Agile Cat — in the cloud

DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!

Posted in .Chronicle, .Selected, Digital Ocean by Agile Cat on November 22, 2014

Hot cloud DigitalOcean throws its support behind the Docker-friendly CoreOS operating system
http://wp.me/pwo1E-82z
September 5, 2014 – Jordan Novet
http://venturebeat.com/2014/09/05/hot-cloud-digitalocean-throws-its-support-behind-the-docker-friendly-coreos-operating-system/

_ VB

Cloud providers — those companies that store remote data — are coming around to welcome a new kind of operating system, one that updates itself not unlike Google Chrome browser. CoreOS, the fledgling startup behind this operating system, today announced that the OS can now be set up with a mouse click on the fast-growing DigitalOcean cloud.

クラウド·プロバイダーとは、顧客のデータをリモートにストアする企業であるが、そんな彼らが、Google Chrome ブラウザとは異なる方式で自身をアップデートする、ある種の新しいオペレーティング・システムを歓迎し始めている。それが CoreOS であるが、このオペレーティング・システムを支えるホットなスタートアップの発表によると、急成長している DigitalOcean クラウド上でも、マウス・クリックだけで設定が完了するようになったようだ。

Image Credit
DigitalOcean

The development points to the increasing acceptance of containers that wrap up application code and can be moved from one server environment to another with no tinkering. The startup Docker released its container technology under an open-source license last year and has accelerated the adoption of containers as an alternative to virtualization software for running multiple applications on each physical server.

それらを用いた開発のポイントは、アプリケーション·コードをラップするコンテナを受け入れ易くするところにあり、また、作成されたコンテナが、なんの苦労も必要とせずに、複数のサーバー環境間を渡り歩けるようにするところにある。そして、もう1つのスタートアップである Docker は、このコンテナ・テクノロジーを昨年に、オープンソース・ライセンスの下でリリースしており、仮想化ソフトウェア代替手段としてコンテナの採用を加速している。 つまり、それにより、各種の物理サーバー上で実行が可能な、大量のアプリケーションを生み出しているのである。

CoreOS builds on top of Docker, by enabling developers to shoot their applications inside Docker containers across scores of physical servers. Google and Rackspace have partnered with CoreOS to make it possible to easily set up the Linux-based operating system on their respective cloud infrastructures. It’s also possible to boot CoreOS on the market-leading public cloud, Amazon Web Services. And with smaller but trendy DigitalOcean hopping aboard, CoreOS could become more common for applications born in the cloud.

Docker 上に構築される CoreOS は、物理サーバー間の線引を超えていく Docker コンテナの内側に、自身のアプリケーションを詰め込みたい、デベロッパーたちの思いを実現していく。すでに GoogleRackspace は、CoreOS に関する提携をスタートしており、それぞれのクラウド・インフラ上で、この Linux ベース OS の設定を容易にするために取り組んでいる。さらに言えば、このマーケットをリードする、パブリック・クラウドである Amazon Web Services 上でも CoreOS を起動できる。そして今回、規模は小さくても、ホットでトレンディな DigitalOcean が乗ってきたことで、クラウド・ネイティブなアプリケーションにとって、CoreOS が共通項となる可能性が生じてきた。

Now CoreOS faces the grand challenge of convincing companies to run its operating system in their on-premises data centers and become a standard like Red Hat.

CoreOS にとって、現時点における大きなチャレンジとは、使い慣れた OS をオンプレミスのデータセンターで運用しているエンタープライズたちを説得し、Red Hat のようなスタンダードとして、自らのポジションを位置づけていくことである。

The recent funding round should help in that affair, along with CoreOS’ acquisition of Quay for storing private Docker files. Stay tuned to see what happens next on “The CoreOS Revolution.”

最近のファンド・ラウンドにおける資金調達は、プライベートに Docker ファイルをストアする Quay を、CoreOS が買収するという戦略を推進するはずだ。“The CoreOS Revolution” は、次に何を引き起こすのだろうか? 引き続き、注目していきたい。

ーーーーー

DigitalOcean と、Core OS と、Docker という組み合わせですが、ほんの数年前には、どれとして、この世に存在していなかったという、超フレッシュなトリオということになります。世の中の常として、大規模なプロダクトやサービスは、基本は変えずに周囲を補強することで進化していきます。 しかし、それらとて、テクノロジーの海に浮かぶ小舟であり、新たな大波に乗って登場してくるスタートアップたちに、時として本質論で厳しく攻め立てられていきます。 なんというか、大きな潮流の変化を感じるトピックですね。

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean:AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!

Posted in .Chronicle, .Selected, Microsoft, Strategy by Agile Cat on November 13, 2014

Microsoft makes full .NET server-side core stack open source
http://wp.me/pwo1E-81h
By Juha Saarinen on Nov 13, 2014 6:47 AM
http://www.itnews.com.au/News/397803,microsoft-makes-full-net-server-side-core-stack-open-source.aspx

_ it news

Enables .NET to run on Apple OS X and Linux.

Microsoft today said the full .NET server core stack will be open sourced and expanded to run on Linux and Apple OS X, removing the requirement to use WIndows for the popular development platform.

今日、Microsoft は、Full .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化すると発表した。 つまり、ポピュラーな開発プラットフォームである Windows を使用するという要件を排除し、Linux や Apple OS X の上で動作するよう拡張していくことになる。

Soma Somasegar, Microsoft’s developer division vice president said the open-sourcing will include the ASP.NET 5 framework for building websites, as well as the full .NET runtime and framework itself.

Microsoft の Developer Division VP である Soma Somasegar は、このオープンソース化には、Web サイト構築の ASP.NET 5 Flamework だけでなく、Full .NET のランタイムおよびフレームワーク自体が含まれると述べている。

The .NET Core is a subset of the .NET framework and they share key components such as the just-in-time compiler and the Strings and List types, Microsoft said.

この .NET Core は、.Net Framework のサブセットであり、Just-In-Time Compiler や Strings and List types といった、主要コンポーネントも共有されると、Microsoft は述べている。

However, .NET Core was specifically created to become open source as well as cross-platform.

ただし、.NET Core は、オープンソース化されるだけでなく、明確なクロス・プラットフォーム化のために構築されている。

Somasegar said Microsoft’s aspiration is to have developers at any level, from hobbyists to commercial coders, given access to platforms such as Visual Studio, .NET, the Azure cloud and other resources.

Somasegar の発言によると、Microsoft が熱望するのは、プロのコーダーからホビーストにいたるまで、あらゆるレベルのデベロッパーに利用してもらうことであり、また、Visual Studio/.NET/Azure Cloud といった、各種のプラットフォームにアクセスしてもらうことである。

Today’s announcement follows the April creation of the .NET Foundation by Microsoft, which saw a slew of tools and projects including the Roslyn compiler being released as open source.

今日の発表は、この 4月に Microsoft により設立され、Roslyn コンパイラを含むツールやプロジェクトを、オープンソースとしてリリースした、.NET Foundation に続く出来事となる。

The company also took steps to assuage developers that Microsoft would not pursue intellectual property rights for the open source projects.

さらに Microsoft は、このオープンソース・プロジェクトに関する知的財産権は継続されないとし、デベロッパーたちの警戒心を和らげるための措置を取っている。

Microsoft will release the .NET Core server stack under a MIT open source license and Somasegar said there will be an explicit patent promise issued, to clarify users’ patent rights to .NET. Other projects use the Apache 2 license, with documentation released under Creative Commons Attribution 4.0.

Microsoft は、MIT オープンソース・ライセンスの下で、この .NET Core サーバー·スタックをリリースする予定だ。 そして Somasegar は、ユーザーであっても .NET に関連する特許を保持できるという、知的財産権に関する明確な考えを述べている。その他のプロジェクトは、Apache 2 ライセンスが適用され、また、ドキュメントに関しては Creative Commons Attribution 4.0 が適用されるという。

A code repository for .NET projects has been set up on Github. The Visual Studio integrated development environment (IDE), highly rated by coders, will also be opened up, Somasegar said.

また、.NET プロジェクトに関するコード・リポジトリは、Github 上に開設される。 そして、コーダーたちが高く評価する Visual Studio IDE(integrated development environment)もオープン化されると、Somasegar は述べている。

Microsoft has also released a new Visual Studio Community 2013 edition that Somasegar said is a free, fully-featured version of the paid-for IDE. It can be used for free as long as that use is limited to non-enterprise application development.

Microsoft は、最新の Visual Studio Community 2013 Edition 版を、有償の IDE としてリリースしているが、Somasegar の発言によると、エンタープライズ・アプリケーションの開発を除いて、無償で使用できるようになる。

Previews of the upcoming Visual Studio 2015 and .NET 2015 tools for cross-platform mobile and cloud development were also floated by Somasegar, along with a new release management service and deployment projects utility.

これから登場してくる、クロス・プラットフォームでモバイルとクラウドに対応する、Visual Studio 2015 および .NET 2015 や、それに関連する、新しいリリース・マネージメント・サービスや、デプロイメント・プロジェクト・ユーティリティも、この Somasegar の発言により流動的になってきた。

Developers targeting Google’s Android mobile operating system can now use the x86 based Visual Studio Emulator for Android which is part of Visual Studio 2015, Microsoft said.

Google の Android モバイル OS をターゲットにする開発者も、Visual Studio 2015 の一部として取り込まれ、x86 ベースの Visual Studio Emulator for Android  を使用ができるようになると、Microsoft は述べている。

Update 4 for the current Visual Studio 2013 IDE was also released today, with features such a tool to access graphics processors.

現行の Visual Studio 2013 IDE に関する Update 4 は、グラフィックス·プロセッサにアクセスするためのツールなどと共に、今日にリリースされる。

ーーーーー

とにかく、Welcome です! これで、ライセンスに縛られることなく、Microsoft のサーバー・サイド・プロダクトを使えるようになるので、ユーザーにとって大きな安心感がもたらされることになります。 そして、Microsoft 自身も Windows に制約されることもなく、あらゆるプロダクトを広範囲におよぶプラットフォームに提供していけます。 利用する側も、供給する側も、誰もがハッピーな結果につながるはずです!

ーーーーー

<関連>

Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!
SingTel と TelecityGroup は、インターネット非依存で Azure 接続を実現する
Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

 

クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している

Posted in .Chronicle, .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC, Strategy by Agile Cat on November 12, 2014

The cookie is dead. Here’s how Facebook, Google, and Apple are tracking you now
http://wp.me/pwo1E-80T
October 6, 2014 – Richard Byrne Reilly
http://venturebeat.com/2014/10/06/the-cookie-is-dead-heres-how-facebook-google-and-apple-are-tracking-you-now/

_ VB

The lifespan of the tracking cookie is about to expire. With the rapid emergence of mobile devices, the big three — Facebook, Google, and Apple — have turned to new and more potent methods for advertisers to keep track of you across multiple devices.

クッキーのトラッキングという手法だが、その寿命が尽きようとしている。モバイル・デバイスの急速な台頭により、Big-3 である Facebook/Google/Apple は、マルチ・デバイスを前提としてユーザーを追跡する、より新しく強力な手法を、広告主のために作りだそうとしている。

Image Credit
SVLuma
Shutterstock

The impending death of the cookie can be traced to the launch of the iPhone in 2007. Apple decided to disable cookie functionality in iPhones because it believed advertisers would be able to garner too much personal information as they tracked you across websites, according to Medialets chief executive Eric Litman. Third-party cookies still work on Google’s Chrome browser and the Android OS, but they don’t function effectively on a large number of smartphones and tablets produced by other companies. Also, because cookies can only track you while you’re using a browser — not a mobile app — they have very limited relevance on mobile devices.

クッキーに差し迫った死であるが、その発端は、2007年 の iPhone の発売まで遡ることになる。Medialets の CEO である Eric Litman によると、複数の Web サイトをまたいでユーザーを追跡するのは、あまりにも多くの個人情報を、広告主が集めすぎるという考えに基づき、Apple は iPhone のクッキー機能を無効にすることに決めたのだ。サードパーティのクッキーは、依然として Google の Chrome ブラウザおよび、Android OS 上で動作しているが、その他の企業が作成した多様なスマホやタブレットの上では効果的に機能していない。さらに言えば、クッキーはブラウザ上のみで有効であり、モバイル・アプリ上でのトラッキングができない。つまり、モバイル・デバイス上のクッキーは、きわめて限定された関連性を持つのみである。

Here’s how each of the big mobile players is trying to replace the cookie with its own brand of tracking.

それらのモバイル・ビッグ・プレイヤーたちが、自身のトラッキング手法を用いて、どのようにクッキーを置き換えようとしているのか、以下に示していく。

Facebook

For Menlo Park, Calif.-based Facebook, it all comes down to the billions of metric tons of highly personal metadata the company has amassed from its 1.3 billion users, such as shoe size, hair color, where your grandmother is buried, and where you went to school, for example.

Menlo Park, Calif. ベースの Facebook には、1.3 billion のユーザーから集まってくる、気の遠くなるほど膨大で、きわめてパーソナルなメタ・データが降り注いでいる。それらのデータには、靴のサイズや髪の色だけではなく、祖母の眠る墓地や、通っていた学校まで含まれる。

The social network relies on its SSO (Single Sign-On) to follow the movement of users. SSO allows you to use your Facebook credentials on third-party websites and apps. When you do this, Facebook is watching, following, and cataloging your destination points. This data drives, to a degree, what ads turn up on your Facebook news feed. Maybe you’ve noticed.

このソーシャル・ネットワークは、ユーザーの動きを追いかけるために、SSO(Single Sign On)という仕組みに依存している。SSO を利用するユーザーは、サードパーティの Webサイトやアプリに、自身の Facebook のクレデンシャルを適用することも可能だ。そのような操作が行われると、ユーザーのディスティネーションは、Facebook により参照/追跡され、さらにはカタログ化されることになる。このデータにより、ユーザーの Facebook のニュース・フィードにアップされる広告が、ある程度まで絞り込まれることになる。おそらく、誰もが、それに気づいている。

Facebook-owned apps, WhatsApp and Instagram, along with the company’s internally developed apps like Messenger and Paper, increase the data flow, though for now, these apps don’t yet feature ads.

Facebook は WhatsApp と Instagram を所有しており、Messenger や Paper といったアプリも内製している。それらが、データ・フローを増加させているが、現時点では、まだ広告を展開していない。

But this method only works within Facebook’s ecosystem. The company is looking to expand and recently unveiled a new version of the Atlas ad platform (which Facebook acquired from Microsoft last year) at Advertising Week in New York. The new platform is Facebook’s attempt to serve ads outside its existing ecosystem, on both desktop and mobile.

しかし、この手法は、Facebook エコシステム内だけで機能するものである。同社は、それを拡大していくが、先日に New York で開催された Advertising Week では、広告プラットフォームである Atlas の新バージョンを発表している(昨年に Microsoft から買収)。この新しいプラットフォームにより、Facebook は自身のエコシステムの外側で、デスクトップとモバイルの両方に広告を提供しようとしている。

Google

Like its Facebook friends just down the freeway, Google also relies heavily on its SSO. Logging into any of your Google accounts ties you to the entire Google network, which is massive.

Facebook のトモダチがフリーウェイを駆け下りてくるように、Google も自身の SSO に大きく依存している。つまり、ユーザーが Google の何処かにログインすると、その広大な Google ネットワーク全体と結び付けられることになる。

And then of course, Google has its Android mobile operating system, which assigns each user a Google Ad ID. Many of Google’s ad products — AdSense, AdMob, and DoubleClick — pull in your device’s ad identifier. Together with the information it already has from its many web properties, including YouTube, Gmail, Voice, and Search, the company can compile a dossier, as it were, of your digital history. The websites you visit tell Google plenty, and the information comes in handy no matter what device you’re using.

そして Google は Android モバイル OS を持っているため、そのプラットフォーム上の各ユーザーは、Google Ad ID を割り当てられることになる。そして、Google における多様なアド・プロダクトである、AdSense/AdMob/DoubleClick などが、ユーザー・デバイスの Ad ID を引き出していく。 YouTube/Gmail/Voice/Search といった、Web プロパティに取り込まれている情報を集約することで、ユーザーのデジタル・ヒストリーとも言える関連書類一式を、同社は容易に編纂することが可能となる。どのようなデバイスを利用していようと、ユーザーが訪問した Web サイトが、完全かつ使い易い情報として、Google に伝えられるようになる。

Apple

As for Apple, its tracking techniques are focused primarily on two things: your email address, which ties you to all of Apple’s services running on any iOS or OS X device, and your iTunes account, which gives Apple your credit card data and ties you most closely to its ecosystem.

Apple におけるトラッキング技術は、主として 2つの項目にフォーカスしている。1つはメール・アドレスであり、あらゆる iOS/OS X デバイス上で実行されている、すべての Apple サービスを結び付けている。もう1つは、iTunes アカウントであり、ユーザーのクレジットカード・データを Apple に提供させることで、そのエコシステムとの間で最も密接な関係を構築していく。

Your login identity is tied to your Apple “identifier for advertisers,” or IDFA. It’s a unique string of characters assigned to every user buying and using an iOS device. So when ads run on Apple’s advertising network iAd for example, Apple is able to determine who’s receiving the ad, and potentially to connect that back to everything that person did elsewhere in Apple’s system.

ユーザーのログイン ID は、Apple の IDFA(Identifier For Advertisers)と接続されている。それは、すべてのユーザーが購入/使用している iOS デバイスに割り当てられた、ユニークな文字のことである。したがって、Apple の広告ネットワークである iAd で、なんらかの広告が展開されるとき、Apple は広告を受け取ったユーザーを識別できる。そして、Apple システムの何処かで実施された、すべての事柄の履歴に対して、接続するという可能性も有する。

Fix it, or opt out

If that’s not enough, many big advertisers also rely on extremely detailed data from third parties like LiveRamp and Experian. LiveRamp, for instance, can deliver clients huge volumes of data about everyday online transactions with only a single email address. And these companies can tell whether an ad displayed to an online user led to a purchase at a store.

それでも不十分だという場合だが、大手広告主の大半は、LiveRamp や Experian といったサードパーティから、きわめて詳細なデータを取得するようになる。実際のところ LiveRamp の場合は、日々のオンライン・トランザクションの中から、単一の電子メール・アドレスと結び付けられる、膨大なデータをクライアントに提供できる。それらの企業は、オンラインでユーザーに示された広告が、現実の店舗における購入行動につながったのかどうかを、見分けることも可能にする。

“Google, Apple, and Microsoft, as the dominant operating system vendors, could easily fix this problem of cross-device user identification for advertising in a consistent, privacy-friendly way if they wanted to,” Litman said. “IDFA and Google AdID are steps in the right direction, and hopefully Apple and Google will continue to improve them and and create a standard that everyone can support.”

Litman は、「 OS を支配するベンダーとしての Google/Apple/Microsoft は、その必要性に応じたプライバシー・フレンドリーな方式で、広告のためのクロス・デバイス・ユーザーの識別という問題を、一貫性を保持しながら実現できるだろう。 IDFA と Google の Ad ID は、正しい方向への踏み出している。 それらを、Apple と Google が改善することで、誰もがサポートできるスタンダードが、うまく構築されることを願っている」と述べている。

But it’s also crucial to remember that, whether you’re using an iOS or Android device, you are able to turn off most of the tracking mechanisms — the settings menus of both operating systems help you do this.

しかし、忘れてはならないのは、あなたのデバイスで iOS が走っていようが、Android が走っていようが、そのトラッキング・メカニズムの大半を解除できる環境が必要になるということだ。 双方のオペレーティング・システムにおける設定メニューが、それを実施するのに役立つ。

And for people who don’t want to be tracked by Atlas, Eyeo released an updated version of its popular AdBlock browser plug-in, AdBlock Plus, on October 1.

なお、Atlas にトラッキングされたくない人々のためには、Eyeo の Ad Block Plus がある。この、ポピュラーな AdBlock ブラウザ・プラグインの、アップデート・バージョンが 10月1日に提供されている。

ーーーーー

モバイルへの移行が上手くいっている Facebook と、なかなか上手くいかない Google という対比を、いろいろなところで見ますし、この Agile_Cat でも何度か ご紹介してきました。 しかし、このポストを見つけるまで、その背景や経緯を、分かり易く説明してくれるものに、お目にかかったことがありませんでした。 ーーー いくつかのキーワードでググってもみましたが、2013年2月26日の TechCrunch の、Appleがクッキーを利用しているアプリを拒絶へ: Ad Identifierへの統一がねらい といものが、唯一の関連記事でした。 ーーー Google が全力で Andorid を立ち上げた背景にも、Facebook が早々にモバイル・アプリにシフトした背景にも、この クッキーの廃止に関連する、ターゲティング広告の手法が絡んでいたのでしょうね。 なんというか、自分にとっての大きなナゾが解けて、とてもスッキリした気分です。

ーーーーー

<関連>

Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
モバイル・アドの急成長:2018年には全米デジタル広告の 50% を超えるだろう!
モバイル広告:トラッキング方式/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook

Big Data と エボラ:医師たちは支援を必要としている

Posted in .Chronicle, .Selected, Big Data, Strategy by Agile Cat on October 28, 2014

Ebola And Big Data: A Call For Help
http://wp.me/pwo1E-7YT
The Economist – Oct. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/ebola-and-big-data-a-call-for-help-2014-10

_ Business Insider

Mobile-phone records are an invaluable tool to combat Ebola. They should be made available to researchers.

モバイル・フォンの通話記録は、エボラに対抗するための貴重なツールになり得る。 研究者たちが、それらを利用できるようにする必要がある。

ーーーーー

With at least 4,500 people dead, public-health authorities in west Africa and worldwide are struggling to contain Ebola. Borders have been closed, air passengers screened, schools suspended. But a promising tool for epidemiologists lies unused: mobile-phone data.

少なくとも 4500人が命を失い、西アフリカと世界における公衆衛生の権威は、エボラの封じ込めに苦慮している。国境は閉じられ、航空機の乗客は検査を受け、学校も休校している。しかし、疫学者のための有望なツールが、活用されないままになっている。 それは、モバイル・フォンのデータである。

Reuters/Andrea Comas

Juan Manuel Parra, a doctor who treated Spanish nurse Teresa Romero Ramos who contracted Ebola, talks on a mobile phone by the window of the isolation ward

When people make mobile-phone calls, the network generates a call data record (CDR) containing such information as the phone numbers of the caller and receiver, the time of the call and the tower that handled it–which gives a rough indication of the device’s location. This information provides researchers with an insight into mobility patterns. Indeed phone companies use these data to decide where to build base stations and thus improve their networks, and city planners use them to identify places to extend public transport.

人々がモバイル・フォンで電話をかけるとき、対象となるネットワークは、CDR(Call Data Record)を保存している。そして、この記録には、発信者と受信者の電話番号および、通話に費やした時間、それを処理した基地局などの情報が含まれているため、対象デバイスが使用された大まかな位置が分かる。つまり、この情報が研究者に提供されるなら、感染の可能性のある人々の、移動パターンを洞察することが可能になる。実際のところ、テレコムたちは、それらのデータを活用して、基地局の構築や、ネットワークの改善を行い、また、都市計画に携わる人々は、公共交通機関を拡張していく場所を特定している。

But perhaps the most exciting use of CDRs is in the field of epidemiology. Until recently the standard way to model the spread of a disease relied on extrapolating trends from census data and surveys. CDRs, by contrast, are empirical, immediate and updated in real time. You do not have to guess where people will flee to or move.

しかし、CDR の最も際立った用途は、流行疫学の分野にあるだろう。これまでの標準的な手法というと、国勢調査などのデータから推定される傾向に依存し、病気の広がりをモデル化するというものだった。それとは対照的に、CDR は即時的な実証データであり、また、リアルタイムに更新されていく。つまり、避難すべき場所や、移動すべき場所を、推測する必要がなくなる。

Researchers have used them to map malaria outbreaks in Kenya and Namibia and to monitor the public response to government health warnings during Mexico’s swine-flu epidemic in 2009. Models of population movements during a cholera outbreak in Haiti following the earthquake in 2010 used CDRs and provided the best estimates of where aid was most needed.

研究者たちは、Kenya と Namibia における、マラリアの流行範囲をマップするために、それらのデータを使用している。また、2009年の Mexico で、豚インフルエンザが流行したときにも、政府の公衆衛生に関する応答をモニタリングしていた。さらには、2010年の Haiti 地震の後に、コレラが流行した時には、人口移動のモデルを CDR を用いて構築し、最も支援が必要とされる場所について、最善の推測を提供していた。

Reuters/Susan Vera

Unidentified patients talk on the phone as they cover their heads and faces while leaning out of their windowsat an isolation ward on the fifth floor at Madrid’s Carlos III Hospital

Doing the same with Ebola would be hard: in west Africa most people do not own a phone. But CDRs are nevertheless better than simulations based on stale, unreliable statistics. If researchers could track population flows from an area where an outbreak had occurred, they could see where it would be likeliest to break out next–and therefore where they should deploy their limited resources.

エボラに対して、同じことを行うにしても困難が伴うだろう。 なぜなら、西アフリカの大半の人々が、モバイル・フォンを所有していないからだ。しかし、それにもかかわらず、古くさく信頼性の低い統計に基づいたシミュレーションよりも、CDR は優れている。エボラが発生していた地域から、移動していった人々を、研究者たちが追跡できるなら、次に発生しやすい地域を、彼らは見出すだろう。それが実現すれば、限られたリソースを、必要とされる場所へ配備できるはずだ。

Yet despite months of talks, and the efforts of the mobile-phone operators’ trade association and several smaller UN agencies, telecom operators have not let researchers use the data (see "Ebola and big data: Waiting on hold").

数ヶ月におよぶ議論にもかかわらず、また、モバイル通信事業者の業界団体と、国連の出先機関の努力にもかかわらず、テレコム事業者たちは、研究者にデータを使わせていない(参照:"Ebola and big data: Waiting on hold")。

One excuse is privacy, which is certainly a legitimate worry, particularly in countries fresh from civil war, or where tribal tensions exist. But the phone data can be anonymised and aggregated in a way that alleviates these concerns. A bigger problem is institutional inertia. Big data is a new field. The people who grasp the benefits of examining mobile-phone usage tend to be young, and lack the clout to free them for research use.

その根拠として、プライバシーの問題がある。たしかに、内戦が頻発する国や、部族に緊張が生じるか国では、正当な懸念である。しかし、モバイル・データを匿名化することで、こうした懸念を軽減する方法で、データを集めることができる。それよりも大きな問題は、慣性化してしまった制度である。Big Data は、新しい分野だ。しかし、モバイル・データを利用するメリットを理解できる人々は、若い世代に集約される傾向にあり、それらを研究用途のために解放させるだけの、影響力を欠いている。

It’s an old problem

This needs to change. Governments should require mobile operators to give approved researchers access to their CDRs. The data will obviously not by themselves prevent this outbreak from turning into a disaster. That will take an extraordinary combination of new drugs, careful prevention and patient care, among other things. But the health workers dealing with Ebola on the ground need all the help they can get.

まず、変化が必要だ。承認された研究者たちが、CDR にアクセスできるよう、政府はモバイル通信事業者に要求すべきだ。この種のデータが、彼らに対して明らかにされないなら、迫り来る大流行を防げない。様々なことが必要になるが、その中において、新薬の投入と、慎重な予防、患者のケアを、きわめて適切に組み合わせなければならない。現実のフィールドで、エボラに取り組む医療従事者は、彼らが手にすることが可能な、すべての助けを必要としている。

Click here to subscribe to The Economist.

ーーーーー

昨日は、ついに日本でも、エボラの可能性のある人が出てしまいました。 なんでもなければ良いのですが、数多くの人々が国境をまたいで行き交う現代において、こうした疫病が世界中に広まるのは、時間の問題なのかもしれません。 文中にもあるように、命をかけてエボラと戦う医師たちには、ありとあらゆる支援が必要です。 その中でも、Big Data によるトラッキングは、 すべての国々で、早急に検討/準備されるべきことなのだと思えます。

ーーーーー

<関連>

Big data becomes tool in Ebola battle
Rules for returning Ebola health workers need coordination: US official
Two US states to quarantine health workers returning from Ebola zones
Ebola – stop the virus at its source
UK to boost funding for fight against Ebola
Doctor with Ebola in New York hospital after return from Guinea
First Ebola case hits New York: report

px

Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, IBM, Microsoft by Agile Cat on October 23, 2014

Microsoft and IBM partner to bring each other’s enterprise software to their respective cloud platforms
http://wp.me/pwo1E-7Yp
October 22, 2014 – Emil Protalinski
http://venturebeat.com/2014/10/22/microsoft-and-ibm-partner-to-bring-enterprise-software-to-their-respective-cloud-platforms/

_ VB

Microsoft and IBM today announced a partnership that will see the two companies bring their respective enterprise software to Microsoft Azure and IBM Cloud. The duo believe the relationship will help their respective clients, partners, and developers by offering more choice in the cloud.

今日(10/22)の Microsoft と IBM によるアナウンスメントは、それぞれのエンタープライズ・ソフトウェアを、Microsoft Azure と IBM Cloud に展開するためのパートナーシップを発表するものである。 この二社は、クラウドにおける多様な選択肢を提供することで、それぞれのカスタマー/パートナー/デベロッパーを支援していけると確信している。

Image Credit
Shutterstock
Pavelk

The companies will also let customers bring their own software licenses to the Microsoft and IBM clouds, with the goal of helping customers avoid extra costs. In turn, Microsoft and IBM hope to gain new business opportunities, spur innovation, and reduce costs.

そして両社は、すでに顧客が所有するソフトウェア・ライセンスを、Microsoft と IBM のクラウドに展開することを促し、余分なコストの排除を目標にしていく。つまり Microsoft と IBM は、新たなビジネス・チャンスの創出/イノベーションの促進/コストの削減を、合理的な順序で進めたいと考えているのだ。

The two are promising to make key IBM middleware such as WebSphere Liberty, MQ, and DB2 available in the Microsoft Azure Virtual Machines service. IBM will expand support of its software running on Windows Server Hyper-V, and the companies plan to make IBM Pure Application Service available on Azure. Microsoft will offer IBM middleware software licenses to Azure customers with pay-per-use pricing.

さらに両社は、IBM のミドルウェアである WebSphere Liberty/MQ/DB2 などを、Microsoft Azure Virtual Machines サービスに展開することを、重視していくと約束している。つまり IBM は、Windows Server Hyper-V 上で走る、自身のソフトウェア・サポートを拡大していく。 それにより両社は、Azure 上で走る IBM Pure Application Service というプランを、推進していけるようになる。Microsoft は Azure ユーザーに対して、IBM のミドルウェア·ソフトウェアのライセンスを、従量課金の形態で提供しくようになる。

The two will also work together to deliver Microsoft .NET runtimes, along with relevant tooling, for IBM’s Bluemix cloud development platform. At the same time, Windows Server and SQL Server will be offered on IBM Cloud.

なお、この二社は、IBM の Bluemix Cloud 開発プラットフォームに対して、Microsoft .NET ランタイムおよび、それに関連するツールと提供していく。それと同時に、Windows Server および SQL Server も、IBM Cloud 上に提供されるようになる。

The hope is that millions of .NET developers will want to build applications at scale for clients on IBM’s cloud platform. The duo say they will start by offering a limited preview of .NET operating within Bluemix, and then go from there.

つまり、膨大な数の .NET デベロッパーが、IBM のクラウド・プラットフォーム上のクライアントに合わせたスケールで、アプリケーションを構築していくように促していきたいのだ。このデュオは、Bluemix 上で動作する、限定された .NET プレビューを提供した後に、このプランを本格化していく。

We have asked Microsoft and IBM for more information regarding timing and will update this post if we learn more.

私たちは、Microsoft と IBM に対して、タイム・フレームに関する詳細を要求している。 したがって、何らかの情報が提供されるなら、このポストをアップデートしていく。

Update: Microsoft responded with the following details.

アップデート:Microsoft から、以下の情報が提供された。

  • In the coming weeks, Microsoft Open Technologies, a wholly owned subsidiary of Microsoft, will publish license-included virtual machine images with key IBM software pre-installed. Customers can take advantage of these virtual machines to use the included IBM software in a “pay-per-use” fashion.
  • Effective immediately, IBM has updated its policies to allow customers to bring their own license to Microsoft Azure by installing supported IBM software on a virtual machine in Azure.
  • Windows Server and SQL Server are available for use on IBM Cloud effective immediately.
  • For .NET operating within Bluemix, the companies will begin with a limited preview at a future date.
  • これからの数週間のうちに、Microsoft の完全子会社である Microsoft Open Technologies から、ライセンスが発行される。 そこには、IBM の主要ソフトウェアがプリ・インストールされた、仮想マシンのイメージが取り込まれている。顧客にとっては、IBM のソフトウェアを従量課金の形式で使用するために、それらの仮想マシンを利用できるというメリットが生じる。
  • 即効性を考慮して、すでに IBM ユーザーが所有するソフトウェアを、Microsoft Azure 上に展開できるよう、ライセンス・ポリシーが更新されている。したがって、Azure 仮想マシン上に、サポートされている IBM ソフトウェアをインストールすることが可能になっている。
  • 即効性を考慮して、Windows Server および SQL Server は、すでに IBM Cloud 上で利用できるようになっている。
  • Bluemix 内での .NET の運用に関しては、両社が日程を調整した後に、制限されたプレビューの提供を開始する。

IBM has yet to respond but we don’t expect the company will be able to share anything Microsoft hasn’t.

IBM からの反応はないが、Microsoft が言及していない何かが、同社から発表されることはないだろう。

ーーーーー

このポストを訳した限りでは、ユーザーとデベロッパーのことを考え、エコシステムを強化していこうという、両社の目論見がストレートに出ていて、とても良い感じがします。 それにしても、このところの IBM の動きの速さには、眼を見張るばかりです。 IBM が先手をとって動きまわることで、クラウド界の再編が、とても良いテンポで進んでいますね。 Ginni Rometty って、凄いなぁと感心しています。そして、Satya Nadella の柔軟な発想にも拍手です!

ーーーーー

<関連>

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

Dropbox の パスワード 700万件 が流出: いまこそ、二段階認証を考えるべきとき!

Posted in .Selected, Security, Storage by Agile Cat on October 15, 2014

You Should Change Your Dropbox Password Right Now — Here’s How To Do It
http://wp.me/pwo1E-7X9
Lisa Eadicicco – Oct. 14, 2014, 11:15 AM
http://www.businessinsider.com/change-dropbox-password-set-up-two-factor-authentication-2014-10

_ Business Insider

On Monday night, news broke that hackers had reportedly obtained nearly 7 million Dropbox usernames and passwords. Dropbox says its service wasn’t hacked, but that the usernames and passwords had been stolen from various third-party services.

月曜日(10/13)の夜に、Dropbox における約 700万の User/Password のセットを、ハッカーたちが取得したというニュースが流れた。Dropbox は、サービス自体はハッキングされていなかったと述べているが、それらの User/Password のセットは、各種のサードパーティ・サービスから、すでに盗み出されているようだ。

Kevin Smith
Business Insider

There are a ton of apps and services that integrate with Dropbox, making it nearly impossible to track down which ones have been compromised.

Dropbox には、膨大な量のアプリとサービスが統合されているため、どこに脆弱性が潜んでいるのかを特定することは、ほとんど不可能な状態である。

To play it safe, you should probably change your Dropbox password and enable two-step authentication if you haven’t already done so. The process takes less than five minutes, and is well worth it.

あなたの安全を確保するために、Dropbox のパスワードを変更することを強く推奨する。 そして、まだ 二段階認証を用いていないなら、それも同時に行うべきだろう。 そのプロセスは、わずか 5分で完了し、とても意味のある結果をもたらす。

Two-step authentication is a method in which an app or service requests a separate means of authentication besides your password to log into your account. In most cases, this includes sending a text message with a code to your smartphone.

二段階認証とは、あなたの Dropbox アカウントに、アプリやサービスを介してログインする際に、別の認証手段を要求するという方式のことである。ほとんどの場合、あなたのスマホ(あなたの携帯番号)に、認証コードを含んだテキスト・メッセージが送信されることで、認証プロセスが完了する。

Learn how to change your Dropbox password and enable two-step verification

ーーーーー

追記:2014年10月15日 5:30PM
TechCrunch から 「Dropbox、われわれはハックされていない。漏洩パスワードは他サービスからの使い回しと発表」という記事がポストされました。「DropboxのAPIを利用しているサービスから漏洩したわけではなく」とのことですが、そう言い切れる理由を、もう少し明確に説明してほしいですね。 いずれにしても、何はともあれです :)

ーーーーー

この記事を読む限り、ハッカーたちは Dropbox 本体ではなく、そこに接続されているアプリ/サービスに侵入することで、Dropbox にログインする際の User/Password のセットを盗みだした、ということなのでしょう。 ストレージやスケジュールのような、すでにユーザー・データをストアしているサービスに、サードパーティのアプリ/サービスからアクセスする場合、大元のサービス(ここでは Dropbox)の User/Password を設定する必要が生じます。 そして、それらの User/Password は、サードパーティにストアされるわけですが、今回の場合は、いくつかのサードパーティがハックされてしまった、、、ということのようです。

こうした、サービス間の連携が可能だからこそ、クラウドは便利なのですが、たとえば Dropbox の User/Password を預けているサードパーティのセキュリティが、強固なのか脆弱なのかを見分けることは、ほとんど不可能という状況です。 したがって、ユーザーとして取るべき対策は、サードパーティ・サービスをむやみに増やさず(必要なものだけに絞り込む)、Dropbox のようなサービスには二段階認証を用いる、ということなのでしょう。二段階認証さえ行なっておけば、こうした騒ぎが起こる度に、パスワードを書き換えるという面倒もなくなるはずです。

Agile_Cat の場合は、Google の二段階認証を使っています。 そして、それを、Gmail だけではなく、WordPress や Evernote などに用いています。 設定の方式は、Ajaxtower のガイドが親切なので、お勧めです。 また、Dropbox での二段階認証については、ここに日本語ガイドがあります。この二段階認証を設定すると、右のイメージ(クリックで拡大)のように、それぞれのアカウントが要求する、30秒間のみ有効な 6桁のワンタイム・パスワードが、携帯番号に対して発行されます(アカウント名は伏せています)。いつものように、User/Password を入力した後に、スマホに送られてくるワンタイム・パスワードを見ながら、その度に入力することになるので、現時点では最も強固なロックがかけられるはずです。

なお、Dropbox のページでは、この Google Authenticator (Android / iPhone / BlackBerry)のほかにも、Duo Mobile(Android / iPhone)や、Amazon AWS MFA (Android)や、Authenticator (Windows Phone 7)などが推奨されています。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めているが・・・
Google 調査: メール・エクスチェンジの約 50% が、依然として暗号化されていない
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性

Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses, Data Center Trends, Energy, Google by Agile Cat on October 2, 2014

Google Says Cloud Prices Will Follow Moore’s Law: Are We All Renters Now?
http://wp.me/pwo1E-7UY
Wednesday, May 14, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/5/14/google-says-cloud-prices-will-follow-moores-law-are-we-all-r.html

_ highscalability

After Google cut prices on their Google Cloud Platform Amazon quickly followed with their own price cuts. Even more interesting is what the future holds for pricing. The near future looks great. After that? We’ll see.

Google が、その Google Cloud Platform の価格を引き下げ、すぐに Amazon も追随した。さらに興味深いのは、将来における価格の設定である。 おそらく、近い将来に、素晴らしい状況になるだろうが、なにが、そうさせるのだろう?

Adrian Cockcroft highlights that Google thinks prices should follow Moore’s law, which means we should expect prices to halve every 18-24 months.

Google が考えているのは、その価格はムーアの法則に従うべきだというものであり、18ヶ月〜24カ月で半額になることを期待できるはずだと、Adrian Cockcroft は強調している。

That’s good news. Greater cost certainty means you can make much more aggressive build out plans. With the savings you can hire more people, handle more customers, and add those media rich features you thought you couldn’t afford. Design is directly related to costs.

それは良いニュースだ。 大幅にコストが引き下げられるなら、あらゆる計画を、より積極的に立案していける。クラウド・コストの削減により、より多くの人材を雇用し、より多くの顧客に対応し、余裕がなければ対処できないことを、それらのメディアを用いて実現していける。 デザインというものは、コストの影響をダイレクトに受けるのだ。

Without Google competing with Amazon there’s little doubt the price reduction curve would be much less favourable.

Amazon と競合する Google という存在がなければ、低価格化の曲線は、はるかに魅力のないものであったいう疑念が、少なからず残される。

As a late cloud entrant Google is now in a customer acquisition phase, so they are willing to pay for customers, which means lower prices are an acceptable cost of doing business. Profit and high margins are not the objective. Getting market share is what is important.

遅れてクラウド(IaaS の意味)に参入してきた Google にとって、いまは顧客を獲得するフェーズにある。 したがって、顧客がビジネスを展開しやすいような、低コストを提示するという、利益を度外視した戦略をとってきている。つまり、大きな利益やマージンは二の次なのである。 そして、マーケットでシェアを取ることが最優先されている。

Amazon on the other hand has been reaping the higher margins earned from recurring customers. So Google’s entrance into the early product life cycle phase is making Amazon eat into their margins and is forcing down prices over all.

その一方で、Amazon は、継続して利用してくれる顧客から、より高い利益率を享受してきた。つまり、確立しつつあるプロダクト・ライフサイクルのフェーズに、Google が乱入してきたことで、Amazon のマージンは圧縮され、すべてにおいて価格の引き下げを強いられている。

But there’s a floor to how low prices can go. Alen Peacock, co-founder of Space Monkey has an interesting graphic telling the story. This is Amazon’s historical pricing for 1TB of storage in S3, graphed as a multiple of the historical pricing for 1TB of local hard disk:

しかし、低価格化が行き着く先としての底値があるのだ。Space Monky の co-founder である Alen Peacock が、そのストーリーを説明する、興味深いチャートを提供している。それは、1TB のハードディスクをローカルで持つ場合と、1TB のストレージを Amazon の S3 に持つ場合で、何倍の対価が発生するのかを、時間軸の中に示すものとなっている。

_  space

Alen explains it this way:

Cloud prices do decrease over time, and have dropped significantly over the timespan shown in the graph, but this graph shows cloud storage prices as a multiple of hard disk prices. In other words, hard disk prices are dropping much faster than datacenter prices. This is because, right, datacenters have costs other than hard disks (power, cooling, bandwidth, building infrastructure, diesel backup generators, battery backup systems, fire suppression, staffing, etc). Most of those costs do not follow Moore’s Law — in fact energy costs are on a long trend upwards. So over time, the gap shown by the graph should continue to widen.

クラウドの価格は、時間の経過とともに低下し、また、前述のチャート(上記のものとは別のもの)における時間軸では、かなりのペースで下落している。 しかし、このチャートは、クラウド・ストレージの価格と比べて、何倍かの速度でハードディスクの価格が下落している様子を示している。つまり、ハードディスクの価格は、データセンターの価格よりも、はるかに速く下落しているのだ。なぜなら、データセンターのコストには、ハードディスク以外のもの(電源/冷却/帯域幅/建造物/非常用ジーゼル発電機/バッテリ·バックアップ·システム/消火設備/人材など)が含まれるからである。これらのコストの大半は、ムーアの法則に従わないものであり、実際のところ、電力コストの長期的な傾向は上昇曲線にある。 したがって、上記のチャートで示されるギャップは、時間をかけながら広がり続けるはずである。

The economic advantages of building your own (but housed in datacenters) is there, but it isn’t huge. There is also some long term strategic advantage to building your own, e.g., GDrive dropped their price dramatically at will because Google owns their datacenters, but Dropbox couldn’t do that without convincing Amazon to drop the price they pay for S3.

あなた自身でストレージを構築すれば(データセンターにホストされる)、経済的な利点があるが、それほど大きなものではない。それならば、長期的な戦略として、データセンターを自分で構築するという考え方もある。Google は、自身でデータセンターを所有しているため、GDrive の価格を意図的に引き下げることができる。 しかし、Dropboxが、同じように価格を引き下げようとするなら、S3 のコストを引き下げるよう、Amazon を説得しなければならない。

Costs other than hardware began dominating in datacenters several years ago, Moore’s Law-like effects are dampened. Energy/cooling and cooling costs do not follow Moore’s Law, and those costs make up a huge component of the overall picture in datacenters. This is only going to get worse, barring some radical new energy production technology arriving on the scene.

この数年、データセンターのコストは、ハードウェア以外のものに支配され始め、ムーアの法則の効果が希薄になっている。電力を冷却のコストが、ムーアの法則に従うことはなく、また、それらのコストは、データセンター全体という巨大なコンポーネントに影響している。つまり、何らかの革新的なエネルギー生産テクノロジーが登場しなければ、さらに事態は悪化していくだろう。

What we’re [Space Monkey] interested in, long term, is dropping the floor out from underneath all of these, and I think that only happens if you get out of the datacenter entirely.

私たち Space Monkey が、長期的な視点として興味を持っているのは、それらすべての背景から引き離して、いまの下限値を引き下げられるかどうか、という点である。 そして、あなたがデータセンターの中に、まったく踏み込まないのなら、そうなる可能性もあると思えるのだ。

As the size of cloud market is still growing there will still be a fight for market share. When growth slows and the market is divided between major players a collusionary pricing phase will take over. Cloud customers are sticky customers. It’s hard to move off a cloud. The need for higher margins to justify the cash flow drain during the customer acquisition phase will reverse the favorable trends we are seeing now.

クラウド・マーケットの規模が拡大するにつれて、マーケット・シェアの戦いも続いていく。しかし、その成長が減速し、主要なプレーヤーがマーケットを住み分けると、結託した価格政策の時代へと引き継がれていく。クラウドの顧客は、そこに寄り添う顧客である。 したがって、クラウドから逃げ出すのは難しい。将来における高いマージンへの期待が、いまの顧客獲得のフェーズにおける、キャッシュ·フローの流出を正当化しているのかもしれない。そうだとすると、いまの好ましい流れが、いずれは逆転する状況を、私たちは目にすることになる。

Until then it seems the economics indicate we are in a rent, not a buy world.

逆に言えば、経済的な観点において、そうなるまでの間は、買うのではなく借りるという方式が、好ましいのだろう。

Related Articles

  • IaaS Series: Cloud Storage Pricing – How Low Can They Go? – "For now it seems we can assume we’ve not seen the last of the big price reductions."
  • The Cloud Is Not Green
  • Brad Stone: “Bill Miller, the chief investment officer at Legg Mason Capital Management and a major Amazon shareholder, asked Bezos at the time about the profitability prospects for AWS. Bezos predicted they would be good over the long term but said that he didn’t want to repeat “Steve Jobs’s mistake” of pricing the iPhone in a way that was so fantastically profitable that the smartphone market became a magnet for competition.”

ーーーーー

久々の High Scalability からの翻訳ですが、さすがは Todd Hoff さん、視点が鋭いです。 サーバーにしろ、ストレージにしろ、IT 機器はムーアの法則に則って、これから先もコストを引き下げていくのでしょうが、クラウドにはデータセンターならではのコスト、というものが含まれます。そして、インフラのレイヤを下っていって、電気料金のところまでいくと、そこは固定されていて動かしようがない、というのが普通の状況です。でも、Google が、そう言うからには、再生可能エネルギーの生産まで含めて、将来をデザインしているのかもしれません。 とても興味深い話ですね!

ーーーーー

<関連>

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す
Facebook の空母のような DC: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on October 1, 2014

Interoute opens in Hong Kong data center
New facility expands reach at a time when more companies are looking east
http://wp.me/pwo1E-7UP
7 April 2014 by Eira Hayward
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2014/04/interoute-opens-hong-kong-data-center

_ DC Dynamics

Interoute is taking its cloud computing solution to the Far East with the opening of a Virtual Data Center (VDC) in Hong Kong. It means Interoute customers can now choose from seven VDC zones – Amsterdam, Berlin, London, Paris, Milan or Hong Kong – to gain fast access to their applications and data.

Interoute は Hong Kong に Virtual Data Center(VDC)をオープンすることで、そのクラウド·コンピューティング·ソリューションを Far East に持ち込もうとしている。それにより、Interoute の顧客たちは、アプリケーションとデータへの高速でのアクセスを達成するために、Amsterdam/Berlin/London/Paris/Milan/Hong Kong などで構成される 7つの VDC ゾーンを選択できるようになる。

Interoute plays to its network advantage, offering one SLA for both networking and cloud computing and not charging for data transfer. Interoute general manager for cloud computing Lee Myall said the expansion has come primarily as a result of European businesses pushing east.

Interoute の特徴は、ネットワークのアドバンテージにあり、ネットワーキングとクラウド・コンピューティングの双方を網羅する単一の SLA を提供するが、データ転送について課金することはない。Interoute の General Manager for Cloud Computing である Lee Myall は、今回の拡張について、欧州企業をアジアにプッシュするという、主要な目標を達成するための結果だと説明している。

クリックで拡大 ⇒ 

He said there would be more VDCs to come, both in the Far East and elsewhere, as Interoute continues to expand. “This expansion is about pushing compute power to the boundaries of our network, but I can foresee that computing will start dragging the network to a few places,” Myall said. “Hong Kong is already filling up – we have customers with big migration plans who are going live at the moment.”

Myall が言うには、Interoute が拡大し続けるにつれて、Far East などの地域で、これまで以上の VDC が立ち上がっていくようだ。「 この拡張は、私たちのネットワークの境界線へ向けて、コンピューティング・パワーをプッシュするものだが、そのコンピューティングが私たちの領域を、押し広げ始めると予見している。すでに Hong Kong は満杯であり、これから移行しようと計画している、たくさんの顧客を持っている」と、彼は続けている。

The VDC is built into the core of Interoute’s network and, according to the company, this means it can deliver a fully networked cloud which is faster and has greater resilience and security than other cloud computing services.

この VDC は、Interoute ネットワークのコアに組み込まれる。そして、同社によると、他のクラウド・コンピューティング・サービスと比較して高速であり、高い弾力性と安全性を保持する、フル・ネットワーク化されたクラウドを提供できることになる。

Interoute’s move comes at a time when spending on cloud services in Asia Pacific is growing at a CAGR of 30%, according to IDC, and the Asian market is providing robust growth for both local and Western multinationals.

この、Interoute の動きは、Asia Pacific のクラウド・サービスに対する支出が、30% の CAGR で成長していると、IDC が述べるタイミングで生じている。また、Asia のマーケットは、ローカルの企業と、西欧の多国籍企業に対して、堅調な成長をもたらしている。

Last week, for example, IBM announced that luxury children’s fashion retailer Club 21 will be using its cloud, e-commerce and analytics software to expand its online presence across Asia-Pacific, increasing its reach from four to 15 countries across the region.

例を挙げると、先週に IBM が発表したのは、高級子供服のリテーラーである Club 21 が、Asia-Pacific 全体にまたがるオンライン・プレゼンスを高めるために、そのクラウド/コマース/分析のソフトウェアを使用するというものだ。それにより、この地域においてリーチしていく対象が、4カ国から 15カ国に増えることになる。

The importance of Asian markets for multinational businesses was reinforced by recent pan-Asian large research project from Telstra Global which found that 83% of multinationals in Asia expect to either meet or exceed their financial and strategic objectives in the next three years.

多国籍企業にとって、Asia のマーケットの重要性は、Telstra Global が実施した Pan-Asia 大規模調査により裏付けられている。その調査では、Asia における多国籍企業の 83% が、今後の3年間で、それぞれの財務および戦略の目標を達成したいと望んでいることが分かった。

Telstra Global’s Connecting Countries report found that the ICT industry in particular is a stand-out success in Asia, with 71% of ICT companies having been very successful in Asia in the past three years, compared to 61% of companies across other sectors.

Telstra Global の Connecting Countries レポートは、とりわけ ICT 産業が、Asia のマーケットで成功していると指摘している。この地域における、これまでの 3年間のデータによると、ICT 企業の 71% が成功を収めているが、他の地域での成功率は 61% となる。

“Over the next three years both financial services and insurance companies and those in the ICT sector are most bullish about exceeding their objectives in Asia, with 55 and 51% respectively, compared to 42% across the board,” said Telstra Global managing director Martijn Blanken.

「 これからの 3年間において、金融サービスおよび保険会社と、その ICT 部門が、Asia で成功していくだろう。 それぞの目標値は、55% と 51% であるが、世界の平均は 42% である」と、Telstra Global の Managing Director である Martijn Blanken は述べている。

ーーーーー

ヨーロッパのクラウドは、いったい、どうなっているのかと、以前から不思議に思っていました。 そして、数ヶ月ほど前に、この Interoute の存在を知ったのですが、同社の Web ページから拾ってきたマップを見ても、「なるほど、ヨーロッパ的だ」という雰囲気が漂ってきます。 アメリカ型の巨大データセンターを中心とする構造ではなく、それぞれの国や都市に分散するデータセンターを、メッシュ状にネットワークしていくという考え方のようです。 何年か前に、スマートグリッドのことを調べていて、国ごとに経済エリアを区切ることが、ヨーロッパでは必要だからという理由に、納得したことを思い出しました。 送電網もファイバー網も、国境ををまたいで物理的に結ばれているわけですが、経済を考えた場合に、どこかに論理的な仕切を入れる必要があるのでしょう。 ひょっとすると、1つの事業体に見える Interoute も、各国に分散する企業の集合体なのかもしれません。 この、謎だらけのヨーロッパ・クラウドを、これからも追いかけてみたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Hybrid 対 Public : ユーザーの必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

%d bloggers like this: