Agile Cat — in the cloud

VPC の調査 : プライベート・クラウドの仮想化は、新しいトレンドになり得るのか?

Posted in Private Cloud, Research by Agile Cat on November 11, 2013

Cloud Computing: Virtual Private Clouds (VPC) to Displace Private Clouds?
http://wp.me/pwo1E-6Th

By Dick Weisinger – October 25th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4119

_ formtek

Security is one of the biggest challenge that many organizations need to address before being able to adopt cloud computing.  Many businesses are coming to the conclusion that they need to steer clear of the public cloud and adopt a private cloud strategy.  A private cloud comes with the benefits of security, scalability, redundancy, and elimination of the need for dedicated servers.  But compared to the public cloud, while the private cloud is the clear winner when considering security, use of the public cloud is typically more cost efficient and scalable.

数多くの組織において、セキュリティは最大級の課題の 1つであり、クラウド・コンピューティングの採用に先立って取り組むべきとされている。そして、パブリック・クラウドにおける問題を避けて、プライベート・クラウドの戦略を採用する必要があるという結論に、それらの企業は達している。プライベート・クラウドには、安全性/拡張性/冗長性が備わっており、また、専用サーバーの必要性も排除できる。しかし、パブリック・クラウドとの比較において、セキュリティを考慮すればプライベート・クラウドが明確な勝者となるが、スケーラビリティとコストの面ではパブリック・クラウドが優れる。

But IDC says now that the private cloud approach is likely to begin to lose momentum.  Public cloud providers are beginning to roll out their answer to address at least some of the security concerns with a technology that’s being dubbed ‘Virtual Private Cloud‘ (VPC).  Amazon’s AWS is one of the first vendors to offer VPC.  The advantage of using a vendor like Amazon include economics, scale and pace of innovation.  But VPC technology also offers privacy controls similar to what’s found in private cloud technology.

しかし、最近の IDC は、プライベート・クラウドのアプローチが、勢いを失い始めるという可能性を指摘している。つまり、パブリック・クラウドのプロバイダーたちが、Virtual Private Cloud (VPC)と呼ばれる新しいテクノロジーにより、セキュリティ問題の一部を少なくとも解決するという、彼らの回答を展開し始めているのだ。その中でも、Amazon AWS は、VPC を提供するベンダーの先頭に立っている。Amazon のようなベンダーが、それを利用するメリットには、経済/規模/進化におけるイノベーションが含まれる。しかし、プライベート・クラウドのテクノロジーで指摘される、プライバシー・コントロールにも似た問題点を、VPC テクノロジーも伴うことになる。

In a VPC, users can spin up virtual machine (VM) instances and configure them into a virtual network.  Users then have full control over setting up IP addresses, routing tables, gateways and subnets.  Resources can be aggregated logically into subnets and secured by firewalls.

VPC におけるユーザーは、仮想マシン(VM)のインスタンスを立ち上げ、それを、仮想ネットワーク内に配置できる。続いてユーザーは、IP アドレス/ルーティング・テーブル/ゲートウェイ/サブネットの設定を完全にコントロールできる。また、一連のリソースは、サブネット内に論理的に集約され、ファイアウォールにより保護できる。

IDC sees VPC’s taking over the public cloud market, followed by a period of commoditization and consolidation among cloud vendors.

IDC の見立ては、パブリック·クラウド市場を VPC が引き継いだ後に、クラウド·ベンダー間の統合とコモディティ化の期間が到来するというものだ。

Robert Mahowald, Research Vice President at IDC, said that “IDC anticipates that virtual private cloud will be the predominant operational model for companies wanting to take advantage of the speed and lower capital costs associated with cloud computing while cloud service providers will welcome the move away from the expense of dedicated 1:1 physical systems for delivering their business process and datacenter outsourcing and other services.”

IDC の Research Vice President である Robert Mahowald は、「 進化の速度と少ない資本コストという、クラウド·コンピューティングが伴うアドバンテージを望む企業では、VPC が運用モデルを支配していくようになると、IDC は予測している。その一方で、クラウド・サービスプロ・バイダーも、専用の物理システムに対して 1対1 の割合で支出が生じる構造から、離れていく動きを歓迎しするだろう。それにより、独自のビジネス·プロセスの提供は継続されるが、他のサービスやデータセンターはアウトソーシングされていく 」と発言している。

ーーーーー

TAG indexAmazon の VPC について、だいぶ前にブログを訳していることを思いだし、探してみたら 『 Introducing Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 』 という、2009年の抄訳が見つかりました。そこでは、ーーー Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) により、Amazon EC2 インスタンスの論理的に分離されたセットの作成と、IPsec VPN 接続を用いた既存のネットワーク接続が実現される。 この新しいオファーは、すでに投資された ITインフラストラクチャにテコ入れする一方で、AWS における低コストと柔軟性をいうアドバンテージを促進する ーーー と、VPC が紹介されています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Mobile の調査 : 無償アプリが支配する モバイルの市場
Cloud の調査 : Verizon がエンタープライズに移行を推奨
Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す
Developer の調査: いまふう デベロッパー の 特質とは?

Hybrid の調査: プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある

Posted in Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on October 28, 2013

Hybrid Cloud Computing: Private Clouds to Mutate into Hybrid Ones?
http://wp.me/pwo1E-6Pn

By Dick Weisinger, on October 17th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4098

_ formtek

Hybrid cloud computing is a combination of infrastructure and services built from combinations of public cloud-computing, a private cloud computing and an on-premises network.

ハイブリッド・クラウド・コンピューティングとは、パブリック/プライベート・クラウドおよびオンプレミス・ネットワークの組み合わせから構築される、インフラとサービスのコンビネーションのことである。

Jeff Wilson, principal analyst for security at Infonetics Research, when summarizing the findings of a study said that, “the best way that vendors can serve customers over the next 3 to 5 years is by delivering true hybrid solutions that seamlessly integrate deployment, policy management, enforcement mechanisms, and reporting across on-premise and hosted solutions.  And also by helping customers get more out of their existing solutions…  Businesses are hoping hybrid SaaS (security-as-a-service)/on-premise solutions will be the magic bullet that kills the security efficacy and complexity problem.”

Infonetics Research の主席アナリストである Jeff Wilson は、ある調査から得られた概要として、「 最もベストな展開は、それぞれのベンダーが、これからの 3年〜5年の間に、本当の意味でのハイブリッド・ソリューションを、彼らの顧客に提供できるようになることだ。そこでは、統合のためのシームレスなデプロイメントおよび、ポリシーの管理、執行のためのメカニズム、オンプレミスとホスティングのソリューションを横断するレポーティングなどが、解決していなければならない。そして、顧客が既存ソリューションから、より多くのものを引き出せるよう、支援することも必要である。数多くの企業が、SaaS(security-as-a-service)とオンプレミスを組み合わせたソリューションが、セキュリティの有効性と複雑さという問題を、完全に排除する特効薬になると期待している」 と述べている

ECM-vendor Alfresco, agrees with that vision and is one of very few software vendors that offer a true hybrid cloud solutionDavid Gildeh, Director of Cloud Services at Alfresco, said that “at Alfresco, we believe hybrid is the only way the enterprise today can address all their ECM needs. We’ve called cloud-only vendors bluff that everything can be managed in the cloud. We’ve also addressed the gaps of legacy on-premise only vendors who can’t meet the increasing needs for enterprises to securely share content outside their firewall with third parties or mobile devices.”

ECM ベンダーである Alfresco は、このビジョンに賛同し、また、本物のハイブリッド・クラウド・ソリューションを提供している、数少ないソフトウェア・ベンダーの中の一社である。Alfresco の Director of Cloud Services である David Gildeh は、「 Alfresco では、ECM における、すべてのニーズに対処するために、今日のエンタープライズが利用できる唯一の方式が、ハイブリッドだと考えられている。私たちは、すべてをクラウド上で管理できると言う、クラウドに特化したベンダーに対して、それはブラフだと主張してきた。また、私たちは、オンプレミスとレガシーのギャップに直面し、エンタープライズで増大しているニーズを満たせないベンダーたちにも、手を差し伸べてきた。 そこでは、ファイアウォールの外側で、コンテントをサード・パーティと共有し、さらにはモバイル・デバイスにも対応するというモデルを、セキュアにしていく必要がある」と発言している

Thomas Bittman, analyst at Gartner, said that “so what does all this mean now? It means look out – the world is not going to be neatly divided into separate private and public cloud services. To maximize efficiency and take advantage of publicly available cloud services, we’re going to munge them together. Private clouds, in particular, will not stay simply ‘private’ for long – Gartner expects most private cloud services to become hybrid.”

Gartner のアナリストである Thomas Bittman は、「 いまの、すべての状況は、何を意味するのだろうか?つまり、この世界は、プライベートとパブリックのクラウド・サービスに、きれいに分離されるものではない、というふうに見える。パブリックに利用できるクラウド・サービスの利点を活かし、効率を最大化していくためには、2つのクラウドを融合させなければならない。とりわけ、プライベート・クラウドについて言及するなら、長期間にわたって ” プライベート " に留まるとは思えない。Gartner が期待すりのは、ほとんどのプライベート・クラウドが、ハイブリッド・クラウドへと変化していく未来である 」と述べている

ーーーーー

research_55最近のハイブリッドに関する話題としては、なんといっても、CERN と Rackspace の協業が興味深いです。 これも、センタライズされた CERN の研究所と、世界中に散らばっている研究者を結びつける、ある種の Enterprise Content Management システムであり、本文で述べられているような懸念を、両者が協力して解決していくというものです。詳しくは、『 Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは? 』 という抄訳をご覧ください。 また、CERN って何? という場合には、『 Google Glass : 新たな要求をクラウドに突き付けるのか? 』のYoutube を お勧めします。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査
OpenStack に必要なのは有力ベンダーであり、インターオペラビリティではないのだ!
Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?
AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Posted in DevOps, Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on May 20, 2013

Survey Says: Multi-Cloud Usage Growing, DevOps on the Rise
http://wp.me/pwo1E-687

By: Jason Verge – April 25th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/04/25/survey-says-enterprise-cloud-maturing-devops-rising-multi-cloud-usage-growing/

_ DC Knowledge

Enterprise cloud usage has begun to hit a point of maturity, and there’s increasing preference for a multi-cloud approach, according to a survey from cloud management provider RightScale. The report also documents the rise of DevOps – the marriage and integration between Development and Operations – which has grown like a weed, taking a hold in 54 percent of respondents.

クラウド・マネージメントプロバイダである RightScale の調査によると、エンタープライズ・クラウドの用法は成熟のレベルを達成し始めており、また、マルチ・クラウドのアプローチを好む声が高まっている。 さらに、このレポートでは DevOps(Development と Operations の統合)への関心についても述べているが、それは雑草のように成長し、回答者の 54% に定着しているという。

The company assessed what stages businesses and enterprises were in their cloud strategies, with 49 percent either partially or heavily using cloud, 17 percent developing cloud strategies and 26 percent working on proof-of-concepts or first projects. That means only 8 percent of respondents weren’t thinking about or planning to use cloud.

同社は、中小から大手に至る企業のクラウド戦略についても、それぞれの状況を評価している。それによると、49% の回答者が、部分的あるいは全面的にクラウドを使用し、また、26% がクラウド戦略を立案中であり、17% は POC(proof-of-concepts )あるいは最初のプロジェクトに取り組んでいるようだ。つまり、クラウドの利用を計画していないのは、全回答者の僅か 8% に留まることになる。

Larger organizations are choosing multi-cloud and hybrid cloud strategies by a large margin. Seventy seven percent of large organizations said they’re going multi-cloud while close to half at 47 percent said they were planning or are using hybrid.  Enterprises with hybrid cloud strategies are making progress toward their goals, with 61 percent of those organizations already running apps in public cloud, 38 percent in private cloud and 29 percent in hybrid cloud environment.

大規模な組織では、マルチ・クラウドおよびハイブリッド・クラウドの戦略を、選択していケースが大半となっている。大規模組織における 77% は、マルチ・クラウドへ向かっているとし、また、半数近くにあたる 47% は、ハイブリッドを検討しているか、すでに使用していると述べている。ハイブリッド·クラウド戦略を持つ企業は、すでに、みずからの目標へ向けて進んでいる。具体的には、61% の回答者が、すでにパブリック・クラウドでアプリケーションを実行している。 そして、38% がプライベート・クラウドで、また、29% がハイブリッド・でクラウドで、アプリケーションを実行していると答えている。

The trend shows organizations moving up the maturity model, and reaping increasing benefits as they do. The top benefits reported in the survey are faster access to infrastructure, greater scalability, faster time to market with apps, and higher availability. The main issues surrounding cloud tend to disappear as these organizations move up in terms of cloud maturity.

つまり、それらの組織は、成熟したモデルへと移行しており、また、それが進むにつれて、大きな恩恵を被っているというトレンドが示されている。この調査でレポートされている主たるメリットは、インフラへの高速アクセスおよび、スケーラビリティの向上、アプリケーション開発時間の短縮、そして、高度な可用性である。クラウドを取り巻く、こうした重要な問題点は、クラウドの成熟度というが達成されることで消滅する傾向にある。

For example, security and compliance is often a major concern. It’s viewed as less of a challenge as cloud usage matures: 38 percent of beginners but only 18 percent of experienced cloud users viewed it as a challenge. Thirty percent of “Cloud Beginners” reported that they were gaining faster access to infrastructure, while 87 percent of “Cloud Focused” respondents realized that same benefit.

たとえば、セキュリティとコンプライアンスは、大半のケースにおける主たる関心事である。 しかし、クラウドの利用形態が成熟するにつれて、その課題は低減していくようだ。 具体的には、ビギナーの 38% が それを課題とするが、経験が豊富なクラウド利用者になると、課題とするのは 18% だけに留まっている。 また、Cloud Beginners の 30% が、インフラへの高速なアクセスが達成できたとレポートしているが、その一方では、Cloud Focused の 87% が、同じメリットを実現しているとレポートしている。

More cloud is being used, and it’s being used more often in a hybrid or multi-cloud situation, and DevOps has indeed taken a grip on the enterprise. RightScale has interest across the board here, from helping cloud watchers and beginners to more advanced users who want to scale out their use of cloud.  The full RightScale 2013 State of the Cloud report is available here (registration required), and last year’s survey here

クラウドの利用が伸びている。 そして、ハイブリッド・クラウドおよびマルチ・クラウドが広まりつつあり、DevOps がエンタープライズの要となってきている。RightScale は、クラウド・ウォッチャーやビギナーから、より高度なユーザーにいたるまで、クラウド利用をスケール・アウトしたいと考える組織をサポートするために、この領域に関心を払っている。RightScale 2013 State of the Cloud Report のフル・バージョンは、ここから入手できる。そして、最新の調査結果は、ここから入手できる。

RELATED POSTS:

ーーーーー

TAG indexとてもよい感じの、調査レポートですね。 すべてがクラウドへと向かい、その長所と短所を正確に理解し、また、ベンダーやプロバイダーの言いなりにならない、という意思を示しているように思えてきます。そのためには、複数のクラウドを並行していくという戦略が不可欠ですよね。 そして、開発と運用を一体化して考える DevOps も、とても重要なことだと思います。とても元気の出るレポートです! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step<

Amazon が通り過ぎた後に、どれだけのクラウドが生き残れるのか?

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on July 10, 2012

After Amazon, how many clouds do we need?
http://wp.me/pwo1E-4pK

By
Barb Darrow May. 19, 2012
http://gigaom.com/cloud/after-amazon-how-many-clouds-do-we-need/

_ Gigaom

With news that Google and Microsoft plan to take on the Amazon Web Services monolith with infrastructure services of their own, you have to ask: How many clouds do we need?

Amazon Web  Services のモノリシックなインフラ・サービスに対して、Google と Microsoft が戦いを挑むというニュースを聞いて、あなたは疑問を持つだろう。 いったい、どれだけのクラウドが必要とされるのかと。 

This Google-Microsoft news broken this week by Derrick Harris,  proves to anyone who didn’t already realize it, that Amazon is the biggest cloud computing force (by far) and as such, wears a big fat target on its back. With the success of Amazon cloud services, which keep started out as plain vanilla infrastructure but have evolved to include workflow and storage gateways to enterprise data centers, Amazon’s got everyone — including big enterprise players like Microsoft, IBM and HP worried. Very worried.

今週(5月中旬)、この Google と Microsoft ニュースは、Derrick Harris により報じられたが、そのことにより、Amazon が遥かに強大なクラウド・コンピューティングの勢力であり、その背後に大きなターゲットを隠し持っているという現実が、クラウドに疎い一般大衆に対しても証明された。 プレーンなバニラ風味のインフラとして始まったが、エンタープライズ・データセンターにワークフローとストレージのゲートウェイを取り込むにまでに、Amazon クラウド・サービスは発展し、また、成功した。 そして、それにより Amazon は、すべてを取り込んでいる。 たとえば、Microsoft や、IBM、HP といった、大手のエンタープライズ・プレーヤーまで。 それが、心配のタネである。 とても、心配である。

These vendors are betting big that they can give Amazon a run for its money and that their cloud services will help them retain existing customers and (knock wood) win some newbies. Microsoft built Azure as a full-fledged platform as a service, but in the face of Amazon’s success had to tack to offer IaaS-type services, including VM Roles, which has been in beta for more than a year.

それらのベンダーたちは、大きな投資を行なっているが、そのことが、さらなる Amazon の利益に貢献ししてしまう可能性を有している。 もちろん、彼らのクラウド・サービスが、現在の顧客を保持し、また、いくつかの新規ユーザーを得ることに、間違いはないのだが。。。 たとえば Microsoft は、本格的な PaaS として Azure を構築したが、Amazon の成功に直面したことで、IaaS タイプのサービスを提供するという、進路の変更を余儀なくされた。そこには、1年以上もベータであった、VM Roles も含まれる。

Amazon as enterprise apps platform? Don’t laugh

Take the news late this week that IBM is working with Ogilvy and Mather to move the advertising giant’s SAP implementation from its current hosted environment to  ”SmartCloud for SAP Applications hosted in IBM’s state-of-the-art, green Smarter Data Center.” (Note to IBM: brevity is beauty when it comes to branding.)

また、今週の終わりには、IBM が Ogilvy & Mather のために作業を進めているというニュースがあった。 それは、この大手広告会社における SAP を用いた実装を、現在のホスティング環境から「IBM の最先端 Green Smarter Data Center にホストされた、SmartCloud for SAP Applications」へと、移行させるものである。(Note to IBM :ブランディングの話になるとき、簡潔さは美しくなる)

Don’t think that little tidbit is unrelated to last week’s announcement that SAP and Amazon together certified yet another SAP application — All-in-One — to run on Amazon’s EC2.  This sort of news validates Amazon as an enterprise-class cloud platform and that’s the last thing IBM or HP or Microsoft wants to see happen.  So every one of these players — plus Google — are taking aim at Amazon.

この小さなニュースが 、先週のアナウンスと無関係だと思ってはいけない。 それは SAP と Amazon が一緒に表明した、別の SAP アプリケーションである All-in-One を、Amazon EC2 上で走らせるというものだ。  この種のニュースは、Amazon がエンタープライズ・クラスのクラウド・プラットフォームであることを証明し、また、IBM や、HP、そして Microsoft にとって、最も聞きたくない話でもある。  そして、それらのプレーヤーの誰もが Amazon を狙い、さらに Google も参入してくる。

For some hardware players, including HP, which is reportedly about to cut 30,000 jobs see the cloud as a way to stay relevant, and oh by the way, keep customers workloads running on their hardware and software.  HP’s OpenStack-based public cloud went to public beta earlier this month.

伝えられるところによると、30,000 人以上を整理している HP を含めて、それらのハードウェア・プレーヤーたちは、適切な状態を維持するために、クラウドに留まるという認識でいる。そして、顧客たちのワークロードを、自身のハードウェアとソフトウェアの上で走らせたがっている。  その一環として、HP における OpenStack ベースのパブリック・クラウドは、今月の初めにパブリック・ベータの段階に入った。

imageCase in point: Along with the SAP migration news,  IBM also said its SmartCloud Enterprise+, IBM’s managed enterprise cloud infrastructure offers:

好事例: SAP マイグレーションのニュースに合わせて IBM は、そのマネージド・エンタープライズ・クラウド・インフラである SmartCloud Enterprise+ について、以下のように発言している:

“unprecedented support for both x86 and P-Series [servers] running … Windows, Linux and AIX on top of either VMware or PowerVM hypervisors….

x86 と P-Series [Server]の双方を実行し・・・ VMware および PowerVM ハイパーバイザー上で Windows/Linux/AIX を走らせる、前例のないサポート ・・・

and

SCE+ is designed to support different workloads and associated technology platforms including a new System z shared environment that will be available in the U.S. and U.K. later this year.

SCE+ は、新規の System Z 共有環境を含めた、各種のワークロードと関連するテクノロジー・プラットフォームを、サポートするようにデザインされている。 それらのサービスは、今年の終わり頃には、U.S. と U.K. で利用可能となる。

Hmmm. P-Series and System Z —  not exactly the sort of commodity hardware that modern webscale cloud companies run, but they are integral to IBM’s well-being.

ふむふむ。 P-Series と System Z ですか。 厳密に言えば、近代的な Web スケール・クラウド企業が運用するコモディティ・ハードウェアではないが、IBM の幸せを考えれば不可欠なものである。

Vendor clouds to lock customers in

This illustrates what prospective buyers should know: Despite all the talk about openness and interoperability, a vendor’s cloud will be that vendor’s cloud. It represents a way to keep customers running that company’s hardware and software as long as possible. But legacy IT vendors are not alone in trying to keep customers on the farm.

このことは、バイヤーが認識すべきで視野を例示する。 つまり、オープン性とインターオペラビリティに百言を費やすにもかかわらず、ベンダーのクラウドはベンダーのクラウドに過ぎないのだ。 それは、可能な限り長きにわたって、そのベンダー企業のハードウェアとソフトウェアを、顧客に使わせるための方式を示している。 しかし、レガシー IT ベンダーたちは、自らのファームに顧客を囲い込もうとする行為において、決して孤独ではない。

Amazon is making its own offerings stickier so that the more higher-value services a customer uses, the harder it will be to move to another cloud.  As Amazon continues what one competitor calls its “Sherman’s march on Atlanta,” legacy IT vendors are building cloud services as fast as they can in hopes that they can keep their customers in-house. For them, there had better be demand for at least one more cloud.

Amazon が提供するものは、顧客からみて、離れがたいものとなる。 つまり、それらの高付加価値サービスを顧客に使わせることで、他のクラウドに移行し難くしていく。  Amazon が競合相手を Sherman’s march on Atlanta と呼び続けるにつれて、レガシー IT ベンダーたちは、彼らが望む限りのスピードで、そのクラウド・サービスを構築していくだろう。 そして、彼らの顧客をインハウスに囲い込んでいく。つまり、そこに生じる要求は、少なくとも、もう1つの、別のクラウドとなっていく。

Photo courtesy of Shutterstock user Ohmega1982,

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

imageそれにしても、強すぎる Amazon という感じですね。 そして、AWS との全面戦争を避けて、プライベートへと逃げ込めば、そこで連携せざるを得ないパブリックとして、Amazon が唯一無二の存在になっていく。 そんな流れを、この記事は伝えたいのだと思います。 以前に、「身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?」という抄訳をポストしましたが、その Zynga にしろ、AWS の術中にはまっているのかも知れません。 なお、Sherman’s march on Atlanta というのは、南北戦争時代におけるテネシーの逸話のようです。 ーーー  image

ーーーーー

<関連>

AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!
Amazon の Virginia DC がダウン: Quora や Heroku に影響が!
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?
Amazon S3 にストアされる Object が [1兆 ] に近づいている
Amazon は新しい Cloud Search Service で、Google や HP を出し抜くのか ?

 

AWS と Rackspace の間で、クラウド・バーストを実験する!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Interoperability, Private Cloud, Rackspace by Agile Cat on June 20, 2012

Cloud Bursting between AWS and Rackspace
http://wp.me/pwo1E-4kG

Image43Nati ShalomFriday, June 15, 2012
http://highscalability.com/blog/2012/6/15/cloud-bursting-between-aws-and-rackspace.html

_ highscalability

Cloud bursting is an application deployment model in which an application runs in a private cloud or data center and bursts into a public cloud when the demand for computing capacity spikes. The advantage of such a hybrid cloud deployment is that an organization only pays for extra compute resources when they are needed. (Source: SearchCloudComputing)

クラウド・バーストとは、プライベート・クラウドやデータセンターで実行されるアプリケーションを、コンピューティングの容量に対する要求が急上昇するときに、パブリック・クラウドへと一斉に移行するための、アプリケーション・ディプロイメント・モデルのことである。この種のハイブリッド・クラウド・ディプロイメントの利点は、追加のリソースが必要とされる時だけに、その対価を支払えば良いという点に集約される。 (Source:SearchCloudComputing

Neal Sample the former CTO – X.commerce at eBay gave an interesting talk last year on the economic benefit of Cloud Bursting. Neal pointed out eBay traffic statistics and showed some real numbers of the business impact of bursting peak load activities using on-demand cloud resources as presented in the diagram from his talk.

昨年のことだが、eBay- X.commerce で CTO を務めていた Neal Sample が、Cloud Bursting における経済的なメリットについて、面白い話をしていた。Neal は eBay のトラフィック統計について指摘し、クラウド・バーストがビジネスに与える影響を、具体的な数値で示した。それは、オンデマンドでクラウド・リソースを使用する際の、ピーク時におけるアクティビティのことであり、彼の話で用いられた図は以下のものとなる。

In order to use cloud bursting effectively we need to address the following set of challenges:

  • Workload migration – specifically the ability to clone our application environment in a consistent way across sites in an on demand fashion.
  • Data Synchronization – The ability to maintain real time copy of the data between the two sites.
  • Network connectivity – The ability to enable flow of netwrok traffic between between two sites.

クラウド・バーストを効果的に用いるには、以下の課題に取り組む必要がある:

  • Workload migration – とりわけ重視される能力は、オンデマンドでサイト間をまたぐアプリケーション環境のクローンを、一貫した方式で作成するためのものとなる。
  • Data Synchronization – 2つのサイト間で、リアルタイムでデータをコピーする能力。
  • Network connectivity – 2つのサイト間で、ネットワーク・トラフィックのフローを実現する能力。

A Step By Step example:
Migrating Workload and Data from AWS to Rackspace

To make things simpler we piked Amazon and Rackspace as the two target sites. We have tried the same example with a combination of HP Cloud Services and a flavor of a Private cloud.

話をシンプルにするために、私たちは Amazon と Rackspace をターゲット・サイトとして取り上げた。 さらに、HP Cloud Services とプライベート・クラウドの組み合わせも試してみた。

The example demonstrates a simple web application with global load-balancer (Rackspace), and Web Application (Petclinic) based on Tomcat as the Web front end and MySQL as the database.

このサンプルが例証するのは、グローバル・ロードバランサ(Rackspace)を用いるシンプルなWeb アプリケーションと、Tomcat ベースの Web Application(Petclinic)であり、Web フロント・エンドとして機能する。 さらに、データベースとして機能する MySQL もある。

On both ends we used GigaSpaces XAP Transactional WAN replication as a replication channel between the two instances of MySQL and Cloudify to handle the workload migration between the sites.

そして、双方のバックエンドに、GigaSpaces XAP Transactional WAN リプリケーションを配置している。 それにより、2つのインスタンスである MySQL と Cloudifyの間にリプリケーション・チャネルが確立され、サイト間のワークロード・マイグレーションが処理される。

The Goal: Cloud Bursting and Fail-Over with no change to the target application

The goal that we set to ourself is that all that would be done seamlessly without any change to the target application or database. We achieved that by plugging the replication service to the existing instances of MySQL. The replicating service listen to the MySQL events and replicate every change to its peer MySQL instance – Cloudify enabled us to clone the same application in in both Amazon and Racksapce while maintaining consistent configuration setup as well as consistent scaling and fail-over SLA’s. Cloudify does that by abstracting all this inforamtion through portable recipe definition. Cloudify wraps the application instances with its management and control services based on the defintion that is provided in the recipie. This enabled us to clone the environment as well as add elastic scaling without changing the target application (Petclinic in this specific case).

The Goal: Cloud Bursting と Fail-Over は、ターゲット・アプリケーションに対して、何の変化も及ぼさない。

私たちのために設定したゴールは、ターゲットであるアプリケーションとデータベースに対して、如何なる変更を及ぼすこと無く、シームレスに処理する点に、その全てが集約される。 そして、既存の MySQL インスタンスに対して、リプリケーション・サービスを接続することで、このゴールに到達した。 このリプリケーション・サービスは MySQL イベントをリッスンし、その全ての更新を、相手方の MySQL インスタンスに複写していく。そして Cloudify により、Amazon と Racksapce の双方で、同じアプリケーションのクローンが作成されるが、その同一性は、一貫したコンフィグレーションの維持だけではなく、スケーリングとフェイルオーバーの SLA にまで及ぶ。 Cloudify は、ポータブルなレシピ定義を介して、すべての情報を抽象化することで、この処理を達成する。 具体的には、このレシピにより提供される定義をベースにして、アプリケーション・インスタンスとManagement/Control サービスをラップしてくれる。 それにより、対象となる環境をクローン化するだけではなく、ターゲット・アプリケーションを変更することなく、エラスティックなスケーリングも達成する(このケースでは Petclinic)。

You can read the full details including code references on Github on Dotan Horvitz blog post Bursting into the Clouds – Experimenting with Cloud Bursting

すべのて詳細に関しては、Github 上でコード・リファレンスを含めて参照できる。 また、Dotan Horvitz のブログ・ポストである、Bursting into the Clouds – Experimenting with Cloud Bursting も参照して欲しい。

ーーーーー

TAG indexこの手の記事は、初めて見ました。クラウドの運用は、こんな感じで、どんどんとハイブリッド化していくのでしょうね。 以前に、「身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?」という抄訳をポストしましたが、必要に応じてワークロードを、安全かつ簡単に移動させていくことが、これからの運用に求められるようです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook が発表した Folly は、宝石のような オープンソース C++ ライブラリ
Facebook にストアされた 100 Peta Byte は、写真に換算すると 6,660 億枚になる!
Twitter が提供する、MySQL 関連のオープンソースとは
Facebook Timeline は、データの非正規化という破壊力で誘う
とっても ラブラブな Linux と Big Data

Amazon と Eucalyptus が提携 – Hybrid を超える Hybrid を!

Posted in .Selected, Amazon, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on March 23, 2012

Amazon, Eucalyptus team up for just don’t call it a hybrid cloud
http://wp.me/pwo1E-43c
By
Om Malik Mar. 22, 2012
http://gigaom.com/cloud/amazon-eucalyptus-partner-for-enterprise-cloud-just-dont-call-it-a-hybrid/

_ Gigaom

On paper it looks like one of those strategic agreements that large companies sign with small startups. But if you look close enough, you will find that by forging a partnership with information as a service (IaaS) provider, Eucalyptus Systems, Amazon.com’s web services division is making a masterful move to dominate the cloud market. As part of the agreement, Amazon will allow Eucalyptus to use Amazon’s API to connect Amazon cloud services with the private clouds set up by large companies.

書類の上では、大企業が小さなスタートアップと、戦略的な契約を交わすように見える。 しかし、じっくりと観察すると、Information as a Service(IaaS)プロバイダである Eucalyptus Systems との協力関係を築くことで、クラウド・マーケットの支配へ向けて Amazon.com の Web サービス部門が、見事に機能していることに気付くだろう。Amazon は、この契約の一部として、大手企業が準備してきたプライベート・クラウドと、Amazon クラウドサービスを接続するための API を、Eucalyptus から利用できるようにする。

From the press release:

以下は、プレスリリースの文面である:

….an agreement that enables customers to more efficiently migrate workloads between their existing data centers and AWS while using the same management tools and skills across both environments. As part of this agreement, AWS will support Eucalyptus as they continue to extend compatibility with AWS APIs and customer use cases. Customers can run applications in their existing datacenters that are compatible with popular Amazon Web Services such as Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) and Amazon Simple Storage Service (Amazon S3).

この契約により実現されるのは、既存のデータセンターと AWS の間での、顧客による効率のよいワークロード・マイグレーションであり、また、双方の環境全体で利用可能なマネージメントのツールとスキルである。さらに、この契約の一部として、AWS API との互換性や顧客のユースケースを、Eucalyptus が継続して拡張できるよう、AWS はサポートしていくだろう。 たとえば、Amazon Web Services における、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)や Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)などと、互換性のある既存データセンター内で、顧客はアプリケーションを実行できるようになる。

Marten Mickos - CEO, Eucalyptus Systems - Future of Cloud panel at Structure 2011Marten Mickos, CEO, Eucalyptus Systems
@ the Future of Cloud panel at Structure 2011.

Eucalyptus CEO Marten Mickos, who happened to be in New York, met with me briefly (I am at our Structure: Data conference) and the beaming smile on this said it all. It was clearly a big shot in the arm for his company that has started to face competition from many quarters including  the OpenStack companies.

たまたま New York にいた、Eucalyptus の CEO である Marten Mickos は、Structure 2011 の Data カンファレンスに出席していた私と、短い時間だが話すことになった。 そして、この一部始終を歓迎しているようであった。 このところ、OpenStack をサポートする企業群との戦いに直面するようになった Eucalyptus にとって、それは、まさに、ビッグ・ショットである。

While the idea of a hybrid cloud — one that marries public clouds such as AWS with private or company-owned clouds – has gained popularity, Amazon has been steadfast in its views on what it deems to be the cloud. The Seattle-based retailer believes that cloud is essentially what it sells as S3, EC2 and other related services.

ハイブリッド・クラウド(プライベート・クラウドもしくはインターナル・クラウドと、AWS などのパブリック・クラウドとの結婚)という発想が人気を得ている一方で、これまで Amazon は、それがクラウドにもたらす意味に対して忠実であった。この、Seattle base のリテーラーは、S3/EC2 および関連サービスの販売に、クラウドの本質があると信じている。

However, Amazon might be softening its stance in small doses. In January,  the company announced Storage Gateway, a way to fuse on-premise storage with its S3 service. A month later, the company announced Simple Workflow Service (SWF) that blurred the boundaries between applications that ran on internal clouds and Amazon’s public cloud.

しかし Amazon は、ひと握りのスモール・パートナーに対して、門戸を開こうとしているのだろう。 この 1月には、オンプレミスのストレージと S3 サービスを融合する、Storage Gateway を発表している。その 1ヶ月後には、インターナル・クラウドと Amazon パブリック・クラウドをまたいで走る、アプリケーション間の境界線をぼかす Simple Workflow Service(SWF)を発表した。

When asked if this was a tactical admission that Amazon needs a hybrid cloud option, Kay Kinton, a company spokesperson denied that but added that is is recognition that the

それは、ハイブリッド・クラウドという選択肢を、Amazon が必要するという戦略的な肯定なのかと尋ねたとき、同社のスポークスマンである Kay Kinton は否定したが、彼の認識を以下のように付け加えた。

integration between on-premises infrastructure and the AWS cloud is a use case that’s important to some of our customers. In addition to this integration with Eucalyptus, we’ve steadily been releasing other features that enable this integration between on-premises infrastructure and AWS, including Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC), DirectConnect, and our Identity and Access Management service that many customers integrate to their on-premise identity systems.”

オンプレミスのインフラストラクチャと、AWS クラウドの統合は、私たちの顧客における、いくつかの重要なユースケースになっている。 Eucalyptus とインテグレーションに加えて、オンプレミスのインフラと AWS を統合するための、いくつかの機能が着実にリリースされている。 そこには、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)/DirectConnect/Identity and Access Management などが含まれ、数多くの顧客が使用してきた ID との統合を可能にしている。

imageIt seems that large companies are increasingly asking more from Amazon about ways to merge their infrastructures. When I asked if an all-public cloud option was over for large enterprises, an Kinton wrote back in an email:

大手企業の傾向として、そのインフラストラクチャを統合する方式について、Amazon に尋ねてくる機会が増えているように思われる。そして、エンタープライズのための、パブリック・クラウド・オプションは、この辺りで出尽くしたかと尋ねると、Kinton から電子メールが届いた:

Not at all and we believe that over time, most enterprises will not run their own datacenters and those that do will have a much smaller footprint. That said, many enterprises today have legacy applications and a good deal of investment in those legacy applications. This type of arrangement provides the added flexibility to more freely move workloads between those existing IT environments and AWS.

そんなふうには、まったく思っていない。長い時間をかけて、大半のエンタープライズは、自身でデータセンターを動かさなくなり、そのフットプリントを小さくすると信じている。 それは、そうとして、数多くのエンタープライズは、レガシー・アプリケーションを引きずり、そこに多大な投資を行なっているところに現状がある。このタイプの整理は、それらの既存 IT 環境と AWS の間で、ワークロードを自由に移動させるという点で、さらなる柔軟性を提供する。

Amazon says that “a typical scenario for using this service could be a corporation that uses AWS for disaster recovery and who will need to move workloads between AWS and Eucalyptus frequently for testing purposes.” Other scenarios include companies tapping AWS infrastructure in case of spike in demand for an application that resides on Eucalyptus.

Amazon が言うには、「このサービスを用いる典型的なシナリオは、DR のために AWS を使う企業のためのものとなり、また、彼らはテストを目的として、AWS と Eucalyptus 間で、頻繁にワークロードを移行しなければならない企業も、その中には含まれる」とのことだ。 その他のシナリオとしては、Eucalyptus 上のアプリケーションに、オンデマンドでピークが発生するケースが考えられ、そのときに AWS インフラを利用することになる。

The new agreement doesn’t impact cloud management console makers such as RightScale since ”the management system built around AWS is actually assisted by having another compatible implementation of the AWS APIs.”

この新しい協定は、RightScale のような、クラウド・マネージメント・コンソール・メーカーに影響を与えない。なぜなら、「AWS の周辺に構築されたマネージメント・システムは、別の AWS API と互換性のある実装を施すことで、アシストされるといいう形態になっている」からだ。

When I think about the news, the message is pretty clear: Amazon will do whatever it takes to keep growing its lead in the “cloud” market, even if it means partnering with private cloud providers such as Eucalyptus.

このニュースについて考えると、そのメッセージは、かなり明確であることに気づく。たとえ、それが、Eucalyptus のようなプラベート・クラウド・プロバイダとの提携であっても、クラウド・マーケットでのリードを広げるためなら、Amazon は何でもやるということだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG index言われてみれば、こうなって当たり前なのかもしれません。 この記事にも書かれているように、Eucalyptus としては渡りに船なのかもしれません。 しかし、Amazon からみれば、自らの行動を制約する部分もあるはずであり、それだけ、危機感を持っていることの現れだと思います。 これからも、こうした提携や、垂直統合が進んでいくのでしょうね。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
結局のところ、いま ストレージに、何が起こっているのか?
Microsoft も価格を引き下げ! バーガー戦争時代に突入するクラウド・ストレージ
Google のたまわく、Amazon だけにクラウド価格破壊はさせない!
身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?
Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!

 

身勝手 Zynga の、AWS 使い倒し術とは?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Cloud Stack, Game, Hybrid, Private Cloud by Agile Cat on March 13, 2012

Zynga Data Centers Power zCloud, New Platform
http://wp.me/pwo1E-40L
By: Rich Miller –
March 1st, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/03/01/zynga-data-centers-power-zcloud-new-platform/

_ DC Knowledge

At one time, Zynga was a prime example of using cloud computing to quickly scale web applications. But as the company rolls out its new web gaming platform today, Zynga has transitioned into a poster child for hybrid platforms that combine in-house data centers with the public cloud.

かつて Zynga は、クラウド・コンピューティングを用いて、Web アプリケーションを素早くスケールしていく、主要な事例であった。しかし Zynga は、最新の Webゲーム・プラットフォームを展開するにつれて、インハウス・データセンターとパブリック・クラウドを組み合わせる、ハイブリッド・プラットフォームにおける象徴となっていった。

This infographic provides an overview of the infrastructure behind Zynga’s gaming platfrom. Click for a larger version. (Source: Zynga)
クリックで拡大 ⇒

In the process of building its in-house infrastructure, known as zCloud, Zynga has become a major player in the market for wholesale data center space, leasing several substantial blocks of space on both coasts.

zCloud として知られるインハウス・インフラストラクチャを構築するプロセスにおいて、 Zynga はデータセンター・スペースの卸売マーケットを利用する主要プレイヤーとなり、また、東海岸/西海岸で広大なブロックをリースするに至った。

“We’ve made aggressive moves to leverage our own infrastructure,” said Allen Leinwand, the chief technology officer for infrastructure engineering for Zynga (ZNGA) , at the recent Cloud Connect conference in Santa Clara, Calif.. “The hybrid cloud remains our strategy and will always be our strategy.”

「私たちは、自身のインフラストラクチャにテコ入れするために、アグレッシブに動いた。このハイブリッド・クラウドは、これまでのストラテジーを保持し、また、これからのストラテジーとなっていくだろう」と、 Zynga(ZNGA)におけるインフラストラクチャ・エンジニアリング CTO である Allen Leinwand は、Santa Clara, Calif で先日に開催された. Cloud Connect カンファレンスで発言している。

In its early days, Zynga housed its servers in colocation space. “We ran out of data center space, and ran out of cooling,” said Leinwand. That was when Zynga shifted much of its workload to Amazon Web Services, working with cloud management specialist RightScale to leverage the cloud computing service’s ability to quickly provision virtual servers to handle spikes in demand.

その初期において、Zynga はコロケーション・スペースにサーバーをハウジングしていた。 「 私たちはデータセンタース・ペースを使い果たし、クーリングも使い果たしてしまった」と、Leinwand は言う。 それは Zynga が、クラウド管理のスペシャリストである RightScale と共同で作業し、ワークロードの多くを Amazon Web Services に移したたときのことだった。仮想サーバーを迅速に供給し、需要におけるピークに対処するという、クラウド・コンピューティング・サービスの、運用能力を高めることに成功したのだ。

Rapid Shift from Amazon to zCloud

That flexibility was crucial as the success of Farmville helped Zynga’s audience scale. In January 2011, more than 80 percent of Zynga’s users were accessing games running on Amazon’s infrastructure, with the remainder on Zynga’s servers. But that changed dramatically in just 12 months as the company added data center space. As of January 2012, 80 percent of active users were playing games running off zCloud, with the balance using Amazon-hosted servers.

imageFarmville において、Zynga のユーザー規模を成立させるためには、決定的な要因として柔軟性が欠かせなかった。 2011年 1月の時点では、Zynga ユーザーの 80% 以上が、Amazon のインフラストラクチャでゲームにアクセスしていた。 そして、その残りが、Zynga のサーバー上にいたことになる。 しかし、同社がデータセンター・スペースを拡大するにつれて、わずか 12ヶ月の間に、その状況は劇的に変化した。 2012年 1月の時点では、アクティブ・ユーザーの 80% が zCloud 上で、その他が Amazon にホストされたサーバーでという比率で、ゲームを楽しんでいた。

“We made a commitment to own the base and rent the spike,” said Leinwand, who calls the company’s strategy as “cloud bursting in reverse.”

「 私たちは、ベースのために所有し、ピークのために賃借するという、誓を立てたのだ 」と、Leinwand は発言している。彼は、そのストラテジーを、「逆向きのクラウド・ブースト」と呼んでいる。

Here’s how it works:  Zynga launches a new game in the Amazon EC2 service, and monitors demand as its scales. Once traffic settles into predictable levels, the game is brought back in-house to the zCloud private architecture, which is similar to what Amazon runs. The zCloud is housed in wholesale data center space from companies in Virginia and California. Zynga has created a backbone across its facilities in these different geographic locations.

その実現方式について、以下に説明していく。 まず、Zynga は、新しいゲームを立ち上げる時に、Amazon EC2 サービスを使用し、そのスケールに見合った需要をモニターする。 そこでのトラフィックが、予測可能なレベルに落ち着くと、プライベート・アーキテクチャであるインハウスの zCloud へと、それらのゲームは戻され、Amazon のケースと同様に実行される。  この zCloud は、Virginia と California で、データセンターの卸売業者から提供されたスペースで収容されている。 Zynga は、それらの地理的に異なるロケーションの、複数のファシリティを接続する、バックボーンを構築している。

Investing in Data Centers

Part of the challenge in shifting capacity to zCloud was ensuring that Zynga understood its workloads, so it could build its in-house cloud to handle demand. During the second half of 2011, Zynga made capital investments of between $100 million to $150 million in its data center infrastructure.

キャパシティを zCloud へとシフトする課題には、Zynga が確実にワークロードを把握しているという部分が含まれる。したがって、同社は、オンデマンドでのハンドリングを、インハウスで実現するクラウドを構築できた。 2011年の後半において、Zynga はデータセンター・インフラストラクチャに対して、$100 million ~ $150 million を投資している。

imageOne of the goals was to prepare to launch the company’s own gaming platform on Zynga.com, which will also offer games from third-party developers, allowing partners to reach new audiences and benefit from Zynga’s strong presence on social networks.

その 1つのゴールが、Zynga.com 上に自社のゲーム・プラットフォームを、立ち上げるべく準備することであった。それは、サードパーティによるゲームを提供するものになり、パートナーから利用者へのリーチを助け、ソーシャル・ネットワーク上でZynga の強いプレゼンスを示すことで、大きなメリットをもたらすことになる。

“We built Zynga.com to give our players more ways to connect with each other and play great social games, whether built by Zynga or other talented developers,” said Mark Pincus, founder and CEO, Zynga. “Together with our platform partners, we look forward to bringing more play to the world on our platform.”

「私たちは、それが Zynga により開発されたものであっても、また、サードパーティが開発したものであっても、プレーヤー同士がコネクトするための多様な方式を提供し、また、素晴らしいソーシャル・ゲームを楽しめるようにと思い、Zynga.com を作った。そして、私たちのプラットフォーム・パートナーが集まることで、このゲームの世界と、もっと楽しんでもらえると期待している」と、Zynga の CEO である Mark Pincus は発言する。

“Making great social games is challenging and it’s even more difficult to build for scale so millions of people worldwide can play simultaneously and have a great experience,” said Cadir Lee, chief technology officer, Zynga. “Our goal for the Zynga Platform is to make it easier for game developers to build the best social games without having to deal with technology challenges.”

「 ソーシャル・ゲームを素晴らしいものにすることは、チャレンジである。 しかし、何百万という世界中の人々が同時にプレーし、素晴らしいエクスペリエンスを得るための、スケールの構築は更に難しいものとなる。Zynga Platform におけるゴールは、テクノロジー面でのチャレンジから乖離したところで、ゲーム・デベロッパーが最高のソーシャル・ゲームを、より容易に構築することである」と、Zynga の CTO である Cadir Lee は発言する。

Although Zynga has reduced its use of EC2, Amazon will continue to be a key partner going forward.

Zynga は EC2 の利用を減らしているが、Amazon はキーパートナーとしてあり続けるだろう。

“The Zcloud is our primary infrastructure, but we need that Amazon cloud,” said Leinwand. “These are living, breathing services and we need that flexibility. We don’t know when the next surge is going to hit.”

「 私たちにとって、Zcloud は主たるインフラストラクチャであるが、Amazon クラウドも必要とする。 この組み合わせは、生き物のようにサービスを吸い込んでいく。 私たちは、この柔軟性を必要とする。 なぜなら、何が、何時、大ヒットするのか、私たちも分からないからなのだ」と、Leinwand は言う。

ーーーーー

image面白い話ですよね。 たしか、zCloud は CloudStack を使っているはずなので、「クラウドの正しい使い方」と AWS は言うでしょうが、その心中は穏やかではないはずと思います。 昨日は、Sony と OpenStack に関する記事を、訳してポストしましたが、AWS が終着駅ではないと言い、次を目指していく大手ユーザーの存在が明確になってきました。 それにしても、お見事な Zynga の立ち振舞です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon が安いのか? Hosting が安いのか? コスト分析モデルで比較する!
Amazon の ワークフロー・サービス とは?
Citrix の CloudStack 3 がデビュー! セキュアな OSS クラウドを
Amazon DynamoDB の 超弩級 クラウド NoSQL 感覚
クリエーションラインが展開する、CloudStack/MidoNet/Cloudian 統合戦略とは?

 

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?

Posted in .Selected, OpenStack, Private Cloud by Agile Cat on January 25, 2012

Piston Cloud Delivers First Cloud Operating System Based on OpenStack
http://wp.me/pwo1E-3Qx
by
Piston Cloud Staff
http://www.pistoncloud.com/press-releases/piston-cloud-delivers-first-cloud-operating-system-based-on-openstack/

Available Now, Piston Enterprise OS Offers Vendor Agnostic, Standards-Based Approach to Enterprise Private Cloud

_ Piston Cloud

SAN FRANCISCO – January 18, 2012Piston Cloud Computing, Inc., the enterprise OpenStack™ company, today announced the general availability of Piston Enterprise OS™ (pentOS™), an easy, secure and open cloud operating system for managing enterprise private cloud environments.

SAN FRANCISCO – January 18, 2012 – 今日(1/18)のことだが、エンタープライズ OpenStack カンパニーである Piston Cloud Computing は、エンタープライズ・プライベート・クラウド環境を、容易かつセキュアに、そしてオープンなクラウド・オペレーティング・システムで構成するための、Piston Enterprise OS(pentOS) を発表した。

OpenStack is the fastest-growing open source project in the world, with over 2,321 contributors and 147 participating companies including Rackspace, NASA, Citrix, Intel, Cisco, AT&T, Arista Networks, Microsoft and Dell. OpenStack is proven and ready for the enterprise and Piston Cloud plays a key role in driving the technology forward – sharing knowledge, guidance, vision and code.

OpenStack は、この世界で最も急速に成長しているオープンソース・プロジェクトであり、2,321人以上のコントリビュータを抱え、また、Rackspace/NASA/Citrix/Intel/Cisco/AT&T/Arista Networks/Microsoft/Dell などの企業が参加している。OpenStack におけるエンタープライズ対応を、証明するための準備は整っている。 そして Piston Cloud が、そのテクノロジーを促進する役割を担う。 つまり、ナレッジ/ガイダンス/ビジョン/コードの共有である。

Piston Enterprise OS is the first OpenStack distribution specifically focused on security and the easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud’s innovative Null-Tier Architecture™ combines storage, compute and networking on every node to deliver massive scalability with unprecedented cost efficiency. Custom built to address regulatory requirements, Piston Enterprise OS also represents the industry’s first implementation of CloudAudit, an open security standard for cloud and virtualized environments. Furthermore, pentOS is hardware vendor agnostic, ensuring users aren’t locked in to a single proprietary architecture and that the system integrates seamlessly with products from companies like Intel, Dell and Arista.

Piston Enterprise OS は、主としてエンタープライズ・プライベート・クラウドにおけるセキュリティと、容易なオペレーションにフォーカスした、最初の OpenStack ディストリビューションである。 Piston Cloud のイノベーションである  Null-Tier Architecture は、高度なスケーラビリティと前例のないコスト効率を提供するために、すべてのノード上にストレージ/コンピューティング/ネットワーキングを結合するものとなる。 カスタムなビルドとして取り組む規制に関する要件として、Piston Enterprise OS は、クラウドと仮想環境のためのオープン・セキュリティス・タンダードである、CloudAudit の業界初の実装も提示している。 さらに pentOS は、ハードウェア・ベンダー不可知論者であり、ユーザーが特定のプロプライエタリ・アーキテクチャにロックインされないことを保証する。そして、彼らのシステムが、Intel/Dell/Arista といった企業からのプロダクトと、シームレスの統合されることも保証している。

Piston Enterprise OS is built to be easy, secure and open:

Piston Enterprise OS は、容易/安全/オープンに構築されている:

Easy

  • pentOS can be installed in less than 10 minutes, and provides automatic security updates via a simple subscription service.
  • Groundbreaking Null-Tier Architecture allows customers to easily scale a high-availability private cloud, one server at a time.
  • 24×7 enterprise-level support.
  • pentOS は、10分以内にインストールできる。そして、シンプルなサブスクライブ・サービスを介して、自動t的なセキュリティ・アップデートが提供される。
  • 画期的な Null-Tier Architecture により、顧客は一台ずつサーバーを加えることで、高可用性のプライベート・クラウドを容易に実現していく。
  • 24×7 のエンタープライズ・デベルでのサポートを提供。

Secure

  • Piston CloudKey™ delivers 99.999% automated and hands-free installation of the pentOS software to servers and switches.
  • Operating on a custom-built Linux distribution, pentOS minimizes security exposure and optimizes performance.
  • pentOS is the industry’s first enterprise implementation of CloudAudit.

  • Piston CloudKey の、99.999% まで自動化された、手間いらずのインストール機能により、pentOS ソフトウェアはサーバーとスイッチ上で動きだす。
  • カスタム・ビルドされた Linux ディストリビューションにより、pentOS におけるセキュリティの脆弱性は最小に抑えられ、また、パフォーマンスが最適化される。
  • pent OS は、CloudAudit のエンタープライズ実装を業界で初めて実現する。

Open

  • pentOS is vendor agnostic and built to open standards, with a modular design that allows for integration with legacy and third-party technologies.
  • Customers can grow their private cloud using commodity hardware.
  • pentOS is interoperable with any other OpenStack-based public cloud environment, including Rackspace, Dell, Amazon, Internap, AT&T and others. 
  • pentOS は、(ハードウェア)ベンダーを選ばない、オープン・スタンダードに対して構築され、レガシー/サードパーティーのテクノロジーとの統合を考慮した、モジュラー・デザインを取り入れている。
  • 顧客たちは、普及品のハードウェアを用いて、プライベート・クラウドを成長させる。
  • pentOS は、Rackspace/Dell/Amazon/Internap/AT&Tなどを含む、あらゆる OpenStack ベース・パブリック・クラウド環境との、インターオペラビリティを実現する。

“As we continue to see security lag in the public cloud environment, it is clear that private cloud is really the only option for organizations dealing with large volumes of regulated data,” said Joshua McKenty, CEO and co-founder of Piston Cloud. “To date, VMware was the only widely accepted option for private cloud, which brought with it associated cost, complexity and vendor lock-in. Piston Enterprise OS disrupts the market with the easiest, most secure and open approach to private cloud.”

「 パブリック・クラウド環境のセキュリティ対策が、随所で遅れているのを見るにつれて、運用が規制される大規模データを取り扱う組織にとって、プライベート・クラウドが唯一の選択肢であることが、明らかになってきた。 これまで、 プライベート・クラウドの選択肢として、唯一受け入れられてきた VMware があるが、コストと、複雑さと、ベンダー・ロックインを伴うものであった。 Piston Enterprise OS は、プライベート・クラウドに対して、最も容易でセキュアなオープン・アプローチを提示することで、そのマーケットを再編していく」と、Piston Cloud の CEO and C-Founder である Joshua McKenty は発言している。

Pricing and Availability

With pricing starting at $3,500 per server, Piston Enterprise OS is available now at http://www.pistoncloud.com/. For more information, contact sales@pistoncloud.com.

About Piston Cloud Computing, Inc.

Piston Cloud Computing, Inc. is the enterprise OpenStack company. Founded in early 2011 by technical team leads from NASA and Rackspace, Piston Cloud is built around OpenStack, the fastest-growing, massively scalable open source cloud framework. Piston Enterprise OS (pentOS) is the first OpenStack-based cloud operating system, and is specifically focused on security and the easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud is based in San Francisco and funded by Hummer Winblad, True Ventures and Divergent Ventures. Visit Piston Cloud online at http://www.pistoncloud.com.

Media Contact
Kelly Indrieri
Kulesa Faul for Piston Cloud
+1 (650) 340 1983
piston@kulesafaul.com
Posted on: 1.18.12, 5:10 PST

ーーーーー

TAG index先日の Internap に続き、今度は Piston から、OpenStack ベースのクラウドが提供されました。 ただし、こちらは、エンタープライズ・プライベートにターゲットを絞っているため、いまのところは競合するものでは無いようです。そして、興味深いのは、pentOS がサーバーだけではなく、スイッチにも供給されると書かれている点です。なんか、意味深ですよね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AT&T が OpenStack に参加した!
OpenStack における SDN コネクションを探求する _1
OpenStack における SDN コネクションを探求する _2
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

%d bloggers like this: