Agile Cat — in the cloud

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Posted in Container, Linux, On Monday, Red Hat by Agile Cat on November 17, 2014

CoreOS: Linux Vendors in the Crosshairs of Disruption
http://wp.me/pwo1E-81Z
By Dick Weisinger – November 11, 2014
http://formtek.com/blog/coreos-linux-vendors-in-the-crosshairs-of-disruption/

_ formtek

Linux distribution vendors like Red Hat, Canonical, and Suse are under threat of disruption from a repackaged and streamlined minimalist product from CoreOS.

Red Hat および、Canonical、SuSE といった Linux ディストリビューション・ベンダーたちは、CoreOS が合理化と最小化を念頭に再考した、新たなプロダクトの脅威にさらされ、混乱に陥っている。

Cloud providers are intrigued with the technology, and CoreOS is now offered on AWS, Google Compute Engine, Rackspace, OpenStack and VMware.

クラウド·プロバイダーたちは CoreOS のテクノロジーに興味を覚え、いまでは AWS および、Google Compute EngineRackspaceOpenStackVMware が提供するという状況にある。

Traditional Linux distributions have become increasingly bloated as vendors have added ever more features.  Matt Assay in an Infoworld article quotes a Linux industry observer as saying that ”CoreOS is the first cloud-native OS to emerge. It is lightweight, disposable, and tries to embed devops practices in its architecture. RHEL has always been about adding value by adding more. CoreOS creates value by giving you less.”

従来からの Linux ディストリビューションは、そのベンダーたちが機能を追加し続けるにつれて、肥大化の一途を辿っている。Infoworld の記事において Matt Assay は、Linux 業界オブザーバーの発言をを引用し、「CoreOS は、初めてのクラウド・ネイティブ OS として登場している。それは、軽量で使い捨てであり、クラウド・アーキテクチャにおける DevOps プラクティスと強く結びついている。RHEL は、常に機能を追加することで、その価値を高めるという方式を取ってきた。 しかし、CoreOS は機能を削ることで、価値を生み出している」と述べている

CoreOS is designed to be cluster ready and easily maintainable.  The ideas behind the CoreOS Linux distribution, which is a fork of Google’s Chrome OS, include:

CoreOS は、クラスタに対応し、その維持が容易になるよう、デザインされている。その背景となるのは、Google Chrome OS からフォークした、CoreOS Linux ディストリビューションであり、以下のように要約できる:

  • Minimalist, consuming less than 40 percent RAM than the average Linux distribution
  • Quick updates to new versions, rather than package by package updates
  • Docker Containers used by most applications
  • Designed for clustering
  • 一般的な Linux ディストリビューションとの比較で、40% 以下の RAM 消費という、最小化のデザイン
  • パッケージのアップデートよりも高速な、新バージョンへのアップデート
  • 数多くのアプリケーションが使用する、Docker Containers に対応
  • クラスタリングに対応したデザイン

The easy upgradability is one of the shining features of CoreOS.  Patches and upgrades to OSes can be disruptive and difficult.  Recent OS vulnerabilities like Shellshock and Xen hypervisor were particularly difficult to guard against because they struck at components of the OS.  CoreOS’s design allows the OS to be non-disruptively patched, minimizing headaches related to installing patches.

容易なアップグレードは、CoreOS の輝ける特徴の1つである。時として、OS へのパッチとアップグレードは破壊的なものとなり、また、困難を伴う場合がある。ShellshockXen hypervisor といった、最近の OS に見られる脆弱性は、とりわけ OS コンポーネントの保護が困難なことに起因している。CoreOS のデザインであれば、パッチによる混乱を排除した OS が実現され、パッチのインストールに関連する問題を最小限に抑えられる。

A year ago, Lew Moorman, former Rackspace president, predicted that CoreOS “is the way a lot of modern applications are going to get built — though it’s very early days.  This is not super-mainstream today… but having a lightweight system like this where you can easily manage a huge number of machines will be very, very valuable.”

Rackspace の President を務めていた Lew Moorman は、「CoreOS は、現代的なアプリケーションを、大量に構築する方法を提供するだろうが、いまは、きわめて初期の段階にある。つまり、いまは主流というわけではないが、大量のマシンを容易に管理できる、この種のライトウェイト・システムは、とても大きな価値を持つものとなるだろう」と、1年ほど前に CoreOS の将来を予測していた

参照: InfoQ:CoreOSの最初の安定版がリリース

参照: deeet:CoreOSに入門した

ーーーーー

話は Open Compute Project に飛びますが、2013年1月の Summit のキーワドは、サーバーやラックの構成要素をゼロから再編していく、Disaggregation という概念に集約されていました。 つまり、これからの時代に必要なハードウェアとは、いったい何なのかという観点で、従来からの常識に因われることなく、再考していこうという取り組みです。 その背景には、クラウドの Before/After で激変してしまったデータセンターのデザインという視点があります。 そして、新しくデザインされるデータセンターに大量導入されるラックやサーバーを、再定義する必要性が生じたのですが、それは、Linux ディストリビューションについても言えることなのですね。 この両者の間に、とても似かよった流れを感じます。

ーーーーー

<関連>

Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

Microsoft への提言:Red Hat を買収して クラウドを強化したら どうだろう?

Posted in Microsoft, OpenStack, Red Hat by Agile Cat on May 14, 2014

Why Microsoft should just pack it in and buy Red Hat
http://wp.me/pwo1E-7uz

By
Barb Darrow – Feb 28, 2014
http://gigaom.com/2014/02/28/why-microsoft-should-just-pack-it-in-and-buy-red-hat/

_ Giga Om

Summary: Sure it would make for strange bedfellows, but Microsoft needs Red Hat Enterprise Linux and an acquisition would signify a bold move by new CEO Satya Nadella.

Summary: たしかに、それは、ちょっと奇妙な関係と言えるだろうが、Microsoft は Red Hat Enterprise Linux を必要としている。 そして、もし、買収にいたるなら、新しい CEO である Satya Nadella の大胆な行動と評価されるだろう。

photo: Jorge Salcedo

Over the past 40 years Microsoft has built its mega-billion-dollar business around the Windows operating system and Windows applications. But as the company seeks to preserve its enterprise power in the cloud era, where Windows is not as huge a deal, here’s a bold proposal: Microsoft should buy Red Hat.

これまでの 40年間において Microsoft は、Windows オペレーティング・システムおよび Windowsアプリケーションを中心にして、巨億のビジネスを構築してきた。しかし、Windows が大きな勢力を持ち得ないクラウドの時代で、その企業の力を同社が維持したいなら、ちょっと大胆な提案をしてみたいと思う。 それが、Microsoft による Red Hat の買収という、必要性の話である。

It’s a counterintuitive move for a company whose former CEO likened Linux to cancer, but here’s why I think Microsoft might want to do it. First, Microsoft is an enterprise software company that hopes to transition its strength in that segment into the cloud-and-mobile era. And for Microsoft’s new CEO Satya Nadella, who will orchestrate that transition, an acquisition of Red Hat would be a bold stroke. Talk about thinking outside the box.

前 CEO が Linux をガンになぞらえていた企業にしては、反対の方向への動きに思えるが、それを Microsoft が望んでいるかもしれないと、私が思う理由を示していく。 まず、Microsoft は、これまでの強みを、クラウドとモバイルの時代におけるセグメントへ向けて、移行したいと考えているエンタープライズ・ソフトウェアの会社である。そして、Microsoft の新しい CEO である Satya Nadella は、その移行を周到に準備するだろうし、その意味で Red Hat の買収は大胆な一撃となる。ただし、いま話していることは、かなり常識はずれなことかもしれない。

Source: IDC

Microsoft is pitching Windows Azure as the public cloud of choice for businesses. A major stumbling block there is the fact that Red Hat Enterprise Linux, the de facto standard Linux in businesses, does not run on Azure. Why not? No one’s really saying, but my take is that Red Hat is dragging its feet because RHEL competes with Windows Server. Red Hat has no such compunction about putting RHEL on AWS, which does run RHEL, because Amazon is not an OS competitor per se — at least as the market is defined now.

Microsoft は、企業向けパブリック・クラウドの選択肢として、Windows Azure を投入している。しかし、ここでの大きな障害は、それらの企業が Linux のデファクト・スタンダードとする Red Hat Enterprise Linux が、Azure では走らないという現実である。当たり前じゃないかい? 誰もが本当のことを言っていないが、RHEL を Windows Serverと競合するため、Red Hat が足を引っ張っているというのが、私の感想である。Red Hat は、AWS 上で RHEL を走らせることについて、そのような躊躇がまったく無い。なぜなら、Amazon は OS の競争相手ではないので、大歓迎なのである。少なくとも、そのような形で、いまのマーケットは構成されてる。

The lack of RHEL on Azure is a big issue for Microsoft. Given that Microsoft has bent over backwards to make Azure hospitable to third-party OSes and tool sets (Ubuntu Linux and SUSE Linux run on it), RHEL’s absence is particularly glaring because when you talk enterprise applications from Oracle, SAP et al., RHEL is Linux (sorry Oracle Linux, you’re not there yet.)

Azure で RHEL が欠落していることは、Microsoft にとって大きな問題である。サードパーティの OS や Tool Set を Azure 上でホストしようと、Microsoft が懸命に努力していることを考えると(Ubuntu Linux と SUSE Linux には対応)、RHEL の不在が目立ってしまう。なぜなら、Oracle や SAP などのエンタープライズ・アプリケーションを前提にすると、RHEL が Linux だからだ(残念ながら Oracle Linux は発展途上)。

Neither Red Hat nor Microsoft would comment on why RHEL won’t run on Azure but sources close to Microsoft said customers ask the company about Red Hat support all the time and it has to refer customers back to Red Hat. Their thinking is that nothing can pressure a company to action more than customer pressure, but still, no dice.

Red Hat も Microsoft も、RHEL が Azure で走らない理由についてはノー・コメントだろう。しかし、Microsoft に近い情報筋によると、いくつかの顧客は Red Hat をサポートするよう要求しており、そのことが Red Hat にも伝わっているようだ。どちらも、顧客からのプレッシャーに勝るものはないと捉えているはずだが、まだ、サイコロは回り始めていない。

Red Hat is affordable

If you look solely at the numbers, Microsoft could do this deal easily. The market value of Red Hat stock is about $11.2 billion. Subtracting its $1.3 billion in cash, Red Hat would cost $9.9 billion. A 20 percent premium would put the purchase price at more like $12 billion. As one of my Wall Street friends put it, since Microsoft has about $84 billion cash in the bank, it could do this acquisition with its eyes closed.

単に数字だけを見るなら、Microsoft は簡単に買収できるだろう。Red Hat の市場評価額は、$11.2 Billion である。そこから、手持ちのキャッシュである  $1.3 Billion を差し引けば、Red Hat の買収に費やされるコストは $9.9 Billion となる。さらに、20% のプレミアムを付けても、$12 Billion で収まる。私の Wall Street フレンドによると、Microsoft の銀行預金は $84 Billion ほどなので、その支出に目をつむれば、買収は可能となる。

Antitrust hurdles are big but not insurmountable

Analysts, including Gigaom Research’s own MSV Janakiram, said no such transaction would pass regulatory muster. Taken together, Red Hat Enterprise Linux (RHEL) and Windows Server would comprise 87 percent of the server operating environment market, according to IDC analyst Al Gillen — who was also dubious about my premise.

Gigaom Research が所有する MSV の Janakiram や、その他のアナリストたちは、そのような取引が、当局に規制されないはずがないと言う。そして、Red Hat Enterprise Linuxに(RHEL)と Windows Server を合算すると、サーバー・オペレーティング市場の 87% に達してしまうと、私の考えに疑問を呈していた、IDC のアナリストである Al Gillen は述べている。

That number would give regulators pause if they define the market as server operating systems running inside company data centers. But if they were to factor in what’s running in Google and Amazon Web Services and other clouds, the picture could be much different. And we all know that lawyers can redefine the affected market when it painting a prospective acquisition in a rosy, competitive light.

この数字の捉え方だが、企業のデータセンター内で実行されるサーバー OS を前提に市場を定義するなら、当局は規制を行うだろう。しかし、Google や AWS といったクラウドで、どのような比率で、何が動いているのかを計算するなら、そのイメージは大きく異なるものになるだろう。買収劇を押し通すことに価値があり、すべてがバラ色に塗り替えられるとなったとき、弁護士たちが影響をうけるだろう市場を再定義してしまうことを、私たちは知っている。

In that universe, Windows Server plus RHEL might not be dominant at all. According to figures from The Cloud Market, nearly 60 percent of all Amazon Machine Images (AMIs) run Ubuntu Linux, while 6.3 percent run Windows and 5.9 percent run Red Hat. And I’m pretty sure Google runs zero Red Hat Linux or Windows.

この世界では、Windows Server だけではなく RHEL も、支配的だとは言えないだろう。The Cloud Market の統計によると、Amazon Machine Images(AMI)の約 60% は Ubuntu Linux を実行しており、Windows と Red Hat の比率は 6.3% と 5.9% に過ぎない。さらに言えば、Google が Red Hat Linux と Windows を実行している確率はゼロだと、私は確信している。

Source
The Cloud Market

And, if regulators can approve the US Airways and American Airline or Comcast and NBC Universal mergers, I think all bets are off. I’ve seen strange things happen in the software world, including Oracle’s acquisitions of Siebel Systems and PeopleSoft in blockbuster deals that consolidated much of the enterprise applications market.

たとえば、US Airways と American Airline もしくは Comcast と NBC Universal の合併を、規制当局が承認するかとなると、そこに一銭も賭ける気はしない。しかし、ソフトウェアの世界では、Oracle による Siebel Systems PeopleSoft の買収といった、エンタープライズ・アプリケーションの市場を統合してしまう、奇妙な光景を目の当たりにしている。

Those transactions taught me to never say never. So go ahead, use the comments below to (politely, please) to let me know what you think.

これらの取引が教えてくれたのは、Never Say Never である。そう、前へ進むしか無いのだ。 あなたの考えがあるなら、以下のコメントで、なるべく丁寧に教えて欲しい。

Feature photo courtesy of Shutterstock user Jorge Salcedo

Related research

An analysis of Windows Azure’s strengths and weaknesses February 2014
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look December 2012
The promise of SDNs in the enterprise November 2012

ーーーーー

TAG indexなかなか、面白い視点からの考察です。 先日に、「 Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける 」という抄訳をポストしましたが、オープンソースを活用することで、ユーザーだけにではなくクラウド・プロバイダーにも、計り知れないメリットがもたらされるはずです。 その名称が、Windows Azure から Microsoft Azure に変わったのも、 Windows の枠組みに制約されない、新たなクラウド戦略の確立という意志の現れだと思います。 Linux は ガンだと言ってしまった CEO も退任したわけですし、これまでのシガラミを解いて、いろいろなことに柔軟に対応して欲しいですね。 image

ーーーーー

<関連>

Microsoft クラウド・パートナーが、そのメニューに OpenStack を加えた!
OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V
Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – All About Microsoft
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!

Posted in .Selected, BaaS, DevOps, Mobile, PaaS, Red Hat by Agile Cat on September 27, 2013

Kinvey Joins Red Hat’s OpenShift Platform as a Service Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6Hk
Sep 16, 2013 –
Kelly Rice
http://www.kinvey.com/blog/3246/kinvey-joins-red-hats-openshift-platform-as-a-service-ecosystem

_ Kinvey

Today, we are excited to announce that Kinvey is integrating with Red Hat’s OpenShift PaaS, allowing developers to mobilize business-critical data from on-premise or cloud environments into their mobile, tablet and web apps.

今日、私たちは、Red Hat の OpenShift PaaS と Kinvey との統合について、発表できたことを嬉しく思っている。それにより、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データを、オンプレミスおよびクラウドの環境から、モバイル/タブレット/Web アプリへ向けて、集約できるようになっていく。

Kinvey will make it easier for OpenShift customers to integrate securely with their organizations’ on-premise or cloud systems, such as CRM systems or JBoss environments, thereby accelerating development time for advanced mobile apps. An OpenShift cartridge will automate the process of deploying Kinvey’s Data Link connectors, allowing developers to more efficiently extract business-critical data into their apps.

Kinvey のい提供するテクノロジーにより OpenShift ユーザーは、CRM システムや JBoss 環境といった、クラウドおよびオンプレミスのシステムを、安全かつ容易に統合できるようになる。つまり、先進的なモバイル・アプリの開発時間が大幅に短縮されることになる。OpenShift カートリッジが、Kinvey Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化するため、デベロッパーたちは、クリティカルなビジネス・データの抽出を、これまで以上の効率で達成していける。

Our CEO, Sravish Sridhar, says: “Partnering with OpenShift gives our customers the flexibility to mobilize enterprise backend systems, such as JBoss, using OpenShift’s on-prem and cloud-based PaaS. We’re excited to become a part of their ecosystem, together helping developers build advanced applications.”

当社の CEO である Sravish Sridhar は、「 OpenShift との提携により、私たちの顧客はオンプレミスとクラウドをベースとした OpenShift PaaS を用いて、たとえば JBoss などのエンタープライズ・バックエンド・システムを柔軟に集約していくようになる。彼らのエコシステムの一部となり、デベロッパーによる先進アプリの構築を、一緒になって支援していくことを、とても楽しみにしている」と、述べている。

You can read the full press release here.

ーーーーー

imageなにかにつけて、どこが違うの? ・・・ と、よく比較される BaaS と PaaS ですが、かの Kinvey さんが統合と言うのなら、それなりの意味が、双方にあるのでしょう。 文中で指摘されるように、「 Data Link コネクタのデプロイメント・プロセスを自動化 」というのが、ポイントのように思えます。それと、やはりエコシステムなのですね。 双方のエコシステムが、お互いを理解して協調できれば、Mobile App が簡単かつ安上がりに、どんどんと量産されるのでしょう。素晴らしいことです! image

ーーーーー

<関連>

Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
モバイル・デベロッパー 6000人に訊きました ⇒ $5000/月くらいは稼いでいるぜ!

 

%d bloggers like this: