Agile Cat — in the cloud

IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid, IBM by Agile Cat on January 20, 2015

IBM teams with Equinix to Boost Hybrid Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-8dq
Jan 5, 2015
http://www.dbta.com/Editorial/News-Flashes/IBM-teams-with-Equinix-to-Boost-Hybrid-Cloud-Computing-101343.aspx

IBM announced it is partnering with Equinix, Inc., an interconnection and data center company, to help provide enterprises direct access to the full portfolio of cloud services from SoftLayer, an IBM Company, via the Equinix Cloud Exchange. Equinix also announced Cloud Exchange enhancements, including API functionality that makes it easier for service providers to use a single interface to the Cloud Exchange, resulting in scalable, private and secure connections to their cloud services with near real-time provisioning.

IBM は、インターコネクションとデータセンターを提供する、Equinix との提携を発表した。それにより、ユーザーであるエンタープライズたちは、IBM 傘下である SoftLayer から Equinix Cloud Exchange を介して、クラウド・サービス群の完璧なポートフォリオに対して、ダイレクトにアクセスできるようになる。さらに Equinix は、API 機能を含む Cloud Exchange の機能強化を発表しており、サービス・プロバイダーがシングル・インターフェイスを介して、Cloud Exchange を容易に使用できるようにしていくようだ。それにより、スケーラブル/プライベート/セキュア・コネクションが、エンタープライズのクラウド・サービスにもたらされるが、リアルタイムとも言えるプロビジョニングも同時に実現される。

 Rob Purdie
IBM-590
Madison Ave

“SoftLayer, with its broad reach into the enterprise market and proven success in networking will be a great asset to Cloud Exchange, enabling customers to seamlessly replicate data between markets,” said Ihab Tarazi, chief technology Officer for Equinix. “Our direct access capabilities to cloud services such as SoftLayer, provide enterprise customer with a choice of multiple clouds to better enable their hybrid cloud strategies.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「エンタープライズ市場への幅広いリーチと、ネットワークで成功を収めている SoftLayer は、Cloud Exchange から見ても重要な資産となるだろう。それにより、顧客たちは、世界中に広がるマーケットの間で、データをシームレスに移動できるようになる。私たちのダイレクト・アクセス機能は、SoftLayer のようなクラウド・サービスのためのものである。つまり、エンタープライズ・カスタマーたちのハイブリッド・クラウド戦略を実現すためのる、多様なクラウドという選択肢が提供されるのだ」と述べている。

Equinix and SoftLayer previously partnered to offer customers direct cloud connection inside Equinix International Business Exchange (IBX) data centers via SoftLayer’s Direct Link service, a dedicated network connection. By extending the partnership to include additional secure and dynamic connections through Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers with the ability to easily move production workloads in and out of the cloud, thus better enabling them to fully realize their hybrid cloud strategies.

以前から Equinix と SoftLayer は提携しており、Equinix International Business Exchange (IBX) データセンター内へ向けたダイレクトなクラウド接続を、SoftLayer の専用線である Direct Link コネクションを介して顧客に提供してきた。今回のパートナーシップにより、Cloud Exchange によるセキュアでダイナミックな接続などが追加される。そして SoftLayer は、プロダクション・ワークロードをクラウド間で容易に移動する機能を提供するため、より完成度の高いハイブリッド・クラウド戦略を、その顧客たちは実現できるようになる。

By offering a connection to SoftLayer’s cloud services via the Equinix Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers additional choices, a global network that extends beyond the 40 cloud centers that IBM has committed to establishing, and peace of mind through a secure, low latency connection to the cloud.

SoftLayer は Equinix Cloud Exchange を介して、自社のクラウド・サービスへの接続を提供することで、IBM が構築を約束している 40ヶ所のクラウド・データ・センターを超えた範囲でも、そのグローバル・ネットワークを提供できるようになり、また、クラウドへに対するセキュアでハイ・スピードな接続という安心感がもたらされる。

The Equinix Cloud Exchange is currently available in 17 markets globally – Amsterdam, Atlanta, Chicago, Dallas, Frankfurt, Hong Kong, London, Los Angeles, New York, Paris, Seattle, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo, Toronto and Washington D.C. – with expansions planned to Osaka, Sao Paulo and Zurich. Access to SoftLayer cloud services will be available through the Equinix Cloud Exchange in nine markets spanning the Americas, Europe and Asia Pacific, including Amsterdam, Chicago, Dallas, Paris, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo and Washington, D.C.

Equinix Cloud Exchange は、現時点において、17のグローバル・マーケットで利用できる。 具体的に言うと、Amsterdam/Atlanta/Chicago/Dallas/Frankfurt/Hong Kong/London/Los Angeles/New York/Paris/Seattle/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Toronto/Washington D.C. が対象となるが、Osaka/Sao Paulo/Zurich への拡張も計画されている。 そして、Equinix Cloud Exchange を介した SoftLayer クラウド・サービスへのアクセスは、9つのマーケットで利用できるようになる。具体的には、Amsterdam/Chicago/Dallas/Paris/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Washington D.C. であり、それにより、Americas/Europe/Asia Pacific が接続されていく。

For more information on the Equinix Cloud Exchange,  visit.
More information on IBM is available at www.ibm.com.

ーーーーー

文中にあるように、以前から SoftLayer は IBX の利用者だったようです。 そのときは、SoftLayer の Direct Link を用いていたのが、Equinix の専用線を活用するように変化したのでしょう。 それにしても、Equinix の強さは只者ではないですね。 クラウド・プロバイダーの中では、ネットワークに多大な投資をしてきた Google に続き、SoftLayer/IBM までも顧客にしてしまうのですから。ただ、その一方では、ヨーロッパ・スタイルの IX を北米で展開しようとする、Open-IX の勢力も気になります。 この Open-IX カテゴリの中で[Equinix]を文字列検索すると、この両者の関係が、それとなく見えてきます。お暇な時にでも、ど〜ぞ!

ーーーーー

<関連>

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド

Intel が IoTivity を発表:この IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援を申し出た!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Linux, Strategy by Agile Cat on January 17, 2015

Intel Unveils ‘Internet of Things’ Open-Source Framework
http://wp.me/pwo1E-8cI
Sami Ghanmi – Jan 15, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/32646/20150115/intel-unveils-internet-things-open-source-framework.htm

_China Topix

Multinational chip maker Intel Corporation’s Open Interconnect Consortium (OIC) recently unveiled IoTivity, an open-source software framework for providing connectivity to IoT devices.

多国籍チップ・メーカーである Intel だが、その Open Interconnect Consortium (OIC) が先日に、IoT デバイスに接続性を提供するための、オープンソース・ソフトウェア・フレームワークである IoTivity を発表した。

"The ability for devices and machines to communicate will unleash a whole new world of technology innovation," said Jim Zemlin, executive director at the Linux Foundation.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「このデバイスやマシンを接続する能力により、テクノロジー・イノベーションが新たな世界へ向けて解き放たれる」と述べている。

Photo : Intel
OIC’s IoTivity Open Source Software Framework

"Open-source software and collaborative development are the building blocks to get us there. IoTivity is an exciting opportunity for the open-source community to help advance this work."

そして、「オープン·ソース·ソフトウェアと共同開発が、私たちが取得すべきビルディング・ブロックである。そして、この作業を促進していくオープンソース・コミュニティにとって、IoTivity は素晴らしいチャンスとなる」と続けている。

An independent steering committee will oversee the open-source framework while communicating with Intel’s OIC.

なんらかの独立した運営委員会が、Intel の OIC と連携しながら、このオープンソース・フレームワークを監督していくことになる。

"We believe that an open-source project combined with the OIC’s standards efforts is critical to driving true interoperability for the billions of IoT devices that will be coming online over the next few years," said Mark Skarpness, Intel’s director of embedded software at its Open Source Technology Center, and the chair of the IoTivity Steering Group.

Intel の Open Source Technology Center で Director of Embedded Software を務め、IoTivity Steering Group の Chair も兼任する Mark Skarpness は、「私たちは、なんらかのオープンソース・プロジェクトと、OIC における標準化の取り組みが連携することで、数十億になるとも言われる IoT デバイスのための、ほんとうの意味でのインターオペラビリティが促進されると信じている。それらが、これからの数年間で、オンラインで接続されていく」と述べている。

"We are pleased to be working with The Linux Foundation and the open-source community to advance the project."

そして、「私たちは、このプロジェクトを前進させるために、Linux Foundationおよびオープンソース·コミュニティと協力できることを、とても喜んでいる」と続けている。

IoTivity’s features will include device-to-device connectivity, information exchange, messaging connectivity, APIs, an SDK, secure connection and device discovery.

IoTivity は、その機能として、デバイス間の接続性/情報エクスチェンジ/メッセージング接続/API/SDK/セキュア接続/デバイス検出などを取り込んでいる。

"All developers are welcome to join the community and start contributing by submitting code, bug fixes or suggestions for new features, all using IoTivity’s online project tools that are also being made available today," Skarpness added.

そして Skarpness は、「すべてのデベロッパーを歓迎する。 ぜひ、コミュニティに参加し、コードの提供や、バグ・フィックス、新しい機能の提案といった、コントリビューションを開始して欲しい。また、すべての IoTivity オンライン・プロジェクト・ツールが、今日から使用できるようになっている」と呼びかけている。

ーーーーー

なんか、来たぞ、来たぞ、という感じですね。 もちろん、Intel がコアとして存在するところに求心力を感じますが、こういう展開には Linux Foundation が不可欠ですよね。 なんというか、OSS の支援がないと、つまり、そのエコシステムが機能しないと、IoT も成り立たないという雰囲気があります。 すべての領域において、オープン・ソースが重要な役割を担っていますが、この IoT も決して例外ではないはずです。 

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Zuck が Cook に 一発かました:もっと Apple は、自分の顧客を大切にすべきだ!

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Facebook, Strategy by Agile Cat on January 6, 2015

Mark Zuckerberg Slams Tim Cook: You’re Not In Alignment With Your Customers
http://wp.me/pwo1E-8as
Caroline Moss – Dec. 5, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-slams-tim-cook-2014-12

_ Business Insider

Mark Zuckerberg just slammed Tim Cook and Apple. In an interview with Time magazine, he said:

Mark Zuckerberg が、Tom Cook と Apple を酷評している。Time 誌のインタビューで、彼は、以下のように述べている

A frustration I have is that a lot of people increasingly seem to equate an advertising business model with somehow being out of alignment with your customers … I think it’s the most ridiculous concept. What, you think because you’re paying Apple that you’re somehow in alignment with them? If you were in alignment with them, then they’d make their products a lot cheaper!

私が不満に思うのは、広告のビジネス・モデルと、Apple の顧客が望むものがズレている、という発想が蔓延していることだ。それは、とんでもない考え方だと思う。 Apple に対して、ユーザーが対価を支払うのは、そこに何らかの整合性があるからだと捉えられないのか? もし、広告とユーザーの間に、なんらかの整合性が存在するなら、Apple のプロダクトは、もっと安価になるのだ!

Previously, Cook went after advertising-supported businesses like Google and Facebook, saying they were not in alignment with customers because for them the customers served as the product.

以前、Cook は、Google や Facebook などが展開している広告サポート・ビジネスを追いかけていたが、プロダクト・ビジネスの顧客と、広告ビジネスの顧客は一致しないと発言していた。

AP, BI

Zuck スリーパー
ホールドが Cook にキマるの図

"If [companies are] making money mainly by collecting gobs of personal data, I think you have a right to be worried," Cook said in an interview. "And companies I think should be very transparent about it."

あるインタビューで Cook は、「 それらの企業が、個人データの塊を収集することで収益を上げるなら、その権利について考える必要があるだろう。そして、それらの企業は、きわめて透明に、それらの権利を取り扱う必要がある」と語っている。

It’s rare to see big technology executives — and in this case, two of the biggest — make such public attacks on each other’s companies.

Apple のような、大手のテック・カンパニーの幹部が、パブリックな場で他社を攻撃するというのは(この場合は Google と Facebook)、きわめて珍しいことである。

Facebook’s entire business is built around collecting personal data, then selling advertisements tailored to that personal data. Apple is the exact opposite. It sells hardware products, collecting very little data.

Facebook における全体的なビジネスは、ここで言う個人データを収集し、その属性に合わせた広告を販売するというものである。 そして、Apple は対極にいる。 つまり、ハードウェア製品を売るための、きわめて少量のデータを収集するのみである。

Cook has been using this as a selling point for Apple to consumers. The idea is that if you don’t want to turn over your personal information to a company, then you should use Apple products.

Cook は、Apple プロダクトを販売する際のセールス・ポイントとして、このロジックを用いている。つまり、それらの企業に、個人情報を運用させたくないなら、Apple プロダクトを使用すべきという理屈である。

This is a bit rich coming just months after the iCloud hacking scandal. Nude photos of celebrities were posted online after hackers accessed iPhone accounts on which they were stored. Apple says iCloud wasn’t breached. It says hackers used "phishing" tactics to get access to accounts.

しかし、数カ月前に iCloud のハッキングというスキャンダルが起こっているのに、それは言い過ぎだとも思える。ハッカーたちは、セレブの iPhone アカウントにアクセスし、そこにストアされていたヌード写真などをオンラインにばらまいてしまったのだ。Apple のコメントは、iCloud への侵入は無かったというものである。 つまり、ハッカーたちはフィッシング戦術を用いて、それらのアカウントにアクセスしたと言っている。

Still, it’s not good for Apple, especially if it wants to be seen a steward of users’ personal information.

そうだとしても、そんな発言は Apple のためにならない。 ユーザーの個人情報を預かる、執事として振る舞いたいなら、なおさらのことだ。

As for Zuckerberg’s counterpoint, it makes sense. Consumers have repeatedly shown that they are willing to give up a little privacy for a great, free product.

Zuckerberg が持ち出す争点として、それは理にかなっている。無償の素晴らしいプロダクトを得るために、消費者たちは多少のプライバシーは諦めるという現実が、随所で繰り返されているのだ。

Facebook has more than 1.3 billion users despite the fact that it uses personal information for advertising. Google has more than a billion users on its products, and it uses personal information. Twitter has hundreds of millions of users, and it relies on advertising based on personal information.

Facebook は、個人情報を広告のために使用しているにもかかわらず、13億人以上のユーザーを有している。 Google は、10億人以上のユーザーにプロダクトを提供し、その個人情報を使用している。 Twitter も、数億人のユーザーを持ち、それの個人情報に基づいた広告ビジネスを展開している。

People don’t mind ad-supported products.

つまり、人々は、広告の付いたプロダクトについて、それほど気にしていないのだ。

Further, the average iPhone costs over $600, while the average Android phone costs half that. Zuckerberg is saying that if Apple were on the side of the consumer, it would lower prices and make its products more broadly available. After all, Apple has $150 billion in cash on hand. It is the most profitable technology company in the world. It can afford to lower prices.

さらに言えば、iPhone の平均価格は $600 を超えているが、Android の場合は、その半分である。Zuckerberg が言わんとするのは、Apple がユーザーの側に立つなら、そのプロダクトの価格を引き下げ、より多くの人びとが利用できるようにすべきだという点だ。結局のところ、Apple は 15兆円というキャッシュを手にしている。つまり、世界で最も収益性の高いテック・カンパニーであり、余裕を持って低価格化に取り組めるのだ。

Facebook is free for everyone to use. The price for that is that it collects some user information. Zuckerberg and consumers, based on their actions, think that’s a fair deal.

Facebook は、誰もが無料で利用できる。 そのコストは、ユーザーたちから幾ばくかの情報を集めることで賄われている。つまり、Zuckerberg とユーザーたちの関係は、両者の判断に基づく、公正な取引の上に成り立っていると思えるのだ。

ーーーーー

まぁ、なんというか、iCloud のセレブ・プライバシーで問題が起きたとき、Tim Cook は対応を誤ったのだと思います。 フィッシングといえば、そうなのかもしれませんが、iCloud がブルート・フォースを許していたことが、そもそもの間違えなのです。 そして、それに対しては、何も言及せず、二段階認証にしたから良いだろうというのでは、あまりにも顧客に対して失礼な話です。 それを棚に上げて、Google や Facebook の透明性を突っついても、バシッと切り返されて終わりです。 もう一つ、言わせてもらえるなら、Steve Ballmer が Scroogled キャンペーンで孤軍奮闘しているときに、何の助け舟も出さずにいたくせに、いまさら、それは無いでしょう、と言いたくなってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
iPhone と Android の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

2014 Agile Cat:Top-20 ポストと 総マトメ

Posted in .Chronicle, .Selected, Research by Agile Cat on December 31, 2014

途上国のモバイル・アクセスが生み出す、新しいビジネスとインフラ・・・
http://wp.me/pwo1E-88I

今年を振り返るときに注目したいのは、5月5日にポストした、「 Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図 」で紹介しているチャートだと思っています。それが示すのは、10億以上のユーザー数に達したソフトウェア・プロダクツ/サービスであり、その中の 4つを Google が所有しているという現実です。ただし、Google がマネタイズに成功しているのは Search ビジネスであり、徐々に Youtube が利益を出し始めているという感じです。

ここで考えるべきは、Google が有している金脈の、とてつもない潜在能力となるのでしょう。そして、10億というハードルを取り払ってしまえば、Apple の App Store や iTunes、Facebook の Instagram と WhatsApp、また、Line や、WeChat、Snapchap、Pinterest なども、大きな可能性を秘めたサービスとして浮上してくるはずです。

周知のとおり、Microsoft の収益はライセンスから生じていますが、サービスである Office 365 への切り替えなどが順調に進んでいることから、2015年には強さを取り戻してくると思えます。 その一方で、Google と Facebook の収益は、その大半がディジタル広告から生じています。 そして、おそらく、この広告の領域が、これからの IT エコシステムを支える、大きな収入源になっいくはずです。

<2014年:マトメの一覧>
2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

また、誰もが納得していると思いますが、これからの時代において、ラップトップ/デスクトップ PC が大きく成長していくことは無さそうです。 そして、それらの領域は、Android/iOS/Chrome OS などを搭載した、タブレットもしくはシン・クライアントにより、徐々に置き換えられると予測されています。 ただし、その勢いはというと、穏やかなものになりそうです。 言い換えるなら、スマホとファブレットのみが、図抜けた成長力を有するという結論に達しています。

そして、こうした成長力をもつデバイスを、充分に機能させていくために、クラウドや、データセンター、モバイル・キャリア、テレコムなどの事業者たちが、インフラ整備に邁進しているというのが、2014年という年を写し出すスナップ・ショットなのでしょう。 このようなインフラ投資を引き出す推進力は、中国とインドに代表される、アジア市場の途方もない成長力です。 また、アジアの後には、南アメリカやアフリカが続いてくるでしょう。

途上国における人々がモバイル・デバイスに触れることで、まずはディジタル・ベースの広告と物販が動き出し、その勢いがモバイル・ネットワークなどのインフラを整備していきます。 まぁ、この辺りは、鶏と卵の話なので簡単では無いのでしょうが、すでに中国では Alibaba が大きく成長し、インドでも FlipKart というスタートアップが育ちつつあるようです。

なんというか、とても大雑把なマトメですが、こんなことを考えながら、以下の Top-20 2014 を選び出してみました。 お時間があるときにでも、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

January 10
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!
Facebook は、世界で最も人気のソーシャル・ネットワークなのだろうが、ソーシャル・メッセージの話となると、その優位性を他のアプリに奪われようとしている。 On Device Research が実施した調査によると、アメリカで最も人気のスマートフォン・ソーシャル・メッセージング・アプリは Facebook であるが、その他の 4カ国では WhatsApp と WeChat が、その領域を支配しているという結果が出ている。

February 4
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。

February 12
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
新しいグループが、アメリカ国内におけるネットワーク接続の方法を、別のものに変更しようとしている。そして、インターネットの物理接続における、コストを低減し信頼性を向上させることが可能だと言っている。Open IX は、Internet exchange points (IXPs) による新しいネットワークを構成し、メンバーによる中立な管理を実現し、さらには、参加者がトラフィックを交換できる状況を目指している。このグループは、非営利のモデルを採用し、すでにヨーロッパで広く利用され、マーケットにおける複数のデータセンター間でのエクスチェンジ・オペレーションを拡大しているところである。

February 15
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Google が約束している、Android プラットフォームについて、きわめて異なる方向へと転換し始めていると、BI Intelligence は見ている。Android は世界で最大のスマートフォン・プラットフォームであるが、それを支えてきた最大の要因は、出発点である 2007年当時に、Android Open Source Project(AOSP)を選択したところにある。そのときの Google は、モバイル市場のシェアがゼロであった。したがって、サードパーティであるベンダーや開発者が、自身のモバイル・デバイス上で走らすための、フォークが可能なオープンソース・プラットフォームを提供したのだ。

April 2
モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリが 86% を占有
モバイル分析のスペシャリストである Flurry が、この火曜日(4/1)に示したチャートは、すべての人々にとって幻覚のように捉えられるだろう。それが、何を示しているのかと言えば、iOS と Android のユーザーたちがモバイル・デバイスを使うとき、その時間の 86% を、各種のアプリに費やしているという状況である。逆に言えば、モバイル・ブラウザの比率は、いまや 14% に過ぎないのである。

April 22
これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増設!
Beyonce が音楽業界に嵐を巻き起こした、昨年の 12月のことを覚えているだろうか? つまり、Amazon や Target といったリテーラーを一週間も待たせながら、自分の Web サイトと iTunes で、新しいアルバムをリリースしてしまった、あの騒動のことだ。そして、この騒ぎには、3人の男が関与しているのだが、そんなことは誰も知らない。彼らの会社は DigitalOcean であり、Beyonce の Web サイトをホストする、クラウド・サービスを運営しているのだ。

May 20
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と NTT を比較する
Synergy Research Group のレポートによると、Equinix (Nasdaq: EQIX) はコロケーション市場のフロント・ランナーであり続け、North America と EMEA では手に負えない存在であるが、2013年 Q4 における APAC では NTT がトップに座っている。APAC の地域には、数多くの通信事業者と、国内に特化したオペレータが存在しているが、EMEA の市場では複数の国々にまたがる企業がリーダーであり、また、US には国内市場だけにフォーカスする、コロケーション・スペシャリストがたくさんいる。

June 10
IBM が Power チップをオープン化:Google の戦略は何処に?
IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

June 20
Facebook と OCP から、Wedge という名のスイッチが発表された!
ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

July 8
Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から Facebook DC へ!
先週のことだが、Instagram は史上最大規模のデータ·マイグレーションへの取り組みの中で、Amazon Web Services (AWS)に保存された何百億枚というイメージを取り出し、Facebook が提供する独自のサーバー群に投げ込んだと発表した。 この出来事に関するニュースは、Facebook の Infrastructure Engineer と Open Compute Foundation の Program Developer を兼任する Charlie Manese とのインタビューから得られたものである。

August 5
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
Kanter によると、Brazil では約 90% の人々が Android Phone を使い、また、それらの人々の大半が  Apple iPhone を所有していない。 この、驚くべき統計値は、Argentina/Brazil/Mexico のスマートフォン市場で、Android が 75% 以上をシェアを得ているのと、同じレベルで衝撃的なニュースとなっている。つまり、この 9月に Apple が、新しい iPhone 6 を立ち上げるときに、逆風に直面するだろうという考えが、あなたの脳裏をよぎるだろう。

August 15
Google Maps は行動を記録している:Location History をチェック!
あなたが Gmail アカウントを持っている場合や、何らかの Google アプリを使用したとき、Google には、あなたのロケーション・データを貯めこむチャンスが生じている。 ただし、幸いなことに、あなたの行動を、どのように Google が把握しているのかを、しっかりと確認するための、簡単な方法も提供されている。 つまり、過去にさかのぼって、あなた自身の移動履歴をマップの中で参照できるようになっているのだ。

August 19
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 膨大な DC 資産へ
それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

September 16
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
Google  が初めてアナウンスした、Android One を走らせる 3種類のスマホは、途上国マーケットに安価な Android スマホをもたらすという、同社の取り組みを構成するものである。それらのデバイスは、Micromax/Spice/Karbonn というマニュファクチャで製造される、4.5-inch ディスプレイを持つものであり、最初は India のマーケットで販売される。

September 30
香港での抗議を支える Off-The-Grid チャット: それが FireChat だ!
昨夜(9/28)の Hong Kong は、平和的なデモ行動が、警察の攻撃対象になるという、歴史的瞬間を迎えてしまったようだ。Occupy Central というスローガンの下、数万という人々が Hong Kong の金融街に集結したが(主催者によると 60,000人:メディアの報道は 30,000人)、それは Hong Kong の行政長官選挙制度をめぐり、先月に China 政府が下した決定に反発する行動である。さらに言えば、この夏から生じている、抗議行動の一環として始まったものでもある。

October 1
ヨーロッパを 仮想 DC でカバー: 謎の Interoute クラウドが香港に進出!
Interoute は Hong Kong に Virtual Data Center(VDC)をオープンすることで、そのクラウド·コンピューティング·ソリューションを Far East に持ち込もうとしている。それにより、Interoute の顧客たちは、アプリケーションとデータへの高速でのアクセスを達成するために、Amsterdam/Berlin/London/Paris/Milan/Hong Kong などで構成される 7つの VDC ゾーンを選択できるようになる。

October 11
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果のチャートで!
今週のはじめに Stone Temple Consulting が、3つの主要仮想アシスタント·プラットフォームである、Google Now/Apple Siri/Microsoft Cortana に対して、3000種類以上の問い合わせを投げかけるというテストを行い、その結果をまとめ上げた。 この包括的な調査は、個々のアシスタントが用いるデータ・ソース量と、回答結果における精度の比較、そして、すべての間違いのトラッキングに注目するものである。

November 12
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
クッキーのトラッキングという手法だが、その寿命が尽きようとしている。モバイル・デバイスの急速な台頭により、Big-3 である Facebook/Google/Apple は、マルチ・デバイスを前提としてユーザーを追跡する、より新しく強力な手法を、広告主のために作りだそうとしている。クッキーに差し迫った死であるが、その発端は、2007年 の iPhone の発売まで遡ることになる。

December 11
Facebook アプリ:Push+Delta+Thrift で モバイル帯域を 40% 削減!
私たちは、モバイルが別の世界のものであることを学んできた。If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong では、モバイル・プラットフォームのためのプログラミングが、独特のものであることを知った。そして、How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks では、モバイル・ネットワークの帯域幅が、きわめて貴重なリソースであることを学習した。

December 17
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指す?
PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

このポストに貼ってある、「ネコの手 2014」を右ペインにバナーとして貼っておきます。 そのため、年が明けても、2014年を振り返るときに、このポストをすぐに参照できます。 ぜひ、ご利用ください。

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

ーーーーー

それでは、良いお年をお迎えくださ〜い :) 2014年 大晦日

赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?

Posted in .Selected, Google, Satellite, Strategy by Agile Cat on December 17, 2014

Google-backed Global Broadband Venture Secures Spectrum for Satellite Network
http://wp.me/pwo1E-86a
Peter B. de Selding | May. 30, 2014
http://www.spacenews.com/article/satellite-telecom/40736google-backed-global-broadband-venture-secures-spectrum-for-satellite

ーーーーー

<注記> ちょっと古い記事であり、ここで取り上げられている WorldVu は、最近では Elon Musk の SpaceX と提携するだろう、という記事も出ています。

ーーーーー

PARIS — A company based in Britain’s tax-friendly Channel Islands and backed by Google and the founder of satellite broadband trunking provider O3b Networks has secured radio spectrum rights to build a low-orbit satellite constellation to provide global broadband to individual consumers, industry officials said.

PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

Brian Holz, 03b’s former chief technology officer, is leaving the company for WorldVu. Credit: Photo courtesy of Brian Holz

The company, which uses the name L5 in its regulatory filings and is registered in St. Helier, Jersey, under the name WorldVu Satellites Ltd., has picked up Ku-band spectrum initially planned for use by a now-defunct company called SkyBridge to launch a constellation of 360 small satellites for a global Internet service.

その会社は、L5 という名称で規制当局への申請を行い、WorldVu Satellites Ltd. という名で St. Helier, Jersey 島に登記されている。そして、いまは消滅してしまった SkyBridge という会社が、グローバル・インターネット・サービスを提供するために、360個の小型衛星群を運用しようと計画したときの、Ku-band というスペクトルを拾い上げ、新たなビジネスを立ち上げようとしている。

The International Telecommunication Union (ITU), the Geneva-based United Nations affiliate that regulates satellite orbital slots and wireless broadcast spectrum, shows L5 filings as promising to start service in late 2019.

Geneva ベースの国連関連団体として The International Telecommunication Union (ITU) があるが、この人工衛星の軌道スロットと無線ブロードキャスト・スペクトルを規制する組織の報告書を見ると、2019年の後半には L5 がサービスを開始する可能性が高いと分かる。

The satellites, tentatively designed to operate in circular orbits of 800 and 950 kilometers inclined 88.2 degrees relative to the equator, have been given regulatory deadlines of between late 2019 and mid-2020 to enter service, according to ITU records.

この衛星は、赤道を基準に 88.2 度の緯度幅をカバーし、800km 〜 950km の高度で軌道を描くよう、暫定的にデザインされている。そして ITU の記録によると、サービスに入るための規制上のデッドラインとして、2019年の後半〜2020年の半ばという期限が与えられている。

WorldVu appears to be a Google response to the same question being asked by all the big global Internet service providers, search engines and social networks: How do you reach hundreds of millions of potential users residing in places without broadband access?

グローバルかつ大規模に展開される、すべてのインターネット·サービス·プロバイダ/検索エンジン/ソーシャル・ネットワークに共通する疑問への、Google の回答が WorldVu なのだと思われる。つまり、ブロードバンドでアクセスできない場所に住んでいるかもしれない無数のユーザーに、どのようにしてリーチするのかという問いに対する答えとなる。

Facebook purchased Britain’s Ascenta unmanned aerial systems designer as part of what it calls its Connectivity Lab project, which is exploring satellite and atmospheric Internet nodes. Google earlier this year purchased Titan Aerospace, a drone designer of what are sometimes called "atmospheric satellites." With WorldVu, Google appears to be adding a play in conventional exo-atmospheric version.

Facebook は Connectivity Lab プロジェクトと呼ぶ活動の一環として、イギリスの Ascenta という無人航空機システムのデザイナーを手にしており、それにより、衛星を用いた大気圏内インターネット・ノードの構築を模索している。その一方で Google は、今年の初めに Titan Aerospace を買収しているが、これも大気圏内衛星とも言える、ドローンのデザインが絡んでいる。つまり、Google は WorldVu により、これまでの大気圏バージョンでの活動を強化しているように見える。

注記:地球の大気圏は 1000km に及ぶ。

The ITU’s Master International Frequency Register is routinely peppered with filings — satellite networks in ITU parlance — that clog the system, hoard spectrum rights and ultimately never are built.

ITU の Master International Frequency Register は、ITU 用語で衛星ネットワークと呼ぶ書類により、毎日のように攻め立てられている。 つまり、それによりシステムが目詰りし、スペクトル権を買い溜めされるが、最終的には構築されないという状況が繰り返されていた。

In the case of L5/WorldVu, there is reason to suspect this is not just another paper satellite.

しかし、L5/WorldVu のケースでは、単なるペーパー・サテライトではないと、推測させる理由がある。

For starters, WorldVu is located in the same small town where Greg Wyler registered and founded O3b Networks, which also started with modest support from Google and is now building a business of providing high-speed fixed and mobile Internet links to customers located between 40 degrees north and 40 degrees south of the equator. O3b’s mission, as the company likes to point out, is to connect the “other 3 billion people” around the globe “who have been denied broadband access for reasons of geography, political instability and economics.”

まず、第一に、Greg Wyler が O3b Networks を設立/登記した、同じ小さな街に WorldVu は位置しており、また、Google からのささやかな支援が開始されている。そして、現在は、北緯 40度と 南緯 40度の間に住む人々をサポートするための、ワイヤー/モバイルによるインターネット·リンクを提供するためのビジネスを立ち上げている。O3b が、よく口にする同社の使命は、地理/政治/経済などの理由により、ブロードバンドへのアクセスが不可能だとされる、もう一方の世界の「 30億人 」をインターネットに接続することである。

Joining Wyler in the WorldVu venture are Brian Holz, O3b’s former chief technology officer; and David Bettinger, a long-time chief technology officer of satellite ground terminal provider iDirect.

WorldVu の冒険において、Wyler と行動を共にする Brian Holz の前職は O3b の CTO であり、また、David Bettinger は衛星用の地上ターミナル・プロバイダーである、iDirect の CTO を長年にわたって務めてきた。

Holz’s departure from O3b at this juncture in the company’s history — a component defect on the first four satellites has delayed the launch of the second four, now scheduled for July — might be viewed as curious.

同社の歴史おいて、つまり、第一陣の 4つの衛星におけるコンポーネントの欠陥により、第二陣の 4つの衛星の打ち上げが 7月にズレ込んでいるという時点で、O3b のプロジェクトから Holz が離脱するのは、不思議なことだと思われるだろう。

While the current satellites operate well, their life expectancy has been compromised by the defect in the onboard component, called the centralized power supply and frequency generator unit.

現時点で、それらの衛星は上手く機能しているが、集中電源と周波数ジェネレータをいう、オンボード・コンポーネントの欠陥により、その平均寿命は期待値に届かないだろう。

In a May 27 response to SpaceNews inquiries, O3b said Holz “is leaving us for Google, which as you know is an O3b shareholder, but he will continue to serve on O3b’s technical advisory committee.” Attempts to reach Wyler, or anyone else, at the address listed for WorldVu were unsuccessful.

5月27日の SpaceNews からの問い合わせに対して O3b は、「 周知のとおり、O3b の株主でもある Holz は Google へと去っていくが、O3b の技術諮問委員は継続して務めることになる」と述べている。つまり、Wyler たちが連携していくような、WorldVu が考えていた試みは、上手く行かなかったことになる。

Holz has been replaced at O3b by Stewart Sanders, a senior vice president at satellite fleet operator SES of Luxembourg, which is O3b’s biggest shareholder.

Holz の後任には、 O3b の最大の株主であり、複数の衛星を管理する SES of Luxembourg の、Senior VP である Stewart Sanders が就任することになった。

An industry official familiar with the move said Holz will remain active at O3b at least through the launch of the second group of satellites, and his departure was arranged in a way to minimize perturbations at O3b, which remains a startup enterprise.

この動きに詳しい業界関係者は Holz について、第二陣の衛星群と打ち上げるまで、彼は少なくとも O3b でのアクティブな状況を維持し、スタートアップ・エンタープライズである O3b の、不安要素を最小限に抑えるよう再考された、と述べている。

“There is no way that Brian was going to do anything that would hurt O3b,” the industry official said, adding that L5/WorldVu should not be seen as a future O3b competitor.

「 O3b を傷つけることなく、何らかの行動を Brian が起こせるかというと、それは不可能である」と、その業界関係者は述べているが、将来的に L5/WorldVu と O3b がライバル関係になるかというと、それも違うと、付け加えている。

“O3b provides low-latency broadband trunking to telcos and large mobile platforms through relatively expensive ground stations,” the official said. “WorldVu wants to connect the world with affordable links to millions of individuals not now on the grid.” Google’s ultimate involvement in the venture “remains speculative at this point,” the official said.

「 O3b は、相対的に見て費用のかかる地上局を介して、テレコムと大手モバイル・プラットフォームに、低レイテンシのブロードバンドをバルクで提供する。 その一方で、WorldVu は、いまはグリッドにアクセスできない無数の人々に、安価なリンクで接続したがっている」と、その業界関係者は述べている。 そして、最終的には、この冒険に Google も関与するだろうが、「現時点では推測も伴う」と付け加えている。

L5/WorldVu’s ambition is to succeed where previous global satellite Internet projects have failed. O3b is using Ka-band frequencies that were abandoned by the now-defunct Teledesic venture, in which more than $1 billion was invested before its backers threw in the towel.

L5/WorldVu の野望は、これまでのグローバル・サテライト・インターネット・プロジェクトが失敗した領域で、成功を収めることである。 O3b が使用している Ka-band 周波数帯域は、いまは無き Teledesic というベンチャーが放棄したものであり、その支持者たちが諦めるまでに、$1 Billion 以上が投資されている。

SkyBridge had a similar idea, but in Ku-band. It too was abandoned for lack of financing, and it is the legacy SkyBridge frequencies that L5/WorldVu proposes to use.

SkyBridge も、Ku-band においてだが、同じような考えを持っていた。 そして、あまりにも膨大な資金を必要とするため、SkyBridge が放棄したものを、L5/WorldVu が使用すると提案しているわけだ。

Youtube ⇒

The Teledesic and SkyBridge projects accomplished the key goal at ITU of securing regulatory approval for nongeostationary-orbiting satellite communications networks.

Teledesic と SkyBridge のプロジェクトは、非静止軌道衛星通信ネットワークのための、規制当局の承認を確かなものにするという意味で、ITU における主要な目標を達成している。

Both networks agreed to incorporate complicated power-flux-density adjustments so that their satellites’ frequencies would not disturb broadcasts from satellites using the same spectrum from higher geostationary orbit.

この 2つのネットワークは、複雑な電波密度の調整を組み込むことで合意していた。それにより、同じスペクトルを使用する、より高い高度の静止軌道衛星からのブロードキャストを、二社の衛星の周波数が妨害しないようになっている。

It is an issue that WorldVu will face — especially when its hundreds of satellites pass over the equator — as Ku-band is widely used by telecommunications operators who have priority rights to the same spectrum.

それは、WorldVu が直面することになる問題だ。 つまり、同じスペクトルにおいて優先権を持っているテレコム事業者が、Ku-band を広範囲で使用するにつれて生じることになる、何百もの衛星が赤道上を通過する際の問題である。

Just as important for L5/WorldVu is the dramatic decrease in prices for sophisticated satellite antennas, satellite power-generation systems and payload electronics. It is here that Teledesic and SkyBridge confronted issues that drove up the costs of the systems and ultimately forced their collapse.

また、L5/WorldVu にとって重要な事柄として、きわめて洗練された、衛星のアンテナおよび発電システムと、搭載する電子機器に関する、劇的なコストの削減が挙げられる。それこそが、Teledesic と SkyBridge の前に立ちはだかった問題であり、システムのコストをつり上げ、最終的にはプロジェクトを崩壊へと至らしめた。

“Lots of things have changed since then,” the industry official said. “Satellite technology is no longer considered black magic. Look what’s being done with Earth observation constellations like SkyBox Imaging and Planet Labs and the new generation of cubists.”

「 あれから、あらゆるものが変化した。もはや、衛星テクノロジーを魔術として捉えるべきではない。 SkyBox Imaging や Planet Labs といった、地球の観測を志す、新たな世代の台頭を見てほしい」と、前述の業界関係者は述べている。

SkyBox Imaging — a California company building a constellation of high-resolution optical Earth imaging satellites in which Google is said to be interested — and Planet Labs of San Francisco have both launched the first of their imaging satellites.

ちなみに、SkyBox Imaging とは、地上のイメージを高解像度で撮影する California の企業であり、Google が興味を示しているとされる。また、San Francisco の Planet Labs も、地上イメージを撮影するための、自身の衛星を打ち上げている。

In addition to offering limited scale economies in satellite production, smaller satellites hold out the hope for lower launch costs when measured on a per-delivered-megabit basis.

さらに言えば、配信するデータをメガビット単位で規定できるなら、その望みを叶える実用的な小型衛星を打ち上げるための、規模の経済が具体化してきているのである。

ーーーーー

とても夢のある話で、訳していてワクワクしてしまいました。 海底に設置されたケーブルと赤道上に並ぶ衛星により、多層化されたインターネット・バックボーンのメッシュが、この地球を包み込んでいくのでしょうね。 さらに言えば、より低軌道に浮かぶ衛星やドローンなどを介して、地上に網を張りにくいアフリカや南米などにも、インターネット接続を提供するという流れが、さらに加速していくかもしれません。また、Google に関しては、この記事がポストされた直後の 6月に、Skybox Imaging という衛星スタートアップを買収しているので、なんらかの方針の変更が生じているのかもしれません。 Elon Musk の SpaceX も含めて、2015年は衛星に関する動向も追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!

Posted in .Selected, DevOps, Facebook, Mobile, Network, Post-PC by Agile Cat on December 11, 2014

Facebook Mobile Drops Pull For Push-based Snapshot + Delta Model
http://wp.me/pwo1E-85F
Monday, October 20, 2014
http://highscalability.com/blog/2014/10/20/facebook-mobile-drops-pull-for-push-based-snapshot-delta-mod.html

We’ve learned mobile is different. In If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong we learned programming for a mobile platform is its own specialty. In How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks we learned bandwidth on mobile networks is a precious resource.

私たちは、モバイルが別の世界のものであることを学んできた。If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong では、モバイル・プラットフォームのためのプログラミングが、独特のものであることを知った。そして、How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks では、モバイル・ネットワークの帯域幅が、きわめて貴重なリソースであることを学習した。

Given all that, how do you design a protocol to sync state (think messages, comments, etc.) between mobile nodes and the global state holding servers located in a datacenter?

それら、すべてのことを考慮して、ステート(メッセージやコメントなど)をシンクさせるためのプロトコルを、どのようにデザインすべきなのだろうか? ここでは、複数のモバイル・ノードと、データセンターのサーバーに置かれたグローバル・ステートの、同期について考えていく。

Facebook recently wrote about their new solution to this problem in Building Mobile-First Infrastructure for Messenger. They were able to reduce bandwidth usage by 40% and reduced by 20% the terror of hitting send on a phone.

最近のことだが、Facebook の Building Mobile-First Infrastructure for Messenger というポストにおいて、この問題に関する彼らの新しいソリューションが紹介されている。それによると、帯域幅の使用率が 40% まで、そして、スマホでの送受信を阻害する要因が 20% まで、削減できたという。

That’s a big win…that came from a protocol change.

それは、素晴らしい成功体験であり、また、プロトコルの変更にもたらされたものである。

<関連> Facebook が語るモバイル・チューニングの極意

Facebook Messanger went from a traditional notification triggered full state pull:

The original protocol for getting data down to Messenger apps was pull-based. When receiving a message, the app first received a lightweight push notification indicating new data was available. This triggered the app to send the server a complicated HTTPS query and receive a very large JSON response with the updated conversation view.

Messenger がデータをダウンロードする際の、オリジナルのプロトコルは Pull ベースのものであった。 このアプリはメッセージを受信するとき、新しいデータがあることを示す、ライトウェイトなプッシュ通知を最初に受信する。それは、アプリに対するトリガーであり、その結果として、サーバーへ向けて複雑な HTTPS クエリーを送信し、また、アップデートされた会話を取り込んだ、きわめて大規模な JSON レスポンスを受信することになる。

To a more sophisticated push-based snapshot + delta model:

Instead of this model, we decided to move to a push-based snapshot + delta model. In this model, the client retrieves an initial snapshot of their messages (typically the only HTTPS pull ever made) and then subscribes to delta updates, which are immediately pushed to the app through MQTT (a low-power, low-bandwidth protocol) as messages are received. When the client is pushed an update, it simply applies them to its local copy of the snapshot. As a result, without ever making an HTTPS request, the app can quickly display an up-to-date view.

私たちは、前述のモデルに代えて、Push ベースの SnapShot + Delta モデルに移行することを決めた。 この新しいモデルでは、クライアントは自身のメッセージに関する、イニシャルの SnapShot を取得する(一般的には、これまでの HTTPS Pull のみとなる)。 続いて、Delta アップデートが読み込まれるが、それはメッセージを受信した直後に、MQTT(リソースと帯域において負荷の少ないプロトコル)を介してアプリに Push されるものである。また、クライアントからアップデートが Push されるときには、ローカルに保持される SnapShot に、その内容がコピーされる。その結果として、これまでのような HTTPS リクエストを必要とすることなく、アプリはアップデートされたビューを表示できるようになる。

We further optimized this flow by moving away from JSON encoding for the messages and delta updates. JSON is great if you need a flexible, human-readable format for transferring data without a lot of developer overhead. However, JSON is not very efficient on the wire. Compression helps some, but it doesn’t entirely compensate for the inherent inefficiencies of JSON’s wire format. We evaluated several possibilities for replacing JSON and ultimately decided to use Thrift. Switching to Thrift from JSON allowed us to reduce our payload size on the wire by roughly 50%.

さらに、私たちは、メッセージと Delta アップデートから、JSON エンコーディングを切り離すことで、このフローを最適化した。もし、開発者のオーバーヘッドを最低限に抑えたかたちで、ヒューマン・リーダブルで柔軟なデータ転送を実現するなら、JSON は素晴らしいソリューションとなる。しかし、JSON における送受信の形式は、きわめて効率が悪い。 圧縮により、いくつかの問題は解決するが、JSON の固有の非効率性を、完全に補完することは不可能だ。私たちは、JSON を置き換えるための、いくつかの可能性について評価し、最終的には Thrift を使用することにした。JSON から Thrift へ移行することで、転送における実質的なサイズを、およそ 50% に低減できた。

On the server side Facebook also innovated:

Iris is a totally ordered queue of messaging updates (new messages, state change for messages read, etc.) with separate pointers into the queue indicating the last update sent to your Messenger app and the traditional storage tier. When successfully sending a message to disk or to your phone, the corresponding pointer is advanced. When your phone is offline, or there is a disk outage, the pointer stays in place while new messages can still be enqueued and other pointers advanced. As a result, long disk write latencies don’t hinder Messenger’s real-time communication, and we can keep Messenger and the traditional storage tier in sync at independent rates. Effectively, this queue allows a tiered storage model based on recency.

Iris は、メッセージングのアップデート(新しいメッセージやメッセージ・リードによるステートの変化など)で用いる順列キューのことであり、Massenger アプリに送信された最新のアップデートと、伝統的なストレージ階層において、別々のポインタを持つことが可能になっている。ディスクおよびスマホへのメッセージ送信が成功すると、それに対応するポインタが前進する。もし、スマホがオフラインであったり、ディスクに障害が発生した場合には、対象となるポインタを所定の位置に留めながら、新しいメッセージをキューに保持し、他のポインタを前進させることができる。その結果として、ディスクへの書き込みなどの、大きなレイテンシが発生しても、Messenger のリアルタイム通信を妨げることはない。 そして、Messenger のレベルと伝統的なストレージ階層を、それぞれの頻度で同期させることも可能だ。このキューの効率性により、新しい階層型ストレージ·モデルが実現する。

Delta based syncing strategies are very common in Network Management systems where devices keep a north bound management system in sync by sending deltas. The problem with a delta based approach is it’s easy for clients to get out of sync. What if changes happen at a rate faster than than deltas can be moved through the system? Or queues get full? Or the network drops updates? The client will get out of sync and it won’t even know it. Sequence numbers can be used to trigger a full sync pull if there’s an out of sync situation.

Delta ベースの同期ストラテジーは、ネットワーク・マネージメント・システムにおいて、きわめて一般的なものである。 そこでは、デバイスが Delta を送信することで、上位階層のマネージメント・システムとの同期を維持する。 Delta ベースのアプローチにおける問題点は、その同期のメカニズムから、クライアントが容易に逸脱してしまうことである。 何らかの変更が Delta よりも速く、対象となるシステムを介して移動することが、実際に起こり得るだろうか? また、キューが溢れると、どうなるだろうか? さらに言えば、ネットワーク上でアップデートが失われたら、何が起こるだろうか? いずれにせよ、クライアントは同期から逸脱し、起こっていることを知ることもできない。そのような場合には、シーケンス・ナンバーを用いる。 それにより、完全な同期を引き起こし、同期から逸脱している状況を解消できる。

It’s also good to see Facebook got rid of JSON. The amount of energy and bandwidth wasted on moving and parsing fat JSON packets is almost criminal.

Facebook が JSON から離れることは、別の観点でも歓迎すべきことだ。このような巨大なシステムが、重たい JSON パケットを解析して転送するために、膨大なエネルギーと帯域幅を消費することは、きわめて罪作りなことでもあるのだ。

ーーーーー

先日にポストした「Facebook が語るモバイル・チューニングの極意」に続いて、今回も Todd Hoff さんの記事を紹介することができました。途上国におけるモバイル通信の状況を前提とした、ストレスを最小限に抑えた環境を提供したいという、Facebook の一貫したストラテジーが見えてきますね。 ただ、これは、途上国だけの問題ではなく、たとえば日本においても、モバイル・トラフィックの大幅な削減という、大きなメリットをもたらすはずです。 そして、私たちが使用している大半のサービスは、① モバイル・デバイス、② モバイル・インターネット環境、③ バックエンド・テクノロジー、④ データセンター・インフラのバランスの上に成り立っているわけですが、とりわけ途上国においては、① と ② のケアが不可欠なのでしょう。

ーーーーー

<関連>

iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!
Facebook に続け : 10億に挑む Android と iOS

%d bloggers like this: