Agile Cat — in the cloud

Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測

Posted in .Selected, Education, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on May 23, 2015
Chromebook sales to soar in 2015 as tablets take a tumble
Dominic Sacco – May 21, 2015
http://www.pcr-online.biz/news/read/chromebook-sales-to-soar-in-2015-as-tablets-take-a-tumble/036207
 
_ PCR
 
Worldwide Chromebook sales to end users will reach 7.3 million units in 2015, a 27 per cent increase from 2014, according to Gartner. Education is the primary market for Chromebooks and represented 72 per cent of the global Chromebook market in 2014.
 
ワールドワイドにおける Chromebook のエンド・ユーザー販売数だが、2015年は 730万台に達し、2014年に対して 27% の成長になると、Gartner は述べている。そして、Chromebook の主要マーケットは教育分野であり、グローバル Chromebook 2014 市場の 72% を占めている。
 
Acer ChromebookThe news comes as the tablet market takes a hit, with tablet and 2-in-1 shipments in Central and Eastern Europe declining 20 per cent year-on-year during the first quarter of 2015, according to data from IDC. At PCR Boot Camp last week, GfK also revealed that UK tablet sales were down 28 per cent in volume and 38 per cent in value during Q1 2015.
 
このニュースは、タブレット市場への打撃も伴うものである。 IDC のデータによると、2015年 Q1 の Central and Eastern Europe 市場では、Tablet/2-in-1 の出荷台数が、前年比で 20% も低下しているのだ。 また、先週の PCR Boot Camp においても、2015年 Q1 の UK タブレット市場が、台数ベースで 28% ダウン、売上ベースで 38% ダウンの状況であることを、GfK が明らかにしている。
 
In terms of the top-selling Chromebook vendors, after Samsung’s decision to exit the European Chromebook market and focus on tablets, Acer took the lead to become the number one worldwide Chromebook vendor in 2014. It sold more than two million units in 2014, with Samsung selling 1.7 million units and HP selling one million units.
 
Chromebook のベストセラー・ベンダーという観点から見ると、Samsung が Europian Chromebook 市場から離脱し、タブレットにフォーカスすると決定した後に、2014年の Chromebook トップ・ベンダーとして、Acer がリードを奪っている。2014年の Chromebook 市場において、Acer は 200万台以上、Samsung は 170万台、そして HP は 100万台を販売している。
 
From a regional perspective, 84 per cent of Chromebooks were sold in North America in 2014, with the US market the largest single market in 2014. EMEA, which represented 11 per cent of total sales of Chromebooks in 2014, is the secondary focus for vendors with Western Europe as the primary target.
 
2014年の実績を地域別に見ると、Chromebook の 84% が North America で販売され、US 市場が最大のマーケットとなった。そして、総売上高の 11% を占めた EMEA は、重要なターゲットである Western Europe と同様に、ベンダーたちにとって 2番目にフォーカスしていくマーケットになる。
 
In Asia/Pacific the Chromebook market represented less than three per cent in 2014, with demand coming from Australia, New Zealand and Japan.
 
Asia/Pacific における 2014年の Chromebook 市場は、全体の 3% に過ぎず、その需要は Australia/New Zealand/Japan からのものであった。
 
“Since the first model launched in mid-2011, Google’s Chromebook has seen success mainly in the education segment across all regions,” said Isabelle Durand, principal analyst at Gartner.
 
「2011年の半ばに立ち上がった Google の Chromebook は、その最初のモデルから、すべての地域における教育セグメントで成功を収めている」と、Gartner の Principal Analyst である Isabelle Durand は述べている。
 
“The majority of Chromebook users are tech-savvy individuals who purchase one as a companion device to their primary notebook or desktop PC. Others are buying a Chromebook for the household to use as a second low-cost PC alternative.
 
「Chromebook ユーザーの大半は、テクノロジーに精通した個人であり、メインである Note PC や Desktop PC と組み合わせて、それらを活用している。また、家庭用の セカンド PC あるいは、低コスト PC の代替として、Chromebook を購入する人もいる」
 
“The major factors that affect the adoption of Chromebooks by consumers remain the connectivity issue in emerging markets, but also the ability for users to understand and get used to cloud-based applications, and keep content in the cloud and ecosystem.”
 
「 途上国マーケットでの Chromebook の採用に、影響をおよぼす主な要因としては、ネットワーク環境の問題が残されている。 それだけではなく、クラウド・ベース・アプリケーションを利用し、クラウド/エコシステムにコンテンツを保持することに、ユーザーが理解を示し、精通しなくてはならない」
 
Gartner added that Google has to improve brand awareness with Chromebooks, however, especially outside the US market, “where consumers who may be familiar with apps such as Google Docs do not know what a Chromebook is and what value it may bring”.
 
そして Gartner は、Google は Chromebook ブランドの認知度を向上させるべきだと述べている。しかし、特に US 市場以外では、「 Google Docs などのアプリケーションに、精通していると思われるユーザーであっても、Chromebook が何であるかを知らず、それがもたらす可能性を理解していない」と、指摘している。
 
In the business segment, Gartner says that sales of Chromebooks remain low, despite interest from SMBs and vertical industries. Google is increasingly targeting the business segment with its Chromebook for Work suite of office applications.
 
ビジネス・ユースのセグメントに関して、Chromebook は SMB や 垂直マーケットで関心を集めているが浸透していないと、Gartner は述べている。 そして Google は、オフィス・アプリケーションである Chromebook for Work Suite により、ビジネス・セグメントを開拓しようとしている。
 
Chromebooks ChartSource: Gartner May 2015
 
“Chromebook is a device that can be considered by SMBs or new startup companies that do not have the resources to invest too much in IT infrastructure,” said Durand. “Chromebooks will become a valid device choice for employees as enterprises seek to provide simple, secure, low-cost and easy-to-manage access to new web applications and legacy systems, unless a specific application forces a Windows decision.”
 
「 Chromebook は、ITインフラスに多くを投資することが不可能な、SMB や スタートアップにとって、導入を検討しやすいデバイスである。エンタープライズが、シンプルな運用/簡潔性/安全性/低コスト/容易なアクセス管理を重視するにつれて、Chromebook は従業員に使わせるデバイスとして、有効な選択肢となっていく。それは、新しい Web アプリに対応することが可能であり、Windows を必須とするアプリでなければ、レガシーなシステムにも対応できる 」と、Gartner の Durand は述べている。
 
Chromebooks are mobile computing devices from a range of manufacturers that run Google’s Chrome OS, designed mainly to access cloud services, cloud storage and web-based applications.
 
Chromebook とは、いくつかのメーカーから提供される、モバイル・コンピューティング・デバイスのことである。そして、クラウド・サービス/クラウド・ストレージ/Web ベース・アプリなどにアクセスするために設計された、Google の Chrome OS を走らせるものである。
 
ーーーーー
Post-PC手元には何も置かないという、Chrome OS の基本コンセプトは、いまの時代に合っていると思います。 と言いながら、このポストは Mac mini で書いているのですが、その理由は Chrome OS 自体の完成度にあるのでしょう。 大まかな方向性としてはベストなのですが、対応しているアプリも含めて、まだまだ洗練が必要という感じがします。 じゃぁ、なんでベストと言い切れるのかと自問してみると、Mac でも Windows でも、オフラインでは仕事にならないという現実が浮かび上がってきます。 そして、データはクラウドに置いておく方が、安全で便利だというふうに、自分の捉え方も変化しています。 もちろん、ドキュメントが主体という、Agile_Cat の仕事を前提にしての話ですが、クラウド・サービスが多様化するにつれて、あらゆるものがクラウドへと移行していくはずです。 そんなこんなで、Chrome OS がと言うより、Chrome OS 的な発想が、今後の主流になっていくと思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
 

Verizon が AOL を $4.4 billion で買収:その狙いは AOL のアド・テクにある

Posted in Advertising, Research, Telecom by agilecat.cloud on May 19, 2015
This chart shows one big reason why Verizon just spent $4.4 billion on AOL
Eugene Kim – May 12, 2015
http://www.businessinsider.com/aols-ad-tech-business-growing-fast-2015-5
 
_ Business Insider
 
Verizon announced on Tuesday that it’s acquiring AOL for roughly $4.4 billion. At a morning conference for analysts, John Stratton, head of Verizon’s operations, said its “principal interest was around the ad tech platform that Tim Armstrong and his team have done a really terrific job building.”
 
この火曜日(5/12)に、Verizon は AOL を、約 $4.4 billion で買収すると発表した。アナリスト向けの朝のカンファレンスで、Verizon のトップである John Stratton は、「 AOL に対する主要な関心事は、Tim Armstrong のチームが達成している、素晴らしいアド・テク・プラットフォームの周辺にある」と述べている。
 
aol-rev-share
BI Intelligence
 
So how big is AOL’s ad tech business? According to the chart below by BI Intelligence, AOL’s third-party platforms, which include programmatic and traditional ad marketplaces, is about a third of AOL’s total business. It accounted for 37% of total revenue in the last quarter, up from its 24% share just two years ago. Its publishing business, which includes big-name brands like Huffington Post and AOL.com, still comprise the bulk of the overall business, but the ad tech side is growing at a faster clip.
 
AOL のアド・テク・ビジネスは、どれほどの規模なのだろうか? BI Intelligence が作成したチャートによると、プログラマティック・アドと、従来からのアド市場を含む、AOL のサードパーティ・プラットフォームは、AOL 全事業の約 1/3 を占めている。そして、総収益に対する比率は、2年前の 24% から、直近の四半期における 37% へと、急上昇しているのだ。Huffington Post や AOL.com といったビッグネーム・ブランドで構成される、パブリッシング事業が依存として稼ぎ頭であるが、アド・テク事業のほうが成長力という観点では上回っている。
 
Verizon has seen its business slow down as its core mobile broadband and internet traffic turn into “dumb pipes,” BI Intelligence writes. The AOL acquisition instantly gives Verizon a new revenue source that could potentially make Verizon a major digital-advertising player in the ad tech space.
 
Verizon コア・ビジネスである、モバイル·ブロードバンドとインターネット・トラフィックは、単なるパイプへと変化し、成長力は鈍化していると、BI Intelligence は述べている。Verizon は AOL を買収することで、新たな収益源を直ちに確保できる。そして、アド・テクの世界における主要プレーヤーとして、今後の Verizon が活躍していく可能性も秘めている。
 
ーーーーー
Adこの勢いで AOL の広告事業が伸び続けると、2年後には同社の大黒柱に成長するのでしょうね。 Agile_Cat が利用している AOL のサービスというと、文中にもある Huffington Post と、音楽配信の Radio Tunes ですが、時代の流れに合わせて、しっかりと業態を変化させている感じがします。 そして、アド・テクに磨きをかけて、Verizon グループに加わるというのも、なかなかステキな展開です。 この老舗が、これからも活躍していきそうなので、ちょっと安心しました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
 

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Twitter, Yahoo by agilecat.cloud on April 28, 2015
Google’s online advertising dominance explained in one chart
Eugene Kim – Apr. 15, 2015
http://www.businessinsider.com/wpp-advertising-spend-google-is-5x-ahead-of-nearest-competitor-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google controls roughly three-quarters of web search queries in the US and close to 90% worldwide. That kind of dominance, along with the effectiveness of search ads, makes Google an attractive partner for ad companies.
 
Google の Web サーチ・クエリーは、US の 75% を、そしてグローバルの 90% 近くをコントロールしている。この、ある種の支配は、検索広告における有効性を伴うものである。 それにより Google は、広告会社にとって、きわめて魅力的なパートナーとなる。
 
google-ad-wpp
BI Intelligence
 
As seen in the chart below, put together by BI Intelligence, WPP, the world’s largest advertising company, spent $2.9 billion, or roughly 3.9% of its total $75 billion online media bookings, on Google ads.
 
BI Intelligence がまとめたチャートによると、世界最大の広告代理店である WPP は、そのオンライン・メディア総予算である $75 billion の3.9% を、つまり $2.9 billion を、Google に注ぎ込んでいることになる。
 
Put another way, Google attracted more ad money from WPP than the next four digital properties combined. In fact, WPP spent about $2.5 billion on Fox and News Corp combined last year, while most major traditional companies received $1 billion at most from WPP.
 
別の言い方をすれば、Google が WPP からかき集めた広告掲載料は、後に続く 4つのデジタル・カンパニーの合計よりも大きいのだ。また、昨年に Fox と News Corp は、その合計として WPP から $2.5 billion を得ているが、その他の伝統的なメディアは、多くても $1 billion を得ているに過ぎない。
 
ーーーーー
AdWikipedia で WPP (Wire Plastic Products) を調べると、「税務上の理由から、登記上はアイルランドダブリンに本社を置いている。オムニコムとならぶ世界最大の広告代理店(2009-2011年現在)、107カ国に進出。グループ全体で2,400のオフィス、146,000人の従業員を擁する」と紹介されています。この規模であれば、文中にあるように、$75 billion という広告枠を埋めていけるのでしょう。 そして、Google の強さは、相変わらず、圧倒的なのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と4つの秘密とは?
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
 

Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Line, Post-PC, Research, SnapChat, Social, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on April 15, 2015
This one chart shows how Facebook dominates online communication
Eugene Kim – Apr. 13, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-dominates-online-communication-2015-4
 
_ Business Insider
 
Soon, Facebook could be the dominant force in how we communicate online. According to data compiled by BI Intelligence, Facebook is not only the biggest social network, but also owns the second-largest social network and the two largest messaging apps.
 
私たちがオンラインで通信するための手段を、Facebook が支配する日が近いのかもしれない。BI Intelligence が整理したデータによると、Facebook は最大のソーシャル・ネットワークというだけではなく、第2位のソーシャル・ネットワークを所有し、最大級のメッセージング・アプリを 2つも所有している。
social-media-maus
BI Intelligence
 
Facebook’s monthly active user base is expected to surpass 1.43 billion in the first quarter of 2015. That’s nearly twice the size of Facebook-owned WhatsApp, the largest messaging app with 725 million MAUs. Facebook Messenger trails closely with 600 million MAUs.
 
Facebook の MAU (Monthly Active User) は、2015年 Q1 の時点で、14.3億人を上回ると予想されている。それは、Facebook が所有する WhatsApp の、約 2倍の規模である。 そして、WhatsApp は最大のメッセージング・アプリであり、7.25億人という MAU を有している。さらに言えば、Facebook Messenger の MAU も、6億人という規模まで迫ってきている。
 
Instagram, the photo sharing app Facebook bought for $1 billion in 2012, had the fifth largest user base with 300 million MAUs. That means Facebook owns four of the five largest brands in social media and messaging.
 
Facebook が 2012年に、$1 billion で買収した Instagram は、3億人の MAU を持つ写真共有アプリであり、グローバルで 5番目の規模を誇っている。つまり、Facebook は、ソーシャル・メディアとメッセージングという分野において、世界の 5大ブランドのうち、4つを所有していることになる。
 
ーーーーー
facebookFacebook 本体が着実に伸びているのに加えて、WhatsApp が凄いペースと思ったら、それを上回る勢いで Facebook Messsenger が急成長しているようです。この 2つのメッセージング・アプリを合わせると、それだけで 13.25億です。ちょうど、昨年の今ごろに、「Gmail for Android のダウンロード数が、ついに 10億に達した!」という抄訳をポストしましたが、メッセージングとメールの対比が興味深いです。 人々が交換する情報の性質が刻々と変化し続け、それに合わせるかたちで、さまざまなサービスが選択されているのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
WhatsApp と サッカー狂たち:その面白い関係を1枚のチャートで!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!
 

APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on April 15, 2015
Asia Pacific becomes frontline for IoT with US$583 billion market opportunity by 2020, says IDC
Alex Wolfgram – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PR200.html
 
_ Digi Times
 
The Asia Pacific Internet of Things (IoT) industry will continue its strong growth, with the number of units, or “things,” connected to increase from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020. Over this same period, the total Asia Pacific excluding Japan (APeJ) market size will increase from US$250 billion to US$583 billion, according to IDC.
 
Asia Pacific の Internet of Things (IoT) は、その力強い成長を継続し、インターネットの接続される Units もしくは Things の数は、2020年までに 31億個〜86億個へと増大していくだろう。それと同じ期間において、Asia Pacific excluding Japan (APeJ) の IoT マーケットは、US$250 billion〜US$583 billion へと成長すると、IDC は推測している。
 
Internet_of_ThingsWikipedia
 
“The Internet of Things industry has matured considerably over the past year, with a number of large government initiatives across APeJ, and China in particular, driving demand,” said Charles Reed Anderson, VP at IDC Asia Pacific. “This increase in market demand has led to an increased focus on IoT from leading ICT vendors, as well as start-ups – with each keen to grab their share of the growing IoT market.”
 
「 この 一年間の IoT は、APeJ 全体において、とりわけ China において、需要を促進していく各政府のイニシアチブにより、かなり成熟したと推測できる。 こうした、マーケットにおける需要の高まりが、大手 ICT ベンダーに加えてスタートアップの注目を集めている。つまり、誰もが、成長していく IoT マーケットで、シェアを掴もうとしているのだ」と、IDC Asia Pacific の VP である Charles Reed Anderson は述べている。
 
“While high level IoT market forecast information by region or country can be useful to certain audiences, it adds little value to those functional areas with more specific requirements,” said Anderson. “Sales and marketing, for instance, require IoT forecasts aligned to industry verticals so they can effectively set targets and tailor their go-to-market messaging; while product management requires IoT forecasts aligned to use cases (e.g. digital signage) so they can understand the addressable market for their solution portfolio across multiple industries.”
 
さらに Anderson は、「地域や国といった、大きな括りによる IoT 市場予測の情報は、特定の人々にとって有益だろうが、それぞれの機能分野と、それに伴う具体的な要件に対して、価値を与えるものにはならない。たとえば、セールスとマーケティングの観点からすると、業界を垂直に整理していく IoT 予測が必要となる。 そのため、そのような目的を持つ人々は、効果的に目標と対応を定めた、go-to-market  メッセージを設定できる。しかし、製品管理に携わる人々が必要とするのは、ユースケースを整理するための IoT 予測である(たとえばデジタル・サイネージ)。したがって、それらの人々が理解していくのは、複数の業界にまたがるソリューション・ポートフォリオのための、細分化された情報となる」と述べている。
 
China not only will continue to dominate the Asia Pacific region, accounting for 59% of the APeJ market opportunity by 2020, but also be one of the leading markets globally with nearly one out of every five units connected by 2020 to be in China. However, market size is not the same as market maturity, said IDC.
 
2020年までに APeJ 市場における 59% のビジネス・チャンスを占めるとされる China は、Asia Pacific 地域を支配し続けるだけではなく、グローバルをリードするマーケットの一角を占める。つまり、China は 2020年までに、インターネット接続された全デバイスの、5つに 1つを占めることになるのだ。しかし、マーケットの規模と、その成熟度が一致するわけではないと、IDC は述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT という言葉で一括りにしても、セールスとマーケティングの観点からの予測と、ユースケースという観点からの予測には、大きな違いがありそうですね。 そして、APAC (APeJ?) の IoT マーケットで、中国が存在感を増してくるという予測には、なるほどと頷いてしまいます。 スマホの世界を例にすると、Xiaomi のサプライチェーンが突出した存在として浮上してきますが、彼らが IoT を手にしたら、どのようなことが起こるのでしょうか? そして、中国国内で IoT を構成していくためのバックボーンは、おそらく Huawei や ZTE に委ねられるはずです。いろいろな意味で、とても気になるアジアの IoT ですね。_AC Stamp
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
ーーーーー
<関連>
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
 

YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのような属性のユーザーが、ビデオをアップしているのだろう?

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 10, 2015
Here’s the one big advantage YouTube has over Facebook’s new video platform
Dave Smith − Mar. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/why-youtube-isnt-as-vulnerable-as-it-seems-2015-3
 
_ Business Insider
 
Google should worry a little more about Facebook, especially now since the company introduced its own media player that can be shared and embedded on different websites, just like YouTube. But, YouTube has one key advantage over Facebook and other user-generated video sites like Vine: A healthy balance of creators.
 
Facebook が新しいメディア・プレーヤーを提供し、そこにアップロードされたビデオが、他の Web サイトにエンベッドできるようになった。 つまり、YouTube と同じような、ビデオの共有がサポートされたわけであり、Google も気にかけているはずだ。しかし、YouTube は、Facebook や Vine などに対して、大きなアドバンテージを有している。 つまり、ビデオの共有サイトとして、それらを作成するクリエーターのバランスが良いのだ。
 
video-creators
BI Intelligence
 
Based on recent data from Tubular charted for us by BI Intelligence, Facebook in January had a greater percentage of popular user-generated videos compared to YouTube, but YouTube has a pretty even distribution between amateurs, influencers, brands and media companies, so the company isn’t too reliant on any one particular group of uploaders. Compare that to Twitter’s Vine platform for 6-second videos, where the most influential users are in near-complete control of the platform’s popularity.
 
Tubular Labs のデータをベースにした BI Intelligence によると、この1月にユーザーが作成したビデオの本数に関しては、Facebook が YouTube を上回っている。しかし、YouTube は、Amateurs/Influencers/Brands/Media Companies で構成されるクリエーターのバランスが、きれいに分散している。つまり YouTube は、アップロードされるビデオに関して、特定のグループに依存していないことになる。たとえば、Twitter Vine 6秒ビデオに関しては、このプラットフォームの大半が、Influencers に支配されているという状況が見えてくる。
 
ーーーーー
research_55ビデオ・サイトの分析にも、いろいろな切り口があるようですね。先週に、「ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ」という抄訳をポストしましたが、そこでは旗色のよくなかった YouTube が、このチャートでは、素晴らしいバランスを見せています。 YoutTube がビデオをコアにしたサービスを提供する一方で、Facebook や Vine はソーシャルの中での、ビデオの取り扱いにフォーカスしているはずです。 このような違いが出る背景として、それが有ると思います。 これから先のビデオ・ストリーミングには、いま以上の期待が寄せられていくはずです。 そう考えると、とても興味深いデータですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Research by agilecat.cloud on April 9, 2015
These are the most popular marketplaces to buy stuff online
Dave Smith – Apr. 2, 2015
http://www.businessinsider.com/the-most-popular-marketplaces-to-buy-stuff-online-2015-4
 
_ Business Insider
 
Based on the latest data from company filings charted for us by BI Intelligence, China’s Alibaba was the most popular online marketplace in 2014, with more than 330 million customers purchasing a product on either the company’s Tmall or Taobao marketplaces (Tmall is an invite-only marketplace for brands, while Taobao is a consumer-to-consumer marketplace).
 
BI Intelligence からの最新データをチャートをみると、China の Alibaba が、2014年に最も人気を博したオンライン・マーケットであることが分かる。同社の傘下である Tmall および Taobao のマーケットプレイスで、3.3 億人以上の人々が買物をしているのだ (Tmall はブランドのための登録制マーケットであり、Taobao は C2C マーケットである)。
 
ecomm-marketplace-active-buyers
BI Intelligence
 
After Alibaba, Amazon had the next largest e-commerce marketplace last year — and the largest in the US — with more than 270 million customers. Meanwhile, don’t look now, but BI Intelligence believes Groupon is an “appealing operator” that could re-emerge as a major player in e-commerce. The daily deals site had nearly 44 million customers buying a product or service last year, and it just launched a third-party marketplace this week.
 
Alibaba に続いて、昨年の EC マーケットプレイスでは、Amazon が二番手となった。 同社は、US では最大の規模を誇り、全体で 2.7 億人の顧客を有している。その一方で、Groupon が EC の主要プレーヤーとして再浮上し、魅力的なオペレータとなる可能性がある。 いまは、そのように見えないが、BI Intelligence は Groupon を、そう評価している。この、クーポン・サービス系の情報サイトは、プロダクトやサービスの販売において、昨年は 4400万人ほどの顧客を獲得している。 そして、今週(4/2の週)のことだが、サードパーティのためのマーケットプレイスも立ち上げている
 
ーーーーー
Asia Pacificそれにしても、この Alibaba の伸びはスゴイですね。 インターネット・インフラだ整えば、素早く立ち上がるコマース・サイトという定説が有りますが、アメリカでは Amazon が、中国では Alibaba が、それを証明しているように思えます。 そして、まだ、ここには出てきていませんが、インドの Flipkart Snapdeal が、どのような成長を見せるのかと思うと、とてもワクワクしてきます。 なお、Groupon を説明する Daily Deals Site の意味は、クーポン・サービス・サイトと訳すようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 
 
%d bloggers like this: