Agile Cat — in the cloud

台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?

Posted in .Chronicle, Asia, Cisco, Data Center Trends, Open Compute, Private Cloud, SDN, Storage, VMware by agilecat.cloud on May 22, 2015
Quanta Computer exclusively supplies VCE with servers used in VxRack System, say Taiwan makers
Aaron Lee, Taipei; Adam Hwang – May 19, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150519PD214.html
 
_ Digi Times
Quanta Computer has become VCE’s exclusive supplier of servers used in its VxRack System, a hyper-converged rack-scale system for private cloud applications unveiled by VCE in early May, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
Taiwan のサプライチェーン・メーカーたちの話によると、今月の初めに VCE が発表したプライベート・クラウド・アプリケーション用の、ハイパー・コンバージェンスド VxRack System に搭載されるサーバーに関して、Quanta Computer が独占供給元になるようだ。
 
vxrackHowever, Quanta declined to comment on the report.
 
しかし、この件に関して、Quanta はコメントを拒否している。
 
VCE is a joint venture set up by EMC and Cisco Systems mainly for integrating EMC-developed storage equipment, Cisco-developed servers and VMware-developed virtualization software to provide private cloud computing solutions for enterprise users.
 
VCE とは、EMC と Cisco System によるジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ・ユーザーに対して、プライベート·クラウドのソリューションを提供するために、EMC のストレージ機器および、Cisco のサーバー、VMware の仮想化ソフトウェアを統合するという目的を持っていた。
 
While having cooperated with Cisco to launch Vblock System-series products, VCE recently selected Quanta in place of Cisco as the exclusive supplier of servers for use in its VxRack System, the sources indicated. The replacement of Cisco is because Cisco is unable to mass produce servers for use in VxRack Systems, the sources said.
 
そして、Vblock System シリーズ・プロダクツを立ち上げるために Cisco と協業していたが、最近になって VCE は、VxRack System に搭載するサーバーの独占サプライヤーとして、Cisco の代わりに Quanta を選んだと、この情報筋は示唆している。 Cisco の置き換えに関して、VxRack System で使用するサーバーの大量生産に問題があるためと、情報源は述べている。
 
Quanta has developed and produced white-box servers mainly for data centers for years, with clients including Google, Amazon, Facebook and Microsoft, the sources said. As many server ODMs have entered the white-box segment, price competition for orders has been increasing and therefore Quanta has started tapping the business-use segment, the sources noted. Since enterprise users mostly trust leading vendors such as Hewlett-Packard and Dell for product quality, Quanta’s supply to VCE may help it land orders from enterprise users, the sources indicated.
 
この数年、Quanta は主としてデータセンター用のホワイトボックス・サーバーを開発/生産しており、その顧客には Google/Amazon/Facebook/Microsoft などが含まれると、情報筋は述べている。しかし、数多くのサーバー ODM 企業が、このホワイト・ボックス・セグメントに参入するにつれて、価格競争が激化してきた。したがって Quanta は、ビジネス・ユース・セグメントに興味を示していたと、情報筋は指摘している。つまり、こうしたプロダクツの品質に関して、依然としてエンタープライズ·ユーザーは、Hewlett-Packard や Dell といった大手ベンダーを信頼しているという背景がある。そして、Quanta のサーバーが VCE に供給されることで、同社はエンタープライズ・ユーザーからの要求に応えられると、情報筋は示唆している。
 
ーーーーー
datacenter_55この記事は、コストの面で Quanta が Cisco をリプレイスしたと述べていますが、すでに VCE から Cisco は離脱 (?) しているようなので、Quanta のビジネス領域が広がったという、シンプルな展開なのだと思えます。 さらに言えば、文中で紹介されているクラウド・プロバイダーや、Open Compute Project などがサーバー市場を再編してきたことで、また一歩、ハードウェアのコモディティ化が進んだと捉えるべきなのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
OCP と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!

欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud by agilecat.cloud on May 1, 2015
Interoute Sets Up in Singapore
Light Reading – April 28, 2015
http://www.lightreading.com/services/cloud-services/interoute-sets-up-in-singapore/d/d-id/715352
 
_ Light Reading
 
LONDON — Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, today announced that it has extended the global reach of its network to Singapore. The new Point of Presence (PoP) will support Interoute’s enterprise customers with an additional location in the Asia-Pacific region. Interoute’s network connects Europe, USA, the Middle East and Africa, extending to Hong Kong and now Singapore in the East.
 
LONDON — 今日 (4/28) のことだが、Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを運用する Interoute が、同社のネットワークにおけるグローバル・リーチを、Singapore まで拡張すると発表した。この、新たな Point of Presence (PoP) により追加される、Asia-Pacific リージョンのロケーションを用いて、Interoute のエンタープライズ・カスタマーのサポートが開始される。Interoute のネットワークは、Europe/USA/Middle East/Africa に展開されており、さらには Hong Kong にも拡張され、今回は Singapore を加えることになった。
 
Interoute SingaporeBuilding on Interoute’s two existing PoPs in Hong Kong, the new site gives businesses expanding in Asia a connectivity, communications and computing hub in one of the world’s most important financial cites. Businesses can enjoy high capacity, local routing capability and global reach as part of Interoute’s networked cloud platform.
 
すでに Interoute は、Hong Kong に 2つの PoP を構築している。そして、顧客であるエンタープライズたちは、今回の新しいサイトを活用することで、Asia におけるコネクション/コミュニケーション/コンピューティングのハブを、世界で最も重要ともいえる金融都市で展開できるようになる。つまり、それらのユーザー企業は、Interoute のネットワーク・クラウド・プラットフォームの一部として提供される、高度なキャパシティ/ローカル・ルーティング機能/グローバル・リーチを享受できるようになるわけだ。
 
The wealthy city-state’s political climate, competitive corporate tax rates and openness to foreign investment mean that it is attracting growing interest from businesses worldwide. In fact, it was ranked as the number one best place in the world to do business in 2014 for the seventh consecutive year and also topped the World’s Bank’s ease of doing business report. Customers in Singapore can now connect directly to Interoute’s assured performance network, and access its portfolio of enterprise cloud computing, voice, video and data services.
 
この裕福な都市国家における、政治状況および、競争力のある法人税率、海外投資家への開放性が、世界中の企業からの関心を集めている。実際のところ、2014年の Sigapore は 7年連続で、世界で最もビジネスを行いやすい場所としてランクされており、また、World’s Bank の Ease of Doing Business レポートでもトップに立っている。そして、Singapore の顧客たちは、Interoute が保証するパフォーマンス・ネットワークをダイレクトに接続し、エンタープライズのためのクラウド・コンピューティング/ボイス/ビデオ/データ·サービスなどで構成される、ポートフォリオにアクセスできるようになる。
 
Interoute’s Enterprise Unified ICT strategy is focused on creating and managing all Enterprise ICT Infrastructure as a Service, delivered from its advanced and secure networking and cloud platform. Interoute’s integrated network and data centre platform provides customers with the innovative and cost effective ICT solutions needed to gain a competitive business advantage.
 
Interoute の Enterprise Unified ICT 戦略は、すべての Enterprise ICT IaaS の作成/管理にフォーカスするものであり、また、同社の高度で安全なネットワークとクラウド・プラットフォームから供給されるものである。Interoute の統合するネットワークとデータセンターのプラットフォームは、厳しい競合に直面するユーザー企業が必要とする、革新的で費用対効果の高いICTソリューションを提供する。
 
ーーーーー
Asia Pacificこの Interoute というクラウドの存在を知ったのは、2014年に同社が香港に進出したときでした。 そして、「欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!」という抄訳では、New York 進出について お伝えしました。その一方、シンガポールですが、Cloud News Asia の Singapore カテゴリを見て頂ければ一目瞭然ですが、最近では Linode が進出したり、ちょっと前は CenturyLink が進出したりというふうに、アジアのハブとしてのポジションを強固なものにしていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

Posted in On Monday, Private Cloud by agilecat.cloud on March 30, 2015
Cloud Computing: Why Private Clouds Fail
Dick Weisinger – March 20, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-why-private-clouds-fail/
formtek.png
While many businesses are pursuing the benefits of cloud technology while maintaining a handle on security by building private clouds, increasingly the opinion is that most of these projects are doomed to fail.  Both Gartner and Forrester have noted that the private cloud project failure rate is high.
 
数多くの企業がクラウド・テクノロジーのメリットを追求しているにもかかわらず、さらに言えば、プライベート・クラウドを構築することでセキュリティを制御しているにもかかわらず、こうしたプロジェクトの大半が失敗する運命にあるという意見が後を絶たない。Gartner と Forrester の両者が、プライベート・クラウド・プロジェクトの失敗率が高いことに注目している。
 
Dali_4Tom Bittman, Gartner analyst, reports that 95 percent of attempts by businesses to build private clouds run into serious problems.
 
Gartner の アナリストである Tom Bittman は、企業が構築に取り組むプライベート・クラウドの 95% が、深刻な問題に直面するとレポートしている。
 
Matt Assay, for example explained the problem, saying that “if the whole purpose of cloud computing is to enable elasticity of resources to drive business flexibility, setting up an internal cloud (as opposed to provisioning data center resources) simply won’t get an enterprise far. Companies often dress up virtualization as cloud and predictably fail to get promised cloud benefits.”
 
Matt Assay は、この問題における1つの側面について、「クラウド・コンピューティングにおける全体的な目的が、ビジネスの柔軟性を促進するためのリソースに、拡大収縮性を与える点にあるとするなら、社内に構築するクラウド(DC にリソースをプロビジョニングするのではなく)がエンタープライズの域に達することは、シンプルに言って有り得ない。それらの企業の大半は、あたかもクラウドのように仮想化をドレスアップするが、約束されたクラウドの利点を得ることができずに、失敗にいたるケースが多い」と発言している
 
Assay quotes Andy Jassy, Amazon Web Services (AWS) executive, who said that “companies usually are not able to provision accurately the amount of data center capacity that they require, and this problem recurs when they create their own internal cloud infrastructure.”
 
Assay は Amazon Web Services (AWS) の幹部である Andy Jassy の発言を、「一般的に見て、ユーザー企業が必要とするデータセンター・キャパシティを、彼ら自身が正確にプロビジョニングすることは不可能だ。そして、社内クラウドのインフラを構築するとき、この問題が繰り返して発生することになる」と引用している。
 
As Gartner’s Bittman commented: “jamming cloud into your existing process model and organization structure ain’t gonna work.”
 
Gartner の Bittman がコメントするように、「既存のプロセス・モデルや組織構造に、気軽な気持ちでクラウドを溶けこませようとしても、そんなものは機能しない」となるのだろう。
 
Why do private clouds fail?  The reasons may be no different than why any kind of project can fail, for example:
 
プライベート・クラウドが失敗する理由は、いったい何処にあるのだろうか? その理由は、あらゆるプロジェクトにおける失敗の理由と、同じなのかもしれない。 以下に例を示す
 
  • Expectations aren’t properly managed. Avoid excessive hype of potential benefits.
  • Misunderstood business requirements
  • Evaluated on the wrong metrics. The cloud brings more benefits than just potential cost savings.
  • Lack of strategic planning
  • Lack of a holistic architecture
  • Lack of appropriate technical skills
  • Use of inappropriate IT tools
  • Trying to do too much at once
  • Failure to use the public cloud when appropriate
 
  • 期待値が正しく定義されていない (潜在メリットの過度の期待に惑わされる)
  • ビジネス要件を正確に理解できない
  • 誤った基準で評価してしまう (クラウドの利点はコスト削減だけではない)
  • 戦略的プランニングの欠落
  • トータルなアーキテクチャの欠落
  • 適切なテクニカル・スキルの欠落
  • 不適切な IT ツールの選択
  • 多すぎる目標を、一度に処理しようとする
  • パブリック・クラウドが適しているときに、それが使えなくなる
 
ーーーーー
On Mondayプライベート・クラウドを構築しようとしても、いろいろなレベルに、いろいろな問題が潜んでいるのだろうと思います。文中にもあるように、必要とするだけのコンピューティング・リソースを、ほんとうに社内に展開できるのか、という指摘もあるでしょう。 さらに言えば、構築されたプライベート・クラウドは、容易かつ正確に、運用されなければなりません。 そして、その責任はユーザー企業に委ねられるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Hybrid 対 Public : ユーザーとっての必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on August 26, 2014

Hybrid and private vs. public cloud strategies: Assessing the duel
http://wp.me/pwo1E-7MI

By Larry Dignan for Between the Lines |July 6, 2014
http://www.zdnet.com/hybrid-and-private-vs-public-cloud-strategies-assessing-the-duel-7000031172/

_ zdnet normal

Summary: EMC will talk hybrid cloud this week—and new systems of course. AWS will obviously pitch public cloud. Your cloud reality will probably land in the middle.

Summary: 今週は(7月初旬の話)、EMC からハイブリッド・クラウドと、新しいシステムに関する説明がある。 そして AWS は、明らかにパブリック・クラウドをプッシュしてくるだろう。 あなたにとって、現実的なクラウドは、その中間に位置するのだろう。

ーーーーー

Welcome to a week of dueling cloud strategies. As noted in our special report on the hybrid cloud, many enterprises will mix and match their data centers with private and public computing resources, but the balance will be critical.

いくつかのクラウド戦略が、対決する週がやってきた。私たちもスペシャル・レポートで述べたように、ハイブリッド·クラウドについては、数多くのエンタープライズが自身のデータセンターと、プライベート/パブリック·コンピューティングのリソースを、上手く混ぜ合わせているが、そのバランスはクリティカルになっていく。

This week will feature an EMC event called "Redefine Possible." The July 8 event, hosted in London, promises to offer "game-changing innovations for your hybrid cloud." Two days later in New York, Amazon Web Services will drop into New York City with its Summit 2014, which offers technical sessions and bootcamps.

今週の目玉は、"Redefine Possible” という名の EMC のイベントである。 この、London で 7月8日に開催されるイベントには、ハイブリッド·クラウドのイノベーションをゲーム・チェンジさせるものが登場するという。 その 2日後には、Amazon Web Services が New York 入りして、テクニカル・セッションやブートキャンプで構成される Summit 2014 を開催する。

AWS CTO Werner Vogels is likely to talk about how most compute and storage will move to the public cloud. Privacy and security? Well good architecture can take care of that.

AWS の CTO である Werner Vogels は、大半のコンピューティングとストレージを、パブリック・クラウドへと移行する方式について、おそらく話をするだろう。プライバシーとセキュリティについては、適切なアーキテクチャが対処するという考え方である。

EMC will give a nod to the public cloud but also acknowledge—just like its VMware unit does—that the hybrid cloud will be reality for a long time. Companies aren’t going to simply chuck their data centers.

その一方で EMC は、パブリック・クラウドに同意はしても、VMware 部門が言い続けてきたように、長期的に見ればハイブリッド·クラウドが現実解になるとプッシュしてくる。つまり、自社データセンターを簡単に放棄するなと、エンタープライズたちを説得するだろう。

In the end, the truth is likely to lie somewhere between EMC’s take and AWS’ version of the truth. Discerning what’s real is one reason that hardware spending in the enterprise has slowed. Every IT buyer is wondering whether they really want to buy that one more server or storage array. Especially when CFOs and CEOs are questioning hardware spending and floating the cloud as an option.

結局のところ、EMC の主張と AWS の見解の間のどこかに、真実は存在するのだろう。 何が現実なのかを確認する時期に差し掛かっているためか、エンタープライズにおけるハードウェア支出が鈍化している。 すべての IT 購入部門は、さらにサーバーやストレージアレイを購入すべきかどうかと、疑問を抱いている。 とりわけ、ハードウェアへの支出と、クラウドの選択の間で、CFO と CEO が迷っているとき、その傾向が顕著に現れる。

The stakes are high for all vendors. The likes of IBM, EMC, NetApp, Hewlett-Packard and Oracle are looking to manage a transition to a cloud. If everyone goes cloud happy at once, the growth won’t offset lumpy hardware sales. Software companies have to worry about license and maintenance revenue being offset by subscriptions.

すべてのベンダーにとって、大きな利害関係が生じてくる。IBM/EMC/NetApp/Hewlett-Packard/Oracle といったベンダーたちは、クラウドへの移行をビジネスにしようと狙っている。誰もが一足飛びにクラウドへ移行してしまうと、ハードウェア販売における変動幅を調整できなくなってしまう。また、ソフトウェア・ベンダーは、ライセンスとメンテナンスによる収益が、クラウドのサブスクリプションで相殺されてしまうことを心配するはずだ。

For a vendor like VMware the question becomes whether the company is the last great enterprise software company or one of the first cloud innovators.

つまり、VMware のような企業は、最後まで偉大なエンタープライズ・ソフトウェア・ベンダーとして残るべきか、最初のクラウド·イノベーターになるべきかという、大きな岐路に差し掛かることになる。

In either case, the cloud game—public, private or hybrid—won’t be zero sum. Nevertheless, this week’s news could portray a zero sum game. As I said last week, the most important thing for an infrastructure buyer is to assess whether hybrid cloud architecture will tip more to public resources or private. Those educated guesses for your organization will inform what vendor you continue to use.

パブリック/プライベート/ハイブリッドが入り乱れるクラウド・ゲームは、いずれにしてもゼロ・サムにはなり得ない。それにもかかわらず、今週に登場するニュースは、ゼロ・サム・ゲームで脚色したものになるだろう。先週に、私たちが述べたように、インフラの購入担当者にとって最も重要なことは、ハイブリッド·クラウドのアーキテクチャと、パブリック/プライベートのリソースとの関係を評価することである。それを適切に調べあげることができれば、あなたの組織が継続して付き合うべきベンダーが見えてくるだろう。

Research: 70 percent using or evaluating a hybrid cloud solution | Hybrid cloud: Which way will the balance tip between public and private? | Hybrid cloud adds fizz for Coke

ーーーーー

訳していて、なかなか面白い記事でした。 また、文中には登場してきませんでしたが、キャリア系のプライベート・クラウドも育ってきていますし、さらに言えば、この領域でコロケーションを展開して、一大勢力となってきた Equinix の存在もあります。 なんとなく、クラウドはパブリックだけで完結するものではなく、そろそろ第2ラウンドの幕が開く・・・ という感じですね。 お楽しみは、これからです!

ーーーーー

<関連>

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?

Posted in Private Cloud, Research by Agile Cat on November 11, 2013

Cloud Computing: Virtual Private Clouds (VPC) to Displace Private Clouds?
http://wp.me/pwo1E-6Th

By Dick Weisinger – October 25th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4119

_ formtek

Security is one of the biggest challenge that many organizations need to address before being able to adopt cloud computing.  Many businesses are coming to the conclusion that they need to steer clear of the public cloud and adopt a private cloud strategy.  A private cloud comes with the benefits of security, scalability, redundancy, and elimination of the need for dedicated servers.  But compared to the public cloud, while the private cloud is the clear winner when considering security, use of the public cloud is typically more cost efficient and scalable.

数多くの組織において、セキュリティは最大級の課題の 1つであり、クラウド・コンピューティングの採用に先立って取り組むべきとされている。そして、パブリック・クラウドにおける問題を避けて、プライベート・クラウドの戦略を採用する必要があるという結論に、それらの企業は達している。プライベート・クラウドには、安全性/拡張性/冗長性が備わっており、また、専用サーバーの必要性も排除できる。しかし、パブリック・クラウドとの比較において、セキュリティを考慮すればプライベート・クラウドが明確な勝者となるが、スケーラビリティとコストの面ではパブリック・クラウドが優れる。

But IDC says now that the private cloud approach is likely to begin to lose momentum.  Public cloud providers are beginning to roll out their answer to address at least some of the security concerns with a technology that’s being dubbed ‘Virtual Private Cloud‘ (VPC).  Amazon’s AWS is one of the first vendors to offer VPC.  The advantage of using a vendor like Amazon include economics, scale and pace of innovation.  But VPC technology also offers privacy controls similar to what’s found in private cloud technology.

しかし、最近の IDC は、プライベート・クラウドのアプローチが、勢いを失い始めるという可能性を指摘している。つまり、パブリック・クラウドのプロバイダーたちが、Virtual Private Cloud (VPC)と呼ばれる新しいテクノロジーにより、セキュリティ問題の一部を少なくとも解決するという、彼らの回答を展開し始めているのだ。その中でも、Amazon AWS は、VPC を提供するベンダーの先頭に立っている。Amazon のようなベンダーが、それを利用するメリットには、経済/規模/進化におけるイノベーションが含まれる。しかし、プライベート・クラウドのテクノロジーで指摘される、プライバシー・コントロールにも似た問題点を、VPC テクノロジーも伴うことになる。

In a VPC, users can spin up virtual machine (VM) instances and configure them into a virtual network.  Users then have full control over setting up IP addresses, routing tables, gateways and subnets.  Resources can be aggregated logically into subnets and secured by firewalls.

VPC におけるユーザーは、仮想マシン(VM)のインスタンスを立ち上げ、それを、仮想ネットワーク内に配置できる。続いてユーザーは、IP アドレス/ルーティング・テーブル/ゲートウェイ/サブネットの設定を完全にコントロールできる。また、一連のリソースは、サブネット内に論理的に集約され、ファイアウォールにより保護できる。

IDC sees VPC’s taking over the public cloud market, followed by a period of commoditization and consolidation among cloud vendors.

IDC の見立ては、パブリック·クラウド市場を VPC が引き継いだ後に、クラウド·ベンダー間の統合とコモディティ化の期間が到来するというものだ。

Robert Mahowald, Research Vice President at IDC, said that “IDC anticipates that virtual private cloud will be the predominant operational model for companies wanting to take advantage of the speed and lower capital costs associated with cloud computing while cloud service providers will welcome the move away from the expense of dedicated 1:1 physical systems for delivering their business process and datacenter outsourcing and other services.”

IDC の Research Vice President である Robert Mahowald は、「 進化の速度と少ない資本コストという、クラウド·コンピューティングが伴うアドバンテージを望む企業では、VPC が運用モデルを支配していくようになると、IDC は予測している。その一方で、クラウド・サービスプロ・バイダーも、専用の物理システムに対して 1対1 の割合で支出が生じる構造から、離れていく動きを歓迎しするだろう。それにより、独自のビジネス·プロセスの提供は継続されるが、他のサービスやデータセンターはアウトソーシングされていく 」と発言している。

ーーーーー

TAG indexAmazon の VPC について、だいぶ前にブログを訳していることを思いだし、探してみたら 『 Introducing Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 』 という、2009年の抄訳が見つかりました。そこでは、ーーー Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) により、Amazon EC2 インスタンスの論理的に分離されたセットの作成と、IPsec VPN 接続を用いた既存のネットワーク接続が実現される。 この新しいオファーは、すでに投資された ITインフラストラクチャにテコ入れする一方で、AWS における低コストと柔軟性をいうアドバンテージを促進する ーーー と、VPC が紹介されています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Mobile の調査 : 無償アプリが支配する モバイルの市場
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す
Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?

Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on October 28, 2013

Hybrid Cloud Computing: Private Clouds to Mutate into Hybrid Ones?
http://wp.me/pwo1E-6Pn

By Dick Weisinger, on October 17th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4098

_ formtek

Hybrid cloud computing is a combination of infrastructure and services built from combinations of public cloud-computing, a private cloud computing and an on-premises network.

ハイブリッド・クラウド・コンピューティングとは、パブリック/プライベート・クラウドおよびオンプレミス・ネットワークの組み合わせから構築される、インフラとサービスのコンビネーションのことである。

Jeff Wilson, principal analyst for security at Infonetics Research, when summarizing the findings of a study said that, “the best way that vendors can serve customers over the next 3 to 5 years is by delivering true hybrid solutions that seamlessly integrate deployment, policy management, enforcement mechanisms, and reporting across on-premise and hosted solutions.  And also by helping customers get more out of their existing solutions…  Businesses are hoping hybrid SaaS (security-as-a-service)/on-premise solutions will be the magic bullet that kills the security efficacy and complexity problem.”

Infonetics Research の主席アナリストである Jeff Wilson は、ある調査から得られた概要として、「 最もベストな展開は、それぞれのベンダーが、これからの 3年〜5年の間に、本当の意味でのハイブリッド・ソリューションを、彼らの顧客に提供できるようになることだ。そこでは、統合のためのシームレスなデプロイメントおよび、ポリシーの管理、執行のためのメカニズム、オンプレミスとホスティングのソリューションを横断するレポーティングなどが、解決していなければならない。そして、顧客が既存ソリューションから、より多くのものを引き出せるよう、支援することも必要である。数多くの企業が、SaaS(security-as-a-service)とオンプレミスを組み合わせたソリューションが、セキュリティの有効性と複雑さという問題を、完全に排除する特効薬になると期待している」 と述べている

ECM-vendor Alfresco, agrees with that vision and is one of very few software vendors that offer a true hybrid cloud solutionDavid Gildeh, Director of Cloud Services at Alfresco, said that “at Alfresco, we believe hybrid is the only way the enterprise today can address all their ECM needs. We’ve called cloud-only vendors bluff that everything can be managed in the cloud. We’ve also addressed the gaps of legacy on-premise only vendors who can’t meet the increasing needs for enterprises to securely share content outside their firewall with third parties or mobile devices.”

ECM ベンダーである Alfresco は、このビジョンに賛同し、また、本物のハイブリッド・クラウド・ソリューションを提供している、数少ないソフトウェア・ベンダーの中の一社である。Alfresco の Director of Cloud Services である David Gildeh は、「 Alfresco では、ECM における、すべてのニーズに対処するために、今日のエンタープライズが利用できる唯一の方式が、ハイブリッドだと考えられている。私たちは、すべてをクラウド上で管理できると言う、クラウドに特化したベンダーに対して、それはブラフだと主張してきた。また、私たちは、オンプレミスとレガシーのギャップに直面し、エンタープライズで増大しているニーズを満たせないベンダーたちにも、手を差し伸べてきた。 そこでは、ファイアウォールの外側で、コンテントをサード・パーティと共有し、さらにはモバイル・デバイスにも対応するというモデルを、セキュアにしていく必要がある」と発言している

Thomas Bittman, analyst at Gartner, said that “so what does all this mean now? It means look out – the world is not going to be neatly divided into separate private and public cloud services. To maximize efficiency and take advantage of publicly available cloud services, we’re going to munge them together. Private clouds, in particular, will not stay simply ‘private’ for long – Gartner expects most private cloud services to become hybrid.”

Gartner のアナリストである Thomas Bittman は、「 いまの、すべての状況は、何を意味するのだろうか?つまり、この世界は、プライベートとパブリックのクラウド・サービスに、きれいに分離されるものではない、というふうに見える。パブリックに利用できるクラウド・サービスの利点を活かし、効率を最大化していくためには、2つのクラウドを融合させなければならない。とりわけ、プライベート・クラウドについて言及するなら、長期間にわたって ” プライベート " に留まるとは思えない。Gartner が期待すりのは、ほとんどのプライベート・クラウドが、ハイブリッド・クラウドへと変化していく未来である 」と述べている

ーーーーー

research_55最近のハイブリッドに関する話題としては、なんといっても、CERN と Rackspace の協業が興味深いです。 これも、センタライズされた CERN の研究所と、世界中に散らばっている研究者を結びつける、ある種の Enterprise Content Management システムであり、本文で述べられているような懸念を、両者が協力して解決していくというものです。詳しくは、『 Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは? 』 という抄訳をご覧ください。 また、CERN って何? という場合には、『 Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか? 』のYoutube を お勧めします。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査
OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Posted in DevOps, Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on May 20, 2013

Survey Says: Multi-Cloud Usage Growing, DevOps on the Rise
http://wp.me/pwo1E-687

By: Jason Verge – April 25th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/04/25/survey-says-enterprise-cloud-maturing-devops-rising-multi-cloud-usage-growing/

_ DC Knowledge

Enterprise cloud usage has begun to hit a point of maturity, and there’s increasing preference for a multi-cloud approach, according to a survey from cloud management provider RightScale. The report also documents the rise of DevOps – the marriage and integration between Development and Operations – which has grown like a weed, taking a hold in 54 percent of respondents.

クラウド・マネージメントプロバイダである RightScale の調査によると、エンタープライズ・クラウドの用法は成熟のレベルを達成し始めており、また、マルチ・クラウドのアプローチを好む声が高まっている。 さらに、このレポートでは DevOps(Development と Operations の統合)への関心についても述べているが、それは雑草のように成長し、回答者の 54% に定着しているという。

The company assessed what stages businesses and enterprises were in their cloud strategies, with 49 percent either partially or heavily using cloud, 17 percent developing cloud strategies and 26 percent working on proof-of-concepts or first projects. That means only 8 percent of respondents weren’t thinking about or planning to use cloud.

同社は、中小から大手に至る企業のクラウド戦略についても、それぞれの状況を評価している。それによると、49% の回答者が、部分的あるいは全面的にクラウドを使用し、また、26% がクラウド戦略を立案中であり、17% は POC(proof-of-concepts )あるいは最初のプロジェクトに取り組んでいるようだ。つまり、クラウドの利用を計画していないのは、全回答者の僅か 8% に留まることになる。

Larger organizations are choosing multi-cloud and hybrid cloud strategies by a large margin. Seventy seven percent of large organizations said they’re going multi-cloud while close to half at 47 percent said they were planning or are using hybrid.  Enterprises with hybrid cloud strategies are making progress toward their goals, with 61 percent of those organizations already running apps in public cloud, 38 percent in private cloud and 29 percent in hybrid cloud environment.

大規模な組織では、マルチ・クラウドおよびハイブリッド・クラウドの戦略を、選択していケースが大半となっている。大規模組織における 77% は、マルチ・クラウドへ向かっているとし、また、半数近くにあたる 47% は、ハイブリッドを検討しているか、すでに使用していると述べている。ハイブリッド·クラウド戦略を持つ企業は、すでに、みずからの目標へ向けて進んでいる。具体的には、61% の回答者が、すでにパブリック・クラウドでアプリケーションを実行している。 そして、38% がプライベート・クラウドで、また、29% がハイブリッド・でクラウドで、アプリケーションを実行していると答えている。

The trend shows organizations moving up the maturity model, and reaping increasing benefits as they do. The top benefits reported in the survey are faster access to infrastructure, greater scalability, faster time to market with apps, and higher availability. The main issues surrounding cloud tend to disappear as these organizations move up in terms of cloud maturity.

つまり、それらの組織は、成熟したモデルへと移行しており、また、それが進むにつれて、大きな恩恵を被っているというトレンドが示されている。この調査でレポートされている主たるメリットは、インフラへの高速アクセスおよび、スケーラビリティの向上、アプリケーション開発時間の短縮、そして、高度な可用性である。クラウドを取り巻く、こうした重要な問題点は、クラウドの成熟度というが達成されることで消滅する傾向にある。

For example, security and compliance is often a major concern. It’s viewed as less of a challenge as cloud usage matures: 38 percent of beginners but only 18 percent of experienced cloud users viewed it as a challenge. Thirty percent of “Cloud Beginners” reported that they were gaining faster access to infrastructure, while 87 percent of “Cloud Focused” respondents realized that same benefit.

たとえば、セキュリティとコンプライアンスは、大半のケースにおける主たる関心事である。 しかし、クラウドの利用形態が成熟するにつれて、その課題は低減していくようだ。 具体的には、ビギナーの 38% が それを課題とするが、経験が豊富なクラウド利用者になると、課題とするのは 18% だけに留まっている。 また、Cloud Beginners の 30% が、インフラへの高速なアクセスが達成できたとレポートしているが、その一方では、Cloud Focused の 87% が、同じメリットを実現しているとレポートしている。

More cloud is being used, and it’s being used more often in a hybrid or multi-cloud situation, and DevOps has indeed taken a grip on the enterprise. RightScale has interest across the board here, from helping cloud watchers and beginners to more advanced users who want to scale out their use of cloud.  The full RightScale 2013 State of the Cloud report is available here (registration required), and last year’s survey here

クラウドの利用が伸びている。 そして、ハイブリッド・クラウドおよびマルチ・クラウドが広まりつつあり、DevOps がエンタープライズの要となってきている。RightScale は、クラウド・ウォッチャーやビギナーから、より高度なユーザーにいたるまで、クラウド利用をスケール・アウトしたいと考える組織をサポートするために、この領域に関心を払っている。RightScale 2013 State of the Cloud Report のフル・バージョンは、ここから入手できる。そして、最新の調査結果は、ここから入手できる。

RELATED POSTS:

ーーーーー

TAG indexとてもよい感じの、調査レポートですね。 すべてがクラウドへと向かい、その長所と短所を正確に理解し、また、ベンダーやプロバイダーの言いなりにならない、という意思を示しているように思えてきます。そのためには、複数のクラウドを並行していくという戦略が不可欠ですよね。 そして、開発と運用を一体化して考える DevOps も、とても重要なことだと思います。とても元気の出るレポートです! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step<

%d bloggers like this: