Agile Cat — in the cloud

Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research by Agile Cat on July 25, 2014

Facebook Crushes Earnings And The Stock Soars To An All-Time High
http://wp.me/pwo1E-7Hk
Jim Edwards – Jul. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Facebook reported its Q2 2014 earnings, blowing away expectations on the top and bottom lines. Revenue went up 61% to nearly $3 billion and earnings per share were $0.42 — 12 cents more than analysts predicted.

Facebook の 2014年 Q2 収支だが、アナリストたちの予測値を吹き飛ばす、素晴らしい売上と利益がレポートされた。 売上高は 61% も上昇し(前年比)、ほぼ $3 billion というレベルに至っている。 そして、1株当たり利益は $0.42 であり、アナリストたちの予測を 12 Cent も上回った。

Reuters

Facebook CEO
Mark Zuckerberg

Facebook’s gross margins increased dramatically. In essence, the company makes way more in sales this year than it used to, but its cost-base for generating those sales increased only modestly. Income from operations was a staggering $1.4 billion — this time last year it was just $562 million.

Facebook は、粗利益についても、劇的な成長を示している。具体的に言うと、昨年の $562 million から、今年の $1.4 billion へと、驚異的な伸びを示している。基本的に、同社の今年の売上は、以前と比べて大きく上昇しているが、それを支えるためのコストは、緩やかに増加しているのみである。つまり、ここに本質があるのだ。

The stock went up and flirted with $74, a rise of 4%, after the market closed, hitting an all time high.

株価は 4% ほど上昇し、$74 前後に至っている。 そして、マーケットが閉まった後も、上昇し続けている。

People underestimate how huge Facebook is. Even at this late stage of the game, it added 41 million new members last quarter. There are no other apps out there that are accomplishing anything even close to that.

人々は、Facebook の規模について、過小評価している。その成長期の後半に入った段階でも、この四半期を通じて 41 million もの、新しいメンバーを追加している。このような規模に達しているアプリは、他には1つもない。

Here are the highlights:

  • Revenues: $2.91 billion (analysts were expecting $2.81 billion). That’s a nice beat.
  • EPS non-GAAP: $0.42 (analysts were expecting $0.32) that’s also a good beat.
  • Monthly active users (MAUs): 1.32 billion, up 14%.
  • Mobile MAUs: 1.07 billion, up 31%.
  • Mobile revenue was 62% of ad revenue.

To give you a better idea of just how well-run a business Facebook has become, here’s the top of the income statement. I’ve highlighted the way margins are expanding dramatically:

Facebook のビジネスが、どれほど順調になってきているのかを伝えたいと思っている。まずは、損益計算書のトップにある、売上に注目してほしい。 同様に、線で囲んでいる、経費と粗利を見てほしい:

_  space

_  space

See the full results here.

And now for some charts! Revenues: (Remember when people used to say Facebook has stopped growing?) Sales were up 61%:

以下に、いくつかのチャートを提供する(Facebook の成長が止まったと、人々が言っていたことを、覚えているかい?)。そのセールスは、前年比で 61% の成長を見せている。

   
   

ーーーーー

これほどまでに、売上とユーザー数が増えているのに、ベースとなるサービスの運用コストが、それほど増えていないというのがスゴイですね。 ご存知のとおり、Facebook のサーバーやデータセンターは、Open Compute ベースのデザインと実装で構成されていて、それが大きく貢献した結果なのだと思います。 今年の1月のサミットでも、Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できたと、Mark Zuckerberg が言っていましたが、こういう決算内容を見せつけられると、ナルホドと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と OCP から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on July 24, 2014

China excites, Japan disappoints in Apple’s newest earnings
http://wp.me/pwo1E-7H6
July 23, 2014 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/apple-q3-fy2014-earnings-strong-revenue-rise-china/

_ tech in asia

Apple’s (NASDAQ:AAPL) newest financial earnings report (for fiscal 2014 Q3; or April to June in human time) shows stellar growth in China. Here’s Apple’s break-down (PDF) in revenue across Asia-Pacific for the past quarter:

Apple(NASDAQ AAPL)における最も新しい収支報告書 (会計年度 2014 Q3:4月〜6月) には、China での目覚ましい成長が記されている。 以下は、この四半期における Asia-Pacific の売上を、Apple が分析した結果である  (PDF):

Greater China (inc. Hong Kong and Taiwan): US$5.94 billion – up 28% year-on-year

Japan: US$2.56 billion – up 1% year-on-year

Rest of Asia-Pacific: US$2.16 billion – up 6% year-on-year

That amounts to a US$10.66 billion total revenue from across Asia-Pacific for Apple, which is up from US$9.23 billion for those three areas at the same period last year. So Apple’s Asia revenues have grown 15.5 percent in the past 12 months.

つまり、Asia-Pacific 全域から Apple に対して、US$10.66 billion の売上がもたらされたことになるが、それら 3つの地域における昨年同期の売上は US$9.23 billion であったとされる。したがって、Apple のアジアでの収益は、この12ヶ月間で 15.5% ほど成長していることになる。

All those numbers are from a grand total for Q3 of US$37.4 billion across all regions plus Apple’s retail segment. The company’s quarterly net profit was US$7.7 billion. Apple shifted 35.2 million iPhones in the past quarter, along with 13.3 million iPads, 4.4 million Macs, and 2.9 million iPods – but there’s no regional breakdown for those gadgets.

これらの、すべての数字は、Apple の小売部門の Q3 売上を、グローバルで合算した US$37.4 billion に基づいている。そして、同社の四半期純利益は US$7.7 billion となる。そして、台数ベースでは、35.2 million の iPhone と、13.3 million の iPad、4.4 million の Mac、2.9 million の iPod を、この四半期に販売しているが、地域ごとのデータは公表されていない。

China apps boom?

In Apple’s earnings conference call, CEO Tim Cook said (in a summary provided by the WSJ) that iTunes and the iOS App Store were the strongest growth elements for Apple in China. That’s perhaps surprising considering that iTunes has no music or movie offerings in China and is limited to just apps, free ebooks, podcasts (also free), and iTunesU (free).

Apple の収支報告カンファレンス・コールで CEO のTim Cook は、China で Apple が成長する上で、iTunes と iOS App Store は大きな要因になったと述べている(概要を WSJ が提供)。 つまり、iTunes が China に対して Music と Movie を供給せず、また、提供するものが、無償アプリおよび、無料の電子ブック、ポッドキャスト、iTunes U に制限されていることを考えると、おそらく、大きな驚きとなるはずだ。

China’s spending on apps tends to be low. A recent report from App Annie pointed out that China downloads the second largest number of iOS apps in the world after the US, but it still spends less money on them than the much less populated Japan.

China における、アプリへの支出は低迷の傾向にある。App Annie の最新レポートは、China は US に次いで、iOS アプリのダウンロード数で二番手であると指摘しているが、それに対する支出となると、はるかに人口の少ない Japan よりも、少額しか費やしていないのである。

Editing by Paul Bischoff

See: Apple to open new store in Chongqing on July 26 ahead of new retail push in China

ーーーーー

昨日ですが、NHK のニュースも、Apple の増収増益を報道していました。 そして、その推進力になっているのが、アジアのマーケットにおける成長だという、Apple のコメントも付け加えていました。 WWDC では Tim Cook が、中国における Android から iPhone への乗り換えの多さを指摘していましたが、このポストの数字を見ると、大きな成長が達成されたことが裏付けられますね。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、前例のない 7000〜8000万台 規模になるらしい
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!

Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウドだからこそ実現できる ネイティブ・アプリの時代が始まる

Posted in On Monday, Research by Agile Cat on July 22, 2014

Cloud Computing: The Coming Second Cloud Front will Be Even More Transformative
http://wp.me/pwo1E-7GE
By Dick Weisinger – July 16th, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-the-coming-second-cloud-front-will-be-even-more-transformative/

_ formtek

“The coming second cloud front will be transformative…   Applications, which are only possible in the cloud, will result in an order of magnitude greater value creation than the first cloud front,” said Michael Skok, general partner with North Bridge Venture Partners.

「 やがて登場する、クラウドの第二波により、ドラマチックな変革が達成される。 つまり、クラウドでのみで実現可能なアプリケーションが、クラウドの第一波のときよりも、はるかに大きな価値を、その結果としてもたらすからである」と、North Bridge Venture Partners の General Partner である Michael Skok述べている

Skok and team members at North Bridge Venture Partners recently released their fourth annual Future of Cloud Computing survey.  Many of the interesting highlights of the report are not so much about the future of the industry as they are about how the industry has grown to date so quickly. Some results from the survey include:

North Bridge Venture Partners において、Skok とチームメンバーたちは、4回目の年次調査レポートである Future of Cloud Computing を発行したところである。このレポートで、興味を引くハイライトの多くは、この業界の将来についてというより、すでに達成された、すばらしい成長に関するものとなる。 一連の調査における、面白い結果を、以下に抜粋する:

The top three drivers for cloud adoption are agility, cost and scalability

クラウドの採用における三大推進力は、Agility と Cost と Scalability である。

  • 49 percent say that they’ve already starting using the cloud to help create new products or revenues
  • 45 percent said that they plan to run their company from the cloud
  • 67 percent of organizations are planning to move their data into the cloud over the next two years
  • 49 percent have concerns about cloud security
  • 49% の回答者が、新しい製品や利益を生み出すために、すでにクラウドを使い始めている
  • 45% に回答者が、クラウドに基づいて、自身の会社を運営していく計画を持っている
  • 67% の回答者が、これからの2年の間に、クラウドへのデータの移行を組織的に行う
  • 49% の回答者が、クラウドでの心配事は、セキュリティであると答えている

Skok said that “with four years of data, we’re now really beginning to see some interesting trends, such as the five-fold increase in SaaS adoption to 74 percent and the nearly six-fold increase in PaaS adoption to 41 percent…  With over 11,000 cloud services and APIs, and developer adoption of IaaS at 56 percent and PaaS at 46 percent we are going to begin seeing the birth of new, re-imagined, cloud-native applications.”

Skok は、「 この4年間のデータを見ると、いくつかの興味深いトレンドが動き出していると分かる。たとえば、SaaS の採用は 74% に至っているが、それは 5倍にも増加した結果である。 また、PaaS は 41% である、ほぼ 6倍の増加となる。11,000種類を超えるクラウドのサービスや API を用いて、IaaS に取り組む開発者は 全体の 56% に至り、PaaS に関しては 46% となっている。 おそらく、私たちは、すべてのイメージを刷新する、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの誕生を、目の当たりにし始めているのだろう」と述べている。

ーーーーー

いいですね! クラウド・ネイティブ・アプリケーション! とは言え、あまり具体的なイメージが湧かないのですが、Agile_Cat が常日頃利用しているサービスとしては、Evernote がクラウド・ネイティブの最先端という感じがします。 もちろん、Word も使うのですが、その役割はというと PDF のためのフォーマッターとジェネレーターであり、ドキュメントを作っていくプロセスの 90% 以上が、Evernote によりカバーされている感じがします。 それにより、マルチ・デバイスによるドキュメント作成環境と他者とのシェアが、クラウド・ネイティブに実現されているわけです。 次は、いったい何が便利になるのかと、そんなことを考えると、とてもワクワクしてきます :) 

ーーーーー

<関連>

SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性

 

Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!

Posted in .Selected, Google, Research by Agile Cat on July 20, 2014

Google Misses On EPS, Beats On Revenue
http://wp.me/pwo1E-7G8
Jay Yarow and Jillian D’Onfro – Jul. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/google-q2-earnings-2014-7

_ Business Insider

Google earnings are out! It’s a miss on the bottom line, but a beat on the top line:

Google の 2014年 Q2 収支が発表された。 その内容は、予想に対して、最終損益では下回り、売上では上回るというものであった:

Getty / Justin Sullivan

  • Non-GAAP EPS: $6.08 versus $6.25 expected
  • Revenue ex-TAC: $12.67 billion versus $12.32 billion expected
  • Gross revenue was $15.96 billion, which is up 22%, versus expectations of $15.61 billion
  • Non-GAAP (Generally Accepted Accounting Principles) EPS(Earning Share): 予測の $6.25 に対して $6.08
  • TAC 処理前の売上: 予測値である $12.32 billion に対して、$12.67 billion
  • 粗利益は 22% 増加の $15.96 billion。 予測値は $15.61 billion

     参考: TAC について調べてみました - 山口隼也さん

Google also announced that long time sales boss Nikesh Arora is leaving the company, going to Softbank where he will be a vice chairman and CEO of its Internet and Media division. Omid Kordestani will take Arora’s place.

また、Google は、長年に渡って販売部門を率いてきた Nikesh Arora が退職し、Softbank における Internet and Media Division の Vice Chairman and CEO を務めることになると発表した。 そして、彼の後任は、Omid Kordestani が務めることになる。

The stock is up modestly after-hours. The most important thing investors were watching was paid clicks and cost per click:

なお、Google の株価は、この発表の数時間後から、ゆるやかに上昇している。 そして、投資家たちが最も重視していたのは、Paid Clicks と Cost Per Click の推移である:

Paid clicks increased approximately 25% over the second quarter of 2013 and increased approximately 2% over the first quarter of 2014. Cost per click, CPC, was down 6% from the previous year. However, that’s a modest increase over the first quarter of the year, when CPC was down by 9% year-over-year. It remained constant from the first quarter of 2014.

Paid Clicks は、2013年 Q2 に対して約 25% の増加となり、また、2014年 Q1 に対しては約 2% の増加である。また、Cost Per Click(CPC) は、前年比で 6% の減少となる。しかし、前年比が 9% ダウンだった 2014年 Q1 と比べると、若干の増加である。つまり、2014年に入ってからは、ほとんど一定といえる状況にある。

BII

Here’s a look at the change in Google’s CPC over the last few years, from Business Insider Intelligence:

以下の Business Insider Intelligence からのチャートは、この数年における Google の CPC の推移を示している:

The numbers show that even as mobile ads become a larger part of its business, Google still can’t charge as much for them as it can for desktop ads. In the earnings call, though, Nikesh Arora said that there’s "huge revenue opportunity" for mobile, and  Google expects that mobile ads will eventually be more lucrative than desktop.

この数字が示すのは、Google のビジネスにとって、モバイル・アドが大きなパートを占めるようになり、また、デスクトップ・アドから大きな利益を挙げられないという状況である。しかし、この決算報告では発表で Nikesh Arora は、モバイル・アドには「 膨大な収益のチャンス」があり、また、最終的にはデスクトップ・アドよりも大きな利益を生じると、Google が期待していることを述べている。

Here’s a nice chart from from Jan Dawson:

Jan Dawson からの分かりやすいチャート:

Google made a few acquisitions this year, including Titan Aerospace, a drone company, and Skybox Imaging, a satellite service. These acquisitions (and the hundreds of millions of dollars that they required) will be helpful for Google’s "moonshot" type projects, and on the call, an investor asked about Google’s timelines for profitability for these various initiatives.

今年の Google は、いくつかの企業買収を実施しているが、その中には Titan Aerospace や、ドローン企業である Skybox Imaging などが含まれる。これらの買収(と要した対価)は、Google  における Moon Shot タイプのプロジェクトを支援するだろうが、今回の説明会では、こうした試みが収益を上げるまでのタイムラインについて、ある投資家が質問していた。

And here’s Google revenue:

そして、Google の収支内容と、国内外への依存度に関するチャート:

The company’s ceded that these are long-term projects, and although it’s constantly updating its theses about profitabilty, these are multi-year commitments that could take decades.

それに対して Google は、それらが長期的なプロジェクトであり、また、収益性については随時レポートしていくが、数十年もかかる可能性があると、真正面から答えていた。

ーーーーー

収益を上げるために企業は存在するのか? それとも、企業を成長させるために、収益を拡大する必要性が生じるのか? おそらく、どちらも正解なのでしょうが、Google や Facebook などの、広告を収益の柱とする企業は、後者の色合いが強いように思えます。たとえば、Apple の iPhone のような、空前の利益をもたらす商品は持ちませんが、確実に右肩上がりの結果を残すという、足腰の強さを感じます。 それぞれが、大変な努力を積み上げた結果なのでしょうが、なんとなく『 左ウチワ 』に見えてしまいますね :)

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?

Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research by Agile Cat on July 18, 2014

CHART OF THE DAY: Google And Facebook Rule Mobile Advertising — And No One Else Is Even Close
http://wp.me/pwo1E-7G0

Dave Smith – Jul. 15, 2014
http://www.businessinsider.com/google-and-facebook-rule-mobile-advertising-2014-7

_ Business Insider

Google is the king of digital advertising, particularly on mobile devices, and the latest data from eMarketer charted for us by Statista proves it.

Google は、デジタル・アドの王者であり、とりわけモバイル・デバイスで勢力を誇るという、eMarketer による最新データを、Statista がチャートにしてくれた。

_  space

Statista

Google accounts for more than half of all mobile ad revenue worldwide, while Facebook has been steadily increasing its market share of mobile ad revenue each year since 2012, the year it went public. Facebook already accounts for more than one-fifth of all mobile ad revenue. Between Facebook and Google, the companies could rake in more than 70% of mobile ad money in 2014.

Google は、グローバルなモバイル・アド収入の過半数を占めているが、Facebook も、株式を公開した 2012年以来、毎年ごとにモバイル・アドにおけるシェアを高めてきている。 そして、すでに Facebook は、すべてのモバイル・アド売上に対して、1/5 以上のシェアを占めている。  つまり、Facebook と Google という二社により、2014年におけるモバイル・アドの 70%以上の売上が、掻き集められてしまう可能性があるのだ。

ーーーーー

誰もが知っているとおり、Google が広告ビジネスを成功させる以前の IT 業界にはに、プロダクトと対価を交換する以外に、利益を生み出す仕組みはありませんでした。 そして、プロダクトからサービスへの移行が進んでいますが、いまも数多くの企業が、それらに対する対価により、事業を営んでいるという現実があります。 しかし、Google と Facebook の二社は、集客する場を作り出し、そこに広告を導入することで、多額の収益を安定して得るという、とてもスペシャルなポジションを確保しています。 もちろん、ユーザーを集めるためのアイデアやテクノロジーを、継続して磨き続けなければなりませんが、それさえ確保すれば、この世界における商品経済が続く限り、その仕組みの根幹から、尽きることのないマージンを手にしていけるわけです。 

ーーーーー

<関連>

Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
今年のオンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート

Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on July 16, 2014

This Chart Shows How Incredible And Important Apple’s iPhone Business Is For Apple
http://wp.me/pwo1E-7FM

Jay Yarow – Jul 15, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-apples-revenue-2014-7

_ Business Insider

Analyst Jan Dawson of Jackdaw Research has a giant new report on Apple. In the report, he includes the following chart which is pretty breath taking.

Jackdaw Research のアナリストである Jan Dawson が、Apple に関する重要なレポートを提供している。 その中でも、彼が作成した以下のチャートには、思わず息を呑む。

_  space

Jackdaw Research

You can see how the iPhone has just taken off as a business for Apple. You can also see why everyone thought the iPad was going to do the same until it suddenly, unexpectedly hit a wall.

Apple のビジネスとして、どのように iPhone が離陸したかのを、あなたも確認できるだろう。そして、素晴らしい勢いで飛び立った iPad も、予期せぬ壁に突然ぶつかるまでは、同じような状況にあったことも。

ーーーーー

これまでにも、iPad が iPhone のように成長していかないと、いくつかの記事が指摘していましたが、こんなふうに売上ベースで、分かりやすくマトメているチャートは初めて見ました。 どう見ても、Apple の売上の半分くらいを iPhone が稼ぎ出し、その依存度がますます高まっている状況が見えてきます。 それに続くという意味で、iPad が期待されていたのでしょうが、スマホとタブレットの間には、超えられないカベが存在するようです。IBM との提携により、エンタープライズ市場を開拓しようとする、Apple の決断の裏側には、こんな背景もあるのでしょう。

ーーーーー

<関連>

iPad の成長が止まってしまった:それを示す1枚のチャート
iPad のシェアは、いつまでトップを維持できるのか? それを示す1枚のチャート
iPad の グローバル・シェアが 30% を切ってしまった : どう巻き返す?
iPad の減速を チャートで分析 : なぜ、iPhone のように成長できないのか?
Android 対 iPad : 並走の昨年から、大差の今年へと、変化するタブレット市場

やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Research by Agile Cat on July 14, 2014

CHART OF THE DAY: Android Leads iOS In Several Key Regions — Except Japan
http://wp.me/pwo1E-7EY
Dave Smith – Jul. 9, 2014
http://www.businessinsider.com/-android-leads-ios-in-several-key-regions-2014-7

_ Business Insider

As we mentioned in Tuesday’s Chart Of The Day, Android is far behind iOS in terms of mobile web traffic, but Google’s open operating system still maintains a strong lead over Apple’s mobile platform in terms of global market share of smartphone sales.

火曜日の Chart Of The Day で示したように、モバイル Web トラフィックの観点では、Android は iOS に大きく遅れをとっている。 しかし、この Google オープン・オペレーティング・システムを、グローバルにおけるスマートフォン販売の観点で見ると、Apple のモバイル・プラットフォームに対して、強烈なリードを保持していることが分かる。

_  space

Statista

Thanks to the latest data from Kantar Worldpanel charted for us by Statista, you can see how Android has maintained a clear advantage in several major regions over the last three months, including the U.S., China, and five prominent EU countries including Germany, France, Spain, Italy and the UK. But, by a narrow margin, Apple’s iOS is still more popular than Android in Japan, which is one of the leading nations in terms of science and technology R&D.

Kantar Worldpanel による最新データを、Statista がチャートにしてくれたことに感謝しなければならない。 この 3ヶ月の間、いくつかの主要マーケットにおいて、どれほど Android が優位性を維持しているのか、それを容易に確認できる。U.S. と China だけではなく、EU の主要 5カ国である、Germany/France/Spain/Italy/UK が、その中に含まれる。しかし、僅差ではあるが、Japan においては、Apple の iOS の方が Android よりも優位となっている。 言うまでもなく、同国は科学技術の研究開発の面で、世界の主要国の一角を占めている。

ーーーーー

先日に、「 アメリカの iOS は Android を寄せ付けない 」という抄訳をポストしましたが、アメリカ市場におけるデバイス数を比較すると、こんなに Android の方が多いのに、トラフィックは iOS が圧勝という、とても混沌とした状況にあることが分かります。 その理由を知りたいと、以前から情報をあさってはいるのですが、まだ、見つかりません。 この2つの OS の、平均的ユーザーのプロファイルを比較すると、とても興味深い事実が明らかになると思うのですが・・・ 

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る:それを示す1枚のチャート
世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?

Posted in Asia, Facebook, Google, Mobile, Research by Agile Cat on July 13, 2014

Asia、Bare-Metal、そして DDoS・・・
http://wp.me/pwo1E-7EM

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数(参照数)からですが、今月は月初も忙しく、このポストで紹介するデータは、7月10日の時点で抽出したものになってしまいました。 ゴールデン・ウィークのある 5月と比べると、まぁまぁ という感じがします。 それと、チャートには反映していませんが、NewsPicks が 5月に 4000、6月に 2000というPV を得ています。7月にもリフェラルがあるのなら、新たに加えたいと思っています。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、サブ・タイトルに記したように、アジアとベアメタルと DDoS に関するトピックが上位を占めているように思えます。 Facebook のデータセンターは非仮想ですでの、Instagram マイグレーションの記事も、ベアメタルに関連します。 そして、6月ということは、ちょうど 2014年の折り返し地点にもなります。 この半年で、モバイルとクラウドが当たり前というふうに、広く認識されるようになったと思いますが、それぞれがアジアという地域で爆発的に成長する一方で、DDoS 攻撃という厄介な問題も、そのスケールを大きく広げています。そんな感じの 6月でした。

_--space13

1: 昨日に Evernote を襲った DDoS 攻撃も、400 Gbps 規模だったのか?
2:
Instagram が達成した史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB へ!
3: Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
4:
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: 大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
5: これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
6: 世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
7:
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
8: Facebook と Open Compute から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
9: 世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
10:
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化が、実績を残し始めている!
11: WWDC での Tim Cook の Android 批判:いったい、誰にとってイタイ話なのか?
12: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
13:
この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
14:
木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
15: ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長
16:
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月
17:
Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
18: Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
19:
iPad Air の LTE を調査した : これは 実質的に SIM フリー だ!
20:
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処に?


___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

なお、ランクインはしていませんが、以下のポストも、とても興味深いものなので、まだ、という方は、ぜひ ご覧ください。先月は、ダイレクト接続の話が多かったですが、それは Hybrid 絡みの動向でもあります。 そこに、Bare-Metal が加わり、Docker が後押しするような展開になるのでしょうかね? また、Post-PC 関連では、HTC に勢いが出てきた感じがします。 頑張って欲しいですね!

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?
SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート
PC の 伸びしろを、すべて食い尽くした Tablet : それを示す1枚のチャート
Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

ーーーーー

image繰り返しになりますが、アジアの持つポテンシャルは凄まじく、モバイルとクラウドが、その成長を支えるという構造が、世界の IT の基礎を作っていくことになりそうです。 もう、すでに、その片鱗が現れていますが、まだまだ余力は十分であり、少なくとも、2020年ころまでは、世界がアジアのマーケットに注目し続けるはずです。 その中でも、これから面白くなるのはインドだと思っています。 中国に匹敵する人口を有し、中国のように障壁を作ることもなく、ブロードバンドをパスして、一挙にモバイル・ネットワークでインフラを構築しようとしています。ご興味がありましたら、Cloud News Asia の India カテゴリをご覧ください。 ちょっと、驚くはずです :)  image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続
Agile_Cat:2014年 4月の マトメ : がんばれ Twitter
Agile_Cat:2014年 3月の マトメ : モバイルとマネタイズ
Agile_Cat:2014年 2月の マトメ : 気合を入れた Open IX
Agile_Cat:2014年 1月の マトメ : 好調の FB と 低調の TW
Agile_Cat:2013年 12月の マトメ : ノンビリとした師走です

%d bloggers like this: