Agile Cat — in the cloud

Legacy Apps の調査: 企業の 25% が、ワークフローとドキュメント管理をリプレースしたがっている

Posted in Research, On Monday by agilecat.cloud on June 29, 2015
Businesses Clean House Replacing Legacy Apps: One-Quarter Want to Replace Workflow and Document Management
Dick Weisinger – June 24th, 2015
http://formtek.com/blog/businesses-clean-house-replacing-legacy-apps-one-quarter-want-to-replace-workflow-and-document-management/
_ formtek
Businesses are itching to modernize their IT and business applications, according to a survey by Hitachi Consulting.  90 percent of businesses say that they have to deal with legacy applications that are holding them back.  More than one third say that nearly every project that comes up has issues related to legacy applications that need to be addressed.
 
Hitachi Consulting の調査によると、自社の IT およびビジネス・アプリケーションの近代化を進めたいと、うずうずしている企業の多いことが分かる。調査の対象となった企業の 90% は、なんらかのレガシー·アプリケーションを取り扱う必要性があり、また、それにより近代化に遅れが生じていると、発言している。さらに言えば、1/3 以上の企業が、大半のプロジェクトでレガシー・アプリケーションに関連する問題を抱えており、それを改善したいとしている。
 
Escher_1Chris Saul, vice president at Hitachi Consulting, said that if you “ask any IT director or CIO they’ll probably tell you that they’re envious of start-ups that have a greenfield to build their IT infrastructure.  Bulldozing isn’t often an option, so IT leaders need to find ways of introducing new applications, services and approaches – and do so quickly, with the ability to scale.”
 
Hitachi Consulting の VP である Chris Saul は、「 IT ディレクターや CIO に尋ねれば、おそらく、彼らは、ゼロ・ベースで IT インフラスを構築できる、スタートアップたちが羨ましいと答えるだろう。ブルドーザーを導入することは、多くのケースにおいて適切な選択肢にならない。したがって、IT リーダーたちにとって、新しいアプリケーション/サービス/アプローチを見つけ出したがっているが、それは迅速に行われる必要があり、しかも スケールする能力を有していなければならない」と述べている
 
The top three applications that businesses are looking to replace are:
 
対象となった企業が、リプレースすべきと考えている Top-3 のアプリは、以下のとおりである:
 
  • Business Intelligence and Analytics (28 percent)
  • Customer Databases (26 percent)
  • Workflow and Document Management (25 percent)
 
Among small and medium-sized companies the desire to replace workflow and document management apps is the greatest.  In that category, 36 percent say that they are ready to start over with something new, compared to only 14 percent of large businesses.  In particular, 36 percent of manufacturers say that they’re looking to replace their workflow and document management systems.
 
対象を中小企業に限定すると、リプレースを望むアプリケーションの1位は、Workflow and Document Management となる。そして、このカテゴリにおいては、36% の中小企業が新しい試みに取り組み始めているが、大企業にの場合は 14% という比率に下がってしまう。また、対象を製造業に絞ってみると、36% の企業が Workflow and Document Management リプレースするための模索していると述べている。
 
ーーーーー
On Mondayなるほどなぁ・・・ という調査結果ですね。 とりわけ、一人一人の機動力が重視される中小企業では、「ワークフローを操作し、ドキュメントを見るたびに、なんで PC が必要なのか?」という声が大きいはずだと思います。 そして、それらの従業員たちは、たとえば Facebook や Evernote などで、デバイス・フリーな環境に慣れ親しんでいるのです。 2010年のことですが、「Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る」という抄訳をポストしています。 ちょっと参照していただければ、この時点から Salesforce が、アプリの在り方について危機感を抱いていたことが分かります。 こんな背景が、同社の素晴らしい成長を支えているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
 

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by agilecat.cloud on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/06/02/21730-chinas-x86-server-market-grew-23-in-q1-2015
 
_ China Tech News
 
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
 
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
 
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
 
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
 
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
 
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
 
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
 
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
 
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
 
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on June 23, 2015
Why we browse Facebook when we want to take a break
By PTI | 31 May, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-break/articleshow/47491037.cms 
 
_Economic Times
 
LOS ANGELES: Scientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
LOS ANGELES:科学者たちが、Facebook などのソーシャルネットワークについて、とても興味深い現象を見出した。 それは、休憩を取りたい人々の、気分転換に関する考察でもある。
 
Even when we are resting, our brains are preparing us to be social, according to a new study by psychologists from the University of California, Los Angeles. The study sheds light on why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break, researchers said.
 
University of California, Los Angeles の心理学者によると、休息をとっている場合であっても、私たちの脳は社会に対する準備を欠かさないようだ。この調査は、Facebook などのソーシャル・ネットワークが、休憩したいと感じる人々にとって、ちょうど良い気分転換になる理由に、スポットライトを当てるものだと、研究者たちは述べている。
 
why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-breakScientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
“The brain has a major system that seems predisposed to get us ready to be social in our spare moments,” said Matthew Lieberman, a UCLA professor of psychology and of psychiatry and biobehavioural sciences. The research, published in the Journal of Cognitive Neuroscience, shows that during quiet moments, the brain is preparing to focus on the minds of other people – or to “see the world through a social lens,” said Lieberman.
 
UCLA の Professor of Psychology であり、行動心理学の権威である Matthew Lieberman は、「 脳の主要なシステムとして、暇な時間における社会への準備という機能があるように思える。この、Journal of Cognitive Neuroscience で発表された研究結果によると、働きが静まった瞬間に人間の脳は、他の人々の心理に集中するための、準備に取り掛かるという。 さもなければ、社会のレンズを介して、世界を見ようとする」と述べている。
 
In experiments at UCLA’s Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center, the researchers showed photos with captions to 21 people, and tracked their brain activity using functional magnetic resonance imaging, or fMRI.
 
UCLA の Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center における実験で、研究者たちは 21人 に対して、キャプション付きの写真を見せている。 そして、fMRI (functional Magnetic Resonance Imaging) を用いて、被験者たちの脳の活動をトラッキングした。
 
Most of the photos showed people performing actions in a social setting and expressing a certain emotion. In one set of 40 photographs, images were paired with captions that reflected the person’s mental state.
 
大半の写真は、実社会における人々の行動を写したものであり、それらは、なんらかの感情を示すものであった。 この 40枚の写真のセットにおいて、それぞれの画像は、被写体である人々の精神状態を反映したキャプションと対になっている。
 
The second set of photos had identical images, but with captions that merely described what the person was doing – “He is resting his head” or “She is looking to her side.”
 
2番めの写真のセットは、最初のものと同じ写真を用いているが、それぞれの被写体の状況を示すだけの、キャプションと対になっていた。つまり、「彼は寄りかかって休んでいる」とか、「 彼女は自分の側を見ている」という類のものである。
 
A third set of images depicted a number accompanied by a simple mathematical equation.
 
3番目の写真セットは、シンプルな数式を伴うものである。
 
Participants were asked to judge whether the captions accurately expressed what the images showed.
 
そして、この実験に参加した人々に対して、どのキャプションが、もっとも正確に写真の内容を表現しいるかという、それぞれの判断を促す質問が投げかけられる。
 
The same regions of the brain that were active during the brief times that subjects were not looking at photos were also active when the participants were considering the photos with captions about people’s emotions.
 
対象となるものが見つかるときも見つからないときも、被験者たちの脳の中では、瞬間的に同じ領域が活性化していた。ただし、それは、写真に写った人々の感情について、キャプションが書き加えられたものを選んでいるときであった。
 
But those areas of the brain were not active when the participants were viewing the cards with captions about the person’s physical activity and those with the math equations.
 
そして、被写体の姿を示すキャプションが付いている写真を示しても、被験者たちの脳の中で、前述の領域は活性化しなかった。 それは、数式の写真でも、同じであった。
 
Sometimes, a part of the brain called the dorsomedial prefrontal cortex was more active during the rest period immediately before participants were asked to look at photos.
 
その脳の領域は、前頭葉皮質可視部 (?) と呼ばれることもあり、被験者たちが写真を見始める前の状況において、つまり脳が休息している状況において、最も活性化している部分となる。
 
In those cases, the participants made significantly faster judgments if the next photo they saw presented a statement about the person’s mental state.
 
そのような状況におかれた被験者たちは、写真に写った人々の精神状態について、それぞれのキャプションがメンタルなものを表現するのかどうかを、きわめて高速に判断していった。
 
The findings suggest that the dorsomedial prefrontal cortex might turn on during dreams and rest in order to process our recent social experiences and update our assumptions and understanding of the social world, Lieberman said.
 
この実験の結果は前頭葉皮質可視部 (?) について、その領域が夢うつつの状態で全開となり、現実の社会経験を処理する時には休息し、世の中について仮定/理解するためにアップデートされると示唆している。
 
So although Facebook might not have been designed with the dorsomedial prefrontal cortex in mind, the social network is very much in sync with how our brains are wired, he said.
 
したがって、前頭葉皮質可視部 (?) の働きを分かった上で、Facebook がデザインされているのかどうかは別にして、このソーシャル・ネットワークは、私たちの脳における配線と、きわめて同期していると、彼は言う。
 
“When I want to take a break from work, the brain network that comes on is the same network we use when we’re looking through our Facebook timeline and seeing what our friends are up to,” said Lieberman.
 
「 私が仕事から離れたいとき、つまり休憩を取りたいとき、私の脳内ネットワークが用いる領域は、Facebook タイムラインを見ているときに用いるものと同じになる。そして、いまトモダチが、なにをしているのかを確認するのだ」と、Lieberman は述べている。
 
ーーーーー
facebookそれを Facebook が意識していたかどうか・・・ という指摘が文中に有りますが、おそらく、そんなことは無いのだろうと思います。 Facebook が目指してきたものは、凄まじいスピードでスケールしながらも、積み上げられてきたユーザー・エクスペリエンスの上に、新たな試みを次から次へと実装していける、きわめて柔軟なソフトウェア・インフラなのだと捉えています。そのため、新たに提供されたサービスであっても、不人気なものは撤回されていくわけですが、何億という人々がアクセスし続けるシステムを止めることなく(たまに止まりますが)、それを実践しているところがスゴイと感心してしまうのです。
 
FB 2013-01-15それにしても、訳していて、これほど面白いコンテントは、年に何本も有るわけではありません。 そして、このように、新たな視点を伝えようとする記事を訳し終えて、日本語として読める話に仕上がったときは、普段とは ちょっと違う嬉しさがあります。 拙いながらも、あらん限りの想像力を働かせて、一字一句を訳していくわけですが、その面白さとは裏腹に、訳し切れるのかという不安も常に付きまといます。でも、まぁ、楽観的に行きましょうという雰囲気へ、自分で自分をリードしていけば、なんとかなるものなのです :)
 
話は Facebook に戻りますが、Menlo Park のオフィスにのアチラコチラに、この DONE IS BETTER THAN PERFECT という言葉が書かれています。 そして、それを延々と繰り返していくうちに、人々の脳の動きにフィットしたものが出来上がったというのが、ことの真相なのでしょう。 Agile Cat も、それにあやかって、このブログを楽しみながら続けていきたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook が提供する、Open Graph のベスト・プラクティスとは?
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
Facebook Timeline は、データの非正規化という破壊力で誘う
Facebook が Timeline をデザインしていく発想は、何処から湧き上がってくるのか?
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか?
 

Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:その新たな勢力図を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on June 22, 2015
Here’s what $6 billion Fitbit really needs to worry about
Eugene Kim – Jun. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/heres-what-6-billion-fitbit-really-needs-to-worry-about-2015-6
 
_ Business Insider
 
Fitbit finally went public on Thursday, opening up nearly 50% on its first day of trading. It is now worth about $6 billion.
 
先週の木曜 (6/18) に株式を公開した Fitbit だが、その初日の株価は 50% UP で推移していた。 そして、いまでは、$6 billion の資産価値に達しているのだ。
 
With $745.4 million in sales last year, Fitbit is the clear leader in the wearable market. In the first quarter of 2015 alone, it shipped roughly 3.9 million devices, which accounted for an industry-leading 34.2% of the market.
 
昨年に $745.4 million を売り上げた Fitbit は、ウェアラブル市場における明確なリーダーである。そして、2015年 Q1 だけで、約 390 万台のデバイスを出荷し、この業界をリードする 34.2% のシェアを占めている。
 
bii_wearable_device 6_18_15
BI Intelligence
 
But Fitbit needs to be wary of the competition coming from China’s Xiaomi. As seen in the chart below, by BI Intelligence, Fitbit has lost nearly 10 percentage points of the market share in the first quarter of 2015 compared to a year ago. Meanwhile, Xiaomi’s share jumped to 25% of the market in the first three months of this year.
 
しかし Fitbit は、China の Xiaomi との競合を考えなければならない。BI Intelligence によるチャートを見れば、2015年 Q1 における Fitbit が、前年同期と比べて約 10% のシェアを失っている状況が分かる。その一方で、Xiaomi のシェアはというと、今年に入ってからの 最初の3ヶ月間で、25% のシェアを獲得するという、急成長を示している。
 
Although most of Xiaomi’s Mi Band sales are estimated to have come from the Chinese market, Xiaomi has made it clear that it wants to expand globally. Just last month, it launched a new online store that made its wearables available in the US and UK.
 
Xiaomi Mi Band の売上高は、その大半が China 市場にあると推定されているが、グローバル展開を進めることを、同社は明らかにしている。そして、ちょうど1ヶ月前に、ウェアラブル製品を販売するためのオンライン・ストアを、US と UK で新たに立ち上げている。
 
ーーーーー
research_55なんとフレッシュな顔ぶれなのでしょう! 先進国で飽和しながらも、途上国へ浸透していくという、大きな過渡期を迎えているスマホ・ビジネスを横目で見ながら、Fitbit と Xiaomi が、ものすごい勢いで突っ走っています。 Samsung や Apple は、これまでの蓄積を武器にして、どのように巻き返していくのでしょうか? それとも、このマーケットには、新しい秩序が生まれていくのでしょうか? 正直なところ、こんなにおもしろい展開になっているとは、予想もしていませんでした! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!
スマート・ウォッチへの期待: iOS ユーザーが Android ユーザーを、大幅に上回る!
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
 

IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Posted in Cisco, IoT, Research by agilecat.cloud on June 12, 2015
These are the top industries that will benefit from the ‘Internet of Things’
John Greenough – Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/top-the-internet-of-things-industries-2014-12 
 
_ Business Insider
 
The Internet of Things (IoT) will lead to a wholesale transformation of how large globe-spanning companies do business, but adoption will start in certain industries
 
The Internet of Things (IoT) は、グローバルでビジネスを展開する巨大企業に対して、大きな転換をもたらすが、誰が採用し始めるのかとなると、特定の産業に限定されると言わざるを得ない。
 
In a report from BI Intelligence, we examine the industries currently driving growth in the enterprise Internet of Things and how various sectors of the economy will embrace IoT innovations.
 
BI Intelligence のレポートをベースに、私たちが分析したのは、現時点でエンタープライズ IoT の成長を促進している業種が何処にあり、また、どのように IoT イノベーションを受け入れる経済分野が多様化していくのか、という二点である。
 
iot industry estimates
BI Intelligence
Estimates for total IoT devices globally, by year.
 
Almost every industry can benefit from investing in the IoT, which means adding data-collecting sensors to objects such as factory machinery, office buildings, and warehouse shelves. Based on trends in industry-specific capital expenditures, global size, current use of IoT devices, and through an analysis of where IoT vendors are focused on selling, we estimate enterprise IoT spending by industry.
 
大半の産業が、IoT に投資することで利益を享受していくだろう。つまり、工場の生産ラインや、オフィス・ビル、そして、倉庫の在庫棚などを対象とした、データ収集のためのセンサーがメリットをもたらすことになる。 今回の調査でベースとしたのは、それぞれの業界ごとの設備投資の動向や、グローバルにおける規模、現時点で使用されている IoT デバイス、IoT ベンダーがビジネスを展開しようと狙っている領域などである。そこから、私たちたちは、業種ごとのエンタープライズ IoT 支出を推定していった。
 
Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Membership >>
 
Here are a few of the key findings from the BI Intelligence report:
 
以下は、今回の BI Intelligence レポートから取り出した、いくつかの注目すべきポイントである:
 
  • Globally, manufacturers will invest $140 billion in IoT solutions over the next five years. Of all of the industries analyzed, manufacturers will be the earliest adopters of IoT solutions and will invest heavily in new IoT solutions for factory floors.
  • 世界的に見て、これからの5年の間に、製造業は $140 billion 相当の投資を、IoT ソリューションに対して実施していく。今回の分析における全産業の中で、先陣を切って IoT ソリューションを導入するのは製造業となる。 つまり、工場の生産ラインに IoT ソリューションを組み込むために、膨大な投資を行っていくことになる。
  • 18% of industrial machinery companies (i.e., manufacturers) are already using IoT devices, according to a SAS study.While this doesn’t measure the extent that the IoT has been implemented by manufacturers, it’s notable that almost one-fifth of manufacturing companies are already using the IoT to increase production and reduce costs.
  • SAS の調査によると、産業機械メーカーの 18% は(製造業の 18%)、すでに IoT デバイスを使用している。それは、製造業が実装している IoT の広がりを測定する値ではないが、生産性向上とコスト削減のために、すでに製造業の 1/5 が、IoT を活用している点に注目すべきだ。
  • Nearly as many automotive companies, 17%, are using IoT devices in the production of their vehicles. Volkswagen added an SAP system that keeps track of all of their parts’ supply pipeline to help them track where items are located at all times.
  • 同様に、自動車産業の 17% が、その生産ラインで IoT デバイスを使用している。Volkswagen の場合は、すべてのパーツ供給パイプラインを追跡するために、SAP のシステムを追加している。それにより、すべての品目について、常にトラッキングが機能するようになった。
  • We expect the transportation and warehousing industry, that is, logistics companies, to also invest a significant amount in automating their warehouses and shipping: roughly $112 billion in 2019.
  • 私たちは、輸送業と倉庫業において、つまり物流産業において、膨大な投資が行われると予測している。倉庫と配送の管理を自動化するために、2019年までに約 $112 billion が費やされるだろう。
  • The third-largest industry will be the information sector, including tech and telecommunications, which will expand investment to accommodate the increase in data and data-analysis demands generated by the IoT.
  • 三番目の規模を持つのは、ハイテクやテレコムなどを含む、情報産業になるだろう。 つまり、IoT から生じるデータの、解析に関する需要が高まるにつれて、その投資が拡大していく。
 
ーーーーー
IoT上記のチャートが示しているのは、6社による IoT 接続デバイス数の予測値です。 ここでは、Cisco/ABI Research/IDC がイケイケ組で、BI Intelligence/Harbor/Gartner が慎重組という感じですね。 ただし、IDC は、すでに IoT は機能しており、そんなに目新しいものではないというスタンスのようです。そして、箇条書きが示しているのが、BI Intelligence における予測の根拠です。 IoT の時代になると、FA という言葉が無くなってしまうのかもしれませんが、製造業と自動車産業における 20% 近い実績を、どのように評価するのかで、IoT の成長曲線も変わってくるのでしょうね。まだまだ、喧々諤々が続きそうです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべき
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2015
Advertisers are flocking to Facebook video
Eugene Kim – Jun. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/marketers-are-more-excited-about-facebook-video-than-youtube-2015-6
 
_ Business Insider
 
Videos on Facebook now get 4 billion daily views, almost four times the figure from a year ago, according to Fortune. And it’s working for online publishers too: Buzzfeed had 500 million video views on Facebook in April, while Mic saw 33 million views from 8 videos in just two months.
 
Facebook Video だが、Fortune によると、現時点のビュー数は 40億回/日であり、1年前と比較して約4倍に成長している。そして、オンライン・パブリッシャーに対しても、ともて上手く機能している。4月の Buzzfeed における、Facebook Video のビュー数は5億回である。 また、Mic においては、わずか2ヶ月の間に、8本のビデオが 3300万回も再生されている。
 
fb youtube video_6_3_15
BI Intelligence
 
That kind of reach will increase Facebook video’s appeal to marketers. A recent survey by marketing firm Mixpo, charted for us by BI Intelligence, indicates Facebook is quickly becoming the choice of platform for video marketers. Of the 125 US marketing and media executives surveyed, 87% said they plan to run an ad campaign on Facebook’s video platform this year. That’s 24 percentage points up from the people who said they ran a video ad campaign on Facebook last year. Facebook’s video platform is also more popular than YouTube now, according to the survey.
 
このリーチ数により、Facebook Video の魅力が、マーケティング担当者たちに刷り込まれていく。マーケティング会社である Mixpo のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれた。 それによると、あっという間に Facebook Video が、マーケティング担当者の選ぶプラットフォームへと、成長していったことが分かる。マーケティングとメディアに従事する、アメリカ企業の 125人の経営者を調査したところ、そのうち 87% が、Facebook Video プラットフォーム上で、年内には広告キャンペーンを展開する予定だと発言している。つまり、昨年に Facebook Video 広告キャンペーンについて実施した、同じ調査での数字に対して、24% が上積みされたことになる。そして、この調査によると、いまの Facebook Video プラットフォームは、YouTube よりも人気を博しているという結論にいたる。
 
Since the survey only asked 125 people, the results should be taken with a grain of salt. And YouTube still owns a wider video creator base, a stronger copyright policy, and a more established revenue-sharing model than Facebook, BI Intelligence says. But it’s also proof that advertisers will only continue to spend more on social video, with Facebook being a major recipient of their spending.
 
この調査では、125人だけが対象となっているため、その結果といっても、すべてを表現しているとは言いがたい。そして、YouTube に関しては、幅広いビデオ・クリエーターによる支持や、強固なコピライト・ポリシー、そして、確立された収益分配モデルなどがあるため、それらの点で Facebook より優れていると、BI Intelligence は述べている。しかし、広告主たちは、ソーシャル・ビデオに対してのみ、支出を増やし続けるだろう。 そして、Facebook が最大の受け皿になっていくことも、この調査により証明されている。
 
ーーーーー
Ad次々とビデオをたどって行かせる、よく考えられた UI を提供している Youtube ですが、そこを訪れるときには、なんらかの目的が必要だと感じます。 その点で Facebook は、ちょっと手の空いたときに、ついつい見てしまうという性質を持っているようです。 そして、いまの  Facebook にはビデオが溢れていますし、広告とは分かっていても、Timeline をスクロールする手を休めて、見てしまうケースが多いですよね。 ビデオ自体を見させるための Youtube と、ソーシャルに紛れたビデオを見させる Facebook の戦いですが、広告に関しては Facebook の勝ちのように思えます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのようなユーザーが、ビデオをアップしているの?
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較
Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある
 

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by agilecat.cloud on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150601PR219.html
 
_ Digi Times
 
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
 
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
 
serversWikipedia
 
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
 
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
 
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
 
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
 
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
 
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
 
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
 
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
 
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
 
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
 
ーーーーー
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<対訳>
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 
%d bloggers like this: