Agile Cat — in the cloud

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Posted in .Selected, Mobile, Patent, Qualcomm by Agile Cat on February 13, 2014

Qualcomm buys major mobile patent portfolio from HP, including Palm patents
http://wp.me/pwo1E-7ck

By Jeff John Roberts – Jan 23, 2014
http://gigaom.com/2014/01/23/qualcomm-buys-major-mobile-patent-portfolio-including-palm-patents/

_ Giga Om
Summary: Qualcomm just picked up a big trove of mobile-related patents from HP, which could signal a new escalation in the ongoing intellectual property battles in the mobile industry.

Summary: 最近の Qualcomm だが、HP からモバイル関連特許を大量に買い求めており、モバイル業界で継続中の知的財産権における戦いが、さらに加熱する可能性が生じている。

ーーーーー

Mobile chip-maker Qualcomm on Thursday announced that it acquired 2,400 issued and pending patents from Hewlett-Packard, including those related to defunct handset maker Palm, which HP acquired in 2010 for $1.2 billion but failed to revive.

木曜日 (1/23) のことだが、モバイル・チップ・メーカーである Qualcomm が、2400件の特許と、出願中の特許を、Hewlett-Packard から獲得したことを発表した。そして、その中には、2010年に HP が $1.2 Billion で買収したものの、復活させることができずに死なせてしまった、モバイル・フォン・メーカー Palm に関連するものも含まれる。

The companies announced the deal in a release that did not disclose the price or many other details, beyond the fact that most of the patents were issued in the U.S. and that they cover “technologies that include fundamental mobile operating system techniques.”

両社のアナウンスメントは、それらの特許の大半がアメリカで米国で発行され、また、「 モバイル OS の基本的なテクノロジー」をカバーしていることは認めているが、この取引における対価といった、それ以外の詳細は、まったく明らかにされていない。

The acquisition is likely to have an impact on the ongoing smartphone patent wars, which have taken on a new intensity in light of an Apple-backed consortium’s recent lawsuit campaign against a variety of Android handset makers.

この買収により、継続中のスマートフォン特許戦争に、影響が生じる可能性がある。つまり、Apple が支援するコンソーシアムが、多様な Android デバイス・メーカーに対して繰り広げる、最近の訴訟のキャンペーンを考慮した、新たな対抗策になり得る。

The release does state that the HP deal will add to Qualcomm’s “industry-leading mobile patent portfolio and will enable the company to offer even more value to current and future licensees” — which is another way of saying that other companies operating in the mobile space better duck.

このリリースが述べているのは、HP との契約により Qualcomm は、「 業界をリードするモバイル特許ポートフォリオを強化し、また、現状と未来におけるライセンス利用者として、より多くの価値を提供していけるようになる」という点である。さらに言えば、モバイル分野における他社の行動を、陳腐なものに置き換えてしまう方式でもある。

Qualcomm has a controversial history of leveraging its patent portfolio, including a long-running legal battle with Broadcom that led an appeals court to declare that Qualcomm had abused its monopoly over standards-essential “FRAND” patents.

Qualcomm には、その特許ポートフォリオを用いて、他社との係争を繰り返してきたという歴史がある。そして、そこには、スタンダードの本質である FRAND特許を、Qualcomm が独占的に乱用していたと、法廷に宣言させようとする Broadcom との、長い係争も含まれる。

For HP, as my colleague Kevin Tofel recently pointed out, the deal could mean that it recouped at least a good part of its investment in Palm.

その一方で、私の同僚である Kevin Tofel が先日に指摘したように、HP は Palm への膨大な投資から、かなりの金額を取り戻していると、少なくとも考えられるだろう。

Related research

GigaOM Research highs and lows from CES 2013 – January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How to manage the signaling storm in 2013 – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまのモバイル・デバイスの世界は、このプロダクトで必要とされる様々な機能が次から次へとチップ化し、それを半導体の高集積化テクノロジーが加速させている、という状況を作り出しています。 そうなってくると、これまでは、ハンドセット・マニュファクチャが占有していた知的財産と、チップ・メーカーの領域が重なりあい、様々なトラブルが生じることになると、Qualcomm は考えているのでしょう。 それと、Chromecast を Marvell が製造し、また、Qualcomm 自身も Toq Smartwatch を発表しているような状況を見ると、これまでのサプライ・チェーンではあり得なかった、階層を超えた競合が、すでに始まっていると捉えることが可能です。半導体メーカーの動きにも、注目していく必要がありますね。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える裁判の最終決戦が迫る
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている

Posted in Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on February 11, 2014

Thanks to licensing deals, Microsoft is Android’s biggest fan
http://wp.me/pwo1E-7bI
Robert Nazarian – Feb 10th 2014
http://www.talkandroid.com/195554-thanks-to-licensing-deals-microsoft-is-androids-biggest-fan/

_ Talk Android

Remember all those licensing deals that Microsoft inked with Android manufacturers like HTC, Samsung, Acer and others? Well here’s a little update for you. Microsoft is making a whopping $2 billion from those deals annually.

Microsoft が、HTC/Samsung/Acer などと、つまり、それらの Android マニュファクチャたちと締結した、すべてのライセンス契約を覚えているだろうか? 忘れている人も多いはずなので、ちょっとアップデートしたい。まず、Microsoft は、これらの契約から、$2 Billion/年を手にしている。

According to Nomura analyst Rick Sherlund, Microsoft is making an average of $5.00 per Android phone sold, and they have about 70% of the market covered with their deals between OEMs and ODMs. If you factor in 90% gross margin on these revenues, It’s estimated that Microsoft took in $1.6 billion for the 2013 fiscal year, and they are expected to bring in $1.73 billion for the 2014 fiscal year. 2015 will bring in $1.82 billion.

Nomura のアナリストである Rich Sherlund によると、Android フォンが売れるたびに、Microsoft は $5.00 平均の売上を手にする。そして、OEM や ODM が取り扱うことで、マーケットにおける Android のシェアは、全体の 70% をカバーするに至っている。これらの売上に対して、90% の粗利率があるとするなら、Microsoft の会計年度 2013年において、$1.6 Billion の利益をもたらすと推定される。それは、会計年度の 2014年には $1.73 Billion に至り、2015年には $1.82 Billion に至るとされる。

To further clarify things, if it weren’t for Android, Microsoft would be losing a boatload of money in the Entertainment and Devices Division (EDD). This division covers the Xbox, Windows Phone, and Skype. If Microsoft didn’t have these deals in place, the EDD division would be losing about $2.5 billion annually with Xbox representing $2 billion of that number.

そして、さらに、もち Android が存在しなければ、Microsoft の Entertainment and Devices Division(EDD)における、最大の収入源が失われるという事実も明らかになる。この部門は、Xbox および、Windows Phone、Skype をカバーしている。そして Microsoft が、この EDD に Android の売上を加えないとするなら、Xbox が指し示す $2 Billion という数字から、$2.5 Billion が失われることになる。

I think it’s safe to say that Microsoft makes a lot more money from Android than Windows Phones, therefore making them Android’s biggest fans to date.

したがって、Microsoft は Windows Phone から得る以上に、Android から収入を上げていると言っても過言ではないと思う。そして、Android は、最大のファンを、ここに持っている。

source: ZDNet

ーーーーー

TAG indexこの、Android と Microsoft をめぐる特許の問題は、Nortel や Motorola の買収などを経て沈静化していますが、いまも継続して、一定の特許料使用料が Microsoft に対して、支払われているようでうす。 また、先週には、Google から Lenovo へと、Motorola が売却されていくというニュースが飛び交っていました。特許という難しい問題を取り上げると同時に、Android と Windows Phone の力関係を示す、とても興味深いトピックですね。image

ーーーーー

<関連>

Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を?
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Posted in .Selected, Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Strategy by Agile Cat on February 4, 2014

Google paid $4B for patents: why the Motorola deal worked out just fine
http://wp.me/pwo1E-7ag

By Jeff John Roberts – Jan 30, 2014
http://gigaom.com/2014/01/30/google-paid-4b-for-patents-why-the-motorola-deal-worked-out-just-fine/

_ Giga Om

Summary: A closer look at Google’s purchase and sale of Motorola shows the final price of the deal was around $4 billion for a big patent portfolio. That’s a reasonable price to pay in the face of a unreasonable patent system.

Summary: Google による Motorola の買収/売却を注視すると、巨大な特許ポートフォリオに対する $4 Billion が、結果としての買収価格であったことが見えてくる。つまり、不合理な特許制度に対向するために、合理的な対価が支払われたわけである。

ーーーーー

photo: 2@NixoR/Pond5

When Google bought Motorola Mobility for $12.5 billion in 2011, many people said it was all about the patents — and they were right. Now, on news that Google sold the device maker for just $2.9 billion, it’s worth examining if the deal made sense, and what role the patents played.

Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。

The short answer is that the deal, including the patent part of it, worked out just fine. A look at the math, and the competitive landscape, shows that the purchase and sale of Motorola made strategic sense for Google, even at that $12.5 billion price tag.

端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。 たとえ $12.5 Billion の値札であったとしても、この競合の世界を見渡すと、Mtorola の買収/売却は Googleにとって、戦略的な意味があったことを示している。

The final outcome of the Motorola deal validates Google’s strategy at a time when most patents are business weapons unrelated to actual innovation. It also provides yet another reminder of how badly America needs patent reform.

大半の特許が現実のイノベーションから遊離したビジネス上の武器であるにもかかわらず、この Motorola に関する最終的な結果は、Google の戦略性を証明している。 さらに言えば、アメリカにおける劣悪な特許を改革しようという試みが、どれだけ必要とされているのかを、思い出させてくれる。

Google encircled, a controversial counter-attack

Recall that one month before the acquisition, Google’s rivals — including Apple, Microsoft and BlackBerry — had snapped up a coveted patent portfolio at auction, giving them a new stick to pummel Google in a global and ever-sprawling legal battle over smartphones.

話は 2011年に戻るが、Google が Motorola を買収した 1ヶ月前のことを思い出して欲しい。 Apple と Microsoft と BlackBerry を含む Google のライバルたちは、熱望する特許ポートフォリオをオークションで競り落とし、スマートフォンを不規則に覆い包む法廷闘争で、Google を叩くための新しいステッキを手に入れた。

The deal, then, gave Google a chance to counter-attack or at least hold its ground thanks to Motorola’s intellectual property, which reportedly amounted to 17,000 issued patents and 7,500 applications. Google has never been a big booster of a patent system that awards patents for inventions like a “method of swinging on a swing” but, given the context, this was a case of if you can’t beat ‘em, join ‘em.

しかし、そのときのオークションは、その後の Google にカウンター攻撃のチャンスを与えることになった。Motorola の知的財産の買収は、少なくとも 17,000 件の特許と、7,500 件の申請を含むものであったと、レポートされている。そして Google は、イノベーションのための特許を奨励する “method of swinging on a swing” のような、特許システムの推進者ではないが、これまでの文脈を考えると、協業も敵対も許さないという事例を作り出している。

Or, as programmer Robert Eric Raymond put it at the time:

プログラマである Robert Eric Raymond は、その時に、以下のように述べている

This is Google telling Apple and Microsoft and Oracle “You want to play silly-buggers with junk patents? Bring it on; we’ll countersue you into oblivion.”

それは、Google から Apple/Microsoft/Oracle に対する、「 ジャンク特許を振り回す、愚か者になりたいのか? それを持ち出すなら、あなた方は、忘却の彼方から、逆に訴えられるだろう」という宣言である。

Sure enough, Google went ahead and poured more gasoline on the smartphone patent wars, in part by asking the International Trade Commission to ban iPhone imports because the popular Apple devices infringed Motorola patents. The ITC lawsuit, however, was a flop and some of Google’s other legal adventures with the Motorola patents have outright backfired.

案の定、Google は、International Trade Commission(国際貿易委員会)に対して、iPhone の輸入を禁止すべきと要求することで、スマートフォンの特許戦争にガソリンを注いだ。その理由は、Apple の人気のデバイスが、Motorola の特許を侵害しているため、というものだった。 しかし、この ITC 訴訟は失敗であり、Motorola の特許を用いた Google の法廷での冒険は、その一部において完全に裏目に出た

Last fall, for instance, the company sued Microsoft for patent infringement but a jury ordered Google to pay up for fighting dirty with standards-essential FRAND patents, which must be licensed on Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory terms. (Google, by the way, is not the only accused of messing with FRAND — the cable industry just sued an Apple-backed group over the same tactic).

続いて、昨年の秋に Google は、Microsoft が特許を侵害しているという提訴を起こしたが、ある陪審員が同社に命じたのは、不可欠なスタンダードである FRAND(Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory)特許に対して汚れた戦いを仕掛けるなら、その代償を支払えというものであった。( ただし、FRAND を汚すとして批判されたのは、Google だけではない。ケーブル業界でも、Apple の支援するグループが、同じ策を弄していると訴えられている

The bottom line is that the Motorola patents haven’t always worked out as well as Google might have hoped. But that doesn’t mean buying Motorola was a mistake.

つまり、Motorola の特許は、Google が期待するほど、常に効果的ではないというのが、この件に関する結論となる。 ただし、そうだからと言って、Motorola の買収が間違いだったという意味ではない。

The math of irrational patents and the end of war

Sure, Google bought the company for $12.5 billion and sold it for around $3 billion, but that doesn’t necessarily mean it was a bad deal from a patent perspective. While the spread suggests Google lost its shirt, the amount it will actually spend on Motorola at the end of the day is around $4 billion — and it’s keeping the patents.

たしかに Google は、$12.5 Billion で Motorola を買収し、$3 Billion 前後で売却した。ただし、特許という観点からして、必ずしもそれが、ひどい取引だったというわけではない。Google は大損をしたと吹聴する向きもあるが、Motorola を手放す日において、そこに支払われた対価は $4 Billion だとする見方もある。 さらに言えば、論点となっている特許は、Google の手元に残るという計算である。

The $4 billion figure, as analyst Benedict Evans, the New York Times and Bloomberg noted, results from the fact that Motorola had around $3 billion in cash on hand, and from the $6 billion Google recouped from selling off units of the device maker.

この $4 Billion という数字であるが、アナリストの Benedict Evans や、New York Times、そして Bloomberg が指摘するように、買収時に Motorola の手元にあった $3 Billion を差し引き、さらには、このデバイス・メーカーを投げ売りしたことで控除される、$6 Billion を差し引いた結果となる。

As for the patents, CEO Larry Page had this to say:

この、一連の特許について、CEO である Larry Page は、以下のように語っている

Motorola’s patents have helped create a level playing field, which is good news for all Android’s users and partners … Google will retain the vast majority of Motorola’s patents, which we will continue to use to defend the entire Android ecosystem.

Motorola の特許により、すべての Android のユーザー/パートナーにとって朗報となる、公平な競争の場の創出が促進された… Google は、Motorola 特許の大部分を保持し、Android エコシステム全体と守るために、それを使用し続ける。

Page’s words are a reminder that while some of the Motorola patents didn’t pan out in court, there are still thousands more of them that Google can unleash at any time, including newly issued ones (recall that Motorola had 7,500 applications at the time of the deal). And, at $4 billion, the price doesn’t appear to be crazy, especially when considering that’s less than the amount that Google rivals paid at auction for the patent portfolio of Nortel (which took place shortly before Google acquired Motorola).

Page の言葉が思い出させるのは、いくつかの Motorola 特許は、法廷で効力を発揮しなかったが、新たに申請されているものを含めて、いつでも引き出すことができる数千の特許を、Google は依然として手にしているという事実である( 買収されたときの Motorola が、7500件の特許を、申請していたことを思い出してほしい)。そして、$4 Billion という対価であるが、Google のライバルたちが Nortel の特許ポートフォリオを手にするために、(Motorola 買収劇の直前に行われた)オークションで支払った金額よりも少ないことを考えれば、気違いじみたものとも思えない。

More importantly, the Motorola patents don’t stand alone; they are part of Google’s swelling intellectual property portfolio, which now includes access to Samsung’s patents as well as the rapidly increasing number of patents Google is obtaining internally.

さらに重要なことは、Motorola の特許が孤立していないことだ。つまり、それらは、Google 内で膨張する知的財産ポートフォリオの一部を構成し、たとえば Samsung 特許へのアクセスを許すだけではなく、Google が取得していく特許を急増させることになる。

All of this means that Google is in position to wage the smartphone patent wars for years to come. Even if the Motorola patents don’t give it a knock-out victory, the patents will allow Google to inflict incredibly expensive litigation on rivals since, under America’s bloated patent system, it can take years to invalidate even the flimsiest patent.

すべての要因において、Google は今後の数年を睨みながら、スマートフォンに関する特許戦争を仕掛けられる立場を保持する。そして、たとえ Motorola の特許だけでは、決定的な勝利が得られないにしても、一連の特許を組み合わせることで、Google はライバルたちに、とても厳しい訴訟を仕掛けられる。なぜなら、アメリカの肥大化した特許制度の下では、それらの説得力のない特許を無効にしたくても、何年かが必要になるからだ。

Fortunately, this may not be Google’s goal. According to a person familiar with the company, Google’s patent partnership with Samsung is part of a larger plan to defuse the patent wars over smartphones, and promote industry-wide cross-licensing deals instead. If this is the case, the $4 billion that Google paid for Motorola’s patent will help give it the necessary strength to promote peace.

しかし、幸いなことに、そこに Google の目的があるわけではない。 同社の内情に詳しい者によると、Samsung と Google の提携は、スマートフォンにおける特許戦争を打開し、この業界を横断するクロス・ライセンスを促進していくという、大きな計画の一部を構成することになる。 このような場合において、Google が Motorola の特許を支払った $4 Billion は、平和を促進するために必要な、力強さを与えるものになる。

At the end of the day, the Motorola patent purchase was a sane response to a patent system that is so irrational that all three branches of the US government are now trying to reform it.

すべてを総括するなら、Google による Motorola 特許の購入は、アメリカ政府内の 3つの組織が、まさに改革しようとしている不合理な特許制度に対する、正気の回答となる。

Related research

What to expect for the mobile OS market in 2013  – August 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまから、ちょうど 3年前のことです。 すでに Google が手を挙げていた、Nortel の知的財産権の買収に対して、Android を止めたい Apple や Microsoft などがコンソーシアムを設立して、このオークションを競り落としたのです。そして、その直後に Google が Motorola を買収するという、どんでん返しが起こったのです。 この辺りの経緯は、「Android 特許 関連 ポスト 15 本 」にマトメていますので、ご興味あったら、ぜひ、ご覧ください。 これから生まれてくるスタートアップたちのことを考えると、がんじがらめの特許制度は、百害あって一利なしだと思います。image

ーーーーー

<関連>

モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める

Posted in Apple, Patent, Samsung by Agile Cat on December 3, 2013

Apple Beats Samsung: Awarded $290 Million In Patent Trial
http://wp.me/pwo1E-6Yl
Steve Kovach Nov. 21, 2013
http://www.businessinsider.com/apple-290-million-in-samsung-patent-trial-2013-11

_ Business Insider

A jury awarded Apple $290 million in its patent retrial against Samsung today.

今日、陪審は、Apple から Samsung に対する、特許侵害の再審において、$290 million の支払いを裁定した。

This was less than Apple wanted. In the trial, Apple asked Samsung to pay $380 million in damages. Samsung argued it should only pay $52 million.

それは、Apple が望んでいた額より少ないものであった。 この再審において Apple は、損害賠償として $380 million を支払うべきだと要求していた。それに対して、Samsung は $52 million の支払額を主張していた。

AP Photo/Jeff Chiu
Apple CEO Tim Cook.

Last year, Apple was awarded $1.05 billion in damages from Samsung for patent infringement. The judge in that case later reduced the award to about $599 million. In April of this year, Apple was also awarded another $40 million in damages in another patent case that involved Samsung’s Galaxy S II smartphone.

昨年のことだが、Apple は特許侵害に関する訴えで、Samsung からで $1.05 billion の支払いを受けるという裁定を得ていた。しかし、その後、裁判において、その額は $599 million に削減されていた。そして、今年の 4月に Apple は、Samsung Galaxy S II スマホに関する別の特許訴訟で、$40 million という損害賠償の裁定を得ていた。

So all together Samsung will end up paying Apple $929 million in damages for patent infringement.

したがって Samsung は、一連の特許侵害に関する損害賠償として、Apple に $929 million を支払うことになる。

In a statement to Business Insider, Apple spokespersn Kristin Huguet said:

Business Insider に対するステートメントにおいて、Apple のスポークスマンである Kristin Huguet は、以下のように述べている:

For Apple, this case has always been about more than patents and money. It has been about innovation and the hard work that goes into inventing products that people love. While it’s impossible to put a price tag on those values, we are grateful to the jury for showing Samsung that copying has a cost.

Apple にとって、こうした訴訟は、特許や支払額とは別の意味で、とても重要なことである。つまり、イノベーションに関わるものである、人々に好まれるプロダクツを発案していくという、困難な作業に関わるものとなる。こうした努力に対して、対価を設定することは不可能だが、それらのコピーを作ることで、Samsung に対価を発生させた、陪審に対して感謝している。

Here’s Samsung’s statement:

以下は、Samsung のステートメントである:

We are disappointed by today’s decision, which is based in large part on a patent that  the U.S. Patent and Trademark Office has recently deemed invalid. While we move forward with our post-trial motions and appeals,  we will continue to innovate with groundbreaking technologies and great products that are loved by our many customers all around the world.

私たちは、今日の決定に対して、大きく失望している。なぜなら、最近になって U.S. Patent and Trademark Office が無効とした特許が、大部分に対して適用されているからだ。私たちは、審理が終わった後の対応と、それに対するアピールを推進していくが、世界中の数多くの顧客に愛される、画期的なテクノロジーと、優れたプロダクトを、私たちは革新し続けていく。

ーーーーー

TAG indexこの問題は、Apple 対 Samsung という、限られた範囲での係争ですが、もう一方の、旧 Nortel の知財に関する結論は、どのような結論に至るのでしょうかね? そちらの方では、Samsung 以外にも、HTC や Huawei などが訴訟の対象となっているようです。 そして、Apple/Microsoft/Blackberry/Ericsson/Sony などの、Google の勢いを止めたいという目論見が見え隠れしています。とは言え、ここに記載されている、$929 million という金額も膨大なものであり、Nortel の件とは切り離したところで、Apple は大きな勝利を手にしたことになるのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
だめじゃん Apple : 時計のデザインを盗まれたと、スイス連邦鉄道が怒ってる
Google が特許を取得 : カメラを用いた顔認証ログイン
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

 

Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Samsung by Agile Cat on November 5, 2013

It’s Apple/Microsoft/Blackberry/Sony Vs. Google/Samsung/Huawei In The Latest Tech Patent Mega Battle
http://wp.me/pwo1E-6RY
Dan Levine, Reuters – Nov. 1, 2013
http://www.businessinsider.com/its-applemicrosoftblackberrysony-vs-googlesamsunghuawei-in-the-latest-tech-patent-mega-battle-2013-11

_ Business Insider

SAN FRANCISCO (Reuters) – The group that owns thousands of former Nortel patents filed a barrage of patent lawsuits on Thursday against cell phone manufacturers including Google, the company it outbid in the Nortel bankruptcy auction.

SAN FRANCISCO (Reuters) – 木曜日(10/31)のことだが、旧 Nortel から数千の特許を取得したグループが、いくつかの携帯電話マニファクチャに対して集中砲火を浴びせるべく、訴訟を提起した。そのターゲットには、破産した Nortel に関するオープションで、高値をつけていた Google も含まれる。

Rockstar, the consortium that bought the Nortel patents for $4.5 billion, sued Samsung Electronics Co Ltd, HTC Corp, Huawei and four other companies for patent infringement in U.S. District Court in Texas. Rockstar is jointly owned by Apple, Microsoft, Blackberry, Ericsson and Sony.

Nortel の特許を $4.5 billion で買収した、この Rockstar というコンソーシアムは、Texas の連邦地方裁判所において、Samsung Electronics Co Ltd/HTC Corp/Huawei や、その他の 4社を、特許侵害で提訴する。なお、この Rockstar は、Apple/Microsoft/Blackberry/Ericsson/Sony により所有されている。

REUTERS/Robert Galbraith

Google is accused of infringing seven patents. The patents cover technology that helps match Internet search terms with relevant advertising, the lawsuit said, which is the core of Google’s search business.

Google は、7件の特許を侵害として非難されている。そして、そこで主張されるのは、インターネット検索用語と、関連する広告のマッチングを促進するテクノロジーを、カバーする特許の存在である。つまり、Google における検索ビジネスの、コアを指し示すものとなる。

A Google spokesman declined to comment. Representatives for Samsung, Huawei, HTC and Rockstar could not immediately be reached.

Google のスポークスマンは、コメントを控えている。 Sumsung および、Huawei、HTC、そして Rockstar の代表者に対してもコンタクトを試みたが、上手くいっていない。

Samsung, Huawei and HTC all manufacture phones that operate on Google’s Android operating system, which competes fiercely with Apple and Microsoft mobile products.

Samsung/Huawei/HTC といったマニュファクチャのスマートフォンは、Android オペレーティング・システム上で動作しており、また、Apple と Microsoft のモバイル・プロダクトと激しく競合している。

In 2011 Google placed an initial $900 million bid for Nortel’s patents. Google increased its bid several times, ultimately offering as much as $4.4 billion. After losing out to Rockstar on the Nortel patents, Google went on to acquire Motorola Mobility for $12.5 billion, a deal driven partly by Motorola’s library of patents.

2011年のことだが、Nortel の特許に対して、$900 million という初値をつけたのは Google であった。その後も、Google は何度か入札を繰り返し、最終的には $4.4 billion まで値を釣り上げた。 Nortel の特許に関して、Rockstar に負けた Google だが、Motorola Mobility を $12.5 billion で買収することになった。 この買収劇には、Motorola の特許ライブラリを取得するという目論見も含まれていた。

"Despite losing in its attempt to acquire the patents-in-suit at auction, Google has infringed and continues to infringe," the lawsuit said. Rockstar is seeking increased damages against Google, as it claims Google’s patent infringement is willful, according to the complaint.

「 あのときのオークションで、特許のセットを買収するという試みに失敗したにもかかわらず、Google は特許を侵害し、止めようとしない」と、Rockstar は述べている。 そして、Google が故意に特許を侵害していると、その訴状が主張しているように、Rockstar は Google に対する、損害賠償の増額を求めている。

The Google case in U.S. District Court, Eastern District of Texas is Rockstar Consortium US LP and Netstar Technologies LLC vs. Google, 13-893. (Reporting by Dan Levine; editing by Andrew Hay and Leslie Adler)

ーーーーー

imageこの裁判に至るまでには、複雑な経緯がありました。 まず、文中にもあるように、 Google が Nortel の知財買収に動き始めました『 Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する 』ー それと同時に、Android マニファクチャに対する訴訟圧力が高まりました『Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?』ー 何度も入札が繰り返され、Rockstar が買収に成功しました 『Nortel 特許の売却 – アメリカとカナダの法廷が 6社連合に承認』 ー Google が、その知財も含めて Motorola を買収しました 『Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 』ー Android の Java をめぐる係争で、事実上 Oracle が敗訴しました 『 Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは? 』。 以上で、Agile_Cat 的には、この件は終わったと捉えていましたが、 今度は Google が攻勢にでました 『クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生』。 そして、今回の裁判へとつながるのですが、どのような結果が出るのか、興味シンシンです。 それと、1つ気になるのは、Rockstar から見たターゲットとして、Amazon Kindle Fire が漏れている点です。 周知の通り、Kindle Fire は Android フォークですが、それを訴訟の対象に含めることが、Rockstar 側にとって有利に働かないという事情があるのでしょうか? __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android 特許 関連 ポスト、15 本のマトメを作りました
Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を受け取る?
HTC – 友人としての Microsoft と、商売としての Android
Microsoft は昔ながらの特許訴訟をちらつかせ、Android 陣営を脅すのか?
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Motorola が Apple に勝った – ドイツでの特許係争
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?

 

クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

Posted in .Selected, Big Data, Data Center Trends, Google, Patent by Agile Cat on October 2, 2013

Google donates 79 more patents to shield the cloud from lawsuits
http://wp.me/pwo1E-6J7
By Jeff John Roberts – AUG. 8, 2013
http://gigaom.com/2013/08/08/google-donates-79-more-patents-to-shield-cloud-from-lawsuits/

_ Gigaom

Summary: Google has taken an important new step in its effort to carve out a space where cloud computing innovators can work without fear of being sued.

Summary: Google は、クラウドにおけるイノベーションが訴訟により妨げられないよう、その空間を切り開くという試みへ向けて、きわめて重要な一歩を踏み出した。

ーーーーー

Google is ramping up its campaign to protect the cloud from the sort of nuisance patent lawsuits that have engulfed the smartphone and app-developer industries.

Google は、ある種の厄介な特許の問題から、つまりスマホとアプリの開発者や産業を巻こむ訴訟から、クラウドを保護するためのキャンペーンの手はずを整えている。

photo: alphaspirit

On Thursday, the company designated 79 more patents to be part of its “Open Patent Non-Assertion Pledge,” which amounts to a non-aggression pact under which anyone can use the technology described in the patents — anyone, that is, who doesn’t use patents to attack Google first.

木曜日(8/8)に同社は、Open Patent Non-Assertion Pledge(オープン特許非係争条項)一環として 79 種類以上の特許を指定し、それぞれの特許に記載されたテクノロジーを、誰もが利用できるという非訴訟協定のもとに置くとした。 ただし、Google を最初から攻撃しようとする者は、それらの特許を使用しないだろう。

The news, announced in a blog post, is significant because the patents relate to essential elements of “big data,” which is one the most important fields in technology right now. Google hopes the newly added patents, which it acquired from IBM and CA Technologies, expand the areas of cloud software in which developers can innovate without fear of being sued.

このブログ・ポストで発表されたニュースが重要なのは、それらの特許には Big Data が、つまり、現在のテクノロジーにおける最重要分野に関連する、本質的な要素も含まれるからだ。さらに Google は、IBM と CA Technologies から取得した特許も、ここに加えたいとしている。それによりデベロッパーは、訴訟を恐れることなく、クラウド·ソフトウェア領域におけるイノベーションを拡大できる。

When the company announced the non-aggression pact in March, the pledge applied to just 10 patents related to MapReduce and Hadoop programming models. The new patents, according to a source at Google, cover different areas related to data-center technologies. In particular, they cover methods for operating data centers efficiently and for so-called “alarm monitoring.”

今年の 3月に、同社が非訴訟協定を発表したときは、MapReduce と Hadoop のプログラミング・モデルに関連する、わずか 10 特許に対して、その誓約が適用されていた。Google 内の情報源によると、新たに追加された特許は、データセンター・テクノロジーに関連する、さまざまな分野をカバーするようだ。そして、効率よくデータセンターを運用するための方式や、いわゆる Alarm Monitoring などをカバーする点が、注目を集める。

As we’ve noted before, Google’s non-aggression pact is no magic bullet to stop nuisance cloud-based lawsuits, in part because it provides little deterrent to so-called trolls — shell companies, often backed by lawyers and private investors, that do nothing but acquire old patents in order to file lawsuits.

ただし、以前に指摘したように、Google の非訴訟協定は、厄介なクラウド訴訟を排除できるという特効薬ではなく、トロールと呼ばれる小さな荒らしをもたらす者は止められないだろう。それらのペーパー・カンパニーは、古い特許を取得する以外に何もしないが、弁護士や民間投資家に支えられながら、随所で訴訟を繰り返していく。

But overall, the expanded pact is good news because it promotes the idea of a technological open space in which anyone can use the basic building blocks of cloud computing. A similar open model, in the case of copyright, has already proved essential for developing a wide variety of common software; under the open GNU license model, developers contribute a common pool of code that anyone can use.

しかし、全体を見れば、誰もがクラウド·コンピューティングの基本的なビルディング·ブロックを使用できる、テクノロジー・オープンスペースのアイデアを促進するため、この拡張された協定は朗報である。類似のオープンモデルは(Copyright の範囲において)は、一般的なソフトウェアを幅広く開発するために、不可欠な存在であると、すでに証明されている。つまり、オープン な GNU ライセンス・モデルにしたがい、誰もが利用できるコードが、共有のための枠組みの中にコントリビュートされているのだ。

The Google initiative also coincides with a growing push by tech companies to push back against people who abuse the patent system. These abusers include lawyer Erich Spangenberg, who makes $25 million a year from patent trolling, and boasted to the New York Times about how he “goes thug” on companies that resist his demands.

この、Google の構想は、特許制度を乱用する人々を押し返そうという、ハイテク企業の成長を支える勢力とも一致している。これらの、特許を乱用すると言われる弁護士には、トローリングで $25 million/年を稼ぎ出す Erich Spangenberg も含まれる。なにせ、自身の要求に抵抗する企業を、どうやって脅すのかと、彼は New York Times に自慢しているのだ

In response to the trolling problem, cloud-computing provider Rackspace is putting its money on the line to fight a troll that claims to own basic mobile technology. And social media firm Twitter has created the “Innovator’s Patent Agreement” to assure its engineers that it won’t use their work for future patent trolling.

トローリングの問題に対応するため、クラウド・プロバイダーである Rackspace は、基本的なモバイル・テクノロジーを所有すると主張する、あるトロールと戦うために、すぐにでも使える現金を用意している。また、ソーシャル・メディアの Twitter は、自身のエンジニアたちに対して、彼らの作品を将来的にトローリングなどに使用しないと約束する、Innovator’s Patent Agreement を作成している。

Google says it hopes other companies will also contribute to the pool of patents that form the Open Patent Non-Assertion Pledge.

Google は、他の企業に対しても、Open Patent Non-Assertion Pledge に特許を提供するよう呼びかけている。

Related research

ーーーーー

google-55a

もう、2年前の話になりますが、Google が Motorola の買収へと至るプロセスの中で、Nortel の知的財産権を購入した企業グループは、このようなオープン化の動きを一番恐がっていたのだと思います。 ここで説明する必要もないですが、知的財産の保護は重要であり、また、イノベーションを停滞させるという副作用も持ちます。昨年の Java をめぐる係争で、Oracle の訴えをはねつけた米司法当局も、イノベーションを優先した、ということなのでしょうかね? __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Google が IBM からの特許取得を拡大 – Oracle への反撃は?
Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
Google Drive をめぐる特許問題と、その背景を考察する
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
アメリカ独占禁止法当局が、Nortel の特許売却を調査?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Microsoft と Oracle の提携 : その骨子が明らかになった!
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

 

だめじゃん Apple : 時計のデザインを盗まれたと、スイス連邦鉄道が怒ってる

Posted in Apple, Patent, Weekend by Agile Cat on September 23, 2012

Apple Accused of Copying Design of Swiss Clock
http://wp.me/pwo1E-4UG
September 21, 2012 – By
Jane McEntegart
http://www.tomsguide.com/us/Apple-Design-Clock-App-Swiss-Federal-Railway-Train-Station,news-16091.html#xtor=RSS-21114

_ toms guide

Oops!

When you hear a story about Apple and accusations of copying, it’s usually Apple doing the accusing. However, this time around, Apple is on the receiving end of allegations that it stole a design. Who has accused Apple of copying? The Swiss Federal Railway.

Apple とコピー行為への批判について話を聞くとき、いつも Apple は訴える側にいる。 しかし、今回のケースにおける Apple の居場所は、デザインを盗用したという主張を受ける側になる。 このコピー行為において、誰が Apple を非難しているのか? それは、Swiss Federal Railway(スイス連邦鉄道)である。

Image via MacRumors

MacRumors cites a story in Swiss newspaper Blick in reporting that Switzerland’s Schweizerische Bundesbahnen, or Swiss Federal Railway service, has accused Apple of copying the design of the Swiss Federal Railway service clock. Apple’s version of this clock appears in the iPad’s Clock app, which debuted as part of iOS 6, the latest version of Appe’s mobile operating system. According to MacRumors, the trademark and copyright for the clock, designed by Hans Hilfiker, is owned by the Swiss Federal Railways service.

MacRumors は、スイスの新聞 Blick のストーリーを引用し、Switzerland の Schweizerische Bundesbahnen および Swiss Federal Railway サービスが、その時計のデザインを Apple が盗用したと訴えていることを伝えた。この時計の Apple バージョンは、Appe の最新モバイル OS バージョンの一部としてデビューした iOS 6 の iPad Clock アプリとして登場しているものだ。 MacRumors によると、この時計の商標と著作権は、Swiss Federal Railways サービス傘下の、Hans Hilfiker がデザインしたものとなる。 

Speaking to Blick, a spokesperson for the SBB said that they’re currently trying to get in touch with Apple to resolve the situation. We imagine this will involve Apple licensing the design or else changing the iPad’s Clock app. Either way, it’s a change to see Apple, usually so quick to lawyer up at the first sight of any similarity, caught with what appears to be a blatant case of copying.

Blick 紙に話を聞いたところ、 この問題を解決するために、現在は Apple と連絡を取ろうとしている状況だと、SBB のスポークスマンは答えているようだ。 このデザインについて、Apple がライセンスするか、iPad の Clock アプリを変更するか、といったところへ話は広がると、私たちは想像している。 いずれにせよ、Apple に変化が生じる。一般に、露骨なコピーのケースだと指摘されたなら、それが検知された最初の時点で、弁護士を雇うのが迅速な処理につながる。

ーーーーー

imageそれにしても、そっくり過ぎですね(笑) デザイナーの人が、スイスに旅行に行ったときに、この時計のイメージが脳裏に焼き付いてしまったのでしょうか? あるいは、iPad Clock アプリのデザインで、なんらかの手抜きをしてしまったのでしょうか? その辺りは分かりませんが、この件で争っても、Apple に勝ち目はないのかと思えてしまいます。 お金持ちなんだから、ライセンスした上で、Swiss Federal Railway にたくさんの iPad を寄付すれば良いのでは?  image

ーーーーー

<関連>

アメリカの特許庁に登場した、Steve Jobs を称える巨大 iPhone モニュメントとは?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Android 特許 関連 ポスト、15 本のマトメを作りました

%d bloggers like this: