16GB of storage as the Chromebit.
 
つまり Google は、この 2つの Chromebook を、学校教育の現場と、India/Mexico/Thailand といった途上国市場に提供しようとしている。 スペック面では、Chromebook の標準である、ローエンドへ指向のものであり、Chromebit と同じ Rockchip プロセッサおよび、2GB RAM、16GB Storage を搭載する。
 
However, the $149 price tag is one of the cheapest that comes on a Chromebook, period. Both models boast an impressive battery life; Hisense’s clocks in at up to eight-and-a-half hours while Haier’s Chromebook 11 claims to last for up to 10 hours.
 
そして、$149 という価格は、これまでの Chromebook の中で、最も安価なものである。どちらのモデルも、すばらしいバッテリ・ライフが自慢である。Hisense は最大で 8時間30分であり、Haier 11 Chromebook は最大10時間となっている。
 
Hisense-ChromebookThe $149 Hisense Chromebook will get up to 8.5 hours of battery life.
Image: Google
 
All of the newest Chromebooks will ship with the latest version of Chrome OS, which comes with a host improvements, including better offline capabilities and the new Smart Lock features, which allows Android users to unlock Chromebooks with smartphones.
 
一連の、最新 Chromebook は、最新バージョンの Chrome OS と共に出荷される。つまり、改善されたオフライン機能や、Android スマホにより Chromebook をアンロックする、Smart Lock 機能などに対応している。
 
Chromebook owners can also expect to see many more Android apps running on their devices. The feature, which was first previewed last year during Google’s I/O developer conference, has been available to a limited number of developers, though Google is set to open up the program to more developers soon.
 
Chromebook オーナーたちは、数多くの Android アプリが、それらのデバイス上で走りだすことを期待してよい。昨年の Google I/O Developer Conference で、それらはプレビューされている。現時点では、限られたデベロッパーにだけ、そのための開発環境が提供されているが、これからは、より多くのデベロッパーに開放するよう、Google は準備を進めている。
 
These devices will join a handful of others for a total of about 10 new Chromebooks that will launch by the end of the year, including some higher-end models from Intel, which will have huge 15.5-inch displays powered by the same Broadwell chip as the the flagship Pixel 2.
 
これらのデバイスは、今年末までに発売される、約10 種類の新しい Chromebook の一員となる。そこには、フラッグシップ・モデルである Pixel 2 と同様に、Broadwell チップを搭載し、巨大な 15.5-inch ディスプレイを搭載する、Intel からのハイエンド・モデル群も含まれる。
 
ーーーーー
Post-PCいいですね、Chromebit は! これと、折りたたみ式の BT キーボードでも持っていれば、出張先のホテルなどでの作業が、ぐっと捗るようになるでしょう。そして、Chromebook Flip も魅力的です。 なんといっても、低価格であることが、これらの Asus 製品のステキなところです。 いま、Agile_Cat は、HP の Chromebook 11 に慣れようとしているところですが、可能なものをクラウドに移すという作業と発想の転換が前提になります。 それは、だいぶ進みましたが、HP の安っぽいトラック・パッドだけは我慢できません。 その辺りも、今年の Chromebook には期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 20, 2015
Taiwan white-box server makers land orders from Apple
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 18 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150318PD204.html
 
 _ Digi Times
 
Apple has joined the Facebook-established Open Compute Project in line with its plans to set up new cloud data centers and replace servers used in existing data centers. Some Taiwan-based white-box server makers have obtained orders from Apple and will begin shipments soon, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Apple は、新たなクラウド・データセンターを構築するために、そして、すでに稼働しているデータセンターのサーバーを刷新するために、Facebook が確立した Open Compute Project に参加した。Taiwan のサプライ・チェーン・メーカーからの情報によると、Taiwan をベースとする、いくつかのホワイトボックス・サーバー・メーカーが、すでに Apple からの受注を得ており、また、すぐに出荷が開始されるようだ。
 
OCP AppleApple is expanding its investments in datacenters and plans to invest US$2 billion to transform its sapphire glass factory in Arizona, the US to a datacenter and will invest EUR1.7 billion to establish datacenters in Ireland and Denmark. The datacenters in Europe are estimated to complete by 2017 to handle Apple’s online service in Europe.
 
Apple は、データセンターへの投資を拡大している。US の Arizona では、サファイア・ガラス工場をデータセンターに様変わりさせるために、US$2 billion を投資する計画が進んでいる。また、Ireland と Denmark にデータセンターを構築するために、EUR1.7 billion を投資するとされている。それらの、ヨーロッパにおけるデータセンターは、2017年までに完成すると予測されており、Apple のオンライン・サービスを、この地域に提供するために運用される。
 
Apple used to rely on Hewlett-Packard (HP) and Dell to supply servers, but is now looking to acquire servers with customized designs and cheaper prices, giving white-box server makers more chances on acquiring related orders, the sources said.
 
Apple は、データセンターで用いるサーバーを、Hewlett-Packard (HP) と Dell からの供給に依存してきた。しかし、これから購入するサーバーは、カスタマイズされたデザインと、引き下げられたコストを伴うものとなる。上記の情報筋によると、この Aplle の方針の転換により、ホワイトボックス・サーバー・メーカーにチャンスが訪れているようだ。
 
Apple is also said to be looking to enter the enterprise market with its existing business model for the consumer market and is cooperating with IBM for related applications, the sources noted.
 
さらに Apple は、コンシューマ市場のための既存ビジネス・モデルを、エンタープライズ市場に展開することで、同社にとって新しい市場に参入する糸口を、探しているとされる。つまり、それが、IBM との提携による、エンタープライズ・アプリケーションの供給であると、情報源は指摘している。
 
ーーーーー
open-compute先週にポストした「Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!」という抄訳で、その概要が報じられていますが、その後も動きも素早く展開しているようですね。 どこが受注しているのか、とても気になります。 そして、「Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!」で紹介されている試みが成功すえれば、Apple も OCP のネットワーク・スイッチを使用するようになるのでしょうか?  面白い展開なので、引き続き、ウォッチしていきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90%:Wiwynn は前年比で 100% 増
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Instagram の空前のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
 
 

Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない

Posted in .Chronicle, .Selected, Cisco, Data Center Trends, Facebook, Network, Open Compute by agilecat.cloud on March 19, 2015
Facebook Just Gained A Big Ally In Its Battle With Cisco
Julie Bort – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-gains-juniper-as-new-ally-in-battle-with-cisco-2014-12
 
_ Business Insider
 
Last summer, an organization led by Facebook fired a huge shot at Cisco. On Thursday, on4e of Cisco’s oldest rivals, Juniper, jumped in to back Facebook in a big way.
 
昨年の夏のことだが、Facebook が率いる組織が、Cisco に対してきつい一撃を浴びせた。 そして、この木曜日(12/4)には、Cisco にとって最も古いライバルである Juniper が、この Facebook の試みに対して、最大級の支援を申し出るポジションへと飛び込んできたのだ。
 
Wedge_Mark_ZuckerbergJustin Sullivan Getty Images
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg
 
And the threat to Cisco from Facebook went from huge to enormous. It won’t kill Cisco, but it will shake the trees a little bit and force Cisco to make some uncomfortable choices.
 
それにより、Cisco が Facebook に対して抱く脅威が、さらに増大することになる。 Cisco が倒されるようなことは起こり得ないが、この大樹を多少は揺さぶり、また、時には不快な選択を促すことになるだろう。
 
The shot was a new piece of networking equipment called the Wedge, which pushed Facebook into the $23 billion Ethernet switch market, currently dominated by Cisco.
 
前述の一撃とは、Wedge という名の新しいネットワーク機器のことであり、Cisco が支配している $23 billion Ethernet スイッチ市場に、Facebook を参戦させるものである。
 
This new switch wasn’t an actual product. It was a design for a new product, one that Facebook gives away for free through its Open Compute Project (OCP).
 
とは言え、この新しいスイッチというものは、現実的なプロダクトにはなっていなかった。つまり、Facebook が率いる Open Compute Project(OCP)を介して、新たなプロダクトのために無償で提供される、デザインという位置づけとなっていた。
 
OCP is a radically new way to build and buy computer hardware. Anyone can contribute to the designs and use them for free, ordering them from a contract manufacturer.
 
OCP が実現するのは、コンピュータ・ハードウェアの構築/購入のための、まったく新しい方式である。誰もがデザインをコントリビュートすることが可能であり、また、無償で使用することも可能である。 つまり、契約を交わしたマニュファクチャに発注することで、それらを具体的なレベルで製造できるのだ。
 
Now, Juniper has done exactly that. It designed its own version of the OCP switch, which works with its operating system, Junos OS. It ordered this design from a contract manufacturer, Alpha Networks, and Juniper will sell this switch to enterprises with big data centers.
 
まさに、いま、Juniper は、それを行っている。 同社は、OCP スイッチと自身の Junos OS を連携させるという、独自のバージョンをデザインしたのだ。そして、そのデザインを、契約マニュファクチャである Alpha Networks に発注し、大規模データセンターを有するエンタープライズに、この製造されたスイッチを販売していく。
 
There are a few important things about all of this.
 
この、一連の流れにおいて、いくつかの重要なポイントがある。
 
Facebook’s switch isn’t just a radically new way to buy a piece of hardware, it’s also part of a radically new way to design networks called software-defined networking (SDN).
 
ただし、Facebook のスイッチは、ハードウェアを購入するための、新しい方法だけに本質があるわけではない。それは、Software-Defined Networking(SDN)と呼ばれるネットワークをデザインするための、まったく新しい方法としても機能する。
 
SDN takes all the fancy features found in networking equipment and puts them into software that runs on servers. You still need the network equipment, but you need less of it and less expensive varieties. It will almost certainly cause a price war one day, if companies start to experiment with it and like it.
 
SDN とは、ネットワーク機器上で検出された、すべての想像上の機能を受け取り、それらをサーバー上で走るソフトウェアに置き換えていく。依然として、誰もがネットワーク機器を必要とするが、その数を減らし、また、コストも引き下げる必要がある。その種の実験もしくは、それに類するものを、複数の企業が開始すると、いつの日にかは、ほぼ確実に価格戦争の原因になっていく。
 
Facebook’s involvement with SDN will encourage them to do just that. If it works for Facebook, it could work for them.
 
Facebook による SDN への取り組みは、同じことを行おうとする企業を勇気づける。つまり、そこでの成果は Facebook だけのものではなく、同じ方向を目指すエンタープライズにとっても、きわめて有用なものとなるはずだ。
 
The Wedge, and Juniper’s version of it (named the “OCX1100″), is designed to work with lots of open source software, too. People can program it with a common language like Python. It works with popular open source management tools from Chef and Puppet Labs.
 
この Wedge と Juniper のバージョン(OCX1100)は、膨大なオープンソース・ソフトウェアと連携して、動作するようにもデザインされている。そして、Python のような共通の言語を用いて、それらをプログラムすることが可能である。さらに、Chef や Puppet Labs などから提供される、人気のオープンソース・マネージメント・ツールとも協調する。
 
All the network equipment makers are creating SDN switches, Cisco included. In fact Cisco says that its SDN product released last year is selling well.
 
Cisco を含めて、すべてのネットワーク機器メーカーが、SDN スイッチを作成している。実際のところ、昨年に Cisco がリリースした、その SDN プロダクツはよく売れていると言う。
 
But Cisco’s gear is not like the Wedge. Traditional switches from Cisco or Juniper are a single piece of equipment. They look like this:
 
しかし、Cisco のギアは、Wedge のようなものではない。 Cisco や Juniper から提供される、従来からのスイッチは、以下のような一体型の機器となっている:
 
Wedge_CiscoCisco Catlyst switches
 
The Wedge is designed to stitch together standard bits of hardware, that you can change as you see fit. It’s like Legos, only for a computer server, like so:
 
その点、Wedge は、目的に合わせた変更が可能なよう、スタンダード・ハードウェアを集めて、組み上げていくためにデザインされている。 それは、以下のようなものであり、コンピュータ・サーバーを対象とした Lego のようなものだ:
 
Wedge_DesignFacebook Wedge 
network switch
 
Facebook has no interest in competing with Cisco. It just wants to build reliable, low-cost and easy-to-maintain equipment to use in its own data centers. OCP hardware saved Facebook over $1 billion in its first three years, CEO Mark Zuckerberg said. Many other companies want the same.
 
Facebook は、Cisco と競合しようとしているのではない。自身のデータセンターで使用するための、高信頼性/低コスト/容易なメンテナンスを実現する設備を、単に構築したいと考えているだけなのである。OCP ハードウェアを活用し始めた Facebook は、最初の 3年の間に $1 billion を節約できたと、CEO の Mark Zuckerberg が発言している。 そして、他の企業も、同じことを行いたいだけなのである。
 
Most enterprises, even big telecom companies, don’t want to deal with designing and building their own Lego-like servers.
 
それが大手のテレコムであったとしても、ほとんどのエンタープライズは、Lego のような独自サーバーを設計/構築したいとは考えていない。
 
That’s where Juniper comes in. They can buy a Wedge from Juniper.
 
そこが、Juniper の目の付け所である。 つまり、それらのエンタープライズは、Juniper から Wedge を購入できるのだ。
 
Cisco is well aware of the Wedge. In October, a few months after the Wedge launched, Cisco joined the OCP as a a Gold member. It told its customers that if they want OCP products, they can come to Cisco. They don’t need to go to Alpha Networks or Juniper.
 
Cisco は、Wedge のことをよく知っている。 Wedge がローンチした数ヶ月後の 10月に、Cisco は Gold メンバーとして OCP に参加した。そして、OCP プロダクトを欲しがる顧客がいるなら、彼らは Cisco に来ると語っていた。 つまり、Alpha Networks や Juniper に行く必要は無いというわけだ。
 
Still, should Juniper’s OCP switch become popular, this should put Cisco in an uncomfortable position. Should it jump on the bandwagon, create its own Wedge, and put a knife in the back of its own SDN switch, which is selling well? Cisco has spent about $1 billion to create that product.
 
とは言え、Juniper の OCP スイッチに人気が集まれば、Cisco にとっては不本意なポジションが待っている。この流れに乗って、独自の Wedge を構築すべきなのか? それは、よく売れている、独自の SDN スイッチを、背後からナイフで突き刺すことにならないのか? このプロダクトを作成するために、すでに Cisco は $1 billion も費やしているのだ。
 
Or should it watch customers go to Juniper and its other competitors involved with OCP, like Arista?
 
さもなければ、顧客が Juniper に流れていくのを黙ってみているのか? さらに言えば、そこには Arista のような、OCP のメンバーも参戦してくるだろう。
 
Cisco had no comment on the Juniper switch, but did tell us, “Cisco has been a leader in advancing multiple open source programs, including the Open Compute Project.”
 
この Juniper のスイッチについて、Cisco はノーコメントを貫いている。 しかし、同社は、「 Cisco の先進性は、多数のオープンソース・プログラムでリーダーを務めているところにもあり、そこには Open Compute Project も含まれる」と、私たちに答えている。
 
SEE ALSO:  Why Cisco Has Showered These 3 Men With Billions Of Dollars
 
ーーーーー
open-computeこのポストは、2014年12月のものであり、この後に続くコンセプトとして、すでに 6-pack が登場しています。 ここで紹介されている Wedge と Fabric をセットにしたものですが、それ自体も SDN のためのホワイトボックスという位置づけになります。すでに、Pluribus というスタートアップが動き出しているようです。 この会社は、長年にわたり Cisco の幹部を務めていた Kumer Srikantan に率いられ、Yahoo の創業者である Jerry Yang に支援され、$50 million を調達しているとのことです。 同社のプロダクトは、Facebook の Wedge と同様のスタイルで構築され、市販のコンポーネントでハードウェアを構成し、独自のオープンソース・フレーヴァーのソフトウェアを有しているようです。 まさに、OCP デザインを活用したビジネス・モデルというわけです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 

Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Posted in .Selected, Apache, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 12, 2015
Apple Joins Facebook’s Hardware Design Community
Yevgeniy Sverdlik – March 10, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/03/10/apple-joins-facebooks-hardware-design-community/
 
_ DC Knowledge
 
Apple has officially joined the Open Compute Project, the Facebook-led open source hardware and data center design initiative, after being involved in it quietly for some time.
 
Apple が Open Compute Project(OCP)に、 オフィシャルに参加することになった。 この Facebook が主導する Open Compute Project は、ハードウェアとデータセンターのオープンソース・デザインを推進するものだが、これまでにも Apple は、ときおり参加していたようだ。
 
OCP Aple JoinFrank Frankovsky kicking off OCP Summit 2015 in San Jose, CA. (Photo: Open Compute Project Twitter page)
 
While the company is known primarily for its consumer devices and iTunes, it also has a massive data center infrastructure that supports its online services. Companies that operate large data centers benefit from designing their own hardware, and OCP has become a beachhead for the community of vendors and end users that support this approach.
 
同社は、コンシューマなデバイス と iTunes の会社として知られているが、それらのオンラインサービスをサポートするための、大規模なデータセンター・インフラストラクチャも有している。OCP が要となり、そのアプローチをサポートする、ベンダーとエンドユーザーのコミュニティを推進している。そして、その結果として、各種の企業が、独自ハードウェアのデザインからメリットを得るかたちで、大規模なデータセンターを運用している。
 
Frank Frankovsy, chair and president of the OCP Foundation, announced the addition of Apple to the list of members during the opening keynote of the foundation’s annual summit in San Jose, California. “Apple has been involved in this project quietly for a long period of time,” he said. “They have excellent infrastructure engineering people.”
 
OCP Foundation の Chair and President である Frank Frankovsy は、San Jose, California で開催された同ファンデーションの年次ミット・キーノートで、メンバー・リストに Apple が追加されたと発表した。彼は、「 Apple は水面下で、このプロジェクトに長期間にわたり携わってきた。同社には、優れたインフラ・エンジニアたちがいる」と述べている。
 
Apple wasn’t the only new OCP member announced Tuesday. Others who joined include end users, such as Bank of America and CapitalOne, as well as vendors, such as HP, Cisco, Juniper, and Schneider Electric.
 
新しい OCP メンバーとして発表されたのは、Apple だけというわけではない。その他の新メンバーには、Bank of America と CapitalOne というユーザー企業が含まれ、また、HP/Cisco/Juniper/Schneider Electric といったベンダー企業も含まれる。
 
OCP members have been using the project to develop hardware designs based on open specs and designs that are open sourced through the project.
 
OCP のメンバーたちは、このプロジェクトを通じてオープンソース化されたスペックやデザインに基づき、ハードウェアを設計/開発している。 つまり、そこに、このプロジェクトが存在する意味がある。
 
For end users, the benefit is not only the ability to get custom hardware but also to have multiple vendors supply the same products, which ensures supply and brings down the price. For vendors, the community has been a way to get engaged with data center operators the size of Facebook, Microsoft (which joined last year), and now also Apple.
 
エンドユーザーにとって、カスタムなハードウェアを入手することだけに意味があるのではない。つまり、複数のベンダーが同じ製品を供給することで、その調達ラインが安定し、価格も引き下げられる。ベンダーにとっては、Facebook/Microsoft(昨年から)/Apple(今年から)といった規模のデータセンター運用者との、関係を構築するための場が提供される。
 
HP announced at the summit its first line of commodity servers for hyperscale data centers such end users operate. The new Cloudline servers are compliant with OCP.
 
たとえば HP は、エンドユーザーが運用する大規模データセンターにおける、最先端のコモディティ・サーバーを、今回のサミットで発表している。この、新しい Cloudline サーバーは、OCPに準拠している。
 
ーーーーー
open-computeApple にとって、OCP に参加するメリットは、計り知れないものとなるでしょう。 iPhone や Mac などで構成されるプロダクト・ラインと比べると、バックエンドのインフラが、少々 心もとない感じがしていましたが、このコミュニティを活用することで、飛躍的な改善が達成されるはずです。 その他では、Bank of America などの金融系企業の参加や、その他のベンダー系企業の参加が、とても興味深いです。 だいぶ以前の OCP サミットで、HP はステージにも立っていましたが、ようやく正式に参加したのだと推測します。 Cisco に関しては、昨秋にアナウンスがあったと思いますが、あらためてお披露目ということなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 
%d bloggers like this: