Agile Cat — in the cloud

ハイブリッド・クラウドへの移行: APAC の 3200 社に、目標と課題について聞いてみた!

Posted in Research, Hybrid, .Selected, Asia by agilecat.cloud on September 4, 2015
APAC firms want to move apps to cloud, but lack data to determine opportune time
Eileen Yu – Aug 20, 2015
http://www.zdnet.com/article/apac-firms-want-to-move-apps-to-cloud-but-lack-data-to-determine-opportune-time/
 
_ zdnet normal
 
Some 41 percent of Asia-Pacific businesses expect up to 24 percent of their applications to be on the cloud in 2016, but 35 percent do not have the analytics to determine whether it’s cost-effective to do so.
 
Asia-Pacific における 41% の企業が、自身のアプリケーションの 24%(最大で)を、2016年までにクラウドに移行したいと望んでいる。しかし、35% の企業は、クラウド移行を判断するための、費用対効果に関する分析を行なっていないと述べている。
 
ーーーーー
 
Some 35 percent of Asia-Pacific organizations do not have the necessary data to determine when it is more cost-effective to deploy their application in the cloud or within their own datacentres.
 
Asia-Pacific における 35% の組織は、クラウドあるいは独自のデータセンターへ向けて、自身のアプリケーションをディプロイする時期について、最も費用対効果の高いタイミングを判断するための、データを有していないという。
 
APAC firms and cloudsClick to Large
 
According to survey findings released Thursday by F5 Networks, 45 percent of businesses in the region operated up to 200 applications, while 8 percent deployed more than 3,000 applications. The study polled 3,200 IT decision makers across Asia-Pacific to analyse their existing and future use of application services.
 
8月20日(木)に F5 Networks がリリースした調査結果によると、この地域における 45% の企業は、200種類以内のアプリケーションを運用しているが、8% の企業に関しては、3,000 種類以上のアプリケーションを展開している状況も分かった。この調査は、現在と未来におけるアプリケーション・サービスの利用について分析するために、Asia-Pacific の 3,200人の IT 意思決定者を対象としている。
 
It found that 41 percent of respondents were keen to move up to 24 percent of their applications to the cloud within the next year, while 24 percent would do likewise for 25 to 50 percent of their applications.
 
また、回答者の 41% は来年中に、自身のアプリケーションの 24%(最大で)を、クラウドへ移行したいと強く望んでいることが分かった。同様に、24% の回答者も、自分のアプリケーションの 25%〜50% を、クラウド移行したいと望んでいるようだ。
 
F5 Networks’ Asia-Pacific senior vice president, Emmanuel Bonnassie, said: “As applications continue to be a critical part of the business strategy, organisations are seeking the same confidence level in cloud deployments that they’ve seen in the datacentre. Companies in every industry rely on applications to drive customer engagement, employee productivity and revenue today.”
 
F5 Networks の Asia-Pacific Senior VP である Emmanuel Bonnassie は、「ビジネス戦略における重要なパートに、アプリケーションが位置づけられるのと平行して、データセンター内に展開されるクラウドに対して、同じようなレベルの信頼が求められてきている。あらゆる産業における企業が、顧客のエンゲージメントおよび、従業員の生産性、日々の収益を促進するために、アプリケーションに依存しているのだ」と述べている。
 
He added that more respondents deemed mobile apps and big data analytics to be important trends for their organisation, compared to the Internet of Things (IoT) or software-defined networks. This indicated a growing hybrid environment across the region, with a mix of on- and off-premise services increasingly adopted by organisations, Bonnassie noted.
 
そして、それらの回答者にとっては、モバイル・アプリとビッグ・データ分析が、IoT や SDN よりも重要なトレンドになっていると、彼は付け加えている。さらに言うなら、それらの組織により採用され、また、増大している、この地域に展開されたオン・プレミス/オフ・プレミスのサービスを、組み合わせていくためのハイブリッド環境が成長していると、彼は指摘している。
 
However, 35 percent pointed to the lack of analytics as a challenge in adopting hybrid clouds, where they struggled to understand when it would make more sense to deploy applications in cloud datacentres and when it would be more cost-effective to do so within their own datacentres. Another 29 percent said the failure to establish comprehensive identity and access management policies as a barrier to the hybrid cloud adoption.
 
しかし、35% の企業は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の、課題に対する分析が欠落していると指摘している。つまり、アプリケーションをディプロイする先として、クラウド・データセンターを選ぶ方が理にかなうと思われるときや、独自データセンターを選ぶほうが費用対効果が高いと思われるときがあるが、その判断に苦労しているのだ。その他の 29% は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の障壁として、包括的な ID および、アクセス・マネージメント・ポリシーの確立に問題があるの述べている。
 
Some 23 percent highlighted the inability to ensure consistent application performance as a challenge in hybrid cloud deployment, while 21 percent pointed to the lack of cloud providers that could meet their organisation’s data security requirements.
 
また、23% の企業は、ハイブリッド・クラウドを採用する際の課題として、アプリケーション性能に関する一貫性が確保できないことを強調している。そして 21% は、自社のセキュリティ要件に合致する、クラウド・プロバイダーが見つからないと指摘している。
 
With security a key concern, 42 percent of respondents believed applications services should not be implemented without security, compared to 30 percent who pointed to availability as a priority.
 
セキュリティが重要だとする 42% の回答者は、セキュリティを伴わずに実装されるアプリケーション・サービスが、存在するはずだと確信している。その比率は、可用性を優先する 30% と比べて、大きな値になっている。
 
ーーーーー
Asia Pacificモバイル・アプリ対応が、最大の課題というのは分かりますが、ビッグ・データ分析が IoT と SDN よりも重要なトレンドだというのは、ちょっと意外でした。 以前に、「Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる」という抄訳をポストしましたが、どのようにデータを切り分けて、オンプレミスとクラウドに配置すべきかという点が、依然として大きな課題になっているようですね。それにしても、とても興味深い調査結果ですね!  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港が中国と世界をつなげる?
APAC のモバイル・エンタープライズは、2015年で US$22B の規模にいたる:VMware
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
 

100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Research by agilecat.cloud on September 3, 2015
IHS Forecasts Huge Growth for 100 Gigabit Optical Ports as Operators Increase Network Capacity
Published: Aug 11, 2015
http://www.marketwatch.com/story/ihs-forecasts-huge-growth-for-100-gigabit-optical-ports-as-operators-increase-network-capacity-2015-08-11-16173756
 
__ Market Wired
 
CAMBRIDGE, MA, Aug 11, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Coherent 100G port shipments for metro regional optical networks grew 145 percent in 2014 from the prior year, and are anticipated to grow another 118 percent in 2015, predicts IHS.
 
CAMBRIDGE, MA ー メトロ・リージョン向けのオプティカル・ネットワークにおける、Chherent 100G ポートの出荷台数が、2013年と2014年との比較で 145% の成長を遂げているが、2015年も引き続いて、118% の成長が予測されると IHS が述べている。
 
Fiber NetworksFlickr
NetMapper
 
“Adoption of 100G coherent technology has surged, first in long haul networks and now becoming a material part of metro networks. The expansion of 100G into new markets was the catalyst for our 100G+ coherent optical ports report, which provides an accurate, in-depth picture of how 100G technology is being used today and how it’ll be used in the future as the landscape grows increasingly complex,” said Andrew Schmitt, research director for carrier transport networking at IHS.
 
IHS の Research Director for Carrier Transport Networking である Andrew Schmitt は、「100G コヒレント・テクノロジーの採用だが、最初は長距離ネットワークから始まり、いまではメトロ・ネットワークの物理パートとして急増し始めている。新たなマーケットへ向けた 100G の拡大は、当社の 100G+ コヒレント・オプティカル・ポートを促進させるものであった。それにより、現時点で採用されている 100G テクノロジーに関する、詳細かつ正確な情報を提供できるようになった。そして、将来におけるネットワークの成長が、いま以上に複雑になるにつれて、どのように 100G が利用されるのかを指し示す、レポートの提供が可能になった」と述べている。
 
“100G is poised to explode in 2016 as new equipment built specifically for the metro reaches the market, allowing 100G technology to economically reach new portions of the network such as metro edge and metro regional,” Schmitt said.
 
さらに Schmitt は、「メトロ・マーケットのための新たな機器が、2016年に市場に投入されるとき、100G テクノロジーは爆発的に飛躍するだろう。つまり、メトロ・エッジやメトロ・リージョンといった、ネットワークの新しいパートへ向けて、経済性を伴う 100G テクノロジーが到達することになる」と、付け加えている。
 
100G+ COHERENT OPTICAL PORT MARKET HIGHLIGHTS
 
2015-IHS-Infonetics-100G-Coherent-Optical
 
2014 was a banner year for 100G port shipments, led by massive purchases in China from China Mobile.
 
100G ポートの出荷が、2014年に大きく伸びたのは、中国マーケットで China Moble が大量に購入したからである。
 
Most of 100G coherent technology deployed in 2014 was for long haul applications, but metro regional (<600km) and metro access (<80km) applications will start ramping in 2016.
 
2014年にディプロイされた 100G コヒレント・テクノロジーの大半は、長距離ネットワークに応用されるものであったが、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) への適用が、2016年から始まっていくだろう。
 
100G market share is concentrated in a small circle of players: Alcatel-Lucent, Ciena, Huawei, Infinera and ZTE; the only potential catalyst for shifts will come from deployment in shorter reach metro and datacenter applications-the next growth vector for 100G.
 
現時点における 100G のマーケット・シェアは、Alcatel-Lucent/Ciena/Huawei/Infinera/ZTE といった、一定のプレーヤーに集中している。そこからのシフトを引き起こすための潜在的なニーズは、メトロやデータセンターへのリーチという短距離での応用であり、次の成長ベクトルを 100G に与えるものとなる。
 
Sometime in 2017-2018, 100G coherent will make another quantum jump, displacing 10G in the 80km or less metro-access market.
 
2017年〜2018年の何処かで、100G コヒレント・テクノロジーは、次の爆発的なジャンプを達成し、80km 以内のメトロ・アクセス市場で、これまでの 10G をリプレイスしていくだろう。
 
100G OPTICAL REPORT SYNOPSIS
 
The 20-page “IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” market size, vendor market share and forecast report provides detailed granularity for 100G+ coherent and non-coherent port shipments on optical transport equipment, tracking the evolution of 100G as operators increase the flexibility and capacity of their networks. The report tracks 100G by application, including metro regional, metro access and long haul, as well as specific technology derivatives such as flex-coherent and direct-detect 100G. To purchase the report, please visit www.infonetics.com/contact.asp.
 
“IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” は 20ページの構成となっており、マーケットの規模や、ベンダーごとのシェア、今後の予測などをレポートするものとなっている。そして、オプティカル通信機器マーケットにおける、コヒレントおよび非コヒレント 100G+ ポートの出荷について、詳細な情報を提供する。したがって、各種事業者たちが、自社ネットワークの柔軟性を高め、キャパシティを増大するときのための、100G に関するトラッキングが可能となる。このレポートは、メトロ・リージョンとメトロ・アクセスに加えて、長距離ネットワークにおける 100G 適用を追跡するものである。また、それに加えて、フレックス・コヒレントや Direct-Detect 100G といった、派生テクノロジーについてもレポートしている。このレポートを購入に際しては、www.infonetics.com/contact.asp にアクセスして欲しい。
 
ーーーーー
Network文中にもあるように、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) という近距離ネットワークへ、長距離海底ケーブルで培われたテクノロジーが適用されていくのですね! アジアの 100G 関連ニュースを並べてみても、ほとんどが長距離ネットワークに関するものですが、今後は様変わりしていくのでしょうね。 ネットワークに、どのような未来が訪れるのかと想像すると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
 
Oct 2014 – AAG Upgrades Trans-Pacific Submarine Cable Network with Ciena
Oct 2014 – Pacnet Selects BTI Systems as Vendor of Choice for 100GE Metro 
Jan 2015 – Telstra to sell 100G service on subsea cables
Jan 2015 – Verizon Extends Its 100G Network in Asia-Pacific
Feb 2015 – Sydney to Perth at 100Gb/s
May 2015 – Telstra Extends Global PEN Platform into the Optical Layer
May 2015 – Alcatel-Lucent and Chuan Wei to set up 100G network in Cambodia
Jun 2015 – SLT enhances global connectivity options
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

IoT と 自動車損保:明確な Win Win モデルが実現するだろう

Posted in .Selected, IoT, Research by agilecat.cloud on September 1, 2015
Auto insurers are using the Internet of Things to monitor drivers and cut costs
John Greenough – Aug. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/iot-is-changing-the-auto-insurance-industry-2015-8
 
_ Business Insider
 
Auto insurers like Progressive, Allstate, and State Farm are using the Internet of Things (IoT) to monitor drivers’ habits, including changes in speed, how often they drive, and the time of day they drive. For insurance firms, the expectation is that this will lead to lower costs through a better ability to assess clients’ risk levels. For consumers, this means better premium rates — assuming they drive well.
 
Progressive, Allstate, and State Farm といった自動車保険会社は、顧客であるドライバーの習慣をモニターするために Internet of Things(IoTを)を用いて、彼らが運転する際のスピードの変化や、運転する頻度や時間帯を記録している。保険会社が期待するのは、クライアントの危険レベルを評価するための、効率の良い能力を実現し、コスト削減につなげていくことである。消費者にとっては、自身が安全なドライバーであるなら、保険料率が引き下げられることを意味する。
 
US Free wayThe most prevalent way of monitoring driving habits is by using On Board Diagnostic (OBD-II) dongles, or plugs, that send analytics about the driver’s driving habits back to the insurance company. The dongles are plugged into the car’s port under the steering wheel. We estimate that there are 155 million cars currently on the road in North America that are compatible with OBD-II dongles, and this number will grow as cars from prior to 1996 are pulled off the road and replaced by new models.
 
運転の習慣をモニターする上で、最も行き渡っている方法は、On Board Diagnostic(OBD-II)のドングルおよびプラグを用いて、ドライバーの習慣を保険会社に送信し、その結果を分析するというものである。このドングルは、ステアリングホイールの下で、車載のポートに接続されている。私たちは、North America の路上に 1億5500万台の自動車が存在し、それと同数の OBD-II ドングルが配置されていると推測している。そして、この数は、利用が開始された1996年以前から、自動車の台数につれて増加し、また、新しいモデルにより置き換えられている。
 
In a new report from BI Intelligence, we examine the impact of the IoT on the insurance industry. We analyze current US insurance markets — including the auto, health, life, and property insurance markets — and look at ways insurers are integrating IoT devices.
 
BI Intelligence の新しいレポートは、IoT が保険業界に与えた影響を調査するものである。私たちは、自動車、健康、生命、不動産などのマーケットを含む、現在のアメリカにおける保険市場を分析し、保険会社が IoT デバイスを統合する方式を確認してきた。
 
Auto Insurers ChartBI Intelligence
 
注記: 上記のチャートは、トラックの事故と、セイフティー装置の有無について、その関連性を示しているようです。 こうしたデータがベースになって保険の料率が決まり、そこに事故に関するモニタリング・データが加われば、ほとんど人手を介さずに、責任の比率などが算出できるはずです。 ちなみに、チャートの各項目は、以下のように訳すのでしょう:
  • Lane Departure = 車線はみ出し
  • Improper Lane Change = 無理な車線変更
  • Unsafe Speed = 無理な速度
  • Unsafe Following Distance = 車間距離の不足
  • Rollover = 転覆/転倒事故
  • Rear-End Collision = 追突事故
Here are some key points from the report:
 
このレポートから得られた、いくつかの重要なポイントを以下に示す:
  • Auto insurers are the leading adopters of usage-based insurance (UBI) models. By 2020, over 50 million US drivers will have tried UBI insurance, according to our estimates.
  • 自動車損保は、Useage Based Insurance(UBI)モデルの適用において、他をリードしている。私たちの見積もりによると、2020年までに 5000万人のアメリカ人ドライバーが、UBI 保険を試すことになるだろう。
  • Auto insurers are offering clients the opportunity to potentially lower their premiums by allowing the insurance company to monitor their driving habits.
  • 自動車の損保において、ドライバーたちが保険会社に対して、自身の運転に関する習慣をモニターさせるなら、その保険料率を引き下げるチャンスが生じてくる。
  • The IoT is also helping other insurers reduce risk and mitigate costs.
  • IoT は、他の保険に関しても、リスクを低減し、コストを緩和する方向で機能していく。
  • Home insurance companies are incentivizing customers to install connected devices that warn of potential danger to properties.
  • 火災保険会社は、不動産に対する潜在な危険を警告するために、デバイスを配置接続することを奨励している。
  • IoT-based analytics can be used to predict future events, such as major weather patterns. This can help insurers better price policies and prepare customers for upcoming incidents, which should help reduce damages.
  • IoTベースの分析により、主要な気象パターンなどの、将来における出来事を予測できるようになる。それにより保険会社は、より適切な価格政策を促進し、被害を軽減する必要のある顧客に対して、災害への備えを促すことが可能になる。
  • Property insurance companies are increasingly using drones to assess damages after an incident has occurred. Consulting firm Cognizant estimates that drones will make insurance adjusters’ work flow 40%-50% more efficient.
  • 火災保険会社は、災害が発生した後の損害を把握するために、ドローンの利用頻度を高めていく。コンサルティング会社である Cognizant の見積もりによると、ドローンの活用により保険調停者の作業が、40%〜50% も効率化されるという。
ーーーーー
IoTどこかで、IoT と保険は相性が良いという話を聞いたことがあるのですが、こうして根拠を並べてもらえると、ものすごく分かりやすいですね。 それぞれの事故における責任の比率を、人手に頼って確定させていくのでは、あまりにもコストが掛かりすぎますし、それが保険の料金にも跳ね返っているはずなのです。 ただ、ひとつ心配なのは、モニタリングだけで全てが分かるのかという点です。 最終的には、事故の当事者と、保険会社の担当者が、話し合うはずなので、そのあたりも大丈夫だと信じたいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?
 

APAC のモバイル・エンタープライズは、2015年で US$22B の規模にいたる:VMware

Posted in .Selected, Asia, Enterprise Social, Hybrid, Research, VMware by agilecat.cloud on August 27, 2015
Mobility to transform biz processes, says VMware
Bengaluru, DHNS – Aug 26, 2015
http://www.deccanherald.com/content/497247/mobility-transform-biz-processes-says.html
 
_ Deccan Herald
 
VMware, a global leader in cloud infrastructure and business mobility, on Tuesday reiterated its strategy to help customers in India realise the benefits of business mobility and transform their business processes.
 
クラウド・インフラおよびビジネス・モビリティにおいて、世界をリードしている VMware であるが、India のユーザー企業に対してビジネス・モビリティのメリットを提供し、また、ビジネス・プロセスの変革を支援するための戦略を実現していくと、この火曜日に改めて表明した。
 
ーーーーー
Mobile ComputingFlickr
Cory M. Grenier
 
Addressing reporters, End-User Computing Asia Pacific and Japan Vice President Sanjay K Deshmukh said, “The company’s strategy aims to free businesses from more than a decade of client-server focused IT, which enabled mobile access to a limited number of productivity applications, and now deliver a more user and application-centric experience.”
 
同社の End-User Computing Asia Pacific and Japan VP である Sanjay K Deshmukh はレポーターたちに向かって、「VMware の戦略は、クライアント・サーバーという、10年以上も昔のスタイルに依存している情シスを変革することで、ユーザー企業に自由を与えるものだ。つまり、限定されたプロダクティビティ・アプリに対するモバイル・アクセスを実現し、これまで以上にユーザーとアプリにフォーカスした、エクスペリエンスを提供するものだ」と述べた。
 
The total addressable enterprise mobility solutions industry in the Asia Pacific region, which includes applications, devices, security, middleware, and professional services, is expected to grow from $22 billion in 2015 to $26.7 billion by 2017. The market in India is also expected to grow from $1.7 billion in 2015 to $2.3 billion in 2017 over the same period.
 
アプリ/デバイス/セキュリティ/ミドルウェア/プロフェッショナル・サービスなどで構成される、エンタープライズ・モビリティ・ソリューション業界に、Asia Pacific リージョンで取り組む業界は、2015年の $22 billion から 2017年の $26.7 billion へと、そのビジネスを成長させていくだろう。 そして、同じ期間において、India のマーケットも $1.7 billion から $2.3 billion へと成長していく。
 
“With Indian organisations paying close attention to the future of business processes in the mobile-cloud era, we believe that India is on the cusp of the next major technology wave in the Asia Pacific region,” said Deshmukh.
 
Deshmukh は、「 India の企業や組織が、モバイル・クラウド時代における、ビジネス・プロセスの将来に注目して欲しいと願う。 そうすれば、次世代 Asia Pacific における、大きなテクノロジーの波に、India は先頭を切って乗っていけると信じている」と述べている。
 
Hybrid platform
 
“With a new generation of smartphone-powered workers who have easier access to end-user devices and network connectivity, businesses here are prioritising and reorienting themselves around mobile innovation, apps and services,” he said.
 
彼は、「スマートフォンを熟知する新しい世代の労働者たちは、エンドユーザー・デバイスとネットワーク・コネクティビティを介して、エンタープライズ・システムに容易にアクセスしていける。つまり、あらゆる企業が、モバイルにおけるイノベーション/アプリ/サービスを中心としたかたちで、その組織を刷新し、優先順位を再考するという、必要性に迫られている」とも述べている。
 
VMware offers a unified hybrid cloud platform that creates business innovation, new business models and delivers new applications instantly and securely to internal and external customers on any device.
 
VMware は、ビジネスにイノベーションと新しいモデルをもたらすための、統一したハイブリッド・クラウド・プラットフォームを提供していく。そして、組織の内部および外部で、あらゆるデバイスを用いるユーザーに対して、迅速かつ確実に新たなアプリを提供していくと、述べている。
 
ーーーーー
Asia Pacific今年の初めに IDC が予測した数字によると、2018年のグローバルにおけるクラウド総支出は $127 bollion とのことです。 そして、その前年である 2017年の時点で、APAC でのエンタープライズ・モビリティは $26.7 billion にいたると、VMware は予測しているわけです。 後者の方には、アプリだけではなくデバイスも含まれるため、シンプルに比較することはできませんが、APAC と Mobile の双方に、大きなパワーが宿っていると感じられます。 そして、インドのような巨大なマーケットが、マーケット全体をモバイルへ向けて引っ張っていくなら、それにつれて、費用対効果も向上するはずです。 日本も、この流に乗っていけると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイルの波は コンシューマだけでなく、エンタープライズも 呑み込み始めている
情シスのキャパに対して、モバイル開発は5倍のスピードで突っ走る!
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
 
 

香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 25, 2015
Global Cloud Xchange to Expand Singapore-India Connectivity
August 21, 2015
http://prnw.cbe.thejakartapost.com/news/2015/global-cloud-xchange-to-expand-singapore-india-connectivity-2.html
 
_ Jakarta Post
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ — Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications (RCOM), today announced the expansion of Singapore-India connectivity to a broader base of global enterprises and carriers.
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ —  Reliance Communications (RCOM) の子会社である Global Cloud Xchange (GCX) が、Singapore と India を接続するためのネットワークを強化し、グローバルにおける多様なエンタープライズおよびキャリアに提供すると発表した。
 
GCX will acquire capacity on the TIC cable between Singapore and Chennai, which will be extended across the seven Indian Capital Cities on GCX domestic network within India. This terrestrial and submarine network will play a key role in Reliance’s expansion of its Cloud Xchange (Cloud X) nodes which will be the terminal points across this new network.
 
GCX は、Singapore と Chennnai を結ぶ TIC ケーブルのキャパシティを取得し、自社の国内ネットワーク上における 7つの Indian Capital Cities へ向けて拡張することになる。この、地上と海底のネットワークを組み合わせることで、Reliance の Cloud Xchande(Cloud X)上での Reliance の拡張を実現し、そのネットワークの終端となるノードを構築していく。
 
GCX“We are pleased to utilize the existing subsea cable infrastructure to deliver immediate capacity to meet growing requirements of our global business customers,” said Bill Barney, CEO of Reliance Communications (Enterprise) and GCX. “This will also support our digital backbone as we complete deployment of our Cloud X nodes across India.”
 
Reliance Communications (Enterprise) and GCX の CEO である Bill Barney は、「この、既存の海底ケーブルをインフラストラクチャとして利用することで、グローバルで事業を展開している顧客たちに対して迅速にキャパシティを提供し、急速に成長しているビジネスをサポートできる。そして、India 全土に展開している Cloud X ノードを完全なものにするための、デジタルバックボーンのサポートまで可能になる」と述べている。
 
Based on current 100G technology, GCX will be able to deliver significant capacity across this important Singapore-India route with the ability to further upgrade in the future based on technological advancements and market demand. The new capacity will interconnect with RCOM’s established network of data centers, connected by India’s largest terrestrial fiber network which also connects seamlessly into GCX’s global infrastructure – the world’s largest privately owned subsea cable system.
 
現状における 100G テクノロジーをベースに、GCX にとって重要な Singapore − India ルートに充分なキャパシティを加えることが可能となり、また、将来におけるテクノロジーの進化とマーケットの要求に応えるための、さらなる前進が約束される。この海底ケーブルから得られるキャパシティも、RCOM のデータセンター・ネットワークと相互接続され、また、India で最大の地上ファイバー・ネットワークと接続され、さらには、GCX のグローバル・インフラにシームレスに接続される。つまり、民間が所有する海底ケーブル・システムとしては、世界で最大級の構成が実現されることになる。
 
While RCOM’s infrastructure already constitutes a vital core of India’s digital backbone, the enhanced Singapore-India connectivity will deliver further diversity to meet growing market demands. “This will be a mission-critical component in the digital transformation of India and its connectivity to the world,” Barney added.
 
すでに RCOM のインフラは、India におけるデジタル・バックボーンの、重要なコアを構成しているが、Singapore – India 接続の強化により、これまで以上の多様性が提供され、成長するマーケットの需要が満たされていく。Barney は、「 今回の拡張は、India における次世代デジタルを実現する構成要素であり、また、世界への接続を約束するものになる」と付け加えている。
 
About Global Cloud Xchange
 
Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications, offers a comprehensive portfolio of solutions customized for carriers, enterprises and new media companies. GCX owns the world’s largest private undersea cable system spanning more than 67,000 route kms which, seamlessly integrated with Reliance Communications’ 200,000 route kms of domestic optic fiber backbone, provides a robust Global Service Delivery Platform.
 
Reliance Communications の子会社である Global Cloud Xchange(GCX)は、キャリアやメディアなどを含むエンタープライズに対して、カスタマイズされた包括的なソリューションによるポートフォリオを提供している。また、GCX が所有する、世界でも最大級のプライベート海底ケーブル・システムは、全長で 67,000 Route km におよぶものとなる。それらは、Reliance Communications が国内に展開する、200,000 Route km の光ファイバ・ネットワークとシームレスに接続され、堅牢な Global Service Delivery Platform のベースとなっている。
 
With connections to 40 key business markets worldwide spanning Asia, North America, Europe and the Middle East, GCX delivers Managed Services to more than 160 countries and offer extensive VPLS-enabled Ethernet network capabilities globally. GCX is equipped to support businesses through the deployment of next generation Enterprise solutions across its Cloud Delivery Networks.
 
Asia/North America/Europe/Middle East における、40の主要マーケットに広がるワールドワイド・ネットワークにより、GCX は 160カ国以上に Managed Services を提供し、また、大規模な VPLS-enabled Ethernet ネットワーク機能を、グローバルに提供している。そして GCX は、同社の Cloud Delivery Networks を横断する、次世代エンタープライズ・ソリューションの展開を通じて、あらゆる企業をサポートしている。
 
For More Information, contact:Genevieve LiTel:  +852-6028-8236Email:  gli@globalcloudxchange.com
 
ーーーーー
india-endorses-full-foreign-ownership-of-mobile-telcosTelecomこの Global Cloud Xchange という名前が気になって、ついつい訳してしまいました :)   インドでは年間で1億台くらいのスマホが売れていますし、シンガポールはデータセンター・ラッシュですし、、、というわけで、何かの関連性があるとは思っていましたが、こんな展開になっているのですね。 いまから2年ほど前に、「インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?」という抄訳をポストしましたが、そこには Reliance Communications(RCOM)の名前は入っていません。 おそらく、モバイル・キャリアという位置づけではないのでしょう。 そして、Wiki で Reliance を調べると、インドで4番手のテレコム事業者だと説明されています。 また、GCX 自体は、香港ベースの企業のようです。インドもシンガポールもホットですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on August 21, 2015
Facebook is now more important than Google for online publishers
Jillian D’Onfro – Aug. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-v-google-referral-traffic-2015-8
 
_ Business Insider
 
Facebook is starting to drive more traffic to digital media websites than Google is, according to new data from Parse.ly, an analytics firm which collects data for about 400 digital publishers, including Conde Nast, Reuters, Mashable, and The Atlantic.
 
Parse.ly の最新データによると、デジタル・メディアの Web サイトへ向けたトラフィック誘導において、Facebook が Google を上回り始めたようだ。なお、同社の調査では、Conde Nast/Reuters/Mashable/The Atlantic などを含む、約 400 のデジタル出版社からデータが収集されているという。
 
Facebook GlobalFlickr
Duncan Hull
 
Facebook’s rise has been slow and steady since at least 2012, as it has been gradually wining referral traffic marketshare from Google Sites, which includes properties like Google News and Google.com web search.
 
2012年あたりから、Facebook のトラフィックは、徐々にではあるが着実に上昇している。その様子はというと、Google News や Google Search を含む Google サイトから、ゆっくりとワインでも楽しむかのごとく、Facebook がリフェラル・トラフィックのシェアを奪い取っているように見える。
 
Instead of SEO experts popping up everywhere, now it’s social media optimizers.
 
何処であっても登場してくる SEO 専門家に代えて、いまや ソーシャル・メディアが、オプティマイザーになろうとしているのだ。
 
A shift like this lends some credence to the theory that the world’s biggest publishers saw a dramatic drop in web traffic in April  because of a Facebook algorithm tweak rolled out around the same time. (A Facebook spokesperson told Business Insider that it didn’t see an overall decline in aggregated referral traffic in April.)
 
このシフトに関しては、世界の大手パブリッシャーたちの Web トラフィックが、この 4月に大きく低下しているということで、なんらかの論理的な信憑性が付与される。なぜなら、そのタイミングで Facebook のアルゴリズムが、微妙に調整されていたからだ。( Facebook のスポークスマンは Business Insider に対して、この 4月に収集されたトラフィックの全体量が、減少していることはないと語っていた)
 
Here’s the main chart showing the traffic referral trend:
 
以下は、リフェラル・トラフックの動向を示す、きわめて重要なチャートである:
 
Parsely Chart_1
Parsely
 
And here’s where Parse.ly’s network gets most of its referral traffic overall:
 
以下は、Parse.ly が取得した、全体的なリフェラル・トラフックの内訳である:
 
Parsely Chart_2
Parsely
 
This shift comes even as Facebook reveals ambitions to get more of that content on its own site.
 
このシフトが明らかにする、もう1つの視点は、そのサイトに大量のコンテントを集約しようとする、Facebook の大いなる野望である。
 
Facebook launched its much discussed publishing product — Instant Articles — earlier this summer to let media companies post their articles directly to its iOS app. Although multiple reports have pointed to an upcoming onslaught of more Instant Articles from publishers like The New York Times and The Atlantic, those floodgates haven’t opened quite yet.
 
Facebook は、この夏が始まったころに、Instant Articles というパブリッシング・プロダクトを立ちあげ、また、喧々諤々の議論を引き起こしている。このプロダクトは、それぞれのメディアの記事を、iOS アプリからダイレクトにポストさせようとするものだ。したがって、The New York Times や The Atlantic といった大手パブリッシャーから、この Instant Articles に対する猛烈な反発があったと、いくつかのレポートが指摘している。 そして、このゲートは、いまだにオープンされていない
 
Facebook also just completely revamped its blogging product, Notes, to make it easier for them to write and read long-form stories (it looks like a Medium-competitor).
 
さらに Facebook は、ブログ作成のためのプロダクトである Notes を刷新している。つまり、長文のストーリーであっても、ユーザーたちは容易に、Write/Read できるようになる。(ある種の、メディアに対する競合とも思える)
 
Happily for Facebook, not all of the new traffic it’s funneling to digital sites comes for free.
 
Facebook にとって幸いなことに、それらのデジタル・サイトに流し込む新しいトラフィックの、すべてを無償にする必要もないのだ。
 
BuzzFeed, for example, spent millions of dollars last year to promote its clients’ ads, according to internal financial documents published by Gawker, and many other digital publications will occasionally pay to boost well-performing posts.
 
Gawker が内部的に公表した財務書類によると、たとえば昨年の BuzzFeed のケースでは、同社におけるクライアントの広告を展開するために、(Facebook に対する)膨大な支出が計上されている。また、数多くのデジタル出版物も、自身の記事の PV を稼ぐために、Facebook アドに対して支払うというケースが多いのだ。
 
SEE ALSO: Meet the scrappy team of Facebookers whose ‘explicit goal is to get you off Facebook’
 
ーーーーー
facebookこの、Google と Facebook の拮抗については、別件の仕事で「These Charts Reveal How Google And Facebook Run The Internet」という記事を訳していたので、かなり近づいていると感じていました。 そして Facebook は、単にリフェラルを増やすだけではなく、たとえば BuzzFeed などへのリンクを避け、オリジナル・サイトを抽出するなど、そのアルゴリズムを洗練させてきたようです。おそらく、Google と Facebook の闘いは続くと思いますが、Facbeook が特別なポジションを確保したのも間違いないでしょう。 前述の記事は、「あらゆる SEO に関する議論は、真っ先に Google とつながるだけに、原則として終始したと言えるだろう。 そして、トラフィックの成長が主たる関心事となる、ニュース・コンテント・サイトにおけるソーシャル戦略の中核には、Facebook が居座ることになるはずだ」と結論づけていました。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook 2015-Q2 決算:欧米だけに依存しない、グローバル戦略が実を結んできた!
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!
Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!
Facebook Messenger for Android が、10億ダウンロードを達成!
Instagram の規模は、2020年には $3.8 billion を超える! – Merrill Lynch
 

IoT 開発でトップを走る Asia-Pacific! そして、開発環境としては Microsoft Azure の支配が始まったようだ!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Microsoft, Research by agilecat.cloud on August 20, 2015
Asia-Pacific Ahead of North America in Internet of Things Development: Report
Chris Burt – July 31, 2015
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/asia-pacific-ahead-of-north-america-in-internet-of-things-development-report
 
_ the whir
 
Developers are working on analytics and big data apps for the Internet of Things much more than connected devices like home appliances and cars, according to a new report from Evans Data Corporation. The survey shows that IoT development is shifting rapidly to the cloud, and also offers several more surprising takeaways.
 
データの分析やビッグ・データ・アプリに取り組んでいる開発者たちは、家電製品や自動車などに接続されたデバイスというより、圧倒的に Internet of Things を意識していると、Evans Data Corporation の最新レポートが示している。さらに、このレポートは、IoT の開発が急速にクラウド・シフトし、また、いくつかの驚くべき展開を提示するとも述べている。
 
Among the 578 developers surveyed, 37.9 percent of apps are currently being developed in the cloud. Within the next year, that number will rise to 49.6 percent, and 94.5 percent have plans to build IoT apps in the cloud at some point.
 
調査の対象となった 578人の開発者のうち、現時点でクラウド上で開発していると答えたのは 37.9% にも昇る。なお、その数字は、来年には 49.6% に上昇するとされるが、クラウド上での IoT アプリ構築を、どこかの時点で計画しているというケースが 94.5% に達している。
 
IoT-Global-Dev-2015 06Most IoT developers (79 percent) spend a quarter of their time or more on analytics and databases, while 42 percent focus on big data. Fifty-five percent connect to devices primarily through the cloud, versus only 32 percent using a hub or middle tier.
 
大半の IoT 開発者 (79%) は、自身に与えられた時間の 1/4 以上を、分析とデータベースに費やしており、また、42% がビッグ・データフォーカスしている。そして、55% の開発者は、IoT に関するデバイスを、クラウドを介して接続していると答え、また、32% の開発者は、ハブもしくは中間層を用いていると答えている。
 
IoT development is split regionally, but not exactly in the traditional way of Internet development, as developers in the Asia-Pacific region are most likely to be working on IoT projects (26 percent), ahead of North America (23 percent), which is closely followed by South America (22 percent) while the EMEA region lags at 17 percent.
 
従来からのインターネットに関連する開発とは別に、IoT に関する開発を、地域ごとに調べてみた。そうしたところ、Asia-Pacific のデベロッパーが、最も高い比率で IoT プロジェクト (26%) に関わっていた。その後に、North America (23%)、South America (22%)、EMEA (17%) が続いている。
 
The devices receiving the most attention from developers are workplace tools, which are the focus of 15.8 percent of all IoT app development, as opposed to home appliances and connected cars, which are being worked on by only 6.1 and 4.9 percent of developers, respectively. Similarly, commercial ISV applications and custom apps for system integrators and value-added resellers are the most common type of app in development, at 36.5 and 31.8 percent respectively, followed by enterprise apps at 18.3 percent.
 
そして、開発者たちが最も注目しているデバイスは Workplace Tools であり、すべての IoT アプリ開発の 15.8% という結果であった。それとは対照的に、家電や自動車に関連するデバイスは、それぞれが 6.1% と 6.4% というレベルに留まっている。同じように、開発中の最も一般的なアプリのタイプについても調べてみた。 その結果は、SI (system integrators) および VAR (value-added resellers) 向けの、商用 ISV アプリが 36.5% であり、カスタム・アプリが 31.8% というものであった。エンタプライズ・アプリに関しては、それに続く 18.3% というレベルであった。
 
Microsoft, which added real-time developer tools for big data and IoT to Azure last October, also provides the dominant platform for IoT development, as 94 percent use a version of Windows.
 
昨年 10月のことだが、Microsoft は Azure に Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールを追加している。 そして、IoT 開発における 94% がWindows を使用するというふうに、この分野における支配的なプラットフォームを提供している。
 
The top concern for 21.2 percent of developers is security, followed by technology exceeding demand for 15.8 percent. While security often appears near the top of lists of barriers and concerns relating to tech adoption, the notion that the demand may not support the industry’s IoT direction is likely a cause for concern, or at least further study, among companies working on it.
 
開発者にとって最大の懸念は、21.2% のセキュリティであり、また、15.8% が要求に耐え得るテクノロジーだと答えていた。採用するテクノロジーに関する障害と懸念のリストでは、多くのケースにおいてセキュリティが1位に登場している。ただし、製造業における IoT の方向性になると、そのような懸念は相対的に希薄なものとなる。 つまり、調査や研究のレベルというより、現実的な取り組みが進んでいるのであろう。
 
The Internet of Things and cloud computing are not just closely associated by developers. A Canonical survey from January showed that one third of enterprises say the IoT will be the biggest factor driving cloud adoption in the future.
 
開発者の観点からは、現時点における Internet of Things と Cloud Computing が、密接に関連付けられているとは言えないようだ。ただし、この1月から実施されている正式な調査では、その対象となった企業の 1/3 が、クラウドの採用を促進する最大の要因として、IoT の存在を指摘している
 
ーーーーー
IoTソースが Evens Data の有償レポートであり、ちょっと意味が分かりにくいところが有りますが、APAC における IoT 開発は順調に進んでいるようですね。 そして、驚いたのが、開発プラットフォームとしての、Microsoft Azure の頑張りです。 文中にもあるように、Big Data と IoT のためのリアルタイム・デベロッパー・ツールの存在が大きいのでしょう。 なかなか面白そうな展開です! こんな感じのレポートが、たくさん出てくると良いですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!

Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

Posted in .Selected, Asia, Google, Network by agilecat.cloud on August 18, 2015
Google’s 60Tbps Pacific cable will have highest-ever capacity across Pacific Ocean
Tim Hornyak | June 24, 2015
http://mis-asia.com/tech/industries/googles-60tbps-pacific-cable-will-have-highest-ever-capacity-across-pacific-ocean/
 
_ MIS
 
With bottles of bubbly and a purification ceremony, a Google-backed undersea cable was given a warm welcome on a beach in Japan last week, a critical step in building the highest capacity data link in the Pacific ever created.
 
シャンパン・パーティーと厳かな儀式。 Google が支援する海底ケーブルが、先週(6/24)に Japan サイドに陸揚げされたとき、そんな温かい歓迎を受けたようだ。最大のキャパシティで太平洋を横断する、このデータリンクを構築する上で、それも重要なステップだったのだろう。
 
google-faster-cableThe 9,000-kilometer FASTER cable will have a peak capacity of 60 terabytes per second (Tbps) when it enters operation next year, joining Japan with Oregon on the West Coast of the U.S. Apart from Google, the project is backed by telecom carriers KDDI of Japan, SingTel of Singapore, Global Transit of Malaysia, China Mobile International and China Telecom Global.
 
この 9,000km の FASTER ケーブルは、来年に運用が開始されると、60 Tbps (terabytes per second)という最大キャパシティで、Oregon と Japan を接続することになる。このプロジェクトには、Google だけではなく、Japan の KDDI/Singapore の SingTel/Malaysia の Global Transit/China Mobile International/China Telecom Global といった、テレコム・キャリアたちも相乗りしている。
 
At the landing site in Shima, Mie Prefecture, east of Osaka, a machine pulled the cable onto the beach from an offshore cable-laying ship while stacks of armored pipes, which shield the link from anchors near the shore, were piled nearby. A Shinto ritual was held to pray for the success of the project, which will cost roughly US$300 million. The cable was routed into a landing station building that houses optical equipment.
 
Mie Pref の Shima サイトでは、敷設船から海岸線へと、ケーブルが陸揚げされている。そして、このリンクは、何重にも装甲されたパイプにより、船のイカリから守られている。神道による祈願も、この US$300 million のプロジェクトを、成功へと導いていた。そして、光学機器を収容したステーションへと、このケーブルは無事に陸揚げされた。
 
The FASTER cable will also be connected to existing infrastructure offshore at Chikura, Chiba Prefecture, southeast of Tokyo, next month. With six fiber pairs and 100 wavelengths, it will have a peak capacity 300 million times greater than the TAT-1 transatlantic cable of 1956, which could handle 36 telephone calls, or roughly 200kbps, Google said.
 
FASTER ケーブルは、来月には Chiba Pref の Chikura でも、既存のインフラストラクチャに接続される。この 6 Fiber ペアと 100 Wavelength を有するケーブルは、1956年から運用されている TAT-1 海底ケーブルと比較すると、約 3億倍の最大キャパシティを有することになる。その当時は、200 Kbps のキャパシティにより、36回線の通話をサポートするものに過ぎなかったと、Google は述べている。
 
KDDI said it was 3000 times faster than the 20Gbps TPC-5 cable system, which began service in 1995. Consumers on either side of the Pacific, however, won’t have the option of choosing which of the several undersea cables their data goes through.
 
また、KDDI の説明によると、このケーブルは、1995年から運用されている 20Gbps TPC-5 システムに対して、約 3000倍の高速性を誇るものになるという。つまり、太平洋を挟んで通信する利用者たちは、どちらのケーブルを望むのかという点で、選択肢を持ち得ないことになる。
 
“It just means that there’s more capacity between United States and Japan, and the throughput will be better,” said Shota Masuda, a senior manager at the Submarine Network Division at NEC, which is building the new cable system. “You might feel that the Internet experience is a little smoother or faster.”
 
NEC Submarine Network Division の Senior Manager である Shota Masuda は、「U.S. と Japan を、これまで以上のキャパシティで接続することで、そのスループットも向上するだろう。そして、より高速で滑らかな、インターネット・エクスペリエンスを得るだろう」と述べている。
 
Roughly 99 percent of all transoceanic Internet data goes through submarine cables, which are designed to last decades. Several hundred systems link various parts of the world, and the FASTER cable is scheduled to be ready for service in the second quarter of 2016.
 
大海原を横断していくインターネット・データの約99%が、10年〜20年も前にデザインされた海底ケーブルを通過し、この世界における各地を、数百のシステムがリンクしている。そして、FASTER ケーブルは、2016年 Q2 にはサービス・インの予定である。
 
ーーーーー
google-55aこの FASTER ですが、約20年前の TPC-5 に対して、3000倍というキャパを持つようですね。Android フォンの Google Now で、音声が瞬時に解析されたときに、ビックしたのですが、それ以上の驚きが次々に登場してくるのでしょう。 海底ケーブルによる遅延が限りなくゼロに近づき、また、データセンターへの電力供給 (自給) の問題が解決されたとき、どんな災害にも負けないインターネット網が、ほんとうの意味で確立されるのです。楽しみですね〜〜〜 :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: ユーザー企業が賞賛!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
 
%d bloggers like this: