Agile Cat — in the cloud

中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている:その現状をチャートでチェック!

Posted in .Selected, Asia, Microsoft, Post-PC, Research, Strategy by Agile Cat on April 24, 2014

Support for Windows XP is over, but China still has 200 million PCs using it
http://wp.me/pwo1E-7rm

April 9, 2014 – by Steven Millward
http://www.techinasia.com/windows-xp-now-dead-but-200-million-machines-in-china-still-using-it/

_ tech in asia

Microsoft has ended support for Windows XP, its venerable operating system – launched 12 years ago – that is still being used by a lot of people. Statistics from Net Applications say that a quarter of global Windows users are still on XP.

Microsoft は、古びて尊い Windows XP のサポートを終了したが、この 12年前にローンチした OS は、いまもなお、多くの人々に使用されている。Net Applications の統計によると、Windows のグローバル・ユーザの 1/4 は、依然として XP 上に残っているようだ

It’s a particular issue in China.

そして、この問題は、特に China において顕著である。

For a sense of the scale of China’s addiction to XP, check out statistics relating to usage of Internet Explorer 6 (IE6), the default web browser that shipped with Windows XP. Looking at Microsoft’s own IE6 Countdown page, the figures – also courtesy of Net Applications – reveal that 4.4 percent of the world’s web users are still using IE6. 3.4 percent of those are in China. That means China accounts for 77 percent of all IE6 users right now. That’s 12 and a half years after it was first released, and six years after it was last updated.

China における XP への執着を、そのスケールの観点から見るなら、Windows XP に付属しているデフォルトの Web ブラウザである、Internet Explorer6(IE6)の利用に関する統計をチェックすべきだろう。その数値も Net Applications から提供されるものであるが、Microsoft の IE6 Countdown ページを見ると、世界の Web ユーザーの 4.4% が、依然として IE6 を使用していることが分かる。そして、3.4% が China である。つまり、いまの China は、すべての IE6 のユーザーの 77% を占めているのだ。周知のとおり、IE6 が最初にリリースされてから 12年半も経ち、最後にアップデートされてから 6年が経過している。

_  space

_  space

You’ll notice that China is the only country that’s still using IE6 in great numbers. Other laggards like Taiwan and India are in low single digits, in contrast to China’s figure. Yes, a staggering 22 percent of the world’s web browsing is made up of mainland China rocking IE6:

China だけが、IE6 の利用率が、図抜けて高いことに気づくだろう。なお、Taiwan や India といった後発国は、China とは対照的に、その依存率が 5% 以下に収まっている。YES! 世界の Web ブラウジングにおける、22% という驚異的な数字を持つ China が、IE6 をロックしているのだ。

_  space

_  space

Since XP users can update their default browser up to IE8, China inevitably has even more XP users than its IE6 usage indicates. Indeed, state news agency Xinhua estimates that about 200 million computers, or 70 percent of the country’s PCs, are on Windows XP right now. However, StatCounter has a more conservative figure, indicating that nearly 50 percent of all China’s laptops and PCs are using XP.

XP ユーザーはブラウザを IE8 にアップデートできるため、 China における XP ユーザーの比率は、必然的に IE6 の使用率よりも高くなる。実際に新華社通信は、約2億台のコンピュータが、つまり、同国における PC の 70% が、依然として Windows XP を使っていると推定している。しかし、StatCounter は、China におけるラップトップ/デスクトップの、約 50% が XP だという、もう少し控えめな数字を示している。

Microsoft has enlisted Chinese web giant Tencent (HKG:0700) and a few other local partners to provide security assistance for XP users after yesterday’s April 8 cut-off. But that doesn’t equate to full software support.

Microsoft は、Chinese Web Giant である Tencent (HKG:0700) や、いくつかのローカル・パートナーたちに、4月8日のサポート終了後も、XP ユーザーたちにセキュリティ・サポートを提供してほしいと、協力を求めている。しかし、それが行われるにしても、完全なソフトウェア·サポートと同じものにはならない。

It’s time for 200 million machines in China to be updated to either Windows 7 or Windows 8. Or, as is Microsoft’s worst nightmare, many might opt out of the PC era and buy an Android tablet or iPad instead.

つまり、China における 2億台のマシンを、Windows 7 または Windows 8 にアップデートさせるタイミングとなっている。それに失敗すると、Microsoft にとって悪夢になるかもしれない。つまり、数多くのユーザーが、PC の時代に別れを告げて、Android タブレットや iPad を購入してしまう可能性もあるのだ。

See: No Chrome, no Firefox: why Chinese online banking still requires Internet Explorer


Editing by Paul Bischoff

ーーーーー

TAG indexだいぶまえに翻訳は終わっていたのですが、ポストしたいものが他に多くあり、今日になってしまいました。 ちょうど Gigazine が 「 Windows 8は高すぎるとして中国政府は Windows XP を使い続ける予定 」という記事を掲載しましたが、その裏付となるデータ分析編として、読んでいただければ幸いです。これは、規模的に考えて、とても大変な問題であり、また、有償コンシューマ OS のビジネス・モデルが、マーケットに残した深いツメ跡でもあるのです。もちろん、Microsoft を責める話ではなく、また、利益を追求する企業がサポートを打ち切るというのは、ごく普通の対応なのですが、その結果として、このような現象が起こっているのです。 引き続き、注目していきたいと思います。image

ーーーーー

<関連>

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・
Microsoft の大転換:Office for iPad が、Windows 8 版に先行するのか?
Microsoft とクリスマス・シーズン : 1600 万台の Windows タブレットを販売する?
Microsoft が Foursquare に出資:Windows Phone のロケーション機能を強化?
Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner

PC が 売れなくて、Intel まいってる:それを示す1枚のチャート

Posted in Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 20, 2014

The Death Of The PC Market Is A Huge Problem For Intel
http://wp.me/pwo1E-7qD
Jay Yarow – Apr. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/intel-pc-market-chart-2014-4

_ Business Insider

This chart from Statista shows how Intel’s business is tied to the PC industry. This shows Intel’s revenue growth versus PC shipment growth, as measured by Gartner. This chart isn’t too shocking, but it does a good job of illustrating the problem Intel has to solve as the world moves to tablets and smartphones.

この、Statista によるチャートが示すのは、Intel のビジネスと PC の業界の間に、きわめて密接な関係があるという点である。そして、Gartner の推測に沿ったかたちで、PC 出荷台数の伸びと、Intel の収益を対比するものとなっている。いまとなっては、それほど驚くべきものでもないが、この世界がタブレットとスマホに移行するにつれて、Intel が解決すべき問題を、このチャートは、きわめて明確に示している。 GOOD JOB!

_  space

Business Insider/Statista

ーーーーー

TAG index2011年を見ると、そこまでは引きずられていないという感じですが、明らかに PC の旗色が悪くなってきた 2012年から、さらにガクンと落ちていますね。 この2本の線のギャップが、サーバー市場における成長率なのでしょうが、いまや 10億ユニットを、1年で販売してしまうスマホ/タブレット勢が、Intel の手元からスルリと抜け出してしまった空白を埋めるには、まったく足りないのですね。 これまでに蓄積してきた、膨大なテクノロジーを活かして、また、強さを取して欲しいですね。 OCP にコントリビュートしてくれた、Silicon Photonics みたいな、素晴しいものがあるのですから!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった? それを示す1枚のチャート – Gartner
新たなインターネット・アクセスを生み出すのは Post-PC だけ? それを示す1枚のチャート
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
PC から Tablet へ向けた急激なシフト : それを示す1枚のチャート
2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

Apple が 明らかにした、A7 Processor の セキュリティ機能とは?

Posted in .Selected, Apple, Post-PC, Security by Agile Cat on April 17, 2014

This Chip Is Apple’s Advantage In Enterprise And Payments
http://wp.me/pwo1E-7pz

Kyle Russell – MAR. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/iphone-5s-security-enclave-2014-3

_ Business Insider

Apple, the now-dominant force in enterprise, has been taking some serious heat in recent weeks over some major flaws in its security.

いまや、エンタープライズで支配力を発揮している Apple だが、そのセキュリティにおける大きな欠陥に関して、このところ、熱い議論に取り巻かれている。

First there was the so-called "Gotofail" error that left traffic that should have been encrypted totally unsecure.

最初の Gotofail エラーと呼ばれるものは、暗号化されるべきトラフィックが、そのまま放置されてしまうという問題である。

Less than a week later, security firm FireEye revealed that it was possible to make a "keylogger" on iOS that can track what you’re doing on your device and send that information to a remote server.

それから1週間も経たないうちに、セキュリティ会社である FireEye は、ユーザーがデバイス上で行う処理をトラッキングし、その情報をリモート・サーバーに送信しまうという、Key Logger を iOS 上に仕掛けることが可能だと公表した。

Perhaps to quell some of the fears of enterprise buyers (or the IT guys who have to support them), Apple released a new white paper (PDF) last week detailing the various security systems built into iOS, the operating system that powers the iPhone, iPad, and Apple TV product lines.

そのような背景があるためか、Apple は先週に、新しいホワイト・ペーパー(PDF)をリリースしている。それにより、エンタープライズの購入担当者( または IT サポート担当者)を悩ませる、いくつかの懸念を払拭したいのだろう。具体的に言うと、iPhone/iPad/Apple TV といった、そのプロダクト・ラインにパワーを与える、iOS に組み込まれる多様なセキュリティ・システムを詳述するものである。

The various levels of security built into iOS.

The most interesting bits to read in the otherwise dry security document are the parts detailing the workings of the iPhone 5s — the first device from Apple to combine iOS 7, the A7 system-on-a-chip, and the Touch ID fingerprint scanner.

この、飾り気のないセキュリティ・ドキュメントから読み取れる、最も興味深いパートは、iPhone 5S で機能するセキュリティの詳細でる。それは、Apple における iOS 7 と、A7 system-on-a-chip と、Touch ID fingerprint scanner を、初めて組み合わせるデバイスでもあるのだ。

Built into Apple’s A7 — the chip famous for its 64-bit "desktop class" application processor — is a less well-known coprocessor called the Security Enclave. While it’s not making video play smoother or music download faster, it is doing something that anyone can appreciate: letting you unlock your phone in a fraction of a second while keeping malicious hackers at bay.

この Apple A7 に組み込まれたものとして、64-bit "desktop class” アプリケーション・プロセッサは有名であるが、Security Enclave と呼ばれるコプロセッサは、あまり知られていない。 一方は、ビデオをスムーズに再生したり、音楽のダウンロードを高速化したりするが、もう一方も、誰もが感謝する何かを処理している。 つまり、あなたは自分のフォンを瞬時にロック解除できるが、悪意のあるハッカーは近寄ることもできなくなるのだ。

The Security Enclave goes through a secure boot process independent of the rest of the chip and also goes through its own software updates. It’s kept separate from the rest of the system, but comes in when anything secure needs to happen.

この Security Enclave は、チップの他の部分から独立したかたちで、そのセキュアなブート・プロセスを処理し、また、ソフトウェアのアップデートも他から分離されている。つまり、全体的なシステムから分離されているわけだが、セキュリティに関するニーズが発生するタイミングで登場することになる。

Unlocking your device with your thumb? Fingerprint data from the Touch ID sensor goes to the Security Enclave, where it is compared with data saved on the device. If it’s a match, the device unlocks. Same thing with making purchases via iTunes or the App Store.

これにより、あなたの親指を使って、デバイスのロックを解除できるのか? ID Touch センサーから得られた指紋データは、Security Enclave へと送信され、そこで、デバイスに保存されたデータと比較される。そして、一致するなら、デバイスのロックが解除される。 それは、iTunes や App Store で、何かを購入する場合も同じだ。

The actual processor never touches the data — it’s all forwarded over an encrypted bus that only the Security Enclave can read. And after the Security Enclave deals with fingerprint data, it throws it out, too. The only thing left afterward is a set of data that can’t be used to reconstruct an actual fingerprint and has no data connected to your identity.

実際のところ、このデータにプロセッサが触れることはない。つまり、すべてのデータが、暗号化されたバスに送信されるが、それを読み出せるのは、Security Enclave だけに限定されているのだ。その後に、Security Enclave は指紋データを処理し、その結果を外部に送信する。つまり、唯一のデータ・セットが残されることになるが、それを用いて実際の指紋を再構成することはできす、また、ユーザーの ID に接続されるデータは、まったく残らないことになる。

Apple’s document makes it clear that enterprise buyers (including government buyers, who can now buy the iPhone 5S thanks to its validated compliance with U.S. Federal Information Processing Standard 140-2 Level 1) need not fear buying and trusting the security behind Touch ID. But there’s another use for Touch ID that could prove even more lucrative for Apple: payments.

Apple のドキュメントが明らかにしているのは、エンタープライスの購入担当者が( U.S. Federal Information Processing Standard 140-2 Level 1 コンプライアンスにより、検証されている iPhone 5S を購入する、政府の購入担当者も含めて)、Touch ID を背後からサポートするセキュリティを、信頼して購入できるという点である。そして、Apple が優位性を証明できる、さらなる Touch ID の用途があります。それは、支払いである。

As it stands, Apple doesn’t give any third-party access to the Security Enclave or Touch ID. That stands in sharp contrast to Samsung, whose new Samsung Galaxy S5 now sports a fingerprint reader. Samsung is partnering with PayPal to facilitate mobile and Web-based payments with the swipe of a finger.

現状において、Apple は Security Enclave と Touch ID に関して、サードパーティにアクセス権を与えていない。つまり、新しい Galaxy S5 で指紋リーダーをサポートした Samsung とは、正反対のスタンスである。指をスワイプすることで、モバイルと Web をベースにする支払いを容易にするために、Samsung は PayPal と提携している。

As Business Insider’s Jim Edwards recently documented, it’s becoming rather evident that Apple is going to open up Touch ID-controlled payments to third-party retailers as well. But Apple’s payments solution won’t rely on any third-party services — the payments themselves will be authorized and facilitated within the existing iTunes infrastructure, which Touch ID and the Security Enclave were literally designed for.

先日に Business Insider の Jim Edwards が述べているように、Apple はサードパーティのリテーラーにも、Touch ID でコントロールするペイメントをオープンにするようだ。しかし、Apple のペイメント・ソリューションが、何らかのサードパーティ・サービスに依存することはない。つまり、Apple 自身のペイメントは、最初から Touch ID と Security Enclave を用いてデザインされた、既存の iTunes インフラ内で容易に承認できるようになっている。

We don’t know much about the security built into Samsung’s latest flagship, but considering Android’s poor history with security, it could be a deciding factor in what becomes the leading mobile payments platform.

私たちは、Samsung の最新フラッグシップに組み込まれているセキュリティについてあまり知らないが、Android におけるプアなセキュリティの歴史を考えると、主要なモバイル決済プラットフォームになるための、決定的な要因になり得るのかもしれない。

ーーーーー

TAG indexこの記事が出てから暫く経って、例の Heartbleed の問題が発覚したわけですが、ID/PW だけに依存するセキュリティの限界を、露呈してしまった事件なのかもしれません。 それに換えて指紋を使うにしても、いずれはハッキングされるのかもしれませんが、それにかかるコストが膨大なものになるのなら、サイバー犯罪に対する抑止力になるはずです。 ここは、ぜひ、Apple や Samsung に頑張ってもらって、より強固なセキュリティ・システムを、より安価に提供して欲しいところですね。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい
手首にパスワード : ウェアラブル PassBan とは?
エンタープライズに必要なモバイル・セキュリティ : 6つの階層って知ってました?
Woz の言うクラウドへの懸念は、正しくもあり、間違いでもあり

PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった? それを示す1枚のチャート – Gartner

Posted in Post-PC, Research by Agile Cat on April 15, 2014

Has the PC Industry Bottomed Out?
http://wp.me/pwo1E-7pj

from Felix Richter , April 11th, 2014
http://www.statista.com/chart/2135/pc-shipments-growth/

_ Statista

According to data released by Gartner this week, global PC shipments declined by 1.7% in the first quarter of 2014. While a few years ago, this number would have been considered catastropic, now it’s actually good news. As a matter of fact, it’s the smallest decline the PC industry has suffered since early 2012.

Gartner が、今週(4月1週)に発表したデータによると、ワールドワイドにおける 2014年 Q1 の PC 出荷台数は 1.7% 減となっている。数年前なら、このような数字は悲惨で破壊的と捉えられていたが、今では、まさに GOOD NEWS である。2012年の初頭から、出荷台数の下落に苦しんできた PC 業界が、現実に最小の下げ幅を記録したのだ。

_  space

_  space

According to Gartner, the end of Windows XP support in early April has boosted replacement buys and could continue to do so in the current quarter. While it’s unlikely that PC sales will suddenly start growing again, the trend of the past few quarters suggests that the industry may finally have bottomed out and sales might stabilize around the current level.

Gartner によると、4月の初めに Windows XP のサポートが終了したことで、この Q2(4月〜6月)を通じて、リプレイスのための購入が生じることになる。それにより、PC の売上が再び急成長するとは考えにくいが、この四半期ごとの出荷数トレンドを見ると、ようやく PC 産業の下落が底を打ち、いまのレベルで安定したビジネスが展開されるという示唆がある。

ーーーーー

TAG index思い起こせば、昨年 Q1 の PC 出荷数は、たいへんな落ち込みを記録していました。 Agile_Cat でも、「 PC の販売が 14% 減 – 2013年 Q1 : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしましたが、世界のトップ・メーカーたちが、Lenovo を除いて総崩れという有り様でした。 そこから、徐々に下げ幅を減らして、その 2013年 Q1 のレベルで留まったというのが、この Gartner の「 Worldwide PC Shipments in the First Quarter of 2014 Declined 1.7 Percent 」に示されているわけです。 この、表をクリックして拡大すれば分かりますが、−2% の下落というのは、2013年 Q1  との比較です。 したがって、2011年以前と比べると惨憺たる状況なのですが、これが、再定義された PC マーケットのパワーということなのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Top-5 を合わせても、Mac 単体に負けている:PC マニュファクチャの営業利益
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート
IDC が PC 出荷予測を、大幅に下方修正
iPad の成長と PC の衰退は、連動しているのか?
Apple は HP を追い抜き、すでに最大の PC ベンダーになっているのか?

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/3月

Posted in Mobile, Post-PC, Stat Counter by Agile Cat on April 13, 2014

Stat Counter で見た、2014年 3月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7p3
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Mobile3_thumb_thumb_thumb_[1]

2014年2月に引き続き、世界を二分する iOS と Android のトラフィックを、1:Africa/2:Asia/3:Europe/4:North America/5:South America の各大陸および、6:Brazil/7:Russia/8:India/9: China の BRIC 諸国を項目として、チャートで抜き出してみました。

世界中、どこを見ても Android が伸びていますが、iOS が堅調な地域として、North America と China が挙げられます。特に、China が興味深いのですが、この1年の間に 10% ほど iOS のシェアが上がっています。2月にポストした、「中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?」という抄訳では、昨年12月の半ばに、China Mobile が 4G にシフトしたと記されています。さらに言えば、現時点で入手可能な 4G デバイスというと、iPhone に限られるようであり、その点が iOS の伸びにつながっているのかとも思えます。

また、先日には「中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!」という抄訳もポストしていますが、そこには、ーーー この 2月において、China のモバイル・ユーザーたちは、530億のテキスト・メッセージを発信している。この数字を日割りで換算すると、1ユーザーあたりの発信数は 1.53 回となる。 また、トータルにおけるモバイル・トラフィックは、128,252Tb に達している。 ーーー と記されています。WeCHat の存在が、China 全体のモバイル・トラフックを押し上げているのかもしれませんね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

___space

Browser

OS

1

Africa:Browser

Africa:OS

2

Asia:Browser

Asia:OS

3

Europe:Browser

Europe:OS

4

North America:Browser

North America:OS

5

South America:Browser

South America:OS

6

Brazil:Browser

Brazil:OS

7

Russia:Browser

Russia:OS

8

India:Browser

India:OS

9

China:Browser

China:OS

___space
ーーーーー

 相変わらず、Mobile Chrome の伸びが凄いです。やはり、データ圧縮による高速化とトラフィック抑制が、多くのユーザーにとって魅力的なのでしょうかね? そして、この傾向は、iOS が強い North America にも言えることなのです。ただ、Chrome が増えてはいても、iPhone Browser の勢いは変わりません。落ち込んできているのは、Safari と Android となっていますが、実際はどうなのかと思って、タブレット OS の北米編というチャートを抜き出してみましたが、これを見る限り iPad の勢いに衰えは見えません。 ということは、Chrome が iPad ユーザーの間で支持されるようになってきたと見るべきなのでしょうか? いずれにしろ、とても気になる変化ですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/2月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/1月

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/11月
iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/10月
iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/9月 

 

新たなインターネット・アクセスを生み出すのは Post-PC だけ? それを示す1枚のチャート

Posted in Post-PC, Research by Agile Cat on April 5, 2014

We’re Spending A Lot More Time Online Thanks To Smartphones And Tablets
http://wp.me/pwo1E-7nl

Jay Yarow – Apr. 3, 2014
http://www.businessinsider.com/were-spending-a-lot-more-time-online-thanks-to-smartphones-and-tablets-2014-4

_ Business Insider

If you were ever wondering why Google has aggressively pursued Android, this chart is the answer. Mobile gadgets like smartphones and tablets have drastically increased the time we spend online according to a new report by comScore. The more time we’re online, the better it is for Google.

なぜ、それほどまでに Google は、Android に固執するのかと、あなたが疑問に思っているなら、以下のチャートが、その理由を示してくれるだろう。comScore の最新レポートによると、スマートフォンやタブレットといったモバイル・ガジェットにより、私たちがオンラインに費やす時間が、劇的に増加していることになる。つまり、私たちがオンラインにつながっている時間が長ければ長いほど、Google にとって有利な展開となるのだ。

_  space

Business Insider/Statista/ComScore

ーーーーー

TAG indexあくまでも、アメリカ国内のデータですが、この 3年間で、インターネットに費やす時間が増えているようです。 そして、スマホやタブレットのユーザーたちは、おそらくインターネットというものをほとんど意識せずに、さまざまなサービスを利用しているのだと思います。 こういうデータの、ワールドワイド版とか、アジア版とか、日本版とか、ぜひ、見てみたいものです。そして、Jay Yarow さんは、Google にとって有利な展開と結論づけていますが、昨日にポストした、「2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner」という抄訳が、その背景を語ってくれています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す1枚のチャート
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
2013年 のチャート:ビジュアルな Facebook ページで参照できます!

2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 4, 2014

How big can Android device sales get? Think nearly 4x that of Windows in 2015
http://wp.me/pwo1E-7n4

By Kevin C. Tofel – March 27, 2014
http://gigaom.com/2014/03/27/how-big-can-android-device-sales-get-think-nearly-4x-that-of-windows-in-2015/

_ Giga Om

photo: Skakerman

Summary: Android continues to muscle its way into the overall computing device market, illustrating the continued shift from desktops to mobile. By next year, for every 1 Windows computer sold, expect 3.6 Android devices to be purchased.

Summary: Android は力強く、コンピューティング·デバイス市場を貫く道を切り拓き、デスクトップからモバイルへのシフトを例証し続けている。そして、来年までには、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況が予測される。

ーーーーー

By the end of next year, there could be nearly four times as many devices sold running on Google Android than on Microsoft Windows. That’s a staggering figure from research firm Gartner, which forecast device sales on Thursday. The company expects that of the 2.6 billion computers, tablets, and mobile phones sold in 2015, 1.3 billion of them will run Android.

2015年の末までに、Google の Android を搭載するデバイスは、Microsoft Windows に対して、約4倍の量に達するかもしれない。それは、木曜日(3/27)に、調査会社である Gartner が発表した、デバイスの販売を予測する驚異的な数字からのものである。同社は、2015年の時点で、26億台のコンピューター/タブレット/スマホが販売されるが、そのうちの 13億台を Android が占めると予測している。

That’s half of the total market for next year and I think it’s a reasonable estimate. Android accounts for the bulk of mobile phone sales around the world these days and last year it topped iOS in the tablet market too. Combine that market clout with falling traditional PC sales and it’s easy to see why Gartner’s figures are solid. It’s also easy to see how the early ripples of computing change have become big waves of a shift that are crashing down on Microsoft.

来年の段階で、マーケットの半分を占めるというのは、妥当な予測値だと、私も思う。この数年、世界で販売されるスマホの大部分を占めてきた Android だが、昨年はタブレットの市場でも iOS を追い抜いている。それと、従来からの PC が不振に陥っていることを合わせて考えれば、Gartner の示す数字が固いとする理由も見えてくる。さらに言えば、最初は小さかったコンピューティング・シフトのさざ波が、Microsoft を叩き潰すほどの大きな波になっているのも簡単に理解できる。

Of those expected 2.6 billion computing device sales, Gartner figures 379.3 million of them will run Microsoft Windows. That number includes Windows Phones, tablets running Windows as well as traditional laptops and desktops. Quickly doing the math, that means for every one Microsoft Windows device sold, 3.6 Android devices are purchased.

26億台のコンピューティング・デバイスという予測において、Microsoft Windows が占めるのは 3.793億台だと、Gartner は示している。その数字には、Windows を走らせるスマホとタブレットがけではなく、従来からのラップトップおよびデスクトップも含まれる。大雑把に計算すると、Windows コンピュータが1台売られる間に、3.6台の Android デバイスが買われていくという状況である。

Looking at 2013′s device sales puts that in perspective and further illustrates the shift towards mobile. Last year, Gartner says 325.1 million Windows devices were sold, so Microsoft isn’t expected to see much market share growth through 2015. Android will, however, as it ran on 879.8 million devices last year. It doesn’t take a rocket scientist to see the trend here, as well as to further suggest that Microsoft has missed much of the mobile transition of late.

2013年におけるデバイスの販売量を視野に入れると、さらなるモバイル・シフトが示されてくる。Gartner が言うには、昨年の Microsoft は 3.251億台の Windows デバイスを販売しており、そのシェアが 2015年までに伸びることはないようだ。しかし、昨年の段階で Android は、8.798億台のデバイスをドライブしている。その軌道を確認するのにロケット・サイエンティストは不要であり、さらに言えば、Microsoft のモバイル・シフトは遅すぎたとなる。

Still, there are many valid reasons for consumers and businesses to keep buying and using Windows devices; they’re not going away any time soon.

とは言え、Windows デバイスを購入して使用し続けるという、消費者と企業にも、数多くの妥当な理由がある。 つまり、彼らが、すぐに離れていくわけでもない。

But it looks like the long term trend is playing out how I suggested in 2012 when I said the “PC” you buy in three years won’t likely be a traditional desktop or laptop (Gigaom Research subscription required). More computing tasks are filtering down to phones and tablets that don’t require a traditional desktop software platform, which opens up the door for alternatives such as Android and iOS now and Chrome in the future.

しかし、長期的なトレンドに目を移すと、2012年の時点で予測した、これからの 3年間に販売される「PC」は、従来のデスクトップやラップトップではなくなるという、私の考えどおりに事態は展開している(GigaOm Research はサブスクリプションが必要)。 つまり、数多くのコンピューティング・タスクは、スマホやタブレットで実行できるようにフィルタリングされ、従来からのデスクトップ·ソフトウェア·プラットフォームを必要としていないのだ。そのような状況が、いまの Android や iOS に対して、そして、将来の Chrome OS に対して、新たなドアを開いている。

Related research

Noteworthy news in mobile from the fourth quarter 2012 January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile January 2013
The 2013 task management tools market January 2013

ーーーーー

image昨年の衝撃のチャートと言えるのが、7月19日の「iOS/Android の成長と Windows の後退」という抄訳におけるものです。このときで、Android と iOS の連合軍は、Windows に対してダブル・スコアという状況でしたが、それから 9ヶ月の間に Android が大きく伸びて、このような大差につながっています。 9インチ以下のデバイスに関しては、Windows がライセンス・フリーになるようですが、そうせざるを得ない背景が、このポストから読み取れますね。ただし、Microsoft が Android デバイスに課する特許料が、依然として売上をもたらしているようです。 したがって、Windows よりも Android が搭載される方が、Microsoft は儲かるという、奇妙な状況にあるのだと推測できます。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Mobile Security の調査:エンタープライズ と Android と フリー・アプリ
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Nokia X という Android フォンのウワサは本当なのか? ベトナムでは価格まで公表されている
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を ど〜ぞ!

モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有を示す1枚のチャート

Posted in Apple, Facebook, Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on April 2, 2014

The Mobile Web Is Dead, It’s All About Apps
http://wp.me/pwo1E-7mQ

Jay Yarow – Apr. 1, 2014
http://www.businessinsider.com/the-mobile-web-is-dead-its-all-about-apps-2014-4

_ Business Insider

Everyone is freaking out about this chart from mobile analytics company Flurry on Twitter today. It shows people spend 86% of their time on iOS and Android devices in apps. The mobile browser only accounts for 14% of our time now.

モバイル分析のスペシャリストである Flurry が、この火曜日(4/1)に示したチャートは、すべての人々にとって幻覚のように捉えられるだろう。それが、何を示しているのかと言えば、iOS と Android のユーザーたちがモバイル・デバイスを使うとき、その時間の 86% を、各種のアプリに費やしているという状況である。逆に言えば、モバイル・ブラウザの比率は、いまや 14% に過ぎないのである。

_  space

Business Insider/Statista/Flurry

A year ago, 80% of time was spent in apps, and 20% was in the mobile browser. Chart via Statista.

1年前に Statista が提供したチャートによると、その時間の 80% がアプリに費やされ、20% がモバイル・ブラウザに費やされていた。

ーーーーー

TAG index言われてみれば、そんな感じがしますよね。 Agile_Cat の場合も、Android スマホを使っているときには、かなりを時間を Facebook で費やします。 そこには、News Feed とたけではなく、仕事のユニットごとに切り分けた Group があるので、一般的なソーシャルというより、業務用の連絡ツールという意味合いのほうが強いのかもしれません。 また、この Business Insider や Mashable などの、News アプリも多用します。 それらを利用することで、電車の中でも、バスの中でも、おもしろいニュースがあれば、どんどんと Evernote にクリップしています。というわけで、ブラウザの使用率は、やはり、かなり低いのです。 見方を換えれば、すべてが Chrome になっていまうよりも、健全なのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング
モバイル・アドが倍増したが、まだ 全体の 15% に過ぎない
Facebook の有償プロモーション : アメリカ政府も御用達だ!
Facebook が Wall Street に愛される理由 : モバイル・アドの 16% をゲット!
Pinterest : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

%d bloggers like this: