Agile Cat — in the cloud

Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!

Posted in .Save Japan, Data Center Trends, Facebook, Open Compute, Storage by Agile Cat on November 13, 2013

Facebook’s answer to serving 700TB of graph search data is lots of SSDs
http://wp.me/pwo1E-6U3
By Derrick Harris – OCT. 24, 2013
http://gigaom.com/2013/10/24/facebooks-answer-to-serving-700tb-of-graph-search-data-is-lots-of-ssds/

_ Giga Om

Summary: Facebook’s decision to include status updates and wall posts in Graph Search could be called great or creepy depending on the user, but it wasn’t an inconsequential decision technologically. In fact, it put a significant strain on the feature’s database infrastructure.

Summary: Status Updates と Wall Posts を Graph Search に取り込むという Facebook の判断は、ユーザーよっては素晴らしいことであり、また、不気味なものになるとも言えるが、テクノロジーの面から見ると、「 取るに足らない判断 」という類のものでは決してない。 実際のところ、この機能は、データベース·インフラに大きな負担をかけるのだ。

ーーーーー

Facebook’s graph search feature requires finding and serving the right data fast, and from a database that currently houses more than a trillion posts and 700 terabytes of data overall. In a Thursday morning blog post, engineer Ashoat Tevosyan dove into some of the challenges of building infrastructure that can handle these demands.

Facebook の Graph Search 機能では、正しいデータを素早く見つ出すというサービスが必要となるが、それらのデータは、すでに兆の単位で数えるポストと 700 T Bytes 収容する、データベースから抽出されるものとなる。木曜日の朝のブログ・ポストで、エンジニアである Ashoat Tevosyan が、これらの要求を処理するために必要なインフラを構築するための、いくつかの課題に踏み込んでいる

Facebook’s Dragonstone server.

One decision stood out to me was that Facebook opted for solid-state drives to store most of the data, saving only the most-frequently accessed stuff for RAM. This wasn’t a problem until Graph Search began including users’ posts, which drastically bumped up the size of the indexes it was dealing with. According to the post

私にとって、1つの突出した話は、ほとんどのデータを格納するために、Facebook が SSD を選んでいることであり、それにより、RAM への頻繁なアクセスを抑制していることであった。そして、Graph Search がユーザー・ポストなどを取り込むまでは問題が生じていなかったのだが、そこで取り扱うインデックス・サイズが、著しく巨大化してしまったのだ。彼のポストは、以下のように述べている。

“[S]toring more than 700 terabytes in RAM imposes a large amount of overhead, as it involves maintaining an index that is spread across many racks of machines. The performance cost of having these machines coordinate with each other drove the Unicorn [search infrastructure] team to look into new solutions for serving the posts index.”

「 RAM 上に 700 T Bytes 以上のデータをストアすると、複数のラック・マシンをまたいで分散されたインデックスの維持に関連して、相当量のオーバーヘッドが生じてくる。 それらのマシンにおけるパフォーマンス・コストを相互に調整するために、Unicorn(search infrastructure)チームが、ポスト・インデックスを提供するための、新しいソリューションの調査にとりかかった」

SSDs have been a key part of Facebook’s growth strategy for a while as an option for preserving the performance users require but saving on the high costs of storing data in RAM. In January, it unveiled a new all-flash server call Dragonstone for just such a purpose. In March, the company detailed a system it had built called McDipper, which is an SSD-based implementation of the popular memcached caching layer for RAM.

このところ、ユーザーが要求するパフォーマンスを維持するための選択肢として、Facebook の成長戦略の重要な一部を SSD が構成しているが、RAM 上にデータをストアすることで生じる、高いコストを緩和している。この 1月には、その目的だけのために、Dragonstone と呼ばれる、オール・フラッシュ・サーバーを新たに発表した。そして 3月には、McDipper と呼ばれる、同社で構築されたシステムが詳述された。それは、RAM レイヤにおいて人気の、memcached によるキャッシュを SSD に実装するというものである。

However, just because Facebook is using flash and SSDs a lot more often, that doesn’t mean the company is always happy about. As VP of Engineering Jay Parikh told me during the company’s Open Compute Summit earlier this year, if hard disks are like minivans and current flash drives are like Ferraris, Facebook is looking for the Toyota Prius of storage that delivers the right balance of speed, efficiency and cost.

しかし、Facebook がフラッシュと SSD を多用しているという状況において、それだけでは、同社が常に満足しているということにはならない。VP of Engineering である Jay Parikh が、今年の初めの Open Compute Summit で話してくれたのは、ハードディスクが Mini Van なら、いまのフラッシュ・ドライブは Ferrari のようなものだという例えである。 しかし Facebook が探しているのは、Toyota Prius のようなストレージであり、スピード/効率/コストを適切にバランスさせるものであると言う。

Check out the rest of Tevosyan’s post for more details on building the Graph Search indexes in HBase, harvesting user data from its MySQL cluster without throttling its performance and using Facebook’s new Wormhole technology to update the Graph Search index as changes happen to the MySQL data.

Graph Search のインデックスを、HBase で構築する際の詳細については、Tevosyan のポストをチェックして欲しい。 そのパフォーマンスを絞ることなく、MySQL クラスタからユーザー・データを取得するものである。 そして、MySQL データが変更されると、Graph Search インデックスが更新されるようにするために、Facebook は Wormhole  と呼ばれる、新たなテクノロジーを用いているようだ。

Related research

ーーーーー

imageなんというか、空前絶後のナレッジ・ノードを構成する、Open Graph を動かすためには、膨大なキャッシュが必要だということですね。しかも、「 RAM 上に 700 T Bytes 以上のデータをストアすると、複数のラック・マシンをまたいで分散されたインデックスの維持に関連して、相当量のオーバーヘッドが生じてくる」という、プロダクション・システムからのフィードバックをベースに考えたれたのが、この Dragonstone ということなのですね。 う~ん、驚愕です! それにしても、Tesla ではなく Prius が欲しいというのが、手堅い Facebook インフラ・チームらしくて、イイ感じです :) image141

ーーーーー

<関連>

Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics だ!
Intel の 1.6 TB/秒 転送 : その秘密を解く
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ

 

Agile_Cat の 3.11 を振り返ってみました

Posted in .Save Japan by Agile Cat on March 11, 2012

1年前のポストの、リンク集を作りました・・・
http://wp.me/pwo1E-40u

image

あの日、あの時、Agile-Cat は天王州の高層ビル街で、いまにも倒れそうに揺れるビルの林を地上から見上げていました。

そして、地震の収まるのを待って、バス(直後は動いていた)と徒歩で帰宅したのですが、家についたのは午後10時過ぎでした。

翌朝には離れて住む家族の安否を確認し、その後は、Twitter の TL を食い入るように見つめ、何かの役に立てばという思いで、マトメ・ページを更新していきました。 それだけで、数日が過ぎていったように記憶しています。

以下は、その 3月に、Agile_Cat に書きためていった、震災に関するポストです。

ーーーーー

March 12, 2011
What’s should be tweeted in the disaster – from Japan

March 16, 2011
日本近海の、海底ケーブル損傷状況について
米国メディアが見る、主要 TOKYO データセンターの状況

March 17, 2011
ありがとう Twitter! 災害時に発揮されたキミの実力を検証する

March 18, 2011 : TOKYO データセンター事情
1:
Equinix は経産省と協調してディーゼル燃料を優先的に入手する?
2:
日本脱出案を提供する Nirvanix
3:
頑張れ Telehouse 仙台!

March 19, 2011
東日本大震災を、Google Map + アニメーションで確認する
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている

March 20, 2011
国際海底ケーブルの被災状況(最新) – NTT は? KDDI は?
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?

March 22, 2011
いまこそ スマートグリッド を考えよう – 多様性とセキュリティ

March 24, 2011
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国

March 28, 2011
PC-1 North / West の復旧が停滞 – 放射性物質の影響で作業海域に入れず

April 2, 2011
大震災で証明された Twitter と Facebook の SOS パワー

April 3, 2011
東日本大震災に関連する Agile_Cat ポストをマトメました

April 9, 2011
米 NRC 関連の報道をマトメてみました

April 27, 2011
東日本大震災の被災者へ、OpenStack からのサポートが!

August 24, 2011
3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録

ーーーーー

今日は、自分なりに、振り返る日にしたいと思っています。ーーー __AC Stamp 2

3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録

Posted in .Save Japan, .Selected, Network, Telecom by Agile Cat on August 24, 2011

6.20 に、すべてが復旧したとのことです。 お疲れ様でした!

pKPaZ-MU

2011年 3月 11日に発生した、マグニチュード 9.0 の東日本大地震により、いくつかの海底ケーブルが損害を受けました。 幸いなことに、日本と海外をつなくインターネットも、電話ネットワークも、ほどんど混乱をきたしませんでしたが、太平洋を横断する動脈である PC-1 が被災し、NTTの子会社である Pacific Crossing は、自身の Web サイトで、以下のように報告しました。

日本の Ajigaura から太平洋を渡り、アメリカ西海岸の Seattle に近い Harber Pointe とつなげる、PC-1 North 海底ケーブルが切断された。

日本の南部にある Shima と、Tokyo の 136km 北に位置する Ajigaura 結ぶ、PC-1 West 海底ケーブルが切断された。

image

結局、PC-1 North は 5/26 まで、そして PC-1 West は 6/20 まで、復旧に時間を必要としたわけですが、その間に PC-1 サイトに掲載された情報を、CBA(Cloud Business Alliance)の事務局がトラッキングしていました。 以下に、同事務局から ご提供いただきました、PC-1 復旧までの記録を掲載します。

TAG index

2011-3-22 at 8:32pm Tetsu Saburi 復活予定をメモ

Estimated Repair Completion
PC-1 North: March 29
PC-1 West: April 19
http://pc1.com/

‎2011-3-23 Tetsu Saburi あっさり delayで、Revised repair schedule will be announced shortly.

‎2011-3-28 Tetsu Saburi A new repair schedule will be announced as soon as possibleで、状況変わらず。文章のみ変更という感じ。放射能汚染のおかげで、PC-1 North 修復用の船が鹿児島にとどまっている状況、PC-1 West の修復は Northをなおしてからという、以前からと変わらないスタンス。ずっとなおらない気がしてきました。

Hide Fukuhara PC1以外は相変わらず情報なしですか?

‎2011-3-29 Tetsu Saburi PC1は、内容が久々に変わった気がします。放射能に関する情報が無くなり、長崎で作業船を交換していると記載。外国の船は、放射能汚染地域に行ってくれない?、とかは考えすぎですかねえ。

Our cable repair ship must be changed from the CS Lodbrog to the ship Subaru. Both ships are currently at the port of Nagasaki for the handover of fiber and spares. A new repair schedule will be announced as soon as possible. The repair of PC-1 West will commence immediately following the repair of PC-1 North.

Hide Fukuhara 全く危険区域外のはずですがねー?

‎2011-4-4 Tetsu Saburi 作業船はまだみたいですし、見込みがたってない感じに見えます ( 最後の方の 4月末・5月頭は、ただの希望? )。

The PC-1 North and West cables incurred faults from the East Japan earthquake and tsunami on 11 March 2011. We have been working urgently with our cable repair company to initiate repair activities.

Regrettably, at this time, our cable repair company is not yet able to send their repair ship to the location of the PC-1 faults. We continue to work with them to urgently dispatch their ship to the PC-1 North repair area and are also concurrently investigating several alternative arrangements in order to complete the cable repairs as soon as possible.

Unfortunately we do not have a firm estimate of the PC-1 North repair date from our cable repair company at this time. We will provide a firm estimated date as soon as it becomes available. Based on the current discussions, we are still hopeful that we can complete the PC-1 North repairs by late April or early May. The repair of PC-1 West will commence immediately following the repair of PC-1 North.

‎2011-4-11 Tetsu Saburi サイトに変化なし。メールは、GMail だけでなく国内にもコピーおいた方がいいかなあ、とか。

‎2011-4-18 Tetsu Saburi アップデート見つけました (4-15 には気づかなかった変化 )。PC-1 North は 4月末、PC-1 West は 5月末。

As you know, service on PC-1 West and North has been interrupted by the Japan earthquake. In order to accelerate our cable repair work, we are sending two cable repair ships to the fault points. The current status (subject to delays from weather or other uncontrollable items) is as follows:

PC-1 North: Cable Ship: CS Lodbrog : Status: Departed Kagoshima April 15 at 23:50 UTC in transit to the cable grounds. Repair is currently expected to be completed by the end of April. Upon completion, CS Lodbrog will begin assisting with the PC-1 West repairs.

PC-1 West: Cable Ship: Wave Venture : Status: Departed Labuan April 15 at 10:54 UTC in transit to Taichung in order to load additional cable and joint kits before arriving at cable grounds. Repairs are currently expected to be completed by late May.

Pacific Crossing is doing our best to restore connectivity as soon as possible. Further updates will be posted on http://www.pc1.com as additional information becomes available. Service on PC-1 South and PC-1 East is unaffected by this interruption. We would like to express our sincere appreciation for your continued patience. Should you have any enquiries, please contact:

‎‎2011-4-27 Tetsu Saburi アップデートしてました。North はすでに修復船が到着していて 5月中旬になおるらしいく、West は、5月末らしい。

The PC-1 North and West cables incurred faults from the East Japan earthquake and tsunami on 11 March 2011. In order to accelerate our cable repair work we are sending two cable repair ships to the fault points. The current status (subject to delays from weather or other uncontrollable items) is as follows:

PC-1 North: Cable Ship: CS Lodbrog : Status: Arrived at the fault point 17 April at 12:30 UTC. Repair work is currently expected to be completed by mid- May due to bad weather and extensive damage. Upon completion, CS Lodbrog will begin assisting with the PC-1 West repairs.

PC-1 West: Cable Ship: Wave Venture: Status: In transit to fault points on PC-1W. Work is currently expected to be completed by late May. Pacific Crossing is doing our best to restore connectivity as soon as possible. Further updates will be posted on http://www.pc1.com as additional information becomes available.

‎‎2011-5-11 Tetsu Saburi あ、North の予定が、late May になってる。

The PC-1 North and West cables incurred faults from the East Japan earthquake and tsunami on 11 March 2011. In order to accelerate our cable repair work we sent two cable repair ships to the fault points. The current status (subject to delays from weather or other uncontrollable items) is as follows:

PC-1 North: Cable Ship: CS Lodbrog : Status: Arrived at the fault point 17 April at 12:30 UTC. Repair work is currently expected to be completed by late May due to bad weather and extensive damage. Upon completion, CS Lodbrog will begin assisting with the PC-1 West repairs.

PC-1 West: Cable Ship: Wave Venture : Status: Arrived at the fault point 29 April at 0:00 UTC. Detailed study at the cable ground followed by repair work is in progress in bad weather. Work is currently expected to be completed by late June.

‎‎2011-5-27 Tetsu Saburi Northは 5/26 になおったんですね、よかった。West は 6月末予定と。

The PC-1 North and West cables incurred faults from the East Japan earthquake and tsunami on 11 March 2011. The PC-1 North repair work was completed on 26 May 2011. We are currently rerouting PC-1 North circuits back to their original routes.

Our cable ship the CS Lodbrog was immediately sent to the PC-1 West cable ground and has commenced repair work on the PC-1 West cable. Repair of the PC-1 West cable is currently expected to be completed by late June, subject to delays from weather or other uncontrollable items.

Pacific Crossing is doing our best to restore connectivity as soon as possible. Further updates will be posted on http://www.pc1.com as additional information becomes available.

‎‎2011-6-6 Tetsu Saburi あ、いつのまにか、トップページからケーブル修理情報が消えていますね。(上記の投稿文は 5/27 時点でのトップページの記載) 今のトップページ記述は下記の感じで、別途 5/26 のプレスリリースが置いてあり、直ったことになってるみたいです。( リリースには、West は late June に復旧の見込みと書いてありますが。) 本件、追っかけ終了。

The best trans-Pacific network services available

Pacific Crossing operates the world’s most reliable, trans-Pacific, sub-sea network providing a vital link between the United States and Asia.

Our 21,000 km fiber optic ring network (PC-1) delivers the lowest latency network across the Pacific with high reliability and flexibility to serve the growing need for carrier-class managed network services.

Pacific Crossing landing facilities are located strategically near major metropolitan areas in the Western U.S. and Japan, providing diverse routes that extend into key regions of the U.S. and throughout Asia including Japan, Hong Kong, China, Korea and Singapore.

‎‎2011-6-22 Tetsu Saburi : West も 6/20 になおったようです。

June 20, 2011 Pacific Crossing Announces PC-1 West Route Repair and Recovery Completion http://www.pc1.com/userfiles/file/PC-1W%20recovery.pdf

‎3/22 辺りでの復旧予定は、PC-1 North: 3/29 で PC-1 West: 4/19
実際の修理完了は、PC-1 North: 5/26 で PC-1 West: 6/20
大変だったんですね。

ーーーーー

TAG indexPC-1 全体の復旧まで、3ヶ月以上もかかったのですね。 その間、海上に留まって作業に従事した方々には、ほんとうに頭の下がる思いです。 おかげさまで、普段と変わらずに、こうしてインターネットを使い続けることができました。 お疲れ様でした。 そして、有難うございました。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

災害から生命を守り、復興を支援するために、クラウド・リソースを活用しよう!
PC-1 North / West の復旧が停滞 – 放射性物質の影響で作業海域に入れず
国際海底ケーブルの被災状況(最新) – NTT は? KDDI は?
日本近海の、海底ケーブル損傷状況について by TeleGeography
スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている

東日本大震災の被災者の方々へ、OpenStack からのサポートが!

Posted in .Save Japan, OpenStack by Agile Cat on April 27, 2011

OpenStack Community Supports Japan Tsunami Relief Efforts
Stephen Spector
April 21st, 2011
http://www.openstack.org/blog/2011/04/openstack-community-supports-japan-tsunami-relief-efforts/

OpenStack is a global community, and contributors from Japan have been in our thoughts since the tragic earthquake and tsunami.  To show our support, at next week’s OpenStack Conference and Design Summit, we will be selling ‘OpenStack for Japan’ t-shirts benefiting the Red Cross.  The suggested minimum donation for a t-shirt is $25, and 100% of the proceeds will be donated to the charity organization. The limited-edition shirts were designed by popular cartoonist Hugh MacLeod (@gapingvoid).  Based on demand, we may also print and sell more shirts online after the event.

We look forward to the OpenStack community’s support in this effort next week in Santa Clara!

なかなかステキ(クリックで)拡大 ⇒ 

OpenStack はグローバルなコミュニティであり、日本での震災と津波による悲劇が起こって以来、その国からのコントリビューターたちのことを、ずっと気にかけている。  そこで、来週から始まる OpenStack Conference and Design Summit では(4月26日~29日)、私たちからのサポートとして、【 OpenStack for Japan – Tシャツ 】を販売し、その収益を赤十字に寄付することにした。  Tシャツに対する寄付金(対価)としては、最低でも 25ドルを設定し、その収益の100%が寄付されることになる。こその限定版の Tシャツは、人気の漫画家である  Hugh MacLeod (@gapingvoid) がデザインしたものだ。  希望に応じて、このシャツはプリントされ、今回のイベントが終了した後には、オンラインでも販売する予定だ。

来週に Santa Clara で開催される、この OpenStack コミュニティでの試みを楽しみにしている!

ーーーーー

いい話ですね!  世界から Santa Clara に集まる人々が、このシャツを買ってくれて、そのお金が東北の被災者の方々に届く。 素晴らしいです :)  この OpenStack Conference and Design Summit ですが、日本時間の今夜から始まります。 とても楽しみです!  あぁ~~~ ちなみに、すでに Santa Clara にご到着の ◯◯ さん。 オミヤゲが欲しくてのポストでは、ありませんよ~~~ __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

大入り満員 大人気の OpenStack Conference and Design Summit
Rackspace が、クラウド・ロード・バランサーを発表
CVNO モデルが、クラウドの未来を作るのか?

米 NRC (Nuclear Regulatory Commission) 関連の報道をマトメてみました(3/25~4/8)

Posted in .Save Japan by Agile Cat on April 9, 2011

Smart Grid Japan – IAEA からの抽出です
http://smartgridj.wordpress.com/category/nrc/

ーーーーー

image

NRC とは(Wikipedia より)⇒ ⇒ ⇒ NRC は 1974年に制定された「エネルギー再生法」 (Energy Reorganization Act of 1974) に基づいて1975年1月19日に設立された。NRC はアメリカ合衆国原子力委員会 (United States Atomic Energy Commission ; AEC) の業務のうち、原子力エネルギー問題および原子力安全に関する監督業務を引き継いだ。AEC が持っていた核兵器と原子力利用促進に関する監督業務は、アメリカ合衆国エネルギー研究開発管理部 (Energy Research and Development Administration ; ERDA) に引き継がれ、これによって AEC は廃止された(なお、1977年に ERDA はアメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy ; DOE) に改組されている)。

image

ーーーーー

米原子力規制委、GE日立ニュークリアの次世代原子炉で意見募集へ
Posted on March 25, 2011 by smartgridj
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJPJAPAN-20252920110325
[ニューヨーク 24日 ロイター] 米原子力規制委員会(NRC)は24日、米GEと日立製作所の合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジーの次世代型原子炉「経済性・単純化沸騰水型原子炉(ESBWR)」の設計の認定について、専門家な ど外部の意見を募集すると発表した。募集期間は75日間。意見募集は、2005年から始まった認定手続きの一つだが、東日本大震災で被災した東京電力 の福島第1原子力発電所が沸騰水型でいまも懸念される状況にあることが影を落とす可能性がある。福島第1原発の事故を受け、米国を含め世界各国 で自国の原発の安全性を再点検する動きが出ている。

官房長官、原発事故「米軍や米原子力委と緊密に連携」
Posted on March 29, 2011 by smartgridj
Link
枝野幸男官房長官は29日午後の記者会見で、福島第1原子力発電所の事故に関して「米軍やNRC(米原子力規制委員会)に関係する米国の関 係者とはしっかりコミュニケーションを取っていて支援につながっている。米国には日本にない知識、経験、能力がある。最大限生かしていきたい」と述べた。 米国の支援に対しては「大変ありがたい」と改めて謝意を表明した。〔日経QUICKニュース〕

原発の全電源喪失、米は30年前に想定 安全規制に活用
Posted on March 31, 2011 by smartgridj
http://www.asahi.com/international/update/0330/TKY201103300512.html
東京電力福島第一原子力発電所と同型の原子炉について、米研究機関が1981~82年、全ての電源が失われた場合のシミュレーションを実 施、報告書を米原子力規制委員会(NRC)に提出していたことがわかった。計算で得られた燃料の露出、水素の発生、燃料の溶融などのシナリオは今回の事故 の経過とよく似ている。NRCはこれを安全規制に活用したが、日本は送電線などが早期に復旧するなどとして想定しなかった。このシミュレーションは、ブラ ウンズフェリー原発1号機をモデルに、米オークリッジ国立研究所が実施した。出力約110万キロワットで、福島第一原発1~5号機と同じ米ゼネラル・エレ クトリック(GE)の沸騰水型「マークI」炉だ。

反原発運動も熟知 米原子力委 (NRC) のヤツコ氏 言動に注目集まる
Posted on April 1, 2011 by smartgridj
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110401/amr11040120300014-n1.htm
【ワシントン=柿内公輔】福島第1原発事故をめぐり、米原子力規制委員会(NRC)トップのグレゴリー・ヤツコ委員長(40)の言動に注目 が集まっている。米原子力当局の「司令塔」として全米の原発ににらみをきかせるが、反原発派の大物議員の下で働くなど経歴も異彩を放っている。NRCの 「顔」となったヤツコ氏は1970年、ペンシルベニア州ノリスタウンで生まれた。ウィスコンシン大で素粒子物理学の博士号を取得後、非営利団体のアメリカ 科学振興協会に在籍中に、議会の科学技術政策を支援する研修生に採用されたことで政官界とコネができた。ヤツコ氏も「ユニークな経歴がその後の仕事で役に 立った」と米学会誌に語っている。

米原子力当局 (NRC)、原発の検査を強化へ
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://jp.wsj.com/US/node_214876
米原子力規制委員会(NRC)は、ネブラスカ、サウスカロライナ、カンザスの各州にある原子力発電所の原子炉の検査を強化している。NRC によると、これらの原子炉では安全性に影響を及ぼす可能性がある複数の問題が見つかっている。それでも、各原子炉は安全と考えられている、とNRC報道官 は述べた。これらの原子炉は、5段階評価で第3段階にある。ちなみに、第1段階は良好な状態にあること、第5段階はNRCによる業務停止命令が必要である ことを意味する。全米104の原子炉のうち、この3つ以外は第1段階、あるいは第2段階に位置づけられる。

米原子力規制委 (NRC)、冷却機能喪失などへの対応策点検 米国内原発
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
Link
【ワシントン=御調昌邦】米原子力規制委員会(NRC)は1日、福島第1原子力発電所の事故を受けた米国内の原発の安全性の再点検で、発電 所内の電源や原子炉の冷却機能喪失などへの対応策を点検すると発表した。東日本大震災の後に福島第1原発で起きた状況を想定した形だ。NRCは新たに立ち 上げた調査委員会(タスクフォース)で、これらの問題を扱っていく。点検内容には発電所の緊急事態への対応や準備なども含まれるという。NRCはタスク フォースの人事も発表し、6人の幹部やスタッフを指名した。同タスクフォースは約90日で短期的な評価をまとめた報告書を公表し、その後には長期的な点検 も検討する予定。

燃料棒70%損傷、米エネルギー省が見解 NRC
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110402-756116.html
チュー米エネルギー長官やエネルギー省当局者は1日、福島第1原発1号機の燃料棒の70%、2号機の3分の1が損傷しているとの見方を示 し、チュー氏は同原発について「なお大きな懸念がある」と述べた。米紙ニューヨーク・タイムズなどが伝えた。チュー氏は一方で、原発上空で計測された温度 などから、1~4号機の使用済み燃料プールには冷却水が入っているとみられ「制御できているようだ」と述べた。

東日本大震災:原発危機「日米一体」 放射能部隊140人/協議機関を設置
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://mainichi.jp/select/world/news/20110402ddm002040065000c.html
東日本大震災で東京電力福島第1原発から放射性物質が漏えいしている問題で、日米両政府が異例の協力態勢を敷いている。米海兵隊の放射能専 門部隊約140人が2日にも来日し、陸上自衛隊と共同対処の検討に着手。また米原子力規制委員会(NRC)や在日米軍、日本の関係省庁担当者らが合同協議 機関を設けて、放射性物質の遮蔽(しゃへい)方法など具体策を協議している。震災を機に「米国の強い意向を受けた危機対応の日米一体化」(外務省幹部)が 進んでいる。

福島原発、洗浄が次の難題-「作業は数カ月ではなく数年間」
Posted on April 3, 2011 by smartgridj
http://jp.wsj.com/Japan/node_215588
日本の政府当局や原発関係者が福島第1原子力発電所の損傷した原子炉を安定させようと四苦八苦している中で、国際チームは既に次の大きな難 題、つまり原子炉の洗浄に向けて日本に手を貸そうと集結しつつある。福島第1原発の原子炉の正確な状況はいまなお不透明だが、東京電力は、1979年に事 故を起こしたスリーマイル島原発と86年のチェルノブイリ原発の放射線災害に対応した経験を持つ専門家を関係国から呼び寄せつつある。

建屋のシート遮蔽は9月以降 放射線量高く着工早くて6月
Posted on April 6, 2011 by smartgridj
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040501000967.html
政府が東京電力福島第1原発事故で実行方針を固めた原子炉建屋の特殊シートによる遮蔽は着工が早くても6月以降、完成は最短でも9月となる 見通しであることが5日、分かった。建屋周辺の放射線量が高く、当面は作業が困難と判断した。複数の政府関係者が明らかにした。事故対処の長期化は必至 だ。 政府と東電の事故対策統合本部に属する放射性物質漏えい防止チームの4日の会合で、検討を要請された大手ゼネコンが工期の見通しを報告した。その 際、米原子力規制委員会(NRC)の専門家は、遮蔽シートが地震や台風で倒壊した場合でも、内部の使用済み燃料プールを破損しない構造とするよう求めた。

原子力安全・保安院:経産省から分離…新たな規制機関へ
Posted on April 6, 2011 by smartgridj
http://mainichi.jp/select/today/news/20110406k0000m040179000c.html
東京電力の福島第1原発での事故を受け、政府は5日、経済産業省の外局である原子力安全・保安院を同省から切り離し、内閣府の原子力安全委 員会と統合させて新たな規制機関を設置する方向で検討に入った。新たな規制機関は、原発を推進する立場の経産省とは完全に分離し、米国の原子力規制委員会 (NRC)のような強い権限を持った専門家集団としたい考えだ。

原子炉安定化策で脅威増大も=支援の米専門家が指摘-NYタイムズ
Posted on April 6, 2011 by smartgridj
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040600725
【ニューヨーク時事】福島第1原発の事故について、原子炉安定化に向けて取られた対策がかえって脅威を増大させる恐れがあるとの見通しを日 本に派遣された米支援チームの専門家が指摘していることが6日、分かった。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が米原子力規制委員会(NRC)がまとめた 内密の調査書の内容として報じた。調査書は、米専門家が日米の関係機関や東京電力などから入手したデータを基に3月26日付で作成された。それによると、 原子炉の容器が、放射能に汚染された冷却水で満たされることで傷み、余震によって亀裂が入りやすくなっているという。

米ペンシルベニア州原発、全電源失えば炉心損壊の可能性=NRC分析
Posted on April 7, 2011 by smartgridj
http://jp.wsj.com/US/node_217993
【ワシントン】米国内の原子力発電所の事故を想定した分析で、ペンシルベニア州の原発ですべての電源が失われれば、炉心損壊に近づくことが判 明した。ただ、監督当局は下院エネルギー・商業委員会の小委員会に対し、そのような事態は「極めて非現実的」と指摘した。分析は米原子力規制委員会 (NRC)が行った。同州ピーチボトムにある原発の2基の原子炉で深刻な事故が起きた場合の影響について分析している。議員らによると、この原子炉は、福 島第1原発やバージニア州サリーにある原発の原子炉と似た仕様になっている。

注入海水の塩害に懸念 米の報告書 福島第一原発
Posted on April 7, 2011 by smartgridj
http://www.asahi.com/national/update/0407/TKY201104070189.html
東日本大震災で被災した福島第一原子力発電所について、米原子力規制委員会(NRC)がまとめた報告書が、原子炉内に注入した海水の塩が炉 を厳しい状況に陥らせているという認識を示していることがわかった。東京電力は炉内の核燃料を冷やすため、緊急措置として近くの海から一時的に消防車のポ ンプで海水を注入していた。

窒素注入は米NRCの助言、水素爆発再発を警告
Posted on April 7, 2011 by smartgridj
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110407-OYT1T00285.htm
新たな水素爆発を防ぐため、東京電力は福島第一原子力発電所1号機の原子炉格納容器に窒素を注入しているが、この措置は米原子力規制委員会 (NRC)が報告書の中で必要性を強調していたものだ。報告書は、同原発の現状について冷却のために原子炉に注入した海水の塩分が炉内にたまり、十分な冷 却ができなくなっていると警告している。NRCは、原発の安全審査や規制、放射性廃棄物管理の監督に強い権限を持つ米政府の独立機関。日米政府が福島第一 原発事故の対応のため設立した連絡調整会議にも参加している。

福島第一原発 「水棺」冷却を検討
Posted on April 8, 2011 by smartgridj
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011040802000039.html
福島第一原子力発電所の事故で、政府と東京電力の事故対策統合本部が、核燃料棒が入った圧力容器とその外側の格納容器の内部を水で満たすこ とで、原子炉を継続的に冷却する「水棺(すいかん)」を検討していることが七日、分かった。水棺は原発事故の処理方法として研究されているが、実際に行わ れれば世界で初めてとなる。水棺は、米国でも冷却水を喪失した重大事故時に取り得る手段として研究されている。福島第一原発の事故に関しても、米原子力規 制委員会(NRC)が水棺に言及。「水の重さと格納容器の耐震性に留意すべきだ」と助言している。

原発国際支援
Posted on April 8, 2011 by smartgridjhttp://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=37120&catid=15&blogid=5&blogid=5&catid=15
東京電力福島第1原発事故に米国やフランスなど原発大国はじめ国際的な支援が広がっている。放射性物質の汚染を食い止められない深刻な事態 に、各国が被ばくへの警戒と危機感を強めている。もはや事故収束は日本国内にとどまらない世界的な緊急課題となった。海外からの知恵と総力を結集して一日 も早く危機を克服してほしい。政府で原発事故対策の実務を担う細野豪志首相補佐官は、放射性物質の外部への放出、漏えいを止めるには少なくとも数カ月を要 するとの見方を示した。原子炉の冷却、安定化はさらに「その先」になるという。まずは放射性物質の放出停止に全力で取り組まなければいけない。米国は原子 力規制委員会(NRC)メンバーが参加して日本側と「調整会議」を設け、放射性物質の封じ込めや燃料棒処理に向けた作業を始めた。本土から155人の専門 部隊を派遣する方針で、その第1陣15人が来日した。

ーーーーー

<関連>

IAEA 関連の報道をマトメてみました(3/23~4/3)
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?

IAEA 関連の報道をマトメてみました(3/23~4/3)

Posted in .Save Japan by Agile Cat on April 3, 2011

Smart Grid Japan – IAEA からの抽出です
http://smartgridj.wordpress.com/category/iaea/

image
International Atomic Energy Agency

imageーーーーー

先週からですが、Smart Grid Japan に IAEA というカテゴリを作成し、そこに関連する情報を整理するようにしました。 3/23 ~ 4/3 のトピックとして、もう既に 10本以上が溜まりましたので、以下にリストアップしてみました。 もちろんすべてを網羅できているわけではありませんが、全体的な流れは見えてくると思います。 これからも、可能なかぎり、IAEA カテゴリは更新していきたいと考えています。 なお、IAEA にも Daily Updates というページがあり、前日までの情報が時系列に並べられています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

IAEA、状況「引き続き深刻」 原発、電力回復評価も
Posted on March 23, 2011 by smartgridj
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032301000885.html
福島第1原発で1~6号機の6基すべてに外部電源が接続し、電力供給が可能になったことなどについて、国際原子力機関(IAEA)当局者は22日、「さらなるよい兆候」とし、米紙ワシントン・ポスト(電子版)も「重要な節目に達した」と評価した。しかし、21日に続いて23日も3号機から煙が上がるなど、予断を許さない状況は続く。IAEA当局者は、「全体状況は引き続き深刻だ」と指摘している。米原子力規制委員会(NRC)の幹部は原発の状態について「安定化の兆しがあるように見える」と語っており、世界を不安に陥れた原発事故は改善に向かいつつあるという認識が広がっている。

IAEA、原発問題でウィーン・サミット呼び掛け
Posted on March 29, 2011 by smartgridj
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJPjiji2011032900291
【ウィーン28日ロイター時事】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は28日、福島第1原子力発電所の事故を受けて、原発の安全性をめぐる不安に対処するためのウィーン・サミット開催を呼び掛けた。参加を求められたのは加盟151カ国の担当相で、会議は6月に開かれる見込みだ。 地球温暖化への対策として原発が脚光を浴びつつあるときにこの事故が発生し、原発の再考が促されることになった。 同事務局長は「これ(福島原発事故)は非常に重要な問題で、専門家や技術者ばかりでなく、政治的レベルでの討議が必要だ」と強調した。その上で、ウィーン会議では今回の原発事故の最初の評価について話し合い、どこに誤りがあったのか調べるとし、また会議では原子力の安全性向上と原子力の危機管理改善についても焦点が当てられると述べた。

IAEAが海水分析の専門家派遣 福島第1原発周辺
Posted on March 31, 2011 by smartgridj
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033101000736.html
【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)は31日、海水に含まれる放射性物質の分析・測定の専門家を日本に派遣。専門家は4月2日から福島第1原発周辺の海域などで活動し、日本側に必要な助言などを行う。IAEAによると、日本政府の派遣要請に基づくもので、専門家は調査船に同乗するという。IAEAは福島県などに放射線測定チームのほか、食品や土壌の汚染分析や対策を専門とする国連食糧農業機関(FAO、同ローマ)との合同チームを派遣している。

「再臨界部分的に起きた可能性」報道 反論する日本の専門家も
Posted on March 31, 2011 by smartgridj
http://www.j-cast.com/2011/03/31091858.html
国際原子力機関(IAEA)が、福島第1原子力発電所での再臨界の可能性を指摘したと米ブルームバーグが報じた。   米国の科学者は、1号機の冷却用に使われた海水に含まれていた「塩素38」という物質を「再臨界」の根拠としたが、反論もある。原子力安全保安院も再臨界を否定している。   ブルームバーグ日本語版は2011年3月30日付記事で、IAEAがオーストリア、ウィーンで30日に開いた記者会見で、福島第1原発が「再臨界」の可能性もあるとみて分析作業を進めていることを明らかにしたと伝えた。

土壌汚染マップ作成を IAEA
Posted on March 31, 2011 by smartgridj
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20110331-OYT8T00211.htm
国際原子力機関(IAEA)と国連食糧農業機関(FAO)の専門家ら4人が30日、県庁を訪れ、放射性物質による土壌汚染や農産物の被害状況について、県内自治体の農政担当者やJA関係者ら120人と意見交換した。参加者によると、今後の具体策について言及はなく、IAEA側は「中長期的な継続監視が必要」と強調したという。約2時間半の会合では、IAEA側が、放射性物質の拡散の仕方や農産物に与える影響を説明。参加者からは、「県内の野菜から検出された放射性物質の数値をどう評価するか」「果樹にも汚染の危険性があるか」などの質問が相次いだ。

東電:飯館村のIAEAのデータ詳細は聞いていない-武藤副社長
Posted on March 31, 2011 by smartgridj
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=aRe_ezQJ4pFY
3月31日(ブルームバーグ):東京電力の武藤栄副社長は31日夕の記者会見で、国際原子力機関(IAEA)が福島県飯館村で避難勧告基準の約2倍の放射能物質が見つかったと発表したことについて、「IAEAのデータの詳細は聞いていない」と述べた。会見のもようはインターネットで生中継された。武藤副社長は、枝野幸男官房長官がIAEA報告に対し避難地域をすぐに拡大するものではないとの判断を示したことについて、「長期にわたるといろいろな可能性がある」と述べるにとどめた。

IAEA、閣僚級会合を6月20─24日開催へ=外交筋
Posted on
March 31, 2011 by smartgridj
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20344320110330
[ウィーン 30日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)は、原発の安全性強化を目指す閣僚級会合を6月20─24日にウィーンで開催する。複数の外交筋が30日、明らかにした。天野之弥事務局長は28日、東日本大震災に伴う福島原発事故を受けて、原発問題を協議する閣僚級会合を開催する方針を明らかにしており、会合では福島原発から学ぶ教訓や「原発安全強化プロセス」の実施など複数の点について協議する、としている。

チェルノブイリ事故による環境影響とその修復:20年の経験
Posted on April 1, 2011 by smartgridj
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/132/mgzn13209.html
1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故とその後10日間続いた反応炉の火災により、前例のない多量の放射性物質が漏出し、現在のベラルーシ、ロシア共和国、ウクライナを中心に、ヒトと環境に多大な影響を及ぼす惨事となった。事故後20年近くが経過した2003年になっても、チェルノブイリ事故が及ぼした影響について、なお議論があることを受け、国際原子力機関 (IAEA) は、国際連合食糧農業機関 (FAO)、世界保健機関 (WHO) 等の国連の機関および影響の大きかった3つの国の高官から構成されるハイレベルの組織体として、チェルノブイリ・フォーラムを立ち上げた。

福島第一原発、その欠陥が指摘される
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29904250
核の番人と言われる、国際原子力機関 ( IAEA ) の前事務局長でスイス人のブルーノ・ペイヨ氏は、福島第一原発が過去に指摘された欠陥をまったく改善していなかったことに怒りを覚えるという。 こうした過ちから、ペイヨ氏は世界のすべての原発が例外なく検証されるべきだと訴える。

IAEA 原子炉専門家派遣へ
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110402/t10015059561000.html
福島第一原子力発電所の事故で、IAEA=国際原子力機関は日本政府の要請を受けて、新たに原子炉の専門家を日本に派遣することを決めました。派遣されるのは、福島第一原子力発電所に設置されている「沸騰水型」と呼ばれる原子炉の専門家2人です。2人は、4日から日本で、原子力安全・保安院や東京電力と協議して情報の収集に当たるほか、今後の対応について日本側に助言するということです。IAEAは、これまでに16人の専門家を日本に派遣して、福島県や首都圏で大気中に含まれる放射線量の測定などに当たってきました。このうち、海水分析の専門家1人は、2日から日本の専門家と一緒に調査船に乗って、福島第一原発周辺の海水に含まれる放射性物質の分析を行う予定です。

原発事故長期化とIAEA局長 国連総長「かなり深刻」
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040201000044.html
【ナイロビ共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は1日、訪問先のケニアの首都ナイロビで記者会見し、事故を起こした福島第1原発が正常な状態に戻るまでには「人々が考える以上に時間がかかる」と述べ、事態が長期化するとの見通しを示した。続いて記者会見した国連の潘基文事務総長は同原発の状況について「かなり深刻で、懸念を抱いている」と述べ、日本政府や被災者を支援すると強調した。

IAEA HP日本語訳 (非公式)
Posted on April 3, 2011 by smartgridj
http://iaea-japanese.webspace.ne.jp/bbs/
4月2日(21:00日本時間) — 全体として、福島第一原発は極めて深刻な状況が続いている。 1号機のタービン建屋地下から復水器への水の汲み出しの準備として、31日12:00から復水貯蔵タンクからサプレッションプール用サージタンクへの汲み出しが行われている。トレンチ内の水は集中環境施設プロセス建屋のタンクに移された。トレンチ内の水位は水面がトレンチ上部から1mだったのが、1.14mに減少した。2号機のタービン建屋地下からの水の除去の準備のため、復水器からサプレッションプール用サージタンクへの水の汲み出しが29日16:45から始まり、4月1日11:50に終了した。3号機については、復水器からサプレッションプール用サージタンクへの汲み出しが28日17:40に始まり、31日 8:37に完了している。

人々が考える以上に時間かかる…IAEA見解
Posted on April 3, 2011 by smartgridj
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110402-OYT1T00577.htm
【ウィーン=末続哲也】ロイター通信などによると、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は1日、訪問先のケニア・ナイロビで記者会見し、福島第一原発の事故について、「(危機を脱するまで)人々が考える以上に時間がかかる。明日とか、あさっての話ではない」と述べ、危機的な状況は長期化するとの認識を示した。

原子力安全条約:あすから検討会合 福島原発事故、日本の報告に世界注視
Posted on April 3, 2011 by smartgridj
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110403ddm012030097000c.html
【ウィーン樋口直樹】福島第1原発事故に世界の関心が集まる中、ウィーンで4日、原発の安全性の確保や向上などを狙いとする「原子力安全条約」(72締約国・機構)の検討会合が開幕する。同日夕には、国際原子力機関(IAEA)と日本政府が福島原発事故に関するセミナーも共催する。事故後初の本格的な国際会合で、日本の現状報告などをもとに参加国の専門家らが対応策を検討、今後の原発の安全強化のあり方などを探ることになる。検討会合は14日までの11日間。日本からは経済産業省原子力安全・保安院の担当者らが参加する。

ーーーーー

<関連>

アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?

東日本大震災に関連する Agile_Cat ポストをマトメました

Posted in .Save Japan by Agile Cat on April 3, 2011

それぞれが、それぞれの出来ることを・・・

image

2011年 3月 11日、世界中のメディアが、東日本の沖合で発生した巨大地震についてレポートしました。その規模は、マグニチュード9に達し、破壊的な津波を引き起こしました。この Web サイト上の Japan Quake Map は、今回の地震と余震を時系列でビジュアライズすることを目的としています。 表示されるサークルにより、震源地と規模を示し、また、そのカラーにより震源の深さを示しています。

image地震のデータは USGS(United States Geological Survey) から得られたものです。そして、Google Maps APIと結合して、リアルタイムに地図上に表示しており、きわめて有益な情報を提供し続けています。言い換えれば、震災における救援活動や、これから始まる復興支援に対して、いち早くクラウド・コンピューティングからの側面援助が開始されたことの証明でもあるのです。

また、Sakura、GMO、Amazon、Microsoft などの、各種のクラウド・プロバイダーがリソースを開放し、それを活用するボランタリーたちによる支援が始まりました。 この支援の内容とは、主として震災関連情報を掲載する Web サイトのミラーリングです。そして、真っ先に対象となったのは、ほかでもない、パンク状態の日本赤十字社 Web サイトであり、地震の翌日である3月12日には複数のミラーサイトが運用され、救援情報などが通常どおりに提供されるようになりました。

その後も、こうしたボランティア活動は継続され、東北各地の自治体 Web サイトが次々とミラー化され、また、都心の列車運行状況に関する Twitter ポータルにより、リアルタイムなメッセージが提供され、さらには東京電力の計画停電情報までも、発表から1時間もかからずにミラー化されるという、めざましい働き振りを見せました。

Agile_Cat も、自分なりにできることを考え、海外から発信される日本のデータセンターや海底ケーブルの情報をポストしてきました。 以下に、まとめとしてのリンク集を作りましたので、よろしければ、ぜひ、ご利用ください。

<データセンター編>
米国メディアが見る、主要 TOKYO データセンターの状況
TOKYO データセンター事情 1 – Equinix は経産省と協調してディーゼル燃料を
TOKYO データセンター事情 2 – 日本脱出案を提供する Nirvanix
TOKYO データセンター事情 3 – 頑張れ Telehouse 仙台!

<海底ケーブル編>
日本近海の、海底ケーブル損傷状況について by TeleGeography
国際海底ケーブルの被災状況(最新) – NTT は? KDDI は?
PC-1 North / West の復旧が停滞 – 放射性物質の影響で作業海域に入れず

<Twitter 編>
ありがとう Twitter! 災害時に発揮されたキミの実力をチャートで検証する
日本の大震災で証明された Twitter と Facebook の SOS パワー

<原子炉 + スマートグリッド 編>
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?
いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国

あれから 3週間が経ちましたが、その傷跡の深さを、あらためて認識するような日々が続いています。それぞれが、それぞれの出来ることを・・・ というスタンスで、Agile_Cat も頑張っていきたいと思っています。 ーーー __AC Stamp 2

日本の大震災で証明された Twitter と Facebook の SOS パワー

Posted in .Save Japan, .Selected, Twitter by Agile Cat on April 2, 2011

Japan Earthquake Proves the Power of Twitter, Facebook :
The New Age S.O.S and HAM Radios

by SHREYAS on MARCH 22, 2011
http://mobitechbuzz.com/4995/japan-earthquake-proves-power-twitter-facebook-age-sos-ham-radios/

image

They are powerful….and are getting Powerful, day by day. In what has changed the Internet since its invention, Social Media/ Networking has defined ways about how we live, connect, articulate. Such is the influence on everyone’s lives that it has toppled governments with the rising of Jasmine Revolution.

それらはパワフルであり、日ごとに、そのパワーを増している。 インターネットが発明されて以来、その変化の中で Social Media/ Networking が、私たちが生活し、絆を持ち、表現する方式を定義してきた。 それらは、すべての人々の日常に影響をおよぼし、Jasmine Revolution の高まりにより政権を倒すまでに至った。

But my topic won’t be the Jasmine Revolution…but Social Media & the most talked about – Japan Earthquake. Social Media became an invaluable tool during the recent earthquakes in Japan. They proved beyond doubt to be the easiest, quickest and most reliable communications tools in natural disasters.

しかし、このトピックは Jasmine Revolution ではなく、最大の関心事として語られている日本の大震災と、Social Media の関係について述べていく。 なぜなら、Sicial Media は、この日本の大震災で、きわめて価値の手段として認められたからだ。まったく疑いの余地なく、自然災害が発生した際の、最も容易で、迅速で、信頼できる通信手段であることが証明された。

In Japan, during the recent quakes and Tsunami, mobile phone carriers like NTT DoCoMo, Softbank and Au were limiting voice calls due to congested networks. Many Tokyo residents were even unable to send text messages to friends and relatives.

先日に起こってしまった、日本での地震と津波において、NTT DoCoMo や、Softbank、Au などの携帯キャリアは、ネットワークの飽和を回避するために、ボイス・コールを制限していた。 数多くの Tokyo 在住者たちは、友人や親類にテキスト・メッセージを送ることさえ不可能であった。

Skype, Facebook, Twitter and Mixi (Japan’s most popular social networking site) continued to function properly and members used them to assure friends or family abroad that they were safe.
Within an hour after earthquake, more than 1,200 tweets a minute were coming from Tokyo. ByMonday, a total of more than 300,075 Twitter posts using the term “earthquake” had been posted. Twitter traffic related to Japan jumped dramatically. Usually about 0.05% of all Twitter traffic relates to Japan, but at 2:00 a.m. EST, it accounted for nearly 12% of all twitter traffic.

Skype および、Facebook、Twitter、Mixi は、適切に機能し続け、そのメンバーたちは、友人や家族に安否を伝えることができた。地震の発生から 1時間にわたり、毎分 1,200以上のツイートが Tokyo から発信された。 そして、「地震」という単語を含む ツイートに関しては、週明けの月曜日までに 300,075 以上がポストされることになった。さらに、Japan と関連する Twitter トラフィックが劇的に増大していた。通常では、Twitter の全トラフィックにおける約 0.05% が Japan に関連しているが、アメリカ東部標準時間の午前 2時の時点では、全 Twitter トラフィックの約 12%を占めていた。


Twitter-Tweets-Japan-earthquake

Tweet tags like “#prayforjapan” and “#tsunami” became top trending topics almost immediately on Twitter. If you check this out on FB, you may find an unprecedented “Like”s for that page. Such was the reach-out to the users on FB.

そして、#prayforjapan や #tsunami といったタグが、瞬く間に、Twitter 上のトップ・トレンドになったいった。 もし、Facebook でチェックする場合は、それらのキーワードを含むページに、前例のない量の Like が見い出せるだろう。 それらを用いて、Facebook のユーザーは連絡をとりあっていた。

Even the US State Department is using Twitter to:

1) Publish emergency numbers, and
2) Informing Japanese residents in US on how to
contact families in Japan.

Also, another useful tool is the U.S. Geological Survey: Twitter Earthquake Detector

さらに、アメリカ政府では、以下の用途に Twitter を活用していた:

1)  緊急連絡先の提供
2)  アメリカ在住の日本人による、家族の安否確認

また、という、U.S. Geological Survey: Twitter Earthquake Detector 有益なツールも提供されている。

The Red Cross was flooded with people using its Family Links website, which helps track people during an emergency. For those who are trying to locate US Citizens who are in Japan, the Red Cross tweeted: “Contact the US State Department 1-888-407-4747 or 202-647-5225 for inquiries on US citizens living/traveling in Japan.”

国際赤十字社の Web サイトは、緊急時の安否確認を支援するFamily Links により飽和状態であった。 そのため、日本に滞在しているアメリカ国民を探しだそうとする人々のために、「Japan に滞在/旅行のアメリカ国民を調べるには、米国の国務省 1-888-407-4747 あるいは 202-647-5225 と連絡せよ」と、国際赤十字社は Twitter でメッセージを発信していた。

The Red Cross has a Facebook page with current updates on the Japan earthquake and tsunami: http://www.facebook.com/redcross  Follow The Red Cross on Twitter: http://twitter.com/redcross

国際赤十字社は、日本の地震と津波に関して、現在でも Facebook ページを更新している: http://www.facebook.com/redcross 。 また、その Twitter は以下のアドレスである:http://twitter.com/redcross

Within hours Google stepped in by launching a version of its person finder tool for the earthquake. The tool has a link for people seeking information about friends and loved ones in areas affected by the quake and tsunami and it had another link for people wanting to post information about individuals.

Google に関しては、地震の発生から数時間のうちに、被災者のためのパーソン・ファインダ・ツールを立ち上げた。地震と津波でで被災した地域で、友人や家族の情報を探す人々に、このツールはリンクを提供した。そして、対象となる個人について情報をポストしたい人々のために、別のリンクをも提供していた。

image

Relief organisations used Twitter to post information for non-Japanese speakers to lists of shelters for those left homeless. One could obtain as information about where to find shelters with locations being posted on Google Maps.

Twitter を利用する救援組織は、避難所に取り残された外国人のリストをポストした。 そこでは、Google Maps のポストされた位置を用いて、対象となる避難所の情報を提供することができた。

Facebook and Twitter were also filled with prayers and support from around the world. In one tweet, President Obama sent “condolences to the people of Japan, particularly those who lost loved ones in the earthquake & tsunamis. U.S. stands ready to help. NHK, the Japanese government television broadcaster, was streaming footage via iPhone applications to viewers

また、Facebook と Twitter は、世界中からの祈りにより満たされた。 送られた Twitter には Obama 大統領からのものもあった。「 地震と津波により、愛する家族や、恋人、友人を失ってしまった日本の人々に、哀悼の意を表示ます。 アメリカは、支援の準備を整えました 」。 日本の公共テレビ局である NHK は、iPhone アプリケーションを介して、視聴者に映像をストリーミングしていた。

Even when major disaster hits, people are reaching for their phones to tweet about it rather than head for safer places or inquire about near by safety places or rush to check the well being of their family and neighbors. Is social media truly entering “a necessary evil” stage where for people its their reflex response to emergency?

大災害のときでさえ、人々は地震の状況をツイートするために、モバイル・フォンに手を伸ばす。それは、安全な場所への移動や、その場所に関する問い合わせ、そして、家族と隣人の安全を確認に先行して行われるのである。緊急時における反射的な対応として、こうしたソーシャル・メディアの使い方を、「必要悪」と呼べるのであろうか?

Also , Japanese mobile web traffic spiked after earthquake

Mobile web traffic surged across Japan in the hours after March 11′s earthquake and subsequent tsunami, reported digital research firm comScore. The firm noted that mobile media consumption spiked as citizens left without access to desktop computers turned to their phones to obtain information and communicate with loved ones. ComScore added that even prior to the disasters now afflicting the country, Japan leads all nations in mobile media consumption, with 75 percent of mobile subscribers accessing connected media

デジタル調査会社である comScore によると、3月11日の地震と津波の後、数時間にわたって日本中のモバイル Web トラフィックが急上昇したとされる。 同社の指摘によると、このモバイル・メディアのピークは、人々がデスクトップ・コンピュータにアクセスするのではなく、モバイルを介して家族とコミュニケートした結果だとされる。モバイル・サブスクライバーの 75% が、インターネット接続されたメディアを利用しているという点で、日本は世界をリードしていると、ComScore は今回の大災害より以前にレポートしている。

Share and Spread the News:

  • You might also like:
  1. Google Person Finder for 2011 Japan Earthquake
  2. If you are drunk you can’t post on Facebook
  3. Facebook decreases workload of New York police
  4. Women are more stressed than men to update a witty status on Facebook
  5. Facebook will introduce a new friendship tool

ーーーーー

先日も、” ありがとう Twitter! 災害時に発揮されたキミの実力をチャートで検証する ” という Pingdom の記事をポストしましたが、それよりも更に詳細な、Twitter の時系列データが得られたようです。 また、2009年に Michael Jackson が死亡したときにポストした、” Google と、Yahoo と、Bing に、マイケルがくれたもの ”と比べてみて、その事象の違いがあるにしても、検索サイトからソーシャルへ向けた、大きな移行が進行している状況が理解できますね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Twitter は 毎日、46万ユーザーを増やし、1億 4000万ツイートを発信する
国際海底ケーブルの被災状況(最新) – NTT は? KDDI は?
米国メディアが見る、主要 TOKYO データセンターの状況
日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国
いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
東日本大震災の規模と頻度を、Google Map + アニメーションで確認する
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている

%d bloggers like this: