Agile Cat — in the cloud

Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?

Posted in Asia, Huawei, Patent, Telecom, Uncategorized by agilecat.cloud on March 17, 2015
Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO
March 04, 2015
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/huawei-bumps-up-patent-po/1693054.html 
 
_Channel News Asia
 
BARCELONA: China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
BARCELONA:  世界第 2位のネットワーク機器メーカーである China の Huawei だが、次世代 5G に対応するモバイル機器に関して、その特許ポートフォリオを強化してくと、CEO が明らかにしている。
 
Huawei, also the world’s fourth-largest maker of smartphones, has said it plans to spend US$600 million on 5G wireless research and development from 2013 to 2018.
 
その Huawei は、世界第 4位のスマホ・メーカーでもあり、2013年〜2018年の間で 5G ワイヤレスの R&D に、US$600 million もの資金を費やすと発言している。
 
Huawei Red BusRed.es – flickr
 
China’s Huawei Technologies , the world’s second-biggest maker of network gear, is beefing up its patent portfolio ahead of 5G, the next generation of mobile equipment, its chief executive said on Tuesday.
 
But speaking to reporters at the Mobile World Congress on Tuesday, Huawei Chief Executive Ken Hu said that 5G research spending was likely to rise, without giving specific figures.
 
しかし、火曜日の Mobile World Congress で Huawei CEO である Ken Hu は 、具体的な金額が算出できないほど、5G の R&D には資金が必要になるかもしれないと、レポーターたちに話している。
 
Huawei was Europe’s seventh-largest patent filer in 2014, up from 13th the previous year, according a report published last week by the European Patent Office (EPO).
 
先週に European Patent Office (EPO) が発行したレポートによると、ヨーロッパにおける Huawei は、特許の申請において 2014年に 7位となり、前年の 13位から大きくジャンプアップしている。
 
It was granted 493 patents by the European agency in 2014. The patents cover many products not just 5G.
 
そして 2014年には、このヨーロッパの機関から、493種類の特許を取得しているが、5G テクノロジー以外の多様なプロダクトをカバーするものとなっている。
 
5G promises superfast internet speeds, broader network coverage and the capacity to hook up objects to the internet from cars to health monitoring devices, the so-called internet of things. The commercial launch of 5G is expected to begin in 2020.
 
5G が約束するものは、超高速インターネットの速度と、広範におよぶネットワークのカバレッジと、インターネットとオブジェクトを接続する能力である。一番最後の項目は、自動車からヘルス・モニタリング・デバイスにまでいたる、IoT (internet of things) のことである。そして、商用 5G の立ち上げは、2020年に始まる予定となっている。
 
“We have made quite a large number of technology innovations and breakthroughs,” Hu, deputy chairman and rotating chief executive of Huawei, said.
 
Huawei の CEO であり Deputy Chairman でもある Hu は、「 私たちは、これまでに、多様なテクノロジーにおいて革新を達成し、成果を得てきた」と、発言している。
 
These give Huawei a stronger position in terms of intellectual property, he said.
 
それにより、Huawei は、知的財産という観点で、強固なポジションを得ていると、彼は続けている。
 
In the technology industry, where complex products often rely on intellectual property from a wide range of players, including competitors, patents are vital for future patent cross-licensing negotiations with rivals.
 
このテクノロジー業界では、競合他社を含めた幅広いプレイヤーの知的財産に、大半のプロダクトが複雑に依存しているケースが多い。したがって、将来を見据えたかたちで、特許に関するクロス・ライセンスについて、ライバルたちと交渉していくことが不可欠となる。
 
The number of relevant patents in specific product categories are a key factor determining the rates different parties pay to license one another’s patents. From time to time, such licensing talks fail to reach a deal, leading to patent fights and potentially huge liability payments.
 
特定の製品カテゴリーにおいて関連する特許の数が、当事者間での支払われるライセンス料の比率を決定する上で、とても重要な要因となる。現時点において、そのようなライセンス交渉が契約に達することは稀であり、また、特許に関する係争が頻発し、潜在的に巨大な支払義務へといたる可能性が高い。
 
Hu urged cooperation among telecom operators, equipment makers and other industries to agree on a single set of standards for 5G technology to ensure a global market.
 
Hu が促すのは、通信事業者や、機器メーカーや、他の産業を取り込んだ、協調体制の確立である。それにより、5G テクノロジーに関するスタンダードが、シングル・セットのかたちで合意にいたり、グロバール・マーケットが約束されると言っている。
 
(Reporting by Harro ten Wolde; editing by Susan Thomas)
- Reuters
 
ーーーーー
Asia Pacific先日の「Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた」という抄訳でご紹介したように、同社がヨーロッパにおいて、数多くの特許を取得しているにしても、納得しやすい背景が存在するように思えます。 また、「Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!」という抄訳を見れば、かなりのレベルの事業規模に、すでに達していることが分かります。そして、「KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印」という展開ですが、KT と China Mobile は Huawei のテクノロジーを利用するものと思えます。 アメリカではバックドア疑惑で叩かれた Huawei ですが、アジアとヨーロッパの市場で、じわじわと実力を発揮し始めていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on March 1, 2015
Ericsson の矛先は、Apple にまで及ぶのか・・・
 
cna-banner
 
今年に入ってからですが、インドの高裁が OnePlus と Xiaomi に差し止めの命令を出すという、ちょっと異常な事態が発生しています。 ちょうど、Micromax が立ち上がるときであり、国内産業の露骨な保護が始まったのかと思いましたが、この段階では、そこまでの話ではなかったようです。
 
China Indiaまず、OnePlus への差し止めですが、独自の Andriod OS バージョンを開発する CyanogenMod という ROM メーカーが、インド市場での独占権を Micromax に与えたことが背景にあります。 そのため、インド進出に取り組んでいた OnePlus が、出鼻をくじかれるという状況に陥っています。
 
もう一方の Xiaomi ですが、こちらの相手は超大物の Ericsson です。 なにやら、Xiaomi のデバイスをインドで売ると、Ericsson の特許に抵触するとのことで、Xiaomi も高裁の判断に従っているようです。 しかし、並行輸入業者だと思うのですが、そのラインから Xiaomi のデバイスが流れ込んでいるらしく、その業者を Xiaomi が訴えるという事態になっているようです。
 
そうなると、シンガポールやインドネシアはどうなるの? ・・・という疑問が湧いてきますが、アメリカでのビジネスを準備中の Xiaomi が、スマホ自体の販売は先送りする背景には、この Ericsson との特許問題があるのかもしれませんね。そんなことを考えていたら 「Ericsson seeks US iPad, iPhone ban as it sues Apple over patents」というニュースが Gigaom から報じられました。 斜め読みすると、2G および 4G/LTE に関する Ericsson の特許に、iPhone/iPad が抵触することは Apple 自身も認めているのですが、その対価が法外であるため交渉中だと主張しているようです。
 
11/30: Micromax-Cyanogenmod Tie up, Put OnePlus One at Stake in India
12/03: OnePlus One arrives in India, ready to battle Xiaomi and Micromax
12/24: OnePlus-Micromax dispute: HC reserves verdict
12/24: Our operating system is different from that of Micromax: OnePlus
ーーーーー
02/07: Ericsson accuses Xiaomi of violating HC order
02/07: Xiaomi blames rogue reseller for reigniting legal troubles in India
02/22: Xiaomi to take legal action against websites selling its phones illegally
 
ーーーーー
 
以下は Top-10 です・・・
 
① 2/21: Lenovo caught pre-installing adware on laptops
ChinaComputer giant Lenovo has come under fire from users and security pundits after its consumer laptops were found to contain pre-installed adware/malware which could be used to intercept and hijack encrypted Transport Layer Security communications in Microsoft Windows. The ‘Superfish’ adware is a third-party application that was, until last month, installed on all Lenovo consumer laptops.
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 2/21: Re-skilling, not layoffs, will address new challenges: Infosys
IndiaMUMBAI: Even as the furore over layoffs in the IT sector is yet to die down, Infosys has said re-skilling talent is the answer to rapidly changing technologies in the software landscape. “It is not that there are tens and thousands of people (available) with experience in new technologies. The idea is to re-skill people. If technology changes and people don’t have those capabilities, you’ve to re-skill them and re-orient them,” Infosys, Chief Operating Officer, Pravin Rao said on the sidelines of an industry event last week.
 
④ 2/26: iiNet, DBC face three-week wait for piracy ruling
AustraliaiiNet and Dallas Buyers Club face a three-week wait to find out whether the rights holder can obtain the names and residential addresses of almost 5000 people it claims downloaded its movie without paying last year. In the final hearing of a preliminary discovery trial between the rights holder to the Dallas Buyers Club film and the internet service provider, Justice Nye Perram today withheld his judgment for three weeks on whether iiNet should hand over the customer details.
 
⑤ 2/21: India 2015: IT-ITeS industry seeks clarity on Rs 10k-crore
IndiaHYDERABAD: The local IT and ITeS industry has sought more clarity on the Rs 10,000-crore startup initiative announced by the Centre in last Budget. The industry here is also keen on tapping the potential of ‘Make in India’ initiative. “Hyderabad is very well positioned for the ‘Make in India’ initiative as the city has a strong presence in defence and aerospace besides pharma & lifesciences,” said Ramesh Loganathan, Vice President and MD, Progress Software and President of Hyderabad Software Enterprises Association.
 
⑥ 2/25: Airtel, BSNL to sign pan-India roaming pact
IndiaNEW DELHI: Telecom operators Airtel and BSNL are likely to sign a pan-India roaming pact within a month to strengthen their 2G mobile services in areas where either of them is having a weak or negligible presence. “We are soon going to sign a pan-India intra-circle roaming agreement with Airtel with a focus to strengthen coverage in rural areas. Commercials are being worked out. This is most likely to signed within a month,” BSNL Chairman and Managing Director Anupam Shrivastava told PTI.
 
⑦ 2/26: Jakarta to develop mobile app to track bus arrivals
IndonesiaJakarta’s public bus operator TransJakarta will develop a mobile app for people to track the arrival times of buses at bus stops. The app will allow people to track the location of bus drivers and estimate when buses will arrive at the bus stops, said Steve Kosasih, CEO of TransJakarta. The city will work with the makers of a popular delivery tracking app, Go-Jek, and will use the same system for the bus app. Go-Jek allows people to track the location of their deliveries through the GPS on the drivers’ smartphones.
 
⑧ 2/18: Samsung Galaxy S4 gets a big price cut
KoreaNEW DELHI: Samsung’s 2013 flagship smartphone, Galaxy S4, has got another price cut ahead of the expected unveiling of the Galaxy S6 in March. The phone is available online on Amazon.in at Rs 17,999 in both white frost and deep black colour variants. It was previously available at Rs 21,900. Samsung’s official online store is still selling the phone at the old price. It’s worth mentioning that Amazon is also offering a Rs 1,000 gift card with the purchase of the phone.
 
⑨ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑩ 2/24: NextDC takes customers on ExpressRoute to Microsoft Azure
AustraliaDatacentre-as-a-Service provider, NextDC (ASX:NXT), has inked an agreement with Microsoft for direct connectivity to Azure via ExpressRoute from its Melbourne, Sydney, Brisbane, Canberra and Perth data centres. ExpressRoute will connect NextDC customers directly to Azure through a private, high speed, low latency fibre connection rather than a general internet-based connection.
 
ーーーーー
cna_6冒頭で、インド政府の国内産業保護について触れましたが、この週末に「India Budget 2015: Imported mobile, tablets price may go up, local producers gain」という記事がポストされていました。一言でいって、海外から輸入されるスマホへの関税を引き上げるようですが、MictomaxKarbonn などが育ってきたタイミングで、このような政策を打ち出して、中国からの影響を排除していくのは、当然のことなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する

今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on February 14, 2015
グローバル市場へ向けて、ついに 中国が攻勢をかけ始めた ・・・
 
cna-banner
 
今週のアジアの動きで注目すべきは、なんと言っても、中国における Qualcomm のアンチ・トラスト問題でしょう。総額で $975m という罰金とは、日本円だと 1150億円であり、この種の支払いとしては最大級のものになるようです。 Reuter も、ITPro も、CNet も、3G/4G に関する特許を、つまり、通信方式に関する特許を、他の特許と分離することになったと報じていますが、その背景には、Qualcomm の複雑なライセンス体系があるようです。 12/27 の ZDNet 「Qualcomm asked to lower patent fees amid China’s antitrust probe」は、以下のように伝えています。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAーーー Bloomberg によると、これまでの5年間において Qualcomm は、US$30.5 billion というライセンス料を稼ぎだしてきた。そして、同社のライセンス構造を変更する必要がなければ、より高額な罰金を支払うと申し出ていたが、中国政府により拒否されたようだ。それにより、Qualcomm の顧客にクロスライセンス契約を強制し、他の Qualcomm 顧客との間でのロイヤルティ支払いを制限するという、同社のライセンス方式を阻止された。このチップメーカーは、顧客を侵害訴訟から保護するという、独自の自特許モデルを維持することで、大きな恩恵を被っていたとされている。ーーー
 
そして、2/13 の MIS Asia 「Qualcomm may face probe into business practices in South Korea 」には、Qualcomm に対するアンチ・トラストの調査が、韓国でも開始されると伝えています。 その一方で、Jagran 「Qualcomm deal sparks China smartphone patent skirmishes」は、ZTE が自らの特許権を主張し始めたと報じています。 2月6日にポストした、「 TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか? 」という抄訳では、TD-LTE の勢いが強まっていることをお伝えしましたが、今回の動きは、その知的財産権にまで、中国が影響力を発揮するという展開になっています。 おそらく、その先にある、グローバル市場を見据えているのでしょう。 いったい どうなるのか、興味津々ですね。
 
なお、以下のリストは、Cloud News Asia における Qualcomm 関連のポストです。こうしてみると、中国と韓国以外にも、台湾の MediaTek や TSMC などが、微妙に絡み合っているように思えてきます。
 
5/14: Qualcomm plans to shift 20nm orders from TSMC to Samsung or Globalfoundries
6/18: Qualcomm Will Sell Customized Chips For Chinese Mobile Market
6/20: Qualcomm far ahead of Marvell and MediaTek in China LTE market
9/21: Chinese regulator urges Qualcomm to help local companies make money
9/30: Chinese vendors may surpass international vendors in TD-LTE shipments
12/21: Qualcomm, MediaTek to diversify foundry sources, say industry watchers
12/29: China’s antitrust regulator says Qualcomm case to be settled soon
1/14: China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded
1/15: TSMC to face tough questions on Qualcomm orders
1/30: Samsung Dropping Qualcomm Snapdragon For Galaxy S6
2/11: Qualcomm settles monopoly charges in China with $975M payout
2/11: China fines Qualcomm US$975 mil. in antitrust case
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/5: TSMC to offer InFO-WLP technology for 16nm, eyeing Apple
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) will have its backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology ready for 16nm chips, eyeing orders for Apple’s A10 processors, according to industry sources. TSMC with its 20nm process successfully grabbed orders for Apple’s A8 processors. Samsung Electronics had been the exclusive supplier of processors to Apple before TSMC joined the supply chain.
 
③ 2/9: Foxconn to shut down Chennai unit on February 10
 
IndiaCHENNAI: Taiwanese phone-part manufacturer Foxconn, which had suspended its Chennai operations has floated a severance package for the 1,306 workers at the Chennai plant, and told them that February 10 will be the last working day. Foxconn had wound up its plant after its sole Chennai client Nokia had downed shutters in Chennai. Employees have time till February 9 to decide on the offer, delaying which workers will receive a severance amount prescribed by labour laws the next morning.
 
④ 2/8: Airtel denies talks of merger with Orange
 
IndiaNEW DELHI: Bharti Airtel, the world’s fourth-largest mobile phone operator, has denied a news report of talks with France’s largest phone company, Orange SA, for a possible merger of its African assets, although people familiar said both companies had earlier been involved in deliberations which fell through.
 
⑤ 12/1: Perth to Singapore SEA-ME-WE-3 cable severed again
 
SingaporeThe SEA-ME-WE-3 cable linking Perth to Singapore was once again cut last night and will undergo repairs. According to an iiNet fault notice, the cable was broken at 11.45 pm WST yesterday. The provider is advising that customers may experience higher than usual latency or delays in web speeds, particularly between some international destinations.
 
⑥ 2/8: Malaysia must centralise cyber security, says Communications Minister
 
MalaysiaMalaysia needs to place all agencies responsible for cyber security under one ministry to better coordinate responses to threats, the Communications and Multimedia Minister said. Currently, the agencies protecting the government systems are under different ministries. “They should be coordinated,” said Datuk Seri Ahmad Shabery Cheek.
 
⑦ 2/12: Alibaba’s global-facing ecommerce site AliExpress launches localized Indonesian service
 
IndonesiaAlibaba announced today that AliExpress, the company’s global-facing ecommerce site, has localized for better service in Indonesia. While id.aliexpress.com has been active for some time (Tech in Asia spotted it back in October), today marks its official coming out party in the eyes of the company.
 
⑧ 2/10: Google to cultivate digital advertising talent in Taiwan
 
TaiwanGoogle will begin to implement its Digital Mars Initiative, a plan to cultivate young digital marketing professionals in Taiwan, in March 2015, according to Google Taiwan managing director Chien Lee-feng. Google will allow new university or college graduates to register for free training courses on Google AdWord certification provided by Google in March and select 1,200 trainees for qualification examinations based on their digital marketing proposals, Chien said.
 
⑨ 2/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance
 
Image3.gifToshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.
 
⑩ 2/6: SK hynix, Toshiba to jointly develop chip tech
 
Image3.gifSK hynix agreed with Toshiba of Japan to jointly develop nano imprint lithography (NIL) technologies, the company announced Thursday. “SK hynix has entered into an agreement with Toshiba on joint development of NIL. Engineers from the two firms will start development of core technologies for the process at Toshiba’s complex in Yokohama, Japan,” said SK spokeswoman Park Seong-ae in a statement.
 
ーーーーー
cna_6昨日の Channel News Asia ですが、Bill Gates が訪中し、Minister of Science and Technology である Wan Gang と会談するというニュースが報じられていました。 この、中国における アンチ・トラスト問題は Qualcomm に限ったことではなく、Microsoft の CEO である Satya Nadella も、この件で何度か訪中しています。6億人とも言われるインターネット人口が作り出す、膨大な内需に支えられた 中国が、グローバルにおける覇権争いに参戦してきたと、捉えるべきなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?

 

Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い

Posted in Facebook, Patent by Agile Cat on November 6, 2014

A Look at Facebook’s Patent Acquisitions
http://wp.me/pwo1E-800
David Cohen on September 3, 2014
http://allfacebook.com/envision-ip-patent-acquisitions_b134305

_ All Facebook

ーーーーー

関連:Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!

ーーーーー

Intellectual-property advisors Envision IP analyzed patent acquisitions recorded by Facebook at the U.S. Patent and Trademark Office in 2013 and 2014, and it reported some interesting findings.

知的財産アドバイザーの Envision IP だが、2013年と 2014年に U.S. Patent and Trademark Office で記録されている、Facebook が買収した特許を分析し、いくつかの興味深い調査レポートを提供している。

According to Envision IP:

Envision IP によると:

  • Facebook は Fujifilm から、54種類の特許を取得している。それらは、画像の再生/転送および、画像の編集とプレゼンテーション・システムのための、イメージとビデオのデータ圧縮や、サーバー・テクノロジーに関連するものとなる。Envision IP は、P2P ネットワークを介した、画像の印刷に関連する U.S. Patent No. 7,617,279 と、画像の印刷に関連した POS 端末をカバーする 7,484,661 に注目している。
  • AT&T からは、合計で 22種類の特許を取得している。通信に関連するデータのロギング/凝集/分析に加えて、ソーシャル・ネットワークやパーソナライズされたコンテンツ配信における、内部での関係の判断といったものが含まれる。
  • Vega Vista からは、10種類の特許を取得している。それらは、ハンドヘルド・デバイスのためのディスプレイ/インターフェースの技術をカバーするものであり、慣性センサーおよび、ヘッド/モーション・トラッキング、そして仮想ディスプレイなどの技術が含まれている。
  • 発明家の Neeraj Jhanji からは、モバイル・チェック・インに関連する、6種類の特許を取得している。
  • Smartebook.com からは、ロケーションとナビゲーションの技術をカバーする、3種類の特許を取得している。
  • 2013年 8月に買収した Mobile Technologies からは、音声翻訳をカバーする 3種類の特許が取得されている。
  • Fawkes Acquisition と Face.com からは、顔認識に関連する1つの特許が取得されている。なお、Face.com に関しては、Facebook が 2012年 6月に買収している。
  • Truveo からは、サーチ・エンジンに関連する1つの特許が取得されている。

Envision IP also said of Facebook patents that originated within the company itself:

Envision IP は、Facebook 自身が考案した特許にも言及している:

On another note, Envision IP identified 1,647 US patents currently assigned to Facebook. Initially, this figure indicates that the vast majority of patents owned by Facebook have been the result of acquisitions, instead of resulting from Facebook’s own research and development efforts.

また、別の指摘となるが、現時点において 1647種類の米国特許が、Facebook に帰属していると、Envision IP は認識している。最初に述べておくが、Facebook が所有する特許の大半は、Facebook における R&D から生じたものではなく、買収の成果である。

However, Facebook currently owns 1,182 published, pending U.S. patent applications that it originally filed. Facebook has seen tremendous growth in its own patent application filings, from a mere 69 filings in 2009 to 649 in 2012. The rate of filings has been impressive, with a 158 percent increase in year-over-year filings from 2010 to 2011, and a 106 percent increase from 2011 to 2012.

その一方で、Facebook は現在、自身で考案した 1,182件の米国特許を出願している。Facebook は、自身で考案した特許の出願数においても、2009年の 69件から、2012年の 649件へと、驚異的な成長を遂げている。その出願率は、前年対比において、2010年から2011年にかけては 158% 増であり、2011年から2012年にかけては 106% 増となっている。

Thus, while its current portfolio of issued patents has resulted primarily from third-party acquisitions, we expect the portfolio to contain an increasing number of original Facebook patents in the coming years as the company’s patent applications begin to issue.

したがって、現時点における Facebook 特許ポートフォリオは、主としてサードパーティから買収したもので構成されている。しかし、これからの数年間で、Facebook オリジナルの特許が公示されるにつれて、そのポートフォリオも変化すると予測される。

Related Stories

ーーーーー

Google が、とりわけ Android 関連の特許ポートフォリオを、Motorola の買収/売却を含めて構築していったことを思い出しますが、いまの Facebook には係争に関する情報はありませんので、時間のかけながら準備を進めているという感じがします。 その一方で、データセンターなどのインフラに関しては、いち早く Open Compute Project で知的財産をシェアしていますので、Google と同じように、ここで説明されている特許も、オープン化へ向かうと良いなぁと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

Facebook と Open Compute から、ついに Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
Open Compute Project : ついに Microsoft も参加を表明した!
2013年 : Open Compute Project の マトメ
2013年 : 世界の データセンターの マトメ

Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?

Posted in .Selected, Cisco, Google, IoT, Patent, Strategy by Agile Cat on March 4, 2014

Google and Cisco enter cross-license deal, call for end to patent trolling
http://wp.me/pwo1E-7gW

By Jeff John Roberts – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/google-and-cisco-take-aim-at-patent-trolls-with-new-cross-license-deals/

_ Giga Om
Summary: Two major tech industry players say their cross-licensing deal is an example of how to extract value from a patent portfolio without resorting to controversial trolling techniques.

Summary: この業界における二人のメジャー・プレイヤーが、たとえば、物議を醸し出すトローリング・テクニックに頼ることなく、特許ポートフォリオから価値を抽出する方式が、クロス・ライセンス契約により達成されると発言している。

ーーーーー

Google and Cisco on Tuesday announced a long-term agreement in which they will license each other’s patents as part of a larger effort to curtail nuisance patent lawsuits. The companies did not specify how many patents are involved, but described the deal as a “cross-licensing agreement covering a broad range of products and technologies.”

この火曜日(2/4)に、Google と Cisco が、長期間におよぶ契約について発表した。そこで、両社は、迷惑なだけの特許訴訟を削減するための、大きな取り組みの一環として、お互いの特許をライセンスし合うことになる。この契約に、どれだけの特許が含まれるのか、両者とも言明してはいないが、「広範囲におよぶプロダクトとテクノロジーをカバーするクロス・ライセンス契約だ」としている。

Google and Cisco claim the deal will reduce the risk of future litigation and “privateering” — a practice in which firms, including Microsoft and Apple, arm shell companies with old patents. The spread of privateering and so-called patent trolls has led in recent years to a growing number of expensive lawsuits, engulfing everyone from the cable industry to small app developers.

Google と Cisco は、この件について、将来における訴訟と私掠のリスクを削減するものだと主張している。つまり、Microsoft や Apple を含む企業が、古い特許を用いて安穏と暮らそうとしている現状があるのだ。それらの私掠的な行為の、言い換えるならパテント・トロールの広がりにより、高価な代償を伴う訴訟が、このところ増えているのだ。それは、ケーブル業界から、小規模なアプリ開発会社にいたるまで、すべての人々を巻き込むものとなっている。

In a phone interview, lawyers for Cisco and Google said that the deal is intended to show how companies can obtain value from their patent portfolios without resorting to trolling. They added that the agreement is structured in such a way that it encumbers the patents themselves — meaning they can’t be used against Google or Cisco in the future, even if one company sells them.

電話でのインタビューにおいて、Cisco と Google の弁護士は今回の契約について、それぞれの企業がトローリングに頼ることなく、自身の特許ポートフォリオから価値を取得するための方式を示したいと述べている。そして、両社における合意の形成は、それぞれの特許を拘束するように意図したものだと付け加えている。つまり、将来において、それらの特許が他社に譲渡されたとしても、それにより Google と Cisco が訴訟されるというリスクが排除されている。

For Google, the deal comes on the heels of a 10-year cross-licensing deal with Samsung, and is part of a larger effort to broker patent peace after years of costly litigation. According to Allen Lo, the company’s general counsel for patents, Google is open to entering cross-licensing arrangements with any company.

Google にとって、今回の契約は、Samsung との 10年におよぶクロス・ライセンス契約に続くものとなり、また、高額な代償を費やしてきた、この数年における訴訟の末に手にする特許の平和な運用という、大きな取り組みの一環として捉えられる。同社で特許を担当する顧問弁護士 Allen Lo によると、Google は、あらゆる企業とクロス・ライセンス契約を交わすことに、オープンに取り組んでいるという。

For Cisco, the push to promote cross-licensing comes after a number of high-profile fights against shell companies that abuse the patent system. In 2011, for instance, Cisco filed federal racketeering charges against a troll controlled by lawyers that demanded money from 8,000 hotels and coffee shops for offering Wi-Fi service.

Cisco にとっては、特許制度を乱用することばかり考えている企業との、注目を浴びた何件かの戦いの後に訪れる、クロス・ライセンスの促進を後押しするものとなる。たとえば、2011年に Cisco は、弁護士たちがコントロールするトロールに対して、密約のある不正な請求であると、訴訟を起こしている。それは、8000件によぶホテルやコーヒー・ショップに、Wi-Fi サービスを提供したことに対して、対価を請求するというものであった。

Google’s recent call for patent cross-licensing also comes at a time when all three branches of government are pushing to reform the U.S. patent system: President Obama, for instance, called on Congress during the State of the Union address to finish a proposed bill, while the Supreme Court is hearing a series of cases that seek to limit the spread of low-quality patents.

特許クロス・ライセンスに関する、最近の Google の動向は、政府内の 3つの部門による、アメリカの特許制度の改革という動きにも呼応している。現実に、Obama 大統領も、提出された法案を通過させるための一般教書演説において、それを議会に呼びかけている。その一方で、最高裁判所も、低品質の特許の拡散を制限するために、一連の係争についてヒアリングを行っている。

Related research

A look back at this year’s CES and what it means for tech in 2014 January 2014
What mattered in cleantech in the fourth quarter 2013 January 2014
The top 10 cloud trends for 2014 January 2014

ーーーーー

TAG indexGoogle の基本的なスタンスは、特許の概念と運用を、その根本から再考していくものですが、そこに Cisco が乗ってくるという、とても興味深い現象だと思います。最近の Cisco は、デバイスとクラウドの間に、Fog というレイヤを置こうとしています。それは、あと数年で 100億を超えていくとされる IoT デバイスとの通信を、効率よくコントロールするものであり、Google のコンセプトを加速させるものになり得ます。 おそらく、この領域でのビジネスを円滑に進めるための協定だと思えるのですが、願わくば、スタートアップたちも守ってあげる方向へと進んで欲しいですね。image @台北

ーーーーー

<関連>

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple 対 Samsung : 11月の法廷は Apple の特許を認める
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?

Posted in .Selected, Mobile, Patent, Qualcomm by Agile Cat on February 13, 2014

Qualcomm buys major mobile patent portfolio from HP, including Palm patents
http://wp.me/pwo1E-7ck

By Jeff John Roberts – Jan 23, 2014
http://gigaom.com/2014/01/23/qualcomm-buys-major-mobile-patent-portfolio-including-palm-patents/

_ Giga Om
Summary: Qualcomm just picked up a big trove of mobile-related patents from HP, which could signal a new escalation in the ongoing intellectual property battles in the mobile industry.

Summary: 最近の Qualcomm だが、HP からモバイル関連特許を大量に買い求めており、モバイル業界で継続中の知的財産権における戦いが、さらに加熱する可能性が生じている。

ーーーーー

Mobile chip-maker Qualcomm on Thursday announced that it acquired 2,400 issued and pending patents from Hewlett-Packard, including those related to defunct handset maker Palm, which HP acquired in 2010 for $1.2 billion but failed to revive.

木曜日 (1/23) のことだが、モバイル・チップ・メーカーである Qualcomm が、2400件の特許と、出願中の特許を、Hewlett-Packard から獲得したことを発表した。そして、その中には、2010年に HP が $1.2 Billion で買収したものの、復活させることができずに死なせてしまった、モバイル・フォン・メーカー Palm に関連するものも含まれる。

The companies announced the deal in a release that did not disclose the price or many other details, beyond the fact that most of the patents were issued in the U.S. and that they cover “technologies that include fundamental mobile operating system techniques.”

両社のアナウンスメントは、それらの特許の大半がアメリカで米国で発行され、また、「 モバイル OS の基本的なテクノロジー」をカバーしていることは認めているが、この取引における対価といった、それ以外の詳細は、まったく明らかにされていない。

The acquisition is likely to have an impact on the ongoing smartphone patent wars, which have taken on a new intensity in light of an Apple-backed consortium’s recent lawsuit campaign against a variety of Android handset makers.

この買収により、継続中のスマートフォン特許戦争に、影響が生じる可能性がある。つまり、Apple が支援するコンソーシアムが、多様な Android デバイス・メーカーに対して繰り広げる、最近の訴訟のキャンペーンを考慮した、新たな対抗策になり得る。

The release does state that the HP deal will add to Qualcomm’s “industry-leading mobile patent portfolio and will enable the company to offer even more value to current and future licensees” — which is another way of saying that other companies operating in the mobile space better duck.

このリリースが述べているのは、HP との契約により Qualcomm は、「 業界をリードするモバイル特許ポートフォリオを強化し、また、現状と未来におけるライセンス利用者として、より多くの価値を提供していけるようになる」という点である。さらに言えば、モバイル分野における他社の行動を、陳腐なものに置き換えてしまう方式でもある。

Qualcomm has a controversial history of leveraging its patent portfolio, including a long-running legal battle with Broadcom that led an appeals court to declare that Qualcomm had abused its monopoly over standards-essential “FRAND” patents.

Qualcomm には、その特許ポートフォリオを用いて、他社との係争を繰り返してきたという歴史がある。そして、そこには、スタンダードの本質である FRAND特許を、Qualcomm が独占的に乱用していたと、法廷に宣言させようとする Broadcom との、長い係争も含まれる。

For HP, as my colleague Kevin Tofel recently pointed out, the deal could mean that it recouped at least a good part of its investment in Palm.

その一方で、私の同僚である Kevin Tofel が先日に指摘したように、HP は Palm への膨大な投資から、かなりの金額を取り戻していると、少なくとも考えられるだろう。

Related research

GigaOM Research highs and lows from CES 2013 – January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How to manage the signaling storm in 2013 – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまのモバイル・デバイスの世界は、このプロダクトで必要とされる様々な機能が次から次へとチップ化し、それを半導体の高集積化テクノロジーが加速させている、という状況を作り出しています。 そうなってくると、これまでは、ハンドセット・マニュファクチャが占有していた知的財産と、チップ・メーカーの領域が重なりあい、様々なトラブルが生じることになると、Qualcomm は考えているのでしょう。 それと、Chromecast を Marvell が製造し、また、Qualcomm 自身も Toq Smartwatch を発表しているような状況を見ると、これまでのサプライ・チェーンではあり得なかった、階層を超えた競合が、すでに始まっていると捉えることが可能です。半導体メーカーの動きにも、注目していく必要がありますね。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える裁判の最終決戦が迫る
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている

Posted in Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on February 11, 2014

Thanks to licensing deals, Microsoft is Android’s biggest fan
http://wp.me/pwo1E-7bI
Robert Nazarian – Feb 10th 2014
http://www.talkandroid.com/195554-thanks-to-licensing-deals-microsoft-is-androids-biggest-fan/

_ Talk Android

Remember all those licensing deals that Microsoft inked with Android manufacturers like HTC, Samsung, Acer and others? Well here’s a little update for you. Microsoft is making a whopping $2 billion from those deals annually.

Microsoft が、HTC/Samsung/Acer などと、つまり、それらの Android マニュファクチャたちと締結した、すべてのライセンス契約を覚えているだろうか? 忘れている人も多いはずなので、ちょっとアップデートしたい。まず、Microsoft は、これらの契約から、$2 Billion/年を手にしている。

According to Nomura analyst Rick Sherlund, Microsoft is making an average of $5.00 per Android phone sold, and they have about 70% of the market covered with their deals between OEMs and ODMs. If you factor in 90% gross margin on these revenues, It’s estimated that Microsoft took in $1.6 billion for the 2013 fiscal year, and they are expected to bring in $1.73 billion for the 2014 fiscal year. 2015 will bring in $1.82 billion.

Nomura のアナリストである Rich Sherlund によると、Android フォンが売れるたびに、Microsoft は $5.00 平均の売上を手にする。そして、OEM や ODM が取り扱うことで、マーケットにおける Android のシェアは、全体の 70% をカバーするに至っている。これらの売上に対して、90% の粗利率があるとするなら、Microsoft の会計年度 2013年において、$1.6 Billion の利益をもたらすと推定される。それは、会計年度の 2014年には $1.73 Billion に至り、2015年には $1.82 Billion に至るとされる。

To further clarify things, if it weren’t for Android, Microsoft would be losing a boatload of money in the Entertainment and Devices Division (EDD). This division covers the Xbox, Windows Phone, and Skype. If Microsoft didn’t have these deals in place, the EDD division would be losing about $2.5 billion annually with Xbox representing $2 billion of that number.

そして、さらに、もち Android が存在しなければ、Microsoft の Entertainment and Devices Division(EDD)における、最大の収入源が失われるという事実も明らかになる。この部門は、Xbox および、Windows Phone、Skype をカバーしている。そして Microsoft が、この EDD に Android の売上を加えないとするなら、Xbox が指し示す $2 Billion という数字から、$2.5 Billion が失われることになる。

I think it’s safe to say that Microsoft makes a lot more money from Android than Windows Phones, therefore making them Android’s biggest fans to date.

したがって、Microsoft は Windows Phone から得る以上に、Android から収入を上げていると言っても過言ではないと思う。そして、Android は、最大のファンを、ここに持っている。

source: ZDNet

ーーーーー

TAG indexこの、Android と Microsoft をめぐる特許の問題は、Nortel や Motorola の買収などを経て沈静化していますが、いまも継続して、一定の特許料使用料が Microsoft に対して、支払われているようでうす。 また、先週には、Google から Lenovo へと、Motorola が売却されていくというニュースが飛び交っていました。特許という難しい問題を取り上げると同時に、Android と Windows Phone の力関係を示す、とても興味深いトピックですね。image

ーーーーー

<関連>

Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を?
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Posted in .Selected, Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Strategy by Agile Cat on February 4, 2014

Google paid $4B for patents: why the Motorola deal worked out just fine
http://wp.me/pwo1E-7ag

By Jeff John Roberts – Jan 30, 2014
http://gigaom.com/2014/01/30/google-paid-4b-for-patents-why-the-motorola-deal-worked-out-just-fine/

_ Giga Om

Summary: A closer look at Google’s purchase and sale of Motorola shows the final price of the deal was around $4 billion for a big patent portfolio. That’s a reasonable price to pay in the face of a unreasonable patent system.

Summary: Google による Motorola の買収/売却を注視すると、巨大な特許ポートフォリオに対する $4 Billion が、結果としての買収価格であったことが見えてくる。つまり、不合理な特許制度に対向するために、合理的な対価が支払われたわけである。

ーーーーー

photo: 2@NixoR/Pond5

When Google bought Motorola Mobility for $12.5 billion in 2011, many people said it was all about the patents — and they were right. Now, on news that Google sold the device maker for just $2.9 billion, it’s worth examining if the deal made sense, and what role the patents played.

Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。

The short answer is that the deal, including the patent part of it, worked out just fine. A look at the math, and the competitive landscape, shows that the purchase and sale of Motorola made strategic sense for Google, even at that $12.5 billion price tag.

端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。 たとえ $12.5 Billion の値札であったとしても、この競合の世界を見渡すと、Mtorola の買収/売却は Googleにとって、戦略的な意味があったことを示している。

The final outcome of the Motorola deal validates Google’s strategy at a time when most patents are business weapons unrelated to actual innovation. It also provides yet another reminder of how badly America needs patent reform.

大半の特許が現実のイノベーションから遊離したビジネス上の武器であるにもかかわらず、この Motorola に関する最終的な結果は、Google の戦略性を証明している。 さらに言えば、アメリカにおける劣悪な特許を改革しようという試みが、どれだけ必要とされているのかを、思い出させてくれる。

Google encircled, a controversial counter-attack

Recall that one month before the acquisition, Google’s rivals — including Apple, Microsoft and BlackBerry — had snapped up a coveted patent portfolio at auction, giving them a new stick to pummel Google in a global and ever-sprawling legal battle over smartphones.

話は 2011年に戻るが、Google が Motorola を買収した 1ヶ月前のことを思い出して欲しい。 Apple と Microsoft と BlackBerry を含む Google のライバルたちは、熱望する特許ポートフォリオをオークションで競り落とし、スマートフォンを不規則に覆い包む法廷闘争で、Google を叩くための新しいステッキを手に入れた。

The deal, then, gave Google a chance to counter-attack or at least hold its ground thanks to Motorola’s intellectual property, which reportedly amounted to 17,000 issued patents and 7,500 applications. Google has never been a big booster of a patent system that awards patents for inventions like a “method of swinging on a swing” but, given the context, this was a case of if you can’t beat ‘em, join ‘em.

しかし、そのときのオークションは、その後の Google にカウンター攻撃のチャンスを与えることになった。Motorola の知的財産の買収は、少なくとも 17,000 件の特許と、7,500 件の申請を含むものであったと、レポートされている。そして Google は、イノベーションのための特許を奨励する “method of swinging on a swing” のような、特許システムの推進者ではないが、これまでの文脈を考えると、協業も敵対も許さないという事例を作り出している。

Or, as programmer Robert Eric Raymond put it at the time:

プログラマである Robert Eric Raymond は、その時に、以下のように述べている

This is Google telling Apple and Microsoft and Oracle “You want to play silly-buggers with junk patents? Bring it on; we’ll countersue you into oblivion.”

それは、Google から Apple/Microsoft/Oracle に対する、「 ジャンク特許を振り回す、愚か者になりたいのか? それを持ち出すなら、あなた方は、忘却の彼方から、逆に訴えられるだろう」という宣言である。

Sure enough, Google went ahead and poured more gasoline on the smartphone patent wars, in part by asking the International Trade Commission to ban iPhone imports because the popular Apple devices infringed Motorola patents. The ITC lawsuit, however, was a flop and some of Google’s other legal adventures with the Motorola patents have outright backfired.

案の定、Google は、International Trade Commission(国際貿易委員会)に対して、iPhone の輸入を禁止すべきと要求することで、スマートフォンの特許戦争にガソリンを注いだ。その理由は、Apple の人気のデバイスが、Motorola の特許を侵害しているため、というものだった。 しかし、この ITC 訴訟は失敗であり、Motorola の特許を用いた Google の法廷での冒険は、その一部において完全に裏目に出た

Last fall, for instance, the company sued Microsoft for patent infringement but a jury ordered Google to pay up for fighting dirty with standards-essential FRAND patents, which must be licensed on Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory terms. (Google, by the way, is not the only accused of messing with FRAND — the cable industry just sued an Apple-backed group over the same tactic).

続いて、昨年の秋に Google は、Microsoft が特許を侵害しているという提訴を起こしたが、ある陪審員が同社に命じたのは、不可欠なスタンダードである FRAND(Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory)特許に対して汚れた戦いを仕掛けるなら、その代償を支払えというものであった。( ただし、FRAND を汚すとして批判されたのは、Google だけではない。ケーブル業界でも、Apple の支援するグループが、同じ策を弄していると訴えられている

The bottom line is that the Motorola patents haven’t always worked out as well as Google might have hoped. But that doesn’t mean buying Motorola was a mistake.

つまり、Motorola の特許は、Google が期待するほど、常に効果的ではないというのが、この件に関する結論となる。 ただし、そうだからと言って、Motorola の買収が間違いだったという意味ではない。

The math of irrational patents and the end of war

Sure, Google bought the company for $12.5 billion and sold it for around $3 billion, but that doesn’t necessarily mean it was a bad deal from a patent perspective. While the spread suggests Google lost its shirt, the amount it will actually spend on Motorola at the end of the day is around $4 billion — and it’s keeping the patents.

たしかに Google は、$12.5 Billion で Motorola を買収し、$3 Billion 前後で売却した。ただし、特許という観点からして、必ずしもそれが、ひどい取引だったというわけではない。Google は大損をしたと吹聴する向きもあるが、Motorola を手放す日において、そこに支払われた対価は $4 Billion だとする見方もある。 さらに言えば、論点となっている特許は、Google の手元に残るという計算である。

The $4 billion figure, as analyst Benedict Evans, the New York Times and Bloomberg noted, results from the fact that Motorola had around $3 billion in cash on hand, and from the $6 billion Google recouped from selling off units of the device maker.

この $4 Billion という数字であるが、アナリストの Benedict Evans や、New York Times、そして Bloomberg が指摘するように、買収時に Motorola の手元にあった $3 Billion を差し引き、さらには、このデバイス・メーカーを投げ売りしたことで控除される、$6 Billion を差し引いた結果となる。

As for the patents, CEO Larry Page had this to say:

この、一連の特許について、CEO である Larry Page は、以下のように語っている

Motorola’s patents have helped create a level playing field, which is good news for all Android’s users and partners … Google will retain the vast majority of Motorola’s patents, which we will continue to use to defend the entire Android ecosystem.

Motorola の特許により、すべての Android のユーザー/パートナーにとって朗報となる、公平な競争の場の創出が促進された… Google は、Motorola 特許の大部分を保持し、Android エコシステム全体と守るために、それを使用し続ける。

Page’s words are a reminder that while some of the Motorola patents didn’t pan out in court, there are still thousands more of them that Google can unleash at any time, including newly issued ones (recall that Motorola had 7,500 applications at the time of the deal). And, at $4 billion, the price doesn’t appear to be crazy, especially when considering that’s less than the amount that Google rivals paid at auction for the patent portfolio of Nortel (which took place shortly before Google acquired Motorola).

Page の言葉が思い出させるのは、いくつかの Motorola 特許は、法廷で効力を発揮しなかったが、新たに申請されているものを含めて、いつでも引き出すことができる数千の特許を、Google は依然として手にしているという事実である( 買収されたときの Motorola が、7500件の特許を、申請していたことを思い出してほしい)。そして、$4 Billion という対価であるが、Google のライバルたちが Nortel の特許ポートフォリオを手にするために、(Motorola 買収劇の直前に行われた)オークションで支払った金額よりも少ないことを考えれば、気違いじみたものとも思えない。

More importantly, the Motorola patents don’t stand alone; they are part of Google’s swelling intellectual property portfolio, which now includes access to Samsung’s patents as well as the rapidly increasing number of patents Google is obtaining internally.

さらに重要なことは、Motorola の特許が孤立していないことだ。つまり、それらは、Google 内で膨張する知的財産ポートフォリオの一部を構成し、たとえば Samsung 特許へのアクセスを許すだけではなく、Google が取得していく特許を急増させることになる。

All of this means that Google is in position to wage the smartphone patent wars for years to come. Even if the Motorola patents don’t give it a knock-out victory, the patents will allow Google to inflict incredibly expensive litigation on rivals since, under America’s bloated patent system, it can take years to invalidate even the flimsiest patent.

すべての要因において、Google は今後の数年を睨みながら、スマートフォンに関する特許戦争を仕掛けられる立場を保持する。そして、たとえ Motorola の特許だけでは、決定的な勝利が得られないにしても、一連の特許を組み合わせることで、Google はライバルたちに、とても厳しい訴訟を仕掛けられる。なぜなら、アメリカの肥大化した特許制度の下では、それらの説得力のない特許を無効にしたくても、何年かが必要になるからだ。

Fortunately, this may not be Google’s goal. According to a person familiar with the company, Google’s patent partnership with Samsung is part of a larger plan to defuse the patent wars over smartphones, and promote industry-wide cross-licensing deals instead. If this is the case, the $4 billion that Google paid for Motorola’s patent will help give it the necessary strength to promote peace.

しかし、幸いなことに、そこに Google の目的があるわけではない。 同社の内情に詳しい者によると、Samsung と Google の提携は、スマートフォンにおける特許戦争を打開し、この業界を横断するクロス・ライセンスを促進していくという、大きな計画の一部を構成することになる。 このような場合において、Google が Motorola の特許を支払った $4 Billion は、平和を促進するために必要な、力強さを与えるものになる。

At the end of the day, the Motorola patent purchase was a sane response to a patent system that is so irrational that all three branches of the US government are now trying to reform it.

すべてを総括するなら、Google による Motorola 特許の購入は、アメリカ政府内の 3つの組織が、まさに改革しようとしている不合理な特許制度に対する、正気の回答となる。

Related research

What to expect for the mobile OS market in 2013  – August 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまから、ちょうど 3年前のことです。 すでに Google が手を挙げていた、Nortel の知的財産権の買収に対して、Android を止めたい Apple や Microsoft などがコンソーシアムを設立して、このオークションを競り落としたのです。そして、その直後に Google が Motorola を買収するという、どんでん返しが起こったのです。 この辺りの経緯は、「Android 特許 関連 ポスト 15 本 」にマトメていますので、ご興味あったら、ぜひ、ご覧ください。 これから生まれてくるスタートアップたちのことを考えると、がんじがらめの特許制度は、百害あって一利なしだと思います。image

ーーーーー

<関連>

モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

%d bloggers like this: