Agile Cat — in the cloud

API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!

Posted in API, On Monday, Salesforce by agilecat.cloud on June 22, 2015
APIs: Virtual Assets that are the Key to Driving a High Tech Business
Dick Weisinger – June 15th, 2015
http://formtek.com/blog/apis-virtual-assets-that-are-the-key-to-driving-a-high-tech-business/
 
_ formtek
Companies like Uber, Airbnb, Facebook, Alibaba, and Paypal are examples of businesses that have high valuations but which don’t have any physical assets.  One thing these businesses do have though is software and these businesses are experts in using Application Program Interfaces (APIs) to expose their data and software algorithms to increase their business’ value.
 
Uber/Airbnb/Facebook/Alibaba/Paypal といった企業は、大きな価値を有してはいるが、なんらかの物理的な資産を、自身では所有しない企業の代表格である。それらの企業に共通するのはソフトウェアの存在であり、また、Application Program Interfaces (APIs) 使いとしての有能さである。つまり、自身のデータやソフトウェア・アルゴリズムをエクスポーズすることで、そのビジネスの価値を高めているわけだ。
 
Programmableweb.com estimates that there are over 12,000 different APIs.  Harvard Business Review estimates that Salesforce.com generates half of its revenues from APIs.  Expedia generated 90 percent, and eBay 60 percent.
 
Programmableweb.com は、現時点で 12,000種類以上の API が存在すると推定しているHarvard Business Review は、Salesforce.com における収益の半分が、API から生み出されていると推定している。 その値は、Expedia の場合で 90% となり、eBay は 60% となる。
 
Brian Lillie, CIO of global data center provider Equinix, said that  “CIOs should care a lot about APIs, because they are a way to unlock data and make it available to enterprise applications, customers and partners.  APIs can liberate your data…  Writing reports on these old systems takes a lot of work and a lot of people.  But if you put a handful of APIs in front of that old system of record, you can expose the trapped data to developers who can easily extract it.  APIs eliminate the need to write custom reports in archaic languages, like COBOL.  It’s a powerful way to give self-service to your organization.”
 
グローバルなデータセンター・プロバイダーとして有名な、Equinix の CIO である Brian Lillie は、「CIO たちは、API について、たくさんのことを考えなければならない。つまり、データにかけられたロックを解除し、エンタープライズにおけるアプリケーション/カスタマー/パートナーたちが利用できるようにする必要があるからだ。API により、あなたのデータは解放される。一般的に言って、古いシステムを呼び出すコードを書こうとしても、多くの作業と多くの人々が必要になる。しかし、いまも稼働している古いシステムのフロントに、一握りの API を配置するだけで、一連のデータをエクスポーズすることが可能になり、それを取得した開発者たちは、必要なデータを容易に抽出できるようになる。そして、API を利用することで、たとえば COBOL のような古風な言語の場合のような、カスタムなコードを記述する必要もなくなる。つまり、それぞれの組織におけるセルフ・サービスという、パワフルな方式を API は提供してくれるのだ」と述べている
 
Lillie said that “with the Internet of Things (IoT), we are going to see a tremendous number of devices and consumer products producing and communicating a huge amount of data…  Over time, every one of these devices will have the ability to communicate via an API in an integrated, consolidated and standardized way When APIs meet the Internet of Things, the result is going to be game-changing for most companies.”
 
そして Lillie は、「 私たちは Internet of Things (IoT) に出会ったことで、膨大な数のデバイスやコンシューマ製品が、膨大な量のデータを生み出し、また、送受信していく様を、目の当たりにしようとしている。時間が経つにつれて、それらのデバイスのすべてが、統合化/簡素化/標準化された方式の中で、API を介して通信する能力を持つことになる。結論として、API と IoT が出会うとき、大半の企業に対してゲーム・チェンジを迫る変化が生じるだろう」と発言している。
 
ーーーーー
On MondayAPI がもたらす収益としての、Salesforce と Expedia と eBay での推測値が示されていますが、いまの時代のビジネス・モデルを明らかにする、とても明確な切り口ですね。 そして、この Agile_Cat でも、ずいぶんとお世話になった Programmableweb ですが、そういえば、このところ、見ていなかったなぁ・・・ と反省しているところです。 なんらかのソフトウェア資産を API というかたちで、エクスポーズすることは究極のオープンソースだと、どこかで読んだ記憶があるのですが、まさに、そのとおりだと思います。 そして、API を活用する企業が、大きな収益を上げることも、理にかなっていると思えるのです。 API と IoT が出会うときを想像すると、ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?

2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!

Posted in Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2015
Amazon still dominates the $16 billion cloud market
Julie Bort – Feb. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/synergy-research-amazon-dominates-16-billion-cloud-market-2015-2?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
Cloud computing, where companies rent computers hosted elsewhere, is the biggest change to enterprise tech since the PC.
 
この、クラウド・コンピューティングという、何処かにホストされているコンピュータを、ユーザー企業が借りて利用するという方式は、PC が登場してから最大の変化を、エンタープライズ・テクノロジーに突きつけている。
 
2014 Cloud Market ChartHere’s how Synergy saw the fourth quarter of 2014 shape up:
 
And the company that more or less invented the concept, Amazon, is still far and away the dominant leader of a market that generated $16 billion for its biggest players, says market research firm Synergy Research Group.
 
そして、調査会社である Synergy Research Group が言うには、いずれにしても、クラウドという考え方を生み出したのは Amazon であり、また、大手プレイヤーたちが $16 billion の年商を生み出す、このマーケットを支配する存在となる。
 
Synergy reports:
 
  • Amazon has 30% market share, compared to the next biggest player, Microsoft, with about 10%.
  • Microsoft is growing the fastest, a 96% year-over-year leap, with Google close behind: 87% year-over-year growth.
  • IBM is leading what’s known as the “hybrid cloud market.” That refers to when enterprises use the same cloud technologies in their own private data centers and also use a cloud provider.
 
  • Amazon のマーケット・シェアは 30% であり、それに続く2番手は、Microsoft の 10% となる。
  • 成長率に関しては、Microsoft が 前年比で 96% で1位であり、Google が  87% の2位である。
  • IBM は、ハイブリッド・クラウドとして認識されるマーケットをリードしている。それは、エンタープライズがクラウドを使用するときに、プライベートなデータセンターとパブリックなプロバイダーに、そのリソースを振り分けるという方式である。
 
It makes sense that IBM is leading the hybrid camp among this crop of vendors because it’s the only one of the bunch that sells computer hardware. IBM says that between its cloud services and the hardware it sells to companies to build their own clouds, cloud computing became a $7 billion business for the company in 2014.
 
この種のベンダーの中で、IBM だけがハードウェアも販売しているため、同社がハイブリッド・マーケットをリードすることは、理にかなっている。IBM が言うには、そのクラウド・サービスの提供と、ユーザー企業が自身のクラウドを構築するためのハードウェア販売の間に、ポジションを取っていることになる。 そして、同社のクラウド・コンピューティングは、2014年に $7 billion のビジネスにまで成長した。
 
The good news for all concerned: it’s still early days for cloud computing, as $16 billion is only a tiny fraction of the almost $4 trillion that companies spend on tech annually worldwide.
 
そして、すべての関係者にとって、素晴らしニュースがある。 つまり、グローバルにおけるエンタープライズが、年間で IT に費やす $4 trillion という総額と比べれば、この $16 billion は、ほんの一部に過ぎない。言い換えれば、クラウド・コンピューティングは、依然として黎明期にあるのだ。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aAmazon が、強いですね。そして、Microsoft と Google の成長率も凄まじいです。 さらに言えば、IBM はハイブリッドで高収益、Salesforce は競合に巻き込まれない独自路線、、、という感じなのでしょうか? ーーー  なお、$16 billion という数字ですが、この記事だけでは不明確なので、参照元である Synergy Research のポストを確認したら、年間の売上で間違い無さそうです。 ただし、チャートが示すシェアは、2014年 Q4 のものということです。 ちなみに、2014年を通したときのシェアですが、AWS (28%)/Microsoft (10%)/IBM (7%)/Google (5%)/salesforce (4%) /Rackspace (3%) となっていました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
 

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

Posted in Amazon, Google, Microsoft, On Monday, Salesforce, Storage by Agile Cat on March 31, 2014

Cloud Computing: Reasons for Why Businesses are Adopting the Cloud
http://wp.me/pwo1E-7ms

By Dick Weisinger – March 18, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-reasons-for-why-businesses-are-adopting-the-cloud/

_ formtek

Global businesses are on track to spend $174.2 billion this year on cloud infrastructure and services.  That’s up 20% from the $145.2 billion of spending in 2013, according to IHS Technology.   Based on their report, spending is expected to increase by a factor of three from 2011 to 2017.

グローバル企業の群れは、クラウド上のインフラストラクチャやサービスに対して、今年は $174.2 Billion を費やすというペースで突き進んでいる。IHS Technology によると、2013年の支出である $145.2 Billion に対して 20% 増となる。また、同社のレポートをベースにすると、この種の支出は、2011年から 2017年にかけて、3倍に増大するとされる。

The IHS report identifies current leaders in the cloud market space as Amazon.com, Google and Microsoft, specialty vendors like Dropbox and Carbonite in the cloud storage space, and Salesforce.com and Workday in the software application space.

この IHS レポートは、Amazon.com および、Google、Microsoft を、現時点のクラウド市場におけるリーダーだとしている。また、特定の領域として、クラウド・ストレージでは Dropbox や Carbonite を、SaaS では Salesforce.com や Workday といったベンダーを、それぞれのリーダーだとしている。

Jagdish Rebello, analyst at IHS, said that ”with the cloud touching nearly every consumer and enterprise around the globe, spending for cloud-related storage, servers, applications and content will be dedicated toward building a framework that is rapidly scalable, highly dynamic, available on-demand and requiring minimal management…  Cloud services, applications, security and data analytics will account for an ever-growing portion of total information technology spending by enterprises, valued at about $2 trillion at present.”

「 クラウドが、世界中の、ほぼすべての消費者と企業に広まったことで、クラウド上のストレージ/サーバー/アプリケーション/コンテンツに関連する支出は、何らかのフレームワークの構築へ向けて集約されるようになってきた、それにより、スケールを動的かつ迅速に、オンデマンドで調整する機能が実現され、そのためのマネージメントも最小化されてきた。クラウドにおけるサービス/アプリケーション/セキュリティ/データ分析は、現時点で約 $2 Trillion と言われるエンタープライズ IT 総支出の中で、成長し続ける部分を押さえていることになる 」と、IHS のアナリストである Jagdish Rebello は述べている。

Five reasons why the cloud is rapidly being adopted by businesses as identified by Oxford Economics in a report written for IBM are as follows:

Oxford Economics が IBM に対して、エンタープライズにおいてクラウドが、急速に採用されている 5つの理由を、以下のようにレポートしている:

  1. Better insights and visibility.  The cloud provides better services at lower cost with flexible scalability.
  2. Better Collaboration.  More easily links employees with partners and customers
  3. Provides a Framework.  The cloud enables businesses to build an integrated and dynamic service chain
  4. Innovation.  Greater efficiency and productivity of workers nurtures an environment of innovation.
  5. Reduced Risk.  A more responsive IT infrastructure enables better controls on costs and risks.
  1. 洞察と可視化の改善.  クラウドは、すぐれたサービスを安価に提供し、柔軟性も備える。
  2. コラボレーションの改善.  パートナーやカスタマーに対する、従業員からの接触が容易になる。
  3. フレームワークの構築.  クラウドにより、サービス・チェーンを動的に統合できるようになる。
  4. イノベーション.  環境が進化することで、作業の効率と、従業員の生産性が、自動的に向上する。
  5. リスクの低減.  IT インフラの信頼性が高まることで、コストとリスクの管理が容易になる。

ーーーーー

クラウドは、テクノロジーの変化というより、ビジネス・スタイルの変化なのですね。もちろん、クラウドを実現するために、さまざまなテクノロジーが生み出されているので、その存在を否定するわけではありませんが、ユーザーが信頼することで、そのパワーが指数関数的に増大していくものなのだと思えてきます。 現時点では、IT 総支出の 10% にも満たないようですが、やがては、その大半を占めるようになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?
Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落

Gartner 予測 : 2017年の CRM 市場は $36B に至る

Posted in Businesses, Research, Salesforce by Agile Cat on July 19, 2013

Gartner Predicts CRM Will Be A $36B Market By 2017
http://wp.me/pwo1E-6o2

by Louis Columbus on June 18, 2013
http://softwarestrategiesblog.com/2013/06/18/gartner-predicts-crm-will-be-a-36b-market-by-2017/

image

The latest enterprise software forecast from Gartner shows Customer Relationship Management (CRM) increasing to a $36.5B worldwide market by 2017, a significant increase from the $20.6B forecasted in Q1 of this year.  CRM also leads all enterprise software categories in projected growth, showing a 15.1% CAGR from 2012 to 2017, also revised up from 9.7% in the Q1 forecast.

Gartner のエンタープライズ·ソフトウェア最新予測によると、Customer Relationship Management (CRM) は 2017年までに $36.5B のワールドワイド市場へと成長するが、それは、今年の Q1 に予想されていた $20.6B の規模から大幅に増大するものとなる。また、CRM は、今回の予測において、2012年~2017年で 15.1%  のCAGR を示す、すべてのエンタープライズ・ソフトウェア・カテゴリをリードしている。そして、こちらに関しても、今年の Q1 での予測値である、9.7% から大きく上方修正されている。

The latest round of forecasts published in the report,  Gartner Forecast: Enterprise Software Markets, Worldwide, 2012-2017, 2Q13 Update shows CRM eclipsing ERP in worldwide market size in 2017.  The following graph compares the relative growth of CRM, ERP, Business Intelligence (BI), Supply Chain Management and Web Conferencing, Collaboration/Social Software Suites.  Source: Gartner Forecast: Enterprise Software Markets, Worldwide, 2012-2017, 2Q13 Update.  Please click on the image to increase its size for easier reading.

この、Gartner Forecast: Enterprise Software Markets, Worldwide, 2012-2017, 2Q13 Update というレポートが提供する最新予測は、2017年のワールドワイド市場において、CRM が ERP を追い越すとしている。 以下のグラフは、CRM/ERP/Business Intelligence (BI)/Supply Chain Management/Web Conferencing/Collaboration・Social Software Suites において、その相対的な成長を比較するものである。Source: Gartner Forecast: Enterprise Software Markets, Worldwide, 2012-2017, 2Q13 Update。イメージをクリックすれば、読みやすいサイズに拡大表示される。

↓ クリックで拡大 ↓

___space

Key Take-Aways

↓ クリックで拡大 ↓

___space

  • Worldwide enterprise software spending is projected to be $304B in 2013 in the latest forecast, up from $279B in the Q1 forecast. Gartner claims stronger demand for CRM, supply chain management and security are leading to accelerating market growth.
  • ERP spending worldwide is projected to grow from $26.03B in 2013 to $34.3B in 2017, attaining a CAGR in the forecast period 2012 – 2017 of 7%.
  • Business Intelligence (BI) worldwide is projected to grow from $14B in 2013 to $18.6B in 2017, attaining a CAGR in the forecast period 2012 – 2017 of 7.3%.
  • Supply Chain Management (SCM) worldwide is projected to grow from $9.16B in 2013 to $13.6B in 2017, attaining a CAGR in the forecast period 2012 – 2017 of 10.4%.
  • Data Integration Tools and Data Quality Tools worldwide are projected to grow from $4B in 2013 to $6B in 2017, attaining a CAGR in the forecast period 2012 – 2017 of  10.3%.
  • ワールドワイドにおけるエンタープライズ・ソフトウェア支出は、2013年の最新予測では $304B であり、Q1 の予測である $279B から増大している。Gartner は、CRM および、サプライチェーン、セキュリティに対する需要の伸びが、マーケットの加速を促していると主張する。

  • ワールドワイドにおける ERP 支出は、2013年の $26.03B から 2017年の $34.3B へと成長し、2012~2017 での CAGR 達成予測は 7% となる。
  • ワールドワイドにおける Business Intelligence (BI) は、2013年の  $14B から 2017年の $18.6B へと成長し、2012~2017 での CAGR 達成予測は 7.3% となる。
  • ワールドワイドにおける Supply Chain Management (SCM) は、2013年の $9.16B から 2017年の $13.6B へと成長し、2012~2017 での CAGR 達成予測は 10.4% となる。
  • ワールドワイドにおける Data Integration Tools and Data Quality Tools は、2013年の $4B から 2017年の $6B へと成長し、2012~2017 での CAGR 達成予測は 10.3% となる。

Bottom Line:  Gartner’s latest forecasts show that enterprises are realizing the most valuable assets they have are solid, long-term customer relationships.  Trust really is the new currency, as my friend Michael Krigsman often says.

Bottom Line:  Gartner の最新予測は、エンタープライズが最も貴重な資産を、つまり、顧客との長期に渡る堅実な関係を、現実のものにしている状況を示している。私の友人である Michael Krigsman が、よく言うように、本質からの信頼は、新しい通貨に値する。

ーーーーー

image前回の 『大手クラウド社員たち: うちの会社を友人に勧められるか? うちの CEO を高く評価できるか?』 から、ちょっと間が空きましたが、Louis Columbus さんのレポートも、今回で 7本目の訳であり、Agile_Cat における市場調査として、すっかり定着した感じがしています。 今回は、お得意の Gartner 分析であり、ものすごい勢いで CRM が伸びていくとう内容になっています。 一点だけ分かりにくいのが、時間軸を遡ったかたちで、CRM の売上が伸びている点ですが、『SaaS の活用が、グローバル CRM で急加速』で指摘されていたように、新たな要因が調査対象として加えられたという事なのでしょうか? いずれにせよ、とても興味深い展開です。image

ーーーーー

<関連>

Gartner : パブリック・クラウドは 2017年に、$131B 市場へと成長する
Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う
DC サービス市場の規模は、どうなっている?
CIO が クラウド とモバイル の分析を急ぐべき理由 : Gartner から学ぶ

なんと! 2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, PaaS, Research, Salesforce, Telecom, VMware by Agile Cat on June 1, 2013

Surprised? Cloud providers bring in $2B in first quarter
http://wp.me/pwo1E-6b5

By
Barb Darrow – May. 30, 2013
http://gigaom.com/2013/05/30/surprised-cloud-providers-bring-in-2b-in-first-quarter/

_ Gigaom

Summary: What company remains atop the heap of IaaS/PaaS providers in Q1 2013? I’ll give you three guesses and the first two don’t count.

Summary: 2013年 Q1 において、IaaS / PaaS の頂上に、誰が立ったのだろうか? あなたに、3つの視点を提供するが、最初の 2つはそれほど重要ではない。

ーーーーー

Given all the hoopla surrounding cloud computing it, it’s not surprising that revenue from cloud services is growing. Total worldwide revenue from top Infrastructure-as-a-Service and Platform-as-a-Service players hit $2 billion for the first quarter of 2013. That’s up a healthy 56 percent from the year ago period, according to Synergy Research Group.

クラウド·コンピューティングを取り巻く、すべての喧騒について考えれば、クラウド・サービスにおける収益が成長していることは、それほど驚くべきことではない。ワールドワイドにおいて、トップ・グループを形成する IaaS / PaaS プレイヤーの、2013年 Q1 の売上は $2 billion に達した。 Synergy Research Group によると、昨年同期との比較において 56% の成長という、きわめて健康的な状態にある。

These numbers factor in AWS and Amazon’s Elastic Beanstalk on the PaaS side; Google App Engine; IBM’s SmartCloud and SmartCloud Application Services; Microsoft Azure and Cloud Services for Windows Azure; Salesforce.com’s Heroku and Force.com (but not its bigger Software-as-a-Service applications business.) Key takeaways:

これらの数値は、AWS と Amazon Elastic Beanstalk(PaaS)および、Google App Enginen、IBM SmartCloud と SmartCloud Application Services、Microsoft Azure と Cloud Services for Windows Azure、Salesforce.com の Heroku と Force.com(ただし SaaS 部門は含まない)などで構成されている。主要なポイントは:

  • Amazon Web Services remains alone atop the heap with  27 percent of total IaaS and PaaS revenue in Q1, up from 24.7 percent for the year-ago period.
  • Salesforce.com is second largest but it’s revenue share decline year over year to 6.8 percent from 7.9 percent.
  • North America accounts for more than half the worldwide IaaS/PaaS revenue.
  • Amazon Web Services は、この Q1 における IaaS / PaaS の、27% を占めている。 また、前年同期との比較で、24.7% の成長を示している。
  • Salesforce.com は売上シェアで 2位を確保しているが、その占有率は、昨年の 7.9% から 6.8% へとダウンしている。
  • ワールドワイドの IaaS / PaaS 市場に対して、北米市場のシェアは 50% を上回る。

These figures won’t surprise folks who already see Amazon Web Services at a $2 billion-a-year revenue rate. Morgan Stanley thinks AWS alone will hit $24 billion in revenue in the next decade. While other players — Microsoft, IBM, Google and Fujitsu all saw slight growth.  Some of the major telcos – AT&T, NTT and Verizon — were off slightly year over year.

すでに Amazon Web Service の年商が、$2 billion に達していることを知っているなら、これらの数字に驚くこともないだろう。Morgan Stanley は、AWS の売上だけに限定して、10年後には $24 billion に達すると見ている。その他のプレイヤーである、Microsoft/IBM/Google/Fujitsu などは、ゆるやかに成長している。また、メジャー・テレコムである  AT&T/NTT/Verizon などは、前年比で少しだけ下げている。

These numbers beg the question of whether anyone can catch Amazon. Google just made its Google Compute Engine IaaS generally available, and Microsoft launched its Azure IaaS capabilities in April. Those well-funded entries along with VMware’s hybrid cloud service coming online, will pose more competition for the AWS monolith.

これらの数字は、誰が Amazon を捉えるかという疑問を、巧みにはぐらかしている。 Google は、その Google Compute Engine IaaS が立ち上がったところである。Microsoft は 4月に、Azure IaaS を提供し始めたところだ。それらの、潤沢は資金に支えられた参入者は、これから立ち上がる VMware Hybrid Cloud Service と共に、AWS の占有に対抗していくだろう。

AWS  boosters say the company’s 6-year-head start makes it invincible, but many workloads have yet to migrate: IDC estimates that just 5 percent of total IT spend is now in the cloud. That leaves lots of upside opportunity for the companies who delivers the best, most flexible and cost efficient services.

AWS の支持者たちは、同社の 6年の先行が無敵の状況をもたらすと言うが、数多くのワークロードが、まだクラウドに移行していないのも事実である。その点について IDC は、すべての IT ワークロードの、わずか 5% がクラウドに移行したに過ぎないと推定している。 したがって、品質と、柔軟性と、費用対効果の高いサービスを提供する企業には、逆転のための様々なチャンスが残されている。

Who that might be is up in the air, but one place you can hear all about the top candidates will be at GigaOM’s Structure where a list of cloud powerhouses including VMware CEO Pat Gelsinger, Amazon CTO Werner Vogels and Microsoft Server and Tools group president Satya Nadella will all be on hand to talk up their companies’ cloud strategies.

漠然としているものが多々あるが、トップ・フループの情勢について話を聞きたければ、GigaOM Structure がある。そこでは、VMware CEO Pat Gelsinger および、Amazon CTO Werner Vogels 、Microsoft Server and Tools group president Satya Nadella などが登壇し、それぞれのクラウド・ストラテジーについて語ってくれる。

Related research

ーーーーー

TAG indexずいぶんと、アッサリ書いていますが、少なくとも Agile_Cat は、この手の売上比較を初めて見ましたし、同じように思う人も多いはずです。 それぞれのプロバイダーが、クラウドに関するビジネス規模を隠したがったり、過小/過大に見せたがったりと、いろいろあるので、比較が難しかったのだろうと推測しています。 この何年かの、様々な疑問が氷解して、とてもスッキリした気分です :)  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている
Microsoft は Azure が、$1 Billion ビジネスになったと言っているが?
Amazon S3 の Object が、あっという間に2兆を超えた!
Windows Azure Storage – 4 Trillion Objects and Counting
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する

Salesforce が買収した Clipboard は、Pinterest クローンなのか?

Posted in Businesses, Pinterest, Salesforce, Social by Agile Cat on May 12, 2013

Salesforce buys (and shutters) Pinterest clone Clipboard
http://wp.me/pwo1E-666

May 9, 2013 –
Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/05/09/salesforce-clipboard-acquisition/

_ VB News

Clipboard, a company that had focused on digital archiving, has been acquired by Salesforce, its founders have stated on the company site. Its product will be shut down on June 30.

デジタル・アーカイブにフォーカスしてきた Clipboard が、Salesforce に買収された。 そして、同社の Founder は、これまでのプロダクトを 6月30日にシャットダウンすると、自社サイト上で表明している

Explaining the shutter-slamming, Clipboard said further, “We came to the conclusion that it was essential to focus on a singular platform for building new capabilities within Salesforce, which is not something that we could do while keeping Clipboard operating.”

この荒っぽい閉店について、「 私たちは、新しい機能を構築するための突出したプラットフォームとして、Salesforce を選ぶという結論に達した。それは Clipboard を運営しながら、進めてきたものと、異なるものになるだろう 」と、Clipboard は説明している。

Clipboard was founded in 2011 and was based in Bellevue, Wash. The service itself, however, didn’t make its public debut until almost exactly one year ago.

Clipboard は 2011年に設立された、Bellevue, Wash ベースのスタートアップである。 しかし、そのサービスは、いまから 1年前まで、パブリックにはデビューしていなかった。

At that time, we noted that while visually identical to Pinterest, Clipboard was different because users could bookmark text, audio, animations, and fully formatted sections of webpages with links intact as well as simple images. Like Pinterest, the service included public/private options as well as a following/follower social model.

あのとき、私たちは、ビジュアル面では Pinterest と同じであっても、Clipboard には相違点があることを指摘した。つまり、ユーザーは、テキスト/オーディオ/アニメーションなどをブックマークし、また、Web ページの各セクションをインタラクションのためのリンクとしてだけではなく、シンプルなイメージとしても、完全にフォーマットできるのだ。そして Pinterest のように、パブリック/プライベートのオプションだけでなく、フォロー/フォロワーのソーシャル・モデルも取り込んでいる。

At Salesforce’s Seattle office, Clipboard CEO Dr. Gary Flake will become Salesforce’s newest engineering VP, and the rest of Clipboard’s core engineering and design team will continue to work under Flake.

While the exact terms of the deal are unknown, rumor pegs the price around $10 million or $20 million. Clipboard had previously raised around $2.5 million in seed funding.

今回の買収について、その内容は不明であるが、$10 million ~ $20 million というウワサが流れている。 なお、Clipboard は、前回のシード・ファンディングで、約 $2.5M の資金を調達していた。

Image credit: hownowdesign/Flickr

ーーーーー

TAG index今年に入ってから、Chatter Mobile と発表し、Mobile BaaS に言及するなど、全速力でモバイル・シフトを図る Salesforce という感じですね。 正解だと、思います。もう、2年半くらい前のことですが、『 Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る 』という抄訳をポストしています。 その一部を、以下に引用します。 つまり、いまのエンタープライズに当てはめようとすると、クラウドには数多くの問題点がありますが、それ以上に深刻な問題を、いまのエンタープライズが抱えているということなのでしょう。 現状に迎合するだけが、エタープライズ・クライドの役割ではないという、この Salesforce にスタンスに拍手です。 __AC Stamp 2

エンタープライズ・ソーシャル・アプリケーションを採用するときには、重苦しい階層的な概念から、オープン/フラットで透明性のあるスタイルへと、企業の思考形態が変容しなければならない。 その上に、エンタープライズ・ソーシャル・コラボレーションが構築されなければならない。 そして、既存のビジネス・プロセスおよびアプリケーションとの統合が不可欠であり、その結果として、ビジネス・ドキュメントや、ビジネス・データ、プロセスなどを取り囲むカタチで、従業員たちがコラボレートしていく権限を与えることになる。 そして、いまの企業は、従業員が働く方式を、変化させる能力を有している。

ーーーーー

<関連>

Salesforce の Chatter Mobile が、その姿を現した!
Salesforce.com も モバイル・シフトを宣言か?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

 

Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より

Posted in BaaS, Mobile, Post-PC, Salesforce by Agile Cat on April 17, 2013

Kinvey’s Mobile App for Salesforce CRM: Same Data, Different Experience
http://wp.me/pwo1E-5Za

Posted on
April 15, 2013 by jchernov
http://kinveyposts.files.wordpress.com/2013/04/sfdcappscreenshot.png

_ Kinvey

Welcome to the world of contradictions. Today Kinvey released our first mobile app, but we are a platform company – not an app development company. Further, the app we released mobilizes data residing in Salesforce CRM™ systems, yet Salesforce.com itself just announced they are entering our space. Sometimes start-ups can seem unnecessarily confusing.

ようこそ、矛盾の世界へ。 Kinvey は今日、初めてのモバイル・アプリをリリースしたが、私たちはプラットフォームの会社であり、アプリ開発の会社ではない。さらに言えば、私たちがリリースしたアプリは、Salesforce CRM™ システムに存在するデータを駆り集めるものであり、また、Salesforce.com 自身がアナウンスしたとおり、彼らは私たちのスペースに、まだ、入り込めていない。スタートアップたちが、不必要に混乱に陥っているように見えることがあるが、それは杞憂である。

Here’s the deal: Last month we launched Kinvey Enterprise Edition, a platform that enterprise developers can use to connect their increasingly mobile workforce to cloud and legacy databases. The timing for a true enterprise backend appears to be aligned with market trends. After all, industry analysts are predicting that mobile CRM apps will increase by 500% in 2014. The core technology that underpins our platform is called Data Links, our patent-pending methodology for securely extracting and mobilizing data.

以下に、詳細をまとめる。 私たちは先月に、Kinvey Enterprise Edition というプラットフォームをローンチしたが、それにより、エンタープライズ・デベロッパーたちは、拡大するモバイル労働力を、クラウドおよびレガシー・データベースに接続できるようになる。エンタープライズ・バックエンドにとって、ほんとうの意味のタイミングとは、マーケット・トレンドと足並みをそろえることだと思われる。結局のところ、この業界のアナリストたちは、モバイル CRM アプリは、2014年までに 500% の増加が見込まれるとしている。私たちのプラットフォームは、Data Links というコア・テクノロジーであり、データを安全に抽出/集約する、特許出願中のメソドロジーのことである。

The challenge with marketing a platform is simple: it’s abstract. There’s nothing for the audience to see or touch. So we used our Data Links technology to create what we believe to be a much better app for Salesforce CRM data, which gave those interested in our platform something to see, something to touch.

プラットフォームのマーケティングというのは、簡単な課題である。 それは、抽象的なものである。 顧客が、見たり触れたりするものは何もない。 したがって、私たちは Data Links テクノロジーを用いて、Salesforce CRM データにとって、より良いアプリだと信じるものを作成した。それは、見たり触れたりという関心事を、私たちのプラットホームに与えるものである。

Why Salesforce? Because anyone who’s been to Dreamforce knows that Salesforce’s customers are the world’s most loyal and passionate group – yet the Salesforce mobile experience hasn’t seemed to delight in the way its Web experience has. Why do we believe Kinvey’s mobile app for Salesforce CRM is a better alternative? Because it behaves the way one would expect a mobile app to behave: it’s available offline; it syncs quickly when online; it filters in real-time. And, most of all, it doesn’t try to cram the entire Web experience onto the handheld form factor.

なぜ、Salesforce なのだろうか? Dreamforce に参加したことがある人なら、Salesforce の顧客たちが、世界で最高のロイヤリティを持つ、最も情熱的なグループであることを知っている。 しかし、依然として Salesforce のモバイル·エクスペリエンスは、Web エクスペリエンスのような歓喜を振りまいているとは思えない。そして、なぜ、私たちは、Salesforce CRM 用の Kinvey モバイル・アプリが、より優れた代案であると信じられるのだろうか? その理由は、モバイル・アプリの振る舞いとして、望まれるものに対応しているからだ。つまり、オフラインでの利用が可能であり、また、オンラインになった途端に同期を行い、リアルタイムでフィルタリングを実現しているのだ。そして、ハンドヘルド・フォームファクタ上に、Web エクスペリエンス全体を詰め込むようなことは、九分九厘あり得ないだろう。

Said another way: same data; radically different experience. Which, I suppose, is yet another contradiction.

もう1つの発想について言うなら、同じデータに対して、根本から異なるエクスペリエンスが存在するということだ。 それは、私が考える、さらに、もう1つの矛盾である。

Ed. Note: For those interested in mobile strategy, Kinvey is sponsoring a free webinar tomorrow, April 16th, at 12:00 ET, in which Forrester Research Michael Facemire will explain how to “future proof” your mobile strategy. Register here.

ーーーーー

TAG indexKinvey といえば Boston。 ちょっとご縁があるだけに、とても心配していました。大丈夫かと聞くにも聞けずだったのですが、Twitter を追いかけてみたら、このようなポストが見つかりました。 まずは、一安心です。

この Salseforce への挑戦状ですが、先日の 『 Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ! 』 という抄訳で ーーー Force.comと Heroku PaaS を裏から支える Salesforce では、Parse/Kinvey/Kii/ Stackmob といった思考の学校にサブスクライブする、特殊なモバイル・バックエンド(MBaaS)が不要になる。それらの小規模なコンペティタたちは、多様なソースから構成される無数のアプリ同士を(つまり1つの会社からではなく)、開発者は接続しなければならないという主張を疑わないだろう。 ーーー という一節を見たときから、何かが起こるという予感があったわけですが、ガチンコ勝負で、なかなか面白い展開です。 Mobile BaaS がホットになることは、とても良いことですね!image

ーーーーー

<関連>

モバイル BaaS エコシステム相関図 : あの Subway Map が大幅に更新!
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
iOS のエコシステムとは? Apple ビジネスの規模を推測し、そのポリシーを学ぶ
IBM の Mobile ファースト宣言 : それは Cloud ファーストを意味する!
Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か?

Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!

Posted in .Selected, Amazon, BaaS, Rackspace, Salesforce by Agile Cat on April 10, 2013

Salesforce.com and Rackspace gear up for mobile developers
http://wp.me/pwo1E-5X0
By
Barb Darrow – April 9、2013
http://gigaom.com/2013/04/09/salesforce-com-and-rackspace-gear-up-for-mobile-developers/

_ Gigaom

Summary: Industry giants are adding more development and platform goodies for mobile app developers. This may have the more targeted MBaaS providers a little perplexed.

Summary: 業界の巨人たちは、モバイル・アプリ開発者のために、デベロップメントとプラットフォームのグッズを追加しようとしている。 そして、その動きの中には、やや入り組んだ MBaaS プロバイダーをターゲットにしたものも含まれる。

ーーーーー

If there was any doubt that mobile development is where the action is, witness two pieces of news. First, Rackspace, the infrastructure-as-a-service and hosting company, is launching a pre-packaged mobile “stack” specifically for mobile applications. Second, Salesforce.com is beefing up its mobile software development kit (SDK) and is coming out with “quick start” packs to jump-start HTML5 or hybrid mobile applications.

モバイル開発におけるアクションが、どこに生じるのかという疑念があるなら、以下の 2つのニュースが、それを証明するだろう。まず、IaaS とホスティングの Rackspace 社だが、モバイル·アプリに特化したパッケージである、モバイル Stack を立ち上げている。第 2に、Salesforce.comは、モバイル SDK を強化しており、HTML5 やハイブリッド・モバイル・アプリをジャンプスタートさせる、Quick Start パックの準備を整えている。

Given these developments, and rumblings that public cloud king Amazon Web Services is gearing up its mobile development push, it looks like legacy cloud giants are crowding into a space pioneered by smaller, more focused providers of mobile back-end services. (GigaOM Pro analyst Janakiram MSV has a good take on choosing an MBaaS here — subscription required.)

それらの開発が推進されていることを前提とし、また、パブリック・クラウドのキングである Amazon Web Services が、そのモバイル開発をプッシュしているというウワサを考え合わせると、小規模プロバイダーたちが開拓してきた Mobile BaaS というスペースに、レガシー・クラウドの巨人たちが殺到しているかのように見える。(GigaOM Pro のアナリストである Janakiram MSV が、MBaaS を選ぶ上での見解を提供している – サブスクリプションが必要)

Who needs an MBaaS?

Salesforce says developers using its tools can build apps that tap into troves of legacy data from existing CRM customers.

Salesforce.com’s pitch is that, while there are tons of useful consumer mobile apps, enterprise apps to date are still lacking.  ”It’s hard to build mobile apps that don’t just look nice but are engaging and that comes down to data. They need to be connected into your work data,” said Adam Seligman, VP of developer relations at Salesforce.com. “You have to make it easy to build the apps, the client side stuff, but you also need those hooks into corporate data.”

Salesforce.com のセールス・トークによると、コンシューマにとって便利なモバイル・アプリは山ほどあるが、データを処理するエンタープライズ・アプリが依然として不足しているようだ。「ルック&フィールが優れているだけではなく、データと密接に絡み、判断を下していくモバイル・アプリの構築は難しい。なぜなら、仕事で用いるデータに、接続する必要があるからだ。まず、クライアント・サイドのアプリを、簡単に構築できるようになる必要が生じるが、それらをコーポレート・データと連携させなければならない」と、Salesforce.com の VP of Developer Relations である Adam Seligman は発言する。

The new mobile packs, which support three lightweight mobile frameworks — jQuery Mobile, Backbone.js and AngularJS — should help on the ease-of-development front.

jQuery Mobile/Backbone.js/AngularJS という、3つのライトウェイト・モバイル・フレームワークをサポートする、この新しいモバイル・パックが、容易な開発という面で役に立つはずだ。

Salesforce, which backs both Force.com and Heroku Platforms as a Service (PaaS), subscribes to the school of thought that a specialized Mobile Backend as a Service (MBaaS) — from Parse, Kinvey, Kii or Stackmob — isn’t necessary. Those smaller competitors would no doubt argue that developers need to build applications that connect to myriad applications from many sources — not just those from one company.

Force.comと Heroku PaaS を裏から支える Salesforce では、Parse/Kinvey/Kii/ Stackmob といった思考の学校にサブスクライブする、特殊なモバイル・バックエンド(MBaaS)が不要になる。それらの小規模なコンペティタたちは、多様なソースから構成される無数のアプリ同士を(つまり1つの会社からではなく)、開発者は接続しなければならないという主張を疑わないだろう。

Rackspace wraps up mobile stack in an easily deployable package

Rackspace already hosts “tons of mobile apps” but it wants to make it easier for developers and companies to deploy and run them, CTO John Engates said. So the San Antonio, Texas-based company wrapped up a mobile-focused technology stack as a sort of prepackaged cloud for that type of user.

すでに Rackspace は、膨大なモバイル・アプリをホストしているが、それをディプロイ/実行させる開発者や企業に対して、より容易な環境を提供したいと、同社の CTO である John Engates は発言している。したがって、San Antonio, Texas ベースの同社は、その種のユーザーのための、パッケージ化されたクラウドとして、モバイルに特化したテクノロジー·スタックをまとめようとしている。

“We want to streamline things. We put together a stack — including Linux, MySQL, PHP, Memcached, Varnish cache in a sort of blueprint that we can deploy consistently and quickly,” he said.

「私たちは、物事を合理化したい。したがって、BluePrint のような概念の中に、Linux/MySQL/PHP/Memcached/Varnish キャッシュ などを取り込み、また、一貫性のあるかたちで、迅速にディプロイできるようにしたい」と、彼は発言している。

This backend runs in Rackspace’s public cloud infrastructure, but on cloud servers that are dedicated to that customer. “We’re basically running a single tenant infrastructure on a multi-tenant cloud,” Engates said. “Heroku is a multi-tenant platform that lives on Amazon, a multi-tenant infrastructure cloud. We’re trying to build a single-tenant platform atop a public cloud so you can build your own deployment and spec and scale it for what you need.”

このバックエンドは、Rackspace のパブリック・クラウド・インフラに取り込まれるが、それぞれの顧客が専有するクラウド·サーバー上で実行される。 「 私たちは、基本的に、マルチ・テナント・クラウド上で、シングル・テナント・インフラスを実行している。その点、Heroku は Amazon 上のマルチ・テナント・インフラであり、また、マルチ・テナント・プラットフォームである。 私たちは、パブリック·クラウド上に、シングル・テナント・プラットフォームを構築しようとしている。 それにより、個別のデプロイメントとスペックが実現され、また、必要に応じたスケールが達成される」と、Engates は発言している。

Rackspace CTO John Engates

The entire stack is open source and developers can use their SDKs of choice to develop for any mobile device. Rackspace has also signed up some partners to work with its stack: FeedHenry, New Relic, Sencha, SOASTA, StackMob and Trigger.io.

このスタック全体がオープンソースであり、あらゆるモバイル・デバイスに対応するために、デベロッパーたちは SDK を選択/使用できる。 そして Rackspace は、FeedHenry/New Relic/Sencha/SOASTA/StackMob/Trigger.io などとパートナシップを交わし、そのスタック上での協調を目指している。

“The idea there is you use our infrastructure but then SOASTA can test your application from many perspectives — not just Rackspace — and throw a load up there to make sure it scales before you deploy it,” Engates said.

「 このアイデアは、私たちのインフラを使用するにしても、Rackspace だけではなく SOASTA の視点からも、その後のアプリ・テストが可能になる。 そして、ディプロイを行う前に、そのスケールを確認するために、負荷をかけてみることも可能になる」 と Engates は言う。

Bring on the consolidation

As more of these bigger, broader “cloud” companies add mobile development and hosting capabilities, it may be time for consolidation in the MBaaS business to kick off for real.

これらの大手企業が、つまり、より広義な意味におけるクラウド企業が、モバイル開発とホスティング機能を追加するにつれて、MBaaS ビジネスのコンソリデーションが始まり、具体的なキックオフへと至るのかもしれない。

Forrester senior analyst Michael Facemire said consolidation in the MBaaS space, which started to happen last year with Apigee’s acquisition of UserGrid, a pure-play MBaaS and Appcelerator’s buy of CocoaFish, will likely heat up now that these bigger players finally see how important mobile developers are to the future of their overall businesses.

Forrester のシニア・アナリストである Michael Facemire は、昨年の Apigee により userGrid 買収により、また、ピュア BaaS プレイヤーである Appcelerator の CocoaFish 買収 により、MBaaS スペースにおける統合が始まったとし、それがさらにヒートアップしていると発言する。つまり、より大手のプライヤーたちが、それぞれの将来におけるビジネスで重要になっていく、モバイル・デベロッパーを見定めている状況にあるのだ。

And, it will be extremely interesting to see what Google has up its sleeve vis-a-vis Google App Engine (GAE). Oracle, a power among enterprise applications, will be another company to watch.

そして Google が、GAE(Google App Engine)と等しいレベルにおいて、何を隠し持っているのかと考えると、とても興味深い。そして、エンタープライズ·アプリケーションでパワーを発揮する Oracle も、見ておく必要があるだろう。

Related research

 

 

 

ーーーーー

imageTAG index 昨日に 『 Amazon AWS も、ついに モバイル BaaS に参入か? 』という抄訳をポストしましたが、その中では ーーー  多目的 PaaS は、このモバイル・セグメントを無視してきた。 そのため、Kinvey や、Parse、Stackmob、Kii といったスタートアップたちが、この空白部分を急い穴埋めしている。 そして、いま、さらに大手の PaaS プレーヤーたちたが、モバイルに対応し始めている。ーーー というふうに、現状について述べられていました。 どのような展開になるのか、ほんと興味シンシンですね。

ーーーーー

<関連>

Salesforce.com も モバイル・シフトを宣言か?
Salesforce の Chatter Mobile が、その姿を現した!
Apigee は、テレコムのための SDN を考える
モバイル BaaS って何だ? Appcelerator による Cocoafish 買収から探ってみよう

%d bloggers like this: