Agile Cat — in the cloud

Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

Posted in .Selected, Google, IoT by agilecat.cloud on May 24, 2015
Google Developing ‘Brillo’ Software for Internet of Things
Amir Efrati and Steve Nellis – May 21, 2015
https://www.theinformation.com/Google-Developing-Brillo-Software-for-Internet-of-Things
 
_ The Information
 
Google wants its software to power any electronic device that connects to the Internet, whether or not it has a digital screen.
 
Google が供給していくソフトウェアは、対象となる電子デバイスがスクリーンを持っていようがいまいが、そのすべてをインターネットに接続することを想定している。
 
Tony Fadell, CEO
Google’s Nest Labs
 
To that end, Google is working on technology that could run on low-powered devices, possibly with as few as 64 or 32 megabytes of random-access memory, according to people who have been briefed about the project.
 
それを実現するために、Google は低電力デバイス上に展開するテクノロジーに取り組んでいる。 そのプロジェクトに関する説明を聞いたという人物によると、64MB もしくは 32 MB という、きわめて小容量のランダム·アクセス·メモリで走るソフトウェアになるようだ。
 
Google is likely to release the software under the Android brand, as the group developing the software is linked to the company’s Android unit. The lower memory requirements for devices running the new software would mark a sharp drop from the latest versions of Android, which are primarily aimed at mobile phones with at least 512 megabytes of memory.
 
Google は Android ブランドの下で、そのソフトウェアをリリースする可能性があり、その開発グループは Android 部門と連携することになるかもしれない。 この新しいソフトウェアを実行するデバイスは、少なくとも 512 MB のスマホを前提とする、Android の最新バージョンに対して、さらに小容量のメモリ要件を指し示すものとなる。
 
The technology could make it easier for other companies to build everything from “smart” fridges and light bulbs to garden monitors.
 
なお、このテクノロジーは、Google 以外の企業にもオープンなものとなり、スマート冷蔵庫から庭を照らすライトにいたるまでの、すべてを構築するために利用できるという。
 
ーーーーー
google-55aいろいろなテクノロジーを開発している Google ですから、その中には IoT 的なものも含まれているはずですが、ここまでストレートであり、しかも汎用性のあるテクノロジーというと、これまでとは一線を画したものになるでしょう。 もちろん。正式なアナウンスではありませんが、今週に開催される Google I/O 2015 に先行して、ちょっとリークしたという可能性もありますね。 昨年の 2月に、「Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?」という抄訳をポストしていますが、その時から、Google の IoT に対する取り組みを期待していました。 Google I/O で、なにか発表されるとイイですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon レポート:10億個以上の B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
 

Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測

Posted in .Selected, Education, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on May 23, 2015
Chromebook sales to soar in 2015 as tablets take a tumble
Dominic Sacco – May 21, 2015
http://www.pcr-online.biz/news/read/chromebook-sales-to-soar-in-2015-as-tablets-take-a-tumble/036207
 
_ PCR
 
Worldwide Chromebook sales to end users will reach 7.3 million units in 2015, a 27 per cent increase from 2014, according to Gartner. Education is the primary market for Chromebooks and represented 72 per cent of the global Chromebook market in 2014.
 
ワールドワイドにおける Chromebook のエンド・ユーザー販売数だが、2015年は 730万台に達し、2014年に対して 27% の成長になると、Gartner は述べている。そして、Chromebook の主要マーケットは教育分野であり、グローバル Chromebook 2014 市場の 72% を占めている。
 
Acer ChromebookThe news comes as the tablet market takes a hit, with tablet and 2-in-1 shipments in Central and Eastern Europe declining 20 per cent year-on-year during the first quarter of 2015, according to data from IDC. At PCR Boot Camp last week, GfK also revealed that UK tablet sales were down 28 per cent in volume and 38 per cent in value during Q1 2015.
 
このニュースは、タブレット市場への打撃も伴うものである。 IDC のデータによると、2015年 Q1 の Central and Eastern Europe 市場では、Tablet/2-in-1 の出荷台数が、前年比で 20% も低下しているのだ。 また、先週の PCR Boot Camp においても、2015年 Q1 の UK タブレット市場が、台数ベースで 28% ダウン、売上ベースで 38% ダウンの状況であることを、GfK が明らかにしている。
 
In terms of the top-selling Chromebook vendors, after Samsung’s decision to exit the European Chromebook market and focus on tablets, Acer took the lead to become the number one worldwide Chromebook vendor in 2014. It sold more than two million units in 2014, with Samsung selling 1.7 million units and HP selling one million units.
 
Chromebook のベストセラー・ベンダーという観点から見ると、Samsung が Europian Chromebook 市場から離脱し、タブレットにフォーカスすると決定した後に、2014年の Chromebook トップ・ベンダーとして、Acer がリードを奪っている。2014年の Chromebook 市場において、Acer は 200万台以上、Samsung は 170万台、そして HP は 100万台を販売している。
 
From a regional perspective, 84 per cent of Chromebooks were sold in North America in 2014, with the US market the largest single market in 2014. EMEA, which represented 11 per cent of total sales of Chromebooks in 2014, is the secondary focus for vendors with Western Europe as the primary target.
 
2014年の実績を地域別に見ると、Chromebook の 84% が North America で販売され、US 市場が最大のマーケットとなった。そして、総売上高の 11% を占めた EMEA は、重要なターゲットである Western Europe と同様に、ベンダーたちにとって 2番目にフォーカスしていくマーケットになる。
 
In Asia/Pacific the Chromebook market represented less than three per cent in 2014, with demand coming from Australia, New Zealand and Japan.
 
Asia/Pacific における 2014年の Chromebook 市場は、全体の 3% に過ぎず、その需要は Australia/New Zealand/Japan からのものであった。
 
“Since the first model launched in mid-2011, Google’s Chromebook has seen success mainly in the education segment across all regions,” said Isabelle Durand, principal analyst at Gartner.
 
「2011年の半ばに立ち上がった Google の Chromebook は、その最初のモデルから、すべての地域における教育セグメントで成功を収めている」と、Gartner の Principal Analyst である Isabelle Durand は述べている。
 
“The majority of Chromebook users are tech-savvy individuals who purchase one as a companion device to their primary notebook or desktop PC. Others are buying a Chromebook for the household to use as a second low-cost PC alternative.
 
「Chromebook ユーザーの大半は、テクノロジーに精通した個人であり、メインである Note PC や Desktop PC と組み合わせて、それらを活用している。また、家庭用の セカンド PC あるいは、低コスト PC の代替として、Chromebook を購入する人もいる」
 
“The major factors that affect the adoption of Chromebooks by consumers remain the connectivity issue in emerging markets, but also the ability for users to understand and get used to cloud-based applications, and keep content in the cloud and ecosystem.”
 
「 途上国マーケットでの Chromebook の採用に、影響をおよぼす主な要因としては、ネットワーク環境の問題が残されている。 それだけではなく、クラウド・ベース・アプリケーションを利用し、クラウド/エコシステムにコンテンツを保持することに、ユーザーが理解を示し、精通しなくてはならない」
 
Gartner added that Google has to improve brand awareness with Chromebooks, however, especially outside the US market, “where consumers who may be familiar with apps such as Google Docs do not know what a Chromebook is and what value it may bring”.
 
そして Gartner は、Google は Chromebook ブランドの認知度を向上させるべきだと述べている。しかし、特に US 市場以外では、「 Google Docs などのアプリケーションに、精通していると思われるユーザーであっても、Chromebook が何であるかを知らず、それがもたらす可能性を理解していない」と、指摘している。
 
In the business segment, Gartner says that sales of Chromebooks remain low, despite interest from SMBs and vertical industries. Google is increasingly targeting the business segment with its Chromebook for Work suite of office applications.
 
ビジネス・ユースのセグメントに関して、Chromebook は SMB や 垂直マーケットで関心を集めているが浸透していないと、Gartner は述べている。 そして Google は、オフィス・アプリケーションである Chromebook for Work Suite により、ビジネス・セグメントを開拓しようとしている。
 
Chromebooks ChartSource: Gartner May 2015
 
“Chromebook is a device that can be considered by SMBs or new startup companies that do not have the resources to invest too much in IT infrastructure,” said Durand. “Chromebooks will become a valid device choice for employees as enterprises seek to provide simple, secure, low-cost and easy-to-manage access to new web applications and legacy systems, unless a specific application forces a Windows decision.”
 
「 Chromebook は、ITインフラスに多くを投資することが不可能な、SMB や スタートアップにとって、導入を検討しやすいデバイスである。エンタープライズが、シンプルな運用/簡潔性/安全性/低コスト/容易なアクセス管理を重視するにつれて、Chromebook は従業員に使わせるデバイスとして、有効な選択肢となっていく。それは、新しい Web アプリに対応することが可能であり、Windows を必須とするアプリでなければ、レガシーなシステムにも対応できる 」と、Gartner の Durand は述べている。
 
Chromebooks are mobile computing devices from a range of manufacturers that run Google’s Chrome OS, designed mainly to access cloud services, cloud storage and web-based applications.
 
Chromebook とは、いくつかのメーカーから提供される、モバイル・コンピューティング・デバイスのことである。そして、クラウド・サービス/クラウド・ストレージ/Web ベース・アプリなどにアクセスするために設計された、Google の Chrome OS を走らせるものである。
 
ーーーーー
Post-PC手元には何も置かないという、Chrome OS の基本コンセプトは、いまの時代に合っていると思います。 と言いながら、このポストは Mac mini で書いているのですが、その理由は Chrome OS 自体の完成度にあるのでしょう。 大まかな方向性としてはベストなのですが、対応しているアプリも含めて、まだまだ洗練が必要という感じがします。 じゃぁ、なんでベストと言い切れるのかと自問してみると、Mac でも Windows でも、オフラインでは仕事にならないという現実が浮かび上がってきます。 そして、データはクラウドに置いておく方が、安全で便利だというふうに、自分の捉え方も変化しています。 もちろん、ドキュメントが主体という、Agile_Cat の仕事を前提にしての話ですが、クラウド・サービスが多様化するにつれて、あらゆるものがクラウドへと移行していくはずです。 そんなこんなで、Chrome OS がと言うより、Chrome OS 的な発想が、今後の主流になっていくと思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

Twitter と Google が提携:ツイートを検索結果に反映させる、新たな契約に両者がサインした!

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Social, Twitter by agilecat.cloud on May 20, 2015
Twitter-Google deal puts tweets in search results
By AFP | May 20, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/twitter-google-deal-puts-tweets-in-search-results/articleshow/47350809.cms
 
 _ Economic Times
 
SAN FRANCISCO: Google and Twitter have announced a partnership to display tweets in search results, renewing a tie-up that ended in 2011. The move will allow Google to get more real-time results in its search queries, and help Twitter boost engagement after a period of sluggish user growth which has weighed on its stock price.
 
SAN FRANCISCO: GoogleTwitter が、2011年に終了したパートナーシップを改定し、ツイートを検索結果に表示するという提携を発表した。この、新たな提携により、Google の検索クエリには、よりリアル・タイムな結果が表示される。 そして、ユーザー数の伸びに悩む Twitter にとっては、それを改善する支援策になるはずであり、発表後の同社の株価も上昇している。
 
Twitter-Googleflickr
Aidan Jones
 
“We’re excited to team up with Google to bring Twitter’s unique, real-time content to Google’s search results,” said Twitter vice president Jana Messerschmidt, yesterday. The deal will start with search results within the Google app and mobile Web, with a desktop version coming, said Messerschmidt, adding that the feature is due to reach more countries “in the coming months.”
 
Twitter の VP である Jana Messerschmidt は、「 Google の検索結果に対して、Twitter 独自のリアルタイム・コンテントを提供するという、同社との提携を喜んでいる」と、昨日にコメントを提供している。今回の契約により、まずは Google アプリおよび モバイル Web の検索結果に、そして今後はデスクトップ・バージョンにも、ツイートが反映されることになる。 そして、この機能は、これからの数ヶ月の間に、より多くの国々に提供されていくと、彼女は付け加えている。
 
“For example, if you’re interested in hearing more from Taylor Swift, a quick search on Google will pull up her most recent tweets,” she said in a blog post. “Or, if you’re a TV buff, a search for #Madmen will bring up the most relevant news and Tweets about Sunday’s series finale.”
 
Taylor Swift のファンならば、Google のクイック検索から、彼女の最新ツイートやブログ・ポストが探せる。そして、TV 録画をしているなら、#Madmen ダグの検索により、それに関連するニュースや、Sunday’s Series Finale を取り出せるだろう」と、彼女は述べている。
 
The two firms had a similar arrangement dating back to 2009, but tweets disappeared from Google search results in 2011.
 
この両社は、2009年にも同様の提携を行なっていたが、2011年の時点で Google 検索結果からツイートは姿を消していた。
 
“It’s a great way to get real-time info when something is happening,” Google product manager Ardan Arac said in a separate post. “And it’s another way for organisations and people on Twitter to reach a global audience at the most relevant moments.”
 
「 何が起こっているのかを、リアルタイムな情報として取得するには、この方式が最善である。そして、Twitter を利用する組織や人々が最短の時間で、世界のオーディエンスに立直するための、もう1つの方法になる」と、Google の Product Manager である Ardan Arac は発言している。
 
Microsoft’s Bing search engine has a similar function of integrating Twitter messages.
 
すでに Microsoft の Bing も、Twitter メッセージを統合するために、同じような方式を提供している。
 
Danny Sullivan of the tech blog Search Engine Land said the deal calling for a graphical display of tweets may give Twitter more traffic, if not revenue. “It’s important to note that this is NOT tweets coming into Google for the first time, or the first time since the last formal deal ended,” he said in a blog post. “Tweets have continued to be in Google since that last deal. The new deal just allows for more of (that) and with deeper integration.”
 
ハイテク・ブログ Search Engine Land の Danny Sullivan は、この契約により、リアルタイムなツイートが表示され、また Twitter へ向けたトラフィックを増大させる。しかし、ツイートが Google 検索に反映されるというのは、初めてのことではなく、以前の契約が終了しているという点にも注目すべきだ。 前回の提携におけるツイートが、いまでも Googl 検索結果に残っているが、この新しい契約では、より踏み込んだ統合が可能になるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
twitter-55aこれは、両者にとって素晴らしい展開だと思います。 いまは、Facebook の一人勝ち状態であり、Google はまだしも、今後の Twitter が心配という状況でした。 この提携により、Twitter へのトラフックが増えて、ユーザー数も増えて、さらには売上も増えるという展開になって欲しいです。 Google 側から見れば、Bing が対応しているという状況もあるのだと思えます。 いずれにせよ、寡占化はマーケットを不活性なものにしますので、上手くいって欲しいと願います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしている?
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
 

Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!

Posted in .Selected, Asia, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2015
Construction of Chunghwa Telecom-funded cross-Pacific cable begins
Jeffrey Wu – May 12, 2015
http://focustaiwan.tw/news/ast/201505120005.aspx
 
_ Focus Taiwan
 
Taipei, May 12 (CNA 中央通信社) Construction has begun on a multi-terabit submarine cable system co-funded by Chunghwa Telecom Co (中華電信), Taiwan’s largest telecom operator, and other leading carriers in Asia.
 
台北 5月12日(CNA 中央通信社):Taiwan 最大の通信事業者である Chunghwa Telecom Co(中華電信)や、アジアの主要通信事業者が共同で出資する、マルチ・テラビット海底ケーブル・システムの構築が始まった。
 

Chunghwa Telecom

Spanning more than 13,000 kilometers, the New Cross Pacific (NCP) cable network will connect Hillsboro, Oregon in the United States, Chongming, Nanhui and Lingang in China, Busan in South Korea, Toucheng in Taiwan and Maruyama in Japan, Chunghwa Telecom said in a statement on Monday.
 
この New Cross Pacific (NCP) は、米西海岸の Hillsboro, Oregon と、China の Chongming/Nanhui/Lingang および、South Korea の Busan、Taiwan の Toucheng、Japan の Maruyama をつなぐ、13,000 km の距離を持つケーブル・ネットワークだと、この月曜日に Chunghwa Telecom がステートメントを発している。
 
Adopting a state-of-the-art transmission system, the NCP will provide a design capacity up to 80 terabits per second, allowing the cable network to meet dynamic traffic needs of more than 100 gigabits per second in the future, the carrier added.
 
そして NCP は、最先端の伝送方式を採用することで、80T bps という設計容量を提供する。また、将来的には、100G bps 以上のトラフィック・ニーズに、ダイナミックに対応していくための、ケーブル・ネットワークになっていくと、このキャリアは述べている。
 
The NCP is designed to interconnect with other cable systems in the Trans-Pacific region to maximize the throughput of data and to support future upgrades, with the service expected to be launched in late 2017, the company said.
 
NCP は、Trans-Pacific(環太平洋)地域における他のケーブル・システムとの相互接続を実現するようにデザインされており、データのスループットを最大化し、また、将来のアップグレードをサポートしていく。そして、2017年の後半にはサービスが開始されると、同社は述べている。
 
“After investing in the Asia-Pacific Gateway (APG), Chunghwa Telecom started construction of NCP in order to establish a strong global network infrastructure,” said Tu Yuan-kuang (涂元光), president of Chunghwa Telecom’s international business group.
 
「Chunghwa Telecom は、グローバル・ネットワークの強固なインフラを確立するために、Asia-Pacific Gateway (APG) への投資に続き、NCP の構築に着手した」と、同社の International Business Group President である Tu Yuan-kuang (涂元光) は述べている。
 
With the trend toward high demand for international bandwidth, “we can provide the most reliable and (adequate capacity) to meet the most stringent requirements,” Tu said in the statement.
 
インターナショナル・バンドワイズへの需要が高まる中で、「最も厳しい要件を満たすために、最大級の信頼性と充分な容量を、私たちは提供ができるようになる」と、Tu はステートメントで述べている。
 
Participants in the NCP cable network consortium include Chunghwa Telecom of Taiwan, KT Corp. of South Korea, SoftBank Mobile Corp. of Japan, Microsoft Corp. and major carriers from China and the United States, who signed a construction and maintenance agreement along with a supply contract in October last year.
 
NCP ケーブル・ネットワーク・コンソーシアムへの参加者には、Taiwan の Chunghwa Telecom、South Korea の KT Corp、Japan の SoftBank Mobile Corp、Microsoft Corp、そして China と United States の主要キャリアが含まれる。それらの企業は、昨年の10月に、このネットワークの構築と維持に関する契約を締結している。
 
Chunghwa Telecom estimated the cost of building the NCP cable network at “several hundred million U.S. dollars.”
 
Chunghwa Telecom が、この NCP ケーブル・ネットワークに関して、”several hundred million U.S. dollars.” の構築コストになると予測している。
ーーーーー
MSこのニュースに関しては、Microsoft が海底ケーブル事業に参入という視点で、欧米のメディアも大きく取り扱っています。 ただ、Microsoft の戦略がグローバルなものであるため、それらのメディアは大西洋の話にフォーカスしてしまいます。 それではつまらないので、今朝は Chunghwa Telecom のステートメントを追いかけてみました。 Microsoft のブログを見ると、Hibernia とAqua Comms という会社と提携することで、ヨーロッパとのコネクションを強化し、アジアに関しては文中の NCP に参加することで、Mobile First と Cloud First の戦略を強化していくとのことです。 アジアと結ぶ海底ケーブルへの、クラウド・ベンダーによる投資に関しては、2009年の12月に「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳をポストしています。 そこで述べられている背景も、よろしければ、ぜひ、ご参照ください。 それと、Japan の Maruyama ですが、千倉の北にある町のことかと推測しています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
海底ケーブル SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
Gartner が インドの Tata を高く評価:決め手は途上国のサポート
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?
Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
 

世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on May 1, 2015
China sales of iPhones thump US
Zhu Shenshen – April 29, 2015
http://www.shanghaidaily.com/business/it/China-sales-of-iPhones-thump-US/shdaily.shtml
 
_ Shanghai Daily
 
APPLE Inc’s iPhone sales in China surpassed those of the United States for the first time in the first quarter of this year as domestic demand grew fueled by increased sales channels and the Spring Festival, the US giant said yesterday.
 
China での Apple iPhone の売上が、今年の Q1 において、初めて U.S. を上回ることになった。 同国内の販売チャネルが強化され、また、Spring Festival (春節) における需要に支えられたことで、この成長が達成されたと、昨日 (4/28) に Apple が発表している。
 
Chinese iPhoneApple, whose revenue climbed 27 percent to US$58 billion globally, said its iPhone sales by units surged 70 percent in China, making the country its world’s largest iPhone market, said Luca Maestri, chief financial officer of Apple, who didn’t give detailed figures.
 
Apple の収益は、グローバルで 27% の成長を示し、US$58 billion に達している。そして、iPhone の販売はというと、China において 70% という急成長が達成されたことで、同国が世界で最大の iPhone マーケットの座を獲得している。それは、Apple の CFO である Luca Maestri の発言だが、詳細な数字は明らかにされていない。
 
The larger-screen iPhone 6 and iPhone 6 Plus became popular as Chinese New Year’s gifts in February.
 
この 2月の、China の New Year を祝うプレゼントとして、大画面の iPhone 6と iPhone 6 Plus が人気を博していた。
 
Apple’s total revenue in China surged 71 percent to US$16.8 billion in the quarter, surpassing Europe to become the company’s second-biggest regional market by revenue, only behind the US.
 
グローバルにおける、Apple の 2015年 Q1 総売上高は、China での 71% を加えることで、US$16.8 billion に達している。 そして、全体的な売上においても、China が Europe を抜いて二位の座を確保し、U.S. の背後に迫ることになった。
 
In the middle of 2016, Apple is expected to have 40 retail stores in China, almost double from 21 now, according to Tim Cook, Apple’s chief executive.
 
Apple の CEO である Tim Cook によると、China における Apple Store は現在の 21店舗から、2016年の半ばには 40店舗へと倍増するようだ。
 
ーーーーー
apple今朝のアジアの各サイトは、この話題で持ちきりという感じでした。 Agile_Cat が最初に見つけたのは、毎朝の散歩道である Want China Times だったのですが、まったく数字が記されていなかったので、この Shanghai Daily にまで探しに行ったというわけです。 ひょっとすると、もっと詳しい情報があるのかもしれませんが、文中の Apple CFO の発言を読むと、こんな感じなのかとも思えてきます。それにしても、昨日の「中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!」に続いて、こんな記事が出てくるとは、、、ただただ驚くばかりです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>

欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud by agilecat.cloud on May 1, 2015
Interoute Sets Up in Singapore
Light Reading – April 28, 2015
http://www.lightreading.com/services/cloud-services/interoute-sets-up-in-singapore/d/d-id/715352
 
_ Light Reading
 
LONDON — Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, today announced that it has extended the global reach of its network to Singapore. The new Point of Presence (PoP) will support Interoute’s enterprise customers with an additional location in the Asia-Pacific region. Interoute’s network connects Europe, USA, the Middle East and Africa, extending to Hong Kong and now Singapore in the East.
 
LONDON — 今日 (4/28) のことだが、Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを運用する Interoute が、同社のネットワークにおけるグローバル・リーチを、Singapore まで拡張すると発表した。この、新たな Point of Presence (PoP) により追加される、Asia-Pacific リージョンのロケーションを用いて、Interoute のエンタープライズ・カスタマーのサポートが開始される。Interoute のネットワークは、Europe/USA/Middle East/Africa に展開されており、さらには Hong Kong にも拡張され、今回は Singapore を加えることになった。
 
Interoute SingaporeBuilding on Interoute’s two existing PoPs in Hong Kong, the new site gives businesses expanding in Asia a connectivity, communications and computing hub in one of the world’s most important financial cites. Businesses can enjoy high capacity, local routing capability and global reach as part of Interoute’s networked cloud platform.
 
すでに Interoute は、Hong Kong に 2つの PoP を構築している。そして、顧客であるエンタープライズたちは、今回の新しいサイトを活用することで、Asia におけるコネクション/コミュニケーション/コンピューティングのハブを、世界で最も重要ともいえる金融都市で展開できるようになる。つまり、それらのユーザー企業は、Interoute のネットワーク・クラウド・プラットフォームの一部として提供される、高度なキャパシティ/ローカル・ルーティング機能/グローバル・リーチを享受できるようになるわけだ。
 
The wealthy city-state’s political climate, competitive corporate tax rates and openness to foreign investment mean that it is attracting growing interest from businesses worldwide. In fact, it was ranked as the number one best place in the world to do business in 2014 for the seventh consecutive year and also topped the World’s Bank’s ease of doing business report. Customers in Singapore can now connect directly to Interoute’s assured performance network, and access its portfolio of enterprise cloud computing, voice, video and data services.
 
この裕福な都市国家における、政治状況および、競争力のある法人税率、海外投資家への開放性が、世界中の企業からの関心を集めている。実際のところ、2014年の Sigapore は 7年連続で、世界で最もビジネスを行いやすい場所としてランクされており、また、World’s Bank の Ease of Doing Business レポートでもトップに立っている。そして、Singapore の顧客たちは、Interoute が保証するパフォーマンス・ネットワークをダイレクトに接続し、エンタープライズのためのクラウド・コンピューティング/ボイス/ビデオ/データ·サービスなどで構成される、ポートフォリオにアクセスできるようになる。
 
Interoute’s Enterprise Unified ICT strategy is focused on creating and managing all Enterprise ICT Infrastructure as a Service, delivered from its advanced and secure networking and cloud platform. Interoute’s integrated network and data centre platform provides customers with the innovative and cost effective ICT solutions needed to gain a competitive business advantage.
 
Interoute の Enterprise Unified ICT 戦略は、すべての Enterprise ICT IaaS の作成/管理にフォーカスするものであり、また、同社の高度で安全なネットワークとクラウド・プラットフォームから供給されるものである。Interoute の統合するネットワークとデータセンターのプラットフォームは、厳しい競合に直面するユーザー企業が必要とする、革新的で費用対効果の高いICTソリューションを提供する。
 
ーーーーー
Asia Pacificこの Interoute というクラウドの存在を知ったのは、2014年に同社が香港に進出したときでした。 そして、「欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!」という抄訳では、New York 進出について お伝えしました。その一方、シンガポールですが、Cloud News Asia の Singapore カテゴリを見て頂ければ一目瞭然ですが、最近では Linode が進出したり、ちょっと前は CenturyLink が進出したりというふうに、アジアのハブとしてのポジションを強固なものにしていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Posted in .Selected, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on April 27, 2015
Cloud Developer Profiles: Are you a DevOp, Coder, or RAD?
Dick Weisinger – April 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-developer-profiles-are-you-a-devop-coder-or-rad/
_ formtek
So, you’re a developer, but which cloud platform is best for you?
 
たしかに、あなたはデベロッパーだけど、どのクラウド・プラットフォームがベストなのだろうか?
 
Forrester says that depends.  They’ve developed three different developer profiles of different developer types and the types of cloud environments that work best for each type.
 
Forrester の言い方を真似するなら、そこには三種類のデベロッパーがいて、それぞれが異なるプロファイルを有している。つまり、彼らが働きやすい、三種類のクラウド環境が存在することになる。
 
Chagall_1Some developers are heavy into Java, Ruby or C# code, while others might prefer quick-and-dirty scripting.  Some developers love working with lots of configuration, others want point and click environments.  Forrester profiles, based on developer methodologies, recommend cloud platforms based on your development style.  Forrester identified three different developer classifications.
 
一部のデベロッパーたちは、Java/Ruby/C# といったコードに没頭するが、安かろう悪かろうのスクリプトを好む人もいる。 一部のデベロッパーたちは、大量のコンフィグレーションも苦にしないが、お手軽な環境を望む人もいる。 Forrester は、こうしたデベロッパーたちの方法論をベースにして、あなたの開発スタイルに合ったお勧めクラウド・プラットフォームをプロファイル化している。Forrester は、デベロッパーたちを、三種類に区分している。
 
  • Coders don’t want to muck with mucking with infrastructure configurations and would prefer an environment where those details were pre-configured.
  • Corder は、インフラスのコンフィグレーションで手を煩わすのを嫌い、それらの詳細が、プリ・コンフィグレーションされた環境を好むだろう。
  • DevOp pros tend to use the command line heavily, write scripts, and work with server, database, network, and storage configurations.
  • DevOp pros は、コマンド・ラインを駆使してスクリプトを書き、サーバー/データベース/ネットワーク/ストレージをコンフィグレーションしていく傾向がある。
  • RAD developers love point and click and every chance they get to auto-generate some code.  They’re into doing things fast, with an emphasis on not only high velocity and quantity, but also quality.
  • RAD developers は手軽さを好み、あらゆるチャンスを見つけては、コードを自動生成していく。 彼らは、迅速さと量的な観点からだけではなく、品質を維持しながら、素早く開発することに興味を持つ。
 
The Forrester report found that “Public cloud platforms take several forms, including those providing basic infrastructure-as-a-service up through those providing full or partial platform services and tools. Each of these types of platforms is best suited to a distinct type of application development and delivery (AD&D) pro within your ranks… AWS, Microsoft, and Salesforce are each leaders in meeting CIO requirements.  Each of these vendors started its cloud-platform journey in a distinct position serving a specific developer type and has expanded its offerings to provide greater breadth to a wider range of developers and support for a larger catalog of application types. Across all four Forrester Wave comparisons, two vendors stood out as consistent and clear leaders, while another, AWS was a leader across three of the four segments.”
 
こちらの方の Forrester レポートは、「パブリック・クラウド・プラットフォームには、いくつかの形態がある。その中には、全体的あるいは部分的な、プラットフォームのサービスやツールの提供を介して、基本的な IaaS を提供するものも含まれる。それぞれのプラットフォームが、あなたが位置づける AD&D (application development and delivery) に応じて、最適なタイプとなる。そして、こうした要件を満たす CIO にとって、AWS/Microsoft/Salesforce がリーダーとなっている。それらのベンダーは、こうしたデベロッパーのタイプに応じて、それぞれのサービスを提供するというポジションから、クラウド·プラットフォームへと旅立っていった。そして、自身を拡張することで、デベロッパーたちを幅広く支援し、大規模なアプリケーション・タイプをサポートしてきた。この Forrester Wave における 4つの区分で比較すると、2つのベンダーは、一貫性と明確性を備えたリーダーとして際立っていた。その一方で、AWS はというと、4つのセグメントにおける、3つの区分でリーダーとなっていた」と指摘している。
 
Further, the report notes that “the popular wisdom that cloud computing comes in three flavors — Software-as-a-Service (SaaS), IaaS and PaaS — no longer describes reality. We find that vendors are blurring the lines between the three cloud-computing categories.”
 
そして、このレポートは「クラウド・コンピューティングを、3つのフレーバーである IaaS/PaaS/SaaS で分類するという考え方は、もはや、現実味を伴っていない。つまり、この 3つのカテゴリーを区分する境界線を、ベンダーたちが曖昧にしている点に、私たちは気づくべきだと」と述べている。
 
ーーーーー
Forrester WaveOn Monday訳す前は、3つの分類と 4つの分類で混乱してしまい、全体の意味がつかめなかったのですが、4つの分類の方は、この図のことを指しているようです(クリックで拡大)。文中の、2つ目のリンクから無償で DL できるレポートなので、お時間のある方は、ぜひ、ご参照ください。そして、この記事ですが、「デベロッパーのタイプに応じて、クラウドのタイプを再編しても良いだろう」と、Weisinger さんは言いたいのでしょうかね? 関連性を説明しない、まったく異なる 2つの文脈が並んでいると、そうとしか受け取れませんよね :) それぞれのベンダーが、クラウドに取り組み始めた時点と比べて、デベロッパーのタイプも大きく変化しているわけですし、ここらで再編した方が、スッキリするようにも思えます。この世で最も強いのは、プラットフォームでもなく、ベンダーでもなく、エコシステムなのですから ・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
 
 
%d bloggers like this: