Agile Cat — in the cloud

Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on February 27, 2014

The first smartphone powered end-to-end by Qualcomm will debut this year
http://wp.me/pwo1E-7gk

By Kevin Fitchard – Feb 6, 2014
http://gigaom.com/2014/02/06/the-first-smartphone-powered-end-to-end-by-qualcomm-will-debut-this-year/

_ Giga Om

Summary: Qualcomm is on a mission to dominate the guts of our smartphones, and this year it will get one step closer as the first smartphone debuts using Qualcomm components from the antenna to the processor.

Summary: Qualcomm のミッションは、私たちのスマートフォンの核心を支配することにある。 そして、アンテナからプロセッサに至るまで Qualcomm のコンポーネントを用いた、初のスマートフォン・デビューへと、今年は一歩近づくようだ。

ーーーーー

Qualcomm dominates the smartphone silicon space so thoroughly that its hard to imagine there’s a component in a phone’s communication system that it doesn’t design. It leads the market in both the processors that run our phone apps and the baseband chips that interpret wireless signals. But if Qualcomm has it its way it will one day be supplying every communication component in the phone, from the base of the antenna to the multimedia engine.

スマートフォン・シリコン・スペースを、Qualcomm は完全に支配しており、そのコンポーネントを用いてデザインされない、スマートフォンの通信システムが存在すると、想像するのは困難なほどである。それらは、スマートフォンのアプリを駆動するプロセッサと、ワイヤレス信号を解釈するベースバンド・チップの双方で、このマーケットをリードしている。しかし、もし Qualcomm がその気になるなら、アンテナのベースからマルチメディアのエンジンに至るまでの、フォン内の全通信コンポーネントを、1日で供給できるだろう。

Until recently Qualcomm was a non-factor when it came to the myriad of radio frequency (RF) components that reside between the baseband and the antenna. That part of the phone has always been the playground of specialty companies like RF Micro Devices, Avago Technologies and Skyworks.

最近まで、Qualcomm の領域ではなかったが、ベースバンドとアンテナとの間に存在する、広範囲におよぶ無線周波数(RF)コンポーネントに、同社は参入してきている。 このスマートフォンにおける領域は、RF Micro DevicesAvago TechnologiesSkyworks といった特定の企業が、常に活躍する場として存在していたのだ。

Last February, though, Qualcomm signaled its intentions of treading deep into their turf with a new product called the RF360. Qualcomm’s claim was it could build a better set of RF technologies in the phone, one that consumes less power, takes up less space and, most importantly, supports the rapidly proliferating number of LTE bands used throughout the world.

しかし、昨年の 2月に Qualcomm は、RF360 と呼ばれる新しいプロダクトにより、その芝生を深々と削り取っていくという意図を示した。Qualcomm の主張は、それにより RF テクノロジーの、より優れたセットで、スマートフォンを構築できるというものであった。まず、消費電力が少なくなり、より少ないスペースに収まるという話であるが、最も重要なのは、世界中で使用され、急速に増殖している、各 LTE の帯域をサポートできるという論旨である。

Qualcomm’s quest toward phone domination has been slow going so far. The RF360 is actually a collection of four different components, each with a specialized task, and so far Qualcomm has only landed design wins for two of them. The Google Nexus 5 and the Samsung Galaxy Note 3 both use RF360’s envelope tracker, which cuts down on the power a phone needs to connect to a tower. Nokia is using Qualcomm’s antenna tuner in the new Lumia 1520.

Qualcomm における、スマートフォンのマーケットを支配しようとする歩みは、遅いながらも、これまで続いている。この RF360 は、4種類のコンポーネントのコレクションであり、それぞれが、それぞれのタスクを受け持っている。 これまでの Qualcomm は、その内の 2つの領域でしか、勝利を納めていなかったのだ。そして、Google の Nexus 5  と、Samsung の Galaxy Note 3 が、RF360 の Envelope Tracker を使用し、ワイヤレス接続で消費される電力を見定めようとしている。その一方で、Nokia の最新機種である Lumia 1520 でも、Qualcomm の Antenna Tuner が採用されている。

But according to Cristiano Amon, EVP and co-president of Qualcomm Technologies, the heart of the RF360 is a component called the RF Pop, a 3D circuit that can support up to 40 different 2G, 3G and LTE bands when paired with one of Qualcomm’s baseband chips. That RF Pop — along with the fourth component, a power amplifier — will make it into commercial handsets this year, Amon said. And by the end of the year, the first smartphone using Qualcomm technologies front-to-back will make its commercial debut, he said.

しかし、Cualcomm Technologies の EVP & Co-President である Cristiano Amon によると、RF360 の心臓部分はは、RF Pop と呼ばれる 3D 回路コンポーネントであり、Qualcomm ベースバンド・チップの 1つと組み合わせることで、40種類にもおよぶ 2G/3G/LTE バンドをサポートできるという。この、4番目のコンポーネントとして組み合わされ、パワーを増幅していく PF Pop は、年内には、商業スマートフォンに導入されると、Amon は述べている。そして、今年の年末までには、すべてに Qualcomm テクノロジーを用いた最初のスマートフォンは、コマーシャル・デビューをするだろうと、彼は続けている。

Cristiano Amon

Will that phone be a truly global phone? Not quite. Just because the RF360 can support 40 bands doesn’t mean it will support them all at once. But Amon said that device makers who use the RF360 will get a lot closer to that holy grail of a single phone that can work in every region of the world.

そのスマート・フォンは、ほんとうの意味でグローバル・フォンになり得るのか? その答えは、完全ではない、となる。RF360 が、40種類の帯域をサポートできるからといって、それがすべてが、一度にサポートされるわけではない。しかし、RF360 を採用するデバイス・メーカーは、世界の全地域で動作する、まるで聖杯のようなスマートフォンに、大きく近づくと、Amon は発言している。

Amon is hoping Qualcomm can cut the number of separate variants a vendor has to produce by a third if not half. For a device maker like Apple that means it could reduce the number of iPhone variants it produces from five to just two or three. And as Qualcomm improves its technology it hopes to eventually achieve that goal of a single global phone, Amon said.

Amon の考えは、ベンダーが生産しなければならない、派生物の数を削減することであり、その半分とまでは言わなくても、Qualcomm が支援することで 1/3 だけでも減らしたいというものだ。つまり、Apple のようなデバイス・メーカーは、その変種を、5種類から、2〜3種類に削減できることを意味する。

そして、Qualcomm におけるテクノロジーが進化するにつれて、グローバル・フォンという目標が、最終的には達成されるようにしたいと、Amon は述べている。

Of course, Qualcomm isn’t the only one working on these technologies. The traditional RF component makers, along with specialty vendors like Nujira and Quantance, all have their own envelope trackers and multi-band RF technologies either on the market or in the works. Peregrine Semiconductor this week unveiled an RF front end technology that it claims will let a single phone connect to more than 40 LTE bands.

もちろん、Qualcomm だけが、それらのテクノロジーに取り組んでいる、唯一の企業というわけではない。NujiraQuantance といった専業ベンダーと協調してきた、従来からの全 RF コンポーネント・メーカーたちが、自身の Envelope Tracker を持ち、また、マルチバンド RF テクノロジーを開発/商用化しようとしている。そして、今週のことだが、Peregrine Semiconductor が RF Front-End テクノロジーを発表した。 それは、単一のフォン接続により、40 種類以上の LTE 帯域に接続できると、主張するものである。

Related research

The rebirth of hardware demands new definition of design October 2013
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience January 2013

ーーーーー

image141Qualcomm は強力ですね。 この記事は、All Qualcomm チップのスマホが作れますという流れですが、裏を返せば、Qualcomm ブランドのスマホも可能ということです。実際に、$350 だった Toq smartwatch を、$250 に値下げしていて、ひょっとするとウェアラブル市場で、それなりのシェアを取る可能性も出てきています。 それとは別の話ですがChromecast を製造しているのは Marvell ですし、こうしたチップ・メーカーが大挙して、デバイス市場に参入し始めているのです。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
MWC 2014 速報 : IntoMobile 版 ニュース・インデックス

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Posted in .Selected, Mobile, Patent, Qualcomm by Agile Cat on February 13, 2014

Qualcomm buys major mobile patent portfolio from HP, including Palm patents
http://wp.me/pwo1E-7ck

By Jeff John Roberts – Jan 23, 2014
http://gigaom.com/2014/01/23/qualcomm-buys-major-mobile-patent-portfolio-including-palm-patents/

_ Giga Om
Summary: Qualcomm just picked up a big trove of mobile-related patents from HP, which could signal a new escalation in the ongoing intellectual property battles in the mobile industry.

Summary: 最近の Qualcomm だが、HP からモバイル関連特許を大量に買い求めており、モバイル業界で継続中の知的財産権における戦いが、さらに加熱する可能性が生じている。

ーーーーー

Mobile chip-maker Qualcomm on Thursday announced that it acquired 2,400 issued and pending patents from Hewlett-Packard, including those related to defunct handset maker Palm, which HP acquired in 2010 for $1.2 billion but failed to revive.

木曜日 (1/23) のことだが、モバイル・チップ・メーカーである Qualcomm が、2400件の特許と、出願中の特許を、Hewlett-Packard から獲得したことを発表した。そして、その中には、2010年に HP が $1.2 Billion で買収したものの、復活させることができずに死なせてしまった、モバイル・フォン・メーカー Palm に関連するものも含まれる。

The companies announced the deal in a release that did not disclose the price or many other details, beyond the fact that most of the patents were issued in the U.S. and that they cover “technologies that include fundamental mobile operating system techniques.”

両社のアナウンスメントは、それらの特許の大半がアメリカで米国で発行され、また、「 モバイル OS の基本的なテクノロジー」をカバーしていることは認めているが、この取引における対価といった、それ以外の詳細は、まったく明らかにされていない。

The acquisition is likely to have an impact on the ongoing smartphone patent wars, which have taken on a new intensity in light of an Apple-backed consortium’s recent lawsuit campaign against a variety of Android handset makers.

この買収により、継続中のスマートフォン特許戦争に、影響が生じる可能性がある。つまり、Apple が支援するコンソーシアムが、多様な Android デバイス・メーカーに対して繰り広げる、最近の訴訟のキャンペーンを考慮した、新たな対抗策になり得る。

The release does state that the HP deal will add to Qualcomm’s “industry-leading mobile patent portfolio and will enable the company to offer even more value to current and future licensees” — which is another way of saying that other companies operating in the mobile space better duck.

このリリースが述べているのは、HP との契約により Qualcomm は、「 業界をリードするモバイル特許ポートフォリオを強化し、また、現状と未来におけるライセンス利用者として、より多くの価値を提供していけるようになる」という点である。さらに言えば、モバイル分野における他社の行動を、陳腐なものに置き換えてしまう方式でもある。

Qualcomm has a controversial history of leveraging its patent portfolio, including a long-running legal battle with Broadcom that led an appeals court to declare that Qualcomm had abused its monopoly over standards-essential “FRAND” patents.

Qualcomm には、その特許ポートフォリオを用いて、他社との係争を繰り返してきたという歴史がある。そして、そこには、スタンダードの本質である FRAND特許を、Qualcomm が独占的に乱用していたと、法廷に宣言させようとする Broadcom との、長い係争も含まれる。

For HP, as my colleague Kevin Tofel recently pointed out, the deal could mean that it recouped at least a good part of its investment in Palm.

その一方で、私の同僚である Kevin Tofel が先日に指摘したように、HP は Palm への膨大な投資から、かなりの金額を取り戻していると、少なくとも考えられるだろう。

Related research

GigaOM Research highs and lows from CES 2013 – January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How to manage the signaling storm in 2013 – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまのモバイル・デバイスの世界は、このプロダクトで必要とされる様々な機能が次から次へとチップ化し、それを半導体の高集積化テクノロジーが加速させている、という状況を作り出しています。 そうなってくると、これまでは、ハンドセット・マニュファクチャが占有していた知的財産と、チップ・メーカーの領域が重なりあい、様々なトラブルが生じることになると、Qualcomm は考えているのでしょう。 それと、Chromecast を Marvell が製造し、また、Qualcomm 自身も Toq Smartwatch を発表しているような状況を見ると、これまでのサプライ・チェーンではあり得なかった、階層を超えた競合が、すでに始まっていると捉えることが可能です。半導体メーカーの動きにも、注目していく必要がありますね。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える裁判の最終決戦が迫る
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!

Posted in .Selected, Asia, IoT, Mobile, Qualcomm by Agile Cat on January 15, 2014

Qualcomm Snapdragon 410 with LTE and 64-bit support unveiled for sub-$150 smartphones
http://wp.me/pwo1E-77i
By: Dusan BelicDecember 10th, 2013
http://www.intomobile.com/2013/12/10/qualcomm-snapdragon-410-lte-and-64bit-support-unveiled-sub150-smartphones/

_ into Mobile

Qualcomm Snapdragon 410 is a new chipset made to bring 4G LTE connectivity and 64-bit processing to the emerging markets. Manufactured using 28nm process technology, the new chip integrates the Adreno 306 GPU, enabling 1080p video playback and 13-megapixel cameras. In addition, it comes with built-in support for dual and triple SIM, something that’s particularly popular in parts of Asia.

Qualcomm の Snapdragon 410 とは、4G LTE コネクションと 64 Bit 処理を実現する、新たなチップセットのことであり、安価な高性能スマホを、途上国マーケットに送り込むと期待される。この、28nm プロセス・テクノロジーを用いて製造されるチップは、Adreno 306 GPU を統合することで、1080p ビデオ再生および、13 M Pixel カメラを実現する。また、Asia における一部のマーケットで好まれる、デュアル/トリプル SIM の組み込みも、ビルトインでサポートしている。

Together with Qualcomm RF360 Front End Solution, Snapdragon 410 chipsets will have multiband and multimode support. Snapdragon 410 chipsets also feature Qualcomm Technologies’ Wi-Fi, Bluetooth, FM and NFC functionality, and support all major navigation constellations: GPS, GLONASS, and China’s new BeiDou, which helps deliver enhanced accuracy and speed of Location data to Snapdragon-enabled handsets. The chipset also supports all major operating systems, including the Android, Windows Phone and Firefox operating systems.

また、Qualcomm RF360 Front End Solution と組み合わせることで、Snapdragon 410 チップセットは、マルチバンド/マルチモードをサポートできるようになる。さらに言えば、Snapdragon 410 チップセットの機能として、Wi-Fi/Bluetooth/FM/NFC といった Qualcomm テクノロジーが提供され、GPS/GLONASS といった主要ナビゲーション機能もサポートされる。また、China の BeiDou も、Snapdragon 対応のハンドセットにおける、Location データの精度と速度を強化するために協力するという。そして、このチップセットは、Android/Windows Phone/Firefox OS などを含む、すべての主要オペレーティング・システムをサポートする。

When it comes to availability, the Snapdragon 410 processor is anticipated to begin sampling in the first half of 2014 and expected to be in commercial devices in the second half of 2014.

Snapdragon 410 の提供時期に関しては、2014年の前半にはサンプリング出荷が始まり、2014年の後半には商用デバイス向けに出荷が開始されると予想されている。

ーーーーー

TAG index昨年の夏にポストした「途上国の 10億人の モバイルとは ? iPhone や Galaxy ではないのだ!」という抄訳は、Nokia の Asha 310 を題材にして、途上国向けの廉価版スマホを解説するものでした。 とても興味深い内容であり、また、その印象が強く残っていたのですが、この Snapdragon 410 が市場に登場すると、それらの国々におけるモバイル事情が劇的に変化していくはずです。もちろん、それは、先進国のマーケットにも大きな影響をおよぼし、安価な SIM フリー・スマホの販売を推進していくでしょう。 とても、面白い展開になりますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

2013年 : Post-PC と 地殻変動 の マトメ
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
2013年は 10億台超の スマホが販売され、前年比で 40% 増となる!
iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月
Apple App Store の年商が、ついに1兆円に到達した!
Google Play も 500億 ダウンロードを通過した!
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
モバイル・アプリのダウンロード数:2017年には 1600億!

Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?

Posted in .Selected, Mobile, Post-PC, Qualcomm, Strategy by Agile Cat on November 2, 2013

Exclusive: Intel Opens Fabs To ARM Chips
http://wp.me/pwo1E-6Rj

10/29/2013 –
Jean-Baptiste
http://www.forbes.com/sites/jeanbaptiste/2013/10/29/exclusive-intel-opens-fabs-to-arm-chips/

_ Forbes

As the old adage goes, if you can’t beat them, join them. Well, that’s exactly what Intel finally decided to do relative to its lagging mobile business.

古い格言にもあるように、その相手を倒せないなら、敵対せずに仲間になってしまうべきだ。まあ、モバイル・ビジネスで遅れをとった Intelが、ついに判断を下したようだが、まさに、そのことを指している。

At the ARM developers conference today, Intel partner Altera announced that the world’s largest semiconductor company will fabricate its ARM 64-bit chips starting next year. The announcement sent shockwaves through the technology industry as Intel is desperately trying to break ARM’s supremacy in the mobile market. Unlike Intel, ARM Holdings of the U.K. doesn’t manufacture chips but its designs are licensed and used worldwide in the mobile industry.

今日(10/29)の ARM デベロパー・カンファレンスで、Intel のパートナーである Alteraが発表したのは、この世界最大の半導体会社が ARM 64 Bit チップを、来年から製造するという話である。このアナウンスメントにより、テクノロジー業界に衝撃が走った。Intel は必死になって、モバイル市場における ARMの覇権を打破しようとしていると、誰もが思っているだけに、それも当然のことだ。Intel とは異なり、この UK ベースの ARM Holdings は、自社でチップを製造することはなく、そのデザインをライセンスし、それが世界のモバイル業界で広く採用されている。

“It’s huge. Imagine ARM’s most powerful and technologically advanced 64-bit processor built on Intel’s leading-edge fabs. A duo that will be hard to beat,” explains Nathan Brookwood, principal analyst at Insight 64.

「 それは、巨大な存在となる。最もパワフルで、高度なテクノロジーを持つ、ARM の 64 bit プロセッサが、Intel における最先端の製造ラインに乗ることを想像して欲しい。このデュオに打ち勝つのは、とても困難なことになるだろう」 と、Insight 64 の主席アナリストである Nathan Brookwood は解説する。

Intel opens world’s leading-edge factories to archrivals

But this is just the beginning of a much larger endeavor for the chip giant as Intel is even willing to compete with semiconductor foundry leader TSMC for the business of its fiercest rivals, like Nvidia or Qualcomm.

しかし、このことは、Intel というチップ界の巨人にとって、長い旅路の始まりに過ぎない。なぜなら、のビジネスにおける強大なライバルである、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co)のリーダーたちと、つまり NvidiaQualcomm などと、競い合うことが避けられないからである。

“Intel will build Apple’s A7, Qualcomm’s Snapdragon or the Nvidia Tegra for the right price. Now, the question is, are they ready to pay that premium [to ARM] and feed their direct competitor? But that would actually make business sense for everyone,” adds Brookwood.

「 Intel は、Apple の A7 を製造したいだろうが、そこには Qualcomm の Snapdragon や、Nvidia Tegra などが、適切な価格で供給されている。さて、ここで質問だが、それらのコンペティタたちは ARM に対して、プレミアム(保証料)を支払う準備を整えているだろうか? そして、この直接のライバルに利益をもたらすのだろうか? しかし、実際のところ、業界全体に対して、意味のあるビジネスがもたらされるだろう」と、Brookwood は付け加えている。

With Intel ready to open up its leading-edge factories to whomever is willing to pay a premium, chip prices could actually come down, with the other foundries (TSMC, UMC, GlobalFoundries, Samsung, IBM or SMIC) feeling the pressure to compete.

そして Intel が、プレミアム(保険料)の支払いを厭わない、誰かに対して最先端の工場をオープンにする準備を整えるなら、競合のプレッシャーを感じるコンペティタ(TSMC/UMC/GlobalFoundries/Samsung/IBM/SMIC)たちにより、チップの価格が引き下げられるという可能性が生じる。

But will Apple ditch Samsung for Intel? Time will tell…

そして Apple は、Intel が来るなら Samsung と手を切るだろうか? 時が経てば、明らかになるのだろう・・・

ーーーーー

TAG indexいずれは、そうなるだろう・・・ と、誰もが思っていたことが、ついに訪れるのでしょうかね?  9月にポストした、『 Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート 』という抄訳には、この、ショッキングなチャートが含まれています。 そして、いくら Intel が頑張っても、PC が主役に返り咲くことはないと、誰もが納得してしまう状況が示されています。 そればらば、Intel も ARM 陣営に参加すべきという、格言どおりの展開が見えてきます。

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
Intel の時代が1つ終わる : PC マザーボード・ビジネスから撤退
Intel が減速、そして TABLET と PC の明暗: JP Morgan が分析する
MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?

 

Nexus 5 の発売日は 11月1日で、値段は $349 からというリーク情報が!

Posted in Google, Mobile, Qualcomm by Agile Cat on October 29, 2013

Nexus 5 launching on November 1st; Will be available in black and white
http://wp.me/pwo1E-6Pt
By:
Dusan Belic -October 28th, 2013
http://www.intomobile.com/2013/10/28/nexus-5-launching-november-1st-available-black-and-white/

_ into Mobile

Good ol’ EVleaks. Their latest leak is Nexus 5… in white. As you can see for yourself, this will be one hot device with top-notch specs that include Qualcomm’s Snapdragon 800 quad-core chip clocked at 2.3GHz, 4.95-inch full HD screen, LTE connectivity support, and 16 or 32 GB of internal storage. It is said that the price will start at $349, and launch on November 1st.

EVleaks は、以前からのお気に入りである。 そして、彼らの最新のリークは、White の Nexus 5 である。あなも納得できると思うが、このデバイスは、Qualcomm Snapdragon 800 – 2.3GHz Quad-Core および、4.95-inch Full HD スクリーン、LTE 接続のサポート、16GB or 32GB の内部ストレージを持つ、きわめてホットなものとなっている。さらに、価格に関しては $349 からはじまり、出荷は 11月1日になるとしている。

Yeah, we can’t wait to be among the first ones getting this beast phone. And we suggest you also push the button the moment it hits the Google Play Store. You’ll hardly get a better deal anywhere else. Plus, you’ll also benefit from the timely (as in “be the first to get it”) updates to the Android platform…

そう! この猛獣のようなスマホは、何を差しおいても手に入れたいし、待つなんてことはできやしない。そして、このスマホが Google Play Store に登場する瞬間に、買い求めることをオススメする。これを買い求めることは、他の何より難しいことなのかもしれない。しかし、それを手に入れるということは、最新の Android プラットフォームも得るという、素晴らしいタイミングでもあるのだ…

ーーーーー

TAG index最後のところが、思わせぶりっぽいですが、おそらく KitKat が搭載されるという意味なのでしょうね。 それにしても、このスペックで、しかも SIM Free で、$349 という値段は魅力的です。スマホとして使うことも、ミニ・タブレットとして使うことも可能で、Galaxy Note あたりとガチンコ勝負になりそうですが、価格的には、この Nexus 5 が圧倒的に優位だと思います。  関連情報としては、先週の 『 Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ。Lenovo は Android ラップトップを投入する! 』というポストもありま~す!image

ーーーーー

<関連>

Android デベロッパーに朗報 : Analytics で Google Play 内でのトラッキングを実現
Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは?
Android の分断されたバージョン : それを示す1枚のチャート
Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート
Android のキャラクタは、トイレの、あのマークに触発された?

Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ。Lenovo は Android ラップトップを投入する!

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on October 25, 2013

Android this week: $349 Nexus 5 leaks; Lenovo A10 Android laptop; Dell Venue tablets available http://wp.me/pwo1E-6OZ By Kevin C. Tofel – Oct 19, 2013 http://gigaom.com/2013/10/19/android-this-week-349-nexus-5-leaks-lenovo-a10-android-laptop-dell-venue-tablets-available/ _ Gigaom Summary: Could Google’s new Nexus 5 powerhouse cost as little at $349? It seems so, based on a brief appearance of the phone on Google Play. Lenovo is trying Android in a laptop while Dell has a pair of new Android tablets using Intel chips. Google の、パワフルで新しい Nexus 5 を得るのに、安ければ $349 で、ほんとうに済んでしまうのだろうか? Google Play に表示される、このフォンの端正な外観を見ていると、そう思えてくる。そして、Lenovo が Android でラップトップに挑戦する一方で、Dell の新しい Android タブレットは、2機種とも Intel チップを使用している。 Google appears ready to launch the Nexus 5 smartphone with a low $349 price tag. The information appeared online briefly this week, either as an accident or a planned leak and was spotted by Engadget. Either way, if that’s the price for a 16 GB Nexus 5 without contract, it will be a great deal. Google は、Nuxus 5 スマホに #349 という値札を付けて、販売する準備を整えているようだ。この情報が、誤って漏れてしまったのか、計画的にリークされたのかはさて置き、今週にオンラインで参照できたのは確かであり、また、Engadget も掲載している。いずれにせよ、それが、キャリア縛りのない、16 GB の Nexus 5 の価格だとしたら、タイヘンなことである。 The expected specifications indicate that Google’s Nexus 5, a showcase device for Android 4.4, will meet or exceed those of currently available flagship smartphones. Qualcomm’s 2.3 GHz Snapdragon 800, a 4.95-inch 1080p display, 8 megapixel camera with optical image stabilization, 2 GB of memory and wireless charging are all anticipated. Android 4.4 ショーケース·デバイスとも言われる、Google Nexus 5 で予想される仕様は、いまのフラッグシップ・スマホと同等か、それ以上というものである。具体的には、Qualcomm  2.3GHz Snapdragon 800 と、4.95-inch 1080p ディスプレイ、光学式手ブレ補正の付いた 8M Pixel カメラ、2 GB のメモリ、ワイヤレス充電といった、すべてが想定される。 Considering most smartphones with similar hardware cost $650 or more without subsidy, $349 for a 16 GB model would be very attractive for consumers, particularly with carriers such as T-Mobile and Sprint who offer a discount on monthly service for customers that bring their own device or pay separately for their phone. キャリアからの補助金がなければ、それに類するハードウェアを持つ大半のスマホが、$650 以上のコストを要することを考えて欲しい。 したがって、16 GB モデルが $349 というのは、コンシューマにとって、きわめて魅力的なことになる。 さらに言えば、自前のデバイスを持ち込んだり、別個にデバイスを購入するユーザーに対して、毎月のサービス料のディスカウントしている、T-Mobile や Sprint といったキャリアにとっても、その状況は同じである。 Those looking to use Android on laptop have a new option: This week, Lenovo introduced its A10, a 10.1-inch notebook with 1366 x 768 resolution running Android 4.2. Pricing and availability details are scare as Lenovo says both will vary by region. Lenovo chose RockChip’s 1.6 GHz quad-core RK3188 to power the laptop, which runs for 9 hours on a charge. また、ラップトップで Android を使ってみたいユーザーには、新しい選択肢が提供されている。今週のことだが、Lenovo が公表した A10 は、1366 × 768 のディスプレイを持つ 10.1 inch ノートブックであり、また、Android 4.2 を走らせる。ただし、Lenovo が発言するように、その価格と供給に関しては、地域に応じて差異が生じる恐れもある。Lenovo が、このラップのために選んだチップは、Rockchip の 1.6 GHz Quad-Core RK3188 であり、それにより 9時間のバッテリー駆動が実現されるという。 The company created custom “laptop mode” software complete with an app launcher and file manager. In “stand mode”, the A10′s screen rotates 300 degrees from its full-sized keyboard for a tablet-like touch experience. Lenovo は、アプリ・ランチャーやファイル・マネージャといった、ラップトップ・モードのための、完全なカスタムなソフトウェアを開発している。そして、スタンド・モードにおける A10 のスクリーンは、フルサイズ・キーボードに対して 300度の回転に対応し、タブレットのようなタッチ・エクスペリエンスを提供する。 While we’ll have to wait for the A10, there’s no more waiting for Dell’s newest Android tablets. The Venue 7 and 8 are both available on Dell’s site, starting at $149 and $179, respectively. Both slates run on Intel’s dual-core Atom processor with Intel HD graphics. Each uses a 1280 x 800 screen, 2 GB of RAM and come with 16 GB of storage to start. この A10 に関しては、少し待つ必要があるだろうが、Dell の新しい Android は、すぐにでも使い始めることが可能だ。 Venue 7 と Venue 8 は、それぞれが $149 と $179 のモデルから始まり、どちらも Dell のサイトで入手できる。そして、どちらのスレートも、Intel の Dual-Core Atom と HD Graphics チップを搭載している。詳細について説明すると、1280 × 800 のスクリーンと、2GB の RAM を持ち、16GB のストレージがミニマム・スペックとなる。 Related research

ーーーーー post-pcApple が高価格帯を維持すると表明したのに対して、Android が値下げ圧力をかけ続けるという状況のようです。 昨日にも、『 Intel が強気に発言 : $99 タブレットと、$299 Haswell ラップトップ、$349 ハイブリッドが登場する!』という抄訳をポストしましたが、そこで指摘されていた $99 タブレットに近いものが、すでに Dell から提供されていすのですね。 そして、Nexus 5 ですが、Google Play のカタログに誤って掲載され、すぐに削除されたというのが、真相のようです。 詳しくは、『 ANDROID おすすめアプリ・カスタムニュース 』をご参照ください。image ーーーーー <関連> Android デベロッパーに朗報 : Analytics 機能により Google Play トラッキングを実現 Android のキャラクタは、トイレの、あのマークに触発された? Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは? Android の分断されたバージョン : それを示す1枚のチャート Apple が選んだハイ・リスク戦略 : iPad Mini の価格が理解できない  

Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Mobile, Network, Post-PC, Qualcomm, Strategy by Agile Cat on August 23, 2013

Mark Zuckerberg launches Internet.org to connect ‘the next 5 billion’
http://wp.me/pwo1E-6wy

August 20, 2013 9:35 PM –
Christina Farr
http://venturebeat.com/2013/08/20/mark-zuckerberg-launches-internet-org-to-connect-the-next-5-billion/

_ VB Business

Facebook CEO Mark Zuckerberg and a slew of partners just launched Internet.org to bring digital connectivity to the world.

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg と、たくさんのパートナーたちが、デジタル・コネクティビティを世界にもたらすために、Internet.org を立ち上げた。

According to a press release, the founding members of the initiative include Facebook, Ericsson, MediaTek, Nokia, Opera, Qualcomm and Samsung. These technology giants have committed to developing joint projects, sharing knowledge, and mobilizing governments.

プレス・リリースによると、このイニシアチブの創立メンバーには、Facebook および、Ericsson、MediaTek、Nokia、Opera、Qualcomm、Samsung などが含まれる。これらのテック・ジャイアントたちは、共同プロジェクトの立ち上げと、ナレッジの共有、行政のモバイル化を約束している。

Code.org

Aside from the societal benefits of bringing access, Facebook has plenty to gain from Internet.org. It’s a massive customer acquisition and expansion plan. Currently, one in seven people in the world use the social network. That number would drastically increase if the four billion people who live in poverty or in rural areas were granted Internet access.

Internet.org は社会的な利益をもたらすが、それとは別に Facebook は、この動きから大きなメリットを得ることになる。つまり、大量の顧客の獲得と、計画の大幅な拡張である。現時点において、世界の 7人に 1人が、ソーシャル・ネットワークを使用している。貧困地帯や農村部で生活する 40億人とも言われる人々が、インターネットへのアクセスを手にするなら、その数が大幅に増加するだろう。

Zuck announced the news on a rare Facebook status update this evening, which amassed thousands of likes in mere seconds. He wrote:

Zuck は、彼にしては珍しい夕方の Facebook ステータス・アップデートで、このニュースを発表したが、数秒のうちに何千もの Like が寄せられていた。 彼は、以下のように書いている:

For nine years, we’ve been on a mission to connect the world. We now connect more than 1 billion people, but to connect the next 5 billion we must solve a much bigger problem: the vast majority of people don’t have access to the internet.

この 9年の間、私たちは、世界を接続するというミッションに取り組んできた。 そして、いま、10億人以上と接続を果たしているが、次の 50億人と接続するには、はるかに大きな問題を解決する必要がある。 つまり、それらの人々の大半は、インターネットにアクセスできない状況にあるのだ。

“I’m focused on this because I think it’s one of the greatest challenges of our generation. I’ve attached a rough plan I’ve written outlining the work Facebook is doing to solve this and how our industry can work together to connect the next 5 billion people.”

『 この問題にフォーカスするのは、私たちの世代にとって、最大のチャレンジだと考えるからだ。私がアタッチしたラフ・プランは、この問題を解決するために Facebook 行うべきこと、そして、次の 50億の人々を接続するために、この境界が協調していく方法である 』

image1For those who are curious about the specifics, Zuckerberg admitted that he only has a “rough plan.” However, the New York Times reports that the primary goal for the project is to cut the cost of delivering Internet services on mobile phones, particularly in the developing world. The group intends to develop new business models that would allow phone companies to provide simple services like e-mail, and of course, access to social networking sites like Facebook or Twitter at no charge.

その詳細について、興味を持つ人々のために、Zuckerberg は『たラフ・プラン』しか持っていないことをを認めている。しかし、New York Times は、モバイルフォンにインターネット・サービスを提供するためのコストを、とりわけ途上国において削減することが、このプロジェクトの主要な目標だとレポートしている。このグループは、電子メールのようなシンプルなサービスを、そして、もちろん、Facebook や Twitter といったソーシャル・ネットワークを、無償で提供できるようにするための、新たなビジネス・モデルを開発しようとしている。

Indeed, developing countries in Asia and Africa offer a huge market opportunity for tech companies — if they can figure out how to get people connected.

たしかに、アジアやアフリカの発展途上国は、巨大な市場を提供するだろうが、その前提となるのは、ハイテク企業たちによる、インターネット接続の実現である。

Various tech and mobile executives voiced public support for the initiative, alongside Zuckerberg. Google is noticeably absent from the lineup, despite that the search giant has invested heavily on improving Internet access. The latest unconventional idea, dubbed “Project Loon,” would deliver WiFi — believe it or not — by balloon.

モバイル・テック業界における重鎮たちが、Zuckerberg と伴に、このイニシアチブのサポートを表明している。しかし、Google は、このラインナップから完全に外れている。このサーチ・ジャイアントは、インターネット・アクセスを改善するために、多額の投資を行っているが、何故だろう。最近では、“Project Loon” という斬新な発想で、WiFi の提供を図っている。 あなたが、信じようが信じまいが、そこでは気球が使われるのだ

In a statement, Nokia CEO Stephen Elop said the European phone maker got involved as “universal internet access will be the next great industrial revolution.” Paul Jacobs, chief executive of Qualcomm, echoed similar statements. He said, “mobile has helped to transform many people’s lives in the emerging regions where often a computing device will be the first and only mobile experience they’ll ever have.”

一連の声明の中で、Nokia の CEO である Stephen Elop は、『普遍的なインターネット・アクセスが、次の偉大な産業革命になる』ときに、欧州のフォン・メーカーとして関わったと述べている。 Qualcomm の CEO である Paul Jacobs も、同様のステートメントを発している。彼は、『 新興地域に住む多くの人々の生活を、モバイルが変革している。そこには、コンピューティング・デバイスが初めて導入されるわけだが、モバイル・エクスペリエンスが、彼らが手にする唯一のものとなるだろう』と発言している。

Be warned, it’s filled with marketing jargon — but check out the full press release here.

マーケティング用語で満たされているため、とても読みにくいと思うが、プレス・リリースをチェックしたい場合はココで。

ーーーーー

image13この 5月にポストした『 膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある 』という抄訳は、ーーー このサークルの内側にいるイスラム教徒は、その外側よりも多い。 このサークルの内側にいるヒンズー教徒は、その外側よりも多い。 このサークルの内側にいる仏教徒は、その外側よりも多い。 このサークルは、それらすべてを包み込むが、その一方では水に恵まれ、地球上で最も人口密度の低い国(モンゴル)まで含んでいる。 ーーー と、アジアの人口について述べています。

そして、2月にポストした、『 インターネット人口の分布を、タイムゾーンごとに計算してみた 』には、ーーー  タイムゾーン UTC+8 は、最も多くのインターネット・ユーザーが住んでいる。 しかし、そのインターネット普及率は 41% に過ぎず、大きな成長の余地を残している。ーーー と記されています。もちろん、アフリカにも、ものすごい潜在パワーが宿っているはずであり、こうした動きが出てくるのも、当然のことだと思うのです。 とても、興味深い展開ですね。image141

ーーーーー

<関連>

Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた!
LTE で 超高速ワイヤレス : ブロードバンド接続も不要になる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!

 

Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?

Posted in .Selected, Apple, Asia, Mobile, Qualcomm, Research by Agile Cat on December 13, 2012

Chart of the day: Where the mobile growth opportunities lie
http://wp.me/pwo1E-5lX
By
Philip Elmer-DeWitt December 2, 2012
http://tech.fortune.cnn.com/2012/12/02/apple-qualcomm-relationship-emerging-markets/

_cnnmoney_mainnav

Where high-speed wireless broadband goes, smartphones and tablets will follow


From Qualcomm’s Nov. 15 Analysts Day slideshow. Click to enlarge.

FORTUNE — If any company has a handle on where the big growth opportunities in mobile lie it’s Qualcomm (QCOM), the San Diego-based semiconductor maker whose communications chips can be found in nearly every mobile device on the planet, including millions of feature phones, smartphones and tablets made by Samsung, Nokia (NOK), Apple (AAPL), Research in Motion (RIMM), Sony (SNE), LG, HTC and Microsoft (MSFT).

FORTUNE — モバイルの世界で大きく成長している企業が、Qualcomm(QCOM)のことなど知らないと言っても、この San Diego ベースの半導体メーカーが作る通信チップは、この惑星における、ほとんど、すべてのモバイル・デバイスで見つかるだろう。 そこには、 Samsung, Nokia (NOK), Apple (AAPL), Research in Motion (RIMM), Sony (SNE), LG, HTC and Microsoft (MSFT) などが提供する、無数のヒューチャーフォン/スマートフォン/タブレットなどが含まれる。

The graphic above — showing which emerging markets are expected to grow the fastest — is taken from Qualcomm’s Nov. 15 Analysts Day presentation, a document chock-a-block with charts, stats and maps designed to persuade shareholders that there’s plenty of blue sky ahead.

そして、上記のグラフィクスは、Qualcomm’s Nov. 15 Analysts Day のプレゼンテーションからのものであり、これからの急激な成長が期待される、新興市場について示すものである。このドキュメントは、Qualcomm の株主たちに対して、青い空が広がっていることを納得させるため、充実した内容のチャート/統計/マップで構成されている。

Where’s Apple? Click to enlarge.

One curious thing about the slide deck is that although Apple relies on Qualcomm for its LTE processors, the company’s name is never mentioned in the 154-page report, and as near as I can tell only appears once: the tiny image of a white iPhone on page 119. [CORRECTION: The Apple logo and iOS appear on page 10.] The typical photo spread — such as the one at right — shows devices that look a lot like Apple’s but are made by someone else.

そして、スライドについて詮索してみると面白い。 Apple は LTE プロセッサに関して Qualcomm に依存しているが、この 154 ページにわたるレポートで、同社の名前がまったく言及されないのだ。  それと同じ意味合いで、白い iPhone の小さなイメージが、119 ページ目にだけ表示されている。 [補足: Apple と iOS のロゴが、10 ページ目にある] たとえば、この見開き写真風のページには、Apple のように見えるが、他社によるデバイスが表示されている。

Why the omission? Probably because Apple uses its own system on a chip — the A6 — and not  Qualcomm’s Snapdragon. But it’s worth noting that if Apple’s going to capture a significant share of the growth suggested in Qualcomm’s map above, it’s going to have to find a way to crack markets that favor devices that cost a good deal less than the iPhone and the iPad.

この欠落の理由は、いったい何処にあるのだろう? おそらく、Apple が Qualcomm の Snapdragon ではなく、独自のチップである A6 を使っているためだ。しかし、そこには重要な示唆がある。つまり、この Qualcomm マップに示される成長が見込まれる地域で、Apple がビジネスを手にしたいなら、iPhone や iPad よりも低コストのデバイスを求める市場に、入り込むための手段を見つけなければならないだろう。

ーーーーー

imageこれからの超巨大モバイル・マーケットである BRIC 諸国で、どのように Apple が戦っていくのかと、誰もが興味シンシンのトピックですが、Snapdragon の採用/不採用で、コストが大きく変わるのでしょうかね。この Qualcomm の資料は、とても面白いです。 Winking smile  Agile_Cat は Evernote に貼りこんで、iPad で眺めていますが、とても長いので、なかなか終わりません。image

ーーーーー

<関連>

iPhone の廉価版が 2014年にって、マヂですか?
iOS と Android による 世界大戦 – 2012年/11月
デバイス : Microsoft の独占から、Apple と Google による三国時代へ
眩いばかりの iPad 効果と、Apple のマーケティング戦略
モバイルの三番手に滑りこむのは、Microsoft? Amazon? Samsung? 

%d bloggers like this: