Agile Cat — in the cloud

Blackberry が Android に改宗か? 喜べ QWERTY スマホ派!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on July 4, 2015
BlackBerry’s upcoming Android phone leaked online
TOI Tech | Jul 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/BlackBerrys-upcoming-Android-phone-leaked-online/articleshow/47923007.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: In line with recent reports, a purported render of BlackBerry’s Android-powered slider smartphone, Venice, has appeared online.
 
NEW DELHI:  最近のレポートに沿ったかたちで、Balckberry の Android スライダー・スマホである Venice の、リーク・イメージがオンラインに登場してきた。
 
Evan Blass, the person behind the popular account @evleaks posted a picture that features a part of the display of the phone along with a Blackberry Passport-like three row keypad. He also posted that the BlackBerry Venice slider will soon be available on US carrier AT&T.
 
人気の Twitter アカウントである、@evleaks の Evan Blass がポストした写真には、Blackberry Passport ライクな三列のキーボードと、ディスプレイの一部が写っている。さらに、彼は、US のキャリアである AT&T から、BlackBerry の Venice スライダー・フォンが、近々に提供されるとも述べている。
 
Blackberry VeniceThe phone’s screen pictured in the leaked render even features the three Android navigation buttons making the claim appear more credible.
 
そのフォンのディスプレイには、さらなる特徴がリークされている。つまり、Android の 3つのナビゲーション・ボタンが示されており、リーク内容の信憑性を高めているのだ。
 
As per a Reuters report, BlackBerry is considering equipping an upcoming smartphone with Google’s Android software.The move to use Android is part of BlackBerry’s strategy to pivot to focus on software and device management, it said. The report had suggested that BlackBerry will probably use Android on an upcoming slider device that is likely to be released this autumn, citing sources. The slider is likely to combine a touch screen with a physical keyboard, similar to BlackBerry’s Passport phone.
 
Reuters のレポートが示すように、Blackberry が検討している次期スマホは、Google の Android を搭載するものになるのかもしれない。BlackBerry の戦略において Android を用いるという動きは、ソフトウェアとデバイスの管理という意味で大転換であると、Reuters は述べている。その、情報筋の発言を引用するレポートは、BlackBerry の新しいスライダー・デバイスでは、Android が搭載される可能性が高く、また、この秋にはリリースされるだろうと示唆している。つまり、このスライダー・デバイスは、BlackBerry の Passport フォンと同様に、物理的なキーボードとタッチス・クリーンを組み合わせるようだ。
 
BlackBerry PassportBlackberry Passport
 
BlackBerry and Google had refused to comment on the matter.
 
Blackberry と Google は、この件に関して、コメントを拒絶している。
 
According to recent rumours, the Venice, is a slider device first announced at the Mobile World Congress 2015 in Barcelona. It’s expected to sport a 5.4-inch QHD display, an 18MP rear camera and a 5MP front-facing camera. It’s said to be powered by a 64-bit 1.8GHz Qualcomm Snapdragon 808 hexacore processor and 3GB RAM. BlackBerry is expected to release the phone by November 2015.
 
最近のウワサによると、Mobile World Congress 2015 in Barcelona でアナウンスされた、スライダー・デバイスの第一号が Venice になるようだ。このデバイスは、5.4-inch の QHD ディスプレイおよび、18 MP のリア・カメラと、5 MP のフロント・カメラを実装すると期待される。そして、64-Bit 1.8GHz の Qualcomm Snapdragon 808 6-core プロセッサと、3 GB RAM という、パワフルなものになるらしい。Blackberry は、2015年11月までに、このスマホをリリースする予定である。
 
ーーーーー
BB Google Searchmobile_55なんと、嬉しいニュースなのでしょう! カシャッとスライドさせると、物理キーボードが滑りだしてくる Android デバイスで、しかも Blackberry 製! これが出てくるなら、個人的には、久々に買ってみたいスマホになること間違いなしです。 じつは、Blackberry 10 も使ってみようと思ったのですが、カナ漢がアプリとして提供されるものであり、日本語を入力するときには、アプリ間でコピペが必要という、2バイト圏を完全に無視した製品だったのです。 また、Facebook アプリなども、最新版が提供されるわけではなく、日本語入力だけではなく、アプリ不足にもイライラすることが予測されたので、残念ながらパスしたという事情があるのです。 あの Steve Jobs の真実歪曲空間に、世界中が引きずり込まれてしまって以来、いわゆる QWERTY 派スマホ・ユーザーは氷河期の中だったのですが、やっと春が来そうな感じです。 絶対に、販売してください、Blackberry さま 〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の進化と Nokia/Blackberry 株価の関係:それを示す1枚のチャート
BlackBerry 10.2 では、Android 4.2.2 のアプリが走るようになる?
BlackBerry Q10 が iPhone と Galaxy に勝っている! from France
BlackBerry のエンタープライズ・サービスが、iOS と Android を取り込む?
BlackBerry 10 対 Galaxy Note II : Youtube 10分間 1本勝負!
キタよぉ~~~ BlackBerry 10 に QWERTY が キタよぉ~~~
 
 

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on June 23, 2015
Why we browse Facebook when we want to take a break
By PTI | 31 May, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-break/articleshow/47491037.cms 
 
_Economic Times
 
LOS ANGELES: Scientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
LOS ANGELES:科学者たちが、Facebook などのソーシャルネットワークについて、とても興味深い現象を見出した。 それは、休憩を取りたい人々の、気分転換に関する考察でもある。
 
Even when we are resting, our brains are preparing us to be social, according to a new study by psychologists from the University of California, Los Angeles. The study sheds light on why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break, researchers said.
 
University of California, Los Angeles の心理学者によると、休息をとっている場合であっても、私たちの脳は社会に対する準備を欠かさないようだ。この調査は、Facebook などのソーシャル・ネットワークが、休憩したいと感じる人々にとって、ちょうど良い気分転換になる理由に、スポットライトを当てるものだと、研究者たちは述べている。
 
why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-breakScientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
“The brain has a major system that seems predisposed to get us ready to be social in our spare moments,” said Matthew Lieberman, a UCLA professor of psychology and of psychiatry and biobehavioural sciences. The research, published in the Journal of Cognitive Neuroscience, shows that during quiet moments, the brain is preparing to focus on the minds of other people – or to “see the world through a social lens,” said Lieberman.
 
UCLA の Professor of Psychology であり、行動心理学の権威である Matthew Lieberman は、「 脳の主要なシステムとして、暇な時間における社会への準備という機能があるように思える。この、Journal of Cognitive Neuroscience で発表された研究結果によると、働きが静まった瞬間に人間の脳は、他の人々の心理に集中するための、準備に取り掛かるという。 さもなければ、社会のレンズを介して、世界を見ようとする」と述べている。
 
In experiments at UCLA’s Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center, the researchers showed photos with captions to 21 people, and tracked their brain activity using functional magnetic resonance imaging, or fMRI.
 
UCLA の Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center における実験で、研究者たちは 21人 に対して、キャプション付きの写真を見せている。 そして、fMRI (functional Magnetic Resonance Imaging) を用いて、被験者たちの脳の活動をトラッキングした。
 
Most of the photos showed people performing actions in a social setting and expressing a certain emotion. In one set of 40 photographs, images were paired with captions that reflected the person’s mental state.
 
大半の写真は、実社会における人々の行動を写したものであり、それらは、なんらかの感情を示すものであった。 この 40枚の写真のセットにおいて、それぞれの画像は、被写体である人々の精神状態を反映したキャプションと対になっている。
 
The second set of photos had identical images, but with captions that merely described what the person was doing – “He is resting his head” or “She is looking to her side.”
 
2番めの写真のセットは、最初のものと同じ写真を用いているが、それぞれの被写体の状況を示すだけの、キャプションと対になっていた。つまり、「彼は寄りかかって休んでいる」とか、「 彼女は自分の側を見ている」という類のものである。
 
A third set of images depicted a number accompanied by a simple mathematical equation.
 
3番目の写真セットは、シンプルな数式を伴うものである。
 
Participants were asked to judge whether the captions accurately expressed what the images showed.
 
そして、この実験に参加した人々に対して、どのキャプションが、もっとも正確に写真の内容を表現しいるかという、それぞれの判断を促す質問が投げかけられる。
 
The same regions of the brain that were active during the brief times that subjects were not looking at photos were also active when the participants were considering the photos with captions about people’s emotions.
 
対象となるものが見つかるときも見つからないときも、被験者たちの脳の中では、瞬間的に同じ領域が活性化していた。ただし、それは、写真に写った人々の感情について、キャプションが書き加えられたものを選んでいるときであった。
 
But those areas of the brain were not active when the participants were viewing the cards with captions about the person’s physical activity and those with the math equations.
 
そして、被写体の姿を示すキャプションが付いている写真を示しても、被験者たちの脳の中で、前述の領域は活性化しなかった。 それは、数式の写真でも、同じであった。
 
Sometimes, a part of the brain called the dorsomedial prefrontal cortex was more active during the rest period immediately before participants were asked to look at photos.
 
その脳の領域は、前頭葉皮質可視部 (?) と呼ばれることもあり、被験者たちが写真を見始める前の状況において、つまり脳が休息している状況において、最も活性化している部分となる。
 
In those cases, the participants made significantly faster judgments if the next photo they saw presented a statement about the person’s mental state.
 
そのような状況におかれた被験者たちは、写真に写った人々の精神状態について、それぞれのキャプションがメンタルなものを表現するのかどうかを、きわめて高速に判断していった。
 
The findings suggest that the dorsomedial prefrontal cortex might turn on during dreams and rest in order to process our recent social experiences and update our assumptions and understanding of the social world, Lieberman said.
 
この実験の結果は前頭葉皮質可視部 (?) について、その領域が夢うつつの状態で全開となり、現実の社会経験を処理する時には休息し、世の中について仮定/理解するためにアップデートされると示唆している。
 
So although Facebook might not have been designed with the dorsomedial prefrontal cortex in mind, the social network is very much in sync with how our brains are wired, he said.
 
したがって、前頭葉皮質可視部 (?) の働きを分かった上で、Facebook がデザインされているのかどうかは別にして、このソーシャル・ネットワークは、私たちの脳における配線と、きわめて同期していると、彼は言う。
 
“When I want to take a break from work, the brain network that comes on is the same network we use when we’re looking through our Facebook timeline and seeing what our friends are up to,” said Lieberman.
 
「 私が仕事から離れたいとき、つまり休憩を取りたいとき、私の脳内ネットワークが用いる領域は、Facebook タイムラインを見ているときに用いるものと同じになる。そして、いまトモダチが、なにをしているのかを確認するのだ」と、Lieberman は述べている。
 
ーーーーー
facebookそれを Facebook が意識していたかどうか・・・ という指摘が文中に有りますが、おそらく、そんなことは無いのだろうと思います。 Facebook が目指してきたものは、凄まじいスピードでスケールしながらも、積み上げられてきたユーザー・エクスペリエンスの上に、新たな試みを次から次へと実装していける、きわめて柔軟なソフトウェア・インフラなのだと捉えています。そのため、新たに提供されたサービスであっても、不人気なものは撤回されていくわけですが、何億という人々がアクセスし続けるシステムを止めることなく(たまに止まりますが)、それを実践しているところがスゴイと感心してしまうのです。
 
FB 2013-01-15それにしても、訳していて、これほど面白いコンテントは、年に何本も有るわけではありません。 そして、このように、新たな視点を伝えようとする記事を訳し終えて、日本語として読める話に仕上がったときは、普段とは ちょっと違う嬉しさがあります。 拙いながらも、あらん限りの想像力を働かせて、一字一句を訳していくわけですが、その面白さとは裏腹に、訳し切れるのかという不安も常に付きまといます。でも、まぁ、楽観的に行きましょうという雰囲気へ、自分で自分をリードしていけば、なんとかなるものなのです :)
 
話は Facebook に戻りますが、Menlo Park のオフィスにのアチラコチラに、この DONE IS BETTER THAN PERFECT という言葉が書かれています。 そして、それを延々と繰り返していくうちに、人々の脳の動きにフィットしたものが出来上がったというのが、ことの真相なのでしょう。 Agile Cat も、それにあやかって、このブログを楽しみながら続けていきたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook が提供する、Open Graph のベスト・プラクティスとは?
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
Facebook Timeline は、データの非正規化という破壊力で誘う
Facebook が Timeline をデザインしていく発想は、何処から湧き上がってくるのか?
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか?
 

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
http://talkincloud.com/telco-hub/06162015/huawei-vodafone-establish-strategic-alliance
 
_Talkin Cloud
 
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
 
この、テレコム業界の大物二社が、エンタープライズ・コミュニケーションおよびテクノロジー・サービスにおける、多様な開発事業について協調していくことになる。
 
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
 
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
 
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
 
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
 
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
 
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
 
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
 
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
 
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
 
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
 
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
 
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
 
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
 
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at dan.kobialka@penton.com.
 
ーーーーー
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
 

Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, VMware by agilecat.cloud on June 16, 2015
And now people are saying that Cisco is trying to buy $2 billion startup Nutanix
Julie Bort – May 18, 2015
http://www.businessinsider.com/cisco-could-be-trying-to-buy-nutanix-2015-5
 
_ Business Insider
 
There’s rumbling in the tech world that Cisco is making a bid to buy hot data center startup Nutanix.
 
いつもの ハイテク世界のウワサだが、データセンター界のホット・スタートアップである Nutanix を買収しようと、Cisco が札束を積み上げているという。
 
The speculation of Cisco’s interest began on Friday when analyst Jared Rinderer published a blog post that indicated such talks were taking place, and could be announced in June.
 
この Cisco の関心事に対する憶測は、アナリストの Jared Rinderer がブログをポストした、この金曜日(5/15)から浮かび上がっている。 つまり、そのための協議が行われ、また、6月に何かが発表されるのかもしれないと、そのポストは示唆しているのだ。
 
Rinderer, a senior research analyst for Equity Capital Research Group, didn’t indicate the source of such information.
 
ただし、Equity Capital Research Group の Senior Research Analyst である Rinderer は、その情報源については、なにも示していない。
 
Cisco CEO John ChambersCisco CEO
John Chambers
 
We’ve reached out to our sources, but could not confirm that any such deal was taking place. We understand that Nutanix CEO Dheeraj Pandey internally told Nutanix employees that it was just a rumor and they should ignore it.
 
私たちも情報源について探ってみたが、そのような取引が生じていると、確認することはできなかった。そして、Nutanix の CEO である Dheeraj Pandy が従業員たちに、それは単なるウワサであり無視すべきものだ、と話しているところまで確認した。
 
And this would be a really expensive purchase for Cisco, right when it’s bringing in a new CEO.
 
そして、もし、この買収が成立するなら、新しい CEO を迎えたばかりの Cisco にとって、きわめて高価な買取になるだろう。
 
Nutanix raised a whopping $140 million round last summer ($312 million total) on a just over $2 billion valuation.
 
昨年の夏のラウンドで $140 million (累計で $312 million) を調達した Nutanix は、すでに $2 billion  の評価を得ているのだ。
 
Cisco would probably need to offer a huge premium over the company’s valuation. Nutanix has been gearing up for an IPO and its co-founder CEO dreams of being a huge independent company, the next EMC.
 
おそらく、Cisco にとっては、Nutanix の評価額を上回る、膨大なプレミアムが要求されるだろう。Nutanix は IPO へ向けて邁進しており、その C-Founder and CEO は、EMC の次を狙う夢を追い続けているのだ。
 
“We have so much more to do and we will take these big giant behemoths head on,” Dheeraj Pandey recently told Business Insider.
 
先日に Dheeraj Pandey は、「私たちには、行うべきことが山ほどあり、また、それらの巨大企業と、真正面からやり合うことになる」と、Bisiness Insider に語っている。
 
Nutanix CEO Dheeraj PandeyNutanix CEO
Dheeraj Pandey
 
 But if Cisco could pull this deal off, it would be brilliant. Nutanix could help Cisco with its ugly post-divorce war with EMC and its subsidiary VMware.
 
しかし、Cisco が、この買収を成立させるなら、それは、それで、見事なことである。EMC および、その子会社である VMware との、不快な離婚劇に苦しむ Cisco を、Nutanix が救うことになる。
 
Cisco and VMware/EMC used to be close partners, but they are increasingly in competition with each other.
 
Cisco と VMware/EMC の緊密なパートナーシップは、すでに冷えきったものに変わり、また、双方が競合を煽っている状況にある。
 
EMC even bought out most of Cisco’s stake in a joint company they had, VCE. Now, word is, VCE is dragging its feet to sell Cisco’s products, favoring VMware’s competitors instead.
 
このパートナーシップの下で設立された、合弁会社 VCE に関しては、Cisco の持株の大半を EMC が買い上げている。いまの状況を一言で表現すると、VCE からは Cisco 製品を販売するための機能が、つまり VMware のコンペティタにとって有利な状況が、取り除かれている。
 
Meanwhile, Nutanix is duking it out with EMC/VMware, and doing well — recently it joined other companies in a complaint that caused VMware to lose a $1.6 billion government contract.
 
その一方で、Nutanix は EMC/VMware と殴り合いの状況にあり、また、有利に戦いを進めている。そして、 最近は、まったく別の企業グループとの連携を深め、VMware が $1.6 Billion の政府契約を失う原因を作ったことで、さらなる不平の対象になっている。
 
So buying Nutanix would be a major coup for Cisco, and Cisco has enough cash to turn Nutanix’ investors heads, , with $3.2 billion in the U.S., and $50-ish billion overseas.
 
したがって、Nutanix の買収は、Cisco にとって見事な戦略となる。 そして Cisco には、Nutanix の投資家たちを説得するだけの、充分なキャッシュがある。 アメリカ国内では $3.2 billion を、そして海外では $50 billion ほどを、溜め込んでいるはずなのだ。
 
Then again, this latest acquisition rumor comes days after Chambers squashed the previous rumor last week that it was in talks to buy security company FireEye.
 
もう一度、明らかにしておくが、この Nutanix 買収のウワサは、Cisco がセキュリティ会社である FireEye を買収中というウワサを、Chambers が完全に否定した後に、登場しているのだ。
 
SEE ALSO: Why a startup called Nutanix is making VMware absolutely crazy
SEE ALSO: The Inside Story Of A $1 Billion Acquisition That Caused Cisco To Divorce Its Closest Partner, EMC
NOW WATCH: This simple exercise will work out every muscle in your body
 
ーーーーー
CiscoCisco は 6月4日に、Piston Cloud Computing の買収を発表しましたが、その前には、Nutanix の買収話で盛り上がっていたのです。 Piston を選んだ理由として、分散システムに関する能力と経験や、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションに関する実績などが挙げられていました。 そして、このあたりの領域は Nutanix の得意分野とカチ合うので、おそらく別の道を歩むことになるのだと予測します。これまでの、サーバー単体を販売するビジネスから、サーバーの集合体を販売するビジネスへと、商材としたのビルディング・ブロックが拡大しています。 言い換えるなら、パブリック・クラウドの存在を前提とした、つまり、クラウドとの兼ね合いを視野に入れた、新しいビジネス・モデルが要求されているのです。この記事に登場する、Cisco/EMC/Nutanixなどの勢力だけではなく、IBM/HP/Dell といった従来からの大手サーバー・メーカーたちも、新しいビジネスを追いかけ始めています。 そして、さらに、Lenovo や Huawei といった中国勢も、同じマーケットに参入してきます。どんな戦いが繰り広げられるのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!

Posted in .Selected, Network, On Monday, Standard by agilecat.cloud on June 15, 2015
HTTP/2: Blueprint for Speedier and More Secure Internet Communications
By Dick Weisinger – June 12th, 2015
http://formtek.com/blog/html2-blueprint-for-speedier-and-more-secure-internet-communications/
_ formtek
In February 2015 an overhaul of the HTTP protocol was approved, the first change since HTTP 1.1 was adopted in 1999.  The new protocol is being called HTTP/2.
 
2015年2月のことだが、HTTP プロトコルに関する徹底的な改善が承認された。 それは、1999年に HTTP 1.1 が採択されてから、初めての変更となる。 そして、この新しいプロトコルは、HTTP/2 と呼ばれている。
 
The new protocol was in development for two years by the IEFT (Internet Engineering Task Force) and is based on a protocol created by Google called SPDY.
 
この新しいプロトコルは、IEFT(Internet Engineering Task Force)が2年を費やして開発したものであるが、Google が作成した SPDY というプロトコルをベースにしている。
 
Chagall_15Some of the ways in which HTTP/2 will speed up internet communication is the compression of header information and the ability to send multiple requests over a single connection.  Web pages should load ten to forty times faster with HTTP/2.  The improvements are expected to speed up web traffic and improve efficiency so that mobile devices will consume less power when loading browser pages.
 
HTTP/2 がインターネット通信を高速化する手法としては、ヘッダ情報を圧縮する能力や、シングル・コネクション上でのマルチ・リクエストの送信などが挙げられる。そのため、HTTP/2 を用いた場合において、Web ページのロードは 10倍〜40倍も高速化されるという。この更新により、Web トラフィックが高速化され、効率がを改善されるはずだ。したがって、モバイル・デバイス上のブラウザで、Web ページをロードする際に、電力の消費が低減されることになる。
 
HTTP/2 was originally intended to have TLS (Transport Layer Security) encryption, or SSL, built in, but that idea was rejected because it was felt that doing so would make implementation of the new standard much more difficult for network operators and proxy vendors.
 
もともとの HTTP/2 構想では、TLS(Transport Layer Security)暗号化と、SSL をビルトインで取り込むことた意図されていたが、その考えは拒否された。なぜなら、そのセキュリティ対策を実施することで、ネットワーク・オペレータやプロキシー・ベンダーによる、この新しいスタンダードの実装が難しくなるという、懸念が生じたからである。
 
Mark Nottingham, chair of the IETF HTTP Working Group, said that “one of the big reasons that HTTP/2 took so long to get to is that upgrading the protocol in the deployed infrastructure is really hard; there are lots of boxes out there that assume HTTP/1 will never change.  So, if the transition from HTTP/1 to HTTP/2 goes well, it should be a lot easier to introduce the next version, because we can use the same mechanism that we used for the first big hop.”
 
IETF HTTP Working Group の Chair である Mark Nottingham は、「HTTP/2 の確定までに、かなりの時間が費やされた大きな理由として、インフラの深部にディプロイされたプロトコルを、アップグレードすることが、きわめて困難になるという捉え方があった。つまり、HTTP/1 が変化しないと想定すると、たくさんの障害が取り残されることになる。したがって、HTTP/1 から HTTP/2 への移行が上手くいけば、次期バージョンの導入が、きわめて容易になるはずだ。なぜなら、最初の大きな飛躍で用いたメカニズムを、再び利用できるようになるからだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayそんなに Web が速くしてくれるなら、HTTP/2 に対する期待が膨らみますね。 しかし、HTTP/1 のトラフックが飛び交う中で、HTTP/2 を増やしていく必要があるので、プロトコルの切り替えというのは、ほんとうにタイヘンですね。 そして、HTTP 2.1 の登場により、HTTP/2 の時代が幕を開けるのでしょう。 文中の最後の方で、「最初の大きな飛躍で用いたメカニズム」と表現されているのは、HTTP 1.0 から HTTP 1.1 へのステップ(たけけんのサーバー勉強日記)のことなのだろうと推測しています。 楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
 
 

Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?

Posted in .Selected, Apple, Asia, Data Center Trends by agilecat.cloud on June 14, 2015
Apple to work with Hon Hai to promote Asia-Pacific data center
CNA – June 13, 2015
http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?cid=1204&MainCatID=12&id=20150613000032
 
_Want China Times
 
Apple will work with Foxconn Technology Group–known as Hon Hai Group in Taiwan–to promote its Asia-Pacific data center located in China’s Guizhou province, Chinese media reported Thursday.
 
この木曜日 (6/11) に China のメディアが報じたところによると、Taiwan の Hon Hai Group として知られる Foxconn Technology Group と Apple が提携し、China の (貴州) にデータセンターを構築し、Asia-Pacific における展開を促進していくようだ。
 
Foxconn_PardubicWikimedia Commons
 
Lisa Jackson, Apple’s vice president of environmental initiatives, said the company attaches great importance to big data industry, with emphasis on data security and the values of data mining concepts.
 
Apple の VP of Environmental Initiatives である Lisa Jackson は、データ・セキュリティとデータ・マイニングの概念を考慮しながら、同社がビッグ・データ事業に取り組んでいくと述べている。
 
Foxconn has built what is described as a green tunnel-like data center in Guiyang, southwestern China. The design criteria for the facility are based on minimizing energy consumption.
 
すでに Foxconn は、South China の Guiyang (貴陽) に、緑化に配慮したデータセンターを構築している。そして、このファシリティ・デザインにおける方針は、エネルギー消費量を最小化していくものである。
 
In July 2014, Foxconn announced the signing of five deals with Guizhou to develop big data and nanotechnology.
 
また、2014年7月に Foxconn は、ビッグ・データとナノ・テクノロジーの開発を含めた、5つの契約を貴州省と交わしている。
 
Foxconn also holds a 21.5% share in the Global Big Data Exchange, the first big data exchange operation in China.
 
さらに Foxconn は、ビッグ・データ・エクスチェンジに China で最初に取り組み始めた、Global Big Data Exchange の株式を 21.5% 保有している。
 
ーーーーー
datacenter_55Apple にとって、最大の iPhone マーケットは中国であり、ここは前進あるのみというスタンスなのでしょう。 そして、昨年の秋には、iPhone 6 の立ち上げに合わせて、China Telecom との提携もスタートしているようです。 その一方で Foxconn には、iPhone の生産ラインをインドに展開するというウワサも流れています。中国でのビジネスを確実なものにしたい Apple と、iPhone 関連のビジネスに乗って、アジアのマーケットを拡大した Foxconn が、このようなデータセンターを一緒に作っていくというのは、とても自然な流れだと思います。 まだまだ、この二社の蜜月は続きそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 を構成
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?

Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Equinix, Hybrid by agilecat.cloud on June 11, 2015
Equinix to Offer Private Links to Alibaba Cloud Data Centers
Yevgeniy Sverdlik – June 4, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/06/04/equinix-to-offer-private-links-to-alibaba-cloud-data-centers/
 
_ DC Knowledge
 
As it prepares to launch its first cloud data center in the U.S., Aliyun, the cloud services arm of Chinese internet giant Alibaba has struck a partnership with American data center services giant Equinix that will expand its ability to cater to enterprise cloud users.
 
US Aliyun が初めて構築する、クラウド・データセンターの準備が進んでいるが、この Chinese Alibaba の右腕である同社は、それと平行して、US の データセンター・サービス大手 Equinix とのパートナーシップを締結した。つまり、エンタープライズ・クラウド・ユーザーの要望に応えるため、その能力を拡大しているのだ。
 
Equinix will provide private direct network connections to Aliyun’s cloud from its data centers as a service to its customers. The Redwood City, California-based colocation provider already offers such connections to data centers operated by Aliyun’s major U.S.-based competitors, such as Amazon Web Services, Microsoft Azure, Google Cloud Platform, IBM SoftLayer, and Verizon.
 
Equinix は Aliyun クラウドに対して、プライベート・ネットワークをダイレクトに接続していくが 、そのサービス自身は、同社が顧客に対して DaaS(data centers as a service)として提供しているものとなる。 この Redwood City, California ベースのコロケーション・プロバイダーは、今回のパートナーシップにより Aliyun に提供するサービスを、その他のコンペティターたちに提供している。 具体的に言うと、 Amazon Web Services/Microsoft Azure/Google Cloud Platform/IBM SoftLayer/Verizon などが挙げられるが、ここに Aliyun も参加することになる。
 
EquinixSVDCInside an Equinix data center. (Photo: Equinix)
 
The point is to provide access to cloud services that are usually accessed via the internet through dedicated private network connections that bypass the public internet. Reportedly, such connections are faster and more secure than the internet, making public cloud services more palatable for security- and performance-conscious enterprises.
 
一般的なクラウド・サービスへのアクセスが、インターネットを介して行われるのに対して、それを迂回した専用プライベート・ネットワーク接続を提供するのが、ここでの要点となる。伝えられるところによると、このようなプライベート接続はインターネットに対して、高速性と安全性の観点でアドバンテージをもたらすという。つまり、セキュリティとパフォーマンスを意識した、エンタープライズにとって受け入れやすい、パブリック・クラウド・サービスが実現されるのだ。
 
Equinix will start offering direct access to Aliyun’s cloud from its Silicon Valley and Hong Kong data centers in the near future. Asian tech companies favor Silicon Valley as a hub for accessing U.S. cloud services markets. Hong Kong is one of two main hubs in Asia international companies use to serve customers in the region and, importantly, in mainland China. The other one is Singapore.
 
近い将来に Equinix は、同社の Silicon Valley および  Hong Kong のデータセンターから、Aliyun クラウドに対してダイレクト・アクセスを提供し始めるだろう。 Asia のユーザー企業が、US のクラウド・サービス市場にアクセスするときには、Silicon Valley がハブとして好まれるだろう。また、Asia でビジネスを展開する企業にとっては、その顧客にサービスを提供するためのハブとして、Hong Kong と Singapore が重要になる。 そして、前者は、China メイン・ランドに隣接するという特殊性を持つ。
 
Aliyun recently announced it would establish its first U.S. cloud data center in Silicon Valley. Direct links from Equinix data centers in the region are likely to provide customers access to that facility.
 
先日に Aliyun は、US 初のクラウド・データセンターを、Silicon Valley に構築すると発表している。同地域における Equinix データセンターからのダイレクト・リンクは、このファシリティから顧客に提供されるのだろう。
 
Aliyun has not provided much detail about its strategy for the Silicon Valley data center, but the company is most likely leasing a big chunk of capacity from one of the area’s big wholesale data center providers, such as CoreSite, Vantage, QTS, DuPont Fabros, or Digital Realty.
 
Aliyun は、この Silicon Valley データセンターの戦略について、まったくと言ってよいほど詳細を提供していないが、大量のキャパシティを他からリースする可能性が高い。おそらく、CoreSite/Vantage/QTS/DuPont Fabros/Digital Realty といった、大手卸売データセンター·プロバイダーから、提供を受けるようになるのだろう。
 
Chris Sharp, vice president of cloud innovations at Equinix, said for his company the partnership’s value was in being able to better cater to its multinational clients. “Now you can privately consume the Aliyun services in Hong Kong and Silicon Valley, which is a huge advantage for a lot of our multinational customers,” he said. Expanding their reach into Asia is a “critical next step for a lot of our multinational customers.”
 
Equinix の VP of Cloud Innovations である Chris Sharp は、これまでのパートナーシップについて、国籍企業の要望に応えるという点で、価値を有していたいと述べている。そして彼は、「 Aliyun サービスを Hong Kong とSilicon Valley で、プライベート・ネットワークを介して利用する、私たちの顧客である多国籍企業に、大きなメリットを提供できるようになった。それらの企業のリーチを、Asia へ向けて拡大してあげることは、多国籍企業にとって重要な、次のステップへとつながっていく」と続けている。
 
A recent Cisco Cloud Survey forecasted that by 2018, most cloud traffic will originate in Asia Pacific. China is the biggest market in the region, and Aliyun owns about 23 percent of the country’s Infrastructure-as-a-Service market, according to the research firm IDC.
 
最近の Cisco Cloud Survey によると、2018年までに大半のクラウド ・トラフィックが、Asia Pacific で生じることになるようだ。 そして、この地域で最大のマーケットは China であり、同国内の IaaS 市場で 23% のシェアを占めているのが Aliyun になると、調査会社である IDC が伝えている。
 
Aliyun is the largest cloud service provider in the country. With more than 1.4 million customers, it is China’s answer to Amazon Web Services. This means Equinix, via its new Chinese partner, can now provide customers the “ability to go deeper into Asia than they ever had before,” Sharp said.
 
Aliyun は、China における最大のクラウド·サービス·プロバイダーである。 そして、140万人以上の顧客を有するというのが、China から Amazon Web Services への回答になる。
 
つまり Equinix は、この China のパートナーシップを介して、「これまでには有り得なかった、Asia のマーケットに深々と侵入していく能力」を、顧客たちに提供できることになったと、Sharp は発言している。
 
But the deal is also advantageous for Aliyun, because it gets access to the rich ecosystem of customers and service providers that interconnect at Equinix data centers around the world. A big part of that ecosystem is in Silicon Valley, but the partnership is not limited to the two initial locations. There are plans to expand it to other markets as well.
 
とは言え、今回のパートナーシップは、Aliyun にとって有利となる。つまり、Aliyun は Eqinix のインターコネクトを介して、この世界の中心に配置された、カスタマーとサービス・プロバイダーの、リッチなエコシステムへのアクセスを得ることになるのだ。このエコシステムの大半は Silicon Valley に存在しているが、今回のパートナーシップは、当初の目的である US と Asia だけに限定されたものではない。したがって、世界中のあらゆるマーケットへと、拡大するための計画が実施されるだろう。
 
Earlier this week Equinix announced an agreement to acquire European data center provider TelecityGroup. If completed, the deal will make Equinix the biggest data center provider in Europe.
 
今週の初めに、Europe のデータセンタープロバイダーである TelecityGroupを、Equinix は買収すると発表している。この買収が完了すると、Equinix は Europe においても、最大のデータセンター·プロバイダーになるのだ。
 
ーーーーー
Equinix今年に入って、Alibaba はアメリカ進出を果たし、Equinix はアジアとヨーロッパでの勢力を拡大しています。 そんな、ノリノリの二社が手を組むことで、いったい何が起こるのでしょうか? そう考えるだけで、ワクワクしてきます。 アジアでの Equinix は、この1ヶ月の間に、シンガポールと、シドニーと、香港で、データセンターを拡張しています。そして、文中にもあるように、この香港 DC が、Aolibaba(Aliyun)との提携のカギになるのでしょう。 その一方で、北京政府の法整備に関して、Microsoft が懸念を示すなど、依然として中国市場はベールに包まれています。経済のパイプが太くなれば、その分だけ、政治的な軋轢を軽減できるはずです。 ここは、ぜひ、世界のクラウド業界に頑張って欲しいところですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 
%d bloggers like this: