Agile Cat — in the cloud

Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信! これは便利だ!

Posted in .Selected, Google, Mobile, WhatsApp by agilecat.cloud on July 30, 2015
You can now use Google Now to dictate messages on WhatsApp
Micah Singleton – July 28, 2015
http://www.theverge.com/2015/7/28/9057923/google-now-dictate-messages-whatsapp-viber-wechat
 
_ verge
 
Google is rolling out an update to Google Now that will allow you to dictate and send messages through a number of popular third-party messaging apps including WhatsApp, the company announced in a blog post.
 
Google Now の、新しいバージョンが展開されている。このバージョンでは、Google Now 上での指示により、WhatsApp などのサードパーティ・アプリを立ち上げ、Now の音声認識を介してテキスト化したメッセージを、それらのメッセージとして送信できるようになると、Google はブログ・ポストでアナウンスしている。
 
Googls Plus and WhatsAppGoogle Now will also send messages through Viber, WeChat, Telegram, and NextPlus
 
WeChat, Viber, Telegram, and NextPlus are the other initial third-party services that Google Now will be able to send messages through. Simply say “Ok Google, send a WhatsApp message to Tom,” and Google will render and send the message through the proper service.
 
Google Now がサポートすることになる、その他のサードパーティ・サービスとしては、WeChat/Viber/Telegram/NextPlus などが、第一陣として発表されている。単に[OK Google」と言い、[send a WhatsApp message to Tom]と続ければ、その音声が Google によりレンダリングされ、指定されているサービスを介したメッセージとして送信される。
 
whatsapp2.0The feature is currently only available in English, but Google says it will be adding more languages and more apps in the future. This is just the latest step in Google’s attempt to turn Google Now into your true personal assistant, and it’s a smart move. Google is consistently improving and adding features to Google Now, at a faster rate than Microsoft is with Cortana, and much faster than Apple has with Siri. At this rate, it won’t be a competition for much longer.
 
現時点において、この機能は英語のみに対応しているが、より多くの言語とアプリケーションに取り組んでいくと、Google は述べている。この試みは、Google Now をパーソナル・アシスタントにするための、最も新しいステップであり、とてもスマートなものである。Google は Now に対して、一貫性のある改善を施し、また、新しい機能を追加している。 そのスピードは、Microsoft の Cortana よりも速く、Apple の Siri と比べると、さらに速いものとなっている。このスピードで Google が突き進むと、そろそろ競争も終わるのかと思えてくる。
 
ーーーーー
google-55aこれはイイですね! じつは、Android には ListNote Speech-to-Text Notes というアプリがあり、これを使うと Now の音声認識結果をテキストにして、他のアプリにリダイレクトすることが可能なのです。 けっこう便利で面白いので、街を歩きながら Facebook メッセージを作るときなどに、たまに利用しています。 それが、Now のネイティブ機能として提供されるのですから、必ず使いやすくなるはずです。でも、いま調べたら、ListNote Pro という有償バージョンを買っていました。 そんなこんなで、Agile Cat にとっては、嬉しくて悔しい Google Now です :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?
Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google Now が iOS に侵攻 : Siri なんて単なるジョークだ
 

Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Huawei, Hybrid, Network, Strategy, Web Scale by agilecat.cloud on July 28, 2015
Huawei’s Johor regional cloud centre off to running start
AvantiKumar – July 9, 2015
http://mis-asia.com/resource/cloud-computing/huaweis-johor-regional-cloud-centre-off-to-running-start/
_ MIS
 
Chinese ICT firm Huawei, which recently launched its first Asia Pacific Digital Cloud Exchange in Iskandar, Johor, to help drive Malaysia’s regional ambition, has announced that several new projects are already off to a strong start.
 
China の ICT 企業である Huawei は、最近になって Malaysia の Iskandar, Johor に、同社の Asia Pacific Digital Cloud Exchange 構想における最初の拠点を立ち上げ、また、いくつかの新しいプロジェクトが順調に進んでいることを発表した。
 
CES_2012_-_HuaweiHuawei Malaysia chief executive officer Abraham Liu said the new initiatives included global mobile game distributor Uzone Games’ launch of its Mini 4WD game in Malaysia as well as Les’ Copaque Production, which owns Upin & Ipin, will provide digital content to the Asia Pacific region from the Huawei Digital Cloud Exchange in Iskandar.
 
Huawei Malaysia の CEO である Abraham Liu は、Malaysia で Mini 4WD ゲームを立ち上げた Uzone Games や、Upin & Ipin というゲームを所有する Les’ Copaque Production といった企業を、この新たな取り組みが後押しすると述べている。 つまり、それらのデジタル・コンテントが、Iskandar の Huawei Digital Cloud Exchange から、Asia Pacific リージョンへ向けて配信されていくことになる。
 
“As one of the fastest growing markets in the region, we are pleased to open our first Data Hosting Centre, the Huawei Digital Cloud Exchange, in Malaysia. Our investment in this facility is a major milestone in making Malaysia our regional business gateway,” said Liu, during the launch ceremony, which was officiated by Malaysian deputy prime minister, YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin and Wu Zhengping, the Economic and Commercial Counsellor at the Embassy of People’s Republic China in Malaysia.
 
そして  Abraham Liu は、「このリージョンにおける Malaysia は、最速で成長していると思えるマーケットであり、そこに最初の Data Hosting Centre を、つまり Huawei Digital Cloud Exchange をオープンできて嬉しく思う。このファシリティへの投資は、Malaysia をビジネス・ゲートウェイにするという意味で、きわめて重要なマイルストーンになる」と、今回の立ち上げに関するセレモニーで発言している。なお、このセレモニーは、Malaysia の副首相および、YAB Tan Sri Dato の HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin、そして、China 大使館の Economic and Commercial Counsellor である Wu Zhengping により主催されている。
 
“Malaysia’s investment-friendly policies, its skilled workforce and geographic advantages underline our confidence in the country’s potential as a Regional Digital Cloud Exchange,” he said.
 
Abraham Liu は、「Malaysia の投資に寛大な政策、洗練された労働力、そして地理的な利点は、Regional Digital Cloud Exchange を構築する上で、私たちの大きな自信となる」と、述べている。
 
In addition, Huawei signed memorandums of understanding (MoUs) with Uzone Games, Les’ Copaque Production, M-Mode Mobile and Elite Entertainment to promote digital business and with Universiti Teknologi Malaysia to encourage academia and industry collaborations.
 
さらに Huawei は、デジタル・ビジネスを促進するために、Uzone Games および Les’ Copaque Production、M-Mode Mobile、Elite Entertainment と MOU を交わし、また、Universiti Teknologi Malaysia と産学連携を推進している。
 
ICT convergence
 
Liu said the regional data hosting centre stemmed from an October 2013 agreement with government investment body Khazanah Nasional,
 
Abraham Liu が言うには、このリージョンにおける Data Hosting Center について、政府系の投資組織である Khazanah Nasional との契約は、2013年10月から生じている
 
Huaweis_Digital_Cloud_Exchange_JohorPhoto – YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin, Deputy Prime Minister of Malaysia visiting Huawei’s Digital Cloud Exchange Centre at Bandar Medini, Iskandar, Johor.
 
He said ICT convergence in the world will “continue to be the enabler in driving a new round of exponential growth across industries. By 2020, there will be 4.6 billion mobile users and 5.9 billion smartphones. One hundred (100) billion connections will be made and mobile market size will be over US$3.9 trillion.”
 
世界 の ICT コンバージェンスに関して、「 業界における指数関数的な成長が、新しいラウンドの推進を実現し続けるだろう。2020年までに、46億人のモバイル・ユーザーと、59億台のスマートフォンが、この世界に溢れることになる。そして、全体で 1000億のコネクションが存在することになり、モバイル市場の規模は US$3.9 trillion を超えることになる」と、彼は述べている。
 
Huawei’s Asia Pacific Cloud Exchange in Iskandar has aggregated more than 2,100 partners worldwide and more than 200,000 pieces of digital contents, including digital music, mobile game, video, open Application Program Interface (API), traffic monetisation, B2B cloud, and M2M.
 
Iskandar における Huawei の Asia Pacific Cloud Exchange は、世界中から 2100社以上のパートナーを集めることになる。そして、Digital Music/Mobile Game/Video/Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M などが、20万種類以上といわれるデジタル・コンテンツを構成することになる。
 
“Huawei’s Digital Cloud Exchange will not only help nurture Malaysia’s creative content and the vast pool of local talent and but also create a productive and innovative digital market worth billions of USD. We are keen on partnering with the public and private sectors to turn this vision into reality,” added Liu.
 
「Huawei の Digital Cloud Exchange は、Malaysia のデジタル・コンテントをもたらし、人材の育成を大規模に展開するだけではなく、そのデジタル・マーケットの生産性を、Billions of USD レベルへと引き上げていく。そのビジョンを実現するためにも、私たちは官民との提携を熱望している」と、Liu は付け加えている。
 
“We are grateful for the enormous support from the Malaysian government that continues to encourage a partnership approach with investors. Their policies and approach to foreign investment make investing in Malaysia win-win proposition. We are happy to share our experiences with other investors looking to expand to Malaysia,” he said.
 
「 私たちは、投資家とのパートナーシップを奨励し続けてくれる、Malaysia 政府の多大な支援に感謝している。私たちのような外資に対する、同政府のポリシーとアプローチが、Malaysia との Win-Win 関係をもたらす。そして、私たちは、Malaysia を成長させようとする、その他の投資家とも、これまでの経験を喜んで共有したい」と、彼は締め括っている。
 
ーーーーー
_ Huaweiこの記事を読む限り、Huawei の Cloud Exchange には Digital Music/Mobile Game/Video だけではなく、Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M なども含まれるということですから、Equinix の対抗馬として捉えられるのかもしれません。 しかし、その一方で、Huawai は通信機器メーカーであり、クラウド・プロバイダーではないという認識もあります。 そして、China Tech News を見ていたら、Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin というポストを見つけたのですが、それによると、Huawei がクラウド・プロバーイダーとして Aliyun と競合していくようです。 ほんとうにアジアの動きはダイナミックだと、あらためて認識しました。 なお、文中にある、マレーシアでの実績というのは、China Mobile の動きと絡んだものなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 24, 2015
As Colocation Market Consolidates, Who Are the Market Leaders?
Guest Author – June 29, 2015
http://www.datacenterjournal.com/colocation-market-consolidates-market-leaders/
 
_ Data Center Journal
 
New Q1 data from Synergy Research Group shows the leaders in the worldwide colocation market, with Equinix generating the most colocation revenue and achieving a 9.5% market share. It is followed by Digital Realty, NTT, Verizon, CenturyLink, KDDI, Global Switch and China Telecom.
 
Synergy Research Group が、2015年 Q1 におけるグローバル・コロケーション市場を、Equinix がリードしている状況を伝えている。同社は、その売上の大半をコロケーションから得ることで、9.5% というマーケット・シェアを達成している。そして、Equinix を追いかける存在として、Digital Realty および、NTT、Verizon、CenturyLink、KDDI、Global Switch、China Telecom などを挙げている。
 
An UK Data CenerFlicker
Cory Doctorow
 
The top twelve ranking features six colocation specialists and six telcos, though four of those telcos have achieved their standing in large part via the acquisition of companies that had substantial colocation product lines. It is particularly notable that market consolidation continues to play a large part in the market, with the top three companies all being active participants.
 
この Top-12 ランキングは、コロケーションに特化した 6つの事業者と、テレコムを主体とする 6つの事業者により構成されている。ただし、以下のテレコム事業者のうちの 4社は、大規模なコロケーション・プロダクト・ラインを所有する企業を買収することで、現在のポジションを確立している。ここで注目すべきことは、このマーケットにおいて統廃合が、大きな役割を果たし続けているという現実である。 それは、Top-3 である Equinix/Digital Reality/NTT が、積極的に展開している戦略でもあるのだ。
 
Equinix is in the process of acquiring tenth ranked TelecityGroup; Digital Realty is reportedly seeking to acquire top 20 player Telx; and NTT has just closed the latest in a series of data center and cloud-oriented investments, having acquired a majority stake in EMEA wholesale colocation specialist e-shelter.
 
具体的に言うと、Equinix は、10位にランクされている TelecityGroup を、買収するプロセスにある。Digital Reality は、20位にランクされている Telx を買収するようだ。そして NTT は、データセンターとクラウドへ向けた投資を継続しており、直近では EMEA の卸売コロケーション事業者である e-shelter の、50% 以上の株式を取得したばかりである。
 
Colocation Market LeaderClick to Large
 
In aggregate the top twelve colocation providers account for almost 40% of the total worldwide market. There is then a long tail of smaller providers, each with 1% or less market share. Nine of the top twelve colocation providers generate the bulk of their revenues from retail colocation, while three are focused primarily on wholesale. This split reflects the segmentation of the colocation market, where retail revenues outstrip wholesale revenues by a factor of over three to one.
 
この、Top-20 コロケーション・プロバイダーを合計すると、グローバル・マーケットの約 40% を占めることになる。それに続く、小規模プロバイダーは、いずれも 1% 以下のマーケット・シェアを持つという、ロングテールの様相を示している。Top-12 コロケーション・プロバイダーのうち、小売コロケーションから大半の収入を得ているのは 9社であり、また、卸売コロケーションにフォーカスしているのは 3社となる。この分類は、コロケーション市場におけるセグメントを反映するものであり、小売が卸売に対して、約 3倍の売上高を達成していることが分かる。
 
“There is no doubt that we will see further consolidation in the colocation market over the next five years,” said John Dinsdale, a Chief Analyst and Research Director at Synergy Research Group. “An ever-larger portion of the market is driven by service provider clients rather than enterprises, and this is helping fuel a need for both scale and breadth of geographic footprint. While they carry some risks, acquisitions are much faster than organic build in achieving the desired scale.”
 
Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は、「 これからの 5年間において、さらなる統廃合が、このコロケーションで必ず生じるだろう。その背景には、このマーケットの大半が、エンタープライズではなくサービス・プロバイダーにより、推進されているという現実がある。また、規模的/地理的な要因が、その傾向をさらに加速している。その一方で、それらの事業者は、いくつかのリスクを背負っている。つまり、必要とされるスケールを得るためには、自前による構築よりも、統廃合の方が話しが早いということだ」と述べている。
ーーーーー
datacenter_55以前に「コロケーション の世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する」という抄訳で、2014年の比較について紹介しましたが、小売と卸売の比較までをカバーする比較は初めて見ました。そして、卸売に関しては Digital Realty  Global Switch のカテゴリが、Cloud News Asia にありますので、ご興味のある方は、そちらをご覧ください。 また、2013年に Open IX を調べたときに、DuPont に関する情報も拾っていました。 それと、Equinix カテゴリ もありますので、ご利用ください。 このマーケットは、どのように動いていくのでしょうかね? 興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!
 

Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 15, 2015
Ericsson forecasts LTE subscriptions to increase seven-fold by 2020
Scott Bicheno – June 3, 2015
http://telecoms.com/424181/ericsson-forecasts-lte-subscriptions-to-increase-seven-fold-by-2020/
 
_ telecoms
 
Networks giant Ericsson has published its latest Mobility Report, in which it forecasts massive LTE subscriber growth over the next five years, as well as an IoT explosion.
 
ネットワーク・ジャイアントである Ericsson が、最新の Mobility Report を発行した。そこでは、今後の 5年間において、LTE と IoT が爆発的に成長すると予測されている。
 
ーーーーー
 
Ericsson-june-report-0
 
Ericsson measures traffic from over 100 networks around the world and collates this data in its quarterly report. Inevitably there is a lot of data, much of which Ericsson extrapolates into forecasts, and it offers a regular barometer of how things are going in the comms world.
 
Ericsson だが、世界を網羅する 100 のネットワークからトラフィックを抽出し、また、同社の四半期レポートに、それらの測定データが並べている。必然的に膨大なデータとなっているが、その大半をベースに、Ericsson は推測を行なっている。そして、このコミュニケーションの世界で起こっている事象について、規則的な(時間軸に基づく)バロメーターを提示している。
 
Among the headline numbers were the forecast that 70% of the global population will be using smartphones by 2020, resulting in a doubling of global smartphone subscriptions in that period. This trend, as with most in the report, will be primarily due to growth in developing regions such as APAC and Africa, where there is still a lot of latent demand.
 
その見出しにおいて予想されているのは、2020年までに、世界人口の 70% に相当する人々が、スマートフォンを使用するという点である。つまり、それまでの間に、グローバルにおけるスマートフォン・サブスクリプションが、2倍に増加すると結論づけている。 このレポートの随所で触れられている拡大のトレンドは、依然として潜在的な需要を残している APAC や Africa などの、発展途上地域の成長からもたらされている。
 
Ericsson-june-report-1Developing countries are also the main drivers of current overall mobile subscriber growth, with India alone accounting for a quarter of the 108 million new subscribers in Q1 2015. China is second on 8 million, but is a more mature mobile market than India. A surprising third is Myanmar with 5 million adds, which represented around 10% of the total population.
 
また、それらの途上国は、モバイル全体におけるサブスクリプションを増加させる、主だった要因でもある。具体的に言うと、2015年 Q1 における新規サブスクライバーは 1億800万人であるが、その 1/4 を India だけで占めてる。第二位は 800万人の China であるが、India と比べて、同国は成熟したモバイル市場を有している。驚くべきことに、第三位は Myanmar であり、その総人口の約 10% に相当する 500万人が、新規サブスクライバーになっている。
 
Ericsson-june-report-2While LTE is already a reality in many developed markets, it’s still in its relative infancy globally. Ericsson says there were around 500 million LTE subscriptions in 2014, but expects this to leap to 3.7 billion by 2020. Even then LTE will still account for the minority of a forecast 9.2 billion total mobile subscriptions (note an individual can have more than one subscription) in 2020. Note Ericsson expects there to already be a small number of 5G subscriptions by 2020.
 
先進国のマーケットにおいて、すでに LTE は現実のものとなっているが、世界のマーケットで捉えると、相対に見て初期段階にある。Ericsson のコメントによると、2014年の段階で、約 5億人の LTE サブスクライバーがいるが、2020年までに 37億人へと飛躍することになる。しかし、2020年における総モバイル・サブスクリプションは 92億であるため、そこまで到達しても LTE は少数派となる(注記:とりわけ先進国においては、一人の個人が複数のサブスクリプションを持つようになる)。 また、2020年の時点で、少数ではあっても、5G サブスクリプションが存在すると、Ericsson は指摘している。
 
Ericsson-june-report-3
 
One other interesting nugget was Ericsson’s forecast for the growth of IoT devices. While fixed-line phones are in slow decline and little growth is expected from phones, tablets and PCs, Ericsson is expecting connected consumer electronics and especially M2M devices such as smart meters and connected cars to increase rapidly and account for a far greater proportion of connected devices in 2020 than they do now. Finally, all this increased activity is expected to lead mobile data traffic to increase 13x between 2014 and 2020.
 
その一方で、Ericsson の予測における興味深いデータは、IoT デバイス数の成長である。固定ラインは緩やかに減少し、スマホ/タブレット/PC などは緩やかに成長すると予想されるが、インターネット接続された家電およびスマート·メーターや、車載の M2M デバイスなどが急激に増大すると、Ericsson は予測している。2020年におけるインターネット人口は、現在よりも増大しているはずであるが、IoT 接続の数は、それをも上回るものになるだろう。結論として、このように増大していくアクティビティの積み上げにより、モバイル・データ・トラフィックは 2014年から2020年の間で、13倍に膨れ上がると予測されている。
 
Ericsson-june-report-4
 
“This immense growth in advanced mobile technology and data usage, driven by a surge in mobile connectivity and smartphone uptake, will make today’s big data revolution feel like the arrival of a floppy disk,” said Rima Qureshi, Chief Strategy Officer at Ericsson. “We see the potential for mass-scale transformation, bringing a wealth of opportunities for telecom operators and others to capture new revenue streams. But it also requires greater focus on cost efficient delivery and openness to new business models to compete and remain effective.”
 
Ericsson の Chief Strategy Officer である Rima Qureshi は、「モバイル接続とスマートフォンの急増により、さらにモバイル・テクノロジーが先鋭化し、データ使用量の増大という現象を引き起こす。したがって、未来の私たちは、今日における Big Data 革命の存在を、フロッピー・ディスクの到来のように捉えるだろう。きわめて大規模な変革が起こるという予兆を、私たちは確認している。テレコム事業者には機会の富がもたらされ、その周囲には新たな収益の流れが生じる。しかし、コスト面においては効率に配慮した配信が要求され、また、競争と効率と維持していくための、開放的で新しいビジネス・モデルも要求されるだろう」と述べている。
 
ーーーーー
research_55タイトルにある、LTE における 7倍の成長を示しているのは、3番目のチャートのグルーンの部分です。また、2番めのチャートを見ると、2015年 Q1 だけで、世界のモバイル・サブスクリプションは1億ほど増えていますが、APAC/インド/中国の合計が、そのうちの 6000万を占めている状況が見えてきます。 さらに、4番目のチャートで伸びているのは、グリーンの M2M であり、IoT の成長と同期しているわけです。 それにしても、モバイルの成長は、まだまだ止まりませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さをチャートで!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場の勢力図をチャートで!
Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、10位に Micromax が大躍進!
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?

Posted in .Selected, Apple, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 9, 2015
It looks like Apple Watch sales are tanking
Lisa Eadicicco – July 7, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-watch-sales-estimates-2015-7
 
_ Business Insider
 
Apple hasn’t revealed specific sales figures for the Apple Watch since its launch in April.
 
Apple は、4月に Apple Watch を発売しているが、これまでのところ、具体的な販売台数を明らかにしていない。
 
However, analytics firm Slice Intelligence has pulled together some data that claims to give us an idea of what sales have been like over the past few months. And it doesn’t look good.
 
そこで、調査会社である Slice Intelligence が、これまでの数ヶ月における販売量を推測するために、いくつかのデータを寄せ集めて提示している。 しかし、その結果は、決して良いものとは言えない。
 
apple-watchBusiness Insider
 
Slice Intelligence shared a chart with Business Insider that shows how sales have progressed day-by-day from mid-April through the beginning of July.
 
Slice Intelligence が Business Intelligence と共有したチャートが、4月中旬から 7月上旬までの間で、どのように販売量が推移したのかを示している。
 
On April 13, Apple was selling about 35,000 watches per day, according to Slice. But that number has dipped significantly since then. On July 2, Apple sold more than 5,000 Apple Watches per day, the chart indicates.
 
Slice によると、Apple は 4月13日だけで、約 35,000台の Watch を販売している。しかし、それ以降は、販売台数を大きく減らしている。そして、7月2日の時点では、Apple Watch の販売台数が、5000台強に停滞している状況を、このチャートは示している。
 
It seems as if there’s been a steady decline in day-by-day sales except for a few noticeable spikes, such as one on June 2, which you’ll notice in the chart below.
 
たとえば、6月2日などにあるような、いくつかの顕著なピークを取り除いてみると、Apple Watch の勢いが日に日に、着実に減少しているかのように思えてくる。以下のチャートをみれば、誰もが、それに気づくだろう。
 
apple watches sold by day
Slice Intelligence
 
Slice Intelligence bases these numbers on e-receipt data it received from its panel of 2.5 million online shoppers in the U.S.
 
Slice Intelligence が推測の根拠にしているのは、アメリカのオンライン・ショッピング顧客から集めた、約 250万件の電子レシート・データである。
 
The data may not be perfect, but it backs up what some Wall Street analysts have previously said about the Apple Watch. In a note to clients, Andy Hargreaves from Pacific Crest wrote that “store visits, Google search volume, third-party data and recent supply checks all suggest demand for Apple Watch has fallen sharply from initial levels.”
 
このデータは完璧なものとは言えないが、何人かの Wall Street アナリストたちが、以前に Apple Watch を評していた内容を、裏付けるものにはなっている。 Pacific Crest の Andy Hargreaves は、自身のクライアントへ向けて発信したノートで、「リアルな店舗、および、Google 検索のボリューム、サードパーティ・データ、最近のサプライ・チェックといった、すべてのデータが示唆するのは、Apple Watch の需要が当初の水準から、大幅に下落している状況だ」と述べていたのだ。
 
Apple has remained quiet when it comes to sales numbers for the Apple Watch. It didn’t issue a press release to announce opening weekend sales like it does with the iPhone, but Slice Intelligence previously estimated that there were 1 million orders for the Apple Watch in its first weekend on the market.
 
そして Apple はというと、Watch の販売数に関して沈黙している。つまり、iPhone のときに行うような、オープンニング・ウィークの売上高を発表する、プレス・リリースを発行していないのだ。そして、Slice Intelligence は、最初の週末における Apple Watch は、約 100万の注文を受けていただろうと、以前に推定していた
 
When Re/code’s Walt Mossberg asked Apple’s Jeff Williams how many watches have been sold, Williams replied: “A lot, but not enough. The only number I’ll give you is that demand divided by supply is greater than one, and so that’s all I’ve got for you, Walt. It’s a lot.”
 
Re/code の Walt Mossberg が、Apple の Jeff Williams に販売量を質問したとき、「それなりであるが、十分ではない。いまの時点で伝えられる数字は、需要が供給を上回っているという点だけだ。 それが、君に伝えられる、すべてだ。 足りないことはないだろう」という回答があった。
 
Apple declined to provide comment for this story.
 
Apple は、この件について、コメントを拒否している。
 
ーーーーー
appleこのチャートですが、パッと見で、ジリ貧という感じがしてしまいます。 また、悪いことに、ギリシャのデフォルトと、中国の株価暴落が重なり、Apple Watch でも買ってみようと思うような金持ちが、それどころでは無くなっているような気もします。 たしか、今週の月曜日だっと思いますが、大江戸線に乗ったら、中国人のご夫婦がゴールドの iPhone 6 Plus で、一生懸命に株価をチェックしていました。 三人の子どもたちは iPad mini で遊び、それをメイドさんが見守るという一行でした。 彼らの脇で LG G2 mini を触っていましたが、その時の光景が、いまという時代を切り取るスナップ・ショットとして、鮮明に焼き付いています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
Apple Watch に 似合いそうな、11種類のアプリとは?
Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる?

富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Posted in .Selected, Asia, Citrix, Google, Post-PC by agilecat.cloud on July 7, 2015
Fujitsu, Google collaborate on managed Chromebook Services delivery
Peter Dinham – July 07, 2015
http://www.itwire.com/business-it-news/enterprise-solutions/68556-fujitsu-google-collaborate-on-managed-chromebook-services-delivery
 
_ IT Wire
 
Fujitsu has teamed up with Google to deliver an enterprise-grade managed service offering in Australia and New Zealand that it says leverages the flexibility, simplicity and security of the Chrome platform (Chromebooks and Chromeboxes).
 
Fujitsu は Google と提携し、 Australia と New Zealand において、エンタープライズ・グレードのマネージド・サービスを提供しようとしている。つまり、それにより、Chrome プラットフォーム(Chromebook と Chromeboxes)の柔軟性/簡潔性/安全性を、エンタープライズのために活用しようと目論んでいるのだ。
 
ーーーーー
 
Under the partnership, the Fujitsu Managed Chromebook Service will equip organisations with a flexible, scalable and cost effective solution to employee mobility, comprehensively controlled by Fujitsu’s managed services.
 
このパートナーシップの下で、Fujitsu Managed Chromebook Service が顧客に提供するのは、従業員のためのモバイビリティを、Fuhitsu のマネージド・サービスで包括的に制御するための、柔軟性/拡張性/経済性に富んだソリューションとなる。
 
Fujitsu ChromebookThe Managed Chromebook Service is closely aligned with Fujitsu’s Virtual Workplace Solution, which will allow Chromebook users to access their traditional applications and data via virtual desktop technology. Fujitsu partners with Citrix to deliver the service.
 
この Managed Chromebook Service は、Fujitsu の Virtual Workplace Solution と密接に連携している。それにより、対象となる Chromebook ユーザーたちは、仮想デスクトップ・テクノロジーを介して、レガシーなアプリケーションやデータにアクセス可能となる。 なお、この種のサービスに関して、Fujitsu は Citrix と提携している。
 
Phil Dean-Jones, Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC, at Citrix, said, “As more and more Citrix customers move to cloud-based delivery of Windows Desktops and Applications, Fujitsu is a key Service Provider with a track record for hosting Citrix and managing these migrations across Australia and the world.
 
Citrix の Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC である Phil Dean-Jones は、「 Citrix における数多くの顧客が、Windows のデスクトップとアプリケーションを、クラウド・ベースで供給し始めている。それにつれて Fujitsu は、Citrix ホスティングに関する実績を積み上げ、また、Australia とグローバルで一連のマイグレーションを管理するという、きわめて重要な Service Provider となっている」と述べている。
 
“Momentum for Chromebooks has been building and the cost benefits are clear, however the first question asked by customers is ‘what about my Windows applications?’ which is why Citrix released our Receiver for Chromebook in 2013.
 
「Chromebook は勢いを生み出しており、そのコスト・メリットも明確である。しかし、顧客たちは、「私の Windows アプリケーションは、どうなる?」と、最初に必ず聞いてくる。そこに、2013年の時点で Citrix が、Chromebook レシーバをリリースした理由がある」
 
“We see the new Fujitsu Managed Chromebook Service as the next step for these devices, as the Chromebook gains mainstream business attention, now backed in Australia by a Tier 1 Citrix Service Provider in Fujitsu.”
 
「 Chromebook がビジネスのメインストリームで注目を集めるにつれて、一連のデバイスにおける次のステップとして、この新しい Fujitsu Managed Chromebook Service が必要になると、私たちは認識している。Australia においては、Fujitsu の Tier 1 Citrix Service Provider により、その試みが促進されているのだ」
 
The Fujitsu Managed Chromebook Service enables customers to select the Chromebook of their choice.  When combined with a Citrix virtual desktop or application environment, Dean-Jones says the service provides a versatile, highly secure and well managed client computing solution with seamless access to both Windows and Web based applications for the enterprise.
 
この Fujitsu Managed Chromebook Service により、顧客たちは自らの選択肢として Chromebook を取り上げることが可能になる。そして、このサービスと Citrix 仮想デスクトップおよび、アプリケーション環境を組み合わせるとき、汎用性と安全性が不可欠なエンタープライズのための、適切に管理されたクライアント·コンピューティング·ソリューションが実現されると、Dean-Jones は発言している。つまり、Windows と Web のアプリケーションをまたいだシームレスなアクセスが、エンタープライズに対して提供されるのだ。
 
Fujitsu then undertakes all user management; device configuration and management; provisioning of corporate approved applications from the Google Store, listing of sites that devices and users can access, environment look and feel, controlled OS updates, OS and hardware support, and hard installation.
 
さらに Fujitsu は、すべてのユーザー・マネージメントおよび、デバイスのコンフィグレーションとマネージメントを実現していく。具体的に言うと、Google Store におけるアプリケーションの中から、ユーザー企業が承認したものだけがプロビジョニングされ、また、デバイスおよびユーザーが、アクセス可能なサイトがリストアップされる。それだけではなく、環境のルック&フィールや、コントロールされた OS の更新、OS と ハードウェアのサポート、そして、ハード・インストールなども管理されていく。
 
According to Kevin Ackhurst, Director, Google for Work Asia Pacific, said: “Businesses around the world have found that Chromebooks provide them with a more secure and simple way of working. They’re fast, easy to share and easy to manage, and we’re delighted to be working with Fujitsu to bring these benefits to more businesses across Australia and New Zealand.”
 
Google for Work Asia Pacific の Director である Kevin Ackhurst は、「世界中の企業が Chromebook に対して、自社の IT を安全かつ簡単な方法で、提供することが可能なものだと認識するだろう。彼らは、容易な共有と、容易な管理を、あっという間に実現していく。Fujitsu と協調することで、Australia と New Zealand の数多くの企業に、こうしてメリットを提供できることを、私たちは喜んでいる」と述べている。
 
Mike Foster, Chief Executive Officer of Fujitsu Australia and New Zealand, said the company knew from discussions with its customers that there was a growing interest in the Chromebook as an enterprise platform.
 
Fujitsu Australia and New Zealand の CEO である Mike Foster は、エンタープライズ・プラットフォームとしての Chromebook に対して、関心が高まってきたことを、顧客とのディスカッションから得たと述べている。
 
“We are proud of our new partnership with Google and our ability to continue pushing innovation boundaries. We are the first SI to offer managed services to enterprises for Chromebooks as part of our vision of ‘Workplace Anywhere’.”
 
「私たちは、Google との新たなパートナーシップに関して、そして、イノベーションの限界を拡張し続けていく能力に関して、とても誇りに思っている。私たちは、”Workplace Anywhere” というビジョンの一環としての Enterprise Chromebook に対して、マネージド・サービスを提供する最初の SI である」
 
ーーーーー
Post-PCGoogle for Work Asia Pacific と Fujitsu Australia and New Zealand の提携ということなので、オーストラリアとニュージーランドに限定されるものなのか、それともグローバルに広がっていくものなのか、そのあたりは定かではありません。しかし、Citrix というパートナーを巻き込み、センスの良い SIer が顧客の要望に応えるなら、こんなソリューションが実現できるという、とても良い事例になるでしょう。 それにしても、面白い展開です。 これからの進み方に、注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
米教育関係者:Chromebook により、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
 

Blackberry が Android に改宗か? 喜べ QWERTY スマホ派!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on July 4, 2015
BlackBerry’s upcoming Android phone leaked online
TOI Tech | Jul 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/BlackBerrys-upcoming-Android-phone-leaked-online/articleshow/47923007.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: In line with recent reports, a purported render of BlackBerry’s Android-powered slider smartphone, Venice, has appeared online.
 
NEW DELHI:  最近のレポートに沿ったかたちで、Balckberry の Android スライダー・スマホである Venice の、リーク・イメージがオンラインに登場してきた。
 
Evan Blass, the person behind the popular account @evleaks posted a picture that features a part of the display of the phone along with a Blackberry Passport-like three row keypad. He also posted that the BlackBerry Venice slider will soon be available on US carrier AT&T.
 
人気の Twitter アカウントである、@evleaks の Evan Blass がポストした写真には、Blackberry Passport ライクな三列のキーボードと、ディスプレイの一部が写っている。さらに、彼は、US のキャリアである AT&T から、BlackBerry の Venice スライダー・フォンが、近々に提供されるとも述べている。
 
Blackberry VeniceThe phone’s screen pictured in the leaked render even features the three Android navigation buttons making the claim appear more credible.
 
そのフォンのディスプレイには、さらなる特徴がリークされている。つまり、Android の 3つのナビゲーション・ボタンが示されており、リーク内容の信憑性を高めているのだ。
 
As per a Reuters report, BlackBerry is considering equipping an upcoming smartphone with Google’s Android software.The move to use Android is part of BlackBerry’s strategy to pivot to focus on software and device management, it said. The report had suggested that BlackBerry will probably use Android on an upcoming slider device that is likely to be released this autumn, citing sources. The slider is likely to combine a touch screen with a physical keyboard, similar to BlackBerry’s Passport phone.
 
Reuters のレポートが示すように、Blackberry が検討している次期スマホは、Google の Android を搭載するものになるのかもしれない。BlackBerry の戦略において Android を用いるという動きは、ソフトウェアとデバイスの管理という意味で大転換であると、Reuters は述べている。その、情報筋の発言を引用するレポートは、BlackBerry の新しいスライダー・デバイスでは、Android が搭載される可能性が高く、また、この秋にはリリースされるだろうと示唆している。つまり、このスライダー・デバイスは、BlackBerry の Passport フォンと同様に、物理的なキーボードとタッチス・クリーンを組み合わせるようだ。
 
BlackBerry PassportBlackberry Passport
 
BlackBerry and Google had refused to comment on the matter.
 
Blackberry と Google は、この件に関して、コメントを拒絶している。
 
According to recent rumours, the Venice, is a slider device first announced at the Mobile World Congress 2015 in Barcelona. It’s expected to sport a 5.4-inch QHD display, an 18MP rear camera and a 5MP front-facing camera. It’s said to be powered by a 64-bit 1.8GHz Qualcomm Snapdragon 808 hexacore processor and 3GB RAM. BlackBerry is expected to release the phone by November 2015.
 
最近のウワサによると、Mobile World Congress 2015 in Barcelona でアナウンスされた、スライダー・デバイスの第一号が Venice になるようだ。このデバイスは、5.4-inch の QHD ディスプレイおよび、18 MP のリア・カメラと、5 MP のフロント・カメラを実装すると期待される。そして、64-Bit 1.8GHz の Qualcomm Snapdragon 808 6-core プロセッサと、3 GB RAM という、パワフルなものになるらしい。Blackberry は、2015年11月までに、このスマホをリリースする予定である。
 
ーーーーー
BB Google Searchmobile_55なんと、嬉しいニュースなのでしょう! カシャッとスライドさせると、物理キーボードが滑りだしてくる Android デバイスで、しかも Blackberry 製! これが出てくるなら、個人的には、久々に買ってみたいスマホになること間違いなしです。 じつは、Blackberry 10 も使ってみようと思ったのですが、カナ漢がアプリとして提供されるものであり、日本語を入力するときには、アプリ間でコピペが必要という、2バイト圏を完全に無視した製品だったのです。 また、Facebook アプリなども、最新版が提供されるわけではなく、日本語入力だけではなく、アプリ不足にもイライラすることが予測されたので、残念ながらパスしたという事情があるのです。 あの Steve Jobs の真実歪曲空間に、世界中が引きずり込まれてしまって以来、いわゆる QWERTY 派スマホ・ユーザーは氷河期の中だったのですが、やっと春が来そうな感じです。 絶対に、販売してください、Blackberry さま 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート
BlackBerry 10.2 では、Android 4.2.2 のアプリが走るようになる?
BlackBerry Q10 が iPhone と Galaxy に勝っている! from France
BlackBerry のエンタープライズ・サービスが、iOS と Android を取り込む?
BlackBerry 10 対 Galaxy Note II : Youtube 10分間 1本勝負!
キタよぉ~~~ BlackBerry 10 に QWERTY が キタよぉ~~~
 
 

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 
%d bloggers like this: