Agile Cat — in the cloud

激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 28, 2015
Smartphone Duopoly Pushes Competition to the Fringes
Felix Richter – February 26th, 2015
http://www.statista.com/chart/3268/smartphone-os-market-share/
 
 Statista.png
 
Five years ago, the smartphone market was quite fragmented. BlackBerry was still going strong, Symbian was present on millions of Nokia phones and Samsung was still experimenting with its own operating system, Bada.
 
5年前のスマートフォン市場は、それぞれのプラットフォームにより切り分けられていた。 そのころの Blackberry は強さを維持し、Nokia のデバイスでは大量の Symbian が走り、Samsung は Bada という独自 OS を実験していた。
 
Smartphone_OS 2010-2014This chart breaks down global smartphone shipments by operating system.
 
このチャートは、グローバルにおけるスマホ OS 出荷台数を示している。
 
Nowadays, there are basically just two relevant smartphone platforms left. Devices running Android and iOS accounted for more than 96% of global smartphone shipments in 2014, according to data published by IDC. The only other platform with so much as a hint of relevance left is Windows Phone, although Microsoft surely had other numbers in mind when it debuted Windows Phone 7 in 2010.
 
しかし、いまでは、大まかなところで、2つのスマートフォン・プラットフォームだけが存在感を発揮する状況となっている。IDC が発表したデータによると、2014年のグローバル市場では、出荷されたスマートフォンの 96% 以上が、Android と iOS により占められている。その他のプラットフォームとしては、少ないながらも Windows Phone がシェアを確保しているが、2010年に Windows Phone 7 がデビューしたときの Microsoft は、いま以上の存在感を有していたのだ。
 
ーーーーー
mobile_552010年の 3億台から、2014年の 13億台へと、大きく成長したスマホ・マーケットの状況が、とても把握しやすいかたちでチャート化されていますね。 その内訳の変化も興味深いですが、2014年の iOS が 約2億台ですから、それを 1.5倍しただけで、2010年の全体に達してしまうというのも驚きです。 Agile_Cat の 2010年はというと、Symbian を使っていましたが(いわゆるノキチ)、もう無理だという思いから、試しに Android を触り始めたころだったと記憶しています。 すべてが、あっという間に変わってしまった、という感じです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on February 27, 2015
The Apple Pay effect is real — in-store mobile payments volume will top $800 billion in 2019
John Heggestuen – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/mobile-payments-will-see-apple-pay-boost-2015-1
 
_ Business Insider
 
Mobile payments — the use of phones to complete transactions in stores instead of cash and physical card swipes — are going to grow much more quickly than many observers believe. In no small part, this will be thanks to the growing popularity of Apple’s new Apple Pay system.
 
モバイル決済とは、これまでの現金による購入や、カードによる支払い換えて、店頭にもモバイル・トランザクションを持ち込むものであるが、大半の評論家が考えているよりも、はるかに速いスピードで成長しようとしている。 Apple が広めようとしている、Apple Pay システムが普及し始めたことが、この新しいトレンドの引き金になっている。
 
 
forecast_mobile payments
BI Intelligence
 
In a new in-depth report on mobile payments from BI Intelligence, we explain how a few US retailers account for the vast majority of over $4.7 trillion in aggregate payment volume. Many of these retailers have already adopted the technology necessary to accept mobile payments from Apple Pay and similar apps, or plan to. It only takes a handful of these large retailers to drive an explosion in mobile payment volume and that’s precisely what we think is going to happen.
 
BI Intelligence がモバイル決済について、詳細まで掘り下げた最新レポートには、アメリカにおける一握りの小売業者が、店舗における支払総額である $4.7 trillion の、大半を占めている状況が示されている。そして、これらの小売業者の多くが、Apple Pay などのモバイル・アプリ決済に必要なテクノロジーを採用するか、計画しているという状況にある。そこから見えてくるのは、一握りの大手小売業が、大量のモバイル決済を生み出すという、今後の予測だけではない。つまり、いま起こっていることについて、私たちの視点を正確に示すものにもなっているのだ。
 
Here are some of the key takeaways from the report:
 
以下のような要点が、このレポートから読み取れる:
 
  • Explosive mobile payments growth: We forecast US mobile payment volume to grow at a five-year compound annual growth rate of 172%. Volume will rise to $818 billion by 2019, or just under 15% of total US payment volume.
  • Apple Pay is showing early signs of success: Payments made through Apple Pay accounted for between 0.1%-1.6% of transactions at five top retailers in the month following the launch of the feature. Considering that the feature can only be used on the new iPhones we think that’s indicative of exceptional momentum.
  • CurrentC isn’t dead on arrival: Despite a firestorm of bad press for the yet-to-be launched mobile wallet from the MCX retail consortium, which includes Wal-Mart, there is still a chance it could have some success. CurrentC retailers account for over $1 trillion in annual volume and we think these retailers are going to push it aggressively to their customers. Even with mediocre results, that adds up to a lot of payment volume in aggregate.
  • Android mobile wallets are benefiting from Apple Pay: Multiple sources confirm that Google Wallet saw a jump in payment volume following the launch of Apple Pay. Softcard (formerly Isis), a mobile wallet backed by big wireless carriers including Verizon, also struck a number of new deals that were likely a result of retailers attempting to give their customers an Android-based alternative to Apple Pay.

 

  • モバイル決済の爆発的な成長:私たちの予測によると、米国のモバイル決済額は、これからの 5年間において、172% という年複利成長率を達成する。その決済額は、2019年の時点で $818 billion に至り、米国における総決済額の 15% をカバーすることになる。
  • Apple Pay が成長の兆しに:Apple Pay を介した決済額は、この機能が立ち上げられた翌月の時点で、Top-5 小売店で 0.1%〜1.6% という数字を達成している。この機能を利用できるのが、最新の iPhone に限られていたという状況を考えると、例外的な勢いを示す指標になるはずだ。
  • CurrentC が生き返った:立ち上がる前から酷評されていた、小売業コンソーシアム MCX(Wal-Mart を含む)のモバイル・ウォレットだが、いくつかの成功を手にする可能性が残されている。その CurrentC は、年商が $1 trillion 以上の小売業者が用いるものであり、顧客に対して積極的にプッシュしているはずだ。そして、結果が平凡なものであっても、それらを集めれば、相当量の決済額になるだろう。
  • Android アプリも Apple Pay に続いていく:数多くの情報筋が確認しているが、Apple Pay の立ち上げを受けて、Google Wallet の決済額も急激に伸びている。Softcard(以前の Isis)は、Verizon などの大手ワイヤレス・キャリアが支援するモバイル・ウォレットであるが、Apple Pay に対抗する Android ベースのサービスへと顧客たちを誘導し、小売店での新たな取引を伸ばしている。
 
Access the Full Report By Signing Up For A Risk-Free Trial Membership Today
 
ーーーーー
mobile_55いわゆる、お財布ケータイのことなので、日本ではイマサラ感が漂ってしまいます。 しかし、Apple にとっては、新たな収益源としての大きな可能性を示すものになりますね(カード会社との協業?)。 そして Google がモバイル・キャリアと組んだことで、CurrentC を交えた三大勢力に整理された、という気がしてきます。 その一方では、中国の春節で、WeChat が「モバイル お年玉決済」を成功させ、とんでもない扱い高を記録したとか。。。 世界中で、人々の日常に、どんどんとモバイルが入り込んでいるという感じがしますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 

iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Apple is losing the tablet market it created with the iPad
Dave Smith – Feb 25, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-tablet-market-share-2015-2
 
_ Business Insider
 
Global tablet shipments are rising, but a new report from Strategy Analytics says Apple’s tablet market share continues to slip, despite its utter dominance just a few years ago. Based on Strategy Analytics data charted for us by BI Intelligence, the iPad’s global market share dropped 20%, from a 32.6% share in 2013 to 26.1% in 2014.
 
Strategy Analytics の新しいレポートによると、グローバルにおけるタブレットの出荷台数は上昇している。 しかし、このタブレット市場で、わずか数年前には圧倒的な優位性を誇っていた、Apple のシェアは下落し続けている。Strategy Analytics のデータをベースに、BI Intelligence が作成したチャートを見ると、グローバルにおける iPad は、2013年の 32.6% から 2014年の 26.1% へと、6% ほどシェアを落としている。
 
Tablet 2014
BI Intelligence
 
注記: チャートの文章の内容に、食い違いがあります。とりあえず、チャートに合わせて文章を修正していますが、あくまでも参考としてください。 Strategy の Web ページも調べてみましたが、有償レポートの購入ページであり、確認できませんでした。
 
Strategy Analytics says the leading tablet makers can no longer “rely on inertia alone” as other smaller players are beginning to offer cheaper tablets with competitive features. But Apple CEO Tim Cook is still confident in the iPad, especially in businesses: Last month, he said the company’s partnership with IBM could help “move the dial” with sales, and the rumored 12-inch iPad could certainly improve Apple’s tablet market share, especially if it offers businesspeople more features for advanced productivity.
 
Strategy Analytics に言わせると、充分な機能を備えた競争力のあるタブレットを、弱小メーカーが安価に提供し始めるにつれて、もはや大手メーカーは「慣性に依存」するだけの存在になっているようだ。しかし、Apple の CEO である Tim Cook は、とりわけエンタープライズにおいて、これからの iPad に自信を覗かせている。先月に Cook は、Apple が IBM と提携したことで販売が促進され、また、ウワサの 12-inch iPad が必ず Apple のシェアを回復させると述べている。さらに、優れた生産性を必要とするビジネス・ユースに対して、より多くの機能を提供するときに、その傾向は顕著になると続けている。
 
ーーーーー
Post-PCスマホのような小型化が不要で、大型のバッテリーの搭載も容易なタブレットの世界は、すでに価格という要因が、もっとも重要になっているのでしょうかね?  さらに言えば、もともと PC を持っていない、途上国のマーケットが、このマーケット全体を押し上げているので、iPad が苦戦している状況となっているのでしょうか? 上記のチャートの、赤い [Other] の内訳が知りたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
iPad オーナーの 約半数が、2年以上も昔のモデルを使っている
iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
IBM と Apple: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 

2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Android powers 81.5% of smartphones globally: IDC
AFP – Feb 25, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Android-powers-81-5-of-smartphones-globally-IDC/articleshow/46366055.cms
 
_ Times of India
 
Google Android dominated the global smartphone market in 2014, holding an 81.5% market share, with Apple’s iOS second and no strong third player, market tracker IDC said.
 
Google の Android は、2014年のグローバル・スマホ市場を、81.5% シェアで支配した。それに続くのは Apple の iOS であるが、第三のプレイヤーは存在感に乏しいと、マーケット調査会社である IDC は述べている。
 
Android
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million.
 
Despite Apple’s late surge on its newly released iPhones, the California giant saw its market share for the year drop slightly to 14.8%. The fourth quarter was better for Apple as it claimed 19.7%, IDC data showed.
 
新しくリリースされた iPhone により、直近では Apple が市場を賑わしているが、この California の巨人のシェアは 14.8% であり、前年比で多少だが下落している。ただし、2014年 Q4 のシェアは 19.7% であり、Apple にとって素晴らしいものであったと、IDC のデータが示している。
 
With Android and iOS holding some 96% of the market, there has been little progress from alternative platforms, with Windows Phone losing momentum and BlackBerry nearly disappearing, IDC said.
 
Android と iOS を合わせると、マーケットの の 96% に達してしまう。そして、Windows Phone は勢いを失い、BlackBerry は消えつつありという具合に、代替となるプラットフォームには、ほとんど進展が見られなかったと、IDC は述べている。
 
“Instead of a battle for the third ecosystem after Android and iOS, 2014 instead yielded skirmishes, with Windows Phone edging out BlackBerry, Firefox, Sailfish and the rest, but without any of these platforms making the kind of gains needed to challenge the top two,” said Melissa Chau, an IDC analyst.
 
「 Android と iOS に続く、第3 のエコシステム争いどころか、Windows Phone と BlackBerry と Firefox と Sailfish などが小競り合いしただけというのが、2014年の特徴であった。そして、これらのプラットフォームのすべてが、Top-2 に挑戦するために必要な力を得られなかった」と、IDC のアナリストである Melissa Chau は述べている。
 
“This isn’t to say that vendors aren’t making moves, especially for the growth segments — the low-end markets. With Microsoft bringing ever-cheaper Lumia into play and Tizen finally getting launched to India early this year, there is still a hunger to chip away at Android’s dominance.”
 
「 ただし、それらのベンダーが、成長の著しいローエンド市場へ向けて、まったく動きを見せていないと言うわけではない。Microsoft は最も安価な Lumia を投入し、今年のインドでは Tizen も立ち上がっている。つまり、Android 独占している市場を、貪欲に削り取ろうとしているのだ」
 
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million. Windows phone saw its market share slip to 2.7% in 2014 from 3.3% a year earlier. And BlackBerry managed just 0.4%, sliding from 1.9% in 2013.
 
IDC が言うには、Android フォンのメーカーたちは、グローバルで 13億台以上のデバイスを販売し、それに続くApple は 1.92億を販売したことになる。 Windows Phone のシェアは前年の 3.3% から、2014年は 2.7% に下げている。BlackBerry は、2013年の 1.9% から、わずか 0.4% へと下げている。
 
ーーーーー
mobile_55Android と iOS で 96% というのは、とても興ざめという感じがしますが、Agile_Cat 的に気になるのは、この Android の内訳なのです。 つまり、Google Play にアクセスする純正 Android 派と、Xiaomi などの AOSP 派の比率に、一番に注目したいと思っています。 途上国のローエンド市場では、それほど純正 Android が伸びているはずもなく、また、Android を一括りにしてしまうのも、実態から乖離していると思えるのです。 昨年は、2月7日の「 Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか? 」というポストで、それが明らかになっていたのですが・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人?
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使用!
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

モバイル・コマースの比率が最高なのは、なんと食料品! 米国の調査から近未来が見えてくる

Posted in .Chronicle, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 25, 2015
More people use mobile devices to buy groceries than any other retail category
Dave Smith – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/the-most-popular-retail-purchase-on-mobile-phones-is-groceries-2015-2
 
_ Business Insider
 
When it comes to buying stuff online, most people still prefer PCs. But mobile is becoming an increasingly important sales channel for one particular retail industry above all others: Groceries.
 
オンラインによる商品の購入に関してだが、大半の人々は PC を介した処理を好むようだ。 しかし、特定の小売業界において、モバイルによる販売チャネルの重要性が、ますます高まってきている。 それは、Grocery(日常品・食料品)だ。
 
 
grocery-mobile-commerce
BI Intelligence
 
Based on data from PriceWaterhouse Coopers charted for us by BI Intelligence, 37% of all grocery e-commerce sales in October came from purchases on a mobile device like a phone or tablet. Other retail industries, like furniture and health, are not too far behind, but BI Intelligence predicts sales of online groceries will grow at a much faster rate than sales at traditional supermarkets.
 
PriceWaterhouse Coopers のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれた。 それによると、10月の eコマースにおいて、スマホやタブレットといったモバイル・デバイスが 37% も使用され、トップに立ったのが Grocery であることが判明した。Furniture や Health といった産業も近い比率となっているが、従来からのスーパーマーケットでの売上よりも、オンライン Grocery 売上の方が遥かに速く成長すると、BI Intelligence は予測している。
 
Considering how the US grocery industry accounts for roughly $600 billion a year in sales, BI Intelligence forecasts the online grocery market will grow about 21% each year for the next three years. After all, the food and beverage industry is the largest retail industry by far, and online services that can get food into your home — whether it’s fresh from the store or already prepared by a restaurant — are in high demand: Companies from GrubHub to Amazon and Uber are already launching campaigns to get in on the action.
 
まず、アメリカの Grocery 業界が、年間で $600 billion という売上を計上している点を考えてほしい。そして BI Intelligence は、オンライン Grocery マーケットが、これからの 3年間において、約 21% の年率で成長すると予測している。結局のところ、最大の小売業界として、食品と飲料は君臨し続けるだろう。そして、あなたの家まで、食品を届けるというオンライン・サービスに、大きな需要が見込まれることになる。つまり、新鮮な食品が店舗で購入され、また、レストランで用意されるにしても、この傾向は変わらない。 そして、こうした新しい需要に応えるために、GrubHub/AmazonUber といった企業が、すでにキャンペーンを開始している。
 
SEE ALSO:  How GrubHub Seamless will capture a bigger bite of the $70 billion takeout market
 
ーーーーー
mobile_55このデータはアメリカのものなので、日本とは事情が異なる点も数多くあると思います。 しかし、女性が社会に進出し、その中で出産や育児もという世の中になると、食料品を購入するための手間を省くというのは、当たり前のことになるのかもしれませんね。 考えてみれば、それぞれの家庭に定番があり、それをリピートして購入するわけですし、大半の食品が重たくて、運ぶのが大変なのです。なんというか、1つの近未来が見えてくる、調査の結果ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco 予測:世界のモバイル・トラフィックは、2019年 までに 10倍増する
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
日本と世界のインターネット・トラフィック:2015年/1月
 

China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 20, 2015
China Mobile blasts from zero to 100M 4G subscribers in just 14 months
Steven Millward – Feb 17, 2015
https://www.techinasia.com/china-mobile-100m-4g-subscribers-aims-250m-end-2015/
 
_ tech in asia
 
China Mobile now has just over 100 million 4G subscribers, according to the newest data from the company. The major milestone comes 14 months after the nation’s top telco switched on China’s first 4G network.
 
China Mobile だが、同社から提供された最新データによると、その 4G サブスクライバー数が、ついに1億の大台に乗ったようだ。 この、China のトップに君臨するテレコムは、4G ネットワークをメインに切り替えてから僅か 14ヶ月後に、このマイルストーンに到達したことになる。
 
China-4G-subscribersChina Mobile’s newest 4G figure counts subscribers added by the end of January. The telco titan has so far set up more than 700,000 4G base stations covering over one billion people, the China Daily reports. The firm aims to have 250 million 4G users by the end of this year.
 
China Mobile の最新データは、この1月末までの、4G サブスクライバー数をカウントしている。これまでに、このテレコムの巨人は、1億以上の人々をカバーするために、70万ヶ所以上の 4G 基地局を準備してきたと、China Daily がレポートしている。そして、同社は、今年の末までに、2.5億人以上の 4G ユーザーを持とうとしている。
 
China has more than half a billion 3G subscribers, but that number will decline slowly as people shift over to similarly priced 4G data plans.
 
いまの China には、5億人以上の 3G サブスクライバーがいるが、価格の変わらない 4G データ・プランへと人々がシフトしていくにつれて、その数はゆっくりと低下するだろう。
 
Rival telcos China Unicom and China Telecom are not yet revealing their number of 4G subscribers in their customary monthly reports.
 
China-Mobile-reaches-100M-4G-subscribers-aims-at-250M-by-end-of-yearThis is the growth :
 
経緯を示すチャート:
 
ライバルのテレコムである China Unicom と China Telecom は、自身の月次サポートにおいて、その 4G サブスクライバー数を明らかにしていない。
 
Apple added support for China Mobile’s 4G network in its iPhones in January 2014, but it’s cheaper 4G-enabled phones from brands like Xiaomi, Coolpad, and Lenovo that will drive a greater number of people to switch to 4G.
 
2014年 1月に Apple は、iPhone の 4G ネットワーク・サポート・リストに、China Mobile を追加している。しかし、4G への切り替えを促進している原動力は、Xiaomi/Coolpad/Lenovo といったブランドの、4G 対応の低価格スマホなのである。
 
See: Everyone in China loves their smartphones, but people are using surprisingly little data each month
 
(Source: China Daily)
Editing by Josh Horwitz
 
ーーーーー
Asia Pacific14ヶ月で1億人という、ちょっと信じられないペースなのですが、さらに今年は、1.5 億人を上積みするとか ・・・  まぁ、モバイル人口が5億を超える国なので、当たり前といえば、当たり前なのでしょう。 それにしても、中国の iPhone ユーザーは自身のプロファイルを、中国国内に預けているのでしょうか? そして、Xioami の海外ユーザーは、グレート・ファイヤウォールの外側に、ほんとうにプロファイルを置けているのでしょうか? 人治から法治へと、中国の法律が整備されてくるのは、とても嬉しいことなのですが、iPhone と Xiaomi の件が、とても気になります。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% 超:アジアのモバイル通信は独自路線?
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
 

中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!

Posted in Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 18, 2015
China now has 557M mobile internet users, grand total of 649M netizens
Steven Millward – Feb 3, 2015
https://www.techinasia.com/cnnic-china-577-million-mobile-web-users-and-649-internet-users-2014/
 
_ tech in asia
 
China now has 557 million mobile internet users, according to data released today by the China Internet Network Information Center (CNNIC). That figure for the end of 2014 is up from half a billion at the end of 2013.
 
China Internet Network Information Center (CNNIC) の調査によると、同国のモバイル・インターネット・ユーザー数は、現時点で 5.57 億人に達しているという。この数字は、2014年の終わりの時点のものであり、また、2013年末と比べて 5000万人も増えていることを示している。
 
China-mobile-internet-users-in-2014Here’s China’s growth in mobile web users since 2007:
 
このチャートが示すのは、China におけるモバイル・ユーザー数の、2007年からの成長曲線である:
 
For a sense of scale, India has 300 million mobile internet users at present. But China’s growth is slowing, while India’s growth spurts.
 
そのスケール感を掴んでもらうために India を引き合いにだすと、同国におけるモバイル・インターネット・ユーザー数は、現時点で 3億人に至っている。 そして、India は凄まじいスピードで成長しているが、China の方は減速している、という状況にある。
 
China-internet-users-in-2014The CNNIC also revealed today that China now has a grand total of 649 million web users. That’s up from 618 million at the end of 2013. Here’s the stratospheric growth since a mere 111 million in 2005.
 
さらに CNNIC は、China における Web ユーザー数が、現時点で 6.49億人に達していることも、同時に公表している。この数字は、2013年の終わりにおいて、6.18億人であった。 ここで注目して欲しいのは、1.11億人に過ぎなかった、2005年からの成長曲線である。
 
Ecommerce up, Weibo down
 
The new data (the full PDF file is embedded here) also calculated the number of China’s web users across certain activities. While ecommerce and social media in general went up, microblogging sites like Sina Weibo saw a drop in users.
 
一連の新しいデータには(ココから、フル・レポートを DL できる)、特定のアクティビティにおける、China の Web ユーザー数の算出結果が含まれている。 そして、全体を俯瞰すると、e-コマースとソーシャル・メディアのユーザー数が伸びているが、Sina Weibo などのマイクロ・ブログ・サイトはユーザー数を減らしている、という状況が見えてくる。
 
See: 1.3 billion smartphones shipped in 2014; Xiaomi ends year ranked 5th globally
 
ーーーーー
Asia Pacificこのところ、アジアの動きが気になって仕方のない Agile Cat ですが、その根底にあるのは、中国やインドにおいて爆発的に増えているインターネット人口が、世界に及ぼす影響力ということになるのでしょう。 すでに 10億人近いインターネット・ユーザーがいるのですから、それだけで、驚くやら呆れるやら、、、という感じです。それにしても中国は、国有テコム三社による独占と、グレート・ファイアウォールによる国内産業の保護と育成を推し進めることで、ついに此処まで成長してきたのですね。 あらためて、内需の持つ強さを感じてしまいます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただしスマホは、まだ先のよう
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?

Posted in Asia, Facebook, Research by agilecat.cloud on February 17, 2015
Facebook hits 449M monthly active users in Asia, only monetizes $1.27 per person
David Corbin – Jan 29, 2015
https://www.techinasia.com/facebook-asia-growth-449-million-monthly-active-users/
 
_ tech in asia
 
Facebook shows no signs of slowing down in Asia Pacific.
 
Facebook の Asia Pacific 戦略からは、依然としてスローダウンの兆候が見えてこない。
 
fb-topThe social network’s 4th quarter earnings release shows that its expansion in the region continues to outpace Europe, US/Canada, and the nebulously titled, “rest of world.” Adding an additional 23 million monthly active users (MAU), Facebook now has 449 million MAUs in Asia, a 51 percent increase from the same period two years ago.
 
このソーシャル・ネットワークの 2014年 Q4 決算は、Europe/US・Canada/Rest of World(大まかな言い方だが)といった地域で、その成長が維持されていることを示している。そして、Facebook は Asia で、23 Million の MAU(Monthly Active Users)を上乗せし、2年前に対して 51% 増の 449 Million を数えるに至っている。
 
fb-mauThe “rest of world” comes in second with a 43 percent jump over two years while the US/Canada region pulls up the rear at a paltry 8 percent.
 
また、2年前との比較において、Rest of World も 43% の成長を遂げているが、US・Canada を見ると、その成長は 8% に過ぎない。
 
User growth may be slow in North America but that region is generating far more money than Asia-Pacific. The average revenue per user (ARPU) in US/Canada is a robust US$9.00, while in Asia-Pacific it is a relatively paltry US$1.27. That creates a revenue gap of US$1.7 billion to US$531 billion. Asia-Pacific accounts for 32 percent of Facebook MAUs but just a shade under 15 percent of its revenues. US/Canada is responsible for an outsized 48 percent of global revenue being generated by only 15 percent of the 1.39 billion user base.
 
たしかに、North America におけるユーザー数の伸びは遅いかもしれないが、この領域は Asia-Pacific と比べて、はるかに多くの収益をもたらす。US・Canada の ARPU(Average Revenue Per User)は、US$9.00 というレベルと確実に維持しているが、Asia-Pacific は US$1.27 に過ぎないのだ。それにより、US$1.7 billion に対する US$531 million という収益ギャップが生じている。Facebook において、Asia-Pacific の MAU は 32% に達するが、その収益は15% にも満たないのだ。言い換えるなら、グローバルにおける 1.39 billion というユーザー・ベースに対して、US・Canada のユーザーは 15% を占めるに過ぎないが、収益に関しては 48% という、大きな結果をもたらしている。
 
fb-chartsThe mixed results represent a conundrum for Facebook. The rapid adoption and spread of its service proves once again that users in Asia-Pacific are hungry for the online communities that Facebook supports. Even so, most of Facebook’s revenue comes from advertising fees and the company cannot charge North American prices in many parts of Asia-Pacific. Indonesian internet users are growing rapidly but their purchasing power is not.
 
こうした、複雑な結果が、Facebook にとっての難題を示している。同社のサービスにおける急速な普及と成長は、Facebook が提供するオンライン・コミュニティを、Asia-Pacific が渇望していることを、繰り返して証明している。しかし、そうは言っても、Facebook における収益の大半が、広告に依存しているという現実があり、また、North American のようなビジネス・モデルを、Asia-Pacific に持ち込めないのも明らかである。たとえば、Indonesia では、インターネット・ユーザーが急速に伸びているが、だからと言って、購買力を期待できるものにはなっていない。
 
How Facebook adapts to this challenge will be critical in the coming years. After all, what is the point of having a user base larger than the population of China if you cannot unlock their cash?
 
この課題に対する Facebook の取り組みは、これからの数年間で、きわめて重要なものになるだろう。結局のところ、China の人口よりも大きなユーザー・ベースを有するにしても、彼らの財布のヒモを緩められるかどうかが要点なのである。
 
See: Asia once again central to Facebook growth as region reaches 426 million monthly active users
 
ーーーーー
facebookその他のソーシャル・メディアと Facebook で、最も異なる点はというと、自前のインフラ(DC)を持っているか、持っていないかの違いだと思うのです。 普通にパブリック・クラウドを使っているのであれば、おそらく、いまのスケールを維持するのも難しいのでは、、、と想像してしまいます。 ユーザー・ベースを拡大しながら、まずはインフラの効率化を図り、途上国マーケットの成長を待つという戦略で乗りきれるのかどうか?  と言うか、なんとか乗り切って欲しいと思ってしまいますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
%d bloggers like this: