Agile Cat — in the cloud

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

ファブレットが 絶好調だ! このブームは、どうやら本物らしい!

Posted in .Chronicle, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on January 27, 2016
Phablet Popularity Soars This Holiday Season
Felix Richter – Jan 4, 2016
http://www.statista.com/chart/4184/holiday-season-device-activations/
 
_ Statista
 
For the past few years now, smartphones and tablets have been among the most popular Christmas gifts around the world. Flurry Analytics examined data across more than 780,000 apps to determine which devices were particularly popular this holiday season. Since Christmas day typically sees the highest number of new device activations each year, it seems like a good metric to make out trends in consumer preferences.
 
これまでの数年において、スマートフォンとタブレットは、世界で最も人気のクリスマス・プレゼントとされてきた。そして、2015年のクリスマス・シーズンで、最も人気のデバイスを調べるために、Flurry Analytics は 780,000 ものアプリをトラッキングし、その結果となるデータを公表した。毎年のことだが、クリスマスには大量のデバイスがアクティベーションされるため、消費者の好みを探るには、とても良い基準になると思われる。
 
holiday_season_device_activationsClick to Large >>>
 
This chart breaks down new device activations in the 2015 holiday season by screen size.
 
According to Flurry’s data, Apple is the big winner this holiday season. Apple devices accounted for 49% of all new device activations between December 19 and 25 as consumers continue to show a growing appetite for phablet devices such as the iPhone 6s Plus.
 
Flurry’ のデータによると、このホリデー・シーズンでは、Apple が大勝利を収めている。12月19日〜25日の間で、新たにアクティベートされたデバイスのうち、Apple が 49%を占めることになった。その背景には、iPhone 6S Plus などのファブレット・デバイスが、消費者の注目を集め続けているという状況があるのだろう。
 
Phablets accounted for 27% of new device activations this holiday season, up from 13% in 2014 and just 4% during the same period in 2013. Considering these numbers, it becomes more and more clear that smartphones with 5+ inch screens, once derided as clunky niche devices, are here to stay and may soon become the de-facto standard in the smartphone industry.
 
ファブレットは 2015 クリスマス・シーズンで、新たにアクティベートされるデバイスの 27% を占めているが、2014年は 13% であり、2013年は 4% に過ぎなかったのだ。こうした数字ついて考えてみると、5-inch + のスクリーンを備えたスマートフォン(かつては不格好ニッチ・デバイスと言われた)が安定していることが分かる。 おそらく、時間をかけるこなく、スマートフォン業界のデファクト・スタンダードになっていくのだろう。
 
ーーーーー
mobile_55調べてみたら、日本で最初に販売された iPhone は、ソフトバンクによる iPhone 3G であり、発売日は 2008年7月とのことでした。その頃まで、ずっと Nokia を使い続けていた Agile Cat は、得意気に見せびらかす友人の、3.5-inch スクリーンの広大さに感激したことを、いまでも覚えています。しかも、その解像度はというと、320×480 もあったのです。Nokia も Blackberry も、2.4-inch 320×240 くらいのものでしたから、それは、もう、劇的な進歩だったわけです。ところが、その後の液晶技術の進化もめざましく、Nexus 6P では 5.7-inch 2560×1440 というディスプレイが搭載されるにいたっています。つまり、大型スクリーンがもたらす利便性と、使い勝手および可搬性とのトレードオフを経て、求められるスマフォのサイズが定まってきたのでしょう。言い換えるなら、iPhone 3G のサイズは、その当時の液晶技術が決めたものであり、もっと大きなデバイスを、大半のユーザーは望んでいたことになります。もちろん、それぞれの好みがありますし(Agile Cat も小ぶりが好きです)、それを否定する話ではありませんが、潜在的なマジョリティはファブレットにあるのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
次期 Nexus 6は Huawei 製になるのか? アメリカ市場で Huawei は復権するのか?
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
 

Comments Off on ファブレットが 絶好調だ! このブームは、どうやら本物らしい!

PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on January 21, 2016
PC sales hit an eight-year low in 2015
Matt Rosoff – Jan. 13, 2016
http://www.businessinsider.com/pc-sales-by-year-2016-1
 
_ Business Insider
 
PC sales hit an eight-year low in 2015, according to Gartner, shrinking about 8% from the previous year.
 
Gartner によると、2015年における PC の販売台数が、前年比で 8% ほど下落し、過去 8年間で最低のレベルに至ったようだ。
 
20160113_pc_bi
Statista
 
As you can see in this chart compiled by Statista, global PC sales peaked in 2011 at 365 million units. One year later, Microsoft released Windows 8, and it’s been all downhill since then. One can’t blame Windows 8 entirely — there was also a broader slowdown in the economy, particularly in developing economies that had been growing very fast a few years ago, and new competition from the iPad and other tablets, and rapidly improving smartphones in a mobile workforce.
 
この、Statista が作成したチャートを見れば明らかだが、グローバルにおける PC のピークは、2011年の 3.65 億台である。 そして 2012年には、Microsoft が Windows 8 をリリースしたが、それ以降はずっと下り坂である。だからと言って、Windows 8 だけを責めることができないのは、世界規模での経済の減速があり、それまでは急成長してきた途上国も、勢いを失ってきたからである。さらに言えば、iPad などのタブレットと新たに競い合うことになり、また、スマートフォンを活用するモバイル・ワーカーが急速に増えてきたことも、それに追い打ちをかけた。
 
Whatever the reasons for the decline, both Gartner and IDC believe that the PC market has almost hit bottom, and are forecasting a slight recovery or at least flattening in late 2016, driven in part by the rise of convertible tablet-PC hybrids and in part by enterprise adoption of new Windows 10 PCs.
 
衰退の理由は さて置き、Gartner と IDC の双方が、PC マーケットの下落傾向が底を打ったようだと発言している。そして、2016年だが、回復は難しいかもしれないが、少なくとも横ばいを維持するとしている。その理由としては、Tablet/PC ハイブリッドの上昇および、エンタープライズにおける Windows 10 の採用を挙げている。
 
ーーーーー
Post-PC昨年のスマフォの出荷台数が、13億台〜14億台と言われていますので、最もパーソナルなコンピュータの座が、完全に入れ替わったと見るべきなんでしょうね。いまの Agile Cat のデスクトップとラップトップは Mac なのですが、そこでしか動かないようなアプリは使いませんし、すべてのデータがクラウド上にありますので、いつでも簡単に、Windows  に戻れると思っています。 しかし、いま以上に速いマシンが必要かと考えると、アップデートの必然性が見つからないというのが、正直なところなのです。スマフォの方は、SIM フリーの Android を使っていますので、契約のタイミングに影響を受けないのですが、それでも、1年置きくらいで買い替えになりますね。おそらく、それが、一般的な買い替えサイクルなのでしょう。そして、ハードウェアと OS は何でも良いという、面倒の少ない時代になってきましたが、その分だけ、クラウド・サービスを上手く使うという視点で、頭を悩ますことが増えたと感じています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
iPad の悩み:伸びない販売台数と、低下する平均単価を、2枚のチャートで!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!

Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on January 13, 2016
Microsoft’s Windows 10 running on 200 million devices
Reuters | Jan 5, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Microsofts-Windows-10-running-on-200-million-devices/articleshow/50450716.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Microsoft’s latest operating system, Windows 10, is running on 200 million devices in what the company said was the fastest adoption rate of any of its operating systems.
 
SAN FRANCISCO: Microsoft の最新オペレーティング・システムである Windows 10 だが、すでに 2億台のデバイス上で走っているようだ。 同社の発言によると、これまでの、あらゆるオペレーティング・システムの中で、最速の普及率を示しているという。
 
wall-house-window-loftImage PEXELS
 
The latest version Microsoft’s OS, Windows 10 replaced Windows 8, which was heavily criticized.
 
Windows 10, which the company released as a free download in July, powers both personal computers and devices like phones. It replaced Windows 8, the heavily criticized system dating from 2012.
 
Microsoft は 2015年7月に、無償のダウンロード・バージョンとして、PC と Mobile といったデバイスにパワーを供給する Windows 10 をリリースしている。そして、2012年から厳しく批判され続けてきた Windows 8 を、次々とリプレイスしている状況にある。
 
Just over two months ago, chief executive officer Satya Nadella said 110 million devices were running Windows 10, meaning the system is now on almost double the number of phones and PCs compared to before the holiday season.
 
つい 2ヶ月前のことだが、同社の CEO である Satya Nadella は、Windows10 が 1.1億台のデバイスで走っていると発言していた。そう考えると、このシステムは、クリスマス・シーズンを挟んで、約2倍の Phone/PC に浸透したことになる。
 
ーーーーー
PC Tablet OS WWMSすばらしい出足の Windows 10 ですね! 2015年9月に、「Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!」という抄訳をポストしましたが、その勢いが続いているようです。この数年における PC の総出荷台数は、年間で3億台〜4億台のはずですから、約半年で2億台というのは、かなりのペースト言えるでしょう。そして、トラフィックについても調べようと思い、久々の StarCounter で、Desktop/Tablet OS の WorldWide 比較を参照したら、このチャートが出てきました(クリックで拡大)。2015年7月から、急激に立ち上がっている Windows 10 ですが、早ければ1年くらいで Windows 7 に追いつくかもしれません。ちなみに、Agile Cat が iPad を片手に、よくノマドするスタバでも、最近は Sarfece 勢に包囲される日が多くなってきました :)  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・

Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

Posted in Asia, Government, Microsoft, Post-PC by agilecat.cloud on January 6, 2016
Microsoft Cozies Up to China With a Custom Version of Windows
Kif Leswing – December 17, 2015
http://fortune.com/2015/12/17/china-microsoft-windows-10/
 
_Fortune
 
The Chinese government is getting a version of Windows just for its workers.
 
China 政府だが、その職員のためだけの、専用 Windows バージョンを手にすることになった。
 
Microsoft will provide a customized version of Windows 10 to the Chinese government, the company announced on Thursday, as it continues to strengthen its relationship with Chinese regulators.
 
12月16日の Microsoft のアナウンスメントによると、China 政府のためにカスタマイズされた Windows 10 バージョンが提供されるが、それは、China 規制当局との関係が強化され続けていることの証でもある。
 
The partnership is a major turnaround for Microsoft’s ambitions in China. In 2014, regulators conducted an anti-monopoly investigation into the company over Windows’ dominance in the market, and even banned government purchases of computers running the operating system.
 
このパートナーシップは、China マーケットに野心を抱く Microsoft にとって、きわめて重要な転機となる。2014年、同国の規制当局は、マーケットにおける Windows の支配力に関して、同社にアンチ・トラストの疑いがあるとし、調査を実施している。さらに言えば、このオペレーティング・システムを走らせるコンピュータの、政府調達を禁止してもいた。
 
Microsoft AsiaThe custom Chinese version of Windows 10 will be “government-approved,” and will include Chinese-selected antivirus software. It will be distributed to Chinese government agencies and certain state-owned companies by C&M Information Technologies, a new Beijing-based venture created specifically for the partnership.
 
この、Windows 10 China カスタム・バージョンは、同政府が承認するものとなり、また、アンチ・ウイルス・ソフトウェアも China セレクションとなる。そして、China の政府機関や、特定の国有企業に配布されるが、その窓口となる C&M Information Technologies は、このパートナーシップのために設立された、Beijing ベースのベンチャーである。
 
From Microsoft’s blog post:
 
“We’re announcing a new joint venture that will license, deploy, manage and optimize Windows 10 for China’s government agencies and certain state owned enterprises and provide ongoing support and services for these customers.
 
「私たちがアナウンスした新たなジョイント・ベンチャーは、中国の政府機関および特定の国有企業に対して、Windows 10 のライセンスを提供/管理/最適化するという役割を担う。そして、それらの顧客に対して、継続的なサポートとサービスを提供していく」
 
The joint venture is not final, however. Microsoft says it is still subject to regulatory approval. The Chinese body participating in the joint venture is the China Electronics Technology Group. In September, Microsoft worked with CETG to make China’s top search engine, Baidu, the default homepage and search engine in its Edge browser in the region.
 
しかし、このジョイント・ベンチャーにより、すべてが解決したわけではない。Microsoft の発言によると、依然として規制当局が承認する対象になるという。そして、このジョイント・ベンチャーに参加する China の団体は、China Electronics Technology Group となる。2015年9月に、Microsoft は CETG と協力することで、この地域での Edge ブラウザーの、デフォルトのホームページと検索エンジンを、China のトップ・ブランド Baidu に切り替えている。
 
For Microsoft, the partnership not only secures the company a huge customer likely to spend hundreds of millions of dollars going forward, but also gives the company firm ground in a vast market where many of Microsoft’s most important vendors—such as Lenovo and Xiaomi ーare based.
 
Microsoft にとって、今回のパートナーシップは、これから数億ドルを費やすかもしれない、大手の顧客を確保するだけのものではない。つまり、同社にとって最も重要なベンダーである、Lenovo や Xiaomi などに対して、広大な基盤と市場を提供することにもなるのだ。
 
Microsoft says that “hundreds of millions” of PCs in China run Windows. However, one concern is that many of those copies are pirated. It’s very possible that Microsoft will look to work with Chinese regulators to try to crack down on software piracy.
 
Microsot が言うには、China には数億台の、Windows PC が存在していることになる。しかし、大量の無断複製と海賊版があることが、一つの懸念となっている。したがって、Microsoft と China の規制当局が協調して、ソフトウェアの海賊版を厳しく取り締まるという、大きな可能性も生じてくる。
 
In September, Microsoft CEO Satya Nadella met with Chinese president Xi Jinping to discuss concerns about intellectual property rights as well as how American tech firms can crack the huge market. Microsoft’s cloud server service, Azure, set up shop in China last year, partnering with Chinese company 21Vianet.
 
2015年9月に、Microsoft の CEO である Satya Nadella が、China の主席である Xi Jinping と会談し、知的財産権に関する懸念だけでなく、どのようにしてアメリカ企業が、この巨大市場を理解すべきかについて議論している。たとえば、Microsoft のクラウド・サービスである Azure は、China の 21Vianet と提携することで、昨年に China 対応を完了している。
 
The Chinese government can also chalk up its partnership with Microsoft as a win. Recently, Chinese officials have been publicly concerned about big U.S. tech firms including secret backdoors in its software in light of Edward Snowden’s revelations about the National Security Agency’s spying programs.
 
その一方で China 政府は、この Microsoft との提携を、成功事例として位置づけることができる。最近のことだが、China で当局は、大手 US テック・ベンダーに関して、公式に懸念を表明している。そこには、National Security Agency のスパイ・プログラムに関する、Edward Snowden の暴露を考慮した、ソフトウェアのバックドア問題も含まれていたのだ。
 
China removed several U.S. tech firms from government-approved purchase lists earlier this year, and even started to develop its own alternative to Windows, called NeoKylin. The deal with Microsoft presumably will allow China to inspect its version of Windows 10 to ensure there are no hidden surprises that might compromise state security.
 
2015年の初めに、China 政府が承認した調達リストから、いくつかの US テック・ベンダーが排除された。さらに言えば、Windows に対する独自の代替案として、NeoKylin と呼ばれる OS が開発されようとしていた。今回の Microsoft との契約を推定すると、おそらく China 政府は、国家の安全保障を守るために、対象となる Windows 10 のバージョンに関して、情報の開示を求め、また、検査を実施するのだろう。
 
Recently, it was revealed that China supports state-owned companies seeking to develop a homegrown secure smartphone operating system.
 
最近のことだが、その一方で China は、セキュアな国産スマートフォン OS を開発しようとしている、国有企業をサポートしていることを明らかにしている。
 
ーーーーー
MS2012年のことですが、21Vianet という ローカル DC事業者と Microsoft が提携し、中国国内に Azure を提供し始めるという、ニュースが流れていました。そして、昨年の 4月には、その提携が 2018年まで延長されるとも、報じられていました。また、中国の Nerflix という位置づけの、LeTV も Azure を活用しているようです。そして、最近は、中国政府による Windows 10 の調達という話まで、登場してきたわけです。昨年の 9月に、習近平 主席が訪米し、シアトルで 米テック・リーダーたちとミーティングを行いましたが、その後は Bill Gates とプライベート・ディナーをともにしたようです。おそらく、Microsoft は、持てる力を総動員して、中国に取り組んでいるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?

ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年: 何枚かのチャートで振り返る!

Posted in .Chronicle, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on December 11, 2015
THE FUTURE OF DIGITAL: 2015
Henry Blodget and BI Intelligence – Dec 8, 2015
http://www.businessinsider.com/the-future-of-digital-2015-2015-12
 
_ Business Insider
 
We’re at Business Insider’s Ignition event to hear from business leaders and notable folks in the tech space, who are sharing their thoughts on where the future of digital business is heading.
 
私たち Business Insider の Ignition イベントは、このテック・スペースにおけるビジネス・リーダーや注目すべき人々から、重要な論点を聞き出すための場である。それらの人々は、未来のデジタル・ビジネスが向かっていく方向を示し、それぞれの視点を共有してくれる。
 
BI Blodget OpenMichael Seto
 
To kick off today’s events, Business Insider CEO Henry Blodget delivered the following presentation put together with the help of the BI Intelligence team.
 
今日のイベントのキック・オフにおいて、Business Insider の CEO である Henry Blodget は、BI Intelligence チームが作成した、以下のプレゼンテーションを提供した。
 
ーーーーー
 
ここからは、注釈を加えていきますね・・・  ここで参照する資料には、「7 predictions about the future of media」というタイトルが付いています。 そして、導入部である「1: Digital will inherit the earth」を、Business Insider の記事として、以下のようにポストしてるわけです。そのタイトルからして、J.P. Horgan の「星を継ぐもの」を連想してしまいますが、それで構いませんという、BI Intelligence の意図が見え隠れします。まぁ、それくらい、イメージを膨らまして眺めてみても、差し支え無いでしょう :)
 
以下のチャートは、2011年〜2015年の US における、各種メディアの衰退と成長を示しています。Print が生まれ、Radio が発明され、さらに TV が普及するというふうに、これまでの歴史においても、浮き沈みがあったと推測できますが、わずか5年の間に、ここまでドラスティックに変化したことは無かったでしょう。 そして、すべての衰退分を、Mobile が吸い上げている点に注目です。
 
BI Media 2015_ABusiness Insider
 
このチャートは、これほどまでにディジタルが、若年層に好まれているという状況示しています。 左から、(水色)TV を観る、(赤)新聞・雑誌を読む、(緑)ラジオを聴く、(灰)PC などを使う、(朱)スマホを使う、、、という比率です。このデータは 2013年のものですが、今年のデータが見れるなら、右から左へと浸食が進んでいるはずだと思います。
 
BI Media 2015_B
Business Insider

以下のチャートは、US における世代構成を示すものです。 一番 左の(赤)Gen-Z は 2000年代に入ってから生まれた人たちで、その隣の(水色)Millennials は 2000年代に成人となった人たちと、大まかなところで分類されています。そして、左から右へと、世代交代が繰り返されていくわけです。まるで氷河のような、ユックリとですが、誰にも止められない、強大な圧力を感じてしまいます。
 
BI Media 2015_C
Business Insider

Business Intelligence は、この Gen-Z と Millennials を、最初のディジタル・ネイティブ世代と名づけています。そして、この、星を継ぐものたちが、全人口の 45% を占める時代に入ったと指摘しています。彼らの、メディアに対する好みは、これまでの人々と、大きく異なっています。 18歳〜24歳 を取り出して、TV を観る時間が、この4年強の間に、どれだけ少なくなってきているのかを、以下のチャートが示しています。
 BI Media 2015_D
Business Insider

それとは反対に、ディジタル・メディアの利用時間は、以下のように伸びています。 そして、成長分の大半は、モバイル・アプリにより、もたらされている点に注目です。 そこだけを比較すると、2013年から 2015年にかけて、ほぼ二倍という成長を遂げているのですから・・・
 

BI Media 2015_E

Business Insider

ーーーーー

research_55本編の PDF がダウンロードできます。 108 ページもありますが、大半が見やすいチャートで構成されているので、パラパラとめくっているだけで、楽しめますというか、頭がクラクラしてきますというか、、、です :)  今週も、もう金曜日。 来週を頑張れば、そろそろ今年も終わりという感じの Agile Cat ですが、みなさんは如何ですか? ほんとうは、別のコンテントを訳す予定だったのですが、Radio Tunes の Pop Christmas というチャネルを聴いていたら、これを訳すというか、整理するというか、そんな気分になってしまいました。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014:Top-20 ポストと 総マトメ
2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ
 

Comments Off on ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年: 何枚かのチャートで振り返る!

Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?

Posted in Asia, Microsoft, Post-PC, Xiaomi by agilecat.cloud on December 2, 2015
In major departure, Xiaomi’s new tablet will also run Windows 10
Erik Crouch – Nov 24, 2015
https://www.techinasia.com/major-departure-xiaomis-tablet-run-windows-10/
 
_ tech in asia
 
Xiaomi’s latest tablet, the Mi Pad 2, is thinner than its predecessor, features a full-metal body, and will even be capable of running Windows 10, the company announced at an event today in Beijing.
 
今日(11/24)の Beijing で開催された Xiaomi のイベントで、同社の最新タブレットである Mi Pad 2 は、従来のモデルとくらべて薄くなり、フルメタル・ボディを備え、さらに、Windows 10 を走らせることになるという発表があった。
 
xiaomi-tablet-2The Mi Pad 2 will be available with 16 and 64 gigabytes of storage, and features a 7.9-inch screen, an Intel X5 quad-core processor, and USB type-C charging. In a nod to Apple’s “Rose Gold” iPhone 6S, the Xiaomi tablet will be available in “Champagne Gold” in addition to dark grey. The 16GB model will retail for RMB 999 (US$156) and the 64GB model will go for RMB 1,299 (US$203).
 
この Mi Pad 2 には、16 GB と 64 GB のストレージ・バージョンがあり、7.9-inch のディスプレイと、Intel X5 Quad-Core プロセッサ、そして USB type-C による充電機能が備えられるという。また、Apple の “Rose Gold” iPhone 6S に同意するものとして、“Champagne Gold” バージョンが、”Dark Grey” に加えて提供されるようだ。そして、価格だが、16 GB モデルが RMB 999 (US$156) であり、64 GB モデルが RMB 1,299 (US$203) になるという。
 
One particularly exciting detail for more serious tablet users came at the end of Xiaomi CEO Lei Jun’s speech, where he mentioned that the device will also be capable of running Windows 10. This marks a significant departure for Xiaomi, a company that has prided itself on using its homegrown MIUI Android skin and feature set for all of its devices.
 
タブレットを真剣に使おうとするユーザーにとって、とりわけ刺激的だったのは、Xiaomi の CEO である Lei Jun が最後に話した、Windows 10 への対応になるだろう。それが、Xiaomi にとって大きな変革になるのは、内製してきた MIUI Android のスキンと機能のセットを、すべてのデバイスに展開し、また、同社の誇りにしてきたからだ。
 
xiaomi-windows-tabletThe MIUI-based Mi Pad 2 is due for release this month, with the Windows 10 version slated for December.
 
それらの出荷時期であるが、MIUI-based Mi Pad 2 は 11月となり、Windows 10 バージョンは 12月になるとのことだ。
 
Today’s event did not feature the much-rumored Xiaomi laptop, but building a high-quality tablet that can run Windows is already more than halfway there. If the company can come up with a solid keyboard dock, then they’ll be in the same game as Microsoft with its Surface Book or Apple with its iPad Pro.
 
今日のイベントでは、ウワサの Xiaomi ラップトップについては言及されなかったが、Windows を走らせる高品質タブレットが開発されたなら、その計画も半分以上は進んでいると思って良いだろう。そして、同社がハードウェア・キーボード・ドックに取り組むなら、Surface Book や Apple iPad Pro と同じセグメントで戦うことになる。
 
But the company still has a ways to go before truly rivaling either of those companies: especially with only a 7.9-inch screen on its flagship.
 
とは言え、Xiaomi は、それらのライバルたちと本格的に競合する前に、主力を 7.9-inch だけに絞り込むという戦略も取り得るのだ。
 
Editing by Terence Lee
 
ーーーーー
MSこれは、とても面白い展開になってきましたね。そして、気になるのが Windows 10  for Xiaomi Mi Pad 2 のアプリが、いったい何処からダウンロードされるのかという点です。 順当に考えるなら、Xiaomi のアップ・ストアから提供され、Microsoft やサード・パーティのアプリが売れた場合に、リベニュー・シェアが行われるというシナリオです。 それとも、ユーザー・プロファイルだけが Xiaomi サイトに置かれ、アプリは Microsoft からとなるのでしょうか? Apple が China Telecom と連携させられ、Google は攻めあぐねているという状況の中で、ここでも Microsoft が先手を取っているのかもしれません。 2011年の時点で、21Vianet を介して、中国市場に Azure を提供し始めたことが、大きな実績になっていても、なんの不思議もありませんものね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:その新たな勢力図!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
 

Comments Off on Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?

iPad Pro が充電時にクラッシュするという問題:Apple がオフィシャルに認めたようだ!

Posted in Apple, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on November 21, 2015
Apple has admitted that there’s a problem with the giant new iPad Pro
James Cook – Nov 20, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-admitted-theres-a-problem-with-the-giant-new-ipad-pro-2015-11
 
_ Business Insider
 
Apple has published a document saying the company is aware of complaints over an issue with the new iPad Pro, The Register reports.
 
The Register のレポート によると、Apple は公表したドキュメントにおいて、新しい iPad Pro に関連する苦情が集まっているという、認識を示しているようだ。
 
iPadWikipedia
 
As we reported on Wednesday, multiple customers are complaining on Apple’s support forums that their new device stops working when they connect it to a charger.
 
Apple のサポート・フォーラムに届いた、複数のカスタマーからの指摘とは、Busiiness Insider が水曜日にレポートしたように、このデバイスを充電器に接続すると動作しなくなるというものだった。
 
Apple has now confirmed it is “aware of this issue and is investigating.”
 
そして、Apple も、「問題は認識しており、調査中である」というコメントを掲載しており、この状況を認めている。
 
iPad Pro ProblemClick to Large >>> 
 
The iPad Pro is the large-screened iPad that’s designed for workers and enterprise customers. The screen is much larger than a normal iPad, it’s 12.9 inches, instead of the normal 9.7-inch screen.
 
この iPad Pro とは、エンタープライズのビジネス・ワーカーのために設計された、大型スクリーンを持つ iPad のことである。通常の iPad のスクリーンが 9.7-inch であるのに対して、iPad Pro の場合は 12.9-inch にまで拡大されている。
 
The launch of the iPad Pro hasn’t been smooth. In addition to the issue of iPad Pros crashing when being charged, there has also been a problem with the supply of the Apple Pencil stylus and the keyboard case.
 
iPad Pro の立ち上げは、スムーズに進んでいない。 つまり、充電時にクラッシュしてしまうというバグに加えて、Apple Pencil Stylus と Keyboard Case の供給にも問題を抱えているのだ。
 
Shipping times for the devices at launch were over a month, meaning customers couldn’t use the specialist accessories for their devices. That hasn’t just caused a shortage of goods — there’s also a black market for Apple Pencils fuelled by the reduced supply.
 
このデバイスが出荷されてから、すでに1ヶ月が過ぎているが、楽しみにしているスペシャルなアクセサリーを、使うことの出来ない顧客もいるはずだ。それは、在庫の不足だけに、問題があるというわけでもない。つまり、Apple Pencils の生産量を絞り込んだことで需給のバランスが崩れ、ブラック・マーケットが生まれてしまったことにも起因しているのだ。
 
ーーーーー
appleせっかく買った iPad Pro なのに、イライラしている方も多いでしょうね おそらく、発売日に合わせて、Foxconn などの工場から一斉に配送されたはずですが、それ以前の段階でのテストが不足していたのでしょう。 もしくは、iPhone 6S で騒ぎになったように(結局は問題ではなかったけど)、複数のパーツ・サプライヤーが関与しているために、テストに漏れが生じたのかもしれません。最近の Apple ですが、こういうミスが多いように思えます。 iOS 9 にしても、古い iPhone や iPad を使っているユーザーには9.1 からの供給でまったく問題なかったと感じていますもう少しゆったりと構えて安定した製品を供給して欲しいですよね _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPad の悩み:伸びない販売台数と、低下する平均単価を、2枚のチャートで!
iPad も不調だが、Android タブレットも大きく落ち込んでいる!
Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!
 

Comments Off on iPad Pro が充電時にクラッシュするという問題:Apple がオフィシャルに認めたようだ!

%d bloggers like this: