Agile Cat — in the cloud

急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on November 28, 2014

CHART OF THE DAY: Samsung’s Mobile Market Share Is Tumbling
http://wp.me/pwo1E-83s
Dave Smith – Nov. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-samsungs-mobile-market-share-is-tumbling-2014-11

_ Business Insider

We’ve previously reported on the troubled state of Samsung’s mobile business, but the cheese became a little more binding on Monday with a report from The Wall Street Journal saying the South Korean company is considering replacing some of its top executives as a result of its cratering smartphone business.

先日のレポートでは、Samsung のモバイル・ビジネスが問題を抱えている状況を伝えたが、月曜日の Wall Street Journal によると、同社の体制に動きが見られるようだ。そして、この South Korean カンパニーは、スマートフォン事業における問題を解決するために、トップ人事の変更を検討していると述べている。

To get an idea of the pressure Samsung is facing in the mobile sphere, check out the company’s global smartphone market share. Based on IDC data charted for us by BI Intelligence, Samsung’s market share is getting eaten not only by Apple, representing the high-end smartphone market, but most notably from low-end phone makers in China including Lenovo, Huawei, and Xiaomi, which has come out of nowhere to become the biggest smartphone maker in China and the third-biggest in the world. (The "Other" section in this chart includes a bunch of smaller phone makers in India, Indonesia, and other big countries. But they’re all much smaller than HTC.)

モバイル分野で Samsung が直面しているプレッシャーを理解するためには、グローバル・スマートフォン市場における同社のシェアを確認する必要がある。IDC のデータから BI Intelligence が作成したチャートによると、Samsung のシェアは、ハイエンド・スマートフォンを代表する Apple にも攻めこまれているが、最も注目すべきは、Lenovo/Huawei/Xiaomi といった China ローエンド・スマホ・メーカーによる浸食である。とりわけ、この Xiaomi は、China で最大のスマホ・メーカーになっただけではなく、グローバル市場でも三番手に成長してきている。( なお、このチャートの Other のセクションには、India や Indonesia などのスマホ・メーカーが含まれているが、それらは、HTC よりもは遥かに小規模である)

Samsung’s mobile profits and revenue are both tumbling, but that only partially explains the shakeup. As for what Samsung should actually do about its mobile woes, Business Insider’s Jay Yarow has a far-out idea to save the company.

Samsung の モバイル事業は、売上と利益の両方で急降下している状況にあるが、その大改革といっても、部分的なものに留まるようだ。 Samsung が、モバイル事業を苦境が救うために実施すべき点については、Business Insider の Jay Yarow もアイデアを提供している。

SEE ALSO:  CHART OF THE DAY: Apple Has Nearly A Billion Payment Cards On File

ーーーーー

この Samsung の苦境は、単にシェアを減らすだけではなく、そのビジネスを縮小させるという深刻な状況にあるようです。 11/18 には China Topix が、「Samsung Reducing Smartphone Range By 30% In 2015」という記事をポストしていますが、アジアの途上国マーケットで戦っていくために、中国勢と同じレベルで価格競争していくという判断なのかもしれません。 おそらく、同じことは Sony にも言えることであり、ハイエンド・スマホというカテゴリーが、大きな転換期に差し掛かっているのかもしれません。

ーーーーー

<関連>

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
Samsung と Apple がシェアを落とす、2014 Q3 の スマホ 攻防戦
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Android の MAU が 11.5 億に近づいている:アドとアプリを分析する
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% がモバイルから!

なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Posted in Data Center Trends, Google, IBM, Samsung by Agile Cat on June 10, 2014

IBM Opens Chip Architecture, in Strategy of Sharing and Self-Interest
http://wp.me/pwo1E-7yZ

By
STEVE LOHR – April 23, 2014
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/23/ibm-opens-chip-architecture-in-strategy-of-sharing-and-self-interest/

 

IBM’s chip business needs help. So the company has opened up the technology of its Power microprocessors, inviting others to modify and manufacture Power-based designs pretty much as they see fit. This open, liberal licensing initiative is conducted under the auspices of the OpenPower Foundation, which was incorporated in December.

IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

The foundation now has two dozen members in addition to IBM, including Google, Samsung, Nvidia, Mellanox and Tyan. On Wednesday, IBM and the foundation are announcing the first fruits of that collaboration – server computers based on IBM’s new Power8 chip technology. The chips, experts say, are unusually fast, powerful and tuned for handling vast amounts of data.

いま、このファンデーションには、IBM に加えて、Google/Samsung/Nvidia/Mellanox/Tyan などを含む、20社以上の企業が参加している。この水曜日に、IBM とファンデーションが発表したのは、同社の新しい Power8 チップ・テクノロジーをベースにした、コラボレーションにおける最初の成果物としてのサーバーである。

Jack Plunkett
Feature Photo Service for IBM

Two IBM engineers working on a stack of servers using the company’s Power-based designs.

IBM and Google are the key strategic players in the foundation. IBM’s Power systems hold the largest share of the market for server computers running the Unix operating system. But the Unix server market is withering. Sales of IBM’s Power systems fell 31 percent last year.

IBM と Google は、このファンデーションをリードする、戦略的なプレーヤーである。 IBM の Power システムは、Unix オペレーティング・システムを走らせる、サーバー・コンピュータ市場において、最大のシェアを保持している。しかし、Unix サーバー市場は衰退しており、昨年の IBM Power システムは、その売上を 31% も減らしているのだ。

“For the Power technology to survive, IBM has to do this,” said Charles King, principal analyst for Pund-IT, a research firm. “It needs to find new markets for Power.”

「Power テクノロジーが生き残るためには、それを行わなければならない。 つまり、IBM は Power のための、新たなマーケットを探し出す必要がある」と、調査会社 Pond-IT の主席アナリストである Charles King は述べている。

The new market strategy is to become an attractive hardware home for Linux, the operating system of choice in Internet-era data centers. Linux typically runs on industry-standard chips, mainly produced by Intel but also Advanced Micro Devices.

この、新しいマーケットの戦略とは、インターネット時代のデータセンターにおける、最適なオペレーティング・システムとして認識される Linux のための、魅力的なハードウェア・プラットフォームになることだ。一般的に見て Linux は、主として Intel および AMD が製造する、業界標準チップ上で動作している。

“We really wanted to give people an alternative to Linux on Intel,” said Tom Rosamilia, senior vice president in charge of I.B.M.’s hardware business, a position he assumed last August.

「 私たちは、Intel 上で Linux を走らせる人々に対して、対案を提供したいと本気で考えている」と、IBM の VP of Hardware Business である Tom Rosamilia は語っている(昨年 8月時点の役職だと記憶している)。

IBM’s decision to open up its chip technology, Mr. Rosamilia said, takes a page from the playbook of ARM, whose open licensing policy has helped make its low-power processors a leader in the smartphone and tablet markets.

Rosamilia によると、このチップ・テクノロジーのオープン化は、ARM の戦略ノートから、ページを切り取ったものであるという。 ARM のオープン・ライセンス・ポリシーは、スマートフォンやタブレットにおける、低消費電力プロセッサー市場のリーダーとしてのポジションを確かなものにしている。

Gordon MacKean, who leads Google’s hardware teams, is the chairman of the OpenPower Foundation. In an interview, Mr. MacKean said opening up the Power technology allowed many groups to fine-tune it, potentially driving down the price and improving the performance of data-intensive computing.

Google のハードウェア·チームを率いる Gordon MacKean は、OpenPower Foundation の Chairman も務める。MacKean は、インタビューにおいて、多様なグループにフィットするよう、Power テクノロジーをオープンにしていくと述べている。それにより、コストの低減を推進し、データ集約型コンピューティング性能を向上させるという。

Mr. MacKean declined to discuss Google’s own plans for using Power-based technology in its many massive data centers. But analysts say the embrace of Power has two crucial advantages for Google. First, the Internet giant builds its own data centers and tweaks the technology in its server computers, and the licensing regime in the Power foundation is hacker-friendly in a way Intel’s handling of its intellectual property is not.

MacKean は、大規模なデータセンター群で Power ベース・テクノロジーを使用するという、Google の計画に関する議論を、当初は辞退したという。しかし、アナリストたちは、Power の提供は Google にとって、2つの重要なメリットを有していると発言した。第一に、このインターネット・ジャイアントは、、独自のデータセンターを構築し、そのサーバー・コンピュータ・テクノロジーを磨きあげている。そして、Power Foundation のライセンス制度は、Intel が知的財産を取り扱う方式の外側で、とてもハッカーフレンドリーである。

The second advantage for Google is negotiating power. In the heyday of the mainframe era, Japanese companies like Hitachi made machines that competed with IBM’s. In those days, corporate technology buyers used to refer to the “million-dollar Hitachi coffee cup.” When the IBM sales team arrived, they explained, having the Hitachi coffee cup on your desk was valuable indeed – a reminder to IBM that there was an alternative, which became a lever for negotiating lower prices.

Google にとっての第二のメリットは、交渉力である。メインフレームの全盛期においては、Hitachi などの日本企業が、IBM と競合するマシンを作っていた。当時のコーポレート·テクノロジー・バイヤーたちは、 “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” と言いながら、それらを使っていた。そして、IBM のセールス・チームが訪問したとき、その “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” を指差しながら、たしかな価値があると、顧客たちは説明したものだ。つまり、対案が存在することで、価格を引き下げるための交渉が始まることを、IBM は思い出すことになる。

An open Power technology, analysts say, could serve a similar role if it rises to become a genuine, price-competitive alternative to Intel-based servers.

アナリストたちによると、オープンな Power テクノロジーが、Intel ベース・サーバーに対して、価格面で本当に競争力のある対案として浮上した場合、メインフレームのときと同じような役割を果たすことになるという。

And Google, analysts say, is potentially a big enough customer to insure that Power technology is an alternative. “Google could make this a market on its own,” said Rob Enderle, an independent analyst in San Jose.

そして Google は、Power テクノロジーが対案になり得ることを証明できる、充分な規模を持った顧客である。「Google は、そのマーケットを、自分のものにもできる」と、San Jose 在住の独立系アナリストである Rob Endele は述べてる。

ーーーーー

この、IBM と Google の連携は、4月の末に報道され、世界を驚かせました。Gigazine では、Google におけるハードウェアとソフトウェアの刷新と、それに伴うリスクについて指摘していますが、Intel だけに依存する状態を継続することの方が、はるかにリスクが高いと考えているのだろう、と推察しています。かつて、Wintel という時代がありましたが、ユーザー主導のパワー・バランスが機能するようになり、コンシューマの世界においても、プロフェッショナルの世界においても、一人勝ちのベンダーを作らせない新たなステージへと、私たちは移行しているのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート

Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on June 3, 2014

Samsung unveils first smartphone using Tizen operating system
http://wp.me/pwo1E-7xF

June 2, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/samsung-unveils-first-smartphone-using-tizen-operating-system

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co., the world’s biggest maker of mobile devices using Google Inc.’s Android operating system, announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform.

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co. は、Google Inc. の Android オペレーティング・システムを用いた、モバイル・デバイスにおける世界最大のメーカーであるが、Tizen のオープンソース・プラットフォームを走らせる、初めての商用のスマートフォンを発表した。

Samsung Electronics Co. announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform. — Reuters pic

The Samsung Z will be available in Russia in the third quarter before expanding to other markets, the Suwon, South Korea-based company said in a statement today. The device will have a 4.8-inch screen and will be on show at the Tizen developer conference in San Francisco tomorrow.

Suwon, South Korea をベースにする同社の、今日(6/2)のステートメントによると、その Samsung Z は、今年の Q3 から Russia での販売が始まり、その後に、他のマーケットでのビジネスが展開されることになる。このデバイスは、4.8-inch スクリーンを持ち、明日に San Francisco で開催される、Tizen デベロッパー・カンファレンスでお披露目となる。

Tizen, which is being developed with companies including Intel Corp. and Vodafone Group Plc, is an alternative to Android, the most popular smartphone operating system in the world. Asia’s biggest technology company unveiled two wristwatches using Tizen in February and had previously said its first commercial phone using the platform would be released in 2013.

Intel Corp. および Vodafone Group Plc などを含む企業群が開発する Tizen は、世界で最も人気のスマートフォン·オペレーティング·システムである、Android に代わるものを目指している。 そして、このアジア最大のテック・カンパニーは、Tizen を用いる 2種類のスマートウォッチを 2月に発表したが、このプラットフォームを用いる最初のスマートフォンは、2013年にリリースされると当初は述べていた。

Samsung has been boosting incentives in its smartphones, including adding US$600 (RM1,930) of freebies to its Galaxy S5 marquee device, as it faces more competition from Apple Inc. as well as Chinese producers including Xiaomi Corp. and Lenovo Group Ltd. — Bloomberg

Samsung は、看板である Galaxy S5 デバイスの景品として $600(RM1,930)を追加するなど、スマートフォンにおけるインセンティブを高めてきた。その理由は、Apple との熾烈な戦いだけではなく、Xiaomi や Lenovo といった、中国製のデバイスの追い上げに直面しているからでもある。 ーーー Bloomberg

ーーーーー

ついにと言うか、ようやくと言うか、Tizen を載せたスマホが Samsung から登場するようです。しかも、Apple の WWDC 2014 に発表をぶつけ、同じ SF でデベロッパー・カンファレンスまで行うようです。なぜ、Android ではダメなのかという疑問が、Tizen に関するニュースを見るたびに、アタマに浮かんで来ましたが、対 Apple というより、対 Chinese の戦略というのが本音だと思えてきました。 つい先日に、Xiaomi が Mi Pad というタブレットを出しましたが、信じられないほどの低価格で攻めてきています。同じ Android では太刀打ち出来ないと判断しても、仕方のないことなのかもしれません。 だからこそ、WWDC に合わせて発表したのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Samsung は Tizen を武器に、Google と Apple に牙をむく: Docomo もサポート?
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
Apple は 5.5-inch の iPhone を作っているのか? 台湾からの情報を整理する
さぁ WWDC 2014 だ! iOS 8 だ!

PayPal の決済アプリが、Galaxy S5 の指紋リーダーと連携する:時代はバイオメトリクスだ!

Posted in .Selected, Mobile, Samsung, Security by Agile Cat on April 30, 2014

PayPal releases mobile payment app for the Samsung Galaxy S5 fingerprint reader
http://wp.me/pwo1E-7s1

By
Kevin C. Tofel – April 11, 2014
http://gigaom.com/2014/04/11/paypal-releases-mobile-payment-app-for-the-samsung-galaxy-s5-fingerprint-reader/

_ Giga Om

Summary: Now that Samsung’s Galaxy S5 is available, it’s time to make use of the integrated fingerprint scanner. PayPal is doing just that, releasing its app made specifically for biometric authentication.

Samsung Galaxy S5 が利用できるようになったが、そこに統合された指紋スキャナを利用も始まることになる。そして PayPal が、このバイオ認証のために開発された、新たなアプリをリリースする。

ーーーーー

With the Samsung Galaxy S5 now available, PayPal is making good on its promise to use the handset’s fingerprint reader. The company released mobile apps specifically for the Galaxy S5 and Samsung’s latest wearables on Friday. Using the phone app, you can log in to your PayPal account with a fingerprint scan instead of a typed password and make payments online or at participating retail locations that access PayPal payments.

ついに Samsung Galaxy S5 が登場したことで、このハンドセットで指紋リーダーをサポートするという約束を、PayPal は守れるようになった。この金曜日(4/11)に同社は、Galaxy S5 および、Samsung の最新ウェアラブル・デバイスのための、特別なモバイル・アプリをリリースした。このフォン・アプリを使用することで、これまでのパス・ワード入力に換えて、指紋スキャンにより PayPal アカウントにログインし、この PayPal ペイメントでアクセスするリテーラーで支払いを行うことが可能となる。

PayPal actually announced the software in conjunction with the Galaxy S5 introduction at February’s Mobile World Congress. Until now, however, no devices were available to use the app. Here’s a short demonstration of how the PayPal app works:

実際に PayPal がアナウンスしたのは、この 2月の Mobile World Congress で紹介された、Galaxy S5 と組み合わせるソフトウェアである。つまり、これまでの間、このアプリを使用するデバイスが無かったのだ。 そこで、PayPal のアプリが機能する方式を、この Youtube デモで示す。

The idea of using a fingerprint for account authentication over a typed password is rather timely, given how many sites are now affected by the massive HeartBleed security flaw may have exposed passwords on two-thirds of the world’s servers.

パアカウント認証において、スワード入力に換えて指紋を使用するというアイデアは、とてもタイムリーなものである。世界中のサーバーの、2/3 のパスワードを開示されてしまうとも言われる、大規模な HeartBleed セキュリティ欠陥の影響を受けて、とても多くのサイトが震え上がっているのだ。

Clearly, neither PayPal nor Samsung knew this would happen when they announced the mobile payment feature in February. The situation could bring awareness to Samsung’s newest phone since it uses biometrics instead of a password. Even if that fingerprint data is stored on PayPal’s servers, they aren’t affected by HeartBleed according to LastPass.

PayPal も Samsung も、金曜日の発表とタイミングを合わせるかのように、このような問題が起こるとは知らなかったはずだ。そして、このペイメント方式では、パスワードに換えてバイオ・メトリクスを使用しているため、Samsung の最新スマホが注目されるという状況になっている。たとえ、指紋データが PayPal のサーバーにストアされていても、LastPass によると、HeartBleed の影響を受けることはない

Samsung’s newest handset isn’t the only device that can use a new PayPal new app, however. PayPal is available on the Samsung Gear 2 smartwatch and Gear Fit wearable so you can make payments, redeem offers and receive payment notifications on your wrist.

しかし、Samsung の最新スマホだけが、この PayPal の最新アプリを使用できる、唯一のデバイスというわけではない。PayPal アプリは、Samsung の Gear 2 スマート・ウォッチおよび、Gear Fit ウェアラブルでも利用できるのだ。 したがって、手首に装着されたデバイスから、ペイメントを実施し、支払い通知を受け取ることも可能となる。

Related research

Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 October 2013
Consumer privacy in the mobile advertising era August 2012
Bitcoin: why digital currency is the future financial system March 2014

ーーーーー

TAG index先週にポストした、「 Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは? 」という抄訳ですが、とても多くの方に読んでもらえたようで、指紋リーダーによる認証が、大きな関心事になっているのだと思いました。そこには ーーー Apple はサードパーティのリテーラーにも、Touch ID でコントロールするペイメントをオープンにするようだ。しかし、Apple のペイメント・ソリューションが、何らかのサードパーティ・サービスに依存することはない。つまり、Apple 自身のペイメントは、最初から Touch ID と Security Enclave を用いてデザインされた、既存の iTunes インフラ内で容易に承認できるようになっている。 ーーー という一文がありましたが、まさに、ここで言うオープンな関係が、PayPal と Samsung の間に構築されるのでしょう。もちろん、PayPal は Apple との関係も構築したいはずであり、バイオメトリクスによる認証の時代に、まっしぐらという感じですね。とても興味深い展開です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
手首にパスワード : ウェアラブル PassBan とは?
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
Woz の言うクラウドへの懸念は、正しくもあり、間違いでもあり

iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on April 12, 2014

The Growing Gap In Price Between iPhones And Android Phones
http://wp.me/pwo1E-7oz

Jay Yarow – Feb. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/the-growing-gap-in-price-between-iphones-and-android-phones-2014-2

_ Business Insider

Apple’s iOS, and Google’s Android powered ~94% of all smartphones shipped last year, according to IDC. Of that, Android powered phones were 79% of smart phones shipped which is impressive.

IDC によると、昨年出荷されたスマホのうち、Apple の iOS と Google の Android が、全体の 94% 以上を占めているという。 その中でも、Android を搭載したスマホは、全出荷量の 79% という凄まじいシェアを得ている。

But, arguably even more impressive, analyst Tavis McCourt estimates that Apple took 87% of all smartphone profits. Samsung took 32.2% of the industry’s profits. Yes, that’s more than 100% because everyone else is losing money.

しかし、それよりも興味深いのは、スマートフォン市場の全利益のうち、Apple が 87% 以上を得ているという、アナリスト Tavis McCourt の推測である。 そして、この業界から、Samsung は 32.2% の利益を得ている。 この二社を合わせると、見ての通り 100% を超えてしまう。 そう! つまり、赤字を垂れ流している、誰かがいるのだ。

_  space

Business Insider

So how is this happening? How is Apple collecting all of the money? This chart from our partners at Statista should explain it. The price gap between an iPhone and an Android phone has grown through the years. Today, the average selling price for an Android is just $276. An iPhone goes for $650.

いったい、なにが、どうすれば、そうなるのだ? どのようにして Apple は、すべてのキャッシュをかき集めているのだ? 私たちのパートナーである Statista によるチャートが、それを説明しているはずだ。iPhone と Android Phone の価格差は、この数年を通じて拡大している。現時点において、Android Phone の平均価格は $276 に過ぎない。 しかし、iPhone はというと、$650 以上になるのだ。

In the long run, we’re not sure how Apple maintains its premium pricing if it wants to get iPhone sales cranking again. It has largely sold out its high end market. From now own, it will rely on churning its user base and picking up new customers here and there.

Apple が iPhone の販売量を、再び活性化させたいのかどうかはさておき、長い目で見て、そのプレミアムな価格設定を維持していく方式が見えてこない。つまり、主要なハイエンド市場では、売り尽くしてしまっているのだ。これからは、そのユーザーをベースにした乗り換えと、点在する新規のユーザーに、依存することになる。

ーーーーー

TAG index昨年に iPhone 5C  が発表されたとき、ついに Apple も、いわゆる廉価版マーケットに出て行くのだろうと、信じて疑わない人々が数多くいました。 実は、Agile_Cat も その一人でして、途上国マーケットで Android と、華々しく戦う 5C の姿を想像していました。しかし、Apple には、5C を積極的に売っていく気がなかったようで、その価格設定も 5S と較べて安価とはいえないものでした。その一方で、Android 勢は、着実に価格を引き下げ、途上国マーケットでは $100 スマホを実現しようという勢いでいます。もちろん、Android 勢の中にも、Samsung の Galaxy のようなハイエンド狙いの製品もありますが、Nexus 5 などを見ていると、Google 自身が低価格化を目指しているようです。この、Apple と Google のスタンスの違いが、とても興味深いですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

売れない iPhone 5C と、思惑どおりの Apple とは?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
iPhone 3G ~ iPhone 5S/5C の推移は どうなっている? それを示す1枚のチャート
Nexus 5 の発売日は 11月1日で、値段は $349 からというリーク情報が!
Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ!
Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600

iPad のシェアは、いつまでトップを維持できるのか? それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Post-PC, Research, Samsung by Agile Cat on March 7, 2014

Apple Won’t Be Number One In Tablets Much Longer
http://wp.me/pwo1E-7hr

Steve Kovach – Feb. 11, 2014
http://www.businessinsider.com/tablet-market-share-chart-2014-2

_ Business Insider

Apple has the lead in tablet market share, but it looks like it won’t be on top for much longer.

Apple は、タブレット市場のシェアをリードし続けているが、いつまでトップでいられるのかと考えると、それほど長くはないと思えてくる。

As more and more manufacturers expand into tablets instead of traditional computers, they’re chipping away at Apple’s dominance in the market. Samsung is the closest to surpassing Apple. Its tablet business is growing at a faster pace than Apple’s and the company plans to flood the market this year with several new devices that could put it over the top.

数多くのマニュファクチャが、従来からのコンピュータを捨て、タブレットの戦略を強化するにつれて、市場における Apple の優位性が弱まっている。Apple に最も迫ってきているのは Samsung であり、そのタブレット・ビジネスは、Apple よりも速いペースで成長している。そして同社は、いくつかの新しいデバイスを年内に投入し、トップの座を奪おうと考えている。

_  space

Statista

According to IDC, Apple had 33.8% of the tablet market at the end of 2013. Samsung had 18.8% after growing a whopping 85% year over year.

IDC によると、2013年のタブレット市場において。Apple のシェアは 33.8% である。それに続くのが、18.8% の Samsung であるが、その前年比は 85% 増という驚異的なものである。

Here’s a chart from Statista breaking it all down:

ーーーーー

TAG indexたとえば Lenovo などには、若干の Windows タブレットが含まれるでしょうが、その他は Android タブレットであり、それらが iPad を相手に戦っている状況と思われます。しかし、Android の内側の覇者は、完全に Sumsung であり、また、Android レースの第1ラウンドの結果をは反映したものに、このチャートはなっていますね。 しかし、第2ラウンドを推測すると、そこでは Xiaomig に代表される中国製のタブレットや、これから登場するであろうインドのタブレットが待ち受けているという、Samsung にとっても、厳しくなっていく状況が予測されます。 image

ーーーーー

<関連>

モバイル・ベンダー 2013 総決算 10億台:グローバル 出荷数 Top-5 は?
Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?
2013年 : Post-PC と 地殻変動 の マトメ

Samsung の売れ筋を分析すれば、ファブレットの難しさが見えてくる

Posted in Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on January 25, 2014

CHART OF THE DAY: The Most Popular Samsung Smartphones
http://wp.me/pwo1E-794
Jay Yarow – Jan. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-the-most-popular-samsung-smartphones-2014-1

_ Business Insider

Here, via ad network Chitika, are the most popular Samsung phones in North America.

以下に示すのは、広告ネットワークである Chitika を介して分析された、北米での Samsung スマホに関する人気の順位である。

Business Insider

The SIII, which is two years old is the most popular. The S4, which came out last year is the second most popular. Interestingly, its phablets aren’t all that popular here in the U.S. Only 13% of web traffic from Samsung phones comes from the Galaxy Note I, II, or III.

S3は 2年前のモデルであるが、いまだに最も人気がある。去年に登場してきた S4 は、二番手である。興味深いことに、ここ北米では、同社のファブレット全体が、それほど普及していない。 Samsung スマホからの Web トラフィックのうち、Galaxy Note I/II/III が発しているものは、僅か 13% に過ぎない。

The lack of phablet traction in the U.S. is interesting. People here were dismissive of phablets when they first hit the market. It looks like they’re still not popular here. It seems they’re more of a global phenomenon where smartphones are serving as tablets, PCs, and phones, more so than here where those are three different devices.

アメリカにおいて、ファブレットの普及が進んでいないことは、とても興味深い現象である。ファブレットが市場に出始めた時、人々は否定的だった。 そして、依然として、普及が進んでいないように見える。しかし、Tablet/PC/Phone という 3種類のデバイスが成り立っている北米の状況と比べて、それらすべてをスマホが肩代わりするというグローバル市場を見ると、より多くのファブレットが利用されているように思える。

ーーーーー

TAG indexたしか、Galaxy Note は通話もできるはずなので、ここではタブレットではなく、ファブレットとして分類されているのでしょう。こういうデバイスを、上着やズボンのポケットに入れて持ち運びたい男性にとって、5-inch は大きすぎると感じてしまいますが、ハンドバッグを常用する女性にとっては、あまり関係のないことなのでしょう。というわけで、女性優位の消費社会において、どこまでスマホは大きくなるのかと、とくに男性は気になってしまうわけで、この調査結果に胸をなでおろしている方も多いはずだと思います。しかし、忘れてはならないのが、文中でも指摘されている途上国マーケットの動向です。やはり、スマホは大きくなってしまうのでしょうかね? とても心配です。image

ーーーーー

<関連>

女 が スマホ を愛するとき : インフォグラフィックス
英国におけるタブレット所有は、その半分以上が女性により占められている
スマホ で Facebook : その使い方を、1枚のチャートで分析する
途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!
BlackBerry 10 対 Galaxy Note II : Youtube 10分間 1本勝負!
Galaxy S3 が iPhone 4S を抑えて No.1 に – 2012年 Q3

Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める

Posted in Apple, Patent, Samsung by Agile Cat on December 3, 2013

Apple Beats Samsung: Awarded $290 Million In Patent Trial
http://wp.me/pwo1E-6Yl
Steve Kovach Nov. 21, 2013
http://www.businessinsider.com/apple-290-million-in-samsung-patent-trial-2013-11

_ Business Insider

A jury awarded Apple $290 million in its patent retrial against Samsung today.

今日、陪審は、Apple から Samsung に対する、特許侵害の再審において、$290 million の支払いを裁定した。

This was less than Apple wanted. In the trial, Apple asked Samsung to pay $380 million in damages. Samsung argued it should only pay $52 million.

それは、Apple が望んでいた額より少ないものであった。 この再審において Apple は、損害賠償として $380 million を支払うべきだと要求していた。それに対して、Samsung は $52 million の支払額を主張していた。

AP Photo/Jeff Chiu
Apple CEO Tim Cook.

Last year, Apple was awarded $1.05 billion in damages from Samsung for patent infringement. The judge in that case later reduced the award to about $599 million. In April of this year, Apple was also awarded another $40 million in damages in another patent case that involved Samsung’s Galaxy S II smartphone.

昨年のことだが、Apple は特許侵害に関する訴えで、Samsung からで $1.05 billion の支払いを受けるという裁定を得ていた。しかし、その後、裁判において、その額は $599 million に削減されていた。そして、今年の 4月に Apple は、Samsung Galaxy S II スマホに関する別の特許訴訟で、$40 million という損害賠償の裁定を得ていた。

So all together Samsung will end up paying Apple $929 million in damages for patent infringement.

したがって Samsung は、一連の特許侵害に関する損害賠償として、Apple に $929 million を支払うことになる。

In a statement to Business Insider, Apple spokespersn Kristin Huguet said:

Business Insider に対するステートメントにおいて、Apple のスポークスマンである Kristin Huguet は、以下のように述べている:

For Apple, this case has always been about more than patents and money. It has been about innovation and the hard work that goes into inventing products that people love. While it’s impossible to put a price tag on those values, we are grateful to the jury for showing Samsung that copying has a cost.

Apple にとって、こうした訴訟は、特許や支払額とは別の意味で、とても重要なことである。つまり、イノベーションに関わるものである、人々に好まれるプロダクツを発案していくという、困難な作業に関わるものとなる。こうした努力に対して、対価を設定することは不可能だが、それらのコピーを作ることで、Samsung に対価を発生させた、陪審に対して感謝している。

Here’s Samsung’s statement:

以下は、Samsung のステートメントである:

We are disappointed by today’s decision, which is based in large part on a patent that  the U.S. Patent and Trademark Office has recently deemed invalid. While we move forward with our post-trial motions and appeals,  we will continue to innovate with groundbreaking technologies and great products that are loved by our many customers all around the world.

私たちは、今日の決定に対して、大きく失望している。なぜなら、最近になって U.S. Patent and Trademark Office が無効とした特許が、大部分に対して適用されているからだ。私たちは、審理が終わった後の対応と、それに対するアピールを推進していくが、世界中の数多くの顧客に愛される、画期的なテクノロジーと、優れたプロダクトを、私たちは革新し続けていく。

ーーーーー

TAG indexこの問題は、Apple 対 Samsung という、限られた範囲での係争ですが、もう一方の、旧 Nortel の知財に関する結論は、どのような結論に至るのでしょうかね? そちらの方では、Samsung 以外にも、HTC や Huawei などが訴訟の対象となっているようです。 そして、Apple/Microsoft/Blackberry/Ericsson/Sony などの、Google の勢いを止めたいという目論見が見え隠れしています。とは言え、ここに記載されている、$929 million という金額も膨大なものであり、Nortel の件とは切り離したところで、Apple は大きな勝利を手にしたことになるのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
だめじゃん Apple : 時計のデザインを盗まれたと、スイス連邦鉄道が怒ってる
Google が特許を取得 : カメラを用いた顔認証ログイン
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

 

%d bloggers like this: